5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山田芳裕 『へうげもの』 第七十七席

1 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 08:05:14 ID:fyed2ufN0
数寄者野郎ゲヒチーム 俺たちのへうげはこれからにござる!

前スレ
山田芳裕 へうげもの 第七十六席
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1273316744/

【関連スレ】
【武功】 へうげもの 【趣味】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1130029289/
【へうげもの】山田芳裕作品AAスレッド
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kao/1255714006/

【外様HP】
へうげものofficialblog
http://hyouge.exblog.jp/
モーニング公式
http://www.e-1day.jp/morning/magazine/
へうげものAA
http://www.mangaaa.net/index.php?%A4%D8%A4%A6%A4%B2%A4%E2%A4%CE
へうげもの アオリ集
http://rigst.web.fc2.com/hyougemono.html

>>970超えたら次スレを立てる。新スレ立ったら、前スレ埋めてから使用する。

2 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 08:05:57 ID:fyed2ufN0
【登場人物のここでの通称】
ゲヒ  :古田織部 茶杓を盗む場面であげた笑い声「ゲヒヒヒヒ」から
宗匠  :いわずとしれた千宗易利休 登場人物の師匠である
     なお1595年現在『宗匠』とは古田織部の事を指す場合もある
ホヒョン:細川忠興 剃髪後の頭を古田織部が「ホヒョンとした」と評したことから
コボ  :小堀作介(遠州)
ノブ  :織田信長 弥助による呼び名から
マツゲ、エロマツゲ:織田有楽斎(長益) 睫毛が長く描かれているから
みっちゃん、マユナシ:石田三成 名前、外見から
ちょっちゅね:加藤清正 外見から
元首相、システマ斎:細川幽斎外見、実力行使による息子の暴走抑止の冴えから
義兄上:中川清秀 ゲヒとの間柄から
義弟殿:高山右近 同上
D:伊達政宗 虎哉和尚から受け取った眼帯の刺繍の文字から
ありなん氏:前田利家 登場時の口癖から
ヨン様:臨海君、ちょっちゅねの捕虜となった朝鮮の王子。外見から
うえぽん:上田左太郎 名前から

上田問。古田與蒲生也孰侘。
子曰。古田也過。蒲生也不及。
曰。然則古田愈與。

3 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 08:10:29 ID:sIYCUjntO
>>1
阿呆な住人をお許し下され

4 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 09:00:02 ID:w/25hBXsP
こ、これは>>1

5 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 09:25:24 ID:5R2eY2oS0
>>1
それ甲

6 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 09:56:59 ID:nashjrERP
>>5
甲?甲・乙・丙の甲ですか

7 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 09:59:35 ID:35YuNMQV0
実は申

8 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 10:28:37 ID:eCizNzc80
太閤「誰か何か申したか?」

9 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 11:39:22 ID:j32Mlpf+0
>1

前スレ>1000にて次スレ告知とは、何とも乙でございますなあ。


10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 11:44:44 ID:EtSVIrVoi
>>7 の耳と鼻を削ぎ首をはねよ

11 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 12:48:15 ID:eZ3IVQMKO
新スレの捨て石となる覚悟で、前スレよりやって参りました。

12 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 13:08:06 ID:sIYCUjntO
>>11
新スレがためなら共に地獄へ落ちましょうぞ!(キリッ

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 13:56:05 ID:clcc/kUs0
「おい !そのスレ!安いぞ!!」




>>1

14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 16:35:08 ID:f5MlPSsW0
秀頼と淀殿が自刃、「山里丸」の遺構見つかる
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100626-OYT1T00581.htm

15 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 16:39:32 ID:35YuNMQV0
秀頼と淀殿は発見されなかったの?

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 16:57:13 ID:eCizNzc80
みたとこそこまで発掘は進んでなさそうだけど、そもそも遺骨なんか残ってるかな…?
焼け跡を徳川氏が捜索しなかったわけでもないだろうし、その後破却してるだろうから期待はできないと思う。

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 16:58:53 ID:w/25hBXsP
陶磁器の欠片があったというのが何とも…

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 17:54:01 ID:dEQAxCAV0
公式ブログより

>単行本最新刊11は、7月23日(金)発売予定。世界にひとつだけの色を
>目指す『へうげもの』、今回の地色はワインレッドもしくはルビーレッドを
>予定しておりまする。織部&上田の凸凹コンビの表情が冴えわたるカバー画に、
>数奇者の酔狂を感じ取っていただけたら幸いです。
>7月8日(木)発売号より告知が始まります。どうぞお見逃しなく。



19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 18:21:31 ID:sIYCUjntO
同じ穴の狢を『凸凹コンビ』と銘するは如何なものかと

20 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 19:01:25 ID:Tf5cHKXu0
♪いま異常〜それ異常〜

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 20:37:45 ID:/gGPlsxiO
>>1殿
これはまた実に乙な新スレ


22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 21:13:59 ID:XkhDp5X+O
いちおつで早漏。

次回、伊達は
やっちまわ無い方に
石英1個。

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 21:55:28 ID:m1WszAbe0
もし秀吉の大陸征服が成功してたら
古田&上田コンビで大陸の銘木銘石宝物全て
狩り尽くされるなぁw

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 21:59:38 ID:rxz0EPpr0
ttp://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100626/acd1006260200000-n1.htm
>堆積層からは、16世紀末ごろの瓦が大量に見つかり、多くが高温で焼けて赤く変色。

11巻の色はこのことを示していたんだよ!

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 22:57:17 ID:m29lE9MO0
曇りガラスの向こうは風の街

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/26(土) 23:01:45 ID:sIYCUjntO
最終回は燃える天守閣で織部と家康が一騎打ちですとな

27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 00:01:47 ID:clcc/kUs0
>>26

すると織部も「家康が最も恐れた男」の1人に名を連ねるのか

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 00:50:09 ID:FngfrCdq0
高山殿「義兄上、バテレンがこのような物を…アステカなる国で、祭儀に使われた品ですよ」

織部正「ほう…これはなんとも”ズッギュゥゥゥンッ"とした、人間をやめたくなるような力強い石仮面よ…」

高山殿「これは顔に被ったあと、仮面に血を滴らせて使うのですよ!さあ!!!」
   (これで織部は”事故死”!筆頭茶頭の座は俺のものだァ―――!!!) 

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 01:07:45 ID:Krp8PKgC0
それがしは人間をやめるぞ!高山殿!!!

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 01:14:54 ID:tSVqkfSZO
通りすがりの有楽斎がうっかり被って野望阻止と

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 06:42:05 ID:IvBzuAWkP
古田織部の人生は・・・大阪城とともに消え去りました
それは誰にも知られることのない影の歴史です

しかし夫のへうげ精神はきっと伝わるでしょう
ひょうげた心をもった方々にはきっと伝わるでしょう

          BYおせん

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 08:07:59 ID:OgtawrBZ0
このスレに常時張り付いてる奴は、
よほど連載内容について書き込むのが嫌なのか。

なまじ自分自身が面白いことを言っている住人だと思っていそうなあたり、
頭から荒らす気満々の奴より始末が悪いな。

33 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 09:00:48 ID:RPzScWyg0
>>27
連ねたようですぞ
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51au3P1h4qL._SS400_.jpg

34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 09:01:30 ID:m2HxPxp1O
秀頼は大人になったらまた顔が変わるに五倍抹茶賭ける

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 09:58:00 ID:WjrW0znp0
7人のシェイクスピアの表紙が義弟殿にしか見えん

内容は知らんけど

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 10:04:31 ID:IvBzuAWkP
つーか>>32のレスにはへうげのへも入ってないよな
キリッ)としたつもりなんだろうが、だったら自分で面白い話題ふったらw

37 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 10:25:00 ID:8LHrTHKL0
定期的に出てくる自治厨だよ
文句付けるだけでけして自分から話題振ったりはしない
相手しない方が吉

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 10:32:52 ID:XYwNszF60
スレ違いの居座りを正当化するための魔法の言葉「自治厨」

こういう住人気取りは本当にウザい。

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 10:42:17 ID:9TTgLlQJ0
○○って言う奴が○○

40 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 11:29:13 ID:tSVqkfSZO
>>35
いようそれがし

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 11:37:23 ID:sKYmNHlB0
まぁ、抹茶でも飲めや。

42 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 12:22:28 ID:lXtqw9py0
最近の2chはまた変な奴が増えたな

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 12:23:47 ID:hs8AUiO20
>>42
2ちゃんねる=変な奴の溜まり場、だろ

44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 12:30:24 ID:LDfTd997P
ここは陶磁器(ガラスもあり)数寄の溜まり場だと思うのだがな

45 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 12:47:11 ID:AxuOumAB0
そして2週間に一度、漫画を語るサロンなのですよ

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 13:25:02 ID:s4XeTXiQ0
ならば>>32はこのスレの捨て石になるが良い、評価上がるぞ

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 13:44:42 ID:D0lVqnyDi
>>38
スレ違いの居座りというのはどのレスを指して言ってるんだ?
スレ立って間もないが、前スレの最後の方は連載に関する書き込みも並んでたし、
このスレのレスにはスレ違いというほどのものはなくないか?
自治厨って言葉にとりあえず反発したかっただけ?

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 14:28:46 ID:h99WvRNW0
>>47
障るな ただ反発して構って欲しいだけで内容は関係ない

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 14:41:21 ID:D0lVqnyDi
おkわかった、失礼
気をつける

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 14:43:21 ID:9TTgLlQJ0
気に障っても触らない と

51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 15:07:41 ID:+UYxkIYO0
スレ違いを指摘されても、こういう自己弁護じみた会話までおっ始めるバカが張り付いてるから
このスレはロクに作品の話題が続かない糞スレになったんだろうな

52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 15:20:45 ID:XYwNszF60
「ウザい」と書いたのに「構ってほしいだけ」とか口走る発想は脳みそのどの部分を使えば出てくるんだか。
単にレッテルを貼って押さえ込もうとしてる肚なんだろうが姑息もいいところだ。

漫画を踏み台にして自己アピールしたいだけなら漫サロにでもスレ立てて好きなだけ乳繰り合ってろ。

53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 15:35:47 ID:y+zCZtOk0
5倍抹茶でも飲んで落ち着かれるがよい

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 15:42:08 ID:SHMk771HQ
へんな>>42に逢いました
へうげたスレで逢いました
へんな気持ちになっちゃって
私は>>42にホレたのよ

ヘンなレスを打つ ヘンな>>42〜♪


55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 16:01:15 ID:tSVqkfSZO
この機に(もしあれば)11服巻末のキャラクター紹介と好きな色を予想せんとす

半分はコボと又兵衛

56 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 16:40:41 ID:qFgKYR7m0
口直しに阿波で採取した石についてのページを見つけたので貼ってみる
http://wwwi.netwave.or.jp/~hkangawa/newpage37.htm
上田殿が作った庭の画像もあった。
俺は阿波の住人なんだけど緑泥片岩は岩ごとに色合いもずいぶん違うので
山里丸に使われた碧っぽい色がどんなだったのか気になる

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 16:42:09 ID:HV3yO1LF0
表紙もワインレッドな赤らしいね。
又兵衛の登場の確実さははらたいら級。好きな色はヘモグロビンと予想。
公金流用に罪悪感のざの字も感じなくなった小堀殿は・・シロかな?

いきなり「お城シリーズ」が始まるのは篠沢先生的倍率だけど
お城も数寄の一部だし・・ないかな?

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 17:04:55 ID:tSVqkfSZO
>>56
藩主が怒りのあまり石の橋を踏み割ったですと…
うえぽん、いったい何を…(うえぽんのせいかどうかは)

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 17:07:37 ID:Jrkwzoku0
>>56
藩主強いな

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 17:33:41 ID:y29gePcv0
俺もこのスレはスレ違い雑談がひどすぎると感じることは時々ある。
いちいち指摘する気はないけど、もう少し慎みの心を持つことも必要だと思う。


61 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 18:56:35 ID:Jrkwzoku0
ふと山上宗二のことを思い出し、なにやら切ない気持ちになる日曜日

62 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 19:35:55 ID:m+f2o6Er0
GKの川島が宗二に似てるなぁ、と思っていたが試合後の顔を見るとそうでもなかった

63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 19:56:39 ID:LDfTd997P
サッカー日本代表の中でGKはユニフォームが違うので
これは信長好みだなと思った事はある

64 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 20:40:50 ID:1APj+eHwO
>>35
某がおるな。

65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 21:07:47 ID:9ID29LW90
前首相のファッションセンスを
山上宗二はどう評すのか

66 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 21:14:05 ID:hs8AUiO20
当世では納まりきれないいでたちかと
さっさと地球から出て行ってください

67 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 21:34:06 ID:vn3raRJW0
おいおい 出て行けとは不穏当な

68 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 22:03:46 ID:aE37/1WH0
出て行けと言うか金星に帰れと言うか、なんで一国の首相が
歌舞伎モノも真っ青な奇天烈ファッションなのかと小一時間。
その前の首相が結構な伊達者だっただけに情けなさがひとしおですよ。

69 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 22:06:03 ID:Jrkwzoku0
ミユキ夫人のファッションセンスは良くわからんな
ただ色が鮮やかだったらそれでいいという感じがする

70 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 22:07:00 ID:BncnkpUU0
ねね殿に「民百姓からどえりゃー年貢(消費税)まきあげて大名どもの分担金を軽減するとは
お天道様が許してもこのねねが許しゃーせんで」と言ってほしい

71 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 22:08:57 ID:JdISRurF0
>>65
田中与四郎「それは雅でも侘びでもありませぬ」

72 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 22:09:06 ID:BncnkpUU0
この漫画では「おね」だった
ネタ書いて間違えてると恥ずかしい

73 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 22:52:41 ID:y+zCZtOk0
>>65
まあ米国との商いが盛んになることを願って…… 一

74 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/27(日) 23:09:39 ID:tSVqkfSZO
>>72
よし心得た尻を出せ

75 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 00:03:11 ID:sKYmNHlB0
青竹でシバくのでございますね、大政所さま。

76 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 00:10:15 ID:ugYZzj5r0
>>74
ご存分になされませ (´Д( ⊃)*(⊂ )

77 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 08:27:19 ID:K+ElZMDi0
大政所様の青竹の使用ってあったっけ? 代々嫁に伝わる技なのかなw

78 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 16:43:10 ID:oRZ+cL0o0
大政所はやってないだろ

79 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 18:56:36 ID:pG7/OcfyO
お〜い山田君、青竹もう一本持ってきて

80 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 20:42:36 ID:i/4bEfGp0
ひぎぃ!

81 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 22:42:48 ID:BogQfVWZ0
これは良きご褒美

82 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/28(月) 23:39:40 ID:AT11HXEaO
今日は偽使者をもてなしたヤスの逆兵糧攻めを自分なりに解釈して
食べきれる範囲内で試してみた。

椎茸うめー!メシがガッポガッポ入るバイ!

83 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 00:06:14 ID:Gao/WBSv0
たしか椎茸ってあの当時は栽培出来なかったよね
かなりの高級食材だったような

84 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 00:15:41 ID:fWqUcIDcO
>>83
主に精進料理の出汁として
珍重されていたと聞く

85 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 01:26:53 ID:CHWxmt+R0
ごく最近まで、山に木の床を置く〜台湾から胞子が飛んでくるのを待つ・・の博打栽培だったからねぇ。
たしか日本の気候では胞子を作ってくれなかったような。
海岸で椰子の実を拾うようなやり方。・・でもこれ、別なキノコだった気もする。

86 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 03:37:41 ID:DeNbiX1L0
>>85

ごく最近と言うと
応仁の乱をこの前の戦と言う京都人みたいだな
椎茸なら昭和初期には人口栽培法確立したみたい

俺がガキの頃には既にボイラーを使った人工乾燥も行われていたから
田舎の祖父ちゃん家に行くと下にある乾燥場から椎茸の良い匂いがして
その匂いだけでメシ3杯は行けた(但し、メラニン製のロボタンの子供茶碗)

87 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 06:03:16 ID:GoT2vcr7O
>>85

シメジじゃね?

88 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 06:18:39 ID:6d8+exxi0
>86
子どもの飯の食いがよくなってオカーサンにっこりだな

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 07:59:30 ID:fWqUcIDcO
>>87
椎茸で良いと思うよ
本シメジに関しては
未だに人工栽培法は確立してなかったと思うし

90 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 08:03:31 ID:fWqUcIDcO
…と書き込んだ後で調べてみたら
ホンシメジもごく最近になって
菌床栽培が可能になったんだな

91 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 09:36:44 ID:pf4tXqhI0
この流れでごく最近言われても
いつ頃か分からねえw

土産に椎茸の苗床(広辞苑サイズの木のブロック)を
母がもらってきて玄関にオブジェで置いといたら
ボコボコ生えてきて数日ででかくなってビビった
1月くらいおいしく収穫できた

92 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 12:42:56 ID:D4RwohOGO
ホンっトに雑学がどんどん増えてくスレだなw

面白いわ
どんどんやってくれ

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 12:57:23 ID:GoT2vcr7O
某テングダケ(有毒)を見付けて

毒キノコと理解しスルーするのが 甲
塩漬けにして食べるのは 乙

天に召されちゃうのが 丙

94 :へちくゎん:2010/06/29(火) 13:18:32 ID:fhOla8va0
裏山から取ってきたマジックなキノッコで雑炊を…

95 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 13:25:45 ID:DeNbiX1L0
松茸の土瓶蒸しは甲
舞茸の炊き込みご飯は乙
しめじの味噌汁は丙

股間の竿をエノキ扱いされて丁

96 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 14:08:52 ID:gWi4VB1EO
>>95
異議あり!しめじのランクに異議あり!
天然のしめじは松茸をも凌駕する!

97 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 14:20:24 ID:U9N0IYeH0
なんだ今日の流れwww 一瞬きのこ板来たかと思ったw

98 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 17:21:37 ID:CD1pBYsH0
もううんざり!

99 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 17:29:15 ID:YkWxC+vV0
茸など、えのきをさっとお湯でしゃぶしゃぶしてポン酢で食べればよいものを……

100 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 17:33:29 ID:z2Rthgmz0
ゲヒがこの先生きのこるには

101 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 18:20:59 ID:E7CfgdlyP
まぁでもお釈迦さまってキノコの食中毒で亡くなったから
家康は新鮮なキノコしか食べない気がする

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 18:53:05 ID:GoT2vcr7O
キノコと茶道って
相性が悪い気がする。


茶菓子にキノコの山を出す程度?

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 19:04:48 ID:L87Yj0JA0
九巻の瓜畑遊びで女性役が一人出ているが、あれは五奉行の前田玄以だよね?

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 20:37:51 ID:lzWMehZA0
>>101
で、天ぷらで死ぬわけですね

105 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 20:48:22 ID:xO+X3+k+O
昔、田舎から菌を植えた原木を一本貰って帰り、家の裏の湿気のある日陰に
置いといたんだが、結局、椎茸は生えてこんかった。味噌汁の具にするつもり
だったんだが…orz

106 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 20:51:43 ID:VyplEZwN0
サルマタケにしなはれ

107 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 21:47:28 ID:Y36SGYAh0
いやヒョウタンツギタケに

108 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 21:56:44 ID:pf4tXqhI0
ウチは鉢の上に置いてちょいちょい水掛けて
湿らせたままにするくらいしか
してなかったみたいだけどなあ

厳しい生育条件に偶然適してたのかもしれない


109 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 22:27:27 ID:wmObOr310
椎茸の原木はたしか日本には屋久島にしかなかったと思う

110 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 23:33:15 ID:pqYIeT4b0
椎茸といったら日本が本場じゃなかったの?江戸時代はなまこ、くらげと並ぶ
輸出品目だと記憶してたけど。なお、椎茸は北海道でも天然ものがとれるようだ。

111 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 23:41:37 ID:xO+X3+k+O
何かの本で、寧波に着いた遣唐使の船が港で停泊してたら、向こう(中国)の
僧侶から「この船、椎茸、積んでないっすか?明日、接待に出すソバのダシに
使いたいんっすわ〜」みたいな事を言われたと書いてあったような。何の本だったか…。
椎茸は当時から日本の輸出品目の一つだったんだろうか?あと、精進料理と一緒に
椎茸によるダシの取り方は、日本に入ってきてたとは思うんだが、どうなんだろう?

112 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/29(火) 23:52:50 ID:xO+X3+k+O
>椎茸の原木はたしか日本には屋久島にしか

ああ、原木いう言い方はせんのかな。なんか丸太より小さいような切った木に、
菌を繁殖?させてるの木が折り合うように沢山組んで、山にあったんだ。んで、
1本だけ頼んで貰って帰ったんだ。ドリルで穴あけてそこから菌の塊?を植え
込んでいたはず。

113 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 00:00:34 ID:sfkwUBZW0
>>110 昆布とフカヒレDisるんじゃねー。
沖縄が昆布の流通拠点だったもんで、いまでも沖縄料理では北海の昆布を多用するとか。

>>111 司馬遼太郎「空海の風景」だね。
その坊さんがとんでもねー高僧だってことを知り、官学の一環として
身分制度前提で仏教を学んでいた身として強烈なカルチャー・ショックを覚える…てな話だったかと。


114 :82:2010/06/30(水) 00:04:52 ID:VrHEM8lTO
いや…なんかもう…みんな…ごめんなさい。
いい意味でヤバい者ばかりのこのスレで迂闊な事を書いてはならなかった。
まさか一日きのこスレになるとは夢にも思わなんだ。

干し椎茸を甘辛く煮た昨日の残り。メシ二合余裕。一生食べていたい…。

115 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 00:10:35 ID:qyiiqcSZ0
それがしは、椎茸をはなはだ嫌うておる。
出汁の一部に使うてあるだけでも察知し、汁は飲まぬ。
干し椎茸なんぞ、二里先でも臭い

116 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 00:19:09 ID:ubndHZOb0
鱶ヒレと干し海鼠と蒟蒻の生産は
はなから換金目的だけど

キノコを乾したり塩漬けにした保存食って
元々ローカル食というか生活の知恵じゃね?

117 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 01:13:02 ID:RvNUabQX0
>>100 ゲヒがこの先生きのこるには

家康&板倉勝重:「くっくく・・・そうはいかんぞ」

118 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 01:18:59 ID:xXjzedPc0
それがしの大松茸殿が目を覚まさぬ…

119 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 01:24:54 ID:608Hl5N20
エノキダケのくせに……

120 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 01:35:21 ID:24R47TxZ0
    _,,,......,,__
  /_~ ,,...:::_::;; ~"'ヽ
 (,, '"ヾヽ  i|i //^''ヽ,,)
   ^ :'⌒i    i⌒"
      | ( ゚Д゚)  < この先生きのこる!
      |(ノ  |)
      |    |
      ヽ _ノ

件の小煩い輩に噛み付かれる前に三十六計(ry

121 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 05:26:30 ID:/Tgzo4QxO
>>114
都人を甘う見てはならぬ

122 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 12:25:50 ID:t7kUg4zTO
>>114
玉ねぎを加えて
玉子でとじてもよろしいかと。

123 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 14:05:11 ID:kYcAzLvs0
>>122

>>114の方はヤスの逆兵糧攻めをイメージしてオカズ作った訳であるから
当時日本には無かった玉葱はあり得ぬし、おそらく椎茸以上に高価であったであろう
卵でとじるとは、いやはやヤス殿が膳をひっくり返す姿が目に浮かぶわい


それはともかく、ちと、当時の鶏卵料理がどんなものだったか気になってWikip見てみたら

>戦国時代には戦場で野生の鶏を捕え、卵を生で食べていたようである。

生卵を膳に高く積み上げ、逆兵糧攻めするヤスの姿も浮かんだ・・・

124 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 14:14:23 ID:+cMcML7J0
サルモネラ菌で死亡する武将続出

125 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 15:04:14 ID:KFZbz2Fz0
ゲヒ「これが後に大大名にならんとする・・・」

生卵ジョッキ1杯丸呑み

126 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 15:59:56 ID:KC52GsvTQ
>>125
某の脳内に「ろっきぃ」のテーマが浮かび申した

127 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 16:15:35 ID:t7kUg4zTO
まさに冠鷲。

128 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 18:27:42 ID:aBzlbrGS0
紅茶キノコがあるんだから抹茶キノコがあってもいいじゃない

129 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 18:44:35 ID:/Tgzo4QxO
>>125
すき焼きと生卵が、戦場で運命の出会いを…

130 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 18:55:35 ID:aBzlbrGS0
竹輪は入れるよね?

131 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:03:35 ID:ztEOhvAr0
卵はもういいからサッカーの話しようぜ!

132 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:06:14 ID:UFgYFwfI0
氏真はスレ違い

133 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:06:33 ID:aBzlbrGS0
砂糖の代用品か

134 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:07:17 ID:GCaNYp+Q0
>>131
やっぱり羊羹かな
オーソドックスにこし餡で

135 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:08:20 ID:eCuLLy/40
今川氏真「俺がいればかてたものを・・・・・・」
この人へうげ世界でも生きてますよね?この時期何してたんでしたっけ?

136 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:12:31 ID:YGYVy4z10
日本代表になって南ア行ったけどベンチに干されてた

137 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:19:38 ID:kYcAzLvs0
蹴鞠など味噌が利いて腹にたまれば良いものを

138 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:25:31 ID:RCsADwqy0
秀吉、あるいは家康の庇護の下、京にいたらしい
連歌会なんかに招かれてた記録があるとか

139 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:26:46 ID:UFgYFwfI0
引退して文化人面してたってことか
氏真のくせに生意気だな

140 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:29:17 ID:eCuLLy/40
>138
なるほど、京都で歌詠んだり蹴鞠したり剣術したりの暮らし、
戦前で言うところの高等遊民って奴ですね。


141 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 19:40:59 ID:2r2nKO7yP
実際幕府では高家だったし

142 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 20:28:05 ID:/Tgzo4QxO
それがしにも関係のある話でございますか?

143 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 20:34:12 ID:pji/2yg6O
この流れで、なぜか不意に金正男が思い浮かんだ(笑)趣味や遊びに興じる
「あほう」つまり人畜無害な人間であってこそ生き残れる。再興やら、権力やら
野望を持てば逆に消されるのではなかろうか。ある意味、身を守る為の高等戦術…?

144 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 20:37:35 ID:1Dcukx420
伊達政宗も江戸時代になってから美食にふけったりして
家臣に素行を注意された時に逆に注意したらしいしな
潰されない為にやってんだから黙ってろ、と

145 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 20:39:46 ID:HrJnDFoT0
前田利常だっけ?
ワザと鼻毛のばしてたのは

146 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 20:43:10 ID:pji/2yg6O
>>113
>司馬遼太郎「空海の風景」だね

ああ、それだ!昔読んだ覚えがある。しかし良く分かったなあ…。こんな短い
エピソードだけで。このスレにはいつも博学な人達が集まってるから油断ならない。

147 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 20:43:38 ID:GCaNYp+Q0
>>142
あの「あほう」っぷりは素晴らしかったな

148 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 21:37:53 ID:L1wH8Zc30
>>146
空海だったっけ?
空海は私費留学で船が岸辺に座礁して一ヶ月も上陸許可を待っていたはず
そんなハナシもあったかもしれないが

わーたしの記憶では水上の「土を喰らう日々」
若き道元が宋に留学するため船にのりやっと港についたら
老典座が船の積荷の干し椎茸を買いに来ていた
筆談するうちに只者では無いことがわかり
何故貴方のような高僧が典座をやって一日掛かりの買い物なんて
下っ端の小坊主に任せれば良いではないですか?
「はっはっは〜 お若いのお前さんは道の道を知らず
 仏の仏たるを知らぬようだね
 今度拙寺にいらっしゃい詳しく教えてあげよう」
空海も土も手元にないのでウロ覚えで申し訳ない

ヤスの干し椎茸の煮付けは旨そうだったね甘辛く煮〆ていたら
丼三杯はいけるぜ!


149 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 21:46:04 ID:t7kUg4zTO
へうげたサッカーと言えば
朝だ!!徹夜!!

150 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 21:49:27 ID:/Tgzo4QxO
>>148
寺を訪ねて落とし穴にはまる若き道元

151 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 21:54:30 ID:VrHEM8lTO
最澄と空海が一緒にご飯を食べることと相成りまして
しかしお椀が一つしかありませんでした。
そこで最澄が空海に言いました。
「ご飯、さいちょに(最初に)食うかい?」

お後がよろしいようで。

152 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 23:00:42 ID:+cMcML7J0
遣隋使、遣唐使、鑑真和上
これらがことごとく避けたのが朝鮮経路

通路としてすら機能していないのに「渡来人」とか称するのは滑稽w

153 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 23:09:48 ID:aBzlbrGS0
どっかの板で規制でもあったのかね?

154 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/06/30(水) 23:40:44 ID:q2MXrdpr0
あなたが好きだから

155 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 00:24:16 ID:GBfaGmbG0
>>152 単に遠回りなだけだろ。
西安←→日本間で朝鮮経由してどうする。北京と日本じゃないんだぞ。

156 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 00:29:45 ID:TgRVFGua0
特定の地域人種を叩きたいだけの人にかまいなさんな

157 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 00:33:30 ID:B65HiASl0
>>155
本来なら九州→対馬→半島と渡り、陸伝いに行けば100%行ける
それに比べて海で一気に渡るのは失敗率が物凄く高い

その物凄く高い失敗率の方が常に選択されてた事に、
当時の朝鮮がどんなに酷い場所だったのかが容易に想像できる

158 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 00:59:13 ID:5Va+jFT1O
単純に満州辺りが異民族の
勢力圏だったからじゃないのか?

159 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 01:11:26 ID:RbheJCXNO
>>151
「空海さんこそ、先にくうかい?」

160 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 01:16:54 ID:OVh2kXi+0
琉球国へ行きたいのに途中に薩摩があって国内通してくれず
仕方なく長崎や天草から船出するみたいなもんか

161 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 01:25:50 ID:5Va+jFT1O
ググったら初期の遣唐使は
半島沿岸を進むルートを取ってたらしい

しかし白村江の戦いの後
新羅と日本・唐の関係が険悪になり
直進ルートが取られるようになったらしい

162 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 01:25:55 ID:5+TiRIK10
あんま言いたくないけど、朝鮮が途中ではぶられるようになったのはなったなりの理由がある、と思う。
じゃないと直接行こうなんて思考にならないよ

163 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 01:28:31 ID:GxsyGFMN0
それそれい!マンファさんのお通りだぁい!

164 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 02:13:43 ID:41jNsYSf0
イラン・イラク戦争時にスエズ運河を避けて南ア経由で迂回してたのと同じようなもん

165 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/01(木) 18:54:39 ID:e6YPec64O
そろそろ11服の告知ページがないかとモーニングを読みに行ってあえなく討ち死に

166 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 01:14:16 ID:uhwETkft0
>>164
平成育ちの若人にはわかるまいw

167 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 02:27:41 ID:VAGjHatd0
>>166

電車に乗って通学してるのだが駅の西口に不良がいるので
絡まれるのは御免だと反対側の東口へ遠回りして帰るみたいな感じではどうか?

168 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 03:46:08 ID:ZBtZ4E4p0
http://otona.yomiuri.co.jp/mystyle/hiscolumn/100701.htm
高虎って、へうげでは出てきたっけ?

169 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 06:26:43 ID:kvfsxfO7P
コボの嫁の養父だから、コボの結婚式に出てた>高虎

その後ヤスに金を借りに来てて、現時点ではちょっと頼りない描かれ方はしてたけど

170 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 07:21:16 ID:nTUI94MsO
>イラン・イラク戦争時

普通にイラク戦争かと思ったら…そっちかよ!

>平成育ちの若人にはわかるまいw

学校で習った…てのは嘘で、TV番組で見た事がある。ゆとり教育なめんなよ?


171 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 08:07:34 ID:fUssjfG1O
湾岸戦争すら最早歴史だったりするのだろうか

172 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 08:49:10 ID:Mon2eMw10
>>171
今この瞬間も歴史なのですよ

173 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 10:15:28 ID:esiyPbYHP
自分の子どもなんか碇シンジと同学年だったりするんで
本巣市内のショッピングモールに行った時も
織部よりも政宗の話ばかりしていたでござる

174 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 14:44:35 ID:Lv4WK2K/O
>>169
へうげ世界では金銭面で頼もしい大名のほうが珍しいから大丈夫!多分!

175 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 18:53:45 ID:kOWvvT+c0
家康は江戸の街作りでお金たくさん使ったはずなのに
異常なまでの資金力で方々の大名に金まいてるんですよね。
どうやってあんだけの金確保してたんだろ。

176 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 18:57:22 ID:B/SxKThzP
不動産投資じゃないの?

177 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 19:09:56 ID:QPA0tosO0
朝鮮不出兵

178 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 19:41:03 ID:Mon2eMw10
部下への褒賞出し惜しみ

179 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 21:16:06 ID:a1A9Xgs/0
パチンコで勝利

勝って貯めたパチンコ球からなぜか草が生え始めてるでござる…

180 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 21:26:49 ID:NIO9DRhz0
>>179
徳川農林水産大臣乙

181 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 21:31:31 ID:CIK6qsE10
>>175
250万石だかの大大名、かつ朝鮮の役には居残り
あと、駿河には金山があったはずだから、関東移封前にけっこう溜め込んでるんじゃなかろうか

182 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 22:04:04 ID:KnF4I1ON0
家康の部下の金山開発者が結城伊達と組んでどうこうって話がどっかにあったな

183 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 22:25:38 ID:epVyB8+p0
>>179>>180
織田内閣なつかしい

184 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 22:53:10 ID:Mon2eMw10
>>182
横山漫画だな

185 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 23:03:14 ID:fj/9JrsgO
マイ雑巾伝説が未だにありますからねぇ
家康公


そろそろ地図上から赤城山が消えるんじゃないか?

186 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 23:05:55 ID:QwvQU8Gz0
 『織田氏 400年ぶりに政権返り咲き』

 みたいな第一話の最初の見開きですげぇ吹いた覚えがあるw
秀吉の頼りになる奴っぷりが凄かったなー

187 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 23:07:45 ID:qPzehxmE0
国連の演説でイマジン歌ったときはちょっと感動してしまった。
ギャグマンガなのにね。

188 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/02(金) 23:32:27 ID:NIO9DRhz0
あの政権が出来たのがシステマ斎のご子孫、細川内閣の後という設定なんだよなw

189 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 08:27:58 ID:j65MrNkkP
この作品でもそうだが、お市殿と勝家とのラブラブっぷりは良かったな

190 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 09:03:57 ID:L6lBwJiiO
小心殿の「年下の嫁御をもらって舞い上がっておるのだろう」発言は
後の勝家にぶっ飛ばされそう

191 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 11:36:22 ID:jn1DRjMN0
もしぶっ飛ばしたら舞い上がってることを自ら認めることになりますのう、勝家殿?

192 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 12:57:18 ID:L6lBwJiiO
>>191
(´∀`)=○)`Д´)・°・

193 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 13:00:00 ID:CCqffyQNP
「おう!舞い上がっているとも!歳下の嫁御はいいぞ!」

ぐらい言って欲しいところ。

194 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 13:11:23 ID:RvsyhCaQ0
秀吉「余とおねとの年の差を申しみよ」
ありなん「年下、年下。やはり女子はロリ系よ」

ありなん公ってああ見えてお松との間にすげー子供作ってるやりなん公だったとは……

195 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 13:14:07 ID:JbTMeVVX0
まあ、嫁御との夜伽が盛んになることを祈って……一

196 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 13:38:19 ID:3jwYXrfuO
スッポンパーティー!!

197 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/03(土) 19:10:29 ID:JbTMeVVX0
>>196
いやあ、よいものを見せていただきました…… 五

198 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 00:09:02 ID:/NFv/czT0
>>182
>家康の部下の金山開発者
大久保長安じゃね
D殿は主役を喰う勢いだし
捨て童子の母親は康に開墾されているし
五郎八ちゃんも早く登場しないかな?

199 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 01:56:47 ID:2GwcfXHe0
ご・・ごろっぱち

200 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 02:06:06 ID:kQoru04yO
キュウリ戦士

201 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 19:53:54 ID:+SglRMGuO
次回は冒頭からDが喰われていそうな勢い

202 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 22:52:55 ID:jtyfNU7z0
>>199
五郎八(いろは)姫だろ

203 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 23:01:47 ID:b9my8t4n0
ボケだとわかってのツッコミなのかそうでないのか

204 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 23:14:39 ID:lw5Y0AY80
>>202

突っ込み入れるの躊躇うレベルのボケなのに
ID:jtyfNU7z0の勇気に乾杯!

205 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/04(日) 23:56:30 ID:CzMdc9PnO
か…漢だ!

206 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 01:51:03 ID:MaIES7ku0
せ・・関さん

207 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 04:52:39 ID:61VD3IFQ0
むひょー!
ひまわり絵付けの器のにあう御方?

208 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 06:26:39 ID:seBMlVyGO
あ…義兄上

209 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 09:49:26 ID:y8kxI+m90
い・・伊達殿

210 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 12:37:21 ID:seBMlVyGO
う…上総介

211 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 12:52:08 ID:Nb3t00Li0
D殿はいだてでもいいんだよな
すげえ語呂が悪いけど

212 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 12:55:14 ID:CeXDXm4G0
元々は「イダテ」が正解だからな

213 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 13:03:54 ID:UgteHCR10
茶聖千利休
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/auc-m1toys/cabinet/y-201004-57.jpg

214 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 16:19:59 ID:TlFltsEt0
D殿自身もイダテと称してたからな

215 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 20:10:57 ID:seBMlVyGO
ほんとは頭文字I…
眼帯と褌を新調せねば

216 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 21:02:15 ID:2dsSKix20
>>199
思い出したよ
携帯CMに出てる世界のミスター謙さんは
昔大河のD殿を演じていてズンコが愛姫
そのズンコが男の子が欲しかったからと言ってゴロッハチは無いでしょう(−−〆)
はーっはっは それはイロハと読むのじゃ
あの頃のズンコは希よりも美人だったな

217 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 21:59:31 ID:7qbaFwfZO
>>216
なんでそんな変な書き方をするの?

218 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/05(月) 23:30:34 ID:v4UJhzYl0
桜田順子キライなんだろうな。

219 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 00:21:03 ID:Sh2QFjz10
桜田淳子や独眼竜をリアルタイムで見てたようなおっさんぽいから
わしはもうおっさんだが心はまだまだ若いでござるよの巻なんじゃね?

220 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 01:09:11 ID:cSeLtZtj0
ティーンと言い張って輿入れしてきたD母(岩下志麻)は凄かった

221 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 01:18:57 ID:nwLnKpWB0
志麻姐さんじゃ仕方ない。

222 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 01:44:49 ID:lvIPdjNx0
>>220
輿入れの道中で暴れ猪を退治したんだよな

223 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 05:12:20 ID:FZJ0G4uNO
し…猪肉なら良いですが、馬は…

224 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 05:31:12 ID:lPH9RTdT0
来週から九博で馬尽くし展だよ
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s20.html

225 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 06:10:11 ID:p0TtH5Y90
猪肉はうまいのか?
馬肉も食べたことないけど。

226 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 07:13:11 ID:Sh2QFjz10
>>225

両方とも食った事ある
イノシシは固い豚肉って感じ
毛も固いので下地処理の良否が食感を決める

馬肉は赤身、脂身ともに癖が無く食べやすいし
舌に脂っぽさが残らない、コラーゲンたっぷりなタテガミは独特の食感が楽しめる

227 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 08:19:55 ID:nwLnKpWB0
豚肉をもっと味濃くして、脂を落としたような感じかな>猪
クセがあるんで好き嫌いは別れるだろうけど、俺は好き。

228 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 10:00:25 ID:FZJ0G4uNO
いつでも足軽として従軍できますな

229 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 12:23:34 ID:aMb1fMgI0
やっすいトンカツの中にたまに混じってるあの糞硬い肉を想像してもらえればいいとおもう
普通のブタと同じ調理したら食えたもんじゃないと思う

230 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 12:27:36 ID:PtZ88oPP0
そうなんだ
豚は偉大だな

231 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 12:38:34 ID:biKjiS3X0
ダテに長年家畜やってねえな

232 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 13:03:03 ID:iUdnP0ZY0
飼育されて臭みを押さえた猪肉もあるにはあるが、
スジが噛み切れん。肉自体は甘くて好きだけど。
猟師が捕ってきた奴は、味噌で煮込まないと臭みがある。熊ほどじゃないが。

馬肉は普通にうまいよね。刺身やカルパッチョ最高。
食用にだいぶ改良されたのだろうか。4つ足では鹿と牛の次にうまいと思う。

233 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 13:10:08 ID:zolhMzN/P
オグリキャップが大好きな自分は馬肉は一生食べる気が無いので
義弟殿の家臣にはなれないな

234 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 13:17:05 ID:OhhmEwXDi
今頃オグリ好きを公言するような年代の割にはぬるいこと言うんだな。
まあ、強制することでも無いけど、加工されてしまった後なら食べるのも供養のうちだと思うぞ。

235 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 13:35:32 ID:zolhMzN/P
好きが嵩じて豊と名付けた息子と二人で笠松競馬場まで白馬と化したオグリキャップに
行った馬鹿だからな。まぁ笑ってくれ

236 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 14:07:13 ID:FZJ0G4uNO
>>235の心意気、感服しました」と召し抱えられてしまうかも

237 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 14:56:23 ID:Sh2QFjz10
お・・・オリベキャップ

馬が笑うと言われるフレーメン反応時
他馬と異なり何故か「ゲヒヒ」という表情を見せる


238 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 16:13:15 ID:zBLniz8/0
猪肉にも旬があるんだよ

239 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 16:23:48 ID:K+ye8Tl30
豊と言えば吉田豊

240 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 16:54:51 ID:/5J0tGadQ
>>239 こいつもよろしく。

つ 木刀

241 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 17:09:56 ID:ru6Zefh1O
「馬の油」の使い途に困る・・・
食えないし。

242 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 17:13:07 ID:sMS4B+NG0
ラーメンに入ってるマー油は馬の油だと思ってたぜ!

243 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 18:06:18 ID:zBLniz8/0
ラーメンに入ってるのはショー油だ
あれ、違ったかな

244 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 18:13:15 ID:ru6Zefh1O
マー油のマーは
麻婆豆腐のマー

麻…まさか…

山椒だよね?

245 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 19:00:39 ID:XKbfZ9sPO
>>241
冬場によくつかうな。ヒジのカサカサに。
臭いのが難点だけどな。

246 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 19:04:56 ID:fbfWVryoO
>オグリキャップが大好きな自分は馬肉は一生食べる気が無いので
>義弟殿の家臣にはなれないな

- 義弟 泣いて馬肉を斬る -
旨い肉の為なら、手塩にかけて育てた愛馬でも、私情を捨てて食う事ができる
という故事、…らしい。


247 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 19:14:31 ID:oI7R55v50
ここで美味しんぼでの馬肉エピソードが出てこないのが不思議

248 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 19:46:15 ID:FZJ0G4uNO
クッパパにも馬肉エピソードが

足が早くなりたい男の子を馬と触れ合わせた一日の締めに
アゴ殿が「馬のパワーを貰おう」と馬肉(アキレス腱)料理を振る舞い
モニスレは「や、これはひどい」「いや、ありなんありなん」と賛否両論でした

249 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 19:59:04 ID:zBLniz8/0
馬肉エピソードというと、競走馬の8割くらいが馬肉になってるっていうやつか

250 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:04:03 ID:TJu7867L0
競走馬のオーナーに馬肉出したらそら切れるわな。
愛玩動物と食用の家畜との境界線上に近い生き物だから
食うか食わないかで意見が割れるのはしょうがないんでしょうね。>馬

251 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:09:58 ID:rIFi6GgxP
この国においては馬も鯨も海豚も人間も等しく食に供せられる
生き物に違いなど無いのです

252 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:20:40 ID:FZJ0G4uNO
>人間も

しないよそんなバーベキュー

253 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:40:13 ID:Sh2QFjz10
食に関しては倭国は中華に遠く及ばないなぁ
人間のなますに人間の塩からに人間のスープ・・・本当グルメ

254 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:45:14 ID:K+ye8Tl30
でも中華料理って鍋で炒めるのばっかだよね
やり方の名前は違うらしいけど、結局全部炒めるだけ

255 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:45:30 ID:ru6Zefh1O
人は食用では無く薬でしょう
特に肝

256 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 20:47:18 ID:zBLniz8/0
中華鍋は焼く、蒸す、炒める、煮ると使い分けが可能な万能調理具

257 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 21:11:27 ID:FZJ0G4uNO
>>256
香港映画においては敵の攻撃を防いだり

258 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 21:41:38 ID:AdPX5qvL0
>>254 扁炉 ってのをぐぐってみろ。冬場は最高だ。
いまの時期だと、白菜を大根の拍子切りに変えて梅雨寒の折にやるとうまい。

259 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 22:14:45 ID:G3vvh8xh0
>>221
志麻婆さんはうちのお袋と同い年なんだな実はw

さて喪前ら木曜までこの雑談を続ける気か?
まるでお凉様スレの雑談ババァが流入している様な気がするのは
拙者だけではないで御座るよ ゲヒヒヒ

260 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 22:15:43 ID:iYO2U5Vm0
中華鍋って衛星放送の受信にも使うよね?

261 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 22:29:34 ID:2JxwTnlE0
お涼さまってなに?

262 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 22:52:56 ID:FZJ0G4uNO
>>261
昨年の大河での利休前宗匠の娘

263 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 23:05:03 ID:o93Z4sHo0
>>244
美味しんぼへと傾きかけた流れを鉄鍋のジャンスレに移行させようとしたその方の心意気
無駄にはすまいぞ…

264 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/06(火) 23:58:14 ID:nwLnKpWB0
今月の「一個人」て雑誌で茶の湯特集やってたが、織部についても4ページも使って紹介してた。
文中でへうげのことも触れてたんで、興味があれば書店で手にとってみてはいかが。

写真も豊富で、けっこう読み応えがあったよ。

265 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 00:16:21 ID:BUWix7Ty0
茶の湯の歴史・道具・流派から、茶会の作法。さらに煎茶の入れ方まで結構お得な雑誌だった。
本を物色していたら、漫画大賞受賞記念かな?ゲヒ殿のポスターが張ってあった
いきなりどアップのにへら顔はインパクト有るなw

266 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 00:27:28 ID:eZlB15HFO
名古屋城に織部堂なるものがあるとは存じませんでした>一個人

織部焼の南蛮人燭台に義弟殿の影を感じるそれがしへうげ脳

267 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 00:52:08 ID:xaJpLHFP0
>>265
流派の特徴とかまとめてあったのは、わかりやすくて良かったねぇ、あれ。

268 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 07:41:23 ID:kJriQQ5c0
>>254
つくるよがこのスレの監視を始めました・・・
>>266
名古屋城って小堀殿や上田殿がプロデュースした庭が(名鉄線になったり、鹿の楽園になったりで)
状態はよくないけどいまでも残ってるってどこかで読んだ。
徳川御三家の本城でしかも大きいお城だから、へうげ縁の人物の遺構や遺品はいっぱいありそうだよね。

269 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 07:57:02 ID:uJLv86tl0
名古屋戦災で焼失したで福島正則の茶室が復元されているそうだが、
利休好みなのか織部好みなのか気になる。松江で解体された状態で
現存している福島正則の茶室は利休のアドバイスで造られているらしいが、
福島正則自身は織部の弟子なのだし、織部好みかなあとも思うのだが。
見た人教えて下さい。
あと名古屋城に福島正則の庭園があるが、これも織部好みでしょうか?

270 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 14:13:23 ID:9u9KKrwJ0
久しぶりに信長の野望をやったら
古田さんが最前線に出てきて、倒したら討ち死にした
南無…

271 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 14:41:31 ID:ZdJvnfVG0
蜂須賀家政が産まれた街に住む某が息子の小学校に用事があって出かけたら
岩石園というのが校庭の片隅にあってそこに緑岩石があったでござる

早う石を我が屋敷へ!と叫ぶ声が聞こえたような聞こえなかったような…

272 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 15:27:53 ID:eZlB15HFO
「地産地消のため、我が校が捨て石となるのだ(キリッ」「御意に(キリッ」

273 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/07(水) 20:47:09 ID:DHBngaaUO
>>271
故郷に錦ならぬ奇岩を飾ったのだな。

>>272
阿波の産物を尾張で消費しているのだから「地産地消」には当たるまい。

274 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 00:05:44 ID:5lIv5IOaO
>>270
関係ないけど太閤立志伝Vだと、大抵石山の町をブラブラしてるよな。古織殿。
暇なのかな。

275 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 00:45:19 ID:tH+IlVWZ0
織部屋と上田悪代官を成敗する正義の味方はいないのか

276 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 01:02:00 ID:Xiyl+pbl0
ヤスがいる

277 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 01:37:23 ID:2c+GR6YRO
炸裂!伊達流房中術の巻
いがっぺえチェーンデスマッチ!?の巻

278 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 03:47:27 ID://IMUWcv0
伊達さんのブリッジファックに惚れた

279 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 05:22:21 ID:BwrM2xZn0
Dと佐竹の格闘で、外伝一冊描けそうだな。

280 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 06:25:05 ID:M1J/4b9iP
鎖の間って・・・すげーな

281 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 07:55:12 ID:8nfkl+55O
>>277
アッー

282 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 09:08:08 ID:+scd4cxc0
つくづく何の漫画かわからなくなる漫画だwww

283 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 09:37:16 ID:11h5aL/U0
いがっぺさんイイヨーいがっぺさん

284 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 15:16:59 ID:vCU98py30
闘魂ビンタわろたw
鎖つかむのがロープブレイクかー

285 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 17:13:20 ID:tTOsHIBZ0
書き込み少ないからアレ?今週休みだっけ?とか思ったけどちゃんと掲載されてて良かった!
上田殿、すいぶんゲヒと馴染んじゃいましたね。いっさい動じてなくて笑ったよ

286 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 17:42:33 ID:43mMG/ro0
これで又兵衛の襖が破れたりしたら勿体無いなあ

287 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 17:57:24 ID:cMlhDwWi0
>>285
当初はゲヒの一挙一動に驚いてたのに今じゃ阿吽の呼吸だからなぁ。
前回今回と上ぽんが周りの驚きをよそに平然とゲヒと受け答えしてるのが凄いシュールw

凝碧亭までの敷石は、あれコボの作った書院の敷石(どこだったか失念)が元ネタか?

288 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 18:15:30 ID:8nfkl+55O
格闘シーンでは、時々あの丸い煙の中から手や足や顔が飛び出すのですね(BGMはドラムの音)

289 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 18:24:39 ID:Cj64N3+90
そのうち、あの部屋が格闘の殿堂となるに違いない。

290 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 18:49:18 ID:jOHLqr6t0
のちの美ュー茶(ティー)コロシアムである。

291 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 19:06:28 ID:2oex4G6c0
>>287

>当初はゲヒの一挙一動に驚いてたのに今じゃ阿吽の呼吸だからなぁ。

昔の上ぽんのポジション、小ぼちんが承り願いたく候

292 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 19:08:16 ID:CWSEw23eO
いがっぺミサイルヘッドの迫力は異常。

293 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 19:23:53 ID:bFgma9Jv0
Dと糞竹wwwドラえもんかよwwww

294 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 19:37:23 ID:Js9NBlIk0
伊達・佐竹両雄がどうぶつかるのかと思ったら、
端からガチバトルで笑った

数寄に対する姿勢は、佐竹が斬新さを解して心酔する一方で
伊達は伊達ワル(笑)キャラな割に保守的なんだな

295 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:08:29 ID:Vfe756i/0
Dのブリッジ騎乗位パネエw

296 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:20:13 ID:GpCYXglP0
利休最後の弟子、というのが意外と重要なキャッチフレーズになってきたな。

297 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:23:01 ID:8nfkl+55O
前宗匠「古織様、私の顔がフキダシで隠れております」

298 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:34:31 ID:fglRLl+I0
こいつらいい年こいてこんな喧嘩してていいのかよ・・・
Dも佐竹も50万石超すような大大名だろw

それ以上にあのボコボコの面で帰ってきて即抱いてって気になる阿国パネェ




299 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:42:59 ID:1v2RXysj0
Dは蒲生との約束も影響してるんだろうな。
秀吉が末期に分かり合えた信長の影響から、侘び数寄から花咲乱るる世に心移りした構図と同じだとオモ。

300 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:46:18 ID:gNadFF4o0
11服の発売日出てたな

301 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:51:36 ID:8nfkl+55O
おでんくん、いやおくにちゃんもあの姿を見てもう少し驚くとかなんとか

302 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 20:55:23 ID:bWbhHFkF0
>>298
いい年といってるが戦国大名としては若いほうだぞ

政宗31歳 72万石 家柄は自称藤原氏(北家)
佐竹28歳 54万石 家柄は源氏(義光流)
ちなみにゲヒ55歳、うえぽん45歳、阿国25歳(全て推定)
石高ではD、家格では佐竹ってところかね

303 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:12:39 ID:ymqV3jk+0
>>294
Dは史実では和歌も堪能な古典的素養のある武将だからな
下手な都会の武将より文化的

304 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:15:56 ID:M1J/4b9iP
うえぽん、若く見えるがもう45なんだなあ
あの落ち着きっぷりもうなづける

305 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:18:22 ID:8nfkl+55O
うえぽん、まだ30代半ばでは…
45ですと高山殿とタメですぞ

306 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:45:25 ID:zNG9J0Mx0
ふむ、次はDのターンになるかね?

307 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:51:55 ID:k3PvN3Sf0
>>302
うえぽんは35やね
あと豊臣姓を賜っているから微妙に家格もあるのではw

308 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:53:52 ID:MltFQl+d0
茶室での格闘…、加藤清正が黙ってはいまい

309 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 21:57:09 ID:CrNZ6kqh0
これが闘茶というものか

310 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 22:00:47 ID:CLTBmMbO0
>>303
そりゃー貴方
古代埃及の真似して即身木乃伊を作って拝む藤原さんの末裔ですかんね
しかしながら従兄弟同士仲良くいかないのは
きっと輝宗さんの影響かねぇ
白犬の仕事も忙しく選挙にまで出るくらいだから(ネタですので御気に為さらずに)


311 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 22:05:57 ID:tfF3Q/4w0
うえぽんって凄い長生きしてるんだね。
この時代に87歳って驚異的。


312 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 22:27:43 ID:ytDSEhKNP
「天下が如何に変わろうとも利休居士の弟子になるってなァ」

伊達QNが利休と初めて会おうとした時に言った台詞
最初に聞いたときはピンとこなかったが、今週でやっと理解できたわ

313 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 22:40:25 ID:tfF3Q/4w0
>>300

今回のコミックスの予告ページのカットが表紙の物なのかな。
色はワインレッドに決まったようで。


314 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 22:41:41 ID:bFgma9Jv0
流石江戸場内で相撲をとったという逸話のあるD…
茶室バトルはお手のものですな

315 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 22:58:50 ID:prZl/2Ia0
鎖の間の創意は良いとして、身分の上下で結局部屋を分けたのは
さすがに利休居士が見たら立腹しそうな気がする
外の箔を持ち込むようで

316 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 23:12:06 ID:pdPZ5HQaO
>>315
見ないからやってるんだよ

317 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 23:28:07 ID:ur9/72o70
>>315
秀吉に命令された武家茶道カテゴリーなのでは

318 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/08(木) 23:34:11 ID:TTgVG+Kl0
大乱闘ス抹茶ブラザーズ

319 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 00:05:41 ID:AboEtZQgO
>>314
そう言うと格好良いけどありゃただ一方的に絡んだだけじゃ…

320 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 00:18:31 ID:CHnjX4RE0
個人的には最後のコマでブリッジしながらファックしてるDがツボだった。
アホやw

321 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 00:22:12 ID:vSW4egTL0
ブリッジファックはもっと大ゴマでやるべきだったな
見開きでもいいくらい……流石にやりすぎか


322 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 00:35:48 ID:43FeOxSk0
>>315
作中で古織自身が、利休好みでないことに言及してるのに
わざわざ指摘するほどのことかと思うわ

323 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 00:37:15 ID:rAojCYHW0
この作者は抑える所は抑えつつも馬鹿描ける所で物凄い馬鹿を描く所が好きだ。
ブリッジファックなんてその辺のエロ漫画でもちょっとお目にかかれない

324 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 01:01:48 ID:AboEtZQgO
あれだけボコボコになりつつもブリッジファックたぁ、流石は戦国武将!
勃つもんも勃たねーよふつーは。

325 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 02:10:58 ID:IAcvnxpS0
>>321
4ページ使用してやるべきだった

326 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 02:54:52 ID:E0VH5YTK0
俺は、その前の大ゴマ屈曲位の方が好きだな。
並の男でも出来そうなロマンだと思う。

327 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 05:55:16 ID:9h0u0Ez9P
>>324
政宗は30歳を過ぎた正室・愛に2人も息子拵えるツワモノですからね

328 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 06:16:26 ID:amHJmWPi0
サァー

329 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 08:15:22 ID:/xjrOWtx0
織部塾名物

330 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 09:25:14 ID:9HMKLFxSO
佐竹 「なぜ女なんだ?」

331 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 11:15:37 ID:SY5VEzPk0
伊達屋敷の水玉模様の襖ってなにあれ?

332 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 11:50:13 ID:CHnjX4RE0
ゲヒんとこの水玉をパクったんじゃね?
というか、マジであんな模様の着物を持ってて、なおかつ記録が残ってるのがDクォリティ。

333 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 12:12:46 ID:9YiLqO2g0
いがっぺえ・・・

334 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 12:28:37 ID:rsKPHP4IO
伊達と佐竹が上になり下になり組んずほぐれつしている時
一応、襖や壁を破壊しないよう気を付けているように思う

成長した…のか?

335 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 13:09:11 ID:MY8EBkO70
万が一壊したら織部からとんでもない賠償請求がきそうだ。

336 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 13:14:03 ID:9h0u0Ez9P
>>335
そして壊したものを忠興が回収するんですね。わかります

337 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 13:27:25 ID:KVk2dfWN0
>>325
それはシーンの重要度的に

利休の首に対してみんなが平服するシーン=ブリッジファック

ということでござるか

338 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 13:35:12 ID:Kj7Z5AKaO
>>327
3人じゃないか? 竹松丸という、早死にした末っ子がいたらしいぞ。

339 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 14:06:15 ID:rsKPHP4IO
>>336
忠興様、仔馬の頃から可愛がっていた愛馬が何か暴れていますよ

340 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 15:00:28 ID:Eb1sV5La0
相手が愛姫だと荒川ならぬ広瀬川アンダーブリッジをやってるのかね?政宗

341 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 18:57:39 ID:rsKPHP4IO
ホヒョンとガラシャの細川アンダーザブリッジ

342 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 19:20:41 ID:9h0u0Ez9P
そういえば秀吉は「センゴク」だとヘリコプターマンという物凄い体位していたな

343 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 19:29:09 ID:CHnjX4RE0
>>341
ブリッジファック的な意味ですね>アンダーザブリッジ

344 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 20:09:15 ID:nQOFt8410
>>342
あれはまだシャチホコの段階だろ
あれから股間を支点にして回ったらヘリコプターだけど……

実際にヘリコプターされた紋舞らんの「地球が回る〜」は名言だと思っている

345 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/09(金) 23:50:32 ID:MXPRCslr0
お前らが体位に詳しいのだけは分かった

346 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/10(土) 00:08:47 ID:3Jj4vBSHP
それはもう大量の絵露動画で研究しておりますゆえ。

347 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/10(土) 00:15:31 ID:bwlLm05o0
研究熱心なのはいいが、その成果を襖絵に表してくれるなよ

348 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/10(土) 01:21:02 ID:yPV5yWgS0
とりあえず体位研究の捨石になってくるから研究費を寄付していただきたい

349 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/10(土) 01:23:38 ID:jWRNK8Q0Q
>>340
国道48号線の八幡町をバイパスする渓谷のあたりで、正宗が自らの体を使って橋を懸ける絵がみえたではないかw

350 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/10(土) 01:36:19 ID:bWZWmt320
うえぽんさん、今日のお菓子はなんですか?

351 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/10(土) 01:38:07 ID:GmX4rePXP
>>347
政宗の娘はやがてアレを見て育ち家康の息子を誑かすのだと思ったわ

352 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 06:58:12 ID:v/LYgULX0
.          ,′  ¨´ ̄  _   ̄`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ ̄  _   -‐ ji  '.
         i  ji  ´ ̄     ̄`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ ̄        /ハ  !
          |  /ハ  ¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨¨¨¨¨¨¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  {//}  |
          l  }/ハ.x==冖冖ニ二≧x       x≦二ニ冖冖==x {//}  |
          | }//〃´      .`ヾ\ヾ}k,   〃//´      `ヾV/}  |
       xヘ!. }//  /´ ̄ ̄`ヾ ヾ_}}i  i{{/// /´ ̄ ̄`ヾ   Y  レヘ
      〃^ヾV ≫_ /::   x=ッ,  :::V∧lリ|  |リl/∨::   x=ッ,   :V _ ≪ / /^',',
      |i /∧}.三 {::   ゞ゚シ   :::} |jl}|  |{l{! {::   ゞ゚シ  :::}二三 { /\.l|
      |l |{ | ≫≠\:.    .::/ ノjリ|  |{リ\\::.    .:/ ≠≪ ハ }|
      |l ! ヽj 〃≧x, ゙''冖冖''゙ //r|  |z\ \.゙''冖冖''゙ x≦ヾ  j ノノ |
      |  \_| ゙´    `'ー   -=彡 '゙///|  |//バ' ミ=- 一''゙     |´   |
     | {:: 爿                《///  ∨//》                |   :::}|
.       | Y{_ |           〃/´7     V゙ヽヽ           ldlW|
.      | Y}|            //{_,,{    },,_}ハ               | {W |

353 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:29:28 ID:1lqj0CAv0
↑ 小指をタンスの角にぶつけた宗匠

354 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:32:25 ID:j89KWQSO0
おくに、こないだ若い男とやってるときは陥没乳首のまんまだったけど、伊達とやると勃起するんだな。
作者も芸が細かいというかなんというか

355 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:45:55 ID:Go1MwHLd0
前にも言ったろ
あれは陥没では無く未産婦ピーチクだって
未成年はマズイけどそこそこ年齢に金払って見せてもらえ


356 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:04:10 ID:CFVuvn+90
そうっしょー
なんちて

357 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 04:18:12 ID:dBo9scmi0
上田殿そなたも悪よのう・・

358 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:53:55 ID:fgGRDBRV0
上田殿は、ベルクカッツェ的ポジション

359 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:09:11 ID:Dt+ybBiZ0


360 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:10:36 ID:WL286Fy80
ちょいタイミングずれたが、今回を一言でまとめると
『戦国 馬(BA)鹿茶(SA)人ら(RA)』か…

361 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/12(月) 01:03:08 ID:AeJg0xyO0
今週号は「えの素」を彷彿させる
ロールミー!タミー!

362 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/12(月) 06:32:31 ID:e/vTow3sP
>>360
政宗の股間がレッツ張リィーだったな

363 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/12(月) 09:47:48 ID:SvrGOquk0
http://www2.age2.tv/rd2/src/age4011.jpg
正宗のアレ

364 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/12(月) 11:30:09 ID:e/vTow3sP
今さっき思い出したが、ここまで艶話にありなん公の11連発を語るのを忘れていた

365 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/12(月) 17:30:58 ID:4H4fNcfl0
>>103
亀レス過ぎるが、
史実では、宿屋の女は奥方や側女たち美女
旅の老尼が前田玄以

つまりあれは前田玄以ではない

366 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/13(火) 09:07:15 ID:eBms3YZQ0
>>331
やっぱり、買わされたんだろうね・・・。
東北の民が一生懸命身の凍る川やらあぶない坑道から
分けた金を・・いくらせしめられたんだろうか?

367 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/13(火) 09:19:47 ID:dvGcrF5MP
>>366
いや、丸く切り抜いた和紙貼っただけじゃないの?

368 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/13(火) 19:41:02 ID:ODEkm4+V0
気のせいだ
ただの虫食いだ

369 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/13(火) 21:39:40 ID:4bbddGLn0
>>366
トピずれとは思いつつ
地獄穴(坑道)に叩き込まれるのと
お天道様の下で暢気に砂金堀とでは
同じ金探しといえ文字通り天国と地獄の違いがあったらしい

多少辛くても昼仕事の方が楽だよ

370 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/13(火) 23:01:06 ID:exTSiuFF0
トピずれ?

371 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 01:40:02 ID:w2n4xiwO0
ヤフーものぞ

372 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 17:04:54 ID:lGqk9D+E0
単行本最新刊はあとひと月ほどですかな
織部と英子の死に際豪快セックスを早く手元におきとうござりまする

373 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 17:43:41 ID:jqNnpJKB0
>>372
>>18,165,300,313

10日後だお

374 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 17:52:20 ID:rqogG4580
コンビニで「茶の湯入門特集」の『一個人』をを見かけて思わず買ってしまった
なかなか読み応えあったけど・・・
この漫画で茶道への興味は湧いていたものの、現在の茶道というものが窮屈なものだと思い知ったなあ


375 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 18:05:46 ID:N0wtgezs0
そういや何スレか前に、お茶をいただきに行った先で作法がわかりませんと言ったら
普段通りにしていただければ結構ですよ。感謝の念があれば自然と礼のするし
同席の方に配慮があれば器を少しずらして口をつけるようになるでしょう、
とか言われて戦慄したという書き込みがあったよね。
あれ見て、俺だったら作法がビシッと決められてたほうがナンボか心が休まると思ったw

376 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 19:50:56 ID:lGqk9D+E0
>>373
これはひどい見落とし
ご指摘感謝いたします

>>375
恐ろしい話ではありますが仕方なきこと
わからなければ恥を犠牲に学んでいくしかないかと存じます

377 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 20:01:41 ID:n7vV3qYN0
>>375
そう、それ。そんなことを裏千家の先生が言ってた。
この漫画の作中の人がふるまってくれる茶なら是非に頂戴したい、でも現実の茶の席は遠慮したい。

>>376
分かっちゃいるんだが・・・
「感謝の念」をどう所作で表すのか。やるべきところでやらないといけないし、過剰にしてもいけない。
明らかに知っていなければ出来ないこともあるのに、それを「自然と現れるはず」と言ってのける傲慢さが心底怖い・・・

378 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 20:37:58 ID:YIRxH1Y90
現実の先生がどういうつもりで言ったかは知らないが「自然に現れるはず」というのは傲慢な物言いと捉える方が怖い。
というか傲慢だ。
>やるべきところでやらないといけないし、過剰にしてもいけない。
というのなら学んでからいけばいい。
学んでないというから「感謝の念、謙譲の念は自然と現れるのだから、無理に作る必要はない」と言ってくれたのだろうに。
なぜ学ぼうともせずに「自然にしていればいいですよ」と言ってくれる人を傲慢だなどと言えるのか。

379 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/14(水) 21:12:20 ID:mnV4su940
マニュアル人間にはきつかろうて

380 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 06:28:13 ID:PAjU1QygP
まぁ中学か高校で茶道部に入ってそこそこ知っていたほうが面白く感じる分野ではあるな

381 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 06:30:47 ID:nbGN0GpL0
マニュアルは心のよりになるのはしかたがないのです。
まったく自由な状態に堪えるだけ強い人間はそう多くは無いのです。
だから、マニュアル人間が多いのはしかたのないことなのです。
マニュアルを作れる人間は実は多くないのですよ。

382 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 09:25:54 ID:vUzPpv/p0
amazonに新刊の表紙が来てるな。
おっさん2人、なんてひどい絵面なんだ。w

383 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 09:27:15 ID:ORDpag190
亭主の配慮をここまで悪意でしか受け止められないんだ。
他人に対して配慮する事も感謝することもできんだろう。
茶席に出たくないというのは正解だと思うよ。

384 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 10:07:47 ID:20Irqg+20
確かに亭主の物言いは、配慮する気のない人間にはつらいよ

「配慮する気なんかサラサラないけどその場をつくろわせてくれ」
というニーズは満たせんわなw

385 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 10:41:18 ID:ptwDzpS6P
そこまで悪意に捉えんでも…
配慮するにも、マニュアルが無いと出来ないだけだろ。

まあ臆病過ぎるとは思うけど。

386 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:06:25 ID:p0wV046e0
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4303.html

御茶頭様でさえこうなんだから、自由にやったらええのです。
亭主が予定調和しか受け付けない茶会など無用。

もちろんそれとは別に師に対する尊敬はないとね。

387 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:09:23 ID:kOyOp8uU0
感謝の念なんて読書感想文や小論文みたいな、
多少の技法はあっても基本的に自由に振舞うしかないものだろうけど、
それを現代文のテストみたいに捉えちゃうんだろうね。

おれは70点は取りたいけど、この所作は何点相当なんだろう。
予習してないのに、いきなりテストは苦しいよ。
と思っちゃう気持ちは分かるが、そんな時は
正直に「菓子はおいしいけど、茶は苦いですね」とか言っちゃうほうが双方気持ちいいよ。

388 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:12:13 ID:HF6fCMFR0
「傲慢」てのが言い過ぎなだけで、>>377の気持ちは分かるよ
言わなければ分からん人間は、自然とはじき出される世界なのかもしれんね

389 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:13:23 ID:mTzrCpf40
こんな時どんな所作すればいいかわからないの

390 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:19:19 ID:iolS5Uz0i
同席の客に恥ずかしい振る舞いはしたくない
先生に、恥をかきたくないのて最低限の作法を具体的に教えて下さいとは聞きたくない
あらかじめ予習なんてしたくない
素人として開き直れない、カッコはつけたい

まあ、どうしようもないわな。
茶席に出ない、が正解。

391 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:34:17 ID:QCn3kwNb0
元々はくつろぐための席なのに…

作法は人を硬化させるな
劉邦が採用したのもうなずけるわ

392 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:36:31 ID:RHrLOPOj0
>>389
ゲヒればイイと思うよ

393 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 12:44:17 ID:ptwDzpS6P
茶道はマニュアル人間をくつろがせるに至らず、か…

逆にそこまでできると、茶人として本物になるのかも知れんなぁ。

394 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 14:49:29 ID:P1rOmwN/0
福島ァも怖くてションベン漏らしたっていうしな

395 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 22:43:36 ID:UZe/0u3I0
マニュアルに無いのにお湯の泡まで数える心意気

396 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 22:51:16 ID:LkTiNFWkQ
>>387

>正直に「菓子はおいしいけど、茶は苦いですね」とか言っちゃうほうが双方気持ちいいよ。

そこが、乙。

397 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 22:57:39 ID:P7H0kB6M0
>>387
こういう掲示板見てても、感想のような十人十色でいいことにすら
「〜〜で正解?」とか言いたがる人も良く見るからなあ

何にでも答えを貰わないと安心できない層ってのはあるんだろね

398 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 23:00:59 ID:ptwDzpS6P
>>394
あれは何気に失敗じゃないだろうか…
あるいは福島ァの武人の警戒心が、茶人の心意気に勝ったか。

399 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 23:08:41 ID:IRE8W6Wa0
弥助みたいなのが理想の客だな

400 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 23:42:34 ID:QHLmRpyAP
「罪を憎んで人を憎まず」ではないが、
無作法そのものはそのうち直してくれればよく、無作法をする人をけなさず、心遣いをしようとする心意気を買う、
という精神があってこそ、というところかな。

これ、人を育てるとき全般に言えるかもしれない。
自分も失態そのものをたしなめはすれ人格攻撃を決してしない人に育てられたんで、
自分もそうあるべく行動したいとは思っている。

401 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 23:47:42 ID:5aKxwtFF0
>>391
くつろいで「もらう」ためには不快を与えてはいけないわけで。
ただ自分がくつろいだら相手も和む、というものでもあるまい。

作法ってのは相手に失礼な印象を与えないためのもんだから、
それが身につくまでは「自分は」くつろげないでしょうよ。
逆に言えば身についちゃえば、自分の振る舞いが間違いないという
確信が心の余裕につながるわけで、そこからはじめて創意工夫を働かせる
余地が生まれるというか。


402 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/15(木) 23:57:02 ID:KXWpYPZm0
もそっとこう丹田が捻じれるようなレスがほしいのう

403 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 00:41:31 ID:ZUACrowK0
いや、しかしこの流れで織部の「一笑を狙う」のすごさが判ってきた気がするよ

404 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 03:36:48 ID:ygd74ErM0
しかし、「必死過ぎる姿が滑稽な輩」ならば
この2ちゃんねるには掃いて捨てるほどおりますぞ

405 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 08:56:27 ID:KoILgiuU0
今のゲヒはそういう「天然の笑い」では物足りなくて「人為の笑い」でないと満足できないから、
2chではなかなか満足してくれないと思う。

406 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 13:16:38 ID:01/q1Xl20
基本的に人を貶める+パターン化した笑いではないからね〜

量産型になって久しい今の量産型お笑いタレント群とは違うし・・
まあ2chとも違う。
難しいぞぅ

407 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 13:19:46 ID:iaAjc3Y80
江頭などはどうでしょうか

408 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 13:29:12 ID:dDN0ANt70
当時の芸人は河原乞食と呼ばれ蔑まれていました

409 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 14:16:59 ID:01/q1Xl20
>>408
dakara?

410 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 16:02:58 ID:dDN0ANt70
意味など蛇足

411 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 19:09:13 ID:3126aT360
昔のアンジャッシュや陣内みたいな、細かく計算され尽した笑いは好きそう。
爆笑するかはともかく、ニヤニヤはしてくれるんじゃないかな。
M-1なら、決勝でのチュートリアル「チリンチリン」とか、笑い飯「鳥人」などは、
バックボーンとしての現代文化、社会さえ会得すれば爆笑してくれるかも。

412 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 19:26:19 ID:Y+VIkULP0
「一国の領地よりも、一席の伝説」を標榜

古織二次五重憤

413 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/16(金) 20:41:09 ID:9vy9TI/D0
「へうげもの」の秀吉は、泣けるぐらい格好良すぎるww

414 :名無しさん@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 04:51:17 ID:CXo1HRco0
>>413
子供を関白に付ける為に潜在的な敵を大量生産してるけどね。
ぶっちゃけ、子煩悩な為に敵を作って身を滅ぼす結果となった信長と同じ道。
大仏作ってる途中で「老いた」と言ってたけど、自分が禍根の作り方まで信長と同じ形をなぞってしまっている事に気付いてるのかね?

……今気付いたけど、豊臣転覆を計画している家康って、利休と組んで信長殺し企んでた秀吉と被るのか。

415 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 10:01:26 ID:u6wRhHOB0
秀吉というよりは利休に近いだろ、家康のポジションは。
秀吉は自ら望んだわけでも思いついたわけでもなく、現在はノブ殺しを後悔してる。
主犯として計画・指揮してるあたりは利休≒家康だし、
カケアミとベタで家康の黒化を暗示してるコマがでてきてるし。
(”黒化”を暗示した秀吉の絵は出てないよね)

将来、家康が己の業にどのように苦しめられ後悔するかは物語のポイントだと思う。

416 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 10:06:01 ID:cPeto21p0
ノブを実際に手にかけることは望んでなかったが、殺して天下を奪い取ることは明確に望んでたろ。
そそのかしたのが利休だとしても。
ちょっと秀吉に好意的すぎる見方だと思うぞ。

417 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 11:29:55 ID:JGfg+/vK0
>>415
日焼けしてたw

418 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 11:41:47 ID:5wG9SVOG0
・・・げる

419 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 12:15:48 ID:ggzpES6Q0
秀吉が織田家の上に立ったのは、
「まだ全国統一が完了していないから」という理由が成り立つけど、
家康のは完全に天下簒奪だからなぁ
正直政宗あたりに殺されて欲しいわ

420 :名無しさん@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 12:51:19 ID:CXo1HRco0
>>416
確かに好意的過ぎるとは思う。主君に対する情よりも野心を優先したんだから。
秀吉が後悔したのはノブに最後の思いを語られて「愛」を贈られたからだよな。
殺したのに、許しと愛を贈られるなんて秀吉の理解の範囲外だろ。
だからこそ、もう死ぬ1年前ぐらいになっているのに今も尚信長に執着している。

ただ、個人的にはノブが即死して『冷徹な策謀家』のままな秀吉も観てみたい。
天皇を容赦なく毒殺したり、ゲヒに本懐を打ち明ける事なく口封じしたのだろうか?

>>419
光秀の言うとおり強かにはなったけど、利休に茶席で黒くなれと言われた辺りから何だかおかしくなったよな。
当初の青臭さを幾分残しては欲しかった。今の家康は別人と思えるほど強かすぎるし真っ黒。
……の割には秀吉の奥方に対する純情は据え置きというw

421 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 17:24:55 ID:gHcFa5VF0
>>419
「織田家を支えていく」というありかたもあったから、「理由」にはなっても
別段「正しい」名分ではないわな。
全国統一といっても秀吉の天下はかなり流動的で秀吉個人によるところ
が大きいから、「天下安定のために」その力をもつ家康が立った、という
言い分も成り立つといえば成り立つし。
それに秀吉時代と家康の統治はまったく別体制なので、そういう意味では
「簒奪」というよりは「一代でスライドした」というのが正しいような。

だけど、なんとなく家康にダーティな印象を持つ人が多いのはそのやりかたも
さることながら、秀吉の天下統一に、すごろくの「上がり」的イメージが重なる
からだろうな。


422 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 17:38:03 ID:cPeto21p0
戦国乱世を終わらせたのが秀吉で
250年の大平の基を築いたのが家康。
どっちも主家を簒奪したのは一緒なんだが、
秀頼という存在が三法師よりも同情を喚起しやすかったのと、
大阪の陣での西軍に組した人たちの侍っぷりが語り継ぐにふさわしいものだったことがあるんだろうなー。
あとは朝鮮出兵や派手な浪費と建築とかいう、豊臣政権の悪い部分の印象が20年近く経って薄れてたのもあるかも。

423 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 19:41:53 ID:yDh3VFf90
へうげ的には家康の独自の美意識がイマイチ見えてこないのが
他の天下人(ノブ・光秀・利休etc)たちとへただりを感じる理由かも?
秀吉も自分自身の美意識とは言い難いとは言え師の美意識を受け継ごうとしてるし。

そんななかで家康は「そんなものは不要」ってスタンスで凄い異端なんだよね。

424 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 19:45:55 ID:ggzpES6Q0
>>422
天下統一事業を引き継いだ秀吉と
わざわざ乱を起こして天下を奪い取った家康

どう考えても全然違う

浪費は徳川幕府もメチャクチャさせてる
むしろ秀吉の時より酷い

425 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 20:06:34 ID:Afh9VT5h0
力の強いものが戦に勝って欲しい物をもらう!
ただこれだけの事をややこしくしてるね……!

426 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 20:14:45 ID:YxGCzmR2O
>>423
家康は造ること・耕すことなど実用的な行為に美を感じてるんでは

客に大量過ぎる飯を出すなど、
おもてなしの心に欠ける=美意識が不完全という描写もあるけど

427 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 20:24:47 ID:cPeto21p0
>>424
スレ違いになるからアレだけど
家康がいなくても秀吉死後は間違いなく乱が起こってるよ。
あのタイミングで利家が死んで秀頼や五奉行では伊達や島津の外様、
あるいは吏僚派と武功派の内訌を押さえられない。
家康は火の無いところに放火したのではなく、火種を利用しただけ。
秀吉も天下(未完成のだが)を乱を起こして奪ったのは同じだし。

浪費というなら名古屋城や江戸城の天下普請と淀城や伏見城の修築とは一緒にできないよ。
同時進行で大名に自弁で外征やらせながらというのもあるし。
側室のために城を築くとか家康はしてない。
まあ、大名の力を削ぐという目的は同じだし、先に秀吉がやってたぶん家康が得をしてるところはあるだろうけど。
「あそこまでやらなければ、大丈夫」的な。


428 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/17(土) 20:30:07 ID:gHcFa5VF0
>>426
徹底した経験主義・合理主義ってのが垣間見えるね>へうげ家康
物の「形」でなくその「働き」を愛でる感じか。


429 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/18(日) 00:49:56 ID:m/C1QdHHO
造形美と機能美とゆーことか

430 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/18(日) 09:17:41 ID:Ln1WQNRk0
>>426
以前このスレでも少し話題になったが
椎茸は今と比べて圧倒的に高級食材だったようだが

確かにあれを松茸だとすると
「すげえ!」と思う一方で「成金趣味でダサい。恥ずかしい」って思うな

431 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/18(日) 10:27:32 ID:wB7x/tmr0
椎茸は人工栽培が始まるまでは高級食材。
乾燥椎茸は乾物の雄。

逆に今は高級食材として珍重されている松茸だけど、
ほんの50年位前までは、普通に手に入る秋の味覚だったのだよ。
裏山に薪(まき)を取り入って、
赤松の周りを探してついでに収穫するレベル。

今マンガにすると成金趣味に感じるかも知れないが。

432 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 04:16:43 ID:ZdAG/uuE0
>>427 側室のために城を築くとか家康はしてない。
社団法人徳川幕府を世襲継承する私人一家の私用部分が大きいから、
あまりこの点で徳川・豊臣の比較はなりたたないかな?

行政上の中心地の伏見城と対応するのは江戸城くらいかね。
淀城は江戸期の名古屋と同じく、場所柄要塞化すべきで・・。
まあ、背景の動機はいろいろだけど、本質的に同じだね。

433 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 11:37:43 ID:79voTDLd0
家康「老後は故郷でのんびり暮らしたいから駿府に豪華な城を築城しる」

434 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 12:25:32 ID:2rOPh/U1P
家康は影武者なので、秀忠や柳生と戦う為に駿府に城を築いたのですよ(棒

435 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 13:09:26 ID:0detdkn70
な、なんだって-

436 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 13:17:19 ID:6D4bLAj00
隆慶一郎ワールドへようこそ。

437 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 14:25:25 ID:Otf9F0ML0
<<415
<将来、家康が己の業にどのように苦しめられ後悔するかは物語のポイントだと思う。

織部切腹でそのへん出てきそうだ。それともおね様か?
秀吉より孤独に黒化しそうだ。譜代たちや秀忠にも理解されないような。
それでも竹千代(家光)に己の業を継がせ、
それを知った家光が東照宮を・・・あれ?


438 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/19(月) 17:16:43 ID:DaLx20gwQ
>>437
日光税務署ですが、さっさと有り金全部叩いてください。
お国のためになりません。

439 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 02:54:35 ID:IhHekjCK0
秀吉と違って、後継者の数が多くって歴代仕えてくれた部下も多くって、ずいぶん状況はいいんだけど、
老いを実感しはじめて、息子も息子なりのやりかたを身につけ始めると・・
最初から黒ければよかったのに、という後悔が出てくるのかもね。
paint it black じゃ。

440 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 02:57:56 ID:IhHekjCK0
ああ、あと、家康はかなり例外的に長生きだったから
夏の陣の頃になると戦国〜関が原の敵味方がほとんどいないんだよね・・。
伊達は若いし有楽斎はまあその。

せめて戦国期の殺伐さでおもてなし・・という古織最後のご奉公・・かなぁ?

441 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 03:16:14 ID:UJNdPN5+0
この太陽にも負けないだろうな、オレたちの数寄は

442 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 09:31:46 ID:L5zf/DsI0
へうげ映画化ってマジ?

443 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 13:53:38 ID:1e7MG+wv0
いいえ、ケフィアです。

444 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 15:14:16 ID:3s6tkPCN0
形にこだわった古織と、実用性にこだわった家康(あるいは秀忠)
これじゃ相容れないわな

445 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 15:39:27 ID:1K+rtAUZ0
「遊び」というものを全肯定する織部と、全否定する家康・秀忠、ということでしょ。

446 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 17:24:25 ID:YGRtLhr30
剣術という実用的でない遊びが好きだった家康
信長と秀吉は、あんなの実際では役に立たないとガン無視

447 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 18:07:40 ID:3VdCfe+10
健康にはいいよ

なぜ家康が天下を制したか
それは長生きしたからさ

448 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 18:11:17 ID:1K+rtAUZ0
そういう「遊び」とは違うw

449 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 18:19:41 ID:mOpUamp00
そういや薬を作るのが趣味だったっけ>家康

450 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 18:33:28 ID:YGRtLhr30
金集め、剣術、鷹狩り、健康法など、一人でも出来る遊びが好きな家康
花見、茶会、仮想パーティなど、大勢で行う遊びが好きだった秀吉

451 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 18:53:35 ID:RAWdn5CO0
利休が好きだったのは、二人〜少人数での茶会か。

452 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 18:57:26 ID:c0tM6AYJ0
>>446
家康の場合は「遊び」とはちょっと違ったんじゃないかね。
「鍛錬」や「勉強」の意味合いの方が大きそうだ。

453 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 19:00:14 ID:3s6tkPCN0
子どもの頃は石合戦なんかで遊びの延長上に実践的意味があったものもあるからなぁ

454 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 20:45:54 ID:nj8MZfh60
家康は生涯学習マニア
秀吉は遊び人と言うか趣味人

455 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 20:55:44 ID:3VdCfe+10
やたらボイラー技師資格とか色んな資格を取り捲る資格マニアの中小企業の社長と一緒だな

456 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 22:55:03 ID:cypymR0J0
それを中小企業どころじゃなく、天下人がやるからめんどいw

457 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 22:59:04 ID:WXRkZG/SP
劇場版釣りバカ日誌のス―さんが資格ゲッターだったのを思い出したな

458 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 23:36:42 ID:CygsnZm10
スーさん=家康
ハマちゃん=織部

これなら大団円なのに…

459 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/20(火) 23:41:35 ID:3VdCfe+10
そういやスーさん役やっていた三国錬太郎は利休もやっていたな
あの利休でけーなと思ってたけどわりと史実に基づいていたのか

460 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 02:04:03 ID:0AmT+AqS0
最近ほひょん殿でてないよね・・・
まんがの中ではどこにいるんだっけ? 小倉移封は徳川期だよね?

461 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 02:15:51 ID:DqdIroOD0
>>441
お玉ちゃん乙
消えそうに燃えそうな単行本発売まであとしばし待て

462 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 02:36:43 ID:BaJPWtWG0
伏見の地震以後ほひょん殿が
火事場泥棒やれそうなエピソードは・・・

ほひょん殿、緑石の件に絡みたかっただろうなぁ・・・

463 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 11:06:26 ID:2bn5SB5C0
> 火事場泥棒やれそうなエピソードは・

関ヶ原・・はないなぁ
冬の陣までおあずけ?

464 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 12:31:08 ID:BaJPWtWG0
>>463

関ヶ原ではほひょんの親爺さんが
火事場泥棒的な理屈で戦場から逃れとるな

465 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 13:55:54 ID:8tEEm4Tl0
>>249
マジレスすると、固くて食えないと思う
馬肉単体で売られてるものよりも、加工品とかペットフードとかに使われてるのでは

466 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 14:18:19 ID:8tEEm4Tl0
>>442
のぼうの城と間違えたか

467 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 16:29:11 ID:fg0JZIvt0
まぁ同じエピソードは出てくるが

468 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 17:07:02 ID:O3mLPIKMP
ねたばれを抑えるのが大変のようなそうでないような話でござったわ

469 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 19:55:20 ID:B9re4YWC0
信州では普通にスーパーで馬肉や馬刺しを売ってるけど、最近はカナダからの輸入物ばっかり。

470 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 20:53:27 ID:yMVAxrRK0
楽天ブックスの予約、売り切れになってるじゃないか

471 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 21:14:57 ID:iZdRIAnf0
サラブレッド1頭を馬肉にして約1万円くらいらしい

472 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/21(水) 21:27:32 ID:51ni8EY70
サラブレッドの価値ってのは、走ってこそだしな……。

473 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 00:58:49 ID:VzW0Vhtb0
>>471
1万かそれ以下!で引退したサラをひきとって、
おいしい餌を一ヶ月与えてから市場に出してお肉の状態がいいと判断されたら5〜10万くらいで引き取られる。
それでもほとんどは雑肉で食用になることはほとんどないね。
>>469
一時はオーストラリアとアルゼンチンだったけど、いまはカナダばっかりだね。・・じゅるり

474 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 01:10:29 ID:yEGovcIp0
>>473
一ヶ月間の餌代っていくらくらい?

475 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 04:09:47 ID:PxQuRNapO
オモニ泣いてます

誰がうまい事言えとw

476 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 05:39:27 ID:/HCgNULk0
義弟「楽にしてやるぞ!家畜ッ!」

477 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 06:16:01 ID:v+nadNl40
>>476
バガwww

山ちゃん、捨てられちゃったけどまた出てくるんだよね?歌舞伎で。

478 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 09:46:13 ID:VzW0Vhtb0
>>474
牧草がメインなので・・あまり。飼料で、とかもっと時間をかけて。という事はサラ品種じゃしない。
おそらくだけど、持て余し気味の牧草地が無い所ではやってないのではないかな・・地区によると思うけど。
それに、太らせるというより、競争馬時代にもしかしたら使ってるかもしれない薬物を抜くため、だね。

読売さんとこの記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100721-OYT1T00106.htm
へうげ読者としては・・・

479 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 13:11:20 ID:UY20XFt70
人間が食用にする馬肉はそもそもサラブレッドじゃないんだが
ペルシュロンやブルトン、その混血だよ

北海道で生産→九州などで肥育→食卓
まあ、一部はばんえい競馬にいけるんだけどね

サラはほんとペットフードとか
未確認だけどコンビーフとか

480 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 14:04:22 ID:PQjLfQ5KP
馬なのにビーフて!

481 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 14:26:23 ID:uN9B01OI0
コンビーフじゃなくてニューコンじゃね?

482 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 14:33:46 ID:4ySed5htO
最近はコンミートって言うね

483 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 15:02:42 ID:JNMpsO1k0
コンビナート?

484 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 15:23:22 ID:RIzyyufX0
結局織部の子孫っておえいさんの息子ってオチになるのか?

485 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 15:40:47 ID:D6ojiSpt0
袴の上から解る勃起ってすげーなw

486 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 16:14:55 ID:SdyKokmn0
怒髪天を衝く、ならぬ怒張袴を衝く、か

487 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 16:33:18 ID:7JHkZUpK0
>>485
それより、ふんどしが何の役にも立っていないのか、といぶかる

488 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 16:42:29 ID:AGb4fYDQ0
>>487
ノーフン・・・・・・・・げふんげふn

489 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 18:47:09 ID:btMi+2E50
ああ、明日発売か
もうフラゲ出来る本屋とかあるのかね?
あんまりマンガの単行本ってフラゲ出来ないイメージなんだが…

490 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 19:43:59 ID:+MaopIXcP
ミステリ関係で有名な某書店には、学生時代漫画のフラゲ目当てで通っていました。

491 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 19:51:02 ID:SdyKokmn0
ミステリの本屋といえば深夜プラスワンくらいしか思い浮かばない
行ったことないけど

492 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 20:20:04 ID:eTjaQeho0
リアルチョンが発狂しないか心配な展開に!

493 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 20:21:30 ID:JNMpsO1k0
夏だねぇ

494 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 20:31:49 ID:ThKtedhh0
オモニ泣いてますからきますた。

495 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 20:31:49 ID:V9jpMkLJ0
名古屋さん、色々と大変ね

496 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 20:46:08 ID:GM0BGAoM0
まあこれで家康に切腹させられても、ゲヒの数寄は伝承されたという
ラストに持って行けるな。
案外その子が大物になったりして。^^


497 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 21:32:42 ID:ttVv4Nkm0
>>479
>まあ、一部はばんえい競馬にいけるんだけどね
行けなかった大部分が人馬ともに涙していることを忘れないで下さい。
よってわしは馬肉をペロリの義弟殿にはちょっとねぇ

さて英子殿懐妊じゃなくて既に出産育児中とは驚き!
でもなぁ英子殿 
武家の男子は何よりもの宝ぞ 
早めに告知するのが甲
それを隠しつつ薩摩に逃がすのは窯大将の勤努めなり

498 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 21:58:44 ID:V9jpMkLJ0
窯大将、えらい出世だな。
官位だけなら大名クラスだ。

499 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 22:45:59 ID:pHw9tfEd0
窯大将は地元じゃ神社で祀られてるくらいですし。

500 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 23:23:48 ID:CLM8rUqq0
しかし時代は変わったな
朝鮮女、それも捨て子とはいえ両班の血を引く女が、日本のサムライと船上で処女喪失したうえ、
日本に渡航して妾になって子を孕むなんて描写・・・・
一昔前じゃ作家も出版社も、サヨク団体やらキムチ臭い団体の抗議・圧力にビビってやらなかったようなことが、堂々と掲載されてる
いま花の慶次が連載されたのなら、改悪された琉球編ではなく、ちゃんと原作どおり朝鮮編が描かれるんだろうね


501 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 23:32:34 ID:JNMpsO1k0
どっか精神的クローンみたいな連中が蠢いてる板にリンクでも貼られたのか?

502 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 23:38:23 ID:soRZ3b1Y0
>>500
そうかねえ。俺、どっちかというと左翼的な考えをしているが
別に何も思わん。

503 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 23:44:13 ID:JTJP0KKK0
>>501
世界で一番朝鮮のことに関心がある集団か

504 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/22(木) 23:53:16 ID:QYJXaIB3P
1回セックスして着床成功ってのは、じゃじゃ馬グルーミンUPへのオマージュですか?

505 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 00:17:23 ID:1oiOb8Jn0
>1回セックスして着床成功ってのは、じゃじゃ馬グルーミンUPへのオマージュですか?

違うよ、戦中の一夜婚だよ
結婚式の翌日には原隊復帰
翌年妻の元には残された一粒種と1枚の戦死報告が・・・

506 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 00:19:19 ID:qYxYdCty0
実際はお義父さんががんばっていたという話も良く聞くけどね

507 :名無しさん@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 01:17:23 ID:Em/umLDt0
そいや、ゲヒの家って男は全員親父の追い腹切って、母親似の娘だけ義兄殿の家に逃れて生き延びたんだっけ?
これで男の子出産だとしたら……w

508 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 01:34:11 ID:OMHIGkx+0
>>507
とは言え、御家大事なので家名を継げない男子が生き残っていても…という
見方もある

509 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 01:45:05 ID:5cSAEv4W0
昔の山田風太郎の世界だと、そういう訳ありの御落胤が何故か忍者となって活躍するんだよな。

510 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 01:59:22 ID:FYL5SY2V0
俺もおくにに俺の長槍を

511 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 03:08:02 ID:WwNDS46M0
忍者ゲヒ丸くん

512 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 04:49:25 ID:s4gxSlyr0
>>504
『じゃじゃ馬〜』に限らず、漫画界には一発懐妊する描写多くないか?
『ウィンドミル』も、五輪決勝前夜の一回で、女子高生ママさんになってたぞ。

513 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 06:28:03 ID:1oiOb8Jn0
>画界には一発懐妊する描写多くないか?

エロ漫画界では何度中出ししても
懐妊に至る事は少ない不思議

514 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 06:38:29 ID:zQ2oI8WEP
世の中には話の都合というものがあってだな

515 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 07:05:41 ID:SmkzD2Np0
マガジンでやってた、すずかとかいう陸上漫画の女も妊娠したな。

516 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 07:11:25 ID:cpmuoIDI0
獅子帝ラインハルト「!?」

517 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 07:12:11 ID:APt7Cnod0
打ち切られる前に一発で仕留めねばならないのです

518 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 08:54:40 ID:ajTC9ybX0
DQNほど繁殖力旺盛だという現実にならってるんじゃない?

519 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 09:05:10 ID:Xs09+3ah0
>>496 天草四朗になったりしてw

520 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 10:04:19 ID:gssxOqBOP
まぁ生理中でも中田氏すると子宮口が開いているから妊娠する事もあるからな

521 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 12:25:20 ID:ixYNKkHQ0
たしかに作中での描写は1回のみだが果たして本当に1回だけだったのか?

522 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 14:47:57 ID:CqsYF6bL0
新刊買いました
いつか英子と結ばれるんだろうなと思ってたら
すぐにやっちゃうとは・・・w


523 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 15:39:43 ID:a8KGfNmAO
ホヒョンと仲直りする回の俊英浅野に爆笑した

524 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 16:08:15 ID:rHmrJSBE0
>>521
船内で10発は姦ってるな

525 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 16:12:34 ID:Ukj34rdU0
回数の問題よりちょうど英子が排卵日だったってのが大きいと思うのだが。

526 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 17:12:55 ID:SVx10vIX0
三十路処女が初セックスで受胎とな

527 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 17:24:28 ID:38k2tVTV0
だったら黒田節から賀茂川アンダーザブリッジまでした出雲の阿国さんはどっちの子を孕むんだろ?

528 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 17:43:13 ID:6OhloY8tQ
>>519
お前、それだとベンジャミン伊東みたく「ニン、ニキニキニキニン♪」って出てくるだろwww


529 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 18:37:01 ID:X4GdTll50
あれ?ここって北崎拓スレだっけ?

530 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 20:52:21 ID:yVw4RDi40
>>512
ちょっと、ウィンドミルって奴を探してみる

531 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:01:05 ID:gssxOqBOP
「後宮小説」ってのも処女喪失と同時に妊娠していたな

532 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:13:06 ID:1PHRJuDy0
11巻買って表紙をめくったらいきなりマンガが始まってたんだけど、
これって落丁? 目次ないの?

533 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:13:40 ID:1wXrzabd0
>>516
告白当日即妊娠でしたっけ?

534 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:15:23 ID:JMGtdoqO0
アニメ版の声やったのは佐野量子だったね
当時のアイドルが馬小屋でなんて役よく受けたなあ

535 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:16:39 ID:dbcS4Xxe0
>>532
カバーの折り返し。

536 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:17:13 ID:Y/Vg8lAH0
>>532
へうげのコミック買うの初めてなんか?

537 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:17:59 ID:phj4Y4wK0
>>534
旦那が騎手の武豊だろうが

538 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:47:28 ID:e5UuRlik0
今週出てきた山ちゃんって、なんか歴史上の人物か何か?

539 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 21:53:54 ID:FC0RtJtv0
やっぱり面白い。
表紙の上田殿いい顔してるな。

540 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:00:07 ID:Y/Vg8lAH0
>>538
実在

541 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:03:47 ID:CevUqUWV0
信長の棺でも出てきていると聞いたぜ。
しかも淀のお相手だとかなんとか。

542 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:05:14 ID:82XaBxlM0
最初に知ってから3年くらいは「なごややま さぶろう」だと思ってました
おくにャあああ!

543 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:08:46 ID:cpmuoIDI0
レオン「さーんにゃん♪」
山三郎「にゃっ!?」

544 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:27:00 ID:IyKcfekP0
山ちゃんカワイソス(´・ω・`)

545 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:39:25 ID:Y4aH5TVf0
この流れと関係なくデカスロンの22巻をブックオフで購入。これでようやく全巻そろえた記念カキコ。
しかし表紙のCG怖すぎる。

546 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:47:39 ID:nD6tg4d00
>>538
美少年で衆道のお供として大名の間を渡り歩いた人
掘る方か掘られる方かは知らない

547 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 22:52:33 ID:zcNHg0VA0
そして喧嘩で刺されて死んだ人

548 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 23:01:34 ID:FEMhqjC00
>>538
戦国時代有数のイケメンとして有名

549 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 23:26:11 ID:iXxLEoTk0
ああ、女なんてどうせ……と絶望した挙句に男色に走るワケか。
なんという転落人生。

550 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 23:36:15 ID:cpmuoIDI0
違うよ。
蒲生氏郷の小姓として世に出て、阿国歌舞伎の相方として名を残した。
ホモ→バイに遷移したんであって、女に絶望してゲイに走ったわけではないのです。
芸には走りましたが。

551 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/23(金) 23:44:05 ID:iXxLEoTk0
うまいこといったつもりか。

552 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 00:06:03 ID:YuEVXNAX0
昔から小姓は掘られる役と決まってるわ

553 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 01:10:58 ID:xxIiwvUD0
秀吉「そんな事はない。ところでお前に姉はいないか?」

554 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 01:41:07 ID:C4fd9EzR0
ゲヒの表情が寄生獣っぽくなってきたなw

555 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 02:05:43 ID:76YznQ88O
新巻買った。
地震の後、小堀と又兵衛が話してるシーン。

やれ松永某の数奇は凄かった…信長様はあーだこーだ

わしも知らん

ねえ

荒木某の名物がどーのこーのと…まったく知りもせぬ名を出すは止めて欲しうござる

このやりとりの後の又兵衛の顔が、何回見てもどんな織部のゲヒ顔より笑える

556 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 02:58:26 ID:mXVDzgK4Q
>>537
ああ、種がないので馬に種をもらいにいったわけか

557 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 03:00:17 ID:E2RZ3LqG0
イナンナが終わったな。
一度でいいから、たくさんの織部がイナンナ風に描かれるのを見たかった。

558 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 07:37:58 ID:v1Ccfm0hP
「かしこくも 身をかへてける薄衣 にしきにまさる 墨染めのそで」
と坊さん姿の山ちゃんを見てシステマ斎が詠んだ事があるよ

今風に言えばユニクロもイケメンが着れば高級ブランドに見えるって事かな

559 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 07:38:08 ID:CSUQp2at0
おくにとやまちゃんが歴史上の人物だとは思わなかったわ

560 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 07:49:57 ID:2mKd8P9K0
若い頃のノブが好きな女踊りを歌舞伎に進化させたのがヤマちゃんだと言われてるな

561 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 08:51:50 ID:6cvDC+CQ0
おくにって歴史の教科書に出てこないか?

562 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 09:07:32 ID:54ev2MrB0
山(さん)ちゃんは昔信長の野望にも出てた
最近めっきり見なくなったが

563 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 09:12:12 ID:xJxOsgrE0
>>558
戦国の世は今より※ただイケな風潮だったろうなー
…あれ目から玄界灘が

564 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 10:45:52 ID:247wwUnB0
目立つために素っ頓狂な兜飾りとかもあった時代だし、見た目には気を使ってた武将も多かろうて。
……へちまエキスとかで洗顔してるノブさま想像して、コーヒーむせた。

565 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 12:14:03 ID:xxIiwvUD0
>>559
京都の四条河原町にお国の石像あるよ

566 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 14:20:00 ID:gt6lA/b70
本日、最新巻を購入いたす所存。
それがし新品であることに一向にこだわらぬゆえ、ブクオフものぞくつもり。

567 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 16:26:00 ID:KfqfSwbB0
11巻購入
読み返してみるとゲヒが活き活きとしてて面白いわぁ

568 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 17:25:28 ID:BwRt9/3a0
>>559
阿国は義務教育で習うだろ


569 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 19:30:16 ID:sEISZSIe0
太閤立志伝5じゃ嫁にもできるよ
顔グラはTBSドラマ「関ケ原」の木の実ナナが元ネタっぽい濃い顔

570 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:00:38 ID:CSUQp2at0
>>568
>>561
そんな昔のことは忘れた

571 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:05:07 ID:v1Ccfm0hP
>>570
長男と二男が使っていた小六の社会の教科書にはちゃんと載っていたな

572 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:08:09 ID:GAUn5LVe0
>>562
最近は諱がわかんないヤツは排除されてるからな。

573 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:25:44 ID:c/W7NC9W0
堅苦しくない通りのいい通称で設定されてた風雲録とかの頃のほうが好きだがな。
鹿之介とか幸村とか。
コーエー的にはそういうのは無双でやる感じなのかね。

574 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:27:05 ID:VoKsO2G10
>>571
えーと蜂須賀さんの長男は家政さんで、次男は何というのでしょう

575 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:41:35 ID:5x/8ZaPa0
信長の野望は関ケ原近辺以降の武将はあまり重要視されてないからなぁ〜

576 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:44:20 ID:v1Ccfm0hP
>>574
正勝の息子は家政だけじゃなかったか?
自分が使っていた社会の副読本「のびゆく江南」でも
息子達のそれでもそう書かれていたぞ


577 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:47:31 ID:Bb2CV+E+0
橘が枳になりそうなとこだな

578 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 21:50:48 ID:lN4WyDoH0
「小六」違い

579 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 23:44:48 ID:6vOKhucO0
>>576
江南市民乙

580 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 00:44:17 ID:oExKwnkjP
>>578
わしはただのキチガイじゃ・・・

581 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 01:29:20 ID:/oHLPyn0P
小六って、ありなん公が結婚した際の奥方の年齢の事ですね。

582 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 01:32:27 ID:9wOAZba80
初めて子供産んだ年じゃなかった?

583 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 01:40:45 ID:++W4c9y50
小6
ハァハァ

584 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 02:16:58 ID:1+2vLUxv0
安国寺とは既に昵懇ハァハァ

585 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 06:17:51 ID:WCncehyP0
>>573
幸村は通称どころか愛称ですらないぞ

586 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 07:34:24 ID:GFzexAbf0
当時はそう呼ばれてなかったってだけで、現在で言えば「通称」で間違いはないぞ

587 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 08:18:22 ID:e6AtdSch0
通りのいい、ってわざわざ言ってるんだからねえ。
幸村関係は急激にウザいのが増えた。

588 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 08:44:37 ID:9wOAZba80
本当は信繁なんだぜ(キリッ したい奴が多すぎる

589 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 09:08:33 ID:iN++/8DzP
まぁへうげでは信繁だよな
Dと片倉が信繁の二男を匿う話はへうげではやるのかな?

590 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 09:19:13 ID:qkhLnBra0
歴史物では信繁でいいよ

591 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 09:56:28 ID:e6AtdSch0
40年前に司馬遼太郎が
「信繁と名乗っていたが、この時代では名乗りよりもどう呼ばれていたかが重要だ」
つって左衛門佐で通した程度のこと。
コーエーは真田十勇士出したりして、
講談、戦記と史書とどっちに寄りたいのか今ひとつ理解しづらい。

592 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 10:13:07 ID:JoNZPMyt0
マニアとライト層のそれぞれ食い付きのいい部分を折衷してるんよ

593 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 10:30:23 ID:bh5io9CyP
作り手は好きな方を使えばいいので、問題ない
ウザいのは知識をひけらかす読み手の方だけw


ところで女一人持ち上げるブリッジファックって、けっこうスゴイよな>D
そりゃ山ちゃん勝てないわけだ

594 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 10:47:15 ID:KJ+a5f7i0
まぁ山ちゃんは蒲生氏郷に菊座を掘られる立場でしたから…
でも考えてみればありなん公も若い頃はノブに同じ事されていたから
結局おくにの女心は秋の空みたいに変わり易いって事かもな

595 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 11:33:37 ID:Jr8EbZsg0
元々政宗マンセーだったんだから仕方がない

596 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 13:14:18 ID:DcY2KRQPO
まだ10巻までしか見てないけど
蒲生邸でセクロスしたのは
山ちゃんに不法侵入を見逃してもらう為でしょ?

597 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/25(日) 21:04:24 ID:KSLmSeVK0
今画力対決見ててオモニ泣いてますの元ネタがやっとわかった

598 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 02:08:06 ID:ItXzPI1e0
哀号〜

599 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 07:25:31 ID:BV3keiT70
石田三成(ソクチョンサムスン)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1280058590/

1 名前: 学芸員(dion軍)[] 投稿日:2010/07/25(日) 20:49:50.19 ID:MwWvX+aI ?PLT(12001) ポイント特典
http://img.2ch.net/ico/gaku3.gif
『石田三成(ソクチョンサムスン)』  荒山 徹著  (講談社・1995円)

 韓国留学歴を持ち、日朝をまたにかけた奇想小説で時代小説に独自の分野を開拓している著者の最新作。

雑誌連載の「柳生大作戦」(著者は柳生ものも得意)を改題。

朝鮮・百済滅亡から千年後、百済再興をたくらむ、亡命百済人の一族、近江百済党党首、石田三成は魔人と化した。

豊臣家に寄生した魔人一党の野望の前に立ちはだかるのは徳川家に入り込んだ柳生宗矩ら、
いにしえからの密勅を奉じる柳生一族。

忍術、妖術、剣法の丁々発止、ヤマタノオロチとヤタガラスの空中戦などが、
古代と戦国の時空を超え、日朝をまたいで劇的に展開する。タイムマシンも出てくる。

=2010/07/25付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/book/new/20100725/20100725_0003.shtml





キチガイ杉ワロタ

600 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 08:51:13 ID:gdLqdsJ/0
>>599
最近、こういう真面目に電波な本無かったので頼もしい
まともな神経では到底書くことなどできないからな

601 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 09:01:25 ID:tlyuZPP80
一千年たっても亡命者扱いなのかー

602 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 09:10:12 ID:w2WXgxft0
9 名前: 高卒(アラバマ州) 投稿日: 2010/07/25(日) 20:51:55.47 ID:uHvUXgQr
>タイムマシンも出てくる
それ使って百済に戻れよ

603 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:03:52 ID:sIKM77RG0
>>599
徳川家康が朝鮮人に入れ替わってたって小説書いた人?

604 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:09:23 ID:BrbzYQVt0
400年たった今でも賊軍、敗北者の烙印を押されたままなのに、さらにチョン扱いとかヒドスw

605 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:16:35 ID:+9zAWDsM0
しかし光成を諸悪の根源として描くのが当たり前だったのが、
現代はだいぶイメージ回復したところじゃね?
へうげのように、光成が悪役である方がむしろ少ないような

606 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:29:19 ID:yF9wS8FH0
ちょっちゅね。あいつは大悪人ね。

607 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:38:13 ID:ShsTQruuP
小学校の頃、学習漫画で見た光成は
切腹前の干柿エピが格好よく描かれてたのが、印象深かったなぁ。

608 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:45:48 ID:tlyuZPP80
へうげ三成は好意的に描かれてると思うが。
私心のないこと、秀吉と豊臣政権第一であること、無愛想だが他人を評価して頼りにする不器用な人だということ、
などがしっかり描写されている。

実際にここ数十年は再評価が行き過ぎてむしろ好意的に見られ過ぎくらいの作品が少なくないと思うけどな。
義将なんて実体のない言葉で美化する大河ドラマよりは、へうげ三成の方がよっぽどかっこいいと思うし。

609 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 12:50:10 ID:mUy9ernF0
>>605
江戸幕府が倒されたこと、明治期になって実証主義的な歴史学が入ってきたことが大きな三成評価の転換点になった
渡辺世祐、徳富蘇峰らによって再評価がされたが、庶民レベルじゃやはり司馬遼太郎の『関ヶ原』の影響が大きい

610 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 13:02:31 ID:UjWrem8m0
大谷吉継の存在もお忘れなく
確か今の大谷さんの子孫ってみっちゃんの血も引いているんだよね

611 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 13:09:08 ID:zov1xf4E0
へうげの三成が悪役に見えるとか、目医者行ってこいw

612 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 13:49:35 ID:hphEhhdy0
瓜畑での三成兄のエピソードの影響力も大きいよね

613 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 14:01:47 ID:87okIFfA0
山三はその死後、多分阿国がらみでもう一度登場するよ。
古織とろくに絡まない同時代の芸の人が描かれるのって、この漫画では珍しいよね。
そのうち阿国で外伝の1冊ぐらい書く気だろうか。

614 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 14:03:04 ID:sIKM77RG0
三成を光成と誤変換するのは、なんかみっちゃんが緑色になりそうで怖いからやめて。

615 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 14:09:24 ID:WOSNR9Af0
>>612
あれ以前はかなりベタな三成だったけどな

616 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 14:45:34 ID:9U/fzVRNP
正澄はへうげで株をあげたな。
花の慶次での扱いはステレオタイプだった。

617 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 15:15:29 ID:v2BrvLy30
>>611
利休切腹の辺りまでは憎まれ役っぽくない?
落として上げるだね

618 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 15:19:48 ID:VnNDgFk00
正澄は堺奉行務めていたし藤原惺窩とも親交があったっていうから、三成に劣らぬ行政力、文化的素養はあったんだろうな
親父の正継も3万石だし、エリート官僚一家だよ

619 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 15:24:42 ID:eUIITYSH0
藤原惺窩って売国奴の元祖だよな

620 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 15:31:51 ID:s+CU87v00
>>619
明・朝鮮に日本侵略してもらって自分はその代官になりたかったんだよなw
朝鮮征伐にも反対だったとか

621 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 15:55:16 ID:zov1xf4E0
林羅山の師匠というのが一般的理解だと思うが。

622 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 16:24:21 ID:+b+8irpq0
サムソン冬木と申すか

623 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 17:23:55 ID:LFiUjoOzQ
>>622
(嫁はろくでなし)来たか

624 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 17:36:32 ID:4KRvIS/g0
>>607
俺もそれ読んだような気がする
学研だっけ?

625 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 17:47:06 ID:tlyuZPP80
干し柿エピといえば、覇王伝の武将ファイルだなあ。
あのぐらいとんがってるほうが読み物としては面白いのに、最近のは無難な業績の記述で読む価値が無い。

626 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 18:08:12 ID:WOSNR9Af0
>>625
初期の武将ファイルは読み物として面白かったな

627 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 18:32:05 ID:kREdo9s/0
>614
光成「てるなり」と読んでくださいよ恥ずかしいですねわかります、

628 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 18:53:15 ID:luCVTlgK0
干し柿エピは10年くらい前の日テレの知ってるつもりでも叩かれてたな
ゲストに泉ピン子と加山雄三が来てたと思う

629 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 19:09:50 ID:ShsTQruuP
>>624
出版社までは分からない。
ただ絵は、今思うと横山絵だった気がするんだよなぁ…

630 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 19:23:28 ID:eUIITYSH0
じゃあ徳川家康じゃね
横山描いてたろ、確か

631 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 19:55:07 ID:+vj8J4S40
>>625
三成を徹底的に扱き下ろしてる奴だっけ?
余りに余裕の無い記述態度に辟易したわ
武将ファイルも、最初の頃のはユーモアあって結構面白かったんだが、
アレで読むのを止めた

632 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 20:00:58 ID:LBnfXBH20
新刊読んだ
コボが「荒木なんてしらねいわ〜」とかボヤいた後の、
又兵衛の表情はどんな意味があるん?伏線?

又兵衛の親父に対する気持ちはいろいろあるんだろうが、
あんな顔する意味がワカラン

あと、おくにちゃんが着々と成長してんな
へうげ歌舞伎外伝でも出来そうな勢いだ

633 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 20:50:12 ID:ShsTQruuP
>>630
かもしれない。そのうち確認する。

634 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 21:11:50 ID:Br00NE8F0
>>632
どういう反応しても態度が不自然になりそうなので固まった

635 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/26(月) 21:20:13 ID:HFVjrkxw0
録画していたヒストリアを見てたらDと佐竹が喧嘩した茶室らしきものが出てきた。
司会のおばさんがDと佐竹が歩いたと思われる石畳と飛び石の道を歩いていたよ。


636 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 03:09:41 ID:ayBVMIW30
>>600
チンギス・ハーンが義経だとか、キリストの墓が日本にあるとかのたまう日本人と大差ないけどなw

637 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 09:53:37 ID:8dHse5UK0
そういえば昔、HARAKIRIというゲームがあったようだな

638 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 10:27:36 ID:Szzj87ip0
>>636
ジョークと本気を一緒に語っちゃうとか

639 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 10:38:03 ID:Uo+Mc9R/0
歴史上の偉人が実は金髪の外人でしたーみたいなのはフィクションじゃよくあることだな
ゲヒがキムチとご飯で家康をもてなす日が来るかも

640 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 10:43:25 ID:vDzmThi1Q
>>637
ジョン・ベルーシの「サムライ・デリカテッセン」とか
パイソンズの「スコットランドカミカゼ特攻隊」とか
似たよなギャグスケッチもあったりなんかしちゃったりして。

641 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 12:40:14 ID:ljDdFH3W0
>>640
広川さん乙
抹茶エッグスパーーーム

642 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 13:09:21 ID:XSz2YGGn0
やはりへうげ的にあれをやろうとすると味噌や玄米爆弾になるんだろうか

643 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 22:41:15 ID:S6k3Zf9MP
コミックス派で11巻読んだけど、秀吉の老い方がよくある耄碌とかボケじゃなくて
能力は維持できてるがそれを発揮できる気力がない、奮起できないって描き方なのが素晴らしい

死、しかも天寿が視野に入ってくると色んなものがどうでもよくなるんじゃないかって思った

644 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 22:45:32 ID:EKPw3r0d0
三成とゲヒに対する態度は特別なんだよなー
それでいて立場を越えて馴れるわけじゃないのがいい

645 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 23:28:45 ID:8PI/BCtX0
>>643
それを考えると家康はきっちりしすぎてるよな
どう描かれるかはわからんけど

646 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/27(火) 23:31:36 ID:TmFW5z9L0
>>645
家康の死よりも織部の死の方が先だから描かれないんじゃないか?

647 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 00:09:35 ID:k91HVo4g0
>>638
みんな本気なんです!
茶化さないでください!


648 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 02:10:20 ID:/g1wo3SK0
>>637
ショー・コスギか

649 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 08:37:13 ID:38X24qXu0
家康は織部の祟りで死ぬ

650 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 08:53:41 ID:nly4/gCL0
オリーブオイルで鯛を揚げたばっかりに…

651 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 10:46:53 ID:hsH00VjX0
織ー部オイルか

652 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 22:35:43 ID:scFMVVcM0
ゼウスだとギリシアのおっさんになっちまうだろ
デウスだろ デウス

653 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 22:45:23 ID:6uPOYsuL0
そういえばデウスの語源って何語?
YHVHをどう補ってもデウスとは発音しないだろうし。

654 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 22:51:59 ID:scFMVVcM0
ラテン語で神
語源はインドから北欧まで広がるそれはそれはまんどくさい何か

655 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 22:54:45 ID:Lr+IQCHrP
優しいな

656 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 23:24:13 ID:v1ssNl2cP
デウスはさかのぼると印欧祖語の*deywosだろうと言われている
空で輝くという意味の*dyeu-から、天空の神という意味で派生した言葉。
*dyeu-という形態素はラテン語のdies古アルメニア語のtiwといった、
「日」という意味の単語から再建された言葉だね。

657 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 23:27:25 ID:hckIfuL+0
日本語に訳すと「天神様」だな!>デウス

って、バイト先の神主がいってた。

658 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 23:28:37 ID:xMAn3fLUP
ゼウスもディーヴァもテュールも元は一緒か

659 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 23:33:23 ID:v1ssNl2cP
旧約の中にヤハウェ系とエロヒム系の著者がいて
両方とも「存在する・させる」という意味の言葉だがエロヒムとアッラーは同語源とか複雑すぐる
まあアラブもヘブライもセム語派のくくりの中で、
印欧語とは別系統だと言うことで分かりやすくはあるのだが。

デウス(太陽神)を大日と訳したのは語源としては正しいが、
ヤハウェ(創造神)の訳語ではないからデウスと呼ぼうとかもう分けわからん

660 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/28(水) 23:57:33 ID:scFMVVcM0
まとにかく次の版で直しとけよ山田

661 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/29(木) 00:25:03 ID:YjgUE7QQ0
この時代だと台臼だな

662 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/29(木) 00:41:26 ID:0sJJdIXf0
destroy!

663 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/29(木) 00:43:17 ID:0sJJdIXf0
すいません、上げてしまいました・・

664 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/29(木) 04:27:24 ID:/N0WkNIR0
おせん可愛いなあ、あんな嫁さんが欲しいよ

665 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/29(木) 05:23:19 ID:FjWrHzeJ0
山ちゃんて蒲生様亡き後は織田信包か師の細川兄弟と絡むのかと
思ったがどうやら織部と直接じゃなくて阿国絡みで関わる感じなんだね

山ちゃんの子孫と義弟殿の子孫が代々同じ藩で同じ職をしてるのは中々面白い

666 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 02:37:27 ID:0L9PeH6q0
面白き事面白き事って・・
人生は物語じゃねーんだ そうそう面白き事なんてねーんだよ
おもしろきことばっかり求めてたら、ショーのような嘘に堕するか 
ショーみたいな人生になるかなっちまうだろ

667 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 02:55:35 ID:8xLNwBuo0
お前の日本語がオモシレーよ

668 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 03:07:49 ID:TlsnU0uSP
面白きこともなき世を面白く

669 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 04:44:05 ID:sPu/1icG0
よし、ならば面白くなるよう
三千世界の烏でも殺しに行くか

670 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 07:22:26 ID:3VytbCCR0
人々に幸福を運ぶ一笑を誘うために日々研鑽を続けるゲヒを、
まるで面白いことをただ待つだけの口だけ愚痴ニートと同じ扱いで言われてもな。

671 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 07:29:14 ID:IWQaUxAcP
>>670
お笑い芸人かよ、ゲヒ

672 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 07:47:48 ID:F4QevoUYP
まあ趣味と本業の両立に悩み続け・・・

ついには趣味の世界で一国のトップになった
超オタク&リア充でござりますればw>ゲヒ殿



オタクはかくあるべし・・・とまでは思わないけどw
でもアニオタでさえ、続けるには費用(ついえ)は要るしなあ

673 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 07:48:50 ID:F4QevoUYP
アニオタでさえ → 消費するだけのアニオタでさえ

674 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 08:03:07 ID:+U3UOnrU0
>>686
人間が生きるために必要不可欠でないもの=趣味に全身全霊をかたむけた
男の話だぞ。ただ、その趣味が政局に影響を与えたおかしな時代ではあるが

675 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 08:43:52 ID:F4QevoUYP
趣味が政治を動かすのって、古今東西けっこうあった気もするな

大勢の人が夢中になる事象を掌握するのは、政治力の強化につながるし

676 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 08:47:46 ID:fGp/fNKn0
>>672
現代日本で言えば
特撮好きが高じて特設映画監督までやりだした政治家ってところか

あれ・・・どこかの将軍様が確かうわなにを(ry

677 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 08:58:35 ID:IJbpSMzi0
近現代でもピアニストが大統領になったりとかなかったっけ。ポーランドかな。

678 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 10:14:23 ID:KhpITfEf0
ワーグナーに政治権力がついたみたいなもんだろうか?

679 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 12:38:18 ID:IWQaUxAcP
ふと、何故かレーガンを思い出した

680 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 12:45:27 ID:4suwqCVF0
現在でも池ノ坊とか、支援議員出してるんだっけ?

681 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 13:20:11 ID:UiQa2/I40
作曲家志望だった志位なんかも

682 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 13:50:03 ID:AAa3IkeE0
現代の奴らは政治家じゃなくて政治屋
政治は金儲けの手段の一つ

それか宮廷陰謀家タイプ

683 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 14:08:32 ID:IQzTT5fM0
派閥だなんだと言っても政治思想で集まってるわけじゃなく、単純に選挙に有利だから入ってるだけだからな

684 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 18:55:03 ID:KswtlEwv0
真相は知らんが東欧のビロード革命が当時地下活動でロックやってた奴等と
後の大統領が意気投合したのがきっかけで、革命後に革命の名前の由来となった
グループを招いてコンサートやったとか。
数奇や業といえども、時代の波に乗るとどこまで行くかわからんな。

685 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 20:08:02 ID:LEiDMa5i0
>>677 パデレフスキか。

しかし数奇者が政治家にとなると、建築物の絵がうまいドイツ人素人画家の人がどうしてもうわなにを(ry

686 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 20:11:20 ID:KhpITfEf0
>>685
その方はあまり数寄の道では才能なかったしなぁ

687 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 20:21:00 ID:IWQaUxAcP
今、システマ斎そっくりの元総理も思い出したわ

688 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 21:25:03 ID:lIsqQImk0
>>685
ヒトラーのこと?あれはあれで芸術的な感性をそのまま現実に投影しちゃった人だろうね
自分にとって何が美しいのか否か。それはユダヤ人や障害者がいないきれいなゲルマン世界ry

689 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 21:44:44 ID:ijR3OaQw0
数寄物政治家と言えば中国皇帝に美術に力入れすぎて反乱の原因になった人いなかったっけ?

北条高時も美術に力入れててそういう職人からの支持は根強かったとか

690 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 21:46:25 ID:0MEKjVnR0
>>689
宋の徽宗かな。 桃鳩図とか描いた人。

691 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 21:49:20 ID:TlsnU0uSP
中国なら、曹操が芸術家でもあって政治家だな。
器みたいな物の方向の芸術ではないけど。

692 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 22:51:59 ID:3VytbCCR0
徽宗なら、日本の戦国時代、織部の生まれた美濃にも似た君主がいたぞ。
鷹の絵が上手くて、蝮に呑み込まれた人だが…政をやっていたとは言いがたいんだよな。

693 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/30(金) 23:18:58 ID:LFgQArwL0
数寄政治家と言えば、やはりピョートル大帝だろう。

自分の命令で作った使節団にお忍びでまぎれこんで、
外国で船大工になったり歯科医療を学んだり。

海軍創設とかロシア帝国建設とか有能なんだろうけど、
その根っこが政治的な理由よりも個人の数寄が見えてしょうがない人。

694 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 00:47:30 ID:Xc1STmjFP
そういやフルート奏者な、フリードリヒU世もいたな。
サンスーシ宮殿は、ああ自分の好きなもの集めたんだな、って感じだった。

695 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 02:07:59 ID:bcLdmohc0
佐竹曙山も「いがっぺえ。。。」って言ってたのかな

696 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 03:26:08 ID:Su40gbE9Q
>>694
ふりーでりっくす れっくす
うんざー くーにひ うんとへーる♪

の人か。

若い頃はフランスかぶれだったけど
最強の陸軍を親父陛下がなくなってからそれを引き継いで
徹底的に鍛え上げてさらに強くしたのは有名だね。

697 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 03:28:47 ID:Su40gbE9Q
>>696に訂正

誤:最強の陸軍を親父陛下がなくなってからそれを引き継いで

正:最強の陸軍を育てた親父陛下がなくなってからそれを引き継いで



698 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 04:19:25 ID:WT0K8iHG0
いがっぺえ…BASARAいがっぺえよ…

699 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 05:49:30 ID:wJk7VMIW0
696の人、フリード何とかとかいう人の名がこのスレで出たのが
死ぬほど嬉しかったのかね。
ひらがなにして♪つけるって気色の悪い喜び方だよね……

700 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 06:49:28 ID:aI2O1h33P
>>688
障害者がいない世界が綺麗な世界じゃフランクリン・ルーズベルトはぶち切れるわな

701 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 07:54:46 ID:+fbM+ph+P
>>699
煽りでもないレスにいちいち噛みついてるお前の方がキモイ

702 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 10:51:04 ID:UDqhEB8E0
>>690
徽宗は奇岩・名石収集の創始者だったりもする
一番ゲヒに近いかなぁ…国は亡ぼしたけど。

703 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 11:09:44 ID:wJk7VMIW0
>>701
おー べりーそーりー さー♪

704 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 14:04:59 ID:ftRzp2hoP
いちいち余計なこと言わないと気が済まない人っているよなあ。

705 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 14:09:00 ID:l/QH8+/X0
「良い仕事してますねー」の中島誠之助が、へうげものって本出すらしいな


706 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 14:10:57 ID:bcLdmohc0
これはしたり町人の戯言にございますの人とか

707 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 15:24:39 ID:wCehnpMj0
数寄政治家と言えば足利義政だろ

708 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 15:39:39 ID:v+aXjY6i0
政治放り出して数寄に逃避してただけだから、
数寄政治家とはいえないだろう

709 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 18:41:01 ID:wCehnpMj0
お前は徽宗や土岐がまじめに政治していたとでも思っているのか?

710 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2010/07/31(土) 18:43:58 ID:FISB+C7Q0
余談として脱線するくらいならともかく、
脱線した話題で揉めるとか大概にしろよ。

140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)