5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

龍狼伝その11

1 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 19:49:28 ID:2fSTUXSn0
龍狼伝 全37巻
龍狼伝 中原繚乱編 現在6巻まで
過去スレ
龍狼伝その10
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1254126888/

龍狼伝
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1127211803/
龍狼伝その2
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1152588487/
龍狼伝その3
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1174538577/
龍狼伝その4
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1186972832/
龍狼伝その5
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1194078804/
龍狼伝その6
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1208172206/
龍狼伝その7
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1218811929/
龍狼伝その8
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1229007756/
龍狼伝その9
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1241999099/

2 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 20:08:41 ID:+TiX6YhQ0
 ○  >>1 乙 もう作者に用はない 
 く|)へ
  〉   ヽ○ノ
 ̄ ̄7  ヘ/
  /   ノ
  |
 /
 |


3 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 20:27:42 ID:sAYmpj8U0
>>1

4 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 23:08:36 ID:ProFCham0
もう需要ないだろこのスレ・・・と思われながら結局立ってしまう
漫画と同じ状況だな。

5 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 23:58:10 ID:9gZMqtKl0
    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|  イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   >>1乙である!
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \  礼として>>1はシベリア送りだ!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ


6 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 00:54:10 ID:sqQfQZSL0
>>4
何言ってんだ、ストーリーよりツッコミ所を探すのが楽しいんだろうがw

7 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 06:24:54 ID:+YK6o91H0
格闘漫画なのか歴史頭脳派漫画なのかどっちつかずの中途半端漫画になった
もう修正不可能な所まで来ているから作者もパニクッテいるのかもね

8 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 07:11:57 ID:43BMN88P0
ハングライダーで空を飛んでる辺りまでは楽しく読んでた。

9 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 07:28:43 ID:LrdNcgkK0
アニメのドラゴンボールZを漫画で表現するとこうなるよ、的な実験とか

10 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 13:03:37 ID:ivRqmFGd0
俺が月マガ編集長だったら有力な漫画家(出来れば新人が望ましい)が
見つかったら速攻で打ち切るけどなw
逆に言うと見つからないんだろうなぁ・・

11 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 13:23:42 ID:vPd72PUY0
早い話、そもそも山原自身の知力が足りないから
戦略的な事や知的な事を考えられなかったため
とりあえず格闘やって時間を稼いで誤魔化そうって腹なんだろ。
格闘なら、小出しにダラダラやればいくらでもページや時間が稼げるもんな。

12 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 13:32:12 ID:dBEUxfsG0
もう歴史やら演義やらを考慮する必要もないんだし
あとは適当に呉と決着つけてそれから連合軍で仲達と決戦やればいいだけだと思うんだけどなあ
思いつかないんだったら無理に奇をてらう必要もないし
月1の仕事なのにそれくらいも出来ないもんなのかと不思議だわ

13 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 14:22:13 ID:Zk/gEqis0
前スレで投稿が遅いから巻末に載る事になると言ってた奴がいたが
人気がないという主旨のレスにどう関係あるのか、まったく理解不能だわな

龍狼伝って人気あるかい?俺も前半の面白さに釣られたがいまは駄作にしか見えない

14 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 18:00:58 ID:2a3DuAjb0
赤壁以降はぐだぐだ

15 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 20:05:42 ID:5/L+qcSZO
人気はまああるんじゃねーの?
今までの備蓄みたいのが打ち切られない程度には残ってそう

しかし、こゆい絵なのに薄い漫画になっちまったな
もう読み手を楽しませるよりどう引き伸ばすかしか考えてなさそう

16 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 20:43:43 ID:XJyZjUqx0
>>13
そのレスした人間じゃないが、ジャンプなら巻末に載る=打ち切りフラグだけど
講談社、マガジン系列はそれをバロメータにできないってことで、巻末≒人気ないって式が成り立たないって意味でそ
どこの漫画雑誌もジャンプのアンケート主義のように、人気=掲載順位になれば作家達も必死にやるだろうけど

17 :作者の都合により名無しです:2010/02/03(水) 23:52:34 ID:GDsFHOwi0
果たして作者は美芳のことを覚えているんだろうか…

18 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 00:38:30 ID:9SHhTnQa0
ページ数が少なすぎるんだよな。月刊で20ページって…。
一応、高品質作画がウリのウルジャンじゃないんだから。

19 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 03:14:15 ID:tU2qZARO0
ページ数が少ない上にコマが大きすぎて内容も薄くワンパターン

もう救いようがねーわw

20 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 05:17:30 ID:GXaTFQIl0
>>11
赤壁の前半頃までなら史実と自身のオリジナルエピソードを織り交ぜて、読ませる内容になってたと思うけど
後半の虚空戦や仲達戦とか、倒したと思ってた仲達は偽者でした辺りからグダグダしてきて許都編で帝をDQNにし
青竜が鳳凰とか辺りでヤッチャッタ感を・・・・・・・・w

21 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 05:27:10 ID:xWIyFejO0
運命を大きく動かすことになる侍女は再登場しましたか?

22 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 05:41:25 ID:xWIyFejO0
すいません
調べたら美芳っていうんですってね
>>17を見るにこりゃあアレですねウン

23 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 07:35:12 ID:4PtO0q6L0
でも新刊が3万部だったか5万部ぐらい売れてるんだっけ?
雑誌の存続のノルマとしては及第点だよな

24 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 10:33:10 ID:A3t6g9cOQ
一応新刊出た週はランク王国のトップ10に入ったりしてたからなぁ。
月マガの中じゃディアボーイズの次くらいには売れてんのかも。

しかしこの漫画はインフレ多いよなぁ。
仲達除けば最強の敵キャラ扱いだった虚空の株が下がる事下がる事…
神山で出て来た脇役道士を虚空以上だ!とか言ってみたり、そりゃ無いだろとw
まぁ虚空も虚空で仲達に手傷与えたりと負けずにインフレしてるから、
次に戦った時は「やはり虚空は格が違った」扱いになるんだろうけど。

25 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 11:30:34 ID:KJl0zP8B0
単行本結構売れてるんだな
や作風的に10代の子供に人気があるのかな

26 :作者の都合により名無しです:2010/02/04(木) 21:38:07 ID:ShruI1090
序盤はあんなに面白かったのに・・・

27 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 02:07:51 ID:zaQ32uib0
>>25
惰性で買ってるのが多いんだろ

28 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 13:50:50 ID:RdI9pV41i
読んだ
今月と志狼と甘寧の一騎討ちだけど、甘寧のターン終わったみたい
来月辺り決着?

29 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 14:12:49 ID:wmtxG06Mi
確か前スレでページ数の話でてきたんで調べた
正確じゃないぞ、おおよその数字

龍狼伝…28p
海皇…68p
パンプキン…36p
cmb…47p
義経…60p
DEAR BOYS…46p
カペタ…48p
孫六…40p
チンミ…40p
プラタナス…48p
ライダー…40p
ヤタガラス…50p
幕末…46p
アライブ…54p
四稲家…44p
88…46p
ドキリ…32p
水の森…50p

30 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 20:09:51 ID:1ruzzvHe0
竜の子は敵の技をパクるのが好きだな

31 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 20:37:05 ID:aVirFLXB0
もう今月号発売したの?

32 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 22:10:48 ID:KCNzQCPa0
×竜の子は敵の技をパクるのが好きだな

○山原はキャラの技を使い回すのが好きだな

33 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 22:14:22 ID:o0gBnZP50
ネタバレ

・甘寧は「戦略」があるため強い←一応史実通り

確かに今までの敵は筋肉バカだの、不死身の魔獣だの、幽霊爺さんだもんなww

34 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 22:14:37 ID:BbND6Lpui
>>31
関東では今日が発売日だと思う

35 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 22:54:13 ID:FkBMcgVZ0
シロウは、震雷が使えるから
黄色の槍パクるか、名工に頼んで槍作ればいいのに

36 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 23:08:38 ID:Q43pnmrn0
大分でも今日発売してたよ

37 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 23:40:14 ID:gs0rw/Lp0
至高が出たから次は甘寧が究極の技だす

38 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 23:56:38 ID:aVirFLXB0
>>34 >>36
ありがとう、今雪の中コンビニで買ってきたよ。

39 :作者の都合により名無しです:2010/02/05(金) 23:58:51 ID:jfwWXuNP0
夕方コンビニで見て来たよ。
やっと話が少しだけ動いたか。
橋の上で甘寧が剛拳繰り出した時に、木製の橋だから
木が割れて足元が安定しないから力が出し切れんと言って、
「龍の子はそこまで読んでいたのか」って、先月、志狼が橋で騎兵の
屍で障害作った時のセリフの使い回しやんw
それにしても、志郎は恐らく念体も通じないかもしれないとかって、
また情けない事ばかり言ってたなw

40 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 01:07:37 ID:n7h5xwRa0
自分も別の意味でそこ気になった

志狼(念体も甘寧の硬気功には通用しないかもしれない・・・)

そもそも念体って硬気功で防げるような技だったっけ?
別にエネルギー体を飛ばして攻撃してる訳じゃなく、
相手と気脈を通じて脳に「ダメージを受けた」と錯覚させ自壊させる技だよね?
強力な硬気功下では錯覚させるに足る気脈が充分に通じないって理屈なのかな

41 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 01:26:57 ID:11GtAYYE0
>>24
聖闘士星矢のアニメオリジナルのアスガルド編で
「こいつ…サガ以上だ!」を連呼してたの思い出した

42 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 01:31:54 ID:VltTPhNo0
>>40
念体は殴られても効かないと思ってる奴には効かない
甘寧の場合、硬気功に絶対的自信をもってるから、それを崩さないと念体も効かない

43 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 03:54:50 ID:25JTVeS30
>>29
内容の面白さは好みが分かれるだろうが
他の作品とは描きこみ方もクオリティも格段の差があるからなぁ
ページ数が少ない事は不満だが、一律に比較されても山原もそのスタッフも可哀想だな

44 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 05:04:40 ID:vZbB3Zx80
橋を落とさなかった理由が剛拳封じのため
ってのは無理がありすぎるな。
木製なんだろ? 燃やせよ!空破斬しろよ!

硬気功? 四六時中ずっと硬いんじゃないんだから
意脈(笑)で読んで硬気功のタイミングからズラせよ!
てか橋まで追ってきてくれてよかったな! 下手すりゃ城内で無双されてたぞ。

アシと編集は何してんだよ…
山原マンセーなのか相談した結果がコレなのか…

45 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 05:41:40 ID:yTvNXiNv0
空破斬は、特に硬気功とか使ってないのに甘寧の篭手はスッパリ切っても肌には傷ひとつ
付けれなかったからなぁ。後ろの兵は鎧ごと胴体真っ二つなのに。

甘寧の戦力ダウンのために橋を落とさないって事は、2千の騎馬隊よりも甘寧一人の方が
脅威度が上って事だな。どんだけ強いのあの人。

銃持ったオッサンの戦闘力が5だったから、騎馬に乗って武器持った兵士の戦闘力が4くらいだとして…
4X2000の8000以上。すげぇ、ナッパ倒せる

46 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 05:48:30 ID:IgIqjVj50
>>43
いやいや、ページ少ない上に顔のアップとか多用して
あからさまなページ稼ぎしてみたりしてるから、
ガチで書けばもっとページ数が少なくないのが実態。
今月号の最後のページを見たかい?
1ページまるまる志狼の構えた絵だったろw

47 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 07:17:25 ID:LHeZuj4Z0
はっけい返しってタイミングずらせば良くね?

念体で分身つくって、全員で時間差で放てば?

48 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 07:55:28 ID:orZ6f/FD0
ていうかそろそろ幹部減らしに行けよ
40巻以上やってまだ黄しか消えてないぞあと赤青黒白と虚空が残ってるぞ
青龍と虚空以外は今なら瞬殺出来ると思うけど遭ったら遭ったでまた苦労しそうだ

49 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 09:03:08 ID:UDzCEEHC0
…そして、残すは中立つだけとなった
でおk

50 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 11:04:41 ID:r3EsOxjB0
俺も念体が硬気功で防げるという部分はおかしいと思った
だが、これは上でも言われているように
圧倒的に相手の思い込みが強ければ作用しない可能性があるので、それは正しい

しかし、これには前提条件がある
ほどよい傷をつけて気絶させ、無力化しようという程度の攻撃ではなく
志狼が頭や喉、心臓などの急所を正しく狙って念体を使えば甘寧にも通じるだろう

結論から言うと念体が通用しないのではなく
相手を殺さずに中途半端に倒そうという意識の元では通用しない技である、といえる
(過去に作中でハン将軍を引き合いに出した妙な解説があったが、これについても同じ事が言えるだろう)

51 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 12:41:06 ID:vZbB3Zx80
ついこのあいだライに苦戦させるために後付けした弱点を
あっさり克服しそうなのもなんだかなあ…

今でもほんの少し先のことすら考えずに描いてるんだなあと実感。

52 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 13:54:12 ID:5udl60Jf0
>>51
ライってクラッサ・ライ?

53 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 15:35:29 ID:pTudUBEfO
念体もどんどん安くなって行くな
その内敵も使って来そうだし

念体中の念体とか念体120%とか完全念体とか龍気念体とか出てきそう

54 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 16:44:10 ID:oiam2sq30
闘仙の技で弟子も取ってたから知ってる奴は念体を知ってるだろうしな

55 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 18:19:11 ID:IgIqjVj50
>>51
あれは酷いよね。
なんかもう行き当たりばったりで描いてるのと変わらない。

>>52
呂布の息子だから、呂來?呂雷?呂礼?ってところか。

56 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 19:04:12 ID:BenT6aFgQ
話しがちっとも進まない!


57 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 21:17:26 ID:7s9Otbtr0
素朴な疑問なんだが、志狼の策で足場が悪いところに誘い出されたから甘寧の
「究極の拳」が威力を発揮できないって流れなのに、それをパクった志狼の究極拳は
同じ足場でなんで効くの?

58 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 21:33:30 ID:orZ6f/FD0
体重が違うから・・・とか

59 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 21:42:59 ID:qj7AH6v70
甘寧の究極の拳>シローの硬気功
シローの究極の拳>甘寧の硬気功

ってことなんじゃないの?
足場の悪さで減殺されてもシローもノーダメージじゃないだろうし。

60 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 21:48:20 ID:xHpbsLuY0
>>57
ウンタイフウシン習得後の修行シーンで木で岩を砕いてたから
それを応用して足場を岩より堅くしたんじゃね?

61 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 22:04:39 ID:IgIqjVj50
志狼の捨て身の攻撃で甘寧がダメージ受けた時、
てっきり例え硬気功と言えども、
内臓までは〜と言ったパターンかと思った。

62 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 22:25:03 ID:orZ6f/FD0
そう言えば発剄とかって硬気功で防げたっけ?

63 :作者の都合により名無しです:2010/02/06(土) 23:26:04 ID:HBa2xKKri
赤壁では船上で闘ってたな
あれも足場は木なんだが…差が分からんす

64 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 00:15:36 ID:Divy4OS30
来月やっと決着だけど甘寧は死なないだろ
二人の間で格付けが決着するだけでさ

65 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 00:34:40 ID:2xx1Qf/T0
どうせ甘寧が硬気功の使いすぎで筋肉痛になって前線を退くだけ

66 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 00:36:57 ID:NG018DxZ0
龍狼伝の世界の武将はそんなんばっかかよw

67 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 00:49:12 ID:xFWBD9dHi
赤壁も盛り上がったけど、やはり虚空、仲達戦で半年かそれ以上費やしてるんだよな…

68 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 03:43:35 ID:uJgaHfNW0
虚空とか死ねないヤツとか必要なのか

69 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 03:59:04 ID:1YoquMeS0
く!ばかな、僅かの間に俺以上の不動の拳を見につけたというのか!?
ガクガク
だめだ・・・体がいうことをきかん!
殺せ竜の子
ありがとうございます甘将軍
!?
あなたのおかげでぼくは成長することができました
シュタ!
なぜ殺さない
ふ・・・しかし悪い気はしない
竜の子よ、不思議な漢よ

・・・・・という妄想がみえたのさ・・・・


70 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 05:12:43 ID:FqNuPnO70
>>68
シメシメ、死なない奴設定したお陰で飯の種には困らん
途中展開につまったらこいつ出して、志狼にぶつければ窮地を凌げるワイという作者の思惑w

冗談はさておいて、曹操軍自体は現状どんな感じなんだろうね?地盤が削られてる以上ここから
巻き返すとしたら相当な努力を強いられる上に、逆賊扱いだから表立って支援してくれる地方領主
もいないだろうし

71 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 05:34:50 ID:Eg1XqOq/0
>>63
足場云々は甘寧の踏み込みが異常に強すぎて踏み抜いたって事で
馬が駆け抜けられる位なんだから普通は人間の体重では「踏み抜けない」
実際1回全力出そうとして踏み抜いた以降は踏み抜いてない訳だし

72 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 13:30:56 ID:GqWI7yIH0
>>71
なるほど
この場合だと志狼の「軽さ」が逆に有利に働いてるってことね。

73 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 13:37:36 ID:l+FluQVg0
またケツだったな、連載順
今回の展開は2ヶ月前に欲しかったわ
結局甘寧にいい勝負するなら前二ヶ月はしょってもなんも変わらないし引き伸ばしって
言われてもしょうがないよなぁ

74 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 18:47:00 ID:I3zq9xUP0
甘寧を倒す事が目的になってるが、そもそも敵の奇襲を防ぐのが目的だったんだから、最初から橋を落とせばよかった

75 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 19:47:46 ID:jftx5/HU0
橋を落としたら逃げれなくなっちゃうじゃない
どこから攻められるかわからないし
攻めることもできない

76 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 21:01:41 ID:UEGzQX150
>>75
反転攻勢で呉軍を壊滅するのが目的じゃないから。
現状は持久戦に持ち込んで、とりあえず総大将の周瑜が
病死して呉軍を退かせられれば良い。


77 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 21:26:22 ID:IuO3aWSX0
アホか?みなさん?

虚空も元武も、志狼ひとりの仙氣じゃかすり傷一つ付けられなかったし、バランスは崩れてねーんだよ。

78 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 21:32:41 ID:AJC0zEGm0
ヒント: ソウロウ、ハン、マモウ

79 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 21:42:42 ID:XOg80kLa0
そういえば、「虚空の目を潰した男」って出てきたんだっけ?仲達?
それともあの原因は戦闘じゃなくて子供の頃の事故とかなの?

80 :作者の都合により名無しです:2010/02/07(日) 23:33:56 ID:UEGzQX150
>>79
呂布と戦ったりライを助けた時には既に盲目だったから仲達は除外。
虚空の視力を奪ったのは実は武安国。

81 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 00:19:52 ID:dIVthFGH0
>>80
実は幼い頃、兄の呂布にフルボッコされた時の怪我説
実は呂布とは血の繋がりがなく、焼け出された孤児を引き取ったのが呂布の実の父で義兄弟だった説
目なんて飾りなんです弱い人にはわからんのです大佐説
実はチュータツにフルボッコされた時に失明したけどここまで強くなったから関係ないよ説

好きなのどうぞ

82 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 01:29:04 ID:6ESFu3B50
待ちに徹した甘寧が、意図せず大木役をやっちまってた訳か。
次でようやく終わるかな。

83 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 01:47:54 ID:UvfTWkZ10
>>81
ライの命を助ける為に、代わりに視力を敵に与えたで

84 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 05:03:20 ID:ok3clfca0
ファルコがラオウに片足与えたのと同じ

85 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 05:44:59 ID:ylhBSTQo0
いやいや
そこはシュウさんでしょう

86 :sage:2010/02/08(月) 06:26:55 ID:/zqHP3GQ0
山原センセー、
槍使えだとか火を点けろだとか橋落とせだとか衝破山だとか
そういうようなことが言いてー


87 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 10:41:54 ID:ejKYG91zi
虚空は雨中で戦えるようになってるんだろうな…

88 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 16:55:44 ID:hhU2RuwY0
しかしまぁ有利な地形に誘き出してやっと勝つとか甘寧はラスボスクラスの
強さをお持ちなのですねw
それとも志狼が大したことないんですかね?
強さのインフレよりも主人公のデフレと言ったほうが良いんじゃないですか?w

89 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 18:36:16 ID:6EHSVV1r0
相性が悪いだけだろ。志狼だって受けに徹してればこんなに苦戦してない。

90 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 20:31:00 ID:jxGjqN+G0
>>88
今月号で言ってたでしょ。
ライとの戦いで自分の欠点が露呈した部分に合わせて
今まで戦って来た相手とは全く違う正反対のパターンの相手だから。

91 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 22:20:30 ID:8T8EM/u20
ちなみに甘寧は自分から攻めれば、呂烈にも手こずるレベルだぞ。

92 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 22:47:31 ID:+xX2aEq40
得意不得意はあるだろう。曹操が仲達に一撃入れたことだってあった。
一応、一般的な呉の最強武将なんだから、粗略な扱いはできないし。

93 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 23:17:48 ID:Kl3XWj6I0
要するにカンネイは待ちガイル

94 :作者の都合により名無しです:2010/02/08(月) 23:21:58 ID:kKk1SO4D0
あれは仲達じゃなくて誰かのキョウシキなんだけどな

95 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 00:42:10 ID:SRlW38ug0
作画が明らかに劣化していてバトルが盛り上がらない。

96 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 01:42:00 ID:a5cX1vnV0
チンミは安心して見てられるんだが…。
龍狼伝もここらで褌締め直して欲しい。

97 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 02:21:57 ID:xFxpb+Zb0
>>94
結局あのキョウシキって誰なんだろうな
作者は「仲達と関係が深い人物」としてるけど、兄の司馬朗とかだろうか

98 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 02:27:22 ID:5YUOHrfR0
>>97
司馬家は8兄弟だし、兄弟の誰かってのが妥当だろな
下の名を呼んでたことから兄だとは思われるが、馬鹿原は明かす気ねーんじゃね
そこまで話が進むかどうかすら分からん

99 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 03:52:31 ID:hXpr3YKL0
>>97
実は双子でした、だったりしてw
昔の人は双子は忌み嫌ってたから、大きくなるまで
他所に預けられてたとか。

>>98
明かすも何も、当初は明かす気はあったかもしれんが
多分そんな事とっくに忘れ去られてるよw

100 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 06:46:41 ID:VEs+Y70N0
甘寧って、青龍相手じゃ分が悪いよね。

相打ち使えねーし、物理攻撃効かねー

101 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 07:14:42 ID:KOV7W/3H0
>>92 一応、一般的な魏の最強武将なんだけど脚の怪我が痛くて走れないとか泣き言こぼしてた人居ましたね

102 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 08:31:14 ID:uDi57RVl0
う、うきん!?

103 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 09:34:53 ID:J4eCfFZqi
修行不足だと思ったけど、
実戦で相手の技量パクれるから、
どうってことなかったぜ。

104 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 11:41:48 ID:hXpr3YKL0
>>101
同じ魏の最強武将の許楮なんて新野で志狼にアバラやられて、
その後に張飛と一騎打ちして痛みで金縛りになって戟を落として
張飛に情けをかけられてたなw

夏候惇も、孔明の策で散々にやられたり、コッソリ護衛を付けられてたり
目を掛けた部下をあっさり殺されたり、鍛え上げた精兵を取られたり
やっとの思いで引き入れた将を取られたり、全く良いとこ無しだ。

105 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 12:51:57 ID:Oo3UyyRs0
作者は魏が嫌いなのですか?

106 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 13:12:30 ID:ygcutWAe0
つーか孫権がぜんぜん出てこないんだけど
どうなったのよ
お飾りだから必要ないってことですかね

107 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 19:05:07 ID:DI3MCzdd0
曹一族の扱いはいいと思う
曹洪とか曹丕とかね
影壱とかあそこら辺も好きだったなあ

108 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 19:32:27 ID:fQZUg5Ly0
一週間で100レスもある辺り、やはり人気はあるのか…

109 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 20:13:20 ID:yC1qRWsZ0
>>105
むしろ魏は格段に扱いが良いと思うよ、曹操だって最初は悪役扱いだったけど
赤壁の時は共闘して志狼に一手教授してたし

扱いの違いは魏>>>>>>>>>>>呉>>>>>>>>>>蜀じゃねーの?
蜀というか玄徳勢力なんて話運びが悪くて、徐州にニートしてるし悪役とはいえ現状
呉の方が表舞台に出てるだけマシ

志狼はそろそろ「体内電流」を雲体風身で増幅させて、電気人間になる事をお奨めしますw
電気ならカウンター方法無いし、触れられた時点でアウト

110 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 20:23:17 ID:hXpr3YKL0
>>107
曹洪は出て来て無いだろw
曹仁では?

>>109
呉は周瑜・陸遜・甘寧しか活躍していない。
お友達の魯粛や、その他の名将が戦いに全然出て来ない。
甘寧一人で戦してんじゃねーぞと。

111 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 21:18:25 ID:3ZK+lGuw0

〜甘寧vs大狼〜

・大狼は攻撃するときに足を止めてないので、見切れない。

・反撃不能。硬氣功で防ぐがダメージ蓄積してorz

甘寧弱ええ!

112 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 21:36:08 ID:AP/bGCRf0
あれ急に甘寧が弱く見えてきたぞ…おかしいな

113 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 21:36:30 ID:NA/zdGfs0
メイド姿の呂蒙子明の出番はまだですか?

114 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 21:39:30 ID:0WyFNe3c0
いや、大狼が強すぎるんだろ
仲達でも勝てるか分からんぞ

115 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 22:21:17 ID:hXpr3YKL0
>>114
仲達でも相手にならない。
大狼に突っ掛かって返り討ちにあった
李カクを助け出すのにやっとだったらしいし。

116 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 22:40:34 ID:hAz4Zd8y0
●スピード
大狼>>>志狼>>甘寧

●体格
大狼>>甘寧>志狼

●仙気量
大狼>>甘寧>志狼

甘寧にどうしろっちゅーねん。

117 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 23:01:54 ID:0WyFNe3c0
>>115
ソースがリカクって所がちょっと引っかかるんだよな
あいつ勘違いしまくってるし
でも流石の仲達でも勝てないだろうとは思う

118 :作者の都合により名無しです:2010/02/09(火) 23:31:01 ID:hXpr3YKL0
>>117
李カクさんをバカにするなよ。
小沢一郎が董卓なら、鳩山は李カクなんだぞ。

119 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 02:28:52 ID:E1QWxHDo0
今更、真澄を出せとは言わんが...
ランと蓮花を出してくれないかな。
ランも囲まれているけど、どうせライが助けに来てくれるから全然緊張感が無いよな。

120 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 07:04:15 ID:sZcYEOzc0
志狼が、神速の震雷を甘寧に使わない理由を教えて下さい。

乾坤圏のときに、見切れない攻撃は硬氣功で防げないってありましたよね?



121 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 07:33:19 ID:QLHX1fMm0
あっさり話が終わっちゃうから。
もし使ったとしても、効かなかったとか言いだしそう。
そしてお決まりの「甘寧に勝てない」のセリフが飛び出す。

122 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 09:48:03 ID:lCI9PhHh0
>>20
三国志テーマにした時点で赤壁後は人気武将が没っていくから、人気どこを
死なないように描いていくと赤壁後はオリジナル。だから知力が足りない山原にはry

物語のラスボス位置を司馬懿にしたのが選択ミスだったんじゃないかな〜
もし史実まぜつつwktk展開が続いてたとして、魏の実権が曹家>司馬懿になるまで
あと何年あると・・・w
志狼の子供に世代交代だな。露出狂の真澄はイラナイのでもちろん嫁は蓮花デスヨネ

123 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 11:09:17 ID:tqTWNvJj0
志郎の母親は志郎の子孫とかいう鶏卵展開にならんだろうな…。

124 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 12:38:31 ID:LDXUf4AP0
>>120
甘寧に相性良さそうだよな<震雷
でも武器準備するの忘れた。
たぶん、余裕で勝てると思ってたんじゃね?

125 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 14:55:18 ID:3SX/GvLn0
>>67
2年分をブックオフ辺りで一気に買って読むとそれなりに楽しめるな

126 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 18:46:10 ID:d+++bN9N0
>>124
甘寧に限らず、本気の震雷防げる奴って・・・
関羽、趙雲、仲達、虚空くらいじぇね?

127 :チャーシュー:2010/02/10(水) 18:58:50 ID:QLHX1fMm0
>>124
敵が攻めて来たってのに丸腰で戦場に駆けつける志狼は真正のバカ。
それに敵地に決死の潜入して落とした門を死守するってのに、
これまた丸腰で戦いに臨む甘寧も真正のバカ。

>>126
張飛さんと馬超さんを忘れてるぞ。

128 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 21:45:54 ID:7OGY3YU80
(惰性もあって)ずっと見続けてきたんだが、
今月号はさすがにちょっとやばいと感じた
この内容で後何ヶ月かやられたら
さすがに見限らざるを得ない・・・

129 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 21:57:59 ID:kh5HAgnF0
最初に門のところで対峙した時点でこの展開にしてればなあw
ぐるっと遠回りして同じところに戻ってきてる感じ。

130 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 22:13:35 ID:3kQnYMV50
っていうかバカ多すぎ。

震雷もどき使った志狼も冒頓も、直後に体が限界になっちまっただろ!

131 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 23:12:28 ID:ftqOxA8l0
展開がおそす

132 :作者の都合により名無しです:2010/02/10(水) 23:19:32 ID:seZS0f4NO
今って敵主要キャラで倒したのはどっちかと言えば善人だった黄色だけか
まだまだ先は長いな
つかこの作者なら黄色も中の人変えて復活させかねんから怖いわ

133 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 00:31:23 ID:RNhboUou0
呂布をどう扱うかが未だに期待できる
だって、三国志なのに超能力バトル物でリカク程度で相当の実力者だった訳だ
一般的な三国志では圧倒的最強の呂布が今後どう出るかね
自称弟は昔なんか言ってたけど、息子の力を見る限りでは呂布の真の実力を見たい

134 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 00:41:41 ID:L0tS5zYCO
もう呂布の生まれ変わりがシロウってことでいいよ

135 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 00:46:14 ID:jaXE4h4I0
呂布なんてしんでるじゃん
ライで十分

136 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 01:33:00 ID:uLGG0fFE0
単行本いつ発売するの?

137 :チャーシュー:2010/02/11(木) 04:11:10 ID:f9a2gx7j0
来月号辺りに告知載るんじゃない?

138 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 06:33:41 ID:OAPbz4Yt0
荊州攻防戦だけで何十巻やる気だよwwwwwww
そろそろ張飛さんの圧倒的な武力を見せてほしいんだが本当頼む

139 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 12:31:55 ID:pF0PKNsIO
五虎神の王大人死亡確認みたいなのがムハハ(・`∀・)って呂布の今日屍鬼出して来そうだな
特別製じゃいって説明しながら

140 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 14:52:35 ID:q7iDhxxfO
山原は絵は上手いんだが、人物の内面を描くのが下手だな
もう少し緻密に表現出来れば名作なんだが

141 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 15:16:52 ID:Ux/0XvzN0
心情以前に最近はテンポが悪すぎ
昔はよかったのに
匈奴編の青龍バトルからのgdgd具合が全然抜けてない

142 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 15:33:30 ID:OQ4HZDvP0
テンポ以上に、三国志武将を有効に使えてなさすぎ
甘寧も甘寧対張遼にして、シローは別の五虎神と対決でいいのに

143 :チャーシュー:2010/02/11(木) 16:38:31 ID:f9a2gx7j0
>>139
それ自分も考えたw
ドラクエVのバラモスゾンビみたいのとか。

144 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 18:33:04 ID:gr72BzLj0
王大人の奥の手は有名武将の屍死鬼軍団だろ

145 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 18:48:14 ID:36230K7k0
個人的にゾンビは好きじゃないけどな。
どんなに強くても自分の感情が無く命令通りに動く人形でしかない。
それなら死んだのが影武者で本人生きてる設定のがまだまし。

146 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 20:32:35 ID:kDyPxkUR0
月刊なのに進むの遅すぎやで。。。
甘寧と何カ月闘ってんねん。。。

ページ数が少ないとかそういう次元じゃないだろ。。
これ。。

キン肉マンU世より酷い

147 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 20:53:12 ID:gmjhpvNC0
呂布ゾンビネタはかつてRYUBIで使われたからな
ロバ兄のメガザルで蘇ったが最後はバイクのガソリンを浴びて炎に包まれたけど

148 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 22:36:46 ID:Qjp/d2uP0
俺は赤壁のキョウシキが呂布じゃないかと睨んでる

149 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 22:57:56 ID:HGYpjIUV0
〜甘寧vs元武〜

・念体に相打ちの物理攻撃効かず
・無数の念体の同時攻撃をすべては硬氣功で防げない
・氣功量も元武の方が上

スピードは志狼よりないので、一方的にリンチされてorz

甘寧弱えええええ〜

150 :チャーシュー:2010/02/11(木) 23:21:11 ID:f9a2gx7j0
>>149
元武なんかより同じ人間同士の摩牟と比べた方が良くないかい?

・物理的攻撃はもちろん仙術武具さえ一切受け付けない肉体を持つ摩牟。
・恐ろしいまでの超怪力。
・一度殴れば雑兵なら体を貫いたりと原型を止めない(呼廚泉参照)。

スピードだけなら巨体の摩牟よりは甘寧の方が早いと思う。
甘寧が勝てる要素が見当たらないw

151 :作者の都合により名無しです:2010/02/11(木) 23:40:05 ID:Qjp/d2uP0
甘寧の上位互換みたいなもんだからな
それだけに何苦戦してんだハゲって気にもなるけど

152 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 00:35:29 ID:/gutOA7/i
相手の技の正体とか弱点分かるまでに時間かかるのかな

153 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 01:54:34 ID:2O9Qt51a0
甘寧には遠当ての術があるじゃないか!
技術的には、かなり高度らしいぜ。

154 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 02:17:35 ID:mGiFHTo80
>>153
摩牟も青龍戦で遠当てしてなかったっけ?
しかも甘寧以上とか言われてた気がするw

155 :志狼:2010/02/12(金) 04:24:46 ID:STgqjIYFO
この時代って本当に衛生状態悪いよ…。恥ずかしながらこのザマ
http://www.huhka.com/jisakupcheya/1154882265/img/1154882265_0857_00.jpg

156 :ますみ:2010/02/12(金) 04:27:21 ID:STgqjIYFO
もう最悪…。皮膚病になってもロクな治療が出来ないから悪化する一方だわ!
http://image.blog.livedoor.jp/heyrong/fe10bb90.jpg


157 :チャーシュー:2010/02/12(金) 04:29:14 ID:gU3ae4nI0
>>155
きったねーな…
千山に蹴られて氏ね。

158 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 05:13:42 ID:mt8IQjZ50
特上カバチ!!
毎週日曜夜9時放送。

行政書士補助者が真の正義を見せつける痛快“法テク”ドラマ!!
櫻井翔&堀北真希が法律を武器に奮闘します。
法律を駆使する“法テク”を武器に、弱者を救うべく奮闘する、行政書士補助者の熱血ストーリー!
原作は、田島隆&東風孝広による人気コミックです。
人情と涙にもろく、正義感に燃える男・行政書士補助者の田村勝弘役に櫻井翔。
一方、いっけん清楚だが、異常に気が強く、男嫌いの超ヤリ手行政書士・住吉美寿々役に掘北真希。
犬猿の仲の二人がぶつかりながらも、人として、法律家として成長する姿を描きます!
初共演となる2人の掛け合いにもご期待下さい。


▼公式サイト:http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/

159 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 06:36:47 ID:XIBaqdQf0
摩牟はスピードでも伍真と青龍に引けをとらなかったぞ。

ただ、甘寧は発勁を極めてる。内部を破壊できる発勁うてるなら甘寧有利。

160 :チャーシュー:2010/02/12(金) 12:10:36 ID:gU3ae4nI0
確か伍真ですら発勁打たせてもらえなかったんだから、
力押しの甘寧には尚更無理じゃないかな。

161 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 12:29:27 ID:2O9Qt51a0
甘寧は、シロー対策で相打ち戦法使ってるせいか
動きが鈍いイメージがあるよな。

軽快な戦い方もできるのだろうか。

162 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 13:41:20 ID:iC3yeaa1i
軽快な闘いは出来るんだろうけど、志狼には及ばないんじゃないかな

163 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 18:39:49 ID:KcBIFUWM0
速度に関してならどう考えても志狼が上だろうしな
見た目からして違う

164 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 18:45:34 ID:NX6CC+wh0
軽快な動きで甘寧から攻めたら、シローが意脈?で動きを読んで攻撃の隙を突いてあっさり勝利

165 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 21:23:21 ID:uI+zMdKE0
〜甘寧vs黄尸虎〜

・鎧に相打ちの物理攻撃効かず (志狼の発勁効かなかったし)
・震雷をすべては硬氣功で防げないor防いでもダメージは蓄積。
・そもそも間合いに入れない。

一方的に槍で打たれまくってorz

甘寧弱えええええ〜

166 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 22:57:05 ID:RrIota8w0
甘寧の顔デザって、山原の中ではテンプレというか他キャラと描き分けてないほうか?

167 :作者の都合により名無しです:2010/02/12(金) 23:13:20 ID:2O9Qt51a0
横山三国志みたいに鎧で判断してたのに
脱ぎやがった。

168 :チャーシュー:2010/02/12(金) 23:43:45 ID:gU3ae4nI0
>>167
あっ、それ分かるw
むかし横山の三国志のメインキャラ以外を
見分けるのには苦労したわw

169 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 00:17:34 ID:jVaTVb1h0
どんどん殺したほうが良かったのにな。
武将死ななすぎ。

170 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 00:19:48 ID:s70YuQnj0
でも、格闘三国志漫画の癖に呂布が最初から死んでるという謎

171 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 03:21:46 ID:N2x9NN9/0
だって主人公の登場時が徐庶が劉備の所にいた時期なのに、
今さら「実は呂布生きてました」なんてネタ使われても困るし…

172 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 05:03:49 ID:r/4veIOR0
>>171
キョウシキ設定があるから、最早誰が生きてても驚かないw
逆に言えばいくらでも強敵を出せる錬金術、老後の心配も不要

はっ、志狼=RPGのラスボスって考えると、すげー嫌だよなあ
敵を倒しても倒してもザオリクしてくるんだもの、一刻も早くニフラム覚えないと

173 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 05:13:44 ID:bs7syoro0
仲達が「今日志狼にすれ違いざまニフラム!ニフラム!って言われたんだけど」ってスレ立ててる
映像が浮かび上がったが気のせいだった

174 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 05:27:19 ID:k+jhzunC0
>>168
昔はあんな横山みたいに、顔の描き分けすら出来ずに
絵も子供が書いたような下手糞な漫画家でも食っていけた
鉄人28号とか見ると殆ど小学生のレベル

もし横山がいま新人ならどこの出版社も相手にしないだろう

175 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 08:12:22 ID:WyeH/X7Z0
ピタゴラスがいま数学者ならどこの学会も相手にしないからなw

176 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 09:36:20 ID:k+jhzunC0
>>175
ただな・・・リアルであんな漫画家しかいない時代に
生きてきたからそれはまた意味が違うんだよ
横山みたいのしか選択肢がなければどうする?
山原はまだ子供だよ

177 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 11:03:52 ID:sEpgkSdm0
先人がいたから今の漫画界があるわけで。
道具やテクニックだって今とは雲泥の差だろうしね。
自分で試行錯誤するのと最初から答えを知ってるのでも違うし。

178 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 11:33:53 ID:uI0r4vX/0
孔明が物資輸送に苦労したのも、今の時代基準ならヘリ使えよって言われるしな

179 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 11:47:28 ID:s70YuQnj0
孫子の理論でさえ、今基準で見たら通用しないのがあるしな

180 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 12:59:12 ID:b2LD6ykki
農作物の生産効率も違うしなぁ

181 :チャーシュー:2010/02/13(土) 16:26:09 ID:CNy3yOMh0
>>177
横山三国志の単行本の別冊で、なんでもゼミナールか
三国志辞典だかで、三国志書き始めは苦労したって書かれてたね。
当時はまだ中国との国交が無かったから、資料が手に入りにくくて、
こんなもんかなと想像だかで書いてたとか。
国交が出来てからは資料が沢山入って来るようになったので楽になったとか。

182 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 18:07:12 ID:oTDQTE5g0
吉川英治や横山光輝が三国志の知名度を上げてくれたから
後世の三国志系漫画があるんだしな
山原がいきなりこの漫画書いてもスルーだろw

183 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 19:02:30 ID:8p73JG5fO
そういえば三国志漫画だったんだな
三国志の登場人物が浮いてる感じがする

184 :作者の都合により名無しです:2010/02/13(土) 23:11:07 ID:ABP2eeMN0
>>174
それは昔の作家はしょうがないだろ
手塚さんだってたぶんストーリーはいいけど絵下手すぎって今の集英社とかに
持ち込んだら言われるだろ

185 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 03:09:00 ID:Jia9YMfu0
これさあ
志狼が来て無くてもかなりカオスだったんじゃないのか?
志狼が来なかったとして、元の歴史通りになっていたとは思えないんだが

186 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 03:12:00 ID:3S2AnbWQ0
>>184
ってか、手塚先生はわざとあの絵だから
まあ今風になるかはともかく、精緻な描き込みの絵は描ける人


187 :チャーシュー:2010/02/14(日) 05:21:27 ID:ALce4AXl0
>>185
だろうね。
ただ志狼が居なかったら劉備一派も仲達の事をほとんど知らなかっただろうね。
そばに居る曹操は気付いたかもしれんけど、下手すりゃ赤壁で打ち取られてたかも。

188 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 05:26:54 ID:Y0LfJB0b0
>>185
志狼が来なければ五虎神を趙雲、関羽、張飛らが相手取り、仲達の策を孔明らが読み切って対処する等
全うに活躍出来る話になると思われw

また曹操陣営から頃合を見計らって仲達が独立してるとして、帝の加護が無いから仲達包囲網が出来る可能性が
あるので更に勝率も上がる予想と志狼がいない方が、ある意味好都合だった可能性がwww
徐庶死なないだろうし

189 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 10:03:41 ID:udnBklYci
>>186
基本は手塚治虫の絵だね
顔に関しては石森も藤子も横山も最初は手塚絵と殆ど変わらなかったし

190 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 12:15:28 ID:21E/Td+L0
>>188
ぶっちゃけ徐庶ってどれくらい優秀だったのかね?
伏龍鳳雛みたいな称号が無いってことはそいつらより下ってことだし。
魏に降ってからは全く活躍が無いのは劉備に義理立てしたからって説と
曹操の幕僚が優秀だったからって説がある。

191 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 13:14:05 ID:gPH9a1zz0
>>190
孔明が彼でさえその程度の役職なんて、なんと魏の人材層は厚いんだと驚いた話があったとか

192 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 13:30:57 ID:/wPIeVJC0
ゲーム的にいうと
知力100が1人いる陣営と
知力90代、80代が沢山いる陣営、どっちが強いかということだ

193 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 14:43:04 ID:aZqDe8t6O
川原と山原。
前者は二作目も完結間近だというのに。
なんだかなあ・・

194 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 15:01:08 ID:K+uygKRL0
1作目が完結しておりませんが。

195 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 16:09:48 ID:3S2AnbWQ0
>>193
同じ期間に描いた巻数も全然違うしな
山原は無印龍狼伝で37巻+中原繚乱編6巻の43巻
この間に川原先生は
修羅の門の第4部(正確には第3部途中)から10巻分と
修羅の刻4巻以降の11巻+(13巻の裏)1
それと海皇紀41巻
合計して62巻+1描いてるから
1.5倍は描いてると言う話になるな

196 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 16:30:57 ID:y2Gyp8QaO
修羅のおっさんは背景描かないから早いんじゃ根?

197 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 18:22:41 ID:aZqDe8t6O
>>194>>195
川原と山原。
決定的に違うことは川原の漫画は今でも面白い。
山原は・・

198 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 19:39:34 ID:2jqVi2SV0
月マガの看板作家と比べるのは気の毒からやめてやれよ

199 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 20:36:31 ID:Ishmqmho0
gdgd過ぎるからなー

甘寧に手こずるとか意味不明。
雲体風身を会得して、さらに強化された悪鬼達を倒した強さはどこへ?

200 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 20:48:27 ID:qlaRwbDc0
はじめのいっぽ思い出す

201 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 22:24:39 ID:Cx0bw2a60
一歩は、連載ペースはいいのに話の進みが亀という珍作だな。

202 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 23:16:44 ID:aZqDe8t6O
山原と森川は連載終わっちゃうと食えなくなっちゃうからしがみついてるのが見え見えなんだよ。
でも引き延ばしにも限度がある。

203 :作者の都合により名無しです:2010/02/14(日) 23:53:28 ID:gPH9a1zz0
>>200
今更ハリマオかいって感じだけどな
次は南米の肘使いか、親殺しの朝鮮人ですかってところだろ

204 :チャーシュー:2010/02/15(月) 01:05:32 ID:oLJ/aAoz0
>>202
ただペースを上げると連載が終わっちゃうので困るのではなく、
もう完全に煮詰まっちゃてるだけだと思う。
展開考える為にダラダラやってるのだが、逆にそれが
考えてた方向とズレて来て、かえって足を引っ張られてるのだと思う。

205 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 01:42:06 ID:ytvBH9cB0
一歩はどんどん体も成長してでかくなり、階級上げて、やがては鷹村とやるのかと思ってた。
宮田との対決にこだわりすぎ。さっさと終わらせろ。

龍狼伝は五虎神を一人づつ倒していきラスボス倒してママのお守りの秘密も解決して終わりでいいのに。
グダグダしてんな〜

206 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 02:29:53 ID:Xsg7m3Sn0
>>205
かなり三国志の歴史から外れたんで
志狼個人の決着だけじゃなくて、三国の歴史がどう転ぶかという方向性は付けないと追われないだろ
赤壁の後直ぐに、志狼が次々と五虎神倒して行って「仲達」倒して曹操がその後に来れば
概ね歴史はそのままになったで済ませれたんだがな

207 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 05:49:07 ID:LCPGcAZs0
>>206
もう無理に三国志にこだわらないで、何か理由こじつけて日本なり西洋なりに
仲達行かせてそれを志狼が追いかけてって、更にそれを無呼が追いかけてってすれば
無問題な気がするwwwww

208 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 11:42:10 ID:hUuSr8cM0
志狼達の戦いはまだ終わらない!

ご愛読有難うございました

山原先生の次回作にご期待ください


209 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 15:11:35 ID:+Negrdot0
ここまでgdgdだと逆にどうやって収集つけるのか興味がある。
この掲示板に来るのも毎月月マガ買ってるのもそれが理由だったりするw

210 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 16:20:40 ID:qYsifZQJO
俺は連載打ち切りよりも山原死亡を心配してるんだよ。

211 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 19:45:03 ID:g0W3tTN70
川原はちょこっと前作ネタを繋げてる感あるけど、
冨樫、曽田正人、井上雄彦みたいに全く違う漫画を描き上げてるのに、なお面白いのは尊敬する。

荒木飛呂彦みたいに、一定感覚でズレてる奴でずっと面白のもまたいいけど・・・


で、うちの山原先生はというと・・・

やっと甘寧戦終わりが見えそうなんじゃない?
何かどっかで見たパターンな気がするんだけども・・・or2

212 :チャーシュー:2010/02/15(月) 20:31:01 ID:oLJ/aAoz0
>>210
小星、大地に堕つってやつかw

213 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 21:31:32 ID:zaSb8JyA0
これいつになったら仲達のとこにたどり着けるの?まったくストーリー進んでないよね

214 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 21:34:10 ID:p0y8YmdQ0
>>210
とりあえず布団に入ってから火のついたタバコをくわえたまま寝てしまわなければ大丈夫

215 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 22:20:03 ID:bnfAqMST0
単行本が薄くなってるのは気のせいではないですよね
学生の時に終わるまで買おうと思ったら早10年
ふぅ

216 :作者の都合により名無しです:2010/02/15(月) 23:42:12 ID:0VgJAt830
もはや三国志は何の関係もないよね
馬鹿げた小学生向けの超人バトルをずっと傍観させられている
三国志キャラたちがかわいそう
さらにタイムスリップがあった事さえもはや関係のない世界
こんな筋書きを考えた月マガ編集部っていったいなんなの


217 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 00:11:50 ID:1b7Sbda30
>>216
一応突っ込んどく
>馬鹿げた小学生向けの超人バトルをずっと傍観させられている
月間「少年」マガジン 少年向け雑誌だ一応

218 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 03:02:35 ID:6//t9k+W0
>>209
付けるだけなら周瑜が呉の真の敵は仲達とか言い出して和平
そのままなし崩し的に包囲網で攻めて陽動、少数で進入して蹴りを付ける打ち切り法で

219 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 03:29:59 ID:MwNTC2yGO
しかし、いつからか話の展開が異常に遅くなったよな
特に格闘シーンになるとヤバいコマ送りみたい

作者は一回休み取って話を組み立て直した方が良いんじゃね
月マガは一年で12話しか進まないのに一回一回がこんなペースだとたまらんわ

220 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 07:02:39 ID:qndtsNei0
でもさあ、当初から甘寧の武力は五虎神に対抗できるっていってたじゃん。

ブレてはないんだよ。ちなみに虚空vs甘寧ってどうなんの?武神同士の対決だが。

221 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 11:08:17 ID:63w8I9fi0
五虎神に対抗できるとは言われてるけど、せいぜい黒や赤並なんだろうw

222 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 11:33:54 ID:CIxTNsnci
甘寧が習得した拳技を、志狼が吸収しちゃった(?)って事なら
もう決着だなぁ

223 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 12:31:23 ID:1b7Sbda30
>>220
たぶんいまだに単純な武のみなら、かんぬ・はるひ≒こくー≧しろー>かんね
きょちょ他は以下略扱い ばちょちょーうんが入るとすれば、こくーしろーの間ら辺からかんねーとの間
ももーだのもかんぬはるひこくーの下に位置づけてんじゃねーかな
んで、番外編での登場人物とかは幽霊怨念系仙人ってことで別格扱い
山原のなかじゃ、呂布vsかんぬはるひ劉備の3兄弟アタックで呂布を倒せなかった・・とか
きょちょ他多数vs呂布とかの呂布無敵すぎエピソードは存在してないんだろう
もしくは、呂布程度(笑)と位置づける事でオリキャラの強さ(笑)を醸し出したかったんだろうが
ただのパワーインフレ起こすだけになって風呂敷畳むのに四苦八苦ってとこじゃね

224 :sage:2010/02/16(火) 12:37:45 ID:oQkJ8K2Z0
読みにくい。国語1だろ?

225 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 14:10:52 ID:J/6z6JJG0
ここのスレ住人にはgoogleIMEオススメ
オリキャラはともかく、三国志武将とか普通に候補に出る

226 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 14:24:39 ID:185suUYEO
なんで岸部だけが強敵と闘わなきゃいけないんだよ?
ばちょ〜ん対鳳凰とか、わかんねい対白冥虎とかどんどんやって数を減らしてけよ。

227 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 14:47:45 ID:vsJj/Qch0
敵は全て主人公であるシローが倒します!
脇役は脇役らしく「知っているのか!?雷電!」
とか言っててください。
つーか狂言回し役もいないよなぁこの漫画w
ユウキってオリキャラが出てきたから「あぁこいつを雷電役にするんだろうな」
って思ってたw

228 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 15:04:20 ID:RPwRgmnQ0
>>227
ユウキ辺りができるのは、蓮花と2人で驚き役=富樫・虎丸コンビだろ
解説役はライの仕事だろ

229 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 16:02:03 ID:Iin6ZORe0
解説は戦っている本人達がやってるじゃないかw

230 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 16:35:15 ID:185suUYEO
って言うか、しばらく岸部の闘いなんか見たくねえよ。
カンウンコとかばちょ〜んとかむこどのとかモモンガとかいくらでもいるだろうに。

231 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 18:39:14 ID:jI29V16D0
そもそも、この漫画の趣旨って、中国語ができて三国志を知ってる中学生が劉備陣営に来たら?
ってコンセプトだったと思うんだよ
ますみが煮沸で微生物殺すあたりまではギリギリ片鱗があった
戦国自衛隊のもっと縛りプレイというか、そんな感じ
どっちかというと、王狼伝みたいなところかな

なんでこうなったんだろ

232 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 19:23:22 ID:3ij/YBzVi
今度は孟獲編か蜀編なのかな…

233 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 19:23:50 ID:HfxVsCrD0
>>216
俺途中から… っても、BECKが始まったころから読んでるけど
主人公がタイムスリップしてきたなんて知らなかったよ。
たまーにそれっぽいこと言うからそうかなとは思ってたけど。

234 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 19:24:05 ID:NKmQxvhm0
雲体風身を身に付けて
中学生ながら前線に出ても命のキケンが大きく薄らいだことで
様々な困難を克服できるようになった

までは良かった
でも、その力を生かす方向がどんどん狂っていったと思う

235 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 19:26:39 ID:l7gIOXfO0
>>231
その疑問はこのスレではかたりつくされている感があるけど
山原先生と恐らくその干渉をしたであろう、月刊マガジン編集部に聞きたいな


侍女の件とw あわせてぜひどこかの媒体で発表してほしい

236 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 20:21:39 ID:/1iWXz+00
相手の力や数にたいして未来人の知識や主人公補正で乗り越えるのかと思ったら
力に対してより強い力だもんなw
白が出てきたあたりからオカルトになってきたし・・・

237 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 21:55:19 ID:zrB7k+KT0
「力に対してより強い力」はまだいいんだよ。
問題なのは、その強い力を使ってるのがシローだけだってとこなんだよね。

238 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 22:51:31 ID:LS+OCfWt0
>>220

虚空が楽勝するだろ。

ライよりも武術の錬度は上。隙がないので甘寧は受けきれない。
足場の悪い船の上で消える剛拳放つしなぁ。


239 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 23:39:32 ID:RPwRgmnQ0
甘寧が五虎神と対抗できると言った時の志狼は赤と黒相手にしか戦った事が無い状態
こいつらは搦め手が得意な奴だから戦闘力は黄や虚よりずっと低いだろう

240 :作者の都合により名無しです:2010/02/16(火) 23:44:01 ID:NKmQxvhm0
侍女が異民族すべて統一して中原に襲い掛かる展開まだー?

241 :チャーシュー:2010/02/17(水) 00:36:46 ID:8KfuJ8SD0
>>231
三国志演義を熟読して、その時代にタイムスリップしてみたら
全く通じなかったでござるの巻

242 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 02:14:31 ID:4hBPnQY3O
例の侍女の件以外で作者が公言してることに、本物の司馬仲達の登場ってのがあるんだけど、何年後かな?
12年後くらいかな?

243 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 02:58:20 ID:pN6NxgV00
昔の甘寧は、黒を見て「冷や汗が止まらねぇ」
と言ってたような。

でも許緒でさえ、黄色と戦って死ななかったから
甘寧も補正で何とかなるさ

244 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 05:35:34 ID:yvrEjAnnO
許緒は初期メンな為に大層残念な実力になってしまった

245 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 06:46:35 ID:y6Lvn7bP0
赤飛虎を倒した志狼が、甘寧に対して「勝てるかどうか・・・」
だもんな。

武術を学ばないでそんだけ強いなら、今の甘寧の強さもおかしくないよ

246 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 17:06:42 ID:a7JPr93Pi
でもまあ、赤は明らかに五虎神の中でも雑魚だし

247 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 17:22:29 ID:QHBZzirT0
ゲーム的にいうと、これくらいだろ
赤黒 武力80前後
黄 90
虚 100


248 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 17:47:45 ID:AWSjb2w3i
黒は真澄に不覚とるぐらいだしな…

249 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 17:49:29 ID:m+r7JKZh0
白は・・・

250 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 19:09:30 ID:R7JCXTaO0
雲体風身の真似事をちょっとできるだけの真澄に不覚をとる黒瘴虎…

>>247 赤30 黒20 白10ぐらいだろ

251 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 19:35:59 ID:RUmrvsRti
個人的には志狼は武人としてでなく
頭の閃きで頑張って欲しかったよ
無双はお腹いっぱい

252 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 19:44:24 ID:/oa+LKO80
作者に頭がないと無理だろ…

253 :チャーシュー:2010/02/17(水) 20:19:02 ID:8KfuJ8SD0
>>247
黒の正体は張角だから、ゲームの張角の武力を若干上げたくらいで
丁度良いと思う。
黄で90は無いだろ。
それじゃあ張遼よりも弱くなるし、ましてや趙雲より遥かに低くなる。

254 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 20:44:47 ID:T09n3X54i
龍狼伝では張遼は名将だけど単純に武技では精々赤より強い程度な気がする
趙雲は本気になっても黄には及ばないような…
あくまでも龍狼伝の中での話だよ
黄以上は関羽、張飛、志狼、仲達ぐらいじゃないの?
次いで馬超かな
黄忠、魏延はあんま強そうに見えないし

255 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 20:52:46 ID:gBXSS7vL0
許緒はひどすぎ。赤壁の時は曹操守るためにフルパワーのはず。

なのに、震雷すら使わない黄尸虎に子供扱いされて、バカにされてたよ・・・

256 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 21:42:23 ID:eoSzxGNe0
>>251
       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)   凧揚げパリィ!!
     ノヽノヽ
       くく

257 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 21:43:08 ID:fFKHg7wkO
キョチョは顔も手抜きだしなぁ

山原版では魅力感じない
文官は割と良いんだけど

258 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 21:53:50 ID:64TIQBLQ0
・虚空の拳の練度はライ以上。甘寧は急所を交わせず硬氣功でもダメージ。
・虚空の体格は甘寧と互角。
・拳が消えて志狼を吹っ飛ばす威力なので、甘寧は踏みとどまれず。

甘寧は相打ちの反撃もできず。一方的にやられてorz

甘寧弱えええええええええ〜〜〜〜〜w

259 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 22:18:59 ID:bYkkvmlG0
>>258
あんまり弱い言うなよ。
それに苦戦してる主人公がいるんだからw
つーか相性悪いなら相手しなきゃ良いんじゃね?
相手から攻撃して来ないなら放っておく。
あるいは相手が攻撃せざるをえない状況をつくる。
つまり志狼が敵陣に奇襲を掛ければよかったんだよw

260 :作者の都合により名無しです:2010/02/17(水) 22:44:38 ID:gBXSS7vL0
甘寧が自分から攻撃した場合・・・

志狼、呂烈ともにほぼノーダメージだったよな。
剣撃でもつかで受け止められる始末。やっぱ甘寧弱い。

261 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 02:50:06 ID:bgcrtWZaO
甘寧は・・・顔がデカい!

なんか日に日にデカくなってる

262 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 04:31:48 ID:IIjJR0/S0
>>250
まあ武術も嗜んでるけど赤は幻術使い、黒は妖術使い
白は薬師専門みたいな感じになるしな
不意に物理攻撃を食らうと一発で倒れそうだ

263 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 05:36:43 ID:vkNYnjq80
>>261
最終的に、二頭神と呼ばれる。

264 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 07:40:54 ID:5hXzTNDV0
黒って影伸ばし斬り以外になんか技持ってたっけ?神出鬼没?溺れないこと?

265 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 10:36:23 ID:aHrViaXF0
黒の必殺技は、乾坤圏。

266 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 11:04:11 ID:leHndjen0
黒(ってか張角)は史実ならかなりの高齢だし
乾坤圏なければ、トリックみたいな小技しかないし弱いだろ
武力40(武器補正+20)
統率60
知力75
魅力99

267 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 11:41:17 ID:S2MFrpn30
他には黒糸を使った攻撃もしてたな

268 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 13:54:25 ID:F7GeDGQ4i
黒は情報収集、調略の方が得意そうだしね
黄巾族率いたぐらいだからカリスマ十分だし調略にはもってこい

269 :チャーシュー:2010/02/18(木) 14:54:35 ID:GkfnyODo0
>>266
黒は怨念が強くて蘇えったんじゃなかったけ?
ゾンビと言うか実体を持った怨霊みたいなもの。

>>268
赤壁の時にバラされてたけど、虎豹騎を太平道でマインドコントロールして
纏めてるのが黒だったはず。
実際の曹操の精鋭部隊であった元黄巾族だった青洲兵も、曹操に太平道の信仰を許されてたし。

270 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 15:12:41 ID:b/V9bNNs0
そういや乾坤圏って今どこにあるんだろう?
匈奴に置きっぱなしなんかな?

271 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 16:46:05 ID:vkNYnjq80
呼べば飛んできたりしないのかな、乾坤圏

272 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 17:44:11 ID:hcIAs7pM0
乾坤圏に乗って空を飛べるように改良すれば良いんだw

273 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 17:49:18 ID:LM+sTmEf0
  三ヽ(´・∀・)ノ 
      |  /   ←蓮花
  三  UU   
  (( ⊂∞⊃ )) ←乾坤圏

こうか?

274 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 17:55:35 ID:3eK9SVuK0
志狼がアホなのがなあ…
アホみたいに素手ゴロせんで剣でも槍でも棍でも使えよ

275 :作者の都合により名無しです:2010/02/18(木) 21:34:53 ID:7SH36kgv0
消える震雷使うと、たった2回で体から湯気が出ちまうからだろ。


276 :作者の都合により名無しです:2010/02/19(金) 01:13:56 ID:EvjjEY/VQ
オヤスミ…
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


277 :作者の都合により名無しです:2010/02/19(金) 08:44:19 ID:3Dhm77VKi
そいや、蓮花は今何してるんだろうね?久しく顔見てないけど

278 :作者の都合により名無しです:2010/02/19(金) 12:09:15 ID:LWi2wZES0
ライに蹴られて戦線離脱、今は部屋で自慰でもしてるんじゃね

279 :作者の都合により名無しです:2010/02/19(金) 18:47:26 ID:OXxAJmYsO
蓮花×ユウキ同人画像
http://inagisou.100webspace.net/hello.html

280 :チャーシュー:2010/02/19(金) 20:44:17 ID:UPpmJE3N0
そう言えば、蓮花って最初は両足にサイを装備してたけど
志狼が崖から落ちた後から装備しなくなったよね。

281 :作者の都合により名無しです:2010/02/19(金) 20:49:36 ID:/eicDtrp0
>>279
ブラクラ?
チェッカーかけたけど素人だからよく分からん
警告1個ついてるんだが

http://www.aguse.jp/?m=w&url=http%3A%2F%2Finagisou.100webspace.net%2Fhello.html

282 :作者の都合により名無しです:2010/02/20(土) 01:17:46 ID:NybJpZ2gO
作者はDBみたいなインフレバトル漫画描きたいのかな?
三国志が舞台で各キャラに元々ある程度決まった相関性がある以上無理なのにな…

283 :作者の都合により名無しです:2010/02/20(土) 12:24:30 ID:M64JF6640
赤壁 天下一武闘会
匈奴 ピッコロ編 青龍=ピッコロ
荊州 サイヤ人編 カンネイ=ラディッツ

284 :作者の都合により名無しです:2010/02/20(土) 13:19:35 ID:nrHbMwmW0
>>279踏むなよ〜

285 :作者の都合により名無しです:2010/02/20(土) 15:18:25 ID:xArh4LBC0
>>283
ドラゴンボールみたいに単純に戦闘力のインフレだけじゃないから
面倒くさいし、後から見る人訳わかめ

286 :作者の都合により名無しです:2010/02/20(土) 17:47:54 ID:SZ3ZqmuB0
>>279
こいつ蓮花とか名前だして巧妙だな
ネットの屑死ねよ

287 :作者の都合により名無しです:2010/02/20(土) 20:18:02 ID:0GAa9GT10
>>285
そういえばスカウターが欲しいね。
少年誌なんだから単純な強さの方が分かりやすい。
つーか少年に分かりやすいように格闘漫画に路線変更したのに
説明セリフを言わせる場面が多すぎる。
伝えたい事があるならまず画で表現しろよとw

288 :作者の都合により名無しです:2010/02/21(日) 13:31:01 ID:2omjghlvQ
>>276
 Z
  z
  z
 <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


289 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 02:42:45 ID:lQL4Xodj0
蓮花といえばシローに付きまとって、事ある毎に簡単に返り討ちにあう役
DBで言えばクリリンだな

290 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 03:12:55 ID:3UMyX+Ra0
レンファって初期に比べて強くなってるのかな。


291 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 06:37:52 ID:9guzpQZF0
結局ライは仲間になってしまうんだろうか

流れから行くと死ぬ可能性が強い気がするんだが

292 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 07:29:21 ID:YzCmR/0kO
虚空戦で死亡なんじゃね?

293 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 13:16:29 ID:eUpQsmK80
ランから親の敵の真実を聞いても尚、ランを連れだそうとしてたくらいの馬鹿or虚空儲だしな
あそこで虚空に対する疑念とかの描写があったなら仲間フラグっぽかったが

あるいは作者にそこまで考えるだけの頭が無いか、それとももっと劇的な展開でもあるのか

294 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 16:25:34 ID:Ec7bkhF80
清流の弱点を見つけて死にます

295 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 19:05:56 ID:I+oJVGAJi
>>293
疑念フラグあった気もするけど違ったっけ?
でもまあ、いきなり信じろと話しても無理だわさ

296 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 22:17:59 ID:rjFT5lJR0
ライを味方に付けても空気キャラが増えるだけw
それなら敵にしておいたほうがマシ。

297 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 22:35:46 ID:eWGMjW1b0
伍真って今何してる?

298 :作者の都合により名無しです:2010/02/22(月) 22:43:46 ID:5rCN0dd00
豹、黄忠と共に旅をしてる

299 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 00:01:24 ID:Jae/nwP70
ライが味方になっても、1年もすればヤムチャ・天津飯なみの扱いになるし・・・

300 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 00:05:09 ID:yVZyvxrD0
黄忠も割と初期から登場しちゃった武将だから戦力になりそうにないな〜
兵卒のキョウシキに力負けしてたしw
魏延も驚くほどの実力はないだろうから活躍の程は知れてるが、再登場した時の顔の変化が楽しみすぎるw

301 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 00:38:25 ID:gw1jmqFq0
髪黒く染めて、「どっちが本物の竜の子かわかるまい!」とかやるんじゃないの

302 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 03:39:51 ID:NSQznCpZ0
ギエンは、荊州兵数名に囲まれて張飛に助けられてたよな。

303 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 05:51:13 ID:oqrxBijf0
>>293
虚空と呂布がどういう経緯で戦ったにせよ、五分の立ち合いであった以上
ライの考え方のほうが武人として正しい
ランは武の誇りや正道を口にしつつも完全な自家撞着でうわべだけ

304 :チャーシュー:2010/02/23(火) 10:16:31 ID:p2EBYAMv0
>>290
強くなってるよ。
許昌に集結した時に、関羽と手合わせして
関羽に腕を上げたなと言われてたし。
実戦経験や修羅場を沢山くぐり抜けて来てるから
夏侯惇深追いして、護衛のシーリュウに
関節外されて泣いてた時よりはかなり強くなってる。

305 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 13:19:58 ID:48P6iUqAi
そいや、志狼は不殺をモットーにしてるのか
禍根を残すダイプ?
素人目には虚空はあの場面で倒しとくべきだよなぁ
昔は今よりずっと過酷な時代だったのに

306 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 14:00:45 ID:w7i3nYp60
>>305
何の意味もない不殺なのにな
過去に散々殺してきてるし、計略作戦でも散々殺してる
今回の橋でも、馬ぶち殺して落馬した奴が死んでてもおかしくない
今更「不殺」なんざちゃんちゃらおかしい
戦争殺し合いしてんのになに薄っぺらい自己満足振りかざしてんのかと
山原いい加減に学習しろよ

307 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 14:28:43 ID:R73kXeKM0
たしかに
ああいう時だけ「殺さないように倒してますよ」っていう小細工はいい加減に鬱陶しくなるな
匈奴編でも「不死身」の黄や青の時だけわざとらしく心臓刺したり首斬ったりしてんだよな
描写がせこい

308 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 15:20:22 ID:i7iYGIMiO
カルマが一定値を越えるともう一人の自分と会議みたいの開いて脳内で解決するからな

309 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 18:05:45 ID:gw1jmqFq0
>>305
不殺でまたほったらかしの伏線思い出した。チーファンを襲ってた虎豹騎の残党にトドメをささずに
「必ず殺してやる!」とか叫ばれてたような気がする

310 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 18:15:36 ID:yVZyvxrD0
>>309
名前すらない5人衆だったから影の薄いこと極まりない奴らだったな
当然、作者も忘れてるだろう

311 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 18:20:39 ID:530y22ED0
>>303
敵との戦いの直前に兄弟で戦って、大怪我負わされて敵とまともに戦えずに殺された
父親がそんな死に方をして、負けたせいで追っ手がかかり家族はバラバラになった元凶を知っても尚、虚空が正しいと?

312 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 18:44:09 ID:FWUmOKhPi
取り敢えず、志狼はこの闘いで黒に出会ったら倒しとけ
恐らくは勝てるだけの実力はある

313 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 19:01:12 ID:xC4bp2CD0
赤と白も1対1の戦闘になれば勝てるだろ


314 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 19:03:02 ID:Jae/nwP70
赤と黒は開幕念体で行動不能にしてサクっと殺しておけ

315 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 20:58:20 ID:tQzSkRcK0
そういえば黄色亡き後の後釜は誰なんだ?あのフタナリ君か?

316 :作者の都合により名無しです:2010/02/23(火) 21:24:57 ID:rGRgE3V10
今は四虎神です

317 :作者の都合により名無しです:2010/02/24(水) 00:00:01 ID:vreXsaCh0
青龍はさすがに虎じゃないのかw

318 :作者の都合により名無しです:2010/02/24(水) 00:28:34 ID:bh7A1XbIO
虎は王大人だろ

319 :作者の都合により名無しです:2010/02/24(水) 00:52:34 ID:luBrSfRAi
青龍、ってどういうポジションか忘れた…
仲達の最も頼りにしてる部下の一人だったとは思うが
そーか、青龍との決着もまだだったか

320 :作者の都合により名無しです:2010/02/24(水) 01:47:59 ID:1t4bdbdD0
せいぜい、時間かけても3話くらいだよな。月刊なんだし。
何人も戦うキャラが残ってんだから(誰が戦うにせよ)、サクサクいかないと。

321 :作者の都合により名無しです:2010/02/24(水) 14:06:40 ID:RmP8x3OW0
>>311
まだ戦いの背景が不明ですが、武の観点から見るかぎり挑んだ虚空も受けた呂布も、ライも間違っていません。
そうした不遇も、武人として生きる道を選んだならばあらかじめ覚悟していなければならないことです。
また、決闘そのものは尋常な勝負だったようですしね。結果として虚空が勝ったということに過ぎず、
もし呂布が勝っていれば逆に悲惨な目に遭わされていたか殺されていたかもしれません。
そして武人ならば”今はまずいからちょっと待って”という理屈を、みずからが受け入れる事は自由ですが、
けっして相手にそれを期待してはいけないのです。

このこととは別に、当時はまだ幼かったランの心情という点は忖度すべき事情といえます。
ただし、これと同時に見過ごせない問題も浮上します。身内の官位のために志狼を殺そうとしたことです。
さらには”戦中で曹操には余力がないから父を罷免できないだろう”と、たかをくくったような考え方でした。
当のラン自身が憎む相手と同じような事をやっていては、虚空を非難するどころか忠義さえも怪しい態度といえるでしょう。

ただ、虚空に固執すること自体は武の道を歩むならば必ずしも悪いこととはいえません。
ランが言葉だけでなく本当に武人として生きる志を持っているなら、同じように呂布と虚空の武人としての業をも理解し、
”悪い奴を敵討ち”ではなく、恩讐を超えてあらたな武人として純粋に虚空に挑むべきなのです。

おそらくこれまでの描写を踏まえて、
作者はいずれはランの精神的成長も描きたいという意図があるのだと思います。

322 :作者の都合により名無しです:2010/02/24(水) 17:21:38 ID:VT2ubOee0
>ランの精神的成長も描きたいという意図
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


323 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 06:21:36 ID:ogNd/k6hO
作者が成長せんとな

324 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 10:19:32 ID:uGKSuXzq0
武人としての経験値が足りないと言いつつチート発動だもんなあ

325 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 10:56:00 ID:2w6OmUoh0
>>321
妄想と決め付けが酷いな

326 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 12:50:10 ID:oX8gRXfw0
>>325
そうでもないと思う
いわゆる武人と定義されるもんの心得として、常在戦場だとか殺す覚悟殺される覚悟だとかあるじゃん
同じ武を志すものとしても、心の在り方ってのは身の置き所により変わるもんだ
この時代の奴らがどうだったかとか関係なく、漫画内の武人として描くのであれば↑の理屈はそれほどおかしくはないと思う
山原が武人をどういう定義にしているかがよく分からんので妄想と決め付けることもできるけどな
夜討ち朝駆け騙し討ち 全部アリアリなのか、武人と武将とで定義が違うのか

327 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 13:32:12 ID:Wzk2vK3l0
実はどっちかというと悪玉は呂布のほうで裏切りか汚れ役を押し付けようとしてて
それに虚空が怒ったとかの線もありそうだな。てかむしろそっちの可能性のが高い気もする

328 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 16:01:48 ID:Bn4olXtL0
お約束としては

仲達が呂布に一服盛る
もう助からない!
呂布「戦って死にたい。わしゃ武人じゃけえ」
虚空「おのれ仲達! いつか倒してやるんだからね! ライかわゆす」


329 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 18:14:34 ID:/poO0v260
呂布「恐らく、明日には落城だ。弟よ最後に云っておきたいことがある。」
虚空「兄者・・・」
呂布「やらないか」
虚空「ちょ、、、勘弁ww」


330 :チャーシュー:2010/02/25(木) 20:34:41 ID:SjhpJzsm0
>>327
問題は、呂布の居る城にどうやって現れたかだろうね。
ひょっこり現れて「やらないか」だったのか。

>>329
もちろん、虚空が深夜に急ぎ足で厠に向かってる時にだよね?w
強要する呂布と、それを必死に拒む虚空とが揉み合ってるうちに
呂布の急所に大ダメージを与えてしまったと。

331 :作者の都合により名無しです:2010/02/25(木) 21:14:02 ID:SyEk5sR40
>>328
あの様な弱者と言ってしまってるからな

332 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 09:29:03 ID:7r15Il5qi
虚空は色々と呂布に含むところありそうだからなぁ

333 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 11:06:01 ID:RaxnudR80
作者はまだ何も考えてないに一票>呂布vs虚空

334 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 11:59:13 ID:V35Wn6uni
物語の流れからいって、呂布と虚空の闘いは描かない訳にはいかないね

335 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 13:26:18 ID:auasCBy00
>>331
そういえば虚空の初登場の頃にそんなセリフを言ってた気がする。
弱者と言う以上僅差勝ちでは無く圧倒的勝利しか考えられないのだが
そこまで虚空が強いようにも見えないw
そのへんをどうするのか?

336 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 14:15:28 ID:M6ZRc1TO0
正しくは「あのような愚か者・・・所詮は弱者にすぎません」だった
虚空は呂布の実力というよりは価値観の違いで軽蔑しているようにも見える
でも最近の流れだと呂布を一方的なクズにはしないような気もするので
イデオロギー的には虚空と5分5分の扱いか悪くても4対6くらいの形になりそう

337 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 18:16:36 ID:5E1gYEIX0
> 「あのような愚か者・・・所詮は弱者にすぎません」
黄シコの中の人と趙雲のパパとの関係と似たようなもんじゃない?
呂布が武の追究より妻子を優先したとかで。

338 :チャーシュー:2010/02/26(金) 18:58:06 ID:pQXkGtKC0
>>337
妻子優先の線は無いと思うよ。
6巻で張遼が「下臣や妻の入りでが萎え心など無論持ち合わせておらぬ」と
言っているし。
呂布の場合、武の追求より利益や権力など物理的追求に走った。
虚空はその事を指して、愚か者・弱者(物理的欲求に心を奪われる)としているのではないかと思う。
あまりに強い欲求の為に心が弱くなり、武の純真さやキレを無くしてしまった堕落者と言いたいのだと思う。


339 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 19:21:27 ID:IilU7Z7F0
a

340 :チャーシュー:2010/02/26(金) 19:42:25 ID:pQXkGtKC0
>>338
訂正
下臣や妻の入りでが萎え心など無論持ち合わせておらぬ×
下臣や妻の背離で萎え心など無論持ち合わせておらぬ○

341 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 20:30:12 ID:05Qt9fLvi
司馬懿は呂布をスカウトしたかったんでないの?
で、その命を受けたのが虚空とか
で交渉決裂

342 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 21:20:52 ID:LNePkHDx0
張飛が長坂橋仁王立ちのエピソードで気合い入れた時、「あの呂布をも凌ぐやもしれん」とか
言ってたから、強さ自体は認めてるんじゃないか?

343 :作者の都合により名無しです:2010/02/26(金) 21:34:45 ID:0iGcaVFS0
権力欲にとりつかれてダメになったんだろうな

344 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 00:32:42 ID:WS1o+SUw0
何巻か忘れたけど、虚空が仲達に槍かなんかでゴツゥ!ってやったとき、
志狼の仲間になるフラグか?
と思ってたけどそういうことってなさそうかね?
虚空が志狼の仲間になったらこれ程良いものはないと思うんだが・・・。

というより、五虎神の中で誰か志狼の仲間になるキャラが欲しいなぁ。
もしいたら青龍と黄し虎(故人だけど)がいいなぁ。

345 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 00:59:57 ID:OdkaVPH10
ねーよ。全くない。コロコロでも読んでろ。

346 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 02:02:24 ID:aVMigikX0
つーか編集部はそろそろ地図でこれまでの状況や進軍状況を矢印とかで説明するページを作って上げた方がいいよ
毎月読んでてもわけわかんなくなることあるし

347 :チャーシュー:2010/02/27(土) 03:13:30 ID:Uud7rQAC0
>>346
だな。
巻末でページ潰しの為のどうでもいいマンガ講座なんてやらずに、
読者がストーリーを読める工夫を入れた方が良いな。

348 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 07:42:50 ID:6QIWkU5S0
>>344
黄色の弟子位は仲間にしないと、死んだ龍騎兵の補充が

349 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 12:55:35 ID:eYJgouHMi
この間の休載の時に状況説明すりゃ良かったね

350 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 13:13:44 ID:KdM8EGfV0
>>346
そんな事したら行き当たりばったりで書いてgdgdになってるのがみんなにばれちゃうじゃないか

351 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 13:24:53 ID:yEh+nDsD0
>>350
同じこと思ったw
つーかgdgdすぎて解説もできねーんじゃね

352 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 20:33:05 ID:oT9oPo7cO
今四郎一人で門守ってマント無双してる所か

つーかこの作者、話の全体像とか入れるの下手だよな
大軍でやり合っても話が殆ど一人称で進むもの

353 :作者の都合により名無しです:2010/02/27(土) 20:57:53 ID:CUoFRB7w0
>>352
この漫画において、軍事なんて何の関係もないからなw
敵が何十万人いようが、すべて超人たちの個人戦によって勝敗が決まる

まさにガキ向けの超人バトル糞まんが・・・

最初のころは本当に面白かったのに・・・

354 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 03:15:57 ID:yYk1/G260
>>352
たしかに小学生が考えそうな展開だよな。

355 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 03:56:51 ID:gxI5Cqt60
漫画て省略する事も大事じゃないかと思ってるけど、vs甘寧に至っては完全実況生中継状態だからなぁ…

356 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 08:57:15 ID:YTcjq4/e0
匈奴が割とよく出てくる、秘本三国志ってのを読んでるんだが、この漫画のせいで
呼廚泉がガチムチ、豹がショタにしか思えねえじゃねえか

357 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 11:56:31 ID:LoYyxaJG0
>>353
劉備関羽が死ぬまでは原典である演義からしてそんなもんだったろ
強い猛将が暴れて孔明が天候を操り未来を予言すれば勝負が決まるんだから
曹操が例外的にそんな化け物相手でもなんとか、人の数と部下の団結力で頑張ってたというだけで

358 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 12:17:08 ID:pNrSEpH10
>>353
羊に率いられた狼の群れは、狼に率いられた羊の群れに敗れるという

359 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 15:12:33 ID:M1SaEg/t0
群れ同士で戦うなら指揮官の能力が重要なんだけどな
この漫画は指揮官が指揮を放り投げてタイマンしかしないからな

360 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 16:41:51 ID:SfVoId150
士郎って初期には策をねったことはあるけど、軍を指揮したことないよな
今も軍略はホウトウで現場指揮は呂烈だよなw

361 :チャーシュー:2010/02/28(日) 18:45:26 ID:GrzdiiWA0
>>360
ある意味、部下の力を適材適所で発揮させる手法としてはある意味心得てるな。
日露戦争で日本陸軍の司令官だった大山巌と参謀だった児玉源太郎みたいなものだろ。
大山は作戦の指揮等は信頼する児玉に全て任せて、自身は砲弾が飛んで来ても
昼寝してた、たまに指令室に顔を出して「今日も戦争でごわすか」と
冗談を飛ばしてたって言うし。

362 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 22:44:59 ID:8ntH5zel0
>>356
吉川三国志を読む時に、3回切られるあの人がどうしても美しい人にしか思えなくなるようなもんか

363 :作者の都合により名無しです:2010/02/28(日) 23:03:53 ID:c2SkTsoX0
>>360
士郎ってゲームの三国志にすると張飛的なパラメータになりそうだなw

364 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 00:05:24 ID:MRL0Gfga0
>>363
張飛は指揮官としても働いてるんで不適当だろ
どちらかと言えば、テンイ・キョチョ系

365 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 01:05:03 ID:LBxXW/On0
超人的な武力
集団戦の実績は殆んどなし
洞察力はあるが謀は不得手
主人公補正のカリスマ
政治力は皆無

武力85(虚空は100)
統率50(多めに見積もって)
知力60(未来人の知恵含む)
政治20(しょせん中学生)
魅力90(竜の子としての声望と主人公補正)

366 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 10:22:37 ID:qSYUcmcO0
三国志じゃないけど、イメージ的には項羽みたいなかんじか

367 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 10:31:06 ID:ORuS/wAt0
なるほど項羽か、いいところを突くなw

368 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 10:46:49 ID:25yYm7u7i
項羽は歴史像をまんま信じるのなら、志狼とは似ても似つかないけどなぁ
美化された坂本龍馬とか宮本武蔵のイメージかな、個人的には

369 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 10:48:02 ID:25yYm7u7i
あ、あと隆慶一郎の前田慶次とか

370 :作者の都合により名無しです:2010/03/01(月) 12:20:12 ID:8BLImPaB0
知将だったのは、3巻までだな。

371 :作者の都合により名無しです:2010/03/03(水) 20:24:59 ID:UoUaS1QKO
緊急ニュース!
山原義人先生急病により休載します。
脳卒中による左半身麻痺。
現在は順調に回復して来ていますが、大事をとって休養します、だと。

ネタバレじゃないから良いよね?

372 :作者の都合により名無しです:2010/03/03(水) 21:16:59 ID:7JBtbm/c0
はいはい仲達仲達

373 :作者の都合により名無しです:2010/03/03(水) 21:27:31 ID:JwgRn6rw0
仲達はオール120で技能を全部持ってるチートキャラ
異論は認めない

374 :作者の都合により名無しです:2010/03/03(水) 21:53:25 ID:Bp3HWH460
この漫画って、作者の病気か死亡で連載打ち切りが
誰が見てもわかりきってるんだよな
せめていま30代ならわかるのだが

375 :作者の都合により名無しです:2010/03/03(水) 23:17:04 ID:5U2RYFzi0
今40後半だっけ?

376 :作者の都合により名無しです:2010/03/03(水) 23:44:54 ID:HLxLXhDS0
息子が描いてるらしいよ

377 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 00:11:04 ID:aiEGvin30
早くカンネイ仲間にしちまえやー


378 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 00:37:31 ID:HLpAx/nX0
どうせ仲間にしたところでシローが無双して空気化するんだろw

379 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 01:25:31 ID:DxVlrrS10
>>371
…え?マジなのこれ?

380 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 02:04:41 ID:wGk/0Ubh0
ガチっぽい。

381 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 02:25:57 ID:/6iGdI/mO
病気が事実かは知らんし、本当に病気ならしばらく休載なんだろうが
この漫画に関してはもし作者が描けない状況になったら、昔のように編集メインになって、絵はアシが描く
その結果赤壁以前のテンポになり面白さ復活!
とかに本当になりそうなところが何とも…w

382 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 07:21:16 ID:kTy/Vexe0
この遅々とした連載でさらに休載とかwww
打ちきりでよいよ。
夢落ちでw

383 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 10:46:43 ID:2EGDzrWe0
打ち切りでも構わない気がしてきた。最初から読んでると義務的に読まなくちゃいけない感じになってるから打ち切りになった方がスッキリする

384 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 18:10:52 ID:RK0CKcJji
嘘だろう…マジかよ

385 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 20:46:38 ID:0qapgqsN0
ここ数ヶ月明らかに変だったよ。

なぜかページ少なくていつも巻末。そのくせにコミックスの売り上げは良いんで。

病気以外のなにものでのないでしょ。

386 :作者の都合により名無しです:2010/03/04(木) 23:58:09 ID:ox8D7OPc0
俺が以前のスレで散々、病気や死亡で連載打ち切りになるから
だらだらと、サラリーマンみたいに龍狼伝にしがみついてないで
ちゃんと連載の終結へ向けて考えておけと言ってきた

山原も月マガ編集部もあまりにバカ杉

387 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 00:07:41 ID:StnbkgaEO
大丈夫そうで何よりだが作者も良い年なんだっけ?赤壁までが面白かった分今の内容見てたら悲しくなる…

388 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 00:32:48 ID:4emye4zD0
念体で震雷でもやってボスじゃんじゃん倒して終われ

389 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 00:32:53 ID:yfSQsjhZ0
>>386
このスレで言っても仕方ないだろ
といいたい所だが月マガ関係者も作者もアシも絶対このスレ見てるからなw

390 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 01:27:42 ID:VXEBrcKU0
超人バトルを喜んでいるような、月マガ添付のハガキを送る小学生のガキじゃ
そんなこと気付きもしないだろうからな
だが小学生が気がつかなくても、40代後半の山原に老いと病は確実に襲ってくる
ますみなら山原に注意するだろw


391 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 01:50:05 ID:oQ1MkQT9O
龍狼伝の代わりに月マガで中華一番を復活させてくれないかな?
同じ中国物だし、リュウ・マオシンの活躍をもう一度読みたい。

392 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 01:58:39 ID:+getOJtwO
そういや最近マガジンって料理漫画あんまり無い?
まぁそもそも記憶にあるのがあとは将太の寿司ぐらいだけど

393 :チャーシュー:2010/03/05(金) 01:59:07 ID:QkyZyMVh0
山原復帰したら、まず第一声が
「病気により休載しておりましたが、雲体風身により
何とか無事に回復致しました。これからもご愛顧のほど
よろしくお願いします。」だろ。

394 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 04:34:44 ID:mA1oJcKG0
マガジンといえば、やたらと擬音がエロい料理漫画があったじゃないか

395 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 06:04:45 ID:L19hHuNQO
味の助か

396 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 08:04:58 ID:JL26iTAL0
>>391
今あの作者はアフタで糞ツマラナイ裁判モノを描いてる。
画力も劣化し毎回人情ネタばかり。もはやバンチ送りが妥当。


397 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 10:16:42 ID:oQ1MkQT9O
>>396
知ってるけど読んだことない。
じゃあ昔ひのきあすなろ?とか言う野球漫画描いてた人は?
今何してるの?

398 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 13:33:07 ID:4qmb93/D0
月マガでも昔料理漫画があった記憶があるんだがタイトルが思い出せんw
口福とかそんなこと言ってたやつw

399 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 19:25:23 ID:phQF9n+k0
急展開きたな。あれはやばい。想像以上にやばい

400 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 19:57:23 ID:u+UmqZaU0
今月号読んだ
マジかよ・・・

401 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 20:16:48 ID:L19hHuNQO

ま さ か の 最 終 回

402 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 20:24:21 ID:++kTI/6q0
バレよろw

403 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 21:38:56 ID:rv1rqaGZ0
しかし、40代後半で脳卒中とはちょっと早いな
柴田昌弘もそれぐらいの年で、やっぱり脳内出血になった

やっぱり、漫画家は激務なんだな

404 :チャーシュー:2010/03/05(金) 22:20:32 ID:QkyZyMVh0
>>403
脳卒中の原因は次のうちどれでしょう。
1.仕事のストレス
2.生活習慣
3.煮詰まり過ぎて、とうとう頭が爆発した
4.2chでの指摘に日々激怒してたから

405 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 22:26:53 ID:xrqXR6L70
5.孔明の計略

406 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 22:56:34 ID:yfSQsjhZ0
え?マジで最終回?
だとしたらタクティクスオウガみたいにランスロット(仲達)と決着しないまま終わるのかw

407 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 23:02:15 ID:Z+RiI9ww0
>>404
6.おまえのつまらねぇ煽り

408 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 23:15:30 ID:CHBL93k3O
こんなスレあったのか…と思って覗いてみたら最終回ってマジでか?
雑誌読まないからビックリした

409 :チャーシュー:2010/03/05(金) 23:25:12 ID:QkyZyMVh0
>>407
ID見てみなよ。
精子が泳いでるよ。

410 :作者の都合により名無しです:2010/03/05(金) 23:38:09 ID:CWJgFvQE0
志狼「・・・・・・・・」



甘寧「・・・・・・・・」

〜一年後〜

志狼「・・・・・・・・」



甘寧「・・・・・・・・」

411 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 01:09:34 ID:jOC4gyPX0
もしかして侍女の伏線って山原が病気になる事じゃ・・・

412 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 01:19:40 ID:1JtRZi0s0
さて、何カ月休載かね
休載前のあの舐めたページ数を考えると
1年くらい帰ってこないかもなwww

実質前回が最終回かw

413 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 02:36:18 ID:ynN2iwsE0
復帰連載よりも月ジャンプみたいに休刊になりそうで、実質先月号が最終回になりそうだな。

冒険王ビィト
コータローまかりとおる! L
も休載の言い訳が“体調不良”だもんな。
新たな未完作品に名を連ねそうだな。

414 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 04:43:07 ID:GvbWD6X70
>>413
こーたろーは、どっかで見た記憶だが腱鞘炎のひどいのになってペンすらもてないとか
上の奴は知らん

415 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 08:38:17 ID:/kIwKgJb0
ビィトの人は実際なんかの病気らしい
原作の人は仮面ライダーに関わってるって聞いたな

416 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 09:00:10 ID:71zrAlgzi
処置が早かったのか、とにかく最悪の状況脱したみたいで良かったよ

417 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 10:25:12 ID:ynN2iwsE0
長期休載から連載開始した例ってのは、

HUNTER×HUNTER(読者を舐め切った不定期連載だけど...)
D.Gray-Man
バカボンド

いずれも龍狼伝よりも、人気がある漫画だもんな。

掲載順やページ数考えれば、編集部も遠まわしで打ち切りしたさそうだな。
(一応、長期連載している立場上、直接は言えなさそうだからな。)

来月号辺りに新連載や新人作家の読み切りが来た場合、打ち切りになりそうだな。

418 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 10:46:28 ID:jOC4gyPX0
山原は自分の人生が120年でもあると思っていたのだろうか?
50才近いわけだから、あとせいぜい20年ちょっと
もちろん誰が考えても、その20年フルで執筆活動できるわけもなく

計算が出来ないのは、自分が仙人にでもなったつもりだったんだろうな

419 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 11:16:19 ID:ynN2iwsE0
>>418
そもそも、執筆期間とストーリーの帳尻の事を言い出したら、
ゴルゴ13やこち亀の最終回は想像できないし、
作者様、編集部が、連載を辞める気も無いだろうな。

龍狼伝の伏線で最も謎とされている。
“仙人の侍女救出が大きな戦乱”
はいつ消化されるのだろうか???

ワンピースでも、
“エースvs黒ひげ”
は、
“エース処刑、黒ひげ七武海脱退”
そして
“エース死亡、白ひげも...(ネタバレなのでこれ以上書かないが...)”

伏線を消化しているのだがら...

未だに伏線を消化する痕跡するないな。

作画はケチをつけられてないから、ストーリーに影響しない
同人に視野を向けたほうがイイな。
“真澄、連花、ラン、リン、赤”
エロシーンでも描いて欲しいな。

420 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 12:00:54 ID:GvbWD6X70
>>419
執筆期間とストーリーの帳尻って、そこでゴルゴこち亀例に出す意味あんの?
どっちもほぼ1話完結タイプで、この漫画とは方向性違うじゃん
ストーリー漫画と4コマ比べてんのと同じだよ

421 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 12:30:26 ID:849EXv4G0
ゴルゴの最終回は決まっているらしいけどねw

がらかめなんか、作者に「私は最終回が読めるのか」という70代後半の人からメールが来たらしい

422 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 12:47:08 ID:SRHOgaj+0
>>419
>龍狼伝の伏線で最も謎とされている。
>“仙人の侍女救出が大きな戦乱”
>はいつ消化されるのだろうか???
この伏線回収されたんじゃなかったっけ?
ますみの夢の中で侍女の幻影らしきものをみて、それをきっかけに龍の力を開放したんじゃなかった?
ちゃんと単行本読んでる?



423 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 12:54:56 ID:p8lPtq0LO
この記事思い出した
ttp://rocketnews24.com/?p=6004

424 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 13:09:29 ID:69Ew0R3Q0
今月号の告知は作者が描いたのかな?それともアシスタント?
「左利きじゃないから一応ペンを握る程度ならできます」ということだろうか。

425 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 13:39:33 ID:gvsqUU2a0
最終回は夢オチだろ常識的に考えて

426 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 14:53:40 ID:GvbWD6X70
>>422
夢・幻影らしきもの
これで伏線回収してる とか、本人乙しねぼけ言われても仕方ないレベルだと思う

427 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 16:20:00 ID:xZR7yI0j0
>>422
あれで戦乱に大きく関わったとか無いわー

そもそもマスミは侍女が死んだと思ってて、自責の念からあの幻覚を見ただけだろ
それにうろ覚えだが、「この侍女が後々戦乱に大きく関わってくることになる云々」って感じで、侍女本人が表に出てくるような言い方だったと思うが

本当に最終回なら、伏線や決着の仕方をどうするつもりだったのかを丸ごとネタバレしてって欲しいな

428 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 16:20:43 ID:q5bFUgDS0
あのまま死んでて恨みの念体になったとかそういう流れだったなら
たまに出る幻影説もわからんでもないが
普通に助かって老師が運んでったわけだしなあ

429 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 16:22:22 ID:q5bFUgDS0
かぶった・・・

430 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 17:25:19 ID:jOC4gyPX0
侍女の件はただ単に
山原が「俺は年がいくつになっても、ずっと元気で漫画を描けるぞ」

                           ・・・と妄想にとらわれてたときw 

いつまでも元気でいられるなら保険や、老人ホームはいりませんよ山原先生

もし小康状態でもいいから復帰できたら、早急に広すぎた大風呂敷を畳む作業に入って下さいね
水戸黄門でもジェームスボンドでも、老いを感じたらちゃんと身を引いてるんだよね

431 :チャーシュー:2010/03/06(土) 19:10:45 ID:MPJNPyYK0
>>428
運ばれた侍女は左慈が美味しく頂きました。
左慈「やっぱり若い女体は最高じゃて」

432 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 19:23:36 ID:VY5iNfhDO
こうして山原は鬼籍の人となった…
遺骨は地元の沖縄住民に受け入れを拒否されたとか


433 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 19:52:27 ID:zxMaNr1/0
携帯はこんなんばっか

434 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 21:48:09 ID:Jmx9SvvK0
脳卒中かぁ。
まぁしゃーないわな。リハビリ頑張ってください。
多分ヒマでしょうがないだろうからここも見てるかもしれないんで
あまり悪く言うつもりはないですw
っていうか健常者だと思ってたからボロクソ言ってただけなんでね。
病人相手なら話は別。

435 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 22:07:55 ID:d00n5NeB0
俺たちの戦いはこれからだ!!!

436 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 22:26:53 ID:fWWG+b7q0
病人だからと手を返して善人ぶる奴は屑、叩くなら最後までそれを貫け

437 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 22:39:25 ID:jOC4gyPX0
>>434
それはまったく違うと思うぞ
そもそもここで龍狼伝や作者に悪態ついてる者の大半は
期待してるからこそレスしている

もう見捨てて興味もなくなったらここには来ないだろ
このスレが過疎ったときが本当の意味で龍狼伝の終わり

438 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 22:47:04 ID:d00n5NeB0
赤壁の時の彼氏を殺されて狂った侍女はでるんだろうな
意味ありげなナレあったんだから・・・

439 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 23:35:04 ID:y7DX+THc0
女は狂うと何するかわからんからな・・・

440 :作者の都合により名無しです:2010/03/06(土) 23:45:12 ID:SRHOgaj+0
長いこと読んできたが志狼が仲達を恐れる理由がさっぱりわからん。
なんでそんなに敵対するの?ますみ奪われたのは仲達が原因だからか?
そもそも奪えと指示だしたの曹操だろう?
あと仲達は歴史に存在しなくてならない重要人物の一人だから倒しちゃやばいでしょ。

441 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:00:12 ID:zxMaNr1/0
うろ覚え丸出しやんけ。ageるまえに読み直してこい

442 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:13:25 ID:WabG5Vvc0
脳卒中って相当ヤバいんじゃないのか?
もし復帰したとして最終回まで持つかどうか

443 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:14:02 ID:8GxEcPps0
↑月マガ編集部および山原プロ
Copyright(C) 2010. All rights reserved

444 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:15:22 ID:AE2qt9YC0
脳梗塞じゃなくて脳卒中なのか。
うーん

445 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:28:03 ID:WabG5Vvc0
>>443
えっ何?俺がどうしたの?

446 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:42:45 ID:YDjDB3qG0
商業誌として打ち切りレベルに達している上に、長期休載に入るんだから、
編集部に打ち切りの口実を与えたようなもんだろ。
それでも、打ち切りにしないのは、新連載が無いから、その間のつなぎだろ。

山原センセーは商業作家としては才能ないかもなwww

447 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 00:54:59 ID:lpRt8R4r0
単行本の売り上げ好評なんでは?それを打ち切りとは失礼なやつやな

448 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 01:00:35 ID:KmDdMpVJO
絶賛連載(笑)中に不幸に見舞われたマンガ家
横山光輝
臼井儀人
山原義人 ←NEW!!

449 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 01:29:36 ID:G3ks1VIy0
龍狼伝最終回予想トトカルチョ

1番人気 1.2倍 作者病気・死亡による強制終了
2番人気 2.3倍 打ち切りEND(夢オチ・俺たちの(ry・フラグ無視のgdgdEND等)
3番人気 38.2倍 すべてのフラグをしっかり回収しての円満END

結果・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

450 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 01:48:57 ID:YDjDB3qG0
>>447
これのどこが売り上げ好評なんだ?

Yahoo!ブックス
http://books.yahoo.co.jp/search?k=0&p=%CE%B6%CF%B5%C5%C1&x=0&y=0&b=1
レビュー0が目立つな。ww
暇な奴は書き込みしてやれよな。

Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%97%B4%98T%93%60&x=0&y=0
中古品¥1が目立つな。ww

>>449
連載再開前に、月ジャンプみたいに休刊化もあるな。

451 :チャーシュー:2010/03/07(日) 03:34:59 ID:HiLd7WEG0
>>450
休刊になったらCOMICペンギンクラブにでも移るりゃええよ。

夢オチは無いんじゃないか?
きっと一つの戦いが終わって切りの良さそうな所で
「仲達打倒のため志狼たちは戦い続ける」で強制的に終わらすか、
ダイジェスト風にして駆け足で最後まで持って行くかじゃないかな。
連載を続けるのであれば、別に山原自身はペン握らなくてもいいから、
山原は原作・監修に回ってアシスタント連中に書かせれば良いと思うがな。
第一、長期休養で今までのアシスタント失うのは勿体無いだろ。

さて、今日はコンビニに月マガでも立ち読みに行くかな。

452 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 06:03:39 ID:w82xFKlO0
魏・呉・蜀連合軍vs仲達軍、さぁ今から激突! って所で現代に飛び、少し歴史が変わった世界で
学生たちが三国志の話題で盛り上がっている。教科書にズームアップ。当時の出土品の中に、再びひとつに
なった志狼のペンダントが。

…みたいなw

453 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 08:35:29 ID:z2f5xxpLO
>>444
脳卒中は、まぁ大雑把な名前だからね。
梗塞も出血も塞栓も全て含んだ総称だから。
回復具合からすると梗塞かな?とも思うけれど、内頚動脈閉塞とかも考えられる。
ま、病名や回復具合や予後も個人情報だから最低限の露出しかしないでしょう。
山原さんのペンタッチに詳しくないけれど、土下座イラストは以前に用意していたものかね?
下段イラストはコピーの使い回しか?
年末進行や3月号のページ数を考えると倒れたのは新年早々かなぁと想像。

左麻痺は手足の麻痺が回復しても別の問題があるから厄介なんだぁ…。

454 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 10:26:00 ID:nZryAOrXO
>>453
半側空間無視とか失語症みたいな高次脳機能障害は少なからず出現するだろうな。
左半球損傷だったっけ?
失認や失行症状が出てたら漫画家としてやばいだろうなぁ。

455 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 11:01:01 ID:AE2qt9YC0
脳梗塞ならマンガ家に多いのはそうかもなーとおもって
エコノミークラス症候群みたいな感じで

456 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 12:30:13 ID:6wBylcuLO
>>434
過去10年に渡って脳卒中だったならそうだが、こんなgdgd引き延ばし展開にしたのは山原自身だしな…
単にその最中に病気になっただけで

>>451
むしろ山原が描いてたからこそまだ読む価値があったのに、こんな展開にした山原が原作になってアシ作画とか誰得だよ

457 :作者の都合により名無しです:2010/03/07(日) 14:08:04 ID:dTf47qqZO
ダラダラ続くよりはスパッと終わった方が良いな
どうせこのペースじゃ作者が病気にならなくたって
生きてる間に終わる訳無いんだし

458 :作者の都合により名無しです:2010/03/08(月) 15:24:35 ID:6LC9qdjx0
とりあえずゆっくり休んでリハビリ頑張れ。
その間に終わり方を考えるんだ。
俺達の戦いはこれからだ的な感じでいいから。

459 :作者の都合により名無しです:2010/03/08(月) 16:31:36 ID:ZiABYoCe0
全部すっ飛ばしていいから、侍女がどうなるのかだけ描いてってくれよw

460 :作者の都合により名無しです:2010/03/08(月) 17:11:17 ID:p/MWv5HV0
まだ分からないのか、侍女の件はモミ消すつもりなんだよw

461 :作者の都合により名無しです:2010/03/08(月) 23:38:18 ID:w02bsup10
実は青龍の正体こそあの侍女なんだよ

462 :作者の都合により名無しです:2010/03/09(火) 06:54:59 ID:IiU681zg0
>>459
最終回寸前であの侍女が生んだ子供の末裔が、司馬炎という事が判明して結局龍の子は
司馬一族には勝てませんでしたエンドを予想w

463 :作者の都合により名無しです:2010/03/09(火) 08:46:43 ID:DdAFsr3g0
侍女の存在が歴史に大きな影響を与える=侍女の存在があったから真澄覚醒したオチ

侍女の与えた大きな影響はもう終ってましたって開き直る

464 :作者の都合により名無しです:2010/03/09(火) 12:36:46 ID:YFjrrWAl0
まぁあの作者のことだから、侍女の存在が(真澄のor漫画の)歴史に大きな影響を、ってのを吹いただけってセンもあり得る…w

465 :作者の都合により名無しです:2010/03/09(火) 16:33:41 ID:Gu/q7+q80
侍女がシローの先祖でしたって事だろ


466 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 00:03:58 ID:omEtKQGs0
青龍から女性に変化した鳳凰だけど、その正体は呂布の娘ランである。
いや似てないか?

467 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 00:17:39 ID:glQo6/500
それを言ったらテンゲルとシュウユだって・・・

468 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 06:11:18 ID:cWLVXsrMO
俺は皆とは逆だな。
途中は全て割愛してもいいから、
「志狼は仲達と対決して一度は殺されるが、真澄の時を操る力によって救われ仲達を破る。そして真澄の力で二人で現代へ戻る。」
っていう、もう決まりきってるラストだけでも描いて欲しい。

469 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 07:39:55 ID:vb432TrV0
作者的には、二人が現代へ帰還するエンディングは考えてないと思うがな

470 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 08:24:05 ID:Cruv5+lNi
上にも書いてあったけど、プロットを組み立て直す良い機会だとは思う
無双はしばらくお休みの方向で

471 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 08:54:33 ID:2I4MTkRm0
作者的にはエンディングどころか、この後どういう展開にするかすら考えてないと思うがな

472 :作者の都合により名無しです:2010/03/10(水) 10:40:08 ID:ImrpmVrd0
コレに慣れちゃって他が描けなくなったアシが路頭に迷いそうだな

473 :作者の都合により名無しです:2010/03/11(木) 02:54:15 ID:yPIeVPDg0
>>472
他が描けないって事は無いだろうけど、執筆速度の違いに付いていけずに
愕然とする事はありそうw

474 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 14:02:19 ID:yiCeKgsa0
この漫画ってあと10年は続けないと蜀の国滅亡まで描けないペースだよね


475 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 15:03:49 ID:ed9JfiSw0
>>474
10年以上掛けて、赤壁から数年しか経ってないのに10年で蜀滅亡なんて不可能に決まってる

476 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 15:06:40 ID:aIHHDx5w0
山原やアシ、編集部にほんの少しでも、自己の作家余命も考慮せずに壮大すぎる夢想をし
結果として作品が未完で終わる事について、読者への謝罪を意識を持っていてくれればよいのだが

俺も散々指摘してきたし、他でも当然その事は指摘されてきたはず
いったい人生が何年あると思ってたんだ?山原よ
せめて誠意のこもった謝罪広告を最後に出してから黄泉の国へ旅たて

477 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 17:53:24 ID:sxlmoNri0
未完の大作ではない。完結しなければ作品ですらない。

478 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 18:07:07 ID:XcHa/ZiJ0
あと10年も続いたら強さのインフレが止まらないと仮定すると
目からビームでも出て、それだけで兵士を掃討できるくらいの強さになりそう

479 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 22:27:44 ID:TRKePm4R0
強さのインフレいうても大狼以上の敵はもはやでてこないだろう
仲達も大狼にはかなわないようだし

480 :作者の都合により名無しです:2010/03/13(土) 23:07:55 ID:AI4KmQtg0
大狼以上の敵は巨大隕石ぐらいなもんだな

481 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 09:31:29 ID:pBF04MK/0
宜城の戦いの時に井蘭だけで攻める呉軍ってどうなの?って思った
井蘭に対して曹軍が壁立てたら霹靂車と衝車で門と城壁を同時に攻撃するのが定石(城門の裏は石で防がれてたらしいが)
さらに井蘭からの火矢で壁燃やせばいいだけだろ・・・

482 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 11:49:34 ID:tDdVSyN50
>>481
井蘭だけで大丈夫って影兵が調べてきたから

483 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 13:25:50 ID:B7wH/j5i0
大司教パネエっす

484 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 16:29:13 ID:e5csyAuX0
イチ読者たる俺が断言しよう。
この作品の傾向を分析した結果

仲達 「もはや我は神すら超えた。さしも大狼とてこの我を止めることはできん!」

こんな展開が数年の内に必ず訪れる

485 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 19:14:25 ID:QOlEY8cJ0
今月休みだったよな?その前は2ヶ月続けて最後の方のページに掲載
すでに打ち切りフラグがたってる
「先生の次回作にご期待下さい」こんな展開が数ヶ月の内に訪れるだろ

486 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 19:16:12 ID:uttPpMFO0
むしろ井蘭を火矢と油で燃やすべきじゃないのか?

487 :作者の都合により名無しです:2010/03/14(日) 20:30:56 ID:EOhWGFdB0
バキもそうだけど、やめたくてもやめられないんだよ。

アシは社員のようなものだし、会社を解散するようなものなんだって。

どう考えても、今描いてる漫画以上のもの描けないんだから。鳥山やルーミック、あだちとは違うの!

488 :作者の都合により名無しです:2010/03/15(月) 04:28:43 ID:mCMEqKxWO
>>479
分かんないぞ?
あっさり、この武…‥大狼以上だ!とか言い出すかもよ

489 :作者の都合により名無しです:2010/03/15(月) 05:21:28 ID:F2BACU4Y0
大狼を3とすると7くらいの海の神が津波に乗ってやってくるよ。

490 :作者の都合により名無しです:2010/03/15(月) 10:29:13 ID:nINbyEHP0
体調もあるしさすがにまとめに牌ってそのあたりのインフレで結着すればと。

491 :作者の都合により名無しです:2010/03/15(月) 13:04:42 ID:6KFYlZc9i
ラン、ライ、周瑜を退場させないとな

492 :作者の都合により名無しです:2010/03/15(月) 22:45:42 ID:abE3MUc20
連載開始の頃はこんな格闘漫画になるとは思わなかった

493 :作者の都合により名無しです:2010/03/15(月) 23:04:42 ID:+QZOC7b20
>>492
くだらない超人バトルとせっかくのタイムスリップものの醍醐味をなぜか自己放棄
さらに毎日を糧を失う恐怖から、少ページをダラダラと惰性で長期連載化

このあたりの糞な部分を改正しない限り、ただ長いだけの駄作で終わる



494 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 00:50:16 ID:iP8Sftz60
もう改正は不可能というか、どうしてこうなったw
念体修行のあたりからオカシクなり始めたか

495 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 04:44:11 ID:2s9E62NbO
現代人の知識を駆使して戦えば良かったのに……
過去の戦士が未来に跳ばされ
ひ弱なその時代の人間相手に無双するのは良くあるが
ひ弱な現代人が過去で修行して過去の英雄クラスになるって珍しいよなぁ
全く面白く無いから誰もやらなかったんだろうが

496 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 07:49:32 ID:mntrEsfj0
現代人が過去で武力で活躍するには、せめて剣道で全国一になるとか無いとな

497 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 07:56:06 ID:c7GBffq8O
英雄クラスならまだ過去の武人達と互角で面白かったと思うが
一足飛びに変態クラスまで行っちゃったからなぁ

変態クラスのクセに格下とやり合っては何かと理由つけて苦戦してばっかりだし

498 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 08:04:30 ID:sfOPXmHu0
仙術を直接武術方面につなげたのがまずかったな
戦略仙術につなげて、一見歴史どおりの戦況が進んでいるようで、
裏でワチャワチャ呪い合戦してて欲しかった

499 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 10:03:32 ID:ponuMIqX0
まだ打ち切りと決まったわけでもなく作者も存命なのに
すっかり追悼&反省会スレになっちゃったな

500 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 10:23:51 ID:mj7lc8XT0
 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| ( ^ω^ )  ……!?
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /

501 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 12:57:29 ID:Oxzrd0Ij0
追悼はともかく、反省会っぽいのは元々こんなもんじゃなかったっけww

502 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 13:10:12 ID:HLAAgjAR0
いやあ、山原はともかくアシは少なくとも数少ない自作の批評の場な
わけだからココを見たくて耐え切れない誘惑に負けて見ているはず

とくに若いアシの精神構造なんて単純だし、それならばここでのレスを
山原に伝えたり、自分なりに考える事もしたろう
にも関わらず加齢による病気で中断とか、あまりにも愚かすぎる

このスレに書いてある事がすべて意味のないことではなかろう


503 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 14:33:13 ID:DC2f/H3D0
蛭田に龍狼伝を描かせていたら

504 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 16:24:46 ID:fz9W2Hv00
ある程度超人バトルはするしか無いんじゃないかなぁ。虚空が不意をついて放った改心の一撃を
急所にうけて血が一筋流れるだけ、なんて所に仲達の実力を設定しちゃったんだから、志狼も
五虎神が束になってかかっても倒せるくらいのレベルまで成長する必要があるわけで。

ほんとは黄や青相手に辛勝してる場合じゃないんだよな・・・ましてや甘寧ごときに

505 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 16:39:37 ID:gNoQV3ZY0
失敗の原因は、シロー対敵武将に拘ってしまった事
張遼対甘寧とかにしてれば良かったのに

506 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 18:02:01 ID:N/pVaLI+0
蛭田って今描いてるの?

507 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 18:48:48 ID:c7GBffq8O
重度の腱鞘炎で手首の骨がギブスみたくなっちゃって再起不能とか聞いたけど

508 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 20:31:16 ID:IZGo4Zybi
最初から中原繚乱編読んだけど、序盤にウーヂェンが黄忠救ってるのね
志狼と合流するようだけど何時になる事やら…

509 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 21:27:19 ID:yhcfy7b60
そういや豹と3人で魏延を迎えに(というか誘いにというか)行くところなんだっけ

510 :作者の都合により名無しです:2010/03/16(火) 23:16:35 ID:8PvnAm520
黄忠と魏延か…

作者は三国志斜め読みなんだろうなぁ…

511 :作者の都合により名無しです:2010/03/17(水) 09:48:50 ID:IJbBR5ir0
いやいやそれはない。それはないが、んー。とは時々思う。

512 :作者の都合により名無しです:2010/03/18(木) 16:01:36 ID:lSRc3lY40
そういえばアシスタントって先生が長期休暇中って何してるの?
まさか何もしないで給料貰えるわけじゃないんだろ?
それとも失業保険とか貰えるの?

513 :作者の都合により名無しです:2010/03/18(木) 16:11:48 ID:OZexV4UZ0
それなりに大物ならもらえる。違う場合は急いでつなぎを探す・・・らしい。

514 :作者の都合により名無しです:2010/03/18(木) 23:47:56 ID:VvHn+PND0
それなりに大物・・・なのか?

515 :作者の都合により名無しです:2010/03/19(金) 21:08:45 ID:MgOTqEni0
アシスタントなんて掛け持ちじゃねえのか

516 :作者の都合により名無しです:2010/03/20(土) 01:46:29 ID:p0eE8MOE0
作者より掛け持ちアシのほうが稼げそうだな

517 :作者の都合により名無しです:2010/03/20(土) 07:08:00 ID:/DS6HlAj0
富裕漫画家の収入の大半は原稿料ではなく印税。
逆に言うと、印税で稼げるようにならなければ金持ち漫画家にはなれない。

518 :作者の都合により名無しです:2010/03/20(土) 18:46:02 ID:bGRCx2Yc0
山原クラスなら、今回みたいな数カ月程度の休稿なら、アシスタントにも
通常通りの給与が支払わえれるだろ
そんな月マガで長期連載している作家の、事務所が崩壊するようになれば
むしろアシ以外の編集部、そして何よりも山原自身が困るわけで

519 :作者の都合により名無しです:2010/03/20(土) 21:42:50 ID:0rX/ThP10
虚空は最初五虎神のひとりとして数えられていたけど、途中から虚空は五虎神とは一線を画する存在になっていた。
3巻あたりで虚空に狼が襲いかかっていたシーンで、姿がはっきりしない影の人の人数を数えてると5人だった。
なので最初から設定ずれていないから別におかしくないよね。なんでこういう行き違いが起こった?

520 :作者の都合により名無しです:2010/03/20(土) 23:30:31 ID:6MQynsoH0
>>510
確か「別に三国志には思い入れとかなくて、編集に企画持ってこられて描き始めた」とか
以前ムックかどこかで語ってたような

521 :作者の都合により名無しです:2010/03/20(土) 23:36:14 ID:NDm2whF70
へー、そうなんだ。司馬に注目するなんてやるな!と思っていたのに。

522 :作者の都合により名無しです:2010/03/21(日) 00:12:42 ID:o+EN+KOD0
ますみに語らせてる「ファミコンからでしょ」くらいの知識が
シロー=山原だろ

523 :作者の都合により名無しです:2010/03/21(日) 15:21:41 ID:JAmjzBfy0
>>521
だいたいアレ自体、本来の司馬仲達とは似ても似つかないというか、名前だけ同じな別物だし。
「三国志の魏・呉・蜀の戦いは、最後司馬懿が一人勝ちするみたいだ」→「じゃ、ラスボスそいつでいいんじゃね?」
くらいに安易なチョイスだと思うよ。

524 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 02:45:57 ID:lXZpxfDA0
姜維さんとか出てこないだろうなぁ

525 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 09:20:47 ID:tmZEck7I0
それは驚異ですな

526 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 11:11:39 ID:ikliOgwa0
蛮族編に行かなければ・・・何年短縮できただろか・・・

527 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 11:28:57 ID:fUardYzH0
炎武だけでよかったよな…

528 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 16:28:51 ID:yOpy/Kk90
それ、だれだっけ?
セックル精力仙人だっけ?

529 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 21:10:20 ID:E7qivAgs0
イエンウー 衝破斬使う人

530 :作者の都合により名無しです:2010/03/22(月) 23:14:50 ID:3CYpFejq0
テス

531 :作者の都合により名無しです:2010/03/23(火) 17:31:09 ID:GrzSrJ2Oi
イエンウーって確か漢字を中国の発音にしたんだっけ?
それなら関羽や劉備もそれに倣えば良いのに…

532 :作者の都合により名無しです:2010/03/23(火) 17:33:25 ID:yixSWibGO
>>519
最初っから五虎神とは別だよ。
虚空とは別に五人のシルエットあったし、白装束で杖ついてたお遍路さんみたいなのが青嵐虎だよ。
青嵐虎は青龍=鳳凰の正式名称ね。

533 :作者の都合により名無しです:2010/03/23(火) 19:01:12 ID:T5xE+X2/0
青嵐虎って初めて聞いたな
何処で出てた?

534 :チャーシュー:2010/03/23(火) 21:29:55 ID:CFoLLwzo0
>>521
ファミコン時代の「天地を喰らう」ってゲームも
ラスボスは司馬懿なんだよね。

535 :作者の都合により名無しです:2010/03/23(火) 21:54:59 ID:vT5UebWf0
三国戦記2ってアーケードゲームは1面のボスが司馬懿なんだぜw

536 :作者の都合により名無しです:2010/03/24(水) 00:57:24 ID:h6oUOQVM0
>>532
おい!ちゃんと龍狼伝完結させろよな!
グダグダ続けてるおかげでおっさんになっちまったじゃねーか!

537 :作者の都合により名無しです:2010/03/24(水) 19:29:15 ID:RSoFV+gK0
何でこのスレってアンチみたいなのが多いんだ?
今4巻まで読んだけど、めっちゃ面白いぞ


538 :作者の都合により名無しです:2010/03/24(水) 19:38:52 ID:xVJ1I+tF0
17巻まで読んでこの作品のことは忘れるといいよ
もし中原繚乱編の方を4巻まで読んで面白いというならそれはそれで

539 :作者の都合により名無しです:2010/03/24(水) 23:14:33 ID:VsxuoTAT0
むしろ先に中原繚乱編読んだほうがよくね?w

540 :作者の都合により名無しです:2010/03/25(木) 10:51:03 ID:0Gs5jlwQ0
三国志キャラは日本語読みで、オリキャラは中国語読みだよな
まあ、グワンユイとかチャンフェイとかツーコーリャンとか言ってるのは嫌だ

541 :作者の都合により名無しです:2010/03/25(木) 11:36:36 ID:XybDVrw90
18巻まで読んで、中原繚乱編を読めばいいんだよ

542 :作者の都合により名無しです:2010/03/26(金) 05:02:02 ID:ksgvrXlp0
作者に病床で考えてほしい事は

@早急に龍狼伝を終焉させる道筋をつけること
A無謀な長期連載をしたことへの読者へ謝罪

543 :作者の都合により名無しです:2010/03/26(金) 06:40:00 ID:eLBS5onv0
五虎「神」も蜀の五虎「将軍」よりつよいんだぞーという
厨二病か…

そうか…

544 :作者の都合により名無しです:2010/03/26(金) 13:31:38 ID:M7UVyGNl0
作者が厨二病

545 :作者の都合により名無しです:2010/03/28(日) 05:51:27 ID:HNWStXWP0
>>537
なんという初心者w

最後まで読んでから書き込め
お前が龍狼伝を語るのは100年早いわ!

546 :作者の都合により名無しです:2010/03/28(日) 17:02:40 ID:pZKgylSU0
そんな怒らなくてもw

赤壁までは読める漫画だよ、うん

547 :作者の都合により名無しです:2010/03/29(月) 04:17:51 ID:Z49WPmhc0
このスレに来るのは、初めてなんだけど
ますみの評判ってどう?

548 :作者の都合により名無しです:2010/03/29(月) 05:24:21 ID:oHDqsXGc0
>>547
今考えるといない方が明らかに良かった人物

もう元の時代に帰ろうなんて微塵も思ってないけど、ますみがいなかったらもっとこの時代に
順応して生きていこうってなり易かったろうし、他の娘っ子とのラブ米が加速したろうし
何より超人化しないかしても今よりも弱いレベルだろうから、超人無双展開にならないしずっと
劉備陣営にいられただろうから、キリのいい所で終われた可能性が高い

549 :作者の都合により名無しです:2010/03/29(月) 12:23:57 ID:HL+jOOAS0
ますみはずっと曹操陣営において、志狼はずっと劉備陣営において話を進めればよかった
帝・仲達勢力と呉をそれぞれ戦って、最後に劉備と曹操が協力して仲達倒すで

550 :作者の都合により名無しです:2010/03/29(月) 20:01:37 ID:emZrxxkx0
関羽と張飛が組めば仲達たおせるんじゃないの?
ダーファンの証言がなにより証拠。

551 :作者の都合により名無しです:2010/03/29(月) 20:30:42 ID:YAT3OVBh0
張遼が「関羽と張飛でも倒せなかった呂布殿を・・・っ」と言ってるから
仲達>>越えられない壁>>虚空>>>>>>>関羽+張飛

呼厨泉や虚空によると破凰を倒せる何かが天運の拳にはあるらしいが

552 :作者の都合により名無しです:2010/03/30(火) 06:09:55 ID:4GLhJPXP0
>>551
当時の力量と現在の力量を、一緒にしちゃいけないんじゃね?
その理屈が成り立っちゃうと、最近の甘寧無双がフォロー出来なくなるw

悲しい事に仲達も関羽・張飛も、実戦経験からは久しく遠ざかっていそうだが

553 :作者の都合により名無しです:2010/03/30(火) 07:51:11 ID:ciuNagMP0
念体ってまだ必殺技としての格を維持してんの?
大狼に耐えられただけだっけ。あと関羽に破られそうになったのと。

554 :作者の都合により名無しです:2010/03/30(火) 08:17:05 ID:+6KtPZyV0
>>547
ますみのキャラ設定は、妙に大人っぽくというか
いちいち女子中学生、高校生が漢がどうだとか民がどうとかの為に
自己犠牲なんかせんだろって感じでイライラさせられるんだよな

その設定の目的はまったく謎だが

555 :作者の都合により名無しです:2010/03/30(火) 13:21:14 ID:3hYL6kWg0
ますみは結局未来に帰れず、シローの血脈作るんだよ、きっと。

556 :作者の都合により名無しです:2010/03/30(火) 16:03:22 ID:K/MDjeL9O
>>553
フンヌの石牢獄に捕まってる時に相手が死ぬ気だと通用しないとか言い出して段々使えなくなってる

557 :作者の都合により名無しです:2010/03/30(火) 21:12:31 ID:LaWpVTFfO
難攻不落の襄陽城をあっさり開門させてしまったから
もうどんな城でも安心できないな

558 :作者の都合により名無しです:2010/03/31(水) 01:27:00 ID:jFmU6OZE0
>>557
そもそもシローも鳳統も張遼も油断しすぎ
難攻不落の城を攻めるには工作しかないんだから、城壁の見張り役に雑兵ではなく龍騎兵を配置するべき
シローも鳳統も呉の陰兵の存在は知ってたんだから尚更。
いまさら虚空の正体に驚いてたりシローとレンファの恋愛とかやってる場合じゃねーよw

559 :作者の都合により名無しです:2010/03/31(水) 17:42:36 ID:YR292Arj0
gdgdだからな
考えるな。感じるんだ

560 :作者の都合により名無しです:2010/03/31(水) 18:19:58 ID:wfnsDBRt0
いちばん先が読めずgdgdになったは作者だろうな
こいつがいちばんKYだった

561 :作者の都合により名無しです:2010/03/31(水) 23:25:59 ID:1xFek4A50
この漫画、孔明イラナクね?
恐ろしく中途半端なんだけど

562 :作者の都合により名無しです:2010/04/01(木) 01:26:14 ID:9m7OsK+i0
頭の良い人を活躍させるのって大変で…

563 :作者の都合により名無しです:2010/04/01(木) 03:29:46 ID:1zAuPjVN0
志狼も当初はそれなりにインテリであったハズなのに、作者がアレなばっかりに・・・
毎回のように油断しては格下にしてやられてる脳筋になっちまったもんな

564 :作者の都合により名無しです:2010/04/01(木) 06:46:30 ID:DMvGh0Jb0
>>561
孔明はまだ論戦という見せ場があっただけマシ
鳳統なんて折角早めに主人公サイドに組したのに、頭の悪さばかりが露呈w

565 :作者の都合により名無しです:2010/04/01(木) 07:12:18 ID:91A81ROH0
カクやジュンユウとかの曹軍の幕臣も相当頭悪く描かれてるよなw

566 :作者の都合により名無しです:2010/04/01(木) 11:59:57 ID:RVmoFOtp0
仲達がどえらい強い描かれ方をしてるばかりに、孔明が空気になっちまった。
秘術や秘技の一つもあればいいのに、たいしたもの無いし、
なんか扇子扇ぎながら弱った表情してる人のイメージ。

567 :作者の都合により名無しです:2010/04/01(木) 17:10:35 ID:CnYMMBdr0
仲達だけでなく、武将達個人の戦闘力があまりにも常軌を逸してるからな。
策なんて、どこのもあって無いようなもんと言うか。

568 :作者の都合により名無しです:2010/04/02(金) 06:22:04 ID:EBPXTKlD0
>>566
それ以前に
仲達を赤壁で倒した!!→奴は影武者でした
青龍を倒した!!→奴は生きていました、本体は鳳凰臭いです

と何度倒しても起き上がるので、策以前の問題ですw

569 :作者の都合により名無しです:2010/04/02(金) 07:08:47 ID:F8mus3nj0
>>568
だが一度倒れれば二度と起き上がれないのが山原
つまり仲達も無敵ではなく予告なしに即死する

570 :作者の都合により名無しです:2010/04/03(土) 23:53:41 ID:EPfYbPHjO
来月から連載再開ですw


571 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 01:07:49 ID:0krWMk6w0
>>568
そもそも五虎神の赤飛虎倒した時がそのパターンだったからな
それまでは五虎神を次々倒して打倒仲達でラストかと思ったけど
倒しても倒しても実は生きてました!ばかりだから…
今のところ死んだ敵って黄屍虎くらいか?他にもいたっけ?

572 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 03:39:49 ID:Eb+bryef0
>>571
赤→倒したと思ったら催眠術(炎武と合わせて通算2回
虚→倒したけど止め刺すより曹操救援優先 前よりパワーアップ&お供の雑魚もパワーアップ
仲→倒したけど影武者でした 俺の仲達は108人いるぞ!
黄→倒した
青→倒したと思ったら不死身でした&鳳凰変身
黒→神仙武具で腕切って逃がした その後ますみと一緒に無理心中 でも生きてます 腕もある?
白→元々戦ってない

573 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 06:13:59 ID:u5FdSwcXP
以前途中まで読んでたんですが、腹筋が割れてる女キャラが出てくる巻数分かりませんか?
そこら辺まで読んでいたのでそこから読み直したいと思って。重要なキャラかも分からないので
もしかしたら難しい質問かもしれませんが・・・

574 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 07:10:45 ID:8NV2Br530
>>571
赤の事素で忘れてたw

それにしても劉備陣営の関羽・張飛・超雲は、帝配下の仲達軍相手には使えないし
一応馬超も同様、今更黄忠が出てきても格下感がありまくりだし、曹操軍の武将は
黄シコ相手で格の違いが露呈してるしで、もう志狼無双かオリキャラ出さないと戦力に
差がありまくりな件についてwwwwwwwww

この後に匈奴が来てくれてもダメダメだろうし、何で匈奴編なんてやったんだろう?


575 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 07:15:05 ID:SLs8vM0B0
強敵との戦いに傷つき倒れた志狼の前に現れた謎の影!
敵か?味方か?あるいは・・・

次回龍狼伝「俺の名は兀突骨!」
このあと(荊州編→帝都編2→流浪編→南蛮編)すぐ!

576 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 07:45:08 ID:UchuZPC10
黄は倒したつっても、結局死因は病気だしなぁ

577 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 08:51:40 ID:sNA1tV+T0
五虎神の調理師を買収してメタボリックな方面から攻撃をくわえるお

578 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 09:18:15 ID:Lqau7DAW0
来月から中華裏料理界暗躍篇が始まるぉ。

579 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 11:10:47 ID:RgSjMVh00
>>578
何?その中華一番?

580 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 11:54:15 ID:fmp4/jmq0
>>576
病気で弱ってたけど、死因はシローに槍で突かれた事だろ

581 :作者の都合により名無しです:2010/04/04(日) 13:01:10 ID:ab1qcw3t0
もう山原は絵だけでいいから誰かに話し作って貰えばいいのに

582 :作者の都合により名無しです:2010/04/05(月) 07:59:50 ID:LVGL5NV20
上にもあったけど来月連載再開だね
大丈夫かしら

583 :作者の都合により名無しです:2010/04/05(月) 18:57:44 ID:7/5zvRIo0
>>581
板垣とか…

584 :作者の都合により名無しです:2010/04/05(月) 23:31:35 ID:VlmSeRGX0
ありえないが、大場つぐみに原作やってもらえば話サクサク進むんだろうな〜
と思ったことはある

585 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 04:07:45 ID:XmH7MNay0
山原は変に絵柄に凝りすぎだよな
それに経年によるキャラの顔の変わりようが酷すぎる

変に凝らないでもっとキャラをすっきりさせろよ
その方が確実にページ数も増やせるだろうし

586 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 04:16:16 ID:oKcvEiN30
俺だけが知っている事実を書かせてもらおう。
劇中甘寧が巨木ぶっ叩いて強くなってた描写があったが
その場面を書いてる最中
無自覚にも山原から念体が飛び出して
鶴岡八幡宮の大イチョウを念体で攻撃してしまったのだ。
それによってダメージを受けた大イチョウは
自らも念体で山原に応酬、結果大イチョウは倒れることとなったが
山原の腕にダメージを残す結末となった。
つまり・・・・・・・・・・




山原の休載は大イチョウの怨念じゃあああああああああああああああああ

587 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 05:04:00 ID:67JFv5f30
あの樹が倒れたのはデスブログの呪いだったんじゃないの

588 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 06:12:50 ID:SEfDnrpD0
>>581
もう誰が引き継いでもダメじゃね?現代人が古代にタイムスリップした時の妙味って
「歴史を知ってるから、窮状を回避出来る」とか「古代には無い技術を駆使出来る」等々
なのに、もう頭脳戦は歴史変わったから無理だし、技術なんて持ち合わせてないからダメだしw

正直最初から「天運の相」を持ってる辺境の少年が、苦難の果てに武術を身に付けて乱世を生き延びる
で話の都合上問題無かったと思われる

589 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 10:05:04 ID:7xgvthOL0
「天の智」担当のハズのますみは超空気だしなw

590 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 11:45:31 ID:unHBrIDS0
本当に出番無いよね…ますみは

591 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 16:43:15 ID:geJmW4to0
烈火の柳クラス

592 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 17:06:31 ID:2gzKxIo90
柳それなりに目立ってたじゃん。

593 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 18:00:49 ID:buy5icIn0
ますみは仲達の子を身篭ると思う

594 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 20:41:49 ID:8xlbA2sF0
>>583
あの人の漫画も同様に敵キャラが死なず、エンドレスに続くから・・・

まぁ、負けた奴は仲間?になるからまだましではあるか・・・

こちらは勝っても相手がなかなか死なない

595 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 20:48:43 ID:WMU0FBPX0
原作は押山にやらせろよ

596 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 20:53:50 ID:ZVMiRbts0
>>593
もういっそ、エログロ非道な展開に走った方がなんぼか面白くなりそうだが…w

597 :作者の都合により名無しです:2010/04/06(火) 20:57:24 ID:WtFvMLVT0
それこそ読者から総スカンだよ

598 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 01:14:29 ID:iisriqbX0
しかしすぐに復帰出来て良かった。
コータローの蛭田さんやビィトの稲田さんのように、
何年も休載で容体不明再開未定なんて事になったら目もあてられんし。

599 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 02:57:44 ID:RXneUcfc0
早く復帰してくれ!
この漫画が無かったら、何を楽しみに生きていけばいいんだ。

600 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 07:42:04 ID:ouvQHVaR0
臨死体験のおかげでガラッと作風かわったりしてな。急に展開が早くなったり。

601 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 10:36:10 ID:w02n1I0s0
山原の病気による休載はこれで終りじゃないと思うよ
40代も後半になると関節痛など体全体のパーツに不具合が出てくる
そしてそれはけっして改善されずに、加齢とともに益々酷くなっていく

今回の件で多少は学習するだろうが、それはあくまでも精神面だけだからな
山原の体は衰えていくばかりだ

602 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 10:58:16 ID:x2loIuBO0
まあ普通にまとめに入っていいと思うんだが、
何で延々とやってるんだ、これ?

603 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 13:13:10 ID:cTFs/+xn0
編集部の意向じゃないの?
普通に人気あるんだと思う

604 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 23:37:40 ID:LBoHYrPl0
>>581
最初の企画段階で「読者が感情移入しやすいように高校生がタイムスリップ」ってのがあったので、
それは無理っぽい。
悪いのはその設定を生かせなかった山原。

605 :作者の都合により名無しです:2010/04/07(水) 23:44:52 ID:Ekh7w2Qt0
ちなみに、この中でまだコミック集めてる人いるの?

もう数年前に諦めたんだが。

606 :604:2010/04/07(水) 23:55:40 ID:LBoHYrPl0
まちがえた、>>604>>588宛てね。

607 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 02:30:39 ID:wrSpDdGt0
>>604
そんな話もあったなwwww
もう現代に帰る気すらなく、まして現代の知識も活用しようとせずに
三国志の武将達相手に天下一武闘会やってるのになあ

608 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 03:28:05 ID:AEMr2JNn0
たまに思い出したように「未来人とバレたらやばい」的な記述が使われるだけだもんなw

609 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 03:38:11 ID:RE5mlAjUO
今からまとめに入ったってある程度円満に終わらせるなら2、3年は余裕でかかるだろうに
ましてこの作者のペースなら10年はかかる
なのにまだまとめどころか継ぎ接ぎしながら風呂敷広げ続けてるんだからな…

610 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 04:29:19 ID:8MCHnPxEP
>>573分かりませんでしょうか・・

611 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 07:29:24 ID:d0SlVIha0
32巻127話に「老王軍右大当戸テンゲル」という腹筋の割れた女が出てる。

612 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 09:28:19 ID:5mXy9yNb0
何で未来人とバレたらやばいのが分からん。
信じる奴は信じて、すげー!だろうし信じない奴は信じない。

613 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 10:32:17 ID:8MCHnPxEP
>>611
解答ありがとうございます

614 :作者の都合により名無しです:2010/04/08(木) 16:26:38 ID:Di2WWCQJ0
仲達ってさ、人類を滅ぼそう&一人で城も落とせるような奴が何人もいるのに何ちんたらやってんの?
あちこちに疫病流行らせて、要人を暗殺しまくって終わりじゃねーか

>>605
KC派だったんでずっと買ってた
中盤からしばらくマンネリ&ワンパターン化を感じてたけど、中原に入ってウンザリして買うのやめた


615 :作者の都合により名無しです:2010/04/09(金) 04:17:13 ID:xWuwsOxQO
>>614
ゲームとかで強くなり過ぎるとやる縛りプレイみたいなもんでしょ
まぁでも実際やってることは何でもありだから本当に単にちんたらやってるようにしか見えないが

616 :作者の都合により名無しです:2010/04/09(金) 07:37:17 ID:a9IIA8ys0
>>609
本家横山版もやった「そして時は流れた」を駆使すれば3回で終わるんじゃね?w
鳳凰と虚空を倒した所を回想で飛ばす、でないと「どうやって勝ったか」が思いつかないから

617 :作者の都合により名無しです:2010/04/09(金) 19:10:47 ID:juSs6G8RO
志狼と真澄の性別が逆だったら良かったなと思っていた時期があったなぁ
蓮花と(女)志狼のツーショットがえらく可愛かった記憶がある

618 :作者の都合により名無しです:2010/04/09(金) 21:23:53 ID:LC3A0ZWgO
横山wwwとかwwwwww

619 :作者の都合により名無しです:2010/04/09(金) 23:26:13 ID:9giM9gGK0
女装志狼は確かに良かった。

620 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 00:34:54 ID:fCivPC2d0
中原繚乱編(7)はいつになったらでるの?
去年から出てないような気がするんだけど・・・

621 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 01:11:27 ID:GQKrNnM/0
あ、あれ?今月もキューサイとか

622 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 02:08:32 ID:5YAXatjhO
最近読んでないだけど
真澄の侍女ってどうなった?

623 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 04:00:11 ID:Q5glejzE0
>>622
音沙汰なし 山原も忘却の海へ流したんじゃねーの

624 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 04:29:23 ID:5YAXatjhO
>>623
ありがとう
真澄側の話が、許都以降少ないから期待してたんだけど


625 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 04:49:51 ID:RFvcdkTn0
ログ読んでみれば分かるだろうけど、侍女がこのスレでの一番の関心ごとww

626 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 06:52:39 ID:recfOVIa0
侍女が激しい修行に耐え成長し、仲達をあっさり倒すのか?


627 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 11:01:55 ID:hOuMTtEn0
>>625
同じ奴が聞いてんのかもなw
しばらく読んでない奴がそんな所を覚えてるのも妙だし。

628 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 12:19:51 ID:XrRnk+zD0
仲達一人で人類滅亡とか無理だろ。

馬で中国全土移動するだけできついわ。

629 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 12:47:28 ID:k6MoTvSI0
>>627
それだけ地味にインパクトが強かったってことだろ
このスレでも定期的に話題になるくらいだしな
自分も前にこのスレ来た時に、最初に侍女ネタ振ったくらいだしw

630 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 13:05:01 ID:Pc/GKRBI0
>>628
司馬懿一人で不眠不休で一秒に一人の命奪っていくとして
11日で100万の軍勢を壊滅出来る
ぶっちゃけ変に策に拘るより連載開始当初から
100日で1000万、1000日で1億
先に司馬懿が死ぬな

631 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 14:58:06 ID:k6MoTvSI0
見えない攻撃とか、一振り0.1秒以下だろw
おまけに範囲遠距離もあるし

仲達と五虎神がいれば、敵軍何十万いようが大将まで一直線で敵将も全員殺して残りの敵軍沈黙させられるだろうな

632 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 14:58:36 ID:GlxnRjJr0
司馬懿「この石さえあれば・・・」
ますみ「こ、これは放射能!」

633 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 15:26:58 ID:ATA7tAmM0
怪人ギャラクティカ男……いや何でもない

634 :作者の都合により名無しです:2010/04/10(土) 20:08:13 ID:oMbbZmrP0
この人の漫画読んでると何故か三国志のキャラで野球やって欲しいと思う

635 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 01:58:26 ID:iB1coOBK0
仲達ってなんであんなに強くなったの?

636 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 03:27:00 ID:lF5lUe3a0
>>630
仲達の偽者自体キョウシキだったんだから、本物がキョウシキ化してれば不眠不休なんて
問題無いんじゃね?

637 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 07:15:32 ID:T5NQIfGU0
>>628>>630
人類じゃなくて、中華圏人滅ぼすぞーじゃなかったっけ
まぁどっちにしても無理ゲー
中国大陸だけでも広大だってのに、人類とか言ったらもう範囲広すぎて



638 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 13:38:06 ID:Rw8mqW440
当時の感覚では中華圏とか無いだろ、井の中の蛙
世界の広さを知らないからこそ吐ける大言壮語
中華圏どころか一国すら未だに滅ぼしてないってのにな

つーかリアルで日本がチョン民主に滅ぼされそうなんだがw

639 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 15:52:52 ID:WWzSxkpq0
中原があって四方に蛮族、という世界じゃなかったかな。

640 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 20:30:58 ID:DMv9TPlM0
>>632
ますみ「ペロ・・・こ、これは放射能!」

641 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 21:11:45 ID:b6jEFM5D0
目的と能力の割にやってる事が小さすぎて、遊んでるように見えるんだよな。
月マガは司馬懿をする所ではござらぬ。

642 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 21:43:40 ID:qjokhk/n0
だれうま

643 :作者の都合により名無しです:2010/04/11(日) 23:50:22 ID:C4BEXAbFO
>>617
女の泣き顔好きな俺としては志狼がおにゃのこだったら良かったよ。
特に匈奴編近くでサジ老師にお説教食らって泣く志狼に萌えてたかもな。
蓮花っていう女兵士がいるんだから女軍師ってのがいても良かった気がする。
「竜の子」が二人ともおにゃのこってのも・・・!

644 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 08:00:18 ID:curcG3aX0
>>643
ふしぎ○戯の様になって男の取り合いでドロドロとか、レイプ未遂とか入ってきそうな流れw
後は蓮花との百合展開

645 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 08:25:44 ID:u+UdKusD0
おいおい楽しそうだな俺も混ぜろ!夢が広がるな
是非屈強な武将達には目もくれず百合展開がいいな
レンファ、女しろー時々アイリンあたりで。ますみはカレーに農薬でも入れてろ

646 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 08:56:26 ID:qQZdoOSX0
ますみ「ペロ・・・こ、これは青酸カリ!」

あ、ますみは盛るほうだったか
毒カレー事件より連載早いんだっけ

647 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 08:59:58 ID:YyrGVxSp0
それどころか三国志の有名武将全部おにゃの子化ですよ。
すげえ、なんて斬新なアイデアだ。俺って天才じゃね…あれ?

648 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 10:24:06 ID:NIjKBc0e0
>>647
それなんて恋(ry

649 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 10:49:30 ID:BhPZobExP
最近全巻読んだのでここに初めて来たら侍女が気になって仕方ないw

650 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 11:32:21 ID:BHPogV0LO
>>649
気を回し過ぎて、不自然になってる。
やり方を変えて行かないと、この先生茸れないと思う。
ネタレス界も人材が余ってるからね。

651 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 11:42:21 ID:gEi0iNUTi
俺らが知ってる三国志じゃなくて
別のパラレルな三国時代に飛ばされたのかもね

652 :作者の都合により名無しです:2010/04/12(月) 11:46:20 ID:QzIKHTrP0
まあそれすらもすでに、まったくまったくまったく
珍しくないけどな。ぶっちゃけこのジャンル女武将多すぎw

653 :作者の都合により名無しです:2010/04/13(火) 06:28:30 ID:P+ntMlig0
>>651
ラノベだけど「織田雪奈の野望」くらい、はっちゃけたパラレル具合なら
良かったのになw

654 :作者の都合により名無しです:2010/04/13(火) 07:53:09 ID:YE3ETUDG0
こんなgdgd超人バトルになるぐらいなら
RYUBIを連載していたほうがよかったな

655 :作者の都合により名無しです:2010/04/15(木) 20:54:01 ID:SY0frw0y0
>>648
あれ結構おもろいよな

656 :作者の都合により名無しです:2010/04/16(金) 14:10:41 ID:x12VMubo0
長期連載すると劣化するのは避けれないのかな。

657 :作者の都合により名無しです:2010/04/16(金) 14:21:11 ID:1jEgERsp0
>>656
少年漫画で10年ものの長期連載・・・&バトルストーリー物だと
はじめの一歩、チンミ、H×H、あとはなんだ
一話完結系でストーリー、バトル問わずだとこち亀とか 大人向けだとゴルゴか
もう完結してるものだと、ヤンキー漫画系なんかは長かったのがあった記憶
最初のコンセプトから大幅にずれてバトル物に変化ってーと、ドラゴンボールが相当するか?

上に挙げたのと比較するレベルじゃないなぁどう考えても劣悪だ
どうしてこうなった

658 :作者の都合により名無しです:2010/04/16(金) 21:17:07 ID:2bpO6xrk0
H×Hは休載しなければとっくに終了

659 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 04:11:03 ID:Q8O+dbH/0
人気では勝てないけど
劣化具合は、はじめの一歩といい勝負じゃね?

660 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 05:59:33 ID:MeJ8sZaO0
一歩は劣化したとはあんま思わないなぁ
週間でほとんど休載もないからかもしれんが

661 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 07:43:20 ID:kWy4zwrb0
おまえが一歩をまともに読んでないことだけはわかった
一歩スレにこいよぉぉおおお

662 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 07:55:33 ID:XaF7kAUV0
一歩自身は劣化どころか驚異の耐久力とスタミナを身につけて進歩したけどなw
まあもう人間じゃないんですけど。

663 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 12:45:07 ID:4zS9BJXx0
>>661
いやなんかスマンかった
一応単行本で全部読んだがそこまで思い入れもないから
ぶっちゃけどうでもいいと思ってるんだよねw

664 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 14:06:53 ID:/oljvuUU0
はじめの一歩はウォーリー戦でネタ漫画として昇華した感があるな。
レフェリー買収疑惑には笑わせてもらったw

665 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 20:40:48 ID:k6z8EcGU0
でもあれ確か逆にも止めてたぜ。

666 :作者の都合により名無しです:2010/04/17(土) 23:26:21 ID:/DrstGCH0
次回からは、「ドキドキ!修学旅行編」が始まります。

667 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 00:04:46 ID:VI3OxWgw0
1巻を発売当初に買ったときは高1だった
その書店は先月潰れた

668 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 02:12:53 ID:A1RTfEt00
お察しします。
17年だもんな〜…色々ありましたね。

669 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 03:20:46 ID:gfTTfu9d0
なんのためにシバイは人間滅ぼそうとしてるの?

670 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 04:18:17 ID:+6B+o++g0
>>669
宣言してないはずなんで不明
作者も考えてないんじゃね

671 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 04:31:49 ID:f2fYX1Ej0
目的同じはずなのに、仲達が地の神に拒絶されたのはなんでだっけ

672 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 04:36:55 ID:jHcwT4Vd0
>>671
私利私欲だからじゃね?あと地の神は人間抹殺して、他の生き物を優先って雰囲気だけど
仲達ちゃんはその過程で他の生き物を巻き込みかねない印象

もっともそんな高邁な思想の割には、計画が遅々として進んでない現状w

673 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 05:12:27 ID:f2fYX1Ej0
あー確かにそんな感じだった気がするな

674 :作者の都合により名無しです:2010/04/18(日) 06:25:19 ID:ps2nVD8s0
実は今の「龍狼伝」はプロローグ。
仲達は、強大で残虐で無慈悲な真の敵との戦いのために、心を鬼にして敵になり、
志狼を心身共に鍛えてるんだよ。梶原一輝作品によくあるパターンだな。
つまり全部芝居。司馬懿だけに。

675 :作者の都合により名無しです:2010/04/20(火) 01:56:26 ID:UNRD3Ay+0
え…

676 :作者の都合により名無しです:2010/04/20(火) 02:24:36 ID:ST+WqtTy0
一歩もシローも色んな強力な技を覚えてるのに
何故か使わずに窮地に陥る傾向がある。

677 :作者の都合により名無しです:2010/04/20(火) 08:05:51 ID:lAF0u1SE0
志狼は奥の手の「痛いと思いこめばホントに痛い」技を封印中だろ?
なんで封印したのかもう忘れてしまったがw
そして最近また使ってたような気もしたが。

678 :作者の都合により名無しです:2010/04/20(火) 13:59:39 ID:gFwUynVgO
もう、ソードマスターヤマト的に
1話で終わらせればいいと思うよ

679 :作者の都合により名無しです:2010/04/20(火) 20:20:24 ID:JhU4tJHB0
ライに念体使った時に「第三者には見えない」的な記述があったけど
許都編の89話で馬超と戦った時は左澄右澄や真澄にも見えてるんだよな・・・

どれだけ矛盾を積み重ねれば気が済むんだこの作者はw

680 :作者の都合により名無しです:2010/04/21(水) 00:09:29 ID:9OxqZ9id0
龍狼伝は確かにまだ序章にすぎないよな
ベルセルクで言うならガッツが灰色の騎士バズーソを倒したところくらいまで進んでる

681 :作者の都合により名無しです:2010/04/21(水) 02:23:41 ID:hmLf0Yox0
つまり、完結まで100年以上かかるってこと?

682 :作者の都合により名無しです:2010/04/21(水) 03:07:59 ID:Tcpxe/2z0
最初から読み直して見たが、主人公ってかなり初期の頃から強かったのね
普通に趙雲と手合わせしてるし

683 :作者の都合により名無しです:2010/04/21(水) 03:30:35 ID:RqpJo/4R0
それは手合わせってか只の指導だろ

684 :作者の都合により名無しです:2010/04/21(水) 20:27:21 ID:mHyzqkK10
グインサーガと同じ匂いがしてきましたね

685 :作者の都合により名無しです:2010/04/21(水) 21:09:16 ID:ROnlkw8h0
>>679
あの頃は技術の錬度が不足していて、範囲的に脳波を飛ばしてしまったんだろう。

686 :作者の都合により名無しです:2010/04/22(木) 21:20:20 ID:JVePw5v4O
赤壁で終わりで良いよ

687 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 08:53:36 ID:EPWzCnxf0
6巻以降の、まだコミックスになってない連載を読みたいんだけど、国会図書館ぐらいでしか読めないかな・・・

688 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 11:16:05 ID:GIpSZv300
とくになんもないよ
大木が師匠とかのアホらしいネタはあったけど
実質的には「しまった!」と「迂闊だった!」ばかり。
悟性のカケラも感じられない鳥頭展開。


689 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 12:59:39 ID:yaRBTfVZ0
甘寧と妙なやり取りしてるだけだしなぁ…w

690 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 13:57:45 ID:jrHHM51/0
週マガの我間乱に槍使いが出てきてるが、黄と志狼よりはいくらか(マンガ的ハッタリとしては)説得力がある

691 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 14:11:10 ID:1CNNPMHI0
空中で足鳴らすと加速する謎物理世界のマンガだなw

692 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 15:12:18 ID:dybtCtHi0
>>691
> 空中で足鳴らすと加速する謎物理

我間乱にもそういう技が出てくるぞwww




\      |l        //      /
          \      _     //    /
           \、-'´.:xミー- 、 ′  /
          //.:::/.::/  `ー-、l  /
         /彡′/.::/‐-、    |:::|    “虚蹴跳”!!
         /ヘ/.:〃.:l<oュ r-、!:::|
.        |{ (/.::::l:::::| u   (oュ.|::::ト、     ―==ニ二
.       , -‐|゙ト!:::::::|:::::|     ノ  !::::|::l
     /..:::::ノリ レ!::::|:::::| ≦=ュ /.:::: /|   以前 兄上が
    /.::::.:/ /  .|::: !::N.   ̄ /.::::::/.ノ
   イ::/ | ̄ ̄`W::::| 、_   /l:::::::::|     見せた技!
    レ' /|\ ::::::: |:::|  ./  ̄  \N
  , -‐ク´.:.:.|::::::\::: :::ヘ|ー┴≧         \、 \
/.:.:.:/ |:.:.:.:.\::::::::::::::::::::::::::/  |l       \  .\

.             /⌒ヽ_       .落下直前に
            r‐f{.:.:.:.:.:bト、ヽ       後足で前足を
            ト、! ト、_ノ | ∨}、     蹴ることにより
           / | l リ / |  |
             ト、_.| ∨ ./  .|.  !、
          /|_ |ュ/__/_,イ、_ノ!   空 中 で 加 速 す る
         くr‐''´_>┬ ´`ー`ヽ
         / /´ __/!`ー‐-、三≡  変 型 縮 地 !!
         |/  /´  _⊥__ ≡=ノ
         `l { ミ≡イ  /\_ノ三≡
   /|__  `ーゝ<´>y′三≡    /|__
. /     |.      `l ト、三≡   /     |
. \     |    カ .{_ノ \三≡  \     |
   \| ̄ ̄     ッ              \| ̄ ̄

693 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 16:24:16 ID:0xwSZAf30
>>674

694 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 20:30:17 ID:1CNNPMHI0
>>692
いや、わざわざ言うのもアレだが「空中で足鳴らすと加速する謎物理世界のマンガ」って
我間乱のことだよ?

695 :作者の都合により名無しです:2010/04/24(土) 22:35:56 ID:FaLcn1jW0
ほめるにしろけなすにしろ、他の漫画を持ち出す奴は池沼

696 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 00:52:38 ID:3d3TXUHu0
どのみち、人間離れしてるな。

西洋人が侍とか忍者に神秘性をいだいているように
日本人は中国武術とかインド人wに勝手な神秘性をいだいている

697 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 04:31:56 ID:RbGqN6p+0
>>695
比較対象は別にあってもいいと思うが、それを延々と語るのマズイな
ただ、数レスその話題を出したからと池沼認定はちょっと違うかと

698 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 06:35:36 ID:RbGqN6p+0
はやくますみと皇帝が結ばれないかなぁ

699 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 09:15:26 ID:EevbhmoK0
ますみはずっと昏睡状態だったんだから皇帝はやりたい放題だったに決まってる。

700 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 10:09:34 ID:e/C84KvR0
×やりたい放題
○抜きたい放題

701 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 16:08:15 ID:GL6vjVQf0
あのチキン皇帝に手を出す甲斐性はねぇよw
せいぜいオカズにするのが関の山だな

702 :作者の都合により名無しです:2010/04/25(日) 18:47:22 ID:/lv2YMNU0
風打ちとかいう神様が使う技があってな…

703 :作者の都合により名無しです:2010/04/26(月) 07:44:48 ID:hHy0vQxi0
皇帝、なんか今は成長?しちゃって「余に惚れる娘々など娘々ではない!」とか妙な具合に
達観してるからなw 屈折しただけなのか?

704 :作者の都合により名無しです:2010/04/26(月) 22:31:30 ID:p1QeMLOI0
皇帝はただ今賢者モード

705 :作者の都合により名無しです:2010/04/27(火) 07:50:01 ID:lJjyt3+M0
赤飛虎の幻術を見破ったのは、出した直後で性欲レベルが下がってたから?

706 :作者の都合により名無しです:2010/04/27(火) 11:56:33 ID:qbKehHMmi
どの場面か分からんけど
ますみが見破ったところ?

707 :作者の都合により名無しです:2010/05/01(土) 04:35:19 ID:4qYn7rQx0
>>703
崇拝の対象ってそんな物だぞ

708 :作者の都合により名無しです:2010/05/01(土) 07:36:17 ID:1RCSLNBv0
月刊誌って終了の目処が立たないのが多いよな

709 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 00:34:39 ID:BZcU8YNw0
真澄も蓮花も2巻あたりが一番いいな
最近は真澄が妙に思想や態度が大人っぽくなって親近感が沸かない
蓮花もただの粗野な言葉遣いの脳筋女になってるし

710 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 03:08:48 ID:CWt0WN/g0
最近てマスミが最後にでたのいつだっけか…

711 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 20:02:00 ID:6XMRdmowO
なんか一気に話しが進んだ(笑)

※第36話『妙計』の要点
・呉軍騎兵部隊三千名は士元の策謀に引っ掛かり曹軍に包囲されて降伏
・甘寧は志狼との一騎打ちに破れて溺れ死にかけるが志狼に助けられる
・享はライに瞬殺され影兵と甘寧の部隊はライ一人にほぼ全滅
・奇襲に失敗した周瑜は歯軋りしつつもリベンジを決意

ざっとこんな所w


712 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 20:40:52 ID:wtTEU3G40
バレ乙
一話でそんなに進むとか作者どうしたんだw
1.休載の分、読者に配慮して進めた
2.健康状態に不安を覚え、このままじゃ作者存命中に完結出来ないと気付いてスピードアップした
3.読者からダラダラやりすぎというクレームが沢山来た
4.編集部もさすがに危機感を覚えて、もっと展開早くするよう催促した
思いつくのはこんなとこか?


713 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 20:48:27 ID:6XMRdmowO
享は『勝つと思うな思えば負けよ!』のお手本の如く、ライに瞬殺されましたねえ(笑)


714 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 23:34:26 ID:WBgOy9Ot0
>>712
答え

このスレを見た

715 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 23:36:55 ID:WBgOy9Ot0
>>709
ますみのあの違和感のある描写は
ますみを遠ざけないとストーリーが展開しないと
思った作者の・・・例の侍女と同じでダラダラしたいがためのもの

716 :作者の都合により名無しです:2010/05/02(日) 23:42:12 ID:BZcU8YNw0
>>711
随分動いたな
つーか今までなら1年分くらいの内容だなw

717 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 00:18:34 ID:NI0BLbKU0
>>712
おそらく全部だな。

718 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 13:07:17 ID:CrUmXmOu0
なんで甘寧助けたんだよ?
歴史上必要な人物だから?そんなのいいわけにならないよ。それいうんだったら仲達も必要な人物ってことになるぞ

719 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 13:19:45 ID:foYq3t6RO
>>718
志狼が甘寧が持つ呉への忠義心に敬服したから。


720 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 13:52:42 ID:SfSaSkb50
まあ周喩が病気で死の間際に呉軍と和解する予定は鉄板だからね
やられた甘寧と享は牢屋にぶちこまれてるってことかな?
前から享は嫌いだったからライに殺してほしかったが
こいつも大物の息子だしそうもいかんのだろうな

721 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 14:33:55 ID:foYq3t6RO
>>720
甘寧は志狼の手で呉軍に引き渡され、享はライに首の骨を折られて即死!
典型的な小悪党の死に方


※概要
わははははは、来れで勝ったぞ勝ったぞ←有頂天になる享

あ、あれ←ライ登場

何←影兵と甘寧の部隊がほぼ全滅だと知る

なんだと←ライに驚愕

貴様赦さんぞー←享逆上 しライに襲い掛かる

あぎゃ←返り討ちにあい首の骨を折られて即死


722 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 14:47:24 ID:SfSaSkb50
>>721
マ、マジで!?
サンクスw連休明けに買うのが楽しみだわ

723 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 16:29:49 ID:e5oCPCgT0
和解といってもこんだけ呉軍をコテンパンにしちゃったら
どうしても禍根は残るよなあ… 竜騎兵団の立ち位置は曹操の配下なわけだし…

山原、
実は周喩の病は白冥虎の仕業で黒瘴虎が煽動役。
それを志狼が暴いて「おのれ仲達ゆるさん。呉を頼む」で
共同戦線にもってったほうがよかったんとちゃう?


724 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 17:15:14 ID:0cXMER0zi
周瑜は腹心、陸遜、甘寧失っては戦えないだろ

725 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 18:05:20 ID:foYq3t6RO
>>724
陸遜は呉軍で健在だぞ。


726 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 18:52:27 ID:/FKeqF2hi
捕虜になってなかっだけ?

727 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 19:16:52 ID:l7N2R+SS0
>>726
開放されなかったか

728 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 19:25:18 ID:Qk+y450r0
今回の戦の前に帰ってたっしょ

729 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 19:36:37 ID:ZeCEAp5g0
ん?>>711見るとまだ呉と戦ってるようだけど、甘寧助けたのはいいけど帰しちゃったの?
なんかワケ分からんのだが

730 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 20:30:38 ID:foYq3t6RO
>>729
あのまま溺死させても良かった気はするけどね。


731 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 22:35:16 ID:0ZV1JTZb0
周瑜は後先短いし亨も死んだしで呉にはヘタレ陸遜しか軍師らしき人物はいなくなったな
いずれ陸遜が覚醒するんだろうかw


732 :作者の都合により名無しです:2010/05/03(月) 22:38:41 ID:q7jE201S0
魯粛とか忘れ去られてるwww
呂蒙とかよ?w

733 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 00:39:44 ID:M713UYa00
あー、いたなそんな人達もw
この漫画の魯粛は勢力間の取次ぎ役としてはやっていけそうだけど軍師は無理そう
呂蒙は完全に脇役w

734 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 01:05:16 ID:sbMEUxiE0
因みに魯粛は外交官的な役割してたし
呂蒙はまだ武一辺倒な感じでしょ<時代背景的に

これから化ける可能性はあるが
この漫画的には周瑜が退場したら
呉自体にさしたる影響<物語的に
がなくなると思う。。。

735 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 03:43:29 ID:NPbzy1NpO
で、ますみは何してるの?

736 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 07:01:50 ID:gDluuQGmO
>>735
知らね!w
もうどうでもいいよ、あんな女。


737 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 07:16:16 ID:M713UYa00
ますみが志狼の母親と酷似してきたな

738 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 19:38:19 ID:068gUYzl0
今月号読んだ
先生まだ本調子じゃないのかな
ところどころデッサン狂い、背景の描き込みも少なめな気が
太史享が歯剥き出しの大口で笑う顔とか凄過ぎw
でも二ヶ月分くらいの頁数で話が大幅に進展したし大満足
あと巻末目次の作者コメントが病気じゃなく犬の話ってw

739 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 21:24:18 ID:AgQcQM/30
そこら中で色んな漫画のバレが書かれてるな。
GW中は早売り店舗がいつもより多かった訳か。
まあページが多くて話が進んだなら良かった。

740 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 22:10:07 ID:NnqxwcUu0
邪悪な敵に闘仙術使うと邪気取り込んでしまうが
甘寧やライ相手なら、おkみたいだね。

技パクるために苦戦したけど
念体使えば楽勝だったということかな。

741 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 22:25:28 ID:llxwXJ1t0
格闘モノ主人公の十八番、「戦った相手の技を自分のモノに!」にリクツ付けてみましたって
感じか?虚空とかパクリ相手としてどうなんだろね?「冷酷」ではあるが「邪悪」ではないと
思うけど。

742 :作者の都合により名無しです:2010/05/04(火) 22:58:39 ID:2rp9LYTz0
>>732>>733>>734
横山光輝の三国志だと周瑜ではなくて魯粛の出番だよな。
孔明が周瑜は水戦、魯粛は陸戦が専門といってた。

やっと子元が出てきて「夜襲があるのはわかってた。」とえらそうに言ってたな。
だったら見張を何とかしろよ。
志狼が甘寧を止めなかったら落城してた。

743 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 00:18:17 ID:jQmLrOhK0
わかってたなら教えてけと。
肝心の大将は呑気に沐浴中に「しまった!」だもんな
門を雑魚にまかせたままそれを見殺しにしてまで城内に招き入れる意味がわからん

744 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 02:34:47 ID:NX1sQofQ0
>やっと子元が出てきて「夜襲があるのはわかってた。」とえらそうに言ってたな。
またえらくショボいツッコミどころが出てきたもんだな…w
作者頭大丈夫か?

745 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 02:48:01 ID:cmw/FBhf0
むしろ享が誰だったか忘れた
たいしじの子とか言われてもわからない

746 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 13:00:03 ID:68foO7gf0
>>745
太史慈は甘寧と同じくらい武力ある武将だな<某歴史ゲーム的に
三国志演義では孫策(孫権の兄)と一騎討ちして互角だったり
結構活躍してたけどな。
龍狼伝が始まった赤壁の戦い付近では太史慈活躍
していないから書きようがなかったんだろう。
息子は空気レベルだし。


747 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 16:21:18 ID:X+xypH8b0
>>746
正史では赤壁前に死んでる>太史慈
演義だと赤壁後に戦死

山原は正史のを採用してそうだが、某歴ゲの知識仕入れてそうだな

748 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 17:11:29 ID:fhlKDBNm0
享が悪い顔すぎてワロタ

749 :作者の都合により名無しです:2010/05/05(水) 21:58:08 ID:cHG1+qCh0
ライは妹助ければいいのであって、別に潜入兵を皆殺しにする必要なかったのでは?

750 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 02:47:14 ID:1nRm1YZ40
ライが呉軍の味方してたら負けてるよな。

751 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 13:39:33 ID:2Rer7TMx0
そういえば朴師とかいうライの知り合いのオリジナル爺さんはどうなったんだ?
「竜の子は呉軍との戦いで死ぬ。わしの予兆は決して外れぬ!」とか言ってたけど

752 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 14:59:18 ID:+4V/6zVIQ
>>749
ライはツンデレシスコンw


753 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 16:37:03 ID:P+AVaTke0
今月号は展開が早くてよかったね。
毎月これくらいだと良いんだけどなぁ・・

754 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 16:38:58 ID:r00NsnPo0
>>740
ライに使ったのは、従来の「勢」じゃない?

755 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 18:23:31 ID:UWluLj1/0
今月号まだ買ってないんだが載ってるのか
復帰早かったな


756 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 18:33:14 ID:2Rer7TMx0
>>753
病室で暇だったんだろw
1ヶ月分の原稿を2ヶ月で仕上げただけのこと

757 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 19:20:27 ID:ipdeZDhF0
亨がキョウシキになって復活するだろな。

しかし合使っても平気そうな武人て他誰かいるかね?関羽ぐらいか?

758 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 19:51:56 ID:2HgM6mXX0
張遼も大丈夫そうだな。
あと趙雲もか。

759 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 19:59:11 ID:qDbjTKbs0
ちゃんと描けてた
感動した!

760 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 21:17:05 ID:vOobuLx50
意識失うまで離さなかったなら門前で抱き合っとけば・・・

761 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 21:26:35 ID:8dOHg9Zf0
周愈 ゾンビ化フラグ回収キター!

762 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 22:24:19 ID:+4V/6zVIQ
奇襲に失敗した以上呉軍は形勢不利だよなあ。


763 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 22:33:59 ID:2+1ZJUJV0
>>761
いやだねぇまったく、さっさと爽やかに逝けよなぁ提督
ゾンビ化で無駄に話が延びてかなわん


764 :作者の都合により名無しです:2010/05/06(木) 23:23:52 ID:ipdeZDhF0
合使っても平気そうな武人

関羽=強さ的にも問題なし
張遼=邪気なさそうだけど強くない(竜狼伝では)
馬超=消える大刀を甘寧戦でつかえてりゃ完封だったと思う
趙雲=槍術レベルアップ
仲達・五虎神=発狂・邪仙まっしぐら!
虚空=よくわかんない   ライ=心に闇かかえてそう。勢もあぶないかも
周喩・大志亨=もう邪悪っぽそう。顔とか美形だけど悪人ズラだし
曹操=人間的な経験値はすごいかも。多才になれそう
他誰かいる?

765 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 01:36:26 ID:zWH226560
趙雲より下はダメだろw

張飛とか微妙になってるよな、この物語的に。

766 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 02:36:30 ID:9woFFJQo0
>>751
よくそんな昔の話を覚えてるな。

767 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 07:56:30 ID:P3ddaHzC0
劉備は?あいつだって人並み外れて強い筈なんだがw 呂布と戦ったことだって
あるんだし。(ハンディキャップマッチで)

768 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 10:44:37 ID:lig6ZgDUQ
呉軍が曹軍に勝てない八つの理由
・周瑜は心臓病
・志狼は周瑜が死ね時期を把握している
・奇襲の失敗と陰兵と特殊部隊の全滅で曹軍への撹乱工作が出来ない
・甘寧では志狼に勝てない
・陸遜の覚醒はまだ先の未来
・ライの存在が呉軍の心理的足枷に
・志狼には曹仁、黄忠援軍の切り札がある
・騎兵三千名を失った事で、決戦兵力を大量に失う


769 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 12:02:38 ID:BH503k9Yi
周瑜は今一歩と言ってたが、今一歩どころではないな

770 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 12:33:42 ID:NUDAu3EA0
もう、周泰・呂蒙・陵統あたりが甘寧に並ぶ武人とかそのぐらいにしないと五分にもならないっしょ。
あとはチートオリジナルキャラだすか

黒礁と組むんだろうな周喩。陰兵もたぶん全滅っぽいしね

771 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 13:58:31 ID:9woFFJQo0
>>770
その他だと、除盛、朱桓も名将だよな。
孫堅の代の武将は、もう歳できついか。

しかし、この漫画の呉は人材不足だな。
知将は、全然怖さが無いし
武は、亨がNo.2かな?


772 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 14:04:39 ID:7VSqkOGp0
>>751
最初は「天運の相が死ぬとでてるから竜の子が死ぬ。」とか言ってなかったっけ?
俺はライが死ぬと思った。

ところで三千人の投降兵をどこに収容するんだろう?

773 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 14:06:14 ID:3Qp2rB7k0
そうね。多分ライが死ぬ。

774 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 14:20:58 ID:lig6ZgDUQ
どんな名将だろうと、古来から堅牢な城塞に立て篭もる敵軍との決戦は嫌がるもの。
攻める野戦軍側の数が勝っているのなら、城塞を包囲して、兵糧が尽きるのをひたすら待てば良いのだけの話しなのだが、呉軍は総大将周瑜が心臓病でそれ策が取れない。
周瑜が死んだら、志狼、士元、張遼に勝てる野戦指揮官が居なくなるのが呉軍の悩み処。
呉軍と周瑜が取れる策は、曹軍を野外に引っ張り出して数の優位を活かせる状況を作り出す事なのだがあ・・・・・
志狼も士元も曹仁の援軍が到着する迄は野外決戦はする気零だろうし、なんて言っても防御戦闘の名人張遼がいるのが大きい。
志狼が暴走しようとしたら張遼が身体を張って止めるだろうし・・・・うーーーーーーん。


呉軍が勝てる材料と要素が無いw


775 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 16:50:50 ID:R0i3Wvff0
周瑜自体が焦りからダメオーラまで漂って来てるしな。

776 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 17:33:27 ID:1QWjKhTK0
陰兵が全く気づかれずに潜伏できてたんだし
もうちょっとやりようはあったよなあ…
せめてもう一つ他の城門を同時に奇襲してれば
軍氣(笑)で察知した志狼は甘寧のほうに行かざるをえない。
数km単位で離れてればどっちかは手薄になるわけだし。

潜伏した人数的に無理というなら要所に火を放つとか毒を流すとか…etc
黒はシュウユにフられたからといって志狼を倒すために暗躍するでもなく
虚空も近くまできてるのに何をするでもなく

ライにいたっては「チュウタツさまの思惑通り」 虚空はともかくチュウタツに忠誠? イミフ
あれって青龍じゃない…よね?

777 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 18:58:53 ID:zWH226560
整合性が合わなくなってるのは作者がヤマイで逝っちゃってるんだろ<頭が


778 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 19:19:22 ID:lig6ZgDUQ
奇襲に失敗した揚句、西門が壊れたから呉軍が西門を攻める意味が失くなった。
益々守る曹軍の方が有利な展開だぜ。


779 :作者の都合により名無しです:2010/05/07(金) 21:47:15 ID:VLWoaxRz0
大史享は多分死んだよね? あれで生きている訳ないよね? 
周瑜が襄陽にかかりきりになっている間に南荊州で反乱を起こさせ、江陵を奪い返すのが志狼の戦略?

780 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 03:46:45 ID:vqXgIIeY0
>>776
そもそも仲達と決戦するまでだって気の遠くなる時間が掛かるのに、もう一人の天運だか何だか知らないが
ライなんて奴を出した時点でダメ展開

ライvs虚空で相討ち狙いなら、出し過ぎたキャラ整理も出来るだろうけどそんな事しないだろうし

781 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 10:59:25 ID:fJKTxV6IQ
>>779
多分前後からの挟み撃ちで呉軍を一挙に殲滅するのが志狼の基本戦略かと。
呉軍の主力が殲滅されて仕舞えば、呉軍の占領地は黙ってでも志狼の手に転がり込む。


782 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 12:13:20 ID:1ZQNiOHn0
甘寧と亨がやられて士気がた落ち状態だろ
普通に補給線を別働隊で攻撃されるだけで詰むような
いまんとこ呉の人材薄いしさ

783 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 13:12:32 ID:2Ai2jJ2S0
甘寧を捕らえたけど、降伏しないなら斬首かな?

784 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 13:23:11 ID:HfLheXs60
そもそも篭城するときに、一つの橋以外全部落としておいて、残った橋にシロー置いておけばよかったんだよ

785 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 14:00:24 ID:H7eoLRgA0
>>783
本当に今月号読んだ?
志狼は敵将の前に甘寧を置いて堀に飛び込んだよ。

786 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 17:36:39 ID:fJKTxV6IQ
どちらにしろもう詰んでいるよw
志狼は無理をしないで、曹仁、黄忠が到着するまでひたすら時間稼ぎをすれば良いだけの話し。


787 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 20:17:46 ID:rsvdJyym0
第一期?売っちゃったからうろ覚えなんだけど、
初登場の陸遜は出来る子だったよね?
志狼の女装見破ったり情報操作したり。
周瑜もザコモードに入っちゃったしかわいそすぐる。

来月も今月並みに話が進むよう祈念。

788 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 21:04:09 ID:mXe2IOkJ0
周愉がゾンビ化して、黄色の後釜に収まるんだろ。

黄周虎とか・・・!?

789 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 21:14:03 ID:rsvdJyym0
>>788
脳内で周愉の魂が茶釜の中に収まったじゃないか。
きっと茶葉にからめとられてるんだ。

790 :作者の都合により名無しです:2010/05/08(土) 22:46:57 ID:EtUGVMzv0
久々にみたけど、
まだ周愉生きてるのかw

791 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 04:23:27 ID:7iHPIUYN0
戦力・兵糧・停戦協議をするときのことを考えても甘寧を捕虜にして
三千人の騎兵は馬と武具を没収して帰したほうがよかったんじゃないか?



792 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 06:31:00 ID:Tv6fngUJQ
>>791
志狼は迷ってはいる見たいたが、呉軍とは停戦和解よりも、呉軍主力の殲滅を目的としている様だから停戦も和解もないでしょう。


793 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 12:07:43 ID:xhkIblCP0
甘寧はライや虚空相手じゃボロ負けかよ・・・

急所はずせなきゃこんなもんかww

794 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 12:15:14 ID:wdcoiU5G0
>>793
甘寧ってライと虚空と戦ったっけ?
すまんがマジで思い出せない。

795 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 16:51:43 ID:7EJSycce0
至高の拳が今後の闘いで役立つといいんだが…。

796 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 20:13:51 ID:7n66xp+c0
ライや虚空と戦ったらって意味ですね。

虚空の拳は凄い。不安定な船上で、踏み脚も使わず消えるほどの剛拳。

797 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 22:29:14 ID:x5G8h6CW0
作者は雲体風身使いたくて
自分でツボついたんだな

失敗して入院、と

798 :作者の都合により名無しです:2010/05/09(日) 22:48:03 ID:7iHPIUYN0
>>792
呉軍主力の殲滅?
そんな話どこから出てきたの?
士元は母親を殺されてるから考えられなくも無いが、城内に孤立させた
3千人を殺さず投降勧告してるんだからないだろう。


799 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 01:23:28 ID:yobslz9d0
ライくらい強い奴が出てくると何だか話が引き締まる気がする。
いつも志狼だけが別格の強さだから意外性がないし、結局志狼が出ないと話が進まなくなってしまう。

800 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 03:00:50 ID:uf7qugfE0
歯垢の拳で武歴の浅い弱点は、克服できたのだろうか。

801 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 04:08:54 ID:GN9jIpne0
せっかく”武歴の浅さ”っていう弱点を後付けででっちあげたのに
あっさり克服してしまっては何の意味も無い。
こういう弱点は残したまま創意工夫で補って辛勝しておけば
後の課題・不安材料として多少なりとも物語に緊張感がでたものを…

結局やったことは念体の後付けオプションでラーニング。
得たものは至高の拳(笑)。 要するに無駄のない動き(笑)。
でもよ〜〜〜く考えたら、カンネイって武歴浅いよね…
師匠見つけて修行したのなんてつい最近だけだし、それまでは我流。
禄な好敵手も組手相手もいやしない。あるぇ?

802 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 06:18:52 ID:DCVExnIGQ
>>798
志狼と曹公が仲達・皇帝との決戦に備える為にも、呉に家事場泥棒されない様にする必要性があるでしょうに。


803 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 11:49:22 ID:/Fw1YOD40
>>799
シローに匹敵する強い敵より、シロー以外の史実武将が対決すればいいんじゃないかな

804 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 13:44:07 ID:7ZvbKMrz0
>>802
呉と修復不可能な敵対関係になったら仲達との戦いに専念できないでしょ。
呉の兵力が回復する前に短期決着するとは思えんが。
皇帝に敵対することになるから仲達と直接対決する前にいろんな武将を
ぶつけられて曹軍の兵力が疲弊するだろうし。(馬超なら喜んで来そうだ)

805 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 18:33:25 ID:PlamZNNH0
>>803
三国志好きは喜んでも少年漫画として読むファンには受けないんだろ<史実武将が戦う
赤壁以降殆ど全ての戦いは志狼とオリキャラで動かしてるのは

806 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 20:56:18 ID:DCVExnIGQ
>>804
呉が志狼と曹操の味方にならないの明白なのに、呉軍の主力10万を放置する方が張るかに危険。
徹底した殲滅戦で向こう数年間は何も出来ない状態に追い込むべし!


807 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 21:44:27 ID:GN9jIpne0
竜騎兵団と義勇兵あわせてどれだけいると思ってるんだおまえは。
仮に呉軍主力潰滅が可能でも、やってしまったら禍根は残るし
劉備は動けないから曹操が侵攻してくるし
仲達をなんとか倒しても三国鼎立なんて不可能になる。

いつになるかわからないし辿り着けるかどうかも怪しいが、
この漫画の落としどころは仲達打倒後の三国鼎立以外にない。


808 :作者の都合により名無しです:2010/05/10(月) 22:26:32 ID:iBFQqjM90
>>806
その状態に追い込む描写に向こう数年かかったりして。

809 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 05:28:14 ID:TICldinw0
>>806
美周さんに龍の子と戦うのは間違いだったって言わせて死んでもらえば
軍の再建的にも孫権の政策方針的にも当面敵対は無くなる

810 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 06:43:28 ID:aKQ32d+v0
>>799
まだ虚空以下倒さなきゃならない相手だらけなのに、わざわざ訳の解らない強敵の新キャラを出すと
いう事は更なる引き伸ばしの弊害にしかならない気がするw

803が書いてる通り史実武将も宛がっての、総当り状態にでも持ち込めば消化出来るだろうけど
今現在、志狼無双だしなあ

>>807
本来なら1対多数勢力で戦わなきゃならないなら、個別敵を謀略で切り崩したり敵対する様に仕向けて
緊張状態を作らなきゃならないけど、曹操陣営の謀将が役に立ってない現実w
呉は美周死んだ後ならある程度謀略も出来そうだけど、帝と劉備にはキレ者が脇にいるしなあ

811 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 06:55:22 ID:n4kM6tHW0
>>810
孔明も空気ですよ

外交とかで献策してんのいるのかってくらい、どこの側近どもも空気だよな
謀略も関しても空気
というか、1面しか描けないから他で何が起きてるか、何を起こそうとしているのか、がさっぱりだから
活躍しようがないという

この漫画に一番いらないのは山原やったんや!

812 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 09:34:04 ID:acfNxcMPQ
志狼の戦力は曹軍3万+荊州兵数千+義勇兵数千=で、総兵力はざっと4万5千人前後と見積もっている。
後は黄忠がどれだけの援軍を引き連れてこれるかが鍵!
呉軍の最大の弱点は補給線の長さだね。


813 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 10:30:04 ID:D1FkmZhN0
アホか。読み直せ。

814 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 14:17:15 ID:tdQswQZU0
>>806
和解不能なのは周瑜が生きてる間でしょ。
赤壁以降兵力激減で曹軍だけでは仲達に対抗できないから匈奴へ助力を頼みに行ったけど失敗。
これ以上敵を増やしてどうするの?
徹底的な殲滅って呉国内へ攻め込む気?
そうなったら赤壁の借りがある劉備が援軍を出すさざろうえなくなり反仲達同盟も解消。
仲達と戦うどころじゃなくなる。

815 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 14:20:51 ID:CSZYqfCx0
いつも思うがこの手の話ってチュウタツと一騎打ちで肩がつくんじゃ。
まあさらに言えばチュウタツが勝つ、というか覇権を握るのが
史実なんだが、どうするんだろね?

816 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 14:30:31 ID:5ZJPs1PK0
その“仲達”と司馬懿仲達は別人だぞ

817 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 14:37:52 ID:CSZYqfCx0
がーん。しらんかった。そこが強いて言えば盛り上がりどころと思っていたのに・・・。

818 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 14:55:51 ID:5ZJPs1PK0
わざわざ仲達を呼ぶとき“仲達”と名前に引用符を用いているのは
本物(?)の司馬懿仲達と区別するためなんだと

819 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 15:08:08 ID:lYGjR1820
和睦しても平気で裏切るのが呉だけどな。


820 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 17:33:59 ID:acfNxcMPQ
>>814
志狼が荊州の安寧を真に望むのなら、呉軍は徹底的に殲滅すべき。何故なら、志狼はもう既に荊州の統治者としての道を歩んでいるのだから。
呉は呉が存在している限りは荊州を諦める事は決してない。


821 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 18:03:40 ID:5ZJPs1PK0
真に統治者になるのならあえて敵を作らず同盟結んで味方を増やすことを選ぶだろjk

822 :作者の都合により名無しです:2010/05/11(火) 18:07:35 ID:TICldinw0
>>821
統治者になる気なんてないしな
仲達倒す為の将をするつもりはあっても

823 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 00:58:41 ID:eH5b5eQsQ
>>821
呉との同盟は何時裏切られるのか解らないので最善の選択ではない。
それに志狼はもう既に曹操、劉備、フンヌと信用出来る盟友・同盟がある以上、呉と同盟を結ぶ必要性は感じない。


>>822
志狼がこの戦いに勝利すれば、呉への反発と憎悪から『民に望まれし荊州王志狼』を望ま声が出るのは確実な情勢。

もはや志狼は荊州王になるか、世捨て人になるか、或いは海を渡って古代日本に渡るか、三択にどれかしか選択の余地はない。
漢に残るのなら周囲が志狼を放置する事は有り得ず、時の権力者達からは危険人物として常に命を狙われ続ける。

824 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 02:52:22 ID:x3T5WaN40
>>807
>劉備は動けないから曹操が侵攻してくるし

志狼は今曹操の家臣なんだが。

825 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 02:52:56 ID:oPz2p9hk0
統治とか同盟とかにこだわってるやつは同じバカか?
よく考えろ。どっちもない。
仲達包囲網のために一時的に共闘もしくは静観って形をとりつけるだけ。

まあ山原がトチ狂えば
志狼が全土統一を目指す男坂ENDなんてこともあるかもしれないが。

826 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 02:58:50 ID:9jpSQz5s0
懐かしいスレが上がってるからきてみれば…
末尾Qのやつの頭がおかしいってことだけはわかった

827 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 03:07:01 ID:9jpSQz5s0
>>823
おまえの願望はどうでもいい。
少しでいいから地理的状況を考えろ。あと彼我兵力差も。

828 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 03:26:32 ID:XnlPr/ou0
雑兵数万程度ならシロウ一人で皆殺しにできそうだよな

829 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 05:21:09 ID:62zeueRo0
>>818
赤壁でちょっと出たやさしげ仲達?
存在忘れてた。

830 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 06:04:37 ID:Dr1VX9SQ0
>>812
現状、呉が帝の後ろ盾の下に荊州侵攻してるんじゃなかったっけ?
だとすると地方豪族なんかも苦々しく思いつつも静観だろうから、援軍の数は
さほど期待出来ないかと?

>>814
殲滅うんぬんは置いといて呉は、周瑜が病死したら弔い合戦とか始めそう

>>823
未来人の知識なら度々荊州を狙って約定違えるのは知ってるだろうけど、現状戦力では和睦も
止むを得ない所なんだけど、問題は和睦を受け入れるか否かという所と、1将軍位の志狼の要請を
曹操が受けるかどうか

831 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 09:19:47 ID:8tQbJqHD0
祝・再開おめでとう
やっと一区切り話がすんだな

だがあえて言わせてもらおう!
この作品は未完結で終わるということを、忘れてはいけない
この作品まとまるわけがない、漫画家がこれだけで飯食ってるからな
終わりはないのだよ諸君( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

832 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 11:04:13 ID:eH5b5eQsQ
何時裏切るか解らない呉を味方にするなんて愚の骨頂でしかない。


833 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 13:41:24 ID:x3T5WaN40
>>830
>殲滅うんぬんは置いといて呉は、周瑜が病死したら弔い合戦とか始めそう

孔明に弔辞を考えてもらい志狼が読み上げれば大丈夫。

>1将軍位の志狼の要請を 曹操が受けるかどうか

作戦も知らされずまかせっきり。

>>832
ハイハイ。
仲達が何もしてこないことを信じて呉とズ〜っと戦ってください。


834 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 17:51:26 ID:rZ2ML0Lyi
まだまだ死ぬのが先の史実武将の享を殺したんなら
ドンドン他の武将にも退場願いたい

835 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 20:04:41 ID:2hUQFdbp0
亨はゾンビ化するんじゃね?


836 :作者の都合により名無しです:2010/05/12(水) 22:57:30 ID:KvgECtee0
衆油が後継者(=享)を欲する>享 殺られる>黒証拠 入りました

この流れだろ

837 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 00:27:35 ID:Y6PuVs8z0
山越はもう出てこないんかね?

838 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 02:42:15 ID:ox8/GiNv0
劉備と仁姫の結婚はどうなってるんだ?
歴史が変わって結婚してないんだろうか。

839 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 03:02:43 ID:q/1j77ub0
>>838
本来なら荊州を切り取りたいが為の、偽りの結婚だった筈なのに肝心の劉備が
徐州の長だから結婚話自体歴史から消滅じゃね?

もしくは一連の戦の和睦の為に、志狼と仁姫との結婚話が持ち上がって相手が
違うけど結婚自体は歴史に近い流れにとか

840 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 18:41:13 ID:V0KQrmGe0
志狼は一体何をやってるんだ。荊州なんかどうでもいいだろ。
竜騎兵そろってるんだから仲達倒しに行けよ

841 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 19:15:50 ID:/T/VjkyNi
流石に竜騎兵と志狼だけで仲達に近づける程甘くはないんでしょ
周瑜の軍を瞬殺出来るぐらいじゃないと

842 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 21:05:52 ID:TkqvGYN90
劉備ってどういう経緯で徐州にいるんだっけ?

史実だと帝の曹操暗殺に加担・発覚→逃げて徐州をのっとる→曹操徐州攻撃
→袁紹のところに逃げる→官渡後に劉表を頼る→新野に→曹操南下→長坂橋→荊州、だけど





843 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 21:32:43 ID:aVaYle9z0
>>841
加えて言うと仲達には虎豹騎の他に虚空衆がいる
正確には虚空の配下だけど竜騎兵より強いらしい

844 :作者の都合により名無しです:2010/05/13(木) 22:43:05 ID:SlL9WRIc0
コーエーの三国志で龍狼伝の情勢を再現したとして、

劉備が徐州なんて地勢に据え置かれたらそこから天下統一とか
めちゃくちゃ気が遠くなる。劉備の名目上漢と敵対はありえない。
よって南進するしか無いが、徐州一国の劉備が曹操と事は構えられない。

漢(献帝)は華北を抑えて後ろの心配は必要なく南進するだけで良い。
しかし配下の武将からの信任はいまだ得ておらず、
さらに内に仲達、外に曹操・志郎と敵は多い。
近場の味方に劉備、遠方の呉と協調体制を取っている。

曹操は華北を失っているがまだ複数の州を持ち、
兵・将・軍師などの人材も依然として豊富。
ただし北(漢)と南(呉)に広く領土を接している横長の領土であり、
現在客将の龍の軍師を南に派遣してワンクッション置いている状況も、
常に敵の侵攻に備えなければならない地勢。官途前の情勢に似ている。

呉は後ろに異民族(越)の存在はあるものの、
基本的に前(北)だけ見ていればいい分まだやりやすい。
人材も周瑜の寿命が尽きそうだがその他の人材はまだ豊富。

ところで北荊州は志郎が抑えているが南荊州四郡はどうなってるの?
劉備が赤壁後に四郡平定に乗り出しているはずだけど今は徐州にいるし。
ここが空白地なら呉は南荊州、益州と西進する戦略を採ればいいのに。

845 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 04:31:07 ID:hy/9wB9+0
>>842
赤壁後のごたごたの合間に荊州の南部を制圧していたが
帝の招集を受けて許昌へ行ってそこで決起集会に参加
この時帝から徐州の牧に改めて任ぜられて赴任
留守の間に呉軍が荊州南部を奪取したという形
この一連の流れの間志狼は匈奴へ行ってた
そして孔明の策で裏で劉備と手を組んでる曹操の配下に入り荊州に戻った

846 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 12:25:26 ID:+mNdFFZe0
煙草吸ってる男女

ヤニ臭くて立ち読みするのにクセークセーヤニクセー
服にも染み込んでやがる、俺に近づくな

せめて服着替えるか臭くない香水つけるかしてから来い
その位のエチケットはしろよ

喫煙する奴が困るように1箱1000円くらいに増税しろ!!
1カートンで1万円なら吸うやつ減るだろ!

あと、食事場所なども全て禁煙、もちろん喫煙コーナーなんかなし
吸うなら車内や家で吸え!!

てか家から出てくんな!!

847 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 13:45:21 ID:npNbVSIz0
>>844
南荊州は呉が支配してるよ。
陸遜が捕まったときに戦ってたのは南荊州兵じゃなかったっけ。

848 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 19:06:19 ID:T8QcXEaH0
なんで呉は益州にいかないんだ?仲達との密約があるとは言え、
まず益州を平らげてから北伐をして曹操に挑めばいいのに。
天下二分の計の下半分が容易に成るっていうのに。
上半分は漢・劉備・曹操で分け合っているから呉の天下統一も夢じゃないぞ。
周瑜も自分の寿命が尽きそうだと思うなら、まず西進して呉の国力増大を目指しておけば
自分が死んだ後でも十分安心できると思うのに。呉は採るべき戦略を間違えている。

849 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 20:21:13 ID:hy/9wB9+0
>>848
龍の子=志狼をそれだけ恐れてるんだろ
自分が居なくなった後の呉では歯が立たないと思っている
それだけに周瑜が死に際の遺言として志狼とは和睦して敵対するなっていう可能性は高い
敵対しないという姿勢を貫く相手を攻撃できない人間だとは見抜いてるだろうし
呉が拡大していく野心があるから志狼が邪魔になる訳で

850 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 20:43:39 ID:OZTkVeL/i
そもそも曹操も孫権が蜀へ遠征するのを黙って見てるとも思えないしねぇ

851 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 23:04:45 ID:pHHmCyQi0
> 天下二分の計
なにそれ? どっから湧いてきた話?

852 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 23:11:18 ID:tcSKhV+70
蜀が舞台になるのは何時になることやら・・
さらに南蛮編なんて言ったら20年後くらいか?
猛獲好きだから呼厨泉より弱キャラだったら怒るぜw

853 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 23:22:59 ID:n4hsLW1A0
>>851
>天下二分の計
 たしか演義では魯粛が孫権と会ったときに言ってた事じゃなかったかな。
 この漫画では魯粛がほとんど出てこないからどうなっているのかわからないけど。


854 :作者の都合により名無しです:2010/05/14(金) 23:58:38 ID:T8QcXEaH0
>>853

もともとは周瑜と甘寧の策じゃなかった?魯粛は似た策を献じただけで、
たしか後半は三分の計を推したように記憶しているが記憶違いだったかな?

855 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 01:22:53 ID:XUxZnEEJQ
>>853
天下二分の計を最初に言い出したのは魯粛のはず
長江沿い伝いに北進し益州を制圧
北方の騎馬民族を呉の味方に付けて
長安方面から曹操に軍事的圧力を掛ける
魯粛の戦略構想を実現するには、先ず最初に南荊州を呉の陣営に組み込む必要性がある訳で
どっちにしろ荊州を巡る戦いは避けられない
そして志狼の対呉戦争最終目標は荊州から呉を追い出す事にある
果たして呉は荊州からの全面撤退に応じるかな?


856 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 06:07:13 ID:sRaWICGb0
唐突に姫がしゃしゃりでてきて和睦

857 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 07:30:41 ID:XUxZnEEJQ
>>856
お姫様が出て来た所で、呉が荊州を諦めるとは思えないがね


858 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 09:50:34 ID:sRaWICGb0
おまえの中ではな

859 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 10:44:59 ID:UCeeVrmD0
>>852
兀突骨大王様が弱キャラなら俺も怒るぜ?w
南蛮編の次は西域編だな

860 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 14:43:17 ID:l1kzwQaT0
この作者と編集部は、先日の病欠でここで散々と危惧されて指摘されてきた
バカながら山原の作者余命にようやく気がついて物語の進行を加速させているが
それでもいままでと整合性が取れないし、もう10年単位での先も見えない

下手すると後半がぐたぐたになりかねないな
アシ!鼻くそほじりながら2ちゃん見てないで山原に伝えろよ
いろいろ言われてるが龍狼伝は秀作だと思うぞ?

861 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 15:46:56 ID:v6qew1iD0
秀作?ハハハご冗談を

862 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 16:01:04 ID:2CGeH2vU0
俺は大狼までは許せた。

863 :作者の都合により名無しです:2010/05/15(土) 19:38:04 ID:7Cf2Cpl90
>>859
この作者なら筋肉隆々の武闘派の南蛮勢を描いてくれるんじゃね?
郷里大輔や内海賢二らの声が超絶に似合いそうな

864 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 02:38:17 ID:l5k698Fj0
ドツコツトツが出たら呂布より強いだろうな。

865 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 03:01:58 ID:Cjxo/TJi0
>>825
>仲達包囲網のために一時的に共闘もしくは静観って形をとりつけるだけ。

それを同盟とか協定って言うんじゃねーの?
まさか未来永劫変わらない協力関係が同盟だと思ってるの?

866 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 07:12:56 ID:wyhnw9Qu0
どうした? 病気?

867 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 13:10:34 ID:icJckKji0
>>862
大狼以上の敵は出てこないと思うので安心して最後まで読んでいられるよな。
仲達でさえも大狼にはかなわないようだし。

868 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 21:42:01 ID:htYPjceZ0
例によって神をも超えたとか言い出すんじゃないのw

869 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 22:43:12 ID:S5UOgXsI0
むしろ、神様でした

870 :作者の都合により名無しです:2010/05/16(日) 23:27:19 ID:zkL29jsU0
>>867
大狼には認められたってだけで勝ってはいない。
作中過去や演義での力関係は忘れて刹那的に読もうぜ。

871 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 00:42:26 ID:o/Cdp1sV0
場面ごとのバトル描写だけを脳みそカラッポで見ればそこそこ面白い。

物語の前後のつながりやキャラの実力、
それぞれの地位やおかれている状況を考えると
不整合・愚策・下策・冗長・意味不明になる。

872 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 06:51:07 ID:rGCR+xMK0
どんなに強い武人だろうが、シュアンとか仙人の前じゃ赤子同然だもんなあ・・・

873 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 07:22:41 ID:39DJHVK20
丘の黒船的な仙道を普通に戦に使っていいんだろうか
何か仙人は関わっちゃ駄目だけど学んだ奴は何してもOKっておかしいと思う

874 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 15:05:53 ID:N73T5U040
>>873
学んだのは武術だけだから適用範囲外って扱いなんだろ
志狼や伍真
仙術と呼ばれる範囲は全く別の所に有るんだろう
そもそも仙人は関わっちゃ駄目っていうよりも
世俗の闘争に拘るような奴は仙人になれないって話だから

大昔の殷周革命の時は仙人が仙人的な都合でバンバン介入して戦争してたんだし

875 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 17:38:40 ID:fneeBd1s0
>>836
ねぇねぇ、後継者の亨やられちゃってるけど
今どんな気持ち?
        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |        ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ  黒  ___/
       /  黒   /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::| 周  ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::| 瑜  ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン

もうだめだwww

876 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 20:24:57 ID:Wb4Fc45N0
そういや、シュアンってタイマンで元武倒したのかと思いや

なぶり殺しだったのかwwww

877 :作者の都合により名無しです:2010/05/17(月) 21:44:44 ID:RlMjFld80
そういや今月邪仙は皆でやっつけるって言ってたけど仲達側の大幻はどうなるんだ?w

878 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 08:46:50 ID:jZIQMzKC0
左慈が始末してくれるはず…?

879 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 12:42:56 ID:8idklEtc0
とりあえず龍狼伝の最後はシローが現代に戻って修学旅行先の中国で本屋に入る
そこで龍狼伝なる本を読む あれは本当のことだったのかで終わり

880 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 13:29:33 ID:kpJ9JX4a0
ますみだけ帰って、デパートでやってる古代三国志展でシローの遺品見て涙ぐむエンディング

881 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 13:38:27 ID:82+TuN6Y0
王狼伝、乙。・・・色々似てるなw

882 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 14:14:00 ID:JPaXXhBI0
ついに完成する”仲達”包囲網!
今こそ中原に集え! 竜の子に導かれし三国の豪傑たちよ!!!

                ■山原先生の次回作にご期待ください

883 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 18:06:30 ID:84zzq7b00
真澄と結婚して古代中国にこのまま居残りエンド
さらに居残った二人の子孫が実は志狼の母親→志狼でまた三国時代へ
そのままエンドレスでこのサイクルを繰り返す展開に

884 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 18:21:19 ID:jZIQMzKC0
>>882
山原先生の遺作にならないようにな(笑えない)


885 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 19:03:56 ID:k6iPH+9K0
光栄三国志みたいな歴史シミュレーションゲーム発売
「物語の続きは貴方自身の手で!」

886 :作者の都合により名無しです:2010/05/18(火) 23:39:26 ID:n+EHCplZ0
天下百分の計で新展開

887 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 00:09:39 ID:/8Q8/kbh0
シローなら、人民解放軍が戦車2両と武装兵300人連れてきても仙術でなんとかしそうだよな。

888 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 03:43:48 ID:qnzCLcmA0
普通の人相手なら何千人いようと空破山でおk

889 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 03:55:41 ID:JvQjLIDw0
>>888
だがしかし、むごい・・・殺さなくても・・・ とか言い出して不殺の誓いをry
もうどう考えても終わりが遺作エンドしか見えてこない

890 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 04:03:23 ID:ZDWRn9FM0
戦争なのに不殺とか温いこと言ってるのかシロウは
殺さなかった分味方が死ぬってのに

891 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 04:22:29 ID:cbtUP0/T0
>>890
殺さないで仙道使って身体不随にした方が、一層悲惨さが増すのでは無いかと?w
(少年誌ですが)これなら味方も死なない

昨日ラノベの「織田信奈の野望」って本読んだけど、アレの主人公みたいに
ゲームで覚えた知識を駆使して、乱世を精一杯生き延びてくって方が娯楽性はあったなあ

892 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 06:07:15 ID:xCjsA8ny0
>>883
少女マンガでリョウってのがあってね。
内容は中二病なんだけど、ラストが良く考えられてるよ。
現代から鎌倉時代に行ってって話なんだけど。

893 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 06:28:54 ID:MXAA6hxj0
>>892
主人公がラスト可愛そうだったけどな。「リョウ」は俺としては
面白かった。
それよりも、「王家の紋章」をどうにかしろと言いたい。
同じジャンルの「天は赤い河のほとり」は綺麗にたたんだというのに・・・

894 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 08:02:28 ID:GjtbKQA/0
「天使派リョウ」か?

895 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 09:10:49 ID:6jjNFSIh0
>>886
天下自分の計に見えた

896 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 21:35:54 ID:xCjsA8ny0
>>893
おお知ってる殿方がおられるとは。

>>894
タイトルは「リョウ」
マーガレットという少女雑誌の昔の漫画。

897 :作者の都合により名無しです:2010/05/19(水) 21:53:29 ID:gr4maGWJ0
上田倫子作「リョウ」全13巻

898 :作者の都合により名無しです:2010/05/20(木) 09:35:07 ID:RacWfQ+00
中国は三国志の時代からマトモな国であった試しがない
道端で倒れても救急車も来ずに放置される、日本の悪口は言えても
自国の批判をすれば、暴力が蔓延しゴキブリだらけの牢獄に送られる
国民には満足に食べられず医療も受けられない者が多いのに、有人ロケットとか
曹操さえもっとマトモな治世をするだろうてww
まさに三流国でごみのような中国・・・

山原もそうだが、これを読んでるガキが中国という国に変な幻想を
いだかなければいいが・・・

899 :作者の都合により名無しです:2010/05/20(木) 11:53:29 ID:THHTfZ1Ri
高河ゆんの源氏も過去に戻る話だっけ?

900 :作者の都合により名無しです:2010/05/20(木) 12:16:31 ID:H8bll62i0
現代の知識を持ってタイムスリップ先で大活躍ってのでは、仁のレベルが卑怯臭くて良い
なんでもできる優秀な外科医なんてまあ素敵!

901 :作者の都合により名無しです:2010/05/20(木) 19:43:49 ID:jn5VO/Y+0
タイムスリップものってその時代に居続ければ居続けるほど
馴染んじゃって現代から来た意味無くなるよね

まぁ自分が居続ければ歴史が変わってしまう!とかの危機感を
この漫画は、というか作者は既に放棄してるけどね

902 :作者の都合により名無しです:2010/05/20(木) 22:22:48 ID:PbzUtnkq0
ブラックジャック先生を北斗の拳の世界に送り込むと

903 :作者の都合により名無しです:2010/05/20(木) 23:50:29 ID:YWmrM3yy0
仁の場合は、かろうじて当時の西洋最先端の技術や、日本の漢方のレベルの高さに救われてる
技術のリンクが無いと、効果を挙げれば挙げるほど魔道だの仙術だの思われるしね
ますみが煮沸を言い出したのだって、時代を考えれば医術で世界史に残る大革命だし

904 :作者の都合により名無しです:2010/05/21(金) 10:37:21 ID:X4muZEwf0
>>901
どうせ中華なんて中央腐敗&内乱&外敵侵略&歴史改竄コンボの繰り返しなんだから、
多少ボクが活躍しても中華4000年の中では屁みたいなもんだ!

てな境地に作者もシローも至ったんじゃないの?

905 :作者の都合により名無しです:2010/05/21(金) 11:29:36 ID:G1770l6I0
かわいそうなひと

906 :作者の都合により名無しです:2010/05/21(金) 11:31:40 ID:s00cz1Xx0
もう、毒を喰らわば皿までの心境でやりたい放題やってるんでしょ

907 :作者の都合により名無しです:2010/05/21(金) 13:28:18 ID:noqO38pn0
別にやりたい放題でも良いんだけど投げっぱなしは勘弁してくれ。

908 :作者の都合により名無しです:2010/05/21(金) 15:21:24 ID:CYkw3iTui
中原の二巻?の巻末よんで泣けた
山原はネットもチェックしてるし
編集から45ページをノルマにして欲しいみたいな事書いてあった

909 :作者の都合により名無しです:2010/05/21(金) 17:24:42 ID:t1Xh8vaU0
>>908
書いてあったからなんだ
実際に出来てない以上文句言われてもしゃーない それが商業活動
言われるラインの近い辺りまで書けてて、病気を最初から公表してれば多少は擁護も入るかもだが
近いラインまで書けない、話はちっとも進まない、伏線なにそれの癖に新しく張る伏線大好き、いい加減にしやがれksgって言う話し

てか、お前山原だろ 早く話し畳めよ

910 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 00:08:50 ID:8XpU+UEG0
呼び捨てにされる覚えはない

911 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 04:18:24 ID:4GnzBivo0
かわいそうなひと

912 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 07:35:47 ID:uezHPGvQ0
関羽が死ぬのと打ち切りになるのとどちらが先になると思いますか?

913 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 08:18:14 ID:95jxJ/Fh0
むしろ山…

あ、なんでもありませn

914 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 17:31:12 ID:mThOI6Fe0
むしろ周…
それから旬い…



915 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 21:56:46 ID:bzqwB1uX0
荀ケは犠牲になったのだ

916 :作者の都合により名無しです:2010/05/22(土) 23:16:33 ID:8suUzTL30
ライは中途半端に相手に重傷負わせるんじゃなく
一人一人を初手から確実に仕留めにかかろうとするところが
描写にスピード感が生まれて好きなんだけどな

917 :作者の都合により名無しです:2010/05/23(日) 18:40:18 ID:iUDOwCWP0
タイムスリップ物で心配なのは自分の先祖を間違って殺してしまわないかということ

まあ漫画じゃそこら辺はごまかせるから全く問題ないんだが

918 :作者の都合により名無しです:2010/05/23(日) 22:58:42 ID:Nc0ax4+m0
この作品は何故か、タイムスリップ物の王道である現在の知識や道具を
過去のおいて駆使するという、一番の醍醐味を自ら放棄してしまっている

王道を実践してドラマ化される「仁」、何十年も連載していて見向きもされない「龍狼伝」
この差に気がつけよ山原


919 :作者の都合により名無しです:2010/05/23(日) 23:28:35 ID:m0ubotzY0
>>917
今時そんなタイムパラドックス論をとるタイムスリップものはない。
40台おっさんぐらいのもん

920 :作者の都合により名無しです:2010/05/23(日) 23:43:07 ID:Nc0ax4+m0
>>919
山原も編集も40代だし、その40代の感性でこの作品って造られてるんだよ

921 :作者の都合により名無しです:2010/05/23(日) 23:46:13 ID:BsOx7fcm0
>>918
最初はやってたのにねぇ…
凧とか水を使って乾坤圏止めたのは良かった。

922 :作者の都合により名無しです:2010/05/24(月) 00:43:40 ID:bRrqQeBD0
>>918
よく言われるが、ますみの寄生虫看破も良かった。

923 :作者の都合により名無しです:2010/05/24(月) 03:38:57 ID:mwWppmVi0
この漫画だと完全にオマケな呉に時間かけすぎ

924 :作者の都合により名無しです:2010/05/24(月) 09:21:35 ID:38wJsVD00
そんなこと言ったら匈奴編なんてどうするんだよw

925 :作者の都合により名無しです:2010/05/24(月) 14:53:07 ID:G825GK5bi
黄を退場させるのに匈奴編がまるまる必要だったんだっけ…


926 :作者の都合により名無しです:2010/05/24(月) 21:37:12 ID:rlc2S0/50
とりあえず今月号の内容には不満は無いので来月号の出来次第だな。
またグダグダになるのか、それともこのまま一気に呉編を畳むのか。
さてどっちだ?

927 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 01:01:11 ID:4Gc1w/H40
赤壁のチュウタツってゾンビだったけどあいつの心臓って誰のだ?

928 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 02:34:56 ID:rQILFYvt0
>>926
一気に畳むなら黄忠の援軍が到着して呉軍を挟撃。
敗走する呉軍を追撃して南荊州から追い出す。
ここからは裏同盟を結ぶ劉備との出来レース。
呉の援軍として劉備軍が南荊州へ、曹軍は北へ撤退。
次に曹軍が益州へ迫ると劉備軍は援軍として益州へ入る。
劉備が益州を乗っ取っている間に曹軍が徐州を占領。
こうなれば史実に近くなるんじゃないかな。

929 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 06:59:33 ID:L7DAQ7dH0
それにしても闘仙でラーニングしてるけど
これって本来、雲体風身でもできるはずなのにねえ。汗
そこが妙味じゃなかったのか!
なんかもう雲体風身一筋っぽい”仲達”に惚れそうだぜ。

930 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 10:17:06 ID:eCfIQYCh0
>>928
こまい勢力の移動うんぬんでページ割いたら
畳むレベルじゃないだろw
ダイジェストでやってくれるならまだしも

931 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 11:16:39 ID:3p52F9b9Q
>>928
そんな回りくどい事をさせる必要もないでしょう。

単純に志狼が荊州益州を平定をして、フンヌと馬超と連携をして長安方面から許都へと進軍。
仲達を討ち滅ぼした後に、南荊州と益州を劉備に献上して志狼は古代日本へと向かう。
これでいい。

932 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 11:26:53 ID:WcAalIHp0
>>929
雲体風身は筋力を100%引き出して思った通りの動作をする「動きの模写」
闘仙でやったのは相手の気の使い方を読みとってどう動くかという「動かし方の模写」
両方が揃う事で他人が苦労して身に付けた技を短時間でコピーできる
石柳がやってた柳の体術は志狼が見れば見ただけで原理が分かるし真似ができたが
甘寧の究極の拳は見ただけでは見抜けない所に本質が有ったが、それを闘仙で盗んだ

933 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 12:58:03 ID:dbgVF4s80
>>931
その頃志狼と入れ替わりに漢(かん)にたどり着いた漢(オトコ)がいた・・・名を燎宇という

934 :928:2010/05/25(火) 13:36:26 ID:rQILFYvt0
>>930
出来レースのところは1ページで経過説明ですむと思ったんだ。

935 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 15:15:35 ID:1HagbN5X0
>>932
こいつ山原じゃね?
仕事しろ

936 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 17:51:32 ID:9oaVkUhb0
>>931
馬超は童関の戦いしてないから特に曹操と敵対してないしな
(馬騰いたはず?)
でも史実の蜀軍みたいに防がれそう
まぁあの仲達なら持久戦よりは速戦だろうけど

んで敗走したあとに馬超が劉備のところに来ると!

937 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 19:30:08 ID:3p52F9b9Q
一番理想的なのは後漢王朝を終わらせて、全くの新しい新王朝を建国する事なんだろうけどね。
命脈が尽きた後漢王朝が存続している限りは、誰が勝者になろうとも混乱と内紛が続く。


938 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 22:20:14 ID:L7DAQ7dH0
な・・・どういうことだ!?
”仲達”から伝わってくるコレは憎悪でも憎しみでもない!
愛・・・・これは愛だ!!
(・・・・さん)
え?
(父・・・さん・・・・)
!!!!!
次号に続く

こんな妄想ばっかり浮かぶぜ。汗

939 :作者の都合により名無しです:2010/05/25(火) 22:56:23 ID:1labMRTx0
仲達と呼厨泉が戦ってる描写で仲達が放った一撃によって呼厨泉が崩れたシーンがあったよな。
あれって甘寧が使ってた至高の拳に似てないか。
もしあれがそうだとしたら仲達も闘仙盗んでる可能性あるよな

940 :作者の都合により名無しです:2010/05/26(水) 00:22:32 ID:Quhetj0n0
似てない

941 :作者の都合により名無しです:2010/05/27(木) 21:58:12 ID:TVQiqj3u0
>>919
パラドックスはパラドックスだろう
タイムスリップなんて多世界解釈かコペンハーゲン解釈しかないんだからさ

942 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 14:00:20 ID:KWQVu6lk0
>>931
荊州は黄忠が援軍を連れてくれば何とかなるかもしれないが
天然の要害である益州は呉と戦闘中では無理だろう。
匈奴は単于軍と老王軍がにらみ合って動けず、馬超は今
皇帝側で志狼と戦う気満々。

943 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 16:54:18 ID:mvjJj2RM0
もしタイムスリップだったら
もうどんな波及してるかわからないくらい志狼が干渉しちゃってるからなあ…。
人の生き死にの影響が子々孫々含めてdでもないことになってるはず。
志狼たちの干渉も全部ひっくるめた結果が元の世界の現代だったのだ、
とするのかも知れないが。

仮に元の世界に戻ったとしても同じだけ時間が過ぎてるだろうな。
まあ戻らないと思うけど。

944 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 16:58:08 ID:6SVKSMQJ0
もう一人ぐらい未来の世界から飛んでくる展開でいいんじゃないかな

945 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 17:01:07 ID:Ue1lGV3r0
実は仲達は未来から来たシローのお父さんだったとか

946 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 18:50:24 ID:XDYhEgF00
もうこの辺りで止めておいてやれ
このスレ見てる作者がお前らの予想通りにさせまいと悩んだ末に死ぬだろw

947 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 19:26:27 ID:KNfgni3E0
予想通りさせまいと・・・・・・
わかったぞ!
”仲達”は
シローの母親の姉の息子の子供!
に違いない!!!!

948 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 19:45:08 ID:jUcnK0avQ
解ったぞ!
仲達は未来の志狼の息子なんだ。仲達の技は全て父親志狼から受け継いだ技なんだ!
未来では下り坂の父親に勝っても意味が無いから、これから全盛期を迎える父親と戦いたく過去の世界にやって来たんだ。


949 :作者の都合により名無しです:2010/05/28(金) 23:51:42 ID:8e27/xJb0
”仲達”は司馬家の養子で、司馬懿の首から下を乗っ取った

もうこの設定でいいよ

950 :作者の都合により名無しです:2010/05/29(土) 09:47:27 ID:uMq5Y16F0
だから絶望した志狼が闇に落ちて“仲達”になって三国志の時間の流れを無限ループ中だっての

951 :作者の都合により名無しです:2010/05/29(土) 09:52:26 ID:MEaJyuba0
”仲達”はダークサイドに落ちた未来の志狼

952 :作者の都合により名無しです:2010/05/29(土) 11:39:52 ID:QnuzTKNV0
早く七巻だせよ
巻末にコマ割りの仕方とか出番ないねとかはもういらねぇから
勢力図か状況説明とか有効な使い道あるだろ

953 :作者の都合により名無しです:2010/05/29(土) 21:55:03 ID:rKBoNpOY0
志狼がまた別の時代に飛ばされる展開でいいんじゃね

954 :作者の都合により名無しです:2010/05/29(土) 22:13:19 ID:uMq5Y16F0
そういやローマ×三国志って聞いたことないな・・・と書いたのはいいが何言ってんだ自分

955 :作者の都合により名無しです:2010/05/29(土) 23:24:37 ID:EHQXi6j20
巻末の漫画技法もそうだが、キャラの無意味なドアップはやめろ
只でさえ少ないページの無駄使いすんな
見開き2ページで顔一つとか舐めてるのかw

956 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 00:18:10 ID:JiOGqkw10
典型的な引き伸ばしだ。
山原も食ってかなきゃならないしな・・・。
と言っても納得出来る訳じゃないが。

957 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 05:42:58 ID:Qotcxm1Y0
ゲツマガは10年前が面白かった。
今買う気しない。

958 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 07:01:17 ID:LxJouh7m0
三国志 覇〜ROAD〜

で ニセ呼厨泉でてたwww

関羽の大刀でも傷ひとつねーとかそれ以上だった(笑)

959 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 07:08:53 ID:6tbHrTgO0
あの漫画の関羽は痩せマッチョ?なただの中年だからな
張飛はただのデ(ry

960 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 08:16:20 ID:XAPC86Iy0
中国じゃ神様なのになあw
ああいう庶民に親しまれている歴史的な英雄を、「日本人に使われる、常人よりは強い程度の
オッサン」にされるのと、美少女にされるのと、中国人的にはどっちが腹立つんだろう。

961 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 09:08:30 ID:86cprWB90
健在なのに完全に空気なのもどうかと思う

962 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 09:22:46 ID:Pj3YUiaO0
>>960
日本人だけど後者のほうが圧倒的に原辰徳

963 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 10:08:40 ID:sW35AmPX0
趙雲が女とか意味不な漫画か


964 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 12:24:03 ID:AXl5Ndri0
龍狼伝の関羽なら、剛体でも切れそう。

965 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 17:18:31 ID:I1cWw1ZM0
>>960
中国人ならどうでも良い
金が欲しいチョンならどっちでも騒ぐ

日本と同じだ

966 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 20:39:05 ID:hI2rNuGw0
>>960
完全に作品として発売されてしまえば、中華圏の萌えヲタは日本エロゲ大好きだから絶賛だよ。
ブー垂れるのはなぜかやっぱり鮮人。

967 :作者の都合により名無しです:2010/05/30(日) 21:13:09 ID:86cprWB90
どこにでも現れるおまえがキモイ

968 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 01:57:10 ID:15w0CTMA0
赤壁のときに士元が月英に「天運の相は女難の相も兼ねているのか」と言ってたが
志狼にとって最大の女難はアイリンだと思う。

969 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 02:57:03 ID:/sg4jKVE0
>>968
アイリンの所為でしばしば窮地に陥り、真澄の所為で近くに美少女がいても手が出せず
蒙古では変な女(テンゲル?)に目を付けられ、ランには仇と罵られ
呉の女官にも仇呼ばわりと確かに女難w 他にいたっけ?

970 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 11:59:24 ID:RaIKeSFG0
ちょっと女と会話するだけで蓮花から殴られる

971 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 12:20:23 ID:4wCWr8lY0
まだ志狼って17なんだよな、確かw

972 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 12:37:31 ID:B0YdYH3e0
>>969
最初、蓮花ににーちゃんの仇!と言われ、都でも姉妹に寄ってこられてた


973 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 13:37:07 ID:15w0CTMA0
仁姫もいたな。

>>971
中学校の修学旅行が海外か〜。

974 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 17:29:28 ID:gUiJ5kMZ0
暁明(孤児)を忘れるな

975 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 20:04:50 ID:qSJ4vVbr0
しろうが過去に来た理由は何?

976 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 20:07:32 ID:qSJ4vVbr0
仲達を倒すためなら仲達が生まれる前にタイムスリップして倒せばいいんじゃね?

977 :作者の都合により名無しです:2010/05/31(月) 23:54:04 ID:15w0CTMA0
>>974
何か災難あったっけ?

978 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 01:34:33 ID:5DIjUtpW0
シロウのチンコ凄そう
セックスも凄そう

979 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 03:14:04 ID:kg09628K0
雲体風身は理論的に膨張率含め男根自在に操れるし、念体も色々応用効きそうだし、
まあそりゃ凄かろう。

980 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 05:42:17 ID:74C2V8EX0
>>976
まず仲達の本体が何処のどいつだか、作者にも解って無さそうなのでw
仮に自由自在に過去に飛べたとしても難しい手段

>>979
思い切り下世話な方向性だと相手の気脈を絶って、身動きを取れなくしてからコトに
至るとか逆に全身の感覚を鋭敏にさせてからコトに及ぶといった方法もw

981 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 07:18:35 ID:Lf7erGdQQ
志狼には戦国自衛隊が必要!
陸上自衛隊富士教導団2万を基地事中国にタイムスリップさせろw


982 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 08:21:14 ID:wjShp5j00
そういや鉄砲や大砲なんかを造らせようとかしないな
まあ造ってもこの世界じゃ生身が最強なんだろうけど


983 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 10:41:45 ID:a9Dw35Z30
鉄の鍛造や鋳造がまだ難しい時代だからな
中学生がたたら製鉄を知ってるとは思えないし、知識として知っててもできる人間なんて現代にはほぼ居ないし

人民解放軍と戦車で殴りこんだほうが楽だけど、戦国自衛隊と同じで油で対戦車攻撃食らうだけだしなあ

984 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 13:47:55 ID:3IXWQMjU0
戦車や攻撃ヘリがあっても燃料が切れればただの鉄くずだしな〜。
それよりもこの時代にはもう投石器があったはずだけど出てきたときあったっけ?

985 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 13:52:07 ID:Y+UzhCqw0
>>983
三国時代にそんなに精練度の高い油ないけどな

986 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 14:18:45 ID:lJ9h6cqA0
ここ何のスレ?

987 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 15:27:15 ID:kg09628K0
投石器はシュウユあたりが確か使ってた。
しかし志狼の現力量見てると、1000人くらいひとりで余裕で戦闘不能にできそうなんだが。

988 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 16:57:43 ID:6LJTikKr0
シローが気配消して敵陣に乗り込んで武将暗殺でなんとかなるんじゃないか

989 :作者の都合により名無しです:2010/06/01(火) 21:56:12 ID:lJ9h6cqA0
投石機なんて曹操が官渡ですでに使ってるだろ(作中出てないけど)

990 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 00:20:41 ID:qq/nBUdz0
>>983
というか、戦国自衛隊であった74式戦車が油張った沼で燃やされるのすら無理だから。
あのくらいで撃破される2世代以降の戦車は無いし、そもそも王狼伝の原油攻撃で戦車は倒せない。

まあこの世界限定なら、シローが勝手にハンデ付ける悪い癖を起こさないなら、複合装甲くらいは拳で抜くんじゃない?

991 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 10:57:36 ID:yleHeKkVQ
志狼は三国志の歴史に詳しいのだから、孔明の真似をして火薬と油を使った火炎戦術を取ればいいのに。


992 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 12:23:04 ID:KOBh80fw0
一瞬で絶命できる空破山ですら残酷なのに
焼き殺すなんて残酷すぎてできません。
どっちにしろ殺すけど。

993 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 12:25:19 ID:Fzxs62NW0
一番最初にやったけどなー。それでトラウマ引きずってピンチに陥ったけどなー。

994 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 16:00:44 ID:ikn/ot6S0
>>991
三国志の漫画か小説に詳しいだけで、火薬作る知識ないんじゃ・・・

995 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 17:12:04 ID:yleHeKkVQ
火薬作りは火薬職人に任せれば問題は無し。


996 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 17:44:54 ID:MDolSo4r0
科学の知識は未来人の強みだけど
武器や兵器に精通した中学生はないな

997 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 18:57:30 ID:grpV8aNU0
規制中 誰か新スレ頼む

龍狼伝 全37巻
龍狼伝 中原繚乱編 現在6巻まで (7巻は2010/6/17発売
過去スレ
龍狼伝その11
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1265107768/

龍狼伝
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1127211803/
龍狼伝その2
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1152588487/
龍狼伝その3
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1174538577/
龍狼伝その4
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1186972832/
龍狼伝その5
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1194078804/
龍狼伝その6
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1208172206/
龍狼伝その7
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1218811929/
龍狼伝その8
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1229007756/
龍狼伝その9
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1241999099/
龍狼伝その10
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1254126888/

998 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 19:13:09 ID:yxlaFRk90
終わりで

999 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 20:41:22 ID:4kL7Fv500
龍狼伝その12
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1275478816/

>>997
立てられた

1000 :作者の都合により名無しです:2010/06/02(水) 20:58:52 ID:VkRlaqmF0
>>996
「歴史や考古学を専門とする高校生」という触れ込みなのに、
鉄剣を製作しちゃったり、原油使って巨大な塔を爆破しちゃった
女の子はいますけど。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)