5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

EVA 〈G〉

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/07(水) 22:05:44 ID:P0cHFrc6
暗黒時代 ゼーレ 暗殺教団 GEHIRN 十字軍 神殿騎士 M2爆弾 聖櫃 ソロモン王

72柱の悪魔 EAGLE 盲目の男 第3の種 黒十字戦役 原初生命 CASSIOPIA ゼヴァオト 冬月 アスカ

最後の抵抗勢力 81の仮面 人造使徒 GRスーツ 40年後 第1始祖民族 保護プログラム 国際秘密防衛機構

神の製造法 

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/07(水) 22:17:34 ID:???
>>1
うるせーよ

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/08(木) 00:25:09 ID:???
うわぁ・・・

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/08(木) 07:38:22 ID:???
>>1-3の流れに噴いたwww

5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 11:36:21 ID:???
_   _,. へ_/| /  ヽ        j |  ヽ _____
  ``<_三三ミニァ  〉       〈  | r'´∠ -─┴ '´
    \ `ヽ、_」 , - ─‐-- ─- 、 r<_/
\   、 \ _ムィ 一/⌒ヽ、ー‐- `ヽ、」  /´     /
 ハ     ̄/       /            \∠    /
/ 厂 ̄7/       |         、       マ辷 ´
 /   //   /    |          !   \     ト、\

6 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:54:56 ID:???
/   // j   / / //|        | |    ヽ   |  \
j  // |   | | ||i!     / j ||| ||   !    ヽ
i| /  |   | | | | iト、   // //||| |!||  |    !
|レ|!   ヽ  | 「 T十r-ト、 〃 /i/ |/|/!/| |il |  |    |
| ||    ヽ | r〒テヾ、!ト、  /フー十|十!「|ij | ,イ     |
| i!     | ヽソ トィン:}   ヽソ  ===ミ、/!_|/ノ       | >>1
| i!     ヽ _|ハ┴''┴    、       /├ '        |  あんたイカぁ?

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/15(木) 01:16:37 ID:A+PjrqbI
A.D.1977 EAGLE第5特務実験分隊、黒十字軍を撃破 
     黒十字城、東京湾上空で総統もろとも轟沈

A.D.198X 第5特務実験分隊に解散命令

A.D.2000 南極でセカンド・インパクト発生(死者推定30億人)

     印パ国境にて難民同士による戦闘激化、紛争に発展

     東京に新型爆弾投下

A.D.2001 バレンタイン休戦条約締結により、各地の紛争が終結

A.D.2001 EAGLE再編計画(国連主導による各国正規軍の一元化)

A.D.2008 GEHIRN解体 特務機関NERV発足

A.D.2015 第三使徒サキエル襲来

8 :ω・`)アス河童 ◆AsukA.b5I. :2010/07/15(木) 04:58:49 ID:??? ?2BP(153)
>>5-6
だっせwwwwwwwwwwww

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/15(木) 17:33:24 ID:Qeh7R/To
A.D.2015 三鷹市郊外

「シンジ、そろそろ時間だぞ。」
初老の男性は流し台で食器をすすぐ少年に声をかけた。
「うん、わかっているよ、じっちゃん。」
きゅきゅっと蛇口をひねり、手に持った皿を乾燥機に並べていれた。
白いタオルでさっと手を拭くと、着ていたエプロンを壁のフックに掛ける。
淡い青のナフキンで包んだ弁当を手にとると肩掛け鞄に入れた。
「準備はすんでいるようじゃな。」
うむうむ、とうなずき初老の男性は立ち上がると食器棚のとなりにある引出から、色のくすんだ赤い腕輪を取り出した。
それを、お守りじゃとシンジにわたす。
「これって、じっちゃんの大切なモノじゃないか。」
遠慮がちな眼差しで、いいの?と無言でたずねた。
初老の男性はがっはっはっと笑う。
「いいんじゃ、いいんじゃ。シンジはワシの息子同然。息子の安全を願い、
一番ご利益のあるモノを渡す。親なら当然じゃろ?」
な?はっはっはっとシンジの背中をバシバシ叩いた。
照れたようにいたいよと言いながらシンジは苦笑した。


10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/18(日) 00:07:07 ID:qYdRk8A2
??? 病室
「ううっ・・。」
体の痛みで目が覚める。
天井の蛍光灯の光が、やたら眩しい。
「あら、起きたのね。」
ベット横の椅子に座る女性が安堵の表情を見せる。
「???」
誰だろうか?懐かしい感じがするのだが。思い出せない。
「う〜ん・・。まだショックが残っているのかしら。」
精密検査では以上はないかったけれど・・・。そうつぶやきながらカルテを見ている。
「あの、いったい何が。」
「うん?」
ああそうねと頷くと、説明を始めた。
野外訓練中に敵の奇襲を受けた。爆風に巻き込まれて、頭を強打するも、スーツに
守られて、軽傷ですんだらしい。本部医務室で検査をしたが、異常はない。
その後、敵は殲滅され、本部は事なき得た。





11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/18(日) 00:57:10 ID:glJrkUia
「アスカ・・・。」
「うん、そうね。あなたの名前はアスカよ。何か思い出したかしら。」
首を横にふる。
「これでも、ダメか。まあ、一時的なものだと思うから安心して。」
そういって立ち上がり、アスカをよこにすると、また明日。といって
医務室から出て行った。


12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2010/07/22(木) 14:07:31 ID:???
ハードで大人向けのゴレンジャーか。脚本は井上敏樹で!

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)