5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

参加者募集中:資本共産主義

1 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 22:12:00 ID:9hvyfsHA0
立ったら解説する

2 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 22:29:42 ID:9hvyfsHA0
日本型資本主義は限界に達している。
なぜならば、多くの産業が機械化されて、単純労働がほとんど不要になっているからだ。
労働が不要になったなら、労働をしなくても普通に生きていけるはずだ。
しかし、日本では貯蓄がない限りそうすることはできない。
この理由は、軽減された労働力の分が人民に還元されていないからである。
いくら労働者を減らしても、労働者は新たな職を求めて別の産業に従事する。
そして、その産業も自動化が進んだり、斜陽になったりするため、また別の産業に移らねばならない。
この繰り返しによって、社会の中には、本来必要のない産業が大量に出現してしまった。
このままの状態が続くと、社会的に存在する意義のない職種が増え、社会の無駄はますます増えるだろう。
これを防ぐには、機械化によって得られている余った収益を、全人民に配布するしかない。
機械化を導入したときに追放された労働者は、収入があれば新たな職を求めなくても良かったが、
収入がなかったから新たな職に流れていった。
機械化自体はよかったのだが、その収益が正当に還元されなかったことが問題の根源である。

この考え方から、ベーシックインカムの導入が時代の流れであることが分かる。
ベーシックインカムは、全ての国民に一定の金銭を支給する政策であり、数十年前から多くの国で議論されてきた。
ベーシックインカムがなければ、職を失った労働者は、不要な産業を開拓して収入を得るか、
盗賊になるといったことになってしまい、どちらにしても社会の不安定化の要因となる。
日本社会は十分に発展しており、定額支給によって安定化を図る時期に来ている。

資産を集積し、それを運用すれば、生活費は支出できる。
今までの蓄積があれば、日本の環境では、安定した生活が可能な段階にある。
資本家が集まり、運用によって費用が出る状況になれば、住民は安全に生きられる。
政府が行わないなら、有志でするのが最もよい。

3 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 22:42:06 ID:aafgxiFT0
一人で勝手にやれ。
以上、スレ終了。

4 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 22:45:49 ID:9hvyfsHA0
ベーシックインカムは、日本でも堀江貴文らが注目しており、
ある程度先には導入される可能性もある。
実際、子ども手当は年齢制限付きのベーシックインカムともいえるといわれている。
しかし、現状ではまだまだ政府には期待できないし、支給額も子ども手当程度ではほとんど生活費には足りないであろう。
なので、自助努力で個人のためのベーシックインカムを確立することが求められている。
例えば、今までよくあったのは労働による報酬と、退職金、年金の形での、
定期収入であったが、それを不労化すれば、ベーシックインカムとなりうる。
ただ、額が少ない場合は軽労働で補助することが必要であろう。

一人1千万円の資産を100人が持ち寄って10億円とし、年率10%で運用すれば、
年1億円の収入になる。
これを一人当たりの生活費にすれば、100万円となるから、質素な暮らしならできる計算だ。
投資対象は何でもよいが、日本株などは避けるべきだ。
株は虚業であり、他人の人気によって大きく値段の差が出る。
もっと実業的な投資が望ましい。

安価な土地を購入し、食費なども節制すれば、年100万円でも余りが出るだろう。
実は、計算上はこれはあながち無理な話ではない。
日本の人口1億人と、日本の総資産2千兆円を計算すると、一人当たり2千万円になる。
日本人全員が投資家になり、年利10%の収益を上げたら、全員が不労生活ができることになる。
では、株や先物で年利10%の利益は上げられるのか。
実は、これらの者は国内に損する相手がいるのが通常である。
誰かが損しないと儲からないという種類の投資は、余りふさわしくない。

しかし、人数的には500万人程度までなら、不労生活に入り、日本の労働人口が減っても、
日本全体では大した影響はないはずである。
それ以上に拡大するときは、また考えればよい。

5 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 22:57:53 ID:9hvyfsHA0
望ましい投資対象は、食料とエネルギーである。
食料については、コメや野菜は、すでに専業農家でさえもやっと黒字という状態であり、
余り投資対象としてのうまみはない。
もちろん、自家消費分を生産する程度であればいいだろう。
エネルギーとは、電力などの換金可能なエネルギーである。
太陽電池の設置により、電力会社に売電すれば、その収益はかなり大きなものとなる。
最近、太陽電池の価格は大きく下がり、売電価格は国策で2倍になった。
投資対象としてはきわめて優秀だ。

工事費や交直流変換装置などを計算に入れた場合でも、投資金額の10%から25%が毎年返ってくる計算になる。
パネル価格の下落はまだ続いている。

もちろん他にも、為替のスワップ差益とか、安全な投資対象があれば、
検討には値する。

私たちは私有財産を否定した自然な社会を作りたい。
ある程度の資金がある人で、労働が嫌になった人は参加するのが生活にプラスをもたらすと思う。

6 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 23:04:00 ID:9hvyfsHA0
最終的な目標は、全ての財産権の廃止された社会の構築。
財産権は、社会が貧しかったから存在した。
それは社会の豊かさが一見上がっても、かえって強化されていった。
それはベーシックインカムがなく、私有財産を守らなければ生活できないからである。

贅沢を捨て、質素に生きることで、私たち日本人は、すでに不労生活ができる水準まで、
経済力は高まっている。
それを実感しよう。
まずはビジョンから先に決めていくべきだと思う。
どんな場所に、どんな施設を作るか。
どんな投資をするか。
どんな人を加入するか。

7 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 23:53:23 ID:9hvyfsHA0
太陽電池パネルは外国では1ワット1ドルが最安レベル。
1ワット当たり年1100〜1200ワットアワーの発電をする。
http://jp.sanyo.com/solar/feature/standard/index.html
1キロワットアワーあたり48円で売電できる。
パネル価格のみなら1年で約50%の収益だが、工事費などが必要なので、
大幅に下がる。
また買い取り価格は太陽光発電の普及に応じて、徐々に下がっていく。

しかし、昔の定期預金よりはるかに高利率であることは疑いない。

なお、風力発電については、地域による差が激しい上、国策で売電価格が高くなっているわけではないので、
大きく劣る。
太陽光発電はどの地域でもほぼ同じ収益が見込める。
北国は日照が弱いが、パネルは低温ほど呼応率がよいので、ほぼ相殺される。
ただし一般家庭用だから売電価格が高いが、かなり大規模にすると半額が適用される可能性がある。
せいぜい1軒当たり20kwまでだろう。

また、年利10%にこだわらなくても、複利で狙えば、年利15%なら余剰分を再投資できる。
こういったものは、法人化するとトラブルも少ないし、権利も明確になる。
まだまだ決めなければいけないことだらけだが、未来は明るい。

8 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/18(金) 23:55:08 ID:9hvyfsHA0
×呼応率
○効率

9 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/19(土) 13:47:30 ID:rFzX+Fta0
しかし、人数的には500万人程度までなら、不労生活に入り、日本の労働人口が減っても、
日本全体では大した影響はないはずである。
それ以上に拡大するときは、また考えればよい。


この文章でダメって事がよく分かった

10 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/21(月) 00:15:34 ID:Y0bifPRD0
土地の選定とか、あるいは海外移住などは有識者に任せる。
新規金融商品も、安全そうなのは歓迎。
法人化ノウハウもね。

11 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/06/22(火) 23:17:12 ID:mKp0EAtc0
http://www.blueskyinvestment.biz/fx/swap1_fx.htm
このように複数通貨を併用した為替取引でスワップポイントを多く得てリスクを減らすことが可能だ。
年利数割も可。
それじゃ危険と思うなら安全にすればいい。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)