5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 46度目

298 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/16(月) 20:24:34 ID:0/XoTx5c
父の両親は成金だったので、祖父に愛人がいたり、祖母とは血がつながっていなかったり、
そういうことは小さいころから当たり前のように聞かされていた。
葬式のたびにモメる親戚一同を見ていたので、母方の親戚の愛情にあふれた雰囲気が大好きだった。

母方の祖父と祖母は、長男一家と田舎のお屋敷に住んでいたが、
どうにも関係がわからないおばさん(おばあさん?)と一緒の部屋で寝ていた。
伯父や伯母、母も父もその女の人を「○○さん」と名前で呼んでいた。
小さいころは何の違和感もなくその人と接していたのだけど、大きくなるにつれて
「あの人はお母さんの兄弟でもなさそうだし、いったいどういう関係の人なんだろう」と疑問に思い始めた。
そして勝手に、「きっとおじいちゃんかおばあちゃんの兄弟なんだろう」と思っていた。
それにしては少し若いかな、と思いつつ、あまりに自然に母方の家族になじんでいたので勝手に納得していた。

先日、そのおばさんが死んだ。
これまでなんとなく聞きづらかったのだが、葬式が終わって帰る車の中で、私は母に聞いてみた。
「あのおばさんは、おじいちゃんか、おばあちゃんの妹なの?」というふうに。

あのおばさんは、祖父の愛人だったらしい。
祖父、祖母、愛人の3人で修羅場になった際に、祖母も愛人も「この人無しでは生きていけない」という話になり
「じゃあ、3人で暮らしましょう」という結論に至ったらしい。
家事や育児を分担し、3人で夫婦として暮らしていたらしい。

つい先日明らかになったことなのだが、父方のドロドロした親戚関係と比べて、母方の親戚の空気が好きだったので
すごく衝撃的だった・・・

249 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)