5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

▲【ファンタジー世界で恋愛】冒険者ギルド 4▼

1 :名無しになりきれ:2008/09/22(月) 22:52:25 0
さあ、剣と魔法のファンタジー世界で冒険と恋愛を!

ルール
1・トリップ推奨
2・荒らし・中傷は徹底無視
3・基本は雑談&恋愛
4・ギルドメンバー随時募集中
5・なりきり恋愛可
6・AA禁止
7・sage進行
8・名無し非推奨
9・依頼が入ると冒険もあります
10・全レスの必要なし

過去スレ
▲【ファンタジー世界で恋愛】冒険者ギルド 3▼
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1218730638/

◆◆【ファンタジー世界で恋愛】冒険者ギルド 2◆◆
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1215959924/

◆◆【ファンタジー世界で恋愛】冒険者ギルド◆◆
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1194160934/

避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/internet/838/


656 :セイル ◆GvO1SD6zIE :2009/02/03(火) 15:43:12 O
>>645フィル
つまりアリアさんが貴族階級の人で家出少女を連れ戻しに来たと、なるほど。

(ゼトの名前を聞いて一瞬苦い顔をする)
ゼトさんがいるのですか?…

>>647ジョー
ジョーさんと別れる前に遠くで爆音がきこえたんで、いざというときに助けられるようにしたんです。
(ジョーの背中を探り小さな粒をとる)
私の魔法で、これを使って周囲の音を聞き取るんです。娼館に向かうと聞いたので…
勝手なことをしてすいません

(そう言って粒を握りつぶす)

まだ終わってなかったんですか…分かりました。すぐに…あっ…

ジョーさんどうやら向こうからやって来るようですよ。
(そう言って持って来た袋から薬草の山を取り出す)

>>648ゼト
…なんだあれ…
やっぱりあの人幼女趣味なのかなぁ
(考えている事を口に出していることに気付いてない)

>>650ベルゼ
今晩は道具屋さん。
(二人の傷を見て)
これは随分とひどいですね。今、即興の薬をつくっていますからちょっと待ってくださいね。

ジョーさんたちもすぐそこにいますよ。
応急手当をしたら宿に行きましょう。

>>アルファ
フリーナイトさん、まだ勝負の続きすんでないことを忘れないでくださいね。


(ごりごりと薬草を調合し、見るからにヤバそうな、芥子のようなものができる)
よし、できた。
お二人ともこれを使って下さい。一時的に治癒力を高めます。
塗った瞬間激痛が走りますが、がまんしてください。

657 :エリス ◆rA0U.Krg7A :2009/02/03(火) 18:03:44 0
【月夜の梟亭―】
>>642セイル
っとまぁセイルんが買い物に行ってしまったわけでして。

>>644レオル
あーいや、気分は悪くないわ、すこぉし悩んでただけだから。
ってかここ何年仕事以外で気分悪くした事とかないから安心して。

…レオル?いきなり質問するけどさ。
特に深い意味はないんだけどさ、まぁ聞いてちょうだいな。
えっとーー…あ、やっぱいいや。今はその子【イーニャに視線を移す】だね。
任されたわけだし。

>>651イーニャ
まぁなに、ある種の例えみたいなものよ。うん。
大きい男と小さい女が一緒にいると場合によっては
周りから不振がられるみたいって事、年齢は特に関係無しに。
これが逆だとそうでもないみたいだけど。

その衛兵に聞いてもわかりそうにないかもしれないけど。
その場のノリでそうしたのかもしれないし。

いやちょっと、そう…えーと。
綺麗なガラス細工だと思ったら精巧な飴細工でしたーみたいな。逆でもいいんだけど。
ごめん、何言ってるかわからないと思うけど、私も何言ってるかわかってないわ。
…とりあえずゆっくりしてなさいな。

658 :プリメラ ◆G214KGqi7Q :2009/02/03(火) 19:28:00 0
【郊外】

>>652 アリア
あちゃー、そっちは手が回ってるんだ。
地味だけど確実に外堀から埋める厭らしいやり口だなぁ。
郊外の森ねー……んー、街中とどっちが安全か微妙だけど。
時間にあんまり余裕もないし、多少のリスクは仕方ないね。
何かあったらすぐにフィルっちかヴラさんの名前を呼ぶんだよ?
あの二人ならきっとすぐに駆け付けるだろうからっ

それじゃボクは宿に行くからまたあとでー♪
【微塵もアリアの言葉に疑わず、宿の方へ走り去った】

【月夜の梟亭】

>>ALL
姉さん、ビックリ大事件だよ!
【ドアを蹴破る勢いで部屋に転がり込んできたプリメラの第一声】

フィルっちとアリアさんが駆け落ちでアリアさんは良い所のお嬢様で
二人を許さないアリアさんの実家が強制的に連れ戻そうと執事強襲で
とにかく逃げないと不味いらしいから全員街の外で集合ー!
なんだけどわかったかなー? ってなんか人数少ないね。

659 :シャドウ ◆9x4oM56Llk :2009/02/03(火) 22:04:55 0
【トアル街・空き地】
>>610ブラッド
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
(声にならない怒りと共に、滅茶苦茶に電撃を放射。
草や立ち木に直撃して炎上)
・・・くそ・・・逃げられたか・・・。

>>634レクイスタ
・・・なんで苛々してるのかって?
(苛立ちが再燃)
奴を見てると思い出すんだよ!
何年か前、私・・俺を殺したあの女を!
俺の為だと言ったあの女をな!
・・・・奴は自分の行動がお嬢様の為だと言うが、
それが結果として、相手を苦しめることが理解できないのか・・・。
(ブロードを背中に背負いなおして俯く)

・・・・・ってなんでお前にここまで話してるんだ・・?
(思わず頭を抑える)

660 :名無しになりきれ:2009/02/04(水) 00:10:48 0
頭を押さえたくなるのはこっちだけどなw

661 :レオル ◆Gv4lXRzQVM :2009/02/04(水) 19:36:09 0
【月夜の梟亭】
>>651イーニャ
預けたっきりでそのまま買い物か、あまり感心出来るような事じゃないな。
感心出来ないのは、何も今に始まった事でもないけど。
いや、そういう言い方は良くないな。

ああ、姉弟じゃない、否定しておく。
…こいつが姉だったら、少しは気が楽になるかもしれない…。
まだわからない部分は多いが、それでも、な。

仲間か、もちろんいる。
その人達も、時間が時間だ。その内戻ってくるだろう。
紹介はその時にしてもらうといい。

>>657エリス
気分悪くするような仕事ならしなければいいだろ?
強制されている、ってわけじゃないんだろうし。

深い意味がないなら言いかけてやめるなよ…。
別に彼女の話を聞きながらだって、アンタの質問には答えられる。
話すだけ話してみてくれ、答えられる範囲でなら返答出来るから。

>>658プリメラ
!!
【大きな音と同時に開いたドアに瞬時に反応し、短剣を構える】
【入ってきたのがプリメラ(敵ではない)という事を確認すると、剣をしまう】
すまない。

人数が少ないのはほとんどが出払っているからだな。
先ほどまでセイルさんがいたが、今さっき買い物に出かけて今はいない。
仕事の帰りにゼトさんにも会ったが彼女、イーニャさんを渡して以降何処かに消えた。

大体の事は把握した。
つまりは脱出しろという事だな、それでどこに向かえばいい?
【至っていつも通り、冷静に受け答えをする】

662 :レクイスタ ◆lTYfpAkkFY :2009/02/06(金) 17:26:03 0
【トアル街・空き地〜路地】
>>659シャドウ
なるほど、色々と複雑な事情だな。
まあ、溜め込んでた物を吐き出したい事もあるだろうさ。
特にそれが鬱屈してるなら尚更。

・・・・それはそうとこれどうするんだよ?
(燃え上がっている雑草と木を見ながら)
ただでさえ戦闘騒ぎあったのに、火災まで発生したら、
確実に衛兵が飛んでくるぞ?
私は追及されるの嫌だから逃げる!
(空き地から出る)

>>649リーキャ
それなら良いか。
頑丈そうではあるし、何とかなるか。
(腕を組んで頷く)
え?睨まれてる?
(フィルのほうを向く)

>>645フィル
・・・・・・・悪い、苛々してたもんで気づかなかった。
宿ねえ・・・・。
(暴れるドラグォールを抑える)

663 :ゼト ◆sEQSM/z5LM :2009/02/06(金) 19:30:42 0
【トアル街・裏通り】

>>647 ジョー
そっちこそ、顔色?の悪い蜥蜴人担いで………何やったんだ?

訳が解らないうちに押し付けられて勝手に開いたんだよ……
ああ、何ならいるかコレ。ほら、盗賊的に好物じゃね?

>>648 ミミック
そんな貰って嬉しくない権利をどうしろと?
遠い日の奇跡って何だよ。意味が解んねぇよ、畜生……
【満面の笑みを浮かべる少女から視線を外し、天を仰ぐ】

……あぁ、もういいや。とにかく俺は疲れてるんだ。
今はゆっくり休みたいんだよ、オーケー?
面倒をかけないならマスターでも何でも好きにしてくれ――
ああ、そうだ。お前の事は何て呼べばいいんだ?
【ほとんど投げやりな態度で話を終わらせようとする。ただ休みたいが為に】

>>649 リーキャ
主語も動詞もない「何?」じゃさっぱりわからん。
むしろこっちが何だと聞きたい。

>>656 セイル
俺の怒りが有頂天に達するぞこの野郎(#^ω^)ピキピキ

664 :名無しになりきれ:2009/02/06(金) 21:56:03 0
レクイスタ
シャドウ

人呼んでフーリダム連合

665 :ジョー ◆ms0hxePQDQ :2009/02/06(金) 22:47:19 0
>>648ミミック
まぁ何だ…確かに一般的なミミックから見りゃずいぶんとまぁ可愛げのある見た目だけどよ…


>>649リーキャ
おかしいなぁ…ニンジャってのは毒に対する耐性が半端ねェって聞いてたんだけどな。
よっぽど強えぇ毒使われたのか?


>>656セイル
はー…そんなことしてたのか、全然気づかなかったぜ。

ん、来たのか…って、おいおいひでェ有様じゃねェか、こりゃ早く手当てしねェと…
やれやれ急に怪我人が増えてきたな…


>>663ゼト
なんでもアリアんとこの執事が来てな、ちょいとドンパチやらかしたらしい、
で、旦那もそいつの攻撃を受けて毒が身体に回って…

〈詳しい状況を知らないので勘違いしている〉

それはまた…難儀なことだ、しかし確かに興味はあるな…箱の装飾なんか結構な凝り具合だしな。
まぁ今はとにかく宿に戻るとしようか、話はそれからだな、うん。


666 :エリス ◆rA0U.Krg7A :2009/02/06(金) 23:36:52 0
【月夜の梟亭―】
(こー、なんていうか。触った事ある感触だったよね。
一度じっくり調べてみたいね、こりゃ)

>>658プリメラ
っとぉドアは静かに開け閉めね。
でー大事件ってどしたのさ。

ふむふむ、まぁ若いとそういう事もあるよね。
いいじゃないの、恋愛するってのは良い事よ、うん。
んでもって更に言えば障害のある恋愛ってのは燃えるわ、見てて飽きないし。
っとまぁ要するに愛の逃避行するってわけね。
悪かないわねぇ、そういうの。
しっかしまぁよくトラブルに巻き込まれるギルドだこと、暇よりゃマシだけどっと、うっし。
【立ち上がり、軽く柔軟体操をしてからプリメラ、イーニャ、レオルに順々に視線を移す】

>>プリメラ イーニャ レオル
んじゃああんた達先に行ってなさいな、私は宿の人に簡単に事情話して宿出るって事にしとくから。
急いてるからってあれもこれもほっぽりっぱなしで出ると、鳥に笑われるからねぇ。
っつかプリメラちゃん?ここ出るってのは、全員知ってるの?
イーニャん、いきなりこんなどたばたに巻き込まれて大変だろうけど、頑張って。
まぁいざとなったら二人のどっちかに助け求めなさいね。
レオル、あんたは…あ、そうだ。これ貸したげる。
【ポンと、何かに気付いたかのように手を打ち、護身用の短剣取り出し手渡す】
武器無くしたとかどうこう愚痴ってたからね、
グリップに削り入れて持ちにくいと思うけど何かあったときの為に持っておきな。

さて、少し掃除しないといかんね。

667 :イーニャ ◆xCXpSWX2r. :2009/02/07(土) 00:23:29 0
【トアル街・月夜の梟亭】

>>657 エリス
頭では理解出来るんですけど、認めたくないモヤモヤが……むぅぅ。
ま、街の治安を守る衛兵さんがノリで動くのはどうかと!
それならまだ些細な誤解から過ちを――うぅ、それもどうかと思いました。
確かにもう終わった事ですけど、苦い物が残り過ぎですよぅ……
【考えれば考えるほどどつぼに嵌まり、最後は力なく頭を垂れた】

はぁ……つまり男性だと思っていた人が女性だった、みたいなものでしょうか?
【微妙に核心に触れていそうだが本人に自覚はなく本当に「言ってみただけ」】

あ、はい。そうさせて――
【続く言葉は乱入者によって掻き消される事となる】

>>661 レオル
あはは、元々は一人で行くつもりだったみたいですし。
付き合わせてくださいとお願いしたのは私の方ですからね。
ええと……今までにも何かあった、とか?
【聞いて良いのか悪いのか迷ったが、結局は戸惑いがちに訊ねた】

それはエリスさんが良い人なのかお姉さんが困ったさんなのか、判断に迷いますね。あはは……

あ、やっぱり他にも居るんですね。
それまでに自己紹介を考えて――

>>658 プリメラ
ひゃああっ!?
【驚き、椅子から転げ、机を巻き込み、その上にあった水差しをひっくり返す】
【中の水を被り、更に滑り、壁に強かに背を打ちつけ、その衝撃で落ちた絵画が頭に直撃した】

>>エリス
……クスン。良く解りませんけど、頑張ります……
【水も滴る良い女――には年齢や体格的に遠く及ばず。痛む頭部を抑えながら涙目で答えた】

668 :アルファ ◆SclwjvSC9. :2009/02/07(土) 17:03:12 0
>>610 ブラッド
へっ……へへっ……
【砂煙が上がる中、人影は腕を天に向かって突き出し、拳を強く握り締めた】
今回は俺の…勝ちってとこ…だーな……
【ニィと笑みを浮かべた直後、前のめりに倒れこんだ】
はぁ…まだ死なないだろうけど、この出血量はマズイ…か。

【現在地:トアル街・空き地】

>>580 シャドウ
ああ…君の言うことはもっともかもしれない。
でも、こうでもしなきゃ彼には勝てなかったんだよ
仕方ないこと、だろ?

>>582 リーキャ
ああ、俺はここから動けそうにないから
彼を背負ってやることはできない、君に任せるよ…
【二人を見送った後、ここで意識が途切れた】

>>650 ベルゼヴラウド
んっ……あー。
【意識が朦朧とする中、目を開けるとベルゼヴラウドの背中が見えた】
この歳でおんぶなんてちょっと恥ずかしいなぁ……
まぁ、お姫様抱っこなんてもっての他だけどさ。
【顔色は悪いが、いつもの軽口をたたく】
しっかしだ、ベルゼっち…行く方向が違うんじゃないのか?
協会より先にアリアさんを探さないと…って、俺がいちゃ無理だよな。
【ん〜、と少しうなりながら頬を少し掻く】
よし、じゃあ宿屋に向かってくれ…俺の道具袋に回復薬がドッサリある。
そこまで持てば後はどうにでもなるからさ。
……っと、ベルゼっち〜、そこ、右ね〜。
【ゆっくりと腕を上げ、宿屋の方向を指差す】
いいなぁ…この馬……俺の思ったとおりに…動いて……。
【そこまで言いかけて、全ての体重をベルゼヴラウドに預けた】

669 :ミミック ◆TgZHlSysq2 :2009/02/07(土) 22:50:30 0
>>649 リーキャ
何が「何」なんですかそこの猫。
マスターの言う通りごっそり抜け落ち過ぎて意味不明ですよ。

>>656 セイル
……?ま、マスター!
あの似非ポストに視姦されてますよ!?
しかも何かブツブツ言ってます、危ないですマスター!!

>>663 ゼト
そこはもっと喜んでくださいよマスター。
あ、解りましたこれがヒトの間で流行してるツンドラとか言うのですね!?
本当は喜びたいのに素直になれないマスターのい・じ・っ・ぱ・り、キャッ♪
【赤面して体をくねらせるその仕草は、見る側は腹立たしさの極みに到達させるかもしれない】

むしろお役立ち度は最初からクライマックスです!
伊達に「ダンジョンのお供に頼もしいランキング」で首位を争ってません。
ただちょーと食費と言いますかー、そういうご面倒はおかけするかもしれまんけど。
でもでも、その分までバッチリお役立ちしますからね? ね?

私ですか? 一応、同族の間ではMMK-01KDCAA39と呼ばれています。
呼び難いと思いますのでマスターのお好きなように読んでください♪

>>665 ジョー
ふぅん、お前は中々見る目がありますね。
ですが私のマスターは未来永劫マスターだけ。
故にこの身を易々と触れさせる訳にはいかないのです!

670 :プリメラ ◆G214KGqi7Q :2009/02/08(日) 14:00:40 0
【月夜の梟亭】

>>667 イーニャ
え、あ。ご、ごめんね?
でもそこまで驚かなくても……大丈夫?
【素晴らしすぎるイーニャの反応に、思わずテンションも普通に戻り心配する】

>>661 レオル
気にしないでボクは気にしない!

あちゃあ、タイミングが悪いって言うか纏まりに欠けるって言うか。
出かけてる人達はフィルっちが上手く合流してくれるといいけど。
とりあえず街から出てそれからは後で考えよう!って感じ。
あ、郊外の近くの森にアリアさんが隠れてるからそっちに向かっても良いかなっ

>>666 エリス
うん、ボクもちょっと反省してる。
【イーニャの惨状(笑)を見ると流石に反省した。後悔したかは別だが】

あのフィルっちにそんな気概があったなんて、意外だよねー
やっぱり恋とか愛とかはヒトを良くも悪くも狂わせるのかな、にゃはは。
んー、今ここに居ない人たちはフィルに期待するって事で。
もしかしたら宿に戻ってくるかもだから、宿の人に伝言頼んどくー?

671 :レオル ◆Gv4lXRzQVM :2009/02/08(日) 16:19:42 0
【月夜の梟亭】
>>666エリス
【差し出された剣を、少し躊躇いがちに受け取る】
…これだとお前の身を守るものが無くなるんじゃないのか?
(今ある剣よりかは”扱えそう”だけど…)
それに一人になるのは危険だ、お前がどれほどの力を持っているかはわからないが…
確かに言ってる事は間違ってないと、俺は思う。
大体、どうやって合流するつもりだ?

>>667イーニャ
機会があったら追々話すとしよう。

【イーニャの有様を見て】
大丈夫…か?どうも先ほどからひどい目にあっているように見えるが。
また気を失われても困る、近くにいるときは未然に防ぐように心がけてみるが
ある程度は自分で自分を守るようにしてくれ。
【淡々と、警戒態勢に切り替わっているが故に、その気はないのだが冷たく言う】

>>670プリメラ
纏まりがあるかと聞かれれば、少し迷うな。俺は。
ともかくいないならそれはそれで仕方が無い、別の手を講じるべきだ。
要するに街を出ればいいだけだな、了解した。
聞く限り全員に話が伝わっているようには見えないが…
アリアさんには誰かがついているのか?

どちらにせよ急ぐべきか。
【渡された剣を器用に回し、使い心地を確かめる】
(回せるが適さないな、普通に扱うべきだな)

672 :ゼト ◆sEQSM/z5LM :2009/02/09(月) 19:45:26 0
【トアル街・裏通り】

>>665 ジョー
最近の執事は毒殺がトレンドか、恐ろしい。
解毒は――まあ大丈夫っぽいな悶えてたけど。
【フィル製丸薬で覚醒したのを見て】

スゲェ、さすが現役シーフ。装飾とかさっぱり解らないぜ。
賛成。俺は今すぐベッドで横になりたい。切実に。

>>669 ミミック
何と言う無茶振り。
押し付けられた物がミミックで喜ぶ奴がいたら崇拝してやるわ。
というか何でお前は赤くなって不気味に体を捩ってる、本当に訳が解んねーよ。

「宝箱に入っていて欲しくない」ランキングもぶっちぎりじゃね?
まあ駆け出し冒険者の俺としてはメリットの方が大きいか……
ちなみに食費って何がどの程度必要か教えてくれ。

名前と言うか記号だな。あー………よし。
それじゃあミクって呼ぼうと思うが、良いか?
【ミミックを縮めたとも単純に39を語呂合わせしたとも取れる】

可愛い形して口悪いな……
視姦とかアレな単語は自重しろ。

673 :シャドウ ◆9x4oM56Llk :2009/02/09(月) 20:30:23 0
【トアル街・空き地】
>>662レクイスタ
・・・・吐き出したい事だと?
・・・理解できない、俺が後悔してるとでも言いたいのか。
・・・・・・・。

(火事のことを問われる)
ふん、こんな炎がなんだというんだ。
(一旦思考を打ち切る)
むしろ草むしりの手間が省けるくらいだろう。

(去っていくレクイスタの背中を黙って見送る。
その脳裏には女の泣き顔が浮かんでいた)
・・・・・・本当に理解できないな・・・。

>>668アルファ
その体でそんな口がまだ聞けるとはな。
・・まあ、俺にどうこう言える話じゃないか・・。
(溜息をつく)

(アルファが意識を失ったの見る)
・・・おいお前、
(ヴラウドに目を向ける)
さっきあいつ(レクイスタ)が言ったように、
衛兵が来る可能性が高い。
その死に損ない(アルファ)連れてここから離れるか、
今のうちに対処法考えるかしておけ・・・。

674 :セイル ◆GvO1SD6zIE :2009/02/09(月) 22:52:57 O
>>663ゼト
(陰のある恐ろしくにっこりとした顔で)
はい?怒りが有頂天ですか?
なるほど、では幼女誘拐はなかったと仮定しますが
(本人にその気がなくとも仮定が強調されている)
あなたのせいでこちらがどんなとばっちりを受けたとお思いですか?
(静かに怒っている)

>>665ジョー
そうですね。ですが私の愛馬もこんな狭いところは通れません。
歩けない人は支えていかないと…
どうしますか?私はあなたの意見に従います。

>>669ミミック
………{この野郎…}
おいゼト!お前の悩みを今解放してやるからそれよこしな!
(つまり壊すということ)

675 :エリス ◆rA0U.Krg7A :2009/02/10(火) 22:01:50 0
【月夜の梟亭―】
>>667イーニャ
ほーら、大きな音ってのは人によっちゃびっくりするんだから。
まぁこれから先それよりひどい目にあう事もないっちゃないんだから
慣れとくのもいいかもねぇ、ふふ。

でー大丈夫かしら?
掃除とかはやっとくから気にせずお行き。

>>670プリメラ
ドアも痛むしね、ってのはまぁ置いとくとして。
【水をふき取りながら】

えぇ、恋ってのはあなたの言う通り、人を狂わせるだけの力があるわ。
愛する者の為なら、我が子も平気で見捨てられるぐらいにね。
【表情はいつもと変わらず微笑み混じりだが、その言葉だけがやけに低く、場を凍てつかせるかのように放たれた】
…というどこぞの活劇の話は置いといてぇ。
そういう事ならしばらく私がここに残って、来た奴にいきさつ話していくわ。
宿の人を問題に巻き込まないとも言えないし、その方が確実じゃない?

>>671レオル
護身用とは言え、その剣が私自身を守った事は一度もないけどねぇ。
大丈夫、力も武器も無くても身を守る術はいくらでもあるし
合流だって出来る、だってその剣は私のモノなんだから。
そしてその剣は必ず私の元へ戻ってくる。

要するに、あんたがそれ持ってる限りこっちはいくらでも追跡出来るのよ。
盗難防止の細工を上手く使うだけ、ほら、わかったら私の事は気にせずさっさといきなさいな。
心配してくれるのは嬉しかったけど。


一応私もしばらくしたら出るけどね、私が出た後に誰かが戻ってきたら。
まぁ運が無かったという事で。
【少し乱暴気味ではあるが、部屋の様相を整えていく】

676 :ジョー ◆ms0hxePQDQ :2009/02/11(水) 23:07:38 0
>>669ミミック
主に対する忠誠心は結構なこったが、別に俺ァお前さんを捕って食おうってんじゃねぇんだ、
少しぐらい箱見せてくれてもいいじゃねェかよ。

……!

<何か思いついたような表情になる>


>>672ゼト
しかしニンジャを昏倒させるほどとなりゃ、相当なもんだな。
毒自体も…その執事も、よ。

…なァゼト、お前さんからもその箱入り娘に言ってやってくれねェか、箱を見せてくれるようによ?
あー大丈夫大丈夫、別に変な趣味はねェ、あくまで俺の目当ては箱よ、箱。


>>674セイル
警備隊の連中に嗅ぎつけられちまったらコトだ、一刻も早くこの路地を抜けねェとな…
とにかく、だ…セイル、お前さんはヴラウドさんに代わってアルファを頼む。

だーっ、待て待て!
箱を壊そうなんざこの俺が承知しねぇぞ!!


<ゼトに向かい>

ゼト、お前さんはヴラウドさんを。箱はとりあえずしまっとけ。


677 :ドラグォール ◆2/S/seeu5c :2009/02/12(木) 22:51:50 0
【トアル街・路地(数名に抑えられた状態)】
>>662レクイスタ
はーはーはー・・・。
くそ・・・・気持ち悪ィ・・。
しかも妙に優しいし・・。
(半ばゲンナリした声)

>>665>>676ジョー(とゼト)
(心の声:言えねえ・・。自分の使った毒跳ね返されたなんて・・!)
リーキャ「・・・・今回はたまたま運が悪かったニャ・・・」

>>663>>669ゼトとミミック
リーキャ「・・・ゼトはともかく、アレは何ニャ?
新手のビックリ箱ニャ?」
うざってえ・・・・叩き壊してやろうか・・・
(先ほどのを含めて、殺気ムンムン)

>>674セイル
意見があったみてえだな・・・。
俺にもアレ潰す手伝いさせろ・・・。
(ミミックを睨む)

678 :イーニャ ◆xCXpSWX2r. :2009/02/13(金) 18:59:16 0
【トアル街・月夜の梟亭】

>>670 プリメラ
うぅ……大丈夫です……
ちょっと転んで濡れて頭を打っただけですからっ
【痛みを堪えながら涙目で笑う――あまり大丈夫には見えなかった】

>>671 レオル
私、気付いてなかっただけで不幸体質だったのかもしれません。あはは……
あぅぅ、弱っちくてごめんなさい。ご迷惑をお掛けします。
……そうですよね、何だか大変な事になってるみたいですし。
自分の身くらい自分で守れないと、ダメですよね。
【冷たく言い捨てられ落ち込むが決意も新たに】

>>675 エリス
だ、大丈夫です。これからはそうならないよう気をつけますからっ
いつまでも皆さんにご迷惑をお掛けしているだけでは、仲間と言えませんもの。

あ、はいです。でもその前にちょっと着替えを……
【部屋の隅でもコソコソと服を着替え、準備を整える】

679 :ミミック ◆TgZHlSysq2 :2009/02/14(土) 03:20:34 0
>>672 ゼト
それでも律儀に返してくれる、さすが私のマスターです!
いけませんマスター! 私以外のミミックを崇め讃えるなんてっ
そんな風に時間と労力を無駄にするならその分だけ私にご飯を下さい!!
あ、私達はヒトの精気と金銀財宝何かの存在を糧にしています。



……マスタァーーーーーーーーーッ♪
【喜色満面の笑みを浮かべながらゼトに飛び付き、縋り付く】

はぅぅっ、マスターマスター、マイ・マスターぁっ!!
ミクは、ミクは今! すっっっっごくすごく幸せですっ♪
不束なミミックですがどうぞ末永くよろしくお願いしますーっ♪
【一般に知られていないが、精霊や悪魔等に「名前を付ける」というのは特別な意味を持つ】
【召喚士や魔物使いには情が移らないよう、使役対象に名前を付けない事は少なくはない】
【そしてミミックにとって「名前を与えられる」とは、ヒトで例えるならプロポーズも等しいのです――】

>>676 ジョー
当たり前です、捕って食うのは私の方ですからね。
ふぅ、解かっていませんねジミー。これ(箱)も私の身体の一部ですよ?
お前達ヒトだって自分の身体を興味本位でジロジロ見られるのは嫌でしょう?
つまりそう言う事です。
【限りなく不遜な態度だが本人的には諭しているつもり】

な、なんですかその顔は。

>>674 セイル
ププッ。化けの皮が剥がれるの早過ぎですよ、お前。
マスター、あいつ感じ悪いです。食べちゃってもいいですか?
【今日の晩御は何? と訊ねる様な軽さで】

>>677 ドラグォール
そこの似非ホストもですが……お前ら、私をナメているのですか?
それとも相手の力量が見抜けないほどバカなのですか。
【不躾な殺気に呆れたような、それでいて哂いを堪えるような表情を浮かべる】

680 :セイル ◆GvO1SD6zIE :2009/02/14(土) 09:56:16 0
>>676ジョー
はい。分かりました。では急ぎましょう。

道具屋さんアルファさんを私に。

ジョーさんよぉこいつは後々のトラブルメーカー間違い無しですぜ?
早めに危ない種はつんでおいたほうがいいでしょうよ。

>>677ドラグ
おー、やってやりましょうやってやりましょう。
危険因子はさっさと取り除きましょう。
(ギロリとミミックを睨む)

>>679ミミック
ったく、ゼトさんは一体何を馬鹿なことを…
精霊を使役させるんだったらそれくらい知っとけっての…

くくく、元々被ってねえよ、俺は。
簡単に食えるほど俺も甘くねえよ。
てめぇなんか素手で十分だ。
(注;基本格闘とプロフィールにはあるが、ナイフを使ったほうが強い)

681 :プリメラ ◆G214KGqi7Q :2009/02/14(土) 12:06:06 0
【月夜の梟亭】

>>671 レオル
エリスが宿に残ってくれるみたいだから大丈夫だよ、きっと!
それでも合流できない困ったさんは天の采配とかそんなので、にゃはは。
アリアさんは多分一人だね。少なくともボクと別れた時は。
危ないとは思ったけど、時間も選択肢の余裕も無かったんだ。

よぅし、それじゃあ郊外の森を目指す?

>>675 エリス
ちゃんと壊さないよう加減はしたよ!
【そういう問題でない証拠がイーニャの惨事です本当にry】

すごいね、恋する気持ちって! ボクにはイマイチ解んないけど。
んにゃ? 顔は笑ってるのに声と目が笑ってないよ?
【少し空気読めない子なので、場が凍りつこうとマイペース】

ん、わかった。宿の方はお願いするよ〜
でもでも、キナ臭くなってきたら早めに逃げてね?

>>678 プリメラ
よしよし、痛いの痛いの飛んでけー! これでもう大丈夫♪

ボクらは今から電光石火の非常時逃走態勢に入ります。
ゆっくり自己紹介もできないけどごめんね?
悪いのは考えなしに駆け落ちした二人だから文句はそっちに。

682 :プリメラ ◆G214KGqi7Q :2009/02/14(土) 12:07:48 0
>>678 プリメラ
>>678 イーニャ

の間違い。ごめんね!

683 :フィル ◆LIT9GUuZB2 :2009/02/14(土) 13:11:14 0
>>656 セイル
・・・何やってるんだ・・・?おい、こんな所で調剤を始めるなよ。
聞いてなかったのか?これからうっとうしい事になる。のんびりしている暇は無い。
大体この面子じゃ人目を引いて仕方がない。今は早くこの場を動くのが先決だ。

>>662 レクイスタ
【じろりと不愉快そうな目で一瞥し】
俺に謝っても何の意味もないだろうが。
ったく、どいつもこいつも・・・

>>672 ゼト
おい、馬鹿・・・ッ!
【それまで興味なさそうに無視していたが、ミミックの名前を呼んだ瞬間ぎょっとしたように】
馬鹿かよ・・・ただのペットじゃないんだ。軽い気持ちでなつかれるような事をするな!
もうこの場でそいつをぶち壊すか、一生お前が世話するかの二択だぞ。
どいつもこいつも・・・馬鹿馬鹿しい。俺は知らないからな。
【不機嫌そうに吐き捨て、石を一つ蹴飛ばす】

>>677 ドラグォール
うるさい。病人は黙って大人しくしてろ。落とすぞ。
【鬱陶しそうにぐさぐさと言い、強引に口を閉じさせる】

>>676 ジョー
わかった、わかったよ・・・アンタの顔を立ててそういう事にしておく。
ああ、「名前の無い街」か・・・そうだな・・・脛に傷持つ奴はいくらでもいるだろうし。

・・・って、アンタまで何悠長な事言ってるんだ?
言っただろ、アレだけの騒ぎなんだ、宿でのんびりしている暇は無い。
行き先も決まったなら、とっとと町を出るのが先だろ。アリアとプリメラも、とっくに宿を――・・・?
【ふと目を閉じ、片耳のピアスを指で弾くと、音色を聞くかのようにじっと耳を澄ませる】
・・・離れて・・・行く・・・?え?あれ・・・何で・・・・・・?

・・・状況が変わった。アンタの言う通り、早く宿へ戻ろう。
【ドラグォールを引きずるようにして月夜の梟亭へと戻る】

684 :名無しになりきれ:2009/02/14(土) 14:04:28 0
そろそろ475KBも近いので次スレを用意してきますね

685 :名無しになりきれ:2009/02/14(土) 14:08:09 0
次スレ
ttp://changi.2ch.net/charaneta2/l50

686 :名無しになりきれ:2009/02/14(土) 14:09:28 0
スマン間違えたw
ttp://changi.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1234588033/l50

687 :レオル ◆Gv4lXRzQVM :2009/02/14(土) 22:39:24 0
>>686乙】

【月夜の梟亭】
>>675エリス
…わかった、お前はお前でちゃんと考えているという事だな。
俺はそれの代替案を提示出来ない、だから今はお前に従う。
もしも何かあった時は、何かしらで伝えてくれ、声でもいい、聞こえると思うから。

じゃあしばらくの間、この剣を使わせてもらう。
離さず持っているから、しっかりこちらを探し当ててくれ。

>>678イーニャ
自分の身は自分で守ってくれるとこちらとしても楽だ。
けど守れないのに守ろうとするのはやめてくれ。
直感で無理だと思ったら、すぐに呼んでくれると助かる。
そうすれば最悪の事態を未然に防ぐ事が可能になるからな。

頼りにはならないと思うが、危ない時は遠慮なく俺を使うといい。
助けられるかどうかはまったく保証しないけどな。
【真顔で言う為本当なのか、はたまた冗談なのかわからない。本人的には前者】

>>681プリメラ
…さっきの話を聞くかぎりじゃ一人にするのは一番危ないと思うが…
一刻も早くアリアさんと合流するべきだな。
他の誰かがもうすでに合流してればいいが、そう上手くいかない時もある。
可能な限り急いでいこう。

先頭は任せた、向かってくれ。


688 :ゼト ◆sEQSM/z5LM :2009/02/15(日) 19:55:53 0
【トアル街・裏通り】

>>674 セイル
む……イーニャの件については悪かったよ。
あの時はああでもしないとイーニャを庇いきれなかったんだ。
確保とか言いながら殺す気満々だったからなぁ、あの衛兵共……

ミミックの生態なんてマイナーな知識を持ってる奴は珍しいと思う。
ああ、落ち着けって。易い挑発に乗るなよ。よーく言って聞かせとくから。
【ミクに敵意剥き出しのセイルへ精神的に疲れた表情で】

>>676 ジョー
ニンジャだったのかこいつ。その割に全然忍んでないような……まぁいいか。
公爵家の執事ともなると戦闘力が求められるのかね。

本人の意思を尊重するってことで。頑張って交渉してくれ。
人形サイズの相手に無理強いする男二人とか絵面が悪いってレベルじゃねぇ。

了解だリーダー。でもヴラウドの方は大丈夫っぽいぞ?
まあ痩せ我慢で辛いんなら肩貸すけど。

>>679 ミク
精気と金銀財宝か。予想以上に維持費が……精気?
……もしかしてさっきからやけに疲れを感じるのは――おぁっ!?
【そこまで言いかけ、歓喜の表情を浮かべたミクの強烈なハグに遮られる】

ちょ、おま、何で呼び方を決めただけでそこまで喜ぶ!
ええい鬱陶しい、飛びついてくるな!
くっ、本当にどこで選択肢を間違ったんだ、俺……!?
【魔物使いでないゼトが「名付け」の重要性を知っている筈も無く】
【その幸せオーラ全開っぷりに鬱陶しいからと叩き落すのも気が引ける】

食って良い訳ないだろこの馬鹿。
【しかし軽やかな危険発言はデコピンで黙らせた】

>>683 フィル
知ってたんならもう少し早く教えてくれ……
さすがに好意を向けてくる相手を殺るのは鬼畜過ぎるだろう。
はぁぁ……冒険者は毎日がサプライズなのか……

689 :アリア ◆5r.wbMANmw :2009/02/16(月) 00:33:38 0
【トアル街郊外〜街道】


【プリメラの姿が見えなくなってほどなく…アリアの歩みは森とは違う方向に向かって行く】
(考えなくちゃ…皆を巻き込まずに済む方法…)
(皆と合流してしまうと、またブラッドに襲撃されてしまう。きっと、皆とは離れたほうがいい…)
(素直にブラッドに捕まる?いやだ…家には戻りたくない…)
【そこまで考えて、ふと足を止める】

…なんてわがままなのかしら、私…
自分のことしか、結局考えてないんだわ…最低…ね…

【しょんぼりとして、下を向く。今までやってきたことはなんだったんだろう。
父の民に対する贖罪と言いながら、自分はその父から逃れるためだけに神殿へ入り、
結局は、沢山の人に迷惑をかけている。
自分の存在など、父の思う所に留まってさえいれば他人に迷惑などかけずに済むものなのだ。
それを嫌というほど思い知った。籠の鳥は籠の鳥。
外では生きられない…。
だからこそ、皆にはこれ以上迷惑をかけられない。そう決心すると、またもくもくと歩み始める】

【歩いていく途中、商隊とすれ違う。その会話にふと聞き入る】
商人A「北東の都まであとどのくらいだ?」
丁稚「トアル街で休憩せずにいけば、あと3日くらいと思われます」
商人C「10日後には四大大公を招いての通商会議が開かれるからな、早めに宿をとっておいたほうがいい」
丁稚「冒険者たちの護衛も一旦更新されるのでしたら、都市に入ってからが良いかと。
なにせ、『冒険者の町』とあだ名されるくらいですから…」

【四大大公…その名を聞いて、アリアははっとする。神殿を出た時にヴラウドの口から放たれた
『メディシス大公』の名…。その名を聞いて、決意する】

あ…あのっ…!!そちらの商隊の方、つ…通商会議に、出席されるという四大大公には…
その…め…メディシス大公も…含まれるのでしょうか?

【勇気をふりしぼって、商人たちに話しかける。すると、呆れたようにアリアに説明をしてくれた】
商人C「なんだお嬢さん知らないのか?メディシス大公以下、四大大公といえば国王代理を兼ねる諸侯だぞ。
国王が直々に出席されることができないからわざわざ集まるんじゃないか」

(それだ…!メディシス大公とは、たぶんヴラウドの仕える方の上位の方…つまり、私に会わせたいというのもその方に違いない…)
(その方の下に保護してもらえれば…地位を気にするお父様のこと、下手に手出しできないはず…)

あの…わ…私もこの商隊に加えていただけませんか…?私…神官なので、何かとお役に立てれば…!

【アリアののっぴきならない剣幕で詰め寄られ、商人たちも首を縦に降らざるを得なかった…】

690 :エリス ◆rA0U.Krg7A :2009/02/16(月) 19:24:09 0
【月夜の梟亭―】
>>678イーニャ
いいんじゃないのー迷惑掛けたって。
誰も完璧なんて望んじゃないんだから、希望はそうかもしれないけど。
まぁ迷惑の定義なんて人それぞれだから、私の場合、その定義が随分と狭いようね。

>>681プリメラ
自然とそういう気持ちってのは解るものよ。
一番いけないのは無理に解ろうとする事、かな。
ふふ、まぁ喜劇じゃなかったからねぇ、自然とそうなるんでしょ。
あまり出来も良くなかったしね。

あいよ、こっちの方は任せておきな。
あんた達の方も気をつけなさいよ。
【言い終えてから窓際に立ち、そこから街を見渡す】
さて、どうなる事やら。

>>687レオル
時折何にも考えずに物言うけどね、私。
っとまぁ私の事色々気ぃ遣ってくれるのは嬉しいけど…
最優先はあの子達二人と貴方よ?それだけは間違えないように。

【剣を持つ事を承諾したレオルをじっと見て】
……………壊さないでよ?造形だけじゃなくあらゆる箇所オーダーメイドで、馬鹿みたいに高いのよそれ。
あーこれフリじゃないよ?脅しでも何でもない、ただ壊さないでっていう、懇願?願望?
ともかくそういう事、まぁそれだけの物をホイホイ貸しちゃう私も私だけどさ。
そんな感じで宜しくね♪
【それだけ告げると笑顔で三人を見送り、部屋の整理に戻る】


さーてさて、んじゃ待ちますか。
皆さんどーこほっつき歩いているんだか。

691 :名無しになりきれ:2009/02/16(月) 21:20:38 0
スレ立てるの早すぎだろ
アホか?

692 :名無しになりきれ:2009/02/18(水) 23:26:24 0
おっ、やべ…うんこ出る…






ブッ、ブリブリブリ…
ふぅ

693 :イーニャ ◆xCXpSWX2r. :2009/02/18(水) 23:47:36 0
【トアル街・月夜の梟亭】

>>690 エリス
はわわっ!?
そ、それはエリスさんに迷惑をお掛けした場合、大変な事に……!?
ああああっ、ごめんなさい私のせいで掃除なんてお手数をおかけしまして!!
【プリメラとの会話で場を凍らせた事も相まって、軽くテンパる】

>>681 プリメラ
……あはは、ありがとうございます。
【実際に痛みがなくなったわけではないが、その心遣いに気が軽くなった】

い、いえそんなっ。冒険者をやっていればこう言った事も――
良くあるもの、なのかは微妙ですけどっ。
足手纏いにはなりません。よろしくお願いします!

>>687 レオル
そ、そうですね。わかりました。
勿論、そうならないように頑張ります。それでも駄目だったら……
申し訳ありませんけれど、素直に皆さんのお力を貸して頂きます。

頼りにならないとは思いませんけど……あ、あはは。
【短い付き合いなので本気か冗談か解らず引き攣った笑みを浮かべた】


私の方は準備、できました。行きましょう。
森で仲間の方と合流するのですよね?

694 :フィル ◆LIT9GUuZB2 :2009/02/19(木) 02:30:16 0
>>688 ゼト
名前がそのものの境界・・・存在を支える要素なのは当然だ。
お前達人間位だぞ、初対面で自分の真名を教えるような連中は。
【そこで初めて興味を持ったかのように、はしゃぐミクを冷めた目で眺め】
・・・ちなみに、判ってるだろうがミミックというのは「騙す」魔物だ。
俺の知っているミミックは・・・目的を果たすためなら手段を選ばない。
まぁ・・・好意だ何だと、鵜呑みにはしないな。俺なら。

>>689 アリア
【段々そわそわと落ち着かない様子で考えに没頭し始める】

(・・・やっぱり・・・離れて行く。・・・何だ?どうしたって言うんだ?
 まさか連れ去られ・・・いや、プリメラがついてるなら、騒ぎもなしにそれはない・・・か?
 くそっ・・・!俺が間違ってたか?ジョーがこいつらと一緒だったと判ってれば・・・
 ・・・今から追うか?いや、馬鹿か!それじゃ何のために合流しようとしてるのか判らない!
 けど・・・このまま"音"が聞こえないまでに離れたら・・・いや、とにかく離れた理由が先だ・・・
 ・・・畜生。やっぱり彼女の事となると思考がおかしくなる・・・何だよこれ。しっかりしろ・・・!)

【ガン!と両拳で挟むように自分の頭を打つと、はっと気がついたように仲間に顔を上げ】
あ・・・いや。何でもない・・・気にしないでくれ・・・


【月夜の梟亭】

・・・一応、年には念を入れておくか。ちょっと待っていてくれ。
【他の者にそう言うと、一人宿の裏から足場を拾いつつよじ登り、窓から部屋を覗き込む】

>>690 エリス
【顔を覗かせた瞬間、ばっちり視線が合い】
あー・・・・・・えーと。
・・・アンタ一人か?

695 :エリス ◆rA0U.Krg7A :2009/02/19(木) 18:58:37 0
【月夜の梟亭―】
誰が一番に戻ってくるのやら。
連絡手段確保してないのに、あっちこっちとバラバラになるから大変ね。
忙しいのは悪かないけど、どうも非効率よねぇ。

【などとぼやきながら、部屋の整理を済ませる】

って私も、んな事言いながら一人になってんだけどさ。(合流の手は打ってあるけど)
盗賊さんやら傭兵さんやら、色んな道の人が集まるとやっぱこうなっちゃうのかね。
(でもまぁ見てて面白いから、あえてこのままにしておきましょうか。ふふ。)

>>694フィル
【目が合った瞬間、ニヤリと笑い】
えーフィルっと、趣味は覗きと。
うーん悪くない趣味ね、これが部屋じゃなく風呂場だったら◎モンよ。
風呂場だったら、キャーフィルさんのえっちーが見れたのかもと思うと、少し残念か。
【一人、勝手にそんな事言いながら取り出した手帳にすらすらと何かを書いていく】

っとまぁそれは置いといてよ、そーだよ私一人。
でそっちは?一人じゃないっしょ?さすがに。
【何事も無かったかのように手帳をしまい、事情を話し始める】
ああ大丈夫、大体の事情は私も知ってる。
私がここにいるのは、伝言とかの為かな。
この街から出るってーのは、わかってるよね、んでー今プリメラちゃんとボウヤとあとイーニャって子が
先にアリアさんと合流するべくここを発ったわ。
もう宿に戻ってくる子がいないんだったら私も行こうと思うんだけど。
そこらへんどうなの?

696 :セイル ◆GvO1SD6zIE :2009/02/19(木) 20:04:53 0
>>683,684フィル
あーすいません、でも、背中で死なれたらちょっと嫌でしょう?
でもま、確かに今はそれどころじゃなかったかもしれません。
私が来た時はただ負傷者がたくさん居るとしか分からなかったものですから。

(マッチで煙草に火をつける)
フィルさんも一服やりますか?少し気が楽になりますよ

>>688ゼト
……はぁ…(手で顔を覆う)
それはそれは… 一つ貸しにしときますからちゃんと返してくださいね。

………あんたも、なかなか面倒なものを持ってきたな。
だが、俺達に害をなすと分かったら寝首かいてでもぶっ壊すからな。

697 :ジョー ◆ms0hxePQDQ :2009/02/19(木) 20:09:24 O
>>677ドラグォール
ちょいと旦那、今は箱入り娘に構ってないで大人しくしてなさいっての。
薬飲んだからってまだ油断しちゃアいけねェよ。


>>679ミミック
ひゃーおっかねぇ、こりゃあとんだおてんば娘だわな。

ジミーって…お前さんはアレか、人の名前覚えるの苦手なタイプか?
…まぁいいけどよ。


>>680セイル
ダメだダメだ、俺が箱の鑑定もしてねェうちに壊すなんざ断じて許さねェぜ。
それに…まぁ知ってるたぁ思うがミミックってェのはなかなか手強いもんでな、ヘタすると死人が出かねねぇ…
触らぬ神に祟り無し、無闇に戦いに持ち込まねえほうが身の為よ。
幸いゼトが飼い主になったわけだし、な。


>>683フィル
うんうん、わかってくれりゃいいのよ。

まぁ落ち着けよ、荷物も馬車もみーんな宿屋だ、取りに戻らねえワケにはいかねェだろ?

…?お、おう、そうだな。




698 :ジョー ◆ms0hxePQDQ :2009/02/19(木) 20:09:58 O
>>688ゼト
言われてみればそうだな、まぁ仕事に差し支えなければいいんじゃないか、忍んでなくても?

アレンスキーの従者は武闘派揃いで有名だからな、でもあれほどの手練はなかなかいないぞ。

チッ…仕方ねぇな。

<ミミックに対し>

良かったなァ箱入り娘、お前さんのご主人様ァ大層な箱思い(?)だぜ。

<ゼトに小声で>

…もし鍵が欲しくなったら言ってくんな、大層頑丈なモンをこしらえてやんぜ。

……こらこらゼト君、お前さんいつから目が節穴になった?

どー見てもヴラウドさんは満身創痍だろ、さっさと肩貸してあげなさい。



【月夜の梟亭前】

さて…フィルは裏手に回ったか…じゃあ俺は…

みんな、ちょいと荷物取ってくるからよ、馬車ァ乗って待っててくれや。


<入口から堂々と宿に入ると、宿の主に話しかける>


よぅおやっさん、急な話ですまねェけど今から部屋ァ出させてもらうぜ。

で、だ。えーと…これが宿賃…で…これは…

<言いつつ金貨を握らせる>

…もし警備隊の連中が俺達のこと聞きに来たらしらばっくれといてくれ。
あと、もし俺達がいなくなってから俺達の仲間…例えばガラの悪い若い男とか…そういうのが来たら「冒険者の街」に向かったって言ってやってくれ、頼むわ。


<それだけ言うと、荷を運び出すため部屋に向かう>



699 :レクイスタ ◆lTYfpAkkFY :2009/02/19(木) 21:30:15 0
【トアル街・路地と月夜の梟亭】
>>677ドラグォール
なんだ失礼な奴だな。
(少しむっとした顔)
私だって場合をわきまえるさ、万全かそうでないかくらい。

>>683フィル
わかったわかった、そう睨むなよ。
(小声)ったく・・・そんなんだから・・。

>>ミミックとゼト
・・・・・・負傷してるんだからお前ら少し落ち着け。
(殺気を漂わせるセイルとドラグォールに)
(ゼトに顔を向ける)
捨てろとか殺せとか言わないから、そのビックリ箱モドキ少し黙らせろ。

・・こりゃあれだな、
プリメラに斧なり鉈なり向けられるのも時間の問題だな。
(あさっての方を見ながら遠い目)


ああ、いつの間にか宿だ。
何だかんだでダラダラついてきたけど、どうしようかな?

700 :ミク ◆TgZHlSysq2 :2009/02/19(木) 22:58:04 0
>>680 セイル
うわぁ、開き直りましたよこいつ。
いちいち素手で十分〜とか言う奴は、負けた時の言い訳にするつもりなのでしょうか?
最も私はそんな言い訳する暇を与えませんけど。丸齧りですよ、クスクス。

>>688 ゼト
………あは〜っ♪
マスターは私の好みの波長とピッタリですからついつい食べ過ぎてしまいますよ〜♪

マスターがミクに名前をくれたから、ミクはミクになりました!
これが嬉しくないわけないじゃないですかー!
マスターにとってもミクにとっても、今日は最良の日です。
何せここからマスターとミクの伝説が始まるのですから♪♪♪

マスター、マスターは間違ってなんかいませんよ。
例え種々雑多なつまらない連中がマスターを否定しても、ミクは信じます。
ミクのマスターの選択は決して、間違いなんかじゃないと!
【良い事を言っているかもしれないが、場の状況に釣り合っていなかった】

>>ゼト・セイル
きゃうん! でもでも〜……うぅ〜、お前!
心優しいマスターに感謝するのですよ!?
【デコピンを受けくるくると空中を三回転ほどした後、涙目で】

>>694 フィル
なんですかエルフ、私とマスターの絆に文句が――エルフ?
珍しいですね……余程の変態以外はテリトリーから出ないヒッキーがヒトの街に居るとか。
お前らはもっと好奇心や探究心に突き動かされてダンジョンに突撃するヒト種を見習った方がいいですよ。

>>697 ジョー
失礼な、ミク程尽くすミミックはそう居ませんです!
名前聞いてませんし。まあマスター以外はどうでもいいのですが。
しかし会話で不便ですからお前は見た目的にジミーと呼称したのです。

マスターは巷で流行しているツンドラなのですよ。
素直になれないだけでその実は相思相愛なのです、きゃっ♪

701 :ベルゼヴラウド ◆vYMiJyBPcA :2009/02/19(木) 23:55:02 0
【トアル街 裏通りから宿方面】

(…直接戦ってもいないというのに、私らしくもないな…)
【高所から落下したダメージと、アルファを抱えての足取りはうまく進まない。】
【ズルズルと足を庇って、なんとかアルファを背負い続ける。】
【意識の朦朧としているアルファをなんとか宿まで運ばなくてはという使命感だけでなんとか歩いていた】

>>668 アルファ
いいから、もう喋るなっ!
本当ならちゃんとした治療院で手当てしなきゃならない傷なんだぞ?
騎士殿の正義感はすばらしいが、決して死を厭わない戦いが美しいとは限らないんだぞ!?
それに、聞かなきゃいけないことがたんまりあるからな…!
絶対に死なせるものか…!今はなんとでも言え!お前の馬にでもなんでもなってやる!

…アリアは大丈夫だ…。賢い子だからな。これから、どんなに離れたとしても、必ず見つけて、守りぬく。
…アルファ、出来ればお前にシシィのことを…
…って…うおっ!?
【アルファの指示通り、宿に方向をかえようとした途端、アルファの体重が一気に背中に圧し掛かった】

マズイ…アルファ、しっかりしてくれ…!

>>656 セイル
【アルファの重さに、思わず片膝を地面につく。そこに、聞きなれた声が近づいてきた。】
(…!死…神…!?)
【かつて戦場で、自身を真っ赤に染めながら、ヴラウドの依り代である『ベルゼビュート』の心臓を
一突きした死神が目の前に立っている。しかし、頭を振ってなんとか正気にかえる】
(…違う、今は、『なかま』だ。相手は私のことを覚えてすらいないのだから…)
【自分の驚く顔が悟られなかっか、ひたりと背中に冷たい汗が流れる。】
…はは…見事にやられました
襲撃に遭うなんて、まさか、そこまで大きなギルドに関わらせてもらえてるなんて思ってもみませんでしたよ
…でもまさか貴方に助けられるなんて…いや、感謝していますよ
【言い終わるころには、いつもの愛想笑いで応えていた。そして、受け取ったヤバげな薬をまず自分の傷口に塗りこむ。】
【あまりの激痛に、言葉すら出ないが、アルファにも同じように塗布する】

…はは、余りの激痛にアルっちの顔が歪んでます。気絶してるのに…

702 :ゼト ◆sEQSM/z5LM :2009/02/20(金) 00:04:00 0

【トアル街・裏通り→月夜の梟亭】

>>694 フィル
いや、アンタが言いたい事は解るつもりだ。
種族によっては発音できない真の名があるとかだろ?
でもミミックに愛称を付けるとこうなるってのは……

ああ、心配してくれてありがとうな。ただ、大丈夫だと思う。
名付けで出来たライン越しに伝わってくる感情の波までは偽れないだろ?
そこに混じりっ気があったら話は早かったんだけどな……

>>696 セイル
ちっ、仕方ないか。そのうちな、そのうち。
正直俺もここまで面倒な事になるとは思ってなかった。
過去に戻れるなら箱を押し付けられた自分を蹴り飛ばしてでも止めよう。
そうなる前に止める努力はする。朝起きたら仲間が一人減ってた、とか嫌過ぎるしなぁ……

>>698 ジョー
いや、忍んでないと仕事に差し支えが――ってどうでもいいんだそんな事は。
むしろ武闘派揃いの家で育ったアリアさんは実は手練モンク、なんて設定が……!

使い魔想いにしてくれ。俺は断じて箱フェチじゃない。

……欲しくなる日はそう遠くないかも知れん……その時は、頼む。

あいよ。とりあえず馬車まで連れてくわ。荷物は任せた。

>>699 レクイスタ
すまん、さっきから言ってるんだが。
話が噛み合わないというか……本当にすまん。

待て待て待て、何がどうなってプリメラに!?

>>700 ミク
あは〜、じゃねぇ! 今は我慢しろ、倒れるわ!
さっき言ってた運命とかってのはアレか、食欲的な意味でか!?
【体力的はともかく、精神的には突っ込むだけの余力はある様子】

オーケー、話が堂々巡りしてきた。仕切り直そう。
ミクがミクになる、つまり俺の使い魔か? そうなったことは認める。
でだ。俺達は何時の間にか追われる立場になっている。今は逃げる準備中。
手伝って貰う事は今の所ないから、大人しく出番を待っててくれ。な?
【馬車にヴラウドを運び、また周囲と諍いを起こす前にやんわり釘を刺す】

703 :ベルゼヴラウド ◆vYMiJyBPcA :2009/02/20(金) 00:09:44 0
【トアル街 裏通りから宿方面】

>>676 ジョー
>>688 ゼト
私は…大丈夫だ。
このとおり、自分で動ける。
【ジョーに気遣いをされたことに恐縮して、また、ゼトから異様な魔物の臭いを感知し、
忌避するべく最大限の遠慮をする。】
途中から貴方たちの旅に加わった私が言える立場ではないが、
うごけないアルファをどうにかしたい。馬車を借りるなりして、彼を安静にさせてほしい。頼む…

>>700 ミク
(なんでゼトはこんな魔物を…土人だけじゃ足りないか、それともそういうものを引きつける体質なのか…)
【自分の「血」の臭いを嗅ぎ取られないよう、細心の注意でもって離れる。風の呪文を唱え、意図的に臭いを消した】

704 :セイル ◆GvO1SD6zIE :2009/02/20(金) 21:01:28 0
>>697ジョー
(再び顔を手にうずめる)
最近頭を抱えてばっかしな気がするぜ…
分かったよ、被害がゼトで止まるのなら俺はもう口出ししねぇ。
だが、俺達の誰かが被害にあった場合、全力で破壊に勤めるからな。

>>700ミミック
はっはっは、井の中の蛙を決め込むがいいさ。
人間だって結構強いんだぜ?

…ま、ジョーさんとかに止められてたからな。
(いつもの笑顔に戻り)では、ミミックさん、以後よろしくお願いしますね。

>>701ベルゼ
{…? なんだ?何をそんなに警戒している?
そういえば、随分前にあなたは覚えてないとか言っていたような…}
(目をすっと細めるがすぐに戻す)
{たぶん戦場だな。だとしたら、思い出す必要は無いな。彼の友人でも殺したか…
だが、殺さなきゃ殺される。相手を覚えている暇は…ない。}
(という結論に達し思考を止める)

すいませんね、もっとまともな傷薬を用意したかったのですが、
なにぶん時間が無かったものですから。

あはは、フリーナイトさんも流石に耐え切れませんか。私も無理ですね。
ちなみに…あなたも無理をしないほうがいい。結構傷が深そうですよ?

>>702ゼト
まっ、そのようにお願いしますね。
部下の失態は上司の失態といいますから。

……そもそもミミックの居る部屋で寝たくないです…寝首かかれそうですよぉ
(わざとらしく震える)


--------月夜の梟亭前---------
(オカリナを吹き再び愛馬を呼ぶ)
{今日は随分とこき使っちまってるな…}
さ、皆さん乗ってください。少し狭いかもしれませんが…

705 :ドラグォール ◆2/S/seeu5c :2009/02/20(金) 23:26:16 0
【トアル街・路地】
>>679-680セイルとミミック
ああ?喧嘩売ってないように聞こえるか箱?
不意打ちしか能がねえくせに、でかい口叩くな。
(ミミックを睨む)

おお、やったろうじゃねえか。

>>683フィル
むが・・・っ!
(口をふさがれる。一応反論は諦めた)

>>697ジョー
(口を強引に開く)
分かったよ。今は保留にしとく。

>>699レクイスタ
だって・・さっきから不吉な事しか言わねえんだもん・・。
そんな奴がいきなり優しくしてきたら・・・(ぶつぶつ

ん〜俺は別についてきてもかまわないと思うんだが、
お前らはどう思うよ?(ジョーらに意見を求める

>>702ゼト
・・・おい、俺ってそんなに忍んでないか?
リーキャ「盗賊のアジトに爆弾仕掛けて、堂々と正面から乗り込むんなら、
忍者とは言わないと思うニャ(溜息をつく)」
・・・・・やっぱりか?



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)