5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新司試】 知的財産法−その9 【選択科目】

1 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 17:28:27 ID:rxOK0LXQ
教材等は>>2-5くらい

前スレ
【新司試】 知的財産法−その8 【選択科目】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1243577345/

過去スレ
【新司試】知的財産法Phase-1【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1097632671/
【新司試】 知的財産法−その2 【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1124076927/
【新司試】 知的財産法−その3 【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1140786919/
【新司試】 知的財産法−その4 【選択科目】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1153374200/
【新司試】 知的財産法−その5 【選択科目】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1179323622/
【新司試】 知的財産法−その6 【選択科目】
http://unkar.jp/read/changi.2ch.net/shihou/1209904884
【新司試】 知的財産法−その7 【選択科目】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1220398863/

2 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 17:31:36 ID:???
サンプル問題
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/MON-KENTOU/SAMPLE/index02.html
プレテスト問題
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/pretest02.html
第一回新司法試験
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/shin02-13.html
第二回新司法試験
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h19-19jisshi.html
第三回新司法試験
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/shiken_shinshihou_h20-21jisshi.html
第四回新司法試験
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/shiken_shinshihou_h21-22jisshi.html
第五回新司法試験
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00008.html

3 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 17:32:40 ID:???
【出題範囲】

知的財産法においては,特許法と著作権法の2法を中心として出題することとし,実用新案
法,意匠法,商標法,不正競争防止法等については,それ自体の知識や法律上の論点を問うこ
とはしない。

なお,特許法については,「総則」( 目的, 定義,補正関係),「特許及び特許出願」
特許の要件,発明の新規性の喪失の例外,特許を受ける権利,職務発明,特許出願, (
共同出願,先願),「審査」(拒絶の査定,拒絶理由の通知),「出願公開」(出願公
開の効果等),「特許権」(特許権の効力,特許権の効力が及ばない範囲,特許発明の
技術的範囲,他人の特許発明等との関係,共有に係る特許権,専用実施権,通常実施権,
先使用による通常実施権,登録の効果),「権利侵害」,「審判」(拒絶査定不服審判,
特許無効審判,訂正審判,共同審判,訂正の請求関係,職権による審理,審決の効力,
訴訟との関係)及び「訴訟」を中心として出題する。

また,著作権法については,「総則」(目的,定義),「著作者の権利」(「著作物」,「著作者」,
「権利の内容」,「著作者人格権の一身専属性等」,「著作権の譲渡及び消滅」,「権利の行使」)
及び「権利侵害」を中心として出題する。

4 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 17:33:22 ID:???
特許法基本書】
高林龍『標準特許法〔第2版〕』(有斐閣,2005年)
竹田和彦『特許の知識〔第8版〕』(ダイヤモンド社,2006年)
渋谷達紀『知的財産法講義T 特許法・実用新案法・種苗法(第二版)』(有斐閣,2006年)
吉藤幸朔(熊谷健一補訂)『特許法概説〔第13版〕』(有斐閣,1998年)
中山信弘編『注解特許法〔第3版〕(上・下)』(青林書院,2000年)

【著作権法基本書】
(学者系)
半田正夫『著作権法概説第12版』法学書院・2005年
斉藤 博『著作権法第3版』有斐閣・2007年
田村善之『著作権法概説(第二版)』有斐閣・2001年
渋谷達紀『知的財産法II〔第2版〕』有斐閣・2007年
中山信弘『著作権法』有斐閣・2007年

(文科官僚系)
作花文雄『詳解著作権法[第3版]』ぎょうせい・2005年
作花文雄『著作権法・基礎と応用(第2版)』発明協会・2005年
加戸守行『著作権法逐条講義〔五訂新版〕』著作権情報センター・2006年

(弁護士)
三山裕三『著作権法詳説―判例で読む16章〔新版改訂〕』Lexis Nexis,2005年

5 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 17:34:27 ID:???
【判例】
大渕哲也・茶園成樹等『知的財産法判例集』有斐閣・2005年
中山信弘・相沢英孝・大渕哲也編『特許判例百選 第3版』有斐閣・2004年
斉藤博・半田正夫編『著作権法判例百選』有斐閣・2001年
金井重彦等『知的財産法重要判例』学陽書房・2005年
本橋光一郎・本橋美智子『要約 著作権判例212』学陽書房・2005年

【演習書】
小泉直樹・高林龍 等『ケースブック知的財産法』弘文堂・2006年
盛岡一夫・土肥一史編『演習ノート知的財産法 第二版』法学書院・2006年
寺本振透『ケースメソッド知的財産法』商事法務・2005年
末吉亙編『実務知的財産法講義』民事法研究会・2005年

【知的財産権全般に渡る概説書】
角田政芳,辰巳直彦『知的財産法 第3版』有斐閣アルマ・2006年 (4版が今月中旬に刊行予定)
田村善之『知的財産法 第4版』有斐閣・2006年
紋谷暢男『知的財産権法概論』有斐閣・2006年

6 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 17:38:59 ID:???
>>997
特許、著作権の各基本書と、判例読んで理解すれば十分
ただ、百選だと事実関係良くわからないところがあるので、他のにした方が

7 :氏名黙秘:2010/05/21(金) 23:45:27 ID:???
で、特許の設問1って、明細書を解釈に使って良いかどうかの話だと思ったんだが
どうだろう。
均等論だと明らかに無理だし、そういう事例じゃない気がする。

8 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 07:41:52 ID:???
やっぱ典型問題だから差がつかないか

9 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 10:49:27 ID:???
>>7
29条の2拡大先願を書いていればおk
70条1項から明細書を解釈に使ったら×

10 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 12:06:49 ID:???
>>9
何故?

11 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 12:24:08 ID:???
>>7
設問1は均等論は普通に成立するよ。
あとは、戊の出願をどう解釈するかだろ

知財は今年は容易化か?

12 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 12:38:31 ID:???
>>1
いや、しないだろ。

@ 対象製品等との相違部分が特許発明の本質的部分ではないこと。
A 相違部分を対象製品等におけるものと置き換えても、特許発明の目的を達成することができ、同一の作用効果を奏すること。
B 相違部分を対象製品等におけるものと置き換えることが、対象製品等の製造等の時点において容易に想到できたこと。
C 対象製品等が、特許発明の出願時における公知技術と同一、または公知技術から容易に推考できたものではないこと。
D 対象製品等が特許発明の出願手続において特許請求の範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情がないこと。

「戊により2003年10月6日に行われ,2005年4月6日に出願公開された特許出願の願書に最初に添付した明細書に
記載されていた。」が明らかにDに反してしまう。

明細書の記載が特許請求に含まれるとの立場をとらない限り、明細書に記載して請求に入れなかった=意識的に除外に当たると
いえてしまう。

13 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 19:25:21 ID:???
>>12
「戊」って書いてあるだろ、甲と別人なんだぜ…それ…

14 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 19:28:43 ID:???
>>13
そいつは失礼した。

15 :氏名黙秘:2010/05/22(土) 19:35:28 ID:???
配点が少ないことを祈れ

16 :氏名黙秘:2010/05/23(日) 00:46:56 ID:bqlKiaWk
>>13

嘘だと言ってくれ。



・・・・・・たのむ

17 :氏名黙秘:2010/05/23(日) 01:27:31 ID:???
>>16
50点しか配点のない特許法なんだから、足切りされなければ無問題だろ。
気にするな。
著作権にも死因があると危険だが、いくらなんでも100点満点中25点以下にはならんでしょ。

18 :氏名黙秘:2010/05/24(月) 10:18:39 ID:???
今年は,難しいというほどではないですよね?

19 :氏名黙秘:2010/05/24(月) 10:45:05 ID:???
著作の設問2は難問でしょ?

20 :氏名黙秘:2010/05/24(月) 11:53:02 ID:???
まじで知財全くできなかったんだが、難問じゃなかったのか?
ラスト一月は択一と知財につぎ込んだんだが

21 :氏名黙秘:2010/05/24(月) 14:42:07 ID:???
特許法は小問2以外は簡単だと思う。
侵害時の置換容易性を考えさせる点は悩んだ。
著作権法は難問だったと思うが自動販売機式にあてはめれば簡単といえば簡単になる。

22 :氏名黙秘:2010/05/24(月) 21:06:48 ID:???
特許は基本的なことさえ解ってれば大体何とかなる気がする
著作権は、何をどこまで書くかをしっかり考えないと、
よくできる奴ほど時間が足りなくなる気がするなぁ

23 :氏名黙秘:2010/05/25(火) 23:17:06 ID:???
均等論をちゃんと論証して書けたかどうかとか結構響きそう。

24 :氏名黙秘:2010/05/26(水) 02:55:31 ID:???
一応要件事実的にというか立証責任みたいな話もかくよね?

25 :氏名黙秘:2010/05/26(水) 16:15:29 ID:???


26 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 01:44:19 ID:???
>>23
逆だと思うよ
均等論の論証を始まる前までの原則論が大事だと思うよ

27 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 10:46:56 ID:???
規制解除されたので、少し書き込む。

特許法 やっぱみんな出来てる印象がある。均等論の趣旨を丁寧に書いてることは、上位条件として結構大事なのかもしれん。

著作権法 契約の解釈がやっぱメインなのかね。
ただ、設問1で翻案権も譲渡されたと解すると、設問2が若干違和感のある解答になるような。ちょっと奇問
あと、前スレで、設問3で実質的に捉えて貸与権不侵害って論じてた人いるけど、それってフェアユース的な思考にはならないの?
ちょっとそこよう分からん。

28 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 11:18:01 ID:???
2ちゃんブラウザ使ってるか?
グローバルIPアドレス規制ないぞ

特許法の小問2は考えさせられる問題であった。


29 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 11:20:17 ID:???
>>28
使ってない。前壺を使おうとしたらパソコンが訳分かんない事になったので、以降怖くて一切そういうのやってないw

小問2は、人格権不行使特約の合意は第三者Fには関係ないとか、そんなこと主張してく感じなのかね。

30 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 11:23:21 ID:???
>>28
あ、特許法の設問2か。失礼。

31 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 14:34:59 ID:???
61条2項で著作財産権の27条と28条がBに残っていることに気付かなくて、俺は死んだ


32 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 14:40:54 ID:???
>>31
それは痛いが、別に致命傷にはならない。

プログラムの著作物なんだから、契約の解釈上、61条2項があろうと
移転していくと解釈できる
(1つの筋という意味であって、これが正解とまでは言わない)。

そうすると、条文をすっ飛ばしたせいで論点が1つ落ちることにはなるが、
所詮はそこで傷が止まる。

33 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 14:48:02 ID:???
つか、数人、凄くできている人がいるのはスレを見ていてよく分かったんだが、
実際の受験生は700人以上いる訳で、その平均はまた違う気がする。

他の話を聞いてても、条文を見落としてるだとか、均等論をちゃんと書けて
いない人がゴロゴロいるし、現役生は選択科目に手が回ってないのは別に
珍しい話でもない訳で。

そういう上位200人に入るような人は俺らにはこの際どうでもよくて、問題は
合格ラインである47点に入るために350番以内に入れるかどうかの争いだ。

700-800人の知財受験者のうち、ちゃんと書けてるのが300人もいるかと
いうと、たぶんいないと思うんだよな。現役生の優秀組と浪人生でしっかり
勉強できた人くらいだろう。

34 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 15:00:59 ID:???
>>29
著作権法の小問2は、(一部の上位の人は別として)みんな出来の悪いところだと思う。

俺が現場で思いついたのは、AB間で締結された契約は、「Aが開発したプログラム」に
ついての著作権がBに移転するだけだから、そのプログラムをBが翻案した「Bが開発した
プログラム」にまでは及ばないんだと、無理矢理言い張ることだった。

61条の問題で、27条はBに移転してるけど、28条は契約の解釈上もBに移転したとは
言えないっていうのがその根拠。
61条2項の両者を論じ分けるのが出題趣旨なのかなと。

35 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 15:07:46 ID:???
あれはわざわざ子会社にしているがなんか意味あるの?

36 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 15:12:09 ID:???
親会社と同一視できるかどうかって話なんだろうな。

37 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 15:13:19 ID:???
優秀な知財受験生が350人いなければ、俺らにも合格点のチャンスがある!

38 :31:2010/05/27(木) 15:40:56 ID:???
27条と28条がBに残っていることを気付かなければ小問1も2もほぼ点数がつかないと思うのだが。
小問1で氏名表示権の別段の意思(19条2項)、同一性保持権の効果的に利用し得るようにする
ための必要な改変(20条2項3号)も認められないのだし、結論が変わるのは大きいよ
他の科目でもミスがあるし、死んだと思う。
なんで気付かなかったんだろうなと後悔の毎日さ。

39 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 16:05:14 ID:???
>>38
なんか、話がおかしいな。

40 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 17:33:38 ID:???
>>34
多分それは無理なような。翻案権移転したら、やっぱ二次的著作物にああだこうだ言う権利も当然移転してるんじゃないのかね。
そこは多分一体な気がする。

41 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:16:07 ID:???
>>40
凄く理不尽な結果を招くだろ、それ。

42 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:44:08 ID:???
>>41
そうなのか?だって、他の権利は全部譲渡してるんだろ。それで、28条は別云々言う方が、何か変だと思うんだけど。

43 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:45:08 ID:???
>>42
本件ではともかく、「翻案権移転したら、やっぱ二次的著作物にああだこうだ言う権利も当然移転してる」
という記述はおかしいという話。

44 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:46:55 ID:???
>>43
いや、勿論本件を踏まえた話。なお28条に基づいて権利主張をFに出来るんだ、って言ってるからさ。

45 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:48:03 ID:???
てか、そこはさすがにスレの流れで分かってくれても良いと思うんだけど。。。。。。

46 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:52:01 ID:???
日本語がおかしいってツッコミにそう返すのは、ただの言い訳だと思う。

47 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:54:34 ID:???
そうじゃなくて、明らかに分かるでしょうよ。だって、今は小問2の話をしてたんだからさ。
まぁ、要は君が理解できなかったって話に過ぎない訳で、別にこれ以上君を責めるつもりはないけどさ。

48 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:56:04 ID:???
はい、これ以上続けても無駄だから、以降一切終了ね。もう>>46はウダウダ言い訳しないように。

49 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 18:56:22 ID:???
煽り始めたか。よほどムカついたんだろうな。

「書き間違えてすみません」の一言で何の傷もなく収まる話なのに、
そういうことを言い始めるから痛さを晒してしまう。

50 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:01:37 ID:???
61条2項だけじゃなくて
著作者人格権の譲渡契約が有効かって話もあるんじゃない?

51 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:10:15 ID:???
つか特掲否定しないとそのあと書くことなくなっちゃうじゃんw

52 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:21:13 ID:???
じゃあ、設問2は何を書くんだ?

53 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:22:47 ID:???
結局「知的財産法は選ばない方が良い」でおk?

54 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:24:02 ID:???
科目間調整がかかるから、どうせどの科目を選んでも大差ないよ

55 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:25:58 ID:???
つまらない争いはともかく、>40の理屈を突き詰めれば、翻案権さえ移転すれば二次的著作物全般に権利行使できない
という結論になるから、解釈として不合理ではない?

それと、なんかプログラムの著作物にたいする61条2項の適用除外について、当然だとしてる人が多いみたいだけど、
少なくとも文言上は範囲に含まれるし、実際知財高裁の裁判霊も、同項の推定が働くという前提のうえで、
@将来改良される可能性があったこと,A改良について主体となるのは譲受人であることが当事者間の認識だったこと
を認定して、譲受人の翻案権が黙示に譲渡されることになっていたから推定は破られた、って判断をしてる

問題文の事情だけだとその辺が全くわからないから、規範を立てたうえでこういう場合には黙示の移転があったと解釈できる、
って書かないと駄目かなと思ったんだが
プログラムの著作物だから契約上当然に移転するとか同項の推定が働かないとか書くと、説得力が低いんでなかろうか

>>38
細かいことだが、翻案と二次的著作物利用権が「残って」いるとすればAでない?
あと、別段の意思表示がないことは本件でどう働くの?
別段の意思表示がないから、著作者名に合意通りBという表示をすればいいという意味なら、同一性保持権について
2項3号に当たらないというならば、前者は非侵害で後者は侵害だから、27条と28条の両権利がBに移転していたって
差止めできるという結論自体は変わらないような気がする

56 :氏名黙秘:2010/05/27(木) 23:30:54 ID:???
ギャングのパブリシティ権(氏名権?)は認められるか?

ギャングスタ・ラッパーが芸名の元ネタから訴えられる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100527-00000004-notr-musi

自らを「ギャングのボス」というキャラクターとしてラップ、元刑務所職員でありながら
犯罪ドラマを「演じて」人気を集めてきたリック・ロス(Rick Ross)が、本物の「ギャン
グ」から訴えられた。
そもそもリック・ロスという芸名は、80年代に猛威を振るったロスアンジェルスを拠点
とした犯罪組織のボス、“フリーウェイ”リッキー・ロス("Freeway" Ricky Ross)から
そのまま頂戴したもの。例えば人気ラッパーのナズ(Nas)がコロンビアの麻薬組織
メデジン・カルテルのボス、パブロ・エスコバルの名前をとってNas Escobarとの別
名を名乗るなど、ラッパーは有名な犯罪者のイメージを借りることが多い。ところが
今回、ラッパーのリック・ロスは本物の“フリーウェイ“リック・ロスから名前とイメージ
を無断で借用したとして訴えられた。
「本物」のリッキー・ロスは1996年に終身刑を受けて服役していたが、「イラン・コント
ラ」事件の影響で減刑を受けて昨年出所。彼の伝説はラッパーたちの格好の素材
となっており、ザ・ゲーム(the Game)、ヤング・バック(Young Buck)、モス・デフ(Mos
Def)などが作品の中で言及している。彼は服役中の2006年に、リック・ロスが所属
するDef Jamレーベルに抗議したということだが、これは無視されたという。リッキー・
ロスの訴えが認められれば、リック・ロスはその活動から得た利益の一部を支払う
ことになる模様。

57 :氏名黙秘:2010/05/28(金) 02:42:33 ID:???
今年の特許法は知識問題だったというのが専らの評判

58 :氏名黙秘:2010/05/28(金) 23:27:05 ID:???
知識問題というよりは常識問題でしょう
常識をいかに結論に反映させるかというのが一番の問題な気がする

59 :氏名黙秘:2010/05/29(土) 10:41:06 ID:???
均等論の要件検討でミスったことが判明
やばい

60 :氏名黙秘:2010/05/30(日) 20:16:40 ID:???
特許の設問1は均等侵害成立するの?


61 :氏名黙秘:2010/05/30(日) 21:40:57 ID:???
>>60 結論は微妙じゃないでしょうか?
均等の5要件を当てはめて「侵害」としたら合格点(+アルファ)。
でも、29条の2や均等の趣旨から議論して、「侵害不成立」あるいはそれでも「侵害成立」のいずれでも加点、
というところでは?
私は不成立にしましたが。


62 :氏名黙秘:2010/05/30(日) 21:42:28 ID:???
他の人が先に特許をとってるのに、均等論で重複させて効果を発生させるのは無理では。

63 :氏名黙秘:2010/05/30(日) 21:48:29 ID:???
正直特許苦手
均等論のどの要件がどの設問で問題になったか結構あやふやで自信なす・・・
誰か解説してくれたらありがたい

64 :氏名黙秘:2010/05/30(日) 23:29:10 ID:???
>>61
本質的特長か否かって場合分け?本問からは読み取れなかったのだが。いあ、本質的特長なのか?
物の発明とだけ書いていて、発明内容が書いてないから読み取れなかったんだけど。
僕は均等侵害の要件を満たすかどうか不明とした上で、これが立証できなければ当然請求は認められないし、
立証できたとしても、拡大先願にあたるから無効の抗弁が成立しうるから、どちらにしろ甲の請求は認められない
としたのだが・・・どうでしょ(汗

65 :氏名黙秘:2010/05/31(月) 21:56:44 ID:???
辰巳に解説出てるじゃん
ttp://www.tatsumi.co.jp/shin/tokusetu/100513_shin_sokuhou/index.html#ronn_sentaku_2010

特許やっちまったあああああああああああああああああああ

66 :氏名黙秘:2010/05/31(月) 22:15:12 ID:???
>>64 前半は要件を検討して均等ではない、と結論したのならそれでも良いのではないでしょうか?
後半の「立証できたとしても、拡大先願にあたるから無効の抗弁が成立しうる」はまずい気がします。
「拡大先願にはあたらないけど、均等との関係ではどう?」っていう問題だと思います。


67 :氏名黙秘:2010/05/31(月) 22:25:52 ID:???
>>66
そうなのかぁ
僕はむしろ明細書記載の発明と文言上同一でない場合にも拡大先願にあたるのかがどうかが問題になるとおもてた
拡大先願の趣旨から実質的同一の技術的範囲、すなわち、均等にあたるものも拡大先願にあたるとした上で
構成要件A,B,Cと構成要件a、b´、cが均等の関係にあるのならば、
結局、甲が均等侵害と主張するのは、自己の発明が拡大先願にあたり無効であるとの先行自白が
成立するのと同様になるのではと・・・

68 :氏名黙秘:2010/06/01(火) 00:30:16 ID:???
>>61
なんで?第5要件?
よくわからん。

>>66均等でないっていう結論が第4要件において
書いてあるなら大丈夫を前提にしてるよね。

>>67
おいおい。何考えています?

69 :氏名黙秘:2010/06/01(火) 21:04:22 ID:???
辰巳の著作権は知財高裁平18.8.31なんかに全く触れていないわけだが、
そのあたりは要らないって判断なのかな?
確かに、あの問題文からだと場合分ければ結論でない気はするが

70 :氏名黙秘:2010/06/01(火) 21:16:10 ID:???
>>67
均等論の第4要件ではなくて拡大洗願の範囲のほうを解釈で拡張するのは、
理屈としてはありだろうね。
但し、少なくともそれは抗弁として位置づけられるものになるし、
その場合における要件事実としては、
 請求原因
  Xが特許権を有すること
  相手方によるイ号製品の実施
  特許発明とイ号製品が均等であること
 抗弁1
  準公知
(以下略)
ってなるだろうから、先行自白にはあたりえないと思う

>>68
「5要件」は「均等論の5つの要件」のことで、
「拡大先願にはあたらないけど、均等との関係では?」ってのは
まず最初に形式的に5要件を検討して、次に拡大洗願の趣旨を書いて
第4要件の実質解釈をする、って意味でないかと

71 :氏名黙秘:2010/06/02(水) 00:10:05 ID:???
ここで議論してるような100番以内に入るような人はおいておいて、
一般の受験生からしたら今年の知財は難しかったよな?

72 :氏名黙秘:2010/06/02(水) 05:45:04 ID:???
俺的には去年なんかと比べると簡単だった感じはするけどな
書くことは結構はっきりしてたと思うし

73 :氏名黙秘:2010/06/02(水) 12:16:37 ID:???
特許の設問2が難しくて、正直お手上げだった。

その他は、去年の方が難しかったとの印象。
特に著作権は61条2項の存在と、プログラム著作物の特性を理解していれば
楽に解ける問題だったのでは。

74 :氏名黙秘:2010/06/02(水) 17:59:19 ID:???
特許は全体的にわかりやすかった
著作権は問題点自体は見つけられたけど、何をどこまで書くべきかで
悩んだから少し時間的に難しかった

75 :氏名黙秘:2010/06/03(木) 00:07:10 ID:???
今年は、特許については、問題は良問だけど恐らく出題者が想定してた程答えるのは難しくなかったような
著作権は、逆に出題趣旨がすんげぇ分かりにくかった。てか、設問2・3は未だに答えイマイチ不明

76 :氏名黙秘:2010/06/05(土) 01:09:08 ID:+Bt1fJ7A
特許法 設問1は第4要件。形式的には確かに満たしているが、先願主義との関連から、権利の要保護性があるのか。
設問2 第3要件。形式的には同じく満たしているが、間に均等不成立発明が介入している点。それによって発明容易に至っている。設問1と異なり、これは均等不成立で結論は落ち着くような
設問3 多分特許権の共有。条文通り忠実に検討。ここはそこまで手応えなし

77 :氏名黙秘:2010/06/05(土) 01:54:36 ID:???
去年の知財の順位も晒せる奴はお願いします。

78 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 02:33:47 ID:???
>>76
設問2は第3要件の話だから、発明容易じゃなくて、置換容易性の話だろ。
ロ号は置換容易性なしで非侵害、ハ号は置換容易性ありで侵害。
いわゆる論点の一つだ。
なお、第3要件は侵害時基準と明示してその趣旨を書いておくといい点が付くだろう。

79 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 02:38:51 ID:???
設問3はまず一機関の話。前段は一機関に該当すれば非侵害、該当しなければ侵害。
そして、共有者間の特約違反の問題。一方のみ実施との特約がある場合に、
他方が実施すると侵害になるのか、契約違反にとどまるのか。
俺は後者だと考えるので、結論は前段と同じになる。

80 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 02:46:04 ID:???
設問1は第4要件を文言上充足するので難しいね。
ただ、新規性・進歩性がない場合には非侵害とするのと同様、
29の2の要件を満たさない場合にも非侵害とすべきと考える。
そうすると、最高裁の規範を活かすなら、第5要件の「特段の事情」が
あるとして、第5要件なしで非侵害とするのが妥当か。

81 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 02:54:51 ID:???
辰巳は設問1で29の2違反の無効の抗弁か。
無効の抗弁が立たなかったら侵害という結論になるが、それでいいのか?
まあ特許の解説読む限り、全体的にかなり適当なことを言っているので、
予備校の解答としてはそんなもんかもしれんな。

連投スマソ



82 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 06:25:28 ID:???
>>78
あぁ、置換容易性ね。失礼。
良い点がつくというか、侵害時の文言は絶対に明記しなきゃだめだろ

83 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 06:31:40 ID:???
>>80
第五要件の特段の事情ってのは、飽くまで特許権者の意思との関連での話だと思うんだが。
そこまで一般化して捉える理解ってのは、あまり聞いたことがないような

84 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 06:42:16 ID:???
まぁ、説としては有り得るのかな。より第五要件を一般条項的に評価すると
しかし、設問2でも第三要件を実質的に検討する事を考えれば、設問1でも第四要件の趣旨から論じて充足否定した方が、自然な気もするが。
尤も、ここはそこまで自説には固執しない。

85 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 06:44:45 ID:???
>>47前後で暴れたアホっぽいな
みんなスルーしようぜ

86 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 06:49:25 ID:???
>>85はどっちに対して言ってるのかと

87 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 06:52:23 ID:???
>>85が一番スルーすべきな件。これで荒らしとか言う神経が凄い

88 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 07:29:06 ID:???
そういや特許って本格的に議論してない気がする。

89 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 09:47:08 ID:???
一機関の話って何なのら?

90 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 09:59:20 ID:???
おまいらは優秀層だよな?
みんながみんな出来てるわけじゃないよな?

91 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 11:57:48 ID:???
>>84
東京高裁の裁判例(平成13年11月28日)は第4要件とも第5要件とも
言ってないので、あえて言わないというのが一番スマートかな
いずれも抗弁と解されているので、どっちにあてはめても効果は同じだと
思うが、第5要件と書くと採点者に誤解されるかもしれん

92 :氏名黙秘:2010/06/06(日) 22:10:36 ID:???
全く盛り上がらないな

93 ::2010/06/07(月) 23:20:52 ID:???
すいません
著作権法基本書をどれにすべきか分からないのですが
中山はだめなの?

94 :氏名黙秘:2010/06/07(月) 23:22:35 ID:???
買ったけど全然使わなかったw
入門がいいよ

95 ::2010/06/07(月) 23:41:54 ID:???
ユウヒカクの著作権法入門?
それは読んだことないのだけど、一通りの勉強は、一応はすんでいるんです。
それ1冊で新試にも対応できますか?

96 :氏名黙秘:2010/06/09(水) 08:30:42 ID:???
少し薄いけど対応はできると思う
上位の1〜2%くらいを目指すなら
もっとしっかりした内容のがいいと思う

中山もいいけれど、少し独自色が強いかも

97 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 01:46:39 ID:lU2qhc0q
誰か盛り上げろよ

98 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 03:26:31 ID:???
第3要件と第4要件の違いがわからん。
設問1も2も第3要件を論じてしもた。。おかしいとは思いつつ、
解いてたが。。だめだ。。やばい。。


99 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 10:36:15 ID:???
>>98
大雑把に言ってしまえば、
第3要件は「〜を置き換えること」が「製品等の製造等の時点」に「容易に想到できるか」なので、
  当業者が、特許製品から対象製品への置き換えを行った時点で、置き換えができるか、
第4要件は「出願時」に、「公知技術と同一」または「公知技術から容易に推考できた」「ものでない」か否かなので、
  仮に出願時に出願していれば、特許をとる事ができなかったか否か、
だと考えればいいよ

製造時に容易想到性があった事は、均等論を肯定する方向に働くけれど、
出願時に容易推考性があった事は、特許自体取れないなら均等で保護する必要もないじゃん、という方向になる
説はあるけれど、前者は基本的に請求原因事実で、後者は抗弁に当たる

だから、設問に出たような
1.第3要件を満たさずに均等侵害にならなかったものが実施されたことで、第3要件を満たすようになったという場合に、
  当業者は容易に想到できる(∵現物があるから)と考えるべきかどうか
2.出願時公知でも容易推考性もなかったけれど、拡大先願で特許のとれない状況だった場合に
  第4要件の文言に拡大先願は入っていないとして抗弁を棄却すべきかどうか、
という問題が出てくる

100 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 12:51:23 ID:???
あぁ、考えてみたらあれは先願自体ではないのか。ちょっとこれはまずいのかな。

101 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 18:11:40 ID:???
だよねー、先願があるからあの特許は無効でいいような気がする

102 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 20:46:46 ID:???
確かに、わざわざ均等論で検討する必要があるか疑問だな。どっちにしても侵害不成立だし。

103 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 21:41:04 ID:???
a

104 :氏名黙秘:2010/06/12(土) 21:47:52 ID:???
構成要件A,B及びCからなる発明がa,b’及びcの構成と実質同一であれば,
無効だが実質同一でない場合もあるだろ

>>81

辰巳は設問1で29の2違反の無効の抗弁か。
無効の抗弁が立たなかったら侵害という結論になるが、それでいいのか?

というのはそういう意味

105 ::2010/06/13(日) 16:31:46 ID:???
>>94.96
ありがとう

106 :氏名黙秘:2010/06/13(日) 20:52:02 ID:???
>>104
でもまぁ、本件ではどちらでも結論同じになるのかなぁと。
しかし、そう考えると、設問1と2とで、あまり出題趣旨の一貫性に欠ける気は確かにする。

107 :氏名黙秘:2010/06/14(月) 12:59:05 ID:???
そういや著作権法の設問3って、結局答えは何だったの?

108 :氏名黙秘:2010/06/15(火) 00:14:45 ID:???
答えは、出題の趣旨が出るのを待て

109 :氏名黙秘:2010/06/15(火) 00:30:21 ID:???
外形的にみれば貸与権の問題
→貸与権は消尽しない(∵二重利得がないから)
を最低限書いた上で、余裕があれば

α製品が通常、貸与等が行われるような性質の商品の場合には黙示の許諾
みたいな話書くとか、
α製品のレンタル料に著作物が与えている影響と、プログラムの著作物
 としての利用の程度を勘案→両者が小さい場合には差止めできないと解すべき
見たいな話とか、
とにかく「問題意識もってますよ〜」ってことをアピールすればいいのではないかと思うが

110 :氏名黙秘:2010/06/15(火) 00:43:21 ID:???
>外形的にみれば貸与権の問題
>→貸与権は消尽しない(∵二重利得がないから)


まぁここまでしか書いてないよねw

111 :氏名黙秘:2010/06/15(火) 20:39:06 ID:???
まあ、地裁の裁判例まで押さえろってのは酷だよね
基本的な部分が書けてればいいのでないかと

112 :氏名黙秘:2010/06/19(土) 16:45:48 ID:???
消尽は、論点主義過ぎる気がするんだが、本当に出題趣旨に入ってるんだろうか。

二重取りになるから消尽の論点が出てくるのであって、二重取りになる事情がそもそも
ない場合は問題提起できないと思うんだけど。

113 :氏名黙秘:2010/06/19(土) 22:50:04 ID:???
あの事案で貸与権侵害だから当然差止めできるって言ってしまうのも引っかかるけどね

家電のレンタル、レンタカーやレンタサイクル、検査器具の貸し出し、っていう風な
制御のためのプログラムが含まれている物のレンタルは、全て著作権者に差止めされる
って結論になってしまうわけだから、現実的には妥当ではないし、
そう考える人が多いからこそ>109が書いてるような議論が出てきてるわけだし

114 :氏名黙秘:2010/06/19(土) 23:10:08 ID:???
本当にそうなのか?

営利目的で公衆に対してやるという縛りがかかっている訳だし、一般論的には
貸与権を認めて良いはずだ。

実際、ソフトウェアがインストールされているパソコンのレンタル商売は貸与権侵害に
なるしな。(そうしなかったら脱法行為し放題だし)

115 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 00:53:48 ID:???
>>114
文言的形式ににみて貸与権の範囲に入る事は間違いないよ
ただ、実質的にどうなのかって話

アプリケーションがインストールされたパソコンの貸与の例でいうと、
アプリケーションの著作権者が差止めするって場合と、
冷却用ファンの制御プログラムを設計した著作権者が差止めするって場合とで、
全く同じって考えていいか、っていうことが一点

あと、確かに38条4項で、公表された著作物については非営利料金なしで貸与は
許されてるけど、通常は「プログラムの著作物」自体は公表されていないので
(「上演、演奏、上映、公衆送信、口述、若しくは展示の方法で公衆に提示された場合」
  に該当しないため(4条1項))
非営利で料金をとらない場合であろうと、公衆に対して使用の権限を取得
させれば、全部貸与権侵害に当たってしまうので、
というのが一点

他にも理由付けはあったかもしれんが、とりあえずこんなところかな

116 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 01:03:07 ID:???
>>115
制御プログラムなんて所詮はオマケだろって差別意識が根底にあるんじゃないのか、それ。

というか、俺自身、そういう理屈に感情的に納得できるところもあって、その理由を探っていくと
そういう差別意識が原因だったよ。

だから、権利を否定したくて、消尽させようって発想が出て来てしまう。

冷却用の制御ファン1つにしても、契約でケリを付ければ良い問題なのに、無理矢理権利を
奪う必要が本当にあるのかというと疑問だ。

117 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 01:03:38 ID:???
三振したら弁理士受けようぜ。


118 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 01:04:59 ID:???
均等論の要件間違えて検討しちゃった・・・
特許0点かなマジでorz

119 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 11:05:42 ID:???
均等論は特許に力入れている企業だったら技術者に対しても教育しているぐらいの超基本事項

でも、実務で使うことはレアwwww

120 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 13:18:02 ID:???
>>116
差別意識というよりは、本来それらは特許法や不競法のような産業法で保護されるべき物だって考え方かな

勿論、指令の組み合わせに創作性が認められるからってことや、世界的に著作物法で保護をはじめていたという
世界的な潮流なんかを踏まえて、プログラム権法制定ではなくて、著作権法改正によって保護することになった
という経緯はわかっているつもりだが、プログラムの中でも、そういうものまで手厚く保護することが、
本当に「文化の発展に寄与すること」になるのか、「文化的所産の公正な利用に留意」していることになるか、
と思うんだよ

実際WIPOでも、7条2項で「コンピュータ・プログラム自体が貸与の本質的な対象でない場合」には、貸与権の
対象とならないと明示されているし、
契約でケリをつけるっていっても、実際に問題が生じるのは流通の末端にいる貸与者であって、
著作権者と依頼者の契約内容に口を挟むことなんかできないし

確かに、形式的には著作物を譲渡する際に、貸与についての対価を受け取ってはいえないとは言えるが、
例えば、TOY○TAやその下請け会社が、自動車の制御プラグラムに著作物性があると主張して、レンタカー
業者に自動車レンタルの差止めを求めたり、
T○SHIBAやH○TACHIないしその下請けが、冷蔵庫の制御プログラムに著作物性があるとして、レンタル業者
に差止めを求めたりすることが、
対価を受け取っていないから当然認められるべき権利であると言い切っていいかということは正直疑問がある

121 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 15:13:39 ID:???
>>120
その理屈だと、貸与権の本質的制約として論じるべきであって、消尽なんてピンボケな
理屈を持って来るべきではないのでは。

122 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 15:24:39 ID:???
実際問題、自動車の制御プログラムって、それがなければ自動車が動作しないくらいに
自動車にとって重要不可欠なものだから、本質的対象に入るんじゃないのか。

本質的と決めつけていたり、やっぱり偏見があるような。

123 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 15:31:24 ID:???
本質的じゃないと決めつけたり、の誤りか

124 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 15:37:08 ID:???
>>121
少なくとも日本の著作権法の文言上は、貸与権は制限されていないからね

本来的にどの部分で論じるのが一番座りが良いかということと、主張をする、或いはされた場合に
それが成立するかどうかを検討するのは全く別のことでない?
本質的制限であれ、消尽であれ、黙示の承諾であれ、或いは信義則であっても、使えそうな
理屈は基本的に全て使うのが、実務上はあるべき姿勢だと思う

明文で権利制限がない場合に権利行使を妨げる術としては、消尽論ってのは基本の一つだから、
消尽でいけるかどうかって事は検討すべき事項の一つではないかな
勿論検討しても、現在の消尽論の理由付けだと勝ち目は薄いから主張すべきでない、とはなるけれど、
それはあくまで検討後の結論ではないかと

125 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 15:41:44 ID:???
制御プログラムって何?

時計とかガソリン残量の表示を制御するだけのものと、
電気自動車の電力管理やエンジン動作を制御するものとを、
同じレベルで検討すべきではないと思うんだが。

126 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 15:56:05 ID:???
ぶっちゃけ、どの説をとっても消尽が認められないような場合に消尽の正否を検討するのは
どうかと思う。意味ないじゃん。

127 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 16:02:59 ID:???
感覚的なものばかり強調せずに、マイクロソフトのExcel等のような貸与権が認められるものと、
そうでないものとは、法律論的にどこで区別されるのかってのをハッキリさせて欲しい。
ちゃんと規範を立てて論じてるなら、その規範を示して欲しい。

組み込み系ソフトウェアとかOSとかExcelのようにインストールして使うソフトウェアとかある中で、
どこで線引きして、貸与権が奪われるかどうかが決まるのかってさ。

著作物性がそもそも認められないようなプログラムはもちろん論外だけど、著作物性が認められる
プログラムは、どういう要件によって貸与権がなくなるの?

128 :氏名黙秘:2010/06/20(日) 18:17:31 ID:???
事案によって違う、としか答えようがないけれど、
抽象的な範囲でならいくつか挙げられるかな

例えば、
1.プログラムの著作物を「物」と切り離された「もの」として観念できるか
 (端的にいえばソフトコードかハードコードか)
2.貸与に際してプログラムの著作物が与えている影響と、それによって著作権者が被る不利益の程度
 (まさに>125みたいな視点での検討)
3.プログラムの組み込まれている「物」の流通性と流通の現状
 (貸与をすることがプログラムを組む時点から通常予想できていたかどうか)

1だと、貸与権(もっといえばプログラムの著作物性)の本質論に、
2だと権利濫用や信義則に、3だと黙示の承諾的な説明に、それぞれ近づくんだろうね

具体的なケースがないと抽象的な規範の妥当性は検証できないから、これ以上には明確化しがたいし、
そもそも議論が煮詰まっている分野でもないから、これ以上の明確化もできないけれど

129 :氏名黙秘:2010/07/01(木) 10:27:30 ID:???
特許法
(法律学講座双書)

中山 信弘=著
A5判 上製 520ページ
予価:4410円(税込)
近刊 2010年8月20日発売
ISBN978-4-335-30448-4 C1332

名著『工業所有権法(上)』を10年ぶりに全面改訂!

 「特許権は社会一般の利益との調和の下に制度設計がなされなければならない」として、権利者と社会のバランスを重視する視点から激動の時代の特許法を論じた、第一人者による体系書の決定版。
 実務上重要であり、また各種試験にも資するよう、手続に関する叙述も充実させ、書名も新たに『特許法』とした、待望久しい基本書です。

130 :氏名黙秘:2010/07/01(木) 13:01:48 ID:???
要は、下を出すのを諦めたってことかw

131 :氏名黙秘:2010/07/09(金) 12:55:53 ID:T1JOBTkI
【裁判】医学書の表紙は著作権侵害 明治創業の南江堂が勝訴[10/07/08]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1278632114/

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/07/09(金) 08:35:14 ID:???
1879(明治12)年創業の医学系出版社「南江堂」(東京)が、
刊行物の表紙デザイン無断使用で著作権を侵害されたとして、
「ブレーン出版」(同)に表紙を変えなければ印刷や販売を差し止めるよう
求めた訴訟の判決で、東京地裁(阿部正幸裁判長)は8日、請求を認めた。

刊行物は南江堂が「入門漢方医学」(2002年)、
ブレーン出版が「入門歯科東洋医学」(08年)。
南江堂は約760万円の損害賠償も請求し、50万円の支払いを命じた。

南江堂側の表紙は、3カ所に大きな正方形を配し、周辺に計6本の縦棒や
横棒を組み合わせるなどしたデザイン。
ブレーン出版側に対し、正方形を円に変えたにすぎないと主張していた。

判決は、ブレーン出版側が南江堂側のデザインを参考にした点を
争わなかったことから「図形の配置などの同一性を維持し、具体的な形状を
変更するなどしたデザインは、南江堂側の表紙の本質的な特徴を感じ取れる
著作権法上の『翻案物』に当たる」と指摘。
無断での印刷、出版は著作権侵害だとした。

ソースは
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010070801001187.htm
南江堂のサイトから、
南江堂発行「入門漢方医学」
http://www.nankodo.co.jp/wasyo/html/nyumonkanpou.jpg
ブレーン出版発行「入門歯科東洋医学」
http://www.nankodo.co.jp/wasyo/html/nyumonnshika.jpg

132 :氏名黙秘:2010/07/17(土) 14:07:31 ID:???
貸与権侵害で実質的に考慮するのって、著作権法の理解としては問題あるんじゃないのか。
例のフェアユース云々の思考が混じってくるというか。

133 :氏名黙秘:2010/07/17(土) 18:20:05 ID:???
権利である以上一定の範囲での制約は
当然に受けるわけだし、程度問題じゃね?

134 :氏名黙秘:2010/07/17(土) 20:30:47 ID:???
だから、その程度問題云々の議論にならないのが、著作権法なんじゃないかというのが俺の認識なんだけど。
極めて形式的に考察していくというか。勿論、権利制限の条文があれば、その解釈論として制約していくことは出来るけど。

135 :氏名黙秘:2010/07/17(土) 21:58:40 ID:???
確かに、知財法の中でも、特許なんかの産業財産権
と比較してみると著作権法はそういった議論は低調だけれど、
それが全く無いわけではないし、裁判例としてもあるのでは?

権利濫用の抗弁に限っても、
キューピー事件(×2)とかFX取引プログラムの事件とか

上で出てる黙示の許諾やなんかも、別におかしな話ではないと思うなぁ
まあ、新試に出た事例でそれらが言えるかってのはまた別だと思うけど

136 :氏名黙秘:2010/07/18(日) 05:31:56 ID:???
まぁ、確かに権利濫用論とフェアユースの議論とは、主体の点で別物ではあるけれども。
でも、それってよく考えると、そんな明快に線引きできる代物ではないと思うんだよね。貸与行為だって、借り手からみれば利用行為な訳で。
そう考えると、権利濫用論も、何かフェアユース抗弁の抜け道のような側面が否定できないような気がするの。

あと、黙示の許諾云々については、別に僕は否定せんよ。それは、全く別のお話。

137 :氏名黙秘:2010/07/18(日) 10:07:03 ID:???
権利濫用とフェアユースが明確に区別できないのはそのとおりだと思うね

まあ、フェアユース抗弁の抜け道が権利濫用の抗弁になるというよりは、
権利濫用とまではいえないような場合であっても、利用が公正だと
認められる場合には権利行使できないようにした方が世の中のためだよね、
という発想で、フェアユースの抗弁が出てくるんだとは思うけれど

だから、現行法の解釈上フェアユースの抗弁は認めがたいっていうことと、
権利濫用自体の性質上あまり軽々に用いるべきでないということを考えても
他の法分野と比べて狭く解するべきであるとは必ずしもいえないんでないかなと

あと、黙示の許諾は勿論契約解釈の問題ではあるけれど、それを判断する際にも
社会における一般的取引態様とか、それまでの取引経過、対価額、契約時に
想定されていた利用方法っていうような事項を元に判断するわけだから、
どうしても実質的な考慮は入ってくるんでないかと思って書いたんだ
フェアユースとごっちゃになっているように読めたならすまなかった

138 :氏名黙秘:2010/07/18(日) 22:11:00 ID:???
そこまで考えているのなら、特に何も。
著作権のジャンルに応じて権利の範囲が変動することは、恐らく異論ないことだと思うし。
ただ、私にはやはりそこは裏表の関係があるように思える。権利濫用論で、一切フェアユースの話と無関係ってのは、どうも馴染まない。

あと、黙示の許諾についての記述だが、
そういうのは飽くまで意思解釈の話である以上、それをもって権利論として実質的考慮をしているという結論にはならないんじゃないのかなぁと。
黙示である以上、そういった客観的事情を考慮せざるを得ないのは必然であって、それを否定するってことは到底あり得ないような。

まぁ、もうこの辺で。あんま深く突っ込んでも試験と離れるだけだし。
君の主張はだいたい分かったよ。ありがとね〜



139 :氏名黙秘:2010/07/19(月) 19:55:39 ID:???
こっちこそ勉強になりました
ありがとね

140 :氏名黙秘:2010/07/20(火) 16:28:10 ID:???
立法論をなんとかして解釈論にねじこむために権利濫用とか信義則を使っている印象

141 :氏名黙秘:2010/07/20(火) 21:31:16 ID:???
これもう書店に並んでる?
マジで待望の一冊だわ

142 :氏名黙秘:2010/07/21(水) 22:17:59 ID:???
>>140
それは真理だろう。
フェアユースはアドホックな法解釈を導くから、ただでさえ権利概念が曖昧な知的財産に用いるべきではない、的なことを言うが、
それでいて肝心の限定列挙について何ら精密な立法を行っていない件。
どっちつかずだから、司法府にそのしわ寄せがいっている。
これ完全に学者の怠慢。知財学会の風通しの悪さはガチ。

143 :氏名黙秘:2010/07/22(木) 02:58:09 ID:???
馬鹿が開き直ったな

144 :氏名黙秘:2010/07/22(木) 17:25:53 ID:???
この指摘は結構重要だと思う。何で著作権法はもっと大々的に改正しないんだろう。

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)