5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第11話

1 :名無し募集中。。。:2008/07/07(月) 21:11:51.19 0
<一体、何処に行くって言うんだ
   _, ,_
川*’ー’)<<胸の高鳴る方へ

前スレ
リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第10話
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1215179792/

まとめサイト
 PC:http://resonant.pockydiary.net/index.html
携帯:http://resonant.pockydiary.net/index.cgi

掲示板 (感想スレ、作品題名申請スレ、あとがきスレ他)
http://jbbs.livedoor.jp/music/22534/

テンプレ>>2-17ぐらいまで

184 :サボリンちゃんヽ( ゚∀。)ノ:2008/07/09(水) 21:59:48.51 0
>>179
いつでもカモンナ!

>>182
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

>>183
最近頭が悪くなったのはマルシェのせいだったのか

185 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 22:11:12.35 0
はみガキ?ガキさんにはみ出るおっぱいなどありません

186 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 22:57:23.79 0
ホゼナンター

187 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:17:51.38 0
ホゼホゼ

188 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:23:15.58 0
まとめちゃん改めサボリンちゃんがホゼナンターの一人とデート中という情報が
はい・・・はい・・・また詳細が分かりましたらすぐ知らせます

189 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:25:33.28 0
サボリンちゃんが撮られたらやばい!

190 :サボリンちゃんヽ( ○∀○)ノ:2008/07/09(水) 23:31:43.08 0
見つからないように変装やよ

191 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:38:11.91 0
>>ヽ( ○∀○)ノ
サボリンちゃん太った?

192 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:40:12.65 0
まとめちゃんダークネス印の高価な壷を売りつけられるのか・・・
かわいそうに

193 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:40:55.22 0
私ホゼタンター
今まとめちゃんの後ろにいるの

194 :サボリンちゃんヽ( ;∀;)ノ:2008/07/09(水) 23:41:01.74 0
>>191

195 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:45:44.72 0
メェルが届きました〜

196 :名無し募集中。。。:2008/07/09(水) 23:49:45.69 0
リゾナンターって全員右利きなんかな?

197 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 00:04:38.55 0
そだね
ハローなんちゃらにも左利きはごく少数だったような

198 :サボリンちゃんヽ( ;∀;)ノ:2008/07/10(木) 00:04:40.17 0
号泣しながら第11話突入関連更新

第10話dat追加・過去ログアドレス追加・現行アドレス更新

199 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 00:13:41.24 0
>>197
ありがとう

200 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 00:16:49.16 0
>>198
ご苦労様です
ダイエットも頑張ってください
でもガキさんの胸くらいやせ細らないように気をつけてください

201 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 00:33:01.08 0
   _, ,_
||c| ・e・)|

202 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 00:33:49.08 0
(#・e・)<やせるとかこれを見てから言えなのだ
http://toromoni.mine.nu/up/files/data/25/toro25526.jpg

203 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 00:47:21.00 0
>>202
それは偽者だ!
本物はこっち!
つttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/25/toro25524.jpg
見てこの平原感!うおおおおおおぉ!頭が頭がーーーーーー

204 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 01:45:38.15 O
な なんこれーーー

205 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 02:05:44.15 0
>>203
これサラシ巻いてるから

206 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 02:08:03.82 O
今更だけどさ…ガキさんの胸って本当に…無いんだな…

207 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 02:08:44.01 0
心が綺麗な人にしか見えないんだよ

208 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 02:34:42.50 O
胸が小さな娘は心が奇麗らしい

209 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 02:47:39.98 0
>>208
じゃガキさんの胸はれいなと小春しか見えないじゃんw

210 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 03:03:24.87 O
いやリゾナンターはみんな心が綺麗だと思うよw

211 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 04:10:43.17 0
明烏のホゼナント

212 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 05:01:20.40 0
寝る前のほぜなんと ノシ

213 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 05:22:02.58 0
今だ!撃て!昭和リアクション砲!
http://toromoni.mine.nu/haroga/files/data/hellogirls24855.gif

214 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 07:06:43.57 0
おはようのホゼナント

215 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 09:20:10.71 O
ホゼナンターパトロール中

216 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 10:38:21.38 O
>>208
そうか! だからダークネスには巨乳がばかりなの………


ん?まて?確か一人は巨乳じゃ………あれ?なんか寒くなってきたぞ……?

217 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 11:27:30.21 0
その双丘の振動がッ共鳴し合ってッ増幅するッ
http://jp.youtube.com/watch?v=fimdo--Wlzc

218 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 12:01:02.02 O
おっぱいなんかよりもっと大切なことがあるだろうにお前らときたら


219 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 12:18:15.44 O
パンツのことかっ!

220 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 12:31:46.16 0
尻だな

221 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 13:03:21.60 O
個人的には脚だと思うなあ

222 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 14:02:42.68 0
もうちょっとマシな保全はないのか・・・

223 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 14:19:22.67 0
電話線が壊れて3日ぶりにネット出来るようになった
ありがとうリゾナ・・いやNTT西日本さん

224 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 15:24:56.67 0
ティータイムのリゾナント

225 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 15:48:20.93 O
>>223
川=´┴`)<あ、それNTTの振りしたダークネス工作員ですよ。
      新しい電話線になんか仕込まれてはりますよ、絶対。

226 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 15:49:58.06 0
( ダ)<NTTの方から来ました

227 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 16:40:11.08 0
通信の秘密は守って下さいほぜ

228 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 16:54:17.65 O
ガキさんに膝枕で耳掻きをして貰うんだけど
全然 頭が胸に触れなくて 前や後ろに頭を動かすんだけど
「コラ〜!動かない」って怒られる
-夕刻のホゼナント-

229 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 17:02:16.48 0
文才能力がない亀井ヲタ的にはもっと亀関連を読みたい今日この頃

230 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 17:09:49.11 O
「文才能力」という言葉の時点でなるほど確かにと思ってしまったごめんw
気持ちは分かります
それでも結構偏りは減った感ありますね
ジュンジュンリンリンはどうしても少なめですが…

231 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 17:51:26.28 O
あとがきも増えますようにホゼナント

232 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 18:33:15.64 O
あとがきってどこまで書いて良いかわかんなくなるw

233 :名無し募集中:2008/07/10(木) 18:40:51.27 O
ゴメンナサイまだひとつも書いてなかった

234 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 19:01:38.68 O
作品も書いたことないけど
ガキさんの胸の足しになるならあとがき書くよ
塵も積もれば吹き飛ばされる...あれ?

235 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 19:07:44.17 0
>>165ですが予定通り本日22時くらいに一本投下します
ないやいの本編の[Koha-Mitsu](3)888 『守るべきモノ 前編−無垢な温もり−』以降の作品及び
現行スレ>>118-126の作品を斜め読みしながらマターリお待ちください


236 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 19:22:02.41 0
>>235
待っとうよ!

>あの会話は絶対、仕事の会話なんかじゃない。
>ものすごく嫌な予感がする。

続きが気になってたっちゃ

237 :サボリン@変装中ヽ( ▼∀▼)ノ:2008/07/10(木) 19:46:24.84 0
作品を書いたことのない人は感想スレにドゾー

あとがきを言い訳じみた文章にしないためにまた文才が必要だったりするw

238 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 20:07:43.49 O
今書いてるのがまだ出来上がってもないのに先に
あとがき(言い訳)の文章を考えている人もおります

239 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 20:37:37.09 O
あとがきしたいがあまりに過去作品過ぎて躊躇われる
リクとかあっても良いかもな

240 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 20:47:43.13 0
まとめちゃんがハードル上げるからまた今度にしようかな
ガキさん胸大きくならないでごめんね

241 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 21:20:24.07 O
最近はあとがきスレに書かず自ブログであとがき書いてるヘタレもいるでよ ごめんなさい

242 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 21:56:37.28 O
そろそろ22時

243 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:00:18.60 0
それでは更新します注意事項は下記の通り

・短め(前編その2
・こんなの絵里じゃないやい
・架空の施設名が出てきています(全然重要じゃないですが
・徐々に増す鬱成分

以上ですそれではしばしお付き合いください

244 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:01:17.79 0
次は朝日病院前というバスのアナウンスに、絵里は弾かれるように停車ボタンを押す。
ゆっくりと減速して、バスは朝日病院前と書かれたバス停の前に停まった。
この病院に来るのは今日で4回目。
バスを降りた絵里は、小さくため息をついた。

今では半年に一度の定期検診くらいでしか、病院に行く用事がない絵里。
病院を見ると反射的にため息をついてしまうのは、心臓病に悩まされていた日々を思い出すから。
そして何より―――今はここに仲間が入院しているという事実が、絵里の心を曇らせる。
今日で入院してから4日目、今日こそジュンジュンとリンリンは意識を取り戻すだろうか。

あの、血にまみれたジュンジュンとリンリンを発見した日。
れいなの共鳴増幅能力によって増幅されたさゆみの治癒能力によって、2人の傷は塞がったものの。
意識を取り戻す気配がない2人を、皆で慌てて病院へと運び込んだ。

絵里にはよく分からないまま2人は入院することになったものの、2人には身寄りがいない。
里沙の提案により、比較的時間の自由になる人間を中心に付き添いすることになった。
普段はさゆみと行動することの多い絵里だが、お互い時間をずらして付き添いにあたっている。
今朝はさゆみが午前中に講義があると言っていたので、絵里がこうしてバスに乗ってやってきたのだ。

午後になればさゆみが来るだろうし、愛佳や小春も時間を見つけては顔を出してくれている。
夕方以降は里沙が来て見てくれるし今のところ夜間以外は常にリゾナンターの誰かがいて、
2人がいつ意識を取り戻しても大丈夫な態勢を取っていた。

いつまでもここにいたって始まらないと、絵里はけして軽快とは言い難い足取りで病院の正面玄関へと向かう。
その後ろ姿はどんよりとした雰囲気に包まれていた。
後少しで正面玄関というところで、絵里の背中にバシンという音と共に衝撃が走る。

245 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:02:08.65 0

「いぃったーい!」

「そんなどんよりとした空気背負って歩くんじゃないの、亀。
見てるこっちまで鬱になるでしょうがー」

「ガキさん…あれ、今日仕事は?
っていうか、もうちょっと加減してくださいよー。
心臓止まったらどうするんですか」

「有休無理矢理ぶん取ってきたのよ。
ごめん、ちょっと力強すぎたかもね」


振り返った目の前にいた里沙を見て。
絵里はつい大げさに痛がったことを後悔する。
ごめんと謝る里沙は、いつものような雰囲気は微塵も感じられない。
萎れかかった花のような、今にも崩れ落ちそうに見える里沙の表情。

自分だってひどく落ち込んでいるのに、絵里を元気づけようとわざとああやって振る舞ってくれた里沙。
その気遣いに気付かずに、ついキツい返しをしてしまったことを絵里は悔やんだ。
絵里の心が伝わったのか、里沙は苦笑しながら絵里の頭に手を伸ばして柔らかな髪の毛を撫でる。
優しい手つきに、少し泣きたくなった。

246 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:03:04.67 0
「さて、ここでダラダラしてるのもあれだし。
亀、とりあえずジュンジュンとリンリンのところに行こう。
2人を起こせるかもしれないから」

「本当ですか!
さっすがガキさん、頼りになるなぁ」

「褒めても何も出ないよ、第一100%起こせるかは分かんないから」


そう言いながら正面玄関へと歩き出す里沙の背中を、慌てて絵里も追いかける。
見慣れている背中が目の前にあるというだけで、先程までの暗い気持ちが軽くなってきた。
自分の単純さに苦笑いしながら、絵里は前を行く里沙の手に自らの手を伸ばして軽く握る。
握った手から伝わってくる温かさが心地よかった。



* * *


ジュンジュンとリンリンのいる病室へと着いた。
外傷はないものの意識が戻らないと言うことで、2人は大部屋ではなく2人用の病室に収容されている。
検診を終えた医師と看護師に、里沙と絵里は頭を下げて。

医師達が部屋を出て行くと、途端に病室は静かになる。
里沙は絵里の方を向いて、結界を張るようにと告げた。
その言葉に、絵里は目を閉じて精神を集中する。

―――淡いオレンジ色の光が一瞬病室に溢れ、病室は外界から遮断された。

247 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:04:12.95 0

「亀も成長したよね、前は結界張れって言っても
絵里できませーんって言ってたのに」

「いつまでも弱くて役に立たないままの絵里じゃないですよ。
この力で皆を守るって決めた時から、絵里なりに頑張ってますから」

「そっか…そうだよね。
亀は立派に成長したよ、本当」


そう言って笑う里沙の顔に、絵里は違和感を覚えずにはいられなかった。
絵里の知っている里沙は、こんな風に見ているこっちが胸を締め付けられるような顔で笑ったりしない。
その笑顔を見るのが辛くて、絵里は里沙に何か声をかけようとしたが。

里沙はスッと表情を消して、じゃ、亀しばらくの間頼んだよと言ってジュンジュンの手に触れる。
ゆらゆらと黄緑色のオーラが立ち上り、程なく里沙はジュンジュンの手に触れたまま床に座り込んだ。


「椅子あるんだから、椅子に座ってから能力使えばいいのに」


絵里は意識のなくなった里沙を抱えて、椅子に座らせようとする。
結界を張っている以上、誰かがこの様子を見ることはないのが救いだった。
もしも、こんなところを医師や看護師に見られたら大変なことになるのは間違いない。

248 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:05:31.65 0
抱えた里沙の体の軽さに、絵里は思わず声をあげそうになった。
元々痩せている部類に入る里沙だが、明らかに軽いのだ。
ましてや、里沙は今意識を失っている状態。
いくら軽いと言っても、意識を失った人を普通の女性が抱えて座らせるのは一苦労するものだ。
それなのに、軽々とまでいかなくとも普通に抱えることが出来る。

里沙を椅子に座らせながら、絵里は唇を噛みしめた。
覗き込んだ里沙の顔は意識がない状態なのを差し引いても、お世辞にも顔色がいいとは言い難い。
おそらく、ここ数日余り睡眠や食事を取っていないんじゃないかと絵里は思った。
この顔色を見られないために、里沙は誰かと鉢合わせしないタイミングで付き添いにきていたのだろう。

皆に心配をかけないように、表面上は努めて普通の状態に見せていたのだろうが。
その里沙の気遣いが、ただただ悔しかった。
辛いのなら、言ってくれればいいのに。
成長したよと言ってくれたけど、辛いのに頼らないのなら成長したよなんて言ってくれない方がよかった。

―――キリキリと、胸が痛む。


時間にしたら数十秒程度のことが、今の絵里には随分長い時間のように感じられる。
やきもきしながら、里沙が起きあがるのを待つ絵里。
落ち着かなくって病室内を歩き回っていたら、絵里の耳に衣擦れの音が届く。


「まずは、ジュンジュン成功っと。
次はリンリンだね」

「…ここ、どコ?
あれ、新垣サンに、亀井サン…」

「ジュンジュン!
よかった、目覚めたんだね」

249 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:07:20.18 0
ベッドの上に身を起こしたジュンジュンは、自分が何故ここにいるのか把握出来ていない。
ジュンジュンのベッドへと絵里が駆け寄るのを視界の端に留めながら、
里沙は今度はリンリンを起こすべくリンリンのベッドに近づく。
小さく微笑みながら、今度はちゃんと椅子を持って。

里沙がリンリンの意識下に潜り込んでいるうちに、絵里はかいつまんで状況を説明する。
大怪我を負った2人を回復させたものの、意識が戻らなかったので病院に運び込んだこと。
意識が戻らない2人を、皆で代わる代わる付き添いしていたこと。

話を聞いたジュンジュンは、絵里にありがとウございマスと頭を下げる。
意識がいつ戻ってもいいように付き添っていただけだから、と絵里は微笑んだ。
穏やかな空気が流れる中、絵里とジュンジュンはリンリンのベッドの方に視線を向ける。

程なく、リンリンも目覚めて。
リンリンにもジュンジュンと同様に説明をした絵里は、里沙の方に視線を向ける。

―――先程意識を失っていた時よりも、顔色が悪くなっている気がした。

思わず声をかけようとした絵里を、里沙は視線1つで制する。


(心配しないで、先生呼んで色々手続きしたら帰って寝るから)


そんな里沙の心の声が聞こえて、絵里は仕方なく口を閉ざす。
心配するなという意思がありありと浮かんだ瞳で見られては、何も言えなかった。
誰にも聞こえないように心の中でガキさんのバカと呟きながら、絵里はリンリンにも
ジュンジュンと同じように説明をする。
説明を終えたのを見計らって、里沙が絵里に声をかけた。

250 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:08:20.45 0
「亀、もう結界解いていいよ。
後は先生呼んで退院の手続きかな。
すぐに退院させてもらえないかもしれないけど」

「そうですね、意識戻ったからすぐにってわけにはいかないですもんね。
じゃ、結界解きまーす」


努めて明るく振る舞いながら、絵里は結界を解く。
解かれたと同時に、里沙は先生呼んでくるねと言って病室を出て行った。
きびきびとした動きに、絵里は少しだけ安堵する。


(そうだ、皆に連絡入れないとね。2人が意識取り戻したって)


絵里はジュンジュンとリンリンの方に向き直る。
2人に笑いかけながら、絵里は皆に連絡してくるねと言って携帯を片手に病室を出る。

里沙のことは気がかりだが、思いの他普通に病室を出て行った姿を見て多分大丈夫だろうと絵里は判断した。
里沙が先生を呼んで帰ってきたら、すぐに家に帰らせればきちんと眠ってくれるに違いない。
里沙の睡眠不足の原因は、たった今里沙自身の手によって完全に取り除かれたのだから。

ともあれ、2人が意識を取り戻したことに一安心する絵里。
病院の外に出るために、階段を下りようとする絵里の視界に飛び込んできたのは。


「ちょ、ガキさん!?ねぇ、ガキさんってば、ねぇ!!
…誰か、誰か来てください!!!」


―――階段の踊り場で倒れている里沙の姿だった。

251 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:09:17.43 0
>>244-250
更新は以上になります

252 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:24:27.83 0
鬱乙
喫茶リゾナントに皆の笑いが戻る日は…来ますよね、ないやいさん
どんな展開であれその3の投下待ってます

253 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 22:38:46.74 O
乙でした
誰一人としてがきさんの心を救ってあげられない事がツラい…
リンリンを起こした後で顔色が更に悪くなったのはきっと…

254 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 23:10:16.83 0
>>251
更新乙です
この続きは鬱成分がより増すんでしょうな
でも引き寄せられる魅力があるのです



255 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 23:43:41.97 0

ガキさんの薄い胸がますます薄くなりそうで、心が痛みます

256 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 23:50:42.65 0
普通の保全にならまだ胸ネタも許せなくもないけど
ガキさん=胸ネタって流れももういい加減にしない?
なんの関係もない作品の感想にまで絡めるのってどうなのかと思うんだぜ
自分もちょい前にシリアル書いたときに胸ネタ返されてちょっとって思ったし

257 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 23:51:40.10 0
そんなことないよ
ガキさんは胸が大きいって書けばガキさんの気も紛れるってものだ
それがたとえ嘘であっても

258 :名無し募集中。。。:2008/07/10(木) 23:53:09.45 0
ずいぶん前から言わなかっただけで胸ネタはウンザリしてたけどね


259 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 00:12:22.14 0
粛清人Aの能力って念動でよかったんでしたっけ?

260 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 00:16:45.07 0
>>259
能力は特に出てないと思ったけど

261 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 00:37:19.19 0
ヨーヨー使いと認識

262 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 00:42:54.15 0
>>260-261
あーヨーヨーがあったか!それで考えてみます
Rの能力でやらかしちゃったんで助かりました感謝です

263 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 00:49:49.61 0
ないやいですレスありがとうございました

喫茶リゾナントに皆の笑いが戻る日はきますが後数回はこういう痛い展開が続きますorz
いつかはガキさんの心は救われるような展開ですが100%の救いっていうのはないかもしれない
一応の決着点は頭の中にあるけどそれで皆すっきりよかったよかったと言ってもらえるかは謎です

ちなみにその3ですが既に書き上がっています
明日の夜にでも投下して週末は後編に取りかかりたいところです
今後もよろしくお願いします

264 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 01:44:13.88 0
ホゼナント
>>263
楽しみにしてます!

265 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 01:51:38.84 0
ないやいさんの書く物語は個人的にすごく好きっす
メンバーの特徴とらえててうまく表現されてる感じが読んでて画が頭に浮かびますw

266 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:38:39.76 0
真夜中のリゾナント

267 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:53:42.85 0
お話を投下します。

【注意】
@おんめーだれだよ…って、オリジナルキャラクターが出ます。
A長いので今宵、前半の9レスを投下します。



268 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:54:55.66 0


「愛ちゃん最近溜まっとーと?」

店の営業も終え、みんなでまったりと売れ残りをつついていたら、
れいながそう、口を開いた。ざわめく一同。
なぜか誰よりも慌てふためくガキさん。

「ち、違う!そういう意味じゃなかよ?ほら、最近開放しに行ってないっちゃろ?」
「意味わかんない!」
そう言い始めたジュンジュンを始めとする最近入ったメンバーに説明するれいな。

なんていうか、結構あーしの能力は生きる上で邪魔になる。
だから無意識に、また意識的に能力の制限を行っている。
言わば、高圧力で噴き出そうとする間歇泉に無理やり蓋をしている状態だ。

それは見えない、感じない形でストレスになってるようで
時たま全て発散しないといけなくなる。能力のほぼ全開放という形で。

結構これが厄介な代物で、知りたくないもんまで流れ込むようになってまうから
とても人のいるところで行使することじゃない
こころ酔い、なんてわからんよなー。
とにかくどっか違うとこで一日がかりでしないといけない。

一年に一回くらいすれば十分やけど、ほやの、最近はしてなかった。

「あーでも、今はだいじょぶよ。」
今は繁盛期でとてもあーしが抜けて回せるもんじゃない。


269 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:55:39.89 0

「アイタタタタ…」
なんかお腹痛くなってきた。と、さゆ。どうしたん、大丈夫け?
そしたらさゆは隣の絵里に肘鉄をする。
「あ、あ、なんか絵里ちゃんも痛くなってちゃったなー」
その声を皮切りに皆お腹を抱え始めた。
どうしよどうしよ?食中毒?

「こんなに痛かったら明日は休まないと〜」
そう言って携帯で明日の予定の変更の連絡を各々が始めた。
あーしもそうや、保健所に電話せんと!自己申告やよ!えと…電話帳…

「なんか治るマシタ」
電話の後口々に言うメンバー。
あかんって、食中毒や、新種やって。一度治っといて後でドンや!
そう焦ってたら、ガキさんが深くため息をついた
「あんたたち、芝居がクサい」


私たちでお店はなんとかするから、愛ちゃんは自分のこと考えて、
そう言われて、やっと気付く。あーしを休ませるために、ウソを?

「お土産きたいしてまーす」
キラキラ輝くメンバーの表情。もう否定の言葉は浮かばなかった。



270 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:56:26.92 0


能力のほとんど全てを開放すると、時計の長針が30度動いていた
軽い、体が軽い。重い鎖かたびらを脱ぎ捨てたような、そんな心地。

ここはどこだろうか。
適当に選んだ電車で突き進み、瞬間移動を繰り返し何時間もかけてここまで来た
人に会わないことはこの状態になる第一条件だ。
小さな瞬間移動を繰り返してついた、山の奥地の切り株に腰掛けている。

後ろの茂みがガサガサと揺れ始めた。
なにかの動物かな?パンダやったら面白いな…面白くはないわな…
今の状態なら何が来てもすぐ逃げられるけどの。

『ここまで来たら…誰にも見つからない』

不意に流れこんできた声にパニックになりかける。そんな、こんなところに、人?
落ち着いて感応を止めようとしたのに、
次に聞こえてきた声にその行為を中断せずにはいれなくなった。

『わたしは死ぬ…』

慌てて茂みに駆け寄り、覗くと「きゃあ」と声をあげて一人の少女がこちらを向いていた。
『な、なに?』『女の人?』『ど、どうしてこんなとこに?』
あーしは流れ込む声に少し不快な気分になる。
あれだけ時間をかけて開けた、簡単には閉めれない。


271 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:57:47.66 0

少女はそんなあーしの顔を少し怯えながら見つめた
『なんか睨まれてる』『でも、綺麗、とても』

「あ、あの、ここいらへんの人、かな?」
あーし、迷子になってもうて…
心の声はその言い訳に少々疑問を感じたようだが、
表面上少女は同情してくれ、自身の村に案内してくれることになった
村なんてあるんやな、こんなとこに。ま、あーしも人の事は言えんがの

「あ、でも、今大事な風習の時期なので…」
たいしたお構いも、できないと思います。あまり長居も…
【風習】その言葉を発した時、少女の声は大きくなった。心の声の方だ。

 帰りたくない まだ、考えたいことがあるのに

そう聞こえてきて、あーしは弱る。
どうしたらええんやろ。聞こえすぎるのはこういう時に困る。
そのくせ後先考えず飛び出したから、このような事態になったのだ。
死ぬ気?なんて聞けるわけないし、明確に助けを求める声だったわけじゃない
とりあえず、もう少しこの子と一緒にいよう

「あーし、高橋愛。あ、えと…」
「黒田麗奈です。」



272 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:59:10.17 0

『麗奈がかわいいねーちゃん連れてるぞ』『うわーすげえな』『しちーガールじゃね?』
『今日…か。』『かわいいそうにね…』『どうしようもない』

村に入って数人の村人の心と接したが、得られた情報は少ない
客人は珍しい。今日、麗奈は13歳の誕生日…だから何かがある。

「とりあえず、うちに来てください」
促されて質素な家に通された。

「麗奈!あんたどこ…お客さん?」
麗奈の両親が玄関に飛び出してきて、あーしを見回した。
『一体、誰なんだ』『どうしてこんな日に』
「この人、迷子になっちゃったらしくて…父さん、街まで送ってあげて。」
『…なんで今日』『早く追い出さないと』

明確に拒絶されたわけではないが、歓迎はされていない。
両親の心には、なにかはわからないがドス黒いものが渦巻いていた。
それを意識しないようにしているようだ。それは麗奈も同様に。
心の根底は揺らめくのに、表面はそれを意識しまいと必死になっている。

普段なら覗こうとはしないのだ
だが今日は違う。聞こえてしまうのだ、知ってしまったのだ


 黒田麗奈は、生まれる以前から、生け贄に選ばれていた
 そして、その役目を果たし、今日人生に幕を下ろす



273 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 02:59:48.93 0

この力を持ってみて初めてわかる。
人間はいくつもの鎖に縛られている。
むしろ、その鎖がないと生きていけない。縛られていたいとさえ思っている。

この村を縛る鎖、それは風習。
生け贄と呼ばれる名のそれで、一体感を得る。形式的にも、実質的にも。
まだ日本にこのような儀式をしているところがあったのか。
自分のような人間もいるのだ、世の常識なんてないに等しい。
だから驚きというより、悲しみが勝った。

『今日、私は死ぬ。この村の為に私は死ぬ』
なんて悲しい決意だろうか。いや、それを決意と呼んで良いのか。


生きることを否定された私たちと死ぬことを望まれるこの子。


似ている気がした。助けたいと、心から思う。
でも、どうしたらいいかわからない。
ガキさんならどうした?れいなは?みんなは?

この子を助ける力はある。
手を掴んで、光になって、あの喫茶店に飛んで行けばいい。
でも…それで良いの?それが最善策?



274 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 03:00:49.86 0

「…愛さん」
帰られる前にお話させて下さい。両親は麗奈のその言葉に動揺する。
すこしだけやで、そう言って彼女の部屋に入った。

「わかってるんですよね?私がこれからどうなるか…」
どうも、顔に出やすい性格だとは思っていたがまさかそれまでバレていたとは…

「逃げたくないんですか?」
「…ダメです。私が儀式に成功すれば、もうあと60年は誰も犠牲にならない
 両親も…この村で生きることができる…」
麗奈は力なく、でも真剣な目で笑った。
「わかってます、こんなの間違ってるって。」
でも、抜け出せない。その中で出来ることはこれだけなんです。

泣かないで下さい。そう言われて慌てる。
なんやの、涙。あかんて。この子が、この子がホントは泣きたいのに。

「代わりに泣いて下さってるんですね…」
ありがとう、そう言われて思わず麗奈を抱きしめた。
電気でも流れるように、夥しい量の感情が流れ込む。



あーしはその全てを受け止めた。悲しみも恐怖も全部全部。




275 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 03:02:04.25 0

「また、良かったら来て下さいね」
運転席の麗奈の父は、囁くように、心無くそう言った。
ああ、むしゃくしゃする。この親父をぶん殴ってやりたい。娘一人助けられないのか
それをしないのは、彼の心の声もまた悲しみに満ち溢れているから

車から降りると、見たことも無い駅だった。
彼はあーしが帰るのを見届けようとしたが、それを断る
「一秒でも長く、娘さんといてあげて下さい」
そう言うと、彼は強く拳を握り、車に乗り込んだ。

なんだか酷く虚しい気持ちになって、無人の駅を見回す。
そこに飾られた、一枚の仮面。神の遣いを模したとされる、それ。
彼が滝つぼに落ちた生け贄を神の御許に運ぶそうだ。
60年に一人、滝つぼに女を求める神とは、どのようなものか。

家族とは、親とはなんなのだろう。

親。自分には親はない。あの手紙によれば、組織から逃がす為に命をかけてくれた。
それなのに記憶を探っても、何の思い出も出てこない。
いないことに悲しみはないが、記憶の無いことに悲しみを覚える日はある

家族。その言葉を考えた時に浮かぶのは、リゾナンターの面々。
一人ひとりの顔を思い返して、れいなのところにきた時、先ほどの麗奈の顔とだぶった。


276 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 03:02:58.87 0

そうか、あの子は、初めて逢った時のれいなに似ている。
もちろん、あの子はれいなみたいに攻撃的じゃない。
でも、目に見えない苦しみを抱えながら、それをごまかして生きていた。
悲しみを表現して泣き叫ぶこともせず、表面では普通を装って生きる。

自分の体に溢れた、彼女の本心。




      死にたくない。




酷く不快な気持ちになって目を瞑った。
心の中が凝り固まって、息苦しい。

自分を乗せる電車はすぐそこまで迫ってきた。
あれに乗れば、いや、あるいは乗らずとも自分は帰れる。あったかいみんなのもとへ。


「あーし、何やってんのやろ…ほーやん、今日はストレス発散にきたんやで」




277 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 03:05:50.37 0

以上>>268-276 
これにて前半です。
後半も近々投下させて頂きます。


278 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 03:07:03.12 0
どわぁぁぁぁぁぁ
激しく待ってるから

279 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 04:33:48.41 0


280 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 05:18:35.70 0
wktk

281 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 07:13:11.25 0
おはようのホゼナント
>>277さんの続きwktk

282 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 08:11:59.21 O
おはようリゾナンター!

283 :名無し募集中。。。:2008/07/11(金) 08:29:38.14 0
うわぁぁぁ 乙です これは新しい
話のシリアス具合に似合わず麗奈ちゃんの服装が
どうしてもどピンク&ショーパンでイメージされるw


334 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★