5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴代主人公が兄弟だったらpart56

1 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/16(金) 18:51:08 ID:???
『歴代主人公が兄弟だったら』は
アムロ以下の兄弟達(映像化作品限定)の生活全般を書いてみるネタスレです。

基本ルールは以下の通り
1. 原作にある程度則ったキャラ設定、他の作品を崩さない作品推奨
 (あくまでも推奨。これに反すると思った作品でも作品叩きは厳禁)
2. サブキャラなどの設定、諸々は過去スレ倉庫の作品を参考のこと。
 (ただし、設定は固定ではなく書く人間が好きに弄って可。パラレル進行などの抜け道もOK)
3. 自分がウザイと感じた作品でも叩きは禁止。煽りにはスルーを推奨。

過去スレ倉庫  http://aw0015.hp.infoseek.co.jp/g_brothers/
(職人希望の人は先ず、過去スレにあるネタ群を読んだあとでネタを書くことを推奨)

【避難所】歴代主人公が兄弟だったら.3【議論所】
http://axiz.fcpo.net/test/read.cgi/axiz/1220627382/l50
(長くなりそうな議論はこちらに)

避難所のさらに避難所(隔離部屋)
http://axiz.fcpo.net/discuss/
(ネタ・SS等に対する文句・苦情の類はこちらに)

前スレ
歴代主人公が兄弟だったらpart55
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/x3/1267618303/l50


2 :歴代主人公・兄弟プロフィール 長男〜五男:2010/04/16(金) 18:52:39 ID:???
長男アムロ・レイ(29) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
兄弟家の大黒柱。父親代わりとして個性派揃いの兄弟達をまとめながら、
ペットロボット『ハロ』やモビルシチズンを製作した(株)ラー・カイラムの幹部として
ブライトたちと忙しい日々を送っている。交友関係は幅広く、機械弄りが趣味。

長女セレーネ・マクグリフ(28) 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
深宇宙探査開発機構『DSSD』所属のAI関連技術者。AI研究、
開発に夢中になりすぎて私生活はだらしない面が目立つ。
そのことで兄弟達から色んな意味で心配されているが、
「着たきりスズメ」だけは何とか直ったようだ。

次男シロー・アマダ(24) 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
兄弟と町の平和を守る使命に燃える熱血漢の刑事だが、時折熱暴走して
手がつけられなくなる困った一面も持ち併せる。アイナを巡って彼女の
兄であるギニアスとの熾烈な攻防が日々繰り広げられているとか。

三男オリヴァー・マイ(23) 機動戦士ガンダム MS IGLOO
不良品量産電機会社ヨーツンヘイム社に勤務する技術者だが、製作した物はやたらと空中分解する。
真面目かつ冷静沈着な性格で、趣味は報告書風の非常にくどい観察記録をつけること。
同僚のモニクには憎からず思われているようだが、天然フラグクラッシャーなので何の進展も無い。

四男ドモン・カッシュ(20) 機動武闘伝Gガンダム
東方不敗マスターアジアの弟子で、格闘技大会で広く名を知られた
ガンダムファイター。無骨で不器用、常識も無ければ協調性も低いが、
時折まともな正論を言うことがある。幼馴染のレインに滅法弱い。

五男コウ・ウラキ(19) 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
お坊ちゃん気質の強い性格で、ニンジンが嫌いなMSオタク。大学で
ラグビー部に所属しているはずなのだが、あまり話題に上がらない。
シーマ姐さんことシーマ・ガラハウ(年上)の猛アタックに若干脅え気味。

3 :歴代主人公・兄弟プロフィール 六男〜十二男:2010/04/16(金) 18:53:36 ID:???
六男カミーユ・ビダン(17) 機動戦士Zガンダム
短気で喧嘩っ早く女たらしだが、何故かモテる。女の名前をつけられた
ことに対するコンプレックスから男の証明を手にしようとホモ・アビス、
プチMS、空手に手を出し、現在ハンバーガーショップのバイト店員。

七男シーブック・アノー(17) 機動戦士ガンダムF91
個性派揃いの兄弟達の中では比較的にまともで、地味なツッコミ役を自認。
「なんとぉーっ」と叫ぶ癖がある。「怪盗キンケドゥ」との同一人物説があったが、
本人はGFのセシリーとカロッゾ親子のパン屋でのアルバイトと趣味のエアグライダーに励む至って普通の好青年。

八男ロラン・セアック(17) ∀ガンダム
兄弟一家最後の良心であり、主夫。中性的な顔立ちと声から、本人の
預かり知らぬところで人気者となっている。穏やかで争いごとを嫌うが、
怒らせたら兄弟一恐ろしい実力者。本人曰く「女装は趣味じゃないです」

九男キラ・ヤマト(16) 機動戦士ガンダムSEED
コンピュータに精通しており昔は盗撮サイト経営、現在はクライン・ カンパニーのバイトプログラマ。
ラクス達との平穏な生活を望むも、 朝食は御大将ことギンガナムに踏み荒らされ、
フレイにつけ狙われたりで前途多難…。

十男シン・アスカ(16) 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
黙っていればいい奴だが生意気で喧嘩っ早く、すぐ増長して大失敗する。
キラとの相性は最悪で、貧乏くじを引かされ大喧嘩に発展させてしまう。
不思議系少女のステラと、ご近所のマユを絶対守ると心に誓う。

十一男刹那・F・セイエイ(16) 機動戦士ガンダム00
自らをガンダムと称する寡黙で無愛想な少年。
価値観と思考の多くがガンダムで占められており、16歳という実年齢より幼く見える。
マリナとの関係は文通相手なのか。ネーナに追っかけられている。

十二男ヒイロ・ユイ(15) 新機動戦記ガンダムW
無口で無愛想、その思考回路は奇々怪々。任務と称された依頼を断れない
厄介な性格持ちで、更に何かと失敗したり追い詰められたりすると自爆する
一触即発ぶりに周囲は戦々恐々。リリーナ・ドーリアンにぞっこん。


4 :歴代主人公・兄弟プロフィール 十三男〜十七男とモビルシチズン :2010/04/16(金) 18:58:03 ID:???
十三男ガロード・ラン(15) 機動新世紀ガンダムX
行動力溢れるやんちゃ者。金もうけの話に目が無く、それで懲りずによく騒ぎを起こす。
ニュータイプに若干の劣等感を見せることがあるが、基本的にはいつもポジティブ。
恋愛面はティファ一筋で、手を握っただけで真っ赤になるほど初心。

十四男ジュドー・アーシタ(14) 機動戦士ガンダムZZ
ガロードと並ぶムードメーカーでもあり、トラブルメーカー。何事にも
前向きで、ジャンク屋もする。結構モテるようだが恋愛にはまだ興味がない様子。
担任のハマーン先生がいろんな意味で苦手で毎日逃げ回っている。

十五男ウッソ・エヴィン(13) 機動戦士Vガンダム
年上の女の人に良く好かれよく弄り回される、羨ましいのか可哀相なのか
心中複雑な年頃の少年。さらに年下のシャクティにも振り回される。
見かけによらず生活力は高く、家庭菜園を営んだりもしている。

十六男アルフレッド・イズルハ(11) 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
素直で誰とでも仲良くなれる無邪気な少年。兄弟一家では少数派のザク好きだが、
他の兄弟達がガンダム乗り揃いであることから何度か喧嘩し、騒動になったことも。
お隣のクリスやバーニィと仲が良いが、他のジオン系の大人の受けもいい。

十七男シュウト(10) SDガンダムフォース
キャプテンと仲良しの元気一杯な兄弟最年少。アル同様誰とでも仲が良いが、
他人からの好意には鈍感で、ラクロアのリリ姫の好意にも気づいてない。
好物はご近所のセーラちゃんとお隣のクリスが作ってくれるケーキ。

キャプテン・ガンダム SDガンダムフォース
ラー・カイラム社で開発されたモビルシチズン。家事雑用に用心棒と何でもこなし、
ありとあらゆる事象の確率を算出することもできる。ロランをつけ狙う変態対策に
アムロがテストの名目で連れて来たが、一家の中にキャプテン自身を狙う者もいる…。
「シュウトがこのケーキを食べられる確率は…すまない、シュウト…」


5 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/16(金) 21:10:16 ID:???
>>1

ホルバイン「新スレに…エントリィィィ」
カスペン「>>1乙である!!」
デュバル「>>1乙の陰謀だ!!」

マイ「折角の新スレなのに、うるさくなっただけです。しかし>>1さん、乙かれさまでした」

6 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 00:38:16 ID:???
>>1
ジャック「HAHAHA!マーク、お前は今回も兄弟入りを果たせなかったなぁ!」
マーク「そんな事よりも僕はお前がここで>>1乙するところが見たい」
ジャック「マーァアアク!どうしてお前はそう反抗的なんだぁああ!」

7 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 01:10:22 ID:???
マーク「新スレ祝いに研究所でつくった水耕栽培の野菜を持ってきたよ」
ロラン「ありがとうございます。研究所なんてマークさんは凄いですねぇ。でも水耕栽培って何ですか?」
マーク「OK、ロラン。もう一回言って?」
ロラン「水耕栽培って何ですか?」
マーク「その前だ」
ロラン「ありがとうございます?」
マーク「おしい、その後さ」
ロラン「マークさんは凄いですねぇ?」
マーク「さらにもう一回」
ロラン「マークさんは凄いですねぇ」
マーク「HAHAHA!それ程でもないよ!!」
ロラン「………(汗」
セレーネ「ロラーン、私だって研究職なのよー」
ウッソ「水耕栽培というのは土を一切使わずに水と光だけで野菜を育てる方法の事ですよ」
ガロード「何々?新しい儲け話?」
ジュドー「元手無しで野菜売れるって?」
ドモン「やれやれ。そんなに簡単な技術な訳がないだろう。少なくとも肥料代はかかるだろうな。
     ウッソがやってる畑の場合は、枯れ葉や糞などの天然肥料で原材料はかからないが
     水耕栽培の場合は液体肥料を用意しなくてはならないだろう。タダとはいかないな」
カミーユ(ドモン兄さんが解説をしている!?)
シーブック(昔はドモン兄さんに勉強見て貰ったじゃないか、カミーユ)
マーク「だけどその分、栄養バランスの取れた野菜をつくる事が可能なんだ。
     このホウレンソウを食べればポパイだって逃げ出すぜ?ママ〜助けてよ〜ってね!HAHAHA」
ヒイロ「通常の栽培の場合は土壌の管理が必要になるが、水耕栽培にはそれがないのが大きなメリットだ。
     しかし水質および光量の調整が難しく、結果として市販されている野菜より単価が高くなるのが現状のデメリットである
     ……とゼロが言ってる」
ジュドー「じゃあこの野菜、お高いの?」
マーク「そんなことはないさ。これは深海のプラントで栽培しているからね。
     排水が混ざる危険もなく、塩分濃度も一定で調整しやすい海洋深層水をそのまま利用しているから
     水に関して言えば低コストで良質なモノを維持している。その分、価格も抑えることができるんだよ。
     ただ光の方に関してはまだまだ研究が必要でね、市場に出すには少し時間がかかりそうだ。
     まあワシントンが切った桜の木がまた芽吹くよりは早いけどね!HAHAHAHA!」
ウッソ「うーん、今度、研究所を見学しにいってもいいですか?」
マーク「ああ、構わないよウッソ。ただウチの研究所はティーダーがどこかに挟まってるから気をつけてな!」
???「待つんだウッソ君!」
キャプテン「侵入者発見、侵入ルートパターンからシャア=アズナブルと断定」
アフランシ「ああ、シャアなら簀巻きにして庭に置いておいた。適当に処理してくれていい。
        だがありがとうシャア=アズナブル。君の記憶のお陰で兄弟家に侵入できた」
シャギア「ふ……君の場合は正面から入ってきても問題ないだろう」
オルバ「君はシャアじゃないんだからね」
ガロード「おまえらはいつもどこから入ってくるんだ……」
アフランシ「人は土に触れて野菜を育てるから地球の大切さが判るんだ……
       管理された野菜なんて、人間のエゴが作り出した存在だよ!
       ウッソ君、そんな野菜を育ててはいけない!」
マーク「おいおいアフランシ、この野菜は海で育てたんだぜ?海ってのは生命全ての母親じゃないのか!
     お前だって海のオッパイ吸って育ったんじゃないのか、アフランシ=シャア!!」
アフランシ「僕が吸うおっぱいはエヴァリーのだけさ、マーク=カラン!!」
ウッソ「羨ましいですよ、アフランシさん!」
アムロ「あ、おっぱい…」
キャプテン「マスター、出番がないからって脈略もなく呟くのはどうかと……」
刹那(ガンダムはおっぱいなのか?)
キラ「やめてよね、黒歴史同士で喧嘩するなんて。僕は今、エンコミスってイラついてるんだ!!」
マーク「この兄弟だってガンダムインフォのHPで無視されているのが二人と一機もいるんだぜ!」
ガロード「うるせぇ!プラモ買えよ!!」
シュウト「同じアメリカ放送組の仲間だと思ってたのに!」
アフランシ「この流れ…またMSを持ち出して争いを始めると僕の中のシャアの記憶が告げている……
       だけど!ガイア・ギア!ファンネルシュート!!」
ガロード「ツインサテライトキャノン発射ーーー」
キャプテン「獅子の牙!!」
マーク「shit!俺だけ叫ぶ必殺技が無い!!これじゃあ出来の悪いホームドラマだぜ!!HAHAHAアーッ!」

8 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 02:48:41 ID:???
スレ立て乙

>>7
カオスw
一杯出てくるといかにもこのスレらしくていい

>ただウチの研究所はティーダーがどこかに挟まってるから気をつけてな!
ワロタw
何に気をつけるんだ、何にw

9 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 03:20:59 ID:???
>マーク「shit!俺だけ叫ぶ必殺技が無い!!

泣けるほどしょぼいビームライフルと
明らかに相手に当たらないように斬りつけているビームサーベルが印象に残っているな

10 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 03:58:08 ID:???
必殺技ちっくな技ならあるぞ。

叫んでないし、出したのマークじゃないし、その上量産機でも出せるモノけど……。

11 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 04:54:14 ID:???
Gセイバーのライフルがしょぼいんじゃない
MWレイの装甲が厚いと考えるんだ

マークは挟まってる人含めたド素人のフリーダム乗りをフォローしながら
性能そんなに変わらないGセイバーでMWレイを破壊してたし
腕は良いはずなんだ。軍の元エースだし

12 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 05:36:09 ID:???
ダーゴル「エコロジーであるというのなら水耕栽培を否定する必要はないだろう、アフランシ
      人の英知によって農薬に蝕まれた大地は休むことができるのだからな
      そう、人の技術とはそのように質実剛健であるべきなのだ
      私が愛するノイシュヴァンシュタイン城のように!!
      この強く白くそびえ立つ城に私は人と地球のあるべき姿を……」

シュバルツ「ハーーハッハッハ!!
       我が故国ドイツが誇るノイシュヴァンシュタイン城に落書きをする観光客どもめ!
       この私がお仕置きをしてやろう!トォッ!!」

ダーゴル「いやぁぁぁぁぁぁあぁぁ私のノイシュヴァンシュタイン城がぁぁぁぁぁぁぁ」


レイン「悪いことはしていないのよ、シュバルツさんは……うん」
サイサイシー「どうかなー。土足でお城の上に立つのは問題あるかもよ」
チボデー「シュバルツはドイツ人じゃないだろう」
ジョルジュ「ノイシュヴァンシュタイン城といえば眠れる森の美女のモチーフとなった城ですね。美しい」
アルゴ「ふ…原作を呼んでもそう言えるか?」
ドモン「ソーセージ買ってきたぞモグモグ」

13 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 10:51:33 ID:???
>>6
一つ言っておく。
小説版の挿絵師は鈴木雅久画伯で、マークは超イケメン、
シンシアも十代で通りそうな、知的な雰囲気の可憐な美女だ。
(シンシア役の人が馬鹿っぽいと言っているわけではないぞ?w)
一方、映画は…

さてマーク、君はどちらでいたいかね?


14 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 11:12:18 ID:???
>>9
デフ(機体コンセプトはF90に似てるのに・・・)
シーブック(外見はF91に似てるのに・・・)

15 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 17:48:39 ID:???
キャプテン「お前達ダークアクシズは速やかにこのスレに…>>1乙せよ!」

16 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 20:06:41 ID:???
>>1

最近見始めたものでユニコーンと三国伝が今熱いわけだが
バナージと劉備はこないのかな?

17 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 20:29:44 ID:???
>>16
バナージはともかく、劉備は何処に来るんだい?

18 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 20:43:57 ID:???
>>17
義兄弟になればいいじゃない

19 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 20:45:42 ID:???
キャプテンの(義?)兄弟だな。

20 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 21:17:32 ID:???
ロラン「おはようございますマイ兄さん。今朝は早いですね」
マイ「ええ。どうしても、まとめないといけない資料があって
   ロラン、髪が寝グセで跳ねてますよ」
ロラン「え?あ、本当だ。直してきます」
マイ(あれがアホ毛と言うものなのだろうか)
コウ「おはよう兄さん」
マイ「おはようございますコウ……あなたも寝グセ酷いですよ
   なんていうか、スーパーサ◯ヤ人のような」
コウ「え!またか!直すの大変なんだよなコレ……」
ガロード「はよー……」
マイ「眠そうですねガロード。あなたも髪がはねてますよ」
ガロード「ええ〜。んなもんこうして……」
マイ「ツバで直そうとするのやめといた方がいいと思いますよ?ティファさんに嫌われる前に」
ガロード「いい!?やめる!」
シュウト「兄ちゃんはいいよな。ツバで直るような寝グセで」
マイ「おやおや、どうしましたシュウト。朝から不機嫌ですね」
シュウト「だって僕の髪型、何しても直らないんだもん」
ガロード「まあ寝グセじゃないしな。そのトサカ」
シュウト「うーん……」
マイ「まぁ、あの寝グセに比べたらいいじゃないですか」
シュウト「誰のこと?……ってうわ!すご!角だ!角が一本生えてる」
ガロード「ちょっと触らせてくれよ……硬!硬いし尖ってる!あぶな!」
マイ「これは下手したら刺さりますね……早く直してきたほうがいいですよ」
バナージ「うん」

21 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 21:28:27 ID:???
シン(………ルナのあれは、アホ毛なのか寝癖なのか…
アホ毛だよな。うん。アホ毛であって欲しい)
ルナマリア「何?シン。じっと見つめて」

22 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 21:35:15 ID:???
アホ毛がルナマリアの核で、ミンチ化したときはアホ毛から再生するとかなんとか・・・

23 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 22:25:21 ID:???
>>22
何故だろう戸愚呂(兄)が浮かんだ

24 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 22:32:12 ID:???
セルが思い浮かんだ

25 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 23:14:37 ID:???
ジーン「どぉぉぉしたのだぁ?さっきまでの勢いはぁ?笑えよぉコウ・ウラキィ」
コウ「ちくしょおおお!ジィィン!」

26 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/17(土) 23:53:29 ID:???
>>17
なんでバナージは兎も角なのさ?
劉備の方がTV放送だから視聴人数多いんだぜ?

27 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 00:18:24 ID:???
このスレはおおよそ現代日本がモデルだ(違う所はいっぱいあるが)
どう馴染ませると言うのだ国取り合戦に明暮れてる連中を

28 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 00:29:20 ID:???
>>27
毎日サバゲーに明け暮れてんじゃね

29 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 00:43:25 ID:???
キラ「そもそも三国志の人名を言われると別のキャラを思い出すし」
ウッソ「どのエロゲーですか」

30 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 00:54:33 ID:???
しかしバナージ流石に3年後まで完全に出さないってのもアレだと思うし
そろそろ存在を認めてもいいと思うんだけどどうだろうか

31 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:11:40 ID:???
日々戦争に明け暮れてる軍人が現代日本がモデルの場所に馴染んでるのに
何を今更w

32 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:13:05 ID:???
>>30
バナージなら、ドズル園長におっかけられてたぞ

ミネバ様がどーとかこーとか




あ、キシリア様まで追っかけてるや

33 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:16:58 ID:???
劉備「熱き皆の志に心打たれた!我ら生まれた時は違えども(略」
ドモン「おう!ネオチャイナの劉備ガンダムよ!!」
劉備「い、いやチャイナって?」
刹那「……ガンダムが兄さん……ガンダムがおれの兄さん…」
キラ「んで君はいつガンダムからおっぱいドーンな女の子に戻るんだい?」

意外と平気な気がしなくもない

34 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:17:23 ID:???
「それしか食う方法を知らないからさ」とのたまってた赤い人がスッカリ日常送ってるスレだからなw

35 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:22:11 ID:???
張飛「兄貴の義弟である俺もガンダム兄弟だし一緒にメシ食ってもいいんだよな!
    ここのメシはうめーって聞いてたから楽しみだぜ!!」
関羽「まて張飛。劉備殿は我らが長兄。長兄と弟では食事にも差がなくては礼を失するというもの
    我々が食卓に座ることまかりならん。我々は庭で食事を取るのだ。それが兄弟の序というものだ」
張飛「ショボーン(´・ω・`)」

ロラン「い、いやいいですから。家の中に入っていいですから!」
シーブック「逆に気まずいし、ここ三璃紗じゃないしな」
ララア「こうやって食卓居候が増えていくのね…わかるわ……」


36 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:22:26 ID:???
>>34
シャア「アムロの家に行けば毎朝ロラン君の手料理が食べられるからな」

37 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:25:21 ID:???
>>35
シャギア「また増えたな、オルバよ」
オルバ「そうだね、兄さん」

38 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:26:55 ID:???
曹操「一度に三人も増えるのはエンゲル係数がだだ上がりだろう
    ここは儂が劉備の代わりに兄弟入りすることで場を納めるというのはどうか
    持参金代わりとして七星宝刀を用意したが」

39 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:28:19 ID:???
>>36
バナージ「父さん、邪気(シャア)を感じます」←髪の一部が角のようにとんがっている
アムロ「誰が父さんだ!」
カミーユ「どうなってんだお前の髪」
ロラン「ゲゲゲ◯鬼太郎?」
ジュドー「変態用レーダー?」
バナージ「いや、マリーダの位置もこれで特定できるんだ」
シーブック「いい加減ドズル園長に消されるぞお前」

40 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:29:37 ID:???
シャア「そうなるとまた我々の死因が増えてしまう」
グエン「ローラはたまにジョルノ化して無駄無駄を繰り出してくるが、彼らはどうなるのだろう」

ジャーン ジャーン ジャーン

グエン「げえっ 孔明の罠だ」
シャア「いかん 退路を断たれたぞ ひけっひけっ」
カミーユ「退路を断たれてから退却命令を出しても遅いんです!!」



孔明「……と、このように横山化します」
ロラン「他にもいろいろありそうですねえ、三国志はネタも多いですから……」

41 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:31:25 ID:???
そして兄弟家に嫁入りしてくる孫尚香ガーベラ

刹那「ガンダムだ

42 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:52:43 ID:???
>>40
シャア「こっちか?」
シーブック「待っていたぞ、シャア!」
シャア「シーブックか!」
ジョニー「ヘッ、赤い彗星がざまァないな!赤繋がりで助けてやるよ」
シャア「む……すまんな」


シャア「まだ出入口には着かず、か。しかし甘いものよ」
グエン「何がですか?」
シャア「私ならばここに伏兵を……」
カミーユ「大尉…いや、シャア!今日こそ修正してやる!!」
シャア「わわわ、カミーユだ!」
ギュネイ「社長ーーー!!全く…局長の言った通りになってやがる!」
シャア「おぉ、ギュネイか!」
ギュネイ「さっさと逃げて下さい。こいつは俺が!」
カミーユ「貴様などに負けはしない!」
シャア「恩にきる、ギュネイ、ナナイ……」


グエン「ん。やっと玄関が見えてきましたね」
シャア「ハッハハ…ハッハハハ………」
グエン「どうしたのです?」
シャア「ロラン君も爪が甘いものだ。ここに伏兵を置けばいともたやすく我々を修正出来たものを……ん?」
ジャーンジャーン
アムロ「シャア、その首貰いに来たぞ」
ジャーンジャーン
シャア「げえっ、アムロ!!」
グエン「も、もうダメだ……」
アムロ「まぁ、冗談だが今日はチクと灸を据えてやる」
シャア「こ、ここまでか……無念だ!」
司馬懿「社長、アムロ・レイは優しさがニュータイプの武器だと勘違いしている男です。
    優しさに付け込めば或いは……」
シャア「それが出来ればミンチにはなっていない」
司馬懿「ですよね」


キャプテン「王手」
劉備「キャスリング」
キャプテン「チェック後のキャスリングは反則だ」
劉備「それはチェスのルールだろう?」
キャプテン「汚いな流石劉備きたない」
劉備「ありがとう、褒め言葉だ」
アル「キャプテン達は何やってんの?」
シュウト「チェス将棋だってさ」

43 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:56:33 ID:???
>>38
ガロード「七星宝刀、売るよ!
あ、でもこの宝石だけアクセサリーに加工してもらってティファにあげたら喜ぶかなぁ?」



オルバ「ところで兄さんこの子は何を食べるのかな。キャプテンとはまた違うみたいだけど。」
シャギア「ふむ、私の愛馬に似てるしとりあえず冬のストーブの残りの石油でもあげてみるか?オルバよ」
郭嘉「ご飯ふつうに食べさせてくださいよぉ…」

44 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 01:59:52 ID:???
>>35
現在の食卓居候

シャギア・フロスト
オルバ・フロスト
ギム・ギンガナム
シャア・アズナブル
(たまに)マリナ・イスマイール

アムロ「カテゴリーFに月の御大将。そして皇女様に赤い彗星か・・・そうそうたるメンツだな」
ロラン「何かお金が取れそうですよね。こんな食卓他にないですよ」

45 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 02:02:49 ID:???
実際三国伝の本編だけでなく
ロゴですら龍(劉備)・鳳凰(曹操)・虎(孫権)で
曹操が真ん中で主役っぽいよな

46 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 02:04:37 ID:???
>>44
最近目立ってきてるマーク君も入れたげてー
逆に最近マリナの腹ペコネタが少ないな
なんか母性ネタは多いけど残念な美人なマリナさんも見たいぜ

47 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 02:09:53 ID:???
意外とみんな三国伝知っててびっくり
みてるの俺くらいかと思ってた

48 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 02:26:59 ID:???
すっかり蚊帳の外のマーク・カラン・・・

49 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 02:36:33 ID:???
マリナ「最近の朝ごはんですか? 昨日はパン屋さんで買ったパンの耳の詰め合わせをシーリンと少しずつですね♪」
マリナ「で、でもやっぱりガンダム家の皆さんの料理は贅沢すぎて、今でも緊張するというか・・・」




ガロード「泣けてくるな、改めて」
ジュドー「だな」

50 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 04:07:46 ID:???
マーク「別に俺はガンダム家の食卓に乱入している覚えはないんだが……」
フィリッペ「HAHAHA兄弟入りは諦めたのかマーク」
マーク「そんなものはとっくの昔に諦めてるさ…」
フィリッペ「どうやら傷は深いようだな。だがお前はいつか立ち上がると信じてるぜ」
ティーダー「助けてくれ!マークがトラウマにはまっちまった!」

51 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 06:02:25 ID:???
そして呂布トールギスは警察と険悪な仲な
暴走族か893な人か

シロー「そこのバイク!いや馬!?と、とにかく止まれ!スピード違反だ!」
呂布「ふん!俺が国家権力の犬に屈すると思っているのか?ぬるいわぁ!魂ィィィィィッ!!!」
サンダース「げぇっ!反転してこっちに突っ込んできやがった!」

52 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 06:46:52 ID:???
アムロ「魂か。威力が三倍なだけはあるな」

53 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 07:03:05 ID:???
シン「あれ?2,5倍じゃなかったっけ?」

54 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 07:27:05 ID:???
グゥレイトなジェネレーションギャップ・魂についての
・・・Gジェネ魂?

55 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 09:33:58 ID:???
>>22
たねキャラで、アホ毛が本体、なネタなかったっけ?
外れたアホ毛見たシンがレイに「ルナが動かない!」っパニくってたの。
うろ覚えなんで、勘違いの可能性も高いんだが。


56 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 10:29:29 ID:???
>>55
全てのアホ毛キャラはアホ毛が本体というか、
体の方は単なるアホ毛固定機というか…
眼鏡と鼻みたいなもんではないかな

57 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 11:26:44 ID:???
>>50
前スレで乱入じゃなくて防衛側のポジションにいたぜ

58 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 11:28:17 ID:???
962名無し大佐sage10/04/18(日) 11:01:46 ID:???
本スレの>>51

シロー「俺は生きる!生きてアイナと添い遂げる!」
呂布「げぇっ、シロー・アマダ!」
サンダース「出たッ!デカ長(※)の(アイナさんに対しての)愛ッ!」
(※)刑事なのに隊長は不自然だと感じたので…念のため
アムロ「時代にもよるが、この場合は後期のやつだから性質が悪いな」
シーブック「加速・必中・ひらめき・熱血・気合・努力・幸運だからね…」
カミーユ「劣化版奇跡…と呼ぶには勿体無い性能だよな」
ロラン「それだけじゃない効果も出ているように見えませんか?」


59 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 11:47:46 ID:???
意外と馴染んでるかもしれん。
いい事だ

60 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 11:50:57 ID:???
作者次第って事やね

61 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 12:08:43 ID:???
リック「マークがキャラ立したようだな」
不死身のクロウザ「フフフ…奴は黒歴史四天王の中でも大物…」
ルビー「果たして残る我々のキャラを立たせることができるかな…?」


ガロード「うん、無理」

62 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 12:26:35 ID:???
劉備「ただいまー」
ロラン「おかえり劉備さん…ってその子はッ!」
刹那「ガンッダァアアアアアアアアム!!!!」

孫尚香「はぁ〜い私、孫尚香ガーベラっていいま〜す。このたびぃ、劉備さんに嫁ぎました〜しょこたんって読んでくださ〜い」

刹那「と……とつ……ぐ?…ガンダムが…」
張飛「なんだ兄貴またつかまったのか」
劉備「そうなんだ、それも俺がアムロ殿の所に居候していると分かった瞬間ついて行くって言ってきて…」
ロラン「ま、まぁ要するに、劉備さんのお友達なんでしょ?」
張飛「いや、それがさぁ、国取合戦している相手国の姫様だからさ、場合によっては敵になるかもしれないんだよな…」
ロラン「そ、そうなんですか?でもみんな仲良くやっているように見えますけど…」
刹那「ガンダムが…離れていく…俺のもとから…あんな可愛いガンダムが…」
張飛「兄貴、そろそろ来るぞ…」
劉備「あ〜あ、また曹操に君主としてのうんちゃらが足りないとか言われるんだろうな…」

孫権「うぉおおおおおりゅぅううびぃいいいいい!!妹は渡さんぞぉおおおおおおお!!!」
陸遜「ひぃいめぇええさまぁあああああああ!!!」
真・刹那「よくも俺のガンダムを…この恨みぃいいりゅうぅうびぃいいいいい!!!!」

張飛「翔と轟が争う理由はだいたいこれか司馬懿の罠だな」
ロラン「大変ですね、てゆーか玄関口で戦っても困るんですけど」
やもうえん「よーしこんな時こそ、『お助け銅鑼』〜(ぺっぺけぺ〜ぺ〜ぺ〜)」
張飛「なんだあいつ」
ロラン「突っ込まないでください」

 ジャーン ジャーン ジャーン
孫権陸遜刹那シャア『げぇ!関羽!!』

しょこたん「劉備さ〜ん」
劉備「タスケテクレー」

シスコンブラザーズに追加メンバー一名 孫権スティメン
劉備とアスランの友好度が上がった
劉備と刹那の友好度が下がった

63 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 12:46:58 ID:???
キラ「うぉおおお雛里ぃー雛里ぃー!」
鳳統(ヤクト・ドーガ)「ええいこれも孔明の罠か!近寄るな下衆!」

ウッソ「僕としては愛紗さんが好きなんです」
関羽(ダブルゼータ)「一体何の話だ?」

64 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 13:06:39 ID:???
呂布「ふん、マッポごときに俺は止められん!」
シロー「くそ!何て奴だ……」

呂布「さて、次は……」
< はい、皆集まって〜
呂布「!?この声は……貂蝉?」

ピューッ

マリナ「昼ご飯の時間ですよ〜」
ヤエル「ひるごはんー」
シーリン「今日は組長が作ってくださるそうよ」
ダビッド「あ、何かくるよ」
マリナ「え?」
ギュォォォォオオオ
呂布「貂蝉!!」
マリナ「どなたですか?」
リアン「トールギスだー!」
ヨゼフ「かっこいー!」
呂布「!?ちょぉぉぉせぇぇぇぇぇん!!!!よもやそんなに隠し子がいようとは!!!!」
マリナ「隠し?子??」
シーリン「あぁ…春だからね……(可哀相なMSを見る目」
マリナ「あの……失礼ですけど、お人違いでは……」
呂布「ならばお前を殺して俺も死ぬ!」(ヒートロッドを取り出す
マリナ「は、話を聞いていただけますか!?」
呂布「安心しろ、俺も直ぐに逝く!」
ドズル「俺の目の黒いうちはそのような狼藉はさせんぞッ!ドラゴンスープレックス!!」

ドゴーーン




呂布「真に申し訳ございませんでした」(正座
ドズル「声を聞いただけで周りが見えなくなるとはな……」
シーリン「頭が可哀相な訳じゃなかったのね。それほど好きだってのがよく分かるわ」
マリナ「そんなに声が似ているのですか?」
呂布「はい、とても」(正座
ヤエル「くみちょー、とても強ーい」
ドズル「ハハハ、全盛期の親父ならば一睨みしただけでバラバラになるぞ!
呂布「(この町には天下無双が何人もいると言うのか……面白い!」

65 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 14:44:17 ID:???
キラ対郭嘉ヴァサーゴのサイバー戦争をみたいものだ

66 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 14:57:08 ID:???
アムロ「そろそろ終わらせろ」
リボンズ「了解だ別世界の僕」
DOME「協力しよう、分解される前の僕」

キラ&郭嘉「「げぇ、関羽のアイコラ画像!」」

67 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 15:42:29 ID:???
曹操「ほう、我々を模した玩具か」
コウ「プラモのこと?まあどっちが先かは異論はあるけど」
刹那「ガンダムがガンダムを触っている…!」
コウ「ほら、これなんか結構いい出来じゃない?」
曹操「む、これは轟の奴等か」
コウ「うん、これがMG。簡単言えば一番出来がいいヤツってことかな」
刹那「ガンダムだ」
コウ「まあ、ウチに本物があるのにって、よく言われるけどね」
曹操「…で、儂を模した玩具はどこにある」
コウ「…え」
曹操「当然、あるであろう」
刹那「ガ、ガンダム……」
曹操「どうした? 持っておらぬのか?」
ガロード「DXのMGは…ないんだ」
曹操「無い訳がなかろう、翔や轟の小童どもがあって、この曹操が」
ガロード「ないんだ」
曹操「ハハハ、こやつめ」
ガロード「……マジだ」
曹操「!?」

この数日後、曹操・我道走率いる連合軍が、東京・静岡に同時進行、制圧する。
これが後の世にいう「磐梯の戦い」である

68 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 15:52:58 ID:???
>>64
うーむ…藤○は小兵だから、組長が使うのは違和感があるオールドファンな俺。
オブライトのイメージ?

69 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 15:53:57 ID:???
>>55
ルナマリアのアホ毛は、例えるなら○魂の新八の眼鏡のようなものか
もしくはジャミルのグラサンか


70 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 16:37:03 ID:???
>>68
分かりやすくて見栄えの良さそうな技を選んだらこうなった。
アトミックドロップやパイルの方が良かったかな。

71 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 18:21:58 ID:???
>>70
あのぶっとい腕で「ウィー!」が一番似合ってると思うがw


72 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/18(日) 21:30:57 ID:???
アホ毛が切断された場合
ルナの頭からアホ毛が生えてくるんじゃなくて
アホ毛からルナが生えてくるんだな
かつてルナだったものはシオシオになって土に帰る
アホ毛は某ガイバーのコントロールメタルに相当する訳だ

73 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 02:19:20 ID:???
プル「ねえねえプルツー」
プルツー「……また何かおかしな事を考えたな、姉さん」
プル「私たちってクローンって話だけどさ、どうやっていっぱいできたんだろ?」
プルツー「知らないよ、そんな事」
プル「きっとね、耳の前にある髪の毛を切って埋めておくと、そこから私そっくりの妹が生えてきて……」
プルツー「どこからどうしてそーゆー事を思いつくんだ、姉さんは!」
プル「アホ毛の話から」
プルツー「またパパが夢にうなされるからやめるんだ……」

74 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 02:37:10 ID:???
三国伝の奴らって国盗り合戦してんのか?
曹操が五虎将率いて童帝と戦ってなかったっけ?

75 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 03:54:26 ID:???
孔明「三国で国盗りというよりも、お互い様子見というかそんな関係でした。
   あまり内容を書くとアニメ版のネタバレになりかねませんので、
   詳しく知りたい人は、是非とも発売中の三国伝のコミックスをご購入ください。
   完結編である戦神決闘編最終巻も4月26日に発売になります。
   私も大活躍しますよ」
アムロ「おい、お前は角川の手のものか。宣伝をするな宣伝を」

76 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 07:44:50 ID:???
さんごくしってながくってむずかしいです。どうやったらかんたんによめますか?
キラ「ゆとり乙、とりあえず恋姫やればいいんじゃね?」
ウッソ「キラ兄さん、兄さんのデスクトップが全部関羽のアイコラ画像になっているよ。これじゃ恋姫じゃなくて濃い髭だよ」

77 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 09:46:08 ID:???
学校の図書室に横山三国志置いてあったな
図書室の漫画ってなんであんなにカオスなセレクトなんだろ
カムイ伝とか……

78 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 11:15:30 ID:???
司書さんが話のわかる人だと、時々予算の一部を委員に任せてくれる事があるんだよ。
んで、お堅いだけじゃないヤツが図書委員やってたりすると、
イロイロ変な本がセレクトされてくるw


79 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 11:32:40 ID:???
高校の時分にみどりのマキバオー、ジパング、横光三国・項劉を購入させたっけなァ
ついでに坂の上の雲。全て堪能させていただきました。


ジュドー「ガンダムZZのDVDを購入して下さい……と。カリカリ」
ガロード「ガンダムDXのPG化けを切に望みます…と。カリカリ」
ハマーン「映像教材は一年戦争〜グリプス戦役の物で十分だ。それとPG要望は会社に出せ!」
ジュドー「第二次ネオジオン戦争はあるじゃないか!」
ハマーン「あの戦争の戦闘技術は素晴らしいものがあるからな」
ジュドー「確かに核ミサイルをファンネルで撃ち落としたり、ファンネル合戦とか凄いけどさ」

80 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 12:20:44 ID:???
>>79
しかしそれをやると次から上層部にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
オールドタイプにはお薦め出来ない。

81 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 14:35:21 ID:???
ハマーン(ZZでは私が最後にあんな恥ずかしい事を言っているんだ、教材として学校に納入させる訳には行くまい////)

82 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 14:50:06 ID:???
いつの間にか教材が劇場版Zにすり替えられZZは無かった事に

83 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 15:10:06 ID:???
何故か図書館に小説版Zがあったウチの小学校

84 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 15:37:21 ID:???
カミーユ「そういえばうちのクラスの図書委員って誰なんだ?」
ルナマリア「そんなの決まってるじゃない。ねぇセシリー?」
セシリー「え、誰だったかしら?」
ファ「本好きそうな人?」
レイ「……どう見ても、真反対な連中ばかりだが」
ルー「ちょっと、レイどういうことよ?」
ネーナ「私たちに何か文句あるの?」
レイ「いや、気にするな。俺は気にしない。シンがな」
シン「俺に振るなよ!?」
ルイス「で、ルナ?誰が図書委員なの?」
ルナマリア「そんなの決まってるじゃない!シーブックよ!」
シーブック「え?俺が?」
セシリー「どうしてシーブックが?」
ルナマリア「シーブック……シー・ブック……見る本……本を見る!
        つまりシーブックは図書委員を現す言葉だったのよ!」
一同「……」
ルナマリア「……あれ?『な、なんだってー』は?」

85 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 20:20:35 ID:???
学校の図書館にガンダム含めたラノベが一角を成してたのは普通の事ではなかったのか……

86 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 21:05:39 ID:???
ウッソ「図書委員といえば黒髪おさげの物静かなメガネっ娘ですよ!おかしいですよ!」
ネーナ「中の人乙」

87 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 21:19:06 ID:???
恋姫無双はアニメ版はものすごくバカだがイベント自体は史実に忠実に起こってるので参考になると言えば参考になる

88 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 22:52:36 ID:???
>>84
シーブック「いや、それはない。『なんとぉーっ』もないな」
セシリー「ないわね」
シン「ないない」
レイ「ないが気にするな。俺は興味が無い」
ルナマリア「なんとぉぉ…orz」

89 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 23:00:26 ID:???
>>1乙!

一貫団欒な食事風景を書いてみたいけど、難しいね
みんなすごい!

90 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/19(月) 23:17:24 ID:???
>>78
ロランも今春まで「戦○司書」で図書館長代行をやってたk…
ロラン「無闇に中の人のネタを話す人とは(以下略)」

91 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 01:50:23 ID:???
銀英伝全巻(外伝込み)蒼竜伝全巻、吸血鬼ハンターD幾つか
雑誌はコンプティークやカーグラ、ホットドックプレスと内の高校もすごかったな

ミリィ・チルダー何てどうだ。ウッソの要望にピッタリだぞ

92 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 03:13:26 ID:???
たしかZZにメガネッ娘いなかったっけか

93 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 12:56:54 ID:???
969 名無し大佐 sage 10/04/20(火) 04:27:32 ID:???
本スレ>>90とエイプリルフールネタ見て思い付いた中の人ネタ。


リジェネ「もしもし、アムロ兄さんですか?
     はい、ちょっとお話が…
     ほんとはちゃんとお会いしてきちんと話さなければならなかったんですけど…
     はい…主夫業が辛くて…もう耐えられません…
     みんなにもよろしくお伝えください。
     今夜の献立?…そんなの知りません。これからはみなさんで考えて作ってください。
     では…さようなら。今までありがとうございました」プチッ

リジェネ「エキサイティングな暇潰しだと思わないかい?」
リボンズ「…君はやんちゃが過ぎる。
     至急引っ越しの準備を。家財道具をヴェーダに詰め込め。ガンダム兄弟が来る前にだ」
赤いの「「「「「了解」」」」」


970 名無し大佐 sage 10/04/20(火) 05:46:37 ID:???
ロラン「? どうしたんですか、アムロ兄さん?」
アムロ「しっ!」ピッ!
リジェネ『はい…主夫業が辛くて…もう耐えられません…
     みんなにもよろしくお伝えください』
ロラン「え?」
アムロ(マイクに蓋)「キャプテン、全員を集めてくれ。
    今日という今日は、あのキャベツ頭、素粒子も残さず消滅させてやる」
ロラン「ア、アムロ兄さん…笑顔が怖いですよ…」

94 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 13:58:59 ID:???
>>91
メガネっ娘というと、他は00勢でシーリンとかリンダさんとかティエリアとかしかルイス母くらいしか思い浮かばんなー。
あと、マネキン大佐にレディ・アンにプロフェッサーくらい?
コミック・小説含めても、AOZからケイト・ロス、UTMでローザ二世にASTRAYでメリオル・ビスティス、リーカ・シェダーに
ベルナデッド・ルルー(普段はコンタクト)、OOFでシャル・アクスティカくらいしかおらんなー。

>>92
それが、ミィ・チルダーですな。

95 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 14:19:21 ID:???
>>94
メガネッ「娘」と言うには無理があるのが何人かいるなw

96 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 14:33:14 ID:???
後はシムス中尉だが彼女にはシャリア・ブルがいるという噂も

97 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 14:57:01 ID:???
曹操「淵、淵はいるか」
夏侯淵「曹操、呼んだか」
曹操「うむ、どうやら眼鏡っ子とやらを
    ガンダム兄弟が探しているらしい。
    お前の出番だ。いってこい」
夏侯淵「おう!」

98 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 16:20:41 ID:???
あれこそ「職場の同僚」であって恋愛関係とは無縁の人物だろう

99 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/20(火) 22:01:43 ID:???
>>94
Gのチボデーギャルズの一人とナスターシャも追加で
まあ、前者はまだしも後者は>>95の言うようn(グシャッ

サイサイシー「どうしたんだよアルゴの旦那?いきなりグラビトンハンマーを思いっきりどっかにぶん投げたりして」
アルゴ「よく解らんが、急にナスターシャから指示が入った」

100 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 06:50:32 ID:???
>>95
それ以上に、委員長キャラは多いが、図書委員キャラは皆無だなw

そもそもが軍隊とその周辺の人間模様が中心だからして…
文系よりも理系人間が圧倒的に多い。

一番文学に親しんでそうなのが、医者のテクスだからなぁww


101 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 15:11:11 ID:???
>>95
女性は母になるまではみんな娘だよ?

102 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 16:37:26 ID:???
何をいうか、文系にも精通している奴がいるだろ
君は郭嘉ヴァサーゴという軍師をしらぬのかね?

103 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 16:50:25 ID:???
シャギア「つまり、私がお下げめがねっ娘で図書委員というわけだな、>>102よ」
オルバ「さすが兄さん、隙がないね」
シャギア「フ…そんなにほめてもこの銀のエンゼル1枚くらいしか出ないぞ、オルバよ…」
オルバ「わーい♪」

シン「ど、どこからどう突っ込めば…」


104 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 18:28:51 ID:???
>>95-103
ティエリアについてのツッコミなしかよwwww

105 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 19:47:21 ID:???
あれはカマキャラ

106 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 20:04:35 ID:???
むしろ性別:ティエリア

107 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 20:26:40 ID:???
リボンズ「本人には教えてないけど、ティエリアは自由に性別を変えられる様に調整してあるんだよ」

108 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 20:48:00 ID:???
と言うかイノベイターは基本中性。と2nd小説にあった。

109 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 20:52:49 ID:???
クェス「中性なんだ……。ああ、だからリボンズってアムロよりちっちゃいんだ」
アムロ「ちょっと待て!!」
リボンズ「なっ、何がちっちゃいって!!」
クェス「背丈が」

110 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 21:53:18 ID:???
>>106
アスナ「ティエリアって、男らしく見える時があるんだよね〜」
ティエリア「ブッ!!」(珈琲を噴き出す)
エミル「いきなり何いってるのよ!この子は!!」
アスナ「えー、だってさぁ…」
シン「ティエリア、大丈夫か?」
ティエリア「だ、大丈夫…」
(アスナ・エルマリート…ア○の子と思ったが、意外と勘が鋭いかもしれない)

111 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 22:16:52 ID:???
アムロ 168cm→172cm
リボンズ 175cm

112 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 22:21:27 ID:???
ルイス「私この前パーティで見かけたけど完全に女だったよ?」
刹那「ああ、あれは女装するミッションだ」
ルイス「え?」
ネーナ「どんなミッションやってんのよ…」
刹那「スメラギの趣味だそうだ。俺も運転手としてついて行った」
ルイス「あはは…そうなんだ…でも本当に女の子みたいだったな…胸の辺りとか…」
刹那「ああ、お前より大きかっt(ドスッ)ゲフッ」
ルイス「何か言った?」
刹那「い、いや…何も…」
ネーナ「うん、今のはせっちゃんが悪い」
刹那(沙慈…この女は怖いぞ…)

113 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/21(水) 23:31:34 ID:???
ルイスも十分大きい方なんだけどな
00女性陣だとソーマとミレイナぐらいしか貧乳がいないから困る
マリナ様は小さくはないが他の面子がデカすぎるせいで貧乳扱いされる可哀想な人

114 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 00:11:05 ID:UVCHWFMt
刹那はかなりガーベラに興味があるようだが、
ネーナに怒られないのだろうか?
ガーベラ自身もどう考えているのだろう?

115 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 01:06:11 ID:???
ネーナ「ガンダムに興味を持たないせっちゃんなんてせっちゃんじゃないし、仕方ないかなって」

116 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 01:18:13 ID:???
>>110
アスナ「あー、でも刹那もオンナノコに見えてたし私の勘違いかな、やっぱ」
エミル「そりゃそうでしょ。ティエリアが男の子だったら、ちょっぴりどころじゃなく驚くって」
ティエリア「そそ、そうね・・・・(心臓に悪い、はてしなく心臓に悪い」
アスナ「あれ? ティエリア、顔色悪いね。アイス食べ過ぎておなか壊した?」
ティエリア「ええ、大丈夫よ・・・・(君のせいだよ、君の」

117 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 04:26:07 ID:???
マーク「ティエリアはポケットモンスターを持ってないのか?」
チボデー「HAHAHA、俺のポケットモンスターは強いぜ」
グラハム「君達、大声でポケットモンスターとは卑猥ではないか!」
シュウト「?」

118 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 07:26:18 ID:???
>>115
随分と物分りがよくなってるなw
それとも諦めの境地なのか…

119 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 09:03:42 ID:???
メタス「なんで私あの人の事が好きなんだろうって思う時……ちょっとあるのよね……」
ガンキャノン「なんでガンダムはララアさんの事が好きなのか分からないときがちょっとあるなぁ」


120 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 09:05:09 ID:???
>>113
その二人はまだ劇場版で急成長する可能性も無きにしも非ず

121 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 09:22:51 ID:???
ヒリング「おっぱいなんて飾りだー!」
ソシエ「そうだそうだー!」

122 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 18:13:07 ID:???
>>121
整備兵「偉い人にはそれがわからんのですよ」

ソシエ「誰、この人?」

123 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 19:09:59 ID:???
ヒリングはしゃあないとしても、ソシエだってまだ成長の余地はあんだろw


…まぁ、キエルも巨って訳じゃなかったから、過度の期待は禁物だろうけど。
ソシエはティファと同い年だぞ!


124 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 19:25:35 ID:???
たまにはコーラサワーのことも思い出してやってください。

125 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 19:50:56 ID:???
>>124
さあメモ帳を開こうかw

126 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 22:37:33 ID:???
ベルナデット「もう、胸の話はやめましょう?ね?」
トビア「ぼ、僕は別に言ってない…よ!?」
ジュドー「大丈夫、大丈夫!ベルちゃん、こいつのチ○コも小さいからさ〜」
トビア「なっ!?(;゚Д゚)」
ベルナデット・・・(ノ∀\*)キャ」


カラス「どこで見たのです?正直に言いたまえジュドー君、場合によっては許してあげますよ?」
ジュドー「やっべ・・・」

127 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/22(木) 23:53:36 ID:???
そうだな…フェルトやパーラがあの年齢にして、あの巨乳だなんて言わないぜ

128 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 00:04:08 ID:???
ところで鼻が大きい男はナニもでかいというが…

マイ「鼻ですか? うーん、立体的とは言われますけど」

129 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 00:14:31 ID:???
アカハナ「鼻が大きいと聞いてry」

130 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 00:56:03 ID:???
SDガンダムとかどうやって子供産むんだろう…

131 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 01:01:01 ID:???
製造

132 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 01:11:25 ID:???
>>126
先輩としての威厳が保てると安心するシーブックが目に浮かんだ。

133 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 01:17:38 ID:???
>>130
そんな事言ったら
食ったものどうするの?って謎も

134 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 02:12:12 ID:???
>>133
生ゴミ処理機みたいになってたらやだなww

135 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 03:03:07 ID:???
今ならいける!




30分かなみ

136 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 04:55:33 ID:???
アイムザット「AMレィディオ・アイムザットのI’m that!
        ビタースィートサンバの曲と共に紹介する今日のゲストは
        キャプテンガンダム君だ。よろしく」
キャプテン「よろしくお願いする。しかし何故私なのだ?」
アイムザット「中の人がオールナイトニッポンをやった繋がりだ。
        最初はティエリア君を呼ぼうとしたのだが、いろいろ忙しいみたいでな」
キャプテン「了解した」
アイムザット「ラクロア、天宮、ダークアクシズ要塞を股に掛けた君には
         沢山の応援お便りやメールが来ているぞ。あと電報」
キャプテン「電報?」
アイムザット「シュクジ ラジオシュツエン メデタクソウロウ コブラ」
キャプテン「礼をいう、虚武羅丸」
アイムザット「キャプテン君にはSDガンダムを代表して色々な質問に答えてもらおう。
         その前に一曲、アフリカセンボンヤリ教授で“宇宙が終わるまでは”」



大宇宙に私はもう一人で 投げ捨てられたデブリのようだ

互いの全てを知り尽くすまでが 人ならばいっそ永久に眠ろうか

宇宙が終わるまでは離れることもない そう信じていた幾千の星と

戻らない時だけが何故耀いては 差し伸べられたその手までも離す

はかなき想い…… このSoulDrive



アイムザット「曲の間にもキャプテン君にメールが届いているぞ。
        >>130から、『SDガンダムとかどうやって子供産むんだろう』とのことだ」
キャプテン「私はモビルシチズンだから子供を産むことはできない。
       ラクロアの騎士ガンダムは精霊の樹から産み落とされる存在だ。
       天宮の武者ガンダムはほぼ人間界と同じと考えていい。
       BB163武威凰大将軍には産後っぽい絵があるとかないとか」
アイムザット「ふむ。では>>133の『食ったものどうするの?』という質問だが」
キャプテン「普通に消化機関が存在し、消化しているのだろう。
       例えば爆熱丸の好物であるおにぎりだが
       炭水化物は意外とエネルギー効率が高い。
       草食動物は一日の時間の殆どを食事に当てるのは
       エネルギー効率が低い為、量を摂らなければならないからだ」
アイムザット「ふむ。確かに人類が地球上で反映できたのはその食事体系も関係しているからな
        ここでCMだ。ゲストへの質問メールはまだまだ受け付けているぞ」


ジングル『月は出てるか?アイムザットのアァァァイムザァァァァァトッ!』



137 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 04:56:38 ID:???
アイムザット「ここで前回のゲストであるマーク=カラン君からのキャプテン君への質問だ。
        『SD三国伝の人達は仲間のコトを侠(オトコ)と呼ぶけど、どういう意味だい?』とのこと」
キャプテン「漢や侍と似たような意義で使っていると思われる。
        しかし三璃紗は行ったことがないので詳しくは分からない。
        三璃紗は天宮の隣国である影舞乱夢の未来と聞いているが……」
アイムザット「任侠者という意味だろうかね?」
D.O.M.E.「それは少し違う気もするね」
アイムザット「うぉ!?どうなってる!フロスト兄弟、これは何事だ!!」
シャギア「D.O.M.E.による電波ジャックのようだな」
オルバ「コチラの操作をまったく受け付けないよ」
D.O.M.E.「単純に『侠』という場合と、『任侠』という場合では意味が違ってくるだろうね。
      『義』と『正義』が異なる意味を持つように。『正義』は道徳、倫理的な正しさだけど、
      『義』は道理や筋が通ってるという程度の意味だ。有名な上杉謙信の義はコチラだね。
      『任侠』は『仁侠』とも書き、義理や恩義に対して命を賭ける、相互扶助的な意味合いを持っている。
      しかし『侠』の場合は単純に弱い者の為に無償で自分の命を投げ出すものの事を言うんだ」
キャプテン「なるほど。記憶しておく」
D.O.M.E.「韓非子はかつてこう言ったものさ。世を乱すのは儒者と侠者なりってね。
      もっとも、儒者は体制に取り込まれてしまったけどね。その儒家と対立してた
      墨子集団には侠者的性質があるととも言われているね。墨子は春秋戦国にかけては
      最大勢力を誇ったけど、やがて衰退していった。それは儒家の隆盛とは丁度対照的な…」
<ブチッ…>
オルバ「ふふ……年寄りの話は長くていけないね、兄さん」
シャギア「ああ。だがこれでリボンズに借りを作ってしまったようだな」
アイムザット「おお、正常に戻ったぞ」
キャプテン「GN粒子の濃度上昇を確認。ヴェーダの介入と思われる」

アイムザット「何にせよお便りの続きだ。ラジオネーム・初代さんから『ハロハロハロハロハロ』
        ……日本語でおk」
キャプテン「大先輩にそのように言われるとラジオ出演した甲斐があったと私も思う」
アイムザット「通じているのか!?」

アイムザット「次のメールだ。ラジオネーム・セーラーガンダムさんから
        『キャプテンって言えばドモンのお兄さんの事色々知ってるって聞いたよ。
         ここで是非とも秘蔵エピソードを一つ!』
        ふむ、ファーストニュータイプの秘蔵エピソードか。私も是非聞いてみたいな」
キャプテン「マスターのエピソードか……そうだな、この前マスターはファンネルでシャアの撃退をしていた」
アイムザット「それは普通ではないか」
キャプテン「脳波でファンネルを動かしながら、右手に電話を持ってチェーンに仕事というテイのラブトークを繰り出し
        左手でベルトーチカとチャットをしながらデートの約束を取り付けていた。マスターにしかできない高度な技だ。
        スーパーコーディネーターのキラでも右手でラクス嬢と電話しながら左手でリジェネとチャットが限界だ」



138 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 04:58:11 ID:???
キャプテン「私もハガキを選ばせてもらった。ラジオネーム・ムーンクイーンさんから
        『ガンダムにお口がありますか!ありました。時代は変わったのですね。
         ですがそのお口から食事を取ることはないと聞きます。では何のためにあるのでしょうか』
        私の口は日常生活において自然に溶け込む為、親近感を得るために実装されている」
アイムザット「だが正直なところ、不評なようだな」
キャプテン「確かに、私の後のシリーズでは搭載されてない機能だ。客観的に見て不必要だったというのは否めない。
        マスターの若さ故の過ちだろう。だがシュウトは誉めてくれた。キスもしてくれた」
アイムザット「なにか爆弾発言があったようだが、スルーして次のラジオネーム・告死天使01さんから
         これで二度目だが、コードネームではなくラジオネームだぞ、告死天使01。
         『口に新機能を搭載するなら何がいい?俺はミシン機能がいいと思…自動三つ編み機!
         動物用体温計だ。楽器を演奏する機能がいいですね。火炎放射が正義だ!!』
         ……途中から字が変わっているな。どうかね、キャプテン君」
キャプテン「今、マスターからメールが届いた。『お喋りな口は縫いつけて使用禁止にする!』
       よってこの口に新機能を搭載することはできない」
アイムザット「こちらはメールだ。ラジオネーム・赤い彗星さんから
        『ふ…私はナナイに頭を下げながら、右手でクェスに小遣いをやり、左手でサボテンに水をやり、
        同時にファンネルを操作して貴様と戦ったこともあるのだよ、アムロ!!』
        ……情け無いヤツ」


ジングル『アイムザットのI’m that!……ジャンク屋の俺も要チェックだぜ!』


キャプテン「CM中に到着したメールだ。ラジオネーム・赤い彗星のザコさんから。
       『絶望した!言論の自由を許さない人間に絶望した!!』
       ……コマンダーサザビー、君はいつも過激すぎる」
アイムザット「こちらは本名希望、ティエリア=アーデさんから
        『キャプテン、僕の代わりにゲストを引き受けてくれて感謝する。
        本来ならば僕がゲストとしてソレスタルビーイングの活動をみんなに理解して貰いたかった。
        しかし、それは今後のゲストに期待することにして、キャプテンには自由に語って貰いたい。
        人類とモビルシチズンが手を取り合う社会を作ることも、我々ソレスタルビーイングの
        願いの一つでもあるからだ。君のラジオを1リスナーとして楽しみに聞いている』
        うむ、実に真面目なハガキだ。なぜこれを始めに読まなかったのか、まったく」
キャプテン「今後のゲストにソレスタルビーイングの予定が?」
アイムザット「うん?ちょっと待て……次回はゲスト無しの通常放送で、その次はミゲル=アイマン
        オファー中なのがユウ=カジマ、アルゴ=ガルスキー、ブリング=スタビティ……」
キャプテン「ブリングはソレスタルビーイングだ」
アイムザット「このオファーは危険だ。放送事故になるぞ……」
キャプテン「次の次の次は録音回か」
アイムザット「バラすな!生放送がウリの番組なんだぞ!」
キャプテン「録音回だけにロックオン=ストラスが…」
アイムザット「出るか!」
キャプテン「今のはマスター渾身のギャグだったのだが」
シャギア「ふ…親父ギャグだな、ファーストニュータイプ」
オルバ「それはそうとしてソレスタルビーイングだからね、ラジオに武力介入してくる可能性はある」
アイムザット「さっき真面目なハガキを読んだばかりだと言うのに……」


ジングル『余った年賀ハガキを消化するまでハガキを送り続けてやる!アイムザットのI’m that!』




139 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 05:00:18 ID:???
アイムザット「このジングルはラジオネーム・隊長王さんからのネタだ。
        さて時間的にも最後のお便りだ。ラジオネーム・ネオトピアの少女からだ。

        『私には大事にしていたペットロボットがいました。でもある日、あの子は帰ってこなくて
         このロボットはリモコンで呼び出しができるのに、反応が無くて、
         私は夜中の二時だけど、ママに止められたけど、家を飛び出して探しに行きました。
         とても淋しい風のにおいを覚えています。やたら長い坂を登って、溢れそうな思いを堪えて
         探しても、探しても、朝になっても見つからなくて、私は踞って泣いてしまいました。
         駅から聞こえる音楽は鳴り続けて聞こえてくるけど、私の胸の鼓動は誰にも届きません。
         そう思うと、哀しくて、哀しくて……
         そんな私に黒いガンダムのモビルシチズンさんが声を掛けてくれました。
         ガンダムさんは私の手を取ると、公園に私を連れて行ってくれました。
         公園の花壇の中に、あの子がいました。でもいつものように私に話しかけてくれません。
         ガンダムさんは言いました。
          「これはモビルシチズンのような精密なロボットでは無く、市販の玩具だ。
           だからもう寿命がきたのだろう。所詮ロボットと人間は同じ時間は過ごせないのだ」
         私は涙が止まりませんでした。
         ずっと、ずっと一緒だったのに、リモコンなんて使わないでもっと早く探せばよかった。
         電波やケーブルはどこでも届くけど、大事なぬくもりが伝えられないなら、何の意味もない!
         そんな私に黒いガンダムさんは言いました。
          「メモリーは新しいのに取り替えるしかないが、他の部分は修理することはできる。
           どうする?私が直してもいい。だが直したそれは外見は同じでも中身は別物だ」
         私はお願いしました。この子を新しい命として甦らせて欲しいと。
         もうこの子は居ないけど、この子が私にどんなに優しかったか、一緒にいてどんなに楽しかったか
         それを新しいこの子に伝えてあげたい、そう思ったからです。
         黒いガンダムさんは沢山の腕を使ってあっという間にロボットを直してしまいました。
         私は黒いガンダムさんにありがとうといいました。
         ホントはもっと、もっと沢山の気持ちを伝えたかったです。
         でもその時はありがとうしか言えなくて、だからラジオにお便りを出しました。
         黒いガンダムさんがくれたフワリと咲いたやさしい気持ちを伝えたくて。
         黒いガンダムさんは言ってました。
         「この玩具と人間のように、モビルシチズンと人間も生きる時間が違う。モビルシチズンは人間より
          ずっと長く生きる。その壁があるから、人間とモビルシチズンは分かり合うことはできないのだ」
         私は黒いガンダムさんはとても優しいガンダムさんだと思います。
         だって分かり合えないことを怖いと、哀しいと思ってるから、誰よりも優しいに決まっています。
         でも私は人間と機械でも同じ夢を持てると思います。時の流れを逆らうように。
         黒いガンダムさんは私にそう信じる力をくれたから。
         だから私も黒いガンダムあげたい、世界一の勇気……』

         ……グスッ……なんと心洗われるお便りか。そうだ、私はこういうラジオをしたかったのだ……
         監督・アイムザット、主演・ラジオリスナー……いかん、変なことを口走ってしまった……」


140 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 05:01:27 ID:???
キャプテン「このハンカチで涙を拭くんだ、パーソナリティー。
        しかし黒いガンダムのモビルシチズン……まさかマドナッ…」
Pガーベラ「私な訳がないだろう!黒いガンダムならガンイーグルだ、そうに違いない!
       ヤツは女好きだしな!いかにもありそうなことだ!私は知らんぞ!アヤカなどという少女は知らんぞぉぉぉ!!」
キャプテン「マドナッグ、いきなりやってきてラジオをジャックするのはよくない」
Pガーベラ「今の私はプロフェッサーガーベラだ。それ以上でもそれ以下でもない!」
キャプテン「以上と以下では対象を含むが?」
Pガーベラ「黙れ、黙れ、黙れ!このラジオはこれでお終いだ、人間共!ふははははは!!」
キャプテン「そうだな、終了時間だ。エンディングの曲はラジオネーム・戦慄の暴将、静かなる猛虎
        紅蓮の焔神のリクエストで三璃紗伝? THE BRAVE LEGEND」












この番組は

皆様に快適な生活をお届けする ネオジオン社
貴方の心に星空を 深宇宙探査開発機構DSSD
十五年目の亡霊  魁!NT塾
地球に優しい人類を目指す マハ
人類お断り 居酒屋ザクレロ
ガンダムのガンダムの為のガンダムによるガンダム愛好秘密結社 ガンダム万歳!

の協賛でお送りしました。

141 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 06:11:18 ID:???
>>135〜140乙
なるほど、では天宮の影舞乱夢と三璃紗は一緒だから
きっと武者ガンダムと三国伝の侠達はおんなじように生まれてくるんだな

刹那「はっ!ということは三国伝のガンダムたちも人間と同じようにS○○して…いやいやまてまて
   そうなると劉備になびいている俺のしょこたん(孫尚香ガーベラ)もほおっておけばいずれそうなる運命にあるじゃないか!
   だが、その前に劉備を倒して、俺はしょこたんの貞操を守ってみせる!」

張飛「兄貴また御姫さんかい?」
劉備「(演武に)付き合ってくれって言ってきてさ、手加減しないわ激しいわでくたくただよ…
   しかもこっちがその気が無いと分かった瞬間(プロレス的な意味で)寝技使ってきてさ〜」
刹那「おのれ劉備ィイいいいいい、貴様はガンダムでは無ぁああい!!!」
孫権「うぉおおおおおおお、妹はまだ嫁に出さんぞぉおおお!!!!!!」

142 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 08:35:56 ID:???
刹那のキャラが何か違う

143 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 08:53:47 ID:???
アイムザットのDJノリに引きずられたんじゃ?

144 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 09:43:23 ID:???
放送の中継地点にエンジェルハイロゥを使ったとか

145 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 10:13:16 ID:???
人間がS○○して子供を作ると言う事を理解していたのか
大きな進歩じゃないか

……吹き込んだのはキラかウッソか
天然かつ大真面目なヒイロかもしれん

146 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 10:54:00 ID:???
ヒイロのナニは小さいだろうな…

147 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 11:24:16 ID:???
ちゅうかアムロとシャアはそれで良いのかとww

148 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 11:55:46 ID:???
>>146
リリーナ「失礼な!そんなことありません!ヒイロはとても……ハッ…な…なんでもありません///」

149 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 16:08:35 ID:???
長兄と赤い人は何気に相当パネェなw

150 :ある日のヒイロの日記1/3:2010/04/23(金) 16:30:24 ID:???
ある日の休日、家は朝から騒がしかった。
ジュドーは、ジャンク屋連合と、ガロードは一人自分磨きのため外出、刹那は朝から見当たらない  にしてもだ。理由は……聞かなかった事にするか
外出したほうがいいぞと言われ、外出した
とりあえず本屋に向かい、適当に本を探していると、欲しかった本があった。
しかし届かなかったorz
仕方ないので、台を取ろうとしたら
ドンッ
ルー「キャッ」
ヒイロ「ウッ。すまない。大丈夫か?」(背高いな。この女)
ルー「大丈夫よ。そっちは」
ヒイロ「………問題な」
ルー「ん?なんか本取ろうとしたの?じゃあ私が取ってあげる。どの本?」
ヒイロ「あの本だ。感謝する」
ルー「困った時はお互い様でしょ」
ヒイロ「そうだな。」
ルー「じゃあねぇ」バイバイ
………ほんとに大きい人だな

グレミー「ルーさん……ハァハァ」
ヒイロ「……変態発見……排除する」
この街に一つのミンチがまた出来た


151 :ある日のヒイロの日記2/3:2010/04/23(金) 16:31:25 ID:???
適当に昼食とるため、喫茶店S&Mに入る
刹那がバイトしていた。朝からいなかったのは、マリナさんのためかな
店が混雑していたため、相席になった。その相手が
ルー「あっ!また会ったね」
それにしても大きいな。女性に身長の事を質問したらだめかな? 後でアムロ兄さんに聞いてみようか…

そしてしばらくルーの話(ほとんどグチだった)聞いたり、彼女(リリーナ)を喜ばせるにはどうしたらいいか等雑談した
ルナとネーナがバイトしながら、こちらを見てなんかヒソヒソと話してたのが見えた


152 :ある日のヒイロの日記3/3:2010/04/23(金) 16:33:30 ID:???
帰宅途中ガロードと合流した。自分磨きとか言っときながら、ティファを喜びそうな物買ってた
ガロード「どうすヒイロも似たような事してたんだろ」
やはり似た物同士だな
家に帰ったら、身長を伸ばすにはどうしたらいいか、検索してみるか。
教えてくれ。フィ○ップ…俺はどうやれば身長を伸ばせるんだ?
ゼロは何も教えては紅
俺は後どのくらいカルシウム摂ればいい?ゼロは何も 答えてくれない
そう思いつつ、家に帰ってみたら、何故か家がほぼ全壊してた
ということで各々外泊することとなった

ジュドー「そういやデュオ、明日までいないって言ってたな」
ヒイロ「何!?トロワとカトルとごひのところにはあまり泊まりたくないから、最後の希望に賭けようと思っていたのに…」
ジュドー「リリーナさんのところは?」
ヒイロ「リリーナは旅行だ…」
ジャマイカン「後半へ続く」
ヒイロ「誰だ!?」


153 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 16:47:54 ID:???
グレミーは腹いせに殺されただけのような気がするw

154 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 17:49:37 ID:???
ヒイロの身長の悩みは尽きないなw本屋はなにげにダメージでかそう
ルナとネーナが何か勘違いしてそうなのがやばい予感しかしないぜ

155 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 18:37:05 ID:???
五飛「貴様、中国人のはずだな!」
劉備「うむ、そういうことになるかな」
五飛「これは何と読む!」

つ 張飛

劉備「ちょうひ」
五飛「ではこれはどうだ!」

つ 張五飛

劉備「ちょうごひ」
五飛「なぜだああああああ!!」

156 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 18:44:51 ID:???
特に問題児の2人だもんなぁw

157 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 18:59:02 ID:???
>>152
不覚にもジャマイカンに吹いたwwww
ところで家を壊したのは誰だ?

158 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 19:05:09 ID:???
     張飛

キラ「はるh…」
ウッソ「兄さんそれは言っちゃいけません!」
スゥエン「まっわーれストライクノワール」

159 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 19:15:55 ID:???
>>152
身長を伸ばすのに、カルシウムの過剰摂取は良くないらしいぞ。
もちろん不足するのは問題外だがw

ロラン「結局は栄養バランスの取れた食事と、適度な運動です」
ガロード「栄養バランスはロラン兄の手料理で問題ないけど…」
シン「問題は“適度な”運動だな」
ジュドー「どう考えたって、過度、だよなぁ…」

サッカー選手もそのせいで足が短くなる傾向があるそうな。


160 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 19:32:35 ID:???
>>159
リリーナ「ヒイロ、これから毎朝一緒にランニングしましょう?」
ヒイロ「別にいいが早朝に出て3時間走るぞ。お前について来れるのか?」
リリーナ「朝6時に出て1時間よ。そして夕方に1時間」
ヒイロ「ぜんぜん足りない」
リリーナ「健康にはこのぐらいで良いのです。これを毎日続けること。そしてご飯をバランス良く食べてしっかり寝ること」
ヒイロ「……物足りない」
リリーナ「我慢しなさい(ヒイロが身長で悩んでるのを知っているから協力したいの。…でもそんなこと気にしなくても良いのに)」

161 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 19:45:29 ID:???
あるヒゲの配管工は死相当の傷を負うたびに、死ぬ代わりに身長が小さくなる。
ヒイロはよく自爆する。つまりそういう事だ。

162 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 19:56:05 ID:???
>>160
リリーナ「ドリンクよし、運動後の軽食もバッチリ! これで明日の準備は万全です」
パーガン「(奇跡でございます、お嬢様…なんと芳醇な味わい…)」←こっそり毒見後
ドーリアン「なんだいリリーナ、ずいぶん楽しそうだね」
リリーナ「あ、あら…そうでしょうか」(////)
ドーリアン「かわいいリリーナが楽しそうなのはいいことだがね。
      もう遅いから寝なさい。 明日は早いんだろう」
リリーナ「はい、お父様。 お休みなさいませ」
ドーリアン「お休み、リリーナ」チュッ!
パーガン「それでは、私も失礼いたします」
ドーリアン「ああ。 ご苦労様、パーガン」
パーガン「お休みなさいませ、だんな様、お嬢様」
ドーリアン「いい夢を!」

 パタン!

ドーリアン「そして、悪い虫には、煉獄の苦しみを… フフフ…」 つ【注射器】― ☆ピキーン


163 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 19:59:28 ID:???
ガーベラが来てから、刹那が、変態になったような……
刹那はガーベラが801本持っていた事はもう忘れたのか。
かなり落ち込んでいたのに…

164 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 20:14:36 ID:???
刹那「それはそれ、これはこれ」
アムロ「刹那、地味に大人になる」

165 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 20:32:51 ID:???
>>162
ドーリアンの親父さん何やってるんすかwまたヒイロに毒物を食わせる気ですね
まぁ奴の胃は鋼鉄製だから死なないだろうが

166 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 20:37:35 ID:???
ヒイロ「鋼鉄だろうがガンダニウムだろうが、ダメージを受ければ傷つき、メンテナンスを要する場合もある」
デュオ(いや、メンテで済む時点でどうかと思うけどなオレは)

167 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 20:45:32 ID:???
>>162
?????「……リリーナを悲しませる事だけは決してさせん」

リリーナ「それでは行ってまいります」
ドーリアン「気をつけるのだよ」
リリーナ「はい」
バタン
ドーリアン「フフフ、奴め。地獄を味わうがいい……」
「旦那様、朝のドリンクでございます」
ドーリアン「ご苦労……ン、見ない顔だね。君の名前は何と?」
ウィンド「はい。私の事はウィンドとでもお呼び下さい」
ドーリアン「そうか、ずいぶんシャレた名前だな」
ウィンド「よく言われます。それでは……バタン」

テクテク ピタッ
ペリペリ

ミリアルド「フッ、因果応報……報いを受けていただきましょう」
< これはつい最近飲んだような味が……うっ!?は、腹が〜〜!!


168 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 20:56:54 ID:???
つい最近飲んだのか……

169 :>>150->>152の後編 1/3:2010/04/23(金) 21:02:39 ID:???
家が全壊したのは、セレーネ姉さんのせいだった
なんかの実験らしいが…聞きたくない気分になった
とりあえず外泊先を探すか…
ジュドーと探していると、イーノとビーチャとモンドとエルとルーと合流した
ジュドーはイーノの所に決まり、 俺はくじ引きで決めたら、ルーに決まった。ついでにボディーガードを頼まれた
ちなみにガロードはキッドに、刹那はマリナの所に行った
ルーに対し、ボディーガードは要らないんじゃ…と言いそうになったら、またグレミーが現れた。家の前に
しつこいな…こいつもまたミンチより(ryにした。今度はルーとのコンビネーションで決めた
ボディーガード要らないと言ったら、自分の身が危険だな…
変態をミンチにするのに慣れてる自分が怖いなとほんの少し思ったら、少しにやついてたらしく再び談笑し、その後なんやかんやして就寝についた
飯は何故か俺が皆の分を作ることとなった

170 :後編2/3 ウッソの朝の心の声編:2010/04/23(金) 21:03:35 ID:???
姉さん、事件です
ヒイロ兄さんとルーさんが付き合ってるとの噂が広まっています
それだけじゃなくお泊まりもしたそうな噂まで
おかしいですよ!ヒイロ兄さん!それなのに身長しか興味ないなんて
ZZ勢に比べれば目立たないかもしれないですけど、ルーさんだって、巨乳だと思いますよ
ルナさんとネーナさんの話は嘘だというんですか?
ぶっちゃけどこまでいったんすか
※ここから先は自主規制入るので、省略
あ〜あ、こんなことなら僕が行けばよかった


171 :後編3/5←間違えたorz:2010/04/23(金) 21:04:43 ID:???
次の日の朝、ウッソと合流、グレミーと一緒にミンチにした
なんか訳の分からない事を言ってたな…近所迷惑だからやってしまったが
まだ家は直ってないらしいが、今夜には出来るらしい。
家の事はあまり深く追求するなとアムロ兄さんに言われた。
アムロ「それにしてもウッソは遅いな」
すまない。変態的な事言ってたので、違う変態と共にミンチにした
ピキーン
アムロ「とりあえず学校着いたら、ちゃんと話するんだ!これは任務だ!いいな、ヒイロ」
何の事かわからないが任務了解。


172 :後編4/5:2010/04/23(金) 21:09:08 ID:???
学校に着くと変な噂が流れているとの情報が入ったため、誤解を解くべく行動した
ルナとネーナは特に苦労した。
「俺はアムロ兄さんやカミーユみたいに女にだらしなくない!俺はリリーナ一筋だ」
そう言ってからなんか恥ずかしくなった
デュオとリリーナがまだ帰って来てないのが、不幸中の幸いだった
家につく頃には変な疲れが出た
カミーユが殴りかかってきたので、合気道の動きの如く外へ投げ飛ばし、たまたまきてた変態共々携帯型ツインバスターライフルでミンチより(ryにした
ルーから電話が来て、向こうも行動したとの事だった


173 :後編5/5:2010/04/23(金) 21:10:25 ID:???
結論 : やはり俺が望むのは、変わりない平和と俺自身の身長だな
あとリリーナの料理の腕

ウッソ「そんな結末おかしいですよ」
カミーユ「そんな弟後で修正してやる」
ジャマイカン「一番説得力のないセリフであるのであった」(ちび○子のナレーション風に)
ヒイロ「なるほど…これで謎は解けた」




フラン「先日すごい情報と写真とってきました!」
カイ「これは…アムロ…すまんな。また兄弟の事でネタにさせてもらうぞ」


174 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 21:32:22 ID:???
>>155
「ちょうひ」は日本語読みだからそりゃ「ちょうごひ」と読むに決まってる
「チャンウーフェイ」と読まれたかったら「チャンフェイ」だろ?

175 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 21:41:30 ID:???
まあ当時の中国語と今の中国語が違うしな

176 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 21:44:27 ID:???
>>150-173
乙!人のウワサは恐ろしいなw
リリーナの耳に入らなかっただけでも良しとしろ

177 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 22:43:20 ID:???
>>139
アヤカちゃんSDGFの歌詞コンプリートしてるw

178 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/23(金) 23:01:28 ID:???
ティファ?「うふふ…やっぱり生身はいいわ」
ティファ?「そうね、久しぶりに生き返った気分だわ」
ティファ?「ちょっとあんたたち!人の体なんだからもっと丁寧に扱いなさいよ」
ティファ?「ならあなたは出て行けばいいじゃない」
ティファ?「そうそう、あなたには自分の体があるじゃない」
ティファ?「いやー、やっぱり若い体って肌のハリが全然違いますから…」
ティファ?「「ですよねー」」


ガロード「ジャ、ジャミルゥゥ! ティファに、ティファに悪霊がぁぁぁ!!」
ジャミル「落ち着けガロード。中の人は全員お前とお前の家族の知り合いだ」

179 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 01:49:57 ID:???
……ほどほどにしとかんと、ティファが過労で倒れたりしたら
どんな報復が待ってるか分からんぞw
ガロードはティフアの事となると人間離れした底力あるからなー
(確かガロードも中の人ネタで魔道系スキルあったはず)

180 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 01:52:12 ID:???
ちなみに能力持ってない一般人でも
気合い入れりゃー悪霊祓いぐらい出来るのよ実は。

181 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 02:15:21 ID:???
コウの中の人演じる煩悩少年の親父のことですな

182 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 02:40:41 ID:???
>>180
ジェリド「もしかしたら俺にもできるかも知れない!」

183 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 03:38:45 ID:???
>>178
リボンズ「今ならイノベーターの肉体を用意しようじゃないかい、遺伝子操作で
      未来の僕好みのチャーミングさもおもいのままさ」

184 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 06:31:16 ID:???
>>182
ジェリドの中の人はニャンコ型悪霊(?)だからできるさ、きっと

今さらだが身長を伸ばすには睡眠が大切
寝る子は育つは正しい
ヒイロは良質な睡眠をとって成長ホルモン活性化を目指せ

185 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 07:17:25 ID:???
>>183
ヒイロ「試させてもらおう」
リボンズ「いやその、幽霊でもないのに」
ヒイロ「頭部に強い衝撃が加われば魂が肉体から離脱し、自由に行動できる。問題はない」
リボンズ(真顔で言われると冗談なのか本気なのか分からないよ……)

186 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 07:57:11 ID:???
>>155
五飛「そうだ!教師なら、正しく読んでもらえるはず…」
五飛「つーことで読んでもらいたい」
ハマーン「大丈夫だ。ちゃんとふりがなふってあるさ」
五飛「ほっ…よか」
ハマーン「‘ちょうごひ’だろ」
ごひ「なんでだぁぁぁ!」


187 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 09:11:45 ID:???
>>167
ノイン「…ドーリアン氏が倒れれば、それはそれでリリーナ様は悲しむのではないですか?」


188 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 09:30:11 ID:???
>>185
散々だな「ごひ」
やっぱり皆も「ごひ」と読むだろう

189 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 09:34:29 ID:???
五飛「普段から中国語で発音されているサイ・サイシー!お前ならどうだ!
   これを何と読む!」

つ 張五飛

サイシー「チャン・ウーフェイだろ?」
五飛「お前は正義だ!!」
サイシー「でもさあ、『少林寺』は『しょうりんじ』なんだよね」
五飛「しょうりんじに決まっているだろう。何を言っている」

190 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 09:35:16 ID:???
曹操の読み方って「ツァオ・ツァオ」だぞ
つまりツァオ・ツァオ・ガンダム・ダブルエックスになるんだぞww

191 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 09:36:52 ID:???
DOME「古代中国語の音は日本語の方に残されているって説もあるけどね」

192 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 13:14:42 ID:???
>>189
五飛「俺達は共通の悩みを持っているのか・・・」
サイシー「ま、名前間違いはどんまいだけどさ」

193 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 14:12:21 ID:???
シン「……これ、やるよ」
劉備「これは牛乳?」
シン「店のだけどさ、奢るよ」
劉備「は、はぁ?」
シン「元気だせよ」
劉備「え?う、うん」
シン「あんまり気にすんなよ」
劉備「え?」
シン「時間とか関係ないから」
劉備「時間?」
シン「俺は知ってるからさ」
劉備(何を!?)
シン(例え一度も登場しなくたってお前が主役だからな!)

194 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 17:29:33 ID:???
涙を禁じえないな・・・・

195 :※注意、刹那は変態ではない「ガンダムLOVE」という病気:2010/04/24(土) 17:37:38 ID:???
孫尚香「あ〜あ、劉備さんのいない道場で稽古しててもつまんないな〜直接兄弟家に行こうかしら?」
陸遜「ですが姫、今日はここで武道の稽古を3時間してそのあと儒学を4時間する予定で」
孫尚香「そんなのどうだっていいわよ!私は兄弟家に行くわ、止めないで」
??「ならばこちらからお迎えしよう!」
孫尚香「誰!」
刹那「初めましてだなぁガーベラ、俺は、君の存在に心奪われたものだ!」
孫尚香「え、刹那さん?」
刹那「まさかな、よもや君に出会えようとは、ガンダム座の俺にはセンチメンタリズムな運命を感じずにはいられない!」
孫尚香「えっと、なんですかその手に持った水着とかメイド服とか体育着とかは…」
刹那「裸エプロンができたんだ、この服だっていけるはずだ!」
孫尚香「私のアレは裸じゃないわよ、鎧の上に着ているのよ!」
刹那「それでも構わん!」
孫尚香「鎧の上にコスプレ衣装着て何になるって言うのよ!」
刹那「SDガンダムがそれを問うとは、ナンセンスだぁ!」
孫尚香「へ、変態!」
陸遜「姫様!相手は人間ですぞ!」
バーン
刹那「…な、殴ったな…兄さんにも殴られたことないのに…」
孫尚香「ご、ごめんなさい」
刹那「だが…ようやく理解した」
孫尚香「え?」
刹那「 こ の 気 持 ち 、 ま さ し く 愛 だ ! 」
孫尚香「いやーーーーーーーーーー

ヒイロ「刹那・F・セイエイの捕獲任務完了、これより帰宅する」
キャプテン「純粋種のイノベイダーとなったことによる弊害が影響している可能性65・07%」
陸遜「泣かないでください姫様、強い戦士に成るんでしょ」
孫尚香「怖かったよぉ〜」
刹那(ああ、泣いているしょこたんも可愛い…)


196 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 17:40:49 ID:???
リボンズ「未来の僕のために色々してみたんだけど、逆効果みたいだったよ。てへっ♪」
ヒリング「いい年してるのに、舌出して『てへっ』はないと思うよ、リボンズ」

197 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 17:52:21 ID:???
へ、へんたいだー

198 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 18:04:43 ID:???
>>196
リボンズにげてー

199 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 18:11:44 ID:???
ヒリングって性格の良し悪しは別としてリボンズスキーのブリっ子じゃね?
ネーナとは違う悪女系のアホの子というか…

200 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 18:59:42 ID:???
>>195
ビリー「あの少年……グラハムの生霊が取り憑いているわけじゃないんだろうか?」
グラハム「むっ、カタギリ何か言ったか?」

201 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 19:26:52 ID:???
>>200
量子交感したときに、なんか混じった?

202 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 19:56:45 ID:???
交換したんじゃねえの

203 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 19:59:25 ID:???
リボンズ「これが純粋種の変革なのか・・・・」

204 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 20:44:27 ID:???
>>200
グラハム「用がないなら呼ぶな…これより署に帰還する」
ビリー「あれっ?グラハム?君も様子が…」
グラハム「私の様子がなんだというのだ…
     これ以上長居するつもりはない」スタスタ
ビリー「グラハム!きみの好きなものは!?」
グラハム「ガンダムだ!!」シャキーン
ビリー「(ああ、いつものグラハムだ)」


シン「最近グラハム警視正の様子がおかしい」
カミーユ「常時おかしいんじゃないのか?」
シン「いや、そうなんだけど…最近は物静かっていうか…」
カミーユ「なんだ、まとも寄りになったんじゃないか。よかったな」
シン「うーん、もともと大声で独り言言う人なんだけど、」
カミーユ「危ないな…」
シン「最近は壁に向かって小声で俺がガンダムだ俺がガンダムだ言ってるんだ」
カミーユ「全然よくなってないな。むしろ悪化している」
シン「うん…まぁ実害はないんだけど…」
カミーユ「そうか。…!誰か帰ってくる!」

ガラガラ

刹那「帰宅の挨拶、すなわちただいまという言葉を謹んでおくらせてもらおう!!」

シン「………」
カミーユ「………」

205 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 21:02:07 ID:???
アムロ「何をした、過去の俺とか言ってる偽者」
リボンズ「さあ? 僕にだって分からない事くらいあるのさ、未来の僕」

206 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 21:10:56 ID:???
アル「破壊して!蹂躙して!殲滅してやるッ!!」
バーニィ「ちょ、アル!?どうしたんだよ急に!」
アル「ファングなんだよぉッ!!」


アムロ「あれも…どういうことだ…!」
リボンズ「あれはただの成長じゃないかい?中の人の」

207 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 21:12:14 ID:???
もしやこれもイオリアの計画なのか…!

208 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 21:18:57 ID:???
????「ああんアル様…素敵…!!」

209 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 21:47:46 ID:???
>>195
「ガンダム座」とか言っている段階でグラハムでないのは確か
ひょっとしたら最近目覚めつつある刹那の内なる願望か…

210 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 22:11:04 ID:???
ヘンケン「従業員達の意志が、週末を望んでいるのだぁぁ!

エマ「ヘンケンさん、一体どうしたのかしら。」



211 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 22:14:58 ID:???
>>204
ルイス「ねえ?刹那君がどんどんおかしくなってるよ?あのガンダムみたいな子に興味ありそうだし」
ネーナ「い、いいんだよ別に!えと…あたしにはせっちゃんしかいないわけじゃないんだし…!」
ルイス「ふ〜ん?」
ネーナ「な…なによ?」
ルイス「あ、刹那君だー」
ネーナ「え!?ど、どこどこ!?………って、あれ?」
ルイス「ふふ〜んだ、強がるからよ。素直になりなって」
ネーナ「ちょ、ちょっと…騙したな!」
ルイス「顔真っ赤にしちゃってぇ、可愛いとこあるじゃない♪」
ネーナ「ううう…うるっさい!待てこらー!」



ネーナ「ち…ちくしょぉ……ムニャムニャ」
ルイス「ふふ…ざまあみろ……スヤスヤ」
ハマーン「こいつら二人揃って居眠りな上に寝言でやり取りとはな…
     微笑ましいじゃないか…ははハはははハハハハ………」

セシリー「先生目が笑ってないわよ…起こしてあげた方がよくない…?」
ルナマリア「いや、もう手遅れだって…あの二人は助からないよ」
ルー「うん、今は間もなく飛んでくるチョークファンネルの巻き添え食わないことだけ考えて」

212 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 22:45:04 ID:???
制服も人形焼きも「ガンダム」カフェ 秋葉原にオープン
ttp://www.asahi.com/national/update/0424/TKY201004240155.html

時代がこのスレに追いついたな

213 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 22:50:25 ID:???
>>204
マリナ「エーカー警視正、おはようございます」
グラハム「ああ、おはようマリナ・イスマイール」
マリナ「今日もこんな早くからお仕事ですか?」
グラハム「この街の治安を守るのが私の使命だからな。それでは行ってくる」
マリナ「はい、行ってらっしゃい」
マリナ(どうしたのかしら警視正。刹那みたいな反応だわ…)

刹那「やあ、おはようマリナ・イスマイール!」
マリナ「あら刹那、おはよう。今日は元気が良いのね」
刹那「今日はとても気分が良い。例えるならば阿修羅すら凌駕するような!」
マリナ「まぁ…元気なのは良いけれど、怪我には気をつけてね」
刹那「ありがとう、では行ってくる!」
マリナ「行ってらっしゃい」
マリナ(刹那は警視正みたいな反応なのね…)



マリナ「…という話なんだけど、こういう遊びが流行ってるのかしら」
シーリン「……遊びでは無いと思うわ」

214 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:03:33 ID:???
ヒイロ「ゼロが教えてくれた…おそらく刹那とグラ公の人は、
    俺があいつで、あいつが俺で、みたいな感じだと」
ガロード「ティファが教えてくれたんだ。中身入れ替わっているのに、二人共まだその事実に気付いてないんだと」
アムロ「んで、元に戻す方法は?」
ヒイロ「………ゼロは何も言わなかった」
ガロード「ティファでもわからなかったみたいだったよ」
アムロ(今思うけど、ヒイロは結構自分のガンダムを名前で呼んでるよな…自爆する割りに)


215 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:05:55 ID:???
自爆する使い捨て→ウイング
そうじゃない→ウイングゼロ

216 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:25:59 ID:???
刹那がますます危険になってきたぞ。
アムロ兄さん、駄目でもいいから止めろよ。

217 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:30:34 ID:???
刹那の頭が危ない!
カーベラ逃げてーー!!
アムロ兄さん、刹那を止めてくれ。

218 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:36:06 ID:???
ネーナが少し可哀想だなw
まあ本編的には同情の余地は少ないけど

219 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:42:01 ID:???
>>217
マイ「映画みたく石段から転げ落ちてもらったらいいかt」
アムロ「さらっと怖い事言うんじゃない!!」
カミーユ(アイツら丈夫そうだからいいと思うけどな…)

220 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/24(土) 23:45:08 ID:???
>>206
ネーナ「あっ…通信…ヨハ兄だ!もしもし?」
ヨハン「もしもし、ネーナか?ミハエルの様子がおかしいんだ」
ネーナ「至って正常なミハ兄じゃんwwどうしたの?」
ヨハン「『大人の身体って便利だなー!』って言いながらツヴァイをザク頭に改造していた」
ネーナ「はぁ?」
ヨハン「『あ、大人ならお金もってるよね』って飛び出して行ったかと思ったらザクIIとジオンの軍服と風船買ってきた」
ネーナ「はぁ…?」
ヨハン「あっという間に着替えて『バーニィに会いに行く!』って飛び出して行った。ザクに乗って。ツヴァイの頭は元に戻して『ガンダム家の男の子にあげて』だと」
ネーナ「そんな…てゆーか一部始終見てて止めなかったの!?ヨハ兄!!」
ヨハン「子供のように無邪気に生き生きとしてるミハエルは初めて見たからな…止められなかった」
ネーナ「あぁもぅ!!ダメなニイニイズ!!」

221 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:02:52 ID:???
グラハム「ヒイロ、お前は一体ガンダムをなんだと思っているんだ!」
ヒイロ「ガンダムはこの世界に必要ない。本来ならな」
グラハム「ならどうしてお前はガンダムに乗っている」
ヒイロ「俺はガンダムを唯の道具とみなしている。こいつが必要となる時代なんだろう」
刹那「ならば少年!その世界の歪みを正すべきだと思わないか!」
ヒイロ「それは俺の仕事じゃない。俺の仕事は任務に忠実に動くことだ」
刹那「それであれば私と一緒に来るといい!アロウズを使って世界の歪みを内側から変えてゆけば!」
ヒイロ「悪いが俺は俺で動く、他人の指図は受けない」

ガロード「スゲーナ、あれで話を続られるヒイロの肝っ玉って」
死神「そろそろ飽きてきたわ…元に戻そうかしらね」

222 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:08:12 ID:???
セレーネ「『中の人入れ替え器』〜」
アムロ「唐突に何だ?」
セレーネ「流れに便乗して、作ってみたわ。これで元に戻るわ多分」
アムロ「……テストはしたのか?」
セレーネ「ええ。すでにガロードとヒイロで試しているわ」
アムロ「それはテストじゃなくて本番っていうんだ!」

ガロード「ティファ……お前を殺す」(キリッとした顔で)
ヒイロ「へへ……リリーナって可愛いなあ」(ヘラッとした顔で)

アムロ「これ中の人っていうか、性格が入れ替わっただけじゃないか」
セレーネ「あら」
アムロ「おい」
マイ「興味深いですね。私が手を加えてもよいですか?姉さん」
アムロ「『中の人分解器』になるからやめるんだ」

223 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:14:47 ID:???
刹公「俺が阿修羅をも凌駕するガンダムだ!」


死神「…混じっちゃった」


224 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:20:33 ID:???
973名無し大佐sage10/04/25(日) 00:09:01 ID:???
規制が解けないので代理投下をお願いしますorz

ガンダム家が「入れ替わり」で騒ぎになっている頃。

居酒屋「青い巨星」
ブライト「シャア、いつもと少し違うように感じられてならないんだが」
ラル「確かに、微妙な違和感がありますな」
シャア「そうかね?」
ブライト「ああ。いつもの君ならロリコンネタに反応するのに、今日は何も反応しない」
シャア「何と?!」

終業後のデュランダルのオフィス
タリア「そういえば会長。『プラント・メタル・シティ』の連載が終了するそうですわね」
デュランダル「そうかね」
タリア「どうしたのですかその素っ気無い反応は。ラクスザー様が見られなくなるというのに」
レイ「いつものギルとは思えない。毎週の連載を楽しみにしていたギルが黙っているはずはない」
タリア「そうね。編集長をSATSUGAIすると騒ぐのが普通の反応だわ」
デュランダル「何と!?」

シャアとデュランダルも入れ替わっていたが、仕事中は誰も気づいていなかったのだった。

225 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:22:35 ID:???
>>222
D.O.M.E.「例えば生前の僕が分解されると僕らのような存在が増えるんだね」
リボンズ「未知の僕たちか…それは面白そうだね」
AR「仲間が増えるのは楽しみだ!」
アマクサ「あれ?あんまり嬉しそうじゃないね。本物の僕」
アムロ「お前らだけでたくさんだ…というかお前ら減れ!!」
D.O.M.E.「なんだか日本語が怪しいよ、生前の僕」

226 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:25:53 ID:???
>>225
リボンズ「しかし、未来のボクが誰かと入れ替わった場合、僕らも変わるのだろうか」
DOME「変わるとどうなるんだろうか」
アマクサ「気になるところだね」

227 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 00:30:40 ID:???
>>222
(電車)痴漢がリリーナのお尻サワサワ
リリーナ「きゃぁぁぁ!」
ゼクス「どうした!リリー…」
ヒイロ「ジャンジャジャーン!天下無敵のMS乗り、ヒイロ・ユイ様が、W0とともに助けに来たぜェー!」
痴漢フルボッコ

リリーナ&ゼクス「あれ…誰?」ポカーン

228 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 01:27:18 ID:???
ヒイロ「ジャンジャジャーン!天下無敵のMS乗り、ヒイロ・ユイ様が、W0とともに助けに来たぜェー!」
痴漢フルボッコ
これが

ヒイロ「ジャーンジャーンジャーン!天下無双のヒイロ・ユイ様が一番乗りィ!」
後漢フルボッコ
に見えた

229 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 01:29:21 ID:???
呂布「魂ィィィィィィ」

230 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 01:43:07 ID:???
>>226
マイ「姉さんの機械をいじって期待通りの事態に陥りました」

A.Rチップ「2/5で生身の身体になれるわけだったけど僕は外れてしまったなぁ。意識体のままだ」
D.O.M.E.「わーい!生前の僕が当たったよ!!いやぁ懐かしいなぁ!このイカス髪型も」
リボンズ「はしゃぎすぎだよ。未来の僕の成れの果て。
     ところで僕の身体はいかがかな?未来の僕の偽物の僕」
アマクサ「僕はリボンズか。まぁ悪くないよ。前もいれてもらったことあるし慣れている」
アムロ「ちくしょう…マイめ!余計なことを…こいつら、畜生!!」
D.O.M.E.「初めての意識体だっけ?あんまり慣れてなくて混乱しているのか、生前の僕」
アマクサ「そのうち生身の身体なんてない方が楽だって思ったりするよ」
A.Rチップ「うんうん」
アムロ「思ってたまるか!!返せ俺の身体!!」

231 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 02:46:16 ID:???
>>222
コウ「下が騒がしいなぁ。みんなどうしたんだろ……あ!キラ、丁度良かったよパソコンがおかしくなったんだけど直してくれえええっ!?」

キラ「ラクス!君だけは幻覚でもなければ意識だけの存在でもない。こうやって抱く事ができるんだから!」
ラクス「き、キラ!?そんな……いきなりだなんて(///)」
キラ「……ブレンパワード、するかい?」
ラクス「(///)…………コクリ(///)」

\イーンマーイドゥリーム アーカーイバーラノハナアッー/


コウ「( ゚Д゚)」
コウ「( ゚Д゚)ウラヤマスィ……」
コウ「Σ( ゚Д゚)ハッ!? そ、そうだ見とれてる場合じゃない!カミーユ、キラがオーガニっくなってしまったんだ修正してやってえええっ!?」

カミーユ「止めてくださいよ。本気でスイカバーしたら、貴方が僕に敵うわけ無いじゃないですか(笑)」
シロッコ「賢しいだけの子供が何を言う!」

ビューンビューン
ア゙ダレ゙エ゙ェェェ!
グシャァアアアッ!
\カミーユ、キサマハオレロォー/


コウ「( Д) ゚ ゚」
コウ「(゚Д゚)まあ、これは置いといて」

コウ「シン!キラが大変なんだアロンダイト貸してくれ!」
シン「笑止!弟一人叩きのめせずに兄を語る資格なし!俺のこの手が(ry 」
コウ「ギャアアア!?落ち着くんだシン話し合いで駄目だ聞いてない……」
コウ「これは……逃げるしかない!」

\ニゲダシタキョシヌケヘイガァ!/
コウ「なんで追いかけてくるのぉ!?」

コウ「ドモンにいさーん!助けてえぇぇ!?」
ドモン「あんま強くないよね、コウって(笑) 昔は強かったってやつ?(笑)」

コウ「(ムカッ)別に兄さんの力なんて借りなくても平気だy……」
シン「隙あり!覚悟ぉ!!」
コウ「嘘ですごめんなさい助けて下さい兄さん」
ドモン「許すもんか!大した腕も無いくせに(笑)」

コウ「ハァハァ…ハァハァ…、本当に、皆どうしちゃったんだ…………あ!」

コウ「ウッソ!?君だけはマトモだよねおかしくなってないよね!?」
ウッソ「えっ?どうしたんですかコウ兄さん?そんなに汗だくになって」
コウ「あ、あぁ実は……」
\ガシャーン/
シン「兄さあ゛あ゛あ゛ん!!」
コウ「た、助けてくれウッソ!」
ウッソ「死ねぇ!散れぇ!何処かへいけぇぇぇ!」





コウ「この家は……地獄だ……」

232 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 03:17:04 ID:???
マーク「落ち着くんだコウ。こう考えるんだ
     “入れ替わるのが他人だからパニックになるんだ
      もう一人の自分と入れ替わればパニックにならない”」
コウ「な、何を言ってるんですか……?」
マーク「俺の場合……ハッ!!」
コウ「なんだと!?いつもやけに立体的なマークさんが俺達と同じ絵柄に!?」
マーク「小説版挿絵の俺と実写版の俺、どっちも俺だから入れ替わっても大丈夫!!」
コウ「ナンダッテー!?」
マーク「取り敢えずここにGジェネ魂のマイと劇場版のカミーユを用意した。
     彼らを3DCGのマイとTV版のカミーユと一緒に階段から突き落とすんだ!」


233 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 03:28:35 ID:???
セレーネ「みんないい加減にしてくだい…無駄無駄無駄無駄無駄!!!」
ロラン「えーっ、お料理メンドクサーイ…キャプテン料理手伝ってー、ついでにAIいじらせてー」


コウ「これからが本当の地獄だ…」

234 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 03:36:10 ID:???
チンポコユリ……

235 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 03:53:04 ID:???
>>220
ミハエル「バーニィ!僕大人になったよ!ザクも持ってきたしこれで僕もサイクロプス隊に入れてもらえるよね?」
バーニィ「え?あの、えっと…」
シーブック「あぁ、アルか…?いきなり見る影もなく大きくなっちまって(涙)
      そして今お前が話しかけてる俺は俺と入れ替わっちまったお前の兄さんだ」
ミハエル「えぇー!?シーブック兄ちゃん?うっそだー僕大人だから騙されないもん」
バーニィ「お前はアルなのか…全く別人じゃないか…そして残念ながら本当なんだ」
シーブック「大人なら自分の身に起きたことを冷静に考えようぜ…」
ミハエル「僕は早く大人になりたいって願い事が叶ったんだ♪」

236 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 05:21:11 ID:???
プルツー「にへ〜〜〜っ♪」 ←鏡を見ながら
プル「……………………」
プルツー「なーんだ、可愛い顔できるじゃない!」
プル「入れ替わっても誰にも分かってもらえそうにないな……。
   着替えただけだと思われそうだよ」

237 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 05:36:20 ID:???
おまえらはエニルとチェンジじゃないのか?

238 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 05:56:32 ID:???
オルバ「なにやらガンダム家が混乱しているぞ、オルバ」
シャギア「感染する前に待避した方が良さそうだね兄さん」

239 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 06:39:11 ID:???
キャプテン「ぎゃーー首が!首が回るーー助けてくれー関羽ー張飛ー」
劉備「これが満腹という感覚か。この場合最適な言葉は…オニギリテラウマス」

240 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 08:59:02 ID:???
マイ「もっと面白い事思いつきました」
アムロ「な、何をするだぁー!」

劉備「マイめ、俺を劉備にして何をするつもりだ…エゴだよこれは」
張飛「うぉおお、黄巾族のもとに帰るんだぁー!」
関羽「呂布、その憎しみの血を吐きだせ!」
超雲「可笑しいですよ!孫公サン!」
孫公サン「幽州義勇軍、出るぞ!」
孔明「これは周瑜の策ですね」
馬超「………………(元に戻りたい)」

曹操「このゲームソフト俺興味ないからな〜よし、シ○プリ売るよ!」
曹ヒ「ち、父上〜何を血迷ったんですか!司馬懿、郭嘉、なぜ止める!」
司馬懿「人は、流れに乗ればいい」
郭嘉「今はこのステージを楽しむとしよう」
ホウセン「くっそ、孔明を倒せば、司馬懿だって曹操だって越えられる!」

孫尚香「さぁて、どうしたものかね…このしょこたんとやら、結構使えるじゃないかい」
孫策「ふん、貴様などの手を借りずとも、この私一人だけで大義を成し遂げる事は出来る!」
孫堅「おお孫策、少し見ないうちにさらに男らしくなったなぁ、パパ大喜びだぞ!」
孫権「………この家族は…地獄だ」
官寧「オラオラ、こちとら酔っぱらい一番乗りだ」

呂布「く、リリーナ、いずれはお前のもとに戻ってやるからな!」
蝶禅「俗物が、貴様も所詮シスコンだな呂布トールギス。しかしこの世界、もしや司馬懿がシャアか…それとも周瑜?」
項羽「ひゃはははは!この項羽すごいよぉ!流石は劉邦のライバルだぁ!四面楚歌である!」


マイ「どうせなぁ!三国伝にヅダもビグラングもでねぇんだよ!」
モニク「別次元のマイが混ざった!?ゲッター線出してるぞ!」

241 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 09:39:32 ID:???
入れ替わり事件が、更に大変なことになってきたな。
いいぞ、もっとやれ!

242 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 09:39:51 ID:???
ああ・・・どんどんカオスな事になっていく・・・ww

243 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 10:00:49 ID:???
郭嘉「そういえば司馬懿は首が180°回転したという記録が残っていたな」
曹操「へー、スゲーな、シャアのおっさん」
司馬懿「オッサンではない!」
徐晃「……回転」
楽進「回転!回転!」
程イク「回転!回転!」
曹丕「DVD!DVD!」
張コウ「ハマーン様!ハマーン様!」
司馬懿「できるか!やらんぞ、私は」
ホウ統「社長、今なら出来るはずだ」
司馬懿「できてもやらないのだよ!!」

244 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 10:54:43 ID:???
キエル「それで、ディアナさん…例の新しい水着の件はどうなりました?」
ディアナ「ええ、いくつか候補は考えていますがこのようなのはいかがでしょうか?ねぇ、ソシエあなたはどう思う?」
ハリー「ハハハハハ、この水着のデザインすごいよ、さすがローラ!」
ギンガナム「このデザイン……趣味か!?」


ソシエ「……」

245 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 13:03:12 ID:???
ソシエ「私だけ正常なのが怖いんだけど・・・・」
エル「どんまいどんまい。これはこれで面白いしさ!」
ビーチャ「つか、俺らだけセーフなのが不思議だよな」
デュオ「なんか、耐性できてんじゃねえのか?」

246 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 13:17:51 ID:???
劉備「全く、とんだ悪ふざけだよ、そろそろ元の体に戻してくれないかな」
孔明「それなんですがアムロさん、ちょっと今ややこしい事になっていて」
劉備「なんだ、またマイが何かやったのか?」
孔明「その前に、ぶっちゃけると、僕は劉備ガンダムです」
劉備「は?」
孔明「本物の孔明リ・ガズィさんが『面白そうだから私もやりましょう』とかいって装置を勝手につかちゃって」
劉備「え、てことは、まさか今俺の体に入っている奴って」


キラ「あ〜今日はなんだかはぶられた気がするね」
シン「そうだな、俺たちはいつになったらBB戦士になれるんだろうな」
刹那「もしエクシアかダブルオーがBB戦士になったら、中身を取り換えてそんでもってしょこたんと…ハァハァッウ」
セレーネ「スターゲイザーとか日輪モチーフなんだからすぐにできると思ったんだけどな〜」
マイ「ま、どうせヅダやビグラングは主役になれませんよ…」
死神≪私に至っては…ね≫

グエン「今夜はライバルのシャアもいない、ここは私が奇襲する!」
アムロ「はわわ、ご主人様、敵が来ちゃいましたよ〜」
全員「「「「「?!?!?!?!」」」」」
アムロ「む、これはいささか悪かったか?まぁいい、全部周瑜の罠にしてしまおう。」

247 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 14:12:45 ID:???
シロー「刹那が言ってるしょこたんって、孫尚香の事なのか!?俺はてっきり中川翔子だと思った」


248 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 14:25:45 ID:???
刹那「ごめん、人間には興味が無い…」

249 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 14:32:34 ID:???
シロー「そこにいたか!グラハム・エーカー警視正!!諸悪の根源!!」
グラハム「むっ、これはシロー・アマダ刑事。私が諸悪の根源とはどういうことだ」
シロー「どういうことも何もあなたがおかしくなってから次々とみんながおかしくなっていった!!」
グラハム「ほぅ…そうか。して、私をどうする?」
シロー「元の警視正に戻っていただきます…僕が目を覚まさせていただきます!!」
グラハム「わかった…カタギリ!エクシアを出せるか!?」
ビリー「えっ…エクシア!?グラハム…君は…」
シロー「やっぱりこいつは警視正じゃない…!
    ガンダムEz-8!出撃する!!」

250 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 17:27:02 ID:???
ビフォー
刹那「ハァハァ、しょこたんハァハァ」
グラハム「俺がガンダムだ!」
アフター
刹那「ハァハァ、しょこたんハァハァ」
グラハム「私は阿修羅すら凌駕するフラッグだ!」

シロー「あれ?」
マイ「もう一回やってみましょう」

刹那「ハァハァ、しょこたんハァハァ」
グラハム「ハァハァ、ゆうこりんハァハァ」

シロー「悪化した!」
マイ「しかも警視正、そのガンダムは人妻ですよ」

251 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 18:18:46 ID:???
マイ「―――というお話だったのサ」
アムロ「( ;∀;)ヒドイハナシダナー」
キラ「まさかの夢オチwwwやめてよねksgwwwww
   あれ?恋姫がない!返してウッソ」
ウッソ「アホですか?自分で売りに行ってたじゃないですか」
キラ「確かに夢の中で売っ払った気もするけど!気もするけど…あれは夢じゃなくて…現実!?」
ウッソ「兄さんまだ寝てるんですか?ニンジンで良ければ起こして差し上げますけど」
キラ「いや、いい。
   しかし俺は無意識になんてことをおおおおおおこれから何を楽しみに生きれば………!」


刹那「…!」
グラハム「おはよう、少年。すまないが今朝の私は調子が悪く、阿修羅すら凌駕できない」
刹那「しなくていい…
   俺は悪い夢を見た…お前がやたら出張る夢だった…」
グラハム「ほう…誰の夢でも私は大活躍しているのだな…
     私も君の夢を見たよ。君というより君のガンダムのな」
刹那「なにっ!貴様がガンダムの夢を!!…くっ、ガンダムは俺だ!!」
グラハム「分かっているさ。それに私はフラッグを駆るフラッグファイター。ガンダムに浮気することは許されないのだよ」

252 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 18:20:40 ID:???
キラ「くそっ・・・・くそっ・・・・・敗北・・・・圧倒的敗北・・・・! オクで買い戻す事になるなんて・・・・・!!」
ウッソ「ところがどっこい現実でした、ということで」

253 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 18:29:33 ID:???
アムロ「なあ、マイ」
マイ「なんですか兄さん」
アムロ「あの一件は全部夢なんだよな」
マイ「もちろんです」
アムロ「刹那を見てくれ」

箱積みになった孫尚香ガーベラ(プラモ)の中で満面の笑みで寝る刹那「む〜俺が…劉備だ」

アムロ「あれを見てくれ、どう思う」
マイ「すごく…不安です」
アムロ「再発しないといいんだが…」

コウ「あ〜やっぱり轟の陣営はいいよな〜父孫堅がゼフィランサスで子の孫権がスティメン、ん〜最高だな〜」
アル「僕も轟は大好きだよ、官寧がケンプファーで、孫策が サ イ サ リ ス だもの」
コウ「轟なんて大っきらいだ!」
アル「どうゆう心変わり?!」

254 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 18:58:49 ID:???
やもうえん「…どうやら収束に向かっているようだな」
ハロ長官「いやはや、白い部屋も満員御礼だよ」
リリ「それでは姫様、仕上げをお願いいたしますわ」
リリ姫「う〜ん、なにやら便利使いされている気がしないでもないですが…」
黒リリ「姫さま。 シュウトのためでもあるんですよ?」
リリ姫「わかってます! さあ、我が騎士たちよ、お前たちの力を示せ!」
ゼ・ディ・バ・ロ・ナ「「「「「御意!」」」」」

 マナよ!


シャギア「という訳で、こちらの住人には夢オチとして片がつくようだが…」
オルバ「他所から紛れ込んだ連中は、僕たちが担当することになるらしい」
ふむ、報酬がいただけると言うのなら、俺に異存はない。
シャギア「話が早くて助かるよ」
オルバ「はい、前渡し分」
ほう、カロッゾパンの、しかも焼きたてか…
シャギア「では、よろしくたのむ」
了解した。 任せてもらおう。


255 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 19:09:17 ID:???
〜喫茶M&S〜

ルイス「ネーナ〜!ミルクティーまだ〜?」
ルー「のど渇いた〜!」
ネーナ「ちょっと待ってってば!今淹れてるから!」

ネーナ「はいお待たせ。で、今日はみんなで何しに来たの?冷やかし?」
ルイス「ちゃんと注文してるでしょ」
ファ「いやほら…>>248みたいな事聞いたから心配して見に来たのよ」
ネーナ「ああ、あれかぁ」
セシリー「随分落ち着いてるね。取り乱して店に迷惑かけてるかと思ったのに」
ネーナ「うん。って言うかぶっちゃけ疲れた…」
ファ「そうなんだ」
ルイス「まあ、わかるけど」
ルナマリア「よ〜し!じゃあ2人で新しい男探すか〜!」
ネーナ「お〜!沙慈なんていいかなぁ、優しそうだし〜」
ルイス「ぶん殴るよ」
ネーナ「冗談だって♪」


シーリン「マリナはいいの?」
マリナ「私は別に…そういう感情で接してたわけじゃないから…
    刹那が誰を好きになろうとそれは彼の自由だと思うし。
    それよりネーナちゃんが自暴自棄になって暴走しないか心配してたの」
シーリン「なるほど」


ネーナ「ルイス達の結婚式にはドライでお祝いに駆けつけてあげるから楽しみにしててねぇ♪」
ルナマリア「おいおい…」
ルイス「その時は全力で抵抗するからね。ガンダム乗ってくるんなら死ぬ気で来なさいよ」
セシリー「武器置いていけばいいんじゃない?」
ファ「突っ込むとこそこじゃないでしょ」
ルー「普通に電車とかで行けって」


シーリン「まあ、大丈夫なんじゃない?」
マリナ「そうね、安心したわ…お友達できてから変わったわね」
シーリン「それにしてもあいつら和みすぎ。
     バイト中だって事忘れてるんじゃないでしょうね」

256 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:04:42 ID:???
すべて夢だったのか、
刹那の初恋(?)は終わってしまったな…
残念だな……

257 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:11:58 ID:???
アムロ「恋に終わりなんて無い。終わったように見えてもそれは眠っているだけなのさ」

258 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:12:58 ID:???
だが待って欲しい
「人間に興味がない」ときっぱり言い切ってしまったのが夢で良かったと
そう考えるんだ

259 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:21:27 ID:???
何でもかんでも夢にするのはどうかと…

260 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:32:35 ID:???
>>251
ジュドー「ところでさぁ、なんでグラハム警視正って見た目もよくてセリフもいちいちかっこいいのに女っ気ないの?
     アムロ兄さんやカミーユ兄さん、シャアさんよりよっぽど一途そうだし。
     ハマーン先生もああいう人と付き合えばよかったんじゃないのかなぁ」
アムロ「俺にはいろいろと事情があr」
カミーユ「しゅーせーーい!!(ボコッ)
     まぁお前も大変なんだな」
ジュドー「あいたたたた…
     ほんと、ハマーン先生が新しい恋を見つけてくれるように祈ってますよ…」

261 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:33:18 ID:???
ティファ「私の夢は、現実です」
ガロード「この状況でそれはシャレになってないから(汗」


262 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 20:57:26 ID:???
>>260
ビリー「お陰で、僕はグラハムのパートナーだと誤解されることしきり、だよ」
エレドア「本当に誤解なんでしょうねぇ」
ビリー「ああ。 僕には心に決めた女性がいるからね」
ミケル「ええっ! カタギリさんも女性に興味無いんじゃって…」
ビリー「失礼だなぁ…僕はノーマルだよ」
エレドア「…で、どんな人なんです、その相手ってのは」ヒソヒソ
ビリー「ん…まぁ、そこは秘するが華、ってことにしといてくれるかな?」
エレドア「うむむ…なんか、よっぽど良いオンナみたいっすね…」
ビリー「まぁね。 僕にとっては世界で一番だから」
ミケル「うわっ! 言い切っちゃいましたよ!」
エレドア「へいへい、ご馳走様」

カレン「…」
サンダース「どうかしましたか、巡査部長」
カレン「いや…うん。 その…なんでもない。 気にするな。
    (あれって、リーサの事だよなぁ…)」

スメラギ「くちんっ!」
フェルト「スメラギさん、風邪?」
クリス「も〜、酔っ払ってその辺で寝てるからですよ?」
スメラギ「そんなことしません! はっ! これはきっとアル様が私の噂を…」
クリス「気のせいです」キッパリ
スメラギ「…フェルト〜、クリスが冷たい〜〜」ヒシッ
フェルト「…あう」


263 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/25(日) 22:13:19 ID:???
やもうえん「こちらは温州蜜柑になります」

264 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 02:27:03 ID:???
ウッソ「00の1期グラハム警視正のセリフの『ガンダム』部分をハマーン先生の名前に変えると素敵なことになりますよ」
キラ「別にハマーン先生じゃなくても素敵だし一部おかしくなるぞ。
   『私、グラハム・エーカーはフラッグを駆って(ハマーン・カーン)を倒す』になってしまう」
ウッソ「それも警視正独特の言い回しだと思えば」
キラ「しかも最後は警視正ヤンデレ化でハマーン先生と一騎討ちwww
   やべぇwwこいつらの本気で地球圏がやべぇwww」


カミーユ「愛が愛を重すぎるって理解を拒み 憎しみに変わっていく前に…」
シン「兄さんその歌なに?」
カミーユ「分からない。どこかから聞こえた気がした」

265 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 02:59:51 ID:???
ハマーン「ほう、ヤンデレか…それはつまりお前達の後ろにいるシャクティや黒ラ○スのような存在かな?」

266 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 03:15:30 ID:???
>見た目もよくてセリフもいちいちかっこいいのに
前者はまあともかく、後者が嘘だw

267 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 03:24:59 ID:???
>>266
かっこ悪い台詞を、胸を張って堂々と言い放つところがかっこいい。
分類としてはシュバルツとかと同類。


268 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 03:39:22 ID:???
>>265
キラ「やだなあ、ラクスに白も黒もありませんよ。いるのは普通のラクスだけですからー」
ラクス「あの、キラ? 初音ミクさんに歌っていただいた曲なのですが、キーが高過ぎて」
キラ「じゃあ、も少し調整するから弟達と遊んでてねラクス。良い曲作るからー」
ラクス「はい、かしこまりましたわ♪ キラのボーカライドさんが歌う曲、私も大好きですから♪」




ウッソ「この環境に馴染んでるというか、キラ兄さんに毒されてるというか・・・・おかしいですよ!って言うべきなのかなぁ」

269 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 03:56:25 ID:???
>>267
・無茶だと言われた時の対応
グラハム「そんな道理、私の無理でこじ開ける!」
アムロ「やってみなければ分からん!」
シャア「やってみるさ」

・何かよくわからんがこいつぁ凄いぜ!って言いたい時
グラハム「今の私は――阿修羅すら陵駕する存在だ!」
ギンガナム「このターンX凄いよォ!流石∀のお兄さん!!」
シーブック「ち、超スーパーすげェどすばい・・・・」
アムロ「νガンダムは伊達じゃない!!」


シロー「警視正、その、恥ずかしくはないのですか?」
グラハム「ないな(キッパリ」
マット「流石警視正。俺達が言えない事を言ってのける。そこに痺れない憧れない」
ビリー「でも君もいい加減落ち着いた方が……」
グラハム「心はいつでも大空を志したあの頃のままさ」

270 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 04:58:00 ID:???
つかグラハムの台詞って七割方過去作品のパロディだからな
ガンダム世界的に違和感あるもんでもない

271 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 08:14:33 ID:???
コウ「まにあえーっ!」

アムロ「間に合うッ!」
ヒイロ「間に……合わせる!」

覚悟の差かなあ

272 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 12:44:07 ID:???
>>269
> シーブック「ち、超スーパーすげェどすばい・・・・」
日本語でおkwww

273 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 12:46:19 ID:???
>>269
断トツでバカっぽいw
流石グラハム

>>272
だまれチンポコユリ

274 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 14:15:52 ID:???
>>273
ロラン「あれは本当の意味で黒歴史ですよ…どうか触れないでやってください」
シーブック「……………」

275 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 16:21:44 ID:???
漫画版シーブックですね。
わかりますよ。
鉄仮面戦の台詞が このド外道がー! だったけ?

276 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 19:46:55 ID:???
>>273 >>275
シーブック「てめー念仏となえろー!!!」

277 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 20:43:27 ID:???
キラ「あれ、君誰?」
ウッソ「やあ、俺ウッソ・エヴィンってゆーんだ!」
キラ「嫌知ってるよ…イメチェン?」

278 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 21:55:19 ID:???
ネーナ「なんかみんな漫画キャラになって遊んでるね」
刹那「俺達は漫画でもそれほど大きく変わらないな」
ネーナ「良いんだか悪いんだか……ネタにならないのは寂しいな」
刹那「そう言えばお前は小説版では、」
ネーナ「わー!わー!わー!」
刹那「な!なんだ!?どうした!?」
ネーナ「聞こえない聞こえない……」ガクガク
刹那「…………小説(ボソ」
ネーナ「わああああ!許してえええ!」
刹那(ふ……ふふふ……弱点を見つけたぞ……!)

279 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 22:33:39 ID:???
カミーユ「1st程じゃないけどΖ小説では俺の最期も酷いもんだったんだよな……」

280 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 22:35:49 ID:???
ドモン「俺も師匠もシャッフルもな……」

281 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 22:38:23 ID:???
シン「(・・・漫画版だと主人公、なんだけどな)」

282 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 23:00:19 ID:???
>>278
…そうではなく、出会った頃は痩身の少年であった彼が、
四年を経てその顔も体格も変化していることに改めて意識が向き、
何故だかカッと頬が熱くなり、羞恥心を刺激されたような気がしたのである。
マリナは自分でも理解できないような感情から逃れるように刹那から目をそらした…

2nd小説より

シーリン「なるほど、ね」
マリナ「どうかしたの?」
シーリン「人によって解釈が違う事は面白いと思ってね」
マリナ「確かに子供達は私達と同じものを見ても、全く違う印象を抱いているわ。
    その事はとても面白いし、ハッとさせられる事も多いわね」
シーリン「(少し違うんだけどね」

283 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/26(月) 23:02:40 ID:???
>>278
マリナ「きっと、息子がいるお母さんの気分ってこうなのね。シーリン」
シーリン「おーい。誰か、この子の目をさまさせてちょうだい」

284 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 11:29:51 ID:???
ルイス「なんていうかさ、マリナさんてもし自分に好きな男性がいても他にその人を
    好きな女性がいたら自分は身を引くタイプよね」

285 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 13:01:38 ID:???
>>284
相手の男「に」好きな女がいたら、身を引く…と言うよりは、応援しまくるタイプかなとは思うが。

「他に」の女が毒電波ゆんゆんの自己中DQN女だったとしても、身を引いてしまうんだろうか?
(特定の誰かを指して言っとるわけじゃないからな?念のためww)
幸せになれる人間が誰もいない…
そんな時は、勇気を出して略奪愛に赴いてもらいたいものである。

あと、思い人を好きな「男」も、身を引く対象にカウントされるんでしょうか?w


286 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 13:13:20 ID:???
ニール「みんな・・・・」
ライル「アニュー・・・」
アレルヤ「マリー」
ティエリア「ヴェーダ・・・」
刹那「ガン! ダム!!」



クリス「これが、うちの五人組の寝言だったの」
クリス「刹那は・・・その・・・・思ったとおりの結果ね」
クリス「双子の兄貴にいたっては、フェルト個人じゃなくてみんなよ!? というか、あの馬鹿どんだけ鈍感!?」
クリス「私も、バーニィがもう少し強く求めてくれたらなぁ・・・とかちょっと思ったり思わなかったり」
クリス「いいなー! いいなー! アタシもあつーーーーーい恋がしたいいいいいいいい!!」




ジュドー「なあ、喫茶店入っただけなのに、どうしてこうなってんの?」
エル「しっ! 黙る! こんな面白い話が聞けてるんだから、充分元は取れてるっての!」
ビーチャ「いやぁ、しっかしお前んとこの兄貴は変わらねえな」
モンド「ガンダム愛ってのはすごいねー、いやはや」
イーノ「そこで、ちょっとはクリスさんの話題にいかないみんなの思いやりが胸に痛いよ」

287 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 15:06:37 ID:???
>>285
シーマ「押し倒して掻っ攫う肉食系女子・・フフ、良い時代になったものだね」
モニク「いい加減私から襲ってやるべきなのか?」
ハマーン「それくらいせねば奴は気付かなさそうだがな?」
フェルト「その前に襲うに適したシチュエーションが分解されると思う・・・」

288 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 20:04:52 ID:???
>>287
マイ「おや、キャディラックさんが工房の方にいらっしゃるのは珍しいですね」
モニク「まぁ、偶には、な。 …お前一人か、技術屋?」
マイ「ええ、そうですね。 みんな土製エンジンの燃焼実験に出かけてます。
   僕は制御部のアセンブリでちょっと思いついた事があったので…」
モニク「そ、そうか…他に誰も、いないのか」ギラリ
マイ「あ、そこ、気をつけてくださいね?」
モニク「?」
マイ「先週ソンネンさんが30センチ砲弾を落っことして大穴が…」
 ガコン!
モニク「!」
マイ「キャディラックさん! 大丈夫ですか、キャディラックさん!」

モニク「そこで、頭をぶつけて気を失ったようで…」
シーマ「なんとまぁ…」
モニク「気が付いた時には病院でした…」
ハマーン「むぅ…フラグブレイカー、恐るべし…」
フェルト「…」ポムポム

ワシヤ「あ、警備カメラに映ってますよ、夕べの騒動」
カスペン「ほう、お姫様だっことは、なかなかやるではないか!」
ヘンメ「うらなりの技術屋かと思ったが…見直したぜ」
ホルバイン「爺さんが言っていた… 頭をぶつけた時は、動かすなと…」
ソンネン「それだけ技術屋も動転してたんだろう。 大事も無かったしな」
プロホノウ「結果オーライでいいさ」


289 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 20:23:03 ID:???
ウッソとシーブックの漫画版モードがもう少し続いて欲しいと思うが、
多分俺が怒られるかもしれない。

290 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 21:05:48 ID:???
ロックオン「どうも〜刹那連れてきました〜」
ロラン「えぇ、刹那!?なんでそんなにグダっとしているんですか!?日射病?!」
ロックオン「いや、なんだか道歩いていたらやけに可愛い装飾品つけたモビルチズンのガンダム(孫尚香ガーベラ)見かけてそしたら…」
ロラン「またか…」

291 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 21:09:58 ID:???
アムロ「これはまた大変なことになるな…」

292 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 22:06:41 ID:???
>>285
ほぼ確実に特定の誰かさん一人狙いじゃないかw

ここだとマリナが面倒見てるからか友人がいるからか随分と丸いようだけど。

293 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 22:59:44 ID:???
974 名無し大佐 sage 10/04/27(火) 05:40:51 ID:???
ガンダム家 家庭菜園

マリナ「ああっ。この種、ひと粒ひと粒が、やがて野菜たちへ育ってくれるのですね!」
ウッソ「ええそうです。あ、その手つき、上手ですよ。そのペースで種蒔きしてください」
マリナ「ええ」
ウッソ「今年は、本当にたいへんなんです
    ちょっと目を離すと、みんな枯れていっちゃう
    目を離さずに世話をしているつもりでも、
    どうしても、枯れてしまうことが多いんです」
マリナ「自然の育みというものは、偉大ですね」
ウッソ「気まぐれなのが、玉に瑕ですけどね^^;」
マリナ「では、ちゃんと種が芽吹けるよう、優しく導いてあげないと」
ウッソ「はい。あ……。そこ、凄いです」
マリナ「そうなの?」
ウッソ「ああ。そこは素晴らしい場所です」
マリナ「フフ。じゃあ、この場所を重点的に♪」
ウッソ「責めすぎは、いけませんよ
    手伝ってくれるのは嬉しいけど、これじゃ、これじゃっ!」

シン 「ビミョ〜に、エロい会話になってねえか?
    いや、種蒔きだってのは、分かってるんだけどよ……」
カミーユ「だからこそ、とか言うと、ミンチより酷いことになるだろうから、
     ここは黙っておくべなんだろうなあ」
ジュドー「年増ハンターの本領が発揮され──アベシッ」

??? ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

294 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/27(火) 23:49:06 ID:???
>>291
アムロ兄さんそれは刹那のことについてでしょうか
それとも自信の漫画モードについてでしょうか。

295 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 00:14:26 ID:???
>>294
アムロ「刹那の方だ。夢の時みたいなことになると、いろいろ大変だからな。でも漫画モードもかなりまずいな…」

296 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 03:44:53 ID:???
>>295
アムロ?「くそっ!しょうがねぇな」
アムロ?「ええいっ!このスイッチだ!!」
アムロ?「ざまぁみろ!!」
アムロ?「来るなら来いジオン軍!オマエたちの勝手にはさせんぞ!!」

ガバッ

リボンズ「もう一人の未来の僕は随分と勇ましいじゃないか、クククッ」っ覆面
アマクサ「スイッチ一つで粉砕するなんて、尋常じゃないね」っ覆面
D.O.M.E.「とても白目で体育座りをする人と同一人物だとは思えないよ」っ覆面
AR「最後なんて、ジ○○プの打ち切り漫画みたいな台詞だからね」っ覆面
リボンズ「本編も実h…ゲフンゲフン、まぁ、こうして陽の目を見たのだから未来の僕も本望じゃないかな?」
一同「「「「それもそうだな、アハハハハッ!!!!」」」」

アムロ「何か、一瞬で燃せる物はないかな…と」ガサゴソッ

297 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 05:08:45 ID:???
実写シャア「しかしだ、さすがに私のように単体キャラとして具現化はされないようだな」
赤い彗星のひと「いくらなんでも固定化したらまずいだろう。たまに出てくるだけの方がいい」
シャア「なぜ貴様らは固定化しているんだー!!」

298 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 05:51:10 ID:???
>>296
つ[スーパーナパーム](1st第二話)


299 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 06:33:38 ID:???
>>298
その発想はなかったwwwwww

300 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 20:28:54 ID:???
アムロ「ちょっとあいつら燃やしてくる。」

301 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 20:48:36 ID:???
パオロ「アムロ君の判断は的確だ。任せなさい…」

302 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 21:10:43 ID:???
>>300
ドモン「兄さん」
五飛「俺たちも」
サイシー「力になるぜ」

ジャミル「知り合いのバルチャーに連絡を入れた。DHMファイアワラビーで駆け付けてくれるそうだ」

303 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 23:15:55 ID:???
975 名無し大佐 sage New! 10/04/28(水) 22:26:17 ID:???
本スレで異次元アムロどもが消されそうになってたので


リボンズ「おやおやいいのかい?
     僕らを消すことは他シリーズと1stの繋がりを絶つことだよ?
     きっと売り上げに響くんだろうねぇ」
アムロ「ぐうっ…!!大人の事情攻撃か!!汚いぞ!」
D.O.M.E.「僕らって最強の生存フラグ持ってたんだ!あっ僕死んでた」


976 名無し大佐 sage New! 10/04/28(水) 22:48:56 ID:???
>>975
アムロ「そうか、じゃお前は燃やしても問題ないな。しょせん縁もゆかりもない後付けだ」つ火リボンズとスペアボディ

304 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/28(水) 23:44:23 ID:???
>>303
シロー「まさか本当に殺すとは・・・」
グラハム「スペアボディに移す、という事は殺してしまったと言う事だからな。仕方あるまい」
ハロ長官「最も、彼のそっくりさん達も名誉や信用に対する罪で逮捕されたけどね」



アムロ「・・・と言う夢を見たんだ・・」
シャア「アムロ、あなた、疲れてるのよ」
アムロ「スカリーの真似はやめろ!」
シャア「彼らも調子に乗りすぎる事はあるだろうが、大人の態度でいてやる事だ」
アムロ「ン・・お前が羨ましいよ、シャア」
シャア「ナナイに『社長がいなくても大丈夫かも・・・』と言われてもか?」
アムロ「それは・・・・微妙だな」
シャア「まぁ、彼らは楽しいから構わないのだがね」
アムロ「・・・少しは優しくしてやるかな」


リボンズ「マァ、本気で怒らせると未来の僕で遊べなくなるから程度は弁えないとね」
アマクサ「そのような事を言って、彼がキレるギリギリまで遊ぶのだろう?」
リボンズ「勿論じゃないか」
DOME「チキンレースみたいだな・・・」

305 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 00:21:11 ID:???
リボンズうぜぇなぁ

306 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 00:44:24 ID:???
また夢オチか……
つまり漫画版シーブックと、ガーベラ再登場もなかったことになるのか?

307 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 00:50:04 ID:???
ギレン「いいか、夢オチを乱用するとせっかくのネタを封じてしまう事になりかねん。
    ほどほどにしておかねばならん」
プル「だったらこれは夢じゃないよね、パパ♪」 ぎゅ〜っ
ギレン「うわあああああ!!!」

308 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 01:06:28 ID:???
夢オチが夢だったってことにすればいいじゃない

309 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 01:25:19 ID:???
明確に殺してるのはいいのか。確かにリボンズ達は悪ノリしすぎだが。
シャアやグエンみたいにミンチ→復活ではないし。ミンチネタ自体アレだけどね。

310 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 01:35:02 ID:???
リボンズ「ああ、大丈夫さ。死んだといってもミンチと似たようなもんさ。うちのデヴァインとかブリングとかそうじゃないか」
リヴァイブ「リボンズ、でしたら貴方のクローンをもう少しボクの家事の手伝いに回すなりしてくださいよ・・・・」
リボンズ「未来のボクをからかうので忙しいから無理!」
リヴァイヴ「なんというか・・・・好きな子をいじめるイジメッ子の心理というか・・・・・・頭痛い・・・・」

311 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 01:43:20 ID:???
何でリボンズはそんなにアムロに執着すんのw
本編的には刹那に行きそうなもんだが
声繋がり?あの生意気な大型新人は声が似てるだけですよ

312 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 02:29:09 ID:???
アムロに絡まないと出番無くなるからじゃねえの
うざいね

313 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 02:39:48 ID:???
とりあえずアムロに寄生すんなよ00ネタは

314 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 03:26:52 ID:???
確かに寄生するなとは思うけど
前多かった兄弟スレでやる必要が全く無さそうな
ただの00SSやられても困るけどなw

315 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 03:32:24 ID:???
まあ、アムロ兄さんのDOME,アマクサ、リボンズによるイジリなんて最近じゃお決まりだからいちいち言われても・・・

316 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 03:56:55 ID:???
>>315
多すぎ&引っ張りすぎなんだよw
スラップスティックなネタはあんまり引っ張らずにすっぱり終わらせるのがキモ。


317 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 08:39:07 ID:???
リボンズ出て来ると必ずアムロネタだからなあ
本編で意識してる以上仕方ないとは思うが依存し過ぎだとは思う

本編で明確にホモ描写されてる数少ないキャラなのになあ
ある意味グエンよりアレなのに

318 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 09:28:45 ID:???
>リボンズネタ
御曹司「私に女装させられる話が出れば良いのだね?」
大使「ここは私とエンジェルの愛が描かれるところだろう?」

319 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 12:02:12 ID:???
>>318
リボンズ「リボーンズキャノンッッッ!!!」
ブリング「トランザム」
デヴァイン「トランザム」



リジェネ「相変わらず暇だねー」
リヴァイブ「…あなたがいうセリフですか!」

アニュー「GWだしライルと旅行に行ってくるわね!」
ヒリング「ていうかアムロ・レイもさっさと身を固めれば少なくとも女性関係で
      リボンズにいじられなくて済むんじゃない?」


ヴェータ「(アムロ・レイがこのスレで結婚する確立は0.000000001%)」

320 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 12:04:34 ID:???
確立じゃなく確率だった…

321 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 12:51:01 ID:???
>>319
シャギア「そうなったらそうなったで、新婚家庭を冷やかしに日参する姿が目に浮かぶな、オルバよ」
オルバ「そうだね…。 そろそろ向こうの時間では夕飯の頃合じゃないかな、兄さん」
シャギア「おっと、そうだな。 では、行くとするか、オルバよ」
オルバ「了解…兄さん」


322 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 16:03:48 ID:???
そもそもこのスレの様に誰でも生きてたら女関係がしっかりした奴なんて限られてくる

323 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 17:28:34 ID:???
>>322
ルナマリア「…そうよ…あの女が生きてるから…私…ヒロインなのに…
      いっそ…この手で…ククククク」っ【包丁】
メイリン「右斜め45度の角度でてい!」ズビシッ!
 サクッ!
メイリン「あ」
ルナマリア「Nooooooo!! 刺さった! 刺さっちゃった!」
メイリン「お、お姉ちゃん大丈夫!? しっかりしてーーーーー!」ガックンガックン
ルナマリア「とととととりあえずあんたが落ち着け」ドスッ!
メイリン「げふっ!」
ルナマリア「どう? ちょっとは落ち着いた?」ダクダク
メイリン「うう…お姉ちゃんは落ち着いてる場合じゃないと思う…」
ルナマリア「へ? ああ、これ? 大丈夫よぉ。 頭の傷は派手に見えるもんなの。
      こんなもん舐めてれば直るわよ」
メイリン「頭の傷をどうやって舐めるつもりなのよ…うう」
ルナマリア「あ、痛む? ごめんねー」
メイリン「ううん、あたしの方こそ…でも、お姉ちゃんもほんとに大丈夫?
     さっきの様子、本気で変だったわよ?」
ルナマリア「い、いやははは…あれはその、若気の至りと言いますか…」
メイリン「そもそも、シンって主人公じゃないからお姉ちゃんがヒロインなんて無理でしょ」
ルナマリア「ちょ、おまっ!」

シン「うあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ」 ←ドップラー効果

メイリン「…あれ? 来てたの?」
ルナマリア「メーイーリーンー!!」


324 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 18:15:49 ID:???
>>323
ガンダムの歴代主人公機ってのは、最終決戦で、損傷を負ったり動かなくなったりするもんなんだ。
そう言う意味では、シンは主人公だろう。

325 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 18:25:44 ID:???
>>324
「フム…ガンダムらしいが、このなんというかな、マシーンとしては複雑になっていく一方なのが、気に入らんな」

ブライトは、このコクピットに、自分の息子のハサウェイがすわっていたことなどは、想像がつくことではなかった。

「でも、艦長。不穏分子が使うMSに、ガンダムという名称をつかうなんて、許せないでしょう?」

メカニックマンが、整備台でいった。
ブライトは、シートの下から抜け出し、ガンダムの煤まみれの顔を見上げて、

「そうでもないさ。歴代のガンダムは、連邦軍にいても、いつも反骨の精神をもった者がのっていたな。
 そして、ガンダムの最後はいつもこうだ。首がなくなったり、機体が焼かれたり、バラバラになったり……
 しかし、反骨精神は、ガンダムがなくなったあとでも、健在だったものだ」
「そういうものですか?」

立派な主人公だな。

326 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 18:30:18 ID:???
>>324
「お、俺はガンダムの主人公でなかったのか!ししょおおおおおおお!」

327 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 18:33:04 ID:???
>>324
何人か当てはまらない奴が・・・

328 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 19:55:24 ID:???
>>325

>反骨精神は、ガンダムがなくなったあとでも、健在だったものだ

ここが少し引っかかるw

329 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 20:24:49 ID:???
Gはあの終わり方がベストだと思うぞ
そもそも戦争じゃないし

その他のは本体の代わりにFAパーツが犠牲になってる印象

330 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 21:04:10 ID:???
リボンズ「やあ未来の僕」
アムロ「……」
アマクサ「うん、とりあえず無言でハンマーを取り出すのはやめようか、危ないから」
D.O.M.E「せっかく今日は君にいいモノを持ってきたんだから」
アムロ「いいものだと?」
ARチップ「前の入れ替わり事件をヒントに作ってみたんだ」つ
アムロ「…なんだ? USBメモリみたいだが…」
リボンズ「ふふふ、それこそ僕らが作り出した秘密道具、『アムロズメモリ』さ!」
アマクサ「そのメモリ一つ一つに僕らの能力がコピーされていて」
D.O.M.E「この専用のドライバーを使うことで君がその能力を使うことができるってとっても素敵アイテムなんだ!」
アムロ「…どう考えても何かしらのイタズラの可能性しか浮かんでこないんだが」
ARチップ「まあまあ、そう言わずに一度使ってみてよ、たとえば僕だったら計算能力がコンピューター並みに!」
リボンズ「僕だったらヴェーダとのリンク能力が使えるって寸法さ」つリボンズメモリ
アムロ「まったく……一度だけだぞ。ぽちっとn」

>アフランシ!

アムロ「…いま、何か聞こえなかったか?」
リボンズ「聞こえた?」
D.O.M.E「さあ?」
アマクサ「ニュータイプ的な何かじゃない?」
ARチップ「そんなことよりさあさあ、使ってみてよ」
アムロ「空耳? そうか……? まあぽちっと…」
<リボンズ!

>アフランシ リボンズ!!<
デゲデゲデデデデーン!!

アムロ・シャア「「うわああああああああああ!!」」


オチはご想像にお任せする

331 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 23:27:51 ID:???
フュージョンみたいに失敗・成功のリスク・リターンが大きそうな代物だなぁ

332 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 23:34:08 ID:???
クロノクル「私はメモリの愛好者でね……ズルッ」

333 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 23:44:21 ID:???
脳内でマダオ声が\アフランシ/\リボンズ/って

334 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/29(木) 23:52:47 ID:???
Vガンにマダオ声の人いるよな……

そういうことか!
ガイアメモリの販売者はマリ…




かゆうま

335 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/30(金) 09:32:22 ID:???
ニール「俺たちは…」
ライル「二人で一人の」
兄弟「「ガンダムマイスターだ!」」

336 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/30(金) 11:59:29 ID:???
???「二人はプリキュ…ガンダムマイスター、じゃないのか…そういえば交代制でしたねお二人は」

337 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/30(金) 22:03:00 ID:???
ジャック「マァァク!どうしてお前は反抗がゴールなんだ、マァァァク」


338 :通常の名無しさんの3倍:2010/04/30(金) 23:56:19 ID:???
Pガーベラ「今の2号ライダーはそれまでみたいに1号と喧嘩はしないぞ」
ジャック「だれがマークに構って欲しいといったんDA!」



シャギア「あれがツンデレはツンデレを知るという事だ」
オルバ「みんな、覚えたかな?」
シンタ「はーい」

リヴァイヴ「……フロスト兄弟、あれが教育者の純粋種!」

339 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 00:00:29 ID:???
977 通常の名無しさん sage New! 10/04/30(金) 22:16:16 ID:???
孔明「ライダーネタが続いている?いまです!代理投下お願いします」



「「さあ、お前の女を数えろ」」

マイ「女?ああ彼女の事ですか?すみません僕そういうのはまだ…」
ガロード「ティファだ!」
カミーユ「ファ、フォウ、ロザミィ…」
アムロ「チェーン、ベル、…ああ、微妙に縁のある娘も入れるとしたらちょっと計算が面倒だな」
キラ「二人いるよ、もちろん一人はラクスさ、もう一人は日替わり」
曹丕「余には12人の嫁がおるぞw!」

「フィリップ、もう一度検索してみてくれないか?キーワードは『普通の人』だ」
「ユゥよぉ、一体いつまでこのごっこに付き合わなきゃぁいけないんだぁ?」

340 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 00:35:50 ID:???
>>339
モニク「まだ、と言う事は女に興味なくはないと言う事だな!」
フェルト「彼女?なんですかそれ?よりはまし……」
ハマーン「見事なポジティブさを手に入れたか。結構な事だ」
シーマ「本来は凹むべき所なのにねぇ。たいしたものさ」


シャア「ララ……」
赤いひと「ララァの事は私に任せて貰おう」
シャア「クェ……」
アフランシ「僕、何故かクェスちゃんに結構懐かれてるんだよね」
シャア「ナナ……」
実写シャア「ナナイ女史には随分助かっている」
シャア「…………おまえらなんてきらいだー!」
タタタタタタタタ
赤いひと「少々遊びすぎたかな」
ナナイ「………」
実写シャア「一番最後なのを悔やむ必要はない」
ナナイ「別に…」
実写シャア「私は一番好きな食べ物は一番最後に残す派だ」
ナナイ「!それじ…」
アフランシ「あ、僕は一番先に食べるかな」
赤い彗星のひと「私は中頃にエッセンスとして食べる」
ナナイ「………うわーーん!!」
実写シャア「実に面白い二人だな」
赤いひと「全く」
アフランシ「気丈なお姉さんを泣かすってのも中々くるね」
クェス「これだから悪ノリする男は嫌なんだ!」

341 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 00:50:38 ID:???
アフランシとナナイってどっちが年上だっけ?

342 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 00:53:40 ID:???
アフランシは魔境と呼ばれる19歳組

343 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 01:13:42 ID:???
ブライト「19で結婚して何が悪い!」


344 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 01:41:25 ID:???
マイ「女、とか彼女とか、まだ僕は伴侶を養えるほどの貯蓄も持っていないし、
   かといって家に頼るわけにもいきません。結婚じゃなくてもお金を使うようなことは避けたいと思っていて
   あ、別に女性はお金を使いたがるとかそう言っているんじゃなくてですね
   僕自身が多分尽くすタイプだと思うので、そういう感じでどんどん使って言っちゃうんじゃないかなって、僕が」

エルヴィン「姉さん、どうして今日のおかずもおからなの?」
モニク「とにかくお金のかからない女ならいいんでしょ!今日から一カ月千円生活よ!」

345 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 01:52:32 ID:???
>>344
マリナ「モヤシは安くて量が多いから随分助かったわね」
モニク「確かに量はありますが、栄養分があまりなさそうですね」
マリナ「その辺りは自生している草や特売物で何とかするしかないわ・・私はM&Sで昼食を取る事が出来たから・・・」
モニク「む・・・ならば私も飲食店でバイトを・・」
エルヴィン「そんな事言ったって姉さんは壊滅的に料理が下手だったじゃない」
モニク「努力はしている!」
エルヴィン「その結果がこれだよ!」

つ オムライス

マリナ「見た目は普通ね。食べても?」
モニク「どうぞ」
マリナ「では・・・!こ、これは・・・」
モニク「どうでしょうか?」
マリナ「まさに材料を使って作っただけの味!それ以上でも以下でもない・・・
    これはオムライスではなく、ただの卵焼きとケチャップご飯とその他の混ぜ物!そういう感じね」
モニク「・・・・何かよく分からんが傷つくな・・・」
エルヴィン「それでもまだマシになっているんですよ」
マリナ「大変だったのね・・・」

346 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 02:54:34 ID:???
呂布「蝶禅、お前の友達が大変だと聞いて飛んできた」
マリナ「だから違います。あなたのお友達は私ではないです」
呂布「心配するな、俺がひとっ飛びで飯をとって来るとも」
マリナ「あなたの場合とって来るというよりも税を取り立てるって言った方が正しい気がするわ」
呂布「多摩市ィイイ!」
マリナ「いってしまった…」
エルヴィン「あのモビルチズン、どこかヅダに似ているなぁ」

モニク「なあ、藁麦米粟稗その他いろいろ持ってきたのはありがたいんだけど」
マリナ「水道代もガス代も使いたくないならそのまま食べるしかないわね」

347 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 04:56:43 ID:???
長官殿ニモマケズ 社会の目ニモマケズ
水風呂ニモ サウナノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ
切腹ハセズ 決シテ隠レズ
イツモ高ラカニ愛ヲ叫ブ
一日にブルーレイ四枚ト ガンプラト 少シノ戦場の絆ヲ嗜ミ
アラユルコトヲ ガンダムノ性能ニ見立テテ
ヨクミキキシワカリ ソシテ抱シメテ
兄弟家ノ最寄リノ銭湯ノ浴槽ノ小サナ萱ブキ派出所ニイテ
東ニ厨二病ノ侠アレバ 行ツテ応援シテヤリ
西ニ疲レタ女教師アレバ 行ツテソノキュベレイヲ磨き
南ニ死ニソウナ東方不敗アレバ 行ツテガンダムファイトレディィゴォォォトイヒ
北ニ訴訟ノ米国人ガアレバ 君ノプラモハデテナイカラヤメロトイヒ
フラッグノトキハ血ヲナガシ スサノオノトキハキビキビ血吐キ
ミンナニ警視正トヨバレ
マチノミナニアイサレ アクヲユルサズ
武士トイウモノニ ワタシハナリタイ

348 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 07:39:13 ID:???
カタギリ司令、またグラハムに変な知識でも吹き込んだのか

349 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 08:15:37 ID:???
曹操「ほう、あの金糸碧眼の者は文学を嗜むのか。
    ならば儂の名作である短歌行などを聞かせてやらんでもない」
曹丕「父上、予も名文にかけては自身があります」
司馬懿「曹操様と陛下がなさるのであれば私も…」
曹操・曹丕「「いや、お前はイイ」

※(史実の司馬懿の詩はドヘタの一言です)

諸葛亮「名文と言えば私の出師の表です」
孫策「まて。アレが良いなら周瑜の遺文も中々のものだぞ!」
周瑜「よしてください、恥ずかしい……」
陸孫「僕は孫が……」

ハム「愛に言葉などいらん!抱きしめたいなぁガンダムーーーーー!!!」

司馬懿以外「「「「「「アッー」」」」」

350 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 10:38:23 ID:???
「やめろぉおおお!!」

ハム「何奴!誰だ!」
刹那「BB戦士を、三国伝の侠たちを、もといしょこたんを抱きしめられるのは、同じガンダムの俺だけだぁあ!」
孫策「あやつか!我らが末っ子尚香を狙う悪党は!」
孫権「その通りにございます兄上!奴こそは劉備とともに倒すべき相手、往きますぞ!」
刹那「うぉおおお、がんっだぁああああむ!!!」
ハム「こうなったからには後ろには下がれまい。ならば、君たちの仁義礼智信、少年のガンダム、そして私の武士道、どれが勝っているか雌雄を決しようではないか!」

曹丕「うぉおお?どうしてこうなった!」
司馬懿「待て待て落ち着けこれは孔明の罠だ!」
孔明「だまらっしゃい。だから巧妙な罠は孔明の罠とは違うと言っているでしょう。司馬懿、あなた他にやる事はないんですか?」

351 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 11:18:26 ID:???
孔明「そう言えば司馬懿の息子はガンダムタイプでしたね」
司馬懿「なにを言い出すのである!?」
ニナ「いやぁぁ、モノアイから私のガンダムがぁぁぁ」
ダリー「アリエネェ!そんなのアリエネェ!!」
孔明「そう!つまり奥方がガンダムタイプでないと遺伝的に有り得ない」
ハム「なんと!?このサザビーはガンダムと添い遂げた者なのか!」
刹那「ガン…ダム……!?」
孔明「劉備殿と孫尚香殿はまだ清い関係ですね」
劉備「何を言い出すんだ、孔明!!」
テム「当然だ、ガンダムは汚れてなどいない!!」
ボッシュ「私の見たガンダムは清らかな光で満ちていた!」
孔明「つまりガンダムと添い遂げる為にはモノアイにならなければならないのですよ!」
キース「なんだってーーー」
ハム「司馬懿サザビー、手土産に破片の一つでも頂いていく!」
ニナ「私のサザビィィィィ!!」
司馬懿「罠だ!孔明の罠だ!!」
刹那(ガンダムと添い遂げる為にはサザビーにならなければならない……)
刹那「俺がサザビーだ!!」
    ……………
    ………
    …ブハッ!!(吐血)…」
劉備「刹那どのぉぉ!?」
刹那「……俺はサザビーに…なりたく…ない……ガクッ」






シャア「……何か凄く不愉快な感覚を感じ取ったのだが?」
コマンビー「気のせいでしょう。マスターはどうせNTのなり損ないですから
       それよりもまだ眼を通してない書類が108枚あります。片付けてください」
シャア「サボテンが花を付けている……」


352 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 11:27:14 ID:???
昔、モノアイ型のガンダムがいてだな。


カイ「ディジェ、あるだろ。あれはジオン型のガンダムって感じだな」
アムロ「顔の奥にはガンダム型の目があるらしいな」
カイ「あぁ。元々ハヤトはガンダムタイプとして作るつもりだったからな」
アムロ「ジオン残党の心象の為に変えた、だったか?何故そこまで知っているんだ?」
カイ「フフ、ジャーナリストをナメないでくれよ」
まぁ、カイレポの話だけどね。

353 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 11:28:41 ID:???
にせガンダム「俺がガンダムだ!」

354 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 12:07:19 ID:???
シン「よかったな」
劉備「え?」
シン「沢山映れて良かったな」
劉備「(沢山移れて?反董卓連合に集まったことかな?)はい!!」
シン「頑張れよ。お前が主役なんだからな!」


355 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 12:31:19 ID:???
馬超「俺は馬超、馬超ブルーディステニィーだ!三国伝の第三部の主役だ!」
シン「うぉおおおおお、俺のこの手が怒って光る!運命を破れと唸って焦がす!必中!デスティニーフィンガァアア!!!」
馬超「うわぁ、いきなり何をする!」
シン「うるさい!あんたも、あんたもそうなんだろ、本来の主役を蹴落として自分が主役になろうとする、そういう奴なんだろ!」
馬超「か、彼が噂に聞くシン・アスカか、むむむディスティニー同士戦いたくはなかったが…」
シン「何がむむむだ!それに俺の機体はデステニィーだ!間違えるな!」
馬超「やめろ、俺に近寄るな、俺が本気を出したら、皆大変なことになるんだぞ!」
シン「それはこっちも同じだぁーー!スーパーコーディネイターを倒した俺にかなうと思うなぁー!」
馬超「く、やるしかないのか…うぉおおおおお!!」


孔明「厨二病対決乙」
アスラン「シン、やめろ、踊らされているんだ俺たちは、周瑜に」
周瑜「なんでも策士のせいにすればいいというのは止めていただきたいな」

356 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 12:46:45 ID:???
>>354
刹那「?三国伝の主人公は曹操だろう?」
ジュドー「そーそー」
アムロ「ロランくん、ジュドーさんの座布団を一枚持っていきなさい」
刹那「既に決まっていたと思っていたが」
ガロード「もーとっくにな」
アムロ「ロランくん、ガロードさんの座布団を全部持っていきなさい」

357 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 12:48:55 ID:???
シロッコ「私はパプティマス・シロッコ。愚民共を導く使命を与えられた一握りの天才だ」
ヤエル「あ、ジオのおじちゃんだー」
シロッコ「私をおじちゃん呼ばわりするとは、やはり民衆とは度し難い」
シンタ「ジオかっこいいよねー」
アル「まあザクには劣るけどカッコイイよね」
シロッコ「ふ…そう捨てたものではないか。子供は純粋だ。私のような者に導かれれば理想的な民衆となるだろう」
シュウト「合体はロマンだよね。シロー兄ちゃんも言ってた」
シロッコ「合…体?私の設計したジ・Oは可変機能などという無駄な機構は排除していた筈……」
ヤエル「え?だってΖガンダムのお兄ちゃんがジオは合体するんだって言ってたよ?」
シロッコ「おのれ、賢しいだけの子供が!嘘を広めてからに!!」
シンタ「パラスアテネとメッサーラとボリノークサマーンが合体してジオになるんだよね!」
シロッコ「その三機は確かに私が設計したMSだが、合体してジ・Oにはならん!それではアニメだよ」
アル「でもガンダムにやられちゃうけどね」
シロッコ「ガンダム!?ΖでもなくRX78にやられるだと!?」
シュウト「瞬殺だったんだって」
シロッコ「おのれガンダム兄弟!民衆を扇動するとは、これでは人に品性を求めることなど絶望的だ!!」





張飛Ζガンダム「でさー、何が面白いかって、その黄天ジオってヤツはオカマなんだぜ。あ、炒飯おかわり」
サイサイシー「おかわりいいけどさ、こっちの金持ってんの?」


358 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 12:50:28 ID:???
演者のMSパイロットで考えて見れば
曹操→ガロード
関羽→ジュドー
なんだよね…

359 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 13:22:44 ID:???
演者←→パイロットでの勘違いパターンは結構作れそうだな

360 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 16:08:53 ID:???
>>351
ルロイ「サザビー+クスィーガンダム=ゾーリン・ソール
    ゾーリン・ソール+Zガンダム=ガイア・ギアαという計画がですね」
アフランシ「しかし……版権が問題なんだが……」
シャア「私とハサウェイ君とカミーユの機体の組み合わせか、やたらと物騒だな」
ルロイ「できるならやってみたいんですけどね、出せそうなのはもううちしかありませんし」

361 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 17:10:49 ID:???
>>357
三国志の頃に軍票ってあったかなぁ…
あれこそ文字通りただの紙切れだが。

多分張飛クラスだと、文字通り「軍資金」に貴金属とか宝石持ち歩いてるはずだぞ。
最悪、鎧や剣の飾りをそぎ落として売れば一財産にはなるはず。
翡翠や琥珀、トルコ石なんかは価値が大暴落してるけどもw


362 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 18:04:38 ID:???
>>361
呂布とM&Sの場合
呂布「貂蝉!今日も飯を食べに来たぞ」
マリナ「いらっしゃい」
----------
呂布「うむ、いつも旨いい。見事だ」
マリナ「ふふ、ありがとう」
シーリン「それで、今回お代は……」
呂布「今日もツケとけ」
シーリン「は?」
呂布「貂蝉、俺はこれからGFと試合をしてくる」
マリナ「怪我はしないでね」
呂布「心配するな。俺は絶対に負けん。行くぞ、赤兎!」

ギュオオオオ

シーリン「待てやコラッ!!」
マリナ「大丈夫よ、シーリン」
シーリン「貴女も貴女よ。何故毎回きちんと貰わないの?」
マリナ「対価は貰っているわ」
シーリン「え?」
マリナ「夜、何故か私の横で寝てるから飾りやアンテナをもいで売ってるのよ。
    本人はネズミにかじられたと思っているみたいだし、直ぐに直るから大丈夫よ」
シーリン「マリナ…恐ろしい子……!」

363 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/01(土) 20:43:39 ID:???
さてさてガンダム兄弟は、
どんなゴールデンウイークを、
過ごすのか楽しみだな。

364 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/02(日) 06:05:15 ID:???
刹那「GWはヒイロだ」

365 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/02(日) 07:47:40 ID:???
シュバルツ「御免!」
ロラン「はーい」パタパタ
ドモン「シュバルツ? …あんたが玄関から入ってくるとは珍しいな」
シュバルツ「ふ、ドモンか。 ちゃんとした用向あってのことよ。
      ロラン君、頼まれていた例のものだ」
ロラン「えっ、持ってきてくださったんですか?
    連絡してくだされば此方から取りにいったのに…」
シュバルツ「ドモンが修行をサボっていないか、様子も見たかったのでね」
ドモン「ふん、サボっていたかどうか、直接確かめてみるか?」ポキパキ
ロラン「ドモン兄さん! お客様に喧嘩を売ってどうするんですか!」
シュバルツ「ふはははは、備えを怠っていないのならそれでいい。
      それでは、失礼しよう」
ロラン「ええっ! そんな、コレの代金とか、お茶も…」
シュバルツ「お構いなく。 御代は、私も御相伴に預かれればそれでいい」
ドモン「なんのことだ?」
ロラン「あはは、さすがはシュバルツさん、お見通しでしたか…」
シュバルツ「ということで、真に勝手ながら、材料もいくつか入れておいた。
      是非足しにしてほしい。 では、是にて御免!」ザアッ!
ドモン「…なんだったんだ、一体?」
ロラン「お願いしていた食材を、わざわざ届けてくださったんですよ」ヨイショ
ドモン「重いものなら俺に任せろ。 で、食材って何を頼んだんだ?」
ロラン「ありがとうございます。 小豆を頼んだんですけど…
    うわ!国産の高級品ですよ!」
ドモン「この白いのはなんだ?」
ロラン「上新粉ですね、お米から作る粉ですけど…
    ああああ、これも高級品じゃないですか! 和三盆まで!」
ドモン「小豆? 米? 何を作るんだ?」
ロラン「柏餅ですよ! 毎年毎年、粒餡は嫌だ、漉し餡は駄目だ、
    甘いの甘味が足りないだの、みんな好みがばらばらですからね。
    今年は手作りで行こうかと思ったんですけど…
    うう、ここまでされてしまってはプレッシャーですねぇ…」
ドモン「そ、そうか…まぁ頑張ってくれ」
クリス「ロラーン、今年は柏餅どう…うわ、もう準備万端ね!」
ロラン「ええ。 やんごとなき理由により、今年はKIAIを入れていくことになりました」
ドモン「おおおお、ロランが燃えている!」
クリス「なるほどなるほど、それじゃ、助っ人も頑張りますか!」

アムロ「…GWに年頃の娘が隣の家の手伝いだと?」
シロー「…バーニィ、アルと遊ぶ約束してましたね、そういえば」
アムロ「おし、ちょっと〆て」つ☆ジャラッ
シロー「ちょ、兄さん落ち着いてください! ドモン手を貸せーー!」


366 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/04(火) 00:13:50 ID:???
>>363
アスラン(スケジュール表を見て)「GW中はヒタイダーショーでびっしりだ…」
シーブック「苦労してるな、弟たちは楽しみにしてるが」

367 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/04(火) 00:27:47 ID:???
トレーズ「バラも美しいがアイリスもエレガントとは思わないかね」
ブリング「トランザム」
デヴァイン「トランザム」
バルトフェルド「アイリスを見ていると何のために戦っているか分からなくなるよ」
ブリング「トランザム」
デヴァイン「トランザム」
トレーズ「エレガントさが人の心から争いを奪うというのか……」


ザコ「菖蒲見つけたザコよ」
パーラ「よーし引っこ抜けーー。明日は子供の日
     サテリコンで菖蒲風呂デーだぞ」
シン「なんか花咲いてないか?ホントに菖蒲か?これ?」
ハム「勝負に勝つ!この気持ち、まさしく大和魂だ!」


ブチブチブチブチ






ラクス「あらあら、トールギスVとガラッゾさんとエンプラスさんとラゴゥさんですわ」
キラ「向こうはGファルコンとデスティニーとスサノオだね」


368 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/04(火) 17:55:32 ID:???
>>367
ザコ、それ菖蒲ちゃう!花菖蒲や!w

ロアビィ「買っても千円か二千円くらいのもんよ? 匂菖蒲って」
パーラ「なんだってー!」
シン「あいたたた…あー、修理代、いくらかかるんだろ…」
パーラ「まぁクソガキ(キッド)にやらせりゃ、Gファルコンはタダだけどな」
シン「あ、いーなー」
キッド「ウチは慈善事業じゃねぇぞ。 ちゃんとツケてるからな」
パーラ「げげっ!」


369 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/04(火) 20:32:34 ID:???
三体合神・スサGティニー

370 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/04(火) 21:38:08 ID:???
グラハムもすっかりサテリコンの従業員みたいになってるなぁw

371 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/04(火) 23:14:36 ID:???
カトル「ゲームには疎いと前に言いましたが、岩男のゲームはよくやりますよ
     僕のガンダムは砂岩だけに」
トレーズ「エレガント缶だけは最後までとっておくのだよ」
シロー(セレブの人ってツッコミ不在なのか。アイナも……)

デスサイズ「ZXシリーズではロボットと人間が平等に暮らしている
        素晴らしい世界だ。私とリリも……ハァハァ…ウッ」
カティ「このイレギュラーを刑務所にぶち込んでおけよ」
ブリング「トランザム」



372 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 00:31:49 ID:???
セレブのツッコミ候補
つセイラ・マス
つリリ・ボルジャーノ隠れた逸材
つゼナ
ドズルにつっこめる

373 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 01:09:18 ID:???
ジャック「HAHAHA何を言ってるんだ!
      ドズルが突っ込んだからミネバが生まれたん…ドブレァ!」

マーク「ミンチより酷いな」

374 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 10:05:30 ID:???
>>370
警官が銭湯に入り浸ってる無理矢理状態より
従業員そのものの方が自然でいいかもなw

375 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 10:37:39 ID:???
グラハム「何を言う!街の平和を守る為に大和魂を学んでいるのに
      大和魂を仕事にしては街の平和を守っては本末転倒ではないか!」
シン「いや、そもそも平和守るのに大和魂必要ないから」

376 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 11:13:50 ID:???
変な日本かぶれになったのはMr.ブシドーからで、グラハムは別にそういう訳でもない。はずだ。


刹那「大和魂?……ヤマト魂!?」
キラ「いきなり何?」
刹那「キラ兄さんも心の内に熱い思いを秘めていたのか!」
キラ「ん、僕はいつでも(ボカロに)熱い思いを持ってるよ」

377 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 12:16:02 ID:???
東方不敗「何と!小童めが、ワシのヤマトガンダムが地球再生に不要と申すか!ならば己の拳で語ってみせい!」
呂布トールギス「魂ィィィィ!!!」

シン「メーデー、メーデー、至急ツッコミの増員をお願いします!!」

378 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/05(水) 14:08:22 ID:???
>371
エアーマンが倒せないトレーズ様になってしまう!そんなトレーズ様はエレガントではない!

トレーズ「問題ない、エレガント缶に頼らず己の力で勝利を勝ち取ってこそ意味がある…」
レディ(エレガントではなくてエネルギーなのですが…突っ込んだら負けな気がする)

アムロ「アイナさんの突っ込み?ノリスさんで充分足りてるだろ」
ギニアス「妹に突っ込んでいいのは私だkグボァ(吐血)」
シロー「俺は!そんなあなたを殴りたい!(ヒカリニナレアッー!)」
ノリス「まったくですな、それでは下品すぎますぞギニアス様(ドゴドゴドゴドゴ)」

379 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 08:08:11 ID:???
>>377
D.O.M.E.「魂と言ったら僕でしょう! そうだよね生前の僕!」
アムロ「下らんことでこっちに振るな!」
刹那「何故だ…D.O.M.Eからはガンダムの気高さが感じられない…」
ガロード「シャア社長みたいなモンじゃない?」ケケケ
D.O.M.E.「ひどっ!」
アムロ&刹那「「ああ!」」ポン!
D.O.M.E.「納得してるし!」
刹那「ガンダムな部分は月のD.O.M.E.が受け持ってるんだな」
アムロ「そうか、邪気を取り込むモノノケの類か…」
D.O.M.E.「うわーーん! リボえも〜ん!皆がひどい事言ってるーー!」

シャア「一番ひどい事を言われてるのは私ではないか?」
ナナイ「そうですね。
    連邦物産のトワイニング常務と会食の時間が迫っています。 お支度を」


380 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 15:35:20 ID:???
トールギスで思い出したが、騎士ガンダム系に「エレガントールギス」と言う機体が有ったな

381 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 19:07:04 ID:???
SDガンダムのトールギスはだいたいネタキャラ

382 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 19:55:25 ID:???
>>381
騎士トールギス「ネタキャラ言うなー!」
ザコs「「「キャーーーッ! T様ーーーー!」」」

パーラ「うおっ! 野太い声で黄色い悲鳴上げるなよぉ」
シン「立派にネタだなぁ…」


383 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 20:59:05 ID:???
武者刀流義守「………」

384 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 21:46:12 ID:???
ウッソ「今回はかかりましたね、それにしてもドモン兄さんがリクエストしてたなんてw」
ドモン「あれは俺じゃないぞ!!そんなに稽古をつけてもらいたいか!?」ズルズルッ
ガロード「確かにドモン兄、本名で出しそうな感じはするけどなw」
刹那「NHKはガンダムだ…(聞いてない)」

ヒイロ「今回は曲がかかったから、ウッソ達は楽しそうだ」
アムロ「平成特集といったところだったな、今回は」
ロラン「僕は前回かかりましたけど。あ、お茶どうぞ」っ旦
アムロ「ロラン、すまない」ズズズ…

ア○ソン三昧のガンダムの時間帯、自分は聴けませんでした。

385 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 22:30:11 ID:???
>>383
キムチ嫌いなのにキムチ工場で働いて、選別にキムチ1年分もらった刀に変身する人じゃないですか

386 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/06(木) 22:46:08 ID:???
トールギスに乗ってる人もネタキャラに片足突っ込んでるからな

ゼクス「赤いバラ50にに紫のバラ30、私の宅配人としての見積もりが甘かった事を証明せねばならんな!」

ゼクス「そんなにつきまとうな、トレーズ。過剰な期待に応えたくなるではないか!」

ゼクス「さらばだ、トレーズ……私は君の友達にはなれない……」



ロアビィ「で?殺人的な加速でバラを運んだせいで…」
トレーズ「バラがバラバラなのだよ」

387 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 11:27:03 ID:???
>>387
何を今更w
少なくとも某ゲームで御大将とコントしてノインさんに突っ込み入れられるぐらいにはネタキャラだよ。



某大戦Dの部隊名命名イベントでアムロにも突っ込み入れてたから案外突っ込み役が適任かもしれんがね、彼女は。

388 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 13:04:30 ID:???
>>387
まぁそのノインさん自身、ツッコミ処も満載した高スペックキャラな訳ですがw
基本的に有能なんだけど、そこはかとなく天然さんのかほりがする。


389 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 16:25:40 ID:???
>>387
アムロ「なら、マー…」
ノイン「そ、それは色々と…」

こんなだっけ?後その世界は逆襲成功したシャアとアムロが仲間なんだよなw

390 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 16:30:47 ID:???
>>389
地球寒冷化作戦を邪魔されたくないのでアムロとブライト軟禁という斜め上の行動に出るシャアw


391 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 16:30:58 ID:???
アムロ、カミーユ、ジュドー、ウッソ、ヒイロ、ミリアルド
逆襲シャア、クェス&ギュネイ、ハマーン様、カテジナ&クロニクル、トレーズ

まさにガノタの為のスパロボ。

392 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 16:34:20 ID:???
>>389
アムロ「あれは迷いを吹っ切った貴様が、俺とブライトをロームフェラ財団の力で
    手も足も出ない状態にしたんだっけな。芝居とは言え、屈辱ものだった」
シャア「まぁそう腐るなアムロ、逆襲する私とお前が組むのはレアケースだからな」

カミーユ「そしてあの後、地球が姿を消してアクシズ落としどころでなくなると」
ウッソ「僕も出たんですよ!」
ヒイロ「俺も出た」
ジュドー「オレも!」
シーブック「これはこれでぶっ飛んだ展開だったんだなぁ」

393 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 16:39:12 ID:???
>>388
某大戦Wをやり込んだ身としては否定できねえw

>>389
そうそう、それそれw
ちなみにアムロが言おうとしたのは某大戦64での部隊名。
発案者はアムロ。
参戦作品や世界情勢でDと64が色々と被ってたから出てきたネタだと思われw

394 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 18:23:16 ID:???
そういや、Dのシャアってエンジェルハイロゥに捕まっていたハマーンを始末しようとしていたなw
ジュドー達に止められて止めたけど

395 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 18:39:21 ID:???
>>393
シナリオライターがかぶっていると聞いたことがあったような気がする

396 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 18:56:38 ID:???
タルト食いたくなってきた

397 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 19:22:08 ID:???
いぼるぶ版武者ガンダムは声がシローと同じなんだよなぁ…

398 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 19:36:33 ID:???
>>395
そういや、かがみんだったな>シナリオライター


>>394
そして救出後に修羅場ってるのはアンソロにおけるお約束w

399 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 21:03:13 ID:???
>>394
ジュドー「(シャアを止めて)ハマーンはこんな安らかな表情をしてるじゃないか!」
シャア「だからだよ!こんな顔したハマーン怖いじゃないか!」
カミーユ「少し同感」
なんてネタが4コマアンソロであったな。

400 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/07(金) 23:25:37 ID:???
ルイス「確かにさ、安らかな顔のハマーン先生ってイメージ湧かないよね」
ネーナ「うんうん、いつも眉間にシワ寄せてるって言うか…あのきつい目つきこそがハマーン先生だよね」
ジュドー「それってあんたらのせいなんじゃないのー?」
ガロード「ははは、言えてる。いっつも高等部の授業の後は5歳は老けて見えるよな」
ルー「はあ?何言ってんのよ?中等部の授業終わってからこっち来たら10歳は老けてるっての」
ジュドー「なんだと?お前らこないだ授業中にお菓子食って怒られたらしいじゃないか。知ってんだぞ!」
ルナマリア「あんた達こそ教室でジャンクいじくってて爆発したそうじゃない?その方が問題でしょ!」
ガロード「よーし!こうなったらどっちが大変か直接先生に聞こうぜ!」
ルイス「望むところじゃないのよ。さあ、先生探すわよ!」
ネーナ「あの…探すまでもない…かも…」
ジュドー「え?」
ガロード「げぇっ!?キュベレイ!?」
ハマーン「話は聞いていたぞ…どっちが大変かだって?そんなもの比べる必要はなかろう?」
ルー「いやその…MSは反則じゃないかな…?とか思ったり…」
ハマーン「なあに心配するな…胸を貸してやろうというだけだ。これは体罰ではない、愛の鞭だ。準備はいいか?」
ジュドー「くそ…こうなったら…みんないくぞ!」
ガロード「よし、いくら先生でも6対1なら!」
ネーナ「卑怯とか言わないでよぉ!」




キッド「う〜ん…ZZにDXにスローネドライとレグナント、あとZとインパルスかぁ。ホクホクだな!」
イアン「しかし何と戦ったんだ?宇宙人か?これだけ揃ってこっぴどくやられるとは」
ジュドー「いや、ただの先生なんだけど…」
ルナマリア「まあ、ある意味規格外ではあるかも」
ルー「あれほとんど宇宙人だよね」
ネーナ「ルイスの新型でしょ?もうちょっと粘ってよ」
ルイス「だって…使い方とかよくわかんないんだもん…」
ガロード「痛てて…ファンネル対策ならカリスで練習したはずなんだけどな…おっかしーなー」

401 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 00:27:44 ID:???
話の発端的にガンダニュウム合金が泣いて逃げ出す超耐久力と、
無茶すぎる機動性を兼ね備えた仕様のキュベレイなんだろうなぁ

402 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 01:08:32 ID:???
F完仕様か

403 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 19:10:30 ID:???
978 通常の名無しさん sage New! 10/05/08(土) 19:06:16 ID:???
代理投下をお願いします

刹那「………」とあるイラスト投稿サイトを拝見中
キラ「どうしたんだろう、いきなりP〇X〇V見たいなんて言い出して、僕はさっさとぷにぱん先生の新作が見たいんだけど」
ウッソ「ROM専乙としか言いようがないですよ兄さん。それに刹那もあの〇i○i○を見てるってことは、何かしらそういうモノに興味があるってことですよ」
キラ「さっきから孫尚香ガーベラしか見てないんだけど…」
ウッソ「うっ、で、でもそこから三国〇双とか、恋姫〇双とかの孫尚香に目覚める可能性も…」
キラ「無理矢理すぎない?」
刹那「………巨乳…」
ウッソ「へ?」
キラ「ごめん僕ちっぱい派」
刹那「巨乳…」
ウッソ「ほ、ほら、刹那兄さんが年頃の少年らしい思考を…」
刹那「しょこたんは巨乳なのか?」
二人「「へ?」」
刹那「この世界(〇ixi〇)のしょこたんは巨乳傾向がある、ひょっとして本物のしょこたんも巨乳なのだろうか?」
ウッソ「あの、刹那兄さん、こうゆう物ってゆうのは描き手の意思と言うか願望が優先的に前に出て」
刹那「確かめるしかない!今、俺の目で!」
ウッソ「兄さん人の話聞いてる!?」
キラ「待つんだ刹那、巨乳のどこに魅力がある、そんなもの大概はビッチだしバー〇ンの可能性も薄い、一体どこに萌えるというんだ!」
ウッソ「突っ込むところはそこじゃなーい!」
刹那「刹那、イキまーす!」
ウッソ「待って兄さん!」
ネーナ「やっほ〜せっちゃんいる〜?」
刹那「さがれネーナ・トリニティ!貴様は巨乳じゃなくて虚乳だぁ!本物の巨乳はケンプファーとGP02だけだ!」
ウッソ「何訳のわからない事言っているんですか!それになんでケンプファー?」
キラ「あ、けんぷふぁーか、二次元の巨乳なら大丈夫だ」
ウッソ「そこ原作でも使われたネタを使うんじゃなぁあい!」

404 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 19:39:34 ID:???
>>403
P.ガーベラ「そんなに見たければ見せてやる!
      見よ! 鍛え上げられた我が胸部装甲をーー!!」ムキーーン!

キャプテン「…あれは追加装甲ではなかったのか?」
サザビー「うむ、見栄を張りたいお年頃なのだろう」


405 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 21:57:18 ID:???
ルイス「ネーナ…いい…いくよ?」
ネーナ「う、うん………ひあっ…いきなり…そんな強く…んん…っ!」
ルイス「ふふ…なんか…ここ少し硬くなってるんじゃない?」
ネーナ「そ…そんなこと…ひゃぅっ…ちょ!ちょっと待って…!やっぱり心の準備がまだ…」
ルイス「だ〜〜め!してって言ったのネーナなんだからね…ほら、早く足開きなさい」
ネーナ「それはそうだけど…んあっ…痛っ…いやっ…お願い…もっと優しく…あっ…ああぁ…!」

ハマーン「やめんかバカ二人!」ゴチンゴチン
ネーナ「いったぁ〜」
ルイス「いきなり何を……?」
ハマーン「体育の授業で変な声を出すな!柔軟体操を適当にやっていたら後で怪我するぞ!」
ネーナ「真面目にやってたのに……」
ルイス「せめて声だけでも盛り上げようかと……」
ハマーン「それがふざけてると言うんだ。男子達もジロジロ見てるんじゃない!」
カミーユ「あ、い、いや……これは……いつも通り馬鹿な事やってるなと思って……」
シーブック「そ、そうそう……決してやましい目で見てたわけじゃ……あはは……」
ファ「ふ〜ん…じゃあ何で前屈みになってるの?」
カミーユ「そそそそれはだな!」
セシリー「………男ってみんな獣よね」スタスタ
シーブック「セシリー?ち!違うんだ!これはその…抗いきれない男の習性と言うか…待ってくれセシリ〜〜〜!」


マリュー「しかし相変わらず落ち着きのない子達ですね……ハマーン先生が疲れるのもわかる気がします」
カトック「だがどこか楽しそうだな。まあ全員が優等生でもつまらんだろう」
マリュー「教師の発言としてはどうかと思いますが……でもそうですね、私もそう思います」


406 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 23:21:32 ID:???
パーラ「はあ?銭湯にプラモ置くなんて聞いたことねーぞ?」
シン「置くんだよ!大丈夫だよ売れるよ!劉備は主役なんだぞ!」
ザコ(まあ警視正さんが買っていくザコね)
シン「劉備は主役なんだよ!みんなの人気ものなんだ!」
劉備「シン殿……かたじけない(涙)」
シン「ああ、頑張れよ劉備!お前が主役なんだからな!」
劉備「必ず、必ず(三璃紗に平和を)取り戻します!!」
シン「必ず(出番を)取り戻せよ!!」

407 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 23:32:38 ID:???
キラ(シン必死wwwwwwwとか言えないね、流石に)

408 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/08(土) 23:35:27 ID:???
冒頭の回想で数秒のみってシンとタイ記録か?>劉備さん

409 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/09(日) 00:13:20 ID:???
シャア「ふふふ、GPシリーズが活躍したようだな……」
ガロード「だが華雄は董卓軍では一番のイロモノ……」
ゼクス「来週も活躍できるかな……」

410 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/09(日) 09:14:44 ID:???
漫画(戦神決闘編)でも途中まで登場しなかったからな…大徳頑張れ、超頑張れ

411 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/09(日) 12:41:31 ID:???
コウ、ガロード、ゼクス、シャアって声だけ聞くとすごい四天王っぽいなw

412 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/09(日) 22:08:44 ID:???
シャア「私達のボイスで四天王の場合、一番最初にやられるのがガロード君だろうな」
ガロード「どーせチンピラ声ですよーだ」
ゼクス「コウは腹に一物抱えて謀反を起こすタイプだな」
コウ「俺の声ってそんなに悪そうかなぁ?」
シャア「自分で言うのも何だが、私は正統派ライバルタイプだ」
ゼクス「では私はイロモノタイプで」
ガロード「自分で言っちゃうの、それ」
コウ「というか俺達が四天王なら上に魔王とかいるって事に?」
シャア「ふむ。元は三国伝のネタだった訳だが」
ゼクス「曹操、司馬懿、呂布、孫一族の上をゆく存在感か……」
コウ「……孔明?」
ガロード「ってことはアムロ兄さん?」


魔王アムロが誕生した!!




アムロ「いやいや、僕は騎士だぞ!?」
リボンズ「というよりそのポジションは僕のものだよ」
DOME「あ、なんか魔王が急に小物っぽく感じてきたよ」


413 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/09(日) 22:24:47 ID:???
アムロ「大体、ポジション的に言えばお前が魔王じゃないか!」
シャア「そんな事を言えばお前は軍師と国王を兼ねてしまうではないか!」
コウ「俺はガトーと親兄弟になんかなりたくない!」
ガロード「じゃあ俺はジャミルの親父・・・?」
ゼクス「やはり無理に当てはめるものではないな・・・ヒイロを殺す役は譲らんが」

キラ「ところで・・・」
シン「俺達の・・・」
刹那「出番は・・・・ガンダムはいつだああああああ!」

414 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/09(日) 23:51:21 ID:???
>>413
リリーナ「そんな!お兄さまがヒイロと戦うなんてしたらわたくし…」
(EDのようにライオン2匹を捕まえて同時ヘッドロック→ライオン気絶)
リリーナ「悲しくてこんな事をしてしまうかもしれません。…お兄さまに」シクシク

シャア「ん?どうしたゼクス、涙目で」
ゼクス「いや、別に。ただ…妹って…こわi…強いなって」遠い目
シャア「………ああ、妹はこわi…強いな」遠い目

415 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 00:04:11 ID:???
>>412
シャアは暗黒七本槍の七番目(しかもシャアを意識した台詞あり)
コウは外道衆の胡散臭い策略家
ガロードはプリティでキュアキュアな五人組と腐れ縁のおじさん
ゼクスはそのおじさんが客将だった組織のメンバー

見事にアニメと特撮で半々に分かれたな

416 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 00:24:59 ID:???
>>414
ギレン「あぁ、妹は怖いものだ。そこには萌えなど介在しない!!」
ハサウェイ「確かに生意気ですけど……可愛いですよ」
シャア「フッ。君の年ならな」
ギレン「大人になった時思い知るのだ。妹は内に悪魔を飼っているという事を!」
シャア「あの優しいアルティシアがよもや戦争をしていようとはな……」
ハサウェイ「大人って大変なんだな……」

417 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 01:20:14 ID:???
>>415
>ガロードはプリティでキュアキュアな五人組と腐れ縁のおじさん

月に代わってお仕置きな五人組と腐れ縁の長兄と同じ役回りなんだろうか

418 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 02:10:24 ID:???
アムロ「私がエンディミオンだ」
ムウ「いや俺だろ」

419 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 02:58:21 ID:???
>>417
いや、二年に渡って敵対し続けた挙句、最後の最後に和解して会社興したw

420 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 12:09:07 ID:???
>>418
マリュー「あなたはエンディミオンの“鷹”でしょ。
     アムロさんに張り合おうなんて十年早いっ!」


421 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 20:59:39 ID:???
ハム「月はプリンセス・カグヤのもの、それが正しい日本の在り方だ」
ジャック「HAHAHA、何を言ってるんだ。日本で姫と言えばピーチ姫じゃないか!」
チボデー「ジャパニーズには姫始めって言葉があるんだぜ!誰でも姫になれるんだ!」
シュウト「みんな何年このスレにいるのさ…」

422 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/10(月) 21:19:27 ID:???
ディアナ「ハリー」
ハリー「ハッ」

ディアナ「よ し な に」
ハリー「ハッ」

423 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 01:04:03 ID:???
>>374
シロー「まあオーバーフラッグス部隊はアムロ兄さんとシャアの喧嘩や
     マフティーのテロ、キンケドゥの活動が頻発して手が回らないので
     本庁からきた増援って話もあったからなぁ……」
ロラン「そういえば最近はアムロ兄さんとシャアさんも大規模な喧嘩はしてませんね」
カミーユ「マフティーのテロもピンポイントで大尉だけを狙うテロになったし」
ヒイロ「キンケドゥの活動も最近は少ないな、シーブック兄さん」
シーブック「え!?あ、ああそうだな。どうしたんだろうなー」
ジュドー「じゃあハムの人はもういらないんじゃない?」
ウッソ「あの人警視正ですらね。普通ならどこかの署長やってる階級ですよ」




ハム「少年!少年ではないか!これからグリーンダイバーズを共に視聴しようではないか!
    安心しろ、プラネタリウムは押さえた」
刹那「断る。俺にはしなければならないことがある」

ハム「そこに見えるはトールギスの産みの親の方のハワード殿!
    何か荷物を抱えているようだ。私が持とう、私が持つといった」
ハワード「い、いや要らんぞ!爺扱いするんじゃないわい!」

モンド「ちょっと、このままじゃ時間に遅れるよ?」
イーノ「えっと地図だと確か…」
ハム「そこの少年達、道に迷っているなら私が案内しよう!」
ビーチャ「げ?マズイ!地図があるんで大丈夫です警視正!!じゃ、これで!」

エル「お店開かない……」
ハム「ははは、子供の体重では自動ドアが反応しないのだな。どれ、私が……」
フレイ「エルちゃんは私が付いてますから大丈夫です」
エル「う、うん大丈夫。けーしせーは来ちゃ駄目なの!」


ハム「……皆が冷たい。私は市民に愛される警官であるつもりだった
   だが、これが現実、まさしく哀だ!!
   自覚がないだけで私は警察官として相応しくない行動をしていたのだろうか!
   ならば武士道に従って切腹し、果てるが我が修羅の道!!
   その前に今生の別れとして世話になったサテリコンで最後の一浴を……」



424 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 01:05:05 ID:???
ガラガラガラ…

パーラ「せーの!」
「「「「「「いままでありがとう警視正!!!」」」」

パン!パン!パン!

ハム「なんと!」

刹那「俺が作ったMGエクシアだ。お前にならエクシアを預けられる……」
コウ「俺も徹夜でフルスクラッチした1/100デンドロを…ファァァァ…」
ハム「少年!!青年!!」
ジジイ6「「「「「「「ワシらからはフラッグのブースターじゃ。加速度2倍、加速G3倍になる優れものじゃぞ!!!」」」」」」
ハワード「しかし老体でこの部品を運ぶのは大変じゃったぞい」
ハム「ジジイ6殿!」
サイサイシー「料理も沢山作ったからタップリ食べ納めしていってくれよな、警視正の兄ちゃん!」
イーノ「なんとかパーティの内装の準備が間に合ってよかったぁ……」
セーラ「ケーキは私がつくりましたですの」
エル「けーしせー、これわたしが折ったの。折り鶴はお守りなんだって。けーしせーはきけんなお仕事なんでしょ?」
アル「僕は警視正とフラッグの絵を描いたよ!」
ギンガナム「貴様にはなぁ、ギンガナム家の家宝の一つであるこの日本刀を餞別にくれてやろうってんだよ!!」
シュバルツ(しまった!餞別のプレゼントが被っただと!?)
曹操(ぬかったわ。我が宝刀、一番最初に出しておけば……)
司馬懿(ここは空箱の策です、曹操様!)
テム「では我々ガンダム万歳同盟から歌のプレゼントを……」
ジャック「HAHAHAまずはビンゴゲームからだろう」
マーク「それより俺はシャンパンを開けるところがみたい」

ワイワイガヤガヤ……

ハム「わ、私は今猛烈に感動している!!
    誕生日でもなければ昇進した訳でもない、しかしこのように皆が持てなしてくれるとは
    日頃、警官としての奉公してきた甲斐があったというもの!
    愛をこえ、憎しみすら超越し、もはや転職となった!」
シン「何言ってるんだよ、警視正」
ガロード「そうだぜ、警視正がこの街を出て行くってのに、送別会の一つもやらないんじゃ」
ザコ「この街に住む人間としての心意気が足りないってもんザコよ!」
ハム「む?何のことだ。私は明日も明後日も、明明後日も、この街の平和とガンダムを見守り続けるぞ!!」
シン・ガロード「「え?」」



425 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 01:10:13 ID:???
シーン…

シン(おいガロード、警視正が移動になるって話、嘘だったのかよ」
ガロード(嘘じゃねーよ、シロー兄達が喋ってるとこ聞いたぞ。な、ジュドー)
ジュドー(んー、確かそんな話だった気がするんだよな)
コウ(ええ!?)
アル(だってユウさんとかも来てるよ?同じ警察官でしょ?)

ユウ「……(警視正の送別会だったのか)」

シン「あ、あのさ、警視正さん。この街を出て行く予定って……」
ハム「無い!!」

ガロード(おい、どーすんだよ!!)
コウ(マイ兄さんの会社からとか、花輪まで送ってきてるんだぞ!?)
アル(おおごとになりすぎだよ……)

ハマーン「お前達、事情を説明して欲しいのだが」

シン「い、いやそれは、その……ジュドー……」
ガロード「あージュドーがいない!!」

ラクス「あらあら、楽しそうですわね、キラ」
キラ「そうだね。シン、ガロード、わかってるよね?
    ラクスはアイドルの活動の合間をぬってここに来てくれてるってこと?」

ガロード「あ、ズリーぞ、自分だけそっちに!!」

アル「ひどいや、シン兄ちゃん、ガロード兄ちゃん」

シン「アルまで!?」

コウ「そうだぞ、シン、ガロード」
モンシア「ウラキィ、ここにいるガンダム兄弟で一番の年上は誰だったかなぁ〜?」
コウ「……ここは地獄だ」

刹那「どこに居てもお前はフラッグだ」
ハム「少年、その言葉、心に染みたぞ!!」
ティエリア「君達は少し空気と状況を理解して欲しい」


キッド「おーい、キッド様特性"人間黒ヒゲ危機一髪"なんとか完成したぜー
    これでパーティもいっそう盛り上がるってもんだろ!!」
キエル「コウさん、シン、ガロード……よしなに」

426 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 20:16:52 ID:???
相変わらずグラハムが出てくると場が大混RUNwwww

職人さん乙!


427 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 21:34:06 ID:???
>>421-422
ディアナ様の姫始め?

428 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 22:02:10 ID:???
980 名無し大佐 sage New! 10/05/11(火) 21:27:24 ID:???
お願いしますorz

>>424
グラハム「侍の魂KATANAを三つも頂けるとは!せっかくだ!順番に使わせて頂こう!」
シン「何にだよ!」
ウィッツ「警察のおっさん。三刀流って知ってるか?」
パーラ「おめーは変なこと教えんなよ!」

429 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 22:39:01 ID:???
そういや六爪流もやってたよな・・・

ウィッツ「レッツパーリィ!」
シャギア「ここから先は通行止めだ」
キラ「みなぎるああああああ!」
ムウ「俺様もいっちょやりますか」
スレッガー「○キ○ラァ!」
ロラン「怨敵退散!」
トレーズ「我が道は覇道!」
アスラン「僕も行くよ」
シーブック「削除する!」
アル「俺様最強!」
ギニアス「ああ・・痛い痛い・・クク」
ウズミ「この世に平和をもたらす!」
五飛「行くぜ野郎ども!」
トロワ「日輪よ!」
モンド「メラメラヨ!」


多すぎワロタw

430 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 22:40:24 ID:???
グラハム「無論、謎の市民の味方・ブシドーの武器として使うつもりだが……
      最近変身してないのでKIMONOの着方がわからん……!
      こうか?む、これは裏生地なのでは?ではこう…いや、こっちか?のぉおお!?!」



シーブック「最近、巨大な丸い生き物が町を徘徊しているって噂だ」
ジュドー「都市伝説ってやつね」
ガロード「こんな感じらしいぜ」

  ヽノ
  .● <カタギリーボスケテクレー
  ハ

アムロ「これは……タッコング!
     マーク君に連絡だ。ジャックに始末して貰わなければ」
シャア「ジャックじゃない!帰ってきたマンだ、アムロ!」
アムロ「いつから家にいた、シャア!ガンダムハンマー!」

431 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 22:45:57 ID:???
>>427
ギンガナム「ディアナで姫始めかぁ!望むところだぁ!」

ハリー「死にたい奴がいると聞いて」
ロラン「僕も手伝います」




ネーナ「せっちゃんもあんな事言ってくれたらなぁ。いつでも相手してあげるのに」
ルー「ジュドーもね」
ルナマリア「あら?今年はまだなの?」
ネーナ「むっ…うるさい。今年ってかずっとまだだよバカヤロー」
ルー「あんたはどうなのよ?」
ルナマリア「そうなんだ。私なんかねえ」
ファ「行くわよ。耳が濁る」
ルイス「え?でもちょっと興味が」
セシリー「いいから行くの」

432 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/11(火) 23:58:53 ID:???
ルナマリアはヤりすぎだろ・・・
ヅラランが干からびたらシンまで喰うつもりだしー

433 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 00:11:50 ID:???
レーズン屋さん

レズン  「あいよ。いつも大量に仕入れてくれて、助かるよ」
シーブック「いえいえ。カロッゾさんからレーズンパンを任せていただけたのも、
      すべてこのお店のおかげなんです
      レズンさんと知り合えて、俺、いや、ボクは、とても幸せです」
レズン  「大人を茶化すものじゃない。さっさと持っていけ!」
シーブック「はい。どうもありがとうございました!」

レズン   「まさか、あんな年端もいかない少年に、この私が直撃を受けているなどっ」
コーラサワー「ふっははははは。それを、恋という!」
レズン   「何! 貴様──、いや、アナタはあの、恋愛マイスターか!」
コーラサワー「人が俺様を、どう呼んでいるかは興味がない
       が、貴様のはにかむ態度には、興味を覚える」
レズン   「何をっ!?」
コーラサワー「ウチの一番弟子はな。馬鹿に輪を掛けた阿呆だ
       空気を読めもしない愚か者だが、ここにチャンスがあると思うぜ
       セシリーとも、なんだかんだで、まったく動きをみせられねえ
       おまえさんが本気ならば、充分に可能性はあると思うがな」
レズン   「わ、私はただ、お客さんの彼に対して、真剣に向き合っているだけだ!」
コーラサワー「テメエも面倒くさい奴だな。まあいい。好きにしろ」スタスタスタ

レズン   「私がシーブックに惚れているだとっ!?
       うぅ。彼を想うと心が熱くなる
       今日は、レーズンをたくさん作るぞ!」

434 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 01:00:08 ID:???
パーラ「浴衣貸し出しサービスとか試験的にやってみてるんだけど、どうよ」
デュオ「いいんじゃねーの?風流だし」
ガロード「金取らなければ、な」
ジュドー「この桜吹雪が目に入らぬかー!」
パーラ「遊ぶな」
ザコ「それに脱ぐ方が逆ザコよ。桜吹雪は右肩にあるザコ」

曹操「ふむ、儂の前で左袒するとは。そうか、関羽と同じMSのパイロットよ、
    そなたの意志、承諾した。わが曹操軍に加わるがよい」
ジュドー「へ?え!?…何?ちょ……助け……」
ザコ「連れて行かれちゃったザコ……」

左袒……着物の左肩を脱ぐ事。味方の意思表示の故事成語。
      その昔、漢の時代、呂氏の専横にクーデターを起こした周勃が
      集まった兵士に向かい
      「呂氏に味方する者は右肩を、劉氏に味方する者は左肩を脱げ」
      と宣言し、一斉に左肩を脱いだ故事から。


司馬懿「これも孔明の罠なのである」


435 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 01:29:07 ID:???
>>434
>ザコ「それに脱ぐ方が逆ザコよ。桜吹雪は右肩にあるザコ」

桜吹雪が両肩にあるシリーズもあるぞw


436 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 05:41:28 ID:???
桜といえばアムロ兄さんの名ゼリフ
「これだからチェリーは」

437 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 14:53:24 ID:???
>>429
メリーベル「大丈夫なの、ギム?あたしが言うのも何だけど無茶しちゃダメだよ」
ギンガナム「黙れ、メリーベル。貴様が口を出す必要はない」
メリーベル「なんだい。心配してやってんのにさ」
スエッソン「くっ、くっ。中々はまらねぇな……」
ギンガナム「フンッ」
スエッソン「おっ、嵌まった」
メリーベル「はい。最後の一刀」
ギンガナム「ははほほはふはひは!(我が世の春が来たぁ!」
メリーベル「日本語でおk」


ロラン「実際は二刀流が限界ですよね。今はあまり見かけませんが」
ソシエ「この間二刀流の人が大会に出てたわよ」
ロラン「二刀流のMSなら結構あるんですけど…(チャンネルカチカチ)うわぁ!?」
ソシエ「ど、どうし……うわぁ…」

メリーベル「今日の『一人でできるわきゃねーだろー』は特別編!」
スエッソン「ゲームでおなじみな六刀流に挑戦してみたぞ」
ギンガナム「ハハハハハ!!」

両耳、両手、口、尻
合わせて六刀流である。

ロラン「…………」
ソシエ「…………」

スエッソン「まさに『一人でできるわきゃねーだろー』だ。他の人の助けがいるぞ!」
メリーベル「って言うか良い子も悪い子も真似しないようにねー」

ロラン「………」
ソシエ「………」

438 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 15:21:08 ID:???
>>437
ティエリア「…」
アスラン「…」


439 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 19:07:59 ID:???
>>438
イージスとセラヴィーで四刀流を披露してたっけ?

440 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 19:24:34 ID:???
>>439
イージス:両手、両足で4刀
∞正義:両手、両足、盾で5刀
セラヴィー:両手、隠し腕×4で6刀

441 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 19:30:14 ID:???
>>440
サンクス

>>429
対して無双だと…

マイ「みんなが笑って暮らせる世、ワシが築くんさ!」
ガトー「蜻蛉切よ、唸れぃ!」
ティエリア「信義貫いてこその勝利であろう!」
バスク「甲斐の虎の軍略、見せちゃおうかね」

これ以外にもまだいるかな…?

442 :とある町の銭湯のヒトコマ:2010/05/12(水) 19:37:57 ID:???
サテリコンから離れること数キロ…大衆浴場「天使の湯」
ネオ「…らっしゃ〜…い」
スティング「本当にやる気ねえなアンタは」
アウル「このろくでなし」
ネオ「うるっ…せえな、ガキ共、バイト代払わねえぞ」
ステラ「ネオ〜、表のお掃除終わったよ」
ネオ「おお、ステラはこいつらと違っていい子だな。ご褒美にタダで風呂入ってっていいぞ」
ステラ「うぇ〜い」
スティング「させるかよ! そうやってステラが風呂入るところを覗くつもりだろ!」
アウル「その為に番台に座り続けてるんだよな、アンタは。視線隠すために仮面まで被って」
ネオ「悪いか! その位の役得が無いと大人は仕事なんてやってられないんだよ!」
スティング「認めんな! 開き直るな!」
アウル「このド変態」
ステラ「ねえアウル、変態って何〜?」
アウル「変態か、とりあえずこういう変な仮面被った奴は大抵変態だな」
スティング「だからステラは絶対に近寄っちゃ駄目だぞ」
ステラ「うぇ〜い」
ネオ「ステラ! 納得するんじゃありません! 俺は別に変態じゃないからね! ただ単に雄としての欲望に素直なだけだからね!」

ジェリド「相変わらず騒がしい風呂屋だな」
スティング「お、お客さんだ」
カクリコン「オッサン、学生2人」
ネオ「オッサンじゃない! はいはい、学生二人な!」
イザーク「まったく! 無駄な汗をかいてしまった!」
ディアッカ「オッサン、学生2人な、あと石鹸」
ネオ「オッサンじゃない! 毎度毎度喧嘩売りに来てるのかお前らは! ほら石鹸!」
ラカン「………(鏡の前で全裸でポージング中)
ラッセ「………(同上)」
コレン「「………(同上)」
ネオ「こらそこ! 汚いものぶら下げてないで上がったんならさっさと帰れ! 湯冷めすんぞ!!」
ネオ「まったく! 客が入ってもガキか野郎かジジイばっかりだな!」
アウル「まあ、学校が近いからね」
ネオ「湯船は汚すし騒ぐしな、あ〜あ、たまには若い女の子でも来ないもんかねえ」
マユ「ステラおねえちゃ〜ん、入りに来たよ〜」
ステラ「あ、マユ〜」
リィズ「おじさん、小学生4人ね」
リィナ「あと、タオルもお願いします」
スージィ「みんなで背中洗いっこしよーよ」
ネオ「はいはい、いってらっしゃい」
スティング「来てんじゃねーか、若い女の子」
ネオ「若すぎるわ! さすがにストライクゾーン外れすぎだっての!」
アウル「アンタがロリコンじゃなくてほんとによかったよ…」


443 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 19:38:30 ID:???
ジ・Oも隠し腕使って4刀できたな

444 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 19:41:59 ID:???
>>442
風呂屋、外にて

シン「ここで待っててて言われたけど・・・・・ステラとマユ、遅いな・・・・・」

445 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 20:05:14 ID:???
ティエリア「まったく! トレミーの風呂が壊れるとは!」
ロックオン「まあまあ、たまにゃ銭湯ってのも悪くないぜ」

ウィッツ「おいおっさん、2人」
カリス「すいません、誘っていただいて」
ウィッツ「あー、別に構わねえよ。ここの銭湯はよく来るしな」

カトル「これが日本の銭湯ですか…」
デュオ「まあ、向こうにもう一軒あんだけど、そっちはそっちで色々ぶっ飛んでるからな…」

クルーゼ「ははは、たまには大浴場で思い切り泳ぎたい! それが人の夢、人の業!」
レイ「ラウ、待ってくれ。風呂場泳ぐのは他の人に迷惑だ!」

スティング「なんか……」
アウル「男湯が一気に華やかになったね……」
シド「番台さんや、石鹸くれんかね? …番台さん?」
ネオ「…………ん? あ、ああ、すまない」
スティング「…おい、オッサン。何男湯の方じっと見てんだよ」
ネオ「え! い、いや! 何でもないぞ、何でも!」
アウル「確実に、あの美少年4人をガン見してたよね」
ネオ「な、何言ってんだ! 俺は見てないぞ何にも!」
ステラ「ネオ、おとこのこが好きなの?」
スティング「! ステラ離れろ! どうやらこいつは唯のどスケベだと思ってたが、実はグエン卿と同類らしい!」
ネオ「ばっ、お、お前ら馬鹿なこと言ってんじゃないよ! 違うからね! 俺は別にそういう趣味はないからね!」
アウル「じゃあ何で凝視してたのさ」
ネオ「い、いや、だって気になるだろ! あんな顔の下にどれだけのモンぶら下げてるのか、男としては逆にさあ!」
スティング「覗いてたって、自分で認めてんじゃん」
ネオ「ぐっ! いや…その………」
マリュー「へえ、何だか興味深いお話ね」
ステラ「あ、おかえりー」
ネオ「げ、、マ、マリュー……」
マリュー「具体的に何を覗いてたのかしら? 詳しく教えてくれない、ムウ?」
ネオ「い、いや、そ、その……あっ! 急に頭痛が! 俺は誰だ! 何も思い出せないぞ!」
マリュー「へえ、じゃあ思い出せるように頭に刺激を与えなくちゃね……」

カリス「? 何だか外で悲鳴が聞こえますけど」
ウィッツ「あー、ここじゃ毎度おなじみの痴話喧嘩だ、ほっとけ」


ガンダム兄弟が絡まないところでも、街はまわっているというお話

446 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 20:19:46 ID:???
それでも街は回っている

447 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 20:21:02 ID:???
それでも街は回っている

448 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 21:02:07 ID:???
>>446-447
刹那「ドモン兄さんやシーブック兄さんでもないのに分身している!?」

449 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 21:40:15 ID:???
>>448
ウッソ「多分、刹那兄さんも分身付くと思いますよ」
キラ「トランザム的に考えてだね、わかります」

450 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 22:01:01 ID:???
ディアッカ「んで? 商売敵ができたけど大丈夫なの」
パーラ「別にアタシらはいつも通りやるだけだよ」
イザーク「シェアを一社が独占するのはよくないからな。競合していけばいい」
ザコ「別に争う気もないザコ。警視正が沢山お金をおろしてくれるザコ」
パーラ「おっさんのやってる銭湯なんて敵じゃないっての。こっちにはピチピチの看板娘がいるんだからな!」
シン「一体どこに……ブヘラ!?」
デュオ「まーあれだ。クライン社がハロとかザクとかパクってもロンドベルやネオジオンに勝てないのと一緒だな」
トロワ「老舗の安定感だな」
アスラン「……俺達の居る前でそういう例えするなよ」


451 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/12(水) 22:42:11 ID:???
>>450
レコア「だって…ねぇ?」
サリィ「向こうは番台に男の人が座るときがあるから…」
キャンサー「枯れちまったじーさんならまだいいんだけどねぇ。
      あの仮面も変態っぽいし」

ザコ「よかったザコ。 パーラでもまだ女の子と思われてるザコ」
パーラ「どー言う意味だコラ!」


452 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 00:32:11 ID:???
ティエリア「あのオッパイが偽物な訳なかろう!」
キャプテン「おっぱい!おっぱい!」

453 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 00:34:14 ID:???
>>452
ティエリア「僕が毎日パッドを入れてあの学校に行かされて・・・・見慣れて・・・・うぅ・・・・!!」
ニール「うらやましいぜ、お前が。俺がお前ならなぁ・・・」

454 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 00:46:45 ID:???
>>453
>ニール「うらやましいぜ、お前が。俺がお前ならなぁ・・・」

フェルト((うらやましい→女装させられるティエリアがうらやましい→ニール=ロックオンも女装したい?!)ガーン…ロックオンが女装願望…!)

455 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 00:58:22 ID:???
>>452
アムロ「キャプテンがおっぱいを連呼?!ぷにぷにしているものに興味を持つのは仕方ないが、
    つついたりもんだりしてトラブルを起こすと、モビルシチズンのイメージが悪くなってしまう!」

アムロ「というわけだが」
クルーゼ「何だと?!前にもそうやって私はあのモビルシチズンの的にされてミンチにされたのだぞ。
      よくも臆面もなくそんなことが頼めるものだ」
アムロ「チッ、覚えてたか」
クルーゼ「だが承る。このラウ・ル・クルーゼが好きなことはおいなりさんをぷにぷにさせること、
      もっと好きなことは人前でおいなりさんをぷにぷにさせることだ。ハーッハッハッハッハ!」
アムロ(やっぱり仮面は変態ばかりだ)

結果。

キャプテン「この吸い付くようなぷにぷにぶり、これは」
クルーゼ「そ れ が 私 の お い な り さ ん だ」
キャプテン「GYAAAHAHHHHHHH!!」

456 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 01:15:51 ID:???
キャプテン「バグが発生したようですニャ」
シロー「OK、ソウルロボット、兄さんに修理の要請だ」
ドモン「これも修練か…」

457 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 01:18:52 ID:???
>>454
ジュドー「ピキーン なんだか女装の予感」
ロラン「またですか・・・」

458 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 01:41:23 ID:???
>>441
軽くわかるだけでも、そこそこいる(台詞略&うろ覚え)
例えばドレル/カガリ/セルゲイ中佐/フォルド/フィリップ/シホ/シロー/ヨハ兄/ヘンケン艦長/トレーズ閣下他多数
なんとなく(このスレで)目立たないキャラが多いようなそうでもないような。
声優ネタはほどほどにしとくか・・・

459 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 02:03:58 ID:???
孔明「無双ですか。元々は国士無双の無双から来ているのでしょうね」
ジュドー「それなら知ってるぜ」
ガロード「麻雀の役だろ?」
孔明「」
ハマーン「お前達……昼休みに遊ぶなとはいわん。しかし補修だ」

460 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 02:56:20 ID:???
マリナ「国士無双って…あの敵兵をたくさん倒すゲーム?」
シーリン「それは三国無双」
呂布「何だ?貂蝉は国士無双も知らないのか。意外と物知らずだな」
シーリン「(貴方には言われたくないと思うわ」
マリナ「あら、知っているのなら教えてくれないかしら?」
呂布「フフフ。俺様のような人物の事だ!」
マリナ「分かったわ。少々おバカな猛将さんの事ね!」
シーリン「あ、ちょっと凹んでる。(この子も中々言うわね…無意識だろうけど」
呂布「……国に二人といない、得難い人物の事だ」
マリナ「凄い人だと言う事ね。物知りなのね。ナデナデ」
呂布「俺だってバカな訳じゃない。ただ火が点きやすいだけだ」
シーリン「(自分でも気にしてたのね」

ガラッ

刹那「マリナ、すまないが教えてほしい所が……」
呂布「むっ?」
刹那「ぬっ?」
   ピキーーン!!
呂布「俺の名は呂布!字はトールギス!お前の名前は何だ!?」
刹那「刹那・F・セイエイ…目標を駆逐する!」
呂布「魂ィィィィィィィ!!!!」

ボゴッ ドカッ バキッ

シーリン「…縄張り争いというか、女の争いというか……男ってバカね」
マリナ「二人の喧嘩が終わったらおやつの時間にしましょうね」
シーリン「マリナ、貴女は落ち着きすぎ」

461 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 02:57:39 ID:???
>>459
いや、それは「双(ふたつ)と無い」って意味だから、それだけで単語w

国士無双は前漢の頃の人、韓信を指して言われた言葉で、
この人は槍働きよりも智謀や政治力で頭角を現した人。
将としては孔明より上って人もいるくらいww
戦ってもそれなりには強かったらしいけどね。
だから、無双シリーズのイメージとはちょっと違うし、そもそも時代が違う。


462 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 21:08:40 ID:???
韓信に政治力があったら走狗になってないだろJK…

463 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 21:40:19 ID:???
将軍として実際の孔明の才能は高くないんだから比べてやるな
孔明の評価って第一に忠義なんだしさ
逆に韓信は性格小さいしな

464 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 21:51:30 ID:???
項羽「そこで小生前漢以前の項羽ターンXの登場だ、話が世の春が来たぁああああ!!!」
ギンガナム「ほう、このような酔狂な武(もののふ)がミリシャにもいたとはな、小生のターンXも絶好調である!」
孔明「ああどうしてこうも似たりよったりが…曹操どの、ロランどの、準備はいいですか?」
曹操「ああ、唄なら任せろ」
司馬懿「ならば私も…」
張遼「落ち着け中達自重せよ」
ロラン「僕らも頑張ります」
ソシエ「学校で鍛えた歌声を披露して見せるんだから」
メシェー「張り切り過ぎてのど潰すなよ」

『時が未来へ進むと〜だれが決めたんだ〜烙印を押す命が〜歴史を書きなおす〜』

項羽「ぐわぁあああああなんで今になってこの歌がぁああああ」
ギンガナム「オ・ノーーーレーーーーー」

孔明「四面楚歌、敗軍の楚王項羽は宿敵劉邦の勢力に取り囲まれた時
   四方から故郷楚の歌を歌われた。既に時代は劉邦に傾き、後は負けるのみだ項羽にと悟らされたのだ
   この宿敵劉邦こそが我らが主君劉備元徳の先祖にあたる人物だ。またこの時項羽の言った
   『愚や愚や汝をいかんせん』は余りにも有名である」
ギンガナム「解説は全部うろ覚えだから突っ込まれても仕方のない説明なのであーーーーる!」
項羽「ええいなぜ小生の隣には愚姫ではなくこのようなむさっ苦しい人間なのだぁああ!」

465 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 21:56:04 ID:???
虞美人草ならぬギンガナム草が生えるんですね。嫌過ぎる・・・

466 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 22:19:34 ID:???
>>463
孔明が尊敬している人物は
楽毅(忠義)と管仲(政治)だからな

467 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 22:34:31 ID:???
四面楚歌は

「敵で在るはずの劉邦の軍からも自分と自分の兵士の故郷である楚の歌が聞こえてくる。
 天下は尽く劉邦のものになったので劉邦の軍にも楚人がいるのだ
 さらに味方の楚人も故郷の歌を聞いて戦意が著しく下がってしまいどうしようもない」

という「負け試合確定」「逃げ場所ねー」「帰りたいよお母ちゃんー」という三重苦による心理的攻撃


468 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 22:43:42 ID:???
マリナ「歌といえば」

マリナ・子供たち「「「「「ごろごろしたーい♪」」」」」

469 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 22:55:44 ID:???
>>467
ジュドー「そうか、マクロスシリーズはこの実話をもとにしてたのか!」
ルー「歌で敵を倒すなんて・・・非現実的だけど本当に出来るんだ」
ガロード「まさにアニメじゃなんかじゃなかったんだな!」
ハマーン「お前たちという奴は・・・補習決定だ!教室まで来い!!」」

470 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 22:56:53 ID:???
最近「朝飯前」という言葉が中国由来の故事としってびっくりした

471 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 23:38:09 ID:???
出典民明書房じゃなくてか?

472 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/13(木) 23:52:22 ID:???
光武帝二十八将・賈復の逸話>朝飯前

473 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/14(金) 01:43:57 ID:???
>>470
散歩中に
「この城、我らの手勢なら朝飯前に落とせるな?」
「あまり舐めちゃダメです。簡単には落とせません」
「そうか」
「朝飯前は無理です。昼飯前まではかかります」
「そんなものか」
「そんなものです」

こんな逸話を思い出した。

アムロ「ロランは凄いな。一人で兄弟全員の洗濯物を片付ける」
ロラン「それが僕の仕事ですから。慣れたものですよ」
アムロ「悪いとは思っている・・・ロランなら名門野球部の洗濯も朝飯前にこなせそうだな」
ロラン「さすがに僕でも無理ですよ。100人以上はいますよね」
アムロ「それもそうだな」
ロラン「朝飯前は無理です、昼飯前まではかかります」
アムロ「・・・そうか」
ロラン「そうです(バッサバッサ」

474 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/14(金) 09:16:00 ID:???
ドモン「シロー兄さんじゃないか。どうしたんだ」
シロー「どうしたんだって、みれば分かるだろ。警察総動員なんだから」
レイヤー「出番の少ない人が立て籠もり事件を起こしてね」
シロー「ハロ長官が不在な時に……お陰でもたついててさ」
グラハム「犯人に告ぐ!恥を知れ!そのようだから出番が無いのだ!切腹しろ!!」
ハワード「さすが隊長だ!人質をとってる犯人にズバリと言う!そこに痺れる!憧れるぅぅ!!」
フィリップ「誰だー警視正にメガホン渡したヤツーーー」
ユウ「……(膠着状態だな)」
カレン「なあ、取り敢えず交代でメシにしないかい?朝から何も食ってないんだよ。
     メシ食って、あとは突撃でいいじゃないか」
ドモン「突撃してから朝飯だな」
シロー「お、おいドモン、どこへ……」

< ギャーーーーーーーー!

ドモン「犯人を捕まえてきた。メシにしよう」



孔明「と、まあこれが"朝飯前"の語源ですね」


だがシロー達は知らなかった……
立て籠もり事件で警察の主力が釘付けにされている間に
怪盗キンケドゥが手薄になった警察本部に侵入していることを


シーブック「毎回毎回シロー兄さん経由で情報を手に入れると
       シロー兄さんが疑われかねないからな」
トビア「苦労しますね。あ、これは警察の新しいMSフォーメーションですよ」
シーブック「こっちはブラックリストだ」
トビア「警察が手を出せない悪党の化けの皮を剥がす為に、失礼しまーす」

コソコソ…

??「待てぃっ!」

シーブック「!」
トビア「!!」

劾「誰が知らずとも天が知る悪がある。誰もが知る悪をもって悪を裁く男がいる。
  人、それを……「義賊」という!!」

シーブック「だ、誰だ!?」

劾「貴様らに名乗る名前はない!!」

トビア「あのマーク、サーペントテールです!」
シーブック「く…手薄になった本部のフォローにサーペントテールをよんでいたなんて!
       逃げるぞ!早くガンダムに乗るんだ!

劾「タクティカルアームズ!!……成敗!!!」
イライジャ「やったか!」
劾「いや……マントだけだ。逃げられた」
イライジャ「けど情報漏洩は防げたみたいだな」
劾「ミッションコンプリートだ」



司馬懿「これが孔明の罠である」

475 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/14(金) 13:35:39 ID:???
>>464
「刻」が未来へ進むと
誰が「きめた」のだ
烙印を「消す」命が
歴史をかきなおす

じゃないのは、何か理由が?

476 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/14(金) 20:34:54 ID:i7wBW4bY
>>429
ハイネ「オーモーイーガーシュンヲ カーケーヌケテー」


477 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/14(金) 20:42:54 ID:???
981 名無し大佐 sage New! 10/05/14(金) 15:13:48 ID:???
本スレ475へ
ジャスラック対策と考えておけば良いんじゃね?

478 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/15(土) 06:55:18 ID:???
アスラン「おっぱい? そりゃあ、俺にだって好みはあるさ
     でも、女性それぞれに応じたスタイルを保っている人こそ、
     理想の女性なんだと思──」
セレーネ「自己主張が激しい愚か者を確認。撃ち落すわよ!」
クリス 「了解!」

アムロ 「アスラン君が──、ああ。捕縛された……」
ウッソ 「思いは時として、周囲を無視した、滅ぼす力が働くんだそうです」
アムロ 「それだとアスラン君は、どっちつかずの、場当たり的な野朗にも聞こえるが?
     彼は、そうじゃないだろう?」
ウッソ 「兄さん、分かってるくせに……」
アムロ 「!」

セレーネ「さあアスラン。女の魅力がどこにあるのか、きっちり言ってもらいましょうか」
クリス 「シャクティも読んであるし♪
     ゆっくりと、その理想の女性とやらを言ってもらうんだから〜♪」

アスラン「なんで俺ばっかり、こんなめに遭うんだ……っ」

キャプテン「すまないアスラン。私が、ぷにぷに好きだったばかりにっ」

ラクス 「もう少し、バストアップしてみるのがよいのでしょうか?」
スメラギ「個性を尊重しろってことでしょ
     そっか。アル君が振り向いてくれないのは、彼がスリム好きだからなのかも!」

カミーユ「荒れそうだな」
シロー 「聞かなかったことにしろっ」

シュウト「シリコンを使った柔らか素材で、キャプテンの枕を作ってみればっ
     こんなのはどうかな!」
マイ  「ん〜、現状プランだと、使用者への荷重が問題かな
     睡眠は体力を使うから、もっと、こう……」
シュウト「計算とか難しいから、それは任せるし!」
マイ  「では、出来上がったら、打ち上げてみようか」
シュウト「わお!

ガロード「何がどうであっても、打ち上げるのだけは、ダメだろ」
ジュドー「そう思う……」

カミーユ「……」
アムロ 「二次災害まで……っ」

キャプテン「おっぱいというワードは、使うべきではないのだろうか
      教えてほしいヴェーダ
      私はあと、何回おっぱいと言えばいい……」

479 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/15(土) 07:31:13 ID:???
キラ「劉備のさ、出番増えるよう祈祷したらどう?主君なんでしょ」
孔明「私がですか?」
キラ「孔明といったら祈祷でしょ。ホラ、彼の出番が少ないとシンがトラウマ発動しちゃうし」
孔明「お断りします。我が君の出番が増えると私の出番が少なくなりますから」
キラ「……え?」
孔明「何か?」

480 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/15(土) 09:16:22 ID:???
孔明「何を言っているんですか。あれは周瑜を驚かすための大芝居ですよ。
   東南の風が吹く事は予測の範囲内です」
司馬懿「寿命を延ばそうとした時は本気だったような」
孔明「あれは惜しかったですねえ。まあ、儀式が失敗したのもやはり天命なのですよ」
司馬懿「やっぱり本気だったのか!」
孔明「もしも儀式が成功していたとしたら、それもまた天命。
   つまり、私はもともと残り12年の寿命があったという事なのですよ」


ウッソ「おかしいですよね」
キラ「詭弁ってこーゆーのに使うのかな」

481 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/15(土) 20:00:19 ID:???
東方不敗「風雲再起、風雲再起!ねっとしょっぴんぐとやらのやり方が分からんのだ
       ドモンめが新しい鉢巻をねっとしょっぴんぐとやらで買いおってな
       儂も新しい腰布を買おうと思っていたのじゃが……取り敢えず鼠を捕まえてきたぞ
       パソコンにはマウスが必要だと聞いていたのでな!」
風雲再起「ヒヒーン!ヒヒヒーン!」
東方不敗「む、出かけるのか」
風雲再起「ヒヒヒーン!ヒヒーン!」
東方不敗「晩ご飯は冷蔵庫の中だな。うむ、チンの時間は90秒だな」
風雲再起「ヒヒーン!」
東方不敗「むう?鼠は要らんのか。わかった、帰ってくるまでねっとは待つ」






人外居酒屋『ざくれろ』

絶影「ぬぉぉぉぉ!!曹操さまぁぁぁぁ!!私がふがいないばかりにぃぃぃぃぃ!!」
赤兎馬「魂ィィィィィィ!!!!」
飛竜號「あ、お前達まだ先輩が来てないウチから人参を食べるんじゃない!」
風雲再起「む?どうしたのです」
角竜號「先輩!!」
炎天號「みな今日の主人の活躍に納得がいかないようでありんす」
的廬「ついにご主人サマの出番が0秒だった……やっぱり僕が運を吸い取ってるんだ……
    僕なんて死んでしまえばいいんだ。馬刺しにされればいいんだ……」
風雲再起「活ッ!」
馬s「「「「「「「!!!!」」」」」」
風雲再起「そんな性根で主を背に乗せるつもりですか!同じ馬として情け無い!」
絶影「先輩ッ!!」
赤兎馬「魂ィィィィィ!!」
的廬「僕は馬なのかな?もしかして鹿なんじゃないかな……」
風雲再起「主を乗せて走ること風の如く速く、主を待つこと林の如く静かに
       戦場では火の如く嘶き、背に主君を乗せて戦う時は山の如く構え
       呼ばれれば雷の如く現れ、陰のごとく付き従うのが我らが馬道……」
飛竜號「さ、流石は風雲再起先輩だ……」
角竜號「なんて心に染みる言葉なんだ……」
風雲再起「さあ皆さん、人参を持って下さい。
      今日は馬同士の親睦を深める月一度の会なのですから
      堅い話は無しにしましょう」
炎天號「では乾杯ーー」



482 :数十〜数百年前の話:2010/05/15(土) 22:57:24 ID:???
死神「ゴメン、お待たせ」
D.O.M.E「ううん、僕も今来たところだから」
死神「それで、話って、何かな?」
D.O.M.E「…僕と付き合ってください!!」
死神「ええ! それって…」
D.O.M.E「突然で驚くかもしれない、でも本気なんだ!」
ジョージ「ちょっと待ったァァァ!」
D.O.M.E「ジョージ・グレン!」
ジョージ「死神に先に告白したのは俺だ!」
D.O.M.E「ほ、本当かい?」
死神「え、ええ、そうよ。確かに昨日ジョージに呼び出されて…」
ジョージ「木星から帰ったら付き合ってくれといったんだ! そういうわけで死神のことは諦めるんだな、D.O.M.E!」
イオリア「おまえら、誰か忘れちゃいないかい?」
ジョージ「イオリア・シュヘンベルグ! どうしてここに!?」
イオリア「死神を探して来てみればこんなことになっているとはな」
D.O.M.E「イオリア、君もまさか…」
イオリア「そうさ! 私が今作っている量子コンピューター、それが完成したら、彼女にプロポーズするつもりでいたのさ!」
ジョージ「させるか! コーディネーターをなめるなよ!」
D.O.M.E「うおおおお! 燃え上がれ僕の小宇宙(コスモ)! たとえ身体が遺伝子レベルでバラバラになろうとも!」
イオリア「ふっ、私のヴェーダと1万人のイノベイド軍団に勝てるかな…?」
死神「やめて! もうやめて!! 私の為に争わないでぇー!!

???「ふっ、随分浮かれているな貴様ら」
D.O.M.E「お、おまえたちは…」
ジョージ「現れたな、シャッフル同盟!!」



セレーネ「あら、何見てるの? アルバム?」
死神「うふふ……お・も・い・で」
セレーネ「?」


483 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/15(土) 23:39:58 ID:???
死神「これが∀とターンXが激突した時の写真。黒歴史にすら残っていない超レアな映像よ」
セレーネ「ちょっと待って。たしかこの子達が文化を破壊したのよね」
死神「そうよ?小学校でも習う事ね。それで、これがコレ……」
セレーネ「貴女、一体何歳なのよ?」
死神「フフ。女の子は歳を取らないの」
セレーネ「死神でしょあんたは」

484 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 00:20:53 ID:???
ネーナ「マ、ママママ…マリナ…ささささん!」
マリナ「あら、ネーナちゃんおはよう。今日もバイトよろしくね」
ネーナ「えと、あの、その、これ……」つカーネーション
マリナ「え?私に?」
ネーナ「べ、別に母の日だからとかそんなんじゃないんだからね!拾ったからあげただけなんだから!」
シーリン「ふーん?拾ったんだ?ふーん?」ニヤニヤ
ネーナ「な…なによ…?」
シーリン「そもそも母の日って先週だけどね」
ネーナ「え…?そうなの?」
マリナ「ふふふ、いいのよ…日にちなんかにとらわれなくても。その気持ちが嬉しいから」ギュッ
ネーナ「ちょっと…!やめてよ…女同士でそんなの…!」


ルナマリア(あの子変わったね)
ファ(うん…前は気に入らないとこにビーム撃ったりしそうな感じだったのに)
セシリー(ゴロゴロソングにやられちゃったのかな)
メイリン(お姉ちゃん達…覗き見は趣味よくないんじゃ…)
ルイス(メイリンちゃん!君はまだよくわかってない!あんな典型的なツンデレを見れるのはそうは無いのよ)
ルー(そうそう!弱み握るいいチャンスなんだから!写真撮っとこうか♪)

485 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 01:27:38 ID:???
982 名無し大佐 sage New! 10/05/16(日) 01:02:54 ID:???
アムロつttp://www.gundamwar.net/img/cards/4884.jpg
ロラン「何ですか?このカード…うわっなんて濃い人選…!」
アムロ「俺が会社の資金で勝手に開発した新型変態忌避カードだ。
    変態の出没しそうなところや暗くて寂しい場所に貼って試してみよう」
ロラン「はぁ、僕にはただのカードにしか見えないんですが…」ペタペタ

486 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 01:29:17 ID:???
つかその人達はある意味変態…

487 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 02:18:56 ID:???
ロランに貼ってるかと思った

488 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 03:17:58 ID:???
キラ「とりあえずインディアンポーカーみたいに額に貼ってみよう」
ウッソ「一応予備の分も服に張り付けておきましょう、胸とか肩とか」
シン「あれこれなんていう仮面ライダーディケイドコンプリートフォーム?」

489 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 03:29:08 ID:???
呂布「侠度1000…1100…1300…まだ上昇していくだと!?」

490 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 03:39:34 ID:???
ドズル、バスク、ラカン、ゴッドワルド、マスターアジア、カトック、コレン、キサカ、セルゲイ!!

TVシリーズで各作品から1人ずつ暑苦しいのを9人チョイスするとこんな感じか…
Wには五飛くらいしか暑苦しいのはいない・・・?

491 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 05:47:46 ID:???
それ見た目やん

492 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 08:29:27 ID:???
五飛は熱い人ではなくメンドクサイ人だ
熱い人はゼクス

493 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 10:14:19 ID:???
983 名無し大佐 sage New! 10/05/16(日) 02:30:58 ID:???
本スレ>>487
耳なし芳一思い出した

494 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 12:22:36 ID:???
984 名無し大佐 sagen New! 10/05/16(日) 11:16:22 ID:???
本スレ>>490
バスクは声は暑苦しくても人格はダメだろう。
ここは自らプチモビで出撃し、エゥーゴがコロニー落としを阻止するのを信じて落下目標に踏みとどまり、
アクシズから脱出する時にはランボーと化し、カミーユだって修正して見せらあ、なウォンさんだ。
ラカンも風体が暑苦しい裸漢というだけで、熱血漢という意味ならサブタイトルにもなったマシュマーの方が上。
キサカもラカンと同じで、結局ただのコスプレ裸ん坊。

495 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 12:37:08 ID:???
カガリ!! マキシマムドライブ!!
ミーア!! マキシマムドライブ!!
ルナマリア!! マキシマムドライブ!!
メイリン!! マキシマムドライブ!!

キャー!! ボスケテー!! キラターン!!


496 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 16:57:03 ID:???
>495みたいにネタに使われている限り、ルナはシンとのエピソードが描かれず
妹’s(マユとステラ)の当て馬として、これからも仲良し女子チーム(名称不明)
にからかわれ続けるんだろうな

ただ、その女子チームにすら入れない(少なくともメインのメンバーじゃないはず)
メイリンってどうなんだろ?

497 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 16:58:55 ID:???
>仲良し女子チーム(名称不明)

同学年じゃなかったっけ、17歳だったかで
適当に集めたわけではなく「同じクラスの友達」という共通項がある
……と思ったけど

498 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 17:17:16 ID:???
確かにアスランの髪をむしる会(仮名)で楽しそうに遊んでる以上
シンから見たらルナはアスランとくっついてるようにしか思えないだろうから
無視されても仕方がない
それでルナがシンまで欲しがってたら「本命とセフレは別だ」なんて事になってしまう
少しアスランとのネタは控えた方が


キラ「……と。さて『書き込む』を押して、おしまい」
ウッソ「なにやってるんですかキラ兄さん」
キラ「キャー!! ボスケテー!! キラターン!! って聞こえたから」
ウッソ「救援活動がレスひとつ書き込むだけですか!」
キラ「だって助けに行って巻き添えにあったら馬鹿らしいじゃない」

499 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 18:39:10 ID:???
シンとルナをくっつけたくない奴が率先してネタ投下してるんだからどうしようもない

500 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 18:51:34 ID:???
そもそも、前からのネタで絞り隊やってるのでなんともしがたい

501 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 18:53:47 ID:???
ウォンさん何気にパネェよな
あれで出資者側だからかなりメンドくさいw

502 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 19:07:02 ID:???
>>497
なるほど。設定で17歳の連中がみんな同じクラスで学んでるとしたら相当賑やかなクラスなんだろうなw
まともな奴ほとんどいないんじゃないのか?w

503 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 19:09:21 ID:???
今は卒業した19歳組も相当なものだった、というネタは楽しかったなあ

504 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 19:49:38 ID:???
今の17歳でカミーユやカテジナさんやネーナがいて、下の中学にはガロードやジュドーがいるわけだし、
この学校って今までもこれからもずっとトラブルの絶えない学校なんだろうな。

505 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 22:28:06 ID:???
リリーナやドロシー(W)は違う学校なのかな?ドロシー(F91)は?
シーブックのクラスメートは同じクラスっぽいけどな

506 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 22:31:54 ID:???
>>505
なんとなく、リリーナやドロシー、ソシエなんかは
兄弟よりもっとセレブな学校に行っているような気がする

507 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 22:34:58 ID:???
F91のドロシーは同じっぽいね。
結構今の女子高生チームと気があいそう。
見た目の割りにまともな子だった気がするけど。

508 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 22:59:43 ID:???
そういうお嬢様系はそれこそジュドーの言う
「山の手の学校」に通ってんだろ

さしずめ「ホワイトドール様がみてる」的な…

509 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 23:08:40 ID:???
ティエリア「いや、あの学校は言うほどお嬢様はいない・・・・」



アスナ「いっくよおおおお〜〜〜〜〜〜!! 必殺ファイヤアアアアタアアアアアアアアック!!!」
エミル「ちょ! ばか! そんな無茶なラケットのフリがあるかー!!」

バキッ!!

エリシア「かはっ・・・・・!」
エミル「エリシアーーーーーーー!!」
アスナ「や、やっちゃった・・・・」



ティエリア「とまあ、こんな感じだ」
ニール「いいねえいいいねえ! そんな元気なお嬢様とか俺大好き!!」
ティエリア「ロックオン(ニ)、君はもう少し自重を憶えた方が良い・・・」

510 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 23:15:06 ID:???
女生徒みんなにヒゲが生えている光景を想像して、お茶吹いた

511 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/16(日) 23:33:54 ID:???
>>509
フェルト「お、オッス、アタシフェルト!ひ、暇だからお相手してさしあげてもよろしくてよ!」
ライル「いや……フェルト、俺ライルなんだけど」
フェルト「! ご、ごめん!!」

ライル「苦労してんなー…あの子も」
アニュー「きっと早めにニールとフラグ立てておかないと、劇場版で刹那とくっ付いちゃう可能性があるからじゃない?」
ライル「アニュー…突然現れてメタな発言はやめてくれ…」



512 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 00:48:24 ID:???
>>508
ゼナ「あなた、ミネバも進学を考える時期になりますけど」
ドズル「うむ、ワシとしてはいつまでもこのままでいいのだが…」っ進学案内

513 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 00:51:07 ID:???
>>512
側近達を交えた親族会議ですね分かります

514 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 01:34:20 ID:???
マーク「ティエリアの通っている学校の生徒は休み時間を取らないんだぜ」
刹那「勉強熱心なんだな」
マーク「休み時間が終わったら勉強しなきゃならないからな!HAHAHAHA」
刹那「そうだな」
マーク「………」
ティエリア「ジョークを言う相手が悪い」
ロックオン「ティエリアもジョークを理解できるようになったか
       学校に通わせたかいがあったってもんだぜ」
アレルヤ「その学校が馬鹿にされている気がするけど……」

515 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 02:01:55 ID:???
リボンズ
アル
マーク

516 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 08:00:39 ID:???
>>508
そう言えばルイスはお嬢様だった気がするけどみんなと同じところに通ってるぽいな。
あとセシリーはパン屋の娘セレブなのかどうか…

517 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 10:11:23 ID:???
ミネバがお嬢様学校に入って、プルとプルツーがお供として強制的に入学させられて(入学試験免除)
毎日大騒動ですね

そして「小学校の時からこうだった」と頭を抱えるマリーメイア

518 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 18:54:25 ID:???
>>517
マリーダはどうする?

519 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 19:44:32 ID:???
・18歳組として普通に高校へ入学。グレミーと同学年?
・まさか小学校に行くわけにもいかないので家庭教師で学習
・幼稚園の保母さんとかですでに働いている
・実は登校時のみ10歳当時に若返る事が可能


どうしますかギレン様

520 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/17(月) 22:47:22 ID:???
>516
ルイスは沙慈と同じ学校に通ってたからじゃない?
本来ならお嬢様学校に通う身分だけど、留学という形で普通の学校に通ってるという
(色んな国の人間がいる日登町で留学という概念があるかどうか不明だが)

セシリーに関してはマイッツァーがお嬢様学校に行かせたがってるけど、本人が
断ってるイメージかな?


ソシエお嬢さんは逆にお嬢様学校に通ってるけど、例えば「エアマスター」の
中ノ谷美奈や「ヤンキー君とメガネちゃん」の姫路凜風みたいに、同じ学校の
連中よりもロランや仲良し女子チームとつるんでる方が楽しいって感じかな?


まぁ、前者とはスタイルが違いすぎる・・・
って、おや?こんな時間に誰か来たようだ 

521 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/18(火) 12:21:23 ID:???
シーブック「カテジナさんとかフレイも家柄良さそうなのにここへ通ってるよな」
カミーユ「あの二人は面接で地を出して落ちた、とかじゃないのか?」
カテジナ「何か言った?」
フレイ「よく聞こえなかったんだけど」
カミーユ「ブッ…!あ、いや…ふ、二人はお嬢様なのになんでこの学校なんだろうなって…はは…」
カテジナ「ふーん…まあ私は別に山の手の学校とか受験してないから」
フレイ「同じく、だから面接で落ちたとかじゃないのよ。わかった?」
カミーユ「わ、わかったからその目をやめろ…つーか聞こえてたんじゃないか…」
シーブック「まあ性格はこの学校向きだよな…」

522 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/18(火) 22:00:04 ID:???
>>519
沙慈「ん? だれだろあの子たち」
ルイス「さあ、転校生かな?」
ルナマリア「後ろの三人は姉妹みたいねー」
シーブック「あれは…マリーダさん? でもあとの二人は…」

オー○リー(ミネバ)「やったな! 誰も不審がっていないぞ! これで私も春から高校生だな!」
マリーダ「ミネバさま、やっぱり無理があると思います……」
プル(18歳)「えへへー、憧れのボインボイン! これでアタシもオッパイオバケー!」
プルツー(18歳)「姉さん、はしゃぎすぎだ」



マイ「あれ? ここに閉まっておいた昔の試作品知りませんか? あの成長を抑制する…」
エルヴィン「『赤いシャアザク 青いグフ』ってキャンディーですか? ああ、さっき姉さんが本社に持って行きましたけど…」

523 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/18(火) 22:29:07 ID:???
>>519
ファ「あれ? 誰だろあの子」
ネーナ「ピンク髪なんて珍しいね〜」
カミーユ「ピキーン この感覚…ハマーン先生か!? …んな訳ないか」

はにゃ〜ん「フフフ、探しましたよミネバ様」
プル・プルツー「「げえっ! ハマーン!?」」
マリーダ「わざわざ若返って探しにきたのか…」
はにゃ〜ん「このハマーンの目の黒い内は、この学校で好き放題されようなどとお思いになられませんよう…」
オード○ー「うぬぬ……ぬかったわ、というやつですね…」


マリュー「あら? ハマーン先生は?」
カトック「さあ? 今日からしばらく休暇を取るとか言ってたが」

524 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/18(火) 23:09:56 ID:???
>>520
ソシエは15歳だからちょうどリリーナと同い年。
ええとこの学校なんだしクラスメートなんじゃない?w

525 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/18(火) 23:48:47 ID:???
プル「よしっ、ミネバはハマーンと一緒にいるから、その間は私たちはいろいろ遊びに……」
ハマーン「真っ先に貴様らが帰れ」
プルツー「……ま、そりゃそうだよ姉さん」

526 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/18(火) 23:56:14 ID:???
>524
言われてみれば確かにそうだね

リリーナって本編でもガンダムのパイロットだとヒイロとしか喋ってないし(デュオやカトルは
会話ってレベルじゃない。ちなみに五飛の事は知らないらしい)、それ以外だと年上の軍人や
貴族、金持ちの同級生とかなんで、ガンダム兄弟とか他シリーズの同年代キャラ(一般家庭
クラス)と会話する姿があまり想像出来ないんだよな

それにソシエはお嬢様とはいえ活発すぎる性格だから、リリーナと会話が成り立つとはとても
思えないけど(キエルお嬢さんならともかく)


そういえば、サンライズ英雄譚ではリリーナがソシエお嬢さんと中の人と同じ某キャラと会話してた
らしいね

527 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 00:51:24 ID:???
>>526
リリーナは全肯定の人だから、おそらく聞き上手。
ソシエが一方的にまくし立てるのを静かに聴いてるって感じだろ。
本を読みながら、とか、紅茶を飲みながら、とか。

ソシエ「…だからね、あたしロランに言ってやったのよ。
    お姉さまお姉さまって、いつもべったりくっ付いてるんじゃない!って」
リリーナ「六回目」
ソシエ「…何が?」
リリーナ「ソシエさんが、ロランさんのことを話題にするのが六回目。
     まだ一杯目のお茶も干してないのに…」
ソシエ「う…」
リリーナ「だからどう、と言う訳ではありませんけど」ニッコリ
ソシエ「うう〜〜」(////)


528 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 07:36:25 ID:???
そんな嫌味ったらしいツッコミをするのは聞き上手とは言わないし
リリーナはそんなこと言わない

529 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 07:36:33 ID:???
>>509
ここだとエコールは女子校なのかな?
ティエリアがわざわざ女装して入ってるみたいだけど、或いはただの趣味か。


530 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 13:57:28 ID:???
ティエリア「僕は好きで女装している訳では無い…」

531 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 16:11:05 ID:???
>>530
ハリー「趣味かっ!」

532 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 16:55:46 ID:???
>>531
スメラギ「趣味よ!(キラッ」

533 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 16:58:28 ID:???
>>532
グエン「素晴らしい趣味だ(ニヤッ」

534 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 20:08:09 ID:???
だが少し待ってほしい、ここで俺は前スレにあったあるネタを思い出した

『バレンタインデーに男から大量のチョコをもらうティエリア』

問題点は三つ
・男がチョコを渡している
・ティエリアはいかにも話しかけにくそうだ
・そもそもティエリアのメンタリティは男のもの…でいいんだよな

ここにエコール女子校説とティエリア女装が加わるとさらに以下の問題が発生する
・男→女でチョコを渡している
・女子校の生徒が多数の男子と接点を持つとは考えにくい、つまり男子は話しかけづらい

この条件で大量のチョコをもらうということは、下手をすると彼は魔性ともいえる美貌の持ち主となる
それでいいのか?このスレはそんなことを肯ずる変態ばかりなのか?

まあ俺は変態でいいが

535 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 20:28:24 ID:???
しかし本人は本編でも女装は嫌だったそうなのでとんだ罰ゲームだな

536 :咆哮哀歌:2010/05/19(水) 21:15:45 ID:???
まず最初に。
すみません、長いです。
ですので、うっとおしいと思われる方は、
名前に↑のタイトルをつけてますのでNG登録をお願いします。
1章が4レス分(例外アリ)、13章あります。
連投規制回避もあるので一度に大量の投下はしないつもりですが。

それと、今回はとある作品のエピソードをここに混ぜるとどうなるかと言うコンセプトで始めました。
ですので、原作つきです。しかも許諾を得ずに勝手にやってます。
ご存知の方にはネタバレになってしまいますが…

 こやま基夫先生、並びに先生と先生の作品のファンの方々、ごめんなさい! <(_ _)>


ご笑納頂けると幸いです。
では、開幕でございます。




537 :咆哮哀歌 1-1/4:2010/05/19(水) 21:16:48 ID:???
カロッゾ「ふはははは、シーブック君、遅くまでご苦労だった。
     今日はもう上がってくれたまえ」
シーブック「あ、はい。 お疲れ様でした」
カロッゾ「うむ。 また、明日もよろしく頼む」
シーブック「はいっ! お先に失礼します!」
セシリー「お疲れ様。 帰りに寄り道しちゃだめよ?w」
シーブック「小学生じゃないんだから。 じゃ、明日学校で」
 にこやかに手を振るセシリーに手を振り返し、
 コックコートを脱いだシーブックは駐機場のF-91へと向かう。
シーブック「ん… やっぱりまだ夜は涼しいなぁ…」
 十三夜の月が、雲間に静かにたたずんでいる。
 孤独と静寂…わずかばかりの贅沢を満喫したシーブックは、膝を付いた愛機によじ登る。
 手馴れた動作で待機状態から起動状態へ。
シーブック「シーブック・アノー、F-91、出るっ!」
 小型、軽量の機体に大推力のエンジンというシンプルなコンセプトで、
 非変形機ながら飛行性能を得たF-91は空へと舞い上がる。
シーブック「ロランのヤツ、晩飯とっといてくれてるかな…」
 まだ新しい商店街からは、ガンダム家のある旧市街までやや距離がある。
 シーブックは充分に高度を取ると、スロットルを押し込んだ。

 ペタ…ペタ…
 抜き足差し足忍び足。
 明かりの落ちたキッチンに、足音をしのばせる小さい影。
 冷蔵庫の前にたどり着いた人影は、一度周りを確かめると業務用にも使えそうなその扉を開ける。
 がちゃん!
 ビン類――飲み物や調味料に並んでアンプルや点滴瓶が混じっているのがこの家の特徴であろうか。
ステラ「しーーっ」
 意外に響いたその音に、思わず人差し指を立てる少女。
 ごそごそ…
ステラ「うぇい♪」
 戦利品に相好を崩すと、ジャンパーの懐に押し込み冷蔵庫を閉じる。
 ペタリ…ペタリ…
 再び忍び足で台所を後にするステラ。
ステラ「ん〜〜〜」ギュウ
 ブーツに足を押し込むと、下駄箱の陰に拳銃やマシンガンと共に置いてある
 鞘付きのナイフを取り上げて腰の後ろに固定。
 かちゃん… トタトタトタ……
 静かに玄関を開け閉めすると、軽快な足音を響かせて走り出す。
スウェン「………」
 階段の影で気配を殺していたスウェンは、ショルダーホルスターに拳銃を押し込み、
 肩に担いでいた革ジャンに腕を通した。



538 :咆哮哀歌 1-2/4:2010/05/19(水) 21:17:51 ID:???

シロー「あれ? エーカー警視正、まだ残っていらしたんですか?」
グラハム「ん? アマダ警部補…本庁から例の資料が届いてね」
シロー「例の…あぁ、連続ザク襲撃事件の…」
グラハム「そうだ。 この町はジオンのお膝元と言うこともあって、ザク乗りも多い。
     犯人が足を伸ばしてこないとも限らないからな」
シロー「かなり広範囲に活動しているとか」
グラハム「ああ。 広域の方では複数犯による犯行の線を強くしているそうだが…」
シロー「警視正は、単独犯だと…そう思われていらっしゃるんですね?」
グラハム「“手”がな…例え同じ剣であっても、使う人物が異なれば、切り口はおのずと異なる。
     逆に言えば…」
シロー「切り口…破砕痕が同じなら、同一犯…
    ですが、事件は一晩で200Kmも離れた場所で起こった例もあります。
    いくらMSを使った犯行とは言え、離れすぎていませんか?」
グラハム「アマダ警部補。 一夜に四パーセクを駆ける、と言う存在を聞いたことはないかね」
シロー「はあ? 四パーセク…ですか? …それ、光速を超えてるじゃないですか」
グラハム「ふむ…君ならあるいは、と思ったが…そうか、アムロ氏は話していないのか…」


バーニィ「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ…」
 緊張のために呼吸が浅くなっているのが自分でも判る。
バーニィ「くそっ、何なんだよ、アイツはっ!」
 正面のモニターはほとんど黒一色である。
 いかに実用MS第一号のザク直系とは言え、バーニィの機体は最後期型の06FZ。
 電子装備は一線級の機種にも劣らず、もちろん光学増感も充分実用レベルの物が装備されている。
 だが、メインカメラ―――ザクの外見的特長であるモノアイそのものを破壊されては、
 まさに目隠しされたも同然である。
 サブカメラの映像をモニターに表示させてはいるものの、こちらには暗視機能などない。
バーニィ「!!」
 それは、具体的な“何か”では無かった。
 ただ、心の奥にある“モノ”――偉い学者様は生存本能、などと呼ぶのだろう――それが命ずるままに
 バーニィは操縦桿を跳ね上げて、ザクを倒れ込ませる。
 ガァァァァン!
 ザクの転倒音とは明らかに異なる轟音が、一瞬前まで立っていた場所から響いた。
 何者かの攻撃。
 それは確かであるのに、襲撃者の位置も、ましてや手段すら不明である。
バーニィ「火器でもビームでも、ヒート系でもない武器? なんなんだ?」
 伊達に何度もガンダムに挑み、撃墜されてはいない。
 当人も自覚していないが、バーニィの中に蓄えられている経験値は、古参兵のそれすら凌駕する。
 遥かな高みに挑み続けたが故に得た力。 それがバーニィの命運をかろうじて繋ぎ止めていた。



539 :咆哮哀歌 1-3/4:2010/05/19(水) 21:18:55 ID:???
 襲撃者は奇襲の初撃で躊躇なく頭部を狙っていた。
 メインカメラをはじめ、電子装備の詰まった頭部は、MSにとってもやはり急所の一つである。
 コクピットを含む胴部は融合炉を内臓していることもあり、堅牢さにおいては比類なし。
 それに対し頭部は幾分脆弱であり、破壊に成功すれば電子装備の過負荷による、
 コンピューターのシャットダウンが期待できる。
 だが、MSは高速で移動する上に、的が小さいこともあり、
 狙って破壊できるのはそれなりの腕がなければ不可能であった。

 もちろんガンダム・パイロットたちはその技量を持ち合わせており――
バーニィ「ぐっ!!」
 幾度と無く頭部を吹き飛ばされてきたバーニィも、その防御方法は熟知していた。
 メキッ!
 とっさに頭をかばったショルダーシールドは、しかし、強烈すぎる一撃に悲鳴を上げる。
バーニィ「左肩の間接が限界… くそっ!このままじゃぁ…」
 その時である。
 ギィィンン!
バーニィ「ビーム発射音? この音…」
 ギィィンン!
バーニィ「ヴェスバー…シーブックか!」
シーブック『バーニィさん! 3時方向に離脱してください!』
バーニィ「すまない! 敵はGFクラス!」
 レバーを操り、ペダルを蹴飛ばす。
バーニィ『近接主体で、姿がまともに見えないくらい速い!』
シーブック「しかも、地形を使うのも上手い…」
 ヴェスバー2門による長距離掃射はことごとくかわされ、廃工場の建物に回りこまれた。
 熱源センサーも補足しきれず、ターゲットを見失う。
シーブック「そのための近接型か…廃熱装置がかなり特殊なステルスタイプだな…」
 ビームは元より、火薬式の砲やレールガンなどもその発する熱は相当なものになる。
 これらを排することで、デュオのデスサイズや二コルのブリッツなど、
 特殊装備を用いた機種とは正反対のステルス性を獲得しているのだ。

シーブック「大丈夫ですか、バーニィさん」
バーニィ『俺は大丈夫だけど…コイツがな。 警告ランプが点きっぱなしだよ』
シーブック「被害は?」
バーニィ『メインカメラと武器をやられた。 悪いけど援護はできない。
     あとは予備もつかってだましだまし…シーブック!』
シーブック「(ピキィィン!)後ろ!?」



540 :咆哮哀歌 1-4/4:2010/05/19(水) 21:20:00 ID:???
 MSが移動した気配―具体的には影や音などを知覚できなかった。
 襲撃者はまんまとF-91の死角に回り込み、自身を砲弾に変えて跳躍したのである。
 機体を切り返すシーブックであったが―
シーブック「間に合わないっ!」
 とっさにビームシールドを展開するが、攻撃態勢だったことが仇となり、
 主要機関、特に頭部を庇い切れない。
 左腕を捨てて受けきれば――
バーニィ『あたれっ!』
 ガンッ!
 シーブックが覚悟を決めた瞬間、風を切って飛来した金属塊が、襲撃者を直撃。
 千金にも値する僅かな隙を作り出した。
バーニィ『どうだ! アムロさん直伝のシールド・アタック!』
 それまでの攻撃で外れかかっていた左肩のシールドを、
 無理やり引き剥がして投げつけたのである。
シーブック「そう言えば、アムロ兄さんも無茶なシールドの使い方するよな…」
 ビームライフル、ビームランチャー、ヴェスバー×2、頭部バルカン×2、
 胸部メガマシンキャノン×2、全火力兵装アクティブ!
シーブック「いけっ!」
 ドウッ!!
 戦艦すら撃沈しかねない火力を叩きつけられ、襲撃者は4分されて地に堕ちる。
バーニィ『やった! さすがシーブック!』
シーブック「………」
バーニィ『シーブック?』
シーブック「やられた…」
 最も大きな残骸の傍らに降り立ったF-91がサーチライトを点灯。
 その光に照らされて浮かび上がったのは――
バーニィ『モビル・ワーカー!?』
シーブック「たぶん、そこの工場で使われてた機体でしょう」
バーニィ『変わり身ってやつか? シュバルツさんみたいなことをやる奴だな…』
シーブック「あながち…外れてはいないかもしれませんよ…」
 月を覆っていた雲が晴れる。
シーブック「バーニィさん…」
バーニィ『ん? どうし… !!』
 空には十三夜の月。
 その光を背に受けて、廃工場の屋根の上に、地上のMSを睥睨する一つの影。
バーニィ『四本足? でも、バクゥ系ともガイアとも違う…』
 それは、狼を思わせる四脚型のMSだった。
 ヴィン!
 逆光の影の中で、モノアイが輝く。

つづく



541 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 21:22:29 ID:???
>>534
ティエリア「一応、エコールにも男子はいる。だが、極端に人数が少ないんだ」


アスナ「シン! 一緒にかえろうよ!」
エリシア「あら、シン。良ければ私と一緒に帰りませんこと?」
シン(エ)「えっと・・・・」

542 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 21:43:00 ID:???
ウッソ「『今年から共学になった元女子校』ですね!」
キラ「なにそのハーレムエロゲ」
ウッソ「レズものかもしれないじゃないですか」

543 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 21:47:35 ID:???
ぷにぱん「いいな、ソレ」
シャクティ「ウッソもいい感が働くわね」
孫尚香「先生、私もお供します!」

544 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 22:14:36 ID:???
アスナ「ティエリアが男のわけないよ!あんなに胸大きいのに」
エミル「そうよね。アンタより大きいもんね」
アスナ「うるさい!水ぶっかけるよ!」
エミル「エリシア助けてー アスナが怒ったー」
エリシア「はいはい……相変わらず騒がしい人たちですわね」

ヒリング「アハハ!その程度の胸で貧乳キャラになろうなんて片腹痛いよ!」
ソシエ「そうそう!貧乳でキャラ立ちしたかったらせめて私達くらいじゃないとね!」
アスナ「うわ!?ご、ごめんなさい!」

エミル「ヒリング達……前はぺたんことか言ったら怒ってたのに……何かあったのかな?」
エリシア「吹っ切れたんじゃありません?前向きになるのは良い事ですわ」

545 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/19(水) 22:41:35 ID:???
>>543
この三人がセットでいるとこを刹那が見かけたらどうなることやら……

546 :咆哮哀歌 2-1/3:2010/05/20(木) 01:09:58 ID:???
>>540の続き

 ピュウゥピュウゥピュウゥ――
警官「はい、被害者はバーナード・ワイズマン、19歳(ry」
シロー「すまん! 通してくれ!」
 回転灯が煌く中を、シロー・アマダは慌てた様子で走り抜ける。
シロー「シーブック! バーニィ!」
シーブック「あ、兄さん」
 救急車の側で所在無さげに紙コップのコーヒーをすすっていたシーブックが手を上げる。
 その傍らでは、バーニィが救急車のストレッチャーに腰掛け、
 女性救護員に包帯を巻かれてやに下がっていた。
シロー「無事か! 怪我はっ!」
シーブック「俺は完全に無傷。 最後にちょこっと割り込んだだけだからね」
救護員「こちらの方も怪我のほとんどは打ち身です。
    三日もすれば治りますよ」ポン
バーニィ「ど、どうも…(//」
シーブック「あんまりデレデレしてると、クリスに言いつけるぜ?」キシシ
バーニィ「なんとぉーー!」
シロー「そうか…無事でよかった…」
 とりあえずは元気な二人の様子に安堵のあまり、ひざを着きそうになるシロー。
 その頭上を飛行形態のカスタム・フラッグがフライパスした。
シーブック「お、フラッグ」
シロー「エーカー警視正のカスタム・フラッグだな」
 現場を確認するように旋回したフラッグは、現場を荒らさないよう外れに
 集められていた車両群の上空で変形し、鮮やかなタッチダウンを披露する。
バーニィ「すげぇ…生グラハム・スペシャルだよ」
シロー「また、無駄に高等技術を…」
 などとシローがつぶやいているうちに、ワイヤー・リフトで地上に降り立ったグラハムは、
 行き交う警官たちの敬礼に応えつつ、まっすぐシローの元へ歩み寄る。
シロー「おつかれさまです!」ビシッ!
グラハム「ご苦労。 二人とも、怪我の方は大丈夫かね?」
シーブック「はい。 俺は無傷ですし…」
バーニィ「俺は、打ち身だけです。 シーブックのお陰で助かりました」
グラハム「それは何よりだ。
     しかし…ステルス型の高機動MS…思った以上に厄介だ」
シロー「では…」
グラハム「ああ。 残念ながら振り切られた。
     東の山岳部に潜んでいるんだとは思うが…さすがに月明かりだけでは探しきれん。
     現状では付近を封鎖するだけで精一杯だな」


547 :咆哮哀歌 2-2/3:2010/05/20(木) 01:11:36 ID:???
シーブック「何者なんでしょうね。 機動性ならGFのガンダムに匹敵するくらいでしたし…
      しかも四本足となると、かなり特殊な機体だと思うんですけど」
グラハム「…実は、まだ確証は無いのだが」
シロー「警視正、捜査機密を一般人に…」
グラハム「奴と相対して生き残った数少ないパイロットだ。
     オブザーバーとしてその意見を聞くことは捜査上、十分な意義がある。 違うかね?」
シロー「それは…そうですが」
グラハム「というわけで、これは他言無用を厳守してもらいたい」
 一応だがね、とウィンクするグラハムと、うなずく二人。
 グラハムは小型のホログラムモニターを取り出し、画像を表示させる。
 そこには、無残に切り刻まれ、地に伏すザクの姿があった。
グラハム「三日…いや、もう四日前だな。
     某所の郊外で、ザクが襲われると言う事件があった。
     これはその最初の犠牲者だ」
シーブック「最初の?」
グラハム「そう。 この日だけで三機のザクが襲われ、基幹パーツを強奪されている。
     パイロットは全員見るも無残な姿にされていたそうだ」
バーニィ「そんなに!?」
シーブック「そんなの、ニュースじゃ…」
グラハム「一件ごとの事件現場が離れすぎていた。
     この三件では、犯人は合計で80Kmを移動している。
     警察もマスコミも、この事件を関連のあるものと思っていなかったのだよ」
バーニィ「あ! そういえば、バンスポにそんな記事が…」
グラハム「そう、いわゆる“疑惑”記事が正鵠を射てしまったのさ。
     正しく嘘から出た真、だな。
     斯く言う私も、現場写真を実際に見てみるまでこれらの事件を
     結びつけようとも思わなかったのでね。 まったく汗顔の至りだ」
バーニィ「その犯人が…」
グラハム「と、私は睨んでいる。 そろそろ鑑識結果が出るころだが…」
遠くのハワード「隊長!」
グラハム「どうやら出たようだな。 こっちだ!ハワード・メイスン!!」
 仕立ての良いスーツ姿のハワードが、マニラ封筒を手に駆け寄る。
ハワード「お待たせしました、隊長」
グラハム「休暇中にすまんな。 デート中だったのか?」
ハワード「は? ああ、この格好ですか? 知人に食事につき合わされたんですよ。
     いろいろあって断り辛い相手でしたので… それで、結果は?」
グラハム「ビンゴだ」


548 :咆哮哀歌 2-3/3:2010/05/20(木) 01:13:21 ID:???
グラハム「切断面に一切の付着物無し…」
バーニィ「えっ? ガンダリウム合金ほどじゃないにせよ、
     ザクの装甲はチタン・セラミック複合材ですよ?
     切りつけた刃物の微細粉くらい…」
シーブック「…PS装甲」
グラハム「その通り。 犯人の得物はPS装甲材でできた四本爪のクローだ。
     ビームサーベルやヒートエッジのような切断力はないが、
     折れず、曲がらず、刃こぼれも無い。 刃物としてはある意味理想的だな」
ハワード「ですが隊長、それでは犯人は、ただの刃物でザクの装甲を切断した、と?」
グラハム「不可能ではあるまい? ガンダム・ザ・ガンダムなら
     それくらいやってのけると聞いているが?」
シロー「ええ、まぁ…」
シーブック「あははは…確かに、ドモン兄さんならそれくらいは―
      って、つまり、犯人はドモン兄さんクラスの達人ってことですか!?」
グラハム「ふむ…私の見たところ、ドモン・カッシュほどの技量は無いようだが…
     それでもシーブック君の駆るF-91から逃げおおせているんだ。
     侮っていいレベルではないな。 だが…」
バーニィ「?」
グラハム「そんな相手に、ほぼノーマルの06FZで生き延びるとは、
     さすが最強のザク・ファイターだ」ポム
 にこやかにバーニィの肩を叩くグラハム。
バーニィ「さ、最強って!」
グラハム「謙遜しなくてもいい。
     ザク乗りは数あれど、今の君ほどザクを乗りこなせる人間はいまい」
バーニィ「あはは… あ、ありがとうございます」
グラハム「フラッグに乗り換えたいと思ったらいつでも言ってくれ。 相談にのるぞ」
ハワード「隊長…」ワルイビョウキガ…


つづく


549 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 01:33:53 ID:???


続き楽しみに待ってます

550 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 02:02:56 ID:???
GJ
警視正がいれば余裕ですね

551 :咆哮哀歌 3-1/4:2010/05/20(木) 02:29:35 ID:???
>>548の続き


 ネオトピア市の外洋に面した海岸線は切り立った崖が多く、
 海水の浸食と隆起を繰り返したために大規模な洞窟が無数に存在する。
ステラ「クロノス〜」
 その内の一つに、恐れる様子も無く踏み入るステラ。
 ケータイ内臓のライトで足元を確かめながら、奥へと進む。
 やがて、天井の亀裂から差し込む月明かりに、一匹の大型犬が浮かび上がる。
ステラ「クロノス♪」
 ステラの声に、寝そべっていた雑種らしいその犬は、面倒そうに目を開き、起き上がる。
 尻尾の先まで入れれば体長は2mほどはあるだろうか。
 鼻先がとがった顔は精悍で、落ち着いた物腰は風格すら漂う。
 ティターン神族の父、クロノスとは良く名付けたものである。
ステラ「こんばんは、クロノス。 ご飯持ってきたよー」
 言いつつ、懐から生肉の塊やハム、ソーセージなどを取り出し、
 側においてあった、マジックで「くろのす」と書かれているボウルに入れる。
ステラ「遅くなってごめんね。 さ、どうぞ」
 そうして差し出すも、クロノスは近付こうとしない。
ステラ「…」
 少し悲しそうに俯いたステラは、地面にボウルを置くと、数歩後ずさる。
 彼女が手の届かない所へ腰を落ち着けたのを確認してから、
 クロノスはボウルに歩み寄り、鼻先を突っ込んだ。
ステラ「う〜〜〜、まだ側にいっちゃだめ?」
クロノス「…」ガツガツ
ステラ「うぇい…」
 目に見えてへこむ少女。
 このような洞窟に住んでいるからには野良なのだろうが、
 餌を食い散らかすようなこともない所からして躾はしっかりしてあるようだし、
 首の付け根辺りから背中の中ほどまで、
 金属かセラミックのような光沢を持つプレートが覆っている。
 首輪のようなものかと思い、調べようと手を伸ばすと―
クロノス「グルルルゥ…」
 唸られて手を引くステラ。
ステラ「……クロノス〜。 今日ね、ステラ、シンといっぱいお話したの。
    マユとも遊んでー、スティングとアウルはね、アレルヤと遊んでたの。
    アレルヤ時々すっごく怖くなるんだー。
    オルガとクロトとシャニはいつも一緒。 仲良しさんなの。
    ネオはね、マリューにしかられてたの。
    くちべに?っていうのが付いてたんだってー。
    変だよねー、大人なのにしかられてるの」



552 :咆哮哀歌 3-2/4:2010/05/20(木) 02:30:48 ID:???
ステラ「スウェンはねー、今日もずーっと黙ってた。 おしゃべり嫌いなのかな?
    でもね! スウェンの作ってくれるご飯はとってもおいしいの!
    ロランの作ってくれるご飯もおいしいけど、ステラはスウェンのご飯が好き!」
 しゃべってるうちに盛り上がってきたのか、両手を振り回し、
 大きな声を出し始めるステラであったが…不意に、黙り込む。
 腰を下ろし、膝を抱く。
ステラ「クロノス〜。
    こんな所に一人でいて、寂しくない?」
クロノス「…」ガツガツ
ステラ「ステラは、一人はいや。
    シンがいて、マユがいて、ネオがいて…みんなと一緒がいいの」
 食べ終えたクロノスは、岩陰の水溜り―雨水か、地下水が溜まったものらしい―
 で水を飲むと、再び元の場所に伏せ、両目を閉じる。
ステラ「クロノス、おねむ? …また、来るね。 お休みなさい」
 立ち上がったステラは、なるべく足音を立てないように、元来た道を引き返す。

 しばらくして、ステラの足音が洞窟を出たことを確認したクロノスはやにわに立ち上がると、
 壁の亀裂に頭を突っ込んだ。
クロノス「ケッ!ケッ!」
 苦しそうにえずく声と、吐瀉物が岩を叩く湿った音が静かな洞窟の中に響く。
 食べたばかりの物を吐き出し、その後もさらに胃液を零して、ようやく息を継ぐクロノス。
 明らかに嘔吐によるもの以上の憔悴を見せた彼は、突然岩壁に肩口をぶつけ始める。
 カチッ!
 背負っていたプレートのスイッチが押され、
 内臓されていたメカニズムが静脈に薬液を打ち込む。
 クロノスは全身の毛を逆立て、地面に爪を立てて全身を襲う苦痛に耐えた。
 キン! コロコロコロ…
 排出されたカートリッジが乾いた音を立て、洞窟の入り口へと転がる。
 しばらくしてようやく落ち着いたのか、孤独な大型犬は倒れるように体を投げ出し、
 深い眠りへと落ちていった。

 チャリッ…
スウェン「こいつは…」
 拾い上げたカートリッジを一瞥すると、不機嫌そうなスウェンの眉間に
 はっきりとした皺が刻まれる。
スウェン「お前も…同じ、か」
 そのラベルには、見覚えのある――ありすぎる文字が刻まれていた。



553 :咆哮哀歌 3-3/4:2010/05/20(木) 02:32:17 ID:???

 ♪〜
シン「うわっと!」
 深夜を過ぎ、静寂が辺りを支配し始めた頃。
 突然着メロを奏で始めた携帯に、シンは慌てて飛びついた。
 世間一般の10代の少年にはまだまだ寝るには早い時間だが、
 生真面目な彼女に合わせて早寝早起きが身に付いてしまってる弟や、
 バイト疲れで帰宅早々ベッドに倒れこむ兄などもいて、
 あまり騒がしくしないようにという不文律が出来ていた。
シン「? 知らない番号だな…誰だ? (ピッ!)はい、シン・アスカ」
スウェン『スウェン・カル・バヤンだ。 夜分にすまん』
シン「スウェンさん? どうしたんですか、こんな時間に」
スウェン『少し話したいことがある。 出てこられるか?』
シン「今ですか? ええ、まあ、大丈夫ですけど…」
スウェン『助かる。 君の家の前にいる』
シン「うちに? ちょ、ちょっと待ってくださいね、すぐ行きます!」
 どてらを脱ぎ、スタジャンに袖を通して部屋を出るシン。
シン「…お前、何やってんの」
ヒイロ「来訪者の監視だ。 変態たちがこの状況を悪用しないとも限らない」
 廊下の突き当たり、表の通りを見下ろせる窓の傍らに、
 小さな鏡で通りを監視する弟の姿。
 足元にはいろいろと一般家庭にあってはならない物も並んでいる。
シン「さすがに考えすぎ…っていうか、スナイパーライフルはやめような。
   スウェンさんって冗談通じなさそうだし」
ヒイロ「………判った。 だが、丸腰で向かうのはやめておけ」
シン「へいへい」


554 :咆哮哀歌 3-4/4:2010/05/20(木) 02:33:44 ID:???
シン「すみません、お待たせしました」
 やはり庭先でスウェンを監視していたガンダイバーズを追い払い、
 通りの向かいにバイクを止めて腰掛けていた青年に駆け寄る。
スウェン「いや…急に訪ねたのはこっちだから…」
シン「(うわー、ハーレーだー)どぞ、上がってください」
スウェン「いや、長話をするつもりもない。 頼みがあって来た」
シン「え? スウェンさんが…俺に、ですか?」
 パイロットとしての“能力”はともかくとして、
 場数も人生経験もずっとスウェンの方が上回っている。 
 ライバル、と言うほど剣呑ではないが、シンの目標としている人物の一人でもあった。
スウェン「…ステラを」
シン「ステラ?」
スウェン「ステラを、護ってやってくれ」
シン「ちょっ、それってどういうことですか!」
スウェン「俺の取り越し苦労かもしれないが…
     近いうちに、ステラが傷つくことが起こるかもしない。
     その時は、ステラを支えてやってくれ」
シン「それ、“かも知れない”なんですよね?」
 首肯するスウェンに、シンは胸を張って応えた。
シン「どっちにせよ、ステラは俺が護ります。 そう、決めたんだ」
 決意の表情を見せるシンの姿に、僅かに頬を緩ませたスウェンは、ヘルメットを被り、
 大型バイクにまたがった。
スウェン「すまなかった」
 短く、それだけを言い残すと、水素エンジン独特のサウンドを残して走り去る。
シン「スウェンさん…ステラ…」
 つぶやくシンの頭上を、ようやく帰宅したシーブックのF-91が飛び過ぎた。

つづく



555 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 02:56:00 ID:???
乙です、続き期待してます!

で、勝手に便乗して…
>アレルヤ時々すっごく怖くなるんだー。

ハレルヤ(ヴェックッショイィッ!!誰か噂してんのかぁ!?ズズズ…)
アレルヤ「大きいクシャミは頭に響くよ、ハレルヤ…」
ハレルヤ(ワリィワリィwしっかし、これだけ平和だと身体が鈍ってしょうがねぇなぁ!!)
アレルヤ「僕は朝早いから眠るよ。ただでさえトレミーの皆(特にティエリア)に白い目で見られるんだから…」
ハレルヤ(朝早く?荒熊のおっさんちのピー助の手伝いに行くのかw
なら丁度良いじゃねぇか!!出発するぞぉ!アレルヤァァ!!)
アレルヤ「う、うわあぁぁ!!」ズルズルズルッ…

現在時刻 午前3時近くの事でした。

556 :咆哮哀歌 4-1/4:2010/05/20(木) 03:36:01 ID:???
>>554の続き

 チュンチュン…

アムロ「連続ザク襲撃事件、ねぇ…」
アル「万死に値する!」
ロラン「アル! 死、なんて軽々しく口にするんじゃありません」
アル「は〜い…」
ドモン「そんなに手強い相手だったのか?」ガツガツ
シーブック「う〜ん…俺が駆けつけた途端に、逃げに入りましたからね…。
      実際の戦闘力となると、ちょっと良くわかりません。
      …状況判断はかなり早いんじゃないでしょうか。
      思い切りが良いというか、割り切ってるというか」モグモグ
アムロ「状況を限定して、その中で全力を発揮するタイプだな。
    局地戦型のMS乗りに多い特徴だが…」バサリ
カミーユ「つまり、想定外の事態になればまず撤退?」
シロー「バーニィはミノフスキー粒子でレーダーを殺された直後に奇襲を受けたそうです。
    一撃離脱の奇襲戦法に特化したMSとパイロット、って所でしょうか」ハグハグ
ギンガナム「まるで伝説に聞くニンジャのようであるな!」ガツガツ
シロー「忍者か…」
コウ「確かに、シュバルツさんなら出来そうだけど」
ドモン「むぅ…しかし、シュバルツは正面から戦っても強かった。
    そんな姑息なマネをする必要はない!」
ガロード「そもそもシュバルツさんがそんなことやる動機がないでしょw」
ギンガナム「と言うかだな、なぜそこでシュバルツ殿の名が出る?」

 チュン チュン チチチ…

ギンガナム「む? 小生、なにか変なことを言ったであるか?」
 言葉に詰まる一同。
 アレを忍者として説明していいものか?
アムロ「………」
マイ「アムロ兄さん、どうかなさいましたか?」
 曰く言いがたい雰囲気の兄弟たちの中で一人、
 深刻に考え込んでいるアムロにマイが声をかける。
アムロ「ん? ああ、いや。 なんでもない」
セレーネ「なぁに? 兄さん、忍者に知り合いが居るとか言い出さないでよ?」
ギンガナム「ほほう、それは興味深い! 現代に生きる最後のサムライとして、
      是非とも手合わせを所望してみたい所である!」
ロラン「ギンガナムさん、月光蝶は禁止ですからね。
    さあさあ皆! 急がないと遅刻しますよ!」




557 :咆哮哀歌 4-2/4:2010/05/20(木) 03:37:53 ID:???



アウル「スウェンー、腹減ったー。 なんか…お、あるじゃん」
 ダイニングテーブルの上におかれていた大振りの缶詰を取り上げるアウル。
スウェン「ドッグフードだが…食うか?」
アウル「な゛っ!」
スティング「アウル、人としてそれは止めとけ…」
ステラ「どっぐふーど?」
スティング「犬の餌だよ」
アウル「なんでそんなもんが置いてあるんだよ!」
スウェン「ス○ムと間違えた。 安かったんでな」
アウル「んなもんと間違えるなっ! つーか、間違えなくても◎パムかよっ!」
スウェン「…ここ三ヶ月ほどは、肉料理によく使ってるが…不味かったか?」
ステラ「すぱ●?」
スティング「安くて量はあるけど、油と塩がすげーって肉の缶詰。
      味がくど過ぎて、二口と食えたもんじゃないんだが…」
ステラ「ふーん… スティング、物知り…」
スウェン「要は油と塩を抜けば、調理済みの肉だ。
     そのまま食うんじゃなければ、やりようはある」
ステラ「ステラ、スウェンのご飯好きー♪」
スウェン「そうか」ナデナデ
ステラ「うぇい♪」
スティング「気づかなかったぜ…」orz
アウル「バックバク食ってたもんな、スティング」
マリュー「スウェン…恐ろしい子!」
ネオ「…ちょっとは見習おうな」


558 :咆哮哀歌 4-3/4:2010/05/20(木) 03:40:00 ID:???
アウル「それで、これどうするんだよ」つ【ドッグフード】
ステラ「………」ジーー
スティング「アウル、食うか?w」
アウル「食うかっ!」
ステラ「………」ジーー
スウェン「…処分するしかないな」
マリュー「まぁウチにはワンちゃんいないしねぇ」
ネオ「ご近所…にもちょっといないか」
ステラ「………」ジーー
スティング「………」
アウル「…おい」
ステラ「うぇい?」
アウル「ガイアはこんなもん食わねーぞ?」
ステラ「うん。 ねースウェン、これ、捨てちゃうの?」
スウェン「ああ。 ここじゃ犬は飼えないしな」
ネオ「…ごめんね、借家で」イジイジ
ステラ「じゃあさじゃあさ、これステラが貰っていい?」
スウェン「別に、かまわないが」
ステラ「うぇ〜〜〜い♪」
アウル「おいおい…」
スティング「まさか、食う気じゃないだろうな」
マリュー「どうするの?」
ステラ「うぇい? クr…あ、えっと、えっと、シン! シンにあげるの!」
アウル「ちょ」
スティング「よし! 食わせてやれ! 俺が許す!」
ステラ「うぇい!」
アウル「おいィ!?」
ステラ「シンのトコロ行ってくる!」
 大ぶりの缶詰を手に、少女は走り出す。
ネオ「あ、おい!」
マリュー「…あの子、本気でシンにあれ食べさせるつもりなのかしら?」
スティング「はっはっはー、野郎にはいい薬だ」
アウル「スティング…」

シャニ「おなかすいたー」
クロト「空・腹!」
オルガ「…お前ら、こんな所に集まって何やってんだ?」

スウェン「ほら、夕飯の用意の邪魔だ。 腹が減ったならこれでも摘んでろ」つ【煮干】
アウル「えー」
クロト「…」ポリポリ
シャニ「…」ポリポリ



559 :咆哮哀歌 4-4/4:2010/05/20(木) 03:42:23 ID:???

マユ「ここ?」
ステラ「うぇい」
シン「ほら、マユ、足元気をつけろよ」
マユ「ん」
 迷犬クロノスが塒とする洞窟である。
シン「こんな所に洞窟なんて…よく見つけたなぁ」
ステラ「うぇい♪」
マユ「ここにワンちゃんいるの?」
ステラ「うぇい。 クロノスー、いるー?」タタタ
シン「お、おい、ステラ! ったく、こんな暗いとこ、よく走れるな」
 キーホルダーに繋いでいたLEDライトを取り出し、マユの手を引いて追うシン。
ステラ「ああっ!」
マユ「! お姉ちゃん!」
シン「なんだ? ステラ、どうかしたのか!」
 切羽詰ったステラの声にマユが飛び出す。
 そして、シンの持つライトの光に浮かび上がったステラは、
 件の缶詰を前に、両手を着いてうな垂れていた。
マユ「お姉ちゃん?」
シン「ステラ…」
ステラ「シン…」
シン「どうしたんだ? 何かあったのか?」
ステラ「…缶切り」
シン「は?」
ステラ「缶切り、忘れた」orz
マユ「…」
シン「…」
クロノス「…」

 ぴちょん!

 どこかで、水滴が落ちる音が響いた。

つづく

今宵はこれまで。
時間ができれば、明日の昼前後にでも続行したいと思います。

560 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 09:40:27 ID:???
>>541
つまり少数ながら男子もいる、そして本人は嫌がっている、
にも関わらず女装で潜入させたのはただのスメラギさんの趣味かw


あとティファとアスナって一瞬似てるなと思った。
どっちも15才?で絵が好きで胸が小さくて
ちょっと実験されちゃったニュータイプだし。
性格は…雰囲気は全然違うけど好きな人が絡むと暴走気味なとことか。

561 :咆哮哀歌 5-1/4:2010/05/20(木) 10:59:15 ID:???
>>559の続き


 キコキコキコ…
マユ「ふわぁ…お兄ちゃん、すごーい!」
ステラ「うぇい! シンすごい!」
シン「はいはい」
 ナイフを使って、器用に缶の蓋を切るシンに、尊敬のまなざしが注がれる。
シン「マユは真似すんなよ? 下手したら大怪我するからな」
マユ「はーい。 もう、お兄ちゃんたら心配性なんだから」
クロノス「…」
 やや離れた所ではしゃぐ三人をじっと見つめる大型犬。
マユ「クロノス…だっけ? なんだか、大人しい子だね」
ステラ「うぇい。 クロノス、いい子」
シン「(大人しいって言うよりは、元気が無い気がするけど…ん?)」
 不意に、大人しく座っていたクロノスが立ち上がる。
クロノス「………」
 見れば、鼻を引くつかせながら、何かを探すように辺りを見回す。
 もちろん明かりといえばシンの傍らのライトくらい。
 天井に小さな亀裂はあるが、差し込む光は圧倒的に光量が不足しており、
 ライトの外側は一面の闇である。

――『さぁ、今日はご馳走だぞ〜』
 白皙の、物静かな雰囲気を持つ男の姿がフラッシュバックする。

 犬の嗅覚は人の数万から数千万倍とも言われる。
 人間であるシン達には特にどうとは思わぬ缶詰の匂いを、
 大型犬は鋭敏に嗅ぎ取っていた。

ステラ「クロノス?」

――『やったよ―――! どうやらスポンサーが見つかりそうだ!』

ステラ「クロノス!」

――『僕の夢はね、―――。 事故とか、病気とか…
   そんな傷ついた動物たちの新しい四肢を作り出すことなんだ。
   …って、君に言っても判らないかな? あははは』




562 :咆哮哀歌 5-2/4:2010/05/20(木) 11:01:19 ID:???

シン「なんか…様子が変じゃないか?」
マユ「うん…」

 轟音! 轟音! 轟音!
 閃光と、鼻を突く鋭い――硝煙の臭い。
―『ふふ…なんの研究かは知らんが、いくばくかの金にはなろう…』
 血の臭い。

 ハッ…ハッ…ハッ…ハッ…ハッ…

 闇の中で、クロノスの荒い呼吸音が響く。

ステラ「…クロノス?」

 ハーッ、ハーッ、ハーッ…


 血の臭い。

 血の臭い。

 血の臭い。

 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い
 血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い血の臭い


563 :咆哮哀歌 5-3/4:2010/05/20(木) 11:02:24 ID:???

――『あはははは! そうだ、いいぞ―――!』
――『ごめん、―――。 でも、この実験が上手くいけば』
――『大丈夫かい、―――? 僕はここにいるよ』

 そして、失われた、大好きな臭い。

――『に…逃げ… リク…オー…』

 ぐるるるる…

シン「マユ、下がって…ゆっくり」
マユ「う、うん」
 シンはゆっくりとジャケットから右腕を抜くと、左腕に巻きつけた。
 ライダースーツにも使えるような厚手のものだが、
 成人ほどもある大型犬の牙をどの程度防いでくれるものか。
ステラ「クロノス? ねぇ、どうしたの?」

 ぅるるるるるるるる…

 牙をむき、“何か”を睨むクロノス。
 その目はシンやマユ、そしてほとんど鼻先にいるステラも見ていない。
 シンが視線の先にライトを向けるが、そこにはただ洞窟の岩肌があるのみである。

 ガアッ!

 洞窟に、獣の咆哮が轟く。
ステラ「クロノス…」
シン「ステラ、下がって! そいつ、普通じゃない!」
ステラ「でも…」
シン「でもはなし!」

 ゴアアアッ!

 再び響き渡る咆哮。
 その時である。

 ヴィンッ!

シン「モノアイ!?」


564 :咆哮哀歌 5-4/4:2010/05/20(木) 11:03:46 ID:???
 洞窟のさらに奥、ライトの光が届かない闇の中で、独特の起動音と共に、
 モノアイ・カメラが鈍く輝いた。
マユ「ガイアちゃん?」
シン「違う…これ、まさか、シーブック兄が言ってた…」
 その光でおぼろげに浮かび上がったのは、尖った鼻先の、四足獣型MS。
ステラ「クロノス!」
シン「ステラ、下がれ! そいつはヤバイ!」

 ウオオォォォォン!

 一際高くクロノスが吼えると、“四本足”が胸のハッチを開きながら前進。
 地上高7〜8mはあろうかと言うそのコクピットへ、クロノスは一挙動で飛び乗る。
シン「まさか、あいつ…エクステンデッドなのか!」
マユ「お兄ちゃん!」ギュッ

 轟!

 クロノスを収めたMSはそのまま跳躍、洞窟の天井を突き破る。
ステラ「クロノスーーー!!」
 ステラの悲痛な呼び声も、岩盤の崩落の音に飲み込まれた。




ダリル「海岸地区だと!?」
ハワード「まずいぞ…山岳地帯の封鎖に、近隣のMS隊はほとんど出払っている!」
グラハム「ならば、最も機動力に長ける我等オーバーフラッグス隊の出番だろう」
ハワード「警視正!」
ダリル「了解です!」
ジョシュア「回せーー!」

つづく



565 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 12:22:49 ID:???

久しぶりの大型シリアス長編wktk
っていうか犬が乗るんかい!
まぁサルが乗るMSもあったし問題ないな!

566 :咆哮哀歌 6-1/4:2010/05/20(木) 13:41:33 ID:???
>>564の続き

ダリル「海岸地区だと!?」
ハワード「まずいぞ…山岳地帯の封鎖に、近隣のMS隊はほとんど出払っている!」
グラハム「ならば、最も機動力に長ける我等オーバーフラッグス隊の出番だろう」
ハワード「警視正!」
ダリル「了解です!」
ジョシュア「回せーー!」
グラハム「目標は陽動の可能性もある! 01から07小隊は閉鎖と捜索を続行!
     08小隊以下は市街地への非常線の展開! 目標を市街に入れるな!」
オペレーター「緊急! 各機、移動を願います。 01小隊はE-37ブロック(ry」

 フィンフィンフィンフィンフィンフィン…
オペレーター『00小隊緊急発進、00小隊緊急発進、各員は所定の(ry』
整備員「機体チェックよし!」

エイフマン「ほう、エーカー君が自らご出馬か」
ビリー「夕べ緊急出動したばかりなんですけどね。
    もう少し機体と整備する人間を労わってほしいですよ」
グラハム「申し訳ないとは思っているのだがな」
ビリー「おや、いたのかい」
グラハム「白々しい… カタギリ、教授、お願いがあります」
エイフマン「ほう」
ビリー「気をつけてください、教授。 彼があの目をしてる時は、無茶を言う証拠ですから」
グラハム「カタギリ、混ぜっ返すな。 …アレの用意をお願いします」
エイフマン「ふむ」
ビリー「おいおい、それほどの相手なのかい?」
グラハム「できれば使わずに済ませたい。 だが…」
エイフマン「解った。 準備はしておこう。 カタギリ君、例のシステムの調整は任せる」
ビリー「合点承知」


567 :咆哮哀歌 6-2/4:2010/05/20(木) 13:42:58 ID:???

オペレーター『目標は308号線をおよそ10キロ程で南下中』
グラハム「10キロ? 時速でか!?」
オペレーター『監視中の08小隊、マシス巡査の報告では、まるで千鳥足だと…』
ハワード『罠、でしょうか…』
グラハム「日中に動き出した点も気になる。 やはり、陽動か…」
ダリル『まもなく視認距離…ターゲット・イン・サイト!
    …なんてこった、本当にコヨーテみたいな奴だな』
ハワード『なるほど、熱源探知に引っかかりませんね…
     どんな冷却装置を積んでいるんだ…』
 見事なダイヤモンド編隊で目標上空を旋回するオーバーフラッグス。
グラハム「ヘッド・クォーター、目標視認。 作戦行動に入る。
     08小隊は引き続き市街へのルートを閉鎖」
オペレーター『了解です。 お気をつけて』
グラハム「オーバーフラッグス! フォーメーションEでミッションを開始する!」
ダリル『隊長! ジョシュアが!』
グラハム「!? 巡査! フォーメーションを崩すな!」
ジョシュア「ヘッ! 隊長面して!」
ハワード「空中変形?!」
ジョシュア「いつまでも、自分だけのものと思って! !! う、うわ! 何!?」
ダリル『ジョシュアが!』
グラハム「ええいっ! フォーメーションをCに変更する!」

シロー「爆発!? エレドア!」
エレドア『例によってエドワーズ巡査が先走って撃墜されたみたいっす』
カレン『またか…』
サンダース『隊長、我々も援護に…』
シロー「…いや、俺たちはこのエリアを守る。 万が一出し抜かれでもしたら市街は目の前だ」
サンダース『了解です』
ミケル『大丈夫ですよぉ、グラハム警視正とオーバーフラッグス隊ですよ?
    今頃どかーんと…』
 どかーーん…
ダリル『ハワード!』
グラハム『ハワード・メイスン!』


568 :咆哮哀歌 6-3/4:2010/05/20(木) 13:44:08 ID:???
シロー「エレドア!」
エレドア『ハワードの旦那が…くそっ! 目標の足音が聞こえねぇ!』
シロー「くっ…」
ダリル『俺は…ネオトピアの…フラッグ・ファイターだーー!!』
 どーーん…
グラハム『ダリル・ダッジ!!』
ミケル『ちょ…』
シロー「全機戦闘体勢! 09小隊はっ!?」
エレドア『現着まであと5分!』
カレン『隊長!』
グラハム『08小隊! 目標は13-42を南下中!』
シロー「全機、予測地点に照準!」
カレン『…!』
サンダース『了解!』
 カレン機はロケットランチャーを、サンダース機はビームライフルを構える。
 ガン!
 シローはEz−8のシールド先端を地面に打ち込み、
 その上に180mmキャノンの砲身を乗せて固定した。
シロー「エレドア!」
エレドア『だめだ! ソナーが役にたたねぇ畜生!』
グラハム『こちらで捕らえている! 3、2、1!』
シロー「撃ち尽くせ!」
 はっきりと形を認める暇もなかった。
 照準機の中に、何か動く物が入った瞬間、シローは引き金を引いていた。
 ロケットの推進音、ビームの発射音、そして轟と唸る180mmの砲声が響き渡る。
 カレン機が撃ち尽くしたランチャーを投げ捨て、
 100mmマシンガンに持ち替えて爆炎と土煙が舞い上がる中へ撃ち続ける。
 シローも残弾の尽きたマガジンを交換、回避予測地点へと180mm榴弾をばら撒いた。
 直撃した際のダメージでは貫通弾には及ばないが、榴弾は撒き散らす破片と衝撃波で
 MSのセンサーや可動部分へダメージを蓄積する。
 そしてそれは高機動型のMSにとっては致命的な物となる筈だった。


569 :咆哮哀歌 6-4/4:2010/05/20(木) 13:45:48 ID:???

 キンキンキンキン……

 焼けた砲身が澄んだ音を立てる。
 潮風が土煙を吹き払うと、アスファルトを引き裂かれた幹線道路はもとより、
 一面の地面が抉られ、削り取られ、掘り返されていた。
シロー『…目標、視認できず。 警視正、そちらから見えますか?』
グラハム「…いや、こちらからも見当たらない」
 上空を旋回しながら周囲を見下ろすグラハム。
ミケル『バラバラになっちゃったんですかね?』
 楽観的な希望をつぶやく者もいるが――
カレン『だといいけどね』
サンダース『隊長、自分が前に』
シロー『気をつけろよ、サンダース』
サンダース『はい』
 ライフルをマシンガンに持ち替えたサンダース機が、慎重な足取りで前に出る。
 弾切れのマシンガンを捨てたカレン機と、シローのEz-8はウエポンコンテナから
 ビームライフルを取り出し、周囲を警戒する。
グラハム「(さすがはアマダ隊…油断が無い)」
サンダース『隊長』
シロー『どうしたサンダース』
サンダース『何か…装甲材の破片のようなものが…』
シロー『奴の残骸か?』
サンダース『土に埋もれてここからでは…接近します』
 やはり慎重に、ゆっくりと歩む陸戦型ガンダム。
 グラハムがモニターの画像を拡大すると、確かにその向かう先に、
 金属光沢の黒い物が、半ば土に埋もれている。
 サンダース機はマシンガンを持つ手を伸ばし、銃口でそれを叩いた。
グラハム「あの色…いかん!」
サンダース『Eカーボンのようですが』
シロー『警視正、何か?』
グラハム「それはダリルのフラッグ(の残骸)だ!」
サンダース『は?』
シロー『!! サンダース! 下だ!』
 ボコォ!
 土砂を跳ね上げ、“四本足”がサンダース機の右足に噛み付く。
グラハム「なんとっ!」
サンダース『うおっ!』
カレン『サンダース!』

つづく



570 :咆哮哀歌 7-1/4:2010/05/20(木) 15:12:04 ID:???
サンダース『うおっ!』
カレン『サンダース!』
シロー「!!」
 とっさにライフルを向けるシローとカレンだったが、
 足を掬い上げられ、体勢を崩したサンダース機が間にあるため引き金が引けない。
サンダース『隊長! 撃ってくだs…うおおおっ!』
 “四本足”はそのまま陸戦型ガンダムの足を引きずると、全身をつかって振り回し始めた。
カレン『なんてパワーなの…』
シロー「カレン、援護しろ!」
 言うが早いか、ライフルを投げ捨てたEz-8はサーベルを引き抜いて走り出す。
 そこへ、“四本足”は振り回していた陸戦型ガンダムを投げつけた。
カレン「なっ…」
サンダース「なっ!」
シロー「なんとおおーー!」
 MSの黎明期とも言える時代に開発された陸戦型ガンダムの機体重量は52.8t。
 新素材の開発、使用により軽量化が進む最新のMSに比べれば数倍する。
 それを振り回し、あまつさえ放り投げるなど、
 サイコガンダムやデストロイガンダム等の超巨大MSでも可能であったかどうか。

シロー「くそっ!」
 Ez-8がビームサーベルを投げ捨て、正面から陸戦型ガンダムを受け止める。
 轟音と、そして衝撃。
サンダース『がっ!』
シロー『うわああっ!』
カレン「隊長! サンダース!」
グラハム『巡査部長!』
カレン「えっ?」
 敵性MSに対し、目を切ったのは一瞬だった。
 だが、目を戻した時には―

 ヴィン!

 モニターいっぱいに、モノアイの光が映る。
カレン「くっ!」
 とっさに操縦桿を操るカレンであったが、鈍い音が頭上から響き、
 次の瞬間にはモニターがすべてブラックアウトしてしまった。
 頭部粉砕による回路過負荷。
 バランサーも機能を失い、カレンの陸戦型ガンダムはゆっくりと地面に倒れこんだ。

シロー『カレン! くそっ、おい、サンダース! 聞こえるか!』
 サンダース機のコクピットにシローの声が響くが、
 パイロットの巨漢はぐったりとしたまま動かない。
 ヘッドギア越しとは言え、衝撃でシートのヘッドレストに後頭部を殴られたのである。
シロー『サンダース!』

グラハム「歴戦パイロットの駆る5機が、こうも容易くっ!」
 グラハム・エーカーの専用カスタムフラッグが、空中でMSモードへ変形、
 弾体を撃ちつくしたライフルを捨て、プラズマソードを引き抜きながら降下した。


571 :咆哮哀歌 7-2/4:2010/05/20(木) 15:13:26 ID:???
シロー「サンダース、借りるぞ!」
 Ez-8の左手端子を陸戦型ガンダムのバックパックに接続、上位者コードで以てサーベルラックを開く。
 投げ捨てた自機のサーベルの代わりにそれを引き抜いて、Ez-8は立ち上がった。
グラハム『警部補、いけるか?』
シロー「はっ! 駆動系に若干の赤ランプはありますが…まだ無理は利きます!」
グラハム『ふっ…頑丈な良い機体だな!』
シロー「自分の、相棒ですから!」
 ドン!
 ロケットモーターとジェットエンジンが唸りを上げ、二機のMSが“四本足”に突進する。
 盾をかざして一直線に突き進むEz-8と、それをブラインドにすばやく機体を切り返す漆黒のフラッグ。
シロー「うおおおおおっ!」
グラハム「ちえすとぉぉぉぉ!!」
 裂帛の気合と共に振り下ろされるビームサーベル。
 軽やかなサイドステップでかわす“四本足”だが、
 そこへさらに二本のプラズマソードが追い討ちをかける。
グラハム「なんとっ!」
 必殺と思われた連撃だったが、“四本足”はそれすらバックステップでかわして見せた。
シロー「まだまだぁ!!」
 大重量を支えるパワーにものを言わせて機体を立て直したEz-8は、
 さらにビームサーベルを切り上げる。
グラハム「(逃げ場は上のみ!)」
シロー「(空中戦なら警視正のフラッグが有利っ!)」
 シローの狙いを読んだグラハムは愛機を上昇させる。
 だが。
シロー「下だとっ!」
 下から切り上げるEz-8のビームサーベルをものともせずに“四本足”は体を伏せさせる。
 ビームの先端が“四本足”の表面を焼き、電波吸収性らしき塗料を剥がすが…
 それだけだった。
グラハム「見切りとはっ!」
 かの剣豪、宮本武蔵は、額に貼り付けた米粒だけを斬らせることができたと言う。
 シローとグラハム、二人の名手をして計りきれなかった距離を、
 “四本足”は見切って見せたのである。

シロー「ぐっ!」
 ビームサーベルを振りぬいた体勢のEz-8に飛び掛る“四本足”。
 とっさにシールドをかざして受け止めるシローだったが、それこそが“四本足”の思惑。
シロー「俺を踏み台に!」
グラハム「狙いはこちらかっ!」



572 :咆哮哀歌 7-3/4:2010/05/20(木) 15:15:28 ID:???

―――「―――ド、――大丈――― お―ハワード!」
ハワード「う…」
ダリル「ようやくお目覚めか、寝ぼすけ」
ハワード「ダリル? 俺は… ! 奴は!」ガバッ!
ダリル「ここには居ない。 おそらく08小隊と、隊長が戦っている筈だ」
 言われてハワードは、遠くから響く聞きなれたジェットエンジンの音に気付く。
ハワード「俺はどれくらい気を失っていたんだ?」
ダリル「さて、俺もさっき目を覚ましたばかりなんでな。
    まぁ何十分とは経ってないはずだが」
ハワード「お前もやられたのか…」
ダリル「ああ、なんとか足止めだけでもと思ったんだが…
    ありゃあ何者だ?」
ハワード「判らん。 隊長は何か心当たりがあるようだったが…
     ! そう言えば、ジョシュアは?」
ダリル「あっちだ。 機体はお釈迦だが、奴自身はピンピンしてるよ」
 巨漢が親指で示す先には、横たわるフラッグのコクピット・ハッチに
 不貞腐れた顔で座り込む男の姿。
ハワード「ジョシュア! 貴様…」
ダリル「お、おい、ハワード」
ジョシュア「…何か?」
ハワード「貴様、自分が幾つ服務規程を違反したか判っているのか!」
ジョシュア「…ちっ」
ハワード「貴様がフォーメーションを乱さなければ!」
ダリル「落ち着け、ハワード!」
ハワード「放せダリル! 今日という今日は…」

 その時であった。

 ゴウッ!

 一瞬、日輪をさえぎる影と、そして巨大なスラスターが吼える独特の飛行音。
ハワード「何っ!」
ダリル「あれは!」



573 :咆哮哀歌 7-4/4:2010/05/20(木) 15:17:18 ID:???
 バキャン!
シロー『警視正!』
グラハム「堪えろよっ!」
 とっさにフラッグを横滑りさせたグラハムだったが、
 “四本足”はすれ違いざまにフラッグの右腕を肩からもぎ取った。
 衝撃と重量バランスの急変、無理な機動が祟ったフラッグは一気に失速、
 地面に叩きつけられるような勢いで落下する。
グラハム「ぐうううっ!」
 それでも左腕と両足を振り回したフラッグはメインノズルを地面に向けることに成功、
 地面効果もあり、かろうじて大地への激突を免れる。
シロー『ご無事ですか警視正!』
グラハム「心配無用!」

シロー「くそっ、バーニィの奴、こんなのに奇襲されてよくも…ぐうっ!」
 シールドに衝撃。
 “四本足”は、正確にカメラの死角を突いてくる。
 逆に言えば、姿を見失った瞬間には「そこ」にいると言うことである。
シロー「こっち!」
 幾度目か、振り下ろしたビームサーベルはしかし、やはりかわされ、
 その手を引き戻すよりも早く“四本足”が突進する。
シロー「うわあああああっ!」
 かろうじてシールドで防御するものの、体ごと吹き飛ばされるEz-8。
グラハム『警部補!』
 各部の異常を知らせるランプが一斉に点灯、コクピット内が真っ赤に染まる。
 ダメージ・コントロール・システムがフル回転して致命的な部分を優先して復帰させるが、
 赤燈が消えたのは一部だけ。
 不具合の出たシステムを切り離し、サイドパネルに腕を突っ込んで手動で回復を図るも、
 正面には身構えた“四本足”。
シロー「くっそおおおお!」

?????『やれやれ、もう少しゆっくりするべきだったな』
シロー「?」
グラハム『なっ!』
 不意に、眼前が塞がれる。
 それは、潮風にたなびくABCマント。
キンケドゥ『そうすれば、警察のMS乗りトップ2がいなくなってくれたんだが』
グラハム『キ…』
シロー「キンケドゥ!」
 盗賊団「クロスボーン・バンガード」リーダー、怪盗「キンケドゥ・ナウ」の駆る、
 クロスボーンガンダムX1が、そこにあった。

つづく

本日の投下はここまで。
続きは明日になります。

574 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 15:29:05 ID:???
乙ですー

575 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 16:38:38 ID:???
>>560
ティファ「・・・・・(似てる?)」
アスナ「・・・・・・(似てるのかな?)」

576 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 20:40:20 ID:???
刹那「アムロ兄さんは何をやっているんだ?」
マイ「何でも仕事で、ディジェとかZ3号機とかνを引っ張り出して
   整備しているようだよ。」
刹那「アムロ兄さんはガンダムだ!」
マイ「他にもカミーユやシンとキラそれにシーブックの友達とかも同じ
   仕事が来たようだね。」
ロラン「今回はお留守番です。皆さんの活躍期待していますよ。」

ACE:Rでまさかのディジェで参戦とZ3号機を引っ張ってくるとは

577 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 23:06:48 ID:???
>>575
シン「よおアスナ。友達か?」
アスナ「あ、シン…いや、会ったばかりなんだけどね」
ティファ「あの…こんにちは…」
シン「ああ、こんにちは。アスナの友達にしちゃ丁寧な子だな」
アスナ「どういう意味よ?」
シン「なんでもねーよ。で、何してたんだ?」
アスナ「うん、今趣味とか境遇とか色々話してたんだけどね、アタシ達似てるな〜って言ってたの」
シン「はあ?この子と?お前が?ふ〜ん…………」ジロジロ
アスナ「な、何よ……?」
シン「はははっ 全然似てないんじゃないか?だって、この子こんなに大人しそうで可愛らしい感じなのに」
アスナ「へ…へぇ……じゃあアタシは……?」
シン「そりゃお前は大雑把でいい加減で…それから…」
アスナ「それから……何?」ワナワナ
シン「あ、あれ…ひょっとして怒ってる…?」
アスナ「怒ってます」
シン「冗談だよ冗談…そんな怖い顔すんなよ」
アスナ「アイス奢ってくれたら許す」
シン「はぁ…しょうがないな…またウニか?たまにはバニラとかにしろよ」
アスナ「ウニアイスが好きなの!ほら行くよ!ティファちゃんごめん、またね〜!
    気が向いたらうちの学校に遊びに来てよ。アイスご馳走するから〜!」
ティファ「は、はい…(今、ウニって……ウニアイスって言った……何だかわからないけどすごそう……」

578 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/20(木) 23:29:55 ID:???
プリンに醤油をかけるとウニの味がすると聞く
高価なウニのアイスは現実的ではなく、プリンアイスに醤油をミックスしたような代物かもしれない・・・

579 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 06:47:00 ID:???
988 名無し大佐 New! 10/05/21(金) 00:36:45 ID:43wCSSR2
規制に巻き込まれたので代行お願いします…OTZ

咆哮哀歌の人乙です。
まさか犬がMSに乗るとは…この仔もエクステンデッドだったりするんですか?


アムロ「………(写真を見つめている)」
刹那「アムロ兄さん、その写真は?」
アムロ「これかい?昔一緒に戦った仲間と撮った写真だよ」
刹那「見ても…いいか?」
アムロ「ああ、いいぞ」

刹那「仮面ライ○ーBLACK・○光太郎とウルト○セブン・モロボ○ダン…ん?
    アムロ兄さん、中央に写ってるこの紫の髪の男は一体誰なんだ?」
アムロ「ああ。彼も俺の仲間だったんだが…ある事情があって
    敵対してしまったんだ。どうしてあんな結末になってしまったんだ…」


※紫の髪の男とはヒーロー戦記の主人公、ギリアム・イェーガーの事

580 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 07:26:29 ID:???
>>579
ギリちゃんの今の部下アムロと光太郎とダンにそっくりなんだよな、顔も名前もw

581 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 07:47:35 ID:???
>>578
ググってみたらウニアイスって実在するんだな・・・
味が全く想像出来ないw

582 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 08:19:49 ID:???
>>579-580
その後、別の場所で共に戦った電子の妖精の写真が出てきて、一騒動になったのは別のお話

583 :咆哮哀歌 8-1/4:2010/05/21(金) 10:03:42 ID:???
>>573の続き

ハロ長官「怪盗キンケドゥだって?」
ジュリ「ホバートラック08から映像、来ます!」
リリ「あのヒラヒラは、間違いありませんわね」
ハロ長官「ウムム…こんな所で…」
ジュリ「何が目的なんでしょうか…」
リリ「普通に考えれば、市民による善意の協力、と言ったところかと思いますけど」
ジュリ「指名手配中の怪盗が、ですか?」
リリ「…無理がありますかしら?」
ハロ長官「(いや…以前にもキンケドゥは警察に手を貸すような所があった…)
     いずれにせよ、今、あの犬型MSを止められるのは、
     彼しかいない、と言うことです。
     後詰の09小隊はどうなっている!」
オペレーター「騒ぎを嗅ぎ付けたマスコミの地上車両と接触!
       現着までしばらくかかりそうです!」
ハロ長官「ええい、だから市街地の幹線道路は避けろと…
     やむをえん、こうなったら私が出る!」
ジュリ「長官!」
リリ「あなた、ガンペリーの用意をお願いいたしますわ」
オペレーター「あっ、はい!」
ハロ長官「リリ署長、後はお願いします。 行くぞ、ジュリ君!」
ジュリ「はいっ!」
リリ「お気をつけて〜」ノシ~

シロー「キンケドゥ…お前が何故ここに! まさかそいつは!」
キンケドゥ『私たちの仲間か?…と言いたいなら、答えはNOだ。
      このMSにはちょっとした借りがあってね。
      自分の手で返そうとあわてて飛び出してきたんだが…
      どうやら杞憂だったかな?』
シロー「ぐっ…」
 ボコーダーによる変調ボイスだったが、言外に含んだ笑みは伝わる。
グラハム「(だが…近接戦に特化した彼のガンダムならば、確かに奴に対抗できる…)」

シーブック「何とか間に合ったか…」
 通信機を切り、クロスボーンガンダムX1のコクピットでシーブックは安堵のため息を漏らす。
 練度はともかく、ほとんどが旧型MSばかりの警察では目の前の“四本足”には対抗しきれない。
 怪盗キンケドゥとして、彼らをよく知るが故のシーブックの結論であった。
シーブック「さて、どこのどなたかは知らないが…バーニィの(ザクの)仇はとらせてもらう!」
 ヴゥゥン…
 大型のビームサーベル、ビームザンバーを引き抜く。

 海からの強風が、X1のABCマントを煽る。



584 :咆哮哀歌 8-2/4:2010/05/21(金) 10:05:40 ID:???

 ビームシールドの完成により、ビーム兵器は対MS戦での切り札ではなくなってしまった。
 以後、各MSメーカーは新しい戦術の開拓と、それに対応する機能の開発を余儀なくされる。
 サナリィのその解答の一つが、ビームシールドをも貫く強力な火器、ヴェスバーを搭載したF-91。
 そしてもう一つが、MSの推進力と防御力を強化することで近接戦闘に特化した、F-97であった。
 特に盗賊団「クロスボーン・バンガード」が使用しているガンダムは、
 メインスラスターをさらに大型のものに換装し、
 運動性能において現行のMSではほぼ最高峰の性能を発揮している。
 ―――正確には、クロスボーンガンダムをダウングレードした簡易量産機が
 F-97フリントとして製品化されている機体ではあるのだが。

 ちなみに、キンケドゥに倣った海賊デザインに改造することがやんちゃな層では流行っており、
 警察の追跡調査を混乱させる一助になっているとかいないとか。

 ドウッ!
 最初の攻撃はクロスボーン・ガンダムX1からだった。
シロー「うわぁ…」
 ビームザンバーを見せ付けておきながら、マントの下でビームピストル・バスターガンを抜き、
 いきなり射撃を加えたのである。
グラハム「むう…なかなか素敵な卑怯技だが…」
シロー「あれを、かわすのか!」
 “四本足”は、まるでX1の狙いが判っていたかのようにその射撃を軽やかにかわしてゆく。
 頭部のバルカン、肩部のビームガンまで動員して射撃を加えるも…
シーブック「やっぱりこいつ、“先読み”してるのか!」
 彼の長兄、アムロ・レイを始め、トップクラスのMS乗りは、
 時折未来が判っているかのような行動を取る時がある。
 NT能力、などと呼ばれているが、その詳細なメカニズムは未だ解明されていない。
シーブック「なんとぉーーーー!」
 射撃兵装を持たないのか、“四本足”は一方的な射撃をかわすばかりであるが、
 裏を返せば、数多の警察MSを退けてきた「怪盗キンケドゥ」の実力を以てしても
 捕らえきれないということである。

グラハム「いかん!」
シロー「カレン!」
シーブック「やべっ!」
 サイドへと回り込むように走る“四本足”は、そのまま擱座したカレンのRX-79を盾にする。
シーブック「ちっ!」
 とっさにトリガーを外すシーブック。
グラハム「むっ…巡査部長を庇った? やはり、キンケドゥ…
     犯罪者ではあっても、悪党では無いと言うことか…」


585 :咆哮哀歌 8-3/4:2010/05/21(金) 10:07:44 ID:???
 そしてそれは“四本足”には絶好の好機だった。
 体勢を立て直し、高々と宙に舞う。
シーブック「!」
 それを読んでいたシーブックではあったが、傾きかけた太陽が、“四本足”を覆い隠す。
シーブック「しまっ…」
 X1背部のスラスター・アームが跳ね上がり、強引に機体を後退させる。
 ザンッ!
 辛うじて直撃を免れるが、ABCマントの胸元には三条の爪痕が刻まれた。
シーブック「このっ!」
 とっさにビームザンバーを振るうが、体を沈めるだけであっさりとかわされる。
 Ez-8同様、サーベルを引き戻す動きにあわせて懐に飛び込もうとする“四本足”だったが、
 その鼻先を狙ってブランド・マーカーを打ち下ろすX1。
 とっさに身を引いた“四本足”に鋭い前蹴りを放ち、直撃こそ叶わなかったが、
 大きく間合いを取らせることに成功する。
グラハム「さすが、だな…」
 旧世代機のような重いシールドを持たないクロスボーンガンダムは、
 近接戦闘において四肢を自由に振り回せる。
 一方の“四本足”も、その特殊な形状ゆえに通常のMSにはあり得ない機動を見せるが、
 回転の速い攻撃――しかも、ビームザンバー、ブランド・マーカー、通常型のビームサーベルと、
 間合いの異なる武器を使いこなされては距離を詰めきることができない。
 “四本足”の爪がさらにABCマントを引き裂き、X1のビームが装甲を焼くが、
 尚も両者共に致命傷には至らず。
グラハム「うむ…これは、僅かな隙が勝負を決めるぞ…」
シロー『警視正』
グラハム「警部補、動けるか?」
シロー『何とか最低限の機能は回復しました』
グラハム「好し、だが、まだ動くな」
シロー『そんな!』
グラハム「迷いが有っては、どちらも捕らえられんぞ」
シロー『う…』
 特殊車両機動部隊の彼らにとって、今この場で優先するべきは凶悪犯の“四本足”を確保することである。
 だが、シローには、何度も取り逃がしてきたキンケドゥに対する強いこだわりがあった。
 結果としてそのキンケドゥに救われる形になっている現状が、平静さをかき乱す。
グラハム『今は待て。 好機は必ず訪れる』
シロー「…了解しました」


586 :咆哮哀歌 8-4/4:2010/05/21(金) 10:09:51 ID:???

 どれくらいの時が過ぎただろうか。
 その攻防はずっと続いていたようでもあり、また、一瞬のようでもあった。
 どちらも必倒の一撃を繰り出しながら、それを紙一重でかわし続ける。
 その様は、まるで舞踊を思わせ、ある種の美すら感じられた。
 ガン!
 だが、その均衡はついに破られた。
キンケドゥ『ぐっ!』
 “四本足”の一撃により、X1の腰部左フロントアーマー、
 股関節部分を守る可動式の装甲部分が外れて脱落したのである。
 可動部分だけに脆弱で、実戦ともなれば破損、脱落は珍しくない部分ではあるが、
 お互いクリーンヒットを許さなかった攻防の中での、初めての有効打である。
グラハム「これまでか」
 それは、僅かなバランスで支えられていた天秤が、大きく傾いた事を意味する。
シロー『…ええ、そうです。 あのペテン野郎!』
 だが、シローの声には歓喜の響きがあった。
グラハム「?」

 スラスターを吹かし、後退するX1。
 それを追う“四本足”。
 足を止めるためか、ビームザンバーを投げつけるX1だったが、それは明らかに苦し紛れである。
 軽々とそれを飛び越えてやり過ごす“四本足”であった。
 が。
キンケドゥ『もらった!』
 X1の左腕が、腰部アーマー基部から伸びるチェーンを振るう。
 がきっ!
 それは、トラバサミのように、“四本足”の後ろ足をX1のシザーアンカーが捕らえた音だった。
グラハム『なんと!』
 アーマーは脱落したのではなく、外したのである。
 X1の腰部フロントアーマーは、先端に強力なハサミを備えたアンカーでもあったのだ。
キンケドゥ『これなら!』
 チェーンを巻き上げながら、バスターガンを構えるX1。
 三連射のビームが、“四本足”を貫く。
シロー『やった!』
グラハム『お見事!』

つづく


587 :咆哮哀歌 9-1/4:2010/05/21(金) 11:14:32 ID:???
>>586の続き


 どさり、と音を立てて丸太が転がる。
キンケドゥ『なっ!』
シロー『これは!』
 それは、比喩でもなんでもなく、文字通り、長さ約10m、直径70〜80cmほどの丸太だった。
 クロスボーンガンダムX1のシザーアンカーが突き出た枝の一つをくわえ込み、
 幹にはバスターガンによる破砕孔も三つ、きちんと並んでいる。
グラハム『どこから丸太が…』
シーブック「(くそっ、また引っかかっちまった…)」
 チェーンを掴んだ左腕を一振りしてシザーアンカーを外し、元のフロントアーマーに戻す。
シロー『そう言えば、夕べ、シーブックも変わり身に引っかかったと…』
グラハム『さもありなん。 これほど見事な変わり身ならばな… やはり、忍か…』
シロー『う… やっぱり忍者、ですか…』

 かつて、戦場において情報の収集とかく乱、要人暗殺、破壊工作などを生業とする者たちがあった。
 その存在は常に闇と共にあり、決して歴史の表舞台に現れることはない。
 だが、彼らの技は連綿と受け継がれ、また、形を変えて、
 MSと言う機動兵器すら使いこなして見せたのである。

 これが、世に言う M S 忍 者 であった。

シロー「この宇宙時代に忍者… いやでも、シュバルツさんの例もあるし…」ブツブツ
グラハム『警部補、考察は後にしたまえ』
シロー「え…」
グラハム『まだ全てが終わったわけではないぞ』
シロー「あ… そ、そうだ! 奴は!」
 辺りを見回すシローは、グラハムのフラッグが見上げている視線をたどる。
シロー「!!」
 そこには、切り立った崖の上から彼らを睥睨する“四本足”の姿。
 とっさに投げ捨てたライフルを探すシローだったが、
 小隊の一斉射撃すら有効打の与えられなかった相手に、果たして通用するかどうか。
 そんな中、グラハムとキンケドゥは動かない。
シロー「警視正?」
グラハム『どうにも、様子が変だ。 …何かを、探しているのか?』
シロー「は?」
 再び崖を見上げてみれば、“四本足”は遠く――西の彼方を見つめている。
 何かしらのセンサーを内臓しているのか、「耳」にあるアンテナブレードがせわしなく動き、
 そして、ぴたりと止まる。
 まるで、猟犬が獲物を見つけたかのような――




588 :咆哮哀歌 9-2/4:2010/05/21(金) 11:16:54 ID:???
 “四本足”は身をかがめると、次の瞬間には弓から放たれた矢のように、崖から身を躍らせた。
 数百mを跳躍、危なげなく着地すると、さらに加速して走り出す。
グラハム『我々は振られたようだな』
シロー『向こうは…無人街の方ですね?』
 それはネオトピア市からいささか西に外れた所にあるゴーストタウンである。
 ネオトピア建造が決定した折、そのベッドタウンを目して建造されたが、
 間もなくその付近一帯が住宅建設に不適切な軟地盤であることが発覚、
 いくつものビル、マンションが建造されながらも放棄された。
 稀に暴走族の類が根城にしたりもするが、軍やMSメーカーが
 市街戦のデータ取りに利用することもあるため、近付こうとする人間も疎である。
グラハム『市街に向かわなかっただけ幸いと言ってよいのか…
     ヘッドクォーター!こちらグラハム!』
シロー『カレン、大丈夫か?』
カレン『隊長…奴は… ! キ、キンケドゥ!』
 ガンダムの再起動を果たしたカレンが、ビームライフルをX1に向ける。
カレン『動くなっ!』
キンケドゥ『まだ、FCSは再起動が終わっていないのだろう?
      銃口が揺れてるよ』
カレン『ぐっ』
 言葉に詰まるカレンの前を堂々と横切り、地面に突き立ったビームザンバーを引き抜くX1。
カレン『動くなと言ったろう!』
グラハム『…あれを追うつもりかね』
キンケドゥ『ああ。 どうも、まだ裏があるようなんでね』
シロー『裏?』
 聞き返すシローのEz-8に、ビームザンバーの切っ先を向ける。
カレン『隊長! …ええい、このボロコンピューター!』
 だが、何かを訴えるかのように動きを止めたX1は、そのままビームを収めてきびすを返す。
カレン『よしっ! 動…』
 火器管制システムが復帰し、ライフルの照準が定まったその瞬間、
 X1は“四本足”を追って宙へと舞い上がった。
 防風林と丘陵を盾に、あっという間にカレン機の視界から消えてしまう。
グラハム『相変わらず見事なものだな』
シロー『警視正…』
グラハム『フ…すまん。 だが、彼は何かに気づいたようだな』
シロー『ええ…なんでしょう? 奴のサーベルは俺のシールドを指してるようでしたが…』
グラハム『シールド… ん? こ、これは!』

サンダース『う…痛ぅ…』
カレン『サンダース、大丈夫かい』
ハロ長官『諸君! 無事かね!!』ゴウ…
シロー『長官?』



589 :咆哮哀歌 9-3/4:2010/05/21(金) 11:18:53 ID:???

 ゴーストタウンに、砲声が、コンクリートが粉砕される音が響き渡る。
エマリー『隊長! エマリーです! 弾倉が…あと2秒しか…』
隊長『ハウエル、渡してやれっ。 俺のはあと9秒ある』
シンプソン『隊長!撤退しましょう! 奴はこんなオンボロザクでどうにかできる相手じゃない!』
隊長『それは俺が判断する! いいかシンプソン、二度と…』
シンプソン『14小隊はもう全滅した! こんな作戦、無茶だったんだ!』
隊長『貴様! …!!』
 轟音とともに、ネオトピア市警所属の第11小隊々長機のザクが、
 アンテナブレードごと頭を粉砕される。
 90mmマシンガンが暴発し、すぐそばのビルを砕く。
エマリー『ひっ!』
 コンクリート片がザクに降り注ぎ、鈍い音を立てる。
 着任後日の浅いエマリーには、その音はまるで死神の足音のようだった。
エマリー『うわあああああ!! くそっ! 誰だーっ!』
 パニックに陥った新人警官は、闇雲にマシンガンの引き金を引く。
エマリー『死ね! 死ね! 死ね!』
 無論、そんなでたらめな射撃が黒い影を貫くことなどできるはずもなく。
 ガチン!
エマリー『た、弾がっ!』
シンプソン『エマリー、落ち着けーっ! !!』
 僅かな気配を感じてシンプソンがマシンガンを向けると、
 まっすぐシンプソンのザクに向かっていた黒い影が目の前で跳躍した。
シンプソン「奴? いや…」
 跳躍の為の、一瞬。
 そこに彼は特徴的なデュアルカメラとアンテナブレードを見て取った。
シンプソン「ガンダム? もう一機…?」

シーブック「…なんだ? 奴が追われてるのか?」
 無人街のほぼ中央。
 見通しの良いビルの上に降り立ったX1は、右目に補助センサーユニットを下ろし、
 戦場を見下ろしていた。
シュバルツ『アレが日中に動くとは思わなかったのでな』
シーブック「!!」
 思わぬ声に振り返ると、貯水タンクの外壁が――否、外壁がプリントされたフィルムが
 べろりと剥がれ落ち、ネオドイツのGF、ガンダム・シュピーゲルがその漆黒のボディを現す。
キンケドゥ『シュバルツ…ブルーダー…』


590 :咆哮哀歌 9-4/4:2010/05/21(金) 11:20:45 ID:???
シュバルツ『出遅れてしまったが、アレは、本来我々の領分の問題だ。
      警察はやむをえんとしても、君たちのような存在には手出しを控えてもらいたい』
キンケドゥ『…いやだ、と言ったら?』
 ゆっくりと、X1の右手が左腰のビームザンバーに伸びる。
シュバルツ『フッ…土下座でもすれば、引いてもらえるかな?』
 言って、本当に片膝をつくシュピーゲル。
キンケドゥ『はw …判った。 とりあえず傍観に徹するとしよう。
      私もまだ事態の全てが飲み込めている訳ではないのでね。
      …種明かしくらいは、期待してもいいのかな?』
シュバルツ『何、それほど複雑な事態でもないさ。 では、後ほど』
 シュバルツがそう言うと、シュピーゲルはコンクリートの床をすり抜けるようにして沈み込み、
 姿を消してしまった。 後にはMFが存在した痕跡すら見当たらない。
シーブック「…忍者ってやつぁ…まったく」



 鈍い金属音がビルの峡谷に木霊する。
 ゴン!
シンプソン『うおっ!』
 彼の乗機のすぐ頭上、高層マンションのベランダがいきなり陥没する。
 だが、その一撃を加えたであろうMSの姿はどこにもない。
 金属がぶつかり合う音、そして、“何か”が風を切る音だけが二機のザクを包む。
エマリー『ううっ…』
シンプソン『音だけが…』

 これが忍である!!
 そこには、常人の認識さえかなわぬ、高次の戦いがあった。

 だが…
 今、その渦中に踏み込まんとする少女の姿がある。
ステラ「クロノスッ!」
 少女の、精一杯のソプラノボイスが、“四本足”の足を止める。
ステラ「ハウスッ!!」

つづく



591 :咆哮哀歌 10-1/4:2010/05/21(金) 12:30:42 ID:???

 舗装が割れ、荒れ果てた道路の中央に、両腕を胸で組んだ金髪の少女が仁王立ちしている。
リョウガ「…あの娘は?」
 高層ビルの“壁面”に立つMS――闇を塗りつけたようなRX−78「ガンダム」。
 そしてそれを駆り、“四本足”を追うその男の名をリョウガと言う。
 ―やはり、忍である。
シュバルツ『リクオー号に接触していた少女だな。
      ここまで追いかけてくるとは…どうする、G?』
リョウガ「少し、様子を見よう」
シュバルツ『よかろう』

 すぅ…
ステラ「クロノス! 悪いこと、め!」ビシッ!
 犬とは、社会性を持つ生き物である。
 躾ける時は、上位者の気迫で以て上から命ずる必要がある。
 とは言え…
シュバルツ「無茶をする…」
 “四本足”は、尻尾の先まで入れれば全長20m以上。 大型のMSサイズである。
 足先で少し小突かれただけでも致命傷を負いかねない。
 だが、少女は気丈に立ち向かう。
 ただ一つの言葉を拠り所として。
シン(回想)『ステラは俺が護るから!』

シュバルツ『リクオー号が気押されているな』
リョウガ「これで大人しくなってくれればいいのだが…」
シュバルツ『…そう、甘くはない、か』

 ガツガツ…
 わずかな間、項垂れたように大人しかった“四本足”ではあったが、
 すぐに足元を掘り返すかのように足踏みを繰り返す。
 背を丸め、鼻先を左右へ揺らす。
 グルルゥ…
ステラ「クロノス!」
 ガルル…
ステラ「お願いクロノス!」
 ウゥゥゥゥ〜…
ステラ「クロノス!」
 ガアッ!
 少女目掛けて走り出す“四本足”。
シュバルツ『駄目か!』
リョウガ「…」ダッ!

ステラ「うぇい… ガイアッ!」


592 :咆哮哀歌 10-2/4:2010/05/21(金) 12:32:37 ID:???
 ズガァアァン!
 “四本足”の横手から、ビルを粉砕しながらガイア・ガンダムが現れる。
 鈍い音をたてて“四本足”のわき腹に体当たり、反対側のビルに弾き飛ばす。
 ヴィン!
 まるで、威嚇するかのようにモノアイを輝かせるガイア。
ステラ「…」
 涙を拭うと、ガイアのシールド――丁度傾斜路のように先端が下げられている――を駆け上がり、
 コクピットハッチに飛び込んだ。
ステラ「クロノスを止めるよ、ガイア!」

シュバルツ『正面からやりあう気か!』
リョウガ「あの娘を頼む」
シュバルツ『やる、のか?』
リョウガ「…」
シュバルツ『リクオー号は私が引き受けても…むっ!』
 ビルの高層から降下したシュピーゲルに、二本のワイヤーが絡みつく。
シュバルツ『ぬおっ!』
スウェン「…」
リョウガ「シュバルツ! !!」
シン『うおおおおおおおっ! ステラの邪魔は、させない!』
 アロンダイトを振りかぶったデスティニーが、リョウガの駆るガンダム、“G”に肉薄する。
リョウガ「…」
 速度こそ並のMSを遥かに凌駕するものだったが、直線的なその動きをかわすのは難しくない。
 リョウガは僅かな動作で斬撃をかわすと、シンのデスティニーに相対した。
リョウガ『なぜ邪魔をする』
シン「あんた、今、クロノスを殺そうとしたろ!」
リョウガ『…あれは、危険だ。 軍や警察の手に負えるものではない』
シン「あいつがエクステンデッドだからか!」
リョウガ『…』
シン「そうなんだな! なんで…なんでそんなことするんだよ!
   無理やり薬漬けにされて、頭の中いじられて…言うこと聞かなくなったら“処分”かよ!
   あんたはそんなに偉いのか!」
 激情のままに振るわれるアロンダイトを、しかし冷静にかわすG。
シン「やらせない! あいつは絶対、ステラが取り戻す! その邪魔は、させない!」
リョウガ『…』


593 :咆哮哀歌 10-3/4:2010/05/21(金) 12:34:36 ID:???
シュバルツ『シン…この、 馬 鹿 者 !!』
シン『!』
シュバルツ「リクオー号は、あの犬は、その男の親友が家族同然に育ててきた犬だ!
      いわば己が友の一部! それを斬らねばならぬ漢の苦しみが、何故わからぬ!」
シン『シュバルツさん…』
リョウガ『そこを、通してくれ』
 あまりに静かな声。
 だが、それだけに、シンには、その男が心に沈めた想いが伝わってしまう。
シン『…………………』
 動きを止めたデスティニーの横を、Gが通り抜けようと足を踏み出す。
リョウガ『!』
 だが、その眼前に、再びアロンダイトが突きつけられた。
シュバルツ『シン!』
シン『判んないよ! 大切なモンなら、なんで無くそうとするんだよ!
   だったら余計に、取り戻さなきゃ駄目だろ!』
シュバルツ『シン…』
リョウガ『…』
シン『生きてれば、何度だってやり直せる!
   だけど! 死んじゃったらそれで終わっちゃうんだぞ!
   だから俺はあんたを行かせない。 ステラの為にも、クロノスの為にも!
   そして、あんたの為にも!』
シュバルツ『…』
リョウガ『………だが』
シン『?』
 不意に、漆黒のガンダム、Gの姿が消える。
シン『なっ…』
 ステルスや、ジャミングの類ではない。
 予備動作も無しに、いきなりトップスピードでデスティニーの視界を飛び出したのである。
 次の瞬間。
シン『うわあああっ!』
 強烈なGの回し蹴りがデスティニーを捕らえた。
 VPS装甲の堅牢さ故にそれだけで機能障害が出るほどヤワではないが、
 さらにビルの壁面に叩きつけられた衝撃が、パイロットのシンを襲う。
シン『くうっ…』
リョウガ『君たちでは止めることはできない。 俺も…リクオーも』

ステラ『きゃああっ!』
シン『ス…テラ…』


594 :咆哮哀歌 10-4/4:2010/05/21(金) 12:36:51 ID:???
スウェン「!」
 とっさに二人の救援に向かおうとするスウェンだったが…
シュバルツ『おっと、貴方もだ、スウェン・カル・バヤン!』
 ごきり、と鈍い音が響き、シュピーゲルの体に巻きついていたワイヤーが地に落ちる。
 間接部のジョイントを外し、稼動域を広げることでワイヤーを緩めたのである。
シュバルツ『ゲルマン忍法、縄抜けの術という。 この程度で私を縛ることはできん!』
スウェン「…」
 ゆっくりと立ち上がるシュピーゲルに、スウェンはストライク・ノワールの斬艦刀を構えた。

 ガアアアアッ!

 クロノス、ことリクオーの咆哮が木霊する。
 ステラのガイアは機体こそ無事に見えるがステラ自身にもダメージがあったのか、
 横倒しになったまま。
 スウェンのストライク・ノワールはシュバルツのシュピーゲルを前に動けず。
 シンは脳震盪でゆれる視界の中、ビルに半ばめり込んだデスティニーの体を力任せに引き抜く。
シン「それ…でも…」
リョウガ『…』
シン「俺は、ステラを…ステラの護ろうとしたものを、護る!
   たとえ何度倒されたって!」
リョウガ『…』
シュバルツ『だが、想いだけでは、事を為すことは出来ん』
シン「けど! 力があるから何やったって良いなんて無いだろ!
   力だけで…想いを捨てようなんて…俺は、認めない!」

ブシドー『よく言った、少年!』

シン「え?」
 振り仰げば、茜に染まり始めた空と、そしてなお赤いGN粒子τ。
 漆黒の機体は双振りの長刀を携え、威風堂々とそこにあった。
ブシドー『このブシドー、並びにスサノオ、義に因って助太刀させていただこう!』

つづく


次回の投下は明日になります。
特にトラブルなどがなければ、明日分で終わりです。
今しばらくのお付き合いを。


595 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 19:30:24 ID:???
GJ!
グラハム!ブシドー!
最高!

596 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 19:30:56 ID:???
長編GJ!
続きが気になるなー。

あの機体はMD(モビルドッグ)と言ったところなのかな…

597 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 21:19:56 ID:???
GJGJ!!
明日も楽しみにしてます

598 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/21(金) 22:48:31 ID:???
なんか、ソレスタルビーイングが武力介入に出てきそう…さすがに今更は収拾つかんか。

599 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/22(土) 01:38:15 ID:???
いいね。
00キャラどんどん出してほしい。

600 :咆哮哀歌 11-1/4:2010/05/22(土) 08:59:48 ID:???
>>594の続き

シン『ブシドー…さん…』
ブシドー「この男は私が引き受ける。 君は、君の成すべき事を為すのだ」
シン『けど!』
ブシドー「折角の逢瀬…邪魔をするような野暮はやめにして頂こう!」
シン『おう…』

 逢瀬
 会う機会。特に、恋愛関係にある男女が人目をしのんで会うこと。
 「ひとときの―を楽しむ」
 ◆アクセント : おうせ1
 提供元:「大辞林 第二版」

ブシドー「漆黒のRX−78…忍の中でも最強と謳われる“G”と見たが?」
リョウガ『………』
ブシドー「我が名はブシドー! 故あって剣の道を究めんとする者!
     尋常なる立会いを所望する!」

刹那「………」orz
沙慈『せ、刹那?』
ニール『ん? 刹那がどうかしたのか?』
ライル『ガンダム相手に、真っ先に飛び出しそうだって思ったけどな』
沙慈『なんか、トラウマを刺激されたみたいですけど…』
アレルヤ『かなりしつこく追い回されてたもんね、刹那…』
ティエリア『ミス・スメラギ、本当に我々は監視だけでいいのか?』
スメラギ『ええ。 ヴェーダも同意してるわ。 この件、もう一荒れくるわよ』
ティエリア『……了解した』

?????『ククク…どうやら運が回ってきたようだな…』
 がらり、と瓦礫を押しのけ、第11小隊のエンブレムを付けたザクが現れる。
シンプソン『ハウエル! お前、今までどこに』
ハウエル?『逃げ回るのも、もう終わりだ。
      この機会にあの野郎、ぶっ潰してくれる』
 みしみしと音をたて、ザクの装甲が砕け始める。
シンプソン『お前! ハウエルじゃないな!?』
?「ハウエル〜〜〜? 知らねぇなぁ…死んだんじゃねーのか?」
シンプソン『!!』
 そこには、胴前面に鬼面の意匠を施し、
 全身至る所に鋭角なブレードが突き出ている改造ザクが立っていた。
?「ククククク…」



601 :咆哮哀歌 11-2/4:2010/05/22(土) 09:00:52 ID:???

 Gが駆ける。
 駆ける駆ける―

 忍に関してもっとも驚嘆することは、そのスピードである。
 ある文献によれば、一夜のうち四パーセクをも駆けたと記されている。
 筆者が思うにこれなどは明らかに誇張であろうが、
 忍と言う奇異な存在ゆえにこの様な伝承がなされたことは想像にカタクナイ。

ブシドー「くっ…ガンダムと言えど最初期の旧型に…」
 擬似GNドライブ搭載のMSは重量・慣性制御を可能とし、単体で高速飛行すら可能であるが、
 乗員の安全を度外視してチューンされたスサノオは、その中でも破格の運動性能を誇る。
 しかし、その機体性能を以てしても、眼下を走る黒いガンダムを捕らえることができずにいた。
ブシドー「このスサノオがついて行くのがやっととは!」
リョウガ「振り切れない…できる相手だ」
ブシドー「これが忍…さすれば!」
 厳重にロックされているスイッチのカバーを跳ね上げるブシドー。
リョウガ「気配が、変わった?」
 ―Please, Input Key-word.
ブシドー「 ト ラ ン ザ ム ! 」
 ギィイイイイイイイン!
リョウガ「なにっ!」
ブシドー「おぉおおおおおおおお!」
リョウガ「速いっ!」
 瞬時に、3倍近い速度に到達したスサノオが繰り出す斬撃を、ほとんど勘だけでかわすリョウガ。
ブシドー「まだまだぁ!」
 右へ、左へと赤い粒子の光跡だけを残して飛翔するスサノオは、
 とてもモニターに捕らえられるスピードではない。
リョウガ「………」
ブシドー「覚悟を決めたか!」
 かつては公園だったらしい広場の中央に立ち止まるガンダム。
ブシドー「むっ!」
 左手の人差し指と中指を立て、それを右手で包み込む。
ブシドー「念仏とは潔し! しからば…」
 急上昇、急降下、そして…
ブシドー「その首、頂戴!」


602 :咆哮哀歌 11-3/4:2010/05/22(土) 09:02:23 ID:???
 ― 臨 兵 闘 者 皆 陣 列 在 前 ―
リョウガ「心眼センサー開放!」
 バクン!
 Gの胸部装甲が開き、巨大な複合センサーが現れる。
 コクピットの壁面がすべてモニターとなり全周囲を遍く映し出す。
 ピピッ! ―――闘気120%→
リョウガ「見えた!」
ブシドー「なんとっ!」
 ビームサーベルが、超スピードで機動するスサノオを正確に捉える。
 とっさに強化サーベルのシラヌイ、ウンリュウ二刀を交差させて受けるブシドーであったが―
 Gの振るいし大業物は、匠の鍛えし無二の一刀。
 その銘、金剛宝虚空剣――

 こ の 世 に 斬 れ ぬ も の 無 し

ブシドー「ぐああああっ!」
 二刀もろとも袈裟に断ち切られ、スサノオが大地に叩き付けられる。
ブシドー「よ、よもや…我が太刀ごと斬り伏せられようとは…」
リョウガ『…』
 スサノオのコクピットブロックが無事なのを確かめると、漆黒のガンダムは踵を返す。
ブシドー「フ… 我が道の頂、なおも見えず… 完敗、だ」ガクリ


刹那「ガンダムだ!」キラキラ☆
ニール『ソウダネー、スゴイネー』
ライル『兄さん、せりふが棒読み…』



603 :咆哮哀歌 11-4/4:2010/05/22(土) 09:03:56 ID:???

 ズガン!
ステラ『く…うぅぅぅぅ!』
 MS形態のガイアが跳ね飛ばされ、ビルの壁面に激突して動きを止める。
シン『ステラ!』
 VPS装甲は理論上、エネルギーが供給されている限り物理攻撃によるダメージでは破壊されない。
 だが。
 エネルギーを供給するためのシステムは、無限にエネルギーを供給できるわけではない。
 ダメージを相殺する毎にエネルギーは消費され、それがパワーセルの容量を超過すると、
 相転移が維持できずに機能が停止する。
 フェイズシフト・ダウンである。
ステラ『ガイア…』
シン「このっ!」
 フラッシュエッジを投げつけるデスティニー。
リクオー「…」√ピキーン!
 だが、軌道の異なる二つのブーメランを“四本足”は軽々とかわす。
シン「くそっ、いったい幾つ目があるんだよ!」


ガロード「…なぁ、ほんとに、俺たちもやらなくていいのかな?」
ヒイロ『それがシン兄さんの願いだ。 耐えて見守るのも戦いだぞ。
    …ガイアの装甲が落ちた。 ガロード!』
ガロード「おう! マイクロ・ウェーブ到達まで4.03秒!
     エネルギーバイパス接続、ビームランチャーに送電…開始!」
 東の空に白々と輝き始めた月の送電施設からマイクロ・ウェーブが放たれ、
 ダブルエックスがそのエネルギーを電力に変換、外部接続されたケーブルを通して、
 ウイング・ゼロが構える大型のビームランチャーへと送り込む。
ヒイロ「デュートリオンビーム、照準…照射!」
 デュートリオンビームの送信機は本来、ミネルバ級の大型艦で運用される。
 それは偏にセカンド・シリーズのビーム受信機が頭部アンテナ部分と小さいため、
 極めて精密な照準が必要となるからなのだが…
 ヒイロ・ユイの技量と、ゼロシステムを搭載したウイング・ゼロは、
 空中静止状態のMSで、それをやってのけた。


 鈍いグレーの装甲版が、艶やかな色を取り戻す。
ステラ「ガイア…もうちょっと、がんばって!」
シン『ステラ、いけるか!』
ステラ「うぇい!」

つづく



604 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/22(土) 09:44:09 ID:???
ぬぅ、続きが気になるぜい

605 :咆哮哀歌 12-1/4:2010/05/22(土) 10:06:53 ID:???
>>603の続き


シン「おおっ!」
 アロンダイトを半ばからへし折られたデスティニーが、
 フラッシュエッジをサーベルモードにして突進する。
 身構えるリクオーの眼前でいきなりデスティニーが4機に増えた。
 背中から噴出されたミラージュコロイドに、デスティニーの映像を投影したかく乱戦法である。
 しかし。
 リクオーはその幻影をことごとく無視し、本体の攻撃のみを無造作に回避する。
シン「これも、駄目か…」
 とにかく攻撃があたらない。
シン「けど、時間を稼げば…しのぎ切れば…」
 過剰な薬物投与により反射速度や空間認識力など、“脳”力を増大させたのが強化人間、
 エクステンデッドなどと呼ばれる者たちである。
 その薬品の副作用や、副作用を抑える薬の副作用、などで彼らの多くは心身の安定を欠く。
 軍の頚木を抜けたステラたちも、今なお投薬とカウンセリングは不可欠だった。
 そして、直接目にした「クロノス」の憔悴ぶり。
シン「(たぶん、もう限界の筈だ…)」
 早く止めねばと、気が逸る。
 だが、現実にはあの黒いガンダムのパイロットが言うように、
 二人がかりで直撃をもらわないようにするのがやっとなのだ。
シン「くそっ!」
 冷静になれと呟く自分。 早く早くと急く自分。
 戦いは、まず己との戦いであった。


 思わぬ乱入者が現れたのはその時だった。
 ザッ!
 地を蹴り、夕闇の迫る空へ舞い上がった“四本足”。
 その、さらに頭上から、猛禽のごとく舞い降りるMS。
 ガッ!
 鈍い音を立て、原型がほとんど残っていないほどカスタムされたザクが、
 “四本足”もろともに傍らのビルへと激突する。
シン「えっ?」
ステラ『クロノスッ!』
 砕かれたコンクリートの崩落が収まり、粉塵が風に払われると、
 そこにはかのMSが“四本足”を押さえ込んでいる。
?『さああんた、今だぜ!!』
シン「あんた…は?」
?『あんたこいつを殺りきたんだろ? 手を貸してやるぜぇ』


606 :咆哮哀歌 12-2/4:2010/05/22(土) 10:07:58 ID:???

リョウガ『それが…お前の捜していた男か? リクオー』
?『なに!?』
シン「えっ!?」
 シンが聞き返す暇もない。
 改造ザクをしがみ付かせたまま、“四本足”は高々と宙に舞った。
?『なっ!』
 そのまま体を丸め、改造ザクの背中からビル壁に激突する。
?『ぐおっ!!』
 ザクの腕を易々と外し、地に降り立つ“四本足”。
?『そうか!お前等はグルか! 俺をハメやがったな!』
 瓦礫を跳ね飛ばし、改造ザクを駆る男がいきり立つ。
リョウガ『五日前…』
 対して、こちらは変わらず、静かな物言いだった。
 しかし――
ステラ『シン…この人…すごく、怒ってる…』
シン「あ、ああ…」
 それは、例えるならば蒼い炎のごとく。
 静かに、だが、恐るべき熱量で燃え盛る激情に、
 自他共に認める「はねっかえり」のシンが、二の句を接げない。
リョウガ『五日前、一人の男が…そいつの主人が殺された』
シン「!!」

シュバルツ(回想)『リクオー号は、あの犬は、その男の親友が家族同然に育ててきた犬だ!
          いわば己が友の一部! それを斬らねばならぬ漢の苦しみが、何故わからぬ!』

リクオー『グルル…グルルルルルル…』
?「犬? …犬!? あっ、あん時の犬畜生かっ!」
 改造ザクの前腕部から、“四本のカギヅメ”が飛び出し、鈍い銀色の刃が相転移する。
リクオー『グオォン!』
?『ぬおっ!』

 決着は、一瞬。

?『う…ううっ ケモノ野郎に…ああっ!』

 爆発!

 忍の道を外れ、非道を繰り返した男の、それが末路であった。



607 :咆哮哀歌 12-3/4:2010/05/22(土) 10:09:50 ID:???

リョウガ『さあ…』
 Gが膝を着き、手を差し伸べる。
リョウガ『帰ろうリクオー…
     もう、終わったんだ』
シン『…』
ステラ『クロノス…』

リクオー「ハフッ ハヒッ ガフッ…」

リョウガ『リクオー…』
 ああ、この人は泣いているんだ。
 不意に、シンはそう思った。
 強いが故に。
 否、これまで流した涙が故にこの人は強いのか。

リクオー『ガアアアアアッ!』

シンプソン『歩けるか、エマリー』
エマリー『ああ、なんだか知らんが早く引き上げよう。
     でないとあいつがまた…わあっ!』
シーブック「!!」
 警察のザクに襲い掛かる“四本足”を、X1が蹴り飛ばす。
シンプソン『キ、キンケドゥ!』
キンケドゥ『行けっ!』
シンプソン『すっ…すまん!』

リョウガ『やめるんだリクオー!
     もう誰も殺すことは無いんだっ!』
 “四本足”の前に立ちふさがるG。
リョウガ「家に帰ろう…お前と主人の家に……
     でなければ、俺は…お前を…」
リクオー「ガハッ! ガハッ! ハゥ…」
 “四本足”のコクピット。
 無数のケーブルでMSと繋げられたリクオーは、明らかにまともではない呼吸を繰り返す。
 投与すべき薬品はすでに底をつき…
リクオー「ガアアッ!」
 その大型犬は、緩やかに壊れつつあった。
リョウガ「リクオー…」
 虚空剣が、悲しいほどに美しく煌く。



608 :咆哮哀歌 12-4/4:2010/05/22(土) 10:11:02 ID:???



 戦いの歴史は、時として大きな技術革新をもたらす。
 “サイコミュ”と呼ばれるものもその一つだった。

 精神―遠隔制御

  ―ニュータイプ

   ――人の革新


 これら諸々の要素も、あろうことか人は争いにしか使えなかった。
 また、その一環として、数多くの動物実験さえなされたのである。

 それは忍犬と呼ばれるものの誕生であると同時に、不幸でもあった。
 物言わぬこの生き物の悲しみを、誰が知ろう――


















つづく



609 :咆哮哀歌 13-1/4:2010/05/22(土) 11:16:45 ID:???

 デカボー・チョッパーがローター音を轟かせ、空を横切る。
ステラ「うわあああああああああーーーーー!」
 リクオー――クロノスの亡骸を抱きしめ、少女は喉も裂けよと言わんばかりに慟哭を上げていた。
ステラ「クロノス! クロノスーー!!」
スウェン「………」
シン「………」
リョウガ「…すまない」
シン「謝るなよ! あんただって…あんただって…」
ハロ長官「…」
 ガンペリー・キャリアーで駆けつけたハロ長官以下、警察のMS乗りたちも皆、
 帽を脱ぎ、ただ、見守るしか無い。


 ずしん、ずしん…
バーニィ『ありゃ…もう全部終わっちゃったのか』
アル『もう…バーニィがぐずぐずしてるからだよ?』
バーニィ『そう言うなよ…この代替に出してもらったザク、変な癖がついてて…』
シロー「バーニィ…それに、アル?」
 場違いとも思える明るい声に、シローが振り返る。
シロー「お前たち…何しに…」
バーニィ「あ、えっと、なんか、アムロさんが行って来いって…」
アル「…ステラお姉ちゃん、泣いてるの?」
 さすがに重苦しい雰囲気を感じたのか、声を潜める二人。
シロー「実は…」
 赫々云々、と状況を説明するシロー。
バーニィ「そうですか、そんなことに…」
アル「ステラお姉ちゃん…」
シロー「そういう訳だから、二人とも、この場は」
バーニィ「じゃぁ、丁度良かったな、アル」
シロー「すぐに引き上げ…て… ちょうど…いい?」
バーニィ「頼むぜ!」
アル「うん!」タタタ
 軽快な足音を立てて、聞く者の胸を引き裂きそうな声を上げているステラの傍らに走り寄る。
 すぅ…
アル「うわぁ! ミンチより酷いや!」ピピルマー



610 :咆哮哀歌 13-2/4:2010/05/22(土) 11:18:02 ID:???

 やわらかい、緑色の光が辺り一面に広がる。

ステラ「ヒック… くろのす… ヒック…」
 フンフン…
ステラ「くろのすー…」
 べろり
ステラ「…?」
 突然、生暖かく、湿った「何か」に頬をこすられ、ステラは顔を上げた。
リクオー「…」
 その視界を、リクオーの大きな舌が塞ぐ。
 べろり、べろりと、涙でくしゃくしゃのステラの顔を嘗め回すリクオー。
リョウガ「!」
シン「あ」
ステラ「うぇ…っぷ! ちょ、ちょっとま…待って! クロノス!?」
リクオー「オン!」
 元気良く応える犬。
ステラ「クロノス!!」ギューーッ!
リクオー「…」
 尻尾を振り回し、ステラに頭をこすり付けるリクオー。
ステラ「クロノス…あん… ちょ、だめ、だめだってば!」
 再びペロペロとステラを舐めだし…
ステラ「きゃははは、やぁん! くすぐったいよ!」
シン「―――」ビキッ!
 額に青筋を立てる我等が十男坊。
スウェン「落ち着け、相手は犬だ」
シン「え、ええ… お、落ち着いてますとも。 オチツイテ…」


611 :咆哮哀歌 13-3/4:2010/05/22(土) 11:19:05 ID:???

青年「リクオー!」
リクオー「!」ピクッ!
リョウガ「!!」
ステラ「え?」
 駆け寄ってくる白皙の、研究者然とした青年の声に、リクオーが、リョウガが振り返る。
青年「リクオー!」
リクオー「ゥオン!!」
 夕日を背に、駆け寄った青年と大型犬がひしと抱き合う。
シュバルツ「あの青年…」
リョウガ「あ…ああ、リクオーの主人…だが…」
シロー「ははっ、なるほど…」
 青年の向こう側。
 おそらく、青年をここまで運んできたであろうデカボー・チョッパーから、
 ガンダム家の末っ子が顔をだして、サムズアップ。
 こちらでは、アルがやはり親指を立てて笑っている。

ハロ長官「強盗! 傷害! 殺人…は免れたようだけど、殺人未遂!
     騒乱罪に公務執行妨害! その他諸々あわせて逮捕する!」
ダリル「おら、立て!」
忍「くそお! この俺が…」

ハウエル「…あれ?」
シンプソン『ハウエルー!!』

シン「えっと、クロノス…じゃなくて、あのリクオーは、どうなるんですか?」
カレン「連続ザク襲撃犯はあっちの男だし、人的被害は出てないけど…
    MSで暴れたのは確かだからね…下手すりゃ薬殺もあるかも…」
 そこまで言って、声を潜めるカレン。
シン「?」
カレン「だけど、実は、ジョシュア巡査が確認も警告もせずに
    あのコに攻撃を仕掛けたのが問題になるかもしれない。
    たぶん、正当防衛が成り立つか…司法取引って形で、無罪放免になるはずだよ」
シン「はあ!?」
 このため、ジョシュア・エドワーズ巡査には減俸12ヶ月と言う厳しい処分が下る。
 グラハム・エーカー警視正も、部下の監督不行き届きが指摘され、
 3ヶ月間のボランティア活動支援を言い渡されるのだが…
グラハム「市民の為、粉骨砕身するは警官の本懐である!」
 と、堪えていないようである。



612 :咆哮哀歌 13-4/4:2010/05/22(土) 11:20:51 ID:???

 リクオーの飼い主の青年は、程なく論文が認められ、
 元の軍事技術の研究施設から、フラナガン機関直轄の医療研究所―
 サイコミュ制御による義肢開発部へと招聘。
 “家族”共々ネオトピアへと移り住むこととなる。

 そして…

ステラ『リクオー! ガイア!
    とってこーーい!』
 ブン!
リクオー『オン!オン!』ガッシャガッシャ…
ガイア「♪」ズシャンズシャン…

シン『ステラー!!(怒』←inデスティニー
ステラ『うぇい?』
シン『モビルスーツで“とって来い”やるんじゃありません!』
ステラ『うぇい…』←inデストロイ


 おわり    <(_ _)>


ギンガナム『忍者は、忍者はどこであるかーーーー!』



613 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/22(土) 13:11:10 ID:???
長編GJでした!

614 :咆哮哀歌・ネタバレ:2010/05/22(土) 16:42:48 ID:???
>>565
>大型シリアス長編
…シリ…アス?
…………え、ええ! ご満足いただけたでしょうか?(目そらし)


>>579>>596
>犬と犬MS

シンなので「エクステンデッド」と呼ばせてますが、原作ではいわゆる「強化人間」です。
犬ですが。

時代的にはまだ一年戦争中、後にフォウたちが受ける処置の(おそらく)もっと原始的なもので、
これでサイコミュに対応、機体を操作していたようです。
コクピットにはレバーもペダルも無く、脳波測定器みたいにケーブルが幾つもパッチで貼り付けてありました。


615 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/22(土) 17:03:46 ID:???
>>614
満足にきまってる、こんなオチが許されてこその兄弟スレだw

616 :596で613:2010/05/22(土) 18:02:54 ID:???
ウィキペディアに記事があった筈と読めば、リクオー載っているじゃないですか。
影忍、一度読んだ事あったのにすっかり忘れてたorz

617 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/22(土) 23:09:22 ID:???
長編乙でした
アルの一言で吹いたw

一体ステラは何をぶん投げてるのか…


618 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/23(日) 20:28:22 ID:???
長編乙!
読み応えがあって面白かった!

619 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 00:00:46 ID:???
長編乙でした!

数日後、朝の横断歩道…
緑のおばさんnot緑のブシドーさん
「諸君!右と左をよく見てから、横断歩道を渡るのだぞ!!」
アル・シュウト他の子供達「「「はーーーいっ!!!」」」」
ステラ「うぇ〜い♪」

ハロ長官「“それにしてもこの男ノリノリである”の言葉が似合うね、警視正は」
シロー「はぁ;(学童擁護員って、警察の仕事じゃない気が)」

620 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 00:36:24 ID:???
主役がいないので扱いが微妙なイグルー2の面子。こんな設定を考えてみた
・死神はこれまで通り、セレーネに取り憑く一家の居候
・他の主要メンバーは一家のご近所にあるボロアパートの住人、死神が兄弟の家に去ったため本編ほど悲惨ではないがそれでも不遇

バーバリー・・・工事現場の監督。真面目に仕事をしない部下に悩まされているが、4人中唯一まとも
ヤンデル・・・トラック運転手。追突事故されて大怪我し、ザク嫌いに
アリーヌ・・・元技術課のOL。元カレとのいざこざが原因で首になって、今はフリーターもしくはニート(引きこもりでも可)
ミケーレ・・・ケチで嫌みな大家さん

621 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 00:56:53 ID:???
おk、兄弟、お前がイグルー2を愛しているのは分かった、
だがこのスレを甘く見てはいけない、このスレは上の長編で活躍するとか
「どうしてお前はそう反抗的なんだマァアアアアアク!」みたいな一芸が無い限り
たとえ一瞬の日の光すら浴びる機会なんてありはしないんだ
そう、それがOVAともなればいくら主人公といえども近ごろの若いもんにはとどかないのさ
特に「俺がガンダムだ」で全部済んでしまう世代には、汚い男どもの対MS戦の緊迫感なんて…


死神「とりあえず東方不敗のボウヤと生身ザク狩りなんていかがかしら?」
ハーバリー「どうせ『ミンチよりもむごいこと』になって終わりだろうが」
死神「あらぁ、イグルー2にはイグルー以上に非凡人がたくさんいると思うんだけど」
ハーバリー「お前いったいどこの家の女にとりついているんだ?たかだかチート能力の
      一つしか持ちえない俺たちじゃあれには対抗できないのさ」

622 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 02:12:22 ID:???
>>621
ホルバイン「爺さんが言っていた。『名迷言残せばレギュラー』だとな」
モニク「あなたの爺さんは何者なのよ?」
ホルバイン「歴史に名前は残らないただのノーバディだ。そして、俺達もな」

シャア「名言か。私は沢山あるな?」
ナナイ「はい。『えぇぃ、奴は化け物か!?』とか」
ギュネイ「『ララァ、敵とざれるなっ!』とか」
赤い彗星のひと「『ヘルメットが無ければ即死だったな』とか」
クェス「『これが…若さか……』が一番の迷言だよね」
ギュネイ「やっぱ総帥と言えばその台詞だよな」
アフランシ「あ、拗ねた」


623 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 03:19:33 ID:???
クェス「ごめんごめん、ちゃんといいのがあったのを思い出したの。ねっ、元気出して」
シャア「……なんだったかな」


クェス「私はララァの身代わりなんですか!」
赤い彗星のひと(CCAのコスプレして)「……分かった、私はララァとナナイを忘れる」


クェス「これで決まりっ♪」
ララァ『…………………………』
ナナイ「…………………………」
シャア「うわあああああ!!今そこ!そこに変なのが見える!見えるんだったら!」
ナナイ「……私には何も」
実写シャア「往生際が悪いな、二次元の私」
アフランシ「って言うより、誰彼無く調子いいこと言って回るから……」
C.A「あとでバレて大騒ぎになるわけだな」
シャア「冷静にしているなー! ほら!部屋の隅に絶対何かいるー!!」
ギュネイ「何かって」
クェス「ララァのことじゃない?ぼんやりとしか見えないんだもん、大佐もダメだよねー」

624 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 11:17:22 ID:???
>>621
ガロード「いやぁ、さすがに生身で対MS戦は緊張するぞ?」
シロー「普通は絶望するもんだけどな…」


625 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 14:14:19 ID:???
ガンダムファイター以外で生身で対峙した人かー。
基本、必死というか決死だよな。
水着で向かわされた方々もいるし、天井裏の彼の知り合いもああだし…。

626 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 17:29:28 ID:???
拳神バリー・ホーも生身で強いよね

627 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 17:49:38 ID:???
カラス「やれやれ…MSなどというものはね、しょせん機械です。
    ねらいどころで、どうにでもなるのですよ!」


628 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 18:37:29 ID:???
カトルは丸腰でもパイロットをコックピットから放り出してMSを強奪できるんだぜ・・・

629 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 18:55:10 ID:???
WのGパイロットは変なところで前作の特徴を引きついてるからな

630 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 22:02:33 ID:???
カトルは金星付近で高速移動中の船と隕石の間を五秒でダイブする人だからな……

631 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 22:31:12 ID:???
>>630
それは、微妙にすごさが伝わらないような…
宇宙じゃどんだけスピードだしてても相対速度がいっしょなら実質停止してるのと同じだし、
「宇宙船から放棄資源衛星へ移るのに5秒!」も、「フーン」だしなぁ…
具体的に相対速度がどれくらいで、どれだけの距離を5秒で移動したのかってのが判らないと。

いや、確かにあのシーン、画面で見ると迫力あるけどさ。


632 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 22:32:39 ID:???
ルイス「あのさネーナ、趣味変わったの?」
ネーナ「へ?なんで?」
ルイス「劇場版の予告見たんだけどさ、メガネポニテの人とよろしくやってるぽいじゃない」
カミーユ「ああ、それ俺も見た。刹那とは随分違った雰囲気のにしたんだな」
シーブック「ほとんど正反対だもんな」
ネーナ「ちょっとやめてよ。って言うかあれあたしに似てるだけっぽいし。
    そもそもあたしはルイスのせいで劇場版出れない予定だっての」
ルイス「元はあんたのせいでしょ」
ルナマリア「ちっ…劇場版劇場版って…私も出させろっての」
カミーユ「そりゃ無茶だろ。でも劇場版いいよな。少しイメージ変えてくれたりするし」
シーブック「俺は劇場版しかないけどな…」
沙慈「そういやカミーユは劇場版で少し丸くなった感じだよね。普段キレっぱやいのに」
カミーユ「なんだと?あ〜……そういやお前ルイスと二人でベッドでちちくりあってたな」
沙慈「えっ!?ちがっ…!」
ルナマリア「きゃー!マジー!?」
ネーナ「沙慈やるーーー!」
ルイス「ちょちょちょちょっと!違うし!それに授業中にそんな事おっきな声で言うな!」
マリュー「そうよみんな。盛り上がってるところ悪いんだけど今は授業中なのよね。
     続きは廊下でお願いできる?あなた達の授業は放課後にみーーっちりみてあげるから」
シーブック「うげ…」
沙慈「また巻き込まれた…」

633 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 22:58:26 ID:???
>>632
アンドレイ「ベッドでry…何と破廉恥な!!(歯軋り)」
ハマーン(見ない顔だな…もしや侵入者か?)

634 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 22:59:41 ID:???
>>627
トビア「あの後、痛いし、恥ずかしいし、死にそうになるしと散々だったんですけど…」
カラス「HAHAHA!しかし私のMS奪取術を身を持って体験したお陰で助かったのですよ!HAHAHA」
トビア「まあそれはその…(くそ、反論できねぇ…)」

>>629
そんな連中の内2人(ヒイロとカトル)にフェンシングで傷を負わせるドロシー嬢って一体…



635 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:09:07 ID:???
>>631
実質停止している時間が五秒しかないから危険なんだろ?
論点がおかしいぞ

636 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:25:26 ID:???
>>634
あの眉毛を見ても普通の人間だと思えるのか?

637 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:29:35 ID:???
ジョルジュの家系の人だったとか・・・・・・

638 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:31:28 ID:???
マーク「HAHAHA、シャッフル同盟の中ならドロシー嬢はサイサイシーの縁者だろう
     マユゲがクラブだけにな!HAHAHA!」

639 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:39:33 ID:???
バイト中のブライトが蹴り痕と切り傷だらけのマークを発見したのは、それから数日後のことだった


640 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:51:00 ID:???
ブライトがバイト?
ラーカイラム社の社長が?

641 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:53:34 ID:???
待て、ブライト・ノア社長じゃなくてどこぞの光の王子かもしれん

642 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/24(月) 23:58:27 ID:???
ラシード「カトル様は御曹司だがただの御曹司ではないからな」
アウダ「八歳の時、一人で留守番中に家に立て籠もってドロボー二人を撃退した事もある」
アフマド「子供時代の趣味はオレンジ色の毛玉の獣とロボットを引き連れて宇宙を旅した事だったぜ」
アブドル「ドラゴンに変身した時はおどろいたぜ」
ラシード「落雷で壊れたH教授のコンピューターを買い換える為にレースに出場したこともあったな」
アブドル「家出をなされた時は煙突掃除夫の少年達をまとめてた」
アウダ「子供の頃から凄かったんだ」
アフマド「カトル様なら当然だぜ



カトル「全部声が似てるだけの違う人だから!」
デュオ「またまた謙遜して」
トロワ「ああ……カトルらしい」
五飛「うむ、コイツならそれぐらいやるだろう」
ヒイロ「なかなかだな、カトル」

643 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/25(火) 01:08:24 ID:???
>>640
バイトっていうか
サイサイシーの中華料理屋「龍龍」(だったはず)で
たまに料理の修行してるって設定があるんだぜ

644 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/25(火) 01:09:23 ID:???
ってうひょーい
規制解除されてるうう

645 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/25(火) 01:15:25 ID:???
>>643
ああ、閃ハサネタも混じってたのか

646 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/25(火) 02:27:14 ID:???
詳しくは過去スレ参照

647 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/25(火) 20:24:55 ID:???
>>633
その程度でギリギリしてたらルイスの出産疑惑のシーン見たら歯軋りでガラス割りそうだな


648 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 10:05:21 ID:???
>>647
ルイスママ「あらあら… ママ、この年でおばあちゃんはイヤよ?」
ルイス「んなっ!! ななななな、何言ってんのよママ!」(////)
沙慈「そっ、そうですよ! 僕は、そんなこと!」(////)
ルイスママ「…それはそれでちょっと心配ねぇ」
ルイス「そうよ…沙慈ってば…もうちょっと強引に…」ポソポソ


シーブック「あははー、なんか沙慈から俺と同じ匂いがするー」
セシリー「シーブック、大丈夫? 目が虚ろよ?」


649 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 14:18:24 ID:???
カイ「アムロ、お前の弟たちのことで聞きたいことがある」
アムロ「流石、カイさん情報が早いな。DVDBOXのことでしょ?」
カイ「へっ、お見通しか。なら話は早い。情報頼むぜ」

ウッソ「まず最初、僕です。9月24日!物憂げな秋にはぴったりな作品ですよ!」
ドモン「次は俺だな。真っ赤に燃える10月27日!スポーツの秋だ!弟たちよ!」
ヒイロ「11月26日だ。任務了解。……BDでも良かったんだが」
ガロード「でるだけでも感謝しろよ!(ていうかマジでスルーされなくてよかった!)
      12月22日だからティファへのクリスマスプレゼントにするぜ!」
ロラン「来年の話なんて気が早いですけど。1月28日です。よろしくお願いしますねカイさん」

カイ「9月から毎月一作品か。豪勢なこって」
刹那「平成アナザーはガンダムだ!……00もガンダムだ……」チラッ
カイ「分かってるって刹那の坊や」
アムロ「劇場版00ガンダムは9月18日か。楽しみだな刹那」
刹那「ファーストメンバーは真のガンダムだ。それに兄さんたち、もう一つ大事なガンダムがある」
カイ「そうか!UC第二話も秋だったな。夏を過ぎたら忙しくなりそうだ」

バナー◯「俺はいつになったら参加できるんだろう」
アムロ「もうちょっと待ってろ。いや、ネタ次第でありえるかもしれんが……」

650 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 16:58:15 ID:???
ロリミネバ見て鼻血吹くとかそんなネタか

651 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 18:10:10 ID:???
劉備さんたちも顔出してるし、お前もネタさえあれば屋根裏から出れるかもよ

652 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 18:33:30 ID:???
板のローカルルールに全く抵触しないしな
原作も完結しててネタバレ云々も無い

653 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 18:35:14 ID:???
いっそバ○ージも小学生にしてアルたちと絡めてくれようかとも思うんだが、
まだUC見てないせいか、イマイチやる気が沸かないというかネタが降りてこんと言うか。


654 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 19:54:01 ID:???
ミネバとオードリーを別キャラにすれば万事解決?w

655 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 19:54:40 ID:???
ギレン「モビルスーツの性能が向上の一途を辿っている昨今、我々も戦力強化を図る必要に迫られている」
ハマーン「ははっ」
ギレン「特にミネバの周辺は無頼の者たちが集まりやすい。
    いまやキュベレイMk-IIではミネバを護衛する機体としては不安がある」
ミネバ「しかし伯父上、そもそもイデオンに護衛が必要であろうか」
ギレン「…………………………」
ドズル「…………………………」
ハマーン「…………………………」
ギレン「…………優秀な護衛のモビルスーツがあればイデオンを使用する必要がなくなる」
ハマーン「その利点は大きいですな」
ミネバ「そういう理屈を付けてプル達にいいモビルスーツをあげたいのではないか、伯父上」
ギレン「…………………………」
ハマーン「…………………………」
ドズル「ミ……ミネバ、お外で遊んでおいで。難しい話は大人がやるから、なっ」
ミネバ「は、はい」

656 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 19:55:55 ID:???
ギレン「…………物事を良く把握できる子に養育してくれてなによりである」
ハマーン「ははっ、有り難き幸せ」
ギレン「そして新型のモビルスーツというのがこれだ」 ピッ

ttp://img.photobucket.com/albums/v629/Kuruni/Store/centurio.jpg

ドズル「変な形しとるな、兄貴」
ハマーン「ジオン系の機体とは構造が異なるようですが」
ギレン「Gジェネ社に金を積んで作らせた。デザインセンスが非常にアレだが技術力は確かなのでな」
ドズル(商売敵じゃなかったか)
ハマーン(ギャンの後継機がギャンKかギャン改かで揉めに揉めていたはずですが)
ドズル(ビグ・ザムの量産型を発注したら妙な物体を送りつけられた事があったな)
ハマーン(こちらはハンマ・ハンマの簡易量産型が単なる劣化版で……)
ギレン「何をひそひそ言っている。これは申し分のない性能を発揮してくれるはずだ。
    なにしろムーンレイスの技術をパクゲフンゲフン 解析してナノ・スキン散布機能を持ち
    武器はデビルガンダムのごとく自力で精製する」
ハマーン「い……いいのでしょうか、それは……」

657 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 19:57:27 ID:???
ギレン「ネーミングセンスが非常にアレで嫌だが武器も装甲もバリアーも高性能だ。
    特に三機が敵を包囲して集団で月光ちょゴホッゴホッ ナノ・スキン散布攻撃を仕掛けるのは
    まともなモビルスーツで対抗できる部類のものではない。
    触れ込みだけ見たら間違いなくターンXより強いが実は量産型だ。
    プル、プルツー、マリーダはもちろん他の妹たちも全員使えるぞ」
ドズル「突っ込みどころしかねえよ兄貴!」
ハマーン「それでは、せっかくイデオンを封印するとしてもあまり変わらないのでは……」
ドズル「言っちゃなんだがプルにそれを使わせたら街がいつ消えても不思議じゃないぞ」
ギレン「………………これがあればユニコーンガンダムとやらも叩き潰せると思わんか」
ドズル「よく言ってくれた兄貴」
ハマーン「早急にニュータイプ部隊のサイコミュ調整を始めましょう」
ギレン「うむ」


ミネバ(バナージ、出番が来たとしても生きて私のところに辿り着けるのだろうか……)

658 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 20:20:27 ID:???
セシリア「それで、量産はどこに発注なされたのですか?」
ギレン「ン……ヨーツンヘイム社だ」
セシリア「(おもいっきり駄目フラグが立っているわ…」

659 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 20:25:42 ID:???
>>648
ファ「それにしてもシーブックってなんと言うか…煮え切らないと言うか…」
ルー「そうよね。でもセシリーもセシリーよ。何ならもっと強引にいけばいいのに」
ファ「いや、それでも無理じゃない?ルイスもネーナも結構積極的だけど結局あんな感じだし」
ルー「そっか…あの兄弟も変わり者ばかりだしね」
ルナマリア「あーもう!あんた達全然わかってない!」
ファ「あ…ルナ」
ルー「いきなりどうしたの?」
ルナマリア「いい?体を求める事ばかりが全てじゃないでしょ?
      一緒にいるだけで幸せに思える…それが一番大事なのよ(キリッ)」
ファ「いや…言ってる事は概ね同感なんだけど…」
ルー「でもお前が言うな」
ルナマリア「言ってみたかっただけ♪じゃあシンのとこ行ってきまーす」

ファ「シン君の運命はいかに…」
ルー「ま、あれはあれで楽しそうだからいいんじゃない?」

660 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 20:28:18 ID:???
月光蝶+ヨーツンヘイム社=分解が促進されて強化

ギレン「この方程式の何が間違っていると言うのかね」
キシリア「根本的に発想自体がです、兄上」

661 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 20:30:58 ID:???
マユ「おにいちゃん! 今日はクレープ食べたい!」
ステラ「ステラもクレープたべる!」
シン「オッケー、俺にまかせてくれ!」
マユ「お兄ちゃん大好き♪」
ステラ「シンだいすきー♪」
シン「あははは・・・(今月の小遣いがどんどん減っていくけど、まあこの二人のためなら惜しくないか」

662 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 21:28:49 ID:???
ルナマリア「シンー? アタシもクレープ食べたいな」
シン「え、食えば?」
ルナマリア「……食べたいなー」
シン「あそこで売ってるけど?」
ルナマリア「………」

ファ・ルー「(肩をポンポン)」

663 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 21:49:14 ID:???
>>657
良いのかギレン。センチュリオシリーズを認めるということは認知すべき子どもが増えるぞ。
レギオン×53「「「「お父様。」」」
ノーマ・レギオ「お父様がおっしゃるなら私たちは全力を尽くします。」
ギレン「・・・・・・・。」
キシリア「兄上はいつの間に子作りに勤しんでおられたので?」
ドズル「兄貴、水臭いぞ。黙ってたなんて。」
ギレン「奴らは所詮クローンだ。別に認知する必要など。」
ガルマ「でも、お父様って呼ばせてたんだよね?」

664 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 22:10:05 ID:???
なぜギレンはこうもドツボにはまるのが得意なのだろう……

665 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 22:27:38 ID:???
「ギレンの野望」が別の意味で聞こえてくるな

666 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 23:03:29 ID:???
キラ「コウ兄さん!「ギレンの野望」持ってたよね!」ガラッ
コウ「え?ああ、確かこの辺に・・・・あった」
キラ「貸してよね!ギャルゲーやエロゲーなら、僕がやらない訳にはいかないじゃない!」タタタタ

コウ「あいつは何を言っているんだ・・・・・」

667 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 23:48:13 ID:???
でも兄弟スレでは「ギレンの野望」は乳好みの男が作ったギャルゲーというネタもあったような…

668 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/26(水) 23:58:34 ID:???
キャバクラ酒楽隊に通ってんだろうな

669 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:03:26 ID:???
ジャック「乳のデカイ女と金髪の女は頭が軽いって相場だぜ、なぁマァァァク!!」

670 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:05:07 ID:???
>>662
ネーナ「ルナがピンチだ!行くよみんな!」(スローネ・ドライ)
ルイス「おーっ!」(レグナント)
ルー「ここで行かねば女がすたる!」(Zガンダム)
ファ「えっと…私もなのかな…」(メタス)
セシリー「乗りかかった船だしね」(ビギナ・ギナ)

シン「待てこらお前ら!いくら俺が『赤服』で『エース』だからってそんなの5機相手に勝てるか!」
5人「「「「「女の子には優しくしろー!」」」」」

マユ「さすがおにいちゃん。さりげなく主人公アピールしてるね」
ステラ「うぇ〜い!シン頑張れ〜!」
ルナマリア「わたしはこれどっち応援すればいいんだろ…」

671 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:12:58 ID:???
ルナマリアは本当に尻軽だな・・・
凸搾ってるイメージの方が強いや

672 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:17:43 ID:???
>>648
おばあちゃんになれるだけマシ…ここは平和でいいですね

673 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:21:01 ID:???
ドライが退路・通信による通報や援軍要請を阻止
レグナントが大暴れ
ビギナとZ(ドライも)が隙を埋め
メタスが補給をこなす

あれ、こいつ等強くね?

674 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:25:40 ID:???
>>673
でも中身がちょっと迂闊な人達ばかりじゃないか?w

675 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 00:58:25 ID:???
>>674
セシリーがどれだけ手綱を握れるかに懸かっている気がする

676 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 01:16:44 ID:???
シーブック「おはようございます。今日もレズンさんが作られたレーズンを、
      いただきに来ました」
レズン  「あいよ♪
      そこに置いてあるから、持ってきな。今日のは特に、美味しいよ♪」
シーブック「ありがとうございます。今日も美味しいパンを焼いて見せます!」
レズン  「頑張りな」

ナナイ  「敵を作ることにもなりかねないから、自重という言葉を、送る」
レズン  「なんだよナナイ。『おばちゃん』って言われないための予防線を、
      ここで張るわけか」
ナナイ  「そ、そういう意味ではない!」
レズン  「へ〜。ならシーブックの坊やに、アルがおばちゃんって言ってもいいよって、
      伝えとくよ」
ナナイ  「そ、それとこれとは、話が違う!」

レズン  「プライド高い女を籠絡するには、ちょっとした隙を突付いてやるといいよ♪」
ナナイ  「誰に言っている!」
レズン  「っとと。次の仕込みに入らないと
      シーブックの坊やが、一所懸命にしてるんだからね」

677 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 19:48:23 ID:???
>>673
あとここに赤いザクウォーリアが入るとして見事に統一感の無いMSチームだなw

>>676
レズンってMSも唇も青かった気がするけどレーズン専門店のイメージカラーだったか。

678 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 20:06:40 ID:???
>>677
多分、ザクウォーリアが盛大に誤射して作戦が失敗に終わる


679 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 20:55:46 ID:???
マイ「おはようございます。模擬戦闘を始めます。」
モニク「各種センサー、及びカメラの動作確認。」
ジェリド「Zに乗って無いカミーユごときこの、バウンドドッグで捻り潰してやるよ。」
カミーユ「遊びでやってんじゃないんだよー!!」

マイ「カミーユに乗ってもらっている機体は、特殊システムを積んだMSで今回は
   このシステムが、上手く作動しどの程度の効果を発揮するかのテストであり・・・」
モニク「両方の機体に損傷無し、今の所お互いは手の内を探っている状態であると・・・」

特殊システム「トライヅダ・システム」
ナノマシン等を媒介にした広範囲のMSを無力化させるシステムである。
相手の制御システムを乗っ取り、強制停止状態に持っていきパイロットとMSを無力化させる

ジェリド「勝てると思うな、カミーユ!」
カミーユ「わかるまい。模擬戦を遊びにしているジェリドには、この機体を通して出る力が!」

カミーユが乗っている機体から何かが放出されていき、それに触れたジェリド機は
左上腕部分から脱落、そして頭が転がって行き、右上腕部分から分解、そして右足が取れた
時点で機体は停止した。

ジェリド「カミーユ、貴様は俺のー!!」
カミーユ「あ・・・大きな星が点いたり消えたりしている。あはは、大きい、彗星かな?
     いや、違う、違うな。彗星はもっと、バーって動くもんな。暑っ苦しいなあ、ここ。
     出られないのかな?おい、出してくださいよ、ねえ。」

マイ「模擬戦の結果、効果範囲の機体を何故か損傷を与えながら無力化に成功したが・・・」
モニク「システム搭載機のパイロットにも多大な負荷が精神に掛かる事が分かった。」
マイ「ギレン総帥に渡されたシステムにはまだ改良の余地が必要だと判断した。」
モニク「残念ながらこの計画は大幅な見直しが必要であるとする。」

680 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:04:51 ID:???
>>678
ルイスが曲がるビーム貸してやれば解決じゃね?
曲がる事は秘密にしといて…
じゃあちゃんと狙って撃ったらビームが曲がって直撃…………無理か

681 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:24:49 ID:???
>>678
斧付きで前に突撃させれば問題ない

682 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:33:08 ID:???
>>680
ルイス(これで、ルナの狙撃も当たるはず……)
ルナマリア「こんのおおおお!」ズギャーン!(狙撃音)
シン「はっ!ルナ!ちゃんと狙えよ!右にずれてるぜ!」
ルナマリア「くっ!」
ルイス(ここで曲がる!)

ギュン!
シン「な!」
ルナマリア「え!?曲がった!」
ルイス「でも、反対だー!」
セシリー「左ね」

ズガーン!!
マユ「きゃああああああああ!!」
シン「マユウウウウウウ!!」
ルイス「そして、マユちゃんに当たったー!」
ルナマリア「ごめーん!」
ファ「ミンチより(ry」

683 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:33:12 ID:???
砲撃機に乗りながらも格闘戦の方が得意な誤射マリア・ホークであった

684 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:41:21 ID:???
>>682
マユは何に乗ってこんなとこウロウロしてるんだよww

685 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:54:27 ID:???
ガイアの上に乗って散歩とか・・・・・
そしてガイアの上を掠める曲げビーム

686 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 21:55:49 ID:???
誤射マリア「これでも赤なのよ!?」
一同『ウソダドンドコドーン!!』

687 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:30:03 ID:???
>>684
マユ「もちろんシンお兄ちゃんの応援してました」
ルナマリア「復活はや!」
シン「マユウウウウウウ!」
ステラ「シン涙目」
ルナマリア「いやーごめんマユちゃん」
マユ「マクダニエルバーガーでいいですよ」^^
ルナマリア「う……分かったわよ」
ファ「マクダニエルなら、今ちょうどカミーユがバイトしてるはずよ。皆で行きましょ」
シン(後でカミーユ兄ちゃんに文句言われそうだけど、まいっか)

身内のバイト先とか行きにくいよね

688 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:43:43 ID:???
シン(16)「カミーユ兄ちゃん」
カミーユ(17)「うわ、気持ちワル!」

689 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:45:23 ID:???
メタスが補給てw

690 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:48:25 ID:???
原作でもメガランチャーの補給をしてたから、スパロボの補給はそれが元ネタだろう
流石にメタスホンタイに補給装置は付いてないがw

691 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:51:36 ID:???
シン「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん、キラお兄ちゃん」
カミーユ「気持ち悪い」
シーブック「キャラじゃないだろ…」
ロラン「何か悪いものでも食べたんですか…?」
キラ「ですよねー(不覚にもちょっと萌えたのは黙っておこう)」

692 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:58:56 ID:???
>>679
>カミーユ「わかるまい。模擬戦を遊びにしているジェリドには、

殺す気満々だなカミーユ……

693 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 22:59:50 ID:???
シュウト「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」
アル「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」

カミーユ「普通だな」
シーブック「ああ」
ロラン「ですね」



ウッソ「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」

カミーユ「お前、偽物だな!」
シーブック「エンジェルハイロゥの影響の可能性も…」
ロラン「キラのゲームの影響じゃないですか?」



ジュドー「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」
ガロード「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」

カミーユ「絶対に裏があるな」
シーブック「今のウチに白状しておけよ。何を壊したんだ?」
ロラン「お小遣いは上げませんよ?」



ヒイロ「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」
刹那「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」

カミーユ「くそ!だからゼロシステムを使いすぎるなって言ったのに!」
シーブック「GN粒子は危ないって本当だったんだな!」
ロラン「月光蝶で埋葬します!」



シン「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」
キラ「カミーユ兄ちゃん、シーブック兄ちゃん、ロラン兄ちゃん」

カミーユ「気持ち悪い」
シーブック「気持ち悪い」
ロラン「気持ち悪い」



弟s「「「「「「ひどいや、兄さん……」」」」」」

694 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:00:53 ID:???
スパロボのは修理じゃなかったか?
ZZでZのライフルを修理する時にファが使ったからだと思うけど

695 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:02:03 ID:???
ウッソはあれだ、漫画版とすり替わって……
顔が違うから一発でバレそうな気もするが

696 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:02:53 ID:???
>>693
ヒイロは誰に対しても呼び捨てのような気がする・・・

697 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:08:53 ID:???
ジュドーやガロードは別に不自然でもないような

698 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:17:54 ID:???
>>692
不死身の炭酸「模擬戦で!2000勝で!スペシャルなんだよ!」機体を切り刻まれながら

699 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:41:13 ID:???
>>696
過去のネタだと、ヒイロはだいたい「名前+兄さん」と呼ぶ(呼ばせてる)職人さんが多い。
さすがにアムロ兄さん、シロー兄さんを呼び捨てにしてるヒイロは違う気がするw

>>697
ガロード、ジュドーは「名前+兄(にぃ)」が多いが、下心がある場合はこの限りでもないww


700 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:42:26 ID:???
カミーユ「子供の頃は“兄ちゃん”呼びでも違和感なかったんだけどな」
シーブック「あれ?でもヒイロから兄ちゃんって呼ばれた覚えがないな」
ロラン「ヒイロは昔から“兄さん”呼びでしたからね」


リリーナ「(ノインさん直伝)ヒイロ、もっと私に甘えなさい!!」
ヒイロ「任務了解」


カミーユ「そうかヒイロ……」
シーブック「甘えたかったんだな……」
ロラン「気づいてあげられなくて……」

ヒイロ(最近兄さん達が俺に優しい……一体何故だ?)

701 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:44:25 ID:???
ルナマリアは顔もスタイルも格好もバッチリで登場したはずがなぜこんなネタキャラになってしまったのかw

702 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:45:28 ID:???
コウ「ロラン〜小遣い前借りできないかな?」←19才

703 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:49:49 ID:???
スゲー野太い猫なで声なんだろうな>ガロードジュドーの「お兄ちゃん」

704 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:52:43 ID:???
セレーネ「で、姉の事は何て言うのかな?」

ヒイロ「姉さん」
ガロード「姉ちゃん」
アル「セレーネ姉ちゃん」

セレーネ「おねえちゃんとは呼ばないのね。
     いや、呼ばれても困るけど……」
アムロ(俺も『おにいちゃん』と呼んでくれる妹が欲し……いや、何でもない)

705 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:57:49 ID:???
プルツー「姉さん」
プル「なに〜?」
プルツー「……プル」
プル「なになに〜?」
プルツー「いやなんだ、なんでもない」
プル「ヘンなの〜」


プルツー(どっちでも違和感がないのか?姉さんが何も気にしてないだけなのか?そもそも、もともとは何て呼んでたんだ?)

706 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:57:52 ID:???
アイナ「ア、アムロ…お、お兄さm…ちゃん」
モニク「ア、アムロ、おに、おに、おに……」
レイン「アムロお兄さn…ちゃん」
シーマ「アムロお兄ちゃん♪」
ファ「アムロ大…お兄ちゃ…さん」
ソシエ「アムロお兄ちゃぁぁぁぁん」
ラクス「アムロお兄ちゃん」
ステラ「お兄ちゃん?」
リリーナ「アムロお兄様……お兄ちゃん」
ティファ「………お兄ちゃん」
シャクティ「アムロお兄ちゃんキラ☆」


707 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/27(木) 23:59:32 ID:???
アムロ「約一名空恐ろしいものを感じたのだが」
シャア「やあアムロ義兄さん、アルテイシアと結ばれる決心は固まったか」
アムロ「お前が一番恐ろしいわ!!」

708 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 00:07:41 ID:???
>>706
コウ(シーマさん……さすがに厳しい)

709 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 00:24:56 ID:???
アムロ兄さんのシスタープリンセス

710 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 00:35:54 ID:???
もっとも、実際にアムロがこう呼ばれることはないだろう・・・
その頃のアムロは遺伝子レベルにまで解体されて月面に・・・

711 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 00:42:54 ID:???
>>706
スティング「ステラアアアアアアアア!お前のお兄ちゃんは俺だろうがああああ!」
ギニアス「流石はシロー・アマダの兄といったところか…!許さん……許さんぞお!ゲフゥ(吐血)」
ゼクス「お兄ちゃんか……悪くない響きだな」
ミハエル「……」(ネーナがいないからテンションが上がらない)

712 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:00:50 ID:???
弟達が結婚することになっても「お義兄さん」としか呼んでもらえなそうだ

713 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:05:24 ID:???
>>710
アムロ「だからキサマとは縁もゆかりも無い赤の他人だーーー!!」∞∞∞★
Pドメ「まさかこんなに早く見つかるとhげふぅ!」

A.R.「D.O.M.E.が落ちたか…」
アマクサ「ふ…だが奴は我々の中でももっとも小物!」
リボンズ「そうだね…我々の一員として数えられていたのがおかしいくらいなんだ。
      あっはっは!」
Pドメ「そこでほんとに笑うことないじゃないか、生前の僕の過去の僕!」
A.R.「あ、おかえりー」
アマクサ「なになに?復活までのタイム、また縮んだんじゃない?」
Pドメ「いやぁ、ヘルメットが無ければ危ないところだったよ」
リボンズ「それ未来の僕のライバルの台詞やん〜」テシ
Pドメ「あー間違えちゃったー」
 あっはっはっはーーー


714 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:13:07 ID:???
一番の小者どころか、一番大物な気がする>コンパチアムロsにおけるドーム

715 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:24:26 ID:???
ああ、ガワとかが?

716 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:32:19 ID:???
プロデューサーさーん!D.O.M.E.ですよ、D.O.M.E.!

717 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:37:25 ID:???
D.O.M.E.「半分忘れられてるけど、僕は本当はガロティファスレからのゲストだからね。
     あちらのスレがある限り僕を完全に破壊することは
     ……あれ、なぜサテライトキャノンのガイドレーザーがふたつも」

718 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:37:43 ID:???
ディアナ「アムロお兄ちゃん♪」

ロラン 「!」
ドモン 「おい。ディアナ様がストレスの限界のようだ。何か発散させる方法を!」
ヒイロ 「無理だ、自爆する」
ジュドー「ふざけんな!」
刹那  「ヒタイダーを呼ぶべきだ。これなら万事解決する
     ヒタイレッドのガンダムはいいぞ。あれはいい!」
シロー 「ガロード、刹那を縛っておけ」
ガロード「へ〜い」

719 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 01:55:35 ID:???
>>714->>716
向こうのD.O.M.E.、通称PドメのPはポータブルのPで、
最終話にティファの前でふよふよしてたソフトボールからハンドボール大のヤツらしい。
あちこちのスレで埋められたり捨てられたり沈められたりしてる。
(もちろんその度に復活してるんだが。)

女の子が両手で持てるくらいのサイズだし、少なくとも中でコンサートはできないw


720 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 02:55:05 ID:???
>>707
そこの赤い水性
妹の旦那は義弟だろ
義兄は貴様だ

721 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 16:21:14 ID:???
そこは
ドモン「ダメだぁ兄さん!『僕』にはできないぃい!」
だろ

ウッソ「僕っこのドモン兄さんて…」
キラ「まじダメージ半端ないっす…」

722 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 16:25:49 ID:???
>>721
ドモン「そうか、では介錯は俺の手で果たさないとな」ゴキッ!ベキッ!


723 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 16:29:51 ID:???
シュバルツ「甘い!! 甘いぞ>>721!!
      あの時のドモンの発音は『ボクにはできない!』だッ!!
      弟キャラの言う『僕』と『ボク』の間には数倍の破壊力の違いが」
ウッソ「そんなこと熱く語るっておかしいですよー!?」
キラ「確かに破壊力はまた一段と上がるけどさあ……」
シュバルツ「そんなことはどうでもいいッ!!」

724 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 16:49:59 ID:???
>>720
赤い水性?………赤い水星!?
紅いセーラーマーキュリー!

725 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 19:30:58 ID:???
水の星より愛を込めて・・・・

726 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 19:42:34 ID:???
シャア(CCA)が
セーラーマーキュリーのコスで
水の星に愛を込めてを歌う

ガンダム家で

727 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 20:03:15 ID:???
>>720
ロラン「お嬢様、この消える水性ボールペン欲しかったんですよ!
ありがとうございます!!」っボールペン(P●LOT製)
ソシエ「ロラン、そこまで感動しなくても…」

アムロ「(ボールペンが消せるなら、あの男も)ゲフンゲフン」
シュウト「アムロ兄ちゃん、風邪?」
アムロ「き、季節の変わり目のせいかな?シュウトも気をつけろよ」

728 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 20:07:27 ID:???
>>726
キャプテン「変態を…バチッ!…排…ジジジッ…除…」
シュウト「キャプテン!」
アムロ「止すんだキャプテン! いくらお前でも、あれをまともに見ては…」
セレーネ「ダメよ、スターゲイザーちゃん! あれを見ちゃダメーー!」
ロラン「うわーん!ナノマシンが嫌がってますよぉ!」
ヒイロ「任務、了解…」ポチッ!


729 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/28(金) 21:28:29 ID:???
991 :名無し大佐 :10/05/28(金) 06:48:23 ID:???
本スレ>>720
アムロ「そうか、セレーネを引き取ってくれたんだな!いつ籍を入れたんだ」ニヤニヤ

妹の旦那も義弟だ

730 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 01:23:02 ID:???
C.A「ま、待ってくれ!なにをするつもりなんだ!
   私は一応サナリィ社のものでここに来ているのは動作実験のためで
   うわあああああああああああああ」



A.R「やれやれ、これで僕たちは助かった」
キャプテン「次にコマンダーが襲われる確率は99.51%」

731 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 01:25:18 ID:???
司馬懿「これも孔明の罠か……」

732 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 03:27:30 ID:???
トロワ「本人が別に望んでもないのに妹に結婚を迫る兄か……」
ユウ「(似たもの同士だな、白い悪魔と赤い彗星は)」
ブリング「似ランザム」
アルゴ「ああ。だから二人はライバルだ」
スウェン「……ハァ」


733 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 10:04:19 ID:???
アムロ「また長兄の株を落とされる前に仕事をしているところを見せて挽回するか……」
チェーン「何か言いました、アムロ?」
アムロ「いや、独り言さ」
キャプテン「では新装備のテストをします」
ガンイーグル「手加減しないぜ、キャプテン」
アムロ「ガンナーフォーム装備だ、キャプテン!」
キャプテン「了解!」


ガガガガガ!!


ブライト「ほう、機動力で優れるガンイーグルを連射攻撃で近づけないな」
アムロ「ああ。キャプテンの新装備さ。最終的にはこれをデチューンして
     ジムの追加パックとして売り出したい」
ミユ「ロンドベルのモビルシチズンはワーカージムやパトロールジムなどの
   特化タイプが多いですからね。逆にいうと汎用性ではネオジオン社のザコソルジャーには
   及ばないというのが世間の評価です」
アムロ「スペック上ではジムはザコに負けてない!」
ブライト「ザコの方が安いからな……」
アストナージ「その上、人格プログラムが優秀ですからね、ザコは。
         過酷な環境でもNOと言わない、臨機応変に対応する……という意見もあります。
         ジムタイプは事務的すぎるというアンケート結果が」
チェーン「OKです、キャプテン、ガンイーグル。10分の休憩後、セイバーフォームの試験を開始します」
キャプテン「了解」


ガンイーグル「いくらキャプテンでも、接近用装備じゃ、ヒット&アウェイの俺には」
キャプテン「そこだ!」


アムロ「刹那のナイフ投げのデータを仕様したからな。アイツはビームライフルよりナイフ投げの方が命中率が高い」
チェーン「さすがアムロの弟さんですね」
ケーラ「ああ、変わりもんだね」
ブライト「アムロの弟だからな」
トレース「これが製品化された場合、単品ではザコに及ばないノーマルのジムに
      状況によってザコを越えるスペックを与えることができるって訳ですか」
サエグサ「でもなぁ、ネオジオン社には高性能汎用モビルシチズンのドーガボマーシリーズがあるから
      ……コスト的にはこれぐらいで押さえないとシェアを確立できないと思いますよ」
ブライト「どうだ?アムロ」
アムロ「やってやるさ」
ブライト「チェーン」
チェーン「正直、厳しいですね……このままだとアムロのボビーで終わります」
アムロ「チェーンは厳しいな……」
   
壁|o^ゝ エルメチュ「………」







734 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 10:05:58 ID:???
赤ザコ「エルメチュから画像データが届いた……ザコ
     ふ……戦いとは2手、3手先を読んでやるものザコ」
司馬懿「敵勢力の諜報は戦術の基本なのである」
Pガーベラ「しれっと混ざるな、白サザビー」
クェス「覗きって犯罪なんじゃないの、大佐」
シャア「ふ……覗きとは心外だな
     これは企業スパイ……どうだ、カッコイイだろう」
ギュネイ(格好良くても犯罪には違いないんじゃ……)
司馬懿「呂布隊が五人で曹操様に襲いかかれば"多勢に無勢"
     だが劉備三兄弟が呂布一人に襲いかかれば"友情パワー"
     そういうことなのだとG記にも記されているのである」
ナナイ(この白サザビー、居座る気か?)
Pガーベラ「………」
赤ザコ「どうした、プロフェッサー……ザコ」
Pガーベラ「べ、別にいろんな換装フォームがあってキャプテンが羨ましいとか思ってないからな!」
クェス(羨ましいんだ)
ギュネイ(羨ましいんだ)
司馬懿「そのガーベラの装甲がすでに追加装備っぽいではないか」
Pガーベラ「馬鹿者!そ、そういう問題ではない!」
シャア「"色々な"というのがミソなのだよ。私の赤いMSが沢山あるようにな」
クェス「沢山アムロに壊されたから乗り換えてきたんだね」
シャア「うぐ…」
赤ザコ「キャプテンとガーベラは基本構造が同じなのだから、同じ追加フレームを作れる可能性もある……ザコ」
司馬懿「海賊版なのである。中国台湾韓国なのである」
Pガーベラ「せめてガワは変えないと、クラインカンパニーのザクを批判できなくなるぞ」
ギュネイ(新装備をつくることは拒否しないんだな……)
ナナイ「むしろロンドベルが商品化する前の今なら我々が出し抜くこともできるのでは」
シャア「ふむ……だが、アムロの後を追うのは癪だな。
     我々の技術の粋を集めればアムロ以上の装備変更システムを作れる筈だ」
クェス「それでワザとアムロに技術を流すんだね」
ナナイ「それだけはやめてください」
シャア「ではプロジェクト・Wを開始する!
     ナナイはプロジェクトの予算のメドを。ギュネイは企画書を作成
     ガーベラは資材の調達、コマンダーは人材のスカウト、司馬懿はクェスの相手を頼む」
その他「「「「「「了解」」」」」

タッタッタッタ…

シャア「コマンダー…」
赤ザコ「は?」
シャア「お前はやさしいな。サザビーでキャラがかぶることを懸念して赤ザコモードとは」
赤ザコ「マスター…ッ!」
シャア「で、司馬懿はどこへ消えた」
赤ザコ「いつのまにか書き置きが……ザコ」

クェスのお守りなどゴメンこうむるのである by 司馬ビー

シャア(色々アレな弟子を持ってるので慣れてると思ったのだが……)
赤ザコ(自称シバビー…)


こうしてプロジェクトは始まった

難航に次ぐ、難航……

一時はプロジェクト凍結の声も上がった

だがアズナブル社長は言った
私はかつて、シャア=アズナブルと呼ばれたこともある男だ!
社員達の目に、精気が戻った…… (プロジェクトエーーックス)

735 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 10:07:41 ID:???
クロノクル「姉さん、シャクティ、それはこの数ヶ月僕が風都で稼いだギャラ……」
マリア「クロノクル、貴方の寄付によってマリア教団は救われるでしょう」
シャクティ「これで夏の祭典に間に合います、クロノクルおじさま」
クロノクル「うう……また一ヵ月モヤシ生活か……」
ポン…
司馬懿「君、いい身体しているね!なのである」


行き詰まったアズナブル社長の前に、司馬懿サザビーが現れた
一人の亜シャアを連れて

ガイアメモリシステム
クロノクルが知っていた技術はプロジェクトに光をさした (プロジェクトエーーーックス)

Pガーベラ「駄目だ!理論は完成したが、この小さなメモリからどうやって装備を生み出せばいいのだ!」
赤ザコ「質量法則の限界……ザコ」
ナナイ「いや、それを打開する素材が一つある」

質量保存の法則に真っ向から否定する素材……デビルガンダム細胞
社員達は野良デビルガンダム狩りに繰り出した

ギュネイが……死んだ  (プロジェクトエーーックス!)


ギュネイ「いや死んでないし!!」

シャア「ようやく完成したな」
司馬懿「これもG記に記されてた結果なのである」
赤ザコ「さあプロフェッサー、アンテナを引きちぎって、このメモリを刺すのだ……ザコ」
Pガーベラ「うむ……」

ガチャ

< ヒイローォ!

シャア「ところでなんのメモリを刺したのかね?」
ナナイ「ヒーローと聞こえましたが」
司馬懿「HERO…つまり英雄の記録なのである」

Pガーベラ「任務失敗……自爆する」


ドッカーーーーーーーン!!



カミーユ「何だ!?」
シーブック「ネオジオン社で爆発だ!」
ルー「なぁんだ、じゃあきっとマフティーでしょ」
セシリー「そうね」
ファ「びっくりしたわね、もう」
ハサウェイ(え……?何もしてないけど……)



736 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 12:52:23 ID:???
アカハナ「ガンプラでアッガイが売り上げベスト10以内に入っているようです」
シャア「うむ…今こそリック・アッガイの開発を進言する良い機会だな」
アカハナ「我々の悲願、リック・アッガイの開発を宜しくお願いいたします!」


シャア「……と言う事です。是非ともリック・アッガイの開発を…」
ギレン「何故水陸機を宇宙に上げる必要がある?」
シャア「ズゴックは宇宙用も製作していたように思われますが」
ギレン「正式な量産は断念したはずだ」
セシリア「(妙に食い違っているような……」
ギレン「しかし、貴様達は何故アッガイにこだわる?ハイゴッグやアッグガイではいけないか?」
シャア「可愛いは正義です」
ギレン「却下」



シャア「くっ。これでは人類の革新など……」
ナナイ「……RFシリーズで作ればよろしいのでは?」
シャア「あっ」

737 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 12:57:13 ID:???
ギレン様、リック・アッグガイの方がよほど駄目な機体のような気が
電撃ムチしか持ってないMSを宇宙で使うのは自殺行為を通り越して不可能の領域に……

738 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 13:09:21 ID:???
シャア「では、次の企画です。プロモーションムービーをどうぞ」
ギレン「うむ」



ゾゴッグ────────
それは実戦空手道とブーメランを組み合わせた全く新しいモビルスーツ
そしてこの若者の名はドアン ゾゴッグの操縦を極めた男だ
今、最強のキング・オブ・ハートに挑む!

「うおおおおおおおお────────────!!!!!!!」



ギレン「却下だ」
シャア「駄目ですか」

739 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 18:22:06 ID:???
ジャブロー攻略用MS三銃士は、本命を隠すための嘘でっち上げって説もあるらしいけどなw

シュバル「ヅダはゴーストファイターなどではない!」
モニク「今はヅダの話などしていない!」


740 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 18:53:10 ID:???
え、アッグに乗って出撃したものの、ドリルがつっかえて数日後に救助された
悲惨なパイロットの話が……

まあ、なかったことにしてもいいか

741 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 19:13:14 ID:???
え?
アッグに乗って天元突破した男の物語じゃないの?

742 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 20:25:29 ID:???
そもそもアッグってトンネル掘削用の土木マシンじゃないか

743 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 22:25:08 ID:???
>>741
やけにノリのいいヨハンか。

ネーナ「ヨハ兄これなんだけどさ、」
ヨハン「アニキと呼べ!」
ネーナ「え…?」

744 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 22:31:43 ID:???
ゾゴックにアッグを合体させるとだな・・・

745 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 22:34:29 ID:???
ヨハン「いくぞミハエル!ネーナ!合体だ!」
ヨ・ネ「が、合体!?」

ガシンガシン!

ヨハン「兄弟合体!GNランチャー!俺たちを、誰だと思っていやがる!」

ネーナ「ちょっと!ヨハ兄に何したのよ!」
リボンズ「いやだな、なんでもかんでもボクのせいにするのは未来のボクだけにしてよ」
ミハエル「じゃあどういうことなんだよ!」

746 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 22:51:11 ID:???
アル「カミーユ兄ちゃんの真似。『そんな大人、修正してやる!死ね!』・・・
どう?」
シュウト「似てる〜。じゃあ僕はヒイロ兄ちゃん。『リリーナお前“殺”す
ぞ?』」
アル「あはは。シャアおじさんとグエンおじさんの真似『ロラン君ハァハァ
・・・』」
シュウト「あははは。じゃあ次はね〜・・・・・・」

ロラン「二人して何をやっているのかと思えば・・・・・・覚えなくてもいいこと
を・・・」
カミーユ「・・・俺はあんな風に思われてるのか・・・死ね、なんて言ってないの
に・・・」
ヒイロ「微妙に間違ってはいる。が、まったく教育に悪いセリフばかりだな、
ウチの兄貴達は。」
ロラン「あなたも含めてねヒイロ・・・何だか頭痛が・・・」

747 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 23:16:41 ID:???
>>746
ソンネン「ドロップ…食うか?」


748 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 23:25:29 ID:???
>>746
ルイス「フリスク…食べる?」

749 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 23:34:07 ID:???
>>746
シャア「アムロ!お前は弟にどんな教育をしているッ!?」
アムロ「いきなり何だ!」
シャア「私は!ハァハァなどしていない!」
アムロ「音もなく忍び込む男の言う事か!」
シャア「ハァハァはせずに生暖かーい目で見守る。それが変態紳士たる者のつとめだ!」
アムロ「む。確かにそれもそうだな」
シャア「分かってくれたか」
アムロ「あぁ。アルには後で訂正させておく」
シャア「頼むぞ」
ロラン「どっちにしろ変態じゃないですか!」


750 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/29(土) 23:59:37 ID:???
>>745
アムロ「よし…この手を使うか…」

アムロ「あ〜、刹那、ちょっといいか?」
刹那「ん?アムロ兄さん何か用か?」
アムロ「なあ…知ってるか?合体と言うのはな…男のロマンなんだぞ」
刹那「合体…噂には聞いた事があるがどうすればいいのか俺には…」
アムロ「そう言えばこの間ネーナちゃんがお兄さんと合体してたな…聞いてみたらどうだ?」
刹那「なに!ネーナが!?先を越されたと言うのか…行ってくる!」
アムロ「おお………もしやこれで………」


ガロード「なあ、エクシアとドライ繋がってるけど、何してんだ?」
ジュドー「さあ?GN粒子供給の実験じゃないの?」

ネーナ「合体って聞いた時嬉しかったけどさ…なんであたしが挿す側なのよー!ってか根本的に何か違う!」
刹那「文句を言うな。これも男のロマンだそうだ」

アムロ「駄目か…そうだよな…こんなことで上手くいくわけないよな…」

751 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 00:21:17 ID:???
いやいや、いつもなら逃げ出してる筈だから大きな進歩だぞw
少なくとも嫌がってはいない

752 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 00:22:02 ID:???
>>750
赤ハロ「オーライザー…ドッキング…モード…ハロ!」
沙慈「赤ハロ…大丈夫、刹那は君やオーライザーの事を忘れたわけじゃないよ」ナデナデ


753 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 00:37:09 ID:???
>>752
なんか泣けるな…なぜかわからないけどクロノトリガーのロボ思い出したw

754 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 00:37:14 ID:???
リュウ「昔はカイを肩車して『ガンキャノン発進!』とかよくやったな」
カイ「水鉄砲でビームライフル!とかしてましたっけね」

755 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 00:46:18 ID:???
>>750
シャクティ「やっぱ刹那さんは受けなんですね……」

756 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 00:49:58 ID:???
>>754
ハヤト「………」


757 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 10:04:35 ID:???
ガラ ガラ ガラ ビヨーン

ロラン「あ……洗濯機壊れた。どうしよう、まだ残ってるのに」
グエン「(ガラッ)私に任せたまえ!」
ロラン「グ、グエンさん!?どこから!そしてなぜ上半身裸なんですか!」
グエン「洗濯機が壊れたと聞いてね!さぁ私の胸を洗濯板に使いたまえ!」
アムロ「成敗!(カキーンッ)」
グエン「うおお!ロラーーン (キラーン)」
ロラン「ブツブツ(まだ半分しか終わってないのに…洗濯板って…まったく
もう…ソシエお嬢様の胸でもあるまいし)ブツブツ」
アムロ「……乾燥機付きの新しいの買おうか、ロラン」



758 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 10:44:06 ID:???
ここの兄弟なら買うどころか作れそうだがな


キャプテン「……魔改造される確立56%。逃走経路の確認をする」

759 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 10:50:28 ID:???
ターンエー出せばいいのにwwww

760 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 12:45:36 ID:???
マイ「月光蝶で汚れを空中分解、この新型洗剤のサンプル試用をですね」
プル「あー、私やってみたいー♪」
プルツー「オチが読めるからやめるんだ姉さん!!」

761 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 15:18:07 ID:???
>>757
ガロード「ありゃ、やっぱここんトコの軸受けか…」
ロラン「直りそうですか?」
ガロード「ん…まぁね」カチャカチャ
ロラン「…なんだか歯切れが悪いですね」
ガロード「う……… いや、その、前に壊れた所をさ…適当な材料が無かったんで、
     ガンダリウム合金の切れっ端つかったのよ」
ロラン「はぁ?」
アムロ「おいおい…」
ガロード「そしたら、今度はそれを支えてる軸受けが壊れた訳」
アムロ「材質の選定は慎重にやらないと駄目だろう。
    一部分だけ丈夫な材料にすればいいってもんじゃない」
ガロード「ん。 …けど、ウチの洗濯機ってハードな使われ方してるからなー。
     普通のスチールだとやっぱり耐久性が…よし、外れた」
アムロ「ふむ、これか…なるほどな、見事にパックリ逝ってる」
ガロード「さて、適当なガンダリウム合金あったかなぁ…」
ヒイロ「俺が確保してこようか?」
ガロード「デスサイズの装甲引っぺがしてくるのは無しな」
ヒイロ「………」
アムロ「うーん、ボールベアリングを使ってるのか…マグネットコーティングで(ry」
ガロード「いや、それだと制御系も新しくしないと駄目だし、そもそもシールドが(ry」
カミーユ「だいたいここの軸受けの配置が(ry」
シーブック「それだとメンテがしにくくないか? こっちに(ry」

ロラン「あああああ、やっぱり収拾が着かなくなってきた…」
セレーネ「水でもひっかけとく?」つ【バケツ】
ロラン「やめてください!」

Dr.J「わしらに任せてくれれば(ry」
イアン「刹那! このGN軸受けで(ry」
ウモン「閃いたぞい!」


クリスママ「今日もお隣は賑やかねぇ…」
クリス「あははー… ロランの憔悴ぶりが目に見えるようだわ…
    何か差し入れしてあげようかしらね?」

シュウト「ガンダイバー、誰か手伝ってー」
ガンダイバー1号「では、私が!」
シュウト「えっと、回転数はこれくらいで…」
アル「石鹸投入〜」
ガンダイバー1号「それでは、右手だけミニマムスパイラル!」
 ざばばばばば〜〜〜…


762 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 16:13:25 ID:???
うぉおおおおおおおおおおおおおお

カミーユ「な、なんだこの気迫は」
シャア「これは、サイコフレームの共振?しかし、安心を感じない、むしろ、何かこう暑苦しいぞ」

ドモン「ぉおおおれの子の手が真っ赤に燃え(ry」
刹那「そうだ、俺が、俺たちが、ガンダm(ry」
キラ「恋姫に一騎当千アニメ化、世はまさに美少女三国志時d(ry」
劉備「龍ゥウウウ帝ェエエエk(ry」
呂布「多摩市ィイイイイイイイイ」
コウ「うぅおおおおお、キャ、キャロットォオオオオオ(頑張って人参を食べようとしている)」
シン「ACE:R出演決定ィイイイイイ!!汚名挽回してやるぅうう!!」
ギンガナム「わが世の梅雨が来たぁああああああ!!!」
マーク「どうしてそこであきらめるんだ、俺だってここで深海作物がトゥルルってg(ry」

シーブック「あつい、無駄にあついぞこれ」
ロラン「いったい何をしようと言うんですか」
セレーネ「ふふふ、これにも使い道ってのがあんのよ」

暑苦しい男どもの近くで洗濯物を干し始めるセレ姉さん
見事に水分が蒸発していく洗濯物の数々

セレーネ「はっはっはっは、見たか愚弟共、あたしにだって生活の知恵って物ぐらいあるのよ〜」
ジュドー「さすが姉さん俺たちには思いつかないことを平然とやってのけるー(棒読み)」
ガロード「そこにシビレる憧れる―(棒読み)」
マイ「成るほど、モビルファイターの闘志をガンダムにトレースする事が出来るのなら」
アムロ「ララァ、オチが見えるよ」

763 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 20:20:11 ID:???
>>760
ヅダエールMk-2か・・・
ヤバイ臭いしかしないな

764 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 21:39:28 ID:???
>>762
ルナマリア「シン、汚名は挽回しちゃ駄目でしょ」
シン「はっ…勢い余ってつい」orz
ジェリド「古傷が…」orz
レイ「気にするな、俺は気にしない」

765 :ある技術者の日記:2010/05/30(日) 22:12:27 ID:???
ヅダエールMk-2に関する記録 オリヴァー・マイ
May 9, 20XX
我が家の洗濯機が壊れたとロランから報告があり、我が社で開発を進めていた
「ヅダエールMk-2」の試験運用を兼ねた実地テストを行う。
長兄アムロ・レイは難色を示したが、ロランの説得もあり、テストを了承。
本日より記録を開始する

May 10, 20XX
月光蝶で汚れを分解する「ヅダエールMk-2」の効果は絶大であった。
ロランによれば、洗濯していない衣服まで勝手に汚れが落ちていくらしい。
未だ試験運用の最中であるが、これが実用化されれば、
洗濯の世界に革命を起こしうることは間違いないと思われる。

May 11, 20XX
今朝5時頃、ノーマルスーツを着たロランに無理やり起こされる。
私もノーマルスーツを着せられた。どうやら洗濯中に事故が起こり、
汚れた衣服が全て分解されてしまったらしい。
ドモンやヒイロはノーマルスーツが無いため全裸だが、この二人に限って言えば
風邪をひく心配はないため、特に問題は無いと思われる。

May 12, 20XX
事故は拡大を見せ、どうやらこの地区一帯が「ヅダエールMk-2」によって洗浄され
衣服は全て空中分解されてしまった。無事なノーマルスーツは私の着ている一着のみだが、
季節が暖かくなってきた春先であったことは不幸中の幸いであった。
長兄は刹那の搭乗する00ライザーのトランザムバーストの実験であると周囲に説明して回っているが
GN粒子の特性から言ってあまりうまい説明とはいえないと思われる。

766 :ある技術者の日記:2010/05/30(日) 22:14:52 ID:???
May 13, 20XX
洗浄が町全体にまで拡大した。もはや服を着ているのは私だけである。
ただ、ずっとノーマルスーツを着ているので身体が蒸れて妙にかゆい
脱いでもいいかと尋ねると、許可できないといわれた


May 14, 20XX
朝起きたら、背中だけでなく足にもあせもができていた
町が妙に騒がしいので見に行ってみると、皆が全裸でプル嬢の真似をしていた
警察に見つかったら大変だと思われたが、先頭切ってグラハム警視正率いる
オーバーフラッグスが全裸でフォーメーションを組んでいた。



May 16, 20XX
昨日、この町から逃げ出そとしたハロ長官が、フル・ふろんたるとラウ・ル・くるーぜにつかまり全裸にされた
夜、ノーマルスーツで、からだ中 あついかゆい。
本社出張ちゅうの モニクさ からメールがきた
「ヅダエールMk-2」は理性を空中分解させ みんな ナチュラルハイに
いったいこの町 どうな



May 19, 20XX
やと スーツ 脱げた も とてもかゆい
今日 はらへったの、がロランいない
全裸で、ぐえん しゃーと月にほえてた



May 21, 20XX
かゆい かゆい モニク― 出張からきた
服きてたんでなんで ぬがし
えろかっ です。



4
づだ
ざく



767 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 22:23:11 ID:???
いや、ヒイロも流石に宇宙ではノーマルスーツ着ていたぞwww
ついでに言うとドモンのあのピッチリスーツはどうなんだろう
汗とかついているだろけどそんなこと言ったら全部の衣類が分解されてしまうww

モニク「ッッッッッッッッッ?????!!!!!!!!」
エンマ「そんなどこぞの超規模親子喧嘩漫画みたいな表現はなんですか?」
エルヴィン「『どうしてこう言う時に限って会社は新型ノーマルスーツ(ピッチリじゃないやつ)の開発をしているんだ』だそうです」
カスペン「よほどショックのようだな」
デュバル「ジオニックの仕業か!」
ガトー「おのれ兄弟家ぇえええ!」
シャア「これも全部アムロ・レイって奴の仕業なんだ…」
孔明リ・ガズィ「ハイハイ、孔明の罠ワロスワロス」

768 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 22:37:53 ID:???
>>767
遠回しにドモンとヒイロはバカだと言ってるんじゃないのかな


769 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/30(日) 22:59:49 ID:???
>>766
ハロ長官のマスクも分解されたのか……!?

770 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 00:07:05 ID:???
>>768
普通に抵抗力の話だろ。
並みの毒やウィルスでへたれる姿が想像できんw

ドモンもヒイロも作中描写を見る限り、馬鹿には程遠い。


771 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 02:13:06 ID:???
病気にならなそうな人たち

セレーネ→669時間風呂に入らないでもなんともないぜ
シロー→風呂には入れば雪山でも大丈夫
マイ→ウィルスを分解
ドモン→ガンダムファイターの前にウィルスなど!
刹那→俺がガンダムだ
ヒイロ→体の頑丈さはドモンの次か
ガロード→氷の張った湖に片足突っ込んでもなんともないぜ
ジュドー→いつでも元気満々マン

772 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 10:01:52 ID:???
>>766
モニクの貞操が危ない件wwwww


773 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 10:16:12 ID:???
>>771
ガロードは、っつーか、Xの地球人は劇中の数年前まで核の冬を味わってたらしいから、
多分寒さにはべらぼーに強いんだと思う。
その代わりに、暑さには弱いんじゃないかな?

キラ「僕なんかお日様に当たっただけで眩暈がするし。
   誰かさんと違って繊細だから…」
シン「宇宙生活の為に免疫力を強化したのがコーディネイターだろーがよ、
   そこのスーパーコーディネイター様?」
キラ「聞こえなーい。 けふけふ、あ、熱が出てきたー。
   これは今日も休んで寝てなきゃ」イソイソ
シン「とか言ってPCを立ち上げるなー!」


774 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 12:01:01 ID:???
>>772
シーマ「なんだ?あんたもようやく女になったのかい」
フェルト「………////」
ハマーン「ま、まぁ。初めてがそういう事で気の毒だとは思うが…気にしすぎるな」
モニク「……服を破られた所でマイの性欲が分解したわ」
シーマ「………」
ハマーン「どこまで分解するのだ、奴は……」

775 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 12:47:57 ID:???
最終的に人間のあらゆる欲望を分解したヅダエールMk-2によって
町の人間は人類として一歩進化を遂げたのだった
そこは醜い争いなどなにもない、まさに地上の楽園であった

                            完

ロラン「『完』じゃなーーい!いったいどう収拾つけるんですかーー!」


776 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 13:40:00 ID:???
リリ姫「はいはい、マナマナ」


777 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 16:44:58 ID:???
>>775
争いが無くなり、自らの役目を終えたと理解したヅダエールMK-2は自身を空中分解した

そして、数ヵ月の月日が立ち

以前通りの生活に戻った人々の姿があった──

778 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 17:02:28 ID:???
マイからスタンド能力者の臭いがする

                  ・ ・ ・ ・   ・ ・
モニク「奴は……!マイは、『自分自身』を『分解』していた……!」

ドドドドドドド!!!

779 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 17:58:55 ID:???
D.O.M.E.「こうして僕は人生を終えて月面基地で暮らすようになったわけさ」
ガロード「へえ〜」
アムロ「真に受けるな!!俺はまだ生きてる!!」

780 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 18:29:16 ID:???
でもアムロは禿の言葉通りなら享年29歳だよ?

781 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 18:59:11 ID:???
>>780
それを言うならマユ他、人生オワットル人間が山ほどいるわけだがww

782 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 20:55:09 ID:???
ララァ「悲しむ人は少ない方が良いでしょう、アムロ」

783 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 21:00:57 ID:???
そういう意味じゃララァは幸せだよな
宇宙世紀の軸となった二人の男に呪いになるほど想われ続けたんだから

784 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 22:57:03 ID:???
>>780
禿曰く「アムロ殺そうとしたけど行方不明になってしまった以上話の中で殺すことはできない。アムロに負けた」と言ってるらしいが

785 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 22:59:16 ID:???
逆シャアリメイクしてきっちり殺せばいいのに
禿は毎度毎度とんちんかんだな

786 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 22:59:42 ID:???
アムロは創造主に勝ったのか・・・

787 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 23:12:52 ID:???
しかし、ガンダムにおいて、禿の他の主人公勢は行方不明にもならず
普通に生き残っている事実

788 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 23:50:17 ID:???
小説版でころころした手前、アムロだけは殺したかったんだろう


789 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 23:54:41 ID:???


790 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 23:55:38 ID:???
そういや、アムロって16歳で死んでるのか・・・

791 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 23:57:24 ID:???
実はDOMEは小説版アムロの成れの果てで

792 :通常の名無しさんの3倍:2010/05/31(月) 23:57:51 ID:???
D.O.M.E.「アムロ・レイは二度死ぬ…ナンチッテw」
リボンズ「まるで某スパイ映画みたいだね、未来の僕は」

793 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/01(火) 00:18:59 ID:???
きっと若い頃の魔乳先生が都合よく銀水晶を使ったんだよ

794 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/01(火) 14:09:34 ID:???
マリュー「今でも若いわよっ!」
ナタル「そう言う意味ではないと思うのですが…」


795 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/01(火) 14:31:18 ID:???
クェス「若さ、若さって何?」
シャア「振り向かない事さ」
クェス「あぁ、だから大佐は歳を取ったのね」
シャア「(グサッ」
ナナイ「クェス!……子供から見れば年上はおじ様に見えるものですよ」
シャア「ナナイは優しいな……」
クェス「……綺麗なおばちゃん(ボソッ」
ナナイ「お黙り小娘っ!」

796 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/01(火) 21:11:07 ID:???
月曜日
トロワ「今度近くでサーカスをすることになった。これは無料チケットだ」
ファ「あ、ありがとう」
カミーユ「………」

火曜日
ウィッツ「よう!これから暇か?どっか遊びにいかねーか?好きなモン奢ってやるぞ」
ファ「ゴメンなさい、今日はもう約束があって」
カミーユ「………」

水曜日
ディアッカ「グレイトゥ!お前の為に炒飯弁当作ってきたから食べてくれよな」
ファ「美味しそう……だけど太りそう……うぅ…」
カミーユ「………」

木曜日
ライル「ファは看護士志望なんだろ?モレノ先生の所で手伝いとかしてみないか?」
ファ「現場かぁ、ちょっと跳びすぎだけど興味あるなぁ」
カミーユ「………」

金曜日
カミーユ(イライライライラ……)
ロラン「カミーユ、爪を噛むのはやめなさいって言ってるでしょ」
ガロード「カミーユ兄、なんか最近イライラしてね?」
ジュドー「俺のNTのカンだと女がらみだな」
シーブック「当たり。最近ファがモテてるから嫉妬してんだよ」
カミーユ「アイツら、俺の女に粉かけやがって……」
ガロード「それ、本人の前で言えばいいのに」
シーブック「ファを"俺の女"発言しようものなら、フォウとかが黙ってないぜ」
ジュドー「ああ、修羅場ってヤツね」

土曜日
ウィッツ「俺のエアマスターで空のドライブに決まってるだろ?
      メタスも可変機なんだしな!おまえらは帰れ」
トロワ「問題ない。俺のヘビーアームズカスタムなら空中にも対応可能だ」
ライル「GNドライブの重力制御の方が安定感抜群だぜ。今ならシールドビットも付いてるしな」
ディアッカ「トロワのはジャンプだろ。あとシールドビット付いてて何だってんだよ」
ファ「やめてみんな、私の為に喧嘩しないで!」

クリス「なに、あの逆ハーレム」
バーニィ「アルは見ちゃいけません!」
アル「え!?何!?」

日曜日
カミーユ「熱いなぁ、おーい出してくださいよぉ……」

アムロ「で、なんで実際ファがあんなにモテてるんだ?」
シャア「普段モテてないみたいに言うものじゃない。ファはイイ子だし美人だぞ」
アムロ「さり気なく居るんじゃない!」
シャア「カミーユとファの問題なら私が居てもいいだろう!」
コウ「あ、あの4人がファに言い寄る理由わかった!」
ウッソ「嘘だ!コウ兄さんに限って恋愛の事なんて!!」
ドモン「明日は槍が降るか……いい修行になりそうだ」
ヒイロ「メタスにはビームサーベルが6本ある。そして4人のガンダムには……」
ガロード「ビームサーベルなかったな、あの連中のMS」
シュウト「っていうか格闘武器しかないよね」
キャプテン「まだ拳が残ってる!」
アムロ「オラオラオラオラオラ!!」
シャア「ひでぶっ!」
コマンビー「制作者の反映か……私もキャプテンに殴られ負けた……」

797 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/01(火) 22:29:06 ID:???
>>781
カミーユ「意外と多いかと思ったけど、俺達の中で人生オワッテルのってネーナだけだな」
ファ「ああ…そう言えばそうね」
ネーナ「終わってるとか言うな。まだまだこれからだっての」
カミーユ「まあまあ、怒んなって。もしもの世界の話じゃないか」
ネーナ「それにそう言うことならフレイだって終わっちゃってる事になるじゃないのよ」
フレイ「あのさ…いきなり話振って巻き込まないでくれない?」
ルイス「あ!!あんた達さ……」
ネーナ「うん?何?」
フレイ「ジロジロ見て…何かついてる?」
ルイス「ねえねえ!この子らちょっと似てない?」
ルナマリア「う〜ん…言われてみればなんとなく」
セシリー「ネーナ髪おろしてみてよ?」
ネーナ「え?いいけど」
ルー「そんでフレイは二つにくくってみて」
フレイ「こう…?」
ルイス「ぷっ!!!」
シーブック「ほんとだな…何か違うのにどこか似てるなぁ」
ネーナ「え〜?そうかなぁ…髪質だけじゃないの」
ルー「何か真似してよ!真似!」
フレイ「じゃあ…え〜と…………死んじゃえばいいよ♪てへっ♪」
カミーユ「あっはっは!あまり似てないのに雰囲気出てるな」
ネーナ「こら!もうちょっと可愛いセリフにしてよ!」
フレイ「ごめんごめん」
ルイス「いやいや、これこそネーナって感じだって」
ネーナ「ひどっ!」
ハマーン「おい、ネーナ・トリニティ!放課後補習をすると言っておいただろうが!いつまで喋っているんだ!さっさと来い」
フレイ「え?ちょ…私は違う…ネーナじゃないです!」
ハマーン「なんだ?まともな言い訳考えるのも諦めたのか?馬鹿な事言ってないで来るんだ」

ネーナ「あらら…連れてかれちゃった…じゃあアタシはキラでも驚かしてこようかな」
ルイス「のん気な事言ってる場合じゃないんじゃない?」
カミーユ「後でバレたらダブルパンチ食らうぞ。早く事情説明してきた方いいと思うけどな」

798 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/01(火) 23:04:12 ID:???
はにゃ〜ん辺りも似てそうな髪色だと思った
オワットル組だしそれで出てきたのかt……

799 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 01:38:35 ID:???
ひどいだれがこんなことを

800 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 15:52:07 ID:???
年齢と言えば、ガルマとシャアと同級生のはずなのに、明らかに歳がちgtうぼー

801 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 19:18:52 ID:???
 払暁―
 空は明るく星を覆い隠すが、まだ太陽は東の彼方にある。
 ようやく鳥たちが目覚め始める頃―
シュウト「ふわああああああぁ…」
アル「…やっぱり、いなかったねー、カブトムシ」クシクシ
シュウト「うん。 ジュドー兄さんの言う通りだったねー」
 虫取り網や虫かごを装備し、二人は町外れの自然公園から我が家へと向かっている所だった。
 キラが調べた所では、カブトムシの成虫は6月頃から活動を始めるという。
 しかし、この所冷涼な日が続いていたこともあり、ガンダム家野生担当は時期尚早と警告。
 それでも、と朝早くから出かけた二人であったが…やはり成果はナシ。
 出かける時は期待に軽かった足取りも、寝不足と消沈した意気ですっかり重い。

 たったったっ…
???「あら、早いのね二人とも」
 そんな二人の前に、スポーツウェアに身を包んだ妙齢の女性が、朝もやを裂いて現れる。
シュウト「えっ?」
???「おはよう」ニコッ!
アル「あ、お、おはようございます」
シュウト「おはよう…ございます」
???「じゃあね」
 額に汗を光らせて、大輪の華のような笑みを残して走り去る。
アル「……今のお姉さん、誰?」
シュウト「え? アルの知ってる人じゃなかったの?」
アル「ううん、知らない…と、思う…」
シュウト「あ、いやでも、声はどこかで…」
 う〜〜〜〜ん… ×2
 思わず首を捻る少年たちであった。


 きゅっ!
ナナイ「よしっ」
 一度で決まったルージュに、改心の笑みを浮かべるナナイ。
カトル「おはようございます、所長」
ナナイ「おはよう。 いつも早いわね、カトル」
カトル「ジョギングに、シャワーとメイクまで済ませている所長ほどではありませんが(苦笑」
ナナイ「…それは、長々と厚塗りしてるって言いたいのかしら?」
カトル「そんなつもりはありませんが…アル君のことを気にしてるなら、
    もうすこしナチュラルなメイクでもいいのにとは、思っています」
ナナイ「………相変わらずはっきり言うわね。
    でも、大人には作らなきゃいけない顔というものがあるのよ。
    あの人の隣に立つには、ね…」
カオル「大変ですね、大人というのは」
ナナイ「あなたとコマンダーのお陰でずいぶん助かっていますけどね」
コマンダー「おはようございます、ミス・ナナイ。 カトルさん」
カトル「おはようございます、コマンダー・サザビー」
ナナイ「おはよう、コマンダー」

つづかない。

802 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 20:03:02 ID:???
>>792
某スパイ映画といえば、ボンドガールにカミーユという名前が…

803 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 20:21:41 ID:???
>>802
カミーユ?
・・・なんだ女か

804 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 21:14:47 ID:???
>>801
何故カトル?
大手株主か何か?
まさかカリスの間違いなんて事はないよね?

805 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 21:36:16 ID:???
>>798
はにゃ〜ん時代は赤かったのか
なぜピンクになったのか・・・・シャアに振り回されたストレスか

806 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 21:47:43 ID:???
>>804
ナナイ「じ、実はカトル君のクローン体を作る実験をしていて」
トロワ「……ここにまで支部があったのか」

807 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 22:38:13 ID:???
カトル「一応、宇宙の声が聞けるから才能があるかもしれないって誘われたんですよ」
トロワ「どんな声が聞こえるんだ」
カトル「ええと…… 『今日は8−1で惨敗か。こりゃ生前の僕は飲んで暴れて帰ってくるぞ』と言ってますね」
トロワ「それは本当に宇宙の声なのか、カトル」

808 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 23:11:15 ID:???
DOMEェ……お茶ふいたじゃないかw

809 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/02(水) 23:40:29 ID:???
ウッソ「おかしいですよ、シロッコさん! どうして2位のジ・Oが先なんですか!」
シロッコ「V2のような小型で合体分離変形が複雑な機体は後回しにされる運命なのだよ!」
ウッソ「太りすぎのひよこみたいなデザインに、MGは危険なんですよ!」
シロッコ「賢しいだけの子供が何をいう!」

ガロード「可能性があるだけまだいいじゃねぇか・・・
    こっちなんてHGAWでお茶を濁されそうだってのに・・・」

810 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 00:00:22 ID:???
べルフェゴールはいいと思うんだ

811 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 00:03:05 ID:???
マイ「HGでも出るだけ良いじゃないですか…」
コウ「メカニクスがまだ残ってたらなあ…」


812 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 00:12:59 ID:???
>>804
ごめん、素で間違えた…カリスです…

長官〜、白い部屋の戸、あけてくださーい…


813 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 10:15:55 ID:???
コウ「ロラン、アルを知らない?」
ロラン「アルならクリスさんに誘われて買い物に行きましたよ」
コウ「そうなのか、せっかくザクのガンプラを貰ったのにな」
シャア「ふむ、ザクTの初期型か。珍しいな」
アムロ「堂々と会話に混ざるな!で、誰に貰ったんだ?」
コウ「シーマさんだよ」
シロー「ただいまー…そ、そのザクは!?いけない!それはいちゃいけないんだ!」ベシャ
コウ「あ…壊れた」
ピキーン!
カミーユ「それは俺の台詞だよ!」
シーブック「カミーユ…今授業中だって」ヒソヒソ
ハマーン「カミーユ・ビダン、気持ちはわかるが静かにな」

アムロ「とりあえずシローは弁償だ」
シロー「す、すいません。取り乱しました」
アル「ただいま!クリスにガンプラ買ってもらったよ!」
シロー「そ、それは…モガモガ」
コウ「…シロー兄さん!落ち着いて!」
アムロ「アル、早くそれを部屋に持って行きなさい」
アル「はーい?」
ロラン「シロー兄さんにもトラウマってあるんですね」

特にオチはない、規制解除記念だ

814 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 11:38:29 ID:???
>>813
いつぞやの話ではないが、シローは生身でザクI撃破してたよな?
今イチ、シローのトラウマになる理由が分からんのだが…


815 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 11:55:47 ID:???
>>814
サイド2の悲劇かと

レオ「あの予約したザクTG3ガス投擲仕様届いてr」
シロー「うわはははは!!?」

816 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 12:51:46 ID:???
レオが出てきたのは初めてだなwまさかザクTで出てくるとはなw
そういえばこのスレ、警察官は売るほどいるけど公安官はいないな
少しネタを考えてみようかな…

817 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 12:54:05 ID:HPOE5lpR
>>814
>>815が言っているサイド2の悲劇もあるし、トップを撃つのもすごく躊躇ってる
あれはトラウマになってもおかしくないと思うぞw

818 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 13:05:05 ID:???
ギャバン・ボルジャーノンの危機?w


819 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 18:01:19 ID:???
>>817
それはあの「新兵のかかる病気」ってやつじゃぁ…


820 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 18:17:54 ID:???
アル「新兵のかかる病気?」
シュウト「ほら、あれだよ」


ギンガナム『戦場でなぁ、恋人や女房の名前を呼ぶ時というのはなぁ、瀕死の新兵が甘ったれて言うセリフなんだよォ!』


アル「あぁ!確かに兄ちゃん、アイナー!って叫んでたね!」

821 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 18:49:57 ID:???
>>815 関連ネタで
ガンプラ娘「再販されたミリタリーグレードのドズル中将記念モデルが山積みな件」

822 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 22:15:44 ID:???
>>820
そのギンガナムのセリフ好きだけど、よく考えたらほとんどの奴が言ってる気がする。
主人公だけじゃなくて脇役の皆さんも呼びまくってるよなw

823 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 23:15:35 ID:???
>>814-815
シーマ「うわぁぁぁぁぁぁ!!知らなかったんだよ私達は何も知らなかったんだよォォォォ!!!」
コッセル「シーマ様は本当に何も知らなかったんだ。勿論俺達もだ・・・・・・」

コウ「シ、シーマさん!?いきなりどうしたんですか?」
クルツ「・・・・・・姐さんは何も知らなかったんだ、わかってくれ!頼むこの通りだ!(土下座)」
コウ「色々あったんでしょうけど、わかりましたから頭を上げてください・・・。ほら、シロー兄さんも落ち着いて」
シロー「うううううう・・・・・・・・」

コウ「コッセルさんクルツさん、シロー兄さんはこっちで落ち着かせますから取り敢えずシーマさんを落ち着かせてあげてください」
コッセル「ああ済まない・・・」
クルツ「恩に着るぜ」
シーマ(コウ、ありがとう・・・・・・)

824 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/03(木) 23:21:07 ID:???
995 名無し大佐 sage New! 10/06/03(木) 20:38:05 ID:???
本スレ>>821
そりゃ、「※ドズル中将はついていません」だからだろ

825 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 00:11:46 ID:???
>>822
禿がそういうの気に食わなかったんだろ

826 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 00:17:07 ID:???
※ドズル中将にはついていません

827 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 07:42:59 ID:???
>>822
まぁガンダムパイロットは実際ほとんど新兵なんだから許されるんじゃない?
シロー兄さんは新兵じゃないけど。

クェス「つまり、新兵じゃない大佐はアウトー?」
ギュネイ「アウトアウトw」
ナナイ「………」
シャア「なっ、なんのことだっ!」


828 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 09:18:27 ID:???
>>816
レオは多分パイロットとしては最弱だなw

829 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 09:41:26 ID:???
>>828
そもそもレオはパイロット適性でアウトw
肉体を使うのが苦手だが参謀向きらしいw
この日登町では議員やってるんじゃないかなw?

830 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 10:28:38 ID:???
ランス中佐「レオといえば、パイロット適性は抜群でしたね。若く聡明なMS乗りでした。
ザビ家崇拝ではないようですし、ジオンの将来を担う人間でしょう。」
アンリ准将「ほう、君がそこまで言うとは、余程の人材なのだろうな。我が首都防衛大隊に欲しいくらいだ」


レオ(ソワソワ…///

アンリ「ところで、その者のファミリーネームは何と言うのかね?」
ランス「ブラウアーです、レオ・ブラウアー少尉。」
アンリ「すると、あのブラウアー家の人間かね。あの家の没落は残念だった…」

レオ(´・ω・`)ショボーン



元ネタ分かる人は若干少ないかもしれん

831 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 11:05:19 ID:???
>>827
実写シャア「ララァ、敵と戯れるなっ!」
赤い彗星のひと「ララァ…私を導いてくれ……」
アフランシ「ララァを失ったあの時の苦しみ、存分に思い出せ!」
C.Aチップ「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!そのララァを………」


  |  ↓シャア
  | (>´A`)>  <ウワアアアアア!!!!モウヤメテェ!!!!
 / ̄( へへ ̄ ̄

832 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/04(金) 23:47:45 ID:???
逆に女パイロットが男の名を呼ぶのはどうなのかね。
ハマーン様なんかはシャアやジュドーの名を結構…

833 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 00:01:08 ID:???
プル「自分の名前は〜?」
プルツー「そんなのは姉さんだけだ」

834 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 00:30:54 ID:???
プル「でもほらほら!」

カミーユ「カミーユが男の名前で悪いかっ!」
ジェリド「久々に出番かと思ったらこれkグハッ」

プル「カミーユだって言ってるよ!」
プルツー「いや、あれは・・・・・」

835 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 00:52:07 ID:???
プルのは自分の名を連呼しているんじゃなくて、単にぷるぷるしているだけじゃ・・・?

836 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 01:29:42 ID:???
プル「おっぱいがプルプルプル?」
プルツー「そんなにあるか!!」
プル「あるよ〜」
プルツー「だとしたら隠せー!!」

837 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 14:31:07 ID:???
カミーユを嫌いな奴とかは
おカマーユとかって言ってそう

838 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 14:42:46 ID:???
ジェリド殿がまた殴られてますぞー

839 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 15:36:37 ID:???
ヒイロ「さて、トラップ用の兵器でも補充するか………!?」
‘店主『在庫がないため、暫く休みます』’
ヒイロ「ガーーーン!」
刹那「ダム」
東方不敗「お困りの様だな。ヒイロ」
ヒイロ「いつの間に俺の後ろに?何の用だ?」
東方不敗「兵器に頼らずとも変態共を追い払う術を教えにきた
     貴様なら、出来ると見込んでな」
ヒイロ「何故俺に教える?ドモンには無理なのか?」
東方不敗「精密な技術とコントロールが必要だからな。だから貴様に伝授させるのだ」
ヒイロ「いいだろう…で、その技とは何だ?」
東方不敗「その技とは、
『パプワで変態吹き飛ばすのに加減したガンマ砲』
    略してガンマ砲だ!」
ヒイロ「わかった。後何で急に教える気になった?」
東方不敗「困ってる人を助けるのに理由が必要か?」
ヒイロ「いいだろう…俺にその技伝授させてくれ!いや教えて下さい」
東方不敗「なら行くぞ!ヒイロ!」



840 :2/3:2010/06/05(土) 15:41:35 ID:???
>>839は1/3で

2時間の修行シーンカット

東方不敗「なかなかやるなヒイロ!短時間でマスターするとは」
ヒイロ「任務完了」
東方不敗「さぁ明日から使いこなせてみせぃ!!」
ナナイ「というわけで、明日からうちの社長をお願い出来ますか?
   成功したら、一回毎にこの位差し上げますが…」
ヒイロ「任務了解…(まさか東方不敗お金で雇われた?)」
ララァ『いえ…エコの為“でも”あるのよ』
ヒイロ(なるほど…って今の声は何なんだ?)


841 :3/4:2010/06/05(土) 15:42:38 ID:???
翌朝
アムロ「ちぃ!?シャアとグエンの侵入を許すなんて…これではゆっくり朝食とることが出来ないぞ」
変態’s「ローラァッ!」
ギンガナム「今日も朝飯食いに来たのであーる」
ヒイロ「俺に任せろ!任務開始…」
 ガ ン マ 砲
ドゴーン
シャア&グエン&ギンガナム「ギョエェェェッッ!!」
シーブック「なんとぉぉっ!キレイにぶっ飛んでいったぞ!」
ヒイロ「これで静かに食べる事が出来るな」
キラ「盗られずにすんでよかった〜!」
シン「同じく」
シャギア「全くだな…オルバよ」
オルバ「そうだね。兄さん」
アムロ「ガンダムハンマー準備したのに…喜んでいいのかな…」
ララァ『あなたの弟は優しいのよ』
アムロ「そうだな…ララァ」
ララァ『多分』
アムロ「多分!?」


842 :4/4:2010/06/05(土) 15:44:06 ID:???
ナナイ「さてそろそろかな?」
アアアアァァァァ
会社前の噴水に何かが落ちてきた
バッシャァァン
シャア「ふぅ…ここに落ちてなければミンチになるとこだった」
ナナイ「おはようございます。シャア社長
   会社前ですので準備なさって下さい」
シャア「あぁ…わかったよ。ナナイ」(まさかこれ全部仕組まれた事か?)
ナナイ(計画通り)( ̄ー ̄)


その頃のグエンは
ドガシャァァン
グエン「イテテ…ここは何処かな?」
???「キ………」
グエン「…見た所女子更衣室だな…(汗)」
ネーナ「キィィィルユウゥゥゥッ!」
ルー「おおりゃぁぁっ!!」
ルナ「死ねぇぇっ!!!」
ファ「突然突っ込んできた変態がひどい状況に」
グエン「ま、待って来れ…私は君等には興味が…ヒデブ!」
セシリー「もうミンチより(ry」


その日ギンガナムを見た人はいなかったそうな…


843 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 16:27:52 ID:???
なぜ変態兄弟はぶっ飛ばされる事もなく食事にありついているんだw


ところで朝食の時間に更衣室に集まってなにやってるんですか
運動部の朝練とか、ちょっと早いけどプールで泳ぐとか?

844 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 18:48:21 ID:???
アル「コウ兄ちゃん、ガンマカのメッキシルバー貸して」
コウ「いいけど、大事に使えよ。もうお店じゃなかなか見ないんだから」
ジュドー「またザクか?何体目?」
キャプテン「アルは本当にザクが好きだな」
アル「モノアイは人類が作った最高の英知だよ!」
ガロード「ジオン系のMSには熱心な人多いからなぁ。ジャンクもよく売れるし」
アムロ「ジムだっていい機体なんだぞ」
シュウト「いつもガンダムばかり乗ってるアムロ兄ちゃんが言っても説得力ないよ」
カミーユ「でもまぁ、ザクマニアが居るならジムマニアが居てもいいんじゃないか」
キラ「ジムマニアなんて居るわけないじゃない」

董卓ザク「ここにいるぞ!!」

シーブック「ザクがジム好きを公言している……なんなんだ、この状況」
董卓「モノアイ気持ち悪い。ゴーグル最高じゃぞい!性的な意味で。グヘヘヘヘ」
ウッソ「異種姦ですか。三璃紗はハードル高いですね」
ヒイロ「教育上よろしくない。シン兄さん、出番だ」


シン「アンタのその出番、劉備にやってくれよぉぉ!!アイツは主役なんだよぉぉぉ!!」

董卓「馬鹿なぁぁ!!三璃紗の支配者であるこの儂がぁぁぁぁ」



セレーネ「いつも思うんだけど、あのシンのヤクザ刺しも充分教育に悪いんじゃない」


845 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 20:06:10 ID:???
>>843
シャギア「ムグムグ・・・・我々は、こう見えてもスパイでもなんでもござれなのだよ。あの二人の排除だって出来る。なあ、オルバ?」
オルバ「そうだね、兄さん。ちなみに、この前は僕のアシュタロンのハサミを使ったトラップを教えたしね」
ガロード「なんか、最近ツッコムのも疲れてきたわ・・・・」

846 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 21:04:50 ID:???
>>843
ぶっちゃけ変態兄弟と呼ばれてはいるが、変態行為を働いた事は一度たりとも無い
色々茶々を入れてはくるが、あまり実害が無い
そして何気に兄弟家にとって有益な行動を取る事も多い

まあギンガナムと同程度の存在ってこった

847 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 21:07:55 ID:???
つまりはゲジゲジみたいなもんという事か

848 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 21:41:27 ID:???
>>847はサテライトランチャーと月光蝶をくらって消滅しますた

849 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:06:51 ID:???
シャギア「よりにもよってゲジとはな。確かに益虫ではあるが」
オルバ「人にもよるけど、台所のGより受け付けられないという人も
    いるからね、兄さん」
ギンガナム「ふん。小生にかかれば、オオゲジですら素手でしとめられるがなぁ!」
シャギア「ちなみに、虫が苦手な君は画像検索をしないように」
オルバ「虫が大好きな君は実際に洞窟で探してみよう。お勧めはしないけどね」

850 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:19:32 ID:???
オルバ「でも、虫も案外イケるよね、兄さん」
シャギア「ああ。ひもじい時は、バッタを捕まえては夕飯にしていたな、オルバよ」
オルバ「そう考えると、僕らも少しは人らしい生活をしているよね」

851 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:28:51 ID:???
バッタねぇ・・・イナゴのがいいんじゃね?
後ウチの親父はヘボとか言うの喰った言ってたな

852 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:30:50 ID:???
そんなフロスト兄弟が恐れおののくブロックワード
【地下室】

853 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:36:45 ID:???
シャクティ「虫がなんですか、立派なたんぱく源です!」(ポリポリ)
マリナ「そうですね、大地の恵みに感謝しなくては」(ポリポリ)
ティファ「………」(ポリポリ)←AW育ちなら食えそう

854 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:39:59 ID:???
>>852
オルバ「・・・・・急に頭が」
シャギア「・・・・・げふんごほん」

855 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:42:38 ID:???
ブロックワード2つ追加
【ルナマリア】
【メイリン】


856 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:56:12 ID:???
その二人は、うまくこのスレに誘き寄せればアスランがやられている間に逃走を図れる

857 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 22:59:31 ID:???
ただしルナは近くにシンが居るとアスランの方に行かないから注意だ

858 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/05(土) 23:11:35 ID:???
>>853
蜂の子か蝗の佃煮か…
人によっては蟹や海老でも駄目らしいが

ウッソ「見た目はゲテモノでも健康にいいんですけどねぇ」
ガロード「食べられるものを残したらバチが当たるぜ」
ジュドー「そうそう。しっかり食わないと」

コウ「蜂の子くらいいくらでも食べるから……」
ロラン「ニンジンを残すのは無しですよ、コウ兄さん」

キラ「イナゴでもなんでも食べるよ? 僕は」
シン「なんで!? キラ兄は絶対苦手だと思ったんだけどな」
キラ「ほら、ゲテモノって精力がつくって言うじゃない。
   子供の頃、アスランの家に遊びに行くと
   こういうのばっかりだったんだよね」
アムロ「あそこの夫婦は仲がいいからな。いろんな意味で」
キラ「まあ、今ではアスラン自身が食べさせられてるみたいだけどねw
   ゲテモノのチリソースあえ」


アスラン「ああ、今日も髪が抜けていく……」ボスケテー!キラターン!!

859 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 04:13:12 ID:???
ゲジはグロすぎるよな
ゲジよりGの方が嫌いって人なんているのか?

860 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 06:13:27 ID:???
>>859
Gとの比較は知らないけど、「足が無いから」蛇、ミミズが駄目って奴がいて、
そいつは「足が多いのは許可」ってことでゲジは平気だった。


861 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 07:08:42 ID:???
>>860
つまりジオングはアウトなのか

862 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 08:10:35 ID:???
俺はバイアランが苦手

863 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 12:05:00 ID:???
SDでコックローチバイアランってあったな

864 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 12:28:07 ID:???
>>861
アル「ザクタンクは?ザクタンクはセーフだよね?」

865 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 12:35:08 ID:???
>>864
ハヤトがアルの肩に手を置く。
それをキョトンとして見上げるアルに、ハヤトは首を振ってみせる。
「いいかいアル。ザクタンクもガンタンクも、足じゃなくキャタピラである事にプライドを持っているんだ」
「でも、足がないと嫌われちゃうんだよ?」
「それでも、さ。例え宇宙だろうとキャタピラで出撃する、それがタンクのプライドなんだ」
それだけ言って顔を背けたハヤトの頬に、アルは確かに光るものを見た。
とても綺麗な光だった。

866 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 15:00:56 ID:???
>>865
それは頬に伝わる涙に見えて実はハヤトの額の光では?

867 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 16:27:37 ID:???
カイ「おーいハヤトー。ちょっとガンキャノン乗るか?」
ハヤト「え!?いいの!?」

ガンキャノン「…………」
ハヤト「は!!」

868 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 17:02:17 ID:???
劇場版では乗ってたじゃないか

869 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 17:34:31 ID:???
ハヤトは150センチだから、アルにも近々見下ろされるな

870 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 18:17:41 ID:???
ZZ(死亡時)でもその身長?

871 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 18:30:55 ID:???
プルと身長が同じになってしまう

872 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 18:38:46 ID:???
ヒイロ「そうか、150cmか……」
アムロ「ヒイロ、顔がにやけているぞ」

873 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 20:06:09 ID:v1xCbe8m
ギル「このスレのモニクとマイは、せ○べいさんとみ○り先生のように
   トイレの扉ごしにプロポーズ、すぐに結婚、「は!夢か」
   な感じになると思うのだが、どうだろうタリア。」
タリア「私に言われても。」

874 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 20:40:12 ID:???
DEADだぜ!DEAD!
頑張って練習してんのに戦うたびに俺のキャラがDEADだぜ!
なんでみんなそんなつえーんだYO!

875 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 20:40:52 ID:???
誤爆したぜ!!!!!!

876 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 22:43:48 ID:???
シロー「ネメシスの方ですか、狭苦しいところですがゆっくりしていってください。



     それはそれとしてサボりですよね?」

877 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/06(日) 23:14:17 ID:???
>>870
フラウ(160cm)よりは低いままなので、上に伸びる分が横に伸びてしまったのだろう

878 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 00:29:54 ID:???
ヒイロ「俺はあの人(ハヤト)に(身長で)勝ちたい…」


879 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 00:57:14 ID:???
…1sじゃ、ランバ・ラルもハモンさんより低かったよーな気がしたんだが。


880 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 01:01:18 ID:???
あれはなんとなくだが
逆にハモンさんがモデル体型なんだろうなーって脳内補完してた

881 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 01:31:33 ID:???
ハモンさんよりは低くても、「ランバ・ラル特攻!」で酒場でアムロと接触してるシーンではアムロと同じくらいはあったぞ。

882 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 02:01:33 ID:???
ランバさんとノリスさんはどっちが低いんだろうな

883 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 03:14:41 ID:???
サイシー「でも町内の腕相撲大会では、あのオッサン達がいつも上位独占だもんなー」

884 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 07:32:08 ID:???
ウッソの身長がヒイロより高いか低いかが気になる…
禿め、設定作りやがれ!

885 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 11:58:05 ID:???
>>884
とりあえずメシの量はウッソの方が多いような気がするなw
ヒイロはどんなご馳走でも必要分しか取らない気がする。(リリーナの手料理は除く)
まぁトレーニング分で充分一人前以上だろうけど。

ガンダム家大食い三巨頭は多分コイツラ。
シロー「コウ、もう一杯頼む」
コウ「あ、はい」
ドモン「………」ガツガツガツ

ロラン「…将来、メタボりそうですよねぇ」
アムロ「パートナーがしっかりしてる娘ばかりだから大丈夫だろw
    コウ、銜え箸はやめろ」

ギンガナム「小生もおかわり所望である!」
キラ「うあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ」 パクパク
シン「俺の皿から取るなっつってんだろ!」



886 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 13:23:50 ID:???
>>873
モニク「既に私が煎餅役で通過した道だ。そして粉砕された」
エルヴィン「正攻法もダメ、搦手もダメ、奇策もダメ。どうしようもないね」
モニク「向こうがハッキリと言ってくれれば或は……」

887 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 13:27:11 ID:???
>>886
トレーズ「人は、不可能に挑み続けるからこそ美しい…そうではないかね、レディ?」


888 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 13:35:11 ID:???
>>886
まだ、このスレの登場キャラクター全員による袋叩きはまだやってないし。

889 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 14:21:33 ID:???
>>887
ムウ「確かにな。俺だって不可能を可能にする男と呼ばれているんだぜ」
モニク「ならば今すぐフラグクラッシャーぶりを解除してみせろ!」
ムウ「お、俺にだって…不可能な事くらい…あ…ある……」
モニク「即答かッ!」
死神「だって、神様でさえさじを投げるレベルなのよ?」


890 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 19:30:45 ID:???
それでも……それでも孔明の策なら……

891 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 19:50:31 ID:???
過去スレ見たらアムロがブチ切れた事はあったけど進展無しだったな

892 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 20:03:04 ID:???
俺は思うんだ・・・
進展があったら、このスレは打ち切り漫画みたいな終焉を迎えるんじゃないかって・・・

893 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 20:29:28 ID:???
>>890
きっとなんともしてくれない
皆(神様’S)そんな顔してる
モニク「気にくわんな」
レイ「だが俺は気にしない」

ドレル「これ以上見たって、どうしようもないから帰る」
ヒイロ「俺も帰る。これ以上見る必要は無い」
バルトフェルド「俺も」


894 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 20:48:24 ID:???
そういえば刹那はガーベラに興味あったけど、
「ダブルゼータくんここにあり」に出てくるΖちゃんについては、
どのように反応するのだろうか?
というかマイナーすぎる話かもしれんな。

895 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 20:52:32 ID:???
>>892
マイとモニク
シーブックとセシリー
刹那とネーナ

この辺りに何か間違いがあった時、世界がその重みに耐え切れず終わっちゃいそうだな

896 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 20:53:23 ID:???
何そのブラックホール

897 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 20:59:25 ID:???
なに、問題はないさ
どれほど気合いを込めて進展を描いても、すぐ次のレスで「はいそれ夢オチだから」とか書かれてチャラになるから

898 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:06:55 ID:???
シーブックは「十年の呪い」があるけど、逆に言えば「十年後にはゴールインできる確約」でもあるはずなんだがw
まあ、サザエさん時空なこのスレだと気休めにしかならんがw


サザエさん時空は置いといて、十年後のガンダム兄弟ってどうなってるんだろうか

899 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:10:13 ID:???
15年〜20年後は、世界の大半が砂糖に埋もれても、やもうえん

900 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:19:36 ID:???
コウ以上の男の兄弟は家庭を持ってるかな
マイとアムロを除いて

901 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:26:19 ID:???
>>898

アムロ→D.O.M.E.化
セレーネ→行き遅れ
シロー→アイナとゴールイン
マイ→変わらず
ドモン→現役。多分レインと結婚してて、頭が上がらない
コウ→シーマのところに永久就職
カミーユ→修羅場(現在のアムロと同じ状況)
シーブック→ようやくゴールイン
ロラン→月の宮廷料理人兼親衛隊に
キラ→ニート
シン→マユとステラを連れて一夫多妻が許可されてる国へ
刹那→ガンダム
ヒイロ→ドーリアン大統領のボディーガード
ガロード→ガロティファスレ参照
ジュドー→木星へ
ウッソ→シャクティの下僕
アル→ジオン大に。ジオニック系企業に就職希望
シュウト→技術者を目指すのか、身体能力生かしてファイター目指すのか・・・

キャプテン→魔改造されてないか?

902 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:48:33 ID:???
マーク→多分このまま深海農園で野菜がトゥルルって…
劉備→三国志演義参照

903 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:53:19 ID:???
>>901
ここのキラだったら、クラインカンパニーのプログラマーとかになってると思う

904 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:56:13 ID:???
もしくはヒイロの仕事の別パターンかな
原作的に

905 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:56:30 ID:???
>>903
むしろここのキラだからこそニートのような気が・・・

906 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 21:59:04 ID:???
>>902
せめて劉備は天地を喰らう(カプコン)参照にしてやれよ・・・


907 :903:2010/06/07(月) 22:21:35 ID:???
>>905
個人的なイメージは、出社は必要最低限で後は自宅で仕事するというスタイル

908 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:24:35 ID:???
>>901
で、家にいるのは


セレーネ→行き遅れ
マイ→変わらず
カミーユ→修羅場(現在のアムロと同じ状況)
キラ→ニート
アル→ジオン大に。ジオニック系企業に就職希望
シュウト→技術者を目指すのか、身体能力生かしてファイター目指すのか・・・
キャプテン→魔改造


淋しくなりますな

909 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:26:12 ID:???
まあ10年経てば「何故か」家族が増えている可能性も…

910 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:34:57 ID:???
>>894
あれはどっちかっていうと擬女化に近いから無反応だと思う。

そして蝗の佃煮の流れに乗って…


???「食べるぅ?」



ホッパー!!

911 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:45:58 ID:???
>>908
家事能力が壊滅的なメンバーだな

912 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:56:51 ID:???
>>901
刹那→ガンダム
って、何ぞ!? 何があった?

913 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:57:32 ID:???
>>911
嫁もしくは婿になりたい奴が来てやってくれるさ
いつか愛想を尽かす恐れもあるが

914 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 22:58:42 ID:???
>>912
A.RやC.AのようなものができるかD.O.M.E.のように分解されてガンダムになったかだろう

915 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 23:03:57 ID:???
>>912
刹那は今も昔もガンダムだろう
10年後もそうさ

916 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 23:50:17 ID:???
>>913
ファが住み込みか通い妻になり
フォウとロザミィが当然のような顔で朝食前に食卓に座っている
という構図が……

917 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 23:52:51 ID:???
>>916
そしてぷっつんカミーユを介護していると・・・

918 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 23:54:26 ID:???
>>916
キラ(ねえ、僕こんなギスギスした席で朝食採りたくないんだけど)ヒソヒソ
セレーネ(文句はカミーユに言いなさい)ヒソヒソ
キラ(やめてよね、黒いオーラに完全に取り囲まれてて話しかけられる状況じゃないじゃない)

919 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/07(月) 23:55:18 ID:???
ファ「カミーユ、お粥ができたわよ」
カミーユ「いつもすまないにゃー」
フォウ(ズルズル)←気にせず無言で粥を啜る

920 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 00:31:00 ID:???
>>901
シャア「アムロ、あれだけ自称僕はいるのに『ラクロアからお越しの僕(騎士アムロ)』はおらんのか!
    貴様が分解されてもあれならアルテイシアと結婚するだろう。連れて来い!今すぐ連れて来い!」
リリ姫「わが国の騎士はガンダムかガンダムっぽいもの(T様)しかいませんが」
刹那「その理屈はおかしい。真のガンダムであるアムロ兄さんならばラクロアで騎士になれないはずがない」
アムロ「僕が複数いることについての疑問はないのか」

921 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 01:00:01 ID:???
マイ「アナハイムエレクトロニクス  〜愛の劇場〜
   キャストは>>908のメンバーでお送りします」
キャプテン「ラーラーラー♪」主題歌

ロザミィ「いつまでもお兄ちゃんにまとわりついてないでよ、泥棒猫」
フォウ「自称妹の分際で何を偉そうに、ねぇカミーユ」
カミーユ「・・・・・・・・・・・・・・・」
ロザミィ「はっきりしてお兄ちゃん!私はおにいちゃんの妹よ!」

ガシャーンパリーン

カミーユ「・・・・・・・・・・・・・・・」


@@@@@

ファ「・・・・・・うっうっ・・・・・・グスッ」割れたものの後片付け
セレーネ「あなた・・・それでもカミーユのそばにいたいのね・・・」
ファ「・・・私が・・・っグスッ、いてあげないとっ、カミーユは・・・っ、カミーユは・・・!!」
セレーネ「そんなに好きなの・・・」
ファ「・・・カミーユは・・・私の人生、なんです・・・」

カミーユ「・・・・・・・・・・・・・・・」


@@@@@

キラ「あーあー3次のハーレムって現実問題厳しいよなー
   僕にはとてもできない」
アル「キラ兄さんはすごいね・・・あんな家でも仕事ができるなんて」
キラ「僕にとって3次は現実じゃないから華麗にスルーできるのさ。
   今の家の状況は純粋なアルフレッド君やシュウト君には辛いかい?」
アル「正直きついですよ。今日もシュウトと学校の近所にアパートを借りる話をしてたんです」
キラ「それはいい考えだ。アルたちさえよければ僕もそれに混ぜてよ。
   僕は仕事してるから多少なら経済的な援助もできるし」
アル「ほんとですか!?正直2人ともお金が一番ネックだったのでうれしいです!
   でも・・・兄さんもこの家を出ちゃうなら・・・この家族は・・・」
キラ「それは考えたって仕方のない話だ。僕らにどうこうできる問題でもない。
   それに僕らだっていつかはここを出て行かないといけないわけだから・・・」
アル「それが今であると」
キラ「うん。それに僕も怒声や罵声、泣声が聞こえないに越したことはないしねー
   さ、思い立ったが吉日。早速物件を検索してみるよ。
   シュウトを呼んできて3人で探そう」
アル「はい、わかりました!」

アル「・・・・・・・・・・・・。
   (カミーユ兄さんごめん。僕たちはここを出て行きます。どうか、どうか幸せを見つけてください)」


マイ「愛に満ちた生活は程遠く、家族は離散の一途をたどる。
   次回、『愛はいづこに』」
キャプテン「ルーラーラー♪」ジャーン

922 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 01:10:31 ID:???
本人が若い頃にやっていたんだとばかり思っていた……

923 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 02:32:52 ID:???
>>922
このスレ的に考えるなら、「本人の若い頃の“一部”」がやってたのではないかと。
騎士ガンダムだけに。


924 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 03:21:00 ID:???
>>921
(ピー歳になった)セレーネ「そういえば最近死神ちゃん、見ないわねー」

< 郵便でーす

セレーネ「はーい。ハガキ……誰からかしら?」

[私達、結婚しました]
[結婚式の様相をした死神とアムロらしき人物が写っている……]

セレーネ「!?だ、誰なのこれ!?兄さん…じゃないわよね!?……あら?」
写真の背後に見覚えのある建物が写っている……
セレーネ「これは…月の…………まさか…」
ハガキを裏返してみるとそこには
   死D
   神O
    M
    E



セレーネ「はっ!?…はっ……はぁ…(チラッ」
死神「ミャオ、ミャオゥ?」
猫「ミャ〜」
死神「はい、煎餅食べる?…あら、どうしたの?」
セレーネ「……貴女はどこにも行かないわよね」
死神「私は人にとりつくのが仕事だから、当分は離れないわよ」
セレーネ「……ギュッ。約束…よ。だから、先に嫁かないで?」
死神「?どうかしたの?(頭をポンポン」
セレーネ「……なんでもないわ。さ、残ってる仕事片付けちゃいましょ」
死神「はいはい。またね、タマ」
猫「ミャ〜オ」

925 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 03:54:22 ID:???
>>924
ララァに似た声をした
額に三日月模様のある黒猫かと思った。
確か名前はルny(通信が途切れました)

926 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 03:56:16 ID:???
>>925
ルナマリア「呼ばれた気がした!」
レイ「気にするな。 俺は気にしない」
シン「いやそれもどーだろ」


927 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 05:05:19 ID:???
>>903 >>905
外注状態で、終わった仕事はネットで送って本当に引きこもりそうだ。

928 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 07:17:49 ID:???
>>908
この面子だと朝食に乱入する連中もいなくなるな

シャア・グエン・御大将→ロランを追って月へ
変態兄弟→ガロティファウォッチング

929 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 08:05:45 ID:???
恋愛が進む場面とか結婚する場面とかをすっ飛ばして「そして10年後」だったら
マイとモニクは普通に結婚して子供も出来て独立してる気がする。
カミーユとキラは問題はあるものの結婚相手もいるし生活は出来る。
シュウトは成人即結婚というか拉致されそう。

「15年後の想像図」だとこんな感じか。
セレーネ→行き遅れ
キラ→部屋に籠もってるがアムロ封印後の稼ぎ頭なので誰も文句が言えない
アル→社会人になったが結婚はまだ
キャプテン→何か別の物体に

家政婦でも雇わんと家が維持できなさそう……。

930 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 09:00:43 ID:???
アルの相手はドロシーなのかな。
ここじゃ1回か2回しか見た記憶がないけど。

931 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 09:26:52 ID:???
アムロのドメ化を規定事実にするんじゃない!w

アムロ「だから、僕は、お前とは、縁も、ゆかりも、関係も、ない!」ギリギリギリギリ
D.O.M.E.「ちょ、抱きしめられるならベルトーチかがらばわっ!」

ガロード「一応、俺っちの方で縁があるっちゃぁあるんだけども」
ティファ「あ」
ガロード「ん? どしたの?」
ティファ「アレと一緒にしないで、って… 月のD.O.M.E.が…」
ガロード「ああ、そっか… ゴメン!」


それはそれとして、確かにマイは「○年後」だと結婚してそうだな。
アルバム見てると、ある日突然結婚してました、みたいなww
ポルナレフのAA略


932 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 10:12:24 ID:???
モニク「フラグを成立させた記憶は無いのにいつの間にか結婚していた、何を(ry」

933 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 10:48:55 ID:???
きっとこんな感じ

マイ「思えば随分一緒に仕事をしてきてますね。あれから…何年ですか、五年か六年……」
モニク「エルヴィンも独り立ちしたし、まさに光陰矢の如しね」
マイ「では、そろそろ結婚しますか」
モニク「あぁ……あぁ!?」


モニク「フラグ(ry」
カスペン「成る程……彼はフラグを粉砕して事を成す、真のフラグブレイカーだったと言う事か」
エルヴィン「フラグ?そんなもの関係ねぇ!というのが真のフラグブレイカーだと言う事ですか?」
カスペン「そういう事だ」

934 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 13:32:00 ID:???
>>929
セレーネも

アムロ「あれセレーネはいないのか?」
シュウト「スウェンさんと木星に探査旅行に行った」
アル「ねー。あの二人って結婚しないの?」
アムロ「時代は変わったんだ……」

みたいな感じでスウェン涙目状態なんじゃないだろうか

935 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 14:27:27 ID:???
マーク「一度結婚したら離婚しないと思うのは日本人の悪い癖だな」

936 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 15:21:09 ID:???
ジュドー「そうそう、無理にくっついてもあっさり逃げられるだけかもしれないし」

937 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 18:40:57 ID:???
多分セレーネの周辺にはスウェンだけじゃなくて
エドとかソルとかもりもりとかのっそりとかほっそりとか死神とか
ふっつーに皆一緒に木星行くもんだから発展のしようがないとかそういうオチになりそう

938 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 20:49:49 ID:???
セレーネ達が木星行って、あとジュドーとルーも一緒に行くかもしれないし、
劇場版でどんなメンツか知らないけど刹那達ご一行が木星行き…
ここだとそれにマリナやネーナも着いて行くとしたら木星もさぞかし賑やかになるだろな。

939 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 21:23:11 ID:???
このスレの木星はかなり近くにあるんですけど
距離的なものじゃなくて、なんかこう海外赴任くらいの感覚

ところでルーって誰?

940 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 21:31:44 ID:???
もともと木星帝国のひとたちが住んでるからな、
余計にむちゃくちゃなことになりそう
>>木星行き

941 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 21:39:56 ID:???
木星にガンダム家の別荘くらいあってもおかしくないなw

942 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 21:44:50 ID:???
ガンダム家のとーちゃんかーちゃんがいるって設定もあった希ガス<木星

943 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 21:49:26 ID:???
>>939
ルー・ルカでぐぐるがよいよいよい(残響音

944 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 22:01:12 ID:???
そういやプラネテスで最後に木星の次は土星を目指すって描写があったなあ
セレーネもそこら辺目指すプロジェクトに参加するんじゃねーかな

945 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 22:12:24 ID:???
ネーナ「なんかよくわかんないけどせっちゃんのお姉さんのため!お手伝いしま〜す!」ビシッ
ルー「私も手伝いま〜す!」ビシッ
マリナ「ではあの…僭越ながら私も…」
セレーネ「そ、そう…?じゃあ…危険を感じたら無理しないですぐ逃げてね」



面倒なのが一緒だとセレーネ姉さんにも母性が芽生えるかもしれない。

946 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 22:26:41 ID:???
むしろ一番面倒なのがセレ(ry

947 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 22:51:00 ID:???
セレーネ「ネーナ、リモコン取ってー」
ネーナ「も〜!すぐそこにあるじゃないのよ!」
セレーネ「ルー、ごめん、ちょっと背中かいて」
ルー「孫の手使ったらいいでしょ!ほんとに…」ポリポリ
セレーネ「マリナさんの夜食美味しいわね。ほんと助かるわ」
マリナ「あまり夜遅くに食べると太りますよ」
セレーネ「だ〜いじょ〜ぶだって〜。コーディネイターはそんな簡単には太らないから」



刹那「さすがセレーネ姉さんだ。木星だろうが土星だろうがまるで動じていない」
ジュドー「あんたらも大変だな…?」
スウェン「………もう慣れた」

948 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/08(火) 23:50:21 ID:???
ジョージ・グレン(ホロ)「生前の私がジュピトリスの性能そのままスケールダウンに成功したからな。木星はグンと近くなった」
シーブック「それに僕とセシリーが『パン、ケーキ騒動』での時、地球〜木星間のワールドレコード出したからね」
トビア「片道ならイカロスの翼でベルナデットを何回か送ってる時そのワールドレコード更新しました」
一同『木星はそんなに遠くないよ』

949 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 00:20:48 ID:???
ジョージ・グレン(ホモ)に見えた

950 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 00:31:41 ID:???
ボソンジャンプとかそういうのに似た機械は開発されていたようだよ∀だと

951 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 01:36:47 ID:???
宇宙……エレベーターで気軽に
月……ちょっと遠出な買い物感覚
火星……修学旅行とかで行くレベル(国内旅行のイメージ)
木星……かなりの遠距離(海外旅行のイメージ)

こんな感じ?

952 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 02:47:42 ID:???
>>951
絹江(リポーター)『ご覧ください、このMSの行列!!まるで…』

アムロ「人間の新しい物好きは、宇宙(そら)をものみこむか…」
ロラン「そういえばシーブックは、今朝パンを届けに行くって言ってました」
アムロ「あいつも大変だな、…ヒイロはどうした?」
ロラン「リリーナさんが、開店式典の主賓として呼ばれてるので警護に行きました」
シュウト「いいなぁ、僕も行きたいなぁ!」
アムロ「しょうがないな(苦笑)…それじゃ日曜日行ってみようか!」

953 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 12:00:05 ID:???
>>952
キラ「日曜日になんだって?」ガラッ
ロラン「おそようキラ。もうお昼過ぎてるよ。
    月にショッピングモールがオープンするそうだから日曜日に行こうかって話してたんだ」
キラ「へぇ…興味な―」
ウッソ「そういえばねこのあなとスイカブックスが新規に出店するんでしたっけ、そのショッピングモール」
キラ「―いわけない!僕も行きます」
ロラン「君が積極的に家から出たがるなんて珍しいなぁ。
    大歓迎するよ。大勢で行った方が楽しいですし。ね、アムロ兄さん」
アムロ「そうだな、このところみんなでどこかに出かけること自体少ないものな。
    よし、日曜日は集まる限りの兄弟全員で行こうか」

シロー(月には温泉あるのかな)
ガロード(月か…D.O.M.E.のおっさんでも拝んでくるかな)
D.O.M.E.(今どこかで誰かにおっさん呼ばわりされた!!)ムキーッ

その頃…

ギンガナム「このターンXすごいよぉ!流石∀のお兄さん!!
       ショッピングモールの基礎工事から服屋の店長まで何でもできるぞー!!」

954 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 12:04:19 ID:???
>>953
>服屋の店長
マテw

955 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 20:01:17 ID:???
>>954
あのカリスマ店長、ギム・ギンガナムのがすすめる"夏の定番”はコレだ!!
「地球人になァーッ、月のファッションなど、 着こなせるわきゃーねェだろォォォーーーッッ!!! 」

モンド「ビーチャ、月ではコレが流行りだってさ!!」っ雑誌
ビーチャ「どれどれって…ギムのおっさんじゃねぇか!!」
イーノ「確かに着こなせないよね…………普通の人には」
ジュドー(一瞬、イーノが黒くなった気が)

956 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 21:55:07 ID:???
ルー可愛いよルー

957 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 21:59:47 ID:???
>>956
ルー乙

958 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 22:04:55 ID:???
>>957
せめてグレミーくらいにしてやれよw

959 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 22:16:30 ID:???
グレミーの場合「ルーさん」と丁寧に呼ぶから。

ジュドーに行かずに、グレミーとくっついて
「もうアンタ見てらんない!アタシが引っ張ってってあげるから!」
という展開の方がきっと幸せになれたと思うんだ。
スパロボでハマーンやプルが仲間になるのはもう定番だけど
グレミーやマシュマーが報われる話はないんだよなあ……。

960 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 22:31:24 ID:???
ここで言うのもなんだが、公認の話でグレミーは救われて欲しくない
プルとプルツーの悲劇の直接原因だからな

あ、日登町のグレミーは平和にストーキングしててください

961 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 22:55:38 ID:???
ジュドー「何やってんのグレミーwww
      ほぼ専用スレ持ってんのにここまで出張ってくるかねー」
グレミー「私からルーさんへの愛情はあんなちっぽけな器では足りんのだ!
      足りんと言った!!」
ジュドー「お前はどこの警視正だよ…
      この世界は金髪癖っ毛は変態って相場が決まってんの?」
グレミー「どういう意味だ!」
グラハム「お邪魔だったかな?」
ジュドー「うわぁお約束すぎる登場!」
グレミー「ムッ!何だお前は!」
グラハム「グラハム・エーカー…ガンダム家の格納庫に魅了された男だ!!
      サテリコンを愛し、ついでにこのまちの安心と安全を守る勇猛果敢な警察官だ!」
ジュドー「まちを守るのはついでなの!?」
グレミー「よく分からんが私はお前を気に入ったぞ!
      貴様と私、どちらが先にガンダム家を落とせるか勝負しろ!」
グラハム「望むところだと言わせてもらおう!」
グレミー「私が勝った暁には、ルーさんにプロポーズを…」


シャア「残された少年は長く因縁のあった少年に初めての友達ができたことを内心喜んだ」
ジュドー「人の心を勝手に読まないでください、クワ…シャアさん。
      ところで何か御用ですか」
シャア「きみをつねりに来た。どうも誤解されてるようなのでな」

962 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/09(水) 23:41:14 ID:???
>>959
マシュマー「君は何か勘違いしているな?私の幸せ、即ちハマーン様の幸せなのだ!!」



イリア(・・・・・・私はこの馬鹿男とハマーン様のどちらの幸せを望めば良いのだ?)

963 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 00:00:55 ID:???
頑張れグレミー!ここならその可能性も無きにしもあらず…かな?
でも彼は頑張るほど空回りしそうなイメージなんだよな。


プルツー「グレミー?ああ…あいつは見た目は男前かもしれないけど…中身はただのマヌケだぞ」
プル「へぇ…でもプルツー結構仲良いよね?」
プルツー「バ!バカ言うな!あれはあいつがあまりに頼りないからフォローしてやってるだけであって別に深い意味は…」
プル「ふ〜〜〜〜ん…じゃあまあそう言うことにしておいてあげるよ〜」
プルツー「ちょ、ちょっと!しておいてあげるってのはどういう…あ!待てこら!」

964 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 03:04:49 ID:???
プル脳内

「あいつがあまりに頼りないからフォローしてやってるだけであって別に深い意味は」
   ↓
なーんだ、じゃあ私に言ってることとおんなじじゃない♪
   ↓
私とプルツーは仲がいいんだからグレミーとだって仲がいいんだよね


プル「ってことでしょ!」
プルツー「姉さんは頼りないという次元を超えてるからまた別の話だ」

965 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 03:46:32 ID:???
プルツー「もう、考えるだけで頭が…(ポンポン)ん?」
ルイス「ねぇ、頭痛いの?これとっても効くyウギャッ!?」っフリスク※
沙慈「ルイス、ダメじゃないか!いつまで持ってるの!没収です!!」
ルイス「あーん、沙慈とらないでー!!」バタバタ
プルツー「いや、あの私は別に…」
沙慈「ごめんね、騒々しくて。テクス先生の病院なら、向かい側にあるから」
プルツー「はぁ…(この人も苦労してるんだな)」

966 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 09:44:02 ID:???
頭痛持ち多いな
あとパッと思い付くのはフォウとカリスとロザミアとソンネンとかかな…

まあルイスは頭痛なのかフリスク依存症なのかわからんけど

967 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 11:00:20 ID:???
>>966
アムロ兄さんとナナイも相当w

スメラギ「うう…頭が割れるよーに痛い…」
クリス「飲みすぎです!」
スメラギ「はうぅぅぅぅ…」


968 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 12:48:06 ID:???
ふと思ったが10年後のシャアはナナイと結婚したんだろうか…

969 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 14:28:34 ID:???
シャア「10年後か……」 ちらり

ナナイ「?」
シャア「………………」 (10年後のナナイを想像中)
クェス「?」
シャア「………………」 (10年後のクェスを想像中)

シャア「やはり将来までの楽しみを考えれば幼妻の方が……
    いや、その頃にはクェスは別の男を気に入ってしまうかもしれんし……」
クェス「大佐、聞こえてるよ」

970 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 14:51:19 ID:???
ナナイは10年後でようやく容姿に年齢が追いつくんじゃないか
ん?窓の外が騒がし(ry

971 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 15:22:45 ID:???
シャア「10年後には10年分容姿も衰えてるというのが世の理で
    ん?窓の外が騒がし(ry」

972 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 18:26:43 ID:???
これが10年後のシャアだッ!



                                                 〃 ⊂ニニ,ヽ
                                                    r;ニニ;., ヽ
                    ,. -┬┬┬r--、                        >,レ―-、 〉
                  . 'i´li_.l._i...;j...i..,j_川ii:\                      | ▽ > ヽ|
                 /li '"        "'jノ jヽ.                      i  /   |
               /,r'         ,,   }/ j i:|                     ゝ, i   ノ
               {:i       〃 ,:::::, ヽ }/ j:トー‐‐---, 、_                r't--‐‐i
           _,. -‐''´| 、_  ヽ.  / ,.::::::.:::::, - }/,-'、::::::::::::::::| |`',ー-- 、          {:::::::::::::::}
         .r-i´:::::::::::::/|  ,ゝ‐-<: レ、_, -‐-<_  レ^j ト、:::::::::::::| |     ヽ._        {;;;;;;;;;;;;;;;;}
     . --‐'´ i |:::::::::::::λ|  、 (.゚);" 、 、__(.゚)ノ   〉_, / |:::::::::::::::| |  ヾ    /'ー‐--、    |    |
   / "    | |:::::::::::::ト、|  " ̄/   ` ;::::::::::::;  ,___/ヾ.|::::::::::::::::| |     /:::::::::::::::/`'ー、 i     |
  / "       | |:::::::::::::| |   l   ヽ  ;:::::::;  |   /::::::::::::::::| |    /::::::::::::::/   ノ     .:|
  /    〃  | |:::::::::::::| ト、 、_ヽ,_,'^.____,┐;:;  /i:  /:::::::::::::::::::| |    |:::::::::::::::|   /     ..::|
  |    〃´   | 〉::::::::::::|. ゝ'、 ⌒ゝ-‐'´,    ./li  /:::::::::::::::::::::| |    |:::::::::::::::|   |     .:::::|
  ゝ,       ノ/:::::::::::::::`':、 `ー、`'ー''´  _,/:: /::::::::::::::::::::::::〈 〈r‐-、   |:::::::::::::::ト‥ i:.    ..:::::::|
   〉_______ゝ;:::::::::::::::::::::\ ' 、`ー-―''´  _./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ√`'ー'、;;:::::::::::i."'  `   .::::::::::::|
 .  |:::::::::::::::::;:'::::::::;ヽ;::::::::::::::::::::::`ー`◯)´-‐‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;j/     ` ー-:::ゝ,_    ..::::::::::::|
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧:::_. -―''77:::::::↓:::::::::::::::::::::il´`'ー-、、:::::;;;;;;;;;;;;/           `'ー- 、;;;;;;;;;;;;;ノ


973 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 19:13:14 ID:???
シャア「……らしいぞ」
実写シャア「なぜ私の方を向いて言うのだ、二次元の私」

974 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 20:26:46 ID:???
実写シャア「これが私のわけがなかろう。10年経ってるのに、むしろ髪が増えている」
シャア「…?!」

975 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 21:02:46 ID:???
996 名無し大佐 sage New! 10/06/10(木) 16:20:03 ID:???
いえーい!また規制だぜーーー! orz

本スレ>>971
アムロ「いや、お前も時間からは逃げられないんだぞ?」
クェス「あー」
ギュネイ「なるほど…」
ナナイ「………」
シャア「ちょ、それはどう言う意味だ!」
アムロ「どうもこうも、そのままだが… 身近な例もあることだし」チラリ
ナナイ「………」

実写シャア「あ〜〜ん♪ …ん? こっ、このピザは私のだからな!」

シャア「だったらアムロ! 貴様も…貴様も…」
アムロ「なっ、なんだ? なぜそこで口ごもる!」

クェス「(10年後のアムロを想像しようとして失敗したわね)」
ギュネイ「(…確かに…あのまんまな気がするな)」

アムロ「童顔か? 童顔だって言いたいのか? お前もそう言いたいのか!?
    俺だって、好きで童顔なんじゃない!」
シャア「わ、若々しくていいではないか」
アムロ「うるさい! コンビニで酒を買えばIDの提出を求められ、
    繁華街を歩けば少年課の警官に職質され!
    営業先でも若造って足元を見られるんだぞ!
    俺が…俺がどれだけ苦労してると思ってるんだ!」
シャア「…まだ飛び込み営業とかやってるのか、アムロ。
    いい加減何でもかんでも一人で背負うのはやめろ」
アムロ「うるさい! ぼ…僕が、一番ラーカイラムの製品を判ってるんだ… 僕が…」エグエグ

クエス「なんか、思いもよらない方に行き始めたね…」
ギュネイ「あのアムロ・レイも普通のサラリーマンなんだな…」
ナナイ「青い巨星をおさえておきましょうか」
シャア「…そうだな。 そうしてくれ」

976 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 21:12:04 ID:???
ヒゲがついたアムロのAAがあったような気がする

977 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 21:12:15 ID:???
これが10年後のアムロだッ!




          , -―‐z-- 、
         /: : : : : : : : : : :\
         /   /        ハ
      / ´   /  l|  lトイ   !
      /: :   レノ从 ノ l  レノ
     ,:/: :   l ィ尤テ   伏f: |
      l:|: : :  l  ー'  .〈ー' l: |
      !:l: : :   l     −  /: l
      i:ハ: : :  l- 、   __/: :@
     ヽ:[\: ト  ` ┴ \: :|
      ノ-―ヽl  \     /l: /
    /    )'\   ー ]j/、
   /-―-、 \  丶 _/ /l_......._
   |    \l 丶  ‐--‐,.::'´::::::::::::::`ヽ
   |      l  l      /:::::::::::::::::::::::::::::',
   l       \!    i::::::; -,::::::::::::::::::i ←コレ
    ',     , |  __,ノ7´ └一'⌒!::/
    ',   // ̄  [   |_     /:イ
    ∧  |       |  / ̄`テ二´|
    /: : :.        ,ィ≦z:ュノ    /
   , : : : :\___/   /ハー一'
   l: : : : /               ハ
   |: : : んヘ、丶   ___  l
   |: : : /    ̄ ̄         ̄ハ
   |: : :/    \        / l


978 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 21:28:17 ID:???
アフランシ「窓の外がうるさいと思ったら、>>972な顔の托鉢僧が飯を食わせろと騒いでいたんだメモリーの僕」
シャア「ここで気前良く食事を与えたら、なし崩しに居候されそうな気がするぞ。このスレのお約束的に。
    …クローンの私、この写真の男がいる家に行けといってやれ。彼になら親近感を持つはずだ」

コレン「この写真の男を尾けて行ったら、こんな邸宅に来たぞ」

『ドーリアン』

コレン「こんなにご馳走してくれるとは、アンタは天使様みたいな人だ〜」

|__. 
|__ヽ
|▽|▽) ゼクス(仮面つき)「私が用を足している間に来ている彼は何なのだ?
| Дノ             リリーナの料理を平気な顔で食べるとは不思議な男だ」
|:ヘ:而
|  /
|  /
|⌒⌒ゝ
|ノヽ)ヽ)
| -"-) ヒイロ「……」
| ⊂ノ

979 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 21:46:49 ID:???
>>977
Vの「これ…母さんです…」を思い出してしまったよ…

980 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 21:47:41 ID:???
私の夢は現実です・・・

981 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 22:17:25 ID:???
>>980踏んだので建てました・・・
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/x3/1276175204/
ついでに避難所も新しいのを建てました・・・
http://axiz.fcpo.net/test/read.cgi/axiz/1276174736/

あなたに、力を・・・

982 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 22:26:05 ID:???
>>975
ミケル「隊長ー、少年課から電話です」っ電話
シロー「少年課?はい、もしもし…わかりました(ガチャンッ!)すまんが、後は頼んだぞ!!」
ミケル「え?後は頼んだって、どうしたんだろ?」
カレン「またかい、兄弟ってのも大変だね(苦笑)」
ミケル「またって、どういう事?」

シロー(アムロ兄さんには、本当に付け髭買った方が良いかもしれないな…)

983 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 22:40:48 ID:???
>>976
ロベルト本郷ですね。わk

984 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 22:42:22 ID:???
>>976
見つけた
               _ ------ 、
            ,  '´        ``ヽ、
         r‐‐'´               \
        /                    ヽ
        /                        ヽ
       {                          i
       〉  i   {{   ,ィノレ┴=¬、        |
       {   トニ`、jノ ,r一イテTゝ  }  r─ 、   |
          \ ヽ r'fj〒i    `ニ´   (  {{ ソ }    j  before
         {  i 一/    ""    ヘ  ノン/    /
         ヽ」   ヽ、          ̄r‐'    /
           |   -─‐         }     /
            ',    -        ⊥ __リ/
            ヽ        _..  /    ``丶,
             ` ー┬‐ ''"´_ --/        |
              r=┴‐ '´    /         |

               _ ------ 、
            ,  '´        ``ヽ、
         r‐‐'´               \
        /                    ヽ
        /                        ヽ
       {                          i
       〉  i   {{   ,ィノレ┴=¬、        |
       {   トニ`、jノ ,r一イテTゝ  }  r─ 、   |
          \ ヽ r'fj〒i    `ニ´   (  {{ ソ }    j  after
         {  i 一/    ""    ヘ  ノン/    /
         ヽ !   ヽ、        / r‐'    /
           Y"ツ'-─‐''''゙ヽ\  /  }     /   アムロ「それじゃ次スレはこれで過ごしてみるか」
            'i !  ∧,,   / ヽ" , ⊥ __リ/
            |ヽ`'"  ゙ー'"   _/ /    ``丶,
            〃,,,,,,,,,,,,,,,,,,r‐''"´_ --/        |
              r=┴‐ '´    /         |


985 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 22:55:44 ID:???
>>981


986 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/10(木) 23:04:46 ID:???
>>981
乙です!

>>967
inトレミー

ルイス「でさー、ネーナったらバカだから今日も立たされてさぁ」
ネーナ「ほっとけ!ってかルイスだって昨日は廊下が定位置だったじゃん」
ルイス「あ、そう…だっけ…あはは」
ソーマ「学校か…いいな、楽しそうだ」
アレルヤ「マリーも行きたいのかい?」
ソーマ「…今はソーマ・ピーリスだ?わかったな?」
アレルヤ「あ…ご、ごめん」

スメラギ「う〜痛たた……あ、ちょうど良かった。ルイスちゃん、頭痛薬もらうわね」
ルイス「え?あ!それは…!」
アレルヤ「スメラギさん…ビールで薬を飲むのはちょっと…」
スメラギ「!??!??!ぶふぉっ!!」
ルイス「あちゃ〜………それ薬じゃなくてただのフリスクなんですけど…」
ソーマ「さすが炭酸+フリスクだな。なかなかの破壊力だ」
スメラギ「ゲホッ…ゴホッ…そ、そう言うことは先に…ゴホゴホ」
ルイス「言う間もなく飲まれたんですけど」
ネーナ「それにあの薬って副作用だらけっぽくて頭痛治すだけにしちゃ代償でかくない?」
ソーマ「目光るしな」
アレルヤ「まあスメラギさんなら目くらい光っても違和感ないけどね」


987 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 01:33:21 ID:???
>>981
乙であります!!

>>983
刹那「ガンダムは友達、怖くない!!」

ガロード「いやー、それはどうだろ?カミーユ兄、どしたの?その格好」
カミーユ「何だか止めなければいけない気がした」←空手キーパーの格好で

988 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 22:09:40 ID:???
ストーカー「さあ、1000捕り合戦の開幕です、レディ…」
                    ???「アン!!」

989 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:17:29 ID:???
???「ドゥ!」

990 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:19:12 ID:???
トロワ「ん?誰か呼んだか?」

991 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:29:06 ID:???
ジョルジュ「祖国の言葉が聞こえた気がしましたが…」


992 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:32:13 ID:???
デュオ「1000だったらガンダム家のガンダムジャンクパーツ化」

993 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:39:32 ID:???
ヒイロ「1000ならデスサイズをバラしてパーツをスペアとして全て押収するミッションを開始する」

994 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:45:19 ID:???
>>994ならナナイがおばさんと言われなくなる。おばちゃんと呼ばれる。

995 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/11(金) 23:54:37 ID:???
ルナマリア「1000なら勉強しまくり!」
ルイス「乗った!」
ネーナ「どうよ?このあたし達の溢れ返らんばかりのやる気は!」

カテジナ「つまりやる気は無いって事だろーが」
ルナマリア「げぇっ!なんでわかったの!?」
ルイス「あんたニュータイプだっけ?」
ネーナ「いや!カテジナさんからはそれ以上の何かを感じるよ!」
カテジナ「お前らな…こんな進みの遅い中でなら誰でもわかるって!ふざけてないでさっさと席につけ!」

996 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/12(土) 00:30:56 ID:???
アストナージ「もし>>996なら、ケーラにプロポーズするぞ!!」
イアン「もし、成功したなら!!」
JGSHO「「「「「ワシ等が!!!!!」」」」」
キッド「とっておきのプレゼントで祝ってやるぜ!!」
アストナージ「あ、いや、気持ちだけ受けとくよ;」

997 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/12(土) 00:53:47 ID:???
モニク「>>997なら>>996で成立した死亡フラグを空中分解する」
エルヴィン「ねえさん、どうしたの急に」
モニク「たまには私達も人の役に立たねばな」
エルヴィン「空中分解も使いようなんだね」

998 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/12(土) 00:58:37 ID:???
ジャック「HAHAHA俺が>>1000なら願いはこの先10スレに渡って願いは叶わない!」
マーク「ジャック、お前ってヤツはもう少しフェアな願いごとができないのか」
ジャック「悪役は何やってもいいんだよ!」
マーク「だが俺は逆に考えてみたい。10スレ待てばマイのフラグクラッシュが直ったりするならそれも悪くないと」
ジャック「マァァァク!どうしてお前はそう前向きなんだ、マァァァァク!!」

999 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/12(土) 01:01:26 ID:???
マイ「>>998ならこの先10年私生活を無視して仕事を続けられる」
アムロ「こんな仕事馬鹿に誰がした!」
死神「マイの仕事馬鹿は私が育てた」
セレーネ「案外それっぽい所が怖いわ」

1000 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/12(土) 01:02:44 ID:???
アムロ「>>1000なら次のスレで上の兄弟が一人結婚してくれる」

1001 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/12(土) 01:02:44 ID:???
1000なら屋根裏に穴が!

1002 :1001:Over 1000 Thread
あなたの来るのが遅すぎたのよ・・・
このスレッドはもう1000を超えたわ・・・
  , -v-、
 ( _ノヾ )☆.。.:*・゜    ☆.。.:*・゜
 O ・_ ・ノ)
 /^ ¥ ^\           ∧_∧ 新スレを立てればいいじゃないか
 7    ヽ~~  ☆.。.:*・゜(・∀・ )
  '〜〜〜'          ⊂  ⊂ ) ☆.。.:*・゜
   U U            (_(_つ        シャア専用classic@2ch掲示板
☆.。.:*・゜      ☆.。.:*・゜          http://anime.2ch.net/x3/

1003 :1001:Over 1000 Thread
あなたの来るのが遅すぎたのよ・・・
このスレッドはもう1000を超えたわ・・・
  , -v-、
 ( _ノヾ )☆.。.:*・゜    ☆.。.:*・゜
 O ・_ ・ノ)
 /^ ¥ ^\           ∧_∧ 新スレを立てればいいじゃないか
 7    ヽ~~  ☆.。.:*・゜(・∀・ )
  '〜〜〜'          ⊂  ⊂ ) ☆.。.:*・゜
   U U            (_(_つ        シャア専用classic@2ch掲示板
☆.。.:*・゜      ☆.。.:*・゜          http://anime.2ch.net/x3/

476 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)