5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初学者の質問に中上級者が答えてくれるよ 144

1 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 11:17:40 ID:CLYOwyea
本スレは「学習上生じた疑義」について質問するスレです。
質問者はなるべく具体例を挙げ疑問点を明確にして質問しましょう。
「○×って何ですか」「○法×条の趣旨は?」といった抽象的な質問は避けて下さい。
手持ちのテキスト等を調べた方が早いでしょうし。
スレ違いの質問・議論等はスルーしましょう。

[ 基本書まとめwiki ]
ttp://www27.atwiki.jp/kihonsho/

[ 前スレ ]
初学者の質問に中上級者が答えてくれるよ 143
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1267918061/

2 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 11:39:56 ID:???
初学者スレで学生がピンポイント質問して、
まずアフォが回答して、
ベテが訂正して
バカが反論
合格者が訂正
ベテ反論
おおばか反論
合格者が内田などの参考書のページまで教えてやる。
それでも質問者は答えをいってくれと言う。
リッツ爺がでてきて根本的解決には制度の沿革などがかかれてあり、
定義のしっかりした本を読め。我妻講義、佐伯講義を買えと言って
アフリエイト、ヤフオクなどで巨万の富を得る。

3 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 11:52:33 ID:???
回数券の即時取得。
無記名債権が動産とみなされる結果、回数券の動産所有権を即時取得、適法に取得した
回数券を行使しても適法ということなのか、
無記名債権が動産とみなされるとしても、それは即時取得の適用があるだけだから、
鉄道会社に対する債権を即時取得するということなのか、
どっちがただしいの?後者のほうがしっくりくる気がするのですが。


4 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 12:09:19 ID:???
>>2
いくらなんでも、アフィやヤフオクで、巨万の富はないだろ(笑)

5 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 12:41:14 ID:???
>>3
回数券は権利行使に証券が必要な有価証券ですので、商法519条2項が類推され、
小切手法21条の準用により、回数券上の権利を善意取得します。

回数券の所有権を取得するのではありません。
有価証券を取得しようとする者の意思は、有価証券の券という紙切れの所有権ではなく、
紙に化体された権利(回数券においては旅客運送請求権)を取得することにあるからです。

6 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 12:49:19 ID:???
94条2項の第三者や、177条の第三者の定義には、当事者及びその一般承
継人を除くという文言があるにもかかわらずに、96条3項の第三者の定義に
はこの文言がないのでしょうか?
ないのは私の資料だけでしょうか?


7 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 12:56:14 ID:???
>>3

前者のほうがしっくりくる。
即時取得は物権の規定だから、債権に適用されることは基本的にはない。
現に賃借権は即時取得されないでしょう?


8 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 13:37:32 ID:???
>>5
すみません。それは、どなたの説ですか?
192条を適用するのが素直だと思うのですが、なぜ192条だとダメなんですか?

9 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 14:00:37 ID:???
乗車券って有価証券なんだっけ?
分かんなくなってきた

10 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 14:29:46 ID:???
何度も言うが3〜7くん
前スレで賢い子がたくさんの本の
ページ数まで教えてくれてるんだから
今からすぐ図書館へ言って調べろ。
そして理解できた事を夜、報告しなさい。
9くんへ
わからなくて当然、学者によっていろいろ、刑法の世界ではまた違う。

民法、商法の条文無視、あいまいな理解はだめ。
世間の常識とかけはなれた議論をするな。
商法は民法の特別法だということを忘れるな。


11 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 15:07:29 ID:???
こんちは!
民訟で、双方が期日中の口頭弁論に出席しない場合において、判決するに熟したとき、裁判官は、当事者のいない法廷で口頭弁論の終結を宣言をするのでしょうか?
その場合、終結については伝えられず、当事者には判決期日が伝えられることになるのでしょうか?
実務では、どのようになっていますか?

12 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 15:18:52 ID:???
>>8
有価証券の譲渡を“証券という有体物の所有権の譲渡”と考えるべきではない。
これは伊澤孝平博士以来の有価証券法の一大通説であります。

13 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 15:47:03 ID:???
>>9
俺のかすかな記憶では、有価証券の概念は、当該法律の理念とか趣旨で
決せられるんじゃなかったかな?
刑法と手形小切手では違うとか?


14 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:06:11 ID:???
>>11
ジツム、ジツムって言うやつはオツムが悪い。
法律の条文と最高裁の判例を調べてわからなかったら
憲法と正義と良心と条理に従って判断せよ。
よりよき実務をつくるのは未来ある君たちだ。

15 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:11:33 ID:???
たしかになあ。
「実務ではどうなってるんですかあ」
お前、それを知ってどうする? 
実務なんてものは変化していくものだ。

今、現在の実務は、そうかもしれないが


16 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:13:19 ID:???
即時取得にかんする以上の問題は我妻説に従えば良い。
こんなことで時間つぶすな。

17 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:17:55 ID:???
「なぜ」を常に意識することが初学者に重要だ。

18 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:18:01 ID:???
大阪地裁の実務では
東京弁使ったら負けるってことだけ憶えておけ。

19 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:27:56 ID:???
>>10
>>14
>>16
>>18
すべてワシ。


20 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:29:08 ID:???
>>12
一大通説なんですか・・・

@金銭その他の物又は有価証券の給付を目的とする有価証券
Aその他の有価証券

商法519条2項は@の場合(例えば商品券)だけ小切手法21条を準用すると書いてありますが、Aの場合(例えば乗車券)にも519条2項を類推したら、
@とAを区別した519条2項の趣旨が没却されるのではないですか?

わたしには、解釈論の限界を超えた立法論のように思えるのですが。

Aの場合は民法192条が適用され、@の場合には商法519条2項が適用される。
@とAに取扱い差異が生じるのは、Aの場合よりも@の場合の取引の安全・流通を強化するためである。
以上が、立法者が選択した価値判断だと思います。


21 :20:2010/03/17(水) 16:32:20 ID:???
もちろん有価証券といっても無記名債権に限定した話です。

22 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:33:06 ID:???



23 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:37:39 ID:???
刑法上、刑の執行の免除(34条の2、1項)と、刑の免除(34条の2、2項)が存在しますが、何が違うのでしょうか?
前者は、刑の時効や恩赦法に言う刑の執行の免除がありますが、後者の意味と具体例がよくわかりません。

知ってる方教えてください。

24 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:51:58 ID:???
>>23
判決。
おまえに罰として 条文素読 100回 を科す。by R


25 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:53:48 ID:???
教える気がないならくんなよウザイ

26 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 16:58:14 ID:???
>>20
無記名証券に化体されている権利が、
金銭その他の物・有価証券を引き渡せという権利であるのか
それ以外のことをせよという権利であるのか、という点で異なっていたとしても、
だからと言って一方は小切手法21条の善意取得の規定で保護し、一方は保護しない、
という差が設けられるのには合理性がありません。
金銭等の給付を目的としない有価証券についても、519条を類推適用すべきです。

同旨、大隅・商行為法57
西原・商行為法111
弥永・商法総則商行為法134

27 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:05:39 ID:???
質問スレのレベルが低下して、凄いことになっていると聞いたが、本当だな。

28 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:06:09 ID:???
>>23
>後者の意味と具体例がよくわかりません。
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww???
おまえは前者の具体例をあげてるだけで
前者の意味もわかってない。
つまり定義がしっかり書いてない教科書を使ってるから
こういうことになる。
条文読んでわからなかったら
佐伯千仭 刑法講義(総論) 第4章 刑罰の消滅をよめ。
これ以上ない完璧な解説がなされてる。


29 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:07:06 ID:???
違法性の錯誤と違法性阻却事由の錯誤の違いがいまいち判りません。

違法性阻却事由の錯誤は違法性阻却事由があると認識しつつも
客観的には違法性阻却事由の用件がそろっていない場合であり、事実の錯誤として故意を阻却するとされています。
しかし、前田説に立つと、故意とは一般国民ならば当該犯罪の違法性の意識を持ち得るだけの
構成要件該当事実の認識があることとされるので、客観的に見て違法性阻却事由の要件がないならば、
行為者の認識は故意を認めうるだけの事実の認識があると思うのです。
そうするとこれは違法性阻却事由の要件の評価の問題、つまり自己の行為が許されると思っての行為であり、違法性の錯誤といえないでしょうか。


30 :23:2010/03/17(水) 17:08:56 ID:???
理解できました。

執行猶予について質問です。執行猶予が取り消された場合、どういった効果が生じますか?

執行猶予が付された罪について、刑が実際に執行されるのですか?

仮にそうであるならば、執行猶予の言い渡しから犯罪行為までの期間も、実際に刑の執行がされるのですか?


31 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:09:49 ID:???
>>27
まったくだ。中上級者が解答してレベルを上げてくれないものか。

32 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:12:21 ID:???
倒産法の質問です
財団債権者が手続終了までにその債権を行使ぜず非免責債権にもあたらず債権が免責されそうな場合
それを知った管財人は自発的に弁済する義務はあるんでしょうか?


33 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:12:47 ID:???
>>30
執行猶予中には刑の期間は進行しない。つまり執行はされていない。
執行猶予が取り消されるとその時点から言い渡された刑の執行が開始する。

34 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:14:36 ID:???
>>32
債権行使の自由とか知ってる?
何のために公告とかが行われるかを考えてみよう。
話はそれからだ。

35 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:18:36 ID:???
無記名債権の即時取得ですが、

> Aの場合は民法192条が適用され、@の場合には商法519条2項が適用される。

もうこれでFAって事でいいですか?

例えば、Aさんが株主優待で商品券と航空券をもらって、
泥棒のBくんがAさんから商品券と航空券を盗み出し、
これらを金券ショップCに売りとばし、
翌日、Cの店に商品券と航空券が並んでるのを発見したAは

商品券は取り返せない。(古物営業法20条、商法519条2項、小切手法21条)
航空券は取り返せる。(古物営業法20条)

って事でいいですか?


36 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:22:32 ID:???
>>27
愚痴言うだけなら初学者でもできるだろ
教える気がないならくんなよウザイ

37 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:35:11 ID:???
自分のおサイフケータイをハッキングしてEdyとかの残高を勝手に増やしたら
支払用カード電磁的記録不正作出ですか?
私電磁的記録不正作出ですか?
電子計算機使用詐欺ですか?

38 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:38:03 ID:???
>>2
前半はよく見る光景だなw

39 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:39:52 ID:???
>>29
そもそも
> 違法性の錯誤と違法性阻却事由の錯誤の違い
を体系的に理解してるの?
前提として両者の関係は?

40 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:45:15 ID:???
>>11は、裁判を形成する上で、告知義務があるかどうかということだよ。

41 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:55:51 ID:???
>>37

支払用〜罪は私電磁的〜罪の特則だから、前者のみ成立する。
それと電子計算機詐欺は観念的競合かな。

42 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 17:58:50 ID:???
おサイフケータイは「カード」じゃないじゃん

43 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:04:46 ID:???
>>29

見知らぬ男が鉄棒を振り上げて襲ってきたと思ったところ
実は友人が冗談で驚かしていただけだったのだが
それと気づかず反撃して負傷させた
→違法性阻却事由の錯誤

見知らぬ男が鉄棒を振り上げてつっ立っているところ
鉄棒のような凶器を街で持ち歩くような不届き者なら
いきなり殴っても当然許されると思って殴って負傷させた
→違法性の錯誤

44 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:10:33 ID:???
>>42

ガソリンカーが「汽車」に含まれるのと同じで、
お財布ケータイは「代金又は料金の支払用のカード」に含まれるよ。

45 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:12:46 ID:???
>>35
それでいいです。

商品券と航空券に取扱い差異が生じるのは、航空券の場合よりも商品券の場合の取引の安全・流通を強化するためですから。


46 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:16:50 ID:???
>>43
評価の錯誤ってつければ間違えない

47 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:19:52 ID:???
>>44
うそくせー

48 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:27:34 ID:???
>>47

解釈は分かれる。携帯電話のICチップに記録された支払用の電磁的記録だけ
除外するというもの合理性がないと思うが。

49 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:28:08 ID:???
>>44
どなたの説ですか?

50 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:31:56 ID:???
カードに携帯は含まれないとする解釈が有力だろ。
立法者がアホだったんだよ。まさか、携帯で支払する時代が来るなんて
思っても見なかったんだろうな。
「支払用の電磁的記録」とでも書いておけばよかったのに。まさに、無能な
官僚が作った法律の良い例だな。

51 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:34:51 ID:???
>>48
当罰性のみを強調すればそうなるでしょうが、「カード」と書かれてるだけの条文を見た人が
携帯電話の電磁的記録を作出してはいけないんだな、との意識を喚起できますかね?
刑法の類推解釈になって良くないとおもいますが。

52 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:37:07 ID:???
急死の択一には過去問集がありますが、これは実施後、密かに問題文がリークされているのでしょうか?

53 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:39:41 ID:???
>>45
何ゆってんの?
>>52
レベルひくすぎ

54 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:43:23 ID:???
そもそも携帯電話はSIMカードを収納しているただの箱。
ただの箱に電話その他の機能が付いてるだけ。
箱に入ったカードは支払用カードに該当しないのだろうか?
そんなわけがない。

55 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:43:43 ID:???
>>52

ある時期以降は問題文を持ち帰れるようになった。
その時期以前は、予備校が決死隊を何人も送り込んで、問題文を暗記させてた。

56 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:44:41 ID:???
>>54

SIMカードってのがあるんだ。そうなってくると、カードにあたるのかな。

57 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 18:54:05 ID:U9zcd60I
>>54
ばかなこと言わないでくださいよ。SIMカードは特定の電話番号を
他の機種に移行させるカードでしょ。
支払情報なんて1バイトたりとも記録されてないじゃないですか。
そんなの「支払用カード」に当たるわけないじゃないですか。

58 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:04:42 ID:???
賃借権以外の債権は時効取得できないと思うのですが、
無記名債権は時効取得できるのでしょうか?

59 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:06:30 ID:???
動産賃借権は時効取得できますか?

60 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:08:27 ID:???
>>53
無意味なレスすんなよチンカスw

61 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:10:55 ID:???
それから、賃借権は即時取得できますか?

62 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:15:17 ID:???
>>61
内田にできないって書いてあったお

63 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:18:30 ID:???
>>59
できない(川島)

64 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:19:03 ID:???
賃借権が時効取得できるんなら、他人物賃貸借なんか殆ど成立する場面はないな。

債権の時効取得は非常に例外的なケースであることを認識しておけ。

65 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:20:14 ID:???
>>62
ありがとうございます。
前のスレで、
859 :氏名黙秘 :sage :2010/03/15(月) 20:12:51 ID:???
858 :氏名黙秘 :sage :2010/03/15(月) 20:05:17 ID:???
>>857
俺もそう思うんだか、その根拠ってなんだっけ?192条の文言上、賃借権も「その動産について行使する権利」にあたりそうにも読めるんだが。
>>857
先取特権(の一部)もだよ。
>>858
192条が第2編 物権に書かれているから。

出来ない理由が物権じゃないから?というものでしたので、もし無記名債権に192条が適用されるとすると、
この理由は説得力を欠くのではないかな、と思ったしだいです。

66 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:21:17 ID:???
>>58
無記名債権は動産とみなすから、時効取得できるのは当然。

67 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:21:29 ID:???
>>63
理由はどういう理由でしょうか?
川島先生は、不動産についても否定されるのでしょうか?

68 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:23:26 ID:???
>>66
無記名債権についたは、192条を適用するのか、商法を適用するのかで争いがあるようです。
あなたの理由からすると、192条が適用されるのは当然ということになるのでしょうか?

69 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:24:35 ID:???
>>67
悪いけど結論しか覚えてない
川島でも不動産賃借権は時効取得できると書いてある筈

70 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:27:51 ID:???
>>69
そうですか・・・動産と不動産で異なる取り扱いをする理由って何なんですかね

時効の趣旨は動産不動産を問わず妥当すると思うのですが。。。

71 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:30:32 ID:???
>>39
前者は責任阻却、後者は構成要件的故意の阻却と言うことでしょうか?
>>43
上の例だと、客観的には正当防衛の要件、不正の侵害がないと思うのですが
その上で行為者は障害の故意を持って行為をしているので、故意は認められるように思います。

下の例だと仮に行為者が正当防衛であると思った場合にはどうなるのでしょうか。
刑35条の評価の問題として法律の錯誤となる。でよいのですか?

書いてるうちになんだかわけが判らなくなってきました。

72 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:32:32 ID:???
>>68
商法の規定は無記名債権、かつ、有価証券である場合の特別法。
有価証券である無記名債権には商法を適用し、
そうでない無記名債権には192条を適用すればよいだけだろう。
争いもなにもないと思うが。

73 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:40:21 ID:???
他人にたいして暴行を加えていたが、金が欲しくなり、さらに暴行を加えて金品を奪った場合、包括一罪ですか?それとも法条競合ですか?

74 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:45:56 ID:???
>>73

混合包括一罪。

暴行罪と強盗罪の罪質の違いを強調すれば、併合罪と考えてもよい。


75 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:50:02 ID:???
AとBへ二重譲渡された未登記建物を第三者が不法行為により毀損した場合、
損害賠償請求できるのは誰なのでしょうか。

所有者がAとBで未確定ですが、両方とも請求できるのでしょうか。

76 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 19:50:49 ID:???
>>72
192条を適用した結果、無記名債権という債権を取得するのですか。無記名債権という動産の所有権を取得するのですか。

77 :bocchan:2010/03/17(水) 19:59:23 ID:???
何かあるかな?

78 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 20:20:10 ID:???
刑訴で質問です。

田宮p93にこんな記述があります。
「これ(注:事件単位説)に対するのは人単位説であるが、それは、
 勾留は身柄処分だから、一度なされればその効力は被疑者に全一的に及び、B事実(余罪)を理由に二重勾留はできないとする。
 しかし、そうであればその余罪を援用して勾留延長などはできないはずであるのに、それは可能だとする。
 したがって、人単位説の本質は、余罪は表面には出ていないが潜在的には勾留の根拠になっているのだと考えるものといってよい。
 しかし、このような令状審査を経ていない潜在的な被疑事実を被疑者の不利益処分の理由とするのは、令状主義に反するというべきであろう。」

そこで、
@事件単位の原則と事件単位説の異同および両者の関係
A「二重勾留はできない」→「勾留延長はできないはず」の根拠
B二重勾留はできないが勾留延長もできない、という立場はこの記述において否定されていないのか。

以上3点についてうかがいたく存じます。

79 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 20:26:19 ID:???
>>78

@は質問の趣旨がわからん。

Aは余罪について令状審査を受けていないことを前提とするのだから、延長など
できるはずもない、ということ。

Bは否定されていない。

80 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 20:34:33 ID:???
>>77
>>76お願いいたします。

81 :78:2010/03/17(水) 20:36:25 ID:???
@ですが、事件単位説=二重勾留の可否に関する一つの立場であって、それ以外の論点では使わない言葉なのか。
ということですかねえ。

Bですが、もし二重勾留はできないが勾留延長もできない、という立場があるなら、
「人単位説は令状主義に反するから事件単位説をとるべき」という論証は不完全ではないか、という趣旨です。

82 :bocchan:2010/03/17(水) 20:49:48 ID:???
>>80
あまり意味のある議論だと思われないが、無記名債権は債権であるので、債権
を取得することになると思います。民法86条3項は、無記名債権は、「債権」である
のに、動産として取り扱いますよという規定なのでね。

83 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 20:53:00 ID:???
>>82
賃貸不動産所有権の譲受人が貸主たる地位を承継するとき、
旧所有者のところで既発生の延滞賃料債権を譲り受けなかった。

新所有者はその滞納を理由に契約を解除できますか。

84 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 20:57:21 ID:???
>>82
商品券や乗車券は所有権の客体ではない、との理解でよいですか?

85 :bocchan:2010/03/17(水) 20:58:14 ID:???
>>83
新所有者に対する債務不履行がないのですから、契約を解除することはできない
でしょうね。

86 :bocchan:2010/03/17(水) 21:01:36 ID:???
>>84
どうしてそのような理解になるのでしょうか? 商品券というのは、動産たる
紙に債権が化体していると捉えるわけです。

87 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 21:13:47 ID:???
>>86
商品券は紙に債権が化体しているのですが、そのことによって、
なぜ、無権利者から商品券を善意無過失で買うと
所有権を即時取得するのでなく債権を即時取得することになるのか、
よくわかりません。

88 :bocchan:2010/03/17(水) 21:17:31 ID:???
>>87
説明の仕方の問題に過ぎないと思いますが、紙に債権が化体しているので、
商品券を即時取得すれば、紙と化体した債権を取得すると考えればいいだけ
ではないでしょうか。そこを詰めて議論することで何か得るものがありますか?

紙という動産も取得しますがね。

89 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 21:18:11 ID:???
>>74
どうもありがとうございました( ^ω^)
助かりました。

90 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 21:49:04 ID:???
>>83 こんなんありますけどぉ
事件番号 昭和43(オ)483
事件名 家賃金請求
裁判年月日 昭和44年07月17日
法廷名 最高裁判所第一小法廷
裁判種別 判決
ttp://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=27443&hanreiKbn=01

91 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 22:05:25 ID:rSVKFFku
勉強方法で悩んでいます。
他学部(理系)で、今年の既習者試験狙ってます。
模試は一切受けた事ありません。

勉強方法はひたすら基本書(大御所本ばかり)を読む。
憲法3回 行政法2回
民法3回 民訴法3回
刑法3回 刑訴法2回
会社法2回 商法(手形小切手含む)2回
これだけやるのに3年かかりました。
内容は理解できる様になりました。(どの本も10日あれば読み直せる程度)

これから伊藤塾の法科大学院論文問題集(弘文堂の六法が一冊になってるもの)を
やるつもりです。


どうでしょう?既習者試験に受かるでしょうか?
一体自分がどの程度の実力なのか分かりません。
他にどの様な勉強をしたら良いでしょうか?
(適性試験は電話帳でやっています。)

92 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 22:08:01 ID:???
>>87
債権を即時取得するわけではないですよ。
そこにおける債権の内容については、
「クーポン等の持ち主を債権者とする」という内容だからに過ぎません。
そこに特殊性があるのです。

通常の債権は、債権者を特定個人としています。
特殊性を看過して、通常の債権に引きずられてないですか?

93 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 22:08:03 ID:???
>>91
・既習か未習かではなく、上位ローか下位ローかのほうが重要だと思う。
・とはいっても、就職難は年々厳しくなっているから1年の差が大きいのも事実。


94 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 22:12:25 ID:???
>>91
あなたも大学受験をしたでしょう。
勉強法なんてのは人それぞれだし、
何が合うのかも人それぞれ。

あなたのやっている方法が間違ってるとは思わないですが
それであなたが既習者試験に受かるか、なんてことは分かりません。

どうしても分からないなら、講義を受講したらどうでしょう。
あなたも大学受験のときには、塾に行ったかもしれませんし
少なくとも高校で授業を受けたでしょう。

お布施をしなきゃいけないんですけどね。
司法試験は資本試験です。これも司法改革制度の賜。
弁護士増員は止まりませんし、合格しても就職難、就職しても安月給です。


95 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 22:19:00 ID:???
>>91
法律行為の定義答えられるかい?

96 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 22:19:00 ID:???
本当にやりたいと思う者意外は進むべきではないのかもな。

97 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:04:28 ID:???
ぼくちゃんの個人的感想だけど、
bocchanは今日に限らず、以前から嫌いです。あくまでも2ちゃん上でね。

どなたか我妻博士の論文で
債権の上の所有権という概念?観念?だったか
あったと思いますが、読んだ方おられましたら
どういう内容か簡略にご教示ください。
忘れ去られた小島に住んでますので
みることもできません。

98 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:16:45 ID:???
>>91
法科大学院の既習に毎年入学する学生数から
考えると、旧試験の短答合格レヴェルにも達してない
アフォばっかりだから、全科目なんとか書ければ
らくらく合格でしょ。とワシは思う。

99 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:20:09 ID:???
もまえ

  ( ^ω^ )
  / ,   ヽ    <涙拭けよ
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘




100 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:30:04 ID:???
>>95
そんなの答えられなくても入るだけなら
だいじょうV。

101 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:31:52 ID:???
さすがにそれはないでしょw

102 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:36:54 ID:???
>>101
でも、KS大の既習は、、、、

103 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:40:39 ID:???
法律行為にせよ、意思表示にせよ、それが何なのかわからないのであれば、
司法試験には受かりませんよ(笑)

動機錯誤って何?詐欺取消って何?ってことになっちゃいますから。その既修の方は
合格しないでしょうね。

104 :氏名黙秘:2010/03/17(水) 23:50:52 ID:???
>>97
民法研究U所収の「無記名債権の動産性と債権性―民法第86条第3項―」
のことでつか?

105 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 00:51:49 ID:???
>>6
民法で第三者とは、一般に、当事者およびその包括承継人以外の者をいう
それを各規定の制度趣旨によって、要件を立てて限定している

だから96条3項の場合も、正確には「当事者および〜者」と書くべきなんだが、
そのことは当然の前提となっているし、判例でもそこが論点になってるわけでもないので、
判例や基本書では省略していることが多い
論文で96条3項の第三者を書くときには、結論に影響を与えないのであれば、この部分は書かなくて良いだろう

106 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 01:01:30 ID:???
>>103
言ってることは正しいけどその例示は違う気がする。

107 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 06:30:52 ID:???
>>60
自演するなキチガイ

108 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 09:43:38 ID:???
>>71
あなたの理解のような説もある。責任説のうち厳格責任説といわれるものがそれである。

違法性の錯誤とは、客観的に違法な行為をしたが、主観的に違法性の意識をもたなかったことをいう。
ゆえに、違法性の意識があったか否か、なかったとして違法性の意識の可能性があったか否かが問題となる。
構成要件・違法性・責任の三分説のうち、違法性の意識を検討するのは責任の段階であり、
違法性の意識を責任段階のどこで検討するかで、説は大きく故意説と責任説の2つに分かれる。

 ・故意説: 責任ありとは責任能力・責任故意・期待可能性の3つを備えることであり、
 責任故意の一内容として違法性の意識(の可能性)が要請されるとする説。
 ・責任説: 違法性の意識(の可能性)を、責任能力・(責任)故意・期待可能性と並列する
 第4の責任要素であるとする説。

責任説のうち厳格責任説は、構成要件該当事実の認識“のみ”で(責任)故意ありとするに足りるとし、
制限責任説は、構成要件該当事実の認識に加えて、違法性阻却事由を基礎付ける事実の不認識もまた
(責任)故意の要件であるとする。

例えば、違法性阻却事由がないのにあると誤信した場合(友人を暴漢だと誤信したような場合)には、
厳格責任説では、構成要件該当事実の認識があるから事実の錯誤ではない、ゆえに故意はあるとされ、
制限責任説では、構成要件該当事実の認識はあるが違法性阻却事由を基礎付ける事実を認識していたから
事実の錯誤であり、ゆえに故意はないとされる。

裸の価値判断としては、暴漢だと思ったらたまたま暴漢でなかっただけで、
暴漢が襲ってくるのが誤信でないかどうかちゃんと確認してから反撃せよ、さもなくば故意犯に問う、
とまでは法は命令していないであろうから、制限責任説のほうがより妥当と思われる。

109 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 09:45:58 ID:???
>>104
ちがう。
>>103
司法試験ではなく
既習にはいれるかどうかをいってるんだよ。

110 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 09:47:44 ID:???
フレンドリー



111 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 09:59:11 ID:???
bocchan
↑たしかに胡散臭い。
口述でそれは君の新説かね。ときかれて、
いいえ、bocchanの説ですといったりして、、
受験生諸君、とにもかくにも
我妻説を理解せよ。口述できかれたら
講義のどこそこに、書いてありましたと言え。
きみの読みがまちがえていても、好印象をもたれる。
2日つづけて
わけのわからんスレが頻発してるが、ここで決着をつけてやる。
ワシが偉いのでもなんでもなく、
このスレの趣旨に沿って、本を読めば解決する問題だから
以下に我妻講義のページとその一部をあげておく。
誤解するといけないから、必ず前後のページも読め。(つづく)

112 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 10:12:51 ID:???
我妻講義 総則 〔252ー2〕
証券の上に正当な物権を取得する者が、
債権の上にも、それに相応する権利を取得する。

【参考資料】
@口語化前の条文ー動産ノ上ニ
A現行法の条文ーー動産について
@=A
上にとはどういうことか、これは講義 物権 に書いてある、


113 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 10:21:55 ID:???
だいたいやね。
辻調理師学校に入学してプロになろうとする者が
日本直販のTVショッピングで買った
万能包丁で一人前になろうという
そんな魂胆ではあかん。
入門講座に莫大な大金つぎこむくらいなら
我妻講義を買え。
誰かのブログのアフイエイトを利用するのもよい。


114 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:11:01 ID:???
>>108
なるほど。自分がどの説に立っているのかも意識しないでやっていたから混乱していたようです。
もう一度基本書を読み直して出直してきます。

115 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:23:55 ID:???
>>71のつづき
なお、制限責任説を前提とすると、>>43の下のほうの

「見知らぬ男が鉄棒を振り上げてつっ立っているところ
鉄棒のような凶器を街で持ち歩くような不届き者なら
いきなり殴っても当然許されると思って殴って負傷させた」

という場合、傷害罪の構成要件該当事実の認識はあり、かつ、“違法性阻却事由を基礎付ける客観的事実”を
認識しているわけではない。ゆえに、構成要件該当事実の認識+違法性阻却事由を基礎付ける事実の不認識で
責任故意あり、とされる。

構成要件該当事実と違法性阻却事由を基礎付ける事実について錯誤がなく、
それでいて主観的に違法性の意識をもっていないということは、まさに違法性の錯誤ということになる。
そして、違法性の錯誤であることは、仮に「いきなり殴っても当然許される」との認識ではなく
「いきなり殴っても正当防衛である」との認識をもっていたとしても異ならない。

116 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:24:21 ID:???
bocchan



117 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:25:19 ID:???
参考になるね。

118 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:28:24 ID:???
ならねーyp

119 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:36:29 ID:???
>>72
疑問なのですが、『有価証券である無記名債権』と『そうでない無記名債権』を
分けていらっしゃいますが、『有価証券でない無記名債権』の例として
どのようなものがありますか?商品券・乗車券等は全て有価証券と思われますが。
>>88>>92
ありがとうございます。お二人の見解を総合すると、
1.乗車券という紙の所有権を即時取得する。
2.紙の所有権を即時取得した結果、紙と一体としてのみ行使できる運送債権が
あたかも即時取得されたかのような状態になる。
ということでよろしいでしょうか?

120 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:40:39 ID:???
ありがとう

121 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 11:45:01 ID:???

ありがたくもなんともない

122 :6:2010/03/18(木) 11:53:16 ID:???
>>10
アドバイスありがとうございます。

「当事者及びその一般承継人を除く」という文言が、私の資料等の96条3項
の第三者の定義に何故ないのかということにつきましては、私の調べた範囲で
は分かりませんでした。

ただ、法律で第三者というときには当然の前提になっているみたいですね。
といいますか、その意味そのものでしょうか。
これを、各条文でその趣旨から、限定的に解釈するというとででしょうか。

96条3項についてもその前提にあるようです。
94条2項等には資料等に書いてあるのに、96条3項について記述されてい
ないのは、その元になっている判例等?にその記述がなかったからなのでしょ
うか?


123 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 12:01:07 ID:???
>>119
【参考】
我妻講義 物権法〔200〕では
有価証券たる性質をもたないもの、たとえば、乗車切符、劇場観覧券などは、
なお民法の規定に従う。

と微妙な表現してる。

司法協会のテコギ講義案では
普通乗車券や回数乗車券は有価証券であるが、
と書いてる。

124 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 12:35:33 ID:???
>>119
この文脈で「有価証券であるか否か」という問いは、
要するに「商手小切の規定を適用(ないし準用ないし類推)すべきか否か」という問いと等価だわな。

有価証券とは財産的権利が化体した紙であって、権利行使にその紙が必要であるものだわな。
で、商手小切の規定は民法192条よりも要件を緩和して、取引安全を保護する趣旨だわな。
とすると、商手小切の対象となる有価証券は、流通性・譲渡性のある有価証券をいうわけだわな。

無記名債権が化体した紙の例は、商品券、乗車券、コンサートチケットとかだわな。
こうした紙であって、譲渡が予定されているか少なくとも譲渡が社会経済上広く受け入れられてるものは
商手小切の規定を使って取引安全を保護していくべき、となるわな。

とすると、入鋏済みの乗車券とか、譲渡禁止特約がくっついたコンサートチケットとか、
そういう流通性・譲渡性が欠けた無記名債権は、特則である商手小切の適用対象とならなくなり、
すなわち有価証券でない無記名債権となり、一般の動産と同じく民法192条を適用することになるわな。

A君は商品券を盗まれ、B君は回数券を盗まれ、金券屋に売られたので金券屋に返せと求めたら
A君は商品券を返してもらえましたがB君は回数券を返してもらえませんでした、
なんつうおかしな不均衡を認めてはいかんわな。

まあ、この結果、民法86条3項の存在意義は現代ではきわめて限定的になるわけだが
それはそれで別に誰も困らないわな。

125 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 13:01:07 ID:???
なるほど

126 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 13:33:27 ID:???
>>124
すみませんがそれはどなたの説ですか?
あなた独自の見解など誰も相手にしませんよ。

127 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 13:34:33 ID:???
我妻講義で商品切手という語がでてきますが
明治、大正時代は商品券のことを
このように呼んでたのでしょうか?

128 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 13:36:38 ID:???
>>127
そうだよ。

129 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:08:22 ID:???
>>122
法律で第三者というときには、この部分は一般的な要件で、法律家同士の議論では当然の前提だから書かないんだろうな
これを、各条文でその趣旨から、限定的に解釈する

>>94条2項等には資料等に書いてあるのに、96条3項について記述されてい
ないのは、その元になっている判例等?にその記述がなかったからなのでしょ
うか?

恐らくその通り





130 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:20:19 ID:???
【参考資料】
江戸時代から酒切手、菓子切手、鰹節切手などが
盆暮れなどの贈答品として大いに使われ、
明治に入ると菓子券とか鰹節券とも呼ばれるようになる。
その後三越の呉服券などを経て現在の商品券、ビール券、ギフトカードになった。
というようなことがネット検索すればすぐわかる。
きみたちも早くPC買いなさいよ。
ちなみにぼくちゃんはソネットHPのスロットで大当たりして、
おこめ券ゲットしました。


131 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:24:39 ID:???
>>124
史上最強の馬鹿
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

132 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:32:37 ID:???
>>119
手形法勉強したことある?

手形という紙の所有権を即時取得するなんて普通言わないんじゃない?
手形上の権利を即時取得するって言うを思うけど違うかな?

それとパラレルに考えればいいことだと思うけど。

133 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:43:50 ID:???
>>132
手形上の権利が善意取得される根拠は
手16Aという特則で善意取得が明文で規定されてるからじゃん。
(手形上の権利を即時取得するって言わないよね。善意取得だよね)

民法上の無記名債権(民86B)の即時取得について
なんで当然のように手形法と「パラレルに考え」られるのさ?

134 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:48:53 ID:???
>>124がアーハーオー,あははの三太郎,あほ,あほんだら,あほ
んだれ,甘ちゃん,あんぽんたん,うすのろ,うすばか,うすも
の,うすらばか,うっかり者,うつけ者,うましか,ウルトラ
ぱー,うんてれがん,大ばか,大ばか三太郎,おたんちん,おった
んちん,おつむてんてん,おてんてん,お人好し,おろか者,か
ば,かまぼこばか,ぐうたら,ぐうたらべえ,ぐうぬき,愚者,愚
人,ぐず,くるくるばー,くるばー,ごくらくとんぼ,こけ,三太
郎,十頭身,じゃくのう(弱脳),純ばか,しれもの(痴者),すかた
ん,すこたり,ずっこけ者,ずっこけ野郎,すっとこどっこい,す
てれんきょう,スーパーウルトラ超どばか,すぼけ,精神インポ,
粗脳,ダブリュー,だーぼー,たりないの,単細胞,単純ばか,超
どあほう,ちょぼいち,ちょん,低脳,でくのぼう,天才ばかぼ
ん,てんてんオブラート,天保銭,どあほう,どじ・どじなやつ,
どち,どばか,とろいの,鈍才,鈍太郎,とんちき,とんちき野
郎,とんちんかん,どんつく,鈍物,とんま,ぬけさく,脳たり
ん,ノータリンダメス,脳天ほがらか,脳天ほわいらー,能なし,
脳膜炎,脳るす,のろさく,のろま,のんき者,ぱー,はあたろ
う,はあちゃん,ぱか,ばかたれ,ばかの標本,ばかぽん,ばかむ
すこ,白痴,ぱーくる,八五郎,はちりん,半人前,はんば者,
ピーティーエー(PTA),ひょうろく,ひょうろくだま,昼あんど
ん,ピンぼけ野郎,てんばー,ペてんぼー,ぼー,ぼけ,ぼけな
す,ぼや,ぼんくら,ぱん太郎,ぽんちやん,ぽんつく,ぼんやり
者,まぬけ,よた,よたろう,らり,らり公,らりすけ,られ公,
あったもん,たか,のっぽ,もみ,らりこ,おんとう,らりすけ,
螢光灯,とんちき,とんばち,すっとんきょう,ばかせ,ばかぶす
と聞いて飛んできますた

135 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:49:09 ID:???
昔から民法学者と商法学者は仲が悪いから、
そのあたりはお茶をにごして、
おはぎでもたべてなかよくな。

136 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 14:54:30 ID:???
>>135
あのー、例の
【銀河系宇宙最高レヴェルのアフォ】
が抜けてますよ。

137 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 15:11:10 ID:???
>>124
初学者が答えんな
みんな迷惑なんだよ

138 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 15:41:53 ID:???
>>137
いや、それは違うぞ
彼は、初学者未満だw

139 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 15:51:21 ID:???
>>133
ねえねえ、君どこのFラン?
絶対馬鹿にしないから言ってごらんw

140 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:06:58 ID:???
【参考資料】

無記名債権は最も完全な有価証券である。
 
(我妻講義 総則 〔252〕)

141 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:13:35 ID:???
>>139
同志社です。

142 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:22:34 ID:???
>>132
無記名債権という債権を即時取得するわけではないですよ。
そこにおける債権の内容については、
「クーポン等の持ち主を債権者とする」という内容だからに過ぎません。
そこに特殊性があるのです。

通常の債権は、債権者を特定個人としています。
特殊性を看過して、通常の債権に引きずられてないですか?

143 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:23:31 ID:???
AがBにその所有する動産を貸したが、貸したことを両者とも失念していた。
AがBの手元にあるその動産を、Bの所有物だと思って借りた場合、AB間の法律関係はどうなるのでしょう。

144 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:25:58 ID:???
あれ?おかしいな。
ここは中上級者が答えるスレなのに
>>137-139が中上級者に見えないぞ?

145 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:26:19 ID:???
同志社ならFランではないでしょ

146 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:26:47 ID:???
Dランクラスだな

147 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:27:21 ID:???
>>142
自演にコピペ
マジでキモイわ

148 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:31:16 ID:???
>>144
おかしくねーよ

ここは初学者の質問に初学者が答えるスレだからな

言葉の裏の意味を読み取らんといかんわな


149 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:36:22 ID:???
>>147
俺以外全員自演だからな
もちろんお前も俺の自演

150 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:36:31 ID:???
>>143
波風が立ってないうちは法律関係もくそもない。

151 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:37:58 ID:???
入鋏前は有価証券足りえるが、入鋏後は、運送契約の証票に過ぎない。

152 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:45:02 ID:???
>>143
占有者の推定がまず働くのではないか?
Aがその真なる所有権を観念していない以上、その所有権に基づく権利を主張することはありえない。
もし、主張することがあれば、法律関係の破綻というよりは友人関係の破綻となるであろう。

153 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:51:25 ID:???
>>150

では、

AがBにA所有動産甲を貸したが、貸したことを両者とも失念していた。
Bが自分の所有物だと思って手元に置いている甲を、
AがBの所有物だと思って貸してくれと頼み、
AB間に期間・目的の定めのない甲の使用貸借契約が締結され、
BはAに甲を引き渡した。
そのまま10年以上が過ぎたとき、
Bは甲が入り用になってAに対し借用物の返還(597条3項)を求めているが
Aはもともと甲が自分の所有物だったことを思い出し、返還を拒んでいる。

どっちが勝ちますか?

154 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:53:25 ID:???
>>151
そう。ゆえに乗車券は、入鋏後は有価証券性を失って、
民法86条3項で一般の動産とみなされる無記名債権となる。

155 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:54:30 ID:???
>>153
おまえが作問するのは10年早いよ

156 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:55:21 ID:???
【自演について考える】

「上級者ウセサセ給テ後、
 初学者スレノ乱逆ト云コトハヲコリテ後、
 F乱ノ世ニナリニケルナリ」と
                 ジエン『愚管抄』よりby R


157 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:55:56 ID:???
>>155
そうですね。
作問するのがばからしいくらい簡単な問題であり、
中上級者の皆さんにかかれば
あっと言う間に答えられるものと思います。

158 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:56:52 ID:???
>>154
頭大丈夫?

159 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 16:58:10 ID:???
>>157
Cの勝ち

はい終了

160 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:30:06 ID:???
>>154
面積の計算も忘れんなよ。
>>155
ほんと10年はやいね。ばいちゃ。

161 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:36:27 ID:???
>>153
おくちくさ〜い。

162 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:38:00 ID:???
しずちゃん。

163 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:38:09 ID:???
>>158
証券的債権であって、証券面に権利者の名を特定せず、
権利の成立・移転・行使の全部または一部に証券を要するものが無記名債権。

入鋏後の乗車券は、権利者の名前が特定されていなくて、
「乗車駅から券面記載運賃がかかる降車駅で改札を通してもらう権利」を
所持人は改札口で乗車券を呈示することで行使できる。
これはまさに無記名債権。

入鋏後の乗車券が無記名債権でなく、特定人が鉄道会社と交わした運送契約の証書
ないし特定人が払った運賃の領収書にすぎないとすると、逆に変なことになる。

Aが甲駅から200円の乙駅まで、Bが甲駅から300円の丙駅まで行きたいとしよう。
しかし、誤ってAは300円の切符を買い、Bは200円の切符を買って、
甲駅改札口を通ってしまった。ABは電車の中で誤りに気づいて、
AはA所持の300円切符を300円でBに売却し、
同時にBはB所持の200円切符を200円でAに売却した。
(つまり、AB相互に切符を交換し、さらにAがBに100円を渡した。)
そしてAは乙駅から降り、Bは丙駅から降りた。何も問題はないはず。

これが、もし運送契約の証書を売り買いしているだけとしたら、
鉄道会社に対する関係ではAは300円、Bは200円の運送契約を締結したわけで
そのことはAB間で取引があったところでなんら変わるものではない。
そこで、鉄道会社は丙駅まで100円余計に運送の利益を得たBから
不当利得で100円取れてしまうことになる。
客観的事実として、Bは正規の運賃である300円の切符を改札に呈示したにもかかわらずだ。

単に入鋏後の乗車券という(普通は譲渡されない)無記名債権を動産として
ABが取引していると見ればなんら不都合はない。

164 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:42:26 ID:???
>>163
なに力んでるの?

165 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:46:58 ID:???
>>164
いや、反論がないなら、それでいい。

166 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:52:10 ID:???
今来て、サラっとしか読んでないけど

なんで、>>124は批判されてんの?
>>132は、それ自体は正しいし、>>133は、>>132に対する批判として的外れだし。

良く分からない。


167 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:53:10 ID:???
>>153
貸したことを両者とも完全に失念していて
Bが自分の所有物だと微塵も疑わず誤信したことが前提ですが
Bの取得時効が成立してB所有となります。
Aの負けです。


168 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:55:08 ID:???
>なんで、>>124は批判されてんの?

バカだから あと自演乙

169 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 17:58:36 ID:???
>>168
自演じゃないんですが?

馬鹿とか、そういう無内容なことをいってもダメです。
ところで、>>163には説得されました。こういう内容のある書き込みで
お願いします。

170 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:10:33 ID:???
>>163
もっとコンパクトにまとめろよ低脳w

171 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:18:08 ID:???
いらいらしたら香西かおりだよ。
さあ、つぎの質問いこうね。

172 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:24:39 ID:???
>>169
説得されました(笑)

自演する人に自演じゃないとゆわれてもねえ(笑)

173 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:25:28 ID:???
入鋏後の切符は有価証券であるから、回収後(少なくとも当日)のその管理は厳格に行われているハズ。

174 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:31:19 ID:???
>>172
薬でも飲んでるんですか? 大丈夫ですか。
幻覚が見えるのでしたら、しばらく休まれた方がいいですよ。

175 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:31:49 ID:???
>>173
その「有価証券」の定義は?

176 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 18:37:50 ID:???
>>174
お前しつこい うざい

177 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 19:02:05 ID:???
>>167
ねえねえ、君どこのFラン?
絶対馬鹿にしないから言ってごらんw

178 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 19:17:03 ID:???
>>167
お前が答えろよw 

179 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 19:20:07 ID:???
ハァ?

180 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 19:24:10 ID:???
占有が自主占有か他主占有かは
占有取得の客観的性質によるんじゃなかったのか。

だとすれば、自分の所有だと微塵もなく信じたとしても自主占有とはならないだろ

181 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 19:58:13 ID:???
>>180
そう。
自主占有か否かは、その占有を生じさせる行為の性質から外形的客観的に決せられます。
だからA所有動産をBが借りても、Bは自主占有を取得しないし、
そのことはABが当初の使用貸借契約を忘れたとしても変わりません。

重要なのは、忘れたのに引き続いて、第2の使用貸借がBからAへ行われたということです。
Bを貸主、Aを借主とした使用貸借契約により、Bの占有は自主占有かつ間接占有に変更され、
Aの占有は他主占有かつ直接占有へ変更されることになります。
このBの自主占有性は、使用貸借という行為の性質から外形的客観的に認められますし、
BはそれをAに表示しているのだから185条前段が適用されます。

したがって、Bが動産を自己物と誤信して真所有者Aに貸した時点から取得時効が開始し、
10年経ったらBが時効取得、となるわけです。

182 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 20:10:52 ID:TkuWVG0y
>>181
>Bを貸主、Aを借主とした使用貸借契約により、Bの占有は自主占有かつ間接占有に変更され、
Aの占有は他主占有かつ直接占有へ変更されることになります。

これ、独自の見解ですな
こんなんで自主占有に変更しない
少なくとも判例はこのような考え方をしてない

183 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 20:34:49 ID:???
>>182
判例の考え方を示してから言えw 文句付けるだけなら犬でもできる。
わんわん。

184 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 20:36:40 ID:???
自分で作問してヘナチョコ解答作成

まさにオナニーww

185 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 20:38:27 ID:???
>>184
よっぽど馬鹿なんだねw 君、書き込まなくていいよ。
見てたほうがい。邪魔w

186 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 20:45:27 ID:???
>>181
あーわかったわな

おまい、このスレで珍説ばかり主張している珍カス君だわな

187 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 21:39:29 ID:???
また質問者でも回答者でもない連中がいがみ合ってるのか

188 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 21:43:13 ID:???
>>187
ああいう自尊心過剰な連中って怖いよなぁ。

189 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 21:59:44 ID:???
>>153

Aが勝つ。物権は債権を破る。

190 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:01:59 ID:???
こんなのでました。(復刻版)

我妻榮 新版 民法案内 ] 昭和49年 第一版
第六章 賃貸借
第一 賃借権の性質
一 売買は賃貸借を破る
〔一六五〕 日露戦争後の地
      震売買は歴史的
      な物語となった
日露戦争の後、といっても、諸君にはずいぶん古い歴史だろうが、
私にとっては、小学校卒業のときだから、幼い日の思い出として
記憶に残っている。ちなみに米沢の小学校の同級生に、いまをときめく
●ッ●爺の祖父にあたるプリッツくんという外国の少年がいた。


191 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:02:43 ID:???
>>181

なるほど。それは面白い。
動産が時効取得できる珍しい例だな。

192 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:11:57 ID:???
>>191
自分で問題作って自分で回答して
次は自分で褒めてんの?
真正のバカだな
このスレレベル落ちたな

193 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:40:56 ID:???
仲良くな、おまいら

194 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:42:50 ID:???
>>192
少なくとも複数人を自演だと認定するお前。
早く病院行けよw 邪魔だ、このスレには。


195 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:44:23 ID:???
おばかちゃんはwwwwwww192wwwwwwwwただひとり。

       こいつアラシ、管理者へ通報するぞ。

196 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:45:10 ID:???
病院なら、みんなで行けばいいじゃん
仲良くさー

197 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 22:46:52 ID:???
>>195
いちいち宣言しなくていいから
早く通報しろよボケw

198 :氏名黙秘:2010/03/18(木) 23:13:30 ID:???
そして誰もいなくなった。

199 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 00:11:20 ID:???
殺伐としているなぁ

200 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 01:15:02 ID:???
あー?判例が独自の見解を退けるのに
いちいち理由を書いてるか?
理由など不要。独自の見解はただ排除するのみ

201 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 02:49:17 ID:???
最高裁は法令の解釈権を持ってるからそれで良いけど、何の権威もないお前みたいな鼻糞ベテ親父は、理屈で人を説得しないとダメだよw

202 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 03:11:30 ID:???
無権代理人が、本人の家に抵当権設定して本人のために借金してきたとします。
無権代理人が、後に後見人に就職した場合、信義則上追認拒絶できるのかという
問題があり、最高裁がいくつかの考慮要素を挙げていますが、抵当権設定だけ
追認拒絶できるとなると、抵当権設定が無効になって、無担保で金を借りられた
ことになってしまうのでしょうか。この結論はあまりにもおかしいとおもうんで
すが、どのように考えればよいのか教えてください。

203 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 08:55:55 ID:???
>>202
例えば,金銭消費貸借と抵当権設定は事実上一体となっているから,
片方だけを追認して片方は追認を拒絶することができない
(又は片方だけの追認は信義則に反する)とかすりゃいいんじゃない?

もっとも,両方追認拒絶されたら,無担保で不当利得と無権代理人の責任追及ができるだけなんだけどさ。

204 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 10:57:15 ID:???
>>202
まず本人保護の必要性というものがありますから、
追認が本人に不利なのであれば、後見人の資格で原則追認拒絶できるとすべきですし、
そのことは後見人がもともと無権代理人であったとしても変わらないと考えます。

例外的に追認拒絶が信義則違反でできないとするには、最判平成6年9月13日のいうような
諸事情総合考慮が必要であって、金消契約と抵当権設定が同時になされたから
片方の拒絶は当然に信義則違反だ、とはいえないと考えます。
信義則違反の主張が通らないとしても、貸し手としては

@追認またはその拒絶がなされる前は、抵当権設定と金消契約を115条で取り消して
 貸金は不当利得で引き揚げる
A金消契約の追認と抵当権設定の追認拒絶がなされた後は、無権代理人の117条責任を
 追及して(履行はできないから)担保が失われたことの損害賠償をさせる
B抵当権設定契約当時に本人に帰責性があれば、表見代理

といった保護規定があるので、そんなに不当ではないと考えます。

205 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 11:15:47 ID:???
キャバクラ嬢に全財産貢いだ挙げ句に振られた男が逆恨みして、そのキャバクラ嬢を強姦した後殺すつもりで、身動きをとれなくするために足を狙って拳銃を撃ったところ、弾が逸れて彼女を失血死させてしまった。
この場合、強姦の着手が認められれば、強姦致死罪になりますか?

206 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 11:30:50 ID:???
強姦するつもりで暴行(この場合拳銃の発射)を加えたら,
既にその時点で強姦の着手があるように思うんだけどなぁ。

場合によっては拳銃を向けた時点で着手かもしれない。

207 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 11:36:12 ID:???
>>205
強姦罪の実行の着手が認められれば、姦淫行為が未遂でも、
致死の結果を生じている以上、強姦致死罪は問題なく成立する。
そして、強姦罪の実行の着手時期は、反抗を著しく困難ならしめる手段としての
暴行の時点だから、拳銃発射という暴行で実行の着手が認められる。

殺人罪が成立して観念的競合となるかどうかは争いある(判例は肯定)。
その事例では早すぎた構成要件の実現が問題となる。
結論は殺人罪成立、観念的競合でよいだろう。

208 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 11:39:07 ID:???
強姦の着手であると同時に殺人の着手でもあるから殺人既遂と強姦致死の観念競じゃないの

209 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 11:40:00 ID:???
あ。
リロードせずに考えてたら既に

210 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 12:03:17 ID:???
そそのかしと教唆ってどう違うんですか。

211 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 12:19:58 ID:???
>>201
だからお前の珍説を褒めたたえろってか?
オナニー野郎がなめんな
自分のチンカスなめてろ

212 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 12:51:13 ID:jYA/Aa7b
金消契約ってなんですか?

213 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 12:59:25 ID:???
お金が消えてしまう契約

金銭消費貸借契約

どちらか

214 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:02:05 ID:???
Aさん(社長)の会社(零細)に従業員Xさんがいて
AさんとXさんが共同して会社の仕事をしていたところ、
Aさんのミスで第三者Yさんに損害を与えてしまいました。
この場合、Aさんが責任を負うのはともかく、Xさんも
共同不法行為者として責任を問われることはありえますか?
経済的には従業員さんに請求してもたいして意味ないでしょうけど
Xさんに対するいやがらせ的な意味で

215 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:11:10 ID:???
>>214

ありうるともありえないともいえる。
「共同して会社の仕事」が具体的に何なのかによるでしょ。

原告をY、被告をXと書くとなんかきもちわるいね。

216 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:15:04 ID:???
ナムナム
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      __       |>>211に小さな不幸が訪れますように
    /  ./\    \_____
  /  ./( ・ ).\       o〇       ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧         |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナムナム   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .(  ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr




217 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:17:40 ID:???
AさんのミスなのかXさんのミスなのかいずれのミスなのかわからない
と言うのならともかく
「Aさんのミスで」第三者Yさんに損害を与えてしまったのなら
Xさんは共同不法行為では責任を負わないでしょ



218 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:31:40 ID:???
>>217
A社長がもう高齢で普段からミスが多く従業員がフォローしないと駄目な状態であったところ
たまたま従業員の監督不十分?によってAのミス→損害発生となってしまった、
という感じです


219 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:42:44 ID:???
>>218
条文をもうちょっと意識してみ。

従業員に、Aのフォローをする義務があったのかどうかの事実認定が最初の勝負の分かれ目だろう。
そこが否定されれば、義務違反がないんだから不法行為になんてなりようがない。

次に義務があるとしても、Xに過失を認定できるかが分かれ目になる。
Xは自分のできる仕事をちゃんとやっていて過失を認められなかったら、不法行為になんてなりようがない。

更に、「共同」不法行為というなら、共同だと言えるような事情だって必要になる。
共同で仕事をしていたというだけでは不十分で、不法行為を共同していたと言えなければ不可。

それら3つをクリアできれば、Xの共同不法行為を認定できるだろう。

220 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:49:24 ID:???
719条1項後段使えば一発でしょ


221 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:53:43 ID:???
>>216
反論できないからAA張って荒らすしかないんですね。わかります。

222 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 13:54:28 ID:???
>>220
>>217

223 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 14:13:59 ID:???
>>210
問@
子供をそそのかす=良くない行動をするように、おだてたり誘ったりする
日常語との違いを意識して、下記文中の【 】内の語の意味をいえ。

霧のいと深きあした、いたく【そそのかされ】給いて、
ねぶたげなる気色に、うち嘆きつつ出でた給ふを、、(源氏、夕顔)

間接に変乱を【教唆】する。(諭吉、福翁百余話)
                        参考 大辞林 by R


224 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 14:35:44 ID:???
【教唆とはなにか】
刑法学上の大問題。(教科書の定義をしっかり憶えよ)
特別法では、
煽動、あおり、そそのかし
という言葉が、しばしば用いられる。
それらは教唆未遂を特別罪として処罰するための構成要件。
                      by R

225 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 14:46:30 ID:???
>.224
おれ質問者じゃないが
目からうろこです。ありがとう。

226 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 14:51:35 ID:???
お礼を言うなら
ワシでなく佐伯博士に言ってくれ。
刑法講義(総論)のパクリね。
この機会にオンデマンドで注文してね。

227 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 15:06:00 ID:???
自演すんな

228 :氏名黙秘 :2010/03/19(金) 15:29:26 ID:???
供託に関する質問です。
債務者が供託すると、債務は消滅しますよね?
供託の取り戻しによって債務が復活するというのはこの意味ですよね?

しかし通常は、債務は一旦消滅すると確定的に消滅するのが原則なのに
なぜそもそも取り戻しなどという制度があるのでしょうか?

供託→債務消滅→免責

の→の部分に、それぞれタイムラグを観念できるのでしょうか?
内田先生の本では、具体例が全くないので、さっぱりイメージが湧きません。
解説よろしくお願いします。

229 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 15:56:56 ID:???
>>224
質問者だけど、ありがとう。
ってことは、刑法では教唆って言葉が使われてるけど、国公法111条ではそそのかしって言葉が使われてるのは、そういうことなのね。

230 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:01:15 ID:???
あれ、リッツ君、更生したの?

231 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:11:06 ID:???
>>228
ぼくちゃんの持ってる我妻講義 債権総論〔453〕には

供託は弁済者の便宜をはかる制度と書いてる。
(気がかわったらとりもどせるのが当然や。)
供託によって債務が確定的に消滅するのは、
弁済者が取戻し権を失ったときだということになる。
と書いてある。誤解されるといけないから必ず全部よめ。
あと。学説の対立も書いてるわ。
ほんまに何回言えばわかるのかな〜〜〜〜
疑問がでたら、まず我妻をよめ。
プロになりたいなら
全巻変えよ。3万3千円でお釣りがくるわ。

232 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:16:35 ID:???
ついでにいうが供託法なんて勉強しなくても
制度の趣旨と健全な庶民感覚があれば
自分のあたまで答えが出る。とワシは考える。

233 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:27:35 ID:???
遡及効ある解除条件附消滅
遡及効ある停止条件附消滅
の二つあるとも書いてる。よんでね。かならず。おやくそく。

234 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:34:46 ID:???
〔454〕もよめよ。
取戻し権の放棄と見るべき場合な。

235 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:37:26 ID:???
結局全巻よむハメになるのね。

236 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:43:42 ID:???
だいたいやね。ワシが思うのは
コノスレは我妻講義の参照ページを
教えるスレじゃないんだよな^^^^。
初学者の質問がどういう
歯垢カイロ(←としより)から発せられたのかを洞察して
脳にあらたな回路をつくるのが目的なんだ。

237 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:46:28 ID:???
折角たくさんレスして教えてあげても、スルーされるリッツ爺
ワロスw

238 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 16:54:16 ID:???
あへあへ

239 :228:2010/03/19(金) 17:15:08 ID:???
我妻先生のは読んでもおそらく私には理解しきれません。
事例の書き方がわかりにくいので、買うのはやめたんです。
わかりやすい解説よろしくお願いします。

240 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 17:48:34 ID:???
>>239
まんがでおぼえる民法でどうじゃ、
おまえのお父さんが悪徳金融から借金していた。
いつまでもこんなことではダメだと思い
親戚から工面してやっとこさ返そうとしたが
どういうわけか金融業者が受け取らないので
しかたなく供託した。
そんなとき、バカ息子がD大のローに合格した。
けれど入学金がない。
債権者はまだ供託所でお金をうけとった気配がない。
お父さんはなにげなく2ちゃんをみて
これ幸いと、供託所からお金をとりもどした。



241 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 17:53:23 ID:???
つまり
供託=消滅
供託金を債権者がうけとる=消滅
どちらと考えるかだけのはなしや。

242 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 18:06:30 ID:???
必要的共同訴訟では、裁判所は口頭弁論を分離して終結し、判決することができない。

この根拠条文を考えています。
民訴40条に直接規定しているものはないですよね。

訴訟指揮権の制約根拠っぽいのは3項のような気がします。
でも藤田解析434頁では1・2項っぽい。
1・2・3項というのもありか?

と考えてわからなくなったのでどなたかご意見お願いします。

243 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 18:07:05 ID:???
そこで>>233

説明のための道具。

244 :242:2010/03/19(金) 18:12:56 ID:???
ちなみに藤田解析はこんな流れです。

遺産確認の訴えを固有必要的共同訴訟とみる

  ↓わけですから

訴訟審理における資料の統一及び訴訟手続の進行の統一を徹底することが求められます
(民訴40条1項、2項)。

  ↓したがって

当事者の一部が争わなかったとしても争っているものとみなして証拠調べを実施することに

  ↓なりますので

裁判所は弁論を分離・終結、判決をすることはできません。

245 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 18:43:27 ID:???
>>242
藤田なんか読んでるから
そういうアf0な疑問がでてくるんだ。このウスノロ。
民事訴訟ってなんだ。条文をつくるとしたら
どんな条文が必要か考えろ。

246 :228:2010/03/19(金) 18:55:45 ID:???
>>240 >>241
まんがでおぼえる民法ですか。
なるほど、それなら私でも読めそうです。

しかし結局以下のような「これ幸い」事案でないと取り戻しなどできないということですよね?
>債権者はまだ供託所でお金をうけとった気配がない。
お父さんはなにげなく2ちゃんをみて
これ幸いと、供託所からお金をとりもどした。

結局
>供託=消滅
供託金を債権者がうけとる=消滅
どちらと考えるのが正しいのですか?

247 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 19:05:40 ID:???
>>246
494条と496条をよく読んで考えろアフォタレw

248 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 19:14:58 ID:???
>>182
判例はどのような考え方をしているのですか?

249 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 19:37:32 ID:???
>>242
類似必要的共同訴訟の場合は、原則として各紛争ごとに特別の規定がある(破産法126条6項など)
固有必要的共同訴訟の場合は、実体法上の管理処分権の行使が共同してのみ認められるということから演繹して、共同訴訟人がそろわなければそもそも当事者適格が認められないことから、併合が強制されると考えることになる。
いずれも民訴法の条文からは当然には導き出されない。

250 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 19:40:19 ID:???
陪審制、裁判員制、参審制の違いがわかりません。
わかる方教えて下さい。
よろしくお願いします。

251 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 20:01:16 ID:???
ボッチャン出てきてくれ。
俺達にはお前が必要だ。

252 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 20:58:55 ID:???
期末試験で、以下のような○×問題が出たのですが、答えは×らしいのですが、何故×なのかが分かりません。
解説には苫米地事件を見れば×だとわかると書いてあったのですが、何がおかしいのでしょうか。

「最高裁判所は、衆議院の解散は、直接国家統治の基本に関する高度に政治性のある国家行為であり、
憲法第7条を根拠に行われた解散が違憲であるかどうかは、たとえ有効無効の判断が法律上は可能で
あっても、一見極めて明白に違憲無効と認められない限り、裁判所の審査対象とはならないと判断した。」

253 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:01:10 ID:???
>>252
どこのFラン?

254 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:02:25 ID:???
苫米地事件では「一見極めて明白に違憲無効と認められない限り」という留保をつけていない。
理論の問題ではなくて、判例知識の問題。
知ってるか知らないか。

255 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:04:40 ID:???
>>254
なるほど、日米安保条約の場合のような留保が付いていない訳ですね。
思い込みで見えていなかったようです。

疑問が解けて助かりました。ありがとうございます。

256 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:07:05 ID:???
>>252
>一見極めて明白に違憲無効と認められない限り、

ここが間違い。苫米地事件ではそんな留保はされていない。
その留保は砂川事件の判旨で述べられたフレーズ。


257 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:07:51 ID:???
もう遅い

258 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:13:07 ID:???
>>256
ありがとうございます。
ちょうど今、砂川事件も読んでいるところです。
何故区別されるのかが難しいですが、頑張って考えてみます。

259 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:20:24 ID:e+MneHZq
不可分債務と不真正連帯債務は実質的には同じものでしょうか?

どちらも、履行しか絶対効がありません。

260 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:20:47 ID:???
つか、砂川は統治行為論採用されてるかも疑わしい。

261 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:32:03 ID:???
>>250
この質問、最近まったく同じのあったでしょ。
うちのだんなが答えてたわよ。
ぐぐっちゃってね。
最高裁判所→裁判員制度→Q&A→
これで完璧、表になってる。

それなのに
このあとbocchanとかいうオッサンがしゃしゃりでてきて
ぐうだぐだカイトウしてたでしょ。

                パート、K.かおり

262 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:39:04 ID:???
やっぱり、だれかさんみたいに、
毎晩、寝る前に 芦部憲法を1ページよみ。
学校の食堂ではラーメンの汁とばしながら
シヤケ他「憲法判例」を17回読むべきだな。

263 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 21:46:59 ID:???
苫米地も有名になったね。
漢字が読めない人いたけれど、
いかがわしい脳科学者がでてきて。

264 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 22:02:23 ID:???
>>259
マルチすんじゃねーよ低学歴w

265 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 22:04:49 ID:???
せんべいちじけんですか

266 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 22:12:51 ID:???
>>265
おしいな
「せんまいち」事件だよ

267 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 22:57:58 ID:???
>>259
前者は一つの債務、後者は複数の債務。

268 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 23:24:28 ID:???
>>259
実質的って、そもそもなんや。
おまえ前田に洗脳されてるから
コノスレ信用せずに、マルチしてんだろ。こんにゃくやろう。

269 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 23:28:36 ID:???
>>266
おしいな
「コマネチ」だろ。

270 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 23:33:32 ID:???
>>259
民法案内で我妻先生に教えてもらえ。

271 :氏名黙秘:2010/03/19(金) 23:36:15 ID:???
>>269
なんかインパクトある。
口述できかれて
ポロット口から出そう。

272 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 00:01:03 ID:???
>>267
正解です。合格者の方ですね。わかります。

273 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 00:58:25 ID:???
ただの二流ロー生です。わかって下さい。

274 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 01:00:01 ID:???
>>261さん、ありがとうございますm(__)m

275 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 01:50:17 ID:???
>>192
病院戻れ

276 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 09:00:32 ID:???
トマトにマヨネーズとおぼえておけ。
苫米地=「トマヨネージ」 
アイヌ語で静かな沼地ぐらいの意味かな?
クラスのみんなにも教えてやってくれ。
ところで>>255
きみは判例集持ってないの?読んでもわからなかった、、
まあそれはよいとして、しっかり勉強し給え。
ついでにまめ知識な。
日本には10年ほど前までこんな法律があった。
北海道旧土人保護法

277 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 09:09:50 ID:???
>>259
おまえ、
もしかして
予備校本の表を丸暗記してるだろ。


278 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 09:22:21 ID:???
予備校本の表をつかわなくったて
我妻講義や佐伯講義にも
表が載ってるんだよ。
佐伯講義の表を今日中に
もってない人のために公開してやる。
今日はお彼岸で四天王寺いってくるから
いそがしいんや。
釣鐘まんじゅう+せんべい+おはぎ
で頭の中いっぱい。


279 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 09:54:18 ID:???
278↑ワシのにせもの

280 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 10:58:58 ID:???
bocchan

281 :ザーメンマン:2010/03/20(土) 14:00:25 ID:???
>>277
答えが出てることグチグチゆうなカス。

282 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 14:22:43 ID:???
>>281
はぁー?答えでてないじゃんw

283 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 14:35:40 ID:???
でてない。

284 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 15:40:02 ID:???
>>259
ぜ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん、ぜん。
違うから用語も違う。
鳴門金時とじゃがりこ
ぐらい違う。

285 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 15:41:03 ID:???
浅田真央と今くるよぐらい。

286 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 15:47:36 ID:???
何が違うかは言ってあげないのね

287 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 15:57:15 ID:???
学問には坦々たる大道はありません。
そしてただ、
学問の急峻な山路をよじ登るのに
疲労困憊をいとわない者だけが、
輝かしい絶頂をきわめる希望をもつのです。
マルクス『マルクス 資本論』(一)



288 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 15:59:31 ID:???
違いのわかる男になれ。

289 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 16:00:53 ID:???
一に稽古、二に稽古。
土俵の鬼になれ。

290 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 16:21:17 ID:???
>>284
お前同志社のアフォだろ
具体的な違いを教えろクズ

291 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 16:38:02 ID:???
それは同志社のアフォじゃない。
鳴門金時で馬脚を現した。
うぇるかめで有名になった
徳島工業大学だろ。

292 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 16:39:12 ID:???
徳島工科大学な。

293 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 16:44:56 ID:???
不可レスと不真面目レスのちがい。

294 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 16:56:27 ID:???
不可分債務は不可分債権と表裏の関係ではない。
ここを押さえておかないと話にならない。
つぎに
質問君は
請求のほうも考えてちょんまげ。



295 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:01:52 ID:???
>>294
不可分債務と不真正連帯債務の違いを聞いてるんだろ
ウンコたれw

おまえも同志社か・・・

296 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:06:36 ID:???
>>295
不可分債務で債務者が3人いたら
それが=連帯債務だとでも思ってるんだろ。
ドアフォ。

297 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:10:01 ID:???
295のおまえこそ
同志社だろ。ベンジョバチwww


298 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:12:55 ID:???
>>296
答えられないなら黙ってろよw

299 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:16:21 ID:???
>>297
あなたも同志社ですか。わかります。

300 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:19:50 ID:???
同志社も立命館も京大の植民地であることに変わりはない。
どちらも目糞・鼻糞。

301 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:20:02 ID:???
不可分債務でも一人に対する催告解除は無効
こんな見出しが民法案内にあるよ。
上のほうで
ワシが土俵の、、、
と書いたのは深い意味がある。
同じ土俵にあがれないものを
比べてはいけないってことだ。

302 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:22:01 ID:???
同志社には白川静はいない。

303 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:52:02 ID:???
そうだね

304 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 17:54:11 ID:???
>>301
おまい脳に蛆わいてるだろ
不可分債務と不真正連帯債務の違いを端的に指摘しろよボケナスw

305 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 18:21:04 ID:???
債務の数が違う。

306 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 18:22:40 ID:???
不真正連帯債務という言葉は将来使用されなくなるでしょう。

307 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 18:24:45 ID:???
ぼくちゃんは立命館OBの
おしんのように
大根めし
たべて勉学にはげむんだ。


308 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 18:26:31 ID:???
OBって、女子でもOB?
帯しめるからかな?

309 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 19:00:37 ID:???
>>305
そんな説聞いたことねーぞ
誰の説だよw

310 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 19:37:38 ID:???
>>309みたいな馬鹿がいるからダメになったんだな

311 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 19:50:44 ID:???
効果については基本的に同じということでいいのかな

312 :bocchan:2010/03/20(土) 20:02:30 ID:???
何かありますか?

313 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 20:26:45 ID:???
>>310
「不可分債権関係は、その主体の数に応じた多数の債権及び債務である」
「三個の債務がある」
我妻債権総論397頁

人を馬鹿にする前に、誰が「債務の数が違う」っていってるか言ってみろよ
ボンクラw

314 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 20:48:32 ID:???
>>312
このスレで自演して珍説をほめたたえるバカどもをどうにかしてください

315 :氏名黙秘 :2010/03/20(土) 21:12:21 ID:???
こんなクソスレで質問してるヤシってホントバカだな。
条文嫁とか
自演とか
まともな答えなんて何一つないのにな。
こいつらのおかげで俺は答える気なくしたよ。
同じように見られるからな。

316 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:15:17 ID:???
>>313
我妻が受講した春木先生のローマ法の講義で。
ケルラー、リッペントロップス、テオリーというドイツ普通法時代の学説。
連帯債務には1個のものと数個のものがある。
民法案内をよめ。by R


317 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:18:58 ID:???
言っておくが、>>267 はワシじゃないからな。

318 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:23:05 ID:???
>>316
俺が我妻引用した意味もわからない爺は消えろ
ここは司法試験スレだってこと忘れんなよ

319 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:26:31 ID:???
>>315
初学者の方ですね。わかります。

320 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:29:46 ID:???
>>316
日本の現行法の解釈をしてくれよ爺w

321 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:34:58 ID:???
>>246
おそくなったが、我妻講義 債権総論〔459〕か
シオプラよめ。
供託が錯誤によった場合
供託原因が消滅した場合

322 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:43:20 ID:???
>>321
ねえねえ、リッツ君は受験生ではないんでしょ?
なんで、このスレに粘着してるの?
寂しいの?

賢い人の回答なら誰でも構わないんだけど、リッツ君の解答はちょっとねー
需要ないと思うんだけどな

323 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:49:13 ID:???
シオプラは良い本だが、ところどころ
スコーンと穴があいてる部分がありますよね。
条文をよめば、そのまま解るとことか、
沿革とか、古い学説とか、理論的説明とか
そんな箇所は
我妻講義で完璧に述べられてる。
ゆえに、潮見は我妻をよんでくれることを期待してる。
潮見が論文、口述できくのは
シオプラでは詳しく書かなかった部分
うまり我妻講義を読んでないと答えられないもの。
 by R

324 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:52:58 ID:???
今日、いつものように
NHKラジオ「漢詩をよむ」
をきいてたら
唐の時代には
70歳こえてキャリア試験に合格した人がいたらしい。

325 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 21:59:54 ID:???
ちょっと、ちょっと、、男女差別も年齢差別もだめよ。
汗臭い男ばっかりで空気きたな〜〜〜〜い。
女子でコノスレ参加してるのは
K.かおり と
うち
のみ。

326 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 22:06:18 ID:x/6Z297h
>>315
今時ヤシなんていう奴いるかよ。
あとこのスレでは初学者の答えは聞いてないから。
君は出ていって

327 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 22:15:50 ID:???
ヤシってなーに?
教えてエロイ人w

328 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 22:18:14 ID:???
シテイ教科書で
シテイのきずなを深めよう。

329 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 22:46:29 ID:???
べテは弊害だな

330 :氏名黙秘:2010/03/20(土) 23:30:21 ID:???
フレンドリー

331 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 02:43:06 ID:???
佐伯の表マダー

332 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 03:39:21 ID:???
468条1項の異議をとどめない承諾について債務承認説をとると、意思表示
ということですので、異議をとどめない承諾について錯誤無効ということも出
てくるのでしょうか?

333 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 05:08:54 ID:???
そうなってきちゃうよね

334 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 07:03:47 ID:???
あれ、結局連帯債務と不可分債務の違いはないってことになったの?

335 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 07:59:16 ID:???
仲良く

336 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 08:57:39 ID:???
>>334
あるけど教えてあげない

337 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 09:44:02 ID:???
ツンデレ

338 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 10:10:00 ID:???
違いは教科書に書いてある
馬鹿はイラナイから

339 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 10:38:41 ID:???
うちはこれから法律のお勉強を始める女子です。
基本書スレ、新刊。増刊スレなどで推薦されてる本を
ヒッシでよめば立派な法律家になれるでしょうか?

新学期前になるとこういった質問がよくある。
ワシが答えるとすれば
それらの本は道具にすぎない。
料理人の包丁も使い方を誤れば凶器。
法律の心や正義感といったものは法律書以外からも学べる。
学生時代の読書ノートをみると
3月21日 「昆虫記」第19分冊 107Pより 
 先々のことをほとんど考えない法律は、、、、、、、

などが達筆でメモってあった。


340 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 10:58:34 ID:???
NEXT

341 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:02:14 ID:???
__________________________________
   | 陰 謀 予 備 未 遂 単独既遂 共同正犯 教唆犯 従 犯
__________________________________
外患罪   ○   ○   ○   ○    ○    ○   ○
放火罪       ○   ○   ○    ○    ○   ○
殺人罪       ○   ○   ○    ○    ○   ○
傷害罪               ○    ○    ○   ○
侮辱罪               ○    ○ 
窃盗罪           ○   ○    ○    ○   ○
__________________________________
    佐伯千仭 刑法講義(総論)より、縦→横に

342 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:03:25 ID:???
キタネ〜〜〜〜、ぐにゃぐにゃ。

343 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:06:28 ID:???
だれかなおしてくれ。

344 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:09:36 ID:???
本邦初か、図表で回答。

345 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:39:00 ID:???
このスレは侮辱未遂
多いよね。
バカレスをみて甲を侮辱したつもりが
実は乙のレスだったとか。


346 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:43:31 ID:???
____________________________
   | 陰謀 予備 未遂 単独既遂 共同正犯 教唆犯 従犯
____________________________
外患罪--○----○---○------○-------○-------○----○---
放火罪--------○---○------○-------○-------○----○---
殺人罪--------○---○------○-------○-------○----○---
傷害罪-----------(暴行)----○-------○-------○----○---
侮辱罪---------------------○-------○------------------ 
窃盗罪-------------○------○-------○-------○----○---
____________________________
    佐伯千仭 刑法講義(総論)より、縦→横に

347 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 11:57:27 ID:???
>>346
おーすばらしい。ビューティフル、ブリリアント
デリシャス、ジューシイー、ジャガリコチック
あなたは親切なお方だ。感謝しますよ。

348 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 13:11:04 ID:???
>>334
不真正連帯債務は連帯債務の絶対効を被害者保護のために制限したもので
実質的な効果としては不可分債務とあまり変わらないが
不真正連帯債務では債務者間の主観的共同が弱いので
債務者相互間に求償関係が(当然には)発生しない。

349 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 13:37:00 ID:???
それで↑?質問者はそんなことは
承知の上で訊いてるんだよ。

350 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 13:46:16 ID:???
>>259は「どちらも履行しか絶対効がないが違いは何か」ときいているので、違いを端的に摘示すべき

351 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 14:19:47 ID:???
だから請求のほうから考えてみよといってるやろ。
このこんにゃく野郎。

我々人間の中の一番愚かな者からさえ、
動物の知らない崇高な悩みである
「なぜ?」
と問いが浮かび上がってくる。
 
昆虫記より

352 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 14:35:31 ID:???
そもそも履行しか絶対効がないというのもようわからんわ。
ワシには。

353 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 15:30:32 ID:???
不可分債務は一つの債務、不真正連帯債務は複数の債務。

354 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 15:36:00 ID:???

ワシの考えね。

355 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 15:55:35 ID:???
↑ちがう。ワシは言ってない。


356 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:12:25 ID:???
267 :氏名黙秘 :sage :2010/03/19(金) 22:57:58 ID:???
>>259
前者は一つの債務、後者は複数の債務。

以上のように既に優秀なロー生の方が端的に違いを指摘してくださいました。
話を蒸し返さないで下さい。


357 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:15:49 ID:???
>>355
自演すんな。爺。

358 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:18:06 ID:???
不可分債務とは
多数の債務者の中の一人が履行すれば全債務者の債務を消滅させる。

つまり債務が複数あるということ。

これはどの教科書でもかいてある。(ワシ)


359 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:19:52 ID:???
給付が一つ(不可分)ということと
債務がひとつということはちがう(ワシ)

360 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:27:11 ID:???
そこで、不可分債務は複数の債務で、不真正連帯債務は一つの債務である(ワシ)

361 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:30:50 ID:???
>>360
↑ワシではない。

362 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:31:56 ID:???
詳しくは>>316を参照してちょんまげ(ワシ)。


363 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:34:24 ID:???
360が偽ワシである証拠
@359で
ひとつ
とかいておいたのが
本物のワシの用意周到なところ。
おまえひっかかったな。
一つ
ってかいてやがんの、ばか。

364 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:36:37 ID:???
362もにせワシ
316は本ワシ
あくまで参考資料。

365 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:39:46 ID:???
以上すべて偽ワシの自作自演。

不可分債務も不真正連帯債務も一つの債務である。

これが、本物のワシの考え。

366 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:39:51 ID:???
362がニセワシである証拠
( )のあとに 
 。がついてる。

367 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:42:02 ID:???
>>366
涙拭けよw

368 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:43:24 ID:???
365はニセワシ。である が証拠。
本ワシは である 言葉をきらっている。
中里介山のです。ます。がすきです。
と前にかいておいた。

369 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:47:08 ID:???
>>368
不真正連帯債務は一つの債務だ。
民法案内読め。by R

370 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:55:52 ID:???
369
おいおまえ
ニセワシ
ふざけるな。
それはドイツ普通法時代の学説だと前に書いただろ。
民法案内には
不真正連帯債務、、、数個の債務、、、
の記述がある。

371 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:56:00 ID:???
リッツ爺さんが、ごちゃごちゃ言ってるけど、結局、結論としては、

不可分債務は一つの債務、不真正連帯債務は複数の債務

でいいよね?

372 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:57:14 ID:???
371くん
退場してくれ。

373 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 16:58:44 ID:???
>>370
ねえねえ、何でそんな大昔の外国法の話をしてるの?
試験に全く関係ないよー

374 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:01:49 ID:???
しつこいようだが、不可分債務は複数の債務で、不真正連帯債務は一つの債務である。
by R


375 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:06:17 ID:???
374
ニセワシ

今後、本ワシは別の一人称を使う。

376 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:08:22 ID:???
新刊、増刊ではローマ法やってるし、
基本書スレでは弁護士法ですよ。

377 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:12:54 ID:???
>>375
本ワシだとかニセワシだとか、おまえ頭のネジが外れてんじゃねーか?

378 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:19:54 ID:???
不可分債務は一つの債務で、不真正連帯債務は複数の債務でしょ。
K.かおり 

379 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:29:19 ID:???
378
おまえが本物なら
かおりが2番目にすきな歌の題名をいってみろ。
いわゆるヒット曲じゃないぞ。
3分以内に答えろ。
ヒント あ のつく歌だ。

380 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 17:43:15 ID:???
できなかったみたいだな、、、

381 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 18:14:34 ID:???
NEXT

382 :K.かおり:2010/03/21(日) 18:43:42 ID:???
リッツ爺とかいうおじいちゃんがわたしに粘着してるようですが、気持ち悪いのでやめていただけませんか?
正直迷惑してるんです・・・


383 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 19:14:23 ID:???
不可分債務も連帯債務も複数の債務。
内田民法V第三版 P369

384 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 20:45:23 ID:???
>>356
債務という抽象概念として一個か数個かという違いだけであり、
債権者が何を請求でき、債務者が何をすべきか、
という実質において何ら違いはない、
との理解でよろしいのですね?

385 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:14:31 ID:???
【読書ノート】
「なにをぐずぐずしてる」という、はっと気がついて
「お星様をみてたんです」というのをききもせず
「ばか。星っていえ」とどなりつける。ああわれな人よ。

兄はなぜこうわけもなく腹を立てるのかと思ったら私が、
 どうして汽車が動くか 
を質問しないためにきげんが悪いのであった。 「銀の匙」より

ハットきづいた。コノスレで機嫌が悪いひとの気持ちが、、、

「実質において違いはないと言え」
「もっとおれの答えられる質問をしろ」

と言いたかったんだら、アフォ。



386 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:19:55 ID:???
>>384
だから、まえにも書いたが
実質ってどういう意味?

387 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:23:39 ID:???
>>384
その理解でいいです。

388 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:23:47 ID:???
債権者が実際には誰から何円取り立てうるのか、という経済的実質です。

389 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:25:27 ID:???
>>387
ありがとうございます。

390 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:37:15 ID:???
まあ、質問者本人がええかげんな答えで納得したんだから、
これ以上どうこう言っても、、つかれるだけ
さっさと、つぎいきましょ。



391 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:42:07 ID:???
質問です。
借地借家法ができる前の借地法、借家法が適用される場合がありますが。
頭が混乱するので
無視して勉強しても良いでしょうか?

392 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:43:17 ID:???
ワシの答をもう一度書いときますかな。

不可分債務は一つの債務で、不真正連帯債務は複数の債務。
経済的実質において、両者に実質的な差異はない。

393 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:43:24 ID:???
とりあえず旧法を無視ね。
いいんじゃない。

394 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:45:05 ID:???
392はニセエロジジイです。

395 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:47:24 ID:???
>>391
借地法、借家法のいずれも現役バリバリです。
両方勉強した方がよいです。

396 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:48:59 ID:???
PARIPARI?BARIBARI? 目がわるいもんで。

397 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:50:03 ID:???
試験にでますか?

398 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:51:15 ID:???
>>396
自分のザーメンを目薬代わりにすると、視力が回復しますよ
ほんとは教えたくない裏技なんですが、あなた特別です

399 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:54:34 ID:???
>>397
試験対策なら、借地借家法だけでもいいかもしれませんね
ただ、借地法、借家法をしらないと実務では大恥をかくことになるとおもいます

400 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 21:55:49 ID:???
>>397
絶対でない。

401 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:01:25 ID:???
>>397
おまえとこのぼろ家、昔に土地かりてんだろ。
近いうちに立ち退き要求されるぞ。
親はまず自慢の息子(おまえ)に相談するぞ。


402 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:05:49 ID:???
民法案内に
我妻が1年の夏休みに米沢に帰ったら、
さっそく、近所のひとが借地借家の法律相談にきたと書いてるよ。
きみも
どっちみち
イナカッペ大将
なんでしょ。勉強しとけよ。

403 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:11:03 ID:???
でも、シオミ黄色には旧法の説明なかったような。

404 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:11:53 ID:???
ワシもオンボロアパートの立ち退きを要求されて困ってるんだよ。

405 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:12:11 ID:???
>>403
きみはよいところに気がつきました。
だから試験にでない。

406 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:14:23 ID:???
新試の試験範囲はどっかにかいてますよね。
たとえば海商法はでないとか、法律でしたか?

407 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 22:21:48 ID:???
404は追放だな。ニセワシめ。

408 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 23:17:18 ID:???
ワシもう寝るわ。オムツどこだっけ。

409 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 23:18:36 ID:???
試験範囲としては借地法・借家法は勉強しないでもいい。
ただし、少なくとも「借地法、借家法が適用される場合がある」こととは熟知しておくべき。
そして、合格して実務家になったら、借地法、借家法を勉強しておくこと。


410 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 23:36:24 ID:???
すいません…。他学部で独学で勉強しているので、
本当に基礎的な質問になってしまいますが、どなたか教えてください。
他人物賃貸借は、例えばA所有の物をBがCに賃貸しているとして、
この場合、AはBがCに賃貸していることを承諾しているものととらえるべきなのでしょうか?
それとも、AはBがCに賃貸しているのを知らないとみるべきなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。


411 :氏名黙秘:2010/03/21(日) 23:38:53 ID:???
>>410
発想が逆。
承諾しているかどうかは最初の舞台設定の話。つまり、前提の話。
他人物賃貸借をしているからどうこうという話ではない。

他人の物を貸していればそれだけで他人物賃貸借なんだから、
承諾しているかどうかなんてそれだけじゃ決まらないっしょ。

412 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 00:15:51 ID:???
410です。
よく基本書では「〜で、他人物賃貸借の場合には認められない。」などの記述が
あるのですが、どちらを前提とすればよいのかなと…。

413 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 00:27:01 ID:???
>>412
そもそも無関係。

414 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 00:32:16 ID:???
上の方で法律の議論してるのに
経済的に同じだから
と言ってるひとがいましたね。
質問者は大いに納得していましたが、
このひとは一体なにをききたかったのでしょうかね。
実質的に同じ
という言葉を使用していましたが
この言葉こそ
直感的思惟方法の典型だと拙者は思う。


415 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 00:46:45 ID:???
たしかに
不当利得制度も不法行為制度も実質的に同じといってるようなもので
法律の議論になってないよね。

416 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 00:49:44 ID:???
>>414には賛同できても、>>415には賛同できないという不思議。

417 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 00:51:41 ID:???
>>415
お前のいう「法律の議論」ってのは何なんだよ
それを明らかにしない点で>>414の指摘がお前にも当てはまるんじゃねぇのか
言葉をムードで使うなってこったろ

418 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 01:11:33 ID:???
さすが中上級者の皆さん方ですね。
レベルの高い議論についてけません。ハイ。

419 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 04:12:44 ID:???
>>416
横だが
「法律の議論」とは
「誰が、誰に対して、何に基づいて、何を請求できるのか」
「誰が、何に対して、何に基づいて、どのように支配できるのか」
を明らかにすることだね。

「AはBから100万円を得られる」としても
それが、民法709条なのか、はたまた貸金なのか、贈与なのか、売買代金なのか
きちんと整理することが「法律の議論」になる。


420 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 04:53:18 ID:???
>>419
そんな話ではないだろ。
>>414とか>>417は、「実質的に」という言葉は、その内容を明らかにしなければ直感的な意味しかなく、論理的な推論過程において意味を持たない(か弱い)という指摘だろ。
たとえば、「実質的に」とか「次元が異なる」とか「不意打ち防止」といったワードはそれぞれ意味がある言葉だけれども、その中身を指摘しないままにそれらのワードを使っているケースは不合格者答案に多い。
論理過程・思考過程を示すには、なぜ「実質的に」同じなのか等を示す必要があり、さもなければ法律文章としては極めて説得力がないという指摘だろう。
だから、>>414は、「実質的に同じだよ」と説明されただけで「納得しました」という反応をすることが理解できないということなんじゃないか。

仮にこのように考えると、>>414が「法律の議論」というのを思考過程を示すべきだという意味で使ってるならその通りだけど、
>>417の指摘は、それを「法律の議論」とかいう一見(直感的に)意味が通りそうだけれども実は意味のわからないワードを使うから、指摘された問題通りのことをやってしまってるということだろ。

まぁ、色んな読み方があるんだろうが、そのように読むと流れは一応わかるんじゃないか。
そして、>>419は関係ない話をしてるし、また「法律の議論」というワードが請求権云々の話であるという設定は無理があるんじゃない。
「法律の議論」ってのはもっと範疇の広い用語で、その実、中身が不明確なものだろ。

421 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 05:03:31 ID:???
思いがけず長文になってしまった。

俺も受験生だけど、再現答案なんかを読んでると、そこら辺は合格者と不合格者で差があると思う。
他に一義的に明確な表現があるのに、「実質的に」とか評価が混入しうる表現にとどまっていると、文章の作成者が何をもって「実質的に」同じだと考えたか理解できないことがある。
これが答案上何度も繰り返されると、思考過程が分からなくなるし、分かったとしても表現力はないなと判断されるんじゃないかな。
直感的な表現がマッチするような部分は、案外無意識に思考過程が飛んでることもあって、その辺は煎じ詰めて考えて、考えたことをそのまま表現しないと痛い目を見る気がする。

偉そうに長文書いてしまったけど、残り日数も50前後だから、お互いがんばりましょう。

422 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 07:10:32 ID:???
NEXT

423 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 07:51:00 ID:???
フレンドリー

424 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 10:13:23 ID:???
じゃあ結局
「S1、S2、S3はGに対し300万円の不可分債務を負う」

「S1、S2、S3はGに対し300万円の不真正連帯債務を負う」
という2つの場合で
Gが言えること、S1らが言えることに
どのような違いがありますか?

425 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 10:22:12 ID:???
>>333
回答ありがとうございます。

426 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 10:58:18 ID:???
>>424
ぼくちゃんも初心者ですが
ひとりに対する請求(催告)が全員に対する請求(催告)になるか
ならないかとかとか教科書にはたいてい書かれてますよね。
それで、あなたは
@不可分債務とA不真正連帯債務の実質的同一性?に拘ってられますが、
具体的にどういう事例を考えておられるのですか?
おなじケースなら比較できますが、そもそもありえるかもよくわからない。
異なるケースなら比較しても意味ないようなきもしますが。

427 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:02:17 ID:???
>>424
経済的には違いはない。
法律的には不可分債務に基づく請求か不真正連帯債務に基づく請求かという違いがある。

428 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:10:10 ID:???
>>426
のつづきですが
そもそも@とAを同じ土俵で論じることが
なんか変?って気もします。

429 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:23:38 ID:???
鳥類のかもめと冬の雷鳥はどちらも白い。
ゆえに実質的に同じ。
これはどういう意味があるんだ。

430 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:25:45 ID:???
そうだ

K.かおりの

「鴎の願い」でも聴いて、頭ひやせ。

431 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:33:28 ID:???
経済的に違いがないというのもよくわからんな。
実質的に同じというのに釣られてるだけなんだろうが。

432 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:39:44 ID:???
お金のことしか頭にないんでしょ。

433 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:42:17 ID:???
ぼくちゃんもわからんよ。
かもめもらいちょうも
焼き鳥にできるってことかな〜〜〜・
かもめさん、らいちょうさんがかわいそう。

434 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:49:56 ID:???
93条、95条に第三者の保護規定がなく、94条2項の類推、96条3項の
類推をは学説どまりであるやに聞いております。
しかし、95条の場合について、93条の場合よりも、テキスト等に詳しく解
説されるのは、内田先生の説だからなのでしょうか?


435 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 11:53:04 ID:???
代物弁済契約の性質について要物契約説に立った場合、
債権をもって代物弁済をするときの「物」とは何になるのでしょうか?

@債権証書
A債務者対抗要件の具備
B第三者対抗要件の具備

@だとすると、債権証書が存在しない場合にどうするのかという問題はありますし、
Bだとすると、不動産の場合(登記具備までする必要はない)との均衡上疑問です。
じゃあAかというと、債務者対抗要件をもって物の給付とする理屈の説明ができません。

436 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:03:05 ID:???
>>435
Bですね

437 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:06:28 ID:???
>>427
ありがとうございます。

438 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:08:27 ID:???
>>437
何故「要物性」を求めるのかっていう趣旨から考えれば当然に分かること。
説の外面だけ見て考えようとする癖は危険だぜ。

439 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:09:49 ID:???
能書きはいいから

440 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:09:59 ID:???
法務省のHPで昨年の論文試験の講評
みんなしっかり読んでくれよ。
ただ正解をチェックしてるだけではあかんよ。

基本的な問題の奥に存在するより高度な問題に気が付いて、
それにとりくむような答案には高評価を与える
というようなことがかいてあった。

拙者が上のほうで民法案内のドイツ普通法時代の学説を紹介したのに。
それをバカにしたやつは、まず落第だな。

441 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:11:01 ID:???
>>439
失せろ

442 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:20:01 ID:???
確かに

443 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:21:41 ID:???
kiraは説の外面だけ見て考えようとしていたのか
それでも口述まで辿りつけてしまうのがおそろしいな

444 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:31:23 ID:???
というか437と438がかみ合ってない

445 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:31:49 ID:???
>>435
不動産の場合でも、要物契約説からは登記完了まで必要だよ。
財産移転行為の完了をもって代物弁済契約の成立と考えるから。

もっとも、最近は契約の成立と債務の消滅を分けて考えようとする諾成契約説が有力なのは周知のとおり。

446 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:33:58 ID:???
趣旨から考えたらわかるとか、正直回答の体をなしてないな。
我妻の○○頁を読めというのよりもひどい。

じゃあお前が答えろよ、とかいうのはなしね。
>>445で答えてるから。

447 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 12:57:24 ID:???
>>435
債権の場合は、第三者対抗要件を具備した段階で
「弁済」としての効力が生じて,債務が消滅する。
債権証書があるときはその交付時になる。
これは、不動産において、登記完了が必要であることとパラレル。


他方で、「代物弁済の約束をしたから、その権利をよこせ」ということもでき
このときは、諾成契約にとらえているのもあるのは頭の片隅において置けばいい。





448 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 13:01:52 ID:???
債権証書の交付って民法改正で何の意味もなくなったんじゃなかったっけ?

449 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 13:43:48 ID:???
>>391

平成4年よりも前に建てられた建物には、借家法が適用される。
依然として、実務では非常に重要な法律だよ。


450 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 13:50:07 ID:???
なるほど、勉強になったぜ。
これで大仏様も安心だね。

451 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 14:20:18 ID:???
およそ何らかの悪い結果が発生し得るという
漠然とした危惧感を持ちながら質問します。
法科大学院の既習の民法の講義は学部の講義と
何がどう違うのですか?(ぼくちゃん)

452 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 14:41:28 ID:???
ラーメン店主甲がXを殺害する目的で、ラーメンに毒を入れ、従業員乙にX宅に車で配達するよう指示した。
ところが、乙がX宅前で前方不注意でXの幼い息子Yを轢き殺してしまった。

ラーメンに毒を入れ配達を指示した時点で実行の着手を認めた場合で、法定的符合説に立った場合でも、Yに対する殺人罪は認められないと思うんですが、どういう理屈でこれを否定するのでしょうか。
因果関係の錯誤?

453 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 14:57:44 ID:???
>>448
この世でおきる事にはすべて意味がある。
>>449

>>448
のレスね。代物と大仏をかけたわけじゃないよ。念のため。

454 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 14:57:52 ID:???
>>447
> >>435
> 債権の場合は、第三者対抗要件を具備した段階で
> 「弁済」としての効力が生じて,債務が消滅する。
> 債権証書があるときはその交付時になる。
> これは、不動産において、登記完了が必要であることとパラレル。

おまえ、頭大丈夫か?
債権証書の交付なんかなくても、債務は消滅するだろが

馬鹿のくせに、なんで偉そうなんだよwww

455 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:09:20 ID:???
>>447
ねえねえ、君、初学者なのに何で解答してるの?
スレタイ読めないの?

456 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:13:21 ID:???
>>452
きみ、どういう理屈もへったくれもないで、
ラーメンたべすぎちゃうん。(ぼくちゃん)

457 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:19:15 ID:???
>>452

Yの死については、実行の着手はないだろ。

実行の着手=「人」が毒殺される現実的危険性。

458 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:19:49 ID:???
>>452
発送時に実行の着手があるという見解では、Yに対する殺人既遂を認めざるをえない。
それが不都合だと考えるなら、到達時に実行の着手があるとすればよい。

459 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:22:29 ID:???
>>457
殺人罪の構成要件は毒を盛って殺すかバイクでひき殺すかを区別していない。

460 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:37:07 ID:???
実行の著手を到達時に求めたとしても既遂だよ(ぼくちゃん)

461 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:39:48 ID:???
ワシは過失致死罪の教唆犯が成立すると思う。

462 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:50:44 ID:???
460
461
おまえはにせぼくちゃん、にせワシだ。
ふざけんな。

463 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 15:54:36 ID:???
452くんは
えらそうに刑法の専門用語つかってるけど
意味わかってるのん?(本物ぼくちゃん)

464 :K.かおり:2010/03/22(月) 15:58:07 ID:???
>>462>>463
荒らし行為はやめなさい

皆さんが迷惑よ

465 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:00:32 ID:???
きゃー、前方不注意の交通事故で殺人罪、
びっくりニュース。実行の着手がどうのこうの
レスしてるやつもラーメンたべすぎ。(本物ぼくちゃん)

466 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:01:31 ID:???
>>452
>>457-459
事前評価ではなく、すべては『事後評価』
相当なものを抽出すればよいだけのこと。

467 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:04:43 ID:???
464
あんたが本物の
K.かおりなら
わたしのヒット曲で
【あ】のつく歌を30秒以内で4ついってみてよ。(本物K.かおり)

468 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:10:01 ID:???
>>466
賢いふりして、わけわからんこというなよw

469 :K.かおり:2010/03/22(月) 16:11:30 ID:???
>>465
しつこいわよ、おじいちゃん

あなた、気持ち悪いのよ

470 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:22:43 ID:???
質問者くんは
風が吹けば桶やが儲かる
って言葉しってるよね。


471 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:22:54 ID:???
>>452
殺人罪の構成要件は毒を盛って殺すかバイクでひき殺すかを区別していないが
Yに対する死の危険は、毒をもって、配達させた段階では生じていない。

最近馬鹿な奴が増えてるな。
春だからね。

472 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:26:44 ID:???
ほうていふごうがどうの、さくごがどうの、
着手がどうのというまえに
やるべきことは
教科書ひらいて
@因果関係の章をよみなおすこと。
Aラーメン食べ過ぎない事。(本物ぼくちゃん)

473 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:26:45 ID:???
>>468
ある犯罪類型について、このような行為がなければ○○罪にはあたらないという事前評価は必要ない。
判例という『定型性』を重くみる考え方もあるが、どのような行為が○○罪に該当するかどうかの判断は、『個別に』裁判官が良心と法に従い"判断する。

474 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:29:57 ID:???
>>472
因果関係論の問題じゃないだろ。
因果関係の有無は、既遂と未遂の問題になる。
余りに馬鹿すぎて話にならん。
明らかに実行行為論の問題。

475 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:30:25 ID:???
みなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん、473くんは
銀河系宇宙なんばー1のおばかちゃんですよ。(本物ぼくちゃん)

476 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:34:11 ID:???
474くん、頭だいじょうぶ?

477 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:40:06 ID:???
>乙がX宅前で前方不注意でXの幼い息子Yを轢き殺してしまった

甲の行為とYの死には因果関係はない。

478 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:41:55 ID:???
因果関係があるかないかも判断のつかないしょがく者は
因果関係から勉強しなおすこと。

479 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:49:06 ID:???
>>477
馬鹿発見
小学生からやり直せ

480 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:52:03 ID:???
>>473
何かひとりで悦に入ってるみたいなんですけど、頭大丈夫でちゅか?

481 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:53:37 ID:???
どっちもじゃないの?>因果関係と実行行為性

482 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 16:58:07 ID:???
>>481
かぜが吹いて桶屋がもうかったら
実行行為なんてかんけーねー。


483 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:02:27 ID:???
479くんは幼稚園からやりなおして。

484 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:05:38 ID:???
実行行為なんて事前に確定できないんだよぅっ
そこから外れたものは処罰できないから。

485 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:19:06 ID:???
因果関係は肯定できる。だからこそ、過失致死罪の教唆版が成立する(本物のワシ)

486 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:28:56 ID:???
検察官がAさんを在宅起訴したところ、AさんにそっくりなBさんが何故か出廷してきて、
Bさんに対して公判が進行し、証拠調べが終了したとします。

そこで初めてBがAではないことが判明した場合、裁判所はどういう対応をすれば
良いのでしょうか。

Aに対する起訴自体は正当なもので、検察官は表示上もその意思においてもAを
起訴していることから、Aについて訴訟係属が発生しているものの、そこから先の公判
手続きは全てAを抜きにして行われているものなので無効となり、結局は第一回公判
からやり直すのでしょうか。

487 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:45:44 ID:???
485はすでに使用をやめた
ワシの 偽者=本物のワシ というにせもの
だいたいやね。
きみがタクシーの運転手に京都駅前まで行ってちょんまげ
と言って、途中で交通事故おこしたら
きみが教唆犯になるの?
ふざけんな。
こんなのに因果関係があるとか、着手がどうだとか
まったく^^^^^。



488 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:59:23 ID:???
検証調書に入っている被告人が犯行を再現している状況を写した写真が、
単独で「動作供述の記録された供述調書」として322で伝聞例外になることは
ありうるのでしょうか?

機械的記録で、不利益な内容ですから、あたりそうに思います。

489 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 17:59:31 ID:???
>>486
Yes,sir


490 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:03:56 ID:???
んで、Bについては公訴棄却だな。
確かにBは起訴されていないが、出廷して証拠調べ等々をやってることから
訴訟係属を認めて、手続き違反で338を準用して公訴棄却する。

491 :bocchan:2010/03/22(月) 18:04:03 ID:???
何かありますか?

492 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:06:24 ID:???
>>488
普通はない。
なお、322条による伝聞例外に当たるというためには、
何よりも「被告人の署名・押印」が不可欠になる(これは非常に重要)。
多くの検証調書では、これを欠くので、322条でも伝聞例外にならない。


493 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:06:58 ID:???
>>492
写真だから署名押印は要らないのではないかと考えました。

494 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:12:34 ID:???
>>493
写真だろうが不可欠だよ。
その写真が「犯行再現である」ことの承認は
被告人による肯定確認(署名・押印)が不可欠になる。

写真のみでは、「被告人が、捜査段階で、犯行再現を行っていた事実」
までしか立証できない。

495 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:13:56 ID:???
>>487
きみは憲法から勉強しなおしたほうが良いな。


496 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:18:03 ID:???
>>494
なるほど。
とすると、ビデオテープでは署名押印が要らないのに、写真だと必要になるのは何故なのでしょうか。
伝聞性の解除という意味では同じことだと思うのですが。

497 :bocchan:2010/03/22(月) 18:28:46 ID:???
犯行再現写真には、署名押印は不要ですよ。二重の伝聞性がないからです。

498 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:29:07 ID:???
>>496
ビデオテープというのは、それ単体で「供述」としての意味を持つでしょ。
テープを再生すると、話すわけですし、一連の動きをします。

ところが、写真は、そうではなく、ある場面場面を写した物に過ぎません。
その意味で、ビデオテープと同列にとらえることはできません。

検証調書における「犯行再現写真」も、写真を説明する部分がなければ意味がないのです。

499 :bocchan:2010/03/22(月) 18:33:15 ID:???
>>498
最高裁の判例を無視した考えですね。犯行再現写真に署名押印は不要です。

500 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:34:01 ID:???
>>496
というか、犯行再現写真は「供述」といえるのか、ということだね。

犯行再現写真を「これは322条で証拠採用してください」というとき
「被告人の供述内容」をどのようにとらえるの?
そこでは、被告人は何もしゃべってないんじゃないの?
その犯行再現から「被告人はこのように供述している」という内容を引き出すのは
余りに無謀な話でしょう。



501 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:34:51 ID:???
>>499
その最高裁判例を摘示して。

502 :bocchan:2010/03/22(月) 18:35:32 ID:???
検証調書あるいは実況見分調書を見たことありますか?刑事訴訟実務の講義かなん
かで見ることがあると思いますが、写真の下には供述が書かれているのではなくて
写真のタイトルが書いてあるだけです。例えば「被告人が被害者を刺した状況」とかね。

503 :bocchan:2010/03/22(月) 18:37:43 ID:???
平成17年09月27日

504 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:40:10 ID:???
問題となっている判例は、実況見分調書内の犯行再現写真について
「321条3号と322条の両方を充足する必要がある。
ただし、肯定確認は不要」というものだよね。
あくまで、実況見分調書添付のもの。

質問者は、それを指しているのか、写真だけを指しているのか
それが不明確なんだけど。

505 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:40:19 ID:WD2HF/Ig
>bocchan先生
>>452をよろしくお願いします。

506 :bocchan:2010/03/22(月) 18:41:31 ID:???
>>500
人が知覚・記憶した事実を言葉によって表現するのか?それとも、動作によって
表現するのかの違いがあるにすぎません。犯行再現写真は、被告人が知覚し、記憶
したことを言葉ではなくて動作で表現しているものですから、供述証拠ですよ。

507 :bocchan:2010/03/22(月) 18:43:45 ID:???
>>504
署名押印が不要なわけです。実況見分調書添付のものの写真部分の話ですよね。
写真以外のところについては、322条だけでOKなわけですから。写真部分を供述
証拠としてみるわけですから、その部分の伝聞例外を検討する必要があるわけです。

508 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:46:00 ID:???
>>506
それは、実況検分調書添付の写真について行っているんだよね。

質問者は、どうも、犯行再現写真そのものを取り出しているような気がするんだけどね。



509 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:51:42 ID:???
ちなみ、質問者が、実況検分調書添付の写真についての証拠能力ではなく
その写真単体で322条を適用できるのか、と考えてると思うのは

>>488
犯行を再現している状況を写した写真が、『単独で』
と質問しているからなんだよね。

だから、>>506,507のようには考えられないと思うのだけど、
質問者がどっか行ったから、確認取りようがない。

510 :bocchan:2010/03/22(月) 18:52:55 ID:???
>>506
実況見分調書の添付の写真が「犯行再現写真」でしょう。実況見分調書に添付
されていようがいまいが、要証事実との関係で「動作によって知覚・記憶したことを
表現している」以上、それは供述証拠ということになりますよ。

511 :bocchan:2010/03/22(月) 18:55:12 ID:???
>>505
因果関係がまったくありません。

512 :bocchan:2010/03/22(月) 18:56:55 ID:???
>>509
実況見分調書に添付されているか否かによって「犯行再現写真」の取り扱い
が変わるのでしょうか? 結論からいうと変わりません。ただ、実務上において
実況見分調書に添付されていない写真が証拠になるというケースはあまり考えられ
ませんがね。

513 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 18:57:02 ID:???
>>510
その「動作により知覚・記憶したことを表現したこと」と
「犯行の再現」であることを結びつけるのが
実況検分調書だと思うけどね。

変な話、写真だけ取り出しても、それが一体なのを意味するのか
「説明」が不可欠でしょう。

一般的に観て、人を刺している動作だとして
「それを要証事実との関係で、犯行の再現である」といえるかなんです。

だから、実況検分調書や供述調書に添付され、その説明により
『犯行再現』といえる場合に、先の最高裁判例の問題になるのは認めます。


逆に言うと、実況見分調書に添付されていないことになる写真
(質問者は、それゆえ『単独で』と質問したのでしょう)については
まだ何ともいえないと思いますけど。

514 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:00:56 ID:???
>>512
悪いけど、実況見分調書に添付されているか、されていないのか
それで取り扱いが異なって当然でしょう。
あなたは、先ほど最高裁判例を引っ張りだしましたが
その点について、「扱いは異ならない」という判例はあるのですか?
無いでしょう。
そして、実務で、実況検分調書に添付されてない写真が証拠になるケースがあまりないのは何ででしょう?
それは、それを供述調書とできないからではないですか?

それ以上に、証拠として写真を提出して、それを「供述調書」として扱え、とできますか?
同意不同意の問題になるんですか?
それは、物証であり、「供述」ではないと思いますよ。

515 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:04:43 ID:???
>>514
とりあえず、あなたが中上級者ではないことはよく分かりました。

516 :bocchan:2010/03/22(月) 19:04:59 ID:???
いえ、まったく最高裁の判例を理解していませんね。

先ほど言ったとおり、実務上は、実況見分調書に添付されていない写真が単独
で問題となるというケースはあまりないので、机の上の議論になりますが、それを
前提でお話します。

写真単独で証拠にする場合には、その写真が「被害者を被告人が刺している」ところを
撮影したものであれば、「一般的」に見てその写真の要証事実が「被告人が被害者を刺した
状況」であることが明らかです。説明がなくてもそれしか考えられません(他に考えられる
というのなら別ですが)。

であれば、被告人は、動作によって自己が知覚・記憶している事実を表現しているのですから、
供述証拠ということになり、伝聞例外すなわち、322条1項が問題になるわけです。この場合には
実況見分調書に添付されていないわけですから、321条3号は不要です。


517 :bocchan:2010/03/22(月) 19:07:53 ID:???
>>514
扱いは異ならないということをダイレクトに示した判例はないですが、平成17年を
きちんと読めばわかることでしょう。

写真だけを証拠として出してきた場合にもそれを被告人の供述調書と同様に扱い、
同意不同意の問題になると思いますよ。

物証と書証と区別がついていないのではないでしょうか。物証というのは、物の存在、
形状などを証拠方法とする場合のことをいうわけですよ。写真が破れているとか、古い
ものだとかそういうことを証拠として用いたい場合に写真は物証になるわけです。

518 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:08:37 ID:???
>>511
甲が乙を配達に行かせなければYは死ななかったので、
少なくとも条件公式は満たしていると思われますが。

519 :bocchan:2010/03/22(月) 19:10:24 ID:???
>>518
あなたは、条件関係説を採用するのですか?だったら、あなたが因果関係の
狭義の相当性の問題についてどのように処理するかによって結論が変わるのでは
ないでしょうか。あなたは因果関係論における狭義の相当性の問題をどのように
処理するのですか? それに従い判断すればいいでしょう。

520 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:14:16 ID:???
>>519
なるほど、よくわかりました。
ありがとうございます。

521 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:14:40 ID:???
>>519
その人は、因果関係が「全く」ないという言葉の問題点を指摘しているだけだと思うよ。
世間的には、因果関係の判断の中に条件関係も含まれている訳だし。

522 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:18:01 ID:???
>>518
馬鹿か?
>>452のケースで検討するべき条件関係は
「甲が毒を入れなかったなら、Yは死んだか否か」
だろうが。
とすれば甲の行為を取り除いても
Yはどうせ轢かれて死んだんだから
条件関係すらないだろ。

523 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:20:19 ID:???
>>517
申し訳ないけど、あなたこそ「書証と物証の区別」ができていないでしょう。
その写真が「被害者を被告人が刺している」ところを撮影したものであれば、
「一般的」に見てその写真の要証事実が「被告人が被害者を刺した状況」であることが明らかです。

そして、それは「推認」であり、まさに間接事実でしょう。
重要な間接事実になりますよ。

でも、供述にはなりません。

どのようなことがあろうとも、被告人が肯定しない限り「通常はそう考える」をもって
被告人の供述ととらえることはできません。
その作業を「推認」というのです。

何度も言います、あなたは物証と供述のく別ができていません。
「その写真に移っている内容」、それが存在していること。
まさに物証です。

写真単体が物証じゃない、というならば、もうそれで良いです。
もはや議論になりませんから。

524 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:20:26 ID:???
条件関係も相当性もある。
だいたいやね、交通事故などよくあることだよ。
by R


525 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:21:37 ID:???
>>522
初学者の方ですね。わかります。

526 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:22:01 ID:???
>>523
横から見ていても、言ってることが支離滅裂。

527 :bocchan:2010/03/22(月) 19:23:14 ID:???
>>523
残念ながら、あなたが言うようなことを修習中に裁判官にいったら椅子から転げ落ちますよ。

写真は、物証になる場合と書証になる場合があります。また、供述調書ですら物証になることが
あります。きちんと、石井一先生の刑事実務証拠法くらいを読んでから、初学者に教えたらいかが
でしょうか。

528 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:24:29 ID:???
>>452
因果関係も何も結果不発生

529 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:25:45 ID:???
初学者が言い争うスレはここですか?

530 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:25:51 ID:???
>>527
支持。

>>528
Yは死んでる。

531 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:27:31 ID:???
>>529
中上級者に初学者が忌憚ない意見をぶつけるスレです。

532 :bocchan:2010/03/22(月) 19:29:11 ID:???
>>529
では、上級者のあなたに解説してもらうことにしますか。

533 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:30:12 ID:???
供述を書面の形でするか写真の形でするかの違いじゃないの?


534 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:31:00 ID:???
>>525
はあ?
言い掛かりをつける暇に
1行でも意味ある事書けよ。
ド素人が。

535 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:33:38 ID:???
>>530
Yが死んでるのは甲の行為の結果ではなく乙の行為の結果
ゆえに甲の行為からは結果不発生

536 :bocchan:2010/03/22(月) 19:34:41 ID:???
>>533
「供述」とは何か?ということでしょう。人が知覚・記憶した事実を言葉や
動作で表現したものを証拠方法として用いる場合をいうわけだ。

例えば、極論言うと、ナイフの刃の部分に小さい文字で犯行当時の状況について
書いてあったらそれはナイフであっても供述証拠だからね。ナイフは物だから、
物証という単純な理解をしている奴はわからないだろうけど。

537 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:35:56 ID:???
>>534
おまい、明らかに初学者のくせして、偉そうだなw

538 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:37:50 ID:???
>>535
支持。

539 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:39:42 ID:???
>>537
俺が初学者だと言うのなら
スレの趣旨に沿って中上級者であるお前が
1行でもまともな回答を
したらどうだ?

540 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:39:45 ID:???
>>535
「直接」やってなきゃ駄目だって主張か。
独自説だな。

541 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:44:53 ID:???
早すぎた構成要件の実現だな

542 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:45:35 ID:???
498以降、話が関係ないほうにいってる件について。

ここは初心者の質問に答えるスレだよ?
質問してる側からすれば関係あるのか無いのか不明な議論されると混乱すると思う。


543 :bocchan:2010/03/22(月) 19:45:53 ID:???
>>541
違いますよ。ちなみに、条件関係はあります。

544 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:49:46 ID:???
>>543
第一行為は乙が運転すること
第二行為は毒入りラーメンをX方に搬入すること
第一行為で死の結果が発生したから早すぎ構成要件でしょ

545 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:54:01 ID:???
>>544
それって異なった客体の間にも認められるの?

546 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 19:54:09 ID:???
殺意があり、実行行為があり、実行行為から結果が発生していて、更に因果関係もあるのに、
それでもなお帰責できない場合がある。
それをどう説明するかというのが>>452の問題意識の本質。

一部の人達は確かに452の言う通り因果関係の錯誤という枠にはめようとしてるけど、それは
妥当ではないという指摘も多いところ。
でも、普通に試験で出たら因果関係の錯誤だと思っておけば良いと思うよ。

547 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 20:05:30 ID:???
具体的法定的符合説を採れば無問題

548 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 20:06:39 ID:???
>>544
違う。早すぎた結果発生になる。

549 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 20:13:39 ID:???
>>545
およそ人

550 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 20:15:04 ID:???
>>544
被告人の行為で第一と第二を分けるもんだろ、はやすぎた構成要件どうこうって。

551 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:03:47 ID:???
>>524
ほんと、こいつ爺がよく使ってた by R をつけて
なりすまし。ワザとでたらめな答えを書く、嘘つき男。
みなさん、注意して、スルーしてくださいよ。
4月1日まで待てないやつに
災いあれ。

552 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:04:26 ID:???
佐久間物権p308に関する質問です。
事例は、物権的請求権に関するものです。

つまり、
Aが所有する甲土地の上に自動車(乙)が放置されている。
Bが乙の所有者である。AはBに対し、乙を引き取るように求めた。
という事例を考えます。

このとき、Aの請求に対して、「Bは、乙を甲土地に放置したままの状態
では、乙の所有権を放棄し、占有の意思を放棄したとAに対して主張する
ことはできない。」と書かれています。
ただ、私にはこの法的根拠がわかりません。

このように言えるのはなぜでしょうか?
よろしくお願いします。

553 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:14:04 ID:???
>>550
間接正犯に早すぎた構成要件の議論は妥当しないと?

554 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:18:15 ID:???
>>553
理屈、分かってて言ってるのか。

555 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:19:54 ID:???
>>552
所有権がある状態で侵害状態を作り出しているんだから、それでもう帰責されてしまう。
更に所有権の放棄にしても、「権利の濫用」に入る類のものだよな。妨害排除の責任を
免れるためにまさに濫用しているんだから。

556 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:25:04 ID:???
ラーメン問題で店主の行為とバイク事故について
非常識なこと言ってるやつは
先祖の因果の報いでafoになったんでしょうね。
「各犯罪類型は、それ自体として無限に続く因果の系列から、
ある一定の部分が、刑法的評価により、
切り取られて構成されたものである。」
佐伯千仭 刑法講義(総論)より


557 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:31:53 ID:???
>>552
398条の類推適用

558 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:33:33 ID:???
ほんとはやすぎたなんとかといってるやつも同罪。
こんなやつらが裁判員になったら
従業員に営業で車を使わせられないよ。


559 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:35:02 ID:???
ほんと法律を学ぶ前に
健全な庶民感覚をやしなってくれ。
たのむわ。

560 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:36:22 ID:???
そうか、早すぎた構成要件の実現とは気付かなかったよ。
ワシもとしだな。脳が衰えていくのが実感できるよ。
以上、本物のワシね。

561 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:45:25 ID:???
560 おまえふざけすぎ。管理者に通報な。ニセワシめ。

562 :我妻榮:2010/03/22(月) 21:48:44 ID:???
>>561
見苦しいから、そろそろ消えたまえ


563 :佐伯千仭:2010/03/22(月) 21:50:35 ID:???
>>561
みなさんに迷惑なのがわからんのか


564 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:53:27 ID:???
上のほうでローの民法の講義と学部の講義の違いについて
質問してた学生さんいてたな。
ロー生のだれか答えてやれよ。
いてないのか?


565 :K.かおり:2010/03/22(月) 21:57:06 ID:???
>>564
もう来ないで下さい
さようなら


566 :ぼくちゃん:2010/03/22(月) 21:58:00 ID:???
>>564
もう来るなよ
ジジイ


567 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 21:59:13 ID:???
>>555
ありがとうございます。納得いきました。ただ、権利濫用ってのを使うから慎重にいかないとだめですね。
>>557
ありがとうございます。できればどのような文献から得た理解なのか訊いてもよろしいですか?

568 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:02:34 ID:???
565
あんたが「嘘つき男」ってことは世間に知れ渡ってますよ。

そうそう、わたしの歌でピッタリなのがあったわ。

花挽歌のカップリングで「嘘つき女のブルース」ヤフオクにでてるよ。


569 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:05:12 ID:???
記憶にないです
その辺の本に載ってるんじゃないですか?


570 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:20:21 ID:???
>>567
きみ、サクマ使ってるんだね。
その事例はなんか変って思わなかった?
@他人の土地に車をかってに止めるのは違法駐車?
A警察に電話すればレッカーでもって行ってもらえる?
B車は登録されてるから、簡単に所有権放棄できない?
C車捨てるの自転車とおなじで罰せられる?
これが拙者の疑問。こんなことには目をつぶるの?


571 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:22:47 ID:???
>>570
我妻先生はさすがにそんなへた事例は書かないよね。

572 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:25:00 ID:???
盗難車だったらなおさら。

573 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:46:35 ID:???
>>554
難癖はいいから、早すぎた構成要件の実現の理論が間接正犯には妥当しないとする根拠を言ってよ。

574 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 22:54:13 ID:???
>>573
逆だろう。
そもそも、ちゃんと論証できてるなら、示してみろよ。

延々といい加減な抽象論ばかり並べ立ててるだけだろうに。
主張するならその主張責任を自分で果たせ。
責任を果たせないなら主張するな。

575 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:00:45 ID:???
wwwwwwwwwwどこでも刑法は学べる。拙者の読書ノートからwwwwwwwwwww

                 ミラノ 11月30日
病気でない証拠に一筆かいときます。
ママの手にキスを。みんなにくれぐれもよろしく。
ここの寺院前広場で、悪者が四人も首をしめられるのをみた。
ここでは、まるで、リヨンみたいに、よく絞首刑があるんです。

ヴォルフガング、アマデウス、モーツァルト
「モーツァルトの手紙」吉田秀和訳



576 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:03:45 ID:???
>>452ではバイクで運んだ毒入りラーメンを人に食わせて死なせようとしたら
バイクが人にぶつかって人が死んだんでしょ。

人を溺れさせて死なせようとして川に突き落としたら
川底の石に頭打って死んだのと同じで因果関係の錯誤じゃん。

577 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:10:07 ID:???
>>576
こみ、教科書ひらいて。
因果関係の錯誤とは、、、
          ↑ここよんでみてちょんまげ。

578 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:11:43 ID:???


579 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:14:34 ID:???
576くんは
教科書で新しい用語がでてきたら
ノートにきっちり書いておぼえないとだめだよ。
定義ね。


580 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:17:49 ID:???
>>576
>>452のどこにバイクが登場するんだ?

581 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:18:25 ID:???
口述では定義がきっちり言えないと落第だよ。

582 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:21:54 ID:???
因果関係の錯誤にしてしまうと、法定的付合説の立場からは殺人既遂が成立してしまうような。

583 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:25:41 ID:???
>>580
ラーメン屋さんでバイト経験あります。
自転車(ベテランのおじさんが岡持もって)
新人はバイク(後ろの荷台にバネの上にアルミの箱がついてる)でした。
ラーメン屋さんで車といえばバイク。
ほかべんとピザはスクーター。
これ常識。

584 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:28:36 ID:???
582くん、そりゃそうだけど、その歯垢カイロおかしくない?


585 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:32:10 ID:???
訂正、そりゃそうだけど
を削除します。

586 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:37:22 ID:???
【因果関係の錯誤】
行為者の当初意図した通りの結果が生じたが、
ただその発生の具体的経路が
彼の予想したところと異なる場合である。
佐伯千仭 刑法講義(総論)

587 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:40:16 ID:???
1行目がミソ

588 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:41:14 ID:???
>>584
人を殺そうとして、人がちゃんと死んでるんだから、法定的付合説の発想からは
今回は犯罪を成立させる方向に進むだろう。

589 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:41:37 ID:???
なんどもいうが錯誤の問題じゃないぞ。

590 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:43:36 ID:???
>>589
大丈夫、俺はそんなの最初から分かってる。
「因果関係の錯誤にしてしまうと」と582で言ったのも、本当は違うと思ってるから
そういう言い方をしている訳だし。

591 :氏名黙秘:2010/03/22(月) 23:59:10 ID:???
ただの因果関係の問題だと思った僕は勉強不足ですか?

592 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 00:09:37 ID:???
>>591
相当因果関係が明らかにあるからなぁ。

要は、故意とか実行行為とか因果関係をちゃんと整理できてるかどうかってことだよ。
因果関係の問題に、因果関係以外のことを持ち込んで考慮してしまうと、話がおかしくなる。

車を運転しろと言われて運転した、車を運転したら事故が起きた、そんなの社会生活上の
経験に照らしたところで一般的に起こることだろう。
人を怪我させて救急車で運ばれてる際に事故が起きたって、みんな当然のように因果関係を
認めている訳だし、そんなのはみんな分かっている筈。

593 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 01:27:29 ID:???
質問ですが、

@会社法849条は、「役員等に対する責任追及の訴えに
株主又は株式会社が補助参加できる」と規定しているが、
その場合に、補助参加の利益は必要か、
という論点があるのですか?

というのは、他スレで、誰かが質問していたのですが、
(冗長で分り難い質問だったので)文章を整理して引用すると

立法担当者は補助参加の利益なしでOKだとしているが、
学説では必要とする見解が多い。
学説は、補助参加の利益なしでOKとしてしまえば、
単なる株主まで参加してしまう事態が生ずるが、
そのような事態は民事訴訟一般の規律に反するという。

ものでした。

Aしかし、
改正前の規定の下では、
補助参加の利益があるかどうかにつき争いが生じる可能性があったため、
訴訟の結果につき利害関係を有するか否かに関わらず、
株主や会社が補助参加できるように規定した(一問一答・私が要約)って
ことで・・・この立法担当者の説明については争いがないのでは?

基本書が手元にないので、分りません。
冒頭@に書いたような論点があるのですか。
誰か教えて下さい。




594 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 02:22:25 ID:???
>>452
因果関係の中断

595 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 02:22:49 ID:???
神田には「会社法は・・補助参加の利益を不要とした」とはっきり書いてある。
一方、リークエだと、「立案担当者は・・要しないとする」と、あくまで立案担当者独自の見解であり、解釈の余地があるというニュアンスを残している。
一応議論がくすぶってるところなんじゃないの。

596 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 02:47:40 ID:???
ローでの生活について教えて欲しいです。
自分はすぐ眠気に襲われて、一日何時間寝ても寝足りないくらいなんです。
平日は仕方ないから7時間くらいで我慢してるけど、休日は基本10時間ほど寝ています。
朝の6時か夕方の6時かわからないくらいの日もあります。
一時期、5時間に抑えないとやってられないほど(自分にとっては)忙しいころがあり、
そのときだけどうにか1週間耐えましたが、その後反動でしばらく常に倦怠感がありました。
軽い睡眠障害かもしれません。
起きていて眠気がない間の集中力には自信があるんですが…

で、質問です。
ロー生の平均睡眠時間ってどれくらいなんでしょうか?
4〜5時間でしょうか?それ以下? 8時間睡眠なんてそれこそ夢の話でしょうか?

597 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 03:02:37 ID:???
>>592
さすがに折衷説では相当因果関係はないわ
それなら殺意をもって運転させて、たまたま事故死したら因果関係あり、
なんてことになるけどそれじゃ条件説と大差ないわ
救急車の事故なんてめったにあるもんじゃないし
まあ医療ミスで死亡、ぐらいなら基礎事情に入れてもいいかぐらいの感じ

598 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 03:25:28 ID:???
>>339
薬変えた方がいいみたいね

599 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 07:41:41 ID:???
おk

600 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:07:10 ID:???
600get

601 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:12:52 ID:???
>>595
ありがとうございます。
そのリークエですが・・・・、
たとえば、かつては争いがあったが
「立案担当者の考え方は・・要しないとする」と
読むこともできそうですか?


602 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:16:57 ID:???
>>598
ワロスw

603 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:35:41 ID:meT24Cmp
>>596
無理な勉強しなければ6時間から8時間くらいは寝れるよ。
2年のうちなら土日のどちらかくらいは遊べるから好きなだけ寝とけ。

604 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:40:54 ID:???
無理な勉強しなくて新司法試験でよい成績(悪くても2ケタ)はとれますか?

605 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:42:34 ID:???
一日何時間寝ても寝足りないんだから、
そういう人は、最低限の睡眠にした方がいいよ。
どうせ長時間寝ても寝足りないんだから。

606 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:55:37 ID:???
>>591
因果関係の問題であるけれども、因果関係の錯誤の問題じゃない。
前者は構成要件要素である因果関係があるかないかの問題、
後者は構成要件的故意が阻却されるかどうかの問題。

607 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 08:59:34 ID:???
事案を単純化して

甲は乙に「車を運転してXを轢き殺せ」と命令した。
しかし乙は運転を誤って意外のYを轢いて死なせてしまった。

Yに対する殺人既遂は成立する?

608 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 09:06:47 ID:???
>>604
とれるよ

609 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 09:51:08 ID:???
>>607
問題が漠然としすぎ。議論しても意味がない。
まあ、教科書の錯誤の章でもよめば?

610 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 09:54:00 ID:???
ラーメン事例で、
道路にラーメンがぶちまかれてる場面が浮かんだのは
ぼくちゃんだけでしょうか?

611 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 09:56:59 ID:???
昼間に意識して日光に当たるようにすれば
熟睡できる。医学のジョーシキ。

612 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 10:09:48 ID:???
>>596
祖先がクマ。きみ 熊田さん でしょ。
冬眠しろよ。

613 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 10:21:14 ID:???
>>601
立案担当者ってだれやねん。
ハゲおやじが担当。
ムシ、ムシ、リークエはアフォ。
憲法9条Aみたいなこといいだすなっちゅうねん。

614 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 10:52:33 ID:???
>>609
>>607のケースで錯誤は問題とならんだろ。

615 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 10:54:54 ID:???
ラーメン事例応用編
車=プリウス???で配達急加速が原因で人身事故
塩ラーメンを注文したのに味噌ラーメンだったので
口論のあげく店員殴られる。


616 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 10:57:52 ID:???
というか離隔犯の実行の着手時期は到達時なのだから、
毒入りラーメンが到達してない以上、実行の着手が無いでしょ。

617 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 10:58:26 ID:???
>>614
とにかく
問題があいまいなんだから
因果関係と錯誤の章をよめ。

618 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:04:37 ID:???
>>614
方法の錯誤じゃね

619 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:16:40 ID:???
>>616
質問者の最初の問題をよめ。
息子に対する殺人罪がどうのこうのいってんだよ。
実行の着手とかそんな議論する問題じゃねーってんだ。


620 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:18:44 ID:???
遺産分割後の第三者と論点では、対抗要件の具備によって決すると思いますが、
、復帰的物権変動という言い方はおかしいでしょうか?
考えてみますと、必ずしも復帰するわけではないから、新たな権利変動と同視
というでしょうか?

621 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:18:53 ID:???
だいたいやね。その息子がでてくるから、、、
まったくーーーー。
ちょろちょろすんな、ワルガキ。

622 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:20:48 ID:???
>>620
質問内容を整理せよ。

623 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:22:23 ID:???
私はここがききたいのよ。
ってかんじね。

624 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:28:51 ID:???
イメージふくらむわ。
半ズボンの少年な。

625 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:38:47 ID:???
だいたやね〜因果関係が認められるなんてことは、ワシが最初から言ってるがな


626 :620:2010/03/23(火) 11:39:57 ID:???
失礼しました。

遺産分割後の第三者の処理では、解除の場合のように復帰的物権変動とう表現
は適当でなく、「新たな権利変動と同視」とすべきでしょうか?

解除や取消しと同様には遡及効により復帰的に物権が変動と考えいましたが、
遺産分割の遡及の場合には、復帰?(元に戻る)するわけでなくて、共有が解
消されて新たな権利関係が形成されるので新たな権利変動という表現を使わな
くてはならないという理解でよいでしょうか?


627 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:40:59 ID:???
>>616
おまえ、アフォ
どう考えても到達してるでょ

628 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:44:55 ID:???
【警告】
625から
いつもの
ニセワシ登場です。
みなさんスルーしてください・

629 :ぼくちゃん:2010/03/23(火) 11:48:37 ID:???
>>628
またおまえか
ウザイから消えろよジジイ

630 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:51:16 ID:???
>.626
何いってるのかわからん。

631 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:52:37 ID:???
にせぼくちゃん登場

632 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 11:59:17 ID:???
フレンドリー

633 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 12:09:19 ID:???
上級者とは
詰将棋=11手詰問題が暗算でとける。自分で問題を作れる。
月刊 詰将棋パラダイス中学校の部、年間全問正解。(羽生も読んでる)
鵜飼信成 憲法(岩波全書)をもってる。
我妻講義、民法案内、民法大意を読了してる。
なま末川博、船橋の講演を聴いた。鎌田、吉村、二宮、潮見もってる。
佐伯千仭、中山、松宮、レヴィジオン、
井戸田、検察講義案、河上和雄等の本をもってる。
兼子一の「訴訟のはなし」を持ってる。
西原寛一 商法T(日本評論者)もってる。
香西かおりのCDもってる
ちょびりっちサイトでもらった、ちょびくんボールペンもってる。

634 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 12:14:09 ID:???
>>452
第1 甲
 1 Xに対し
  (1) 203、199の間接正犯か→間接正犯要件→@正犯意思A道具性→@A充足
  (2) 実行の着手あるか→個別化説→本件では甲の発送行為時
  (3) 実行の着手と故意あり→よって、203、199の間接正犯成立。
 2 Yに対し
  (1) Xに対し199の実行に着手した結果、Y死亡
  (2) 因果関係あるか→相当因果関係折衷説→乙交通事故は認識予見しえない→因果関係なし
  (3) なお、およそ人Xを殺す意思でおよそ人Yを死なせている→故意阻却されない(∵具体的事実の錯誤、法定的符合説)
    →しかし、因果関係ないので検討するまでもない
  (4) よって、犯罪不成立
 3 Xに対し203、199。
第2 乙
 Yに対し自動車運転過失致死。
以上

635 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 12:42:06 ID:???
【まとめ】
基本は
香西かおり
ってことでいいな。


636 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 12:54:57 ID:???
すごく初歩的な質問ですまそん
予備校本ってどうなの?使えるの?

637 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 12:58:28 ID:???
>>636
抽象的過ぎて答えようがない。「何に」使えるのか明確にすべき。

638 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:24:57 ID:???
>>636
予備校本はすごいよ。
過去問が解けるようになる。
それだけ、それだけ、それだけよ。

639 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:28:32 ID:???
新作予想問題もすごいよ。
法務省の人がそれをチェックして
類似問題ださないようにする。

640 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:30:35 ID:???
予備校本はすごいよ。
三振したとき、
見ただけで
吐き気を催すよ。

641 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:31:24 ID:???
会社が広告をしなければならない場合、「官報」「一般紙」のほかに「Web」による広告が認められています。
前者2つは紙面そのものの日付で自ずから明らかになりますが、Web広告の場合、広告した日付の証明方法はどのようにすればよいのでしょうか?
公証役場では、Web上の情報の存在を証明してくれないようですが・・・
Web魚拓は使えないですよね…。Web上の契約条項の確定日付証明はどのようにするのでしょうか?

642 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:32:43 ID:???
予備校本はすごいよ。
三流学者の説と我妻を同列にしてるよ。

643 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:34:29 ID:???
>>636
ある程度のモーラ製があるが、深みには賭ける。
深く理解するには、論文を当たるしかない。

644 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:40:38 ID:???
>>636
何に使おうと思ってるの?
たとえば、択一の肢別本とかだったら
予備校本しか選択肢はないよね。

知識の獲得のために使うってのだったら
学者本の方が正確でいいよね。
Cブックとか、デバイスネオ、シケタイとかね。

あと、問題集があるよね。主に旧試験向けの本。
新試ではいい本がないよね。



645 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:42:17 ID:???
>>641
電子公告調査機関という法務省公認の利権機関に調査を委託する

646 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:44:42 ID:???
学部生からすると、予備校本は一回目を通したら必要なくなるもの。
覚えるから。

647 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:48:36 ID:???
>>646
1回目を通すだけで、覚えられる能力の持ち主なら、天才。

648 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 13:54:42 ID:???
今の学部製って、その程度なの?
ふつう、おぼえるっしょ?基本書の一通りは

649 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:00:07 ID:???
>>648
それで、なぜ受かってないの?
普通、予備校本を覚えられたら、
あとは本試験出題との少しのギャップを埋めれば
合格していると思いますけどね?

知り合いの弁護士は、
それで受かって予備校で講師をしていましたよ。

650 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:09:27 ID:???
過去問・事例解説に何の意味があるの?
法律は、運用する側でなければ意味がないよ。

651 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:10:16 ID:???
NEXT




652 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:10:32 ID:???
>>650
は?

653 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:11:44 ID:???
>>649
つまり、予備校本でたまたま合格できたら
予備校の講師しかできない弁護士になれるってことでいいですか?

654 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:13:40 ID:???
やたらと人を見下そうとする人がたまに出てくるけど、何なんだろう?
見ていて気分が悪くなる

655 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:13:52 ID:???
>>653
その人は渉外弁護士ですけど。
合格後、修習に行くまで、しばらく講師をしていたということです。
舐めない方がいいんじゃないでしょうか。あなたとはレベルが違うので。


656 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:14:56 ID:???
>>653
知事にもなれる。

657 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:19:29 ID:???
とりあえず、質問板なので…
荒らしには無視で。

658 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:20:23 ID:???
そういいながらageて荒らしを呼び込もうとしてるのはどうなんだかな。

659 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:20:46 ID:???
>>653
ベトナムあたりで労働者を搾取してる企業の
顧問してるやつだろ、
知ってる。
講師時代にヴェッカリーヤ知らなくて
オオハジかいてたね。

660 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:24:23 ID:???
この時期はスレに中上級者がいないor少ない気がする

661 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:25:47 ID:???
>>634
もっとコンパクトにまとめろよ低脳w


662 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:31:02 ID:???
独自説を強硬に主張する馬鹿がわめきたてて、折角きた中上級者を追い出している気がする。
独自説が悪いとは言わないが、少なくともこのスレでは初学者に優しくないのは確かだ。

663 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:32:07 ID:???
>>641
大丈夫。イーコマースの基礎の基礎。
調べればすぐ何日に公開された解る。
過去のサイトを遡って訂正は技術的に不可能。
2ちゃんも同じ。
一度アフォバカといったり、おおはじかいたら
末代までのこる。どこかの監督みたいに切腹。

664 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:37:01 ID:???
>>662
不思議なのは、独自説をわめきたてる馬鹿が存在することと、
中上級者が追い出されることとの間に因果関係があるのか、という点だ。


665 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:37:57 ID:???
>>664
強硬に主張するっていうのは、中上級者が正しいことをいっても噛みつくってことだよ。

666 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:41:42 ID:???
>>665
中上級者が正しい事を言っているのなら、馬鹿がどう噛み付いたところで
その正しさが動揺させられることはありえないのだから、
やはり追い出される理由にはならないのではないだろうか。

667 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:43:52 ID:???
>>666
意味不明なことを言ってるバカに噛みつかれたら不愉快だろ?
まして、当たり前の事を当たり前に言っているだけで噛みつかれるんだから。

別に中上級者には我慢してここで奉仕活動する義務なんてないんだから、
噛みつくバカに嫌気がさしたら出て行ってしまう。そういう意味で追い出してる。

668 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:43:55 ID:???
>>661
おまえがまとめろよw

669 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:44:51 ID:???
>>667
なるほど

670 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:46:00 ID:???
お財布ケータイは「代金又は料金の支払用のカード」に含まれる、というのは独自説なんですかね?

671 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:47:17 ID:???
>>634
ていのうw

672 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:48:33 ID:???
>>671
自己紹介はイラネーんだよ
ウンコタレ

673 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:48:40 ID:???
>>634は独自説を強硬に主張する馬鹿

674 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:51:24 ID:???
試験で聞かれてないことまで書いちゃだめよ。
そしてきかれたことには答えない。
誰かさんみたいに。


675 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:51:57 ID:???
>>673
おまえのように他人のレスを批判するだけで、中身のあるレスをしない奴よりも、
たとえ独自説であっても自己の考えを述べる奴の方が、どんだけ使えるか
よく考えろ
雑魚共

676 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:53:37 ID:???
自分の気に入らない意見も鷹揚にうけとめる
拙者を見習え。

677 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:54:37 ID:???
で、自分は何なの?

678 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:54:46 ID:???
イーコマースだって、わかってんのかいな。


679 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:55:29 ID:???
まあ、>>452の聞いてないことまで得意気に答えてる時点で>>634が低脳であることは間違いないね。

680 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:55:41 ID:???
ワシは 「憲法判例」しやけ他 を17回よんだ。


681 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:56:30 ID:???
他人から批判されなくなったら
おしまいだよ。


682 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 14:57:43 ID:???
>>681
おまいは政治家か?

683 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:01:22 ID:???
>>679
なんか質問しろよ
低脳w

684 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:03:57 ID:???
>>683
人のことを低脳と云うお前が低脳

685 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:04:12 ID:???
環境省監修 【イエローデータブック】より

有害鳥類
タカ、ワシ目 ワシ科 【偽ワシ】
特徴
なりすましが得意、わざとでたらめを言う。だます。

686 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:05:51 ID:???
法の正義とは何ですか?

687 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:10:29 ID:???
>>634
よく理解できました。ありがとうございます。

688 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:12:06 ID:???
>>686
万人に受け入れられる正義というものはあり得ないということです。
誰にも批判されえない正義というのは、宗教であって、法ではない。

689 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 15:52:51 ID:???
>>687

ちょっと低レベルすぎよなー

ま低脳同士仲良くやれや(笑)

690 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:03:24 ID:???
法の正義とは、その主体が何でアルかが問題だ。
客観論とか主観的とか…

691 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:06:57 ID:???
交通事故現場の警察官もご苦労さんだね。
毎日、毎日、運転手がだれの指図で、
どこへなにをしに行く目的だったのかきいて、
もしラーメン屋の店員だったら
ラーメンの汁を科研に回し、ハハハ。
だいたいやね。設例でいつ毒が発見されたの?

692 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:12:06 ID:JsRgpkWY
春から大学生になる予定の者です
受験勉強を大してせずに地方公立大学に合格しました(法学部ではありません)
今まで漠然と弁護士になりたい、と思っていたのですが受験が終わってからものすごい後悔の念でいっぱいです
1浪して法学部に入ろう、と思うようになってきました
しかし最近では大学に入り、法律の勉強を自分でして4年後に法科大学院を目指したほうがいいのかな、と迷っています
どちらの方がよいでしょうか
本当に迷ってます そして本気で弁護士を目指しています


693 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:16:47 ID:???
>>692
法科の勉強は、予備校でもできるでしょっ。
法科出て、予備校通うやからもありゅぞ。

694 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:20:39 ID:???
うちの裏の家のオッサンは1時間に60回くらい
デカイクシャミをします。
非常に耳障りです。
クシャミ差し止め訴訟とかおこせるでしょうか?

695 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:22:40 ID:???
>>692
きみ、何学部に入るの?
それによって助言もかわってくるから。

696 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:22:54 ID:???
NEXT




697 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:23:19 ID:???
>>694
訴訟など起こさなくても
ベランダで布団をパンパン叩きながら
「引越し!!引越し!!さっさと引越し!!芝クゾ!!」
と毎日叫べば問題は解決します


698 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:26:51 ID:???
>>697
ナルー

699 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:28:33 ID:???
たかがクシャミに差止訴訟とは・・・
法律論よりも、健全な常識をまず身につけましょう

700 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:29:42 ID:???
694、他人のカコレスつかうな、自分で何もかけないのか?
697、698.ジエンするな。

701 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:35:17 ID:???
>>634のどこがおかしいのか分からない僕は勉強不足ですか?

702 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 16:38:05 ID:???
NEXT




703 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:15:04 ID:???
>>692
バカでは弁護士になれないから
ちょっときいてみる。
受験勉強せずに入れたと言う事は偏差値低い大学?
落ちた大学名いってみて。
日本史とか国語の成績よかった?

704 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:17:49 ID:???
>>701
勉強もなにも、質問者の聞きたいことと
答えてるオッサンの答えがすれちがってるでしょ。

705 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:19:36 ID:???
仲良くやれよ

706 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:19:46 ID:???
>>692
悪いことは言わないから、
手始めに、行政書士の勉強を始めなさい。
司法試験を目指すかどうかは受かってからだ。

707 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:24:25 ID:???
NEXT





708 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:25:24 ID:???
692でてこ^^^^い。質問しぱなっしはルール違反。

709 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:30:03 ID:???
>>704
>>452の質問者は
>ラーメンに毒を入れ配達を指示した時点で実行の着手を認めた場合で、
>法定的符合説に立った場合でも、Yに対する殺人罪は認められないと思うんですが、
>どういう理屈でこれを否定するのでしょうか。
と質問しているところ、
>>634はYに対する殺人罪が成立しないとする構成を書いたものであって、
論旨のいうすれちがいは存しない。論旨には理由がない。

710 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:31:24 ID:???
おk

711 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:32:43 ID:???
>>704が統合失調症であることは明らか

712 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:32:58 ID:???
フレンドリー

713 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:34:10 ID:???
>>686
法思想史の本よめ。
アリストテレスのニコマコス倫理学なんかの説明あるわ。

714 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:34:53 ID:???
はーい。

私 妄想型統合失調症です。
こんなわたしが

護想防衛したらどうなるでしょうか?

松宮 第四版 359ページをみよ。

715 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:37:32 ID:???
>>709
Yに対して何故殺人未遂が成立しないの?

716 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:40:11 ID:???
>>709
質問者は初学者である
因果関係の錯誤の意味がわかってない。
きみの予備校のブロックカードのような説明は
へのつっぱりにもならない。

717 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:41:52 ID:???
たしかに709はずるがしこい。
質問者の最後の行を意識的に隠してる。

718 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:44:32 ID:???
あれ、709って関係ないことまで書いてなかった?

719 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:44:59 ID:???
>>715
客体Aを殺そうとした場合において、意外の客体Bに傷害結果が生じたときには、
意外のBに対する未遂犯が成立するには
実行行為と意外のBに生じた結果との間に因果関係があることが必要。
新宿鋲撃ち銃の判例を参照。

720 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:48:58 ID:???
質問者の疑問がどこからでてきたのかを
洞察して、細部にこだわらず、基本的なところから
解決のヒント教えてやれ。
知ったかぶりして、わけのわからん論証するな。


721 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:53:17 ID:???
>>719
参照しましたが意味不明です。
独自説ですか?

722 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:54:06 ID:???
>>720
そういうお前が教えてやれよ
能無し

723 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 17:58:15 ID:???
719くんも
判例引用するのは良いのだが
判例の論理がどこから導き出されたのか
つまり
刑法における因果関係とは
そもそも何なんだということ。
世間で言う因果関係のほかに
刑法独自に因果関係にとくべつな意味づけをして良いのか
そういうことが質問者にはわかってないし、
へんな論証してるオッサンにもわかってない。

724 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:00:52 ID:???
>>721
判例は、Bを殺す故意で銃を撃って、Bとともに意外のAをも負傷させたという事例で、

被告人が人を殺害する意思のもとに手製装薬銃を発射して殺害行為に出た結果、
被告人の意図した巡査Bに右側胸部貫通銃創を負わせたが殺害するに至らなかつたのであるから、
同巡査に対する殺人未遂罪が成立し、
同時に、被告人の予期しなかつた通行人Aに対し腹部貫通銃創の結果が発生し、
かつ、右殺害行為とAの傷害の結果との間に因果関係が認められるから、
同人に対する殺人未遂罪もまた成立〔する〕。

とした(最判昭和53年7月28日)。
「右殺害行為とAの傷害の結果との間に因果関係が認められるから」とわざわざ言っていることに注意。

725 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:01:47 ID:???
>>721
横レスだが、例えば1000人がいるところに、貫通力の高い鋲打ち銃を打ち込んだ場合、
数故意犯説からいくと、「何人分の犯罪が成立するか」ってどう判断すると思う?
(死者はゼロだとする)

726 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:05:17 ID:???
>>724
言っているから何?「因果関係があることが必要」の根拠は何?
>>725
生じた危険の個数が未遂犯の個数だろ。
1000人がいるとしても1000人全員に死亡の危険か生じるわけねーだろ。

727 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:06:50 ID:???
>>726
じゃあ、「生じた危険の個数」をどういう基準で判断するんだ?

728 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:17:31 ID:???
>>727
そんなもん事例によるだろ。
とにかく未遂は@結果不発生の場合かA結果発生し因果関係がない場合
なんだから因果関係が必要なわけねーだろ。
未遂の概念を根底からひっくり返す珍説だろ。

729 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:20:32 ID:???
>>728
判断基準を聞いてるのに、「事例による」と答えるのは、要するに法的思考をせずに
思いつきで裸の利益衡量をするということか?
50人っぽかったら50人だとか、100人っぽかったら100人だとか。

730 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:23:48 ID:???
個別に判断するしかないだろ・・・

731 :bocchan:2010/03/23(火) 18:23:54 ID:???
何かありますか?

732 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:25:16 ID:???
>>729
未遂に因果関係が必要とかいう珍説を持ち出して噛み付くよりマシだろ。

733 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:28:18 ID:???
>>731
>>452の質問に対して>>634の答えは成立しますか?
Yに対する殺人未遂を成立させるべきと思います

734 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:40:16 ID:???
>>730
個別の事例を「どう判断するか」を聞いている訳だが。

>>732
なるほど、自分が理解してないから答えられないことは自認するけど、因果関係を持ち出す人間よりはマシだと。
まあ、因果関係の問題じゃないのは明白だから、その通りだとは思うよ。

でも、上で言われている因果関係というのは、犯罪成立要件の中で一般に言われる「因果関係」のことじゃ
ないんだろうということまで、理解できていたらなお良かったな。

上の方の話は、その人数をどう判断するかという基準について、実行行為によって発生させた危険の「因果が及んだか
どうか」という基準を使うべきだと言っているんだろう。
「因果関係」という表現が合っているとは言わないが、意図していること自体はそんなに的外れではないとは思うし、
自分なりに考えているのは立派だと思うよ。

ま、初学者スレなんだから、表面だけ見て切り捨てないで、意図くらいは察してやろうぜ。

735 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:56:20 ID:???
まあそれも含めて個別の事例によるよね

736 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:56:59 ID:???
>>735
ちょっと醜いな。

737 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 18:58:15 ID:JsRgpkWY
>>692です 遅れてスミマセン

受かった大学は高崎経済大学・地域政策学部です
地元ということと科目数が少ないのでセンター1週間前まで勉強せずに来てしまいました
受験後、将来自分は本当は何がしたいのかと考えたときにこの大学で学びたい、と思えることができませんでした
この大学に通いながら自分で法律を学ぼうとも考えましたがこれは無理がありそうで・・・
かといって、群馬に大学に通いながら法律を学べる予備校はなさそうなので・・・
その結果、浪人して法学部に行ったほうが良いのかな、と思ってます
この浪人で頑張れないようではこの先法曹関係にはぜったいに就けない、という覚悟はできてます

読みにくい長文大変失礼しました

738 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:00:04 ID:???
>>受かった大学は高崎経済大学・地域政策学部です


逝ってよし


739 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:01:48 ID:JsRgpkWY
>>738
やっぱり自分の能力をわきまえたほうがいいですかね?

740 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:02:35 ID:???
「Xが自分の土地について、妻Yへの贈与の契約書までつくって妻に登記を移転しました。
この際、妻との相談は一切なし。Yは勝手に土地をZに売ってきました。
Xは土地を取り戻せるか。」
という(おそらく)単純な設例を素材に教えていただきたいのですが、

@まず、これは心裡留保でも虚偽表示でもない。
 なぜなら、心理留保も虚偽表示も意思表示が必要なところ、
 夫は妻に何らの意思表示もしていないから。
Aということは、93条、94条1項、2項を適用する場面ではない。
BYZ売買は他人物売買であり、Zは所有権を取得できない。
C登記に公信力がないので、やはりZは所有権を取得できない。
DZを救済できないか。94条2項の類推の基礎があるか。
 Zの信頼した外観は、X自らが作出したものである。
 判例によれば、いわゆる意思外形対応型(+本人作出型)である。
 Zの無過失までは要求されない。

このような流れでよいのでしょうか。
間違っている部分があれば指摘して頂けないでしょうか。
ホントに基礎的な部分だと思うので、完全に理解しておきたいです。
特に、@とDが自分の中であやしいです。


 



741 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:04:17 ID:???
>>737
アメリカのロースクール制度って知ってるか?
アメリカでは、色んな学部を出た人が、大学院であるロースクールに入って法律を必死に勉強して、
自分の出身学部で学んだことを生かしながら法律家として活躍していく。

お前だって、それと同じことができるんだぜ。地域政策について精通した法律家を目指すことだって
十分に可能だ。

一年浪人してお前の貴重な金と時間を大量に使うくらいなら、予備校の通信講座(DVDとか
インターネット受講)を生かして、自習すれば良い。そして、4年後に既修で入って2年間勉強して、
司法試験に受かれば十分じゃないか?その方が1年早く法律家になれるし、金もむしろ遥かに安い。

法学部の教育なんてどうせ大したことはないし、どうしても講座を受けたければ教授に頼んで
聴講させて貰えば良い。これはその大学に法学部があれば、の話だが、法学部がなくたって、
通える範囲の大学の法学部の教授に頭を下げて聴講させて貰うことだって一応できるしな。

742 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:04:32 ID:???
>>732
はぁー未遂に因果関係が必要なんて、珍説でもなんでもないだろ
西田や山口が堂々と主張してるぞ

お前初学者なんだから黙ってろよ

743 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:05:15 ID:???
>>739
家は金持ちなのか?
この試験は金がかかるからな
バイトとかしてるようじゃぜったいに受からんぞ

744 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:06:46 ID:???
だから、通販があるだろ。
テープとかDVDとか。
行政書士ぐらいなら、通販でも十分受かる。
通うのは模試ぐらいにしとけ。いろんな奴がいるぞ!

745 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:08:39 ID:???
>>741
つーか、アメリカにはそもそも法学部がないってだけの話なんだけどなw

746 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:10:17 ID:???
>>745
もちろんそうだが、今の日本の法学部も余り中身がないからなぁ。
ちょっと極端だが、東大文Iから法学部へ行くとかなら、価値があるかもしれないが、
その辺の大学の法学部ならこだわる価値があるのかどうか。

747 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:10:51 ID:???
>>739
能力をわきまえるとか馬鹿な事ぬかすな。
こんな便所落書きの雑音に耳を貸すな。
法学の勉強などどこでもできる。
予備校の通信講座でもなんでもいい。
法典全体を意識しろ。
趣旨を理解しろ。
定義を覚えろ。
問題を解け。
社会に関心を持て。
新聞を読め。
法は人間が幸福に暮らすための
知恵の結晶だということを忘れるな。
全力で法律家になれ。

748 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:11:39 ID:???
>>742
そんなおよそ実務から受け入れられない説は珍説にすぎない。
ヴェテは黙っとけ

749 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:13:26 ID:???
高崎経済大学・地域政策学部で司法試験目指すって・・・大丈夫なの?


750 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:13:50 ID:JsRgpkWY
>>692
>>737です
自分の大学には残念ながら法学部はありません
一応自分の学科に法律関係をちょっとかじった様なゼミはあるようです
4年間通販などで学びながら法科大学院を目指すのがベストでしょうか?

751 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:15:17 ID:???
>>748
14 :氏名黙秘 :sage :2010/03/17(水) 16:06:11 ID:???
11 :氏名黙秘 :age :2010/03/17(水) 15:07:29 ID:???
こんちは!
民訟で、双方が期日中の口頭弁論に出席しない場合において、判決するに熟したとき、裁判官は、当事者のいない法廷で口頭弁論の終結を宣言をするのでしょうか?
その場合、終結については伝えられず、当事者には判決期日が伝えられることになるのでしょうか?
実務では、どのようになっていますか?
>>11
ジツム、ジツムって言うやつはオツムが悪い。
法律の条文と最高裁の判例を調べてわからなかったら
憲法と正義と良心と条理に従って判断せよ。
よりよき実務をつくるのは未来ある君たちだ。

15 :氏名黙秘 :sage :2010/03/17(水) 16:11:33 ID:???
たしかになあ。
「実務ではどうなってるんですかあ」
お前、それを知ってどうする? 
実務なんてものは変化していくものだ。

今、現在の実務は、そうかもしれないが


18 :氏名黙秘 :sage :2010/03/17(水) 16:18:01 ID:???
大阪地裁の実務では
東京弁使ったら負けるってことだけ憶えておけ。

おまえもオツムが悪いんだなw

752 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:17:45 ID:???
>>750
学歴を上げたいという欲求がないのなら、その方が良い。
それくらいの年齢での1年間というのは凄く貴重だし、浪人生活なんかで無駄にするのはもったいない。

どうせほとんどの法学部の授業は大して役立たないし、受ける価値は余りない。法律関係をかじった
ゼミがあるなら、そこで法律に触れて刺激を受けながら独学していけば良い。

まあ、ほとんどの法学部生は4年かけても薄っぺらい知識しか身に付いていない。仮にお前が本気で
4年間独学でやったら、東大ローでも既修で余裕で入れる。それで十分だろう。

753 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:17:48 ID:???
危険なサ●ンバッグを、殺意を以てデリバリー中、出会った人物すべてに対して殺人未遂が成立するのだ。

754 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:18:51 ID:???
詐害行為取消権に関する質問です。

特定物債権を被保全債権とする場合、究極的には損害賠償請求権に転化し債務者の一般財産
による担保が必要だから、このような債権を被保全債権とすることも認められるとするのが判例だと思います。
また、詐害行為取消権の要件事実の1つに、「詐害行為前に被保全債権が存在していたこと」があげられます。

この2つの関係について、一般に詐害行為取消権が認められるあるケースで、
損害賠償請求権という被保全債権が詐害行為「前」に存在していないのではと疑問が生じました。

つまり、Xが唯一の財産である甲をABの順に二重譲渡し、Bが登記名義を得たケースについて、
(1) AがXに対して有する所有権移転請求権は、Bが登記名義を得た段階で債務不履行となる
(2) 損害賠償請求権に転化するのはBが登記名義を得た段階である
(3) 取り消されるだろう詐害行為はBXの譲渡契約であって、これはBが登記名義を得るより前の話である
それならば、詐害行為「後」に被保全債権が存在しているとなってしまうのではないか、との疑問が生じたのです。

このような疑問は正しいのでしょうか?間違いがあれば指摘してください。
自分では、(2)の理解が誤りで、被保全債権はあくまで所有権移転請求権で、損害賠償請求権はその内容だと
考えると上手くいくと考えてみたのですが……

755 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:18:56 ID:???
>>750
予備校の通信講座っていっても金がかかるからねー
あと、まわりに法律の勉強をしている仲間がいたほうがよいね

756 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:19:18 ID:???
併発事例の件だが
法定的符合説で数故意犯説を取ると、
故意を構成要件の範囲内で抽象化するから、
やろうと思えば未遂犯が無限に広がる(近くにいた人全員に対する未遂犯が成立)
することになるが、それでは余りにも不合理なので、新宿鋲撃ち銃事件の判決では、
併発結果(通行人の傷害結果)と実行行為の間に因果関係を要求した

錯誤の場合、意図しない客体に対する犯罪については、何らかの結果(殺人を意図していた場合なら傷害以上)
が発生して初めて問題になる
未遂とは、実行行為があって結果不発生の場合と、実行行為・結果があったが因果関係がない場合とがあるが、それとは別に、
この併発事例の場合、実行行為と結果(傷害)の間には当然に相当因果関係が必要となる(そうでないと、鋲撃ち銃を発射した後、
それとは何ら関係もなく転倒して死んだ通行人に対する殺人既遂が成立しかねない)
というようなことをマコツが論文マスターの解説で言っていた
要するに、意図した客体に対しては、実行行為あり結果不発生の場合および、
実行行為・結果ありしかし相当因果関係のない場合には未遂犯成立、

意図しない客体に対しては、実行行為あり何らかの結果発生(殺人意図なら傷害)の場合に未遂犯成立ということだろう
まあこれくらいのことなら論文の問題集に載ってると思うが
マコツもこの判例を読んだとき何を言っているのかわからなかったという

757 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:21:06 ID:???
おまえら、世間ズレしすぎ。
おまえら高学歴にとっては、学歴なんてそんな気にならないだろうけど、
依頼者となる素人さんからしたら大したもんだよ。
センセー大学どこですか?って聞かれて、チューオーです。って答えれば、
ああ、法科のチュウオウですね(ニコリ
って、会話が成立するんだから。

758 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:22:22 ID:???
デリバリー中の運転と、ラーメンに毒を盛る行為は誰が見ても1個の行為ではないだろ。

759 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:23:10 ID:???
>>754
まず、そもそも特定物債権が損害賠償債権に転化した後に詐害行為が行われたら、
文句なしに詐害行為取消権が成立するよな。詐害行為時点で金銭債権なんだから。

それを、特定物債権が損害賠償債権に転化する前に詐害行為が行われても、
特定物債権は究極的には損害賠償債権に転化するものだからOKとして広げたのが
有名な判例だ。

両者を混同しているように読めたのだが、どうだろうか。

760 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:24:03 ID:???
>>750
予備校に行く必要はない
おまえはこれ↓を受講しとけ

同志田大学法科大学院 UFO特殊講義(2単位)
http://sky.geocities.jp/lawyer7151/sub2.htm

761 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:25:06 ID:???
>>756
頭大丈夫でちゅか?

殺人未遂が成立するためには、傷害結果など不要

これ定説でちゅ

762 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:26:03 ID:???
>>750よ、通信大学はどうなお?

763 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:26:53 ID:???
>>725の問にどう答えるかの問題だよ。

764 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:28:02 ID:???
>>761
それは意図した客体の話。

765 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:34:08 ID:???
>>764
じゃさー俺の6畳一間のオンボロアパートに俺と友人がいたとして、ヒットマンが俺を殺そうとして、
ピストルを発射。
俺は怪我したけど、友人は無傷。

この場合、俺に対する殺人未遂だけで、友人に対する殺人未遂は成立しないということ?

766 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:34:57 ID:???
宝くじは無記名債権ですか?

767 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:35:20 ID:???
>>754
要件事実マニュアルの要件事実で二重譲渡条と事案との関係書いてないか?


768 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:36:59 ID:???
>>765
その「俺」と「友人」の位置関係による。
危険が及んでれば、殺人未遂。
危険が及んでない場合、例えば部屋の両端に分かれて立っていたとかで
当たりようがなかったら、未遂にはならない。

769 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:39:04 ID:???
>>768
その危険が及んでいたかどうかは、どういう基準で判断すればよいの?

770 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:40:02 ID:???
個別の事例による

771 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:42:16 ID:???
>>770
いや、結論は事案により分かれるのは理解できるんだけど、どういう基準で振り分けるのかを聞きたいのよ、、、

772 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:44:03 ID:???
新司法試験の合格と学歴との間に因果関係はない
だからといって誰でも受かるわけではない
やってみないとわからない

やってみるには莫大な金と時間がかかる
すべて考慮の上それでも法曹になりたいなら
法科大学院に入学すべし
いま良き師がいない限り未修での入学を勧める

学部の間は、たとえば民法と刑法だけをやるといいかもしれない


773 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:44:05 ID:???
個別の事例によるというほかない。

774 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:46:05 ID:???
トカレフかM45かどうか
ttp://i19.photobucket.com/albums/b180/skcoclis/M5501.jpg

775 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:48:39 ID:???
>>771
ちょっと基本書読み直して来いよ

776 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:49:36 ID:???
>>768
横レスだけど、結局、仮に殺人未遂で起訴された場合に、Pが友人の故意を立証する際の
Bの防御方法として結論に差が出てくるってことだと思う。
実体法上こうだっていう基準なんてありえないよ。

777 :776:2010/03/23(火) 19:50:16 ID:???
>>771に対する横レスに訂正

778 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:51:51 ID:???
基本書によると、
着手未遂で銃口が向いた稼動か

779 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:51:51 ID:???
>>772
無責任なことを言うなよ。

たしかに偏差値高い大学出身でなければ司法試験に合格できないわけではない。
でも、実際に合格できるのは高偏差値大学の出身者が大半。
地頭にはそんなに差がないけれども、環境からして大違い。
4年後にローに受かればいいけど、4年間独学で受からなかったらどーすんだよ。
1年受験勉強を頑張って、もっといい大学の法学部に行くほうが選択肢が広いだろう。

780 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:52:57 ID:???
>>769
普通の殺人未遂の議論とパラレルだよ。

相手に背中を向けて180度逆の方向に撃った場合、地球を一周しない限り当たらないんだから、
常識だけでも未遂にならないことは分かるだろう。
それは極端な例として、相手との距離とか角度とか銃の性質とか総合考慮して、当たる危険を
及ぼしたかどうかで決まる。

その危険の内容の判断は、実行の着手について769が採っている立場に従うだけの話。

781 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:54:46 ID:???
>>779
予備校を使って勉強しても4年後にローの既修にすら入れなかったら、それはもう司法試験ごと
諦めた方が良いレベルのような。

782 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:55:06 ID:???
ふと思ったんですけど、出入国管理及び難民認定法って、何で政令なのに「法」ってついてるんですか?
詐称じゃないんですか?

783 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:56:30 ID:???
>>782
国会の定めた法律以外に「法」と付けてはいけないなんて用語法はあったっけ?

784 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:56:35 ID:???
友人が無傷であれば一切未遂は成立しないという人もいるようだけど(>>756)、
珍説という理解でよろしいでしょうか?

785 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:57:08 ID:???
>>781
だから、もっといい大学の法学部に入っておけば、就職でも有利だろうし、
公務員試験に挑戦するという手もあるわけで。
少なくとも、4年間独学で頑張れというのは無責任すぎるだろ。

786 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:57:46 ID:???
>>784
756をそう読んだことがそもそもの間違い。

787 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:58:18 ID:???
>>784
その行為に、現実的危険がなければならないハズだが?

788 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:58:20 ID:???
>>783
株式会社以外に「株式会社」と付けてはいけないっていう用語法(というか法律)はあるね

789 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:58:25 ID:???
>>779
リスクを考慮した上でどうしても法曹になりたいならローに行けという当たり前の話をしたまで
大学を再受験しようがしまいがそれは同じこと
あなたの意見を否定しているわけではない

790 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 19:58:56 ID:???
大学時代の人間関係は人格形成にとっても大事なんだから、
その大学生でいることにモチベーションを感じないのなら、
浪人して上を目指したほうがいい。

791 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:00:22 ID:???
>>787
現実的危険がなければ実行行為性すら認められないハズだが?

792 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:01:38 ID:???
>>785
自分が無責任じゃないかのような言い方だな。

793 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:02:31 ID:???
>>786
えー傷害が必要って書いてあるじゃないですか?

794 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:03:45 ID:???
>>793
傷害結果が現に発生してるんだから、傷害について論じてるだけだろう。

現に当たってるのに、当たる危険がどうこうと論じてもしょうがあるまい。

795 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:05:09 ID:???
>>794
もういいです。
あなたが初学者だということがよくわかりました。

796 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:06:38 ID:???
だから、裁判なんて『事後評価』なの!
結果論からの評価に近いの。

797 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:06:52 ID:???
>>795
結果=傷害結果と読んだところがおかしい。
あれはあくまで例示で、その結果の中には「危険」も入ってるってことだよ。

危険犯とか、危険が結果として現に扱われてるだろう。

798 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:08:21 ID:???
>>797
からかってるのなら、やめてください。
>>756をよく読んでからレスをしてください。

799 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:11:25 ID:???
>>798
(殺人を意図していた場合なら傷害以上) というのは間違いだな。


800 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:11:47 ID:???
結果無価値は発生した『結果』に対して、誰がどこまで責任を負うか。
行為無価値は現実的危険のある『行為』を処罰するもの。

801 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:13:28 ID:???
純粋な行為無価値は完全に没落してるけどな・・・

802 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:16:04 ID:???
>>801すまそ
まだ読んでない。

「800の行為無価値は二元論による。」 と修正/注釈

803 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:17:51 ID:???
>>759
確かに勘違いしてます。判例読んで理解しました。

804 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:18:22 ID:???
>>792
少なくとも、
4年間独学で勉強してローに入れというアドバイスより、
1年間頑張って法学部に入れというアドバイスのほうがまともだろう。
大学の側から見ても、いやいや通われるより辞めてもらったほうが有り難いだろう。

805 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:20:56 ID:???
>>804
少し落ち着いたら?

806 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:21:29 ID:???
>>804
浪人=正しいという発想も安直だと思うけどな

807 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:21:39 ID:???
リッツ爺に弟子入りして、マンツーマンで指導してもらう

爺は大阪だから、大阪の大学に再入学又は編入する

これで完璧

808 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 20:51:39 ID:???
拙者、ラーメン食べすぎちゃった。gップ。
中国の日本向けのギョウザ工場で働いてる
甲が毒を混入させました。
貨物船(船長乙)に積み込んで日本へ。
大阪南港でフェリーと衝突
フェリーの乗客数100人がおぼれて死にました。
これで>>634
ウルトラバカということが
初学者にも納得してもらえるでしょう。

809 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:15:03 ID:???
>>766
宝くじは
当せん金付証票です。
当せん金付証票法により移転が禁じられてます。
無記名債権ではありません。
宝くじHPのクーチャン(くじらキャラ)にきいて。

810 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:17:45 ID:???
>>799
しかし、そうなると巡査を貫通した鋲が通行人に当たらなくても通行人に対する殺人未遂が成立してしまい、未遂犯が無限定になりはしないか。

811 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:19:58 ID:JsRgpkWY
ここで答えてる人達ってみんな弁護士?

812 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:23:47 ID:???
>>810
訴追裁量

813 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:25:47 ID:???
大平さんのような人の例もあるから
ひとそれぞれとしかいいようがない。

きみのようなひとのために
法科大学院の未収コースを創ったんじゃなかった?

814 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:32:05 ID:???
>>810
数故意犯説の発想からいくと、通行人にも殺意があったものとして扱われる訳だよな。
つまり、最初から通行人を殺す気だったとして考えて、未遂になるような実行行為かどうかで絞る訳。

上でも挙げた極端な話だが、殺意をもって180度反対側の誰もいない方向を撃った場合、
未遂なんて成立させないでしょ? 平たく言うと、当たる可能性が皆無なら危険が発生しないから
実行行為と評価できない。

815 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:36:07 ID:???
法定的符合説か、具体的符合説かは、そのほとんどが未必の故意の
問題に解消される。

そうでない事案を検討しなければならない。それは次のような事案だ。
Xは、Aに向かってピストルを発砲した。
Aの背後にはBがいたが、Bは車に乗車しており、XはBの車が防弾ガラス
付きの車であると信じていた。
しかし、実際にはBの車は防弾ガラスではなく、Bに弾丸が命中してBは
死亡した。



816 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:37:55 ID:???
>>811
@バカ アフォ 低脳 統合失調症 偽ワシ
Aぼくちゃん K.かおり 爺
Bベテ 元ベテ 旧試択一落 オヤジ 学歴コンプ
CFラン学生 ローの嫌われ者 三振予備軍
D悪徳弁護士 悪徳司法書士 悪徳行政書士
Eゆきずりの人 宅建受験生
Fやたら知ったかぶりするbocchan


817 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:40:58 ID:???
>>814
未必の故意が認定できるかどうかの問題ですよね。
>>815のような事案でも、Xの認識がどうだったかという事実かわからなければ、
事実関係がそれだけでは何とも言えないです。それだけで殺意は認定できないですよね。
修習でムカつくほど事実認定の訓練をさせられるので、そこで訓練してください。

818 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 21:41:01 ID:???
おいおい、
刑法スレがああいう状態だからといって、
こっちへ侵入すんなっちゅうねん。

819 :bocchan:2010/03/23(火) 21:53:58 ID:???
何かありますか?

820 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:08:29 ID:???
法解釈とは判例、実務を正当化する作業である。
教科書は学生に深く考えさせないように書くべきである。

前田名言集より

821 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:09:13 ID:???
>>819
おまえ何者?

822 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:13:59 ID:???
窃盗の盗品は通常没収することはできませんが、
追徴することはできるのでしょうか?

823 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:14:05 ID:???
>>821
修習生ですよ



824 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:28:11 ID:???
>>823
おまえのために税金使ってんだから
謙虚さをもって、カイトウしろよ。

825 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:33:56 ID:???
>>822
まず、国語辞典をひけ。
つぎに条文をよめ。

826 :bocchan:2010/03/23(火) 22:37:26 ID:???
>>824
あなたからお金を得ているわけではありません。弁護士になった後に公益活動
をするわけです。あなたにはまったくお世話になっているわけではありませんので
あしからず。

827 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:40:41 ID:???
>>826
あなたは
お米を
食べてないのですか?

828 :bocchan:2010/03/23(火) 22:41:44 ID:???
>>827
食べていない

829 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:47:13 ID:???
以上のやりとりコピペして
法務省の知り合いにメールしたぜ。

830 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:47:28 ID:???
>>828
基地外にエサをやんなよカスw

831 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:52:51 ID:???
>>825
なぜできると素直に回答できない。
自信がないのならその旨回答すればよろし。

>>822
というわけでできる。
ただ、普通はしない。

832 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 22:53:55 ID:???
>>819
>>452の質問に対して>>634の答えは成立しますか?
Yに対する殺人未遂を成立させるべきと思います

833 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:08:26 ID:???
>>832
毒殺の実行行為性を発送時説にたって認めたとしても、
Yが死亡したのは過失事故によるものであって、毒殺という危険性が実現したわけではない。
したがって、Yに対する殺人未遂は成立しない(かりに法定的符合説にたったとしても)。

834 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:08:32 ID:???
【なぞなぞクイズ】

○に入る文字はな〜〜〜に?

シオミ黄→要件→○○○○
















答え 黄 要件 
   き ようけん→シウマイ だ〜〜〜〜〜。

835 :bocchan:2010/03/23(火) 23:10:51 ID:???
>>832
キチンと質問をまとめてから質問してください。

836 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:16:52 ID:???
>>634
Yに対する殺人の実行行為がなぜ認められるのか

837 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:19:00 ID:???
【今回のまとめ】

民法は我妻榮 刑法は佐伯千仭 演歌は香西かおり

ってことでええな。文句ないな。


838 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:19:05 ID:???
>>833
>Yが死亡したのは過失事故によるものであって、毒殺という危険性が実現したわけではない。
>したがって、Yに対する殺人未遂は成立しない(かりに法定的符合説にたったとしても)。

ぜんぜんわからない…

839 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:22:36 ID:???
>>838
甲が設定したのは「毒殺による殺人」。
その実行行為の継続中に、たまたま過失行為によって事故死という出来事があったということ。
つまりかりに殺人の実行行為性を認めたとしても、Yの死は甲によって設定された
毒殺という危険性によって死亡結果が発生したわけではない。
よって、殺人罪は成立せず、自動車過失致死が成立し得るだけ。

840 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:26:21 ID:???
>>839
ちんぷんかんぷんだよ

殺人既遂にはならない理由としては、甲が創出した危険性が実現したわけではない、という理由でいいとおもうけど、
未遂を否定する理由にはならないのではないかな

841 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:29:58 ID:???
>>840
未遂が成立するには結果としての危険性が必要でしょ?
「毒殺という殺人行為」による危険が発生していないのでは?

※発送時説に立つとしても、毒殺による危険の発生が未遂犯成立のためには
必要という立場はあり得る。

842 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:33:50 ID:???
>>839
>かりに殺人の実行行為性を認めたとしても
そもそもここがわからん
どの行為にどんな危険性(Yに対する)があるのか

>Yの死は甲によって設定された
>毒殺という危険性によって死亡結果が発生したわけではない。

もっというとこれの意味がわからん
毒入りラーメンを発送させた行為をYに対する殺人の実行行為とみるの…?

843 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:36:58 ID:???
>>842
個人的には着手を認めるのは早いと思っている。
ただ、質問者が発送時に着手を認めることを前提にしているので、それを
前提に回答している。

そして、
実行の着手と未遂に値する可罰的な結果を区別することは可能と考える。
そうして、実行の着手はあっても、未遂に値する可罰的な結果が発生して
いないと考えた。

844 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:41:15 ID:???
>>841
どなたの説ですか?

845 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:42:47 ID:???
>>843
その考えは通説ですか、それとも有力説ですか?

846 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:43:18 ID:???
>>843
客体は「Y」だよ
Xなら早い遅いの話になるかもわからんが
Yに対してはいかなる危険性もないといってもいいくらいの事案では

質問者の意見を善解するのは大事だが無理があると思う

そして〜は何が言いたいのかさっぱり

847 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:43:51 ID:???
あ、われながら矛盾があるな。

まず、Xに対する関係で発送時に未遂犯としての可罰性を認めるかどうか。
→早すぎると思うけれども質問が肯定的なので認めよう。

かりにXに対する関係で未遂犯の可罰性を認めたとして、交通事故の被害者
Yにもその可罰性を認めるか。
→Yにはその危険性は及ばない。毒殺の危険性と無関係な事故による死亡結果だ。

と訂正する。

848 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:45:36 ID:???
>>847
初学者のくせになんで回答するの?
馬鹿なの?氏ぬの?

849 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:46:33 ID:???
>かりにXに対する関係で未遂犯の可罰性を認めたとして、交通事故の被害者
>Yにもその可罰性を認めるか。

意味がわからない
XとYは別だろ

850 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:49:25 ID:???
>>849
法定的符合説にたてば、故意はYにも及んでいるんじゃないか、だから未遂を認めるべきでは?
という趣旨の疑問じゃないの?

851 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:51:01 ID:???
>>850
客観面がアウトなら故意が出る余地はない

852 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:53:14 ID:???
>>851
だから毒殺の危険はYには及ばないと言っている。

853 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:57:12 ID:???
とにかくさーおまいら珍説は勘弁しろよ
ここは初学者スレなんだからさー判例通説でいこうぜ
有力説に触れる場合には一言欲しいよな

おまいらの珍説を刑法スレとか民法スレで主張するのは構わないけど、
ここでは、初学者に対する思いやりが必要だよね
もう大人なんだからわかるよな

854 :氏名黙秘:2010/03/23(火) 23:57:55 ID:???
>>852
毒殺の危険がYに及ぶかどうかという問題設定自体おかしくない?
それが及ばなくても「論理的には」他の危険性があるかもわからんのだから
直裁にYに対する危険性の有無を判断すればいいんじゃないの?

で、ラーメンの事案ではどうみたって認められないでしょ
それでおわりじゃないか

どうしたら故意の話になるわけ?

855 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:01:03 ID:???
>>854
はぁー?
Yがラーメン食う可能性があったんだから殺人未遂でいいでしょ

なにわけわからんこといっとるの?

856 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:01:18 ID:???
>>854
質問者の考え(おそらく)

・発送時説→殺人罪の実行の着手あり。=未遂犯成立し得る。
・法定的符合説→故意はYにも及ぶはず。
→殺人未遂が成立するのではないか?
って考えてるんじゃないの?

857 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:02:44 ID:???
東大ローや慶應ローで教えられてる、通説といっても良い理論を、珍説とか言っちゃうのはどこの底辺ロー生なのかな・・・?
それともローに受からなくて、予備校本で独学してる可哀想な無職さんかな?

858 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:03:57 ID:???
>>855
釣りか・・・?

859 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:07:22 ID:???
>>857
慶応って井田?それとも研祐?いや左斗志?
まともなのって左斗志ぐらいしかいないじゃんw

860 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:08:24 ID:???
>>856
うん、ありがとう。

ただ
>発送時説→殺人罪の実行の着手あり。=未遂犯成立し得る。
これが無理だからその後の議論は無意味だよねーってこと

861 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:08:30 ID:???
>>858
わからないなら黙ってろよ

862 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:14:32 ID:???
危殆化説に立っても十分実行の着手が認められる例だと思うけどね。
客に運ぶ出前のラーメンに毒入れて、客の元にはこべって指示してるんだぜ。
殺人予備罪なの?

863 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:18:11 ID:???
bocchanとかいうやつ、答えられないなら来なければいいのに。

864 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:18:51 ID:???
>>862
だから、Yに対する実行の着手が無いんじゃん。

865 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:19:54 ID:???
>>863
もう答えてんじゃないの?

866 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:20:45 ID:???
「キチンと質問をまとめてから質問してください。」と答えている

867 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:22:06 ID:???
>>864
仮に毒入りラーメンが無事に届いて、息子が食って死んだら、法定的符合説からは殺人罪成立じゃん。
危険性という面でも、同じ家に住む家族が食う可能性は一般人には認識可能でしょう。

868 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:24:39 ID:???
>>867
Xの息子が轢かれて死んだら甲は殺人既遂
Xらと関係ない通行人が轢かれて死んだら甲は不可罰
でいいですか?

869 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:26:10 ID:???
常識がないやつが刑法をするとこうなるといういい見本

870 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:26:28 ID:???
>>868
毒を入れた時点で実行の着手があると考えれば、少なくともXに対する殺人未遂は成立するでしょう
なんで不可罰なの?

871 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:29:49 ID:???
その常識とやらを振りかざして恣意的な処罰が行われないようにするために刑法理論がある。
結論がおかしいと思うなら、「犯罪成立要件の、これを満たさないので、犯罪不成立である」って具体的に指摘しろ。
下らないたとえ話とかお前のちんけな常識なんて何の説得力もない

872 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:33:10 ID:???
>>870
Yに対する関係で不可罰となるの?という意味です。

873 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:34:12 ID:???
>>866
そういうのを屁理屈という。
何も答えていないのと一緒。

874 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:34:54 ID:???
>>872
Yに対しても殺人未遂が成立します。

875 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:37:18 ID:???
だめだこりゃ

876 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:40:34 ID:???
>>872
法定的符合説・数故意犯説では、結果の発生してない客体に対する未遂犯を論じない。
これは、説の弱点とされてる部分だけど、別に上に書かれてるラーメン屋の事例に限った話ではないでしょ。
理論的な難点があるにもかかわらず法定的符合説が通説とされてる理由ってのはどんな本にも載ってるからわざわざ書かなくても良いよね

877 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:43:56 ID:???
抽象的法定符合説にたてば、XもYも等価です。Xに殺人未遂を成立させるなら、
当然Yにも殺人未遂が成立するはずです。
Xがラーメンを食べて死ぬ可能性があれば、同居の家族であるYもその可能性があったというべきです。
仮にラーメンがウィスキーであった場合と比較すれば明らかでしょう。

878 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:45:41 ID:???
>>876
はぁー?
論じないのはおまえだけだろ
わけわからんこというなよ

879 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:47:43 ID:???
お客様の中に中上級者の方はいらっしゃいませんかー

880 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:52:29 ID:???
毒入りラーメンがX宅に届かず、Xと同居の家族であるYが配達中に車に当たって死んだ
→Xに対し殺人未遂、Yに対し殺人既遂

毒入りラーメンがX宅に届かず、Xとは赤の他人である通行人Zが配達中に車に当たって死んだ
→Xに対し殺人未遂、Zに対し犯罪不成立

でいいですか。

881 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:55:06 ID:???
常識的な結論としては、そもそも実行の着手がないからXに対する殺人予備で良いの?
殺人予備には法定的符合説とか方法の錯誤は論じなくて良いの?

882 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:56:38 ID:???
>>881
「Y」についてね。
予備にもならない。

883 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 00:59:14 ID:???
>>880
それでいいだろ

884 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:01:59 ID:???
客に出前するラーメンに毒入れても予備にもならないのかよ
自首してきたら帰れって言うのか

885 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:02:58 ID:???
日本語がわからんらしい

886 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:04:01 ID:???
>>882
Fランクの方ですね。わかります。

887 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:04:35 ID:???
>>883
いい加減なことを言うな。

888 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:06:10 ID:???
何度も言うけど「Y」についてだよ〜(−−

889 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:07:54 ID:???
>>887
文句いってないで、反対意見があるなら述べなさい

890 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:12:27 ID:???
>>889
およそ人を殺す故意でおこなった行為により、およそ人が死んでいるのに、
片方は殺人既遂となり片方は犯罪不成立となるのは、不均衡です。

891 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:18:23 ID:???
>>890
前者は被告人が創出した危険が未遂結果に実現したが、後者は未遂結果にも既遂結果にも実現していないから、
当然の帰結であり、何ら不均衡は生じません。

892 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:24:45 ID:???
>>799
まあそこの部分はマコツ説だから
ある程度は自由に書いていいんじゃないか

893 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 01:38:10 ID:???
>>891
「被告人が創出した危険が未遂結果に実現したが」の部分がよくわかりません。
あなたの立場では、Yが配達中に車に当たって死んだのは「未遂結果に実現した」ことになるのですか。

894 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 02:08:09 ID:???
養殖池の水門を開いて鯉を流出させたら器物損壊になるという古い判例があります。
この場合、鯉養殖業者に対する威力業務妨害罪も成立し観念的競合になるという理解は正しいですか?

895 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 02:42:49 ID:???
>>894
状況による。
たとえば、深夜こっそりと誰でも操作しようと思えばできる水門を開けても
「威力」には当たらないだろう。

896 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 02:45:08 ID:???
威力と偽計の区別はよく引っかけに使われるところだよな

897 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 02:48:15 ID:???
偽計ってかなり文理から離れてるよね
まあどうせ法律以外で使わない言葉だから良いけど

どうでも良いが電気窃盗は盗んだのは物質じゃなくて
ギブスの自由エネルギーの高い状態を低い状態にして利用価値を減じたんだから
自然科学的或いは工学的には窃盗じゃなくて器物損壊だとか思う

898 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 02:57:03 ID:???
他人物にエントロピーを押し付けて自己物にネゲントロピーを獲得してるんだから領得罪すなわち窃盗にすべきでしょ。

899 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 03:34:25 ID:???
(´・ω・`)漫画、外国人参政権がわかる動画

http://www.youtube.com/watch?v=QdOypmZ46s0

900 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 04:42:33 ID:???
学生支援機構の奨学金を受けている方いますか?
手続きは入学してからでしたか?

学割定期もとっとと買ってしまいたいのですが、証明書(?)なども入学してからしかもらえないんでしたっけ?
初日は通常の切符を買うしかない、のですよね?
年度初めの定期売り場混雑を回避したいのにな…

学校というものに行くのが久しぶりなのでいまいち勝手がわからず。

901 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 09:09:09 ID:???
>>891
行為者が設定した危険は盛った毒で人が死ぬことの危険だろ?
毒を盛った行為を取り除いても出前の車で轢かれて死んだんだろうから
設定した危険が実現したとは言えないんじゃないの?

部下を車で出前に行かせて交通事故で人を轢いて死なせたのが
「危険が既遂結果に実現した」とされちゃったら
そこらの蕎麦屋も寿司屋もみんな殺人罪になりかねないよ。

902 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 09:26:34 ID:???
なるほど

903 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 09:29:56 ID:???
初学者の方ですね。わかります。

904 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 09:34:21 ID:???
>>895
つまり、スーパーに並んでいるパンにこっそりと縫い針を挿し込んだ場合、
偽計業務妨害と器物損壊の2罪が成立し観念的競合となる、ということで
いいですか?

905 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 09:45:34 ID:???
>>903
まぁ初学者が質問するスレだからね。

906 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:27:42 ID:???
>>788
会社法の条文よめ。

907 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:37:55 ID:???
ラーメンばっかり食ってるとジョーシキないばかになるよ。
きょうはギョウザにすれば。


908 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:39:58 ID:???
>>905
初学者のくせに
中上級者の答えにケチつけるな、ということ。

909 :626:2010/03/24(水) 10:44:03 ID:???
>>630
端的に、遺産分割後の第三者についての処理で、復帰的物権変動と言う表現は
妥当でしょうか?


910 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:45:41 ID:???
>>908
初学者の方がばかな論証してる中上級者より
ジョーシキあるね。
出発点がまちがってると、それにつづく論証がいくら精緻であっても
正解からどんどん遠ざかる。


911 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:46:45 ID:???
他人の物を盗んでから壊すと、窃盗罪のみ成立し、器物損壊の点は不可罰的事後行為となる、
と理解しています。

では、他人の金庫をその場で破壊して開けてから、中身の宝石だけを持ち帰ると
器物損壊罪と窃盗罪が成立し、両罪は併合罪になるのに対し、
他人の金庫を金庫ごと盗んで持ち帰り、自宅で金庫を破壊して開けて中身の宝石を手に入れると
窃盗罪のみ成立し、金庫を破壊した点は不可罰的事後行為となる、
との理解でよいのでしょうか?

912 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:51:30 ID:???
持ち帰れるほどの金庫にどれだけの価値があるんだ?
宝石と同様に扱って、窃盗で十分だろ。

913 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:53:11 ID:???
>>901
過失犯と故意犯の区別がつかないようだな。ww

914 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:55:32 ID:???
>>912
>持ち帰れるほどの金庫にどれだけの価値があるんだ?
こういうのを想定しています → ttp://item.rakuten.co.jp/nts/kin-lin-sg1050/

915 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:56:22 ID:???
(∩゜д゜)アーアー聞こえなーい


916 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 10:59:59 ID:???
>>914
利用価値を減滅させるのと、財産を減滅させるの区別がつかないようだな。ww

917 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:02:38 ID:???
>>916
その批判はよくわかりません。
>>912は金庫に財産的価値がないと言うので、金庫に財産的価値があるとの想定だとお答えしたまえです。

918 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:04:11 ID:QJTsYhXd
荒らしに餌やる奴も荒らし

919 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:05:45 ID:???
>>909
だめだめ。

920 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:13:47 ID:???
>>901
だから>>634で決着がついているのに今更蒸し返すな。

921 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:30:03 ID:???
>>920
そもそもYに対する関係で実行の着手を認めるのは問題だろう。


922 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:33:20 ID:???
>>921
質問者が実行の着手につき発送時説に立つんだから、そうなるだろ。

923 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:33:21 ID:???
行為無価値一元論によると、人形に対して殺意を持って発砲した場合、その思った相手に対して殺人未遂が成立し且つ器物損壊が成立する。だっけ?

924 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:34:25 ID:???
フレンドリー

925 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:34:53 ID:???
>>920
>>634
ウルトラバカという理解でいいですね。

926 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:35:11 ID:???
フレンドリー

927 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:35:48 ID:???
>>925
文句いってないで、反対意見があるなら述べなさい

928 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:36:30 ID:???
>>925
OK

929 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:36:54 ID:???
触るなよ

930 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:37:56 ID:???
>>927
ウルトラバカは聞く耳持たず。

931 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 11:39:30 ID:???
>>927
Yに死の結果発生+因果関係なし=殺人未遂なのに犯罪不成立としている

932 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 12:18:29 ID:???
あのー、ラーメンは息子の分まで配達してたの?

933 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 12:19:51 ID:???
>>931
笑えw

934 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 13:04:09 ID:???
初学者が答えるとろくなことがない。
控えてくれ。

935 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 13:21:54 ID:???
NEXT

936 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:03:10 ID:???
前略
おいそがしいところ
ものすごく、初歩的質問で申しわけありません。
うちは学部1年の女子です。
ワルにお金1万円かつあげされたら(財布はとられてません)
質問@損害賠償請求できるの?
質問A不当利得だと言って返してもらうのですか?
あまりにも簡単な事例ですが、教科書のどこを探しても載ってないので
不安になって、夜もねむれません。
よろしくお願いします。 草々

937 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:06:22 ID:???
初学者のための【未遂事例問題 回答の手引き】永久保存版

彼の行為が未遂で罰せられるかどうかを考察するときに大事な事。

「刑罰は、自分の行為について責任を負いうると考えられる
 能力者に対する非難を含んだ改善教育の処置である。」(佐伯千仭)

ラーメン事例にあてはめると
バイク事故で店主に刑罰を科しても
今度は人身事故をおこさないように
クロネコヤマトのリヤカーで事を行おうとするだけだ。

だいたいやね、店主とバイク事故は刑法的には何の意味もない。
これで、ラーメン、ギョウザ問題はこれでおシゥマイ。(拙者)


938 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:21:49 ID:???
>>937
まだやってるのか。
ほんまにあきれるわ。
ワシが口をすっぱくしていってるだろ

自動車事故などはよくあることだ。
よって、条件関係説であればもちろん、相当因果関係説であっても当然因果関係は肯定される。
佐伯千仭をよく読みなさい。

939 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:31:06 ID:???
>>916

初学者に突っ込まれて、苦し紛れに意味不明な反論をする自称中上級者の方
ワロスw

940 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:42:56 ID:???
みなさ^^^^^^^^ん、938はわざとでたらめ書く
ニセワシですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

941 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:47:00 ID:???
>>911

>他人の金庫を金庫ごと盗んで持ち帰り、自宅で金庫を破壊して開けて中身の宝石を手に入れると
>窃盗罪のみ成立し、金庫を破壊した点は不可罰的事後行為となる、
>との理解でよいのでしょうか?

横領の封緘物の占有とパラレルで、
窃盗行為によって金庫の占有を犯人が取得したが、
中身の宝石の占有はいまだ被害者にあると考える。
金庫を破壊した点は不可罰的事後行為だが、
中身の宝石の占有を被害者の意思に反して移転させたので
この点で新たな窃盗罪が成立する。
結局窃盗罪2罪の併合罪となる。

942 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:48:16 ID:???
フレンドリー

943 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:51:20 ID:???
友愛

944 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:53:33 ID:???
【初学者スレの歩き方】賞味期限(ニセワシがアクキン処分くらうまで)

ニセワシに注意 たにんのレスをマルチコピペ。
いかにもリッツ爺のふりをして、でたらめかいて惑わす。
ひつこい。生来アラシ。

945 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 14:58:23 ID:???
AがBに家屋を賃貸して、BがそれをAの承諾を得てCに適法転貸した場合、
AはCに対し明渡を請求できませんが、このとき
「AはCに対して所有権(に基づく明渡請求権)を対抗できない」
という表現を使ってよいのでしょうか?

「対抗できない」というのを「一応権利は有しているけど主張できない」
という程度の意味に理解していたのですが、
条文(177条、467条など)に明示されている場合以外にどういう場面で使うべきか
よくわからないので質問しました。

946 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:01:04 ID:???
金庫盗むときに
必ず側面かどこかにキズをつけますよ。(器物損壊)
イラク戦争反対の張り紙一枚で器物損壊罪に問われる
日本の警察の怖さを知らないな。

947 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:11:39 ID:???
>>945
法律の条文読むときは
日本語としての通常の意味を大切にしろ。
国語辞典をひらく。対抗とは張り合うこと。
Cが自分が所有者だと言ってないのだから、
対抗もくそもない。

948 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:12:05 ID:???
器物損壊で1月以下を採るよりは、住居侵入をキッチリ問うだろ。


949 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:14:58 ID:???
【法学部新入生のためのwwww読みの技法wwww】

 高校の教科書   大学の教科書
 記述はほぼ正確  誤植多し。他人の著書のパクリあり。
 知識重視     論理重視、但し矛盾多し(若手関東学者)。

 以上のチガイを意識してよめ。
 「理論の世界に疑ふことの許されない権威はない」


950 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:21:47 ID:h+fRVGHu
判例で認めてられいる時効の援用件者は、保証人、物上保証人、第B取得者らしいですが、
債権者代位権が行使できる構成で、債権者が債務者のほかの債権者に対する債務の時効完成を
援用することは可能なのでしょうか?

951 :945:2010/03/24(水) 15:22:01 ID:???
>>947
そうすると
賃貸人と賃借人の合意解除が適法転借人に"対抗"できない
(大判昭和9・3・7)という言い方もおかしくないですか?

952 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:29:32 ID:???
>>951
「そうすると」とその例との間をつなぐ表現をしろ!
それが説得力、説明能力というもんだ。

「そうすると…はおかしくないですか?」じゃ、何も言っていないのと同じ。
「そうすると、野球のゲームでサッカーが審判するっておかしくないですか」
でもとおる。

953 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:29:43 ID:???
友愛

954 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:32:36 ID:???
>>947

初学者に論破される自称中上級者の方
爆藁w

955 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:34:35 ID:???
>>952

初学者に論破されて、意味不明なレスをする自称中上級者の方

腹イテー

956 :951:2010/03/24(水) 15:36:15 ID:???
大判昭和9・3・7の転借人も「自分が所有者だ」とは主張していない。
所有者ではないが適法転借人なので明け渡す必要がないといっているにすぎないはず。
その点で、945の事例におけるCと同じではないか?
だとすると、945の事例で「AがCに対抗できない」ということもできるのではないか?
ということです。

957 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:36:49 ID:???
>>945
そこで「対抗できる」を使うのは正しいです。
この時期、ここは中上級者がほとんどいなくなるので、
間違ったことを書く者が少なくないことに注意しましょう。
もちろん、私も初学者です。

958 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:36:54 ID:???
1000

959 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:37:08 ID:???
対抗力
ttp://www.weblio.jp/content/%E5%AF%BE%E6%8A%97%E5%8A%9B

960 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:40:42 ID:???
「対抗する」とは両立しえない権利を主張することです。
所有権に基づく返還請求に対し、占有権原を「対抗する」ことによって
返還を拒む、という用語法は正しいです。

961 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:42:43 ID:???
『対抗力を得る』とは認められている権利を、当事者にはもちろんのこと、第三者にも主張できるということ。

962 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:44:00 ID:???
1000

963 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:48:07 ID:???
>>955
楽しんでいただけましたか?

964 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:48:34 ID:???
>>961
『 』は書籍名・雑誌名を表す記号ですが、なぜ強調の意味で『 』を使っているのですか?


965 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:50:37 ID:???
>>945は、所有権VS.賃借権
どちらも主張しあうわけだが、法解釈・適用により、その優劣が決まる。

966 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:51:57 ID:???
>>941
なんかおかしくね?

967 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:55:40 ID:???
次スレは立てなくていいよな

968 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 15:56:00 ID:???
>>964
何を使おうが、筆者の勝手だろww
ちなみに、書籍名・雑誌名を表すだけではない。
ttp://lightnovel.jpn.org/study/bracket.html

969 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 16:02:06 ID:???
>>951
ぜんぜんおかしくない。
おかしいのは
きみの頭。

970 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 16:03:51 ID:???
「対抗」とは上のほうで
賢いひとが言ってるように
張り合うという意味しかない。

971 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 16:06:31 ID:???
@対抗力@とは

ahe対抗力aheとは


972 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 16:08:27 ID:???
NEXT

973 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 16:42:01 ID:???
険しい道を覚悟せよ。
高崎経済大学で
地域政策を学びながら→予備校DVDで独学→
4年生でFランロー未収合格をめざしたが→
統廃合でFランなくなる。→
それでもなんとか低合格率のくそDローに入る
→奨学金で借金→いじめに合う→新試合格定員大幅削減
→それでも合格→修習費自己負担で莫大な借金
→イソ弁で過労→入院→なんとか一人立ち→事務所費かさみ借金
→依頼人とのトラブルで弁護士登録取り消し
→予備校の採点バイトで食いつなぐ
→息抜きに2ちゃんで知ったかぶりレス。

974 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 17:17:03 ID:???
大阪府立体育会館で大相撲やってます。
さきほど箕面自由学園のチアガールがボンボンで応援してました。
諸君も頭を柔らかくして、固定観念にとらわれるな。


975 :950:2010/03/24(水) 17:19:12 ID:h+fRVGHu
どなたかお分かりになられませんでしょうか

976 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 17:21:03 ID:???
>>975
なにが?

977 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 17:22:04 ID:???
1000

978 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 17:31:59 ID:???
>>975
「時効の援用 債権者代位権」 でググれ。

979 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 17:58:08 ID:???
シオプラ 206ページを参照。


980 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 18:06:27 ID:???
できるとかできないとか答えだけ憶えるな。
シオミが書いてる理由は暗記しておけ。口述で聞かれる。

981 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 18:36:29 ID:???
>>968
君の持ってる基本書で『 』を
 ・書籍名または雑誌名
 ・カギカッコの入れ子
以外の用法に使ってる例があったら挙げてごらんよ。

982 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:12:42 ID:???
>>981
たとえ、そうであっても、
それに従わなければならないわけではない。
バカ?

たとえば、
答案を書く際に、条文と問題文からの事実の引用を
「  」と『  』を使って、
使い分けていた旧試30位以内合格者もいた。


983 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:16:48 ID:???
「Aは『○×』と言った」みたいに、「」で括弧を使いたいときは『』を使うという用法もある筈。
964はちょっと独善が入ってしまっているのでは。

984 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:36:57 ID:???
>>983
それはカギカッコの入れ子で、『』の正当な用法。

985 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:39:04 ID:???
>>982
それは君自身が30位以内で合格してから言ってよ。

986 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:39:07 ID:???
>>984
そんなのは分かってる。「書籍名・雑誌名を表す記号」と勝手に断定してるからツッコミを入れただけ。

987 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:42:25 ID:???
>>986
だからといって、>>961における『』の用法が正しいってわけじゃないよね。

988 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:43:47 ID:???
>>982
>>961の『 』は条文の引用ですか?
問題文の引用ですか?

989 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:46:17 ID:???
>>987
そもそも、お前の発想が独善的すぎる。

2chのレスで括弧の使い方を自己流にやったって自由だろう。その意味で、正しいんだよ。
お前自身は利口ぶりたいんだろうが、TPOをわきまえられないアホだと恥を晒してるだけだ。

例えば公式な文書で使い方が指定されているような場合には、そりゃ指定されているルールに
従わないのが「間違い」になるだろうが、ここはあくまでただの2chだ。

990 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:50:19 ID:???
まあ、「ガイシュツは間違いだ、キシュツだ!それが正しい日本語だ!」とか
自治厨が騒いだらウザがられるのと同じだ

991 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:51:13 ID:???
>>988
バカ?

条文の引用なわけねえだろ。
じゃあ問題文の引用に決まってるだろうが。
読解力ねーのか?
んなことだからクソベテなんだよ

992 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:53:04 ID:???
>>990
今時ガイシュツなんて言う人いませんよ。
そういう意味では君は空気読めてないね。

993 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:57:25 ID:???
そもそもこんな2chごときで空気を読む必要あるのか?

994 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 19:59:00 ID:???
>>993
彼は空気を読めと言っているんじゃなくて「自分に従え」と言っているんだろ

995 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 20:01:29 ID:???
TPOをわきまえる=空気を読む=俺に従う

なるほど

996 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 20:02:19 ID:???
とーーーーーう!

997 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 20:05:13 ID:???
>>994
今時ガイシュツなんて言う人いない、という事実を述べると
なぜ「自分に従え」と言っていることになるのか。
いわく言いがたし。

998 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 20:05:52 ID:???
とーーーーーう!



999 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 20:07:17 ID:???
『』の使い方で、俺ルールに従えよ!ってゴネてるだけだろ

1000 :氏名黙秘:2010/03/24(水) 20:09:36 ID:???
とーーーーーう!


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)