5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

龍狼伝その10

1 :猛将雷薄:2009/09/28(月) 17:34:48 ID:PpAEZ2D30
龍狼伝 全37巻
龍狼伝 中原繚乱編 現在6巻まで
過去スレ
龍狼伝その9
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1241999099/

龍狼伝
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1127211803/
龍狼伝その2
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1152588487/
龍狼伝その3
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1174538577/
龍狼伝その4
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1186972832/
龍狼伝その5
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1194078804/
龍狼伝その6
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1208172206/
龍狼伝その7
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1218811929/
龍狼伝その8
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1229007756/

2 :作者の都合により名無しです:2009/09/28(月) 18:08:55 ID:eN4Z0wd90
NGID  ID:PpAEZ2D30


3 :作者の都合により名無しです:2009/09/28(月) 18:44:17 ID:BMqGc3/d0
>>1乙です!

4 :作者の都合により名無しです:2009/09/28(月) 19:59:25 ID:3Tp9MMMP0
>>1
スレ立て乙〜

5 :作者の都合により名無しです:2009/09/28(月) 23:40:18 ID:WdnsW0ylO
>>1
乙!
もう10スレ目か
とりあえずこのスレが>>1000レス付くまでに
五虎将が誰も死んで無い方へ100万ペリカ

6 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 00:34:06 ID:1R+BdjZIO
最初の方の画では青龍は白装束で杖持っててお遍路さんみたいないでたちだった。
ちなみに、この漫画に五虎将なんていません。
五虎神です。

7 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 02:06:26 ID:OOvFGMC10
青龍を倒しても、倒したのは依り代の肉体のみだったって事で、
大狼の時みたいに、神(鳳凰)が出て来て本性を現した
とかになると思う。

8 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 04:38:01 ID:14vO5mZJ0
作者に話を纏める気がないから
そのうちに体調崩して未完で終わる可能性が凄いよな

9 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 06:39:20 ID:J5CNyXH50
青龍はツンデレでしょ。黄をののしったわりには、「黄大人!」とか、
「黄の鎧を盗みまとう不埒者」とか尊敬してる発言だった。

10 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 10:58:09 ID:TaGSV/Xh0
なんも考えてないだけじゃね?

11 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 11:34:45 ID:GvQ808VZ0
青龍は最初出てきたとき、クールでイケメンで凄い重要系な奴だなって思ってた
なのにしろうと戦って本性表したら、いきなり「きかぬわ!」とか、「馬鹿め!」とか言うハイテンションキャラになっちまった
あれで小物臭がし始めた

12 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 11:36:45 ID:OOvFGMC10
>>8
ああ、話が煮詰まって話を纏められなくなって
体調不良と言う事で病を偽って降板。
顔が見えない読者は「それならば仕方が無い」で
終わってしまうって手を打って来たりして。

13 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 12:44:33 ID:3NRxMMKm0
纏める気は無いのか・・・?

必ず見つけ出して殺してやr(ry)の五人も
忘れないでください

14 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 13:55:53 ID:OOvFGMC10
そろそろ傅士仁が呉に寝返る頃か…

15 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 15:56:09 ID:Fb1idySH0
1000だったから真澄は皇帝に中だし妊娠か


16 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 16:16:14 ID:OOvFGMC10
16なら志狼が蓮花とアイリンとで3Pする

17 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 16:28:46 ID:rxjPLeXz0
青龍は志狼側に寝返ってくるだろ、いずれ。

18 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 21:19:16 ID:gJZgwiY50
この漫画、補正が多すぎるよ。

超雲が30半ばにしては若すぎる顔で描いていたのをフンヌ編ではしっかり補正してたww



19 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 21:44:43 ID:PA0EmCmy0
青龍がどんな顔だったかさっぱり思い出せないぜ・・・
なぜかムコが出てくる


20 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 22:50:17 ID:OOvFGMC10
ぶっちゃけ青龍が飼ってる巨猿3匹を嗾ければ
大概の部隊はこれだけで十分全滅させられる。

21 :作者の都合により名無しです:2009/09/29(火) 23:38:43 ID:YKfTwCp60
>>18
おっと、于禁の悪口はそこまでだ

22 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 01:03:05 ID:qVXVdGJb0
何度でも言おう!
晩年の于禁は屁タ… おっと誰か来た

23 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 06:50:15 ID:eLpWYK9L0
3巻から21巻までの于禁の変貌の理由を誰か明らかにしてくれ。

24 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 11:58:57 ID:PNCbh+p10
作者は最初適当に顔を書いていたがために後になって元の顔を忘れてしまった

25 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 14:00:38 ID:qVXVdGJb0
それだったら荀ケさんなんかもえらい変わり様だぞ。
20巻までは青年風の若い顔だったのに21巻では
しわも出来て老けた顔になってる。

26 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 14:26:31 ID:dwaqKhik0
劉備も太ったぞw
初期はイケメンだったのに…
あと耳でかくなってね?w


27 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 14:31:30 ID:qVXVdGJb0
後で耳がデカかった事が分かって修正したんじゃない?w

28 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 14:59:32 ID:5M4jsiwD0
まぁ年齢とともに老けていくのは横山三国志もそうだから良いんだが
明らかに別人の顔になるのは勘弁してほしい。
つーか山原先生は自分の過去作を読み返さないのか?
プロットも含めて矛盾が生じないようにするのは基本だと思うのだが・・

29 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 15:50:00 ID:6NOXh/eF0
>>28
言えるな
1巻と現在じゃまったくの別人にしか見えないw
1巻なんて髪が黒一色なんだよねw

30 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 18:04:27 ID:OGqWlVjT0
一方関羽はたいして変わっていなかった


31 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 19:11:08 ID:qVXVdGJb0
して、その一方で張飛は青龍の飼っている巨猿みたいな顔になった

32 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 19:58:19 ID:dwaqKhik0
たいしきょうは初期は青龍みたいな顔だったが、次第にショタキャラになった
今とはまるで別人

33 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 21:40:55 ID:y4F80OBD0
また四郎が女装してくれれば俺は全てを許せる


34 :作者の都合により名無しです:2009/09/30(水) 22:13:02 ID:qVXVdGJb0
雲体風身で勃起も抑えられるからな志狼は。
いざとなったら硬気功でアソコも硬く出来るんだろうなw

35 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 00:04:11 ID:mXUtVkbu0
>>34
ワラタww

36 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 00:08:25 ID:oQDkPtef0
うきんだけはどうしようもないな。面影一つないわ。

37 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 00:53:07 ID:ImpOjfYW0
>>34
むしろ触れながら気を送り込む事で、永続的に快楽を与え続けられるという
裏設定が・・・・・・・w

38 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 00:58:48 ID:4o8KKiU20
雲体風身があれば射精コントロールも思いのままだ!


39 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 03:17:50 ID:R6UliFvU0
ますみもそんなのが相手なら体がもたんなぁ

40 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 03:24:42 ID:KG6yFhwiO
ますみは皇帝の相手で忙しいから

41 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 03:45:51 ID:4o8KKiU20
劉協(皇帝)はプレイがネチッこそうだから、それはそれで辛そう

42 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 03:50:30 ID:PSQceN91O
>>41
俺は、あの皇帝はロクに前戯もしないで即挿入ってイメージがある。

43 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 06:35:31 ID:VUN9em8O0
しろうは顔でも勝ってるし皇帝可哀想だなw
皇帝つんぽ臭そうだし
ますみんもあの時の四郎のつんぽが忘れられなかったりしてw

44 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 06:43:22 ID:wseA/etAO
>>34
硬気功だと触感も無くなって楽しくないだろう。
雲体風身は血流もコントロールできそうだしサイズも自在かもしれない。

45 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 11:01:37 ID:mTinSYMf0
確かシローの気のお陰でますみも少しなら雲体風身使えるんだよな。
更に回復も使えるんだよな。

46 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 12:13:19 ID:4o8KKiU20
>>45
じゃあ真澄は自分で締り具合もコントロール出来るとw
まるで「くノ一忍法帳」みたいだw

47 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 20:19:27 ID:pa5FvH3f0
そういえば同人で龍狼伝のパロとかあるの?
山原には一円も入ってこないから不愉快かもしれないが
二次創作は人気のバロメーター的な所もあるからバカには出来ない。

48 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 20:42:14 ID:VUN9em8O0
ますみ→皇帝に寝取られ
レンファ→捕虜になってレイプ
ユエイン→捕虜になってレイプ
れんひめ→捕虜になってレイプ
テンゲル→捕虜になってレイプ
ラン→レイプ&薬漬け→肉便器

このシチュがいい

49 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 21:34:06 ID:XSogK1fq0
>>47
むちむちエンジェルってのがあった
原作の絵にかなり忠実

50 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 21:50:20 ID:ryFU3uVP0
>>48
追加

糜夫人→長坂で傷を負い身動きできなくなり曹兵に
    発見される→後の馬鹿殿阿斗の命を守るた
    め自らの貞操と引替に涙ながらに曹兵のい
    いなりになる→赤ん坊のできることをされ
    る(玄徳との間に子供ができないまま、曹
    兵に種付けされてしまう…)
甘夫人→長坂で趙雲が負けて、そのまま黄大人に寝
    取られ(黄大人&五虎神の力で体が丈夫に
    …種付け)
フォン→青龍配下のビックモンキーに…
小喬→美周没後、碧眼児に寝取られ…
呂布の奥方…ライ&ランと逃亡するなか、曹兵にお
      いつかれて捕虜に…子供の命乞いを
      するために、曹兵に身を任せ赤ん坊の
      できることをされて、種付け…
アイリン…捕虜になって人買に捕まり…
赤飛虎…皇帝に寝取られ(夜伽担当…)
美芳…左慈の奴●

他には、現代にいる志狼と真澄の担任
と亡き志狼の母親くらいしか、めぼしい
女性がいないが…

何気に、物語に華を添える女性キャラが
少ない…

争点やロード、横光では色々いるのに…



51 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 22:23:24 ID:wFyQn5oK0
キモい。もうおまえが描けよ。

52 :作者の都合により名無しです:2009/10/01(木) 23:05:59 ID:XIN0jEEH0
キモいキチガイが湧いてるな

53 :作者の都合により名無しです:2009/10/02(金) 19:23:55 ID:QJTlSMGA0
総合的な実力では、竜騎兵は虚空衆には勝てないのか?

勝てなかったとして、竜騎兵以上の戦力を
シロー達がゲッツする機会は訪れるのか?

というか、シローはなぜ竜騎兵に基本的な戦闘技術しか
教えないんだろう?


54 :作者の都合により名無しです:2009/10/02(金) 19:25:01 ID:5GgoqCWW0
馬良・馬謖は登場させんのだろうか。


55 :作者の都合により名無しです:2009/10/02(金) 20:03:06 ID:MrrH9uQZO
ますみは皇帝にやられてんの?

56 :作者の都合により名無しです:2009/10/02(金) 22:08:06 ID:KoLLn+gf0
っていうか、志狼はりかくの金縛り妖術使えるだろ?
なんで使わんの?髪の毛なげえくせに。

57 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 00:25:57 ID:TxGMR5CP0
>>55
全裸にされ体中隅々まで嘗め回されただけだろ

58 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 01:40:33 ID:kLVyNl+F0
そして宮中に帰ったら女中相手に鬱憤を晴らしている

59 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 02:12:54 ID:/ECNMKMk0
むしろEDっぽいわ


60 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 02:56:08 ID:7mFECDsX0
>>53
全員を雲体風身使いにするには、時間も技術も足りないと思われますw

志狼「皆さん一列に並んで下さい、今から秘術を使います
これによって皆さんの戦闘能力は今の数倍に跳ね上がります」

以下仁姫に使った時と同じ状況が、ムサイおっさん集団で展開されます・・・・、
あっー!!

61 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 03:19:10 ID:kLVyNl+F0
>>60
雲体風身はあくまで仙術だから技術以前に才能の問題じゃない?
それに仙術はやたらと人に教えないのが掟だろうし。


62 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 12:28:32 ID:DA13LMAcO
最新巻はますみと志狼のツーショットだけど
ますみ出てたっけ?

63 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 13:04:25 ID:Pn5fpL3R0
>>56
技の原理を理論的に説明するのと、
それを実際に体得するのではまた違うんでね?

64 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 19:20:41 ID:L+xUpBTt0
雲体風身は仙界修行編でチート(弱体化)しすぎた

甘寧は空破山に耐えたが、硬氣功?剛体?

65 :作者の都合により名無しです:2009/10/03(土) 21:32:28 ID:lVsCczgX0
>>62
出番がないからああいう形で出したんでしょw

66 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 04:16:32 ID:YCwovODs0
>>61
仙人自身は俗世の事に関わっちゃいけないって、掟があるみたいなのに弟子の志狼は何の制限
もなく干渉しまくってるから問題無いんじゃね?同じく弟子だけどウーチェンも絶賛使用中だし

あと一応竜騎兵の面々は地獄潜り抜けてきた猛者揃いみたいだから、使う事の是非は置いて
おくとして少なくともレンファや仁姫よりは成功率高いかと?

>>63
一応復活当初に箔を付ける為か「柳の体術」は見て直ぐに完コピーしてたけどなw
リカクの奴は色々と複雑そうだから習得に時間が掛かるのも道理だけど

結局の所全ては山原先生次第、伏線回収するのも連載終了もw

67 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 05:21:48 ID:4iTRfqB80
>>65
コミックが9月号まで収録されてたからびびったわ
作者ヒマなのかな

68 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 08:43:36 ID:49agXjbp0
8巻で、シローが「母は病死」って言ってるけど
事故死だよな?

69 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 08:45:24 ID:49agXjbp0
>>62
出てたジャン、巻末でシローとデートしてたよ

70 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 14:53:01 ID:lCdTtRnq0
張遼と徐晃はぜんぜん戦力になってねーじゃねえか
足が痛いとかwwwwwwまた主人公が1人でやんのかよ
「なぜ、そうなるのか」をもっと説得力ある展開にしろよwwwwww

71 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 15:33:47 ID:hidINKuf0
詳しくよろ

72 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 18:15:01 ID:sJONjIU/0
侈言】シゲン おおげさなことば。大言壮語

この漫画で青龍が使っていたが、はじめて知った言葉だ。

73 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 18:23:09 ID:fm9JRFjE0
>>72
そのへんの会話の応酬いいよな。
どっかの剣術漫画とかだったらいつも主人公が偉そうに見得を切る場面で
相手のイデオロギーに覆い被せて否定する形ばかりを強調させるのに。

全体としてのストーリーの流れはあまり良くないが、
たまにそうやって目を瞠るような上手い描写があるからこの漫画は見捨てられん。

74 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 19:01:51 ID:vzMvGy6R0
青龍戦は確かに読み応えがあったな

その後のハン戦は蛇足過ぎたが

75 :作者の都合により名無しです:2009/10/04(日) 21:10:09 ID:sJONjIU/0
黄し虎戦だけは評価できる。 

・・・きちんと死んでくれたから。



76 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 02:43:36 ID:u5BXXlg00
志狼も敵との会話の時に、奴らの知らない
横文字を羅列してやれば良いのに。

>>75
ちゃんと種明かしもして、武人として綺麗に戦って
綺麗に死んだ訳だしね。

77 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 08:49:25 ID:vtapNO1bO
来月ライ登場の予感だな。
ライ対享は見てみたい気もするが。

78 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 12:47:02 ID:jYTazZxn0
んっ、
今月どうなったんだ?

79 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 13:06:26 ID:vtapNO1bO
志狼と甘寧がバトル(なぜか鎧脱ぐw)
甘寧『お前俺の攻撃を読んでるな』
志狼(意脈の本質を見破るとは甘寧は闘いの天才だ)

的なやりとり。

周瑜は突撃中。

ランが享率いる隠兵にやられそう。

ラスト享のアップ

こんな感じ

80 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 13:24:18 ID:jYTazZxn0
おっそうか、サンクス
たしかランは城楼に向かってたからな。兄貴が助ける流れか

81 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 13:27:59 ID:mxjrURCB0
今月もまた、ものの数分の出来事なんだな…

82 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 15:26:29 ID:u5BXXlg00
>>80
だな。

この先はどうせ
周瑜本隊、襄陽城に肉薄→背後から黄忠・劉豹・魏延の軍勢が突撃
の流れだろうな。

83 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 19:17:37 ID:M/ujWK+8O
志狼は刀使えよと

84 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 21:14:27 ID:qHXjeyZY0
っていうか、そうろうを一撃で屠った志狼の仙氣はどこへ行ったんだよ。

仙氣発剄、そうろう⇒大狼⇒黄し虎⇒青龍⇒甘寧 5回連続失敗ってひどすぎ。

85 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 21:36:41 ID:u4AXM8pD0
インフレ酷すぎる
虚空より強いんじゃないかw

86 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 22:06:30 ID:0utsOaqH0
今の志狼は虚空に勝ったときより数段強いんだろ?どう考えても甘寧>虚空だな

87 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 22:22:35 ID:qHXjeyZY0
志狼は雨と曹軍の気が無ければ虚空にかすり傷ひとつつけられなかったよ?



88 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 22:48:59 ID:KRVpX9yY0
初期の甘寧はどんだけ弱かったんだよっていう

89 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 22:50:11 ID:u5BXXlg00
なんだかんだ言って結局五虎神で虚空が一番強いだろ。
ところで虚空自信、志狼を殺せる様な事言ってた
根を持ったハゲ集団の虚空衆軍はどうなったんだ?

90 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 23:03:49 ID:fO5OaQwQ0
志狼がありえない速度で強くなっているのに合わせて
周りも超人化のペースがあがっているんだよ

>>88
モモウの遠当てを見た志狼に
「威力は甘寧より遙かに上」みたいに言われてたよなw
この段階ではただの指標扱いだった甘寧涙目w

91 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 23:03:56 ID:M/ujWK+8O
次に出る頃にはかなり弱体化してるだろうね
志狼の子分達といい勝負出来るくらいに

話変わるけど甘寧が不動の構えとってんならその隙に門閉じちゃえばいいのにと思う

92 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 23:34:19 ID:NpbEXqWp0
太史慈は史実どおり病死?
もし演義設定の張遼との戦いで殺された事になってるなら
太史享と因縁ある事になるけど

93 :作者の都合により名無しです:2009/10/05(月) 23:35:22 ID:kYMyQRI2O
仲間は移動速度が遅いんだよ
なんせ足が痛いらしいからな

94 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 00:08:19 ID:Wc8eAcgO0
>>92
太史慈って演義で合肥で戦死、横山光輝の三国志では
曹仁の立て篭もる南城でハリネズミにされたんだよな。
山原は正史と演義ゴッチャにしてるからなぁ。
3巻では仲達と虚空との会話で、呂布が貂センの話しが出た時に
※印付けて「演義では〜」って注釈付けてたし。

史実の病死を採らずに、演義の合肥での戦死を採ったとしたら、
襄陽に潜入する策を出した時に、張遼への恨みを口にするか
顔か態度に出すだろうし。


95 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 08:55:50 ID:c8z/GXSC0
ライvsキョウならキョウには全然勝ち目ないだろうが
どうせ殺さないで退ける程度のオチだよな
もう史実とか関係ないんだし戦うんならいい加減サクサクやってほしいな

96 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 11:35:08 ID:GhWnoHwv0
体術で圧倒してるなら張飛以上のパワーとかいった呼厨泉とやったときみたく闘仙の拳でボコればいいと思うが
つうか時間ないならさっさと念体しろよ・・・・

97 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 12:30:02 ID:MmU44+3q0
太史慈は赤壁前にすでに死んでまする

98 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 12:48:41 ID:CDTF6M5DO
念体って負の気が強いやつには使っちゃダメなんだよな
ランがいいなら甘寧にも大丈夫なはず

99 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 13:01:00 ID:+pteIIkW0
あれって自分が傷つけられたと思いこませることで
敵にダメージを与える一種の催眠術なんだろ?

ってことは自分の体が物理攻撃じゃ傷つかないことを
知っているモモウにも無効だなw
仮に念体での攻撃が当たったとしても、
そんなんじゃ自分は傷つかないと思うだろうしw

100 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 13:05:47 ID:Wc8eAcgO0
>>95
ライ相手だったら享なんてぶっちゃけ秒殺だろ。
志狼も呉の本隊が迫って時間も無いんなら
甘寧の力についてあれこれ考えたり力の出し惜しみしてないで、
さっさと本気出して全力で甘寧潰せよ。
甘寧ったって暴走した呼廚泉(孟鬼)の方が強いだろ。
暴走呼廚泉なんて矢も槍も、志狼の普通の攻撃も通じない上に、
黄し虎ばりに1人で城門ブチ破ったりするし。

101 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 14:03:40 ID:ddRXuCjN0
シローが甘寧にて手こずってるのはわざと
甘寧で時間掛けて、本体呼び寄せて奇襲する布石

102 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 14:37:27 ID:Wc8eAcgO0
虎豹騎にしろ、甘寧にしろ、虚空にしろ、
いくら強い武将に鍛えられたからと言って、
一兵隊が一般武将並み、もしくはそれ以上に強いのがおかしい。


103 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 15:10:43 ID:WDVn7RkJO
よくわからない

104 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 15:42:33 ID:8fmYKakJ0
ありそうなつまらない展開。

ライが志狼と間違われる。
「ばかな!竜の子はあっちの戦場にいるはず!だがこの武(笑)はまさしく竜の子!」
「竜の子が二人!?」

いくら竜の子だろうがこの毒でイチコロだぜ→ライが身代わりで死亡

105 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 17:03:00 ID:y1niDGg50
この漫画って現代に戻るのが最終目標だっけ?

106 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 18:32:45 ID:FR1ELO+NO
もともとは未来の知識を利用して
なんとか三国志の時代を生き抜くって話だったよね
最初は歴史との整合性も気にしてたのに
いつからこんなになったんだろ?

107 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 18:39:51 ID:WDVn7RkJO
そりゃ赤壁後だろうね

108 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 18:45:12 ID:79S28IOv0
ちょうこうと孫策と馬超って似てない?

109 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 19:28:05 ID:x0b/rlJE0
>>101
もしそうなら志狼が焦ってる心理描写と整合性が無い。
志狼が念体含めて全力で闘ってないってのは同意だけどね。
その理由が良く分からないのが一番問題な気がするな。
本心では志狼は荊州の民がどうなろうと知ったこっちゃねぇと思ってるとしか
思えないw

110 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 20:33:47 ID:8xvmJwz90
もう甘寧は地味に関節技で
闘仙術使って金的でも蹴り上げてサクサクいっていいわ

111 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 20:47:04 ID:/ludokON0
今日夢で、和田あき子に膝十字固めを決めた夢を見た

112 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 20:51:57 ID:4h1n8+ZY0
>>90 甘寧を猛プッシュしておいて張遼は脚が痛くて走るのもままならんとか酷すぎです
あれか味方はどんな勇将でも猛将でも雑魚にとかないといかんのか

113 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 21:41:20 ID:ivxC4bQ/0
甘寧は40を超えているはずだろうが、若作りやね。
wikiによると、西暦200年頃に20年くらい行っていた無頼浪人の生活
をやめて武人になったらしい。

龍狼伝の舞台は210年前後だよな。

114 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 22:48:52 ID:6AdVWdctO
これは・・・
http://image.blog.livedoor.jp/heyrong/fe10bb90.jpg

115 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 23:09:25 ID:bAOClLCz0
作画にも昔のような勢いがなくなったねえ。

116 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 23:16:01 ID:dzP/+J1a0
甘寧の師匠だれなんだろう

117 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 23:32:25 ID:LPMc6t6K0
どうせ毒殺されかけても
あの光る玉みたいなもので治るでしょ

118 :作者の都合により名無しです:2009/10/06(火) 23:46:42 ID:lStsNSAUO
話しがちっとも進まないw
一対一の格闘技戦が戦局全体の勝敗を左右するのはどうかとw

119 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 00:27:11 ID:dlzFaeNX0
>>114
数年前に、それと似たやつで男のチンポバージョンがあった。
気持ち悪すぎて、しばらく吐き気がした。

120 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 04:02:37 ID:1Ugs/RwZ0
>>118
ガノタ乙って言われるかも知れないけど、局地戦なら一対一の戦いが勝敗を左右
する事もありえるよ
自分がザク乗りで相手がガンダムだったら、逃げ出したくもなるだろうしw

ましてあの当時ってに押してる時は、上手く機能するけど一度戦線が綻んだら
我先に逃げ出す人多数だったし

121 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 09:15:51 ID:mMnUlJdA0
ライは最初は隙があれば一撃で瞬殺しにいくキャラだったから逆に好感もてたけど
今後は志狼と同じで途端に歯切れの悪い戦いをするようになるんだろうな

122 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 11:12:15 ID:CzpiqP7E0
太史慈は死んでるな
亨が初登場の時に仁姫との会話で「亡き太史慈は私の父です」と言ってた

123 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 11:31:16 ID:IM8oEx36O
張遼が足引きずってきた所でもう呉の子供は誰も泣き止まないだろうな。

竜来々だな

124 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 12:32:46 ID:BTRZo3AL0
龍狼伝では「技だけなら赤飛虎以上かもしれない」というのが
張遼の評価の拠り所というのがなんとも・・・
赤飛虎って五虎神でも戦闘力が特別高いわけでもないし

125 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 13:08:25 ID:5bLD8dl00
>>120
1対1の戦いが戦局全体に影響するのは構わないのだが
仮にも戦争ものの龍狼伝が素手での戦闘がメインで
決闘もののチンミが棍や黒翼旋剣とか
の武器使っての戦闘なのはどうなのさ?
普通逆じゃね?
つーか俺が一兵士なら武器持ってない敵なんてどんなに強くても
恐く感じないんだが。
むしろ「俺らでもなんとかなるんじゃね?」って士気が上がると思うぞw
典偉が武器を取り上げられて殺されたときの状況を考えれば分かると思う。

126 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 13:15:37 ID:r+TJyRCi0
雲体風身を極めた宗楼より甘寧が上とかありえない
仮にオーラ量だけあったとしても精密さも応用する技術も無いんじゃ木偶の坊だろうに

127 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 14:47:35 ID:LabcPBKP0
>>125
自分の上司の凄い強い武人が倒されたら、次は自分が死ぬかもしれない
集団で相手に攻撃出来たとしても、何人かは犠牲になる、誰もがその犠牲になるのを嫌がって
他の奴等が攻撃して隙が出るのを待とうとして、誰も動かず敵が進んできたら引いて
その場に踏みとどまろうとしてても、緊張が切れたら逃げ出す

シロー相手に虎豹騎1000人やられて、一般人にもその話広がってるのに、
一兵士で俺らでも勝てるなんて思うような事はないだろ

128 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 16:31:59 ID:5bLD8dl00
>>127
そういえば典偉のときもそうだったな。
近接では倒せず結局遠目から弓矢乱射で倒したんだっけ。
それでOKじゃね?
つーかどれだけ化け物でもいつかは疲れるわけで弓矢乱射で死なない人間はいない。


129 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 16:47:05 ID:5bLD8dl00
あと言い忘れたけどこれは結局漫画だから硬気孔で弓矢なんて跳ね返す
って意見もあるだろうけど疲れていたら気なんて練れません。
ついでにいえば瞬間的に硬くするだけであって継続的に硬くなるわけではありません。
漫画だからといって人間のキャラを使っている以上最低限のルールがあり
それ以上の力が表現されると読者は醒めます。

130 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 18:15:15 ID:mSmizOE60
>>129
青の人なんて人間のルールからぶっとんでるが
妖術の人も、髪の毛を自分の意思で秒間数千だっけ?も振動させて超音波をry
ももーとかの体格も3m近くあって刃物を一切受け付けないとかry

それでも人間!
もうキンニクマンとコラボしたらいいんじゃね?
男塾でもよさげだな

131 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 18:53:22 ID:eBOFEX640
>>128
疲れない、死なないのが存在だとしたら
疲れるのはただの弱者、死ぬのはただの生物

132 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 20:45:55 ID:5bLD8dl00
>>130
なるほど!ちょうど龍狼伝がつまらなくなってきた時期と一致しますねぇw
ちなみに龍狼伝がギャグ漫画だったり志狼が人外であるなら問題無いのですよ。
アラレちゃんがロボットだったり孫悟空がサイヤ人(宇宙人)だったりね。
そういう存在なのだなと納得して終わりです。
魔法使いやエスパーがいる世界であれば人間も人外扱いでOKでしょう。
でも一応龍狼伝は歴史if物ですよね?
あくまでも普通の人間がタイムスリップしたという設定のはずです。
修行をして武や仙術を極めたとしても人間である以上限界があるはずなのです。
もし私が考えてる以上の力が志狼にあるとしたら逆に今小競り合いしてるのが
おかしいのですよ。敵陣に単騎駆けで簡単に将の首が取れるはずです。
どうしても殺したくないのであれば拉致するのも余裕でしょう。
この漫画には矛盾が多すぎるのですよ。

133 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 21:22:37 ID:Vi7EvbIj0
>>116
たぶん、二人いる仙人の二択

134 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 21:53:47 ID:p8WefXzb0
歴史IFモノとしてこの漫画を読んでいる人がいたことに驚きを隠せない

135 :作者の都合により名無しです:2009/10/07(水) 22:32:07 ID:5bLD8dl00
>>134
つまりギャグ漫画だと言いたいのですね。分かります
そういう側面があるのは事実ですしw
それならそれでもう少しギャグに力を入れてくれないと分かりにくいのですよw


136 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 00:53:43 ID:kF/THWjO0
歴史? ギャグ? いえいえアゴです

137 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 02:05:31 ID:p6DXpOTz0
>>132
確かにあなたの言いたい事はよく分かります。
しかし山原義人さんはどうすれば龍狼伝が一冊でも多く売れて儲けが出るか、
それを考えざるを得ない。
すると出来るだけ引き伸ばしてたくさん買わそうと持って行く思考に陥るのは
避けがたい流れではないでしょうか?
何トロトロやってんだよと思ってるのはあなたや私だけではないはず・・・。

138 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 08:06:15 ID:Bf8zHeDb0
ID:5bLD8dl00
は歴史if物っていうわりに敵の雑魚が雑魚って事を無視してるような
ろくに教育受けてない雑兵がこうしたら勝てるとか理論的な事判るわけないって

こういうのにリアリティ求めて突っ込んだら負け

139 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 08:10:44 ID:NOn2xI2A0
率直な疑問ですが、仲達は歴史上に実在する人物であるにもかかわらず志狼の宿敵とされるのはなぜでしょうか。

140 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 09:28:18 ID:Z3rajcP3O
名前は仲達だけど中身が本物と入れ替わっていると思われる
本物は赤壁で死んだと思われる

141 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 12:07:38 ID:YuI5zaEg0
なんとなく分かってきた。三国志の世界だと思うから違和感があるんだな。
実はタイムスリップでは無く、同人誌かなんかの三流小説の世界に入り込んだと
考えれば変だけど納得はいくw
そしてその世界にいる人は人間に見えるけど実は人外で主人公もその中にいる間は
無限の力が手に入ると・・本当に三流だなw

142 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 15:46:48 ID:6SnGKbz30
>>141
有名月刊誌で長期に渡って連載し、単行本もそこそこ売れている
だから三流でないんだよ
だからといって一流でもない・・・それが龍狼伝

143 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 16:50:44 ID:/2IwSUTF0
>三国志の世界だと思うから違和感
多分これは、三国志物で有名なのでも実際の歴史と比べたらおかしな点は有ると思うけど・・・

144 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 17:36:33 ID:DPRZI8wo0
馬超の愛馬・千山。
馬超は一度も馬の名前を言っていないのにも関わらず
何故か預かり主の志狼は名前を知っている。


145 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 18:13:48 ID:XN0ULL04O
そもそも三国志の原典が信憑性に乏しいしな
演義はもちろん正史ですらな

146 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 19:24:34 ID:E7Y09XEJ0
龍狼伝は素晴らしい
龍狼伝は面白い
龍狼伝は格好いい


147 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 19:29:22 ID:YuI5zaEg0
>>144
超能力ですねw
>>145
白髪三千丈のお国ですからねぇ。嘘大袈裟なのは仕様ですw
ですがその時代の日本を考えれば判りますが邪馬台国の時代に
この膨大な書物が残ってるだけでも奇跡ですよ。
陳寿だって黄巾の乱とか実際に見たわけではないですし、全部把握してるわけでもないでしょう。
あくまでも残っていた記録と口伝を編纂し書にしたためただけでしょう。
それでも記録に残っているのは人間の軌跡ですよ。

148 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 21:03:32 ID:7VR0MQve0
>>144
預り主は千山の名前を知っているのに、作者はその存在をすっかり忘れてる

149 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 21:04:53 ID:QTcMV1GH0
一番おかしいのは虚空の設定。
なんで武神ってことがいつまにか知れ渡ってるの?
仲達が「ここで我らの力が知れるのはまずい」って言ってたでしょ?

150 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 22:23:15 ID:z90Qyvrs0
志浪は敵兵を殺したくない→その手法・行動制限の影響でかえって見方の兵が惨殺されまくりの現状
これおかしいだろ…
どっちも生かす事出来ないなら見方の兵が死なないよう動けよ


151 :作者の都合により名無しです:2009/10/08(木) 23:12:36 ID:JzXR1Eim0
まるでキラヤマトだな

152 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 00:41:38 ID:wz/ReSPbO
自分の手を汚したくないんだろ
仲間が死んでも自分の手を使ってないならおk

153 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 02:33:48 ID:EG+ISt630
>>139
後半になると有名な人物になるけど、あの時点では先祖の威光以外無名人だったから
では無いかと?後、一応子孫が簒奪者だし
>>152
結果的に死ぬ事は何とか容認出来るけど、最初から殺す気でとかせめて一刀で葬るのが
慈悲とは全く考えてないんだよねえw

154 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 03:13:55 ID:REDU/09A0
>>149
地方で武神として知れ渡っているにも関わらず、
人材マニアの曹操は勿論、その側近の誰一人として
武神=虚空の存在を知らないのが笑えるw

155 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 03:35:24 ID:REDU/09A0
>>139
仲達は悪者として扱われる事がしばしある。
例:ファミコンゲーム『天地を喰らうT・U』

おまけに知略に関しても後の魏においてはNo.1だし、
一番悪者として仕立て易かったのだろう。


>>150
>どっちも生かす事出来ないなら見方の兵が死なないよう動けよ
るろうに剣心において、主人公の緋村剣心は「殺さず」を貫いて、
自分の目に映る人を守れれば良い、人を殺める人切りとしての力は要らない
と言っているが、仲間を簡単に敵に拉致られたり、傷つけられてる事があり、
ライバルの元新撰組の斎藤一に「今のお前は(殺さずを貫く)流浪人すら失格だよ」
と罵倒されている。
現在の志狼も、まさにこの状況。

156 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 04:33:12 ID:PoN6YBu40
だがこちらにはそれを言ってくれるキャラがいないわけで

157 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 04:38:12 ID:uK85QizB0
敵兵の命ばっかりおもんばかって本末転倒な志浪は
同じタイムトリッパー軍師ながら人的損傷を第一に考えて動く九峪様の爪の垢でも煎じて飲ませなアカンな


158 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 06:30:30 ID:OpL8NYJCO
>>144
念体で繋がったときにわかっちゃったとか。

159 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 09:04:59 ID:EiDNtC9E0
たしかに
間に合わなくなったり、間に合わなくなりかけてからやっと本気を出すってパターンが
いつまでも成長しないというか繰り返しすぎる

160 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 12:37:24 ID:xmh+Z1FA0
>>159
メンタル面での成長、というか学習能力のなさをカバーするために
武術面で超インフレな成長を見せてるんだよ

161 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 14:28:05 ID:REDU/09A0
志狼は初心(モンランの死)を忘れている。

162 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 15:30:41 ID:yobq/Cue0
何で念体って禁止されてるの?

163 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 15:56:03 ID:REDU/09A0
>>162
邪気を持つ相手に使うと、その邪気を念体がそれを吸収して
念体を通じて志狼の体に入り込み、破凰に支配されてしまうから。


164 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 19:16:47 ID:P3VJErFq0
破鳳って何?フォースの暗黒面?ダースベーダーな感じになるのか?

165 :作者の都合により名無しです:2009/10/09(金) 22:49:26 ID:9pHT2we20
蓮花が戦ヴァルのロージーに似ていると思うのはおれだけだろうか

166 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 00:10:09 ID:/rtfARar0
>>164
コミックス嫁

167 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 01:31:29 ID:GIYl5ohd0
最近 孔明さん影薄いねぇ〜


168 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 02:00:09 ID:EvlQW+NB0
影も見当たらないんだが

169 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 02:15:12 ID:/rtfARar0
三国志ものだったら、ほとんどが孔明を活躍させるのだが
ここまで孔明が何もしない・出て来ないただの脇役ってのも珍しいよねw

170 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 03:19:37 ID:Q4Xb5ghfO
軍師役で主人公と被っちゃってたからなw

171 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 04:46:46 ID:oyGZML2O0
>>167
徐州しか治めてない現状じゃ、才能の揮い様が無いんじゃない?
劉備は現状帝に臣従してるし、名君だから反乱も置き辛いだろうし
荒れてるのはそれこそ呉と荊州付近ぐらいじゃないの?w

172 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 08:00:53 ID:/rtfARar0
>>171
許都の宮中に居る帝も大荒れだぞ(ある意味)w

173 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 12:25:01 ID:1n+OilF20
>>166
それじゃコミックスの何巻を読めば書いてあるかだけ教えてくれ。
立ち読みで済ますからw

174 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 12:59:34 ID:ki2ZFXx00
何こいつ?

175 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 13:36:27 ID:1n+OilF20
いや本気で分からないから聞いてるんだよ。
wikiにも龍狼伝扱ってるブログにも書いてないし
せいぜい中国の混乱と破滅を望むとかしか書いてない。
それによってどんな力を得、どんな影響を与えるか、どんな性格になるのか
それになったら回復できないのか、天運が破凰になるならその逆はあるのか??
とかね。
つーかまだ判明してないのならそう書いてくれ。

176 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 16:07:53 ID:/rtfARar0
随分偉そうだな。
文句はちゃんと全巻読んでから良ったら?

177 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 16:19:43 ID:baAKIw9G0
>>176
まぁここは感想スレだから
感想に偉そうとか意味がないわな


178 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 16:30:25 ID:ki2ZFXx00
>>177
「感想」の意味を辞書で引け
話しはそれからだ

179 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 16:40:15 ID:tGb+Nl2aO
え〜と、英語でDRYかな

180 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 16:50:54 ID:uX16kASVO
>>178
水分がなくなること。

181 :作者の都合により名無しです:2009/10/10(土) 21:41:26 ID:/rtfARar0
今月のは志狼が珍しく横文字使ってたね。
重圧をプレッシャーって。

182 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 07:53:42 ID:vhcL+N820
虚空を倒したときは大量の曹軍の仙氣が流れ込んでいたから、発頸が効いたわけなのか。

やはり山原はすごい。きちんと考えてある。

183 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 09:02:13 ID:1N90rCr40
内気を極めた宗楼はどう説明すんだよ!張飛以上の剛体の呼厨泉は!
甘寧も同じようにやればいいだけだろっ!

184 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 10:06:11 ID:xsvnp83e0
山原はきちんと考えているのかわからなくなってきたら、これを見るべし。

于禁の変貌
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/44464


185 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 12:00:17 ID:U3lLZo2e0
>>182
大量の曹軍の仙氣を取り込んだ四朗の動きが読めなくなり発頸を避けることができなかったからだったよな


186 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 12:37:29 ID:BsSSmzde0
虚空衆は全員が雲体風身ぐらい身につけてそう

虚空衆>>陰兵>竜騎兵>虎豹騎

187 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 12:48:13 ID:OEH07teo0
A 青龍の巨猿兵
B 元武の悪鬼兵
C 虚空衆
D 龍騎兵 炎武の山越兵 享の隠兵
E 虎豹騎
F 匈奴の騎兵

Z 一般兵

これくらいの差があるからな
そこらの雑兵とかは志狼1人に数百人まとめて倒されるレベル

188 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 16:18:37 ID:qlFZHGAd0
今の竜騎兵って夏侯惇が鍛えて育てた兵隊だったけど、
長坂で阿斗を抱いて曹軍を駆け抜けた趙雲の前に立ちはだかるも、あっさり
秒殺された鐘紳・鐘縉兄弟も、夏侯惇が目をかけたと言うが、実力は竜騎兵以下。

189 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 17:29:41 ID:f5t40CzYO
>>187
AとB、逆だろう

190 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 17:42:07 ID:dii+lD930
宗楼だけは別格だわな
虚空に匹敵とか虚空以上とまで言われてるし

191 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 21:45:26 ID:+k4uXwJX0
>>185
それもあるが、大量の氣が流れ込んでいたせいで、甘寧みたくはじき返せなかったってこともあるだろ。

192 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 22:14:32 ID:G2is/cDH0
1 発剄打撃(通常打よりは強い)
2 仙気発剄(決め技)
3 真仙気発剄(浸透剄の極技・殺し技)

いちおう3段階あるからな。
いつもみたく出し惜しみで甘寧にはまだ3を使ってない気もする。

193 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 22:27:11 ID:H7aQoaZ+0
>>188
鐘紳・鐘縉兄弟は目をかけただけで特別鍛えたわけではなさそう

194 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 22:50:48 ID:K7RVoA8AO
キョウシキの軍隊作ればいいのに
仙術がデフォルトになったからキョウシキなんて雑魚なのかな

195 :作者の都合により名無しです:2009/10/11(日) 23:38:55 ID:XenWKvPxO
>>194
呪符の大量生産が難しいんじゃね?


196 :作者の都合により名無しです:2009/10/12(月) 00:19:28 ID:cpeYNPnB0
あくまで死体だから、使用期限もあるんじゃない?


197 :作者の都合により名無しです:2009/10/12(月) 00:23:37 ID:DZaOwHncO
っていうかキョウシキのこと忘れてるんじゃないかな

198 :作者の都合により名無しです:2009/10/12(月) 01:37:08 ID:RoCBbvrO0
>>190
虚空も「仲達以上」とか言われてたけどなw

199 :作者の都合により名無しです:2009/10/12(月) 07:08:04 ID:JLjrMmnl0
虚空は武術だけなら仲達より上みたいやね。
まともにこみかみに受けてたし。

ただ、張飛と関羽が2人がかりでも適わないとは思えん。

200 :作者の都合により名無しです:2009/10/12(月) 10:55:13 ID:iq2KnxhaO
中国大陸情勢は全体的にマターリしているよな。
呉に中国全体を見透す戦略眼の持ち合わせがないのはリアル?

201 :作者の都合により名無しです:2009/10/12(月) 11:36:50 ID:lWAVEW8R0
他の地域に行けばガンダーラとかオリンポスとかが覇権を争ってるよ
もちろん神の子や天の子も降臨してます
どこの国も大変なんですよ

202 :作者の都合により名無しです:2009/10/13(火) 00:17:31 ID:xvo9HXP80
>>186
> 虚空衆>>陰兵>竜騎兵>虎豹騎
竜騎兵=虎豹騎じゃない?
竜騎兵はもともと虎豹騎だったはず。

203 :作者の都合により名無しです:2009/10/13(火) 02:54:46 ID:EamcGcRrO
>>200
今やり合ってるカンネイは持ってるはずだが
ただの筋肉馬鹿になってるな

204 :作者の都合により名無しです:2009/10/13(火) 18:19:55 ID:cKPwadxU0
テンゲルってもう出てこなさそうな匂いがする

205 :作者の都合により名無しです:2009/10/13(火) 21:03:31 ID:CDhCuofN0
>>204
いや、最後の戦いで「我々も助けに来たぞ!」とか言って
摩牟らと匈奴の兵隊引き連れて出て来そう。
どうせラストの方は、仲達目掛けて総攻撃みたいな格好になると思うし。

206 :作者の都合により名無しです:2009/10/13(火) 21:39:06 ID:sa0Fcd92O
>>205
総攻撃の場面で"山原先生の次回作に期待…"とかで幕引きですね。

207 :作者の都合により名無しです:2009/10/13(火) 22:13:18 ID:hRwG16P20
>>204
  .-、  _
  ヽ、メ、〉      r〜〜ー-、__      ________________
  ∠イ\)      ムヘ._     ノ      |
   ⊥_      ┣=レヘ、_ 了     | え−−い、テンゲルはいいっ!
-‐''「 _  ̄`' ┐  ム  _..-┴へ   <
  | |r、  ̄ ̄`l Uヽ レ⌒',    ヽ.   | トムブハを出せっ! トムブハの戦い振りをっ!!
  (三  |`iー、  | ト、_ソ   }     ヽ   |
  | |`'ー、_ `'ー-‐'    .イ      `、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |   `ー、    ∠.-ヽ      ',
__l___l____ l`lー‐'´____l.       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  .|      |
               ||  |__.. -‐イ
               ||   |    ノ/

208 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 01:30:14 ID:q90jLSr30
志狼って何度も大幅なレベルアップしてるはずなのになんでポッと出の敵に苦戦ばっかしてんの?
摩牟に剣すら刺せないハンの武力に驚いたり
序盤で虎豹騎の大群瞬殺してたくせに龍騎兵初陣の籠城では名もなき雑魚兵士たちに道塞がれて狼狽えたり

有名武将と出会ったとき毎度のように「あの武は五虎神に匹敵するぞ」とか言うけど
んじゃ無敵の闘仙術(笑)を習得してやっとこさ黄尸虎を倒した志狼はなんなんだよ

209 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 01:49:18 ID:/jzDiGPq0
いくら有名武将たちに天賦の才とやらがあるにしても
あれだけの荒行積んだシロウが毎度冷や汗かいてるの見ると
仙人どんだけ弱いのって言いたくもなるよねw

210 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 02:05:45 ID:KC4JZL9p0
>>208
長沙は仲達率いる虎豹騎500であっさり落城したけど、
黄忠と魏延の居ない長沙なら黄尸虎1人で十分だろうな。
震雷で城門ブチ破るしw
ぶっちゃけ刃物が通じない摩牟1人でも十分過ぎる。
パワーバランスが滅茶苦茶になってるせいなんだよね。

211 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 06:57:59 ID:mYIXXx4h0
虎豹騎500〜1000を倒した暴走志狼より、甘寧が強いのか?

いい加減にしろ山原! 第一、うきんを以前に出していたことも忘れていたほどだしなww

http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/44464  参照

212 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 08:16:53 ID:6epBQc8R0
斧はめんどくせえ

213 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 08:32:11 ID:b70tee3r0
虎豹騎で作られた僵尸鬼の群れ相手に毒で死にかかった状態でも
無双できる摩牟(しかも、僵尸鬼の弱点を知らないw)なら志狼とも余裕で戦えるはずだ

そもそも
死にかけ摩牟の遠当て>>>越えられない壁>>>甘寧の遠当て
だから困るw

>>209
摩牟は仙人が作った仙術武具を生身で弾いたりしてたからなw

214 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 09:37:39 ID:KC4JZL9p0
>>213
万全の状態の摩牟と青龍は戦わせて見たいところだw
呼廚泉は一方的にやられて手も足も出せなかったが、
摩牟なら手傷くらい負わせられるだろう。
ましてや彼にかかれば甘寧なんて赤子同然だろw
呼廚泉ですら手刀で虎豹騎の体を貫いたりするし、
虎豹騎が束になってかかっても話になってなかったのだから、
摩牟ならば尚更だ。

215 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 12:25:13 ID:RIR9mY++0
>>208
そこそこの強さの「驚き役」(相手の強さの説明役)みたいなポジションのキャラを定めてないから
毎回シロウが驚く役になっちゃってるんだよね

レンファなんかは驚き役になることも多いけど弱すぎて名も無き雑兵にしか勝てないから
名前がある武将が相手だとどれも実力差がありすぎて強さを計る役すら出来なかったりするしw
その点ウォゼンは程よく強くていい強さのバロメーターになってくれるかと思ってたけど
フンヌ終わって正式に仲間になったかと思ったら別行動になってしまった

アイリンとか豹とか非戦闘員の仲間ばっかり増えてまともな戦力が少なすぎるから
いつまでたってもシロウが新手に驚かされるんだと思う
だからウォゼンと呂烈には期待している

216 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 13:01:02 ID:McES44XP0
>>210
城を落とすだけなら、黄ひとりで十分だけど
城を落としたことを気付かせないって条件になると、黄ひとりだと逃げる雑兵追うのが大変

217 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 13:08:03 ID:f53E35xf0
レンファの役立たずっぷりは異常
ますみちゃんとかいらねーからさっさとレンファとヤっちまえよ

218 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 15:00:12 ID:nLOPZr/p0
この漫画はSな女が多いから良い
気丈な女兵士的な・・
テンゲルの「私と子作りしないか?」発言はまじえろかった
ああいうびっちぶりはいい

219 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 22:34:47 ID:9AN66Ftm0
五虎神に匹敵する武将が多すぎて五虎神って名前が恥ずかしい

220 :作者の都合により名無しです:2009/10/14(水) 22:49:25 ID:tsHPMu5/0
馬超にびびってた過去は消せんよ赤飛虎さんに、ライに子供扱いされた?黒障虎さんだからな。

221 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 01:07:37 ID:PJQlOASl0
だって、「聖戦に燃ゆる冒頓」さえ五虎神に匹敵するそうだからな。

この時点でのハンは仙術・雲体風身とも未修得だったはずだよなw

222 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 01:28:48 ID:r6stztTH0
そういやユウキの死亡orレンファと脱落フラグはそろそろ回収されそう。
今一応ピンチだし、ユウキがここは任せろ先に行けをするチャンスだ。

くそつまらんけど

223 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 02:18:57 ID:0CEEwXDFO
五虎神が六人いる時点で恥ずかしいよ

224 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 02:41:24 ID:1YGIA7oK0
五虎神に肉便器が居る時点で恥ずかしい

225 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 02:50:00 ID:A7sZOB5V0
>>221
信仰と気合は凄いって事だ

幻術担当 赤
薬物担当 白
虎豹騎寝返り担当 黒
で三人は戦闘部門じゃないのに一括りにしてるからな

226 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 07:36:25 ID:/VBcxEIf0
>>221
五虎神でも黒と黄の間の武力だけでも相当開きがあると思うし
黒に匹敵程度なら大した事ないような


227 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 07:38:41 ID:iTsVLDUmO
>>223
虚空は五虎神じゃないぞ

228 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 08:45:56 ID:0CEEwXDFO
最初は五虎神最強とか言われてたけど五虎神卒業したのかな
そもそも最初は青龍は志狼とも仲達とも関係ない第3勢力のような描き方だったのに

229 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 17:43:37 ID:IKKxTq140
かんねい 対 ちょうりょう が見たかった・・
そこまで行かなくても、もう少しちょうりょうの活躍が見たかったのに
足痛いから走れないとか・・
ちょうりょうは出る度に弱体化していくな

230 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 19:55:48 ID:1YGIA7oK0
それより、そろそろ同じ魏の五大将の一人である徐晃をちゃんと戦わせようぜw
張遼に匹敵するくらいの武力は持ってるんだし。
徐晃の名前は伊達じゃないはずだろ。

231 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 20:47:12 ID:4UfL9KNW0
もう連載何年だ?

俺さ・・・・









年、とっちまったんだけど・・・・・・・・






232 :作者の都合により名無しです:2009/10/15(木) 22:07:43 ID:IKKxTq140
はっ気がついたら俺しろうより年上じゃん!


233 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 01:15:39 ID:KSoAfQO20
甘いな

あと20年は続くだろ

おまえらも俺もその頃はいくつかな

234 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 04:32:08 ID:TWZx2gTh0
多分、俺は死んでるな

235 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 07:36:34 ID:xeZ6nZW3O
>>233
二十歳と492ヶ月くらい

236 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 09:09:28 ID:xh7lRsUP0
今後の竜騎兵はどうなるのか。
全滅フラグ?

237 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 12:11:54 ID:2yqEgk0u0
シローは今何歳なんだろ

238 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 14:20:13 ID:lFbx/lH/0
最初、207年に新野に堕ちた時に中3で15歳、
中原繚乱編では冒頭に210年とあるので、現在18歳。

239 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 15:18:53 ID:KSoAfQO20
読者と山原は16年も年を食ってるけどな・・・

この先、何十年続くんだか・・・

240 :作者の都合により名無しです:2009/10/16(金) 19:58:45 ID:lFbx/lH/0
山原さんの奥さんが作って出してくれるカレーが
かなり美味いそうだが、食べてみたいな。

241 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 00:42:49 ID:mv2R9e+90
だな。

242 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 04:12:40 ID:ywXfRLPr0
たまにポテチ食いてーとか、ビッグマック食いたいとか、うまい棒ナツカシスとか
思うのかね?志狼は
あと禁欲生活が長そうだけど、思春期のアレとしてはどうなんだろうね?w

243 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 05:31:29 ID:inSpuzvD0
大変だ! ティッシュがないぞ

244 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 06:45:41 ID:+UZwwagnO
あの時代にティッシュなんてねーよw

245 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 06:58:04 ID:npVmsjFB0
>>244
・・・・

246 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 14:39:10 ID:+Zcy+Kwk0
>>242
元の時代の食べ物が恋しくなるだろうね。
現代っ子ならラーメン・カレーにハンバーグが食べたくなるだろうさ。
思春期のアレで、あっちの方の処理は、何処かで隠れてコッソリ処理してるんじゃない?w
当然ティッシュなんてないから、手ぬぐいとかを代用して、終わったらコッソリ
自分で洗いに行ってるんじゃないかな。
エロ本もAVも無いから、身近な蓮花とか月英でもおかずにしてると思う。
でも蓮花って、志狼にくっ付いて居たがるから、意外と処理中にうっかり部屋に入って来そうw

あの当時は、ウンコしても拭く紙無かったので、木のヘラだったって言うからな。
痛そうだし、絶対に綺麗に拭けないだろうから、かなり拭き残しが凄そう。
特に毛深いとかで尻毛が濃い人だったら、かなりこびり付いてそう。

247 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 14:50:30 ID:pf89qno0O
行水くらいするだろう。
攻められる直前まで風呂に入っていたじゃないか。


248 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 14:56:11 ID:BEWcjvl90
筋肉とかコントロールできるんだから、性欲も自分で快感を高めて処理できそう

249 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 15:39:24 ID:npVmsjFB0
ますみの方は、まだ貫通は1回だけだから痛みしか感じずに終わってそのままだろうな


250 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 19:11:50 ID:+Zcy+Kwk0
いや、あらかじめ志狼が痛覚を無くすツボを押したかもしれんぞw

251 :作者の都合により名無しです:2009/10/17(土) 22:41:29 ID:35dKSujI0
>>230
むしろ徐光は関羽に匹敵するはずだが、この漫画じゃありえねーな
というか三国志漫画の徐光はみんな弱いが(蒼天ですら)…

252 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 00:07:00 ID:2VdR2FGZ0
かこうとんも絶妙に弱いぞ
ちょううんが3分の1の力で相手してたのに、目にもとまらぬヤリさばきとか…
あの弱さは駄目だろ

253 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 00:23:14 ID:b20CUF7m0
夏侯淵が出て来ないな。
馬騰と馬超が都に来てるが、龐徳は一緒に来なかったのだろうか。

254 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 01:48:22 ID:F+iCw8+60
ホウ徳って馬超より強いかもしれない

255 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 03:09:56 ID:b20CUF7m0
多分ね。
実績も馬超より遥かに上だし。

256 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 07:57:26 ID:5bay3/O10
>>252

大丈夫↓のうきん同様相当補正されて再登場するぞ。

http://gyaraen.hp.infoseek.co.jp/stored/up2315.jpg

どこをどうすれば同一人物でここまで変わるんだ?

257 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 08:48:23 ID:SAXF5TwK0
夏候○っていう名前の一族ってかなりたくさんいなかったっけ
三国志くわしくないけど

258 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 09:52:09 ID:8kIL9NM4O
許猪>曹操>張コウ>楽進>張遼>徐晃>夏侯淳

この漫画ではこんな感じか?

関羽や甘寧より遥かに弱い描写だな。どうやって中原制覇したんだ…

259 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 11:21:22 ID:QmLEHbAG0
>>256
それを言うならシローやますみも初期とはまったくの別人だw

260 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 12:18:37 ID:XP1OQqsx0
シローやますみは面影が残ってるが、>>256は完全に山原の痴呆だww

261 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 13:39:03 ID:V2YSla5jO
>>260
ああ、眉間のほくろとか、ほくろとか、ほくろとか…

262 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 15:02:14 ID:2VdR2FGZ0
どっちのうきんも好きだぜ
個人的には最初の方が何となくうきんっぽくていいが

263 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 15:08:51 ID:grejc2xP0
>>258
この漫画は急にキャラクターが強くなったり
弱くなったりするからわからんぞ

虎豹騎相手に無双状態だった張遼が足の怪我で雑魚になってしまったり、
明らかにモモウよりも雑魚な甘寧が、俺の武は完璧だ(笑)みたいな
痛いことを言ってると思ったら、マジに強くなってたりとか

264 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 15:31:04 ID:4wiRmJO80
甘寧の発剄カウンターも相手の発気に合わせて内気を放出するわけだから
虚空とやったときみたくタイミング外して撃てばいいのにな

265 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 16:06:00 ID:1pWqi4/M0
虚空も曹軍の氣が流れ込んでいないデフォルト志狼の発剄だったら、はじき返せてた
のかね?

266 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 16:20:18 ID:4wiRmJO80
どうだろなあ、仙気の収束の間を感じ取るって言ってたからな
威力も重要だがそれ以上にタイミングの問題じゃないか
ウォゼンがモモウに対したときも「どんな剛体でも内部に効く仙気発剄なら〜」みたいな描写してたと思う

267 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 18:59:49 ID:F+iCw8+60
雑魚顔の闘仙の方が虚空より強かったし

268 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 21:11:37 ID:1pWqi4/M0
そういや、シュアンが大地とつながれば仙氣は無限になるとかいってったっけ?

なんで忘れちまってんの?



269 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 22:06:58 ID:DVBN2iJm0
>>256
昔「ついでにとんちんかん」という漫画でごんべえの親父の顔がものすごい変化をしたのを思い出した

270 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 22:29:52 ID:zZyg/KiT0
素手で空破山だせんだから衝破山でもあみだして甘寧瞬殺しろっての。

271 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 22:31:18 ID:JLnQ2KFT0
呂布が最強?


272 :作者の都合により名無しです:2009/10/18(日) 22:34:38 ID:3A3/b5yL0
呂布ぐらいになると、吐息が空破山になりそうだ

273 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 04:22:10 ID:HxJa8E0d0
でも、偽仲達にすら呂布ごときとか言われちゃってるのが現実w

274 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 04:44:20 ID:1PRqzbCm0
>>270
原理的には出来るだろうね。
ただ作者が衝破斬の存在を忘れてる気がするw
何も空破斬でアウトレンジ攻撃狙わんでも
接近戦に持ち込んで衝破斬使えば良いのにと思う。

275 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 07:22:03 ID:bviZXcx50
というか接近出来たなら眼でも何でも突けばいんじゃねーの?
殺さなくてすむし虚空レベルならともかく、大抵の人間じゃ視力失った
時点で戦闘力格段に落ちるだろうし

276 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 08:45:26 ID:1PRqzbCm0
雑兵相手ならまだしも、武術に優れた相手に対して眼つぶしなんて通じないよ。


277 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 11:00:50 ID:nMg3scTH0
もうタイマン格闘はいらないんだよ。どうでもいい。
なんでどいつもこいつもタイマンしたがるんだよ。馬鹿?
頭使え。策をめぐらせ。罠に嵌めろ。

278 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 15:05:17 ID:3bjhHuBkO
主人公のパワーアップに合わせて歴史上の人物強くするとえらい事になるから
何か一つ弱点的な穴作ってこ突いて
適度にピンチっぽくなった所で(志狼)ゴオオ(敵)うわああ
ってパターン化してるな

279 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 21:25:09 ID:eIx97xqN0
超反響の張飛だけど、
いくら何でも五人も瞬時に斬り殺せないだろう
ていうかあのじゃぼこが凄いわ
普通人間一人切ったら刃こぼれとかで切れ味悪くなりそうだと思うんだが、どう思う?

280 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 21:53:15 ID:38cj08IS0
こちゅうせん は虎豹騎4人が乗った台車を持ち上げたぞwww
一人70キロでも280キロ+台車(100キロぐらい?)で400キロ以上かよ。

281 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 22:05:11 ID:UErgH9k20
盛り上げたいのは分かるがage自演のしすぎは逆効果だ

282 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 23:03:36 ID:1PRqzbCm0
>>280
志狼だって荷物満載の荷駄車持ち上げてたくらいだから
呼廚泉のあれなかは余裕だ。

283 :作者の都合により名無しです:2009/10/19(月) 23:31:29 ID:wwiYswBxO
85 32 **9,796 *,100,147 *3 *18 龍狼伝 中原繚乱編 6

最近の牛歩展開でこれだけ売れることに納得出来るか?

284 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 00:23:01 ID:pK1Nw7kR0
>>283
俺は、もう中古で十分だけどな。
少し待てばBOOKOFFで売られるようになるだろ。

285 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 01:48:44 ID:+o6Gy9d90
>>279
瞬殺された王エンも同じようなことをしてたけど
志狼にあっさり武器を折られてたぞw

286 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 03:08:12 ID:/myxi3Cx0
関羽と対等っていうと呂布、張飛、紀霊、黄忠、ホウ徳、徐晃

287 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 04:26:30 ID:53r+JmcA0
最強と言えば、いつでも龍を呼べると豪語するますみが最強だろw
龍狼伝の場合はいつでも都合よく、パワーバランスをリセットするところがあまりにも適当

288 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 04:44:35 ID:i9WyhIVh0
は?

289 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 09:15:06 ID:SCQgvcpaO
>>287
呼んだところでどうだと小一時間

290 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 10:32:55 ID:Lzo/S4T+0
張飛一生の不覚は長坂波で暴走した志狼に蛇矛をあしらわれた際「本気で投げた俺様の蛇矛を〜」
と言ってしまった事。
まぁ今後再登場したら物凄く強くなってて「これは長坂波の時の比じゃない・・・っ!」とか言われるんだろうがw

291 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 10:42:41 ID:aC93VhiA0
多分張飛は投げるのは苦手なんだろ。


292 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 10:47:14 ID:vjzNREEHO
肩壊してバッターに転向したんだな
わかるぜ

293 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 12:19:42 ID:gEn7dMsh0
バリバリの強化系だろうしな

294 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 17:35:17 ID:oBmDZoyS0
>>290
そしてもう一つの不覚が齢15のますみに飲み比べで完敗した事

295 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 18:00:35 ID:aC93VhiA0
それは酒飲んだせいで死んだんだからそれを暗示する意味でいいんじゃない?

296 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 18:19:15 ID:oBmDZoyS0
?


297 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 20:12:27 ID:S9++zAly0
襄陽の戦いは呉の本軍を侵入させなきゃいいんだろ?
だったら、空破山なり発剄なりで西の城門に続く堀橋を落とせば楽勝だと思うのだが。

298 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 20:31:50 ID:dNMtbz4M0
>297
それやっちゃうと、呼厨泉が操られて志狼と戦った時と同じになっちゃうべ
城門の橋を徒手空破山で落としたのと同じだから

299 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 21:27:48 ID:x9i+XZxV0
>>279
タイムワープする龍やフェンリルが出てくるような世界で、武器が刃こぼれしないのは別に不思議じゃないだろ
そもそも後漢に蛇矛なんて存在しないし

300 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 22:39:24 ID:oBmDZoyS0
>>299
いや、実は青龍堰月刀と蛇矛は仙術武具の一種だったとかw

301 :作者の都合により名無しです:2009/10/20(火) 22:51:31 ID:S9++zAly0
>>298
橋を壊すの前提でのお話し。
ここでの呼厨泉(甘寧)は殺しても構わないし、志狼は堀を泳いで東門から逃げ帰ってもいいと思う。
甘寧が猛将といえど襄陽の兵力には敵わないだろうし。

本軍が荷台をつないで橋にするにしても、相手が匈奴の城みたいに貧相な堀ではないからまず無理かと。
そもそも機動力重視の作戦でそんな悠長なことしている暇も無いわけで。

302 :作者の都合により名無しです:2009/10/21(水) 00:49:01 ID:hZeAGPOZ0
隠兵って強いのかねえ・・・亨はなんか自信満々だけど。
サンエツと変わらんレベルみたいなんだが。いまんとこ、集団戦と隠密系の訓練受けてる雑魚集団にしか見えない。
竜騎兵がきたら亨残して全滅ありそう。ランはレンファ以下っぽいし
昔、長反橋を虚空が棍で突っついて橋崩壊させたの志浪もつかえないかな?奴らレベルなら以外と小技っぽいしw

303 :作者の都合により名無しです:2009/10/21(水) 01:09:29 ID:mW/vZQDh0
隠兵の一部には越の人間が呉に庇護を求めた亡命者がいる。
越の龐統探しの時に出てきた隠兵は越人だったし。
実力的には曹仁の影兵より若干弱いと思う。
ただ隠密性が影兵より優れているだけだろうさ。
影兵はすぐ志狼に発見されたけど、隠兵は今の所
志狼には見つかった事なかったし。

304 :作者の都合により名無しです:2009/10/21(水) 19:26:39 ID:JGKwDnge0
強さ補正といえば曹仁さんのパワーアップもすげえ。

キョウシキの虎豹騎を倒すなんて・・・。

305 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 04:02:57 ID:wERPJrt/0
志狼に奇襲成功した莉莉が最強

306 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 04:19:25 ID:vvrsR0DC0
しろうはどSなのか
れんひめやラン、女性にやたら厳しい
将来亭主関白になりそうだな

307 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 06:48:02 ID:HUvYBHdhO
>>304
そういえばそうですね。
張遼は存在を知らなかったとはいえ一般兵の疆尸鬼にも負けてたよな?

308 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 08:33:20 ID:xP9qr0mQ0
>>304>307
つまり、こういうことか

張遼<僵尸鬼<僵尸鬼(虎豹騎)<曹仁<影壱(武術ではわしより上と曹仁が評価)<グルハ(影壱を瞬殺)

やべぇ、影壱とグルハが地味に強すぎるw

309 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 11:59:23 ID:aQxdSUdf0
キョウシキの弱点がばれたからじゃね?
量産型は質が落ちるとか。

310 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 12:22:42 ID:ibLLYCYE0
多分こう言う事なんじゃないか?
僵尸鬼には2タイプある。
一つは、符心臓を持つタイプ
もう一つは、符心臓を持たないタイプ(量産型)
ちゃんと符心臓を持つタイプの方が強いんじゃないかと。

311 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 12:44:21 ID:VF0szZpJ0
僵尸鬼は元の兵士の強さに左右されるんだろ、初期は虎豹騎より強い奴等を選んで作ってた

312 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 15:18:56 ID:ibLLYCYE0
>>306
ドSの仁姫には厳しいが、姫と同じ様な性質だがツンデレの蓮花には
あまり厳しい事も言わないし、逆に好き放題殴らせてるし、
すっかり尻に敷かれてるよw

313 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 21:11:03 ID:pyyMdgCj0
僵尸鬼でもしゃべれるやつがいたよな、そういや。

あれは抜き取った心臓を持って操られているタイプか。
こっちは怪力だけど、量産型は単に不死身なだけ?

314 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 23:43:57 ID:xP9qr0mQ0
しゃべっていたのは白冥虎が符心臓を持っていた奴と偽仲達だな
そもそも、白冥虎の僵尸鬼って心臓だけが入れ替わっていて
基本的に肉体は人間のはずだよな

それに対して青龍が黄尸虎の配下を殺害するために放った僵尸鬼は
突然地面から生えてきたよな
白冥虎の僵尸鬼とは違う感じがする

315 :作者の都合により名無しです:2009/10/22(木) 23:51:38 ID:ibLLYCYE0
この二つの違いは、
・白冥虎は符心臓と元の心臓を介した物理的にコントロール
・青龍の場合は、念?による直接的なリモートコントロール
って所じゃないかな。
PCで言う所のLANのケーブルありとワイヤレスの違いみたいな。

316 :作者の都合により名無しです:2009/10/23(金) 00:51:32 ID:PbX0YCSn0
>>315
読み返してみたんだが、その辺りがよくわからんところだな

俺も白冥虎のは白冥虎によるリモートコントロールだと思ったんだが
白冥虎は伍真の殺害のために僵尸鬼を放ったはずなのに
赤飛虎に対して「勢い余って竜の子まで殺さねばよいがな」と言ってる。
白冥虎が僵尸鬼を正確にコントロールできるならそんなことは言わんはず

もちろん白冥虎が赤飛虎を欺いている可能性もあるけど
僵尸鬼の言動を見る限りだと、青龍の僵尸鬼と同様、
刃向かう者は皆殺しで動いている感じがする

作者が細かく考えてなかったって可能性ももちろんあるがw

317 :作者の都合により名無しです:2009/10/23(金) 11:27:36 ID:B5JG/p7M0
多分これが答えだろうがな。
>作者が細かく考えてなかったって可能性ももちろんあるがw


318 :作者の都合により名無しです:2009/10/23(金) 11:32:47 ID:PgtqW0LX0
>>314
地面から生えてきたのは幻覚でそういう風に見せただけで、実際には生えてないんだろ

319 :作者の都合により名無しです:2009/10/23(金) 20:02:03 ID:nQLTsXd40
話をがらりと変えて申し訳ないが、呂烈がK2(スーパードクター)に出てくる
村井執事にそっくりなのはどうして?

320 :作者の都合により名無しです:2009/10/24(土) 08:59:45 ID:AzsrNhkfO
Kは元々、花京院やらなんやら出てたからな。

321 :作者の都合により名無しです:2009/10/27(火) 17:56:11 ID:YeD316BF0
宜城にて
呂烈「襄陽で義勇兵に何をさせるおつもりか」
士元「それはまだ内緒だ。楽しみは後に取っとくもんだ」

結局まだ明かされていないんだろうか

322 :作者の都合により名無しです:2009/10/27(火) 18:03:31 ID:eIyRP+ikO
士元「見ろォ!義勇兵がまるでゴミのようだ!」

323 :作者の都合により名無しです:2009/10/28(水) 04:54:16 ID:SQYYmRU2O
>>321
結果出たじゃん。
義勇兵の中にいた隠兵のおかげで、襄陽の城門が陥落したと言う。

324 :作者の都合により名無しです:2009/10/28(水) 22:03:01 ID:BYztsLmv0
”仲達”は210年時点で31歳か・・・。

なんか、許都編までは青年だったのにそれから急激に老けたよね。


325 :作者の都合により名無しです:2009/10/29(木) 04:52:19 ID:WdNm3phsO
志狼って現代に帰りたいとか言ってるけど、あんな修羅場くぐってきて
いまさら現代に帰ってきてもつまらない人生おくりそうだな
帰ってきても雲体風身使えるならオリンピック総ナメで神になれるだろうがw

326 :作者の都合により名無しです:2009/10/30(金) 01:48:19 ID:D25oQApR0
>>325
今の時点で戻っただけでもモロ警察沙汰なのに、今18、9歳だっけ?ここから更に
やり直しの中学を経て高校・大学って生きていくんだぜw

自分なら極力目立たない様に生きる、そして就職した暁には体術を生かして特命係長に・・・・・、

327 :作者の都合により名無しです:2009/10/30(金) 06:45:54 ID:QaQzPoyoO
>>325
世界中の特殊部隊からスカウトが殺到しそうだなw


328 :作者の都合により名無しです:2009/11/02(月) 12:31:18 ID:1nEY6cdTO
でも頭悪いから

329 :作者の都合により名無しです:2009/11/03(火) 00:56:28 ID:w9XgX++20
>>325
そんな出来すぎの人間はいずれ周りに恐れられて抹殺される運命だと思うぞ。

330 :作者の都合により名無しです:2009/11/03(火) 00:59:49 ID:JqF8Kwko0
「自分を認めない世など滅んでしまえ!」→“仲達”化→ループ

331 :作者の都合により名無しです:2009/11/03(火) 15:42:56 ID:WntxrYWwO
襄陽城陥落!


332 :作者の都合により名無しです:2009/11/04(水) 15:54:03 ID:U13yYSe40
征南将軍天地志郎(笑)

333 :作者の都合により名無しです:2009/11/04(水) 22:21:09 ID:X/4iRCk6O
マガジン読んだ
少しは進むのかと思ったら先月と同じようなやり取りして終わった
甘寧の意脈に匹敵する技ってのはいつにも増して酷いと思う
「志郎は経験積んで凄い技覚えたと思ったがそんなことなかったぜ」が今話のコンセプトに違いない
作者は練りに練った今後の展開のためにどうしても甘寧TUEEE状態にしたいらしい

甘寧が木を殴ってるとこどっかで見覚えあると思ったら世紀末リーダー伝たけしのボンチュー修行シーンまんまだったわ
大木(笑)

334 :作者の都合により名無しです:2009/11/04(水) 22:43:21 ID:uQUzM1Bh0
ボンチューとか懐かしすぎてワロタwww

335 :作者の都合により名無しです:2009/11/05(木) 20:49:58 ID:EXvDLmp40
主人公に「こいつは自分より強い」ってわざわざ説明させなきゃいけないくらい
どん詰まりなんだな

336 :作者の都合により名無しです:2009/11/05(木) 20:55:06 ID:TZ7rZj+bO
局地的なバトルに焦点当て過ぎ。全然進まねーじゃねぇか・・・
スラムダンク状態ならぬ龍狼伝状態だな

337 :作者の都合により名無しです:2009/11/05(木) 21:06:25 ID:u5sFb8Lo0
おしっこから習った「消える震雷」を使えばいいじゃん。

硬氣功でも完全には防げないんでしょ? なんで素手にこだわんの?

338 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 06:16:35 ID:C6nx2YgF0
あんまり甘寧が強い強いってやってると、馬超がやってきそうで怖いw

339 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 07:01:54 ID:NN9Rtsd20
よーく考えると、念体なしで素手で倒した強敵がほとんどいねーぞ。

340 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 11:46:23 ID:mzbDPkLD0
意脈で防御した後どう反撃するか読めないのかよ

341 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 13:58:20 ID:ZPPgspg70
甘寧の修行だって付け焼刃だろうに
闘仙の攻撃力と爆発的仙気はどこいったんだよ

342 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 15:00:39 ID:Uwxa4vr70
おい甘寧、軍務ほったらかしで修行三昧かい。いい身分やのう・・・

343 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 15:20:20 ID:mzbDPkLD0
甘寧の修行って実質数ヶ月だけだよね
天運でもないのに、そんな短期間修行しただけで強くなれるんなら、黄色の修行って・・・

344 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 18:22:04 ID:AhnPN3jg0
いつまでやってんだこの漫画

345 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 19:33:45 ID:v/B3dnriO
修行にもなりゃしねぇ!一丁上がりっ!オラオラオラ!!

346 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 21:39:12 ID:mfHdMLL+0
すげー展開グダグダ
仮にアニメ化されて原作に追いついたら、アニメスタッフ死んじゃうよ

347 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 21:50:22 ID:KaJ+ZiiVP
さっさと念体使えよ脳味噌沸いてんのか

348 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 21:56:49 ID:Mg3EotkK0
こんなに強い(と言われている)甘寧なのに、
赤壁で虚空と対峙した時ほどのwkwk感がないのはなぜ

349 :作者の都合により名無しです:2009/11/06(金) 23:50:10 ID:Mc1gmTENO
無理がありすぎるから

350 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 01:16:27 ID:0mIgkY4/0
スレ来てみたら予想通り全レスでフルボッコワロタ
自己完結したインフレ(志郎の一人デフレ?)とかみるに作者絶対今までの展開忘れてるよなw

351 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 01:18:32 ID:i5dGBY9u0
念体無刀金的破で終了
橋落として終わり
陰兵&亨、ライに皆殺し

352 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 02:03:37 ID:2TROC9bq0
油ぶっかけて着火ってのは、この漫画のキャラには通用しないんだっけ?

353 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 06:51:38 ID:87n1OBTzO
火計は主人公のトラウマのためあまり適用されません

354 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 07:10:10 ID:Rg2xHZfnO
甘寧は動かないんだから無視すればいいんだよ

355 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 07:47:48 ID:qFhi1tsb0
赤 ⇒空破山
黒 影’仲達’ ⇒乾坤圏
虚空 ⇒衝破山
元武 馬超 リカク ライ ⇒念体
黄色 ⇒消える震雷


ほんとだ。ほとんど素手で倒してないわ。

356 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 08:24:27 ID:L0LgWoDj0
>>354
甘寧倒す事が目的じゃないからな
無視して敵が動いたら意脈とやらで判って反撃できるよね

357 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 17:57:53 ID:Q3XPq10r0
あえていえば、「タフ」の展開よりまし。

358 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 20:36:36 ID:rsjQ2/n20
どうにもやっつけ仕事観が抜けんな。
早漏戦をみてるみたいな展開だ。

359 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 20:54:52 ID:oQ4yy3wE0
花の慶次で、慶次が確か「人間は木石じゃない」みたいな事言ってたぞ

360 :作者の都合により名無しです:2009/11/07(土) 21:43:46 ID:XYQzrjCS0
甘寧は慶次みたいな人物らしいな。
ほとんど修行なんかしてなかったんで、伸びしろがあったわけか。

361 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 00:52:26 ID:fOepbFWD0
>>357
あれも酷いなw
たとえるなら今の志狼が石柳にボコられるような展開

362 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 12:42:16 ID:fN3dPQn+0
空破山て硬氣功でも防げないんじゃなかったっけ?

363 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 12:57:48 ID:/6CRJM5MO
だんだんと、同誌のバスケ漫画化してきたな

364 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 14:21:33 ID:I6UUUdc40
KC派なんだけど、大分前からマンネリワンパターン化とご都合主義を感じてたのでこのスレ来てみた
みんな似たような感じなんだな…w

雑兵なんてくうはざん連発で一掃すりゃいいのにww
超人的な技は大規模戦では出来るだけ自重しないと話が成り立たなくなるのが辛い所だな

365 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 15:59:24 ID:tg7zaK5t0
ジパングも途中から失敗作になり、ひっそりと終わったw
龍狼伝もそろそろ終わる予感が・・・

366 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 17:39:54 ID:i993mwwB0
なんで甘寧がこんなに強くなってんだ
ぶっちゃけ今何やってるのか分からなくなってきたしどーでもよくなってきたw

367 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 17:47:24 ID:I6UUUdc40
そういやワンピースもマンネリワンパターン化とご都合主義で見るのを止めたんだったな…
こっちもそろそろ潮時かもしれんw

368 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 17:51:54 ID:RtjkqLZT0
そろそろ・・・だと・・・?

369 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 18:21:30 ID:I6UUUdc40
破綻してるのはずっと前からだが、購読停止はそろそろかなって意味だが?

370 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 18:27:57 ID:Gdoe4vPm0
もう志狼無双でいいから話進めろよ
甘寧あんまりツエーしたら張遼とかどんだけ誇張しないといけなくなるのやら

371 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 18:34:38 ID:FDTPq+ww0
志狼がしてきた死ぬような試練は甘寧の木を凹る修行に劣ると・・・・
闘仙術解禁しか無いじゃん。

372 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 18:41:48 ID:/gnJy4ZP0
次号はたぶん「すいません甘寧将軍、武の勝負はあなたの勝ちです」って謝ってから念体使って終了
上にいるやつらはライに一掃されてキョウは水にとびこんで逃げる展開
あとは橋を空破山で落として終わりだろうね

373 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 18:52:44 ID:I6UUUdc40
>橋を空破山で落として終わり
それならカンネイの遠当てで外に飛ばされた時にやりゃよかったんじゃね?
というかそのつもりで門内に突っ込んでったんじゃないのか?ワケ分からん

374 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 19:00:19 ID:xARuCtsa0
まだだ、まだ終わらんよっ!!

コーエーゲーとのタイアップ、アニメ化、実写化まで待ってね

375 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 19:28:27 ID:PhbmgZu80
闘いには相性というものがある。

byヒュンケル談

よく見ると別に強烈なダメージはくらってないが、なぜか勝てない志狼みておもた。

376 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 19:40:59 ID:zYLvEaYNO
最後の騎兵は黄忠と元虎豹騎の人なんじゃね?

それで甘寧が驚いて勝負は預けたとかで撤退 亨はライにボコられて撤退な流れで

377 :作者の都合により名無しです:2009/11/08(日) 22:42:46 ID:gaoFJ5wD0
単行本はとっくの昔に買うのやめたな
雑誌買ってるから読んでるけど

強さのインフレとかマンネリとか諦めてるけど
樹の修行で強くなりすぎ
さすがになんだこれと思った

378 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 02:30:20 ID:715pxBgv0
まー甘寧は邪悪ってわけじゃなさそうだし、闘仙術使用しても悪影響はあんまないだろ。
志狼も招法開眼してんだからカウンターすら当たんないはずなんだけどね

379 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 03:10:19 ID:C9lJmRET0
インフレがどうの以前に、強さの基準が曖昧すぎなんじゃねーの
作者も色々な設定忘れてるみたいなとこあるし
おまけに志狼は毎回のように油断して本気出さずに痛い目に遭う馬鹿だし

パターンといえば、竜の子の本当の力は武力じゃなく○○じゃないのかとか、敵味方して無駄に驚きまくりだな
あぁまたかって感じw

380 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 10:57:37 ID:miNEOIru0
夢オチでもいいので、あと2話で終わらせてくれ・・・


381 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 12:19:20 ID:CbKLxOXG0
>>380
夢オチはやめてくれ、もう仲達=志狼で漢の滅亡させましたくらいにしてくれ

382 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 13:33:44 ID:n9TvR3rI0
この漫画の曹操軍は敵に回すと恐ろしいが味方にすると頼りないな

383 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 21:07:51 ID:NZZBQHsI0
>>382
現状作者の思惑で半ば都から遠い地域に、追い遣られてるからそう見えるだけで
同時期演義での劉備よりは力持ってると思うよ

それより史実・演義でもそれ程弱くはないとはいえ、ここまで無駄に甘寧が強く設定
されちゃった以上、本当に志狼役立たず説がにわかに浮上w

今まではほとんどの場合、オリキャラ>>>>>>>>>史実キャラだった強さ設定が
微妙に変わった上に、志狼が武としても中途半端で軍師としては三流に成り果ててしまった訳で

384 :作者の都合により名無しです:2009/11/09(月) 23:30:14 ID:27N3ZhkL0
>>382
ドランゴ引換券みたいな曹操軍

385 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 14:25:53 ID:VngB9sD9O
>>385
      ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,(´-ω-)(-ω-`)∧,,∧
  ( ´-ω)旦o) (o旦o(ω-` )
  (_  o[(  ´-) (-`  )]o _)
  └'ー-(_   )][(   _)ー'┘
      'ー'^ー'   'ー'^ー'


386 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 14:39:10 ID:hb4OgxRvO
結局、仲達が敵としては最強なんだろ

387 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 17:26:09 ID:GcbCw0nx0
アニメ化するのなら声優は
志郎:宮野真守
ますみ:能登麻美子
蓮花:皆川純子or豊口めぐみ
さんぐらいはどうでしょう。

388 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 17:57:52 ID:7Es/Ef090
ほとんどRPGだよな
序盤中盤で出てきたボスより後半の雑魚が強いとか

甘寧は序盤で一回やりあって中盤で再戦すると急激に能力が上がってるキャラ

389 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 18:41:52 ID:Mx8nzCUzO
ああ、シーモアだな

390 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 18:57:43 ID:8v67k/3+0
>>388
天地を喰らうみたいな感じだな

391 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 19:08:37 ID:Dnxk5IPM0
志郎っていつまで経っても強くならないな

392 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 19:25:48 ID:HihKyqlC0
だから素手では弱いよ?
馬超にだって、念体なしでは圧倒されてた(素手状態)。

393 :作者の都合により名無しです:2009/11/10(火) 23:51:18 ID:Avjbo0U+O
間合いの関係で近寄り難いからな
それにしてもいつの事だよって話
今は剛体術でも意脈でも自在に使えるぐらいの力持ってるんだから素手の中ボスなんかに負けてんなよ
ほんと便利だな仙気(笑)は

394 :作者の都合により名無しです:2009/11/12(木) 09:29:45 ID:25945S1xO
>>385
`∧_∧
(´・ω・)
( つ旦O
と_)_)
ちょっと休憩。


395 :作者の都合により名無しです:2009/11/13(金) 06:54:01 ID:rJLSQkAQ0
vs虚空 デフォで完敗
vs馬超 念体なしで完敗
vs元武 デフォで完敗
vs黄し虎 デフォで惜敗
vsライ 念体なしで完敗

なんかデフォなら負けてるけど、周囲の加護やら念体で勝ってきただけ。

396 :作者の都合により名無しです:2009/11/13(金) 07:53:59 ID:crsCz549O
正直、元武戦の勝ち方は未だに納得できない

397 :作者の都合により名無しです:2009/11/13(金) 13:57:48 ID:5Wji6eHb0
もう刃牙のように山篭り&暴食で他キャラくらいの肉体を手に入れて無双でいい。
あんなか細い体であそこまで戦えるんだから、そうなったらイイ感じだろ。
硬気功?お前如きに何がわかる〜っお前に硬気功の何がわかるーっ!!と拳貫通。

398 :作者の都合により名無しです:2009/11/14(土) 01:07:34 ID:CTghOFFp0
いつぞやに出てたライトニングパンチ(笑)でいいよ

399 :作者の都合により名無しです:2009/11/14(土) 07:14:42 ID:jchLkzMZO
いつ連載終了したの?
知らなかった。
作者死んだの?

400 :作者の都合により名無しです:2009/11/14(土) 12:54:55 ID:fXnCA+o+0
まだやってるし、生きてるよ。牛歩だけど。

401 :作者の都合により名無しです:2009/11/14(土) 13:50:57 ID:i6aV8bs90
>>396
あれはまあ主人公らしく
ほんの一時のみ大地の無限の気と同調したってことでなんとか許容できた
でも宗楼に勝ってて甘寧にてこずるのは納得できないわ

「雲体風身を極めた道士」「虚空に匹敵か虚空以上に強い」
「素手で馬超や黄の槍術なみの不可視の神速攻撃を撃つ」
それを筋力だけで相手の拳を潰し
意脈無し&念体抜きの状態で仙気の先読みだけで倒した
さらに当初と違って発剄で一撃死させたことから気勢も宗楼と遜色ない境地に達していたはず
本来はこの時点でもう付け焼刃の甘寧なんて10人いても相手にならないレベル

402 :作者の都合により名無しです:2009/11/14(土) 15:11:34 ID:/Ccwy/rqO
師と巨木にも裏がある。

403 :作者の都合により名無しです:2009/11/14(土) 17:32:39 ID:l9b2GdDbO
甘寧に勝てないとか言ってみたりなんなんだよ。
いまCSで「魔神英雄伝ワタル」見てて思ったけど、志狼の勝ち方って、ワタルに似てる。
敵とガチで戦って、ワタルと龍神丸の実力で勝った事なんてまず無いし。
敵が勝手に自爆して会心の一撃で勝つってパターンと変わらん。

404 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 00:12:01 ID:F5HjbF6IO
もう完全に北斗の拳みたいになってんな…武器使ったら敗けみたいな

405 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 00:55:18 ID:9OYb0YmD0
宗楼を倒した志狼が無呼にてこずる
う〜ん 微妙だわな


406 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 02:09:24 ID:6/HfCaaD0
わざとらしく苦戦させなくてもいいよmjd
なんか白けるだけ

407 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 03:29:06 ID:o6eHrBW0O
蓮花「ンッ…志狼…」

志狼「ダメダヨ…蓮花…ボクニハ真澄が…ンッ!」

真澄「ンアア!!もっと!もっと激しく仲達様ァアア!!」

テンゲル「ホラ…志狼…タプタプ」

志狼「ンッー!テンゲル様ァア」


408 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 08:59:00 ID:NUXs+FuI0
いや、一応筋は通ってるよ。はっけい返しも硬氣功も一瞬のタイミングが必要でしょ?

甘寧は反射神経がとんでもないのと、氣の力がすさまじいので強いんだよ。

409 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 09:05:58 ID:X2AvqTFGO
>>400
嫌味なんだけど・・

410 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 11:48:15 ID:Ap4Kw2rv0
許してやっては下さらんか
実はこの>>400、私の弟子でして…
常日頃から、ゴミネタ拾いだけは禁じてまして…ハイ

411 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 15:34:59 ID:rNa1IGkOO
天賦の才とやらが見当たらない

412 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 18:01:43 ID:joz8HlvtO
一歩のようだ…。
毎回変な相手に苦戦するせいで、あまり強くなっている気がしないw

413 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 19:20:02 ID:/0Ld6TZq0
だから”天運の相”なんだろ。

まわりの加護が常に見方してくれる。山原はこのコンセプトを堅持しているよ。

414 :作者の都合により名無しです:2009/11/15(日) 19:54:39 ID:qJb9nzjT0
どんなありえない幸運でも「天運のおかげ」で済ませられるなんて、漫画的にも便利な設定だなw

415 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 00:22:22 ID:xCZz5SkTO
最初の頃のワクワク感返して欲しい…ジョショ忘れられた訳じゃないですよね

416 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 00:50:58 ID:dGpbklpl0
>>414
おっと、ラッキーマンの悪口はそこまでだ

417 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 06:34:40 ID:UJ2ayGg30
でもさ、未来からやってきたのが知識利用して歴史改ざんする漫画あるけど
ど れ も つ ま ら ん よ 。

イブニング掲載の戦争ものとかリプレイJとか・・・

418 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 09:20:54 ID:y+/PU2WB0
>>387
あと、仲達は神谷浩史さんで。

419 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 09:38:32 ID:QN3dWnlJ0
おおー久しぶりに上にあったから、覗いてみたよ。

このスレまだ続いてたんだ。

相変わらずアンチスレになってるなw
まー作者死亡で未完ってわかってる漫画だからなw

420 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 20:47:33 ID:t1pJR3/O0
>>414
おっと、特攻の拓の悪口はそこまでだ

421 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 20:54:25 ID:o+RLYUNv0
>>419
アンチってほど叩いてないと思うけどなぁ。
素直な感想を書いてるだけですよw
むしろこの決着のオチをどう描くのか・・wktkですよww
ここのスレ住人の予想の斜め上を期待しておりますw

422 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 21:31:05 ID:0g2rra2O0
>>417
てめぇギガゾンビさんディスってんのかメーン

423 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 21:56:14 ID:1yjBOBY20
念体なしではポンイェンにすら苦戦するレベル

山原はぶれてない!

424 :作者の都合により名無しです:2009/11/16(月) 22:55:03 ID:1tRv4BGF0
タンポンがなくて大変な思いをしているであろう真澄に深く同情する

425 :作者の都合により名無しです:2009/11/17(火) 00:04:56 ID:N4jiu4+v0
新聞紙

426 :作者の都合により名無しです:2009/11/17(火) 01:00:41 ID:zo4pw+riO
>>417
仁は面白いだろが

427 :作者の都合により名無しです:2009/11/17(火) 18:14:41 ID:Chi2Tl920
ニセチュウタツを倒した辺りで終わらせとけば良かったかもしれん

>>426
原作は知らんがドラマは面白いな

428 :作者の都合により名無しです:2009/11/17(火) 19:04:34 ID:F0dzH+0Q0
18巻で終ってれば名作だった

429 :作者の都合により名無しです:2009/11/17(火) 20:46:36 ID:G8UKjYHz0
>>428
作者本人もアシも、当初からすると格段に画力があがってるだけに
18巻くらい以降の駄作化が非常に残念だ

あと山原本人の醜いぶ男ぶりが非常残念だw
頼むから顔写真を出すのだけ止めてくれw
山原の写真を見るとすぐそのページを速攻で閉じる


430 :作者の都合により名無しです:2009/11/17(火) 21:13:47 ID:Bj2svI240
醜いぶ男とかすぐ速攻とか…底が見えぬ。

431 :作者の都合により名無しです:2009/11/18(水) 02:29:53 ID:qqA8DqfO0
>>430
本人乙w


432 :作者の都合により名無しです:2009/11/18(水) 18:18:48 ID:vNl0MGSQ0
>>431
430が何が言いたいか理解してないだろ…

「頭痛が痛い」ってどこがおかしいか理解できるか?

433 :作者の都合により名無しです:2009/11/18(水) 22:15:16 ID:IAf58UQzO
リアル甘寧だなw

本人のレス(求めるもの)は得た!!
生まれしものは 揺るぎなき自負!!

434 :作者の都合により名無しです:2009/11/19(木) 10:35:56 ID:3QNf+aT80
>>432 云いたい事はわかるがその程度の重複は日本語としては認められているのだ
その手の言い出すと
×湯を沸かす○水を沸かす
×穴を掘る○地面を掘る
なんて事にまでケチをつけることになる
大体頭痛は名詞で痛いは動詞だしな

435 :作者の都合により名無しです:2009/11/19(木) 12:01:07 ID:TMHQgR+nO
(´・ω・`)けっきょく なにもしらないんだね…
おれしらべもいいけれど あまりむりをするものではないよ

436 :作者の都合により名無しです:2009/11/19(木) 20:09:31 ID:IZGyoh6/0
どれも状況によっては普通にありでしょ
浅薄カコワルイ

437 :作者の都合により名無しです:2009/11/19(木) 20:46:00 ID:saJkCMwL0
「頭痛が痛い」を普通にアリとか…

まぁ、ネタとしてなら普通にアリだがw

438 :作者の都合により名無しです:2009/11/19(木) 21:09:43 ID:e0aPBJ+W0
麻呂からみたら、現代の日本語全てが乱れてるでおじゃる

439 :作者の都合により名無しです:2009/11/20(金) 05:04:10 ID:jI+kKN0+O
虚空の株がどんどん下がっていくな。

440 :作者の都合により名無しです:2009/11/20(金) 16:29:04 ID:i8Q7w5Gh0
「頭痛が頭痛する」で良いよ、もう

441 :作者の都合により名無しです:2009/11/20(金) 19:59:11 ID:hlRK1q0g0
>>439

何度も言うが、志狼はデフォの状態では虚空の体にかすりもしなかった。

442 :作者の都合により名無しです:2009/11/20(金) 23:15:56 ID:jd9V+sQV0
>>439
呂布がライオン仮面なら虚空はオシシ仮面
つまりは所詮その程度のカス

443 :作者の都合により名無しです:2009/11/21(土) 04:16:13 ID:wwn6bYih0
本棚整理してたら中原繚乱編の2巻出てきたんで読んだけど、龐統ってアイリン引き取るって話の時に
未婚って書かれてるけど、山越の所に居た時に炎武が嫁に手を出すみたいな冗談言ってた気がするんだけど

444 :作者の都合により名無しです:2009/11/21(土) 11:40:48 ID:6R5NT74S0
妄想嫁が居たんだけど、妄想から目が覚めたんだろ

445 :作者の都合により名無しです:2009/11/21(土) 18:13:17 ID:PDoTdu480
>>443
そういや言ってたな
まぁこの作者の設定忘れはデフォだからな

ふと思い出したんだが、シローが敵船に乗り込む時に女装した時の名前・兜を借りた兵士の恋人・アイリンと一緒にいた孤児
の名前が同じだった気が&それら含めて多数同じ名前が出てきてる気がするんだが、何人いるか分かる人いるかな?
何回も使ってて作者この名前好きなのかなと思った記憶があるんだが…使った名前忘れてるだけな気もしてきたw

446 :作者の都合により名無しです:2009/11/21(土) 19:46:27 ID:Jxx0cqTr0
三悦と一緒にいたの隠すために孫乾たちには知らせてないんじゃないの

447 :作者の都合により名無しです:2009/11/22(日) 02:28:10 ID:hGjCOPJF0
>>445
陳もいっぱいいるな
黄巳虎の部下の陳
南荊州の陳将軍
ギョウで曹操の公子を助けようとした陳将軍

448 :作者の都合により名無しです:2009/11/22(日) 03:04:33 ID:g+CoaQaG0
>>446
本来の歴史だと赤壁でそこそこ有名になってる上に、あの国の著名人の親戚だから妻帯してるか
否かくらいは伝わってそうな気がするけど
あの世界の知識人って引篭もりニートとか結構いそうだけどw

449 :作者の都合により名無しです:2009/11/22(日) 08:07:26 ID:MFLFAOlu0
もう冗長な本編は終わっていいからツンデレンファアフターをだな・・・

450 :作者の都合により名無しです:2009/11/22(日) 16:47:09 ID:71B7HUTNO
しかし未来の知識を持ってるのが全く役に立たないタイムスリップ物も珍しい

451 :作者の都合により名無しです:2009/11/22(日) 22:48:36 ID:5LNvFxq10
たった数ヶ月、木を叩いてただけの甘寧には勝てないのか?
なんか、今まで志狼に負けてきた連中が可哀相だな。

452 :作者の都合により名無しです:2009/11/22(日) 23:41:44 ID:Czw3CR6+0
甘寧は、指導者付で木を叩いてたから上達した。
シロウは、一人立ちして独学に近い状態だったのと
色んな技を習得して俺TUEEEEEと調子に乗ってたため
武の本質を疎かにして甘寧と差が開いた。

慢心、環境の違い。

453 :作者の都合により名無しです:2009/11/23(月) 01:04:37 ID:0cPL6qXm0
シロウ・・・初期<<<<<<<<<<<<<<<弟子入り<<<<<<<強者との戦い
甘寧・・・・        初期<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<弟子入り

こんな感じか?

454 :作者の都合により名無しです:2009/11/23(月) 01:19:26 ID:O308eBZO0
成長期真っ只中だし、そのうち町費並の体躯になって無双するよ。

455 :作者の都合により名無しです:2009/11/23(月) 09:02:13 ID:97B/Jaix0
何度言わせるんだよ。志狼はデフォの体術はチョウリョウレベル。

チョウリョウが甘寧に勝てるか??

456 :作者の都合により名無しです:2009/11/23(月) 09:44:45 ID:eBuDyQMoO
チョウリョウ?
あぁ張良か軍師だしな。

457 :作者の都合により名無しです:2009/11/23(月) 17:50:57 ID:kGShlrE8O
デフォデフォやかましいペリカンだ
志狼は毎度手加減してるんだよ

458 :作者の都合により名無しです:2009/11/23(月) 17:59:24 ID:Ky4BnVIQ0
毎回油断して痛い目に遭うのはデフォだけどなw

459 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 03:21:53 ID:bDVZoOBm0
シロウは、武器もっても戦闘力変わらないのだろうか。

460 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 03:55:55 ID:Dq9tHtPsO
多分弱くなる。
ステゴロキャラの宿命。

461 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 07:56:08 ID:FXf7mOTj0
黄色倒した時に、槍の技を受け継いだから、槍は強いって展開は有りそう

462 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 08:21:47 ID:CRwuN+XCO
ウエイトが足りない。
シローは軽すぎる。

463 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 20:41:49 ID:DKhGx3gTO
確かに黄巳虎の槍技を使えば、甘寧の硬気功なんて薄紙同然。

464 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 21:11:39 ID:tQ+xR+6O0
雑魚にもくうはざん連発しないし、頭いいはずのシローがツッコミ所満載な戦い方ばっかしなのがイラつく
わざわざ窮地に立つような行動が、ホラーなんかでわざわざ音を立てて気付かれてるアホを見てるようでさ…

465 :作者の都合により名無しです:2009/11/24(火) 22:18:02 ID:irFkWRp70
シローが弱すぎてストレスが溜まる
毎回苦戦するからイラッするな、もうちょい強いとこ魅せてよ作者は無双路線は嫌いなのか

466 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 03:11:40 ID:LtBOwr9C0
物凄い勢いで修行したせいで
脳みそも筋肉になってしまったのさ。


467 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 08:07:53 ID:YelEaWvZO
この漫画に軍師は必要?

468 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 08:36:17 ID:eYkRYVYi0
>>464
シローはわざと苦戦して被害を増やしてる
実はシローと仲達はグル

469 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 09:52:44 ID:ORKIX16Y0
いつもシローが「僕が甘かったせいで・・」とか言ってるけど
あの性格?も天運の相の特徴なんだろうか??

470 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 11:51:41 ID:awnAsvD3O
悟空もピッコロやベジータに止めささないであとから仲間になってるじゃん?

それと同じで最後仲達倒す時ぼくとつとかが仲間になってくれるよ

471 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 17:29:52 ID:G8/ki4ID0
馬超と戦った時も、牢に閉じ込められてる時にボールを作って修行してた時も、念体は複数人に目撃されてたんだけど。
ライ相手に使ったのは違う技なの?

472 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 21:19:30 ID:2JtUTx3u0
>>471

仙界修行編のラストを思い出せ!

念体で結界をはることができる。

その結界の中の人はみんな念体に影響される。

473 :作者の都合により名無しです:2009/11/25(水) 22:18:24 ID:zOzvPW7A0
>>467
作者に軍師が必要

474 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 04:41:41 ID:7EHquTMC0
黄巳虎の槍技って、百烈突きって感じのアレだろ?
アレってさ、あんな事(無数の突き・戻し)する時間があるのにアレをやってる訳だよな。
そう考えると、何かなぁ。

475 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 05:09:22 ID:eB56sjWYO
くだらねえ。

どんな奴でも、○てば終わりだよ。

格闘なんかやる必要ない。
ガキ(板垣)は貸す。。

476 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 06:43:37 ID:036Ky8Y5O
一平卒であるお前のワンパぶりにはまったく頭が下がるぜ。

477 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 10:49:04 ID:WAnBotoI0
>>474
あれ?神雷だっけって突きに横回転運動を加える技じゃねえの?
無数の突きって馬超じゃなかったっけ??

478 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 13:58:39 ID:FjwS73Ip0
>>477
神雷?だかにはいくつか派生技?があったな
真神雷→おれのほんき100%だー
神雷みだれ突き→みだれみだれ
横回転を加えないただの突き→おれのほんきry
あとなんだっけ

>>473
なんてうまいことを

479 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 18:10:43 ID:5bMYiOko0
震雷だろ。

480 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 19:19:34 ID:BRg/NhC8O
あれは趙雲の父親との信頼の力から生まれた技…

481 :作者の都合により名無しです:2009/11/26(木) 20:28:46 ID:/4QVmJNv0
趙雲は6巻で父を超えたと言ってたが、あっさり黄し虎に否定されてたのにワロタ。

そもそも本懐を遂げる相手に指名されなかったレベル

482 :作者の都合により名無しです:2009/11/27(金) 22:24:50 ID:ZGocTbUh0
・間合いの広い槍でつつけよ
・油投げつけて火でも点けろよ。
・むしろスルーしろよ
・気で負けるって大周天忘れてしまったん?
・「しまった!」


悟性(笑)


483 :作者の都合により名無しです:2009/11/28(土) 04:27:34 ID:aV7BaZSs0
武の本質というか力こそパワーだ!!というか。
今更だが、志狼は貧弱過ぎるよな。体格が違いすぎる。
もう少し肉を付けた方がいい。

484 :作者の都合により名無しです:2009/11/28(土) 21:56:37 ID:tx7La+IWO
その点ウージェンはそれなりに体格も良くて小回りもきく万能型だな

485 :作者の都合により名無しです:2009/11/28(土) 22:59:09 ID:vX5DERjs0
仙術武具が大地の神のダーランに破られるのはともかくとして、ハン如きに見切られるのはどうかと思う。
モモウにも効かないし、「仙術武具とは戦うな」っていうアドバイスはなんだったのか。

486 :作者の都合により名無しです:2009/11/29(日) 08:27:13 ID:AmUccGqd0
>>485
仙術武具では戦うなの間違いだった可能性が

487 :作者の都合により名無しです:2009/11/29(日) 11:38:00 ID:hh2tVQlZ0
仙術武具は危険すぎるから逃げろみたいなことも言ってたような気がするが…
色んな設定がボロボロだなww

488 :作者の都合により名無しです:2009/11/29(日) 12:42:21 ID:9z3SjCbA0
剣と縄もったハンと素手の甘寧ならハンのが強そうだよな

489 :作者の都合により名無しです:2009/11/29(日) 14:29:46 ID:0xC0I0fM0
甘寧の驚異的な反射神経って新たな設定に無理あるだろ。



490 :作者の都合により名無しです:2009/11/30(月) 03:18:22 ID:0yr5hXjz0
仙術武具は、危険すぎる。
そんなふうに考えてた時期が俺にもありました。


491 :作者の都合により名無しです:2009/12/01(火) 13:19:00 ID:gc6cH7LcO
仙人が作りし武器に死角はないとか言っちゃてるしな

492 :作者の都合により名無しです:2009/12/02(水) 06:04:46 ID:sdCMXrI+0
上の方でJINやイブニングの夢艦と比べてるレスがあったが、
どっちかというと『聖戦士ダンバイン』や『ゼロの使い魔』と比べるべきだろ、これ。

493 :作者の都合により名無しです:2009/12/02(水) 10:12:43 ID:ZAHYK9/V0
タイムスリップによる優位性皆無作品だからなぁ・・・。
選ばれしもの優越はあるけど。

494 :作者の都合により名無しです:2009/12/02(水) 23:18:13 ID:JYoDbRt4O
今月号の早売りを買ったけれど中々進まないなあorz

・竜騎兵全員が正門に到着
・呂は一号で呉兵六人を瞬殺
・竜騎兵は次々と炎壁を突破して呉兵殲滅開始
・志狼は甘寧を相手にするのを止める
・相手を止めた志狼は呉軍騎兵隊三千の殲滅を開始
・甘寧は正門城門で棒立ち

こんな所か。


495 :作者の都合により名無しです:2009/12/02(水) 23:24:24 ID:47CnaM1uO
>>492
三国志である必要が一騎や恋姫より無いもんなぁ
仙術を使える超人のいる異世界で充分だし

496 :第33話 集結 :2009/12/02(水) 23:53:53 ID:JYoDbRt4O
ガカッ
ガカカッ

大地を揺らし、西門に迫る呉の騎馬軍団!
壤陽城に危機がー!!

ドドド

「あの音は・・・・まさか騎兵がっ!?」

「その通り・・・・あれは我ら呉の騎兵大隊。城門が開いた今。貴様ら曹軍に止める術はない!!」

「そんな・・・・っ」

「せいっ」
ドゴッ
ズ・・・
(また急所をはずされた・・・・っ!!)
ズン
ドン
「ぐはっ!!」
ズサササッ
「くっ」
ビルビリ
(受けた腕が・・・・)
(甘寧の震脚を使った打撃の威力は発勁以上だつ)
(ぼくの硬氣功でさえ完全に防ぎれない!!)

「確かにお前は武の天才だ竜の子よ」
「相打ちを狙った俺の拳は武の達人といえどかわせるものではない。それを瞬時に硬氣功で身を守るとは天の才なくばできぬ芸当よ」
「だが哀しきはあまりに違う体躯の差。お前の技、勁力も白打も急所をはずせば俺の硬氣功には通じぬ」
「しかもお前の拳がいかに速くとま打突の瞬間に急所をはずすわずかな動きには追いつけまい」

「く・・・・っ!」

ドドドドド・・・


497 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 00:10:08 ID:G0BGRDKzO
>>496
(呉の騎馬がもうそこまで!!)

「残念だ竜の子、本来なら最後まで闘いたかったぞ、だが、俺も呉の将だ。いつまでも私闘は続けられぬ」

「甘寧・・・・っ!!」

ザッ

(馬蹄の音が近い・・・・っ。敵の騎兵が堀橋を渡るのは防ぎれないのか・・・・っ!!)

「呂将軍!」
「!」
「遊岐かっ。皆を連れて来たかっ!?」
「はい。でもどうしたんです!?。敵の侵入を防ぐ火の罠の中に入っちゃって・・・・」
「大将もそこにいるんですか?」
「この火計は敵の仕業だっ。早くここに入って来い!」
(へっ。この火の壁を!?)
「城門はすでに敵の手に落ちたっ。竜将は一人で城門で闘っている。将の元へ急げっ!!」

バッ
「なっ・・・・城門が・・・・っ!!」
「敵の騎馬隊が城門に向かっている。もはや一刻の猶予もないぞっ!!」
「御意!」

ダッ
「笑止っ。炎の中を無傷で通るつもりかっ。炎壁を越えたところで切り捨ててくれようぞ!!」

498 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 00:19:17 ID:G0BGRDKzO
>>497
「なんだ・・・・っ。今のはっ!!」
「一号で六人を斬った!?」
「先ほどまでの剣技てまるで違う・・・・」
「まさか、今まで本来の武を隠していたというのか!?」

「どわっ」
「あっちっちっちっ」
ダダダダッ
「ふひ〜〜〜〜っ死ぬかと思ったぜ」
チリチリ
「どけい遊岐!」
「へ?」
バッ
「こやつら・・・・っ」
「炎壁を少しも恐れずに・・・・っ!!」
「ふ・・・・揃ったな、行くぞ、竜騎兵っ!!」
竜騎兵、呉兵を皆殺し開始」!!


499 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 00:25:47 ID:G0BGRDKzO
>>498
「なにっ、橋に向かって走った・・・・っ。まさかあいつ・・・・っ!!」

(騎馬兵はすでに橋の手前まで迫っているっ。今からでは、もう甘寧を倒して門を閉じる時間はない!!)
(残る手段はひとつ・・・・っ。橋の上でぼくが呉の騎馬兵を止めるしかかいっ!!)

ガカッ
「敵の城門は目前だっ!!」
「一気に進めいっ!!」


500 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 04:07:01 ID:f/mnXWln0
バレ乙!

>「先ほどまでの剣技てまるで違う・・・・」
>「まさか、今まで本来の武を隠していたというのか!?」
なんで隠す必要があるんだよ…

>「炎壁を少しも恐れずに・・・・っ!!」
跳び越えられないくらいの幅の油の堀みたいなのならともかく、あの程度なら鎧着てれば顔隠して余裕で渡れるだろ

>(残る手段はひとつ・・・・っ。橋の上でぼくが呉の騎馬兵を止めるしかかいっ!!)
さっさと橋を落とせばいいじゃねーか…

見てないけどツッコミ所こんなもん?

501 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 09:59:31 ID:hu7ryTgmO
今更体格とか言われても
そんな些細な事が影響しない世界だと思ってたよ

502 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 11:42:52 ID:0cbZkfpEO
公式ガイドブックによると左慈が助けたますみの侍女は今は荊州で家族と暮らしてるって書いてあるね。志狼への誤解はとけてないらしいけどいつになったら乱世を動かしてくれるんだよ

503 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 14:23:36 ID:E52qOuWl0
そういやそんな伏線(?)もあったなww

504 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 16:34:21 ID:KsK4mN+mO
作者が公言してる、本物の司葉仲達の登場ってのも当分(10年位)ありそうにないな。

505 :作者の都合により名無しです:2009/12/03(木) 17:44:41 ID:QSxpwgjI0
もう泣けてくるなぁ

506 :作者の都合により名無しです:2009/12/04(金) 01:02:40 ID:N44Dv+K5O
原作誰か別の人がやらんかなぁ
絵は好きなんだが

507 :作者の都合により名無しです:2009/12/04(金) 03:04:10 ID:m5kvLZ0Q0
体でかいのにシローより弱い奴はカス。

508 :作者の都合により名無しです:2009/12/04(金) 18:25:09 ID:QBJGCRns0
大半のキャラはしろーよりでかいよな

509 :作者の都合により名無しです:2009/12/04(金) 19:29:15 ID:txlTeYw60
成長期のシローに成長がみられない点

510 :作者の都合により名無しです:2009/12/04(金) 19:33:47 ID:Vh/oxO1C0
雲体風身のせいで

511 :作者の都合により名無しです:2009/12/04(金) 21:12:28 ID:EehCr4E3O
甘寧とシローが戦ってる間、享とランはつったってただけかい・・

512 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 00:21:29 ID:KECDm6RyO
志郎が城門を守ろうとしてるのをすぐ甘寧が阻止すればいいのにいちいち驚きつつ解説する作業はいらないよね

513 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 03:21:42 ID:5vXWTLjj0
志狼はT-Xですか?

514 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 04:28:42 ID:HTzYyaQz0
>>509
栄養状態が悪いんじゃね?劉備陣営にいたホンの少しの時期以外は、ほとんど流浪の
生活だったし

515 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 07:17:15 ID:4h4exVg80
これってさ、俺が小学校のときからやってたんだよね・・・

当時は三国志が好きで面白く読んでたけどさ・・・
高校はいったぐらいになって匈奴征伐辺りから読まなくなって・・・

そんな俺はもう社会人・・・

時の流れを感じるね〜〜

516 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 08:25:02 ID:rmJn0nyR0
今月ラストの志狼、甘寧が追っかけてこないと思ってるん?

517 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 09:41:12 ID:c1E6NFXIO
空破山で橋落としたらダメなん?
ソニブー

518 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 09:58:18 ID:m4rAXRSy0
騎馬なんでしょ? 低空の空破山で足元なぎ払えばいいんじゃね?

519 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 10:10:07 ID:JU6zwkVO0
前に曹操軍にやったように、森羅万象の気で馬を使えなくすればいいじゃない

520 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 12:19:54 ID:U14xK5SM0
俺もそれ思ったわ

521 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 12:30:02 ID:l5AEfUoo0
甘寧と互角にやりあった呂烈が、何でこんなに苦戦しているかとのアンサーはあったね。

522 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 12:53:15 ID:ek9LuUVxO
カンネイなんかと闘ってるより元気玉で呉の本陣を壊滅させてシュウユ・ソンケンもぬっ殺せばいいのに。
後はどうにでもなるだろ?

523 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 14:05:37 ID:6Vpmr9/F0
昔月マガ買ってた頃、呂布の弟ってのが登場したあたりから読んでない
たしか当初は演義ベースのくせに「ボクは歴史を知っている…」的な感じで
盛大にフイタ記憶があるんだが、今はさらにトンデモ展開なんだよね多分

誰かこれまでの流れを三行でまとめて教えてくれないか?

524 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 14:32:11 ID:92ONJdtu0
こいつは○○(以前戦った敵)より格段に強い・・・!

こうなったら○○(新技)を使うしかない

倒したけど実は死んでいなくて影から「ふふふ・・・」とか言っちゃったりする

525 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 14:40:39 ID:TQvPuMnZ0
○○使えよ
○○しろよ
○○はどうした

526 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 19:31:24 ID:6Vpmr9/F0
>>524-525
把握

つまり、主人公は当初の「(偽の)歴史知ってるから無敵の軍師」ではなく
十数年間に渡り肉弾戦を繰り広げつつ
修行して手に入れた必殺技を出し惜しみしながら倒した敵に
「オレはまだ2回変身を残している」とか言われちゃって
伏線を回収できずにグダグダやってるわけですね
本来の目的はヒロインと一緒に現代に戻る…じゃないのかな

ところでやっぱアレか、蒼天航路の影響を受けて曹操は善玉になってんのかね

527 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 19:55:13 ID:iCOE7meU0
全然あってないけど訂正する気にはならない

528 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 20:33:41 ID:u1ZOL//g0
背中向けて走り出した時は橋を落とすのだとばかり…
まさか甘寧君に敵わないから先に背後から迫る騎馬軍団3千人を橋の上で倒すぞとか
お前真正面から敵わない奴に背中向けて自分から挟み撃ちしてくださいってバカなの死ぬのって感じ
難敵を避けてもう片方を撃破って肝心の難敵を隔離できないと意味ないだろうが!!

529 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 21:09:18 ID:oaO0VZ/N0
むしろ甘寧が志狼放置して場内の竜騎兵蹴散らしに行ったら面白そうだw

530 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 22:04:11 ID:rmJn0nyR0
敵騎兵の中に飛び込んで乱戦に持ち込むつもりなのでは?

531 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 22:25:30 ID:n4SBN79w0
甘寧の怖さは、相打ちだけだから
自分から仕掛けなければ大丈夫。
だから、甘寧を放置プレイにして3千人を皆殺しにするとう作戦。
さすが竜の軍師。

532 :作者の都合により名無しです:2009/12/05(土) 23:42:34 ID:iCOE7meU0
カンネイ自分から攻めたら逆にシローにカウンタッされるもんな

533 :作者の都合により名無しです:2009/12/06(日) 08:06:00 ID:LC189Bw00
今の志狼なら3000人くらい楽勝だよな
しかも一度にあの橋を渡れる人数は限られてるし
倒した奴がどんどん邪魔になるからうまく進めない

534 :作者の都合により名無しです:2009/12/06(日) 12:57:43 ID:zWp99XdS0
邪魔で思い出したが、前の戦いの時も最初の小競り合いの攻城兵器の残骸を綺麗に撤去してたのが謎なんだが
1度目は溝の罠の為に平らにしとくのは分かるけど、2度目は罠バレてんだし、残骸残しとく以外にも凸凹作って攻城兵器近寄れないようにしとけよと

当時出たツッコミかもしれんがw

535 :作者の都合により名無しです:2009/12/06(日) 14:03:09 ID:5Qw2LHBFO
破壊した物や倒した敵は消えるのが解毒のお約束だろ

536 :作者の都合により名無しです:2009/12/06(日) 16:11:09 ID:BsiXAgQ90
「橋を落とさないで、甘寧ほっといて三千人と戦うぜ!」

って言い出した時、止めるのが編集の仕事だろうが
流石に今月号は半笑いも出なかった

537 :作者の都合により名無しです:2009/12/06(日) 18:54:07 ID:ZjQAh//U0
敵三千人が戦ってくれればいいけど、あいつらの目的って城内突入なんだから「なんか一人だけ
橋の上にいるけど気にすんな」って志狼の周りをドドドド…って通り抜けて行っちゃったらどうすんだろ。


538 :作者の都合により名無しです:2009/12/06(日) 18:57:33 ID:zWp99XdS0
>>537
それを考えずに馬鹿正直に戦ってくれるご都合主義展開になるんじゃねーのw

539 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 02:20:03 ID:UIVR488XO
甘寧も武人の性で背後から攻撃出来ず、三千人くたばるまで驚き役…なんてのも斬新だなw

540 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 12:34:11 ID:B1ZJjfWt0
結局、念体使わなかったな。
相手に邪気がないなら問題ないはずなのに。
念体使えば”ちょいズラし”なんて無意味。
決闘の時間短縮できて味方の損害も少なくて済むってのに。

師匠に禁じられたからって馬鹿正直に使わないのは頭悪すぎ。
何故禁じられたのかを理解していないのか忘れているのか…

まあ実際のところは念体そのものが作品の黒歴史なんだろう。
主人公を強化しすぎちゃったので苦戦させるための封印。弱体化。
キャプテン翼で怪我ばっかりしてたツバサみたいなもんだ。

はっきり言ってつまらない。
軍師でも将軍でもいいから格闘ばっかりの脳みそ筋肉はやめてくれ。
その格闘シーンは本当に必要なのか?
食うための引き伸ばしにしか見えない。
このまま作者死亡で未完になるまで引き伸ばすのか?
山原いい加減にしろ。

541 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 14:36:54 ID:Krl3ce6N0
その気になれば今までの枠内でやりようはあるのに、わざわざ手遅れになってから
「ぼくが未熟なせいで・・・・・みんなが・・・・っ」

強さの基準とインフレをごまかすための毎度毎度、同じ表現の強さアピール
「もし○○されていたら・・・・・○○だった・・・・っ」

ほとんどこの2つだけの様式美だね

542 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 15:41:12 ID:MZIDrodVO
頭部にダメージ喰い過ぎてパンチドランカーになってると思えば良い

543 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 17:46:45 ID:6AVdojAYO
甘寧って関羽より強いんかな?

544 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 18:17:51 ID:UPlLzK+uO
だからもう、キャラ淘汰天覧武道会やるしかないんだよ。
現状だと、馬超とか無呼とか炎武とか、二十年位待たないと再登場しないぞ。

545 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 19:10:45 ID:54ASIEws0
>>537
横通りぬけるのは雑魚には無理
瞬殺される

546 :作者の都合により名無しです:2009/12/07(月) 20:39:50 ID:oTy50OBiO
そろそろレンファの開通式が見たいのだが。
四郎とますみのような事後ではなく
濃厚な絡みで頼む。相手は張飛でもええわ

547 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 01:58:17 ID:1Rgach39O
>>541
カードゲーム終了後にライブラリーの一番上めくって
次だったらあーでこーだったとか言うみたいなもんだな

548 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 06:40:28 ID:8rXpnoPu0
一体何時になったらこの攻防は終わるんだ?
その気になれば2,3ヶ月で終わるだろうに・・・

549 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 06:46:17 ID:XWmT4tTn0
もう16年か。

550 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 07:48:48 ID:UtQR+JZyO
>>548
あと2、3年くらい。

551 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 08:38:29 ID:WKU3DrkJ0
>>540
ずーっと念体封印して戦ってた後、いざ使うとなぜかパワーアップしてたりする為の布石じゃないかな。

龍脈の気を使って練られた念体が龍の姿に!邪王炎殺、黒龍…みたいな

552 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 08:54:11 ID:igppo0ju0
念体は強制リアルシャドーだし、元々使い手の意思次第でどうとでも出来るんじゃないか。

553 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 19:15:46 ID:3J+pSlq+0
ばかな…質量を持った残像だと!?

554 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 20:53:38 ID:7s2fyN2lO
上の方の今月号のレスを読んで、今日でコンビニ立ち読みして、 甘寧ほったらかして、甘寧に背を向けて三千の兵の方へ走りだしたのには さすがに笑ったw

555 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 21:29:46 ID:/SCI4lgF0
空破斬、馬に使うのは良心咎めないのね

556 :作者の都合により名無しです:2009/12/08(火) 22:03:12 ID:opWN7uj+0
呂烈のせりふ、作者の病状の代弁だろ? 

いつになったらきちんとページ描けるんだよ。

557 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 00:16:17 ID:cPnVS4tQO
>>552
だよな
何も自分の姿で攻撃するこたないのに
でもそう言ったら、やられる側の思い込みの強さに影響がどうのと言われそう

558 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 00:33:51 ID:czTUlwaPO
フンヌの時はあれだけ絡んできた青龍=鳳凰が来ないご都合主義にも辟易するんだよ。
講談社倒産するかも知れないのに引き延ばしばっかりやってんじゃねえよ!

559 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 03:59:43 ID:6V7SrfIF0
足斬られた馬は、死を待つしかないよね。
残酷な殺し方だ。

560 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 04:22:37 ID:4z23Hxok0
馬を止めるなら、前に使ったなんとかの息吹?を使えよ…
巻き添え食う馬が可哀想でならん

561 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 10:07:16 ID:iZ8Pp2u40
※馬はスタッフがおいしくいただきました

562 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 11:40:58 ID:HgAHbw4D0
馬の命気にしてたら、戦争なんてできん

563 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 16:05:33 ID:ldLZpDDmi
甘寧は自分がシローを釘付けにしとくのが
呉軍を有利にするとは思わないのかな

564 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 19:26:29 ID:lNUKtNhU0
あの時代なら人より馬のが貴重だろう
てかシローも敵兵なんかを不殺なら馬にも気を配れよあいかわらず中途半端な基準だな

565 :作者の都合により名無しです:2009/12/09(水) 23:50:27 ID:aPNuuLYe0
日本の戦国時代は馬は草鞋がわりにしか扱われていなかったらしいので
三国志の世界でも似たようなもんじゃないか?

566 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 01:55:48 ID:m1I/IKJU0
その辺はよく分からんが、車やバイクの無い時代
名馬貰えば感激しちゃう呂布の気持ちは分らなくはない
子供の頃は何故馬で養父を?と思ったもんだけどな

567 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 05:02:12 ID:+dZrEXUk0
>>565
ある程度統率された動きの出来る騎馬は、金も時間も掛かってるから人より馬の方が
資源的には価値が高いかと?日本の場合狭い土地柄から余り突撃とか出来ないけど
中国や欧州の開けた所は突撃も移動も馬無しでは考え辛い

568 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 09:09:13 ID:mu6itNfx0
あの世界なら黒王のような馬も居そうだ…。

569 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 10:41:29 ID:2JLgspBYO
>>565
戦国時代でもまともな軍馬は数百石の石取りでもなきゃ持てない貴重な武具だよ
人より上かどうかはともかく草鞋と同列には語れんよ

570 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 11:44:41 ID:Q4rn4GBW0
シローの中では、人>馬なんだろうな。
とんでもないガキだ。

571 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 12:05:31 ID:/LLF3ueVO
戦場における価値じゃなく単なる倫理観の問題で人>馬となってるだけでしょ
ましてそんなに有用なら尚更使えなくするのは普通に1つの手だし

まぁ>>519みたいな的確なツッコミはその通りだと思うけどw

572 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 12:25:28 ID:EgtDLIdI0
>>568
主人公が乗ってます
雑兵どころか虎豹騎も蹴散らしますよ

573 :作者の都合により名無しです:2009/12/10(木) 22:27:49 ID:+EHfoPDe0
馬超「俺の馬返せ」

574 :作者の都合により名無しです:2009/12/11(金) 01:33:53 ID:jT2X5fEK0
サジ何才?シュアンとタメ口はねーよ(^^)

575 :作者の都合により名無しです:2009/12/11(金) 03:52:55 ID:QWxXNzzt0
>>571
だが馬を生かしておけば「敗色濃厚」ってなった時に、速やかに敵が退却してくれるというありがたさも
徒歩になったら戦況が悪くなったからって素早く逃げられないから、窮鼠猫を噛む可能性あって戦局が
膠着化する恐れも

576 :作者の都合により名無しです:2009/12/11(金) 10:15:54 ID:zjCdfrGH0
皆殺しにするために機動力を奪ったのさ。

577 :作者の都合により名無しです:2009/12/11(金) 18:20:38 ID:5IhaLDXb0
馬なんて弱者の乗り物だ
ツワモノは仙術で鍛えた足使う

578 :作者の都合により名無しです:2009/12/11(金) 23:48:48 ID:swGM9Lvc0
あんまり馬犠牲にしてると大狼さんがキレるぞ

579 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 01:12:44 ID:wGUAoZPvO
ああいう技がある以上、馬に乗る事は、武人同士の闘いにおいて不利にしか働かないよな。
馬が甘寧並の防御術を身に付けてれば別だけど…w

580 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 10:11:22 ID:p5em/yYF0
シローの身長が物語の中で全く成長しないことに
違和感を覚える。あの年なら一歳でも年を取れば
見違えるほど身長が伸びててもいいはず。

581 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 10:38:16 ID:lD/uRE3F0
股間の一物は黒光りするぐらいに立派に成長していますよ!
毎日侍女に磨かせてますから!

582 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 13:43:29 ID:mOZvRVMz0
やっと規制が解けたぜ!!
変な書き込みもしてないのに、まる1か月半も規制されてたんだぜ?
てな訳で早速…

>>580
志狼の身長が伸びないのは食糧事情等による栄養問題だろう。
一応成長期は超えてるから、伸び代が余り無いってのもあるとは思うけど。
流浪の旅で、仙人食とか野草や木の実みたいな物ばっかり食べてたんだろうし
常に腹一杯食べてた訳じゃないだろうから、成長が止まったんじゃないかい?
現代みたいに、欧米並みに肉中心の食生活だったら、身長も筋肉ももっと付いただろうに。

583 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 14:23:05 ID:NSNPlwwi0
>>582
2ちゃんねる側の怠慢運営がすべての元だな
今回の長期の規制は大手プロバイダーがいくつも巻き込まれていた

2ちゃんねるの運営なんて、社会から乖離した者たちが運営する
ゴミためのようなものだが、それに頼ってカキコしている以上諦めるしか・・・

584 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 14:52:29 ID:8AUbrB560
こないだの大規模規制って、対応早いとこは1週間以内に解除来てるぞ
今までかかったってことは相当常連プロバなんじゃね

>>582
肉付きはともかく身長も伸びないってのは遺伝的にチビなんじゃね

まぁ周りがでかすぎてシローを成長させるのを忘れてるに一票

585 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 16:51:23 ID:CIVKPrmD0
週末になると思い出したように規制しやがってくれてたな
DION軍よりはまだマシかもしれんが結構多い

586 :作者の都合により名無しです:2009/12/12(土) 17:02:32 ID:mOZvRVMz0
>>584
確かに周りが異様にデカ過ぎるわなw
ってかほとんどの史実武将が高身長&ガチムチだし。

今月号見て思ったんだけど、甘寧の鍛えた兵隊に足止めされてる
呂烈が、1合で6人の兵隊切り伏せてたけど、最初あの兵隊見て
チョイビビりと冷や汗かいてなかったっけ?
敵見ちゃビックリして、最初に力出さずに、ある切っ掛けで
突然周りもビックリな力出してみたりと、呂烈も志狼並みの狸だな。

587 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 01:27:12 ID:0t4HwgoFO
無理に筋肉付けすぎて骨の伸長が妨げられてんじゃね

588 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 01:27:43 ID:Be52XSmxO
味方側の冷や汗って、案外アテにならないよな。

589 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 03:11:36 ID:LORkve3J0
>>558
おいおい、青龍は邪心にのみ走りすぎたと反省してただろ
邪心=志狼への粘着のことなんだろ
鳳凰になってきっと心を入れ替えたんだよ

しかし青龍、登場したての頃は漢の忠臣みたいな感じで
仲達を害悪呼ばわりするどころか、内心で呼び捨てにまでしてたよな
わずかな間で変わりすぎだろjk

590 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 04:02:53 ID:2oD5a74+0
>>586
その昔趙雲だって夏候惇相手に、似た様な事やってたしw

591 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 04:34:43 ID:HjyHee830
>>590
あれはモロ演技じゃなかったか?よく覚えてないが
心の声とかまで焦ってる(驚いてる)ようなことを言っておいて実は余裕でしたサーセンwww
ってパターンが大杉

>>589
>仲達を害悪呼ばわりするどころか、内心で呼び捨てにまでしてた
もだけど、「誰かを騙すために偽りの台詞を吐く」なら分かるが「読者を騙すために心の声まで偽ってる」のが物凄く不自然
なんか上手く言えなくてスマン

他にも、いかにもヤバくなりそうな伏線を張っておいて忘れ去られてるのも沢山ありそうだが…
なんか突っ込みどころを探すのが楽しくなってきた…ROアニメみたいだw

592 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 07:23:11 ID:7cPr0O/w0
青龍は何度か言われてるが絶対当初は五虎神設定じゃないよな・・・
作者が途中で面倒になって、五虎神筆頭として加えたはずの虚空をもう一度外して
空いた最後の1人の枠に放り込んだんだろう

593 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 10:38:33 ID:3xP9EgQk0
同じ五虎神でも、白冥虎と赤飛虎の実力が他の五虎神より
遥かに劣るのが涙ぐましいw
黒しょう虎は張角だし姿隠して盗み見したりするからまだ分かるけど。
ひょっとしたら後半に登場した時に、いつものパターンで
異常に強くなってるんだろうな。

594 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 12:06:38 ID:1Y6zeO7K0
赤はきついんじゃないかなあ
基本性能は師の炎武と同等くらいだろうし馬超よりは下くさい
単純格闘馬鹿の甘寧には搦め手で相性いいかもね

595 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 13:13:34 ID:3xP9EgQk0
馬超より下くさいも何も、全く相手にならないと思う。
逆に馬超に鼻で笑われると。
麻薬使ったり暗示が無ければ、空破斬に気を付ければ良いだけだろうし。
甘寧どころか呂烈さんにも勝てんだろうさ。

596 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 16:59:53 ID:E3Thd7vb0
炎武の弟子なの?初めて知った(笑)何巻に書いてある?

597 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 18:00:30 ID:3xP9EgQk0
>>596
13巻の138ページを見なされ!!

598 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 18:11:35 ID:qg0+xDCr0
師匠ってほどじゃなくね?あの会話だと教わった程度でしょ
師と弟子の関係には見えないけどな

599 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 18:53:43 ID:Wdy2bt4r0
そういや「むかし1人だけ隕刀流を伝えたことがある・・・」とか偉そうに言ってたけど
空破山ってふつうに世の中に広まってるよねw

600 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 19:15:44 ID:/dv5S9y1O
虚空は最初から五虎神じゃないよ。
一番最初に出て来た白装束で杖みたいの持ってた青は何処へ行ったんだよ?
あれが青龍なのか?

601 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 19:49:16 ID:Wdy2bt4r0
>>600
1 五虎神、および別格の存在である虚空というアイデアができる
2 五虎神の残りを考えるの面倒くせー、やっぱ虚空を五虎神最強という形にして繰り入れるかあ
3 皇帝につく別勢力の青龍出したよ!でも、うまく動かすのが難しいなこのキャラ・・・
4 よーし当初に戻そう。虚空を抜いて青龍を仲達様の五虎神てことにすればいいじゃん!

たぶんこんな感じと予想するw

602 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 20:25:28 ID:XJVskCEoO
>>599
炎武の兄弟弟子がいてもいいじゃない。

603 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 20:40:16 ID:3xP9EgQk0
>>598
師弟関係とは言っていないが、その後に切り捨てたと言っている辺り
普通に技を伝えた関係では無いと思うぞ。


604 :作者の都合により名無しです:2009/12/13(日) 22:13:37 ID:PM3R6ZUq0
白って闘えんのかな?ゾンビ作るだけか?
魔術、方術系だけでタイマンなったらどうすんだろ

605 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 00:08:59 ID:wVNx3ppGO
あの人 魔術・方術はたしかに得意ですけどね
でもそれは ガチンコ勝負がにがてだって事じゃないんです
本当は ガチンコの方が得意なんですよ……ね

606 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 00:10:33 ID:vmuFCflV0
史上最速の空派山!見せてやれ!

607 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 00:29:56 ID:IawWR+TW0
甘寧に勝てないとサジ投げた志狼だが、
一つだけ甘寧に勝てる方法があるぞw
怒張した股間に硬気功使って「あなたにこんな真似が出来ますか?」
と言って、甘寧に男の自信を無くさせるんだ!

608 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 02:09:34 ID:rQinmFiJ0
親孝行なムスコじゃて

609 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 08:25:15 ID:zum4YWklO
鈴を着けてた頃の恥ずかしい話をして精神的に追い詰めるのもありだ
偉い堅物になってるから効くはずだ

610 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 10:32:04 ID:IawWR+TW0
>>608
左慈乙

611 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 19:36:40 ID:vmq9t5QO0
>>608
塾長乙

612 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 20:41:56 ID:gF0HCHK+0
甘寧と決着つけずにまた先延ばしになるのか
ブリーチ展開と同じでキャラ整理が全く進んでいない
鳥山明や車田正美の爪の赤を煎じて飲んでほしい

613 :作者の都合により名無しです:2009/12/14(月) 21:46:03 ID:KT993Zv00
鳥山の爪の垢を飲んでいいのは、サイヤ人設定出す前までだよ。

614 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 00:04:04 ID:IGo0OdFn0
>>613
それでも、ジャンプ編集に無理矢理延長させられたわりにはそれなりに面白く描いてたと思う
この漫画のいまの状態よりははるかにマシだったと思える

615 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 00:34:55 ID:6BqpQP2V0
DBは変に力の出し惜しみとかしなかったから面白かったのだと思う。
ただ、ちょっと強くなると調子こいて敵を痛ぶるってシッペ返しを喰らう
と言うワンパターンな場面が多かったけどね。
まぁ同じ少年誌でも、ジャンプは月マガと違い、遥かに多くのチビッ子が見るから
チビッ子に分かりやすい様に描いてたってのもあるだろう。

616 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 14:10:37 ID:vpk/tdPAi
ネーム誰が考えてるんだろうね
やっぱ山原?

617 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 16:37:53 ID:6BqpQP2V0
実は奥さんだったりしてw

618 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 18:15:19 ID:vVz3M4Aci
そか、嫁なら仕方がない

619 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 23:34:08 ID:fJxO5iPB0
読者が何を求めてるか…格闘が見たいのか、ストーリー重視なのか
格闘重視で行くならサブキャラ同士の格闘増やした方がよくない?
志狼だけの戦いばかりだと飽きる

620 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 23:36:13 ID:cocVMkoj0
もう飽きてる

621 :作者の都合により名無しです:2009/12/15(火) 23:51:04 ID:2beTT1FN0
月マガでももう最後の方になってきたしね・・・。

ワンパターン化してきた。
まだ出てきてないキャラって誰がいるんだろ。

622 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 00:12:18 ID:DX5Mp+1ei
あとは蜀の武将ぐらいじゃないの?
姜維はまだずっと先だし

周瑜死ぬまでに、黒と周瑜の決着、ライと虚空の会話とか、ホウトウと奇策と
描く事多過ぎるなぁ

623 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 00:46:55 ID:EShdKZx20
>>619
そうなんだよな。
いっつも志狼の格闘の場面しか無いんだよな。
同時進行で一騎打ちの描写があったのは伍真と摩牟が初めてじゃないか?
それで今の所は、呂烈さん&竜騎兵と甘寧の兵って所か。
ああ言った戦争の場面なら、普通なら他にそう言った描写があっても良さそうなんだが…

>>621
メジャーな所で言えば馬良・馬謖・ホウ徳・馬岱辺りか
荊州で襄陽に居るんだったら馬良・馬謖辺り出そうなもんだがな。

624 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 01:53:01 ID:pu9S0JrP0
赤壁のクライマックスなんかはよく出来てたよな〜
虚空vs志狼 仲達vs曹操(+志狼) 黄巳虎vs許楮 黒障虎vsますみ 虎豹騎vs曹兵
こんなところか

625 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 04:09:10 ID:qAdOE4Cu0
山原先生にお願いします
どうかご自身の余命と作家寿命をもう一度、よく考えて創作活動をしてほしい
突然、予期せぬ病に倒れる事もあります
手に震えが来るかも知れません
もうそれを考える年齢じゃないですか?

過去に作者死亡で、打ち切りになった作品の数々をぜひ思い起こしてほしい

626 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 04:27:07 ID:ZQTJkjtL0
主役の戦闘の割合は、男塾くらいが丁度いい。

627 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 05:23:33 ID:SDq1WmkE0
>>623
今、劉備って徐州にいるから馬氏の誰一人幕下に入らないんじゃね?w
かといって志狼の所に両者が入っても、内政とか無関係だし曹操配下になるしかない状態

628 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 07:13:59 ID:TxcjOu5KO
>>622
あの頃なら姜維は十歳くらいだし、子供キャラとしては丁度いいな。

629 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 09:08:06 ID:EShdKZx20
>>627
馬謖使って大失敗と言うストーリー作ったりとかw
使い道はある。


630 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 09:31:12 ID:d92dF5Y20
>>624
>虚空vs志狼 仲達vs曹操(+志狼) 黄巳虎vs許楮 黒障虎vsますみ 虎豹騎vs曹兵
これ、同時に描いてた訳ではないのが残念

山原の腕じゃ同時に描く事も出来ないだろうし、個vs個+集vs集を描く事もろくに出来ない
評判の悪い北遊編でも実証されてるし、赤壁でも実証されとる
くだらねえ巻末漫画なんて描いてねーでストーリー練り直して構成も練り直せばいいのに

631 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 11:48:03 ID:RqEVl46P0
仲達vs曹操(+志狼)
個人的にこれは熱かった。

632 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 12:12:45 ID:Ec/yyWZsO
やっぱ赤壁編のラストはよかったよなぁ
絵もすごくうまくなってきてたしさ
繚乱編になってからはなんかトーンダウンしたしなんのために戦ってるのかもよくわかんないし

633 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 13:42:44 ID:G+WcCo8WO
山原「私の描きたいもの=読者が読みたいものなんです(キリッ
   引き延ばしなどと文句垂れる輩は読まなくて結構
   まさに、皓雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや、です(キリリッ」

634 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 14:06:52 ID:Pr4g+8wS0
つまんない電話

635 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 16:08:11 ID:EShdKZx20
とりあえず張飛の一騎打ちを描けよ。
物語中、許楮としかやってないし。
しかも相手の負傷に気付いて途中で勝負を投げ出したし。
そのほか雑兵と戦ってる描写しかない。

636 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 16:33:31 ID:41PR9xvr0
今は張遼無双を書くべき

637 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 17:55:33 ID:EShdKZx20
張遼?
古傷が痛んで階段上がるのもやっとだからなぁw
それなら、まだ全然活躍していない徐晃さんに本気を出してもらってだな…

638 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 20:38:10 ID:ofi/Ozf/O
だから、キャラ淘汰の為に天覧武道会をやれと何度言えば・・

639 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 21:47:24 ID:kx4uuOXL0
張遼さん「グッ!本気を出して呉兵を蹴散らしたいのはやまやまだが足の傷が!!」

640 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 22:07:58 ID:7DknN0+F0
>>639
どこのミスターだよwwww

641 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 22:13:51 ID:wtrtFLf70
張遼は少なくとも甘寧と同等程度の力は持ってるはずだよなぁ。
まぁ敵になると+補正が、味方になると−補正が掛かるのは仕方ないのだが
極端すぎるよなw

642 :作者の都合により名無しです:2009/12/16(水) 22:56:24 ID:EShdKZx20
>>639
山原クオリティーだと、それがまさに現実になりそうだw
楼閣までなんとか辿り着いて、いざ呉兵と戦いになると
また古傷が痛み出して、そのセリフが飛び出して来そうだw

643 :作者の都合により名無しです:2009/12/17(木) 02:05:19 ID:KBqfxmPMO
無呼殿と馬超〜んは次いつ出るんだよ?
50年後くらいか?

644 :作者の都合により名無しです:2009/12/17(木) 21:38:49 ID:YFDqXxVP0
山原氏は今いくつだ?いくら長寿時代とはいえ100歳は無理だべw

645 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 03:23:19 ID:VH5HleJn0
趙雲なんて20万の兵に対して、門を開け放って孤軍奮闘してるのに竜の子ときたらw

646 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 04:25:03 ID:uOpZlzaC0
この漫画は読者は子供が多いが、作者は年寄りだからなあ
いろんな無理をして執筆を続けても、限界があるのを悟れよ山原

647 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 04:45:30 ID:YbydJJ6+O
三国志の基本的なストーリーからすると、現在の進行度はどれくらいのもの?

648 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 07:45:38 ID:tcfx4zy30
>>647
虎狼関辺り・・?
龍の子登場・曹仁撃破辺りが桃園の誓い〜黄巾との戦いとすれば、漫画内の赤壁=黄巾終了的な

649 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 10:07:39 ID:jXufcY3B0
>>645
趙雲は当陽で阿斗を抱いたまま曹軍の大群の中を突っ切ったってのに竜の子ときたら…

650 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 16:15:44 ID:+pYfZa/aO
対呉戦で来々活躍しなかったらもう活躍する場所ないべ

651 :作者の都合により名無しです:2009/12/18(金) 23:50:00 ID:VehHZd6h0
趙雲が父から槍術を習ってた時の基本三種あったと思いますが
突きと他はなんでしたでしょうか?


652 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 00:16:46 ID:uEv9pQHeO
内転、外転

653 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 00:26:18 ID:spKszDSH0
受け、払い、突き

654 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 00:28:22 ID:E9Rxem080
ありがとうございます


655 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 02:35:13 ID:QSUIApTK0
誰もシローの活躍なんて期待してないのにな
たまには史実の武将を活躍させろや

656 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 03:36:02 ID:OhXo6pJh0
>>648
本来だと曹操が漢中制圧に乗り出してるか、劉備が蜀建国に向けて動き出す頃じゃないかと?
諸葛亮いるし赤壁も越えたし、そうすると今後演義ベースだから本来だと馬超が親殺された仇を
取りに曹操の元へ、槍コプターで飛んでくる所なんだがw


657 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 03:36:57 ID:OhXo6pJh0
漢中制圧の方が後だったorz

658 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 05:48:05 ID:ATOGk0Pp0
>>655
甘寧将軍が活躍したYO!

659 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 09:39:34 ID:QJJ6GisXO
あんなのが甘寧だって言われても三国志ファンにはワッカネイな

660 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 12:57:33 ID:e8uOIioX0
>>659
大木殴って強くなったとか言ってるしな

661 :作者の都合により名無しです:2009/12/19(土) 23:01:18 ID:mTvtZnnS0
蒼天が神すぎた

662 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 11:10:34 ID:bdQoCBaK0
甘寧の気功術vs馬超の槍術なら
馬超の不可視の攻撃で即死させられそうだが…
四郎も武器使えよ

663 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 11:48:08 ID:R6Tt940T0
志狼「素手の相手には素手で対峙しなければならない・・・そんな気がする・・・っ!(キリッ」

664 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 14:25:26 ID:TD1ND2ww0
志狼「男の喧嘩は素手でやるのが日本男児の嗜み!」

665 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 15:53:04 ID:+xksGa47O
珍味並に燃えるバトル見してみいや。

666 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 16:15:40 ID:7X5K6U3L0
珍味のほうも、昔覚えた技とか使い捨てだよなぁ
もうずっと月マガ買ってないから読んでないが
バトルに関しては同意

667 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 17:50:34 ID:zK0IDXsv0
相手の気脈に通じて、先の先を取るのが闘仙術の極意だった気がするけどなぁ。
その当時ですら雷光の拳を止めれたんだから、意脈なんて反則技を身に付けた今ならなんでも通用しないと思うが。

…甘寧は光より早いんだろか。

668 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 18:15:16 ID:TmLoe8B20
志狼「あれ?音が 遅れて 聴こえる よ」
甘寧ファントム!

志狼「甘寧・・・!お前は音、光より早く動けるのか」
甘寧「いいや、俺は普通の人間だ。そんなことは普通の人間にはできない」

669 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 18:59:29 ID:TD1ND2ww0
>>667
黄の戦いの時に心眼も会得してるはずなんだけどな。
それ使えば甘寧倒すくらい造作も無いはずなのに…

670 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 19:23:53 ID:xOV74NoQ0
仙術によって気の流れを察知できるのでどんな攻撃も事前に読める
闘仙術によって仙気の合流で相手の動きを事前に読める
意脈によって相手の心中まで事前に読める

ここはめちゃくちゃだな
雲体風身修得の時点でどんな動きをとろうが気の流れはごまかせないって言ってたのに
今は超スピードにも完全対応できる意脈まで身につけてもまだ不十分とか

671 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 19:36:19 ID:qeiVQFg40
・シローは闘仙術で先の先を読める
・意脈で更に先手を取れる
・でも甘寧にシローの気は通じない
・まともにやりあうと体格の差が埋まらない
・甘寧は相打ち覚悟なので一撃で倒したい
・けど急所狙いはかわされる
・時間制限バトル
・学習能力皆無のシローはまた武器を使わない
・念体は禁止されてるので使わない

→シロー逃亡

そりゃ読者は誰もが槍を使えと思う罠

672 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 19:57:04 ID:7X5K6U3L0
橋を落とせば進行も止められるし、甘寧にも集中出来るだろうに…

志狼が辿り着いた時にはもうなだれ込んでこようとしてる最中で、橋を落としたくても落とせないってんならまだ納得するのにな
下手にVS甘寧を入れようとしたからgdgdになったな
肝心の甘寧戦も消化不良だし作者アホスww

>>671
素手相手に武器を使うのは主人公としては出来ないのは分からんでもないが

673 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 20:43:15 ID:TD1ND2ww0
>>672
実は3千人相手にすると言ったが、敵騎兵がある程度渡って来て
志狼に肉薄して来た所を見計らって空破山か衝破山で橋を
前衛の敵兵もろとも落とそうとしてるとか。
それならば、それなりに兵法の理にも適ってる。(志狼だから実行可能)
孫子には、渡河途中の敵は、敵が半分渡った所で叩けと言うし。

674 :作者の都合により名無しです:2009/12/20(日) 23:00:12 ID:b8bfewm70
あんまりいろいろ、この漫画がさも面白いように書くと
山原が勘違いするだろw

基本は山原が、時期作への熱意、創作意欲もない山原が、生活のために
ただ、ただ、長く連載さえ出来ればいいと、だらだらと長いだけの駄作

最初は良作だっただけに、それを食いつぶすだけの山原にはがっかりだ

675 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 02:29:30 ID:foWCaYgO0
キャラ整理が全く進んでいないのが残念
大地震で地割れで仲達以外の敵キャラ全員落っこちて大掃除でいいです
そうすれば嫌でも仲達との最終決戦するしかないから

676 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 07:26:53 ID:Lw+DF0xv0
青龍→鳳凰ってなった時も「な、何だってー(AA略)」よりもΣ(゚Д゚;エーッ!!
またキャラ数減らさないの?馬鹿じゃないの?って思ったしなw

677 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 11:29:53 ID:5bdx/au30
>>676
鳳凰になったって本性を現したって事は
青龍の時以上に強くなってるって事でしょ?
ただでさえ倒すのにやっとだったのに
甘寧倒せないとかボヤいてるような奴が
勝負になんてならんだろ。

678 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 12:28:03 ID:SjwqJ8SG0
ああいたな鳳凰。どうすんだろな。
虚空と再戦やったらもうそれ以下の奴とやっても冷めるし
最終的に説得して味方にすんのかな

679 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 12:53:35 ID:nsvphgr20
甘寧はFF6のガーディアンのようなもの。
放置して進めれば、その内倒せるようになります。

680 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 14:46:17 ID:5bdx/au30
もうこの漫画は作者の山原か、呉の周瑜どちらが先に病死するかの戦いだなw


681 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 17:39:02 ID:IO1I1a1MO
キャラ増やしすぎて収拾がつかない
まるでバスタード

682 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 17:46:42 ID:NAvwOLGA0
作者も把握しきれなくて、同じ名前が何人も出てきてたり、同一人物なのに顔が全く違ってたりwww

683 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 18:23:26 ID:SbCFuHqoi
絵のタッチが変わるのは良いんだ
漫画家の宿命だから
それよりもネーム練り直して欲しい

684 :作者の都合により名無しです:2009/12/21(月) 18:30:53 ID:NAvwOLGA0
いや、タッチが変わるなんて生易しいレベルじゃなくて…

>>256とか

685 :作者の都合により名無しです:2009/12/22(火) 11:05:53 ID:Kbs0gjL5O
もう15年以上やってるのにちっとも終わりが見えねェ。

686 :作者の都合により名無しです:2009/12/22(火) 12:08:17 ID:UgRFAosL0
とりあえず敵の中ボス連中を減らすようにしてほしいな
虚空が仲達から独立とか、劉備・曹操の武将と対決とかで仲達の配下減らしてもらわないと
全部シローがタイマンで倒してたら何年かかることやら

687 :作者の都合により名無しです:2009/12/22(火) 13:06:57 ID:fIr/1N0y0
>>686
だな。
何のために劉備や曹操の武将を登場させているかわからんからな。

688 :作者の都合により名無しです:2009/12/22(火) 14:16:34 ID:rn+zc0j9O
決まってる
「さっすが〜士狼さん、俺たちに出来ない(中略)そこにしびれる、憧れるう」
と言う役だろ

689 :作者の都合により名無しです:2009/12/22(火) 17:52:43 ID:AeeSC0QPi
展開遅い方がネーム考えるのは楽なんだろうけど
それならそれで、もう少し変化持たせて欲しい

690 :作者の都合により名無しです:2009/12/23(水) 06:33:31 ID:4HzFFEws0
>>686
曹操はともかく劉備陣営は、もうこの先活躍はありえなくね?
帝が率先して曹操&志狼抹殺に動いてるから、帝信奉者の劉備は絶対に表立って
動けない状態だし、当然政治的にも動けないから孔明テラ役立たずな現状w

武人なら単独で派遣とかも出来るけど、関羽は目立ち過ぎて作品的に出せず
張飛はまだ考えて動けないから危なくて出せない、趙雲は一回出しちゃったから出せないw

ウルトラテクで、帝が荊州領有を劉備に託すとかしない限りは徐州に引篭もり

691 :作者の都合により名無しです:2009/12/23(水) 14:12:14 ID:smw7NQ9V0
仲達のほうから劉備に攻撃すればいいじゃない

692 :作者の都合により名無しです:2009/12/23(水) 15:14:30 ID:5q0s6IfC0
>>691
大義名分は?
一応帝に忠誠を誓い、皇叔でもある劉備を討伐するとなると流石に
それなりの大義名分は必要。
ついでにいえば敵を増やすのは得策だとは思えない。
今の状態で劉備を釘付けにしておいたほうが利口。
もしどうしても討伐したいのであれば二虎共食で共倒れ狙いくらいか。

693 :作者の都合により名無しです:2009/12/23(水) 15:54:41 ID:AxSoS4cI0
ここはやはり青龍を皇帝至上派に戻すしかない。
そうすれば帝と仲達の不和にもっていけるだろうし
都から落ち延びた帝が劉備に庇護を求め、
劉備に荊州を与えるとともに仲達討伐の大号令をだせる。

山原、なんで五虎神とか治癒の力とか無意味な無駄設定にしたん…

694 :作者の都合により名無しです:2009/12/23(水) 22:29:10 ID:f8h1iDo70
>>692
曹操に送って曹操にも連名するように頼んだ
仲達討伐の血判状が露見するとかw

695 :作者の都合により名無しです:2009/12/23(水) 23:57:10 ID:auRZeqfw0
青龍の第三勢力的登場は結構wktkしたんだがなぁ。
結局シローvs仲達に組み込まれてしまった。

696 :作者の都合により名無しです:2009/12/24(木) 08:35:49 ID:4hR167tm0
>>694
ああ、そんなものもあったね
だけどそんな事やらかしちゃうと、只でさえ扱いきれてないキャラ捌きが更に
酷くなる罠、素人にはお薦め出来ないw

またその場合は帝が怒り狂うか、劉備を宥めすかすか、直接都に呼び出し→処刑フラグ
という演義ベースの馬騰展開も有り

697 :作者の都合により名無しです:2009/12/24(木) 14:32:23 ID:iRdRGi7c0
>>630
他の二組は偉そうにタラタラ余裕こいてるだけで決着しないのが腹立たしかったな
結局は、虚空も仲達の影も志狼が連戦だし
しかも仲達の影に至っては当時、虚空と同等の設定だったにもかかわらず途中からパワーだけのボンクラに成り下がる始末

匈奴編の黄と青の時もダラダラしてて結局志狼が連戦する構図

698 :作者の都合により名無しです:2009/12/24(木) 15:19:07 ID:hOMspiBO0
この作者って戦略重視したら戦略説明だけで一話埋ってるんだよな。
バトルも数話かかってるし、これが遅い原因だろう。
展開早くしたら読み手は作者の戦略(ストーリー展開)に突っ込み入れるだけになるし、
虚空がサッサと退場してないのがそもそもの間違いなんだろう

699 :作者の都合により名無しです:2009/12/24(木) 20:18:54 ID:UJgfOIaK0
>>696
いや、帝に呼ばれた時には、外で雷鳴って怖いから行けませんと拒否

700 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 04:36:39 ID:6X0ku4fi0
>>698
虚空は呪縛解けたみたいだから定番の「勘違いするな、お前を倒すのはこの俺だ!
それまでにこんな奴らに倒されて欲しくないだけだ」のセリフを吐いて志狼を援護する
とか使えるけど、無呼とか鳳凰とか赤と黒と白はもう消えていてもいい筈w

>>699
出仕拒否を理由に徐州から追い出されたら、また活躍する事もあるだろうけどなーw

701 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 05:18:23 ID:hjCNbD7s0
ますみって帝とエッチはしてたの?

702 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 06:27:35 ID:cu4Ikv4I0
今のところ手コキのみ
だからこそ余計に帝の懊悩は増すばかり

703 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 07:11:19 ID:11Pqqiuj0
少年漫画だから都合のいいように設定してるだからなぁ
本当なら最初の戦場に降りたときに、兵士たちに強姦されて終わり

704 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 07:55:49 ID:If1M2/Ng0
本当なら(笑)

705 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 12:07:01 ID:nMwGeXOK0
シロウも美形に分類されるのだろうか。
それとも容姿に関係なく掘られる?

706 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 13:42:27 ID:kHaZap1oi
ホウトウすら最近見てない気がするが気のせいだな…

707 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 14:48:49 ID:EG9Z5UHSO
>>701した。最初の晩は2回した

708 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 16:13:13 ID:LG+aLZHO0
>>706
そうなんだよなw
城門の一つが落ちると言う緊急事態にも関わらず、
全作戦の立案者である軍師が呑気に屋敷で寝てるんだろうからな。


709 :作者の都合により名無しです:2009/12/25(金) 18:31:25 ID:3rM+o5XJ0
放蕩軍師だな

710 :作者の都合により名無しです:2009/12/26(土) 16:14:04 ID:gGS5a5gc0
放蕩先生がそんな役立たずなはず無い!

711 :作者の都合により名無しです:2009/12/26(土) 16:32:25 ID:fZ6ZqYTA0
放蕩は別の場所で策の準備してるんだよ

712 :作者の都合により名無しです:2009/12/26(土) 18:42:00 ID:0o8BcMZk0
深夜遅くだから酒喰らっていびきかいて寝てるって

713 :作者の都合により名無しです:2009/12/26(土) 20:36:02 ID:xcc+ex/UO
まだ、仲達が最強なの?



714 :作者の都合により名無しです:2009/12/26(土) 23:27:05 ID:5ah4ZDfs0
最強はアイリンの求婚をモノともしない志狼だろ

715 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 00:19:05 ID:vQAzQeQv0
山原以下、アシもこのスレを熱心に見てると思うと考えるものがあるな

716 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 05:42:25 ID:ImALt39PO
久しぶりにちょい立ち読みしてきたが、全然話がわかんなくなってたw
てか、読まなくなった理由思い出したwレイプされた貝以降読まなくなったんだわw
帰ってすぐカキコしようと思ってたのにそれすら忘れるなんてw
なんかアンチぽい?

717 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 09:54:49 ID:vQAzQeQv0
>>716
レイプとか意味不明
他作と勘違いしてるんじゃ

718 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 10:16:57 ID:mmsZ3SKDO
闘仙術の時のことちゃう?

719 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 14:06:55 ID:9gNiggh80
まぁこの漫画の意義は、ゲームの三国志で
新武将を作る時に貢献してるくらいだな。

720 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 17:42:42 ID:gmvUB328O
>>716
とっぽい。

721 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 18:14:06 ID:poccxyxs0
>>716
携帯厨だからスレを最初から読んでないんだろうが、
このスレだけでも皆結構不満ズラズラ書いてるよ

722 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 18:49:48 ID:yiR35Y7m0
というかもう不満だらけじゃねw
展開がワンパターンすぎてマンネリ化が酷い

723 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 19:23:53 ID:gBPtSDTL0
月マガってアンケート葉書って付いてないんだっけ?
わざわざ官製葉書買ってまでつまんないって書くのも変だしなぁw

724 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 20:40:59 ID:9gNiggh80
>>723
講談社のHPでお問い合わせ欄があるから
そこから問い合わせ形式で質問と言う形でぶつけてみては?

725 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 21:11:49 ID:gmvUB328O
俺はわざわざやってるよ。
その方が、意見としてきちんと聞いてくれる気がするし。
雑誌作りに参加してるつもりにもなれるしw

726 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 21:39:34 ID:efTVzs+q0
曹操の墓ミツカタ

【国際】河南省で曹操の陵墓発見…遺骨も出土 - 中国
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1261911889/

727 :作者の都合により名無しです:2009/12/27(日) 23:24:49 ID:Ox6Gxn2E0
50を過ぎても流石は中原の覇者・・・みたく仲達に言われてたから
作中ではあと10年は生きるのか

728 :作者の都合により名無しです:2009/12/28(月) 02:58:22 ID:6GSWMUbQ0
>>719
天地志狼
武力96 知力92 統率90 政治67 魅力98

729 :作者の都合により名無しです:2009/12/28(月) 03:13:56 ID:Tt8ktd4b0
三国志8は、歳取ると能力が落ちてたような。
シローの知力は、かなり落ちてると思う。

730 :作者の都合により名無しです:2009/12/28(月) 03:20:43 ID:7K8kGm++0
>>725
正解だな
だが講談社も作者も2ちゃんねるを覗きたくなる誘惑からは
脱しきれないだろうな
特にアシスタントみたいな若くて自制心がない者が抗し切れるわけがない
しっかりかぶりついて見てるよ

731 :作者の都合により名無しです:2009/12/28(月) 10:39:43 ID:tSf9XinS0
人気マンガのスレとは違って流れが亀だけど、その方が、
クソレスが少ないという点で、見易いと言えば見易いか。

732 :作者の都合により名無しです:2009/12/28(月) 12:16:29 ID:OmTZgS7S0
皆ツッコミ入れるのを楽しんでるからスレの空気はいいよね
過度な盲信者もいないし

733 :作者の都合により名無しです:2009/12/28(月) 14:04:51 ID:9dc1glD+0
>>728
私的には、志狼の統率、魅力の値は平均くらいで、突出している訳ではない気がする。

知力も実際、歴史をある程度知っているということの知力を考慮して高い値があるのはいいが、
そこまで突出している訳ではないと思う。
将として突出し過ぎだし、突出するのは仲間が傷つくのを防ぐ為だとしても、指揮を執っている
人間からすると、何飛び出し過ぎてんだこの脳筋バカと思われても仕方がない部分が多々ある。

734 :作者の都合により名無しです:2009/12/29(火) 02:16:03 ID:/PphLsth0
>>732
ここにいるぞ!

735 :作者の都合により名無しです:2009/12/29(火) 03:23:10 ID:D8fg7uhU0
魏延逃げてー

736 :作者の都合により名無しです:2009/12/29(火) 11:01:54 ID:Bx6o5Fht0
>>733
知力に関しては最初期の「物事の要訣を掴むのが上手い」設定で、勉強すればどうにかなるってオチに
なると思うんだけど、最初期から今までほとんどあの時代の学問に触れる機会が無いままw

魅力が低いのは民兵募集した時に、集まりが悪かったので・・・・・・w
あと突出するのは問題無い気がする、現状は自分が将だし過去には客兵扱いだったから
そもそもそんなにアテにはされてない、もし組み入れられてたら功があっても斬首沙汰だけどw

737 :作者の都合により名無しです:2009/12/29(火) 14:27:35 ID:f5GBbTzEi
アイリンだけじゃなくて、俺も癒されるから
また、仙術で女装してくれ…

738 :作者の都合により名無しです:2009/12/30(水) 01:05:10 ID:s4gkIAu60
テスト

739 :作者の都合により名無しです:2009/12/30(水) 01:17:24 ID:s4gkIAu60
規制が解けたので。

>>733
知力は天性の直観力と言うか洞察力があるくらいで、
普通に知力は一般武将より若干優れているくらいだろう。
一見、志郎の知力で策などが成功している様に見えても
その実が彼の天運の相が作用しているだけだしな。
歴史知ってるって言っても、志狼が知ってる歴史は狂っちゃってたから
その辺りは全く役に立たず、せいぜい有名武将の簡単な経歴や
性格・寿命を知ってるくらいしか役に立たない。
統率の面も、志狼一人で飛び出して行って、他の部隊の連中は戦闘中に、
将もしくは軍師である志郎から戦闘指揮を全く与えられず、
そのまま戦闘終了。
まさに放置プレイ状態。

740 :作者の都合により名無しです:2009/12/30(水) 05:19:58 ID:R8fapsZo0
>>739
ぶっちゃけた話今現在、志狼に部隊の統率を求めてる人間ってイナクネ?w
武術指導自体は望んでて尊敬もされてそうだけど、各々が自分で考えて動ける人材
揃いだから

それにしても三国志演義と漫画で同じ素材扱ってて、演義の方が各戦の凄みが出せてるっての
もなんだかなーw
足が痛くてベンチ入りの張遼ですら正史じゃ、10万の孫権軍に対して800の精兵で追い払ってるのにw

741 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 04:26:38 ID:8uYUoxRY0
五虎神は仲達の念体オチ

742 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 08:36:09 ID:B72RRxAP0
ツマンネ

743 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 16:18:15 ID:FEZcL+B5i
来年でなんとか周瑜が力尽きて天にめされるとこまて描いてくれ
というか、このペースならいけそうな気がする

744 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 20:14:57 ID:dB00Ri8F0
オチは途中で周瑜が死んで撤退でグダグダなまま戦は終了の予感

745 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 20:54:43 ID:9x3RHg3E0
>>743
来年なんて言ったらいつも通りの時間稼ぎのダラダラした展開をして
結局再来年に持ち越し、もしくは年末くらいにやっと死ぬ方に行きそう。
とりあえず夏までには死なせてほしいものだ。

746 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 23:37:47 ID:GTfo4V1Ai
覇ーロードーもだけど三国志演義が有名なだけに
展開の遅さには辟易してる…

747 :作者の都合により名無しです:2009/12/31(木) 23:43:08 ID:j2ICuYJQ0
>>744
周瑜は仲達絡みで死ぬか死が速まって、残った呉の連中が反仲達勢力に入らないと
周瑜の元部下がまた戦争しかけたりグダグダされそう・・・

748 :作者の都合により名無しです:2010/01/01(金) 00:34:42 ID:PPXJ1JGT0
周瑜が急死して、呉の正規軍が先に撤退、
野党中心の南荊州兵は後詰めとして捨石にされる。
それに気付いた南荊州兵が呉軍を追っかけて攻撃だろ。

749 : 【豚】 【709円】 :2010/01/01(金) 00:45:37 ID:TEVKOSCw0
大吉だったら例の侍女が暗躍する

750 : 【小吉】 【654円】 株価【25】 :2010/01/01(金) 08:03:52 ID:x7XvSnev0
1000円越えたら月マガ2冊買ってくる

751 :作者の都合により名無しです:2010/01/01(金) 08:36:47 ID:39y12/qo0
>>748
わざわざ呉軍追撃するより引き続いて荊州攻めて、自分達の根拠地にするんじゃね?
劣化黄巾党みたいにw

752 :第34話 一対三千 :2010/01/02(土) 16:08:47 ID:NOsSSxWiO
《ズアアア》
徒手『空破山』で馬の足を止めた志狼!
西門を守り抜けるか!?
「馬の足から出血だと!?ばかなっ斬られたというのか!?ハッ」
《ゴッ ガッ》
「ぐっ」「がっ」
《ドウッ》
《ザッ》
「うっ」「なんだ、あの少年は・・・・っ!!」
「奇怪な術で騎兵を倒すとは・・・・っ」「まさか、あの少年が・・・・」
「竜の子!!」
「どうした、敵は一人だ!!。たとえ竜の子だとしても臆する!!」
『呉軍屯騎将軍李衛』
「進めっ、城門を越えろ!!、不落城・壤陽を我らが制覇するのだ!」
「おおっ!!」
《ガガッ》
《ドドドドドド》
「く・・・・っ」
「まったく大した奴だぜ竜の子」
「俺を倒さねば城門を閉じることはできぬ。それ故に三千の騎兵を一人で防ぎ、曹兵の集結を待つ気か!」
「だがそれは過信だ!!。俺一人に勝てぬ者が三千の兵を止められぬ!!」
《ガカッ》
「竜の子だろうと関係ないっ。邪魔をする者は全員打ち倒す!!」
《チャ…》
《ヴオッ》
「ギヒッ」
《ドオッ》
「ぐわっ」
「うっ」
「ぎゃひ」
「ぐおおお」
《ビュッ》
《ゴッ》
《ガッ》
《パシッ》
(只今、呉軍騎兵隊一方的に虐殺され中!!!!)
「槍二本で一度に馬数頭を串刺しにして突進を止めただとっ!?。ば・・・・化物め!!」
「ぐひっ」
「ぐわっは」
《ドカッ》《ベキ》《バキ》《ボキ》
《ドスッ》
《ギン》
《ヒュ》
《バッ》
《ボッ》
《ゴキッ》
《ガッ》
《ジャッ》
(只今、甘寧将軍は解説しながら休息中です)


753 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 16:27:24 ID:NOsSSxWiO
「いや、それだけじゃない」
《ヒュッ》
《ト…》
《バン》
「橋の上が味方の兵と騎馬の死体の山で・・・・」「こ これでは・・・・っ!!」
(そう・・・・馬が全速で駆け抜けるのは不可能ばかりか・・・・満足な足の踏み場もない)
(倒した騎馬や兵の山で障害物をつくった・・・・倒した騎馬や兵をよけながらの足では、竜の子の槍の餌食になるだろう)
(俺と戦っている最中でも、三千の騎馬を止める作を練っていたのか)
(これが竜の子、名に違わぬ希代の武人!!)
「ええい弓だっ、矢で倒せいっ!!」
《ビュオオ》
《ブアッ》
《ジャッ》
《バッ》
《バッババ》
《ブババッ》
《ビッ バッ》
《ジャバッ》
《パラ ボトッ》
《シュウウウ》
《ユラ・・・》
《ドヨ・・・》
「そんな・・・・っ」
「外套だけで矢の雨をたたき落としただとっ。あいつは何者だ・・・・。俺は何を見ている・・・・!?」


《ワアアアア》
「ちくしょう、こいつら意外と強いぞっ」
「城門を確保しろっ、呉の騎馬が攻めてくるぞ!!」
「むう・・・・」
(場内の曹兵が集まって来たか・・・・っ!!)


754 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 17:11:38 ID:mjjGe/Xvi
お疲れ

というか、顔ありはまた志郎と甘寧だけなのかよ…

755 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 17:32:36 ID:h81X/wtv0
バレ乙!

甘寧はなんで黙って見てるだけーなんだ?
弓矢はひっきりなしに撃ち続けろよ
だからなんで橋を落とさないんだ
呂烈の方はどうなってる

見てないけど今回のツッコミはこんなとこか?

756 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 17:36:33 ID:h81X/wtv0
あー、甘寧を都合よく生き延びさせるために(笑)援軍を待って追い出して橋を上げるつもりか

757 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 18:05:00 ID:nmFzItCn0
バレ乙

あれ? ユウキ(笑)たちって炎の壁乗り越えたんじゃなかったっけ?
甘寧も何してんの? バカなの?
志狼は橋落とせよ!!! もしくは油撒いて火をつけろよ!!

そいやマントで矢の雨を払うのって英雄(HERO)でやってたやつっぽいな。
山原が最近観たのか?

758 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 21:20:16 ID:Lc9YH02+0
呉軍屯騎将軍李衛

またオリキャラか

759 :作者の都合により名無しです:2010/01/02(土) 23:03:27 ID:LnFR+wXr0
山原「オリキャラは動かしやすいんで^^」

使い捨てオリキャラ多すぎだろ

760 :作者の都合により名無しです:2010/01/03(日) 05:25:36 ID:FZa6GTsy0
甘寧がテリーマン化してる件

761 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 07:13:51 ID:jigJsnLE0
何年かぶりに読んだらまだ虚空生きてんのかよ
つーか死んだキャラいるのかこれ

762 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 07:29:13 ID:1MPbmiQp0
死んだキャラはいないが、キャラが死んでるんだよなコレ

763 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 10:14:39 ID:qgikT0tz0
呼厨泉さん・・・

764 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 14:34:08 ID:dnfXB0Ngi
読んだけど酷いなこりゃ
掲載順も一番最後ってのが気になるが大丈夫か?

765 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 15:17:21 ID:xtxmVsL50
>>761
死んだキャラ・・・黄尸虎
作者に忘れられたキャラ・・・美芳、無呼、白冥虎、楓

766 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 15:35:56 ID:OsK4NhXb0
楓って誰だっけ

767 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 16:57:55 ID:gbuFBYjI0
>>766
野盗に襲われてる所を助けて、その後後宮に嫁いだ人?

768 :作者の都合により名無しです:2010/01/04(月) 17:06:33 ID:OsK4NhXb0
あーそういえばそんなのもいたような…w

769 :作者の都合により名無しです:2010/01/05(火) 08:40:32 ID:k73CjDmZ0
>>765
モンランとジョショもいるぞー
名もなきモブ系だと、曹操の処刑された息子達
リカクも一応死んだちゃ死んだ
ちゅーたつの影武者も死んだ死んだ

擁護にもならんなこれ


770 :作者の都合により名無しです:2010/01/05(火) 17:38:29 ID:CSoeHG010
今考えると、北斗の拳って本当に凄かったんだな。

あの作画とストーリーと内容の濃さで週刊連載・・・。

山原もどれかひとつだけでも見習えよ。

771 :作者の都合により名無しです:2010/01/05(火) 17:41:57 ID:T3fH85NU0
北斗は分業だけどね

772 :作者の都合により名無しです:2010/01/05(火) 22:05:37 ID:cWpfbykk0
結局カンネー戦再会かよw
今月も話進んでない…というか、無くてもなにも困らない回だったなあ。

773 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 03:34:18 ID:8+U3cerd0
つうか竜の子とタイマン張るのが仕事だろうが甘寧
なんで自分に背中を向けて走り出した竜の子放置して眺めてるんだお前はw追撃して倒しちまえよ
で馬数頭と兵士やられてから参戦ですか意味不明すぎる

774 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 05:19:31 ID:BfqUn0vJ0
掲載順最後尾がすべてを物語っている
読者の大半が離れていった&話がつまらないと思っている証拠だわ

775 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 07:05:47 ID:VHKP5FI70
北斗の拳はオールスターに作家よる分業だったからな。
山原も赤壁の時はアシを総動員して、やっていたと文庫でいってる。

燃え尽きたんだったらもういいんじゃないの?

776 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 10:57:59 ID:d3I0XyFbi
陸ソンが捕まってなければ甘寧は志狼だけ相手に出来たのかな

777 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 12:39:26 ID:f91LhGGD0
>>774
そうだね
それが何よりの証拠だね

山原とアシよ、まずよく考えろ
このままだと連載休止だぜ

778 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 15:39:12 ID:8wLWU7RV0
ポツポツと休みだしていつのまにか見かけなくなって
完結でも打ち切りでもなく休止という生き恥

779 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 15:51:21 ID:lAHEiOV50
本気で読むの忘れてた

780 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 16:29:53 ID:JR/4OlzQ0
>>770
じゃあ、武論尊に原作をやらせれば

781 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 16:34:29 ID:M2gK4mVlO
話が進まない
アップが多い
全体像が無い

このじりじりじりじりとした進まなさ…
歴史版わたるがピュンとでも言いましょうか

782 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 17:41:17 ID:znBF9qH0i
スペリオールの覇が確か武論尊がストーリー担当だったような
あっちもグダグダ…

783 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 17:45:48 ID:1mm+MJVB0
もう数カ月進んだら、志狼がさらにピンチになり
騒ぎに気付いた蓮花がヒョコヒョコ出て来て
参戦するも、敵に負傷させられるか
蓮花を助けようとしたユウキがやられて志狼がキレて
念体もしくは破凰全開フルパワーで敵を簡単に蹴散らすんだろうさ。

784 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 18:28:23 ID:2p9FqYDP0
>>783
人はそれをワンパターンと云うのだが・・まさかねぇw

785 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 19:28:57 ID:iuV/z8fE0
ゲームを借りパクしたり、売り払ったりする。万引き自慢。不潔、異臭。
性格が悪い。嘘をよく吐く。暴力を振るう。パチンコ屋。暴力団。創価学会。
これに当てはまる人物には気を付けよう。

  Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <丶`∀´> <  レ○プ・放火はウリの国技ニダ!選挙権よこせ!
 (    )  \__________
「朴痴漢」

日本の凶悪犯罪のほとんどが                 『 朝鮮人 』
日本人に成りすましている悪人が               『 朝鮮人 』
勝手に密入国したくせに、被害者を装うのが        『 朝鮮人 』
息を吸って嘘を吐くのが                  『 朝鮮人 』
「在日,特権」で脱税するのが                  『 朝鮮人 』
パチンコCM広告費でTV局を抱き込むのが      『 朝鮮人 』
ネットで正体をバラされ焦っているのが           .『 朝鮮人 』
ネトウヨ!ネトウヨ!と連呼するのが                 『 朝鮮人 』

日本に潜む在日韓国・朝鮮人は65万人。
帰化していない。日本の国籍を持たない外国人だ。
超凶暴!知らずに関わると後悔するぞ。
友達にも教えてあげよう。

http://www.youtube.com/watch?v=cjfppNK9ObI

786 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 19:32:11 ID:XhH85glAi
水戸黄門の偉大なるマンネリ目指してるんじゃないの?

787 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 19:41:08 ID:SZkrTTRq0
もう毎回、月マガの最後じゃないか・・・

もうマイナー人気しか残ってない?

788 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 19:49:03 ID:AF+IfvJU0
単行本の売り上げはいいみたいだよ。でなきゃ2、3ヶ月前で月マガ表紙を飾らないでしょ。


最後尾なのは、

「作者が病気で遅筆のため」 ヤンジャンのZETMANと同じでしょ。

789 :作者の都合により名無しです:2010/01/06(水) 20:15:40 ID:1mm+MJVB0
>>787
毎月バーッと捲って全然見当たらないから
あれ?今月はお休みかな?と思う事が多々ある。

>>788
以前あった花鳥風月てのは、ほぼ毎月後の方だったぜw

790 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 00:12:53 ID:nHSsS0Vo0
もう作者もどうしていいか分からなくなってるんじゃないかな。
この漫画はもう何年も前からgdgdだが、特にここ1年くらいのgdgdっぷりと先の見えなさっぷりは明らかに異常。
個人的には、レンファと志狼の恋愛フラグを何年かぶりに復活させたあたりちょっと期待してたんだが、
それも単なる場当たり的なネタ作りにしか過ぎなかったのかも。

791 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 03:22:47 ID:5IBtZsuK0
月マガでダラダラ長く続ける作品が多いからなー
20巻を目安に綺麗に完結させましょうって言う編集はいないのかね

792 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 04:30:00 ID:oGmW147D0
>>776
あの当時のりっくんってそんなに重要人物では無いから、放置されててもある意味不思議ではないかも?w
甘寧とそんなに接点無かったと思うし、何より脳筋の甘寧が勝負の最中にそんな配慮出来る訳も無しw

793 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 05:25:01 ID:4QD22SaT0
>>788 
表紙といっても前向きなものではないでしょ。
だいぶ昔に読むの辞めちゃった人に対して、まだ連載してるぞみたいなw

794 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 09:05:56 ID:5jkrLFMB0
海皇記の方が先に終わるとは思わなかったぜw
あっちはもう〆に入ってるよな1年有れば綺麗に終わりそう

795 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 10:52:54 ID:Vlvrg7Gii
パワージョーは

796 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 10:53:15 ID:Vlvrg7Gii
すまん、誤爆した

797 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 12:16:52 ID:80ZroN9N0
>>791
週刊だったら煮詰まって時間稼ぎにある程度ダラダラしても良いが
月刊で何年もダラダラは正直キツイよな。
しかも1つの編が終わったら半年くらいの休みに入るけど
休み明けても相変わらずグダグダって…

798 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 13:03:39 ID:Jdyy7Uv40
結局、甘寧とやるのか…
今度は向こうがやる気満々という点で隙は出来そうだが、
決め手はやはり、念体になるのかな。

799 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 14:28:38 ID:r4gozVyX0
>>788
表紙になるのは、なんとか挽回しようとする編集のあせり
ろうそくも消える最後は明るくなる

800 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 14:34:41 ID:OOkNeDBV0
甘寧が張遼と戦わない
鳳雛の出番がない
周瑜が橘右京みたいにしつこい

ため息しか出んわ

801 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 15:22:22 ID:csneHN440
どいつもこいつも竜の子に執着しすぎ

作者もな

802 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 15:49:56 ID:4cRrcBvei
今更龍の子の完璧超人ぶりを確認させられてもなぁ

803 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 20:22:38 ID:s/8suiVA0
>>516
追っかけてきちゃいました

804 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 20:37:04 ID:zci3EVqL0
チンミですらシーファン主役のサイドストーリー書いてるのに
ここの作者の志狼マンセーには困ったもんだ。
別に主役を蔑ろにしろって言ってるわけではない。
物語に膨らみを持たせるために脇役にもスポットを当てた方が良いと思う。
今更遅いけど張遼VS甘寧のガチバトルをやって怪我の為に
張遼ピ〜ンチ!って時に志狼登場。それから志狼VS甘寧でもよかった。

805 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 21:33:11 ID:Jdyy7Uv40
シーファン彼女出来て良かった。

806 :作者の都合により名無しです:2010/01/07(木) 22:00:04 ID:Ekn9npOQ0
姫さん以上に別れフラグ立ってるけどなw
姫さんは姫さんで、殆ど絡まなかったチンミがいつの間にかフラグ立ててたしw

ああ、他の連載作品の話は楽しいのに・・

807 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 00:18:37 ID:wu7m5P1d0
>>794
修羅の門もそうだけど、30〜40+αで終わらすことを最初から念頭に置いてるのかもね。
というか、最初からストーリーちゃんと立ててあるとか・・・

それに比べて40過ぎて泥沼・・・

808 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 03:24:35 ID:XlU4Obt+0
>>807
修羅の門はコミックスのあとがきで作者が言い訳してたよ。
要約すると
ファンレターで結局は人殺しが最強なの?と言われたのがショックでやめた。

809 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 03:38:47 ID:tzboWcc00
>>808
そんな事でショックを感じるまえに、いろいろ考えるべき事があるのが山原
もうすでに巻末の掲載が常態化しているのに危機感はないのだろうか

810 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 05:34:55 ID:e/6WDZD30
>>809
もうちょっと本編が面白かったり、編集部に力があったら三国無双全盛時に
志狼がコラボ出演とか、アニメ化とか色々狙えたのにな

811 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 09:46:50 ID:XlU4Obt+0
だがしかし、特に何のブームもなかったカペタはアニメ化してるわけで。
三国志ブームをもってしてもアニメ化する価値がないと判断されただけのこと。


812 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 13:18:52 ID:mSuXJZ3G0
>>811
だな。
未来から来たのに、最大のアドバンテージである
未来人としての知識を生かした描写が全く無く、
ただ淡々とワンパターンの戦いをしているだけだからなw

813 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 14:38:23 ID:TWGFvU7u0
俺は逆にアニメ化して欲しかったけどな。
脚本家が良い具合に改変してくれれば良い作品になったと思うよ。
まぁタイトルと主要キャラ以外は全く別物が作られたかもしれないがw

814 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 18:26:43 ID:dILbhUJVi
とにかく年も変わった事で心機一転、テンポ良くして欲しいな

815 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 22:19:45 ID:vP3BwB0J0
普通に五虎神(だっけ?)VS名将のバトルとかでいいのに
シローが出てくると手品みたいなので勝ってつまらん

仙術を身につけさせたのは大失敗だな
格闘術だけで十分だった

816 :作者の都合により名無しです:2010/01/08(金) 23:45:48 ID:Go9c63B70
今月号ちょーばろすww
巻末だしかんねえちょー顔がこわいし

817 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 02:12:28 ID:dvzDGrvq0
しかし甘寧に背向けて橋に行って三千騎と戦うお
ってシローが始めた時は信じられない馬鹿だな思ったが
今月で甘寧がさらに輪をかけて馬鹿なことが判明したw
お前龍騎兵が炎突破して門に近づいてきてるのにそれ無視してシロー今更追うのか
龍騎兵が甘寧とシローと三千騎無視して門閉めたらそれで詰みじゃねぇかorz
シローは悟性(笑)で脱出できるからいいよ

818 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 03:38:57 ID:bxERcvs/0
>>815
>普通に五虎神(だっけ?)VS名将のバトルとかでいいのに
禿同
何もかも志狼一人で背負い込んでるから無理が出過ぎる。
これじゃあ何のために念体すら見切ってしまう関羽とか
強い武将を登場させているか分からん。
許昌に居る馬超も「いい加減俺の馬返せよ」と怒ってると思うぞw

819 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 05:13:16 ID:gzg7ZvqfO
今日初めて35巻までよんだ、面白いがgdgdな感じがする
主人公微妙 格闘が北斗ぽい。作者いったい何がしたいのか?ハッキリしろコラ!

820 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 08:54:47 ID:+Obo1aYH0
まったくだ。趙雲VS黄し虎とかでこの路線かと思ってたら・・・

いつの間にか、関羽や張飛は別格扱いで全然でなくなったww

821 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 09:19:19 ID:/E5WzaDYi
趙雲はその戦いは良いどころなかったんだよね…

822 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 13:50:40 ID:NhpiC1DY0
徐晃とか他の将軍たちはなにやってんの?寝てんのか?
張遼は足が痛いとかふざけた事いってたよな。呂烈も手が痛いとか。
舐めてんのかよ

823 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 14:03:01 ID:AbemRlip0
史実の名将が参戦したところで、結局はシローのお膳立てに使われて名将としての株が下がるだけ
それならむしろ登場しないほうが賢明だと言えるw
シローも大狼との戦いで大人しくリタイアして軍師に専念すれば今のような展開にはならなかったはず

824 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 14:24:13 ID:Q/EA+Y6p0
シローを軍師にすると、作者がオリジナルの策を考えなくちゃならなくなる→無理www
今までも読者視点では、シローは軍師としては大したことやってないだろ?

825 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 15:00:00 ID:Ny2HwoU0i
>>824
一応歴史知ってる利点利用して色々ナイスな助言とかしてる
曹仁の夜襲もシローの機智で乗り越えたイメージ

826 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 16:00:30 ID:W28KEXSn0
>>825
その歴史知識を生かした助言も赤壁まで。
志狼の策が戦の中でガチで成功したのは曹仁の夜襲の一戦のみ。
あとは霧を利用して蔡ボウの船団を誘い込んだくらいか。
それ以降の史実的な部分は周瑜の寿命言ってるくらいだろ。

827 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 16:21:21 ID:L0ULvLb60
新聞で載ってたがタイでは、漫画の売上で六位らしいから、そうそう打ち切りにはならないかも

828 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 16:26:40 ID:YcDr7WSX0
>>827
タイ人が数十円で買うような本で現地の業者へ手数料を引くと
どれだけの収入があることやら
国内や先進国でさまざまなメディアに露出しているのとは次元が違う

829 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 18:24:28 ID:gzg7ZvqfO
強いはずなのに、ここまで強く見えない主人公も珍しい。

830 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 19:08:30 ID:W28KEXSn0
>>829
アニメのドラゴンボールで言えば、
ナメック星から帰って来た後にやった
オリジナルのガーリックJr編みたいなものだな。
フリーザの第2形態と互角だったピッコロが
ガーリックJrやその手下に大苦戦w

831 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 20:08:47 ID:62+Nhhvl0
格闘漫画の方が頭使わなくて良いから楽なんだろうね。
パンチやキックしてればページ稼げるからねぇw
前に誰かが言ってたけど週刊ペースならそんなんでも許せるのよ。
主人公の顔アップとか見開きとかさ。
でも月刊誌でそれはないんじゃないですか?ってことなのよ。


832 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 20:20:28 ID:Q/EA+Y6p0
DBのあの毎週延々殴り合いは流石にウンザリしたけどな

833 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 20:27:55 ID:8qd1mKhh0
おまえアニメしか覚えてないだろ。
原作はペース速いぞ。

834 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 20:40:07 ID:Q/EA+Y6p0
>>833
原作が遅々として進まなくて、アニメもgdgdになってた覚えがあるんだが

835 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 20:57:41 ID:GDe6FeUz0
当時、一週丸々フリーザとの殴り合い+爆発に終始した回があったなぁ(TV
子供ながらにこれはおかしいと思った

原作が進まないというかTV版が追いついちゃっただけだったような

836 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 21:13:22 ID:5tnVQnQi0
無策にも三千騎に向かったからこそ、志狼は活路を見出した。
これが天運の相の加護というものか!

837 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 21:13:57 ID:SGB/jMct0
>>826
長坂で凧揚げして敵をひるませて一時的に足止め成功
志狼によると、この時代には凧なんてないから敵を脅かす効果あり

一方、覇Lordでは董卓が凧に乗って洛陽の町を偵察

838 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 21:18:57 ID:qHzDRzLm0
>>834
原作に追いついたからだね
アニメはフリーザー編終了後にオリジナル話入れたらセル編以降はテンポ良くなった筈

839 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 23:17:05 ID:W28KEXSn0
>>835
アニメだかはフリーザの変身準備だけで終わった回も無かったっけ?w

>>837
あれも部隊を連れて来たのが赤飛虎のみだったから成功したんだよな。
うっかり仲達とか虚空など気を読める人間が来てたら、その時点でゲームオーバーだw
実際に志狼立案で、軍を動かして策を成功させたのは曹仁と蔡ボウしかない。
凧もそうだが、あとは志狼が単独で動いてたものしかない。(お手伝いさんは別)
諸葛孔明の兵法にも、統率者の器として十人・百人・千人・一万人・十万人・天下の統率者と
分類しているが、そのに照らし合わせると志狼はどれにも当てはまらないw
彼は十人以下の統率者って事だ。

840 :作者の都合により名無しです:2010/01/09(土) 23:20:03 ID:FOfiAwl30
DBで覚えてるのはなんか魔人ブーでのバレーボールに一話かけたときだな
子供ながらにフュージョンの制限時間って30分じゃなかったっけと思ったわ

841 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 00:12:29 ID:Ku7/QRzy0
            /)
           ///)
          /,.=゙''"/   
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


842 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 13:23:14 ID:HpIImHhQ0
ただの仙術を超えた闘仙術の修行でオーラ量は爆発的に増えたんじゃなかったの?
だから念体の実現も可能になったんじゃん。馬超も気勢にはびびってたし。
付け焼刃の甘寧ごときのオーラが雲体風身を極めた宗楼より上だとでも?

843 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 13:32:22 ID:WCyuUWSw0
甘寧さんは天才だからですべて説明がついている

844 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 14:00:46 ID:sae4wrv30
甘寧と後ろの雑魚が空破斬を食らう
雑魚は3人重なってても鎧ごと体が真っ二つ、甘寧はコテが切れたけど胴の部分は切れてない
どういうこと?

845 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 18:53:46 ID:tX6OGBOp0
誰か言ってたけど今月号いらないよな
甘寧がシローをいかせねぇよって言って戦い続けてればよかったわけだし

846 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 19:35:41 ID:InH5HPl/0
>>844
甘寧は天才だから

847 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 20:58:36 ID:MRZVWDtf0
もう、いいんじゃねぇか
みんな言ってるけど、今月のは銭払って読みたかねぇわな

山原センセ、本当に書きたいのはこんなくだらん作品じゃないですよね
書きたいのは「いけない!月英先生」ですよね!
書きましょう!

かかってこい!PTA!

848 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 21:10:12 ID:Y75ffQAn0
そういえばお気楽でくだらないエロ系漫画って今は無いね。
笑えるエロだったら少年誌でも良いんじゃね?って思うが
うるさい連中も多いんだろうなぁ。

849 :作者の都合により名無しです:2010/01/10(日) 22:04:28 ID:+YgN4GoO0
甘寧が追いついてくるんじゃシローが逃げた意味ないんじゃね?
→だがちょっと待って欲しい。甘寧戦を長々やって呉軍がその間突入してこなかったとしたらさすがに不自然じゃないだろうか?アキレスと亀じゃあるまいし・
→今回のはつまり長期戦の前振り。意味はある。
→みんな、半年くらいはみなくても話は進まないから安心しろ。

850 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 04:34:59 ID:R/O2c5lS0
>>847
月マガなんて金払ってまで見るもんじゃないだろ。
俺はずっとコンビニで立ち読みだ!
年に数回実家に帰るから、その時に兄弟が買って
週刊ジャンプなどと一緒に積まさってるやつをまとめ読み。

>>849
楼閣の上のランはライや張遼が助けるとして、
下の甘寧の兵隊は竜騎兵、橋の所の騎兵は
伍真・劉豹・黄忠・魏延の援軍が撃破と予想してみる。

志狼も一人で勝てないんだったら、鎌倉時代までの武士じゃあるまいし、
正々堂々の一騎打ちなんてしないで、みんなで袋にしてやれば良いのに。
青龍の時もそうだが、志狼一人で勝てない時はみんなで協力するくせにさ。

851 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 08:54:56 ID:fvHS8MkP0
>>834
そりゃ完結してないのにアニメ化して金儲けしたがった編集の問題だしな

どんな漫画が高速展開でも完結前にアニメ化されて継続されれば追いつかれる
漫画の速度が30kmが早い部類でも、アニメの基本速度が70kmならいずれ追いつくだろ

852 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 14:35:26 ID:BExvtp110
週刊なら少しは猶予があるかもしれないけど、月刊じゃほぼ不可能じゃないかな。
アニメ放送開始と同時に連載終了なら、あるいは?ってくらいで。

853 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 17:25:07 ID:R/O2c5lS0
まぁ内容が内容だからTVでは流せないだろうな。
だからアニメ化してもOVA限定で駆け足的なものになるだろうさ。


854 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 17:57:46 ID:lDgWHyAui
山原も描きたい事があるのは分かるけど
もう少し省略して欲しいな
マンキンみたいになって、泣かれても後の祭り

855 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 20:28:46 ID:AvC7gSXi0
省略するとマジであらすじ数行レベルなので無理です。

856 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 23:00:02 ID:R/O2c5lS0
まぁ要するに内容がネチッこくてくどいってこったな。

夕方にコンビニで、やっと今月号見て来たけど、
三千騎相手に戦ってる志狼の後ろで、戦いの最中にも関わらず
敵陣の中で腕組んで呑気に解説している甘寧にはウケたw
顔の筋肉が緩んで大変だったぞw

857 :作者の都合により名無しです:2010/01/11(月) 23:26:18 ID:nh59JJtxi
甘寧は自分が手を出すまでもないと思ったから傍観したのかな
呉軍の総大将の余命幾許も無いんだから、なりふり構わず志狼に向かって行けよ…

858 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 01:24:05 ID:DGva8g5d0
甘寧の仕事は三千騎が突入するまで門を死守することだったよね
シローがそれを邪魔に来たんだからシローを阻む可能ならシローを倒さないといけないよね
なんで自分のほうが有利だったのに背中向けて走り出したシローを傍観してるんだよという
あまつさえ騎兵がやられだしてから橋の上に移動はじめて門を離れたぞw直ぐ傍に龍騎兵来てたのに

これは軍師が良策ねって隠密が仕事果たしても武将がパーだと台無しというメッセージですね山原先生

859 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 01:58:21 ID:r4iGRiJv0
>>858
確かに甘寧はパーで任務も放棄した。
でも楼閣の上には未だに敵と未交戦の太史享らが居るし、
まぁ大丈夫かと言う判断じゃないか。

860 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 02:15:43 ID:DOfTHyDT0
上はランがとっくに着いてるはずだろ
未だに何もしてないのか?

861 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 02:22:51 ID:PyVmg4VK0
>>860
描写がない=その部分の時間は止まってる
山原の構成力じゃこれがセオリーです

赤壁頃は、もうちょっとマシだったんだけどな
今はもうだめだ

862 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 04:57:23 ID:r4iGRiJv0
調子に乗って襄陽の門落として甘寧と一騎打ちさせちゃったけど、
この先の展開どうしようとなってんだろうさw
志狼VS甘寧の展開を考えるだけで精一杯で周りの動きなんかに
気を使っている暇がないんじゃろうて。

863 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 22:09:02 ID:bmEJpTs60
>>850
思うんだけど、ここの住民のような意見を持ってる奴は月マガを買わない
だから月マガを買う小学生の意見ばかり参考にされて現状を招いたんだろな
ガキの意見は所詮ガキ・・・

864 :作者の都合により名無しです:2010/01/12(火) 23:41:02 ID:OmvJNjQ20
意見を持ってる奴は意見を送るさ。思うようにして欲しいから。
俺は月マガを買って、アンケ紙を切り取って、ハガキに貼って、
ラストのコメントまで書いて、(プレゼント当たりますようにと念を込めて)送ってるよw
まあ…当たった事は無いがw

865 :作者の都合により名無しです:2010/01/13(水) 01:14:55 ID:dEaWD6N9O
普通に考えて、神の分身である大狼を倒し闘仙元武を破った志狼が、甘寧ごときに苦戦するのは不自然。
青龍みたいに不死身ならまだ話はわかるが。

866 :作者の都合により名無しです:2010/01/13(水) 05:00:02 ID:Nl4rJYRL0
>>863
微妙に値上がりしてきてる講談社のコミックスって、小学生は買わないんじゃない?
雑誌本誌にしてもぶ厚いし、他に色々小遣い使うだろうから買わないだろうし
ホントどういう層が購読層なんだか知りたいくらいだw

867 :作者の都合により名無しです:2010/01/13(水) 08:00:02 ID:JpY6BDOv0
枕とか踏み台代わりだと思えば安いんじゃね

868 :作者の都合により名無しです:2010/01/13(水) 10:31:32 ID:UmicClb80
ルナ先生復活させたら買ってやるよ

869 :作者の都合により名無しです:2010/01/13(水) 10:41:12 ID:XFzPUPj+0
そろそろ無理矢理終了じゃね?
読者もすっかり飽きちゃったし

870 :作者の都合により名無しです:2010/01/13(水) 15:40:17 ID:HQtBPegg0
アライブも来月で終わりみたいだし今年終了の作品多いね。
新連載の二本とも読んでみたが・・どちらも月マガの看板背負うには弱いな。
海王紀やカペタクラスとは言わないがそのすぐ下クラスの新連載がないと辛いな。

871 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 00:23:24 ID:XJddL0cZ0
キドリなんかより甘寧の方が面白い…w

872 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 04:43:22 ID:Z70QZSSQ0
だからあれほど蓮花を出せと言ってんだろ
毎月1回戦わせて脱がせれば人気戻るよ

873 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 12:00:04 ID:MnIszxGt0
蓮花イラネ


ものすごくテンポよく話進めるだけで
だいぶ違うと思うけどね

874 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 12:02:43 ID:e5Ak3FmQ0
テンポよく進めたら速攻でネタが切れそう

875 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 14:36:08 ID:43rcOedL0
引き伸ばしてもネタ切れしてるんだから
逆にノリと勢いで進めたらなんか思いつくかもしれないよ山原

876 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 15:21:30 ID:kAQV7An3i
連載始めた当初から最後はいめーじできてるんでないの?
それとも行き当たりばったりなのかな

877 :山原にはうんざりッス:2010/01/14(木) 19:06:22 ID:wZLFZbJG0
>>869
飽きもそうだけど、毎月のページ数の少なさがガンでしょ
とても月刊誌のページ数じゃねーし、この作者は
読者をなめきってるとしか思えねーわ・・・調子こいてるんじゃね?

878 :作者の都合により名無しです:2010/01/14(木) 23:47:34 ID:tEQU6jWK0
確かに、どれも4〜50ページはあるしな。
海皇紀や義経に至っては、新連載レベルの70ページ弱。
キレイに締めたトキワを除けば、少ないのは南瓜と龍狼伝だけという…。

879 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 04:22:49 ID:E6k/e5IJO
本当グダグダだなあ
1コマ1コマがデカいアップばっかりだし
話は行ったり来たり行ったり来たりウロウロウロウロ

臨場感もクソもない
コマ送りのスローモーション見てるみたい

880 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 09:34:04 ID:rMvzn2tt0
とりあえずテンポ良く、五虎神と史実武将の対決を描いて行けばいいんだよ
でその後に、シローと史実武将対決させるとかな

881 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 12:25:23 ID:MwQyIt7U0
>>876
行き当たりばったりだと作者自ら公言している

882 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 18:13:53 ID:7VmaFtrzi
>>881
れすありがとう
行き当たりばったりですか…トホホ
周瑜すら出てこないので最近は盛り上がらん

883 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 22:33:01 ID:xzC6PwYi0
知将のありがたみがいまいち。
呉で一人仲間にできるとしたら、周瑜より甘寧だよな。

884 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 22:43:31 ID:wlLO/VRh0
行き当たりばったりでも素晴らしいストーリーを書く天才型の漫画家が
存在するのは知ってますがね。
個人的には大まかで良いんである程度のストーリーを決めておいたほうが
無難だと思いますがねぇ。
例えば最初に結論を決めておいて(例えば周瑜の死に方)普通に病死か、志狼が殺すか、それとも
五虎神の誰かが殺すか、あるいはそれ以外か、と決めてどのキャラをどういう風に
動かせばその結果になるのかを考える。
普通はそうやって描いていくものだと思うんですがねぇ?

885 :作者の都合により名無しです:2010/01/15(金) 22:58:11 ID:WfM9DTzX0
↑縦かと思ったが、単に改行がヘタなだけか

886 :作者の都合により名無しです:2010/01/16(土) 15:42:32 ID:OlwVv8qT0
ようするに先生は休養を取ったほうが良いってことだろう。

887 :作者の都合により名無しです:2010/01/16(土) 16:02:01 ID:nj29qwrqi
休養とって書き溜めか、もう一度練り直す方が良いかもね

888 :作者の都合により名無しです:2010/01/17(日) 10:15:47 ID:95xEDZ1W0
もう夢ヲチでいいよ

889 :作者の都合により名無しです:2010/01/18(月) 07:35:22 ID:bg2PL9n40
呉軍を退けても帝が真澄に粘着してる限り、いずれ玄徳軍とも敵対する定めなんだから
甘寧ごときに苦戦してるようじゃ、関羽や張飛が向かってきたらフルボッコな志狼w

帝の真澄への粘着は仲達無関係だし、勅命なら玄徳も無視出来ないし

890 :作者の都合により名無しです:2010/01/18(月) 08:58:18 ID:ZX5H5qs70
>>886-887
ムダムダ。
匈奴編が終わって、半年休暇取っても良くなる所か逆に酷くなって、
結局この有様なんだし。

891 :作者の都合により名無しです:2010/01/18(月) 10:42:52 ID:aPvrKoEh0
で、現状の軍の状況はどうなってるんだろ?

蜀軍:劉備、諸葛亮、月英、関羽、張飛、趙雲

魏軍:曹操、曹仁、曹丕、夏候淳、許褚、張遼、徐晃、楽進、張コウ、于禁
   龍騎軍(志郎、龐統、蓮花、呂烈、遊岐)

呉軍:孫権、周瑜、陸遜、大史享、甘寧、

仲達軍:司馬懿、虚空、五虎神(赤飛虎、黒瘴虎、白冥虎、青龍=鳳凰)

その他:馬超、黄忠、魏延、伍真

こんな感じ?



892 :作者の都合により名無しです:2010/01/18(月) 17:08:59 ID:BpvfCaGJi
英雄たちが龍の子がどれだけ大きくなるのか想像もできんと恐がってたのも
今は昔だなぁ…龍の子の軍が一大勢力になるなんてビジョン実現するの何年先だよ

893 :作者の都合により名無しです:2010/01/18(月) 21:52:25 ID:ZX5H5qs70
>>891
軍名が違うよ。
徐州or劉備軍:劉備、諸葛亮、月英、関羽、張飛、趙雲

曹軍:曹操、曹仁、曹丕、夏候淳、許褚、張遼、徐晃、楽進、張コウ、于禁
   龍騎軍(志郎、龐統、蓮花、呂烈、遊岐、傳士仁)
仲達軍:司馬懿、虚空、五虎神(赤飛虎、黒瘴虎、白冥虎、青龍=鳳凰)

その他:馬超、黄忠、魏延、伍真、劉豹、炎武

894 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 02:24:59 ID:o/fALoAX0
そういや黄忠、魏延って今どこにいるんだっけ?
荊州在住なんだから龍騎軍に助力してても不思議は無いのに

895 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 06:11:07 ID:ydPn7Cbf0
とりあえずシロウの夢落ちにしてさ
ハッと目覚めて、一巻の三国志世界に来たところに巻き戻そうぜ
全部やり直そう

896 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 07:20:27 ID:GtpjaOyi0
銃ヲタの志郎がアサルトライフルの制作に取り掛かります。

897 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 08:07:51 ID:YW0qRDIy0
>>894
黄忠は伍真と豹と一緒に魏延のところ(どこだっけ?)に行く途中
あっちはあっちで援軍探しらしい

898 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 08:47:25 ID:U/2ms+KS0
もう原作から離れつつあるんだからさー
龍騎軍が有名有力武将を次々と取り込んで最終仲達を討てばいいんじゃない?
もちろん援軍として「手を貸すぜ!」的な演出でもいい。

志郎に魅せられた武将
 曹仁、曹丕、趙雲、馬超、黄忠、魏延、甘寧
 蓮花、呂烈、遊岐、伍真、豹
 

899 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 17:21:29 ID:WU+wwCNO0
改めてこう武将を羅列されると、彼らの戦いがこれから描かれる事を考えて、気が遠くなるなw

900 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 18:14:10 ID:5RWLWCAZ0
>>895
1巻と同じく、新野で曹仁の八門金鎖の陣の所に龍と一緒に堕ちて
巻き込まれて一緒に気絶していた蓮花の胸を鷲掴み。
意識回復した蓮花にぶん殴られて、再度夢から覚める。

901 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 20:56:23 ID:/t0DVkDZ0
>>898
甘寧は起き上がって仲間になりたそうに見ている

こうなるのか

902 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 21:37:04 ID:u2wudDmg0
甘寧は喜んで馬車に駆け込んだ!
ちゃ〜ら〜ら〜♪

903 :作者の都合により名無しです:2010/01/19(火) 21:43:01 ID:5RWLWCAZ0
甘寧は曹軍に寝返った。
周瑜が鈴を付けていた時の恥ずかしい昔話を始めた。
甘寧は恥ずかしさの余り憤死した。

904 :作者の都合により名無しです:2010/01/20(水) 04:38:45 ID:0VGbDGVKO
甘寧を生かしておく事になんか意味があるのか?


905 :作者の都合により名無しです:2010/01/20(水) 08:15:04 ID:8ZbZsa5B0
呉軍に他に猛将と呼ばれる武将が存在しないからでは?

906 :作者の都合により名無しです:2010/01/20(水) 15:53:33 ID:0VGbDGVKO
志狼的にはもう呉は滅ぼすしかないのでは?
前門の虎よりも後門の狼(呉)の方が厄介だぜ。


907 :作者の都合により名無しです:2010/01/20(水) 16:03:29 ID:kAtbLkfj0
ある程度、弱体化させて今の曹軍でも抑えられるようにすれば問題ないはず。

周瑜を撃って荊州奪還で、そこに居座れば曹軍も安泰になる。

軍事的均衡さえ保てられればいよいよ仲達軍…いあ、まだ虚空衆がいたなw


908 :作者の都合により名無しです:2010/01/20(水) 16:33:35 ID:0VGbDGVKO
志狼が呉と南荊州四郡を統治すれば、後門の虎を心配せずに仲達との決戦に全戦力を集中できるでしょうに。


909 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 03:46:26 ID:7m/R2Tw70
>>906
滅ぼそうとするといよいよ持って、帝が勅命出して劉備を討伐に向かわせるだろうし
呉軍自身の抵抗もある割に旨味が少ない気がする、907が書いてる通り限定勝利を
治めて後は山越を龐統を通じて動かして、荊州を狙えない様に後方から牽制がベストかと?

後はそうしてる内に本来劉備がやる筈の、蜀制圧をして見事三国志と(魏の位置に帝、曹操
が蜀の位置となるけどw)

910 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 09:53:32 ID:ol/XyHl2O
山越に呉を後背から長期に渡って牽制する能力があるとは思えない。
むしろ山越と一緒に外と内から呉を滅ぼして、かつて魯粛が孫堅に提案した長江づたいに北進し、漢中と蜀を平定する案を志狼は実行すべき。
どの道にしろ、仲達共々帝と漢王朝を滅ぼさない限り志狼には未来がない。


911 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 11:32:07 ID:UhAKj2vhi
仲達が中原制するとどうなるんだろ
というか何がもくてきだっけ?

912 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 15:24:23 ID:BTNkW3wu0
>>908=910?

呉は大国なんだから滅ぼそうとするとそれ相応の痛手を被ることになる。
今の曹軍に山越程度と手を組んだだけで滅ぼせるとは思えない。


それに志郎の目的は中原の覇者になる事ではなく、仲達を撃つことだろ?
だったら不必要な被害まで出して呉に進軍する必要もない

913 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 15:48:03 ID:EDGpyBbF0
呉の広さを舐めすぎって話だな。


914 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 21:53:30 ID:0Wdg0iej0
>>911
仲達の目的は人類の滅亡(笑)

915 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 22:17:32 ID:7m/R2Tw70
>>910
散発的に暴動起こるだけで、意識をそっちに向けざるをえなくなる
って効果のみ期待イメージ的にはベトナム戦争時のベトコンみたいな
でないと現時点で何もやってない龐統の活用法が無いw

仲達はともかく帝も竜の巫女(*´д`*)ハァハァ 状態だからなー

>>914
な、何だってー!!(AA略)

916 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 22:36:03 ID:wNepS4Lci
人類の滅亡が目的だったのか…
そりゃ確かに一人じゃ不可能に近そうだからな
当時の総人口知らないけど、一秒に一人殺しても一秒に幾人も生まれてるからな
つか、核兵器のようなの使わないと仲達の望みは叶わないんじゃね?

917 :作者の都合により名無しです:2010/01/21(木) 23:07:17 ID:IVGm47nw0
もう改造された帝とかすっかり忘れてたわ

918 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 00:10:06 ID:LucRutCL0
帝-改?
どこを改造?グレートバズーカチ○コ?w

919 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 03:01:10 ID:aeg+YFpP0
>>918
破凰の種が何とかで非常に激昂すると、暴君になる様に改造されました

真澄は一応ストッパー、この設定入れたお陰で絶対に帝→志狼抹殺って様相に
なってしまって、劉備陣営に戻る事は事実上不可能な上に仲達=帝の図式によって
劉備は身動きが取れなくなって話的に死に体

920 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 06:18:01 ID:mqBIQPS40
マスミの説得で皇帝からボワって破凰の種が抜けるか
マスミが仲達の本性を皇帝にバラして破凰同士で対立させるか
マスミがオデコのイボから皇帝が天運だと気づいて破凰を消滅させるか


921 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 11:12:48 ID:OpmIf0gs0
ギエンが仲間になったところで兵卒レヴェルだよな。
甘寧みたいに急激に強くなってればいいのだが。

922 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 12:52:18 ID:ISO5rTc40
最初から不思議だったんだが、皇帝って超天運じゃねーの?
なんで作中で誰もツッコまないんだろ

923 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 19:52:57 ID:BdJmhnpd0
a

924 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 20:10:52 ID:BdJmhnpd0
>>908-910
もしそれ達成するとしたら、あと何年費やす事やらw
ちょっとした局地戦だけで平気で1年費やしてるのが現実だってのに。
超大作もとい長大作になって途中で作者がぶっ倒れて終わるって。

>>916
人類滅亡なんて大層な野望を目論んでる割には、
その目的が遅々として進んでないのなw
中国大陸の一部地域でゴニョゴニョやってるだけだし。
変な策を弄して人と人をぶつけてみたり、部下を持ってみたり
皇帝とつるんで(利用)みたり。
本人がそれを楽しんでるのか知らないけど、回りくどい事ばかりやって。
本気でヤル気があるなら、とっくに農民だろうと誰だろうと目に見えている人間を
手当たり次第に殺してる。
あれだけキチガイな能力あるんだから、一人で流浪して人殺しの旅でもやってろ!って感じだわ。

925 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 21:19:54 ID:LS68qFsV0
というか最後の決着の仕方が
仲達と志郎の個人戦とかって見えてくるからバカらしくなってくる
どんだけガキ向けの駄作だよw

926 :作者の都合により名無しです:2010/01/22(金) 22:31:53 ID:y4BSxJ960
>>924
まぁ仲達は今の状況を楽しんでいるんだろうよ。
たぶんゲーム感覚なんじゃね?もしくは如何に自分の手を汚さずに人を殺せるかを
実験中とか?

927 :作者の都合により名無しです:2010/01/23(土) 02:42:27 ID:TIZLCKWY0
>>920
1・マスミの説得で皇帝からボワって破凰の種が抜けるか
2・マスミが仲達の本性を皇帝にバラして破凰同士で対立させるか
3・マスミがオデコのイボから皇帝が天運だと気づいて破凰を消滅させるか

1は成功しても元々真澄に粘着してるから、多少穏やかにはなるだろうけど志狼と敵対化は
免れない
2は対立以前に本性バラして糾弾した辺りで、赤ヒコちゃんが得意の催眠で誰か操って帝殺害
白メイコちゃんがキョウシキ化して操って終了w
3は1と同じ

>>924
なるべく一時に大量に死ぬ方が、大地を負の気がうんちゃらで好都合とか後付で
あと偽者もいたしオウシコみたいに精神転移出来るとすると、たとえ百年・二百年掛かっても
あいつにとっては瞬きの間の出来事って事で、戯事みたいなものなんじゃないかと?

928 :作者の都合により名無しです:2010/01/23(土) 05:22:48 ID:F4Uy/W280
んじゃ100年寝てればラクに達成できそうだな


929 :作者の都合により名無しです:2010/01/23(土) 14:28:56 ID:sDnhCf4X0
周喩死なせて、勝ちないやと思わせておき
陸遜抱き込みつつ曹操より忠達がよっぽど危険って事を分からせ
荊州は曹操軍じゃなくて独立した志郎の竜の子軍が制圧
曹軍及び呉軍と正式に、裏で劉備とも同盟を結び
皇帝の命を引き出して蜀を劉備が制圧し東から呉が上り
西から劉備が上り中央から竜の子軍が上り
河北に勢力を伸ばした曹操と西涼の馬騰軍や山越や匈奴も加えた包囲網で忠達軍を倒すんだろ

930 :作者の都合により名無しです:2010/01/23(土) 15:16:06 ID:qOYDZABp0
>>929
蜀を攻める大義名分は?

931 :作者の都合により名無しです:2010/01/23(土) 20:54:05 ID:WQGDT6VV0
そもそも超人バトルなのに軍必要か?
超人5人くらい連れていけば仲達倒せるんじゃね?

932 :作者の都合により名無しです:2010/01/23(土) 23:31:06 ID:qOYDZABp0
志狼・左慈・関羽・張飛・摩牟・馬超
これで十分行けるだろw
下界の事には極力関わってはいけないと
言う仙人の規制がある左慈は、同門で
同じ仙人である大幻が黒幕?である以上
無理やり強制参加。

933 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 09:39:01 ID:r4S8T10li
いや、無理じゃね

仲達がノコノコ一人で挑んでくれば別だけど

934 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 10:06:36 ID:68hc9GiQ0
虚空が変な棒で思いっきり突いてもかすり傷しかつかんしな
仲達の頭は李かくの何倍硬いのやら

935 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 13:06:01 ID:Of0PBNx50
>>934
>仲達の頭は李かくの何倍硬いのやら
例えがおかしいでしょw
李カクは頭が木端微塵になったでしょ。

ところで虚空衆は、それだけで志狼倒せる自信があるみたいだけど、
関羽・張飛らと戦わせてみたいよね。
志狼の武術は、武術歴が薄く、基礎がしっかり出来ているライに全く通じなかったが、
ライとベテランの関羽がタイマン張ったらどうなるんだろうなw

936 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 14:22:31 ID:Fv7M7YVD0
チンタラやってる間に講談社なくなっちゃったりしてなw

937 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 16:17:16 ID:Xp3ZxXkL0
>>935
体術勝負なら今の志狼より更に強いライより上の存在はあまり考えにくいな
それだけならおそらく各国の将軍達や五虎神よりも上
特殊能力持ちか特別な才能がないと無理
関羽や趙雲でも武器を使えなければ難しいでしょう

938 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 16:24:33 ID:Uh7r5KHe0
何でもいいから、もっと展開早くしろと

939 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 16:26:28 ID:Of0PBNx50
>>937
趙雲は槍術バカだけど、関羽は武術はそれなりに体得してるだろ。
じゃなきゃ志狼を指導なんてしないさ。

940 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 16:46:54 ID:VQQ1pSzq0
完結なんてお前らが大人になって、ガキが出来て龍狼伝なんか忘れてる

941 :作者の都合により名無しです:2010/01/24(日) 20:05:55 ID:X4xJC0q+0
じゃあ見届けるのはおまえに任せるよ。ヒマそうだし。

942 :作者の都合により名無しです:2010/01/25(月) 14:00:49 ID:G0Ue47BRO
ライってキャラの焼き増ししたような感じしかしない
愛着が全く湧かない
闘ってても面白くないし
妹とごちゃごちゃ言ってんのも面白くない

なんでこんなの出したん?いらなくね?

943 :作者の都合により名無しです:2010/01/25(月) 17:00:43 ID:iOFh0Ej10
つーか、ランも呂烈も陰兵もいらん
それどころか実在した太史亨もいらん

944 :作者の都合により名無しです:2010/01/25(月) 17:58:57 ID:ZebQxg8hi
なんの為に中原繚乱編の前に休養したんだか

945 :作者の都合により名無しです:2010/01/25(月) 20:09:10 ID:q/mW+Nbu0
>>942
ライを最初見たとき青龍が髪型変えたのかと思ったw
オリキャラ出すなとは言わないが増やす前にまず減らせとw

946 :作者の都合により名無しです:2010/01/26(火) 00:52:18 ID:QLlyKAK60
いまだに、ちょっと虚空を倒した事に対して謙遜しただけなのにブチギレたランの気持ちがわからん。

947 :作者の都合により名無しです:2010/01/26(火) 01:00:37 ID:aSfro9yO0
>>946
あの辺りって二転三転してなかったっけ
最初、ランは親の敵って劉備軍を憎んでたよな…?

948 :作者の都合により名無しです:2010/01/26(火) 13:16:18 ID:s8H6MJas0
ライは、武術暦長くて、あれだけの力があるなら
今まで何してたか気になるな。
戦の経験があるなら名が売れてるはずだが

949 :作者の都合により名無しです:2010/01/26(火) 17:27:06 ID:UqwOGceW0
>>948
誰かの着ぐるみを装備してたんだよ…きっとw

950 :作者の都合により名無しです:2010/01/26(火) 17:41:25 ID:6RKwiZuti
でも才能の前には、長年の鍛錬も歯が立たなかったでござる

951 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 02:55:11 ID:2mlMh4y40
>>948
何処か人里離れた所で修業と虚空衆の練武じゃない?

952 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 09:26:38 ID:Bj1n6RKr0
>>946
あそこは明らかにおかしいし、ランの行動も矛盾だらけ
都合の良い時だけ義を掲げつつ「女の情を表現したかった」などという通り一遍の言葉では擁護できないほど
自分勝手でメチャクチャなキャラ

953 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 09:52:52 ID:eqn5dqsa0
なんでランが劉備軍を憎むのか分からんし、志狼を狙う理由も苦しすぎる
ライだって、ランから真実を聞いたんだからもっと驚き悩んでもいいだろうに

954 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 10:31:26 ID:rmJ+RYdY0
>>953
一応、劉備を憎む理由としては2つ考えられる
1つ、元はかなり呂布の身勝手なやり方ながら同盟者だったのを裏切ったので、呂布が劉備の文句を言っていた
2つ、捕えた呂布を曹操は生かして利用しようとしてたのを死刑にしろと言ったのは劉備

パパ好きランにしてみれば、攻めて来たのは曹操だけど
窮地を作った原因が劉備で、最後の救済を邪魔したのも劉備って

955 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 13:47:59 ID:LmNX+Dcj0
>>954
なるほど、しかし漫画の方にはそういう描写が全く無いよな?
2つ目の方も龍狼伝の劉備ならしなさそうだが

956 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 17:06:01 ID:2mlMh4y40
>>955
表向きは義だの仁だのと言っているが
本当の顔は結構惨かったりする。
昔、徐州の牧だった頃に呂布や曹操に攻められ、
その度に散々に蹴散らされて、関羽・張飛らとも
散り散りになるが、劉備はいつも忠義が厚く兄弟同然である
彼らを放り出して、真っ先に一人ほうほうの体で逃げてる。

957 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 20:47:16 ID:W8a4A6sz0
>>956
>>955ではないが955はあくまで「龍狼伝の劉備は」と入れてる以上
やってない可能性があるよ。
このへんは作者の後付でどうとでも変えられる。
有名な平原の視察に来た督ゆうを張飛がムチを打つのも創作だしな。(本当は劉備)

まさか正史の劉備と演戯の劉備と蒼天の劉備と恋姫の劉備は同一人物なんて
言うなよ?

958 :作者の都合により名無しです:2010/01/27(水) 23:05:13 ID:LmNX+Dcj0
>>957
そうそう、物語によって劉備の人物像も違うしな
逆に言えばみんなただの創作とも言える
散り散りになって真っ先に逃げたのが事実だったとしても、受け取り方は人によって変わるし、真実はどうせ本人にしか分からない

少なくとも漫画の方では、劉備軍がランに恨みを買うような原因の描写はされていないから不自然すぎるんだよ
父の仇が劉備軍からいつの間にか虚空に変わり、志狼が謙遜(というか事実)しただけで逆上するとか
当初は蓮花と並ぶ準ヒロインが出てきたかと思ったくらいなのに、ランが只の痛い子にしか見えないのが残念

959 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 01:28:03 ID:D9/FGhmC0
人形劇の劉備は最後呂布に一騎打ちでぶちのめしてるしね
てか、人形劇も呂布の弟ってオリキャラいたな

960 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 17:16:18 ID:ndfTYtCwi
森本孔明が素晴らしかった

961 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 17:41:08 ID:rW9OFV2k0
天地を喰らうの劉備もかなり強かったな。
個人的に好きなのは火鳳僚原のペテン師風の劉備だな。
あれも結構オリキャラ出てるのに史実武将もかなり魅力的に描かれてるんだよな。
なにが違うのだろう?

962 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 20:26:12 ID:brgVZDgU0
作者の三国志に対する愛情の深さが一番違う

963 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 21:27:52 ID:9X8/MfJa0
タイムスリップ物は漫画にせよドラマ、映画と山のようにあり
最近、漫画からドラマ化された村上もとかの「仁」なんかそうだが
どれも現在の知識や物を生かして、主人公を活躍させるストーリーだ
むしろタイムスリップ物は、それしかないと言ってもいいくらいである

ところ「龍狼伝」は、なぜかその王道から外れて、しかも外れたあたりから
物語が単調な小学生向けの超人バトルと化してしまっている
作者も最初は他の作品と同様に、タイムスリップ物の王道でスタートした
ところが月マガを買い、付属のハガキを編集部に送るような子供には難解な
台詞の多いモノは理解不能で、不人気だったんだろう
最初がよかっただけに、小学生向けのストーリーに終始する現状が残念

964 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 21:46:19 ID:rW9OFV2k0
まぁこの路線にしてそれで本当に小学生に人気がでたのかい?
でたなら文句ないよ。
ドラゴンボールだって最初は西遊記ベースの物語だったしね。
勝てば(売れれば)官軍だw

965 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 23:19:18 ID:dIUNB+DP0
9巻くらいが一番好きだったわぁ

966 :作者の都合により名無しです:2010/01/28(木) 23:35:25 ID:xxcZPAoRO
29巻65、66ページのウージェンなんでずっとウインクしてるん?

967 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 00:08:26 ID:UbIE8/7/0
この作者って片目を瞑らせるシーン結構多いぞ

968 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 01:18:41 ID:POJEuSXJ0
>>959
あの人形劇は何でもありだったからな。
司会進行の紳助と亡くなった相方も出てたしな。
オリジナル雑兵としてw
OVAでやってた、あおい輝彦が劉備・渡哲也が曹操の声をしていた
三国志なんて、後半滅茶苦茶だった。
蜀攻略の時、孔明が鎖付きの鉄球持った馬超に追っかけられたり、
関羽の娘(関羽が民家に預けた孤児)と称する女性武将が出たりと。

969 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 01:34:37 ID:S6GALSqAO
まぁ始まった当初小中学生だった奴らが今や30前後になってるんだから多少はその辺考慮して欲しいよなぁ…

ワンピの尾田が「ジャンプ(少年漫画)は少年のためにあるもので、大人は別に読まなくていい」みたいな発言したらしいが、
少年の時から読み始めた漫画なのに大人になるまで続いて、まだ半分ちょっとなんて長編漫画描いてるお前が言うなよ、とは思った

970 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 01:53:46 ID:NCY+OyGnO
大狼と一緒に誕生した大鹿もどっかで出てくるのかな

青龍が大狼と関連ありそうなセリフがあったからてっきり青龍の正体は大鹿かと推測してた 治癒の力は大鹿の能力てきな

971 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 02:11:58 ID:UbIE8/7/0
尾田は「メインキャラは死なせない」みたいなことを言っちゃうアホだしな
龍狼伝と同じようにワンパだし途中で飽きる

972 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 04:02:07 ID:X9DYdb/A0
>>968
人形劇じゃないけど日本テレビでやったアニメの三国志もぶっ飛んでた
孔明アイシャドウ入りだし、呉の姫に露天風呂で色仕掛けされてたしw

973 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 04:14:51 ID:/UVXGNOW0
龍狼伝って小学生向けの超人無双漫画にしては「矜持」とか「炯眼」とか無駄に難しい単語出すんだよなw

974 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 04:54:32 ID:XpB3zAgdO
主人公が強くなるのは構わないんだけど
その後すぐ敵に合わせて弱体化してごちゃごちゃやったあとようやく勝ったどーを繰り返すから見ててなんなんだよってなる

展開が遅い上に中盤からほぼ一人称で話を進めたから
主人公の周りだけ時間が異常に経過して
かつての敵とか今更出て来ても…みたく感じる

ようやく動き出した既存のキャラが主人公と渡り合ってるのに強い違和感を感じる

975 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 12:55:33 ID:POJEuSXJ0
>>606
長年少年ジャンプにパラサイトしている「こち亀」なんて
もう内容が少年誌向きじゃなくなって来てるしな。
あれはモーニングにでも移ってやった方が良い。
自分は、ワンピースは初めからつまらなくて見る気も起きない。
ちょどワンピース始まったくらいから、年に2〜3回くらい
今どんなのやってるか確認する以外にジャンプは見無くなった。

976 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 19:18:37 ID:TVMO1Ljbi
>>974
ぶっちゃけ、これ迄の志狼の無双ぶり見てるともう仲達とその取り巻き以外は
渡り合えないとおもうんだが、そんな事はなかったから困ってしまう

977 :作者の都合により名無しです:2010/01/29(金) 20:51:56 ID:Em0WnXJj0
アントニオ猪木の風車の理論だったかな?
5の力の選手を8まで引き出して10の力で倒すってやつ。
まぁそれなんだろうよw

978 :作者の都合により名無しです:2010/01/30(土) 11:52:39 ID:hdoYDmDgi
じゃあ来月号からは甘寧のターンですね
どんだけ引き延ばすんだ…

979 :作者の都合により名無しです:2010/01/30(土) 13:24:32 ID:pvHIvgn+O
いやまぁ呉に関しては甘寧しかいないから、個人戦は普通にやってくれて良いんだけどな
ち ゃ ん と 物 語 が 進 む な ら

980 :作者の都合により名無しです:2010/01/30(土) 13:36:59 ID:9qf2PgRf0
呉戦の最大の見せ場かもしれんが、延々個人戦やられてもなぁ…
もう少し端折るところは端折ってくれよと

981 :作者の都合により名無しです:2010/01/30(土) 13:48:47 ID:RUv3L6tl0
呉なら丁奉とか出ないんだろうか

982 :作者の都合により名無しです:2010/01/30(土) 14:12:42 ID:V54Bwo+Hi
周瑜、ラン、張遼、ホウトウとに場面変えるだけで動きは出ると思うんだけどな

983 :作者の都合により名無しです:2010/01/30(土) 16:32:52 ID:FlUDuC0l0
>>982
志狼描きたい病に掛かってる先生に場面転換を求めるか。
ヘビースモーカーに禁煙をさせるようなもんだぞ?w

984 :作者の都合により名無しです:2010/01/31(日) 02:48:01 ID:HPVXTlePO
そういや周瑜のとこに黒が現れて利用する雰囲気になってたが、
まさか甘寧とgdgdやった後、今度は周瑜自身が志狼と個人戦やる展開になったりはしないよな?

985 :作者の都合により名無しです:2010/01/31(日) 03:07:08 ID:BVhN/+xG0
>>984
キョウシキ化予想は立ってたから、そうなっても何ら可笑しくは無いw

それよりこの作品の完全無敵モードの関羽様が、呂蒙とヘタレ虜囚のリクソンに
今後まんまと出し抜かれるなんて考えられないw

986 :作者の都合により名無しです:2010/01/31(日) 19:44:16 ID:Gd9nkckWO
休載含めると何か月城門で睨み合ってるの?

987 :作者の都合により名無しです:2010/01/31(日) 22:47:13 ID:vyteB8G20
覚えてないけど7〜8カ月くらいかな

988 :作者の都合により名無しです:2010/02/01(月) 21:10:08 ID:9KyP0WeO0
雑誌でしか読んでないからダラダラなげーなーと思うけど
単行本で読むと違うものなの?

989 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 01:39:50 ID:r1hCrrzS0
自分は単行本でしか読んでないんだけど次巻出るのに半年かかるから不思議と飽きはしない
ただコマが大き過ぎな上に内容が薄いからすぐ読み終わる。もちろんストーリーはまったく進んでいないw

山原よ、いい加減あからさまなページ稼ぎはヤメレ
シローの顔のドアップで見開き2ページ使うとかねーよw

990 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 04:36:54 ID:oUZ8Ll7Q0
龍狼伝に限らずブリーチとかもそうだけど
動作の過程を俯瞰で描くことができず、
描くのは部位ごとと結果のみになってしまっている。
それを大ゴマばかりで描くもんだから
頁数だけを無駄に食って各話の内容が薄い。

これは長く連載するうちにキャラの動作が作者の脳内だけで完結してしまうのと
動作の過程を描くという漫画家としての能力の欠如を意味している。


991 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 06:23:08 ID:TDsDzuoiO
なんかの漫画家が言ってたけど

大ゴマ連発とか顔のアップ多用するようになったらヤバいって
本当にネタが切れて来てる状態らしい
特に顔のアップを多用するようになったら末期らしいよ

992 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 11:25:06 ID:JoZ3clPG0
ビーバップのことかぁー

993 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 14:26:29 ID:+hCU1MUBi
>>991
言われりゃ思い当たることあるね
なる程

994 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 17:00:11 ID:Yy8ZzHmi0
山原はもう年齢も年齢だし、継続的な仕事を失うのを極端に恐れているからね
幸いにも月マガの講談社は、先に見えない惰性で進む山原の長期連載を許してくれている
もし、この連載が打ち切られれば次の作品が採用されるかどうかも微妙だし
漫画家は燃焼したあと枯れるという事がよくあり、山原はまさにそれに該当しつつある
もうすでにその山原のサラリーマン的な飯の種ともいうべき、龍狼伝でさえ毎号巻末に押しやられている
本当は月マガの編集部も限界を感じて、打ち切りにしたいが落としどころが見つからず
だらだらと枯れた山原の惰性作品を許しているのだろう

995 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 18:02:57 ID:tsVeLofx0
>>991
となると雑誌違うけど、ということはベルセルクもネタが尽きたのか・・・
あっちも風呂敷広げすぎた感があるしなー

最近龍狼伝が巻末に追いやられてて悲しい・・・確かにつまらなくなったけど

996 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 18:12:25 ID:PWnCY1A60
>>994
後が切られる候補ってのは「週刊少年ジャンプ」特有の「アンケート至上主義」の結果
一般的には前から雑誌を読んで行く読者の事を考えて、作品の路線等で調整している
ここまで読めばもういいやって思われたら分厚い雑誌の価値が無いだろ

月マガの場合、むしろ後ろに居るのは入稿の遅いマンガ
龍狼伝の山原とSPIRITSの村枝が入稿の遅い両巨頭なんだろう

997 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 18:48:03 ID:+m6aFyoii
バスタードもそいや大きいコマ多いな…ベルセルクもグダグダだし…

998 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 19:46:08 ID:2fSTUXSn0
次スレ建ててくるわ、待っててね

999 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 19:49:55 ID:2fSTUXSn0
龍狼伝その11
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1265107768/

1000 :作者の都合により名無しです:2010/02/02(火) 20:03:07 ID:hHDB4Vot0

\    フォーザーキーン フォーザーラーン フォーザーマーンテン  /
  \     フォーザーグリーンヴァーレーズワードーゴンフラー   /
   \フォーザーグローリーダパーワートゥーウィン ザーブラーァクロード/
    \    アイウィルサーチフォージイミーラーソー     /
   _   ∩    ∩     ∩    ∩    ∩    ∩
 ( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 
 ( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩
 ( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 
 ( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩( _ ⊂∩
 ( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 
 (  ⊂彡 (  ⊂彡 (  ⊂彡 (  ⊂彡 (  ⊂彡 (  ⊂彡 
  |   |  |   |  |   |  |   |  |   |  |   | 
  し ⌒J  し ⌒J  し ⌒J  し ⌒J  し ⌒J  し ⌒J

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

230 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)