5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第105話

42 :おさかなくわえた名無しさん:2009/06/25(木) 04:16:04 ID:2Jnfvvg7
よし、俺が高校で生徒会役員やってた頃の話をしよう!
俺が通っていた高校の生徒会の顧問に1人、教科は科学を担当し、また琴部(←なんていうんだっけ?)の顧問をしてたずうずうしい基地教員がいた。(教員Yと呼ぶ。)
なにかあるごとに生徒に命令や文句をいってくる。
一番うざかったのは
「あんたたちのせいでうちの高校受験したいって子が減ってるのよ!」とかマジ基地なことをぬかしてくる。
俺たち生徒会役員はもちろん、なにも悪いことなんかしてない。むしろチーム−6%の活動を地域に広めよう的な活動をしていたぐらい。
しかも何かしら地域に貢献できる活動を俺たちがやれば
「あたしのおかげで学校の印象が良くなるね」的な発言。マジうざかったが、他にもいろんなうざったい発言をしていたため、みんな呆れて文句も言えない。
先代の生徒会役員の中には文句言った人もいたらしいんだが、理不尽な反論で逆説教されていたらしい。
そんなある日、俺たちが夜遅く学園祭の準備をしているとその教員と琴部の部員(彼女も生徒会役員、以下生徒A)が何やら言い争っている。
なんだなんだ?と思いながら見ていると生徒Aが教員Yの頬をビンタ!
一瞬何があったかわからんかったが、脳内で状況の高速整理→ちょwwww生徒Aナイスwwww
あの時の生徒Aはとてもかっこよかった。先輩のくせに何もできなかった俺たちは彼女にマジで感謝すべきなんだろうな…。世間的にはいけないことなんだろうがwww

ちなみにこれは3〜4年前の話。

284 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)