5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第105話

144 :おさかなくわえた名無しさん:2009/06/27(土) 21:06:22 ID:WTVbg9LS
家でマッタリしていたら、誰か訪ねてきた。
「近所の○○です」と聞いた事ないおばちゃんらしき声。
用件を聞いても的を得ないし、「ちょっと見て欲しい」と言うばかり。
しょうがなくドアを開けたら、やっぱり知らないおばちゃんが、なんか手渡してきた。
よく見たらソレはこの前捨てたはずの白いカーディガン。
私がなんで?って顔をしていたら、「このシミ洗っても落ちないからクリーニング出してくんない?」と。
「シミが落ちないから捨てたんです!」といい返したら、「じゃ、いいわケチ!」と物を引ったくり帰っていった。
更衣で2袋分の服を捨てたから、全部拾ったんだろうな…。
てか、どうやって私が捨てたとか、家を知ったのか…。



284 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)