5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【テクノポップユニット】Perfume1676【夏フェスの行方】

35 :ファンクラブ会員番号774:2010/05/29(土) 20:28:45 ID:sy2iacjw
2人が歩いている途中にアイスの空き袋が落ちていた。
普通の人は何気なく通るが、唯にはそれが出来ない。

唯「あー!あいすー!」
憂「えっ!」

唯が突然道の反対側の方へ走っていたので、憂はびっくりして言葉を失った。
その瞬間、唯は落ちていたアイスの空き袋を拾って、その袋を舐め始めた。

唯「あ〜い〜す〜♪」

唯はご満悦だが、憂はゴミを拾って舐める行為を見てぶち切れた!

憂「何やってんのよ!」

バチーーーン!!

憂は唯の頭を殴った!

これじゃあ、ぎょう虫になるのも頷ける。
しかし、池沼とはタイミングの悪い時に、最悪の行動をするものだ。
これから自分のぎょう虫を取り除くために病院へ行くというのに、落ちているゴミを舐めているようじゃあ、なんの為にに病院に行くのか分からない。

しかし、唯はそんなことより、憂にぶたれたことしか理解できない。
何故ぶたれたのかが、分からないのである。

唯「うーい!またぶった!」
 「うーい!ぶたない!」
憂「何言っているのよ!お姉ちゃんが落ちた物舐めたのが悪いじゃない!」
 「こんなのじゃ、ぎょう虫退治しても意味無いわね!」
憂「もういいわ!お姉ちゃんがその気なら、病院に行くのは止め!帰りましょう」

憂は怒鳴りつけるように、唯に言い放った。
流石の唯も、自分が悪くて憂に怒られていると分かったので、とりあえず謝る。

唯「うーい!ゆいわるい!ゆいもうしない!」
憂「本当なの?悪いと思ったら、きちんと謝りなさい!」
唯「ごめんなたい!」

もちろん、こんな事で唯がきっぱりやめる筈も無いことは憂も重々承知だが、とりあえず騒がずに直ぐに謝ったことから、今回は許すことにする。

憂も、ここで家に帰っても、自分も姉のぎょう虫が移っているかと不安が取れないだけだし、何としてでも病院に行きたかった。

憂「分かったわ。とにかく、早く行きましょう」

こういう時、いつもの憂ならば唯の手を繋いで引っ張るように先を急ぐが、今回はぎょう虫に汚染された唯の手とあり、万が一に備えて、唯とはいっさい手を繋がない。


297 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)