5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カレーライスをかき混ぜて食べる男は

1 :名無しさん:03/08/17 04:14
嫌い

856 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:48:21
1/11

「不良と不倫する、婚外子を産む」オーラを出している女は、
目が肥えて男を見抜く力があっても、不良としか結婚できないよ。
「不良と遊ぶ」、「不良の肩を持つ」、「不良のお先棒を担ぐ」、「犯罪をもみ消す」
不良とつながりがあって不良の婚外子を産むくらいなら、はじめっから不良と結婚したほうが生産的だ。
やれ「邪悪な不良が操縦するリモコン女だ。不倫女だ。」と男から破壊工作員だと認定されたら、
首吊って自殺するか、不良と結婚するかのどちらかだ。
不良の手先と一緒に、わざわざ家庭を作る包容力のある男は、この世にいない。
自殺するよりは、不良と結婚したほうがイイよ。

男性用トイレでケンカの強い不良がチンポコを出しションベンしながら
ボソッと他の男にこう嘯き、仄めかし、宣言する。
「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。俺のリモコン女だ。」
野生動物が縄張りを主張する臭い付けのマーキングとか、敵陸軍の国境集結、
敵海軍の示威行動、敵空軍の威力偵察、敵外交官のブラフ発言みたいなもんだ。
それを聞いた他の男がどう思うのか?
内心「ありえねー。」と鼻で笑うか、
「あの女ならやりかねない。」とマジに受け取るか、という話だ。
このシチュエーションでは、その女の普段の振る舞いがモノを言う。
悪意あるプレイヤーが混じっている自然状態のリアル人間関係の場合、
つまり、自由恋愛の場合、自分(女)は「夫の子を産む女」か「婚外子を産む女」か
男性用トイレ室の雑談でどっち側の女にされているんだろうか?
自由恋愛の場合、女の普段の生活がいかに大切かということだ。
言った言わないの話だから、裁判に持ち込むのは不可能だ。
この話を聞いて「ムッ」としたり、胃がキリキリした女は不良と結婚したほうがイイ。

  ↓

>内心「ありえねー。」と鼻で笑うか、

「俺の子かもしれんがなwww」 これが正解

857 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:49:59
2/11

「不良と赤い糸フィルター」というものがどうやら女の一部の人にあるようだ。
不良の悪い部分の情報が女の脳に届く前に遮断され、
不良の良い部分の情報だけ女の脳の意識に届き不良が美化される。
不良が「大切な知人」を襲っているとき、その女の眼の網膜に襲撃の様子は映っても、
その女の脳の意識には本質的な意味が届いていない現象だ。
動物実験で脳の松果体を摘出手術されたサルが、
「ロウソクの火」や「ヘビのオモチャ」を怖がらなくなった挙動と部分的に似ている。
映画「嫌われ松子の一生」のヒロインのように不良男の心を
「卑劣極まりない鬼畜の性格」としては危険認識できないのと同じだ。
映画「嫌われ松子の一生」のヒロインは生活保護こそ受けていたようだが、
身の回りは悪意ある不良の吸血昆虫だらけでヒロインは殺されている。
母親の彼氏が、母親の子を殺しても、その母親は気がつかないのと同じだ。
そういう母親は、かつて、母子家庭の母親で、自分に子がいたことすら忘れる。
そういう脳内フィルター「不良と赤い糸フィルター」だ。
その女にとっては邪悪な悪魔不良が「お人よしの仏様」に脳内事実として見える。
そこで、映画の松子と違い、不良と結婚できれば、結果オーライ、強運の女でおめでとう。
家庭内で不良亭主に「サルカニ合戦」のカニとして扱われて虐待されても、
その女は自分の子孫が残せるでしょう。事実、そういう女は自分のDNA情報を残している。

次に、脳内事実として「お人よしの仏様」に見える不良に
女がナメた態度で接すると、大勢の人を不幸にし、女本人も腐乱死体になる。

「邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。」
この女は不良と結婚する気もないのに、不良を味方につけている。
これは、不良のことを脳内事実として「お人よしの仏様」として錯覚して、
かつ、「お人よしの仏様」として錯覚したまま不良をナメているからできる自爆テロだ。
その女は不良を絶対的な味方であると錯覚し、
不良の子孫を「婚外子、カッコウの托卵」でほかの男に押し付けようと企んでいる。
一方、不良にとってはその女に成績や立身出世で一時的な利用価値があるだけだから、
その女を捨てる(利用価値がセックスとは限らない)。

858 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:52:52
3/11

「不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。」
なぜ、不良じゃない男や仲の悪い男にわざわざチョッカイを出すのか?
人間の人生は複雑で、理論上、女にはそれぞれにいろいろな事情が想像できる。
・不良の世界の生活が嫌で嫌で、不良じゃない世界へ脱出したい。
・不良の世界は分かったけど、不良じゃない世界の情報も後学の為に集めたい。
・私は不良のメッセンジャーガールだ。オマエに不良から預かった重要な伝言がある。
・不良が邪悪な人間だと知らず、本能の赴くままに外部の男へ性欲が向いている。
・不良と不良じゃない男をわざとケンカさせるよう煽って、どちらが勝つか実験したい。
これ以外にも二股女の動機には、想像すればきりがないほど、いろいろな可能性がある。
いろいろな可能性があるとすると、ゲーム理論「囚人のジレンマ」で状況の変数によっては
「二股女と共闘」という選択肢もあるわけだ。

そこをお笑い芸人の爆笑問題の大学生の太田光は、その二股女とあえて話し合いをせず、
いきなり「二股だ」と叫んで二股女を孤立させ、その二股女をぶっ飛ばし、
他の女へ見せしめのために二股女を再起不能にした。
「囚人のジレンマ」の決断の判断材料となる情報変数を収集せずに、全力で「裏切り」を選択した。
ギャンブラーだからこそ、状況判断に必要な情報変数をあえて取りに行かなかったんだ。
結果的に、大学生の太田光は自分の人生を守り抜き、悪い虫も寄り付かず、
出世も果たした。大学生の太田光は人文系的な勝負勘を持つ、優秀なギャンブラーだった。

私なんてものは、こういう二股女に何度も遭遇する。
「不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。」
何度も何度も嫌な思いをして、やっと、こういう結論に達する。
この手の二股成人女は共通して不良を味方につけて、いろんなワルサをして、
いろんな人に迷惑をかけて、誰とも結婚できず、自爆してゆくキャラだと。

そして、「若い大学生当時の太田光の決断」と「過去の自分」とを比較して、
ああ、やっぱり私は馬鹿なんだなという思いに至る。
人と人との争いになると、だいたい人文系の勉強した人が勝つんだな。
政治の世界、それも叩き上げの世界に理系が少ないのはそういうわけだ。

859 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:53:26
4/11

「邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男(大学時代の太田光)にエッチなチョッカイを出す。」

平和論者で爆笑問題の太田光は不良男よりも足腰が弱いのに
その女の「うぬぼれ」「慢心」を生き残る最後のチャンスと見て、針の穴の活路を見出し、
天下分け目の関が原、前代未聞の華麗な脱出劇「島津の退き口」さながら、
http://www.nicovideo.jp/watch/sm195613
不良を味方につけたその女を予告なしの先制奇襲攻撃で撃退して生還し、
出世したから、正直、うらやましい。

「不良と赤い糸フィルター」が脳に仕込まれていて、かつ、不良をナメている女は、
私と太田光の2人のことを
極めて育児の上手い小鳥で有名なジュウシマツのオスのように見えたんだろうな。
「カッコウの托卵」に最も適した子育ての上手そうなジュウシマツのオスのオーラを私と太田光の2人は
出していたんだろうね。それで、そのジュウシマツオーラを出している私にカッコウのメスが
不良男の種の入った卵の托卵をしたくて何十羽も襲い掛かってきたんだ。

「ホンワカした育児の上手そうな」オーラは男の場合、
悪質なカッコウのメスを呼び寄せる悪い結果を招くという
男本人にとって不幸なオーラなんだな。
私は街を裸で歩いているわけでもないのに、不条理だ。
私がそれとなく「子供がキライ」と托卵カッコウ女に向かってウソを言っておけば、
「托卵押し付け目当て」のカッコウ女は寄ってこないんだろうね。
「子供がウロチョロしてウザったい」とそれとなくウソを言っておけば、
托卵カッコウ女の野心を惹起させずに済んだんだろうね。
今さらわかっても、後講釈の敗因分析なんてそんなの頭悪い証拠だし、人生は返ってこない。

左翼教師の誤情報に生活を流されず、受験勉強に勝って、人生を選べる立場になろう。
「勉強だけがすべてじゃない」とホラを吹く左翼教師の言うことに左右されない人間になって、
勉強して、イイ大学に入って、イイ会社に就職して、人生の足腰を強くしたほうがいい。
左翼は日本を解体すること、ひいてはあなたを破滅させることを企んでいる。

860 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:54:46
5/11

「邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。
 そして、不良じゃない男に振り向いて欲しくて(動機はカッコウの托卵、巣の乗っ取り、お金)、
 誣告をする。主犯は女で不良を共犯にして言いがかりをつけて勉強、仕事の邪魔をする。」

自由恋愛の時代、18歳以上の女が一生独身に決まるのはこの瞬間だね。
こういう女は不良をナメてるし、ほかの男へ押し付ける「托卵」を狙っている。
女の手は血まみれで、邪悪な悪魔不良に女の弱みを握られ、
女としての婚期をしゃぶられつくされることにさえ、その女本人は気が付いていない。
婚期を逃した芸能人は、それなりの報酬や名誉がもらえるのに、その女はタダ働きだ。
その女は不良の手先として生きて、悪の限りを尽くし(本人に罪の意識なし)、その間、幸福を満喫している。
そして、他人を巻き込んで自爆する。女もかわいそうだけど、こっちも迷惑だ。
警察を動かしたり、民事訴訟に持ち込むには証拠が必要で、
その証拠の確保や訴訟を起こす労力は大変だし、
仮に民事訴訟を起こしても、被告の女には賠償能力がない。
通勤通学途中でひき逃げされた気分だ。
不良はすべての責任を女に押し付けられる安全地帯の立ち位置にいて、
ちゃっかり自分の逃げ道を法的に用意してある。

男目線で言うと、18歳以上の女が邪悪な悪魔不良に頼みごとや相談をしていたら、
その女は不良と「鉄工所のアーク溶接」ぐらいの強い意志でくっついているとほぼ思ったほうがいいぞ。
女目線で言うと、不良に暴力や不正の頼みごとをして弱みを握られると、
婚期を不良にしゃぶられて、今の時代、「ほかの世界の男」とはほぼ結婚できないぞ。
若い女の人は、これ↓が悪いことだと理解してほしい。
「邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。」
悪に流されず、自分の婚期を大切にしてほしい。悪へ婚期を切り売りするなんて、もったいない。

大学受験試験日の翌日から死ぬまでは、本人の努力ではどうにもならないことが次々に起こる。
安全な世界を選べるよう人生の選択肢を持つため、勉強をがんばって、イイ大学に入ったほうがいいよ。
不良人間や左翼人間はウソをつくが、勉強はウソをつかない。勉強にエネルギーを投入すれば、報われる。

861 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:56:00
6/11

「『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
 私は不良男にいじめられるから、不良を味方にしている女とは、お付き合いをお断りしています。」

これを言うと、不良は普段から他人に言いがかりをつけたくてウズウズしているから、
「A子は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。」とトイレで言ってるくせに、
「なんだと、俺と仲良しのA子とは結婚できないだと。
 俺が紹介する女をバカにするってのは、それは間接的に俺様のことをバカにしているんだろう!(逆切れ、逆上)
 ふざけやがって、コンチキショー、この野郎、お前をぶっ殺してやる!
 一生、浮かばれないように破滅させてやる!勉強も仕事もできないようにしてやる!」
と私は逆切れ不良からもっともっといじめられる可能性があるので、
私がこんなことを言ったことは、コワイ不良たちへは内緒にしてください。実際はチクるだろうけど。

女が邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良とは仲の悪い男と自由恋愛で結婚するのは、
家の屋台骨を揺るがす女だと感じさせるので、難しいだろうね。
昔は不良と仲良くしていても、不良とは違う男と結婚できたのかもしれないが、
世は移り変わって、今の時代はそうじゃない。

私個人は何十人ものカッコウ女に言い寄られるくらい人気があったが、それは嫉妬を招くだけで、
不良にぶっ飛ばされて、学校や職場から追い出されたくらいいじめられたので、実体験を通じて
こういうことを書いている。私がいじめられているとき、カッコウ女は助けてくれず(なぜならカネ目当て)、
むしろ私に批判的な立場だった。カッコウ女は批判的である一方、同時に私へ結婚を迫ってきた。
私の出世を邪魔するカッコウ女の動機は、カッコウの托卵、巣の乗っ取り、お金だったのだろう。
また、私に損害を与えながら結婚を迫ってきたカッコウ女たちは、
保険として不良たちと結婚するほどの信頼関係も作っていなかった。
つまり、地球上のどの男とも結婚するほどの信頼関係を作っていなかったカッコウ女たちだ。
カッコウ女のやっていることは無茶なので、そのカッコウ女たちは、
もちろん丸ごとごっそり、一生独身に決まった。
人間集団全体がタイタニック号のように丸ごとドボンと一生独身になった。

862 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:56:55
7/11

『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
こういう女って、今の自由恋愛の時代、お嫁にいけないんだよ。
「不良と赤い糸フィルター」が脳に仕込まれている女は、「不良」と「不良じゃない人」の区別がつかない。
(女の深層心理では、不良を見分けて選ぶので、女本人は意識しないでちゃんと不良と仲良しになるが。)
また、映画「嫌われ松子の一生」のように
猛獣の不良男の縄張りに女が自分でしがみついているから、他人(私)の手では救いようがない。
映画の松子は「邪悪な悪魔不良」へ愛の忠誠を誓うが、問題児の女は不良と仲が悪い男へ求婚する。

別の視点から見ると
『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
こういう女は田舎者が多かった。
「わざわざ苦労してまで悪魔不良を味方につけて、不良と仲が悪い男へ求婚する。」
東京でこんなバカやるから、無関係の人を巻き込んで落伍者の女になる。
女が不良と散々遊んだ後で、その不良と直接にいがみ合う仲の悪い男と結婚し、
幸福を掴んだ話なんて、エロ漫画の世界だけであって、現実の世界では聞いたことがない。

田舎で居場所のない子は、体が丈夫で美人なら、、都会に来りゃ楽だけど、
楽な反面、周囲の親切な人でさえ間違いに気がつかず、誰も間違いを指摘しない。
「私が間違いをしたら、誰かがイヤな顔して教えてくれるだろう。」
相手の顔色を見るこのフィードバック戦略は東京でうまく行かない。なぜなら、フツーの東京人は
イヤな時に、人と人との無用の衝突を避け逃げるため、あえてイヤな顔をしないことがある。
みんなに聞きたい。
田舎では不良を味方につけると成功者になるの?田舎の成功体験を東京で振り回しているの?
それとも、こういう女は、田舎で居場所がないから、他人に干渉されない東京に来たの?
旅の恥はかき捨て、東京で無茶をやっちゃえってカンジ?

『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
こういう習性、生態は、決まってイナカッペの女だから、もうカッペは嫌いだ。
東京のやり手の不良男は、こういうカッペ女の婚期をしゃぶりつくして潰し、肥やしにして出世の道具する。

863 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 02:57:55
8/11

18歳以上の女が、好きな男のお弁当を作って献上する。
そうすれば、
男性用トイレでケンカの強い不良がチンポコを出しションベンしながら
ボソッと他の男にこう嘯き、宣言する。
「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。俺のリモコン女だ。」
それを聞いた他の男がどう思うのか?
内心「ありえねー。」と鼻で笑う。
自由恋愛の場合、女の普段の生活がいかに大切かということだ。

好きな男にお弁当を献上すれば、不良の男女離間工作は必ず失敗する。
お弁当だけが方法ではないが、横で見ていて「不良の男女離間工作」対策は、
東京女全員というわけではないが、東京女の大勝利だった。
東京の小学校、中学校、高校の体験で東京女は不良の邪悪さを裏の裏まで知り尽くしている。
そこで東京女は、東京の人間関係では
「不良の男女離間工作」対策をやらないとダメだと感じていたんだろうね。
不良がどんな悪い裏工作をしているのか具体的に知らなくても、
東京の小中高の学校生活で、不良が何をしでかすかは常識で知っている。
その不良や女ライバルがいなければ、東京女は男にお弁当の献上なんかしてないよ。メンドクセー
同僚に敵がいるから、好きな男にお弁当をわざわざ献上する。女の示威行動だ。
東西冷戦の「ベルリン空輸作戦」(1947年6月26日)と同じだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%B0%81%E9%8E%96

カッペ女は東京の不良を「女に幸福をもたらす存在」と決め打ちして人間関係を構築していた。
『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
カッペ女は東京の不良を味方であると錯覚しているのと同時に、その東京の不良をナメている。
田舎の女が「不良はいつも自分の味方である。」とあそこまで東京の不良を信用しているのは、
きっと田舎の不良は「女に幸福をもたらす存在」なんだろうね。
東京の不良は、田舎の不良とは真逆で、出世のためにカッペ女の婚期をしゃぶりつくすのだが。
私個人にとってだけ、カッペ女は不良を利する存在でNG。カッペ女は勘弁。
「羹に懲りて膾を吹く」じゃないけど、カッペ女にリスクをとってエネルギーを使う余裕はない。

864 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 03:00:24
9/11

『カッコウ・カッペ女が人生すべてを賭けて邪悪な悪魔の東京不良を全力で味方につける。
 そして、そのビッチが不良と不仲の男(私)にエッチなチョッカイを出す。』
女の動機はカッコウの托卵、巣の乗っ取り、お金だろうが、女の計画倒れで、つじつまの合わないところがある。
  ↓
不良の言動
「カッコウ・カッペ女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。
 こいつらは俺のリモコン女だ。」とトイレで言ってるくせに、
「なんだと、俺と仲良しの女とは結婚できないだと。
 俺が紹介する女をバカにするってのは、
 それは間接的に俺様のことをバカにしているんだろう!(逆切れ、逆上)
 ふざけやがって、コンチキショー、この野郎、お前をぶっ殺してやる!
 一生、浮かばれないように破滅させてやる!勉強も仕事もできないようにしてやる!」
不良は単なる女の敵で、同時に、不良は私にイチャモンつけたいだけ。
  ↓
取替えのきくバカの私は、その女にセクハラだのストーカーだの誣告される。
濡れ衣の罪の刑の執行はその女が不良に依頼し、ケンカの強い不良に因縁をつけられて破滅する。
私が破滅して、直接困る他人はいない。
  ↓
その女は不良の出世に利用され、不良にポイ捨てされ、独身老婆で腐乱死体となる。
腐乱死体となる女を尻目に、東京女が好みの男とダイレクトに信頼関係を作り、
結婚、出産、東京にマイホームと赤ちゃん。

「取替えのきく私をバカにしやがって ウワ〜〜ン(泣く)」
仮に私が東大生なら、ビッチが不良とセックスしながら私に求婚するなんて、
こんな私まで巻き込むビッチの自爆テロはされていないだろうね。

大学受験試験日の翌日から死ぬまでは、本人の努力ではどうにもならないことが次々に起こる。
安全な世界を選べるよう人生の選択肢を持つため、勉強をがんばって、イイ大学に入ったほうがいいよ。
不良人間や左翼人間はウソをつくが、勉強はウソをつかない。勉強にエネルギーを投入すれば、報われる。

865 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 03:01:50
10/11

『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
ホンワカした間抜けなオーラが漏れているヒエラルキーの低いひ弱なお坊ちゃまは、
これが遠くに見えたときから回避行動、国家総動員法制定、本土決戦準備をしたほうがいい。
「東京の不良」と「田舎者の女」の組み合わせチームは
プロの職業暴力団とまではいかないけど、それに近い危険な存在だ。

「田舎者の女」の動機は大阪弁で言う「アホボン」へのカッコウの托卵、巣の乗っ取り、お金だ。
で、このイナカッペ女は「東京の不良」にだまされて、とんでもない自爆テロをやる。
(カッペ女の思い描く夢が、単純なイカサマだけで実現するわけないジャン。)
このカッペ女は東京の不良にマインドコントロールされていて、ひ弱なお坊ちゃまの説得は受け付けないし、
会話の途中でカッペ女は精神錯乱を起こし、聞く耳を持たない。不良はすべての責任をカッペ女に押し付け、
カッペ女は自分ひとりで責任をおっかぶるよう証拠隠滅し
(カッペ女本人は自分の身を守る作業だと錯覚して証拠隠滅しているが)、
不良だけ法的に逃げのびられる立ち位置にいる。
不良の犯行動機は、同じ東京人の私にも良くわからないが、出世のためかな?
東京の不良は「四谷怪談」の伊右衛門のように、出世のために女を平気で踏み台にするよ。
+ ;
* ☆_+ 「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまう。」 by セフレ不良男
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',
       =  {o:::::::::( `Д´):::::} < 坊ちゃん、結婚して
         ':,:::::::::::つ:::::::つ
      =   ヽ、__;;;;::/ ビッチのカッペ女
           し"~(__)
カッペ女は18歳になっているし、坊ちゃんに救う責任も義理もない。

きっとこういう事、だったんだろうね。今の私はお坊ちゃまではない。都会の片隅に生きる貧乏な虫けらです。
安全な世界を選べるよう人生の選択肢を持つため、勉強をがんばって、イイ大学に入ったほうがいいよ。
不良人間や左翼人間はウソをつくが、勉強はウソをつかない。勉強にエネルギーを投入すれば、報われる。

866 :恋する名無しさん:2009/03/13(金) 03:06:43
11/11

「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。
 俺のリモコン女だ。俺の命令なら、どんな悪にも手を染める。
 使い捨てのゾンビーロボットだ。ヘッヘッヘッヘッヘ」
こういう不良たちに、カッコウのカッペ女たちは、ついていってしまう。

カッペ女は18歳になっているし、私人の坊ちゃんに救う責任も義理もない。
悪党の手先であり、婚外子を産む可能性が極めて高い女とは結婚したくない。
この手の女は、不良には丁寧で世話焼きで優しいが、他の男には思わせぶりな態度&悪口と誣告だけ言う。
この手のビッチのカッペ女は、悪口と誣告で相手を退学、退職させ人生を潰す。
加えて、女は損害を与えた事後の相手に求婚するという、つじつまの合わない人生を選択する。
危険な女の魔の手が届く範囲に自分の身を置くことになるので、危険な女へ説教さえもしたくない。

東京の不良の常套句、詐欺の本場のテクニック
「世の中コネだ。俺たちが結婚相手を紹介してやる。
 イイ思いさせてやる。俺たちと協調行動し悪に手を染めろ。」
東京女が鼻で笑うこういうウマイ話は、田舎女は信じてしまう。
東京にも「コネ」はあるにはあるけど、田舎者は口車の「コネ」に弱いね。
『邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
不良にとっての用事が済むと → 「オマエ、ブスだから結婚できないんだ。」とポイ捨て。
横で見ていると、はじめから不良男は女に結婚相手を斡旋する気ないよ。
東京女だったら、もともと不良に結婚相手を紹介する力はない、と知っている。
私が教えてあげても、カッペ女は会話の途中で奇声を上げて精神錯乱を起こすから、経験上、言っても無駄だ。
婚期過ぎたら、なかには挽回して結婚できる強運の女もいるが、普通の女は一生独身に決まる。
中途半端な田舎者の女詐欺師がこのクロサギのパターンに引っかかる。
田舎の事情は知らないが、東京文化圏のクロサギ事情はこんな感じだ。

低学歴のDQN世界で暮らしているのなら、「ビッチのカッペ女」の前でだけ1回自然に
「子供キライ」とウソを言っておいたほうがいいのかも。
やったことないけど、きっとカッコウのメスは子供嫌いの男に対して托卵をあきらめるはず。
チョカイを出さなくなるはず。

867 :恋する名無しさん:2009/03/15(日) 02:49:42
168 名前: すずめちゃん(東京都) 投稿日:2009/03/15(日) 02:45:18.39 ID:DONygVBa
「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。俺のリモコン女だ。」 by 東京の不良
東京の不良(黒サギ)に生き血を吸われているのがわかっていない、女詐欺師(カッコウのメス)だな。

+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',
       =  {o:::::::::( `Д´):::::} < 坊ちゃん、結婚して
         ':,:::::::::::つ:::::::つ
      =   ヽ、__;;;;::/ ビッチのカッペ女
           し"~(__)

悪党の手先であり、婚外子を産む可能性が極めて高い女とは結婚したくない。
危険な女の魔の手が届く範囲に自分の身を置くことになるので、危険な女へ説教さえもしたくない。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1061061283/856-866



171 名前: するめちゃん(宮城県) 投稿日:2009/03/15(日) 02:47:59.60 ID:LEiAqyog
>>168
 
中二病乙


868 :恋する名無しさん:2009/03/15(日) 12:23:49
12/12

『女が邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』
『その女は夫の子を産まずに、不倫で不良の婚外子を産む。いわばカッコウの托卵をする。』

普通の家庭で育ち成功した善良な男性は、モノの考え方が違い、人間観が違うので、
こういうゲスの世界を私に説明されても理解できない。
無理にゲスの世界を教えると、教えられた側の男性はバーサーク状態になり、私を攻撃してくる。
弁護士でもない人へ助けを求めるために、理解を求めたり、説明するのは、経験上、危険だ。

カッコウの托卵を狙うイナカッペの女に 「人間、話せばわかる。」 とコンタクトを取るのも危険だ。
カッコウのカッペ女は私へ思わせぶりな態度をし、同時に悪口と誣告で私を退学、退職に追い込む。
カッコウのカッペ女本人は不良からウソを吹き込まれ、私を騙して托卵できるという根拠のない勝算がある。
不良男の種の入った卵の托卵を私の人生に押し付けたくて、
その女の頭が一杯になっているので、私との意思疎通が成立しない。
私が教えてあげても、カッペ女は会話の途中で奇声を上げて精神錯乱を起こすので、経験上、言っても無駄だ。

これは、実際に経験しないとわからないことだね。

一方、不良は、カッコウのカッペ女の 『托卵したい』 という歪んだ乙女心に付け込んで利用し、
成績や立身出世でカッコウのカッペ女の婚期をしゃぶって食い物にしている。
不良は自分たちの陣営へカッペ女を引き入れるとき、
「コネで結婚相手を紹介する。」 と東京女が聞いたら鼻で笑うようなウソを言う。
;「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。俺のリモコン女だ。」
こんなことを私へ言う不良は 「コネで結婚相手を探す」 という能力も意志もない。
カッコウのカッペ女は 『コネ』 というウソを何でも信じ、貴重な婚期を不良へ差し出す。
不良にとっての用事が済むと → 「オマエ、ブスだから結婚できないんだ。」 とポイ捨て。

・カッコウのカッペ女は 『不良の遺伝子が入った卵を托卵したい』 という歪んだ乙女心を持っている。
・カッコウのカッペ女は不良の言う 『コネ』 というウソを何でも信じ、貴重な婚期を不良へ差し出す。
これも、実際に経験しないとわからないことだね。

869 :恋する名無しさん:2009/03/16(月) 12:38:07


870 :恋する名無しさん:2009/03/16(月) 18:03:42
13/13

『女が邪悪な悪魔不良を味方につけて、不良じゃない男にエッチなチョッカイを出す。』

・カッコウのカッペ女たちは 「好き、好き」 と一方的に騒ぐだけなので、嫉妬だらけにして、
 足元の不安定な坊ちゃんのオスの世界の人間関係を壊し居場所を奪う。
(以下、「カッコウのカッペ女」 を 「カッペ」 に省略する。)
・カッペは不良から、いつか結婚相手を斡旋してもらえると、根拠のない勝算がある。
 「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまう。」と不良は言うので、不良に斡旋する気はない。
・カッペは不良の言う 『コネ』 というウソを何でも信じ、貴重な婚期を不良へ差し出す。
・カッペは 『不良の遺伝子が入った卵を托卵したい』 という歪んだ乙女心を持っている。
・カッペは沢山の人に迷惑をかけ一生独身の捨石の女となる。腐乱死体になる。
・カッペは会話の途中で奇声を上げて精神錯乱を起こすので、私の経験上、話し合いをしても無駄だ。
・カッペは、たとえば 「嫉妬」 の字が読めないので手紙の内容を理解できず、
 悪意ある第三者の手に手紙が渡るので、不良に批判的な内容を書いた手紙を送るのは危険だ。
・カッペは私が話し合いをする姿勢を、セクハラ、ストーカーと誣告して、そういう男を退学、退職に追い込む。
・カッペは資産目当てなので、男を退学、退職に追い込むのは、これっぽっちの躊躇もなく、
 その後も大学や会社の外でその男にエッチなチョッカイを出す。
・カッペは不良からウソを吹き込まれ、「坊ちゃんを騙して托卵できる」 という根拠のない勝算がある。
・カッペは刑事、民事訴訟には一切協力せず、女が気が付く限りの証拠隠滅をする。
・カッペはケンカの強い不良を味方につけているので、足腰の弱い坊ちゃんの居場所はない。
・不良(インチキ企業の社風もあるが)は自分の縄張りさえ良ければ、全体のパフォーマンスが下がってもヘッチャラで、
 カッペの婚期をしゃぶりつくす。カッペは女性自身の人生潰しにキャッキャ喜ぶ。
・不良にとっての用事が済むと → 「オマエ、ブスだから結婚できないんだ。」 とカッペをポイ捨て。

これは実際に経験しないとわからないことだね。

安全な世界を選べるよう人生の選択肢を持つため、勉強をがんばって、一流大学に入ったほうがいい。

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)