5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ボトムズ風に毒男を語る

1 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:42:12
イケメンと毒男。
この2種類の男は、原因も定かでない戦いを25年も続けていた。
はじめは普通に暮らしていたが、俺が初恋をする頃には格差は拡大し、
二つのカテゴリに属する30億あまりの男たちが、戦いを続けていた。
…俺は戦った。
はじめは、努力すれば愛されると信じて戦った。
…だが、失恋は続くばかりで、終わりがなかった。
…俺は疲れた。誰も彼もが疲れていた。


2 :例えばこんな風に:2008/08/09(土) 23:43:46
イケメンの手を逃れた毒男を待っていたのは、また地獄だった。
破壊の後に住み着いた欲望と暴力。
恋愛が生み出したソドムの街。
悪徳と野心、頽廃と混沌とをコンクリートミキサーにかけてブチまけた、
ここは惑星地球の日本。

次回「ウド」。
来週も毒男と地獄に付き合ってもらう。

3 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:45:49
こういうスレ好きなんだよな
伸びてほしいな

4 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:46:37
食う者と食われる者、そのおこぼれを狙う者。
牙を持たぬ者は生きてゆかれぬ暴力の街。
あらゆる悪徳が武装する日本の国。
ここは恋愛至上主義が産み落とした惑星地球のソドムの市。
毒男の躰に染みついた失恋の臭いに惹かれて、
危険な奴らが集まってくる。

次回「出会い」。
毒男が飲むウドのコーヒーは苦い。

5 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:49:58
かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。
愛を守る誇りを厚い胸板に包んだ男たちの、ここは墓場。
無数のカリギュラたちの、
ギラつく欲望に晒されてコロッセロに引き出される2ちゃんねるの拳闘士。
魂無き毒男たちが、ただ己の生存を賭けて激突する。

次回「バトリング」。
回るターレットから、毒男に熱い視線が突き刺さる。

6 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:53:05
最も危険な罠、それは不発弾。
たくまずして仕掛けられた心の闇に眠る殺し屋。
それは突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。
現実は巨大な罠の街。
そこかしこで、信管をくわえた不発弾が目を覚ます。

次回「罠」。
毒男も、巨大な不発弾。
自爆、誘爆、御用心。

7 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:58:38
のんは禿です

8 :Mr.名無しさん:2008/08/09(土) 23:59:11
人の運命を司るのは、神か、偶然か。
それは時の回廊を巡る永遠の謎掛け。
だが、毒男の運命を変えたのは、女と呼ばれた、あの物体。
夏祭りの闇の中で走り抜けた戦慄が、今、花火大会に蘇ったらどんなにいいか。

次回「素体」。
ヂヂリウムのシャワーの中から美女が微笑む(夢を見て夢精)。


9 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 00:08:28
カップルという汚れの海に、見え隠れする女という氷塊。
どうやら、水面下の謎の根は深く重い。
人の運命は、神が遊ぶ双六だとしても、
上がりまでは一天地六の賽の目次第。
鬼と出るか、蛇と出るか、謎に挑む敵中横断。

次回「襲撃」。
毒男、敢えて火中の栗を拾うか。

10 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 00:10:58
ファウストは、メフィスト・フェレスに心を売って明日を得た。
マクベスは、三人の魔女の予言にのって、地獄に落ちた。
毒男は朝のワイドショーの占いコーナーに、己の運命を占う。
ここ、格差社会で愛を買うのに必要なのは、年収600万と少々の顔。

次回「取引」。
歌舞伎町の商売には死の臭い。

11 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 00:17:10
昨日の夜、全てを失くして涙の雨に濡れていた。
今日の昼、命を的に夢買う銭を追っていた。
明日の朝、ちゃちなプライドとちっぽけな怠惰が、毒男板に毒を吐く。
インターネットは妄想が作ったパンドラの箱。
質を問わなきゃ何でもある。

次回「救出」。
明後日、そんな先の事はわからない。

(とりあえずここまではやりたかった。後はまた今度)


12 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 00:18:11
続編、期待してます

13 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 00:23:29
むせる

14 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 08:37:19
こういうのって好きな人が延々とネタを吐き出して終わるスレだよね

15 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 11:17:33
俺の人生にファンタムレディーもココナも登場しないのはなぜだ?


16 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 12:46:11
>>14
だが、それがいい!

17 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 22:36:00
己の涙で濡れた肩。
地獄の毒男と人の言う。
日曜の街に、初恋の亡霊が蘇る。
中学校の教室、高校の図書館に、
無様と謳われた毒男装甲特殊部隊。
情無用、命無用の鉄騎兵。
この命、30億ジンバブエドル也。
最も廉価なワンマンアーミー。

次回「レッドショルダー」。
毒男、危険に向かうが本能か。

18 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 22:42:46
肉の塊が走る、跳ぶ、吼える。
毒舌が唸り、陰口が弾ける。
モヤシの腕が秘密の扉をこじ開けない。
炎の向こうに待ち受ける、ゆらめく影は何だ。
いま、解きあかされる、中学時代のニセラブレターの謀略。
いま、その正体を見せるいじめっ子の謎。

次回「逆襲」。
毒男、牙城を撃て。

19 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 22:46:44
一方的な片思いと失恋、憧れてたあの娘、毒男、彼氏、パーフェクトイケメン。
縺れた糸を縫って、神の手になる運命のシャトルが飛び交う。
天の川銀河に織りなされる、神の企んだ紋様は何。
巨大なタピスタリーに描かれたくそくだらねぇドラマ。
その時、毒男は叫んだ。
嘘だッ!!!!!と。

次回「絆」。
いよいよ絶望完了。

20 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 22:49:58
降り注ぐ現実。
舞い降りる幸せな人たち。
欲望と秘密と暴力の世界、人生が燃える。
圧倒的、ひたすら圧倒的パワーが蹂躪しつくす。
ささやかな望み、芽生えた愛、絆、健気な野心、
老いも若きも、男も女も、昨日も明日も呑み込んで、走る、炎、炎。
音をたてて人生が沈む。

次回「脱出」。
不死鳥は炎を浴びて蘇る。

(今日はこの辺にしておこうかな)


21 :Mr.名無しさん:2008/08/10(日) 23:05:36
自分で書いておいてなんだが、>>17の30億ジンバブエドルってのは、
俺の命の値段がいくらかを考えたら高すぎる気がする。
デノミされたらしいし…


22 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 05:40:46
GJ
これはいいむせるスレw

23 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:10:42
何もかもが、炎の中に沈んだ。
微笑み欠けた友情も、芽生え欠けた愛も、秘密も。
そして、あらゆる悪徳も同じだ。
全てが振り出しにもどった。
独身男性は死んだ魂を疲れた身体に包んで、泥濘と、硝煙の地に向かった。

次回「アッセンブルEX−10」
童貞は誰も愛を見ない。

24 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:12:51
遙かな孤独の闇を走り、幸福の街に曲折し、
動乱の泥濘に揉まれてもなお、キラリと光る一筋の光。
だが、この鎖は何のために。
手繰り手繰られ、相寄る運命。
だが、この運命は何のために。
炎熱のお盆に第2幕が開く。

次回「疑惑」。
まだ黒子は姿を見せない。

25 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:14:41
回る弾倉、起きる撃鉄。
こわばった指がトリッガーを引く。
撃針が、空の薬室を撃ち、虚しい音を立てたとき、
皮肉にも、生の絶望が魂を沈ませ肉体に溢れる。
ロシアンルーレット。
この、危険な遊戯が、これこそがこの世に似合うのか。

次回「掃討」。
弾倉が回れば、リスクが上がる。

26 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:18:09
愛を見たのが幻想なのだ。
心の渇きが幻想を生むのだ。
一方的片思いの果てに理想を見るのが幻想に過ぎないことは、
男の誰もが知っている。
だが、あの侮蔑の眼差しが、唇端の歪みが現実だとしたら。
そんなはずはない。
ならば、この世の全ては幻想に過ぎぬ。
では、目の前にいるのは誰だ。

次回「再会」。
劇的なるものが牙をむく。

27 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:22:09
変わる、変わる、変わる。
この世の舞台をまわす巨獣が、奈落の底でまた動きはじめた。
天が軋み、人々は呻く。
舞台が回れば吹く風も変わる。
昨日も、今日も、明日も、硝煙に閉ざされて見えない。
だからこそ、切れぬ絆を求めて、褪せぬ愛を信じて求めて。

次回「急変」。
毒男に向けた愛などあるのか。



28 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:24:13
失恋のための片思い。
絶望のための希望。
歴史の果てから、連綿と続くこの愚かな行為。
ある者は悩み、ある者は傷つき、ある者は自らに絶望する。
だが、営みは絶えることなく続き、また誰かが呟く。
たまには香水の臭いを嗅ぐのも悪くない。

次回「思惑」。
神も、ピリオドを打たない。

29 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:29:14
さだめ、絆、縁。
人間的な、余りにも人間的な、そんな響きはそぐわない。
火薬の臭いに導かれ、地獄の炎に照らされて、
天の川銀河の星屑の一つで出会った、
60億年目のユダとイエス。
これは、単なる偶然か。

次回「フィアナ」。
衝撃のあの日からをトレスする。

30 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:33:10
人は、労働に何を求める。
ある者は、ただその日の糧のため、頭を下げる。
ある者は、理想のために己の首を血潮に染める。
また、ある者は、実りなき野心のために、借金と請求書にまみれる。
雨は汚れた大地をみそぎ、流れとなり、川となって常に大海をめざす。

次回「遡行」。
人は流れに逆らい、そして力尽きて流される。

31 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:37:54
大いなる偶然が全ての始まり。
芽生えた意識は行動を、行動は情熱を生み、情熱は理想を求める。
理想はやがて、愛に行き着く。
愛はすべてに呵責なく干渉し、空回りの嵐を育む。
そして、放たれた雷は毒男を打つ。

次回「触発」。
必然たりえない偶然はない。

32 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:39:40
炎熱のジャングルが、狂気をはらむ。
それぞれの望み、それぞれの運命。
せめぎ合う欲望と、絡み合う縁。
弾幕をくぐり抜けたとき、突然現れた一刻の安らぎ。
沈みゆく夕陽に、二つの影が重なる。
だが、その影は毒男にあらず。

次回「錯綜」。
夜の闇が茶番を隠す。

33 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:42:00
このスレ観てると欝になりそうだ

34 :Mr.名無しさん:2008/08/11(月) 22:47:02
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : :.: : .::::::::::. : : : .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.: : : : : : : : : :.: : : : : :::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : .. : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :. : : : .. : : : :..: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::: :::::::::::::::::::: :::::::. : : : : : : : .: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:::::: ::::::::::::::::::: ::::::::. : : : : : : : : :. : : : :..: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::: .:::::::::::::::::::::. :::::::: : :. :.: : :.: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::.:::::::::::::::::::::::::::::::.:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::むせる:::::::: : :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
(ちょっと休憩)

35 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 00:23:36
嵐が吹かねば、太陽が輝かぬとするなら、
大地を走る無謀な風となろう。
戦いの果てにしか安らぎは来ないものなら、
己の血のたぎりに身を任せよう。
それぞれの運命を担い毒男たちが昂然と顔を上げる。

次回「横断」。
放たれた矢は、標的を射るか。
地に落ちるか。



36 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 00:24:09
崩れ去る信義、裏切られる愛、断ち切られる絆。
そのとき、呻きを伴って流される血。
人は、何故。
理想も愛も牙を飲み、涙を隠している。
血塗られた過去を、見通せぬ明日を、切り開くのは力のみか。

次回「潜入」。
毒男は、心臓に向かう折れた針。

37 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 00:26:41
時代は撓みに撓み、そして、放たれた。
絶望とは正にこれ。
孤独とは正にこれ。
デートスポットを荒れ狂う狂気と殺戮。
因習も伝統も火に焼かれ、波に飲まれ、過去へと流される土砂流。
悲劇は堆積され、歴史となり、神話となる。

次回「肉迫」。
毒男は、歴史の裂け目に打ち込まれた楔。

38 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 00:28:54
人生の旅が終わる。
振り返れば遠ざかる緑の地獄。
友よさらば。
薄れゆく意識の底に、仁王立つ数々の修羅像。
耳に残る叫喚、耳に焼きつく炎。
次の旅が始まる。
旅と呼ぶには余りに厳しく、余りに哀しい。
過去に向かってのオデッセイ。

次回「暗転」。
毒男は次の巡礼地に向かう。


(2、3日留守にするから誰か保守してくれないかな…)


39 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 04:23:47
>(2、3日留守にするから誰か保守してくれないかな…)

さ、サンサ行きか?


40 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 20:03:47
飛び交うブラクラとグロ画像、煽り、自演。
おれはこの時、2ちゃんに戻っていた。

毒 男 達 と と も に。

41 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 20:28:07
>>40
キリコ乙

42 :Mr.名無しさん:2008/08/12(火) 22:37:05
銀河の歴史がまた1ページ…

43 :Mr.名無しさん:2008/08/13(水) 00:32:03
言うなれば運命共同体
互いにレスし 互いにフォローし 互いに保守しあう
一人が五人のために 五人が一人のために
だからこそ2ちゃんで生きられる

「嘘を言うな!」
猜疑に歪んだ暗い瞳がせせら笑う
「お前も! お前も! お前も! 俺のために死ね!」
次回、『毒男板』
こいつらは何のために集められたか

44 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 21:32:47
まただ。
またしても俺は保守する羽目になってしまった。
だが何故だ。俺には保守する理由などない筈だ。

45 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:27:19
全ては、小学校の闇の中から始まった。
人は生まれ、人は死ぬ。
天に軌道があれば、人には運命がある。
炎に追われ、閃光に導かれ、辿りゆく果ては何処。
だが、この命、求めるべきは何。
目指すべきは何。
撃つべきは何。
そして、我は何。

次回「運命」。
目も眩む破壊の中を、毒男が走る。

46 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:29:28
孤独の闇を、ただ行く。
巨大な鉄の箱が乗せているのは、夢か、地獄か。
男の愛が、女の無関心が、巨大な鉄の箱の中で、育まれる。
毒男はゆだねた、姿現さぬ支配者に。
やがて破られるであろう、しばしの萌えを。

次回「二人」。
スペースオデッセイの幕が開く。

47 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:35:39
過去からの銃弾が、魂を射抜く。
傷ついた魂は、敵を求め暗闇を彷徨う。
独身男性の闇、独身男性の影、独身男性の痛み。
砕けたはずの過去、死んだはずの過去が、毒男の新たな謎を発掘する。

次回「幻影」。
病んだ魂は、戦いに安息を求める。

48 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:40:25
この、果てし無く広がる闇は、輝く星のためにあるとしたら。
今日という日が、明日のためにあるとしたら。
天国はこの地獄の隣にあるはずだ。
ここはもう充分に見た、充分に。
たとえそこが禁断の地であろうとも。

次回「不可侵宙域」。
だが、今日という日が、昨日のためにあるのだとしたら。

(あえて変えずにおいた)


49 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:44:54
何故にと問う。
故にと答える。
だが、人が言葉を得てより以来、問いに見合う答えなどないのだ。
問いが剣か、答えが盾か。
果てしない撃ち合いに散る火花。
その瞬間に刻まれる影にこそ、真実が潜む。

次回「イプシロン」。
飢えたる者は常に問い、答えの中にはいつも罠。

(これも)


50 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:50:13
愛の究極に、憎しみの究極に、ともに潜むのは殺意。
完全なる殺意は、最早感情ではなく、冷徹なる意志。
人は、神に似せて創られたという。
それでは、神の意志に潜みしものは、愛か、憎悪か。

次回「対決」。
毒男は、イケメンに挑発さる。

51 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:52:18
青い空、肥えた土。
かつて流された夥しい涙がこびりついた、不吉な土地。
ここには、毒男装甲騎兵団特殊任務班X−1、
レッドショルダーの悲しい涙痕が刻まれている。

次回「惑星サンサ」。
かつてこの土地には、赤い肩をした毒の悪魔が蠢いていた。

52 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:53:55
たとえそれが、夢の中の出来事であろうと、
思い出すのもおぞましい事がある。
まして、この身、この身体に染みついた失恋の臭いが、
逃れられぬ過去を引き寄せる。
目に焼きつく彼氏、耳にこびりつく笑い声。
青い星、惑星地球が呻く。

次回「死線」。
復讐するは、我にあり。

53 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:54:54
家族、望み、笑い、涙。
かつてこの心に息づき、溢れていたもの。
それらは、ある日焼かれて、ひと握りの砂となった。
砂は蒔かれて地表を覆い、砂漠となった。
いま、嵐が砂を巻き上げる。
怒りと悲しみの星の素顔が、荒れた空気に晒される。

次回「恩讐」。
吹きつける砂粒が、心に刺さる。

54 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:56:08
求めても、求め得ぬもの。
望んでも、望み得ぬもの。
狂おしいまでの渇きが、叶わぬ思いが、自棄とイジケを生む。
心に地獄を持つ者同士の、不可思議なる合意が、壮絶なる対決を生む。

次回「虜」。
流される己の血潮で、渇きを癒す。

55 :Mr.名無しさん:2008/08/14(木) 23:58:11
俺は疲れた。誰も彼もがみな、疲れていた。
だから途中半端であったとしても、俺は寝るのだ…。


56 :Mr.名無しさん:2008/08/15(金) 23:50:26
むせる


57 :Mr.名無しさん:2008/08/15(金) 23:52:36
あの日の あなたが・・・
むせる


58 :Mr.名無しさん:2008/08/17(日) 00:28:50
なぜ、どうして自慢する。
なぜ俺を見下げる。
ともに落ちた地の底で、互いの心の中を覗く。
そこには、荒涼たる砂漠の中、
闇夜に銃を求めて立ち尽くす、孤独な己の姿が在った。

次回「暗闇」。
死が互いを分かつまで。

59 :Mr.名無しさん:2008/08/18(月) 23:43:31
己の放った銃弾が、鏡の中の己を打ち砕く。
飛び散る破片とともに、見えなくなる自分。
遙かな宇宙の彼方、もう一人の自分を映し出す鏡を求めて、エロビデオ屋へ。

次回「パーフェクトソルジャー」。
この身体の中に潜むものは、何だ。

60 :Mr.名無しさん:2008/08/20(水) 01:20:25
始めから感じていた、心のどこかで。
強い嫌悪感の裏にある渇きを。
激しい嫉妬の底に潜む悲しみを。
似た者同士。
自分が自分であるために、捨ててきたものの数を数える。
声にならない声が聞こえてくる。

次回「仲間」。
一足先に自由になった毒男のために。

61 :Mr.名無しさん:2008/08/20(水) 04:23:56
【政治】 「児童ポルノ禁止法改正案」提出…漫画・アニメや、"たとえ大人でも見た目が子供"映像は3年後めどに検討★4
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1213344963/

【社会】 児童ポルノの摘発増大、「所持禁止」が焦点に…9月からの国会で審議予定
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1218440287/


62 :Mr.名無しさん:2008/08/21(木) 21:22:40
地表を覆う砂の一粒一粒に、無限の謎を秘めた星。
ここに全てがある。
イケメンが、失恋が、彼氏が、彼女が。
すべてのものがここに収斂される。
照りつける太陽、吹き渡る風。
静寂の中に、歴史が眠る。

次回「クエント」。
毒男は自分の過去に出会えるか。

63 :Mr.名無しさん:2008/08/21(木) 21:23:49
三次元を見捨てたのか、三次元に見捨てられたのか。
延々、悠久の時の流れを遡り、谷の底に行き着いた、謎の民アキバ系。
彼らが目指したものは何か。
彼らが恐れたものは何か。
天の川銀河の秘密が、この星に眠る。

次回「砂漠」。
3000年ぶりに稲妻が走る。

64 :Mr.名無しさん:2008/08/21(木) 21:28:02
秋葉原とは、秋に葉が茂る原っぱのこと。
数十年を経て、地の底に姿を隠した伝説の裏ビデオを追って、毒男が走る。
インターネットのネ申の秘蔵っ子とは。
ネ申の秘蔵っ子の野望とは。
全てを包んで煙る谷底に、己のルーツを求めて、毒男が彷徨う。

次回「遺産」。
毒男は追い、そして追われる。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)