5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第12話

1 :名無し募集中。。。:2008/07/19(土) 16:42:15.91 0
<一体、何処に行くって言うんだ
   _, ,_
川*’ー’)<<胸の高鳴る方へ

前スレ
リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第11話
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1215432711/

まとめサイト
 PC:http://resonant.pockydiary.net/index.html
携帯:http://resonant.pockydiary.net/index.cgi

掲示板 (感想スレ、作品題名申請スレ、あとがきスレ他)
http://jbbs.livedoor.jp/music/22534/

テンプレ>>2-16ぐらいまで

600 :名無し募集中。。。:2008/07/26(土) 17:27:27.63 0
8.

「…なーんてね。ちょっと脅かしすぎたかな」

あさ美は里沙の口にそのカプセルを放り込むと、今までとは違った脳天気な声を上げた。

「安心して。そのカプセル、普通の回復剤だし」

強制的に嚥下させられたことには少なからず不快感をおぼえていたが、
言われてみれば目覚めた時に感じた瞬間移動によるダメージが、少なくなったような気がした。

「…どういう、こと…?」

里沙は、あさ美の意図するところが読めないでいた。
さっきまでとは、明らかに様子が違う。
カプセルの中身は想像していたような睡眠剤などではなく、あさ美の言うとおりの回復剤には間違いない。
でも、どうして? 彼女は、何を考えている?

「愛ちゃんを助ける理由。さっきのなんて、嘘だよ」
「嘘…?」
「…単純に、あんな闇の中にいる愛ちゃんなんて見たくなかったし、
 ガキさんにも…ここからは逃げてほしいって思ってる」

里沙は、唖然としながらあさ美を見上げる。

「…さっきのは出来心のイタズラだったんだけど、ちょっとマジになりすぎたかな」

あさ美は里沙の目の前にしゃがむ。
冷静で冷徹な、刺すような目つきは今のあさ美にはなく、
別人のように穏やかな表情で里沙を見つめていた。

601 :名無し募集中。。。:2008/07/26(土) 17:28:49.69 0
「…何年一緒にいたと思ってるのさ」

あさ美は笑って、里沙の頭を撫でた。
その笑顔は、かつて共に過ごしていた時には毎日のように見ていたもので、
Dr.マルシェというダークネスのトップサイエンティストには似合わぬ、
やわらかくて、そしてどこまでもやさしい表情だった。

「ガキさんが愛ちゃんを想う気持ちの強さも、
 愛ちゃんがガキさんを想う気持ちの強さも、
 どっちだって揺るがないものだって、見ててわかってたよ」

里沙の頬を、一筋の涙が伝う。
あさ美はそれを親指で優しく拭うと、里沙の肩をぽんぽんと叩いた。

「リゾナンターは、この世界を変えなくちゃいけない。
 人々の心に巣くう闇を取り除く正義として、生き続けなきゃいけない。
 ガキさんもその使命を負ってるんだって思ってる。
 だから、ガキさんはここにいるべき人じゃない」

あさ美は、まっすぐに里沙の目を見て言った。

肩書きこそダークネスの幹部であり、構成員も恐れる存在と言われるけれど、
その心にはまだリゾナンターの意志が残っているのだと、里沙は心の中で喜んだ。

「じゃあ、こんこんも…!
 こんこんの力が今のリゾナンターにあれば、ダークネスだってカンタンに…!」

あさ美の手を握り、身を乗り出して訴えかける。
里沙自身が、元はダークネスの構成員でありながらリゾナンターになったように。
今のあさ美だってその志があればリゾナンターに戻れると、そう信じていた。

602 :名無し募集中。。。:2008/07/26(土) 17:29:59.13 0
「…ガキさんの気持ちは嬉しい。でもね」

あさ美は静かに呟く。

「残念だけど、私はもうここを出られない」

小さく首を振りながら、着ている白衣の袖をまくりあげた。
現れた二の腕は、里沙の知るあさ美の肌とは違い…、

「それって…」
「ダークネス“様”への、忠誠の証」

わざわざ「様」を強調しながらあさ美は言った。
白衣の下から現れたのは、腕を蝕むように描かれた鎖の模様のタトゥー。
確かにそれは、あさ美から自由を奪う枷に見えた。

「ダークネスに一生を捧げると誓って、このタトゥーが掘られて、それで一人前」
「一人前…」
「そう。組織内での階級を与えられて、昇格していける。
 例えば私みたいな研究員だったら、
 自分専用の研究室が与えられて、望んだ機材や材料も与えられて、
 好き勝手にいろいろな研究もできるようになる。
 もちろん、実力があれば…、だけど」

あさ美は腕をさすりながら、袖を元に戻した。
元に戻された白衣からは、タトゥーの存在は見ることができない。

「私がここを脱走しようとすれば、タトゥーの呪いが発動するの」
「呪い…?」
「そう、人じゃいられなくなる実験台になるか、身体ごと消滅させられるか、どっちか」
「……!!!」

603 :名無し募集中。。。:2008/07/26(土) 17:31:09.65 0
里沙は言葉が出なかった。
あまりにも淡々と語られるその内容は、あまりにも悲惨だった。

「どっちになるかはダークネスが決める。
 必要もなければ消滅させられちゃうだろうし、いい献体になるとすれば、実験台」
「じゃあ、こんこんは…」
「間違いなく、実験台だろうね。
 私が逆の立場だったら、こんな献体は放っておけない」
「そんな……」

里沙はその場にがっくりと膝をつき、顔を覆った。

「一緒に戦うことも過ごすことも…、もう、ムリなの?」
「…ガキさんがリゾナンターに戻るのであれば、
 基本的には、もう、できないよ」

あさ美は里沙に背を向けたまま、静かにそう告げた。

「…ひどいよ…」

里沙はうなだれ首を左右に振りながら、床を二度、三度と叩いた。

もう心を交わすことはできないだろうと思っていた昔の仲間。
思わぬ形で再会することになっても、里沙は心から嬉しいと思っていた。
ダークネスの中心人物たり得る地位に昇ってしまったあさ美が、
今もなお光の志を持ち続けていてくれたということに、
里沙は、また手を取り合うことができるはずだと大きな希望を抱いていた。

だがそれを、あさ美本人の口から否定された。
嘘でも、また笑いあえるのだと言ってほしかったのに。

379 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★