5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【海王】海皇紀(著者川原正敏)【第五十三幕】

1 :作者の都合により名無しです:2010/07/08(木) 23:41:35 ID:a3S1vYlV0
公式発売日より前のネタバレはたぶん禁止。
ネタバレ可否に関する議論は否定派も肯定派も反応するのもたぶん禁止。
陸奥話や川原他作品の話はたぶん禁止。関連スレで。
ルールはルールとして従うこと。
sage推奨 新スレは970ぐらいからよろしく。
------------------------------------------------

前スレ
【完結?】海皇紀(著者川原正敏)【第五十二 最終幕】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1276841186/

関連スレ
【修羅の門・刻・海皇・パラダ・他】川原正敏スレ其の弐拾参
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1207702680/

2 :作者の都合により名無しです:2010/07/08(木) 23:55:54 ID:H9zKq61i0
陸奥乙!

3 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 00:09:00 ID:2bsuMSJ/0
>>1
公式発売日より前のネタバレってw

4 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 00:10:43 ID:bMI4X8ml0
1乙

独断による強さランキング
メル森守>おっさん≧自動森守>ライ≧ファン>ディア>ヴェダイ

こんな感じ?
おっさんは自動森守を想定して修行したのにメル森守が出て来てちょっと気の毒
ディアが魔人の上に位置すると踏んだのは、剣の差のおかげとはいえおっさんに魂を吠えさせたから
かーちゃんの位置が悩みどころだが、ファンとディアの間が妥当か


5 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 00:23:28 ID:2bsuMSJ/0
ファンとおっさんもおっさんとライも戦ってないから順位付け難しいなあ
最後はみんなすごかったな。ディアもファンすら見極められなかった程の剣速身に付けてたし
ヴェダイなんてファンすら手こずったジを含む魔人二人同時に相手して勝ってるし。
後日談のカンちゃんの強さは不明だが、あのおっさんから剣を授けられたくらいだからな。

6 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 00:40:02 ID:GuyVCyu80
まぁおっさんは別格だけど、ファンはペテンがあるからどんな勝負も「結果的に引き分け」くらいにはしそうだけどなw
おっさん相手だけには勝つためにペテン駆使しても引き分けが限界ともいえるけど。
今日の俺は倍強い補正だって、結局ファンが勝つ為に戦う時は常に補正かかってるようなもんだろ。
ファンとおっさんはいろんな意味で万能すぎるから他キャラ以下になるとは思えんし、お互いが唯一「勝つことのできない存在」なのでは。
とか妄想しながら次回作を楽しみに待つかw

7 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 00:56:43 ID:PsVStz6g0
説明会話のオンパレードにワラタ



....実際は泣いたw

8 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 01:20:32 ID:PtF5Pa7k0
作中の古代文明語では「海皇紀」を「ヘメロペカペカ」と発音すんじゃね?

9 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 01:25:46 ID:kEnOEqJw0
「ヘメロペカペカ」が本当に意味が無いか確かめるためぐぐりまくる川原先生を想像して泣いた

10 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 01:48:35 ID:ei0AcG090
>>1ヘメロペカペカ(乙)

本当に意味のない遺言は前スレで誰かが言ってたがまさにこれだな

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
    |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒) よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが
   │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ / 「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' | 大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は
   |  irー-、 ー ,} |    /     i 作れないぞ!
   | /   `X´ ヽ    /   入  |


11 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 02:31:31 ID:VUmajuNe0
   / ̄ ̄\ ←スレ住人
 /   _ノ  \                        ____
 |    /゚ヽ/゚ヽ                        /      \  ←最終話未読者
 |     (__人__) ヘメロペカペカ             /ノ  \   u. \
  |     |'|`⌒´ノ                   /(●)  (●)    \
.  |.    U    }                   ...|   (__人__)    u.   | なんだこいつ・・・マジやべぇ。 
.  ヽ        }                      \ u.` ⌒´      / スレ間違えたかな・・・・。
   ヽ     ノ                       ノ           \
   /    く

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \                          ____
 |    /゚ヽ/゚ヽ                         /      \    最終話既読後
 |     (__人__) ヘメロペカペカ            /ノ  \    \
  |     |'|`⌒´ノ                     / /゚\  /゚\    \
.  |.    U    }                    |   (__人__)        | ヘメロペカペカ
.  ヽ        }                      \  .` ⌒´|'|      /
   ヽ     ノ                       ノ     .U     \
   /    く
                                    - 終 わ り -

12 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 07:05:15 ID:fu5QNIBZ0
誰と誰がくっついたとか恋愛処理ばっかりの最終回だったな
面白い漫画だったのに、最後だけちょっと気持ち悪かった

13 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 07:18:17 ID:P6D2jrrH0
最終話から10年後の統武10年にルタの息子が4番艦の艦長になったらしいが
ルタは統武20年まで現役でいたこと考えると最終話時点で45歳くらいかな?
その息子は最終話時点で25歳として艦長になったのは35歳か
その若さで影艦の艦長になれるって相当優秀だったんだろうな

14 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 07:51:35 ID:tSleAYwv0
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/operatex/1278579730/l50

10 :動け動けウゴウゴ2ちゃんねる :10/07/09 05:45 ID:dnQYDuik
おねがいします
【スレのURL】http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1278600095/
【名前欄】
【メール欄】 sage
【本文】↓
最終話から10年後の統武10年にルタの息子が4番艦の艦長になったらしいが
ルタは統武20年まで現役でいたこと考えると最終話時点で45歳くらいかな?
その息子は最終話時点で25歳として艦長になったのは35歳か
その若さで影艦の艦長になれるって相当優秀だったんだろうな

15 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 11:10:18 ID:ei0AcG090
>>13
35歳なら特に若いって事もないんじゃない?
15のころから船に乗ってるとしたら20年のベテランなわけだし。
まぁ実力主義の影船で艦長になったんだから優秀なのは間違いないが。

16 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 11:39:36 ID:soVqtL7/0
実力主義の一族において、息子も影船の長というのは凄いよな
描かれていないけど、たぶん影船のクルーとして下積みしてたんだろう

それより残念だったのがトーマ
八番艦の重要なクルーなのにもかかわらず、ホルアフト海峡の戦いで
それ以上に重要な火艦艦隊を任されているほどの人物
「おまえ以上にやれるヤツがいないから」とはファンの評
つまり、影船の長&海将の次に、一族で最も優秀な艦隊司令官の器ということなのに…

せめてどっかの海将になるくらい出世しても良かった
八番艦、ファンの下で働きたかったのが副長どまりの理由なんだろうけど
もしかしたら「犬笛」が吹けなかったか、イルカとお友達になれなかったかのかもしれんな
ま、八番艦が旗艦になった=近衛艦隊旗艦の副長(実質イルカノポジ)なら相当偉いわけだけど

17 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 11:47:55 ID:2bsuMSJ/0
ソルの乳妹とハメハメしてんだから相当偉いに決まっとる。

18 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 12:29:50 ID:EYhbGotw0
相当エロいな

19 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 12:49:22 ID:LIHK6BJLO
アグナが捨てられると思ってた俺には、最高の最終話でした。

20 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 12:54:27 ID:y9qx9F3/0
>>12
「無理に、くっついた云々を描く必要無かったのでは?」と思う

21 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 13:27:12 ID:pzcNR48TO
一応歴史書の体裁でやってるんだから、主要人物(男)の行く末を描いて、
登場人物(女)が連れ合いになってるなら、それを無視する方が余程不自然だが

22 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 13:46:19 ID:pzcNR48TO
そういえば、黒竜騎は結局ロンの死に際まで役立たずだったな

23 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 13:53:24 ID:2bsuMSJ/0
せっかくなら夫ヴェダイに各夫婦の営みkwsk探らせればより充実した本になったろうに

24 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 14:14:30 ID:7XpJuDqj0
最終カップリングネタばれしてくれ

25 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 14:43:31 ID:XaOqdbT20
>>24
オブキンとハルバート

26 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 15:07:44 ID:x+dEdNY20
>>24
ガッツォ×犬

27 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 15:29:05 ID:QYCL7kVTO
かの森守より強き者がまだこの世にいたとは・・
しかし、老いる前に闘って死ねて私は本望だ。
最期に名を聞かせてはくれないか?



陸奥だ。

28 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 15:58:24 ID:2bsuMSJ/0
>>24モスとイカルノ

29 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 15:59:46 ID:2bsuMSJ/0
>>28イカルノって誰だよ?

30 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 16:04:52 ID:QYCL7kVTO
>>29
デビ・イカルノ

31 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 16:08:12 ID:MHB+a/PQ0
海豚野さん

32 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 16:13:43 ID:TPzFjFXu0
>>22
ロンは黒竜騎をかばって死んだ

33 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 16:33:07 ID:XcKFC7DnO
八番鑑副長て一族No.2だろ
ニッカが主形長のままだから実質No.3だけど

そういえばアイスダガァ死んだ後とかファン海王後の近衛兵長て誰なんだろうな

34 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 17:40:58 ID:2bsuMSJ/0
ヴェダイじゃね?

35 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 18:18:36 ID:XaOqdbT20
近衛兵長は、ファン幽閉時にメシ運んで来た人の良さそうな男だな

36 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 18:19:52 ID:eLcqYXKl0
>>23
お前はそんな「お前のためならなんだってしてやる」とか格好よく覗きに行くカワイソウなヴェダイを見たいというのかw

37 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 18:27:45 ID:3IECs5Wf0
ファンの近衛兵長はギルゴマじゃね?

38 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 18:50:54 ID:IOga5jFg0
ぬっちゃけ、打ち切り?

39 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 19:18:02 ID:2bsuMSJ/0
>>36 だってハマーン様とニッカの夜の営みが見たいんだよっ!

40 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 19:50:37 ID:froW7PBn0
で、ルファ−どうなったん?

41 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 19:52:35 ID:t1iwtCU70
鷹は絶滅しました

42 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 20:20:27 ID:BvUvTvgT0
しかし、漫画家なら漫画で勝負して欲しかったな。
ライトノベルは楽だけど、あんなもので最終回面することは
恥ずかしい。とても恥ずかしい
そういうことだと思うよ

43 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 20:37:54 ID:pzcNR48TO
しかし、不満なら論点を挙げて批判して欲しかったな。
ポエムは楽だけど、あんなもので批評面することは
恥ずかしい。とても恥ずかしい
そういうことだと思うよ

44 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 20:43:51 ID:75mppi+g0
漫画ヘタだしね。
綺麗に終わらせる力量がないのは修羅から同じ

45 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 20:52:37 ID:v+H6TgqD0
>>21
同意

良い終わり方だったと思うけどなぁ

46 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 21:43:13 ID:OudYpLMi0
陸奥の相手が、伝説の兵法者だったら・・・


47 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 21:45:12 ID:7XpJuDqj0
ようやく読んできた。ファン、爺化かよ
文字だらけだったな

48 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 21:55:12 ID:p8Nb22Kq0
単行本では爺ファン修正と予想

49 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 22:04:29 ID:60pa4TWJ0
まあ説明入れなきゃキャラのその後とか語れないよ!ってのはわかるけど
確かに漫画としては今までの文字説明踏まえた上でもちょっと多すぎ…
かといってあれを漫画的な動きや背景交えて用意できたかっていえば、絶対無理だったから
分相応を弁えててたんじゃないかねアレはアレで>背景真っ白かつ文章で大量説明

終わり方としては悪くなかったんじゃね?
どうしてそこまでヴェダイをハブるのか突っ込みたかったがw

50 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 22:21:09 ID:qXTiwNSe0
ファンがアグナとくっついたのには驚いたw
戦いが終わったらなんだかんだでアグナは身を引くとおもってたのに

51 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 22:40:23 ID:3v0mqkpF0
まぁ、このマンガ(海皇紀)は、

人をガンガン殺して
好きな帆船描いて
飽きたら一気に片づける

っていう趣向の連載だったんだから
作者も大満足でしょw

次回作はまさに地獄とカスだろうがww

52 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 22:51:38 ID:swkjo3mT0
マイアの子供が一人だってのが納得いかねえ
10人ぐらい産めよ

53 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 22:55:48 ID:S0OC6KkYP
あの海王三兄弟見てたんだから、複数人産みたくなくなるんじゃねw

54 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 22:58:57 ID:3IECs5Wf0
文字なしで説明しているDQのエンディングと対照的だなあ

55 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:11:41 ID:xQesV84F0
>>22
黒龍騎はアルの為の部隊
アルが討たれた時、初めて役立たずの烙印が押される

>>27
陸奥がどんなに頑張っても(四門を全て開いたとしても)
森守に勝てるとは思えない
陸奥、おっさん、森守の3者でリーグ戦すると
陸奥×おっさん、おっさん×森守の2試合は結果が読めないが、
陸奥×森守は結果が読める
無手で人類最強を目指した者と、
剣を用いて地上最強を目指した者の差とでもいうべきか
(あ、森守はテラトーに居た頃のバージョンね)



56 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:18:23 ID:2bsuMSJ/0
アルとサリウの夜の営みくらい書いとけよ。
サリウがヒロインだろ?

57 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:26:01 ID:c6S/eM9J0
お漏らしプレイ一択だろ

58 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:26:37 ID:pzcNR48TO
したり顔で軍師の護衛だからといい出す奴はいるとは思ったが・・
「頼まれたのは泥棒番なので、火事が起きたけど何もしませんでした」ではやはり無能だろw
軍師の事すら、オルヴァとジンの道で守り損ねてるし

59 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:27:06 ID:jrBqphYI0
アルはそれをしらない。

60 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:37:37 ID:3IECs5Wf0
>55
九十九だったら、相手の修羅を引き出そうとして、
人外だから修羅なんてなくて
そのうち体力尽きて負けるかも

61 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:55:15 ID:IBC4M8z00
まずないけど実際描いたら武蔵と同じで
うやむや引き分けオチだろな

62 :作者の都合により名無しです:2010/07/09(金) 23:56:11 ID:v+H6TgqD0
>>60
そこで舞子の一声ですよ

63 :作者の都合により名無しです:2010/07/10(土) 00:01:03 ID:KCmY9DJd0
>>61
その後次世代で対抗策考えましたって十兵衛みたいの出して完全勝利ですねw

64 :作者の都合により名無しです:2010/07/10(土) 00:02:44 ID:BvUvTvgT0
今月号のめだか組で帆船の裏帆の怖さを知った。
今月号の義経で義仲が入京以前に義経と出会っていたことを知った。

65 :作者の都合により名無しです:2010/07/10(土) 00:20:06 ID:ey838Ti10
>>58
ロン自らに俺の事は構うなと厳命されてるのにどうしろと

66 :作者の都合により名無しです:2010/07/10(土) 00:35:22 ID:DI9SJPt+0
>>65
同意

>>58
黒竜騎って元々は対イベル用に組織された連中だよな。
イベルの脅威が消えた時点で規模縮小されたと考えるのが普通。
最低限の人員で軍師守ってりゃ他には割けんわな。
それに>>65の指摘どおり例え割ける余裕があっても下手に割くとロン本人から処罰されかねん。

指摘のようにママンに失態をカバーして貰う不手際はあったが
それ以外では単に描かれてないだけで軍師を守り切っている訳で
それを単純に無能と決め付けてしまう奴って・・・




67 :作者の都合により名無しです:2010/07/10(土) 00:57:58 ID:p3HZS1u10
かっこいい!男らしいです

68 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 05:44:20 ID:ZIGCEwjE0
>>55
青龍はビームで白虎は核ミサイルだぞ。

69 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 07:18:49 ID:8AdvyWpRO
>>46>>27

70 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 08:49:17 ID:hhnH3YlwP
部下をかばって命を落とす王って王としてダメすぎだろ

71 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 09:36:07 ID:CZx1sJwL0
たぶん文字だらけで最終話は終わりだろう、と思っていたら予想の倍の文字数で笑ったw
まあそれなりに納得はいく終わり方だったけどな。

ファンはフツーにマイアを嫁にすると思ったんだが。
アグナが嫁とは、そこは意表をつかれた。

なんかFSSみたいに○○の子(孫)が親そっくり、見たいなラストだけがちょっと引いた。

72 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:15:55 ID:VtTjeBCx0
>>71
最高のペテン師の割にあっさりゴリラ嫁との約束を守ったよな
ギルゴマあたりに処理さすのかと思ってた

73 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:46:17 ID:RKKc9J560

今回はJOJO2部の終わり方をマネたのだろうけど
読むことが鬱陶しくなるほど間延びしていたな。
(立ち読みなのでほとんど読み飛ばしたんだけど・・・汗)
詰め込みすぎだった。

JOJOは簡潔ですごく良かった。
個人的にはシュトロハイムの最後には涙したものだ
あのように短い文で感動が与えるとは
まあ、比較することこと自体失礼なわけなのだが・・・


74 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:04:53 ID:0EiyCQ1t0
立ち読みで批判すること自体失礼なわけだが

75 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:22:02 ID:8AdvyWpRO
アグナは存在自体が邪魔だし必要ないキャラだった。
最終話でも第一話からの出演者をもっと重要に扱うべきだった。
と言うよりも、
そうしなくてはいけなかった。
間違ってる。

76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:31:54 ID:/jfiW2iX0
ジが最初の登場シーンの時は強そうだったのに
最後二人相手のヴェダイに負けるってどうなのよ
マイアは不要なキャラだったな
全編通してただの足手まといだっただけだし

77 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:43:40 ID:hhnH3YlwP
ファンもただのおっぱい星人だったということ

78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:54:23 ID:4knq80wwO
まだ見てないけど、ファンはアグナと結婚したのか
マイアは誰と結婚して中出しされて子供を産んだんだ?

79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:56:37 ID:1mGttX2q0
トゥバン・サノオって、一体何者だったん? なんで、あんな強いん?

途中から読んだからワカラんす。 あと、ムツ延命流は、どこか出てきたの?

80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:04:04 ID:4eKaQyhd0
>>78若ファンはアグナ、老ファンはマイアと結婚。
マイアは老ファンに、アグナは若ファンにそれぞれ孕ませられる。
>>76この物語がヴェダイ主演の立身出世物語だからしょうがないよ。

81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:06:02 ID:95Hjw1Kg0
今月号の表紙が全てだな
川原先生のこの作品への想いが集約されている

82 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:20:38 ID:GlMIVLW9O
マイアって結局なんの為に居たか分からなかったな
科学探しは途中で投げ出して、結局は海の一族とロンが手を組んでロナと覇権争いが主軸だった分けだし
グリハラの後でマイアは船を降りたり死んだりさせてれば綺麗に終われたかも
もしくはジンの変わりに死ぬとか

最後にドーピングしてまで生かし、ファンと無理矢理結び付ける必要は無かったんじゃ
オンタナの後継ぎも産んでないんだし、オンタナをちゃんと復興させたかも疑問


83 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:32:59 ID:GZSUqv4W0

今回はJOJO2部の終わり方をマネたのだろうけど
読むことが鬱陶しくなるほど間延びしていたな。
(立ち読みなのでほとんど読み飛ばしたんだけど・・・汗)
詰め込みすぎだった。

JOJOは簡潔ですごく良かった。
個人的にはシュトロハイムの最後には涙したものだ
あのように短い文で感動が与えるとは
まあ、比較することこと自体失礼なわけなのだが・・・


84 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:54:34 ID:ihjelpXS0
>>82
ファンがロナ潰しに乗り出すきっかけ兼モチベーション

そういやグリハラまでの輸送費は払ったようなもんかね 先月号で

85 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:16:33 ID:4eKaQyhd0
>>73 >>83ときたら次は>>93か?

86 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:46:34 ID:8AdvyWpRO
メルはまあいいとしてマイだけいればアグはいらなかった。
アグは邪魔だった。
登場させた河原が悪い。
支持してる連中も間違ってる。
謝罪しなさい。

87 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:06:24 ID:ZIGCEwjE0
ソルが統武40年没で69歳
ファンが統武73年没で101歳
てことはソルの方がお兄ちゃんだったって事?
更にファンの母ちゃんが124まで生きて更にファンより長生きって事はファンを生んだのは23歳より前で確定って事でいいのかな?
年表が欲しい。最終巻につけてくれ。

88 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:08:21 ID:oloxX/lf0
>>87
ガイド買え

89 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 16:53:21 ID:9MeEhUpH0
ファンはマリシーユがもらった影船で生まれ育ったんかな?

海都で育ったけど、父親に反発して飛び出して母親の姓を名乗っている、
じゃないよな?

90 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:26:55 ID:AyjS43vg0
海都には年に数回しか帰ってないってソルに言ってたような。
母親の姓名乗ってるのは、親父が海王なのを隠すためというより、
ママンとオヤジが正式に結婚してないってことじゃないかな。

側室ならともかく愛人に子供産ませたら、そりゃソルの母親がおかしくなるのもしょうがないような・・w

91 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:25:20 ID:8AdvyWpRO
アグナがいたから悪い。
アグナは必要なく邪魔だった。
作者も馬鹿読者も全てが悪い。
完結した作品であっても私の意見思想は日本国憲法を含め全てに優先する。
アグナ支持者は即刻自殺しろ!
間違いを認めて土下座謝罪しなさい。
最初からファンとマイアだけで良かったのです。
違う意見を持つこと自体が憲法違反国家反逆罪です!!!

92 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:39:43 ID:C6n/hozk0
>>82
ファンの一番のマンセー要員なんだから死んだりしたら駄目じゃねw
まあ最後まで若いままでいられて良かったじゃないか。

年取っても肌が枯れ木みたいになる以外にとくに描き分けも
キャラに年齢による積み重ねも変化も全然見られんかったなw
そんなの本当の川原作品ファンなら今更しつこく指摘すること自体間違ってるって言われそうではあるが

93 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:45:59 ID:khvsVVgz0
ファンがおどけてなかったのがなんか不満てか違和感あったな

94 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:16:10 ID:GZSUqv4W0
コンビニで見た今月号の表紙は
なにかエロ漫画同人みたいな表紙だった。
もし最終巻の表紙が今月号のやつなら
恥ずかしくて買えないよな

95 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:17:09 ID:GZSUqv4W0

マイヤとメルが裸?で抱き合っているやつな

96 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:20:37 ID:Miwksedh0
2号前のファンのイラストじゃないか多分
ここしばらく表紙に出てないし

97 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:25:08 ID:XuT4ko7H0
今日やっと武士沢レシーブの最終回を読みました!

98 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:12:10 ID:X7vFp0+O0
>>94
初級者は、他の単行本でカバー汁! ガイドも発売されるみたいだし。
上級者は、堂々の一冊買い。

地味にハルじぃの下船引退が悲しかった。
海の一族って実力主義だからファンが引退勧告したのだろうか?

99 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:24:32 ID:xY5tGKSL0
つか途中かなり適当に読んでたから見落としてるのかも知れんが、結局先代海王が母艦と共に消えた理由とかって明かされたのか?

100 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:28:17 ID:oloxX/lf0
ないよ

101 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:33:14 ID:YgzC6KNc0
アグナみたいな全く人気のないキャラと結婚したのが萎えた。
まあ老アグナ死後、メインヒロインのマイアとくっついたけどw

にしても、ほんとアグナはいらないキャラだったな。
このスレでも全く人気ないし。

102 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:54:27 ID:n4+RJwEI0
>>99
理由も何も、ただ単に海難事故で死んだだけ

103 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:16:40 ID:lmKElpj70
アグナは政略結婚として納得
というかオッパイ


104 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:40:04 ID:pFlLPK1p0
アグナ、結婚後は結構肉が落ちてたな
なんかすごくいい母って感じだ

105 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:00:28 ID:wHSOPEZC0
アグナはファンが手を汚すと都合の悪い殺しをこなしてくれる良キャラっすよ?

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:01:53 ID:YgzC6KNc0
>>104
死ぬ間際なんて皺くちゃのババアだったしなw

ファンがマイアの事を好きなのを分かってたぽいし、
惨めな人生だったね>アグナ

107 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:03:41 ID:YgzC6KNc0
アグナ氏ね。

あ、すでに死んでたw

108 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:17:40 ID:fIjLETEsO
>>53
だったら再婚もダメ

109 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:29:00 ID:wUVl4hN40
先代海王はカガクの力で生かされてモンジュの扉の前で
番人として眠っているに100億ゴルド

110 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 09:04:40 ID:gXfJ8lzA0
>>105
ウォルカ・ベアスがアグナの槍によって命を落とすシーンで、ファンが槍に手を添えて助力するような一コマがある
止めに行って止められなかったようにも見えるかも。手がはっきり描かれているわけじゃない一コマが

だから、作者としては、ファンがアグナの方を向いてウォルカ・ベアスに背を向け、ウォルカ・ベアスが背後から、そこにアグナが槍を投げる
それを読んでいたファンが瞬時に槍に手を添えて、ウォルカ・ベアスを倒すが、それを如何にも自然に見せる深謀遠慮があったと言いたいんじゃないかな

>>106
ああ、マイアが残り23年間ファンと一緒だったという。101歳で没したから、マイアを抱いたのは78歳の計算になる。えらいね
また、計算では森守を倒したときにファンが27歳くらい
マイアが18歳としても、マイアを抱いたとき70近い。ちょっと酷い設定かなという印象だ

が、全体的には好印象
命のつながり、老い、死を考えさせてくれる終わり方だった

111 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:23:52 ID:nKOORXHY0
マイアはいつから更年期なんだろな?

112 :106:2010/07/11(日) 10:34:50 ID:OaWmT2600
>>110
悔しさがにじみ出ていてメシウマw


113 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:12:29 ID:SSewq8aI0
結局アグナってどうなったの

114 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:19:32 ID:FyUcg5mJ0
>>113
ファンと結婚して子供二人作って幸せに暮らして
死ぬ前に年老いた旦那を若いマイアにくれてやった

115 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:52:04 ID:mf7Qks1HO
アグナは邪魔だしいらないキャラだった。
死ぬ前に歳を取らないマイアにファンを譲ったみたいに描かれてるが逆に言えば死ぬまでファンを離さなかった鬼畜女。
最初からファンと結婚しなければ良かったし物語に登場しなければもっと良かった。

116 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:08:42 ID:+pEjg1Bx0
アグナに童貞でも奪われたのかこのキチガイは

117 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:15:49 ID:Hgy6JfR30
マイア、最後まで活躍できなかったから、荒れてるんだろうなw
ファンの底力も、別にマイアいなくても普通に出たし

118 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:18:37 ID:G92sd/XC0
しかしマリシーユとかかなり長寿で不老だけど寿命自体はそこまで人間離れはしてないな。
110年ぐらい生きるヤツは普通の人間でも稀にいるし。

119 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:19:47 ID:JayyauIA0
>>101
アグナと結婚した方が、海の一族がジーゴに支払う代償が少なくて済むから

120 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:44:25 ID:OaWmT2600
アグナ擁護のレスが全くなくてワロタw



>>117の母親は知的障害者。
しかも低学歴のパート従業員のクズ。

母親が馬鹿だから、息子も馬鹿。

121 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:22:14 ID:mf7Qks1HO
>>116>>91
キチガイはお前

122 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:24:20 ID:OaWmT2600
2chではマイアが圧倒的に人気だからなぁ。

アグナは黒人(ニグロ)だし、
生理的嫌悪感を抱いた人が多かったと予想。

123 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:35:04 ID:gXfJ8lzA0
>>112
まあ、そういうな

別のところでも書いたが、修羅と海皇とはマンガの主題が違う
修羅は格闘技マンガだが、海皇紀は権謀術数とピンチを乗り越える主人公の知恵

もちろん超人的な体術剣術もあるが、それを極力押さえてストーリーを展開しているのが海皇紀なんだ
ファンはピンチになるが、実はそれは計算の中だと

が、何度かファンの計算が外れるというストーリーがあった
まあ、作者も大変なんだね

一つは、ガルハサン編でアル・レオニスをイベルグエンに連れ去られたとき。結局取り戻したんだが
二つ目は、ジーゴ・サナリア編で嫁取りの百人抜きの最後で苦戦したところ
三つ目は、海都攻防編でジンを失ったところ
四つ目は、オンブルワ・ゼ・フォレストの策で艦隊が大打撃を受けたところ
五つ目は、ファンの策でオンブルワ・ゼ・フォレストを打ち破ったが、海王が片腕を失う瀕死の重症を負ったこと(普通は助からないよ)
最後は、クラッサ・ライを倒すのに手間取り、マイア・スアルを被弾させてしまったこと

ところで、海皇紀は初期は展開が読めなかったが、上で書いたように主題は「権謀術数とピンチを乗り越える主人公の知恵」だったんだ
それに、少々の超人的な体術剣術と風読みが彩を添える。こういう質のマンガは少ないんで、気に入っていたんだ

最後の終わり方は、物足りないが、作者も苦心したんだろうと思う(普通のマンガなら、ドラえもんの四次元ポケットみたく適当に荒唐無稽なことを書けばよかったんだろうが、作者はそれはしたくなかったんだろう)
ただ、最後は偶然の積み重ね的なところが多すぎ、それまでのテーマ「ファンはピンチになるが、実はそれは計算の中だ」というところから、大きく外れてしまった。そこがちょっとね

が、作者の川原正敏さんにはお疲れ様と言いたい

124 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:46:07 ID:hx9JuEZD0
最終話で期待したこと
・メルとマイアの関係修復
 巻頭カラーで描写されたことでオレには満足だった。
・メルの今後
 科学の能力を持ったメルを争奪されないように海都に隔離したと考えられるね。
・マリシーユの謎
 ついには触れられずじまい。ビゼン家の系譜に興味があったんだが…
・ファンは海王になるのか
 なりました。おめでとうございます。
・アグナとの結婚
 しましたね。養子ではないのに長男はジーゴの長か…フームってとこかな
・マイアは…
 後妻って訳ではなかったが、アグナの後釜に納まりましたね〜w
 作者に拍手だな。

実写版にするならば、メルを訪ねたマイアの描写シーン…最大の見せ場だな。

長期連載を見事に収束してくれました。作者に感謝。

最後に、メルに不老長寿の薬を注入したのは、誰?いつ?

125 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:10:34 ID:ys9fzIv20
>>123
ファンが乗り越えたピンチの数々とやらは知恵の結果ではなく
超人的剣術+体術、大陸一のカプセル怪獣、結果として自分の都合に合わせて吹く風
…などなど、ご都合主義の集大成で乗り越えたんだろが
それが悪いとは思ってないけど

それから>>110の槍のくだりは深読みしすぎ
ベアスの生死は問わず、艦隊を味方につけるのが最大の目的であり
あの時点で他の人員の支持を得られていなかったんだから、殺してしまうとマイナスの影響に成り得た

結果死なせてしまった直後、アグナに「お人好し」と言われた次の2コマの逡巡
あれがファンの心情を表しているわけだしな

126 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:43:50 ID:VvjFQMoF0
ほとんどファンだけが視えるチート風で問題解決してたからなw
でもホルアフト海峡での戦いは個人的に素晴らしくいい出来だったと思う。

127 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:45:56 ID:gXfJ8lzA0
>>124
ども

> ついには触れられずじまい。ビゼン家の系譜に興味があったんだが…

家系は陸奥と重なるとおもう。クラッサ・ライとの対決でそれらしいことを言っている

>最後に、メルに不老長寿の薬を注入したのは、誰?いつ?

卵の時代からそういう処置をされているという記述があるね

>>125
>超人的剣術+体術、大陸一のカプセル怪獣、結果として自分の都合に合わせて吹く風
>…などなど、ご都合主義の集大成で乗り越えたんだろが

まあ、それは否定しないが
かなりのベースは、クアラの海軍を打ち破ったときの「理をもって勝つ」ってことじゃないかな
もちろん、「自分の都合に合わせて吹く風」というのもあるんだが、それはマンガの設定としてはドラガン海峡抜けのときに書かれているように「偶然ではない。そのとき風が吹くことを読んで、操船している」と

>それから>>110の槍のくだりは深読みしすぎ

ま、そういう読みもあるだろうな
が、矢を素手で掴み止める芸をやる人物が二人登場する。一人は、トゥバン・サノオ。もう一人は、ディアブラス。では、ファンはその芸が出来るのか?
おそらく、YESの設定だろう。トゥバン・サノオやディアブラスに匹敵する実力者として設定されている

では、アグナの投げた槍を掴んで止められなかったかが問題となる
ファンは、嫁取りの決闘時にインダが投げた槍がサクゥに当たる直前で止めたシーンがある
とすれば、作者の設定は、アグナの投げた槍を掴んで止めようと思えば止められたがあえて止めなかったと

>結果死なせてしまった直後、アグナに「お人好し」と言われた次の2コマの逡巡
>あれがファンの心情を表しているわけだしな

ま、そういう読みもあるだろうな
が、おれは逆に読んだ。一見無防備にウォルカ・ベアスに背を向ける。が、作者の設定として、そんな間抜けなファン・ガンマ・ビゼンはありえない。全てが計算ずく
アグナに「お人好し」と言われ、しかし本当のことは、口が裂けてもいえない。というか、ペテン師ファンとして、「アグナ、おまえも騙されているんだ」と

128 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:01:18 ID:/4DhzFQi0
                . -‐- .,. '  ̄  ` .  _,.-―- 、__,,....ィ
             , ´            ヽ   i    ヽ   '-、
              /                    \ l   ,  ト 、 ~ヽ.___,,,...,.,, ガ
          /                    ` 、‐ ' 'z__ l ,>-‐''     ,//ク
          i              人 l、     ヾ    `´      /// ガ
          /         ,ィ /  ヽi ヽ. l、   ,| ∪. | | | | |   /  // ク
          "i     /^ヽ! / !,/    |,/ |   ハj     | | | | |  人ヽヽ  ブ
         i    l ハ i/   丿  \    ヽ. l/ /   .| | | | |   ゙ヾ.ヽヽ ル
         ゙l.   ヽ_     \     { 、_ソノ \;,,,,.  -  ..、      '; !~l ブ
         /ヽ! ,ィ/            `-  ;'   ;;;;;'      ` :,    ヽ!| ル
       /  _Y     ヽ      t 、  /_     ':,  ○     ;      ヽヽ, ガ
      〃´ ̄ 亠─----;:>- 、.  `´ /,,. ';  ,, _  ` 、 _ ,,, .. '         ;"/ タ
     i'´          ̄  __ ,,.. -`<´ ;: ○,:' ,:'     `  -  、し ,,.. --‐ // ガ
     /l         ,. - ´ /    \ヽ`´,. '           ` ~    /l|| タ
    i  !         /    /      ;;;`'`i   ,.-‐ 、   , ,    ,. -‐'  | | ブ
.     l  i     /     l       '''' .| !  ` -: '    '   ィ       i.| ル
    l    !   /       l        \\   ,...、__,,.-;; /;'ノ      l | ブ
    |   ヽ/         !         ヽ `-:イヽ-' ////      ;リ/ ル
   |                i             ` ~ ´  //       ;'.ノ
・・・パトラッシュ、ウリはお腹がすいたニダ・・・。



129 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:29:11 ID:HG9AgjcJ0
熱心な信者もいるんだなー
まあそういうのに支持されて川原センセもこの作品終えられたんだろうけどw

130 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:51:00 ID:gXfJ8lzA0
だな
12年か
長いような短いような

131 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:54:20 ID:H+6LwesfO
今読んだ。いつも立ちだったけど、雑誌汚したし今回ばかりは月マガ買ったよ。
がた…じゃない


川原先生ありがとう!


面白かった!
十二年間お疲れ様でした。

最後急展開でやきもきしたけど最終回で見事纏まったよ。
後日譚ダラダラやられるより、ずっと劇的だった。

カアチャンはナノマシーンで若かったのかw
世界設定(SF的な部分)は最後まで敢えて明確に記述しなくて賢明だったと思う。
ただ、モンジュの扉がなんだったのかは最後まで謎で、読者の解釈に委ねたのはちょっと議論が分かれるかもね。
せめて、なにかもう少し示唆することでもメルの口から語って欲しかった。

モンジュ=文殊菩薩、また某ポンコツ原発を連想させる、イルアンジャのE=mc2発言(十年前だよ)から、
原子力エネルギーを指す、原子力テクノロジーに関する知識なのか?ぐらいはすぐ浮かぶが、

つまり高度な科学技術による文明は人類自体を滅ぼす、現に一度人類を滅ぼしたと知ってるビゼンの人間であったから封印することで、かえって人間性の豊かな世界を築いた。
それでファンは海皇と呼ばれたし、メルも物語の題字にそう記したのだろう。
現代科学文明の行き詰まり、ポストモダン、グローバリゼーション化、ポストコロニアル、某科学の国の一極支配と核兵器による平和、一方で延々終わらない非対称戦など、
今現在の世界の諸問題を考えさせられる一石を投じた、投じることができたと思う。

御都合主義とかけなす材料はあるだろうが、名作、まあ神漫画と言っていいと思うな。

ただ、ファンの老いぼれた姿は見たくなかったなあ。
最後まで後ろ姿かシルエットにして欲しかった。文字通り後世神と崇められる人物なんだし。
カザルの最期の逸話も、統武王にふさわしく、最後までカザルだった。

だけどベダイの扱い酷杉w
こいつだけメインで最期のことが書かれてないし、メルたんあんまりだろw
子ができなかったというし、よほど夜型忍者のくせにヘタレで、メルを満足させられなかったのか?ワラ

マイアが助かって良かったよ、アグラも幸せだしね。

つか、工房のとき「モンジュの扉とはなにか」とか話題にしてた漏れが、もうすぐ三十路のオサーンだよw
次回作に期待

132 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:59:41 ID:gXfJ8lzA0
>>126
ああ、かぶってたね>>127

>でもホルアフト海峡での戦いは個人的に素晴らしくいい出来だったと思う。

ああ
同意がだが、海都近衛艦隊との決戦もいい出来だったと思う

海都近衛艦隊を一隻も沈めることなく、一人の死者も出すことなく勝利をおさめる
それも、一応読者が納得できる形でね

133 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:22:23 ID:wUVl4hN40
>131
>三十路のオサーンまで読んでぶち切れた
34歳までは政府の定義で若年層、つまり若者なんだぞ
おっさん呼ばわりすんなヽ(`Д´)ノ

134 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:23:21 ID:ys9fzIv20
>>127
あの状況は、サナル艦隊の人員をその気にさせるような声をかけつつ
ベアスに背を向けて隙を作って斬り掛からせておき
「ほら、この男はこんな卑怯で器の小さい男なんだぜ?」というアピールをする作戦
自分の思惑通りに相手を動かす意味では、たしかにペテン師だ

ファンは当然、ベアスを交わして剣をたたき落とすくらいの芸当はできたけど
アグナが槍を投げてくるとは思っていなかったはず
インダの時とは違い、その視線は右手のサナル艦隊人員に向けていた
もしファンがアグナに眼を向けていたなら、槍を掴んだ上でベアスの剣を交わすくらいはできただろう
(余談だが単行本見直したら、アグナが左利きなことに今さら気づいた)

あんなヤツでも海の一族、同朋である以上、ファンが殺すわけがないし
おっさんは交渉が失敗に終わった時の逃走路確保用の保険、ギルゴマはあくまでボートの漕ぎ手
アグナは勝手についてきたわけで、ベアスを殺させるなんて微塵も考えてない

自称ペテン師は常にうそぶいてるだけだし、女に手を汚させるほど本気でブラックな人間だったら
あの聡明でファンのすべてをお見通しのニッカ(こいつは善人)がついていかないよ

135 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:41:14 ID:fvaoyFWU0
馬賊の王様の話がまちっと見たかった

136 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:00:13 ID:gXfJ8lzA0
>>134
ども
ああ、そういう見方もあるかね
アグナが戦闘的な性格であることは、ファンにも分かっていたはず。なにせ、嫁取りの最後に隠していた刀で切りかかったんだから
あとは、作者がどういう意図でなにを書きたかったかだ

アグナの槍がベアスに刺さったコマの一つ前のコマだったと思うが、槍が飛んで来てそれに沿って手が動いている動線が描かれている一コマがある。このコマの意図は?
確か、記憶ではこの動線が槍に平行だった。槍に直角に槍を掴みに行く動線じゃなかった。それで、そう思ったが
確かに、海の一族の同朋を殺すという設定は、海都近衛艦隊のときの設定とは合わないね
が、ファンの想定外でベアスが殺されるというのもしっくり来ない気がする

137 :作者の都合により名無しです:2010/07/11(日) 23:46:38 ID:iyvR5N2bP
>アグナがベアスを殺したのはファンの想定の内か外か
どちらか、っていえば想定外の方に一票かな〜
アグナが「あそこまで」戦闘的だったことを読めなくても、
ファンの洞察力への評価は下がらんと思うし。
ただ、>>136の考えも納得できるし、結局は各々の「ファン像」によるのではと。
結局正解はわからないんだし、どちらともとれる底が知れないファンこそが、
一番魅力的だと思うし。
(なのでBわからない、という選択肢があればそれを選んでるし)
と、野暮を承知で脇から口出し失礼しました〜

138 :作者の都合により名無しです:2010/07/11(日) 23:48:13 ID:ys9fzIv20
>>136
そのシーンでのファンの手は、槍を追いかける格好になっている
手がまっすぐ伸びるのは不自然なほどじゃないが、槍を追う動きの方が自然だと思う

槍のラインはきっちり描かれているから手は槍を掴んでおらず、刺さった擬音はあるから
>>110で言うようにファンが刺したのではなく、刺さってから次のページで掴んでいる
この大ゴマの意図は、ファンのピンチ(でもないが)の次の瞬間にインパクトを出したかっただけじゃない?

このシーンでアグナにベアスを殺させたのは
アグナの父の仇である海の一族、その主犯格であるサナル海将を討つ事で晴らさせたかったんだろう
ファンに惹かれたという理由で遺恨を忘れるのも、アグナのキャラではないだろうし
いずれ出て来る、本来の仇であるヴィナン・ガルー(7年前だからたぶん)と揉めさせないためじゃないかと
まあ、アグナとはまったく関わり合うことなく戦死しちゃったんだが

ついでに、アグナがファンに切り掛かったニホントウはベッドに立てかけてあったぞ

139 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 00:14:01 ID:+Hk5iLatO
みんな、顔真っ赤な110に律義に付き合ってあげて偉いなあ。
厨二の典型なんだから放流して観察すれば面白いのに。


140 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 00:20:08 ID:llCJwDS30
>>139
だなw
おっぱい銛の話はこれ以上不毛だしヒートアップする前にやめね?
ニホントウを足で掴んでるor挟んでるかの議論でもしようぜw

141 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 00:34:50 ID:byv076m30
長文延々と垂れ流して川原センセの描写にはこんな意図があったんだって頑張るのって
なんか健気でいいじゃんw
いまどき珍しいんじゃね

142 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 00:39:14 ID:e96UgJbW0
メル編纂の海皇紀には当然「ヴェダイがマイアを舐めました」と言う記述があるんだよな?


143 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 00:46:24 ID:uR/yYhvo0
>142
ちょっと待ってくれ
そうすると、ヴェダイがやったことを控えめに伝えてた可能性もあるということか

144 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 00:48:49 ID:Wb3y/Hw30
メルの別冊海皇紀には、「実は辿り着いた時手遅れでした」

という真実ががが

145 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 01:04:02 ID:ivOFvsS8O
70過ぎても子作りに励むファンさんパネエっす

146 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 01:06:42 ID:CB7Qn09s0
>>139、141
じゃあマジメに長文で返していた俺も厨で珍しいスか、そうですかorz

>>144
伝聞によるメルダーザの記述に対し、読ませてもらったマイアの校正が入る
「減るもんじゃない」は、100歳を前にした老婆ゆえの達観とみた

147 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 01:36:09 ID:PQLrMoYM0
講談社はちゃんと原作:メルダーザ/脚色・漫画:川原正敏って書かないとダメだろ

148 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 01:58:57 ID:9vrg6QCZ0
題字/近藤豊泉も必須

しかし12年か修羅の門入れると何年だ
お疲れさまでしたと言いたい。

って、11月新連載www 休ませる紀なしかw

149 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 03:16:03 ID:PQLrMoYM0
サリウのおもらしは誰がチクったんだ?

150 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 03:18:32 ID:MOQyESz80
自白だろう

151 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 03:35:24 ID:+Hk5iLatO
せっかくgX〜 が得意気にチラ裏を語っていたのにw
ピエロはもっと泳がしておかないと。


152 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 03:52:38 ID:taHiI09j0
>アグナ擁護のレスが全くなくてワロタw
キチガイには反応しないだけだ。しかし、アグナのファンも居る事は証明しておくべきだったか。
まあ、とりあえずおっぱい。それだけで価値があるよな。

そして、影船のクルー以外の、船乗りじゃない、海の一族じゃない登場人物、
ということで、別の価値観を話したり、ストーリーのなかで良いアクセントになったと思う。

ファンがやりにくい役割を代わりにやる、海の一族をヤリで殺すとか、
作戦とかをアグナに向けてと言う体裁で、自然に説明させる、とか
作者に便利に使われた部分もあるけど。単に作劇上便利なだけじゃない、
ユーモアのある語り口で、肝が座っていて戦う気概もある、
魅力的なキャラクターだったと思うなあ。
ファンやニッカとの会話とか、戦闘シーンでの覚悟ある態度とかヤリ投げとか、
色々とお話を盛り上げてくれた。確実に俺は好きだった。あと巨乳だし。

153 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 04:02:44 ID:8/QERO4u0
ファンは若いころはムチムチおっぱいアグナとセックスして
オッサンになってからババアだけど幼体のマイアプッシーを楽しんだわけか

154 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 04:16:05 ID:i6Fd+voz0
俺のオリカは何処いった?

155 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 07:45:08 ID:lVJi83kC0
>>138
>この大ゴマの意図は、ファンのピンチ(でもないが)の次の瞬間にインパクトを出したかっただけじゃない?

ああ、ところどころにこの手の意味がぼやっとしている、なぞかけのようなコマが出てくる
格闘技や剣劇だけのマンガではないからだと思う。そこを読まないと、このマンガの面白さは半分くらいしか分からないだろう

>このシーンでアグナにベアスを殺させたのは
>アグナの父の仇である海の一族、その主犯格であるサナル海将を討つ事で晴らさせたかったんだろう

ああ、なるほどね
そういう解釈もあるね。この説だと、ファンが仕組んだと

>ついでに、アグナがファンに切り掛かったニホントウはベッドに立てかけてあったぞ

ああ、そうなんだっけ
あれはニホントウだったか。もう記憶が薄れている

156 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 07:48:53 ID:7nCWHPZ/0
80歳の経験値で鍛えた50歳の体力じゃ、マイアひとたまりもないな。
まあファンはおっぱい一穴主義であんまり経験と上がってないのかもしれんが。
逆にマイアの方が50年以上かけてガンガン経験値を(ry

157 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 09:18:21 ID:Q+ayHvZfP
>>153
順番としては正解でしょう
というか、おそらくそれも全てファンの…

158 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 09:26:41 ID:TJwBE5iz0
>>154
「結婚しろ!」
「はいお嬢」
で丸く収まってるよ

159 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 09:54:13 ID:3ByKv2jX0
アグナを出したせいでマイアがヒロインの座から転げ落ち、最終回ではまさかの後妻。
正式な結婚式挙げてないそうだから、内縁の妻って感じか?
ファンとマイアの息子の苗字はオンタネラなんだろうか、そうならマイアはママンと同じだな。

爆乳、広島弁、姐御、ぜんぜんデレない媚びない、死ぬ直前までファンを独占してマイアに譲らない。
「男にとって都合のいい女キャラ」ばかりの川原漫画には珍しい、リアルで魅力的な女性キャラだったな。
魅力がありすぎるせいでマイアの立ち位置がぼけちゃったのが漫画としては困ったもんだが。
ファンに依存するだけで役に立つどころか足引っ張ってばかりのマイアでは相手にならん。

ジーゴと同名結んだ時点で同盟はいるけど妻はいらないって感じで、
インダの嫁にして退場させた方が物語的にはよかったかもしれない。

160 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 09:58:07 ID:vUP3kCYn0
ラストシーンはファンとトゥバンが決闘してファンが勝つってシーンがよかったなぁ〜
トゥバンが決闘を申し込んでファンがそれに応えるみたいな感じで。
結局人間最強がどっちかわからんかった
トゥバンは森守を倒したことで戦いに対する意欲が無くなったのか?

そしてビゼンの里やイルアンジャ、モンジュの扉についての説明や描写がほとんど無かったのが不満
イベルグエンは自然消滅した?魔人は全滅したけど下人はヴェダイ以外に生き残っているのか?
ちょっと回収できていない伏線が多すぎて最終話読み終えてもスッキリせんかったわ

161 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 10:29:44 ID:/cQKvQYY0
>>159
アグナはたしかに、河原の内面的成長を反映したキャラかもw

162 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 11:14:55 ID:VWUGHH/y0
トゥバンは打倒森守のために鍛え続けて、折れない剣も手に入れて、
準備万端で戦ったけど「1人じゃ勝てなかった」んだよ
森守も以前とは違っていたが、とにかくそれが結果だった
言い換えれば、自分の強さの限界をようやく悟って、だからこそ満足したわけだ

森守に自力で打ち勝っていたらともかく、
この状態でファンと戦おうなんて気にはならないだろう

163 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 12:54:36 ID:mlpWgHGb0
漫画の記述が、誰かの校正入った結果とすると
ファンの起こした海の一族間の内紛で、実際には多大な犠牲が出た?

164 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 13:48:21 ID:O4f9S4qQ0
>>160
無粋な例えだが、おっさんはFSSでいうログナーの立ち位置
ファンはカイエン的な立場で、どう足掻いてもおっさんには勝てないだろう

ファンもおっさん最強と認めてたしな

165 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 13:56:25 ID:p5DGoeUW0
クアラとの海戦で「おっさんと同じ事は出来ないが、代わりは出来る」ってのが象徴的だね。

166 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 14:02:37 ID:2/mEj0Ik0
>>160
作者自身がどちらの負けるシーンも描きたくないだろうから、実現せんだろう。
ファンの口から「おっさんには勝てない」と言わせてるんだから、
後は読者が自由に妄想して下さい、って事じゃないの。
白黒つけないままってのは良い終わり方だと思うよ。

167 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 14:46:26 ID:3ByKv2jX0
まともにやったらおっさんが勝つ、でもペテンでファンが勝つかもしれないって感じ。
ロードス島戦記で例えるならオッサン=ベルド、ファン=カシューの関係というか。
まああの二人の対決は書かれないままでよかったと思う。

最終回であっさり判明したけど、カンタァクがディアブラスを超えた事にびっくりw
おっさんがお情けで認めるとも思えないし、あの若さで超えたってけっこう凄いような。
アグナに動き止められてたほどだったのに…w

168 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 15:11:32 ID:+grgnFv3Q
ここって年齢層高い?
ロードスとかFSSとか。

169 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 15:17:04 ID:vUP3kCYn0
トゥバンが念願の森守を倒して満足したことはわかる
ファンが「おっさんには勝てない」って言ったこともわかってる
それを踏まえた上でファンとトゥバンが戦う理由があるような気がしたんだよ

以下妄想
森守を倒したことで燃え尽き症候群気味のトゥバンだったがファンに決闘を申し込む
「確かにワシは森守を倒したが、実力で勝ったわけではない。まだ心の中に闘いの炎が燻っている。
この炎を鎮めることができるのはもうお主だけだ。
この闘いが終わったらワシは闘いから身を引き剣を置こう。立ち合ってくれるかな」
「いいぜ、おっさん。俺も実は一度おっさんと全力で戦ってみたかったんだ。おっさんの心をを完全燃焼させてやるぜ」
「いざ尋常に勝負!!」

修羅の門や刻っていつもこんな感じだったような気がするんだけど

170 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 15:30:30 ID:YHv2uJaP0
修羅と違ってファンは怠け者だからなあ

171 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 15:34:57 ID:e96UgJbW0
実際、おっさんの挑発をはぐらかしてたしな

172 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 15:56:09 ID:wWP2sxAO0
森守倒したあとはもうファンなんて眼中に無い

173 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 16:25:54 ID:aElCvjSO0
まずディアの遺言の真意は別として、おっさんの気持ちとしては、
魔剣をカンタに継がせようと思ったんだと思う。
(誇り高い武人ってそんなもんじゃないの?)
つまり剣を渡す描写=カンタがディアを超えたとは、限らない。
越えたか越えないかは、読者の自由ってことではダメだろうか?
俺は、カンタがディアを越えたとは思っていない。


174 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 17:12:44 ID:m4snQp220
>>160
ラストシーンはファンとトゥバンが決闘してファンが勝つってシーンがよかった
>>169
ファンとトゥバンが戦う理由があるような気がした

この2つから導き出されるID:vUP3kCYn0の意見は
「ファンとトゥバンが最後に戦って、しかもファンが勝たなければならない理由が物語上、ある」
ということだな。

この主人公至上主義は少年特有の感覚
10年経って読み返してみ。きっと違う感想を持つと思うから。

175 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 18:38:38 ID:BJrn/n/h0
>>156
アグナは南国系ということで勝手に子沢山になるイメージをもってたので子供2人は意外だった
一穴主義ならもっと子供作れやって思う

こっそり浮気してたんじゃねえかな

176 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 18:41:57 ID:79RLj4J20
そりゃ海の男だから港ごとに女作ってたよ

177 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 18:47:35 ID:BJrn/n/h0
>>167
超えたのは10年後だろ?
ディアブラスより年上になってやっとディアブラスを超えたのかもしれんだろ
まあ、超えたこと自体褒めてやりたいのは同意だ

178 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 19:56:43 ID:wWP2sxAO0
マイアともゴリラ嫁黙認の元、隠れてニャンニャンしてたに決まっています

179 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 20:20:53 ID:uR/yYhvo0
>178
次の海王はファンとマイアの子ってことだったけど、
実は孫だったりして?

180 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 20:21:31 ID:pOaqoTWX0
>>167
おっさんが教師としても超一流ってことだったんじゃないの?

181 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 20:22:29 ID:BiTIGRjCO
面白かったけど、ファンがこれだけ超人なら他にやりようがあるだろうに…
王海走だってベダイにソル暗殺させりゃ済むし。etc
ファンがマキャベリストなら三巻で世界征服して完だよこの漫画。


「敵も味方も殺さない」

って不殺主義通す主人公は魅力にもなるだろうが、
それで仲間以外は孤立無縁に近い地位から海王になり、
陸のカザルと封建軍率いてオスマントルコ程度には火器で武装したロナを打倒、そして伝説へ…

しかも敵もアホばかりだと不味いからさすがにそれなりの用意して
縛りつけてそれでも完勝、かえって敵に惚れられる。

ここまで来るとどうしてもチート設定や御都合主義にならざるを得ない。
むしろ厨房漫画にせずに堂々完結できた作者の力量は凄いんだが、
これからの川原先生の課題はいかに自然に偉大な人間ないし人間性、英雄を描けるかだな。

有能だけど腐ってて世の中で支配者になる野郎なんて文字通り山程現実にはいるし、
読者はそんなの漫画でまで見たくない、俺も書きたくないってのは分かるが、

主人公プラスアルファの天才ぶりで理想を実現ってのじゃ、漫画にしても夢過ぎて、
人間の汚さ救いのなさ

を乗り越える葛藤が本当の英雄じゃないか?
ファンが史上いくらでもいた所の奸雄に陥らない課程があまりにも簡単に済ませられてる。
或いは明太祖とか豊臣徳川とかナポレオンとかヒトラーの方がある意味人間くさい。

なにはともあれ十二年間乙彼様でした。

182 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 20:50:47 ID:lVJi83kC0
こんなのがあった

http://triwings-r.hp.infoseek.co.jp/m_kok.html
MNO,11471
1、
「呪には呪……」
「ファン?」
「オレも一つ……効きそうな呪文を持っている」
「ほう」
(愚かな……)
中略
(嘘……だ…。呪が、あんな言…葉で……解ける……はず……が)
「!」
(なのにこの男は……それを……信じ、
下人を無視してオレだけ…を斬っ……た)
「ファン・ガンマ・ビゼンが言うなら、それは……そうなのだ」
2、
ファン・ガンマ・ビゼン
トゥバン・サノオ

イベルグエン

3、
海皇紀

MNO,11489
1、
「何でも人より優れていて……挫折を知らん男には、その分見えない事があるもんさ」
「あなたが言うと説得力がありませんね、ファン」
「あ……?」
「まるで、あなたの事みたいですよ、それ」
「馬鹿野郎。オレは最近挫折しまくりだ。王海走の結末といい……今回の嫁だってな」
「それが挫折……?
ウォルカ・ベアスが今回挫折を知った後にそれ聞いたら殴られますよ」
「ベアスが挫折するのは決まってんのか」
「決まってます」
2、
ファン・ガンマ・ビゼン
ニッカ・タンブラ

3、
海皇紀

183 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 21:12:45 ID:lVJi83kC0
こんなのがあった

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4073/kongetu.html
今月の海皇紀
月刊少年マガジン誌上での海皇紀の内容の紹介と考察。

2000年6月号

・あらすじ(28話)

 ファンがディアブラスに陸奥圓明流の雷のような技をかけ腕を挫く。カノンの種火の引火により艦が沈むと知ったディアブラスが降伏を申し出る。
 捕虜となったフォレストの話によりファンは近い将来ロナルディア艦隊との戦いを予感する。その後フォレスト、ディアブラス、カンタァクを除くロナルディア海軍の兵をヴェダイのいた島に残し海の一族の本拠地、海都に向かう。

・考察

 各所で話題になっている(?)圓明流もどきの技ですが個人的見解ではただ同じ作者だからというだけだと思います。いまのところの考えですがですが。雷もどきは完全ではなかったし。
 (ただあれはディアブラスを殺したくなかっただけとも考えられる。完全な技だったら死んでいたかどうかはともかく。)万が一圓明流ならば陸奥は九十九以降は継承者がいないだろうから不破からという事も考えられる。可能性は低いと思いますが。
 ファンの話では母親から習ったとの事だが本当のところはわからない。恐らく母親も亡くなっていると思われるので解明が待たれる。ヴェダイはあの体術に心当たりがあるようだが・・・
 しかしディアブラスもあの展開で負けてないと思えるところが兵(つわもの)ですな。あとディアブラスにフォレストを無事つれて帰るよう命令した人物が誰かも気になる。
 単純に考えれば国王や大臣という事だろうけどそれではそのまま過ぎるので海軍司令官か。いずれにしても艦よりもフォレストを優先するような命令が出せるという事はかなり上の人間と思われる。
 それとロナルディアが約を違えてオンタナに攻め入ったのは大臣が王を操っているからか?。それだとそのまま過ぎますが今のところはわからないのでこれにしときます。ファンの真の敵(最終的な敵)はロナルディアを操っている人間か。

184 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 21:38:52 ID:lVJi83kC0
>>182

これ、名言集らしい
http://triwings-r.hp.infoseek.co.jp/indexm.html
名言集

185 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 21:53:38 ID:g1vpwRmm0
マイアとメルダーザの残りの寿命はどのくらいなんだろ?

186 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 22:25:06 ID:lVJi83kC0
>>181
>「敵も味方も殺さない」

こんな意見も
http://blog.livedoor.jp/death6coin/archives/51377632.html
2010年01月17日 海皇紀6巻 メルダーサ登場

 グリハラに巣食うペテン師の双子をファン・ガンマ・ビゼンのニホントウが謎ごと断ち切る。

 あー、お互いに引くに引けない面があったのは分かるけど、導師はファンたちに対して命を奪われるほどの事はまだしていなかったよね……。個人的には、そこそこ同情してしまった。

 やはり葉っぱを使って民衆を洗脳しまくっていたのが、マズかったのか――クアラ海軍の奴隷を解放したときといい人間の自由を奪う存在に対して恐ろしく攻撃的な主人公だ。

187 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 22:50:01 ID:lVJi83kC0
>>185
マリシーユ・ビゼンと同じ程度125歳が寿命とすると、残り20年から30年か

188 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 22:54:47 ID:zvCcO/ax0
>>183
ずーっと読んでたよ。
「壺の中身は糞」って記述が2ちゃんねるに多かったって笑ってたなw
12月号で終わったけど何でだろ?

そういえば「壺の中身はウンコ野郎」はどした?

189 :作者の都合により名無しです:2010/07/12(月) 23:04:28 ID:dwgeiIyN0
>>181
別にいいんじゃね
主人公至上主義でマンセーマンセーやらんと話が進まない作品にしても
下手なバランス取りして失敗するよりはその作風を維持してた方が従来ファンも離れずに成功だろ

有能な敵って言っても結局は敵わず比較に使われた上心酔しちゃうようなキャラしか出てこないし
下手に捻ってもいいことないと思うけど。
この先の連載で無理に作風変えられても困るしねえ

190 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 01:29:08 ID:xiEmQQEo0
11月号から海皇紀のスピンオフって見かけたけどトゥバン外伝でもするのかな?

191 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 02:19:44 ID:Z3nIv5RC0
テトラーの森で倒れ込むオッサン、その横で見下ろすファン

ファン「なあ、おっさん。楽しかったよなぁ」
オッサン「ニイ」

オッサンのラストはこんな展開を希望


192 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 04:35:34 ID:g4ZIMoMU0
>>190
釣れますか

193 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 05:24:39 ID:IvCCfbvR0
"たとえ生物学的な変化を許したとしても、種も仕掛けもない魔法の存在は許さないのが、海皇紀世界"ってところが、うまい表現だと思う

http://blog.livedoor.jp/death6coin/archives/51374241.html
2010年01月10日
海皇紀5巻 ギルス・ウェダイ加入
(抜粋)
 ヴェダイはニホントウを受けられる古代の金属から削りだした剣をもつ手強いヤツ。腕をだらりと下げた状態からの攻撃が印象的だった。
 なにより魔人の眼という名のスターライトスコープを利用して一方的に視力を利用できるはずの状況で戦ったのに、ファンのよくわからんが超人的な視力の前に倒されてしまった。
 確かに旧日本海軍の夜間見張員なら、あれくらいは平然と見るかもしれないが――彼らは昼は真っ暗な部屋に閉じこもって目の感度を保っていたという。糸目にはそれほどの効果があるとでもいうのか!?
 ……彼らもいちおう未来の人間なので微妙に進化(退化を含めた)をしている部分があってもおかしくはないか。文明を失うに当たっての混乱は、それを後押しするストレスになっただろうし。

 だが、たとえ生物学的な変化を許したとしても、種も仕掛けもない魔法の存在は許さないのが、海皇紀世界。
 というわけで、読者視点からは胡散くさてニヤニヤしてしまうことこの上ないグリハラの「導師」との御対面となる。しかし、本当に自分がマイアを笑っていられる立場なのかは疑問でもある。
 モノが分かりやすい「カガク」でなければ、いや科学の中であっても信じたいことを信じて目が曇ることは非常に多いわけで、力の濫用以外のものも戒めるところがあった。

 ペテンはともかく、遥か遠く絶海の孤島にふさわしいグリハラの荒涼とした雰囲気はけっこう好きだ。

194 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 05:38:16 ID:IvCCfbvR0
”マイアの身体を手形にグリハラを目指しはじめた”とあるけど、そうだったけ?
思い返すと、たしかに冗談めかしてそんな会話があったかな・・
あとで、この話は繰り返されなかった。1億ゴルドが繰り返されたのとは対照的。が、繰り返すのはエロいか
それらしいのは、ウェダイがマイアを舐めて商品価値が下がるみたいなことを言った箇所くらいか。すっかり忘れていた、”身体を手形に”ってところ

http://blog.livedoor.jp/death6coin/archives/51367849.html
2009年12月29日
海皇紀3巻 日はまた東から昇る
(抜粋)
 波で身動きが取れないのをいいことにジンの強弓がクアラ海軍の指揮系統に炸裂していった後半戦は隻数上はまだ4対10だったことを思えば、ファンのペテンの恐ろしさが身に沁みる。
 古代地中海世界のガレー船は戦うとき帆を畳んでいたものなのに、順風の追撃戦だからと帆を出しっ放しにしていたクアラ海軍が本当にプロフェッショナルではなかったなぁ。

 マイアの身体を手形にグリハラを目指しはじめた3巻のラストでは若き軍師「アル・レニオス・ウル・グルラ」との顔合わせが行われる。これまた緩んだ空気でありながら「運命的」である。

195 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 05:56:14 ID:g7AxnmxM0
グリハラって、どこ? オーストラリアかな? なんとなく「渚にて」からの連想でしかないが。

しかし、最終核戦争ってあんだけ地形を変えるものなのか。

196 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 06:16:53 ID:on+UPFVU0
せっかく現代設定から訳判らん世界設定に逃げ込んで、人切りまくって殺しまくった前半
しか〜しやっぱりモンペから圧力
しゃーねーから「殺さない」を押し出す。
でもやっぱつまんね。
やる気でねーから駆け足最終話。

もしこんなんじゃ、次回作も期待できんな。

197 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 07:51:48 ID:OHQDcNzKO
つまらないと思ってる漫画を読み続けるとかどんだけ頭悪いんだ

198 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 08:00:52 ID:R8+hN/950
双子にダマされそうになる時、おっさんさえ汗流して目がウツロになってるのが笑えるw
そのときは妙に若い顔になってるし。ヤクの煙の効果か?

199 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 09:07:16 ID:REJ1YwgY0
>>175
ファンはそういうところもやっぱり怠け者なんだよw

それを相手に2人も子供を作れたアグナがすごいんだ。

200 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 09:46:22 ID:zDVP3Q0Q0
長文引用すんな。宣伝すんならアドレスだけでいい。

201 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 09:57:28 ID:dcJhu0+jQ
いやいや、よそでやれよ

202 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 10:59:59 ID:4VFomuk/0
>>148
「孫六も続いてるんだから休みなんかいらないだろう」
と言われちゃうと何も言い返せないんでないかい?w

203 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 13:41:20 ID:6BTsFTg00
マイア関連は、マイアの子供をファンの正式な跡継ぎにしたという描写でしょう

・マイアがママンと同じく愛人ポジであること
・子供は海王として窮屈な海都に縛り付けず、影船を与えて世界の海を自由に航海させてること

から、第一話のファンとそっくりだもん

204 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 16:45:51 ID:JbKpKaRl0
>>175
×こっそり浮気
○おおっぴらに、他の女と子作り

205 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 17:16:21 ID:nTGGMIMc0
1億ゴルドの100年払いとか、どんだけ平和な通貨世界なんだよ


206 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 18:50:14 ID:vxvmZJLB0
カザルは一括で返したかったけど、大国の王として、
国民に対して大人の判断ができるような男に成長したって事じゃないかな。
と見せかけて、実際はアルの采配がほとんどで本人は最期までバカだったみたいだけどw
アルは何気に子沢山だよな、三男まで確認できてるし。
ムッツリめw

207 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 18:56:41 ID:dN36aR6YO
一億ゴルドは小さな国が買える値段とか言ってたが
国って金出したら買えるものなのか?

208 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 19:01:24 ID:/yb159O80
>206
あの世界に避妊方法、いや避妊という考え方はあるのかな?
カガクでコンドロムの袋とか伝わってたりしてw

209 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 19:18:53 ID:uQDjgrew0
>>208
旧約聖書のオナン氏が「地に漏らした」ぐらいだから
避妊の概念はクソむかしからあるよ

210 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 19:21:52 ID:mDCsB8K40
一億ゴルドのネタ振り・・・結局なんにもなしか。
マイア以外の王族残ってたんだねえ。

211 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 19:36:53 ID:hScG8REy0
>>207
その国の統治者らが一億ゴルド渡せば統治権を譲るだろうってことなんじゃないの

212 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 19:48:24 ID:HKn0N/YM0
それにしてもアグナに対抗してうっかり軍師を婚約者と言ってしまったサリウ。
ロンの前で言っちゃったら覆せないよなぁ。

213 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 20:47:54 ID:zDVP3Q0Q0
国を買えるわけがなく、戦争が当たり前の世界なら、国は買う物じゃなく奪う物
ニッカが言ったのは比喩であり、小国の資産を全部かき集めたくらいって意味程度かと

214 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 20:50:17 ID:IvCCfbvR0
>>188
>「壺の中身は糞」って記述が2ちゃんねるに多かったって笑ってたなw

ああ、これだね。12月号で終わったのは就活忙しくなったんじゃね? あるいは卒業準備
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4073/kongetu.html
2009年11月号
・あらすじ(126話)

ウォルハンは、部隊を6つに分け、それぞれ槍状の陣形でロナルディア軍に向け突入していく。
ガッツオは、荷車をばらして骨組を造り装甲を張った機甲車からドルドルーヴァを投擲してくる。
それに対してウォルハン軍は、揮発性の高い酒を入れた壺にひもを付けて魔道部隊に向けて投げ、揮発した酒が種火に引火して爆発が起きる。
ロナルディア兵が恐怖から動けないところへ、カザルが一騎で進んでくる。

・考察
壺の中身は揮発性の高い酒か。2ちゃんのスレでは、「うんこ」の書き込みだらけだったな(笑)。
次号はハッタリかまして降伏さすのか。しかし国が滅ぶことになるのに簡単に降伏するのかねえ。

215 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 21:07:56 ID:5Y+WeQG00
揮発性の高いウンコだったって事で

216 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 21:14:10 ID:IvCCfbvR0
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4073/kongetu.html
2008年04月号
・あらすじ(107話)
・考察
ファンが考えたカノン艦隊壊滅の作戦は、二隻ごとを綱で繋ぎ、火をつけた味方の艦をカノン艦隊にぶつけるという、味方の船を犠牲にした道連れ作戦でした。逆連環の計みたいな感じですね。
先月号が出た直後(2月6日)に、2ちゃんねるの海皇紀スレに「トーマ連環の計&火計」と書いている人がいるのを確認して驚きました。
さらに遡ると12月にも「風上から火計船を曳航して特攻させる気じゃね?三国志の赤壁とか類似の計略あるし… 」との書き込みもあるな。
オルデン君も結局、かませ犬だったという事か。
(引用おわり)

赤壁、火計、「連環の計」か
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A3%81%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
『三国志演義』における赤壁の戦い
小説『三国志演義』における赤壁の戦いは史実に基づきつつも、その記述には創作が多々含まれている[3]。

火計を効果的にするために、当時まだ野にいた?統を使い、曹操に対して船上ですぐに酔ってしまう兵士達のためにと船同士を鎖でつなげる「連環の計」を進言し実行した。
機は熟したとばかりに黄蓋が藁を積んだ船に火をつけさせ火計を実行、「連環の計」で互いの切り離しが間に合わない曹操軍の船は次々と炎上する。

217 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 21:29:02 ID:IvCCfbvR0
最後のクラッサ・ライとの戦闘場面が消化不良
結局、まともには勝っていない
いままでのファンの勝ち方とは違う
天井から声で落とした刀を使っても良いが、「これが一番楽な勝ち方だ」と余裕を見せるくらいなら、今まで通り

アナハラムが、レーザー2丁もってましたってのもなー。それくらいは、いままでなら想定内だったろう
レーザーから雷が出るってのも、物理的にちょっとね
最後のところは、従来どおりファンが頭脳プレーで余裕をもって勝つってことになっていない
もたもたしているから、マイアが被弾した

「勝つべくして勝つ」という流れに乗せられなかったな
が、最後の101歳のファンとマイアの子供が海王になるってとこは良いね
おまいら、子供はいるか? 早くつくっておけよ

218 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 21:33:47 ID:6YLeBmm50
ID:IvCCfbvR0 コピペうざい

219 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:23:09 ID:IvCCfbvR0
で?

220 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:27:59 ID:Ysoz/DQ70
>>218
コピペや無駄な長文なんて誰も読んでない事知らないんだよ
そっとしといてやれ

221 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:28:55 ID:IvCCfbvR0
最後のクラッサ・ライとの戦闘場面で、長剣は失ったが脇差は残っている
以前のイベルグエンの戦いのときに、それを使ってイベルグエンの腕を切っている

最後のアナハラムとの戦いのときに、脇差を投げたとおもた
それを使えば、もっとクラッサ・ライに楽に勝てたように思うが、それじゃマンガにならんかな

クラッサ・ライの知らない技を見せるとか言って期待させたわりに、なにも出なかった
これもペテンの内かも知れんが、こんな読者に対するペテンは、どうも消化不良を感じる

222 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:30:15 ID:IvCCfbvR0
>>220
そうそう。その通り。君は賢明だ。相手にしないのが一番だよ。おれもバカは相手にしない

223 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:38:36 ID:4VFomuk/0
んで、ヴェダイはどうなったのさ?

224 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:47:24 ID:pllK2f570
>205
平和条約替わりなんだよ。
一括で払ったら、それで縁が切れちゃうけど、分割なら完済するまで利害がやや一致する。

225 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 22:59:06 ID:bX+mVgmq0
>>218
NG入れたほうがいいよ

226 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 23:03:53 ID:d+IA6lBf0
複製、転載を禁じてるものを堂々と貼り付けてる馬鹿だからなw

227 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 23:14:05 ID:s7CeWmx9O
最終回のマガジンの表紙が、女2人なのはどういう意味?

228 :作者の都合により名無しです:2010/07/13(火) 23:26:09 ID:hx6DN4bu0
なんだよこのマサルさんみたいな最終回

229 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 01:56:40 ID:di1FC68A0
>>181
完結……したのか?
打ち切り臭いが

230 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 01:59:47 ID:R7tWjvcJ0
看板が打ち切りとかねーよ

231 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 06:38:54 ID:nr7pbSM60
孫球記や亀警記や狙撃記なみに続ければよかったのにな

232 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 06:40:27 ID:P87g/KWzO
毎日自分語りしたがる厨二君は今日も来るのかな。
相手にされてないだけなのに
受け入れられてると勘違いして
1人嬉しそうなのが憐れだ。

233 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 07:35:13 ID:Z2CORFNBO
>>231
孫球記よりも巨大雑誌の虻球記や優勝者雑誌の捕手記の方が長いぞ
孫球記は月刊だけど、、、
月刊だと雑誌の珍闘記や、午後の女神記も長いな

234 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 08:43:26 ID:i/S8C9Vw0
酷い終盤だった、放棄だろう

235 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 08:43:32 ID:91Qb7MnY0
修羅と違って海皇紀は始めるときに7-8割くらいは話は作ってただろと思うよ。
細かい戦のところでどうやってファンを勝たせるかとか登場人物で誰を殺すとかw、
そういう細かいところは連載しながら決めていただろうけど。

本土決戦のところはこれ以上描くのメンドクセで力つきた感じはするw
あっさりし過ぎだろ。

236 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 09:04:35 ID:TmjejEMQ0
まぁ尻すぼみになった感は否めないな
ロナルディア軍、メル森守、イベルグェン、クラッサ・ライ、あとなんか叔父、
それぞれが誰かにとっての「ラスボス」だったしそれなりの設定も持っていたが、
今ひとつ大物感に欠けた

237 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 09:16:01 ID:WpNPElni0
大物臭を漂わせて登場、ファンと互角に戦わせたジと
顔を隠し続けて何らかの伏線を匂わせた覆面魔人
このふたりをセットでヴェダイとやらせたのはメンドクセ感満載

ヴェダイの魔人超えは、ジとタイマンするだけで良かったと思う
覆面魔人はロナの手旗艦長と比べて小柄に見えたし
指先の描き方が最後まで妙に女っぽかったのに…初期の構想、投げやがったな多分w

238 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 09:36:46 ID:nIBUKyJu0
ジーゴを率いての海都戦が駄目
「ジーゴを仲間に引き入れる事ができたら、ロナと戦っても良い」という言質を貝王から取った上でジーゴを味方にすればよかった

239 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 10:50:42 ID:jKvv9CCb0
おっぱいがタイプなのでOK

240 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 11:09:41 ID:5HtbflO80
>>238
ソルが聞き入れる訳無い。
ダイカイスイ=実質無官の官職だったのだから
ファンは、ソルに実力行使で開戦を決断させたかかった
ただ作者としては、すべてファンのシナリオ通りに事が運ぶと
ソルが一気に小物になっちゃうからハゲとアイスタガァが死ぬ必要があった。
いいシナリオだと思うけど・・・

241 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 11:57:24 ID:nIBUKyJu0
>>240
>>ソルが聞き入れる訳無い。
どっかの海将の人もそうだが、できっこないと思っていたら
「それができたら願いを聞いてやる」と軽々しく約束するもんだ
それに、ジーゴが味方になれば、ロナにも勝てる戦力だぞ
普段はジーゴのために、2艦隊取られているんだから


第一、ファンのシナリオは良くない
結果オーライなだけで、海の一族に大量の死人が出る可能性の方が高い賭けだから



242 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 12:01:16 ID:WpNPElni0
海都決戦の意味は
・ソルとファンの相互理解
・ファンの覚悟の決定
・便利すぎるジンの退場
にあったと思うんだ

話し合いでソルが折れるのは、キャラ的にも物語の盛り上がり面でもあり得ないし
今、血を流しても将来流される大量の血を食い止める、というファンの意識改革も必要
そして、ファンが仲間を失うことでその覚悟が固まるという流れ

退場願うキャラは、ファンの無敵戦術の重要ポイントであるジンにすれば
後のフォレストとの戦いで圧倒的優位に立つことがなくなるし

243 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 12:02:49 ID:WpNPElni0
連投スマンが
>>242は作り手側の都合って意味ね

244 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 12:15:38 ID:5HtbflO80
>>241 さんくす
自分で書き込んどいて気になってたんだよね。
>>結果オーライなだけで、海の一族に大量の死人が出る可能性の方が高い賭けだから ←確かに!

一族に死人が出るのをファンが望んでるわけ無いからファンがソルの出方をどこまで読んでたかだけど
ファンの策としては、たいしたことなく見えるね。
言いたかったのは、ソルを小物に落とすことなく開戦に向かわせた作者は素直に賞賛してよいかなということ
ソルに「それができたら願いを聞いてやる」と言わせるのも難しいと思う。

245 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 13:19:22 ID:V7tR9iQG0
おっぱいは正義
ロリは見果てぬ夢

246 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 13:57:28 ID:j4BO27sP0
>231,233
孫球記って同じ雑誌のあれか
龍球のことかと思った

アニメ化して磯家記みたいに続けるのは無理かw


247 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 17:06:48 ID:OiiOS3GD0
週刊少年雑誌の拳歩記も大概だがな

248 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 17:51:23 ID:0ZOx5tB80
文庫化はまだまだ先かなぁ…。

249 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 19:48:07 ID:RjIXqmiF0
>>244
まあ、後半必死になってソルはファンに次ぐ実力者ですよみたいなアピールはやたらしたがってたしなw
フォレストまで持ち出して比較したりして

250 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 19:57:34 ID:P0O8QDHV0
孫球記は野球じゃない事してる時の方が面白かったりするな。

251 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 20:04:15 ID:7wOn0yrT0
そんなことより、ヴェダイはどうなったのさ?

252 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 20:07:56 ID:R+NUAHxj0
種無しでした

253 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 21:17:31 ID:55NnjgzW0
>>241
ソルはそんな約束はしないと思うな
だってファンなら言った以上、成功できる可能性があるんだって思うだろうから

254 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 23:20:13 ID:zaPwXH8D0
>>236
>まぁ尻すぼみになった感は否めないな

同感だ
が、欲を言えばきりが無い

12年間よく読者を引っ張ってきたと思う
最初の小国ウォルハンの港町からラマタザルウを切るところでニホントウをだしに読者を引き込んで行く
カザルジンバハルを斬ることを「読んで準備していた」というファン。この物語を貫く「ファンの未来予測能力の高さ」を匂わせる
クアラ海軍を影船八番艦ただ一隻で打ち破る。「ことわりをもって勝つ」と。これまた、この物語を貫く主旋律。
そして、その後の各エピソードでそれなりに読者に期待をさせ、それなりにサプライズを味あわせ、それなりに納得させるストーリーで引っ張ってきた作者の力量
12年間お疲れさまでした

255 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 23:36:22 ID:y1WMlshJ0
>>254
懐かしすぎて涙出てきたw
当時は、んな新連載より修羅完結させろよ〜!って思ってたわw
あれがもう12年前かよ〜歳はとりたくね〜なw
ほんとお疲れまです!
川原作品の笑い目キャラは強かったけど、ファンが最強になりそうだな。

256 :作者の都合により名無しです:2010/07/14(水) 23:36:41 ID:zaPwXH8D0
ギルス・ヴェダイとの出会いで、洞窟の暗闇でファンが見えることになって、「ニンジャ」の子孫かと思ったりした

257 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 00:24:29 ID:HXvt2gt20
あれは実際に目で見ているのではなく空気の流れとかで〜って意味だと思ってた

258 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 05:58:05 ID:ZaS5mYrN0
確かに、本当はどうかがはっきりしない画き方だったが
後で、海の一族は夜目が利くみたいな記述があった(夜の監視の場面)
だから見えていたのかなと思う

259 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 14:34:13 ID:tH6SDwgj0
夜目が利くのが優秀な船乗りの条件なんだろうけど
洞窟の真っ暗闇で見えてたのは何かカラクリがあって欲しかった
ただファンの目が異常に良いだけじゃちょっとなあ

260 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 14:49:36 ID:Vp8ZS6iR0
やっと修羅の門再開か
何年待ったと思ってんだ

261 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 17:35:26 ID:HLI1SARI0
1000年

262 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 17:44:59 ID:6Vy3+Ni80
亀は1000年も生きない

263 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 20:10:00 ID:PUO2HsQv0
>>260
月マガより先に他紙で広告って講談社も何考えてんだかなw

264 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 21:11:22 ID:UolrkIpD0
まじで修羅再開なの!?
「殺した方の勝ちみたいな価値観はおかしい」みたいな読者の感想に拗ねて連載とまってたんだよな?

265 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 21:14:45 ID:DYHr6g400
それは作者が一方的に言ってるだけなので、本当かどうか怪しいところもある。
単に「俺、帆船マンガが描きたいんだ!」って思い立っただけかも。

266 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 21:37:41 ID:cYbMKrJ30
ま、一応完結扱いになってないからな
いつまで経っても、文庫が出ても全○巻っていう表記にならないし

267 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 21:58:39 ID:Vp8ZS6iR0
>>264
あんときは「漫画化も色々考えてるんだなあ」と素直に感心してたけど、今考えてみたら作者煽り耐性無さ過ぎだよな
板垣並みの図太さを持ってほしい

268 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 22:43:28 ID:ZaS5mYrN0
>>259
確かに
だから、夜目の利くニンジャの家系だと思った

ニホントウはすでに言ったが、例えば、海都編で閉じ込められた天空塔から飛び降りた
ルファを使って減速し次に支索を踏み台にして帆に向かって跳び帆で衝撃を減らし貯水池に落ちた

全部計算していたとはいえ、これをこなす体術はニンジャなみと思った
陸奥とニンジャの掛け合わせだったかも。それを明かさずの最終回だった

269 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 23:46:33 ID:oH0E+Z8bO
壷の中身がうんこだったことを俺に先に言い当てられてしまって、急遽揮発性の高い酒に描き代えなければならなかった時点でその後を描く気が失せたのが連載終了の真相だろう。
ちなみに煽ってる馬鹿に言うが、俺は野郎ではなく神で、五十代じゃなくて二十代だよ、アホ!

270 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 23:48:39 ID:ZaS5mYrN0
ファンの目が特別だという話がある。夜目が利くだけでなく、風が読めるというか見える目
最初は、グリハラの後カノンを積んだロナルディアの船二隻が襲ってくる場面だったか
破れた帆でロナルディアの船に追いつかせ、島影の風の乱れたところに誘い込んで座礁させた
「風が見えた」みたいなセリフがあった

海の一族がみな風が見えるわけではなく、ファンが特別だと
あと、鼻が利く。エルグリハラに向かう砂漠で、水の匂いを感じる。あと海都編で毒の入ったサンザ汁が臭いで分かったとか
目や鼻が良いというのは、陸奥の家系とはちょっと違う。海の一族の遺伝でもない。だからニンジャの家系かと
ここらの謎解きを作者は考えていたと思うが、ビゼン家の系譜はついに謎のまま>>124

271 :作者の都合により名無しです:2010/07/15(木) 23:52:26 ID:QJYdNNeh0
ビゼンは備前じゃなくて、美髯だったりして

272 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 00:00:31 ID:/x3Mb6m10
ビゼンって東北の方よな?陸奥も東北よな?ってえんめいりゅうの続きって思ってたわ。まあ、最終回まで乙でした。久々の名作だったわ。最終回も後腐れなくスッキリ満足だわ。

273 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 00:04:31 ID:/x3Mb6m10
あ、ビゼンは備前で岡山かw技も似てるしおもいこんでたわ。まあ、良い作品でした。次回作楽しみだわ〜。

274 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 00:06:11 ID:KgNADENK0
書き漏らした設定とかは
来月のインタビューかガイドブック第2弾でたっぷり言い訳してくれるはず

275 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 00:07:50 ID:WDptGaPJ0
作者に手紙送っている人いる?

276 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 01:11:12 ID:8rPXu0pP0
門復活ってどこ情報?

277 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 01:23:06 ID:PbbyLf6/0
あの高橋留美子似の初期画風を今見ると「えっw」となる

278 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 06:50:43 ID:HTLxYNRQ0
ビゼン=陸奥じゃ、謎解きとしてはあまりに単純すぎる
それに、目や鼻が利くというニンジャ的要素というか家系が加わっているという話かと
陸奥はおそらく当り。クラッサライに、最後のところで、「鬼神の末裔」みたく言わしている
が、陸奥だけだと、剣技も説明できない。だから、陸奥+ニンジャ説

279 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 07:19:57 ID:WUDIY+LA0
まともに考察しようとしてるのは伝わってきてるが内容がひどすぎて失笑

280 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 07:33:37 ID:QpXthpZ/O
ずっと沸いてるチラ裏君がウザい。
少しでも鋭いことを言いたいお年頃な結果、
ほとんどが揚げ足取りだったり普通の感覚からズレた意見ばかりなんだよな。
厨二病のかまってちゃんは自分のブログから出てこないでほしいわ。

281 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 08:00:21 ID:+/2WzFhiO
この漫画で俺が唯一心残りなのはファンとマイアの夫婦生活的な描写が一切無かったことだ。
まぁ最終回のあの流れじゃそんなシーンは入れようが無かったけどw

282 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 10:57:30 ID:QRnGh66I0
>281
アグナとは夜這いの時に騎乗位もどきがあったな

283 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 12:30:59 ID:fWL4saz80
うっすらと記憶に残ってるシーンで、ファンやロンが戦闘してる最中
ソルが子作り?してるコマがあったような気がするんだけど
これって何巻の何ページだっけ・・・?

284 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 13:00:44 ID:+/2WzFhiO
お前らちょっと待て、俺は夫婦“性”活だけを指して言ったんじゃないぞw

285 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 13:07:13 ID:nZ+901SF0
>>283
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/ngd100716130616.jpg
これか?ここの住人が描いたやつだぞw

286 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 13:18:21 ID:x5KCkd/u0
作中描写は、無かったけど
ギルゴマは、ウラニスおばさんの紹介で一族一番の別嬪さんと
結婚した・・・・・と思う。

287 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 13:25:56 ID:pgIksBm60
>>285
懐かしいもの引っ張り出したなおいwwwww

288 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 13:27:21 ID:s28O2cx60
>>284
見事な釣りだなw
俺も性生活しか頭になかった

289 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 14:19:49 ID:fWL4saz80
>>285
これだwwwwwwwコラかwwwwwww

290 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 16:46:27 ID:9GHn8N6E0
これはコラとは言わないだろ

291 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 16:58:54 ID:9yWW0c/30
川原のノベライズに付いてる挿絵と画風がそっくりだよね

292 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 17:47:04 ID:gOb1nOTA0
深海の魚は千年くらい生きる生物がいるだろうな

293 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 17:59:59 ID:BldO3ml/0
ちくしょうwソルワロタwwww

294 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 20:33:11 ID:JU//WI7L0
>>263の他紙って何?
立ち読みして来るから教えて下さい。

295 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 21:16:23 ID:SUXmx8V10
>>294
2chじゃ普通かもしれないけど、このスレでも意外なネタをソースや具体例もなしに
まるで当然の事のように対話するヤツらが出てくることがあるし
そのネタに他の誰も反応してないんで、俺は釣りだと思ってるんだが

俺は何スレか前に「イルアンジャは日本を意味する単語の掛け合わせ」というネタで
全力で釣られたことがあるw

296 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 21:16:39 ID:tDLuS6tl0
トーマ海峡にまつわる武勇伝を一族の子供達に必死に吹き込む老人トーマだったが、
かろうじて憶えてたのが当人の孫一人だったと考えると胸が熱くなるな

297 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 21:18:15 ID:tDLuS6tl0
>>283
お前さんみたいのが一人いてくれただけで、あんなアホな物作った甲斐があったってもんだ

298 :作者の都合により名無しです:2010/07/16(金) 21:34:14 ID:AqZrFLC40
今、海皇紀のウィキ見てたんだけど、オカンの項目だけ最新情報に更新されてる。
オカン厨だれだwww

299 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 05:05:01 ID:MsylzawT0
>>295
なるほど
さすがに続けて同一人物のネタには釣られなかったわけだなw

300 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 05:16:59 ID:wRVbqNsHP
川原スレにもなんもないしな

301 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 05:39:13 ID:+Qen229C0
昨日読んできた。
大風呂敷を広げたけど・・
むりやり畳まされた感が・・

302 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 06:27:48 ID:IzAjFOee0
いやいや、見事な大作だったじゃないですか。久し振りに少年誌の単行本
を買う気になった作品でした。

マイアは、あの手のキャラがツンを続けられたかったところに最大の敗因が
あるのではないかと。

303 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 06:38:07 ID:Md1lyu1e0
>>301
>むりやり畳まされた感が・・

どこをどう読むとそう感じるの?

304 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 06:39:31 ID:qiUjE1IJ0
確かに見事な大作だと思う
格闘技でもなく、剣劇でもなく、主テーマはファンの先見の明とピンチを切り抜ける知恵
それに若干のスーパーマン的要素

キャラもうまく描けていた
浮浪雲を彷彿とさせるファン
ファンの策を読んで、読者に解説してくれる切れ者ニッカ
大陸一の兵法者、おっさん・・

全く新しい分野を切り開いた作品だと思う

305 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 08:21:56 ID:SV+ue0RTO
また独り語り馬鹿が来た。
オマエもう来るなよ。


306 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 08:53:13 ID:li1s7hmL0
朝からカリカリしてどーした、外出て10km位走ってこいよ

307 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 08:58:46 ID:uxDcwKQH0
>>305は広島の人なんだよ。
もう水が部屋の窓の下まで来てるんだ。カリカリするのも仕方ない。

308 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 09:08:57 ID:IdNiszjK0
ラストは動力船出して八番艦体当たりで仕留めるとか、
量産型森守をだして、おっさんが嬉々として切りまくるとか。
海戦絡めて欲しかったし、派手に行って欲しかった。

309 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 09:27:25 ID:w5ozOSY20
量産型森守のようなガルディアン、あれってスルーされてるけど
ヴェダイがガキの頃からイルアンジャのボディガードしてたわけだから
永久動力、自律回路、自己メンテナンス…相当なテクノロジーの固まりだよな

310 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 09:37:16 ID:+Qen229C0
作者が原稿落として、言い訳漫画描いてた号あたりから
面白くなくなってきた。

311 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 12:39:36 ID:Mfr2c4+N0
>>307
広島でもごく一部の地域しか水害なんて起こってないんだぜっ

まあまとめ方については歴史物っぽく?しようとしてなんか漫画としては微妙な字羅列がしつこかったり
相変わらずキャラの老いた姿とかしょっぱいとか思ったが
最後まで首尾一貫してファンスゲーマンセーでめでたしめでたしで終わらせてたし、
川原センセに出来る範囲での終わり方としてはこれがベストじゃね?だったなあ。

ヴェダイをどうしてああまで紹介からハブったのかは問い詰めたいがw

312 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 14:20:32 ID:S6FPdCHc0
イベルグエンが出始めた頃(ドウとファン)の戦闘が一番面白かったなw
クラッサ・ライとの闘いはワクワク感が全くなかったw

313 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 15:32:46 ID:EA2VX6PJ0
>>312
ワクワク感より寂寥感が上だったからじゃね?
これが最後だって読者もわかってたわけだし

314 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 16:16:14 ID:V99WDiLZO
>>311
ママンが死ぬ時にはヴェダイは寿命で死んでそうだよね


315 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 16:25:13 ID:6KrP9djs0
実は来月号にマイア視点の最終回が載って、そっちにはヴェダイの話とかマイアの妄想が載ってるとかないかな・・・

316 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 16:29:05 ID:H8tmLU2Q0
ソルと戦ってる時ぐらいが面白かった
この人物語を上手く締めるのが苦手なんだろうな
修羅の門なんか締める前に逃げ出したし

317 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 16:41:00 ID:B2o64tsF0
アナハラムが完全な新キャラだったのが萎えたな
そこで何らかの伏線やサプライズがあれば話は膨らんだと思う

海都決戦以降ひたすら予定調和で話が収束していくだけだったからな

318 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 16:44:03 ID:ePVSg1tv0
ロナルディアの身内だもんな
あれは肩透かしだった
ちょっと前に登場したクラッサ・ライの印象に負けてる

319 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 17:41:41 ID:w5ozOSY20
アナハラムもそうだし、壺の中身もそうだし、ニホントウを落とす呪文(だか共鳴だか)もそう
伏線があればバレバレになるかもしれんけど、読者の目を点にする必要はない

壺の中身あたりは、ウォルハンの祝勝会(ヴェダイが離脱した晩)とかに出しておけば
マイアが匂いだけで酔っぱらったり、シブちんニッカに「この酒は高いんですから」とか言わせられたのに

320 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 18:13:57 ID:J1ir3Uro0
まさかマイピークが王海走だとは当時は思わなかったな

321 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 18:29:37 ID:B2o64tsF0
ロナルディア倒した後、多少世界観崩してでも、
森守の大群とか出して盛り上げて欲しかったんだよねw

森守の大群に襲われてウォルハン大ピンチ
アナハラム倒して全機止まってめでたしめでたし
ぐらいの盛り上げはやっぱ必要だよ

すでに世界情勢に決着がついた後だったから、
ラストの展開が完全に付け足しっぽかった


322 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 19:18:37 ID:w5ozOSY20
マイアのピークは「減るものじゃないし」で異存はないですよね、みなさん?

323 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 19:34:49 ID:aVhCmX0aO
>>314
寿命で死んだ云々も語られてないからなー
よっぽど、語りたくない何かが裏であったのだろうか

324 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 19:35:34 ID:bQMP4vIh0
あまりにもヴェダイの後日談がないうえに
このスレでも空気すぎて


もしかしたら、最後の戦いの途中で
人知れず死んでいたのかと思うようになってしまったんだが

325 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 19:38:10 ID:jn9WV6xT0
>>321
そんな超展開ならファンが実は、超人薬で変化した前任の海王でした〜
で正妻にマイアでマリシーユとアグナ愛人ハーレム。
「海王様は昼間もご立派ですが夜は海皇ですなぁw」ENDでいいよ。

326 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 20:14:00 ID:uxDcwKQH0
レグルス海王って結局まったく顔出なかったのな。
さっき漫喫で一巻から王海走終了まで読み直したが、マイアがダウナー系ヒロインから
外れていくの、意外と早いんだな。「減るもんじゃなし」あたりが最後と言ってもいい。

327 :作者の都合により名無しです:2010/07/17(土) 23:34:27 ID:oJ+imqC50
>>302
激しく同意。少年誌のヒロインはさいごまでツン要素が必要

328 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 00:22:20 ID:SvWN6J9a0
ママに金で嫁問題を解決してもらったのがポッポ
ママに薬で嫁問題を解決してもらったのがファン

329 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 01:16:51 ID:N4qYx44b0
マイアのツンが無くなった時点で舞子の勝ちだ

330 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 01:39:42 ID:UjRX9IR+0
>>324
ラブコメ学園もの的に
メルダーザ「結婚したって噂とかされると恥ずかしいし」でフェードアウトしたんだろ

331 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 06:12:55 ID:uLzbU6sL0
>>316
広げまくった風呂敷を破綻なく畳んだうえで大盛り上がりの大団円を迎えた漫画って、
そうは無いと思うんだけど・・・。


332 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 06:35:22 ID:cFCb5hMJ0
>>331
子供に料理をさせても
1.片付けない
2.片付けてもいい加減
そういう子供はいる。確かにいる。

333 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 06:58:04 ID:ZLcmhiIk0
>>329
というか、マイアと舞子ってキャラ的には大差ないようなw
最終的に主人公に対する絶対肯定キャラにしかできんし

334 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 12:00:19 ID:HEje8N7mO
繰り返すが、当初の構想だった壷の中身がうんこだったことをこのスレで俺に言い当てられたことが海皇紀の全てだったな。
編集者か誰かがこのスレを見て急遽揮発性の酒に描き代えたんだろう。
川原がそのせいでやる気を失い結末を投げ出して駆け足になってしまったのはある意味仕方ない。

335 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 13:23:30 ID:ZHSzBixX0
なんとも雑なエンディングでしたね
作りごとの年表を延々読ませられる読者の身にもなって欲しい

336 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 14:06:22 ID:rrGNPSX60
そうか?俺は穴孕むが小物すぎたのを除けば概ね満足だったけどな
おっぱいとファンがケコーンしたし満足だ

337 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 14:13:54 ID:8werwsVKO
タイトル通り『海皇記』で締め括っただけのこと。
面白い、ツマラナイではなくて雑と思う人はろくにこの漫画読んでない人なんだろうな。

338 :シベリアよりのお手紙(例):2010/07/18(日) 18:10:31 ID:OYxVckIc0
文章で描くっていうのも別に「海皇紀」って書物に繋げるやり方の一つだと思う。
書物だっていうことからすれば一話の始めと対応させて文章で著すっていうのはいいと思う。
じゃなければ、全部シーンを絵で描いて、最後にメルが本を書き終えて本を閉じる
その表紙に「海皇紀」って書いてあるって終わり方にするのかな。
それだとやっぱり印象は映像的な物語で、書物にて伝えられる物語って側面が薄れるように思う。

339 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 18:37:06 ID:mYHQWuv00
まとめは満足できたけどな
ただ、アナハラムを初期から重要人物と思わせておいて、ただの王族からの追放者ってだけなのは納得いかなかった

340 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 18:50:32 ID:cFCb5hMJ0
最終回としては雑で面白くなかったけど
打ち切りなら仕方がない

341 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 20:33:06 ID:OD+vc7dW0
ディアブラスがフォレストを生かして帰す命を受けたあの方ってアナハラムだよなあ、
だとしたら、ディアブラスはアナハラムの正体を知っていたのかな。

342 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 20:38:20 ID:Hi26NZEj0
>>341
あ・ほ・か

343 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 22:41:22 ID:/PvFjfz10
>>337
はいはいそうやってレッテル貼りして黙らせようとしないw

最後にファンとマイアの息子が雄雄しい姿で継いでる姿とかまあ王道だったんじゃね
アナハラムはほら、ファンたちにきちんと敬意払わず敵対する側は悉く小物のパターンを貫いた結果なんじゃw
それとも、一応ファン達に屈しなかったからキャラ的に踏み台じゃなかったよと言いたいのかも

344 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 23:13:58 ID:gEy525ay0
マイアの子は、ファンの息子にしては凄く神経質そうな顔だったな

345 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 23:18:03 ID:hworbBAe0
ファンの孫と孫から海王を継ぐファンの息子はどういう関係になるんだろ
従兄弟でもないだろうし

346 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 23:25:30 ID:cFCb5hMJ0
今月号みたいに海皇紀を最初から描けば12年もかからなかった。
単行本も1巻で完結。即ち、今月号はクズということ

347 :作者の都合により名無しです:2010/07/18(日) 23:44:01 ID:xuqzBYba0
>>345
空条承太郎と東方仗助のような関係
まあ叔父と甥だろう

348 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 01:31:49 ID:InRS9s7Y0
もしマイアが怪我しなくてさらに自分から引かなかったら
ファンはどうマイアに断っておっぱいの方を選んだんだろ?

349 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 04:18:35 ID:MTtn69OTO
>>348
ファンが舞子の身体を自由にできる、というのは「ファンが」舞子のために働いた報酬であり
「舞子が」ファンのために働いた報酬、として舞子を本妻にしてやる約束したというわけではない

つまり、義務でなく権利

350 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 07:43:27 ID:hzm8AMtB0
>>349
答えになってない

351 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 07:47:10 ID:F+oLHA/40
つまりペテン

とりあえず告白して寝ての流れを想像するとたぎるわ
二時間ぐらいまんじりとしてそう

352 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 08:05:48 ID:InRS9s7Y0
おっぱいの話によるとファンは体目的以外にもマイアに惚れてたそうじゃないか?(ファンはロリだったのか?)
あ、そう考えるとおっぱいの数十年がかわいそうになってくるな…

353 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 08:47:02 ID:zuPzoTqB0
そもそも前海王が一夫多妻なわけだから、ファンが複数の妻を娶ったところで問題なかったんじゃないかっては思うのだけど
やっぱり自身の母親たちの諍いをみて自重していたのだろうか

354 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 08:58:34 ID:N3AoLgRG0
制度的には重婚可能だろうけど、倫理的な問題があるんじゃない?
アグナと婚約した事でオブキンが、じゃあマイアをジンの嫁にって言ってるし、その辺の倫理観は割りと普通ぽいけどな

355 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 09:01:21 ID:RuM7rFAu0
マリシーユは妾だろ?妻だって言ってたっけ?

356 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 09:23:33 ID:6FI9pmM40
適材適所だと思った俺みたいなやつはいないか?
海王の后を務めるならアグナが1番向いてると思う
実務的な性格だし、肝も据わってるし、ジーゴの実質的なトップでもある
大過なく后としての仕事を果たすだろう
ファンはああいう性質だし、そんな王様のパートナーとしては言うことないんじゃないか

マイアは海王とか一切抜きにしたファン個人のパートナーってことでひとつ

357 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 09:55:13 ID:5b0spYxt0

立ち読み専門なのでよくわからないのですが
この物語はファンのお母さんが卵を守れなかったことがすべての始まりで
そのお母さんが悪びれず、長寿・天寿でヘラヘラしているって
なにかおかしい。間違っている。そう思いました。

358 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 10:37:11 ID:h4omgiNb0
そうだね、シータが飛行石を外に出さなければムスカも死なずに済んだのに、ハッピーエンドはおかしいね
m9(^Д^)

359 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 10:42:41 ID:EgyPTcLl0
まあ立ち読みで批判するなとしか

360 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 10:53:41 ID:pEFuaTkh0
レグルス海王の実績は、海の一族の間ではどう評価されてんだろ?
正妻を自分で選んだとしたら、その点は失敗と思われてるんだろうが

361 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 12:44:52 ID:MTtn69OTO
>>350
ファンが舞子の身体を自由にできるのは、ファンの権利であり義務ではない
舞子がファンの妻になるのは、ファンがそれを望むなら、舞子の義務でありえるが、権利ではない
ファンが「俺はおっぱいと結婚する義務があるから、舞子は俺の部下と結婚しろ」と言ったら、舞子はそいつと結婚する義務がある(舞子が法外な報酬払えるなら別だが)

362 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 13:16:55 ID:4mWRRE3v0
>>360
レグルス海王は、細かな描写がなかったけど、
バカでかい旗艦建造したり、ママンに大事な8番艦あげたり、
英雄色を好むで大物(器がでかい人物?)として表現したと思う。
息子全員”だけ”に腕輪を与えたのアレだったけど・・・
レグルス正妻も若いころは、魅力的な女性だったのだろう。

363 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 15:39:11 ID:UnPwOWwQO
アグナはジジイどもが何と言おうとファンとの婚約を自ら破棄して身を引きインダと結婚するべきだった。
ファンとマイアが最初から一緒になるべきだった。
既に完結した作品でも間違いは間違いだし作者より俺の方が絶対的に正しい。
描き直せ!

364 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 15:44:27 ID:nF100Njf0
後半のやっつけ仕事感は酷かったけど、中期(ジーコが出てくる以前)までの
航海や旅の描写は、読んでるこっちも本当に旅してる様な高揚感があった。
小さい頃に劇場版ドラえもんを見た時の高揚感を思い出したよ、ここに自分が混ざっていたら、
なんて妄想に浸れたわ。

後半はもっと大軍同士、ドンパチやってほしかった。
ガッツォ軍に森守投入でウォルハン大ピンチ→おっさん見せ場、
別働隊のロナ海軍が海都にカノン砲撃とか、もっと危機感を煽って欲しかったな。

365 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 16:39:22 ID:WR3F+FfM0
>>363
自分が正しいと思うなら、その正しいと思う結末を自分で描けばいいと思うよ

366 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 19:00:35 ID:dk2DAg950
>>364
あんまり危機というかピンチやりすぎると、ファンマンセーでその損害を補えるレベル超えちゃうから…
補給時に大損害がギリギリできる範囲のピンチだったんだろう

367 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 19:12:32 ID:UnPwOWwQO
>>365
嫌だ。お前が描け!
それに、
正しいと思ってるんではなく正しいんだ。謝れっ!

368 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 19:17:01 ID:InRS9s7Y0
>>367まぁまぁ、ヴェダイはダメだけど君は舐めていいから。

369 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 19:42:15 ID:bJsl7qf50
>>366
結局ファン一人で解決できるレベルの問題しか起こらなかったから
話のスケールにしてはこじんまりとした印象なんだよなw

370 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 20:03:05 ID:hzm8AMtB0
メルが執筆しているファンの項目にマイアが出てこない。
これから書くマイアの項目にもアグナの思いが中心で、
ファンの事はサラッとスルーしそうだな。
メルのせめてもの抵抗なんだろうな。

それにしても>>367…こんなコがこんなところにもいるのに吃驚!!


371 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 20:57:32 ID:IBnaNeB20
ジンが死ぬまではすげえ面白かった
その後はまあまあ面白かった
ラストはそれなりに読めた

372 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 21:10:50 ID:hFjDrDXT0
海王記
最初から最後まで意味の良くわからない内容だったけど
結局どんな話なわけ?

373 :作者の都合により名無しです:2010/07/19(月) 21:31:06 ID:arUp0tUZ0
ファンスゲーーーーー

大体それだけ
まあなんだ、本質は修羅の刻とかと何も変わらんのだろうw

374 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 00:13:52 ID:ntyjn7XQ0
大河物の傑作というには粗が多いけど、月刊連載マンガとしては5分以上には面白かった
これだけ操船や海戦シーンが描かれてるマンガは他にそう多くないだろうし

375 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 05:18:42 ID:hkSLS+nW0
同意
細かく言い出せば、粗いところがあるが、全体的には名作だと思う

376 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 06:31:46 ID:Pnci2Yc90

今回はJOJO2部の終わり方をマネたのだろうけど
読むことが鬱陶しくなるほど間延びしていたな。
(立ち読みなのでほとんど読み飛ばしたんだけど・・・汗)
詰め込みすぎだった。

JOJOは簡潔ですごく良かった。
個人的にはシュトロハイムの最後には涙したものだ
あのように短い文で感動が与えるとは
まあ、比較することこと自体失礼なわけなのだが・・・



377 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 07:49:29 ID:NGX906G40
今まで自分の見聞きした狭い範囲でたまたま似たモンがあったからって
「○○のパクリだ!」とか嬉々としてヌカすのは恥ずかしいから止めとけ。

378 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 07:53:50 ID:d5oPwe0r0
園名流ネタをあれだけ引っ張っておいて
何も関係なかったのが読者への一番の裏切り

379 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 10:02:57 ID:Puad5Jg80
>>378
作者本人がガイドブックで延命流とファンの技は「関係ない」って言っているのに、
お前がかってに関係あるって思い込んでいるだけじゃんw

380 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 11:39:21 ID:sOULjDHc0
魁皇記の内容は、実際に起こった史実でなく、編集者の「編集」が入っているの?
具体的には
@フォレストは、ファンのミスで逃がした
Aファンがジーコを率いてソルと戦った戦いで、海の一族の死人は数百人以上
このあたりが、真実の歴史っぽい

381 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 13:57:17 ID:/zXMSjtO0
>>380
編集者じゃなくて、説明役wのニッカあたりの個人的見解の方が影響がありそうな・・・。

382 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 20:50:03 ID:36FLShsv0
>>380
メルがいない時期のことも書かれているから、
取材中に嘘がまぎれている可能性がないとは言えないな

383 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 20:58:17 ID:fmVdJcPq0
>>124まで読んだ

384 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 23:10:20 ID:+if2bBHi0
>>379
単に川原先生の「カッコイイ格闘」の芸風が全部陸奥みたいな方向にしか表現できないからと思ってたけど違ったのかw
関連性なんて元から期待するもんでもなかったよなー

385 :作者の都合により名無しです:2010/07/20(火) 23:19:53 ID:5F04ozaQ0
JOJOは、荒唐無稽というか妄想無類というか
ま、ジャンルが違うだろ。ネタなし手品を極力抑制する作品とファンタジー満載とでは

386 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 00:03:50 ID:qUbsqEAn0
ファンスゲーってのも、主人公補正がかかっていると考えると、あんなもんだろ。


387 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 01:54:55 ID:SS5x9PyX0
うわぁ 終わったんだ・・・ 泣いちゃったよ

お疲れ様でした・・・ うううっ・・・

388 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 02:02:45 ID:SS5x9PyX0
うわぁ・・・終わってしまった・・・

あと5000Pぐらい見たかったのに・・・

はまったなぁ・・・

389 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 05:39:18 ID:Obw6MBwt0
同意
名作だと思う

390 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 06:53:51 ID:VjQnj7hH0
>>16
> つまり、影船の長&海将の次に、一族で最も優秀な艦隊司令官の器ということなのに…

だからこそ一族の旗艦の副長という事なんじゃないのかな
組織がよく分からんけどファンに何かあった場合,副長の責任は驚くほど大きくなるような気がするが



391 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 06:57:58 ID:TN8/JJ640
これ、大河ドラマとしてみたら普通の名作なんだけど、
帆船による海戦・レースマンガとしてそこだけ抜き出せば
空前絶後の大傑作だと思う。

これまで誰も、とは言わないけれど殆ど書かれていない分野でしょ?
しかもそれが面白い、ワクワク感満載だったんだから。
この部分に注目してどこかの団体が何か賞を出してもいいのでは?

この作品、なんか受賞してたっけ?

392 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 07:47:08 ID:FZe5FDdH0
「今まで描かれてない題材だから傑作」ってことはぜんぜんない。
改めて読み直してみると、三回戦なのは明らかに引き延ばしだ。第三戦だけでいい。

393 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 08:24:48 ID:0asqu94s0
読み返しなんて一切やってないのがよくわかるなw

394 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 08:44:29 ID:lSq2bU8R0
そもそも主人公マンセーをこんなにうまく描ける作家自体希少。
あと知略を活かした戦いをあそこまでたくさん描けるのは本当にすごい。
今の少年漫画なんか敵も主人公も間抜けばっかりじゃん。

アナハラムは肩透かしといえば肩透かしだったし、最後のほうの戦いは結構あっけなかったのはわかるけど
普通に名作の部類に入ると思う。

395 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 09:30:51 ID:GWi1Byes0
マンセーも毎回同じパターンだけどな
まぁ様式美みたいなもんか

396 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 10:49:12 ID:eHBaaMcw0
能力ある大物ほど主人公を高く評価する作風だから
和解不可能なラスボスが小物に見えるのも仕方がない

397 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 10:50:41 ID:GGBlTeSY0
>>385
ジョジョは、敵も味方も、持っている特殊能力は一つだけという縛りがある
それに、スタンド能力云々は、あの世界の中では荒唐無稽な話ではない
リアルに当てはめると、魁皇記でも、モリモリやダンドーの耳がまだ動く事に違和感が出る

398 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 11:44:22 ID:IJb1XjLA0
>>396
いや単に小物に書いてるだけだろうwあれはw

399 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 15:38:45 ID:KKa3a9Sm0
なんか深読みしすぎじゃ‥  

ファンマンセーつうより川原マンセーになっとるw
まあアンチスレじゃないからいいんだけどさw

400 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 18:06:49 ID:Jgdmds7V0
終わり方というかエピローグのキャラのその後解説は押忍!!空手部の方が近いんじゃない。

401 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 18:28:03 ID:rvJaut1t0
巨人1点どまり

402 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 18:28:40 ID:GGBlTeSY0
>>398
「小物だからファンの実力がわからない」でなく
「海皇ファンを評価しない不届き物だったから、海皇記を編集する際に事実をちょいっと曲げて『小物』と記述しました」
という風にしか読めん

403 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 19:03:21 ID:updkTvY60
そりゃ自分のこと裸にひん剥いて機械の触手纏わり付かせた相手なんだから小物に描いて当然だろう

404 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 20:20:36 ID:QJnwg1zu0
「なんか少女マンガみたいな終わり方だな」と思ったのだが
上のほう指摘があったとおり、これが今はやりのライトノベルの様式なのか


405 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 21:28:02 ID:Obw6MBwt0
>>395
読者との知恵比べをやっていたと思うんだ
全くの荒唐無稽ではなく、読者が納得する範囲でのマンセー。基本はファンの先読みと知恵、知略
作者が常に読者をほぼ納得させ満足させ、飽きさせず次への不安と期待を抱かさせる展開を続けてきた。おいらは作者の力量を高く評価するよ

406 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 21:35:47 ID:QmXu5SOF0
>>402
それはそういう解釈でいいんじゃないかw
刻だって似たような描き方しかされてないもの
単にキャラ描写の幅がないってのもあるのかもしれんが


407 :作者の都合により名無しです:2010/07/21(水) 21:50:34 ID:Vpc6byu60
>>399
構わないだろ、川原先生繊細だし
個人の叩き込みな評価ごときで連載中止しますだの言い出すようなナイーブな人に下手なこと言って
新連載まで臍曲げられたりしたらたまらん

首尾一貫して自分の芸風は貫いてたと思うしな

408 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 06:48:06 ID:Tx3qWKhi0
>>377
そうだな。題名からして、もともとそういう終わり方の構想はあったのかも。
「○○のパクリだ!」とか嬉々としてヌカすのは恥ずかしいから止めとけ。

紀(き)
(1)紀伝体の歴史で帝王の一代を書いたもの。
「帝―」

紀伝体(きでんたい)
歴史記述の一形式。各人物ごとの事績を中心に歴史記述を行うもの。
「史記」に始まり、中国の正史編纂の正統な形式とされる。
普通、本紀(帝王の伝記)列伝(臣下などの伝記)志(地理礼楽など)表(各種の年表)からなり、志表を欠く場合もある。

by 三省堂 国語辞典

409 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 07:51:33 ID:+HGzPCVD0
>>408
第一話の書き出しから「昔々、あるところに・・・」って書き出しなんだから、
後の人間が「海皇」と呼ばれた人物を中心とした物語として「海皇紀」を記したものってのは
最初からの設定でしょう。

書き手が最初からメルのつもりだったか当初はマイアのつもりだったかとかは分からないけどね。

410 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 10:15:06 ID:Pi9O+LvM0
マイアもメルも「後の人間」ではねーぞ

411 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 11:37:49 ID:8NJU+FC4O
もう月マガに洋梨。

地球環境の為にも、早く廃刊しろ

412 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 13:13:50 ID:s1gcj2bp0
>>411
海皇紀が無くなると
本誌の厚さが1/3になるらしいから
かなりエコじゃね?

413 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 13:58:43 ID:Tx3qWKhi0
名作だな

414 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 16:06:45 ID:tSo77cUvO
駄作だろ。最後まで描き切れよ!

415 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 18:33:23 ID:6HX4kUsjO
最後どころか最期まで描き切っただろ

416 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 18:40:42 ID:tSo77cUvO
中途半端

417 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 19:17:23 ID:6HX4kUsjO
はい、はい。

418 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 20:03:23 ID:tSo77cUvO
肯定だな

419 :作者の都合により名無しです:2010/07/22(木) 22:59:34 ID:acgGCWMW0
肯定でいいから二度と来るなよw

420 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 07:31:18 ID:cP/+PTAc0
格闘技ものでもなく、剣劇ものでもない
全く新たな分野を切り開いた作品だった

421 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 07:41:48 ID:K2Tqi7mu0
海賊漫画の中では一番面白い

422 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 07:47:51 ID:Of4/BW+6O
海…賊…?

423 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 08:06:34 ID:znSphs1F0
ワンピースと間違えてるんだよ。分かってやれよ

424 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 09:24:21 ID:a0AIlLsC0
ジーゴと同様、海の一族も海賊みたいなもんだから、間違いではないかもしれんが・・・

425 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 10:02:26 ID:0czOfl1oO

しかし、ニッカとギルゴマの最期の言葉が
多くのマンガで使い古されたセリフで
思わず、笑ってしまった。

426 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 16:33:44 ID:htYWkHBf0
ロナ女王は、処刑になったという解釈でOK?

427 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 16:39:14 ID:yTpWNTBR0
ビームで撃ち殺されたがな

428 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 16:39:42 ID:iMaHICYZ0
んなもんいちいち聞くことか?

429 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 19:08:15 ID:6y5dmPlV0
犬の人はうまくやったみたいだな

430 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 19:50:03 ID:Na4/xZmj0
>>425
それはそれでいいんだよ
下手に斬新な台詞とかやってきちんとまとめられる作者さんじゃないんだから

431 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 21:56:54 ID:C9MQ8stA0
いい最終回だったわ
その後を細かく書いてくれるのが個人的には好きだから
すっきり終わったことだし修羅の門いこうか
頼む川原

432 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 22:51:48 ID:znSphs1F0
>>425
「貴方が長生き過ぎてもうついて行けません」と「貴方のために死ねなくて残念です」だろ。
そんなに他の漫画で使われてるか?
とりあえず3作くらいずつ先行使用作品を挙げてくれ。

433 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 23:19:31 ID:5aJnNT5P0
>>431
先の展開が読める門のどこが面白いの?


434 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 23:31:23 ID:Of4/BW+6O
修羅の門は刻みたいな短期集中形式で何回かやれば完結できそうだけどな
まぁ話の大筋が読めるのはまだいいんだけど、四門をどうにかできる相手を用意しないと九十九の勝利が動かないのが味気ない

435 :作者の都合により名無しです:2010/07/23(金) 23:45:05 ID:P75VXykK0
イグナシオ最強で結論でてるからな

436 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 00:13:32 ID:NhlRlnoe0
みんな幸せそうで本当に良かったけど

やっぱり死ぬ所まで見なきゃいけないのは辛い

。。。。。。。。。。。。。。。

437 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 00:44:43 ID:nt3bN5OQ0
最近もの凄く暑くて、家の全ての窓を開けるとき思わず
「総帆開け!」と心で叫んでしまう自分が居る。

438 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 01:12:24 ID:71GWdR4T0
セイリオス筋とジーゴ筋とビセン筋でドロドロの争いになったりしないのかしら?

439 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 01:56:53 ID:Ymi5DnZtO
>>427>>428
ロナ女王がビームで死んだあたりが「創作」で、本当は「処刑された」が正しい、と言っているのでは?

440 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 05:41:50 ID:Flm/UxixO
オマエのために死ねなかったことが残念だ
オレは残念じゃない

この、よくきくフレーズのオリジナルってなにだっけ?

441 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 07:42:25 ID:jrdTOh8D0
>>425が答えてくれるからちょっと待て。

442 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 07:58:10 ID:yTP0JfWvO
同時期に最終回を迎えたハガレン
最終回を同じ月刊誌で再掲載ってなんじゃそりゃ
海皇紀も最終回再掲載してくれ

443 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 08:25:24 ID:JH7RA7nR0
三国志を意識したという
思うに太閤記と三国志を合わせたような作品
主人公の先読みと知恵、知略で読者を引っ張る
いままでこんな作品は無かったな
近年にない名作だ

444 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 08:56:41 ID:Flm/UxixO
キルヒアイスはラインハルトを守って死んだよな


445 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 09:54:49 ID:c6oZVFBA0
>>442
まだコンビニですら置いてる所があるから見れるぞ 月マガ今月号
ガンガンはどこ行っても今月号は売り切れ
漫画だけ再掲載されても付録が付いてこないから意味無いんだけどね

446 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 17:45:33 ID:OGiriSABO
>>438
時が経てばいずれ必ずなるだろうな
悲しいかな人間とはそうしたもの

447 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:03:17 ID:TMlqWxuT0
おれ単行本でしか読まない派なんだが
マガジンの方はもう完結しましたか?

448 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:11:15 ID:7+kxR6Xo0
聞く前にスレ嫁よ

449 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:18:10 ID:TMlqWxuT0
ネタバレが恐くて読めん

450 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:24:27 ID:6haJcE0S0
ネタバレ怖いならスレ見るなよ

451 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:26:17 ID:7+kxR6Xo0
ただの構ってちゃんでしたか

452 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:31:40 ID:TMlqWxuT0
だから完結したのかだけ知りたいの

453 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:53:42 ID:jrdTOh8D0
してないよ。来月から「モンジュの扉篇」だ。

454 :作者の都合により名無しです:2010/07/24(土) 23:55:31 ID:TMlqWxuT0
ありがとう(´・ω・`)

455 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 00:15:50 ID:Zjgl22PvO
あれで完結のつもりなら、修羅の門最終編も1話で完結するだろう
片山、海堂の戦い3ページ
海堂、九十九の戦い3ページ
謙信、九十九の戦い1ページ
九十九、舞子の戦い1ページ
九十九の子供が成人して叫んで終わり
大変なのは写植の編集さんだけ

456 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 01:31:22 ID:2y8f5AzR0
アナハラムはモンジュの扉の向こうにいる、という設定でも良かったように思う。
メル救援にファン、ヴェダイが本城に突入。
何かでアナハラムの居場所のヒントを得たかーちゃん、オッサンは森守倒しにモンジュの扉へ、
今まで見せ場の無かったギルコマ、エールラも着いて行ってもいいかな。
で、女帝の正体がロボット(傀儡)か何かで、負けた後に「モンジュの扉の向こうにいる」とでも言わせる。
モンジュの扉の前にレギュラーメンバーが揃った所でアナハラムが扉の中から「入ってこい」と扉を開ける。
入ったその先に森守メル状態のアナハラムが色々語った後「野望は潰えた」とか「役目は終わった」とかで消滅。
大団円へ。

寝る前にこんな妄想してた。もう寝ます。

457 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 01:42:08 ID:a3twevyy0
武士沢レシーブのリスペクトです

458 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 01:59:35 ID:lmffvkd90
何ていうか
これで終っちゃうのかと思った
まだまだ描けそうな設定だったのに
あとアグナの乳がもう見れないかと思うと残念だ
この作者の漫画は露出少ないからなあ

459 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 02:16:05 ID:gcVLyr7l0
川原は複線引くのと、締めが苦手っぽいな。
最後の最後にファンに「よしっ」って言わせるのなんかがっかり。

個人的にはレグルス生きてたり、フォレストとルタ・モスの絡みがあったり、
別にファンとおっさんの勝負はどうでもいいけど、ヴェダイとカンタが手合わせしてるとこ
があってもおもしろそうだし、乳は島に帰ってインダと子作りでよいし。
最後はファンの「ハードポート、開き変え」とかなんとかで。

まぁ、でもこれまでおもしろかったからいいか。

460 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 06:05:05 ID:wwGaAYf80
伏線は結構引いていたとおもた
王海走三本目ソルの破れたとき、まだ諦めていないと・・

ドラガン海峡を抜けたあと、影船八番艦にすぐドラガン海峡を引き返させる、間に合うように・・、それを読んでいたファン
アル・レオニスとの出会いのときも、将来ぶつかることを示唆していた

フォレストを逃がしたときも同じ
手元に本があるなら読み返してみな。伏線はかなり多いよ。それに気付く感度があるかどうかだが

461 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 06:06:08 ID:wwGaAYf80
>>460 訂正
王海走三本目ソルの破れたとき、まだ諦めていないと・・

王海走三本目ソルの帆が破れたとき

462 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 06:20:33 ID:KWIX8e7U0
訂正箇所そこだけじゃないだろ
もっと日本語の勉強しような

463 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 06:39:46 ID:RUyTPayX0
で、「あんたのために死ねなくて残念だ」「俺は残念じゃない」の元ネタって分かった?

464 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 09:03:10 ID:jTW1zbHJ0
>>463
ギ「これからオレは、どうすればいい?」
フ「自分で決めろ、そんな事」
ギ「なら……オレを、あんた付きの艇長にしてくれ。あんたのために…死ぬ」
フ「だめだ」
ギ「!?」
ニ「バカですね。余計な事言わなきゃいいんですよ」
ギ「……わかった。死ぬのはやめる。だから一緒に連れてってくれ」
フ「忘れんなよ…。オレは、嘘つきは嫌いだぜ」

465 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 09:05:05 ID:RUyTPayX0
>>464
「お前、そそっかしいなあ」って、友達によく言われない?

466 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 11:27:01 ID:HTJMpBWD0
ところでマイアの子の髪は栗毛なのかな?

金髪は劣勢遺伝、黒髪は優性遺伝だから黒髪になりそうなモンだけど
金髪に優先する栗毛の遺伝子をマイアが持ってるはずないから
ファンの親父であるレグルス海王が栗毛だったと考えられるんだが…

遺伝学の権威の人に聞きたいんだけど、栗毛と黒髪の遺伝子ってどっちが強いの?
っつか、黒髪と金髪の夫婦から栗毛の子は産まれるもんなの?
まさか、黒と金が混ざって中和されてああいう色になると川原先生はお考え(ry

467 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 11:29:36 ID:KWIX8e7U0
そんな細かいツッコミするのはお前だけだよ

468 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 11:37:54 ID:tlxorlER0
メジャー 連載16年

海皇紀 連載12年

鋼の錬金術師 連載9年

先ほど漫喫で全部突破しました

長期連載で同時期に終了お疲れ様でした。

469 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 11:57:31 ID:Zjgl22PvO
メジャーやハガレンと同列に並べてやるな
惨めになるジャマイカ

470 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 12:06:00 ID:04G8jDJm0
>>466
中和じゃなく少なくとも二種のメラニン物質の割合で決まるんじゃなかったっけ?

471 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 12:12:04 ID:JeyUhWXfP
母親が見た目20代の100歳こえたババアなんだから細けえ事はいいんだよ

472 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 12:24:34 ID:04G8jDJm0
マイアから察するに母親も相当まで現役(月経有)だったんだよな?

473 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 12:43:38 ID:nay3FmmN0
あの薬はナノマシンでも入ってんのか

474 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 12:46:13 ID:F3DCNOSm0
海の一族からすると、ママンって信用できる人だったの?

475 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 13:01:25 ID:NoPiwewY0
>>447
もう読んでないだろうけど、完結したよ。

>>466
劣性遺伝だからって完全にでないわけではない。でなきゃブロンド絶滅してる。
混血の髪の毛については「いまだによくわからない」が正解。
例えばブルース・リー(黒髪)と白人の嫁さん(金髪)の間に生まれた息子のブランドンは、
幼児期金髪で成長するにつれて黒髪になったりしてる(アボリジニかっ)。

現実でもこのカオスっぷりなんだから、ましてファンタジーだし
             /)
           ///)
          /,.=゛''"/   こまけぇことはいいんだよ!!
   /     i f ,.r='"-‐'つ____ 
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

476 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 14:54:07 ID:wwGaAYf80
そうだ、こまけぇことはいいんだよ!!
まちがいなく名作だな

477 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 15:17:46 ID:JxszsvYU0
俺は過程が面白かったからまあ満足だな
色々気になることは残ったが

478 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 15:22:09 ID:JeyUhWXfP
>>476
お前さんはもう少し自分の書く文章を細かく気にして下さい(ノ∀`)

479 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 16:15:04 ID:F3DCNOSm0
>>472
ニホンザルの寿命は40歳くらいらしいが、39歳になっても現役らしい

480 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 16:28:05 ID:euKNhLl20
>>466
お前の理屈だとやがて世界には黒髪しかいなくなるのか?w

481 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 17:00:43 ID:HTJMpBWD0
>>480
別に俺の理屈ってわけじゃないんだが、メンデルの法則とか知らないのか?
お前の理解の仕方だと、世界には血液型O型の人間がいなくなるw

482 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 17:00:58 ID:Cm8b9ZsQ0
黒と金が混じって最強に見える

どゆこと?

483 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 17:23:14 ID:Mia66FEo0
>456
最後はヴェダイの「腐ってやがる、早すぎたんだ」で

484 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 17:27:10 ID:euKNhLl20
>>481
バカ?
優勢なら100%それになる訳じゃねーだろって話なのにw

485 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 17:28:22 ID:mZ1TVcCK0
髪の毛染めたんだよ

終了

486 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 17:57:08 ID:Fdvpqx780
O型同士の子供でも稀にAB型が産まれるんだっけ?

487 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 19:00:20 ID:QVOrNvBX0
>>486
生まれねーよw
突然変異でもなきゃw

488 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 19:04:49 ID:hQIp13p10
>>486

A型=AA,AO B型=BB,BO AB型=AB


489 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 19:09:30 ID:hQIp13p10
>>488
失敗…
O型xO型の場合O型の子どもしか生まれない
後天的に骨髄移植等で変わる場合はある

490 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 19:13:57 ID:04G8jDJm0
メンデルの法則って否定されたんじゃなかったっけ?

491 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 19:17:46 ID:QVOrNvBX0
一部というか独立の法則だけな
他は今でも正しいよ

492 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 20:03:06 ID:ysu5ZWF7O
>>489
486はボンベイ型の事を言っているのでは?

493 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 20:21:35 ID:hQIp13p10
>>492
それは思いつかなかったな、指摘ありがとう
個人的には稀というと違和感があるけど特殊例ではあるな

494 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 20:45:24 ID:wwGaAYf80
>>477
おれも満足だな
ファンが予定通りになかなかったことが数回
それも絶妙に

1)エル・グリハラの遺跡の地下で「土武者」が動きだした
2)王都ルグーンで、イベルグエンにアル・レオニスの身柄を奪われたところ
3)ジーゴの嫁取りで最後インダに苦戦するところ
4)海都攻防編で、ソルの旗艦に移ったところでワナに掛かったところ
5)最終決戦の物資荷上げの海岸で、カノンで打たれ船の半数を失う
6)島の湾内のペテンの策で海王が瀕死の重傷になる
・・

いつも策が的中したら、緊張感と面白みがないからね・・

495 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 20:49:37 ID:oItXpyg30
>>494 最大の予定外はジンパベルが死んだこと

496 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 20:55:18 ID:mZ1TVcCK0
最大の想定外はじじいになるまでマイアとエッチできなかったことだろ

497 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 20:58:50 ID:hQIp13p10
>>496
いいんだよ、マイアは年取ってないし、ずっとバー○ンだったはず...

498 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 21:12:36 ID:Rveca6KE0
子供作った時ファンとマイアは何歳?

499 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 21:15:36 ID:Mia66FEo0
>497
こんなマイアはいやだ

   ∧_∧ やあ
   (´・ω・`)       /
  /∇y:::::::\   [ ̄ ̄]    
  |:::⊃:|:::::::::::::|   |──|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    ∇ ∇ ∇ ∇      /./|  
    ┴ ┴ ┴ ┴     / / .|  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/   |   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |   
   (⊆⊇) (⊆⊇) (⊆⊇)      |
     ||    ||    .||       |   
   ./|\  /|\  /|\

500 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 21:22:53 ID:mZ1TVcCK0
あのなあ、ファンはマイアとエッチするためにロナルディアと戦争したんだぞ

501 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 22:58:07 ID:MwiRF5eM0
>>498
死んだのは101歳、23年間一緒にってセリフからファックしたのは78歳。
さてここで問題だ、かーちゃんがファンを身篭ったのは何歳だろうか?
ファンが101歳で死んだのは統武73年、かーちゃんが125歳で死んだのは統武80年。

ソルの前の海王ロリコンすぎじゃね?

502 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 23:06:42 ID:Sfq5LBp60
17歳でファンを生んだんでしょ?若すぎることはないと思う。
でもパンニャーの卵が盗まれて里から出てきたはずだから、その年だとちょっとおかしいかな。

503 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 23:14:53 ID:MwiRF5eM0
あ、そういや産んだ歳は公言してたっけ、バカみてえw

504 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 23:22:05 ID:hQIp13p10
>>499
スマン、何が云いたいのか解らない

>>501
ソルとファンは同い年だっけ?その時海王は何歳なの?
客観的に見て17歳はロリじゃないでしょ
5つ6つから育てて12くらいでいただく、源氏物語こそがロリw

505 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 23:41:21 ID:OYDh8D8c0
>>504
やあ('・ω・`)

506 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 23:44:17 ID:hQIp13p10
>>504
訂正しておく
源氏物語の該当の章は「若紫(藤壺の兄の子、後の紫の上)」で10歳で目を付けて拒否され
藤壺の死後、速効引き取り自分好みに養育、14歳で美味しくいただくお話でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E7%B4%AB

507 :作者の都合により名無しです:2010/07/25(日) 23:48:53 ID:hQIp13p10
最後の数ページの後日譚読むと、外伝書く気満々なのかな
期待しておこう

>>505
ん?

508 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 00:49:49 ID:0ihMs3uUO
>>497
マイアがパーマン?

509 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 00:52:42 ID:dhRyweSx0
>>508
なんだカガクをすでにもってんじゃん

510 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 08:01:25 ID:fTZoy2xP0
>>504 Bar manじゃないの?

511 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 09:40:41 ID:A4s5imNk0
バーボンだろw

512 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 11:03:59 ID:dTNsdNTJ0
バーテンw

513 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 13:53:49 ID:PqCoZOuJ0
(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
http://www.youtube.com/watch?v=yGaNXwunZbc&feature=related

514 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 17:26:30 ID:q4dlN3LQ0
結局なところ、マイアは中途半端なヒロインという存在に終わってしまったわけだが
マイアの敗因は何だと思う?

515 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 19:57:01 ID:SOZh1VzJO
銭湯で足を引っ張りまくっていたから

516 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 20:05:42 ID:zBS3wdfh0
マイアの、というか本作の失敗はヒロインを3人も登場させた挙句、
本来のメインヒロインであるマイアに物語上のキーとなる要素を何一つ持たせなかった所だろうな。
(何一つ、と言っては語弊があるが、物語における主人公ファンの最終目標、目的としては
「亡国の皇女」属性だけでは非常に希薄と言わざるを得ない)
実際のところ、物語の大筋においてのキーパーソンはメルだし、物語を牽引するのはアグナだった。
マイアは物語の冒頭においての切っ掛け役として働いた後は”川原的ヒロイン”の役を演じてただけで
物語の根幹に関われず(メルのような出自も能力もなく大河モノにおける政治的価値もアグナに譲る)
結局、ただ影の薄いキャラになってしまった。
だからマイアは不要かと言えばそうではなく、実はメルこそが不要なヒロインだったんじゃないかと個人的に思う。
メルの持っている出自・能力は最初から明かす必要はないのだから、その属性をマイアに持たせて
登場させていれば、ストーリー進行上で余計な寄り道をすることなく進めることができたと思う。

つまり、マイアは皇女である必要はなく、オンタナ陥落の折に倒れて気を失っているところを
オンタナの危急を聞きつけて駆けつけたトゥバンに発見され、記憶を失っているものの
(カガクを匂わせる)知識や能力の発露を見て共にイルアンジャを探す旅の内にファンと出会う…

↑これでもだいたい大筋のストーリーをなぞれると思うんだが。
最終的にマイアを攫われ、それを助けるためにファン一行が離宮に乗り込むという流れの方が
エンディングに向けた流れとしては自然。
(メルの覚醒のためにヴェダイを使ったのでは主人公のお株を奪われたのも同然かと。)

517 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 20:07:39 ID:lkLXagOq0
3行以上は読まない
お疲れ様^^

518 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 20:14:26 ID:qW7C/nID0
>>517
それでよくあの最終回読めたなww

519 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 20:15:03 ID:ws0B/KKT0
ヒロイン3人って誰だっけ?

巨乳土人
金髪人外
母ちゃん

だっけ?

520 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 20:35:57 ID:q4dlN3LQ0
>>516
なっとくした。たしかにマイアは中盤以降は存在意義が無かったからな


521 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 20:42:18 ID:wasrw/Pc0
マイアは存在意義あったぞ

ヴェダイに捕まって舐められたり
爆弾とりにいっておっさん負傷させたり
洗濯したり
モリモリに銃弾食らって死にかけて大事な薬を無駄遣いしたり

あ、ろくなことしてねえ

522 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 21:11:07 ID:seh3VCLU0
マイアは序盤の脱ぎ役を最後まで通せば良かったのに
そしたら最終回でどこぞの温泉旅館でファンと結ばれたはずw

523 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 21:29:28 ID:Om8a9Prm0
つーかオンタナ復興から始まった話なのに、最終回で完全放置ってのは納得いかんなw

524 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 21:52:40 ID:kLdV4tmF0
こまけぇことはいいんだよ!!
まちがいなく名作だな

525 :作者の都合により名無しです:2010/07/26(月) 22:37:56 ID:1edWOTGE0
メルダーザも最初、子供の頃からヴェダイが好きなのかと思ってたらいつの間にかファンLOVEになってた印象だな。

526 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 00:03:26 ID:PdZ3l0HV0
おっぱいが死んだとたん隠居して、いきなりマイアとくっついたわけだから世間的にはどうなんだろうね?ジジイと若い娘さんだし…
【政治】隠居直後に若い愛人を囲う先代(78)に疑問の声

ニュー速あたりでこんなスレが祭りになりそうだw

527 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 00:14:03 ID:XOTF7kk20
>>516
修羅の門の舞子にも言えることなんだが

ヒロインとしてはじめ主人公に対して素直でなかったり疑ってたりした後
急激にマンセー要員絶対肯定要員になって、後はもうひたすら空気に近くなったり
根拠があろうがなかろうが信じてる的なことを言い出すキャラは、そもそも最初からそれ以外に役割ないんじゃないのか?
それが存在意義の大半なんだからそれはそれで機能してね?

528 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 00:42:52 ID:IO7cPJIW0
>526
アグナとの結婚式の実況はおっぱい!おっぱい!の連呼か

529 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 07:39:20 ID:jwDtT+Qd0
>>526
「まっ、ファンだしw」で済む程度の問題だと思われ。

530 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 07:45:51 ID:QrwxM7EH0
マイアは(メルダーザも)事件の収束後、海都に常駐してたわけではないようだから、
海王妃のおっぱいいが亡くなった後に愛人になったマイアを見て、昔のことをある程度
知ってる海都の連中は絶対マイアの娘か孫だと思っただろうな。ナノマシン秘薬で
年取らないんだよって公開したわけじゃないだろうし。

531 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 11:50:14 ID:KhDBnZRe0
非公開にしてたわけでもないから結構みんな知ってたんじゃね

532 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 12:24:56 ID:YXdVBbKY0
でないと、マイアだけじゃなくて、メルやファンやママンの説明もつかない。

533 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 13:08:08 ID:CRTFTKdA0
>>531
公開したら、不老長寿の薬を手に入れようとする不貞の輩が現れないか?

534 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 13:08:52 ID:GT5AqQ+A0
>>530
おっぱいが死んで喪が明けてからマイアを次の嫁にしたんだろうから
「愛人」ってことはないだろw


535 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 13:18:23 ID:Xqyq7Pb70
マイアは処女だったのかな経験積んでたのかな?

536 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 13:31:12 ID:KhDBnZRe0
>>535
ファンと出会う前に大陸一から「修行の一環」と言われしぶしぶ

537 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 15:24:09 ID:hwO71yqj0
>>534
マイアは最後まで結婚してないけど、ファンには嫁が死んで居ないから愛人・側室にもならない
形の上じゃ内縁の妻ってとこか

538 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 20:04:44 ID:iS10NoDI0
【最終話から抜き出した年表】
(統武−1年頃?) ソル・カプラ・セイリオス x ライエ・スクラ→男子
統武元年 カザル・シェイ・ロン大陸平定、年号を統武と改元
統武02年 ファン・ガンマ・ビゼン x アグナ・メラ・ジーゴ結婚
統武03年 オン・ブルワ・ゼ・フォレスト、ロナルディア海軍、ナルド海司令官就任
       (ファンの願いにより大戦後のロナルディア海域?を治める)
統武04年 アル・レニオス・ウル・グルラ(74歳で没す)と皇妹サリウ・シェイとの間に長子誕生(後のロン)
統武03年 ファンxアグナ長女誕生(ソル・カプラ・セイリオスの一子と結婚)
統武06年 ファンxアグナ長男誕生(後ジーゴ・サナリアの長)
統武10年 アレア・モス影舟の長引退、伝説の七柱(セブンマスト)中の2本の主柱(メインマスト)の一方
       未婚、世界中に子どもvs男色の噂
統武20年 イバト・ルタ影舟の長引退、七柱(セブンマスト)中の2本の主柱(メインマスト)の一方
       一族歴史初、現役中に一子が四番艦の長となる
統武12年? アナハラム幽閉中「神はいないのか」と言い残し死す
統武23年 ファン長女 x ソル長男→男子誕生(ファン/ソルの孫)
統武26年 カザル・シェイ・ロン戦死、享年53歳、妻帯することなく逝く、諡号:統武王 長子Aがロンを継ぐ
統武40年 ソル・カプラ・セイリオス没、享年69歳
統武41年 オン・ブルワ・ゼ・フォレスト没
統武50年 アグナ病没とともにファン海皇引退、ファン/ソルの孫、ファンの後を継ぎ海王となる
       マイア・スナル・オンタネラ、アグナの願いによりファンとくっつく、その後一子を儲ける
統武50年 海皇の艇長(コクスン) ギルゴマ・ジフン海皇引退の10日後に逝く
統武51年 トーマ・ソム没、グリス・ロウ・スクラとの間に二子
統武58年 ロナルディア公王 ガッツオ・ルード・オルドディア没
統武67年?ニッカ95歳で逝く
統武73年 ファン没す、享年101歳、諡号:海皇
統武80年 マリシーユ・ビゼン 125歳、宣言通り意味のない?「ヘメロ・ペカペカ」で逝く

その他
ニッカ・タンブラ エールラ・スクラと結婚一子を授かる、享年95歳、ファンより先に没す
メルダーザ、ヴェダイと結婚、子は出来ず、ヴェダイ逝く(享年不明)
トゥバン・サノオ 森守との死闘の傷が癒えた後、カンタァクと降艦、10年後ディアブラスの剣をカンタァクに
譲ったあと行方不明となる。
カンタァク その後剣の名人として知られるが、トゥバンの域には至らず
ハルバート・セグノ 大戦後下船引退、海都長老衆となる、3年後太長老
オキシン・バベル 大戦後下船引退、海都長老衆となる

539 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 20:20:59 ID:xKetVXAk0
改めて見ると、あれだけ輝いていたファンがあんまり活躍していないな
だから味気ないのかも

540 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 20:26:53 ID:btx0Dmwl0
>>538


541 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 20:29:38 ID:OS4Hl5T20
ジンが願った通りの余生を過ごしたわけだ

542 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 20:37:21 ID:g/TsTQt90
>>541
それにつきるな

543 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 21:16:22 ID:IO7cPJIW0
ロンはどうして妻帯しなかったんだろ?
跡継ぎを作るってのも大事な仕事だろうに
興武王にも子供がいなくてその真似とかか?

544 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 21:29:57 ID:jgySVz4e0
二代目三代目と尻すぼみになるかもしれない血筋より、優秀な者が継いだ方がいいって考えか
妻子は同時に弱点になりうるから、あえて作らなかったか

545 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 21:47:45 ID:hwO71yqj0
建国に大功あった実力者が、戦後反乱を起こす(ざるを得ない)ケースは多い(例:韓信)
その可能性を未然に摘むためにも、カザルが妹をアルに嫁がせるのは必然だったし
アルにしても、不要な疑惑を抱かれないためにも妹との結婚は必須だった

そして産まれた子は、アルの英才教育を受けて相当な人物になり得るため
いずれ産まれるカザルの子との権力争いに担ぎ出され、国を割る内紛のおそれが生じる
カザルはその憂いを感じて、早々と世継ぎを諦めて生涯独身を貫いた
もちろん、それはアルの思惑の内であったことは言うまでもない(先に産んだモン勝ちw)

…ってな妄想をしてみた

546 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 22:04:27 ID:K85+MmgE0
>>543
男色家だからって言うのが一番説得力がある説明

547 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 22:48:36 ID:iS10NoDI0
いろいろ修正&追加、間違い指摘よろしく

【最終話から抜き出した年表】
(統武−1年頃?) ソル・カプラ・セイリオス x ライエ・スクラ→長男【A】
統武元年 カザル・シェイ・ロン大陸平定、年号を統武と改元
       ファン・ガンマ・ビゼン、ソルに変わり海皇となる、ジーゴ・サナリア長兼任(アグナと結婚前?)
統武02年 ファン・ガンマ・ビゼン x アグナ・メラ・ジーゴ結婚
統武03年 ファンxアグナ長女【B】誕生
       オン・ブルワ・ゼ・フォレスト、ロナルディア海軍ナルド海司令官就任
       (ファンの願いにより大戦後にロナルディア海域?を治める)
統武04年 アル・レニオス・ウル・グルラ(74歳まで生きる)と皇妹サリウ・シェイとの間に後のロン長男【C】誕生
統武06年 ファン x アグナに後のジーゴ・サナリアの長【E】誕生
統武10年 アレア・モス、影船四番艦の長引退、伝説の七柱(セブンマスト)中の2本の主柱(メインマスト)の一方
       未婚、世界中に子どもvs男色の噂
統武20年 イバト・ルタ、影船六番艦の長引退、伝説の七柱(セブンマスト)中の2本の主柱(メインマスト)の一方
       一族史上初、現役中に一子が四番艦の長となる
統武12年? アナハラム、幽閉中「神はいないのか」と言い残し死す
統武23年 【A】x【B】→男子【F】誕生(後の海王)
統武26年 カザル・シェイ・ロン戦死、享年53歳、妻帯することなく逝く、諡号:統武王 、【C】ロンを継ぐ
統武40年 ソル・カプラ・セイリオス没、享年69歳
統武41年 オン・ブルワ・ゼ・フォレスト没
統武50年 アグナ病没とともにファン海皇引退、【F】ファンの後を継ぎ海王となる
       マイア・スナル・オンタネラ、アグナの遺言によりファンとくっつく、その後男子【G】を儲ける
統武50年 ギルゴマ・ジフン、海皇の艇長(コクスン) 海皇引退の10日後に逝く
統武51年 トーマ・ソム没、グリス・ロウ・スクラとの間に二子【H】【I】
統武58年 ロナルディア公王 ガッツオ・ルード・オルドディア没
統武67年?ニッカ95歳で逝く
統武73年 ファン八番艦艦板にて"勃ったまま"静に逝く、享年101歳、諡号:海皇
統武80年 マリシーユ・ビゼン125歳、宣言通り意味のない?「ヘメロ・ペカペカ」で逝く
       【F】引退し、現八番艦長【G】海王を継ぐ(マリシーユの死から数日後の"予定")

その他
■ ニッカ・タンブラ、エールラ・スクラと結婚一子【J】を授かる、享年95歳、ファンより先に没す
■ メルダーザ、ヴェダイと結婚、子は出来ず、ヴェダイ逝く(享年不明)最終巻時点で「海皇紀」執筆中
■ トゥバン・サノオ、森守との死闘の傷が癒えた後、カンタァクと降艦
   10年後ディアブラスの剣をカンタァクに譲ったあと不明
■ カンタァク、その後剣の名人として知られるが、トゥバンの域には至らず
■ ハルバート・セグノ、大戦後下船引退、海都長老衆となる、3年後太長老
■ オキシン・バベル 大戦後下船引退、海都長老衆となる
■ アル・レニオスと皇妹サリウの三男は史家となり「統武征史」編纂 次男は?

548 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 22:58:36 ID:yGLP9jTG0
乙!

549 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 23:01:47 ID:KhDBnZRe0
>>547
    -―- 、 /__  / / ヽ !\ト、 |ヽ!ヽト、 ', l  ヽ  \ \_     _
   /      ヽ´ ,ィノ ィ .l  ト(   ヽ   _,.斗', l   ヽー- <-‐- 、/ .: ヽ
  /       } /  /|/ヽ=ミL,_     /''´  |ハ  }   \::::::/       :  |
  ,    そ     ',/ /      ト、`゙゙'    ′,,x==ミ,| .ハ!ヽrミヽ:;′  う.   .:  |
  !    う    !´7/   l   ト、_,x=ミ   〃i}:::;j}ィ// / |_/::::::|   ん   :  !
  |    だ    .| ′ / !:.、 〃 i}::;}`    `¨ /イ ./l .ノ:::/|    っ  r‐‐′
  |    な     | .i /|i |:::::ト..,ト、`¨  }      / .,' /ハ/!:::く` |   l7   .}
  |    っ    | .|/ |i リ::::::!::::ヘヘ  ヽ      /.// | ト、ヽ! .|  o   ′
  .,     l7   ,′  |i |:::::ハ::| ヽ   __,. --ァ ,'/ ,′ .v=ヘ 乂    /
  ',   o   /_      !::;′ ';|   \ `ー´ //   /   ヽ_`ー ´
   ヽ      厂     .|:;′       \   /  /       //ハ

550 :作者の都合により名無しです:2010/07/27(火) 23:56:20 ID:XpGybvL30
×オン・ブルワ
○オンブルワ

×マイア・スナル
○マイア・スアル

×グリス・ロウ
○グリスロウ

×オキシン・バベル
○オブキン・パベル

551 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 00:35:42 ID:PRIKqTZF0
オブキンはハルバートの一年後に死去

552 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 00:37:27 ID:GpRy1F4y0
>>550 thx
アル・レニオス→アル・レオニス
海皇→海王 (海皇紀除く)
統武50年 余分削除

しかし、マイアの子は一人とは限らんよなw

553 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 08:02:44 ID:TutN4JyK0
勃ったままだと?最後くらいマイアに操を立てろよファン。

554 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 15:46:07 ID:ZCQ10kPZ0
いくら外見は若くても生理はあがってただろマイア
あまりにご都合すぎる

555 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 16:28:27 ID:a8zx+t+00
>>554
卵子の数って30万個ぐらいあるらしいし
細胞が若けりゃ閉経してないんじゃね?

それにしても、マイアが70代で子供産めたなら
マリシーユももう一人ぐらい産めば良かったのに
トゥバンとかカザルとか面白そうじゃん。

556 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 19:20:23 ID:TutN4JyK0
ファンの孫より年下のマリシーユの子供とかも面白かったのにな

557 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 19:29:06 ID:C9C7nZk00
で、その二人がケコーンして子供が生まれる、と

558 :作者の都合により名無しです:2010/07/28(水) 20:33:21 ID:RYI08f1w0
それって叔父姪or叔母甥の関係でいいのか?違うな。大叔父or大叔母か。

559 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 00:59:08 ID:ToPkntqK0
ソルの親父のレグルスって人は、あっさり死んで語られていないせいか全然人となりが見えて来ないが、凄い人だったんだろうな…
ファンに好感もたれて認められてるくらいの好人物だったようだし、何よりあのかーちゃんに股を開かせたってのが凄え!

560 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 04:28:59 ID:LN7MoQyM0
>最大の想定外はじじいになるまでマイアとエッチできなかったことだろ

マイアにほれていたとファンママはいうがそういう素振りは見せなかったな
全てを見通すファンなら、マイアの気持ちと行動を読んで、マイアとなんらかの形で接触をするという策もあったはず
アグナと結婚する必然性は無かった
あれだけ自分の自由意志を尊重するファンの性格からすれば
そもそもジーゴの嫁取り騒動はジーゴを味方につける方便でしかないし、「おれはペテン師だ」の一言でジーゴも納得だったろう
が、作者は意外性を求めたんだな、きっと。が、後味は良くないな

561 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 07:21:41 ID:iBg0v8LH0
オンタナは再興してないしな

562 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 07:34:02 ID:0I2ZtNLu0
>>561
したよ、最終話から書き写すと

>宰相アル・レオニス・ウルグルラ起草による統一憲法の下
>旧王国には総督を置くものの、旧王国より人選した公王に
>その自治を委任する、言わば皇政連邦大帝国を樹立
>ロナルディアに併呑されていたオンタナも旧王族を公王に復興

563 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 08:06:17 ID:sU+vRKaB0
>>560 まだ一夫多妻の方が良かったな

564 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 09:46:01 ID:2FPTKGlM0
>>559
よく知らない人から見ると
かーちゃんはヤリマンに見えるんだよなーーーー

>>560
>>「おれはペテン師だ」の一言でジーゴも納得だったろう
その一言で納得するわけがないが
働いた分の儲けがジーゴにもたらされたのなら、婚約破棄しても納得したかも

ファンの娘とソルの息子が政略結婚しているし
ファンは、政略結婚でガチガチに縛られている

565 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 10:14:54 ID:96Z3kepz0
>>560
自分も50年間マイアと離別して、事実婚の後妻にするという後味の悪さが気になる。
しかし、一夫多妻ハーレムエンドってのも少年誌では無理がある。
で、以下のように書き換え希望。
***
瀕死のマイアにママンがナノマシンを入れたが、損傷が酷く細胞再生が間に合わないので、
メルが入っていたポッドに入れて、仮死状態にする。
仮死状態なので、代謝が遅く、細胞再生もゆっくりになってし、液が足らず万全の仮死措置でないので
再び目覚めるかどうかも分からない。ママンは50年間生体反応を見守り続ける。
アグナが寿命で死ぬとき、ファンに冗談っぽくそろそろ選手交代の時期だから
自分が死んだら、マイアが目覚るんじゃないか?目覚めたら再婚しろ、と言う。
目覚めたマイアに対して、ファンが「約束どおり体で払ってもらう」と。
***
ご都合主義のきわみだが、これだと、数ページ書き換えるだけで、かなり後味が
よくなるような気がする。

566 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 10:40:30 ID:znQioMo40
>>560
>>マイアにほれていたとファンママはいうがそういう素振りは見せなかったな

え、読んでて分からなかったのか?

>>アグナと結婚する必然性は無かった

だって約束は守る人だもの。
約束をくつがえさない事がある意味ファンの一番の武器とも言えるわけで。
「自分はペテン師だ」って言うのはパラドックスだしね、人を煙に巻く照れ隠しの方便にすぎない。

567 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 15:26:41 ID:2FPTKGlM0
>>566
照れ隠しでなく「言っただろう俺はペテン師だ」で人を騙すための伏線じゃねーの?
一生の間に1度くらいしか騙せないから、使わずに寿命をまっとうすればベストだが、イザとなればペテンで人を騙して自分だけ助かるつもりでいそう

568 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 20:31:08 ID:Ut7nQMEv0
オンタナの旧王族ってマイア以外にも残ってたんだっけ?
それとも旧王族ってマイアのことなのかな

569 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 20:41:29 ID:0I2ZtNLu0
>>568
>旧王国より人選した
王族に限る必要があるのかな?
マイアがアグラがファンの妻の間、どこにいたのかは気になるところではある

570 :作者の都合により名無しです:2010/07/29(木) 21:43:56 ID:/p6Yr/Lv0
さっきネカフェで読んだけど俺の中じゃ綺麗な完結だったな
これと鯖が同じような巻数だけど中身が違いすぎるだろ

571 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 17:54:05 ID:QjLnmZbp0
>>565
それはアリだな

アグナがファンに 「私はそろそろ眠るから、マイアを起こしてくるよ」 と言い残して死ぬと同時にマイアが目覚める
最終回なんだしこのくらいベタな演出の方が良いなあ

>>568
オンタナの公王をマイアが務めたとしても、矛盾はしない

>>569
オンタナにいた


572 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 18:29:28 ID:CNNVl5y+0
おれはヴェダイが操る機械やそこら辺の事情を知らずに『メルダーザが森守になっちまったー』
っていう展開を見たかった。でも、実際は操る装置に入っていただけっ、んでハッピーエンド


573 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 19:52:39 ID:/KqFuFYD0
>>571
そりゃマイアが務めたら矛盾はしないだろ
他の人が務めた場合、矛盾するかどうかって話だ

574 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 21:06:59 ID:+dYp8J2J0
>>566-567
アグナと結婚する必然性は無かった

1)そもそもジーゴは、嫁取りをけしかけて、ファンが尻尾を巻いて逃げるか、さもなくば嫁取りに参加してくればその命を取ってしまおうという話だった
2)幸いファンはインダの心を掴む。が、ファンが欲しかったのはアグナではなく、ジーゴの助力
3)インダにしても、ファンに助力はするが、インダまで譲る=ジーゴの長(おさ)の地位まで譲るつもりはあの時点では無かったはず
4)アグナがファンについて行ったのは、そもそもは裏切りを監視するため(結婚を望んでではなく、裏切りで大きな被害がジーゴに及ばないよう)
5)話の結末として、ファンがアグナと結婚したが、全く必然性はない(どちら側もそもそも望んでいなかった)

575 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 21:09:13 ID:+dYp8J2J0
>>574
3)インダにしても、ファンに助力はするが、インダまで譲る
 ↓
3)インダにしても、ファンに助力はするが、アグナまで譲る

576 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 21:23:52 ID:JkRjw1su0
>574
長い間隣でゆっさゆっさしてたら、必然性も出てこよう

577 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 21:39:44 ID:muLPrTlP0
重要な場面で常にお前は船底に引っ込んでろって扱いのマイアwww

戦場でも常にファンの傍らにいてオッパイをゆっさゆっさしていたアグナ

アグナが嫁エンドは必然だったとおもったけどな



578 :作者の都合により名無しです:2010/07/30(金) 22:28:55 ID:wbOJ07eVO
>>574
ジーゴの長の爺さんの考えは
無能なら殺してしまえ
有能なら婚姻結んでジーゴの発展に繋げる
だから、嫁取り勝負をけしかけた時点でジーコの爺さんの勝利

ファンは嫁取りに勝ってジーゴの助力を得るしかなかった
またアグナの告白を聞いて心を動かされた

から、助力を得た時点で文字通りアグナとの結婚は決定していた。政略でも人の道でも

579 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 03:49:49 ID:DCDt/W8N0
>>577
>重要な場面で常にお前は船底に引っ込んでろって扱いのマイアwww

それ普通だろ? 大事な恋人を危険な場所に置く方がおかしい

>戦場でも常にファンの傍らにいてオッパイをゆっさゆっさしていたアグナ

鬼嫁と呼ばれていたろ

>アグナが嫁エンドは必然だったとおもったけどな

好みの違いだろ
別にそれでも良いが、それならファンママが最後に言った「ファンはあなたに惚れていた」みたいなセリフと合わないだろ
男なら惚れた女を追いかけずに単なる方便にすぎない女と一緒になるのはなんだかな
自由と自分の意志を尊重すべきというファンらしくない

580 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 03:59:51 ID:DCDt/W8N0
>>578
>ジーゴの長の爺さんの考えは
>無能なら殺してしまえ
>有能なら婚姻結んでジーゴの発展に繋げる

ジーゴの長の爺さんの考えは、殺してしまえに力点があった
インダに人数を集めるように指示し、インダは安全を見込んで、これでもかというくらい人数を集めた
対してファンは、単なる嫁取りではなく、ジーゴの心を掴むため、知恵(=策略)でアグナの寝所には入ったものの、それを放棄して力を見せるために百人抜きに挑んだという設定
あの場面は存分に作者の力量を示した
ただあの時点では、嫁取りはあくまで方便で(「おれはペテン師だ」と言っていた)、ジーゴにしても方便(ロナルディアに服従するかファンについてロナルディアと戦うかの見極めのための)

581 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 11:00:44 ID:+QFbiWWCO
必死だなw

582 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 11:33:27 ID:dF/x7Kj10
マイアごときに何必死になってんだか
居ても居なくてもいいキャラだったじゃないかw

583 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 12:51:52 ID:MCDvW8h1Q
ttp://imepita.jp/20100731/438280

584 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 13:29:46 ID:nTIompl90
ようやくソース出たわけだが…
ホントにこれやるために海皇紀終わらせたんなら、川原許さん

585 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 13:46:52 ID:gMhMyhTm0
>>583
やはり無理矢理終わらせてたのか、そのうち外伝描くんだろうな、ってか描け

飛永宏之、微妙・・・
http://www.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&safe=off&q=%E9%A3%9B%E6%B0%B8%E5%AE%8F%E4%B9%8B&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi

586 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 13:50:16 ID:rdeGwfzq0
外伝を他人に描かせるなら、
パラダイス学園をBoy beの人にw

587 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 14:11:40 ID:Ry/Tn3Ct0
海皇紀異伝〜海都の女子会シモネタ祭り〜も他人でいいから書かせろや。

588 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 14:17:12 ID:rl9TV8OR0
>>586
それより修羅をよろしく!の続きをイマドキの萌え系に描かせろw

589 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 15:56:52 ID:DCDt/W8N0
>>582
いや、メインはマイアじゃなくファンだ
ファンが男らしくないと

ファンママが、ファンはマイアに惚れているというから
惚れているなら、なんとかしろよファンと。いろいろ手練手管をつかって口説くのが男だろ。黙って帰ったというけど、帰った先は分かっていたはず。なびかせる手も考えられるだろうよ、あんたの頭なら

590 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 17:22:55 ID:dF/x7Kj10
手練手管使って口説くほど惚れていない上になびかせる気もなかったんだろう
メルダーサに言ったことと同じことをマイアにも言えるのかっていうニッカの問いにも「できる」っていってたしね
インダ戦でこれまでに無いくらい苦戦して追い込まれたときも頭をよぎったのはニッカのことだった





591 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 17:50:58 ID:hr8Qc2780
>>584
大丈夫じゃね
ちょっと批判されてまた苛立って連載止めて、そのつなぎのために海皇紀の外伝とかで稼ぐよw

592 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 17:52:26 ID:DCDt/W8N0
本当はニッカに惚れていた・・?

593 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 17:57:23 ID:CRqajyo10
今更感があるけど大丈夫か?

594 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 18:04:22 ID:tlUh9VrUO
>>583
新シリーズでは、サッカーやるって事がわかった

595 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 18:12:52 ID:/iDiqT8P0
チャンピョンで烈の門が始まってボクシング編を圧倒的な蹂躪で収めてるからなw
このままじゃ追い越されるとおもって焦ったんだよきっと

まあないな

596 :作者の都合により名無しです:2010/07/31(土) 18:56:10 ID:VD5uRJn50
修羅の門を過去扱いしていた海皇紀オタ
涙目wwwwww

172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)