5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

とある弁護士の戦いの記録

1 :夢見る名無しさん:2010/04/20(火) 20:24:48 0
 私は常雄右腕。
 弁護士だ。
 私は、いつものように依頼人の弁護に駈けずり回る日々を送っていた。
 そんなある日、私は、いきなり刺された。

 刺したのは女だった。

 私は、訳がわからなかった。
 この女は誰なのだろうか?
 薄れいく意識の中で、聞こえた言葉は、、

 「私と一緒に死んで……」



2 :夢見る名無しさん:2010/04/20(火) 20:25:55 0
 気が付くと私は、病院のベットの上にいた。
 横には、さっきの女がいた。
 女は、私に必死で謝っていた。

 彼女の説明では、自分を裏切った彼氏と間違えて刺してしまったのだそうだ。

 間違えた理由は、その彼氏と私の顔がソックリだったからだそうだ。。

 私は、困った。困惑した。
 その中で、一番の問題となるのは、仕事だった。
 傷は幸いにも浅く、しばらく入院すれば助かるそうだ。、
 けれど、私は、急ぎの仕事を沢山抱えていた。


3 :夢見る名無しさん:2010/04/20(火) 20:27:35 0
 私は、小さな弁護士事務所を仲間と経営していた。
 仲間は、経理担当や雑務ならこなせるが、私の代役にはなりえない。
 このまままでは、事務所の信用がガタ落ちになってしまう。

 普通、弁護士は、同業者とある程度のネットワークを持っていて、
 自分に何か起きたときの為に、代役を作っているものである。
 私も代役が居るから、頼むことになるのだが、とても悔しい。



4 :夢見る名無しさん:2010/04/20(火) 20:28:22 0
 事務所が失望されて、普通の仕事が奪われるなら、私も許せる。
 けど、今回の仕事は普通の仕事などではない。
 私たち事務所の未来が掛かっている。

 この案件は、企業の権利訴訟に関するもので、莫大な資金が動いている。。
 1回の弁護報酬も千万単位で動くのだ。
 こんな稀な案件、小規模事務所に転がり込んで来るなど、もう永遠にないかもしれない。
 この案件を勝ち取れば、私たちの事務所は、企業権利分野で一気に有名になれたかもしない。
 このチャンスだけは、失いたくなかった。

 私は、一年も掛けて、裁判を闘う準備をしていた。
 あきらめる事など出来るはずがなかった。


5 :夢見る名無しさん:2010/04/20(火) 20:29:09 0
私は決断した
私の仕事をこの女に任せよう

私は姿を消し その彼氏と入れ替わることにした

困った 困った これはおおごとになる
大ゴッド


6 :夢見る名無しさん:2010/04/20(火) 20:29:33 0
 私は、彼女を責めた……

 だが、彼女に、責任は取れるはずもないし、法律上責任もない。。
 彼女は、私がこんな重大な案件を抱えているなんて知るよしも無いからだ。
 一般的な人が受けるであろう、損害を彼女は負担すれば良いだけだった。

 彼女は、何とかして、罪を償おうとした。
 思えば、彼女も辛い思いをして、こんな事件を起こしてしまった。、
 彼女のひたむきな姿勢を見ることで、許したい気持ちになっていたのかもしれない。

 時は経ち、冷静になってきた私は、あの重大な案件に踏ん切りがつき始めていた。

 彼女は、変わらず、私の銀行口座に、慰謝料を振り込んでくれている。。
 だが、その額は、一般的な人が受けるであろう慰謝料を遥かに超えた金額だ。
 慰謝料の契約時、彼女は私の意志を尊重してくれて、譲歩してくれたのだ。


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)