5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【学園都市は範馬勇次郎により地獄絵図と化した】

1 :マロン名無しさん:2010/07/25(日) 23:29:21 ID:LfL/FnQM
学園都市は範馬勇次郎により地獄絵図と化した。以下がその結果である。

某日の昼下がり、学園都市のゲートに範馬勇次郎は突然に現れた。
ゲートに近づく範馬勇次郎に対し静止を計ろうと係員は試みたが範馬勇次郎を間近で見た瞬間に
言葉を無くし腰を抜かし震え上がることしか出来ずにへたりこんでしまったのである。
そして範馬勇次郎はゲートを鬼の拳の一撃で完全破壊し学園都市へと堂々と侵入した。

ゲート破壊の粉塵と煙の中、仁王立ちで破壊されたゲートの前にて構える範馬勇次郎。
すぐさまにゲート破壊を受けアンチスキルたちが集まり範馬勇次郎の前に陣形を組む。

しかしその次世代兵器等の攻撃手段は全て範馬勇次郎の前には無力そのものであり
鬼の光速をも何をも超えた鬼の速度での範馬勇次郎の素早さの前に掠らせることも出来ずに
一瞬にてアンチスキルたちの体は肉塊となって道路に散らばったのである。

アンチスキルたちが虐殺され周りの野次馬たちは悲鳴を上げながら逃げ去りそこには再び範馬勇次郎だけとなった。
アンチスキルたちの肉塊を踏みつけながら目の前の道を闊歩していく範馬勇次郎。

しかしその姿は突如、巨大な爆音と舞い上がる爆炎と煙にて掻き消えたのである。
爆心地の上空には学園都市の開発した爆撃機が役目を終え帰還の路につこうとしていたが
パイロットは次の瞬間、驚きの声を上げたのである。視界の目の前に突如、不敵な鬼の笑みが現れたからである。
そう、範馬勇次郎は爆撃機の爆撃などでは皮膚に傷一つつかずにすぐさまに鬼の跳躍力にて爆撃機に飛び乗っていたのである。

窓ガラスを一撃で叩き割り絶叫するパイロットを投げ捨て、爆撃機内へと侵入する範馬勇次郎。
無線を手に取り理事会へと繋ぐと「今からぶち殺しに行くから全ての戦力をガンクビ揃えて待っていろ」と告げ
爆撃機から手近のビルへと飛び移り、コントロールを失った爆撃機は墜落し炎上したのだった。

22 :マロン名無しさん:2010/07/28(水) 20:19:54 ID:???
>>18
そりゃ当たり前だw
あの漫画が相手だと勇次郎(笑)が健闘出来る訳もねーよ

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★