5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【けいおん!】唯×梓スレ 8

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 10:13:44 ID:phalbxVp0
けいおん!の唯と梓のはわほわカップルを全力支援するスレです
梓×唯も可
次スレ立ては980もしくは480KBを目安にお願いします

【けいおん!】唯×梓スレまとめwiki
http://www40.atwiki.jp/yuiazu/

前スレ
【けいおん!】唯×梓スレ 7
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1275748731/

過去スレ
【けいおん!】唯×梓スレ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1246808256/
【けいおん!】唯×梓スレ 2
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1247988782/
【けいおん!】唯×梓スレ 3
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/
【けいおん!】唯×梓スレ 4
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1257478775/
【けいおん!】唯×梓スレ 5
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1264780553/
【けいおん!】唯×梓スレ 6
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1272121153/

【けいおん!】唯×梓スレ【避難所】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/7708/1247991400/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 10:39:54 ID:5+jQ6A2F0
いちおつ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 11:39:42 ID:Ll7mQZom0
イチモツ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 11:53:59 ID:uNlroQL40
おつなり

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 13:05:52 ID:Mj3BGMo80
_  -―――- ..._               __ -: : ´: ̄: ̄:` : : : : : 、
: : : : : : : : : : : : : :`: : ‐ 、       , イ´ : : ::/: : : :i: : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : :.: : : : : : : :: `ー‐- ∠_: /: :/: : : : :{i:.:.: :ヽ: : : : : 丶: : :`ヽ,
: : : : :.:./: :/: : : : : :.:.: : : : : : : `ヽ、-´.:.:.:/ i.: : : :: : |∧:.:.:.::',:.: : : : : :ヽ: : : : :'.,
: : : : :/: : :/: : : : :/:.:.:.:i: : : : : : : : : :く\ ,′{: : : :..:.:.| ヽ:.:.:.:}:.:.: : : : : : :', : : : :::
: : : :/: : :/: : : : :/ .:.:.:.:|:∧: : : : : ::ヽ: ∨ ノi:.:::∧:.:.入  \:|:.:.:. : : : : : :.|:.: : 、 ::
: : : i: : : : : : : :/:.:.:.:.:./::\i ::.: : : : ::∧〈    V ヽ: ::|     \:.:. : : :i: :.:|.:.: : }: :ハ
: : : |: : : : : : : }:.:.:.:.:/:.:/ ヽ:.:. : : : : } レ' __      ヽi_    i} : : : :|: :::i.:.: : |: : :',
: : : |: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:/   レ'ヽ: : : | ,ィ=≡ミ    ,r≡=ミ、   : : : : .|: :∧: : i}: : ::i
: : : |: : : : : : : | .:/i::,′       〉::::リ _´         _  `  |: : :.:/.:/ .::i ::/: : :.:|
: : : |: : : : : : : i / レ / / / / /i:ムイ(///)r‐、    ( ////) / : : /: : : : :|:/: : : : i}
:´ : : : : : : : . {  / / / / / / ヽ:/    〉        ̄   〈 : :./ :.: : : 、/.: :.:.:.i :ハ   >>1おつ むちゅちゅぅ〜
ヽ i : : : : : : :.|   / / / / / / .爪    し            /:..:/: : : : : ::} i: :.: ::| : i}
:.:丶} : : : : : :.:.:     , ー、    ,::\          / : :.:/: : : : : ::/ノ: : : ::', ::|
: : :/ : : : : : .:/i   / ̄ .、〉 イ:.:.::.>          / : : : : : : :_: : : /:.:.: : :.:.:::i}::,′
,‐: :: : : : : ://   {     //. |:.:.:.:.:∧`≧ー  ― i/|―、 ´   `ヽ:.:.: :.:.:.:/:/
{ i/: : : : : /レ> _ー―r_' ヽ-、.レ'`ヽ' i´       ヽ   \    ∨:.:.:.:.:/
`i∧i: :/ヽ / / }     / / /.ヽ ̄_   ̄`ヽ      ',     ヽ   i}レ'i,′
./ T  i .爪.  / i /  `^⊂r、i _ノ.ノ    .}      }         ,'
}  ヽ/斗|ヽ / / .}     { ノ. '-_-っ ._ノ     〈        /⌒ヽ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 14:17:47 ID:EAVRHLvF0
前スレ>>998
気長に待ってるよ〜

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 14:28:17 ID:cI1qSEIc0
                  ,. x= '".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヽ、    ,.x='": : : : : : /: : : : : : :ヽ : : : : : : : :`丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、/: : ,: : /: : :/: : : : | :| : : : : : : : : : : : : : : :\
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::..:.:.ヽ :.::..:.:.:.ヽ,:.:.:.:.i./: :/:/: : :::;:/: : : : : i: :|::: : : : : :ヽ,: : : : : : : : : ヽ   ,'  い
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:::::::::::.:.:ヽ:.:::::.:.:.:.:i.:.:./: :/ /: : : //: : : : : : : :i::::: : : : : : ハ : : : ヽ : : : : :`.  i   け
           , へ:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i.:.:.:|.:.:.:::ヘ;:::::::.:.:.ヽ::::::.:.:.|.:///: :ヾ / /: : : : : : :i :i::::::. : : : : : : :',: : : :ハ: : : : : :ハ  |.  な
            ハ:.:.:|.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:::|. ヽ;::::::.:.:.:::::::i.:.:.:}': :/:ヾ: :/,. -=,: i : : : : : |:/:::::::: : : : : : : : i : : : :i: : : : : : :i .!  い
          .f.:.:.:.:.|.:.i.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:!.:.::::|  \:::::.:.:::::|:.:/: :/. : :.〉 '"   l:/| : : : : :l/.l::::::::i : : : :::. : : | : : : | : : : : : : | !  子
 ,、ヽl |l | l| l || l| l || l | |.:.:.:.:i V :.:.:.:.:.:.::::|_,... -' \::.::: |:::{ : l : : /       |' V: : : :,'ヽ',:::::::| : : : :::::. : | : : : | : : : : : : | |  だ
ミ   し っ や も   |.:.:.:.i   V.:.:|.:.:.:.:::l     V::i:ト::l: :| : /| -ミ;、ヽ`.l   V : ;'  ',::::::|: : : : :::::l :i : : : i::.: : : :i: : :i  ヽ .ね
Ξ   ち. あ ら っ  ..|. .:.:| / V:.|.:.:.:.:::| ..     ',:.::| 〉:'ハ:/ :| :んヾ.      V.:i、   ',:::j : : : :.:::::i.: : : : :i:::: : : ::i: : :l   ゝ、.,__
ニ  ゃ ぁ な  も :::! . .|   V ヘ:.::::|       Vy}:./: | : ;|  V::::l'     .,V.、丶 V: : : : :::::::i.: ; : :.,'::::. :i :::| : i:.l
Ξ  ら ん い う   l.:.:|   ..ヽ V::|   ,≦x;='"|:.:.| : : /:j   `-'      `とミ;、 ハ: : : ::::::::|: ハ: /::::::: :.l::::|: :.|:ハ  ;ゝ
三  め  ・  っ ペ .:.:::l.:|     _  V   '"   |: :|: :/: / ''' ,      :{::.゜.:ハヾ/: : : :.:::::::::|/:::レ::::::::::i: :|::i : :.i: :ゝ i  あ
=    ぇ  ・  て ロ ヽ.::'.{      ,,.        '''''  |:.:.l/.::::l             `v_rノ〃: : : : :::::::::|-.、:::i::::::::|: :|/.: : :|`‐ !   ず
三  ぇ  ら 約  ペ :::ヽ. ヘ ィ≡"              |:i:.:|: :::::ヘ       '''    〃x-‐――-...、ソ.::::|::::::::|: :| : : : | <  .に
=  ぇ  め 束 ロ ::::::::ヽ.ヘ  ''''  '        |l|.:.| : :::::.ヘ   ` -   ,.x '".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、:l::::::::l : |: : : ,'   !    .ゃ
ニ   ぇ  っ  っ は ::::::::::::i:| ',        , -     i |.:|/|: :::::,x`=‐--―‐= .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:::::::|:.,'| : :/   !.  ん
三   ぇ  も   ・  ・ :.i::::::::::::|:|. ゝ., _    _,.;⌒l,-.,/ ' '"".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.‐.-:.:.::::;::_:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.',::::: ノ:/.|:./    ヽ:  ?.
=   ぇ   う  ・  ・ :.:i::::::::::::::}_,x-='`>γ`'     V"Y, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|/|:/  レ     ゝ、.,__ ...
三  ぇ  ペ   ・  ・ . |:::::::::::::| ::: ,,..{'          |  {;',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::|  '
≡,  ぇ  ロ は ぁ. |.:.::::::::::j /  }        i ハ,' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|
Ξ,  ぇ .ペ  ぁ  .Vi:.:.:.:.:/    |            /;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|
 彡 !  ロ  ん  :.:,レ '"      ',    ..:::...   f ' ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〃:.:::::.:.:.:.::::/


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 14:28:18 ID:Mj3BGMo80
前スレ>>1000の意味がわからない

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 14:29:07 ID:zciSCt820
唯梓で既に完成してるのにそれを嫁とな?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 14:39:55 ID:Ll7mQZom0
13話の「あ〜憂?...あずにゃんっ!」の梓を見つけたときの喜び方だけでご飯三杯いける。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 15:06:03 ID:TKC4ceunO
最近このスレきたんだがテンプレのはわほわってどういう意味なの

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 15:09:08 ID:gog7bNal0
はわわっ!と照れつつ、ほわわっとしたカップル

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 15:09:34 ID:zciSCt820
>>11
テンプレ作った人が間違えたがそのまま定着したらしい

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 15:31:50 ID:TKC4ceunO
なるほどwwゆいあずにピッタリだな!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 15:48:30 ID:EAVRHLvF0
1か月で1スレ消化したか
6月放送の回は唯梓分が濃かったからなあ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 16:35:45 ID:5z0y1WLM0
>>10
気にしてなかったけど録画見直して吹いた
こういうゆいあずはいいものだ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 19:23:55 ID:tNcSUjEs0
小笠原晶子

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 19:41:12 ID:NtazIDEs0
>>17
おまえのレスにどういう意味があるのか本気で考えた俺は馬鹿だ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 19:44:15 ID:Vl2bDQvL0
いちおつ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 20:18:33 ID:CUAtqahtO
>>6
ありがとう!!


    __
  . '´.   ヽ
. !((=ハルヘソ)
 从(!j゚ ー゚ノ!j  >>1おつだよ〜
.  /j〈芥〉、
.  (_く/_j|,ゝ)
    i::j::j



           _ _
.        '´, 、   ヽ
       ,rlミiレハ从リ!
       ノ八(|l゚ ヮ゚ノl|ヾ 唯先輩!ここが私達の
     ((  と」茆iつ ))  新しい愛の巣なんですね!!
       ヾ く/_i_ゝノ
           し'ノ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 20:41:52 ID:6vzFEYIw0
アニメ本編見て唯と梓がお互いを特別視してるのは分かるが、唯がどうして梓にそこまで入れ込むのかまでは分からない。
唯が梓の事を大切にしているのはよく分かるんだけどね

例えば梓の唯に対する気持ちだったら、何時も自分を引っ張っていってくれるからとか普段はだらけているけど影では練習や勉強も頑張っている姿とか本番ではかっこよく決めてくれるからとか色々分かり易いけど、
唯の気持ちがあまり描写されてない様な気がする。

初めての後輩だから、可愛いから
なんかこれじゃ薄い気がするんだよね。

それとも、これ以上求めるのは贅沢なんだろうか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 20:44:52 ID:4C+8DGDQ0
めとめがあうーしゅーんかーんこーいにーおちたー

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 20:52:32 ID:BvAe1MhD0
ここにいるのは元こなかが住人がほとんど。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 20:53:18 ID:NtazIDEs0
唯は梓と違って誰かを特別視する描写というか誰かとの濃い絡みって無いんだよな
アニメでは梓を可愛がってるがあくまで後輩を先輩として可愛がってる感じだし
原作の唯は結構ドライだからな。唯は誰のものにもならないって感じだ
まあ原作は先月号で頑張ってくれたわけだがもう少し唯→梓があってもいいと思う

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 20:59:39 ID:2ZOOy4KV0
>>23
こなかがもいける口だがそれはどうだろう
さきのど、部キャプ、はるちは、ういさて、なのフェイ好きの俺が言うのも難だが、色んな好みを持った住人がいると思うんだ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:05:47 ID:Mj3BGMo80
百合は唯梓しか受け付けない俺は異端ですか

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:06:59 ID:Z/SbLV0YP
先輩後輩の関係でゆいあず好きな俺もいるよ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:11:38 ID:9R0NnQMv0
>>23
俺はこなかが好きだし向こうの百合スレにSS投下したこともあるが…
さすがにそれは大雑把過ぎやしないか

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:42:15 ID:cI1qSEIc0
梓「唯先輩にとって私はただの可愛い後輩ですか・・・」ってうじうじするあずにゃんが見たい

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:44:34 ID:4C+8DGDQ0
百合で好きになったのはベホメディ以来だわ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:48:10 ID:EAVRHLvF0
百合が好きというよりは
この二人にはずっと一緒にいてほしいという感覚かな
それがたまたま女の子同士だったんだよ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 21:52:11 ID:NtazIDEs0
考えてみれば俺も百合でここまではまったのはこなかが以来だな
当時のこなかが人気は凄かったからな

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:09:53 ID:kffeyX23P
こなかがもたまに見てたが、メインはこなつかだなぁ
ツインテだからって十把一絡げはどーなんだ
あと唯→梓は穿った見方しなければスゴい分かりやすい
そして梓にメロメロな唯が好きなので穿ってみません

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:10:14 ID:DujhzQTj0
>>23
現つかこな住民の俺が通りますよっと

>>25の言うとおり、人の好みはそれぞれなんだから、決めつけない方が良いんじゃないかなぁ〜

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:16:29 ID:gDHMFSFO0
マジかよ、俺別にこなかがにそんな興味無いぞ
先輩後輩ってことでマリみての祐巳と瞳子好きだった頃の感覚に近いかもしれん

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:40:02 ID:5+jQ6A2F0
そもそもらきすた見てない俺が通りますよっと

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:49:56 ID:gog7bNal0
唯梓が好きなら後はどうでもいいってムギ先輩が言ってた

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:53:34 ID:TInRkn2/0
らきすたはこなゆた大好きな俺が通りますよと。
…ひょっとしてだらしない年上と確り者の年下の構図が好きなんだろうか…
や、らきすたもけいおんも色んなCP行けるけど。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:59:33 ID:NtazIDEs0
このスレの自由度は異常
だがそれがいい

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 23:02:06 ID:3gC4phue0
こなかが派は律澪に多いって聞きました
スレチすまん

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 23:16:28 ID:fp0TRT620
つかかが派だったり八重にわ派だったり夏秋派だったりするけど
けいおん!なら唯梓が正義。そういや唯梓だけSS書いたこと無いな。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 23:20:12 ID:DujhzQTj0
>>33
ナカーマ┌|*゜ロ゜|人|゜ロ゜*|┐ナカーマ

>>41
SS!!……書かねば……

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 00:39:25 ID:pZCAjZFA0
唯梓のバランスは絶妙だよな
ツボな人にはマジで唯梓以外どうでもよくなるぐらい
まあ俺だが

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 00:40:11 ID:VM8KoE0I0
>>43
よう、俺

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 00:51:12 ID:fkXZvLDt0
>>43
あれ、俺いつの間に書き込んだんだ?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 01:01:56 ID:SfEoDCbi0
寝る前にpixivで唯 梓と検索するのが日課です

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 01:03:30 ID:DMGKWVWl0
右に同じく

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 01:14:49 ID:BmysNNQZ0
右ってどんなスキン使ってるんだw

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 01:53:54 ID:q3QFr2rBO
>>46
俺も寝る前にそれやって気付いたら3時になってた事がある
だからもう寝る前にpixivはやらない

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 01:55:12 ID:s84SvracO
13話終盤の梓のモノローグ切ないな。

今回だけじゃなく、学園祭前にもまた
寂しい思いをすることになるんだよね

唯先パイ何とかしてやってくれ


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 02:02:41 ID:wyBFGin30
唯「よし決めた! 私、あずにゃん家に就職する!!」

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 02:09:02 ID:7dlzUW6R0
>>50
しかしその寂しさを埋めるのは憂ちゃん純ちゃんなんだろうな13話見る限りでは

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 02:23:37 ID:Ys3VuXhV0
>>50
だが同時に先の見えなくなった梓の手を唯が引っ張って
一緒に先に進む未来という解釈もできるぞ
まあその後別れちゃったが…というか今回の脚本穴がありすぎだろ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 02:36:00 ID:8jmyQGda0
離れた手の伏線がどうでるかだな
できれば唯に頑張って引っ張ってもらいたいが・・・

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 02:58:54 ID:X16MnCcX0
俺が百合に目覚めたのは、なのフェイからだな
百合ってゲロ甘に出来るからいいよね

>>53
一話で決め付けるのは早計だろう
むしろ今回のはフラグとも考えられる。
今回は梓の不安が主題だったし最終回までに
それに対して唯がどう対応するかが鍵

まぁ、もし最後まで手を離したままだったら
俺は爆発するけど

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 03:06:37 ID:Ys3VuXhV0
なのフェイは公式だな。中学編が見たかった…

今度は離さないよあずにゃんな展開に期待するべきか

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 03:17:46 ID:GynsbVum0
爆発することになるとおもうけどなー
どうせ百合エンドなんざあり得ないんだから
期待せずにどんな終わりを迎えても唯梓に繋げられるように妄想力を鍛えておくべき

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 03:59:34 ID:VrcZa3JX0
>>24
あずにゃんの心を弄んでおきながら遊びでしたなんて酷いな

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 04:08:04 ID:KxAWSo2C0
唯梓の未来が心配だから全力で漫画描いて2人をくっつける

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 07:37:58 ID:X16MnCcX0
>>57
いや、別に百合エンドである必要は無いだろう

むしろ、あずにゃんの事をほったらかしにしたまま
先に行ってしまう唯ではないと思うんだ。

ただ、手を繋ぎなおして、「これからもずっと一緒だよ」になるか
それとも卒業までに何かを残してあげて「バイバイあずにゃん」になるか
それが問題だ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 12:39:11 ID:dQR6jBvS0
>>60
個人的には前者の終わり方がいいな。
「バイバイあずにゃん」はあずにゃんも俺も辛すぎる。

てか最近避難所に大量のSSが投稿されて、向こうが本スレの気ggg

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 13:16:09 ID:WgOLTDt2P
前スレ1000見るとやっぱここは唯と梓は俺の嫁って人が多いのかな?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 13:23:12 ID:wZmMzXSB0
百合関連スレは定期的に百合厨死ねとか俺の嫁とか連呼しにくる変なのが沸くし
その手の奴がわざわざ1000に向けてスタンバイしてたんだろ

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 14:58:12 ID:/762Ca1Q0
前スレ999だけど、「平沢梓」ときたら「中野唯」と返してほしかった

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 17:04:12 ID:U47jFIaX0
あやちが唯梓好きなのはわかったけど,
あいなまは好きなん?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 18:15:30 ID:rVrpGMQ00
あいなまさんは素で唯に似てるところあるな

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 18:46:07 ID:wfst5mCG0
ttp://d.hatena.ne.jp/masu_TM/20100630/1277892397
確かにそういう見方もあるなとおもた
卒業関連は俺はもっとポジティブに捉えている

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 19:25:38 ID:gFuKccnVO
>>64
そうだったのか……スマン
>>1000に何を書き込むか考えていたら、あんなこと書き込まれてた

ゆいあずサイコー

とでも書き込んでおけばよかったなぁ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 19:41:40 ID:F2IRcgE+0
なんでゆいあずってだけで百合にするアホがいるんだろうな
ゆいあずスレ=二人の百合ネタを楽しむスレ
だと思ってんのかね

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 19:44:08 ID:0bvJxVuC0
えっ?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 19:45:15 ID:QjrEmc4Z0
スルー推奨

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 19:46:28 ID:X16MnCcX0
>>67
なんか読んだら涙出てきた…

あずにゃんは結局最後は唯を追いかけるのか、それともそのまま見送ってしまうのか…
唯はあずにゃんに手を差し伸べるのか、それともきっちり決別してしまうのか…
しっかり区切りをつけてそれぞれの新しい未来に向かって歩き出すってのも話としてはありそうだしなぁ…
13話は重大なターニングポイントだよ
これをきっかけに本人たちが自分の気持ちを整理して卒業の時にどんな決断をするのか…
でも、さすがに今回の暗示がそのまま最終回に繋がるとは思えない、思いたくない…

あぁ、クッソー!!早く続きが見たいーーー!!!
けど、最終回なんて来てほしくねーー!!!
っつーか、あずにゃんに感情移入しすぎてなんかもうやばい

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 20:10:58 ID:JMEwB21K0
唯や先輩達と一緒にいるのが夢で
はぐれて純や憂と一緒に帰るのが現実!
どうみてもゆいあずバッドエンドフラグ

でも唯ならその現実をぶち殺してくれると思う。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 20:41:52 ID:fkXZvLDt0
                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ ゆいあずバッドエンド
                /(  )    フラグが立ってるなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       現実をぶち殺す

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 20:44:45 ID:EnlYp8s9P
むず二人ともノンケだから無理

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 20:49:47 ID:nWZML0+1P
え、そんな設定あったっけ?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 20:56:45 ID:9WAB8y960
>>73
ドヤ顔の唯ちゃんがあずにゃんお姫様抱っこしてる姿が思い浮かんだ
ハッピーエンド

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 21:12:46 ID:s84SvracO
>>67
ふんふん、成る程
とか思いながら読んでたら
最後w

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 21:17:54 ID:fkXZvLDt0
>>67
最後むしろ御褒美だろ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 22:20:31 ID:VM8KoE0I0
唯がまさかの留年。
「あずにゃんと一緒に卒業できるなら本望だよ!」
なハッピーエンド期待。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 22:35:48 ID:wZmMzXSB0
唯先輩って呼び名が使えなくて、照れくさそうに「唯……」とか呼ぶあずにゃんですね

でも、個人的には唯にはいつまでも先輩でいて貰いたい所
本当に滅多にないけど、稀にここぞって場面で先輩らしく梓を引っ張っていく唯で居て欲しいというか
「あずにゃん落ち着いて、すぐ行くからね!」とか今週の花火とか素晴らしかった

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 23:01:21 ID:HdEm+ZbI0
大学生になり、一人暮らしをすることになった唯。でも・・・
「唯先輩一人じゃ心配だから、私も一緒に住みます!」

みたいなエンドだと最高に俺得

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 23:07:29 ID:7O0w3MHA0
「あずにゃん、これから私、唯先輩と呼ばれても返事しないからね」
「ど、どうしてですか!?」
「だってあずにゃんったらいつまでたっても私のこと『先輩』付けして呼ぶんだもん」
「あ、待って下さい、唯先輩!」
「聞こえなーい」
「・・・唯・・・・・・」
「・・・はいっ!」


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 23:34:34 ID:m+vJb7/y0
>>83
裕瞳みたいに逆verも面白いなw

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 00:12:50 ID:AhFOnE770
http://viploader.net/ippan/src/vlippan119940.png

ワロタ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 00:14:15 ID:n2EwiXlW0
>>85
何そのHAPPYEND

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 00:33:40 ID:+Ipa/dxj0
何故か1本目3コマ目のあずにゃんがツボった
入部して随分経つけど、今でもたまに目をきらきらさせた無垢な信頼を見せるよね

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:12:39 ID:OwmTfgBE0
あんな風に信頼されたら、そりゃあ唯も可愛がるよなぁ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:13:20 ID:WeoTe8W60
>>85
梓がどんどんアホになっていくなwwwいい傾向である

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:24:21 ID:GsfXOddi0
やっぱ唯が夫、あずにゃんが嫁ってのがしっくりくるな

でも個人的に唯は誘い受けだと思うの

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:31:37 ID:3tGQq+0y0
俺は逆だけどなぁ
唯のほうがお嫁さんっぽい
告白とかそういうきっかけはあずにゃんなんだけど、普段は唯のほうがリードしてる感じ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:34:51 ID:5nhaXJaHO
ぐーたらな旦那と献身的な嫁さん……

古風だがいい関係だ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:38:16 ID:uNLYTVq60
あずにゃんが嫁だとすごい尽くしてくれそうだが、その分メールとか徹底的に監視されそう

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:38:22 ID:+Ipa/dxj0
>>90
抱きついたり、過剰に愛を振りまいたりしてるうちに相手をその気にさせて
気付けば押し倒されてる……みたいなシチュが似合うイメージがあるな

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 03:06:49 ID:GsfXOddi0
>>94
唯はそういうキャラなんだろうけど

ただ唯梓に限って言えば
「あずにゃん来て〜」
「ほ、本当にいいんですか!?私もう歯止めが利きませんよ!?」ハァハァ
「うん、私あずにゃんならいいよ〜♪」
「ッ…!!唯先輩っ!!」ガバッ
みたいな…
ごめん、ちょっと頭冷やしてくる…

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 03:12:39 ID:5nhaXJaHO
>>95
猫の性欲は侮れないぜ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 03:24:48 ID:qS1Q5lt5O
ニャンニャンするんですね、わかります。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 10:52:20 ID:iKDlBQCt0
おまいらの性欲は侮れないな

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 15:08:01 ID:Kk3Ycf06P
ほう

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 18:14:38 ID:InC1q4rB0
100げと!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 21:36:11 ID:O3OFayWHO
唯「101匹あずにゃんだよ!」

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 21:38:14 ID:UZAor7gd0
ちっちゃい梓101にんに囲まれる唯

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 21:41:07 ID:InC1q4rB0
逆だったら梓悶絶死

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 22:28:34 ID:rF1mab4R0
あずにゃん溜まってるから夢で見そうだな

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 22:42:47 ID:UZAor7gd0
ひとりくらいいいじゃんとちび唯をもって帰ろうとする律や紬に
必死になって威嚇するあずにゃん

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:12:13 ID:+Ipa/dxj0
ほのぼのとしたシーンを思い浮かべようとしたものの
101匹のちっちゃい唯にゃんに抱きつかれて死にそうになってる梓っていうシュールな絵が浮かんだ
「私のエネルギー充電器」とか公言するくらいあずにゃん分が必要な子が×101……

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:14:49 ID:r/3PDzmD0
>>106
きっと幸せそうな顔して死にかけてるんだろうな

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:16:32 ID:InC1q4rB0
「あずにゃーん」「あずにゃーん」
「ゆ、唯先輩が101匹!?」
「あずにゃん分補給!」
「はうっ!」ホワーン
「まだまだ!」
「あああ、唯先輩!もう無理です!」
「あずにゃーん」
「」

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:17:15 ID:M+ewCKaI0
でも結局は普通の唯先輩が恋しくなる、と

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:24:13 ID:QifOZvfa0
唯は庇護される対象になったり世話を焼かれたりしてるかと思えば
梓を引っ張ったり優しく抱き止めたりもするって関係だし
ちびっこだけだと確かにそのうち寂しくなっちゃうかもな
それはそれで美味しい

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:58:25 ID:r/3PDzmD0
NTのピンナップの唯と梓が可愛すぎるんだが
この2人マジ天使

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 00:02:16 ID:+Ipa/dxj0
集合イラストだから絡み的な意味では特に収穫無いけど、
2期ED以外でかっこ唯な感じの表情が見られたのは嬉しかったな。
あんな感じに、ちょっと落ち着いた振る舞いで梓とデートして欲しい

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:14:49 ID:Y8CZ3GWU0
うおおおおおおおおスキンシップぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
ttp://areya.tv/up/201007/06/19/100707-0212410034.jpg

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:23:14 ID:pNvSTHT30
押し倒してるようにしか見えねえw

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:25:53 ID:S6R43AtC0
真っ先に電話したのも梓だったな

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:26:45 ID:z5uNyLG90
>>115
あれポイント高かったわ
さりげなすぎてグッときた

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:31:20 ID:JuZ1Pzv/0
まさかの律×ムギで澪厨涙目w

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:34:40 ID:pNvSTHT30
律紬派だった俺は歓喜

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:43:32 ID:TNHR5B6v0
和ちゃんにイチゴ食べられたとき、最初に梓に電話する唯を見て癒されたのは俺だけか?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:45:06 ID:26XEZ0860
>>119
貴方は正常です
私も癒されました

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:45:36 ID:IuoKX+lk0
>>113
恍惚としてるwwwwwwwwww

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 02:55:23 ID:TNHR5B6v0
俺は、新しいOPとED結構好きなんだが、みんなはどうおもっとる?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:07:36 ID:IuoKX+lk0
http://viploader.net/ippan/src/vlippan120620.jpg

この唯先輩可愛いぺろぺろしたい

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:14:37 ID:eoEO1EfB0
tes

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:15:55 ID:skeeqgZ60
>>123
「あずにゃん…する?」

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:16:10 ID:eoEO1EfB0
ttp://jlab-tv.niceboat.org/2/s/tv1278435529278.jpg


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:18:38 ID:zjRfUN2z0
>>126
スタッフはよくわかってるな

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:20:47 ID:1+xazbpq0
>>85
もう見えない俺は気になりすぎて悲しみが鬼なった

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:20:50 ID:Y8CZ3GWU0
>>123
あずにゃん自重



しなくていい

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 03:31:01 ID:zjRfUN2z0
>>128
ブロントさんを悲しませるわけにはいかないな
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1012233.png

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 04:52:59 ID:+QPvGoDLO
>>122
もう新OPとED10回ずつくらい見てるけど?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 05:28:14 ID:CwitwoJA0
>>122
OPはずっと隣にいたな唯梓

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 06:18:11 ID:C74z9HtCO
>>113
あずにゃんさんどこ触ってるんですか

>>115 >>119
修学旅行のときといい、今回といい、
唯は困った時はすぐ梓に電話するんだな
本能的に

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 06:51:47 ID:TyTxwP6WO
新OPかなり好き
なんか唯達の手作りPVみたいな作りとかホッコリしますた

EDが正直新鮮さもないしいまいちっす…申し訳ありません

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 07:30:05 ID:TTp7eoR50
本スレでやってください

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 11:59:27 ID:pNvSTHT30
唯梓って素晴らしい

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 12:27:55 ID:r5bxbe9B0
>>130
ほう、話がわかるやつがいるみたいだな。ジュースをおごってやろう

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 12:40:42 ID:xKPX05/q0
>>133
一番手ではなかったけど、ネタバレ大晦日もその辺よかったな
勉強してたはずなのに、「とっておきの助っ人」=梓になってる上に
呼ぼうとした動機が「なぐさめてもらおうかと」って、どれだけ好きなんですか。
アニメではあの辺を原作通りって厳しいかな

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 14:25:50 ID:eDAppopE0
今までずっと唯梓はアニメの方が進展してると思ってたけれど
冷静に展開を振り返ってみると、ひょっとしたら…
アニメの梓と唯は今徐々に関係を深めているところで
あときっかけがあればと言うところだけど、まだ形式的に特別にはなってない
原作の方はアニメに比べて薄いなーと思っていたけど
例えば、2年生組後輩での唯へのコメントに対する反応とか
原作の方はうっかり惚気ちゃってるというように見えて
あと、修学旅行の帰りも当たり前のように唯の胸に収まってたりして
実は原作の唯梓ってとっくにもう交際的ないろは全てこなしてるんじゃねとか
枠外で散々べたべたいちゃいちゃしまくってるから
本編で目に触れるところでは自重してねと、某フライ先生から言われてるとか
でも時々、先月号唯先輩ピンチ!って時になりふり構わず駆けつけてくるように
表に出ちゃう梓と言う感じでは、と思って見返すと原作が更に輝いて見えた

そして今月号まもなく!

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 17:57:11 ID:Bh0NpqnE0
>>139
まて!単行本派の俺にこれ以上情報を与えないでくれ!




ちょっときらら買ってくるわ

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 18:50:27 ID:EsnED3UU0
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0114780-1278488259.png

他のスレで貼られてた奴なんだけど。
よーく見ると・・・

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 20:50:59 ID:dgSOrS0E0
指上げるゲームの時も同じタイミングで二人だけ指上げてたね

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 22:09:03 ID:JU47dYFr0
ttp://ranobe.sakura.ne.jp/src/up59275.jpg

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 22:52:15 ID:qUOEKqzn0
最近実は梓が旦那ポジじゃないかと思ってきたんだが

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 22:52:48 ID:JZziXqCK0
律澪スレから転載

840 名前:軽音部員♪[sage] 投稿日:2010/07/07(水) 16:41:14 ID:Ia/gFRmA0 [7/8]
これを見てくれ
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0114780-1278488259.png

素晴らしいとは思わんかね

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 22:55:04 ID:JZziXqCK0
更新しなおしたらとっくに貼ってあったお…

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 23:42:15 ID:HUUbauAE0
まだこれ貼られてないのかな。
http://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan120943.jpg

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 23:48:36 ID:qUOEKqzn0
>>147
見れない…

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 00:05:40 ID:5QVFYkoD0
>>148
http://iup.2ch-library.com/i/i0115054-1278515107.jpg

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 00:07:58 ID:TxxfEHYd0
>>149
愛してる

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 00:39:25 ID:bKOVolU30
>>149
ちゅっちゅ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 00:42:55 ID:VWbglisW0
>>149
ペロペロ(^ω^)

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 01:05:20 ID:c6KYSYhe0
>>149
なんか梓が唯を守ってるみたいな構図と表情に見えてうっかりときめいた

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 01:05:50 ID:LCUgrpVL0
さて、何の雑誌か聞こうじゃないか

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 01:08:11 ID:TxxfEHYd0
全く…また財布の英世とバイバイか
別れはいつだって寂しいもんだぜ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 02:03:28 ID:sjUwLX8p0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1014122.jpg

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 02:04:45 ID:I/wBzkq/0
>>141
唯と梓で一緒、律と澪で一緒、ムギがぼっち
深いな

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 02:15:52 ID:27BWzofeO
>>153
確かに梓が凛々しいな
髪型も相まって侍みたいだ

>>156
この人は相変わらずいい仕事するな

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 02:43:22 ID:kCfpcTDc0
どうやら俺の梓旦那説も間違ってはいないようだな
本当はどっちでもいいけど

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 02:56:09 ID:c6KYSYhe0
>>156
ああもうこの二人は本当反則的に可愛いな
単品でも当然可愛いんだけど、一緒に居るとそれぞれの良さが跳ね上がって見える

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 03:09:39 ID:kCfpcTDc0
2人で1人だからな唯梓は

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 13:12:33 ID:fJ2q0Q9g0
http://sukima.vip2ch.com/up/sukima063581.jpg

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 14:24:15 ID:c6KYSYhe0
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYgpPKAQw.jpg
アニメスレからネタバレ転。
どんどんエネルギー充電器の必要度が上がってる……

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 14:27:57 ID:Q+3+4dcS0
ヒョオオオオオオオオオオオオオオオオオ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 15:28:45 ID:zEMlOAEg0
>>163
はい死んだー俺今死んだよ
これ絶対できてるよね

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 15:32:13 ID:LAuNh9xX0
http://sukima.vip2ch.com/up/sukima063583.jpg

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 15:34:19 ID:9PcXZHa+0
>>163
憂の前で堂々とやっちゃう唯さん憧れます

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 16:26:20 ID:U8Y5DLAV0
>>161
何故かこれを思い出した

二人のBody&Soul一つに(他に無いさOnlyつまり相乗り)
最高のパートナー出逢う時 奇跡起こる

運命のBody&Soulひとつに(他は駄目さOnlyつまり君一人)
最高のケミストリー始まった 話題さらう

中途半端に抜き出したがこれが頭をよぎったのは事実

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 19:03:40 ID:fJ2q0Q9g0
>>163

4コマ目はこんな顔してそう

                -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
             /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
            r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
            |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
            !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
           ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
          . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |
          /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
          |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
          |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
          |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
          l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
              |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
              |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
              l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
              / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 20:09:39 ID:+6Qmddkx0
>>169
ホクにゃんw

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 22:50:11 ID:ecaE9C330
あずにゃんは原作でもバレンタインに澪のためにチョコつくったりしてるよな。
アニメの唯梓強調はウザい。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 22:51:18 ID:ecaE9C330
原作ではみおあずこそ正義だと感じる
アニメではあまりプッシュされなくて悲しい

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 22:56:00 ID:VWbglisW0
>>163
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `</ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- ちょっくらきらら買ってくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 23:01:02 ID:Q+3+4dcS0
>>172
最近見なかったから、ようやくリアルで誰かにかまってもらえるようになったんだなってホッとしていたのに
まーたこんなところに戻ってきちまったのかい?
駄目だよたまには自分から話しかけなきゃ。受け身だけじゃ友達なんてできないぞ

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 23:26:30 ID:xVJQTcVI0
>>173
      、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
          . ’      ’、   ′ ’   . ・
       、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
            ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
       ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
         ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
      、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
           、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;  ;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ  -‐,
           ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`_,,..・ヽ/´
   ′‘: ;゜+° ′、:::::. :::    ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ‐''"..,,_
            `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ,. r ''" `''‐,,._ X
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_ ...::ノ  '' "
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _-
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 23:49:36 ID:LCUgrpVL0
今週は原作もアニメもゆいあず描写ありで俺歓喜
内容はもしかしてセンター試験とかなのかな?ゆっくり卒業に近づいてるなぁ……

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 23:51:23 ID:Zf8oOHlc0
そろそろ原作もデレ期がきてもいいはず…!

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 23:54:33 ID:62xwYk7e0
>>163
赤くなってる梓とかガチだなw

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 23:58:39 ID:VVv/iHHN0
いや、もう梓は最後までツンツンしてていい気がしてきた
卒業式で澪律紬の前では普通に泣きそうになるんだけど
唯と目が合った瞬間、強がってそっぽ向いて唯にだけは憎まれ口を叩く的な

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 00:04:03 ID:gdB6OXBE0
憎まれ口を叩いているんだけど段々と涙があふれてきて
最終的には唯の胸で号泣するってのがいいなあ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 00:14:12 ID:16+8TmdL0
なにそれ可愛い

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 00:18:07 ID:UhCNgfSC0
というかマジで原作の方は4巻で終わりっぽいな
5巻まで頑張るかと思ってたけど…

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:03:43 ID:+2Q9Npmc0
アニメとほぼ同時に終わらせる気かなぁ……
続いてほしいような、でも綺麗に終わってほしいような……

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:26:17 ID:E46tMQPm0
本スレから転

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1016103.jpg

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:27:40 ID:Ldz4yfoG0
俺より・・・速い・・・?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:30:14 ID:G4EDk4bk0
ああもう本当に脳内が唯のことばっかりなんだな素晴らしい
唯は唯であずにゃんの事ばっか考えてるらしいし

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:37:19 ID:o9U1bhKa0
憂「そんなにお姉ちゃんの事・・・」

よくわかってるじゃないか憂ちゃん

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:44:30 ID:CsV/xK2m0
>>184
みれぬ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 01:58:11 ID:hkaakltG0
>>184
みれないYO!

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 02:04:02 ID:QwjZmxfF0
なんかのねたばれ画像か

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 02:12:33 ID:Ldz4yfoG0
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1016175.jpg

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 02:15:11 ID:8UOd+Wzi0
今月号も化ってやんよおおおおおおおおおおおお

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 02:37:02 ID:hrROs+AE0
原作の梓も描写が少ないだけで
徐々に唯依存症にかかりつあるという点はアニメと同じか

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 03:16:00 ID:YdTukA+U0
ちくしょう!!!もうかきふらい神って呼ばせてください
ばたふらい先生とかエビフライ先生とか言っててすいませんでした!!!!

ほら!おまえらも謝れ!!

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 03:21:50 ID:xl5S0xaL0
あれ、なんだただの神か

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 03:40:55 ID:xDBToAmj0
憂に任せておけば安心だって分かってるのに押しかけちゃう梓w
どんだけ唯のことが心配なんだよ、もうバカップルの域ですねw

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 04:27:43 ID:KLOMWJ6Q0
ちょっと思ったんだ
先月号の
「私のエネルギー充電器」
→梓がいないとエネルギーが充電できない
→梓がいないと生きていけない
→私のエネルギー充電器だから他の人に充電しちゃダメだよ
そして今月号
「これがないと一日が始まらない」(画像見れなくなったのでうろ覚えですまん
→梓をぎゅっと抱きしめないと唯の一日は始まらない
→毎日梓が傍にいてくれないとダメ
→だから、一生私の傍にいてね
…プロポーズじゃね?

唯→梓は薄いと思っていた自分を恥じたい

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 06:27:38 ID:16+8TmdL0
翌年梓は唯の行く大学へ追いかけそう

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 09:46:15 ID:912yvBSY0
>>197
「毎朝お前の作った味噌汁が飲みたいんだ」とか言うのと変わらないよな
・・・まさしくプロポーズだな

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 11:52:48 ID:KLOMWJ6Q0
文化祭の劇のときの
「一日中あずにゃんのことを考えてる」というのもあった
→あずにゃんに夢中
→Crazy for you!
あずにゃんに首ったけ!
普段は皆好きだよスタイルの唯だけど要所要所でラブアピールしてるね

でも梓の反応はどちらかと言えばいつも素っ気無いから
きっと自分と同じ気持ちじゃないんだろうねって唯は思ってて
そういうふざけた感じじゃなきゃ本音を出せない唯とかもありかも
梓の方も抵抗しなくなってるところから悪からず思ってはいるだろうけど
唯がいつもそんな感じだから本気にとることもできず
いつもの延長線上の素直じゃない反応を返すしかなかったり

だけど卒業が近付いて、このままだともうずっと一緒にいられなくなるかも
そう思った二人は、夕焼けに染まるいつもの帰り道で意を決して――

と言う話の続きはどこで読めますか?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 12:38:12 ID:BXLhtngw0
>>200
俺はSuperfly先生とアニメスタッフを信じている
……実際のところ割かしあっさりしたノリの原作はどうなるかわからないけど
あれだけ別れを意識させる描写をしたアニメは終盤に何らかのイベントがあるに違いない

俺たちにできることはただ唯梓の幸せを願うのみだ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 14:00:50 ID:Ldz4yfoG0
きらら買ってきたけどお前らはすぐ発狂するからこれは買わんほうがいいかもしらんね

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 14:05:55 ID:G4EDk4bk0
ああアレか
確かに、荒れる要素になりうるかもしれないけど
以前来てた対立煽りがまた来る事の方が心配だ

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 15:55:34 ID:Awr1RZIz0
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima064163.jpg
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima064164.jpg

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 16:07:02 ID:B4h9b6Mw0
>>204
他のページも見たけど、唯梓&紬律澪推しなんだね
何が変わるってわけじゃないけど、製作側がこういってくれると
なんか安心する。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 16:07:59 ID:zcnWuAA10
>>204
流石3の倍数回の吉田さんだ
わかってんな
この人がシリーズ構成なんだから最終回は期待してよさそうだ

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 16:13:19 ID:G4xfhO3h0
http://sukima.vip2ch.com/up/sukima064168.jpg

あずにゃんはいち途らしい

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 16:20:35 ID:ZG6Pv1Fc0
紬はソレスタルビーイングだったのか

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 16:22:18 ID:BXLhtngw0
原作だと尻軽に見えるがアニメでは確かに一途だ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:11:10 ID:B4h9b6Mw0
尻軽て
澪への憧れから、唯への愛情にシフトしていく感じで良いじゃないか
とはいえ、4コマだけあって描写が薄いのは残念だけど
アニメでがっつりやってくれてるし、その辺まで望むのは贅沢か

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:19:20 ID:FctheqPr0
あー。確かに訓練の足りない奴には今月号危険だわ
唯梓描写も言うほどじゃなかったし
まあかきふらい神はどんなカプ好きにも平等であるってことで。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:34:21 ID:WeT37zTH0
これ元ネタ何?

ステージ上でさわ子を見つめる仲間達。さわ子は梓の胸をたたく
さわ子「またせたわね...もう、あなた達の時代よ」
消えてしまうさわ子。

ステージの上、自分の手が薄く消えそうになっているのに驚く唯。
唯「ああ..」梓を見つめる。
梓が首を横にふる。
唯「私..帰らなくちゃ。」


唯「卒業ライブ出来なくて、ごめんね」
横でうろたえてる澪。ゆっくり前に進む唯
唯「じゃあね」急に走り出す唯
慌てる澪と律「ええっ」
律「また会えるんだよな、なあっ?」皆が唯を見つめる。

突然梓が唯に向かって走り出す。澪「梓!」
唯が振り返り、急いで抱き締めようとするが、
梓は唯の体をすりぬけてしまう。バタリと倒れる梓。
驚く仲間達、唯の体から幻光が空に向かって飛び出す。
すすり泣く声の唯と床に顔をあてて倒れて呆然としている梓。
その場で泣いている唯に背を向けるようにゆっくりと立つ梓。
少し上を向き「有難う」と言う。
その声に振り向く唯。

唯がゆっくりと梓の背中から抱き締めると、一瞬体が透明で無くなり
しっかりと梓を抱き締められる。2人でしばしお互いを感じた後、
唯はまた透明になり、梓の体をつきぬけてしまう。
だが、2人は満足そうな笑みを浮かべている。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:38:40 ID:WUcVf5j30
ムギ梓より唯憂の方が遥かに脅威

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:42:21 ID:/vYKdHzF0
>>212

FF10のEDだろう元ネタは
配役は
唯:ティーダ
律:ワッカ
澪:リュック
紬:ルールー
梓:ユウナ
さわ子:アーロン

かと

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:43:05 ID:CsV/xK2m0
どうせ最後まで妄想なんだから他カプと対立しても疲れるだけさ
それよりけいおんがもうすぐ終わるという現実と戦わなきゃ

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 17:44:42 ID:Ldz4yfoG0
葬式ムードは本スレでお腹いっぱいです

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:06:44 ID:d0yBH9xw0
たまになるくらいなら、ああ皆やっぱけいおん大好きなんだなーと
ちょっと嬉しくなったりもするんだけど、それが継続すると疲れるしね
まあなんにせよ、唯梓が二人で幸せな門出を迎えて欲しいものだ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:11:41 ID:WeT37zTH0
>>214
トンクス FFか。
この続きもあって梓がライブやったりしてる
しかしどこにもムギが見あたらないw

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:15:55 ID:/vYKdHzF0
>>218
まぁ後半は影薄かったからなルールーは
中の人は実は唯母と同じだったりするが(本当に)

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:22:58 ID:PbEoLnA+0
何?何なの?
今月のきららで一体何があった?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:23:05 ID:GMASYP2MO
正直、今月号買ってきて発狂した。
俺はもうアニメしか信じない

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:35:24 ID:PbEoLnA+0
だから何が起こったの…

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:35:54 ID:tKguasQ30
あれくらいの描写でへこむの見ると、最近本当恵まれてたんだなと思う
美味しい場面も多かったし、ダメージどころかむしろ大喜び出来る回だろうのに
あちこちにフラグまきたがるのはいかふらい先生の習性だし、軽いものならむしろばっちこいだ

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:39:58 ID:ZPMd/hto0
>>221
アニメでも梓紬回はほぼ確実にくるから耐性をつけておくべき

>>222
唯に抱きつかれたあとムギに不意打ち食らってKOされた

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:42:58 ID:J5krfras0
あずにゃんタダの年上好きかよ

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:45:12 ID:G4EDk4bk0
>>224
梓紬の回自体はむしろちょっと楽しみだったりする
「ムギちゃんはムギちゃんだもん!」の場面で点描飛ばしまくってる梓とか
その後の呆れ顔が個人的に凄い美味しかった

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:45:31 ID:NZSb0PCA0
最近の百合隆盛期しか知らない奴らは訓練が足りないな
男に寝取られ上等なんて時代を生き抜いてきた俺にとっては
そよ風が頬を撫でるレベル

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:52:26 ID:WUcVf5j30
まあ、ぽっと出の男キャラに持ってかれるとかに比べれば
ムギとキャッキャしてもらってる方が何千倍もマシだけどさw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 18:59:35 ID:J5krfras0
ムギと憂くっつけろよ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:02:57 ID:ZPMd/hto0
まああんまりうろたえるなよお前ら
ムギは最終的に俺と結婚するんだから

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:11:46 ID:GqEtm5nW0
ていうかこのスレってなんで耐性無いというか必死な人が多いの?
他のけいおんスレ見てないから分からんけど他のカプスレもこんな人たち多いわけ?
なんか攻め受けにこだわって喧嘩する腐女子っぽく見えてきた

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:19:00 ID:3Rq+bnPR0
個別スレって割とそういうもんだと思うけどな。
むしろ、そのくらい全力で一喜一憂する人が少しは出ないと寂しさすら感じてしまう。
ネガりすぎたり対立煽ったりするのは勘弁だけどね……
今回の話くらいならむしろ喜んでいたいし

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:23:13 ID:NZSb0PCA0
>>231
坊やだからさ・・・

他の百合作品と比べてもメジャーだから、この二人から百合にハマったって人も多い
その分思い入れも強いんだろ
カリカリしたって良い事ねえんだからそんなことより唯梓の話しようぜ!

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:25:08 ID:JpVfs3t40
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       /: : : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : ト、
     / : :/: : :/ : : :/ : : ; / : : : : : :i |: :ヽ    
    : : :/ : : : / : /、\/イ: : : : : : : |:j: : :_}_r_'ニヽ、
   /: : : : : : :/: :/: :\ン / |: : :{ ;. ‐::::¨:::::::::::::::::::`丶ニ\
    l: : : : : : :.l: :/: : : :/∠=ミj : /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
   /: i : :/: : :| :l: : : :/くしィJ V::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::\:::::::::::ヽ}
.  /: : | : :i: : : |: |:. : :.| cゞうっ:::/::::i:::::::| ::: |::::|:::ー-::::::\::::::::::',、
 /: : : |: : i: : : | :|: : :| ::::::::: {:::{:::::ハ ::::|::::::|::::|::::::::::::::ィ:::::ヽ::::::i::\
 l:{ : : |: : : : : :|: l: : : :!     ';::::: ;ー-::::| ::::|::::l:|i::‐::::: | ::::: l::::::ト、::::\
 |ハ: : :l: : : : : :i :| : : 人 ヽ .__ヽ:::{ -\j:::::::::::::|:l:::ノ::::|::::::: |:::/:l \:::\
 | ヽ:ハ: :{: : : i: jヽ: : :_ヽ__    メ z=cっ/::/:::|::lヽ::::人:::::::l/:.:.|   \::\
 |   { ∨ヽ : /´¨7´.:.:.:.:.:,` ーく   '""|/::/::::ハ:jノ::'::::ハ::::::l.:.:.:|     `丶::..、
          V:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ __,.、jx<⌒丶::/::; ヘ::::::l.:「 ̄`l       ``丶、
        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:ヽー/.:.:.:.:.:\:.:.:`'くヽ.:.:ヽ:::;|  |
         |:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:ー-.:.`{__.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.\.:.:.:\  __|
         |.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:>-┴\ ^ヽ
         |.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ニ二⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.\ソ
        l:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:--‐‐.:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}' \
         :.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| \\
          ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:`7ー-.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:o゚ノ |   \\
            ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.¨i.:.ー---、-----‐┬― 'i´  |    \::丶、
            ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|:   |      \:::::
               \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ.:.:.:.:.:|:   |       \

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:30:41 ID:3Rq+bnPR0
ちょっと前までは「卒業したら、どのみち一時的に距離が遠のいちゃうよな……」とか思ってたけど
憂が気軽に梓の家に遊びに行ってるのを見て思い直した
家がすぐ近所だし、学校の様子は妹経由で把握余裕でしただしでいつでも会えるんだよな
気楽にお互いの家を行き来してるうちに、どっちが自宅かわからなくなっちゃえば良いと思う

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:36:21 ID:cDVbJgD80
唯が鈍感エロゲ主人公属性持ちで
教科書通りのNTR展開だった。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:38:14 ID:J5krfras0
そうだなこういう展開あったほうが唯も自分の気持ちに気づく展開だな

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:42:46 ID:3Rq+bnPR0
珍しく嫉妬って感情を覚えて、不慣れな気持ちに戸惑う唯か……それは素晴らしいな
独占欲とかが先行して、つい普段のペースを保てなくなる唯とか個人的に大好物です

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:46:12 ID:xDBToAmj0
落ち着け、皆の衆wこのスレで気になって読んできたが騒ぐほどの場面じゃなかろうにw
むしろ最近恵まれすぎてたから少しくらいクライマックス前に悶々とするのもいいじゃない。
しかも、これからは唯側のフラグ云々もラッシュでくるだろうからスレ的には悶々祭りなんだぜ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:51:01 ID:cDVbJgD80
ぬいぐるみ扱いされて泣いてる梓とか見るとねぇ。
受験勉強でほったらかしにされて寂しい時に近づいてきたムギに
心が揺れちゃうのも仕方ないかなぁ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:52:32 ID:WaLgO9I00
アニメほどじゃなくとも、いままで描写の積み重ねがある唯梓を置いて
ぽっと出のムギフラグに振り切れることなんて普通に考えたらないんだから
どんと構えてればいいんだよ

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 19:59:13 ID:sKvLb8Fj0
>>239
唯側のフラグ、どうもっていくんだろうね
話が進む毎に、どんどん梓から離れていられなくなっていってるけど
原作ネタバレな進路をとっても、当分は会う機会がどうしても減っちゃうし。
猶予期間延長!って感じの進路を取ってるだけに、梓との関係がどうなるか楽しみ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 20:10:28 ID:IEFlGbm40
確かに梓はムギにドキドキしたりもしてるけどそれでもやっぱり唯が本命って感じする
先輩達みんなが受験だけど家に行っちゃったりして唯のことを一番に心配してたし
あと唯にぬいぐるみ扱いされてがっくりしてるようにも見えたし

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 20:15:42 ID:xl5S0xaL0
また本誌紬梓やったの?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 20:47:12 ID:ieB64qfCO
澪梓の冷遇っぷりを見ると平和だなあと思ってしまう

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 20:50:56 ID:sKvLb8Fj0
あんま余所のカプにどうこう言うのは個別スレといえ控えようぜ
たまに対立煽る前準備でわざとやる人も居るけどさ

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:06:27 ID:/Wq5RpwU0
最近原作のほう唯梓もあるけれどそれ以上に紬梓押しだよね。やばいんじゃないー?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:14:30 ID:FpDCa3zN0
原作は単に満遍なくやってるだけじゃないかな?
きららの表紙絵でもそうだし。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:34:24 ID:6QktnfGm0
本スレのキャラスレ監視員が馬鹿騒ぎしてるね。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:37:35 ID:CsV/xK2m0
まあカップリングごときでぎゃぁぎゃぁ騒いでる俺らは傍から見たら滑稽だろうさ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:45:35 ID:4j0j6fjR0
何故に本スレでごちゃごちゃ言われるんだ?
ここはカップリングスレだから一喜一憂して別に悪くないだろうに。迷惑かけてないしなぁ。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:53:10 ID:sKvLb8Fj0
キャラスレ監視員ってそういうものだから仕方ない
気持ち悪いとは思うけど、気にせず愛でるが吉

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:53:34 ID:xl5S0xaL0
ほっとけどうせいつもの荒らしだろうよ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 21:54:48 ID:BXLhtngw0
唯梓アンチの多い本スレの相手してたらきりがないぜ

そんなことより唯梓のデートコースを妄想したほうが楽しいよ
雑誌のピンナップや9話の影響か、
この二人は公園や河原で腰掛けていちゃいちゃするのが似合うと思う

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 22:01:40 ID:G//CnzG10
デートとはちょっと違うけど、二人きりで近所を散歩したりは似合うよね
家がすぐ近所で行き来し放題、帰り道も最後の方まで二人一緒っていうのはやっぱり良い
なんか画面に映らない細かいポイントで日々仲良く過ごせてそう

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 22:31:34 ID:o9U1bhKa0
お出かけする時には必ず
唯「ごろごろしてよーよー」
梓「ダメですっせっかくのお休みなんですから!」
みたいなやりとりがあるはず

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 22:34:34 ID:cx27XYuL0
>>256
3回に1回くらいは流されてゴロゴロしてそうw

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 22:55:49 ID:d3Db+pnW0
何だこの活性化は
まあ本編でも紬梓があったってのは分かったが
しかし原作後何話?2話か3話ぐらいかね?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:13:11 ID:G//CnzG10
4巻で卒業して綺麗に終わらせるとするなら多分あと2回じゃない?
アニメならともかく、8ページくらいの4コマ×2回だと出来る事限られそう

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:13:58 ID:CsV/xK2m0
次回、合格発表
次次回、卒業式

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:17:25 ID:np6kYNwt0
みんな色々心配しすぎなんだよ!!
唯梓は究極のカプなんだから安心して見守っていこうよ!

きっとあずにゃんは合格発表時も唯先輩が心配で心配で真っ先に駆けつけてくるんだろうしねw

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:18:33 ID:1GuoIIGVO
今月号最高
しょっぱなから飛ばし過ぎあずにゃん
あと唯が何言っても驚かないやもう

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:19:08 ID:iPzHXoWO0
っていうか憂にもあずにゃんはガチだと思われてたんだな

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:37:44 ID:d3Db+pnW0
唯梓はどういうわけか応援したくなるんだよな
今まで百合とか興味無かったのに…不思議だ

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金) 23:59:49 ID:vPoAg8UuO
なんか原作だと4人で同じ大学受験だし、わざわざ女子大設定だし
大学編のフラグとも取れなくもない?

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 00:02:55 ID:CsV/xK2m0
あんまり長くやっても腐ると思うがね

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 00:03:49 ID:d3Db+pnW0
というか見直してきたけど本気で発狂してるの少なくね?2人ぐらいか?
ほとんどが荒れる心配のレスばっかだし荒れてるのとは違う気がする
正直俺たちが嫌われるのは全然構わないけど
その影響で唯梓を嫌う人が出るのは嫌だな

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 00:14:58 ID:GDpAGytN0
ムギと梓の絡みだって十分に可愛いと思う唯梓厨です
軽音部はみんな仲良しなんだよ!

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 01:06:19 ID:V44J9T1D0
吉田さんに一生ついていくことに決めました

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 01:45:00 ID:citLAZPmO
唯梓に挟まれたい

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 01:56:19 ID:u8hBN3SwP
ここってナチュラルに俺嫁厨多いよねw

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 02:19:20 ID:TWdcVjFR0
仲良くイチャイチャキャッキャしてるとこがいい!
   ↓
チュッチュしちゃえよ
   ↓
もはや恋人だろ
   ↓
ゆうべはおたのしみでしたね
   ↓
結婚式には呼んでくれよ

どの段階を好きかは人それぞれだと思うけど
俺嫁はこのスレの管轄外だろ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 03:03:08 ID:4/chlswj0
>>271
百合スレとか来て俺嫁宣言していく奴がたまに沸いてるだけだと思うぞ

274 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 04:05:13 ID:7ZeBnVAi0
>>23
6年前からの風習や

275 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 04:08:27 ID:7ZeBnVAi0
誤爆した^^

276 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 04:09:35 ID:NNk+pivBP
唯梓もいいけど唯澪もなんだかんだ似てて好き

277 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 04:23:06 ID:U0HS+KvL0
唯が梓一筋なのは確定的に明らか

278 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 05:16:32 ID:WnjpQgqT0
あずにゃんが一途にオナニーしてるのをほのめかすシーンぐらいはアニメでやるべき

279 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:25:52 ID:xkMrANxB0
梓はムギに抱きつかれたり、澪になでなでされたときは凄く嬉しそうだな
唯だと、あーハイハイって感じだけど

280 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:33:58 ID:g6IRaRbf0
たぶん幸せに慣れちゃってるんだろうな
卒業したらさびしくなるのは目に見えてるから今のうちに甘えておくんだ・・・

281 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:58:46 ID:bd4wkVLk0
最初の方だと唯に抱きつかれただけで怒りが収まったり嬉しそうにしてたよな

282 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:26:25 ID:k2gIl0+T0
唯相手の時だけ反応が徐々に素直じゃなくなっていくのは美味しいな
日なたみたいな体温が好きです、とまでのろけてるのに、ついつい形ばかりの抵抗を……
って時点でも既にごちそうさまって感じなのに、話を進むたびにガードが再度甘くなっていくっていう。
安い言い方だけど、そんな所でもデレ→ツン→デレな経緯なんだな

283 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:28:16 ID:WzxShK3o0
マンネリ化してるからいけないんだろう
唯達が卒業して梓一人になったら
言いようも無い寂しさに襲われる筈

284 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:33:50 ID:NMgvKtdi0
そして憂を口実に唯に会いに行く梓の姿が見える…

285 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:36:49 ID:jGAHDaj90
憂を迎えに来ただけです。
先輩も早く準備してください。

286 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:42:25 ID:k2gIl0+T0
逆に、今回みたいに憂が中野家に遊びに行くときには
当然のようにもう一人増えてるんだな……なんか唯が留年したみたいな絵になるけど。
まぁ口実なんて作らなくても、家がすぐ近くだからいくらでも会えるんだよね

287 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:48:28 ID:RR+QHQP6O
だが同棲すれば距離0にできる!

288 :当たり前のこと:2010/07/10(土) 13:14:17 ID:m/yDQ/j1O
最近私は、ムギ先輩のことが気になっている。
今まであまり絡むことがなかったし、唯先輩たちが部室にあまりこなくなったというのもあり、急激に距離が縮まったからだ。
ギターのことを聞いてきたり、スキンシップをしてきたり…ムギ先輩が近づいてくるたびにドキドキしてしまう自分もいたりして。
ムギ先輩といると意外な一面が見れる。そばにいるといい匂いもするし…本当に、ドキドキしちゃうんだ。

紬「梓ちゃん!」
梓「ムギ先輩!今日もギター弾いてみますか?」
紬「ごめんね、今日は用事があってすぐに帰らないといけないの…ギターはまた明日教えて?」
梓「そうなんですか…じゃあ、また」

今日は一人か…少しギターの練習して帰ろう。
夕日の差し込む部室で、椅子に腰かけて考えるのはムギ先輩のこと。
美人で穏やかで好奇心が強くて優しくて、だから抱きしめられるとドキドキしてしまうんだ。そう、ドキドキ…

梓「あれ…?」

抱きしめられるのってドキドキすることだっけ?ホントはもっとあったかくて、落ち着くものなんじゃないの?
お母さんに抱きしめられてドキドキなんてしない。胸の奥がほんわかして、すごく落ち着く。
それと同じ感覚を私に教えてくれたのは…

289 :当たり前のこと:2010/07/10(土) 13:15:18 ID:m/yDQ/j1O
梓「唯先輩…」

最近、唯先輩は私に会うたびにすぐ抱きついてくる。
それは私にとってあまりに普通のことで、軽くあしらってしまうのだ。
…私は唯先輩に抱きつかれることをうっとおしく思ってるのかな。唯先輩に抱きしめられてもドキドキなんてしないし、あぁまたですか、という感想しか湧かない。
でも、この世であんなにも私を自然に抱きしめてくる人なんて他にいない。
自分の体を抱きしめられるのをあんなにも自然に受け入れられるのは、唯先輩以外にいないんだ。

ムギ先輩に抱きしめられるとドキドキする。いい匂いがする。
…だけど、唯先輩にされるように落ち着くことはできない。あんな風にあったかくて、自然な気持ちにはなれないんだ。

梓「唯先輩…」
唯「なあに?」
梓「…っ!!」

ポツリと呟いた名前に返事を返されて、私は椅子から転げ落ちそうになる。まったくもう、どうしてこの人はこう神出鬼没なんだろう。

唯「こんにちはあずにゃん!久しぶりにムギちゃんのお菓子を食べに来たんだけど…一人だけみたいだねぇ」
梓「ムギ先輩は用事で早く帰りました…ていうか勉強はいいんですか?」
唯「うん、今日はのんびりする日ってきめてるから!」
梓「はぁ…」

290 :当たり前のこと:2010/07/10(土) 13:15:55 ID:m/yDQ/j1O
…なんだかこの感じ久しぶりだな。唯先輩のマイペースな発言に呆れるのも、こうして近くで唯先輩の顔を見るのも。

梓「……」
唯「あずにゃん?」
梓「…唯先輩は」
唯「?」
梓「唯先輩は、私に抱きつく時どういう気持ちなんですか?」
唯「へ?」
梓「私は…私は唯先輩に抱きつかれても何とも思わないです。ムギ先輩にされるみたいにドキドキなんてしないです。でも、唯先輩に抱きつかれると私は…」
唯「あずにゃん」
梓「…?」
唯「私はね、抱きつきたいから抱きつくんだよ」
梓「え…?」

そう言うと、唯先輩は私を抱きしめた。それは何十回、何百回と繰り返された行為で、いまさら特別な感覚なんてない。
唯先輩の感触は私の体に染み付いて、すっかり普通のものになっていたから。

唯「私はあずにゃんに抱きつきたいから抱きつくの。それ以外にはなんにも考えてないよ?」
梓「…なんですかそれ。完全に本能で動いてるみたいです」
唯「えーっ、だってあずにゃんはこんなにちっちゃくてこんなにかわいいんだよ?それだけで十分だよ!」
梓「はいはい、それは光栄です」
唯「うー、なあにそれー!?聞いてきたのはあずにゃんなのに!」

291 :当たり前のこと:2010/07/10(土) 13:17:02 ID:m/yDQ/j1O
そう、私にとって唯先輩に抱きしめられるのは普通のこと。そう思えるのはきっと――

唯「…でもね、あずにゃん」
梓「はい?…きゃっ」

私を抱きしめる唯先輩の腕に、急に力がこもる。それは驚くほどに強く、そして弱々しく感じられた。

唯「…私ね、あずにゃんがムギちゃんに抱きつかれてるの見るとね、その…」
梓「……」
唯「…やきもち、やいちゃうの」
梓「唯先輩…」
唯「ムギちゃんに抱きつかれて赤くなってるの見ると…もやもやする。今まであずにゃんに抱きついてきたのは私なのに、って」
梓「そう…ですか」
唯「あずにゃんを取らないでーって言いたいけど…二人とも仲良しだもんね、私は何にも言えないよね」
梓「…だったら、ずっと離さないでいればいいじゃないですか」
唯「え…?」
梓「私が他の人に抱きつかれるのが嫌なら…ずっと私を離さないでいればいいんです。私は逃げも隠れもしませんから」
唯「え、でも…」
梓「だから!私はもう唯先輩に抱きつかれるのは普通なんです!
 いまさらどれだけ抱きつかれようが締め付けられようが何とも思いません!好きなだけ私のそばにいればいいじゃないですか!」
唯「あずにゃん…」

292 :当たり前のこと:2010/07/10(土) 13:19:13 ID:m/yDQ/j1O
…あ、あれ?今私なにを言ったの?なんかとんでもないことを口走ったような…き、気のせいだよね?

唯「じゃあ…ずっと、一生、死ぬまであずにゃんのそばにいてもいいの?」
梓「…か、勝手にすればいいです」
唯「いつでもどこでも好きなだけあずにゃんに抱きついてもいいの!?」
梓「べべ、別に私は何とも思いません!!」
唯「わーい!じゃあずっとずっと、ずーっと一緒にいようあずにゃん!」
梓「…ちょ、あ、あぶなっ…も、もう!」

――私は唯先輩に抱きつかれてもドキドキしない。うっとおしく感じることすらある。
でもそれはとても自然で、呼吸をするのと同じくらい当たり前のこと。

そう思えるのはきっと、この胸の奥に唯先輩への確かな気持ちがあるから。

おわり

293 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:20:58 ID:m/yDQ/j1O
きらら読んでもやもやしてたのでめっさ久しぶりに投下しました!

どんなことがあっても唯あずはぶれない!

294 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:29:42 ID:KpcrIoJM0
GJ!

唯が梓に抱きつく事に関しては俺自身も慣れてしまった
実際先月号の唯が梓に慰めてもらうための電話の時は最高だったが
今月号の抱きつくに関してはいつも通りとしか思わんかった
麻痺ってるな

295 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:49:01 ID:fH4XG3u+0
>>293
久しぶりの燃料投下乙!

>>279-283
この流れでなんとなく唯の卒業後しばらくしてから夕暮れの部室で
「ひだまりの詩」を悲しそうに口ずさむ梓を想像してしまった
バッドエンドになっちゃうけど歌詞が凄く唯梓っぽい

296 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:58:28 ID:NMgvKtdi0
梓「しゅわしゅわ〜」

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/10(土) 14:46:57 ID:Hpq3cdRR0
あーずーにゃん!!!


298 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 16:24:33 ID:TWdcVjFR0
>>293
GJ!!
そうだよな
夫婦の抱擁に羞恥心なんてないよな


299 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:44:50 ID:M/jCpTzdQ
らきすたって今大学編だよね?

けいおんも大学編ありそうと思うの俺だけかな?


300 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:48:17 ID:NMgvKtdi0
まとめウィキがどえらいピンクな件

301 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:53:30 ID:bd4wkVLk0
大学編はじまると唯梓同棲が妄想できない

302 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:57:33 ID:q+ftGV650
そーめん食べようじょゆーc

303 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:31:53 ID:K8A9kWyw0
まとめウィキ変わっててわろたwwwwwwwwww

304 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:34:16 ID:kOgeO5Fw0
充電器ww

305 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:38:45 ID:saYTkKWy0
EDの空を見上げる梓がイケメンすぎると同時に
別れを連想させて切ない

306 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:54:23 ID:fGo24VkS0
大学編あるとしても

大学で4人が新しくサークル作って梓が疎遠になるとしか考えられない

4人が卒業しても梓にはまだ軽音部があるから大学にちょくちょくバンドしに来るとは考えにくいし・・・

どうなのよえびふらい先生

307 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:56:21 ID:S8mbUoNF0
大学に入り、妹と別れて暮らすようになった平沢。

                 , ‐‐:''´: : : : : : : : : :`ヽ、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : !: : : !: :|: : : : :ヽ: : : : : : : :ハ
               / : : :|: : : ト: i\: : : : :ヽ: : : : |: : ハ ふわふわ時間とかもう恥ずいし(笑
            /'|: : : :l: :イ:| `|_ヽ:ミ:ヽ、:ヽ: : :l: : : ハ
             |: :_l_:.i: :|'| ィ豺 } |: :l : : |'ヽ: : : : : : ヽ  
  __    .      ノ!: :.{: :l、:|.  `" ノ从: : :!ハ.}: : : l:.|: |ヾ、 
   ノ ゥ ヽ  \  ´ !: : l:豸`    ´ {: : l : | /:!: : :.l: : :!    
       \ 〈     i: :.ヾ}`      |: : : :.|: : l: : : |: : |   
   _r、    ヽ、.`''_‐__-:_从 __ャュ   |l: : l :|: : |: : /: :, 'ヽ、
   ヽ、\fヽ.        l: 、: :ヽ、`   ,ィ!: :/:.|ヽ:、-" ̄   }
   //ヽ/二ニ}     ヾ: ヾ: 、ヽ-< |:/|'`x"        |
.  〃  {', ‐''"~ }       /,从:、:从:_:〉 /       '´ ̄ i、
     /  z‐‐ヽ   /  i!  |∧_ ,/    ,  ‐       }
     〉/    |  .| {  |   |. /__     , -‐―‐‐ 、ノ
      |       ヽ // ,,彳 |/    -‐''"         }
      |         ∨'x/ 乂''//--''"             |
      l       / "~     //       !        i!
      ヽ       /       〈 〉       ヽi!l         イ
        |     イ         〃      :!`{       i!
      〈    |                  ヽ 〉       |
         〉   イ|  l                 Y|        

308 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:17:04 ID:bd4wkVLk0
唯は普通に自宅通学しそうだけど

309 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:18:22 ID:aG4Rwkc10
>>307
実は演技とかでもこういう唯を見たらあずにゃんはどうするのかな

310 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:28:00 ID:NMgvKtdi0
唯に一人暮らしできるほどの家事スキルがあるとは思えない
料理は普通に作れるみたいだけど

311 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:29:50 ID:saYTkKWy0
梓が通い妻になるから問題ないな

312 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:45:43 ID:IMpe22Wd0
大学編とか…ズルズルやればやる程クソになってくのは明らかなんだからそれだけはやめて欲しい。それだったら不定期に新作やってくれる方が新鮮だし人気を保てそう

313 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:23:31 ID:H3CajkqK0
>ズルズルやればやる程クソになってく
>不定期に新作

何かおかしい気がする

314 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:28:44 ID:e92HiGpb0
てか終わったあとは外伝的なもの出してくれればいいんだが
例えば過去の時系列での体育祭の話で
リレーのアンカーになった梓のためにみんなが練習付き合ってくれたり的なのとか
あとはほんとに外伝になっちゃうが純のジャズ研での話とかさ

315 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:36:17 ID:rCKMXMK90
>>313 ごめん定期連載って意味だ

316 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:36:25 ID:2E0v3D+40
4巻の書きおろし短編でその後は保管されそうな気がするな
しかし原作はこのままだと梓は来年一人って自覚が薄いまま終わっちゃうけど
残り2話で大丈夫なのか?まあ憂と純が入るだろうが一人足りないし

317 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:51:21 ID:rCKMXMK90
梓はギターで純はベースだから、憂がドラムやればスリーピースになるな。
でも憂がドラムって想像しづらいな…三人でセッションしてた場面に基づけばキーボードだし、そっちの方が似合ってる。
まあ唯たち卒業生に感化されて新入生が何人か入ってくるってのが無難なところかな

318 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:12:07 ID:lETFt+WZ0
今日も寝る前にpixiv唯梓

http://viploader.net/ippan/src/vlippan122371.jpg

319 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:18:22 ID:2E0v3D+40
そもそも規定人数以下になった時ってどれぐらいの猶予期間があるんだろ
流石にすぐ廃部は無いと思うけど

>>318
おいwww

320 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:17:52 ID:8wdfjfK50
>>149
ttp://uproda11.2ch-library.com/252263617/11252263.jpg

321 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:12:49 ID:iq9kEfvO0
>>278
梓「わ、わたしだって、毎晩唯先輩のことを思ってあんなことやこんなことしてるんですからね!!」
唯「えっ、何のこと?」

322 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 04:24:41 ID:2E0v3D+40
アニメだと完全に相棒って感じだなw
この2人がいなかったらけいおんを好きになる事は無かっただろうな…

323 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 04:56:43 ID:0ICfX83c0
>>320
やはり吉田さんは神だな

324 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 06:35:08 ID:UMAcVAJU0
出会ってから2年にも満たないのにお互いを必要とし合えるような関係になるって
すごく素敵なことだと思う

加えてこの二人は無意識的に求め合っている感があっていい

325 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 08:30:42 ID:dMZF8LO50
>ヒットを飛ばした作品でしかやらない(やれない)、新宿高層ビルの高層階での打ち上げ。何度見ても感慨深い景色。
>PAワークスさんは、この日のために富山からバスをチャーターして来られたそうで!(すごい!) それを出す、と決められた、そんなところにも感じられる「愛」。
>役者も主役の神谷や香奈ちゃん筆頭に、15人ほど勢揃い!
>小さな天使を抱えたLiaさん始め、歌姫たちも全員出席!
>監督を始めメインスタッフさんも、ほぼほぼ全員ご挨拶!

AB関係者大笑いだろうな
例の打ち上げコピペ貼ってたアンチ息してないで

326 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 08:31:38 ID:dMZF8LO50
あ、申し訳ない、売りスレと間違えたわ
これは恥ずかしい

327 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:06:27 ID:+HaN7hc90
どんまい
>>318
あずにゃんwww

328 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:08:21 ID:58cR8Fxl0
前百合スレで言われてたがこの二人は作中で仲が良くなる過程が描かれてるのがいいよな

>>326
気にするな

329 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:00:12 ID:y8uVdJ/r0
アニメももう折り返し地点なんだよな

330 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:43:16 ID:IEPzbEeh0
そのうちHHTは解散するだろうが、
この二人だけは街頭とかで弾き語りやっていそうだ

331 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:53:17 ID:fpAykeU+0
>>330
>HHT

なんとなくいやらしい略称w

332 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:12:59 ID:oMUID1em0
HHT(放課後エッチタイム)か…胸が熱くなるな

333 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:44:38 ID:dSx+nxGF0
HHT・・・新しいSSができそうな

334 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:46:17 ID:d2j0jtdO0
現時点でも、そんなタイトルの同人誌どっかにありそう

335 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:49:55 ID:y8uVdJ/r0
HHT…無限の可能性がある略称だな

336 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:54:58 ID:EsXBjDW20
>>288

良かったよ○

337 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:20:55 ID:lETFt+WZ0
http://viploader.net/ippan/src/vlippan122694.jpg

338 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:15:19 ID:y8uVdJ/r0
>>337
最終回予想で唯が梓か憂にギー太を譲るっていう予想があったな
OPでギー太をほとんど持ってないのがその伏線とか
個人的には唯には梓と一緒に音楽を続けてほしいから勘弁だが

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/11(日) 23:30:47 ID:lETFt+WZ0
>>330
これを思い出した
http://viploader.net/ippan/src/vlippan122727.jpg

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 00:01:49 ID:QnqP8FxfO
>>338
ギー太を手放すとかあり得ないでしょー

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 00:08:15 ID:8HLPQzIM0
歌手のYUIみたいに路上からメジャーデビューか
YUIAZとして

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 00:16:33 ID:HrDGu1hn0
唯と梓の誕生月である11月の花と花言葉

・菊
「高貴」「高尚」「高潔」「私を信じて下さい」「女性的な愛情」「清浄」「破れた恋」「真の愛」
(紅色)「愛情」
(黄)「高潔」「ろうたけたる思い」「わずかな愛」
(白)「誠実」「真実」
(濃色)「私を信頼して下さい」
(スプレーギク)「私はあなたを愛する」

・椿
「理想の愛」「謙遜」
(赤)「控えめな愛」「気取らない美しさ」
(白)申し分のない愛らしさ」「理想的な愛情」「冷ややかな美しさ」

・ブバルディア
「幸福な愛」「空想」「夢」「情熱」「愛の誠実」


何これすごい

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 00:20:55 ID:EVo3VSZjP
愛出すぎだろwww

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 00:28:27 ID:+7Q+LvPJ0
高校卒業後、上京して二人でアパート生活を送る唯とあずにゃん。
週末の夜はストリートミュージシャンとして柏駅前で熱唱し、そして……

唯「……プロデビュー、っと」
梓「そう簡単に行くわけないでしょう…」
唯「あずにゃんのいけずぅ〜」ぷく〜
梓「い、意地悪じゃないですよ。私も先輩とずーっと音楽やっていきたいし…」
唯「でも、でも、あずにゃん、さっき『そう簡単に行くわけ無い』って……」
梓「何もかも思い通りに行ったら面白くないじゃないですか」
唯「それは、まぁ、そうだけどさ……」
梓「たまには辛いコトが一つや二つ、
あったっていいんです。その後に必ず良いコトがあるんですから」
唯「おお、今日のあずにゃんは何か格好良い!!」
梓「時には一人じゃどうにもならないくらい大きな壁にぶち当たるコトだってありますよ。でも安心して下さい。私がちゃんとサポートしますから」
唯「……??」
梓「……私が今、何を言いたいのか伝わっていないようですね」
唯「えへへ、実は……」
梓「終わるまでつきっきりでサポートしてあげますから、今日の範囲、さっさと全部終わらせて下さい!!」
唯「う……」
梓「そして!!」
唯「そして?」
梓「そ、その後、わ、私をぎゅーっと抱いて下さい!!」
唯「うん、分かっ……ぇえ?!」
梓「先輩が全然進まないから、こっちはもう我慢の限界まで来てるんですッ!!!!」
唯「な〜んだ。じゃあ今から…」
梓「ダメですっ!!!! その後の楽しみが無くなっちゃうから、今は我慢します。さぁ、ビシバシ行きますよっ!」

今夜も長くなりそうな唯とあずにゃんでした。
オチは任せた。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 00:31:37 ID:8HLPQzIM0
>>342
すごく唯梓っぽいな
特に唯とブバルディア、梓と椿が合ってる

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 01:15:04 ID:qJhWNxZp0
>>344
なにそのゆいあずEND

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 01:30:44 ID:ljvlNE+40
>>342はSSのネタとしても使えると思う
というか誕生月が同じって唯梓ぐらいだから唯梓しかできない

>>344
最終回が決まったようだな

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 03:52:30 ID:jVN0iwJ70
ちょっと柏行ってくる

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 22:39:51 ID:tLe10YXG0
何だこの静寂は!?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 22:52:38 ID:kkHnAzXo0
こんな日もあるさ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 22:58:00 ID:tLe10YXG0
朝起きたら人類が自分以外全滅してたかのような気分を味わったぜ

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 23:33:27 ID:PDhhivGEO
ゆいあずは不滅だ!

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 23:41:38 ID:kkHnAzXo0
いまさらだけど新エンディングの衣装って澪律がフード、唯梓がタンクトップでおそろいなのね

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 00:27:38 ID:/3NsCgcMP
いつもながらこの人の作品はいいな

ttp://nagamochi.info/src/up23394.jpg

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 00:49:39 ID:J5fd9MbE0
良いちゅっちゅだ

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 00:51:52 ID:l3bjPvYd0
>>354
ヒャッホイ!

さて次回は「マラソン大会!」だけど唯梓の絡みはどうなる事やら
学年別なのか全学年合同なのかによると思うが
3の倍数回だから期待していいのか?

9話も「期末試験!」というタイトルでまさかの唯梓回だったし

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 01:12:48 ID:Y2GRy4Tg0
別荘地から転

紬「梓ちゃんにはこれね。はい」
梓「わぁ〜先輩見てください!ほらほらっ!」
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1022821.jpg
律澪「はいはい」


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 01:38:48 ID:hQg0kjld0
>>356
田舎組は今回が「最終回?!」なゆいあず回だ。
既にエアコンガンガン+扇風機全開で全裸待機中

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 03:18:11 ID:0as4J1q90
9話の時は祭り状態だったなw

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 04:22:39 ID:xTAYSrdj0
ゆいあず宣言だもんなあ

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 05:57:03 ID:FZU1tkK60
>>357
憂「お義姉ちゃん!」

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 09:15:07 ID:uzkBPXK90
吉田さんなら
結局晴れてマラソン決行
→唯が倒れる
→梓人工呼吸
くらいはやってくれると信じてる

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 09:17:32 ID:j/nYBDx/0
マラソンで人工呼吸・・・だと・・・?

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 09:47:33 ID:yDhiCmlL0
>>362
やばいドキがむねむねしてきた

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 10:10:57 ID:EaotlX7YO
唯にお汁粉をぶっかけられるあずにゃん
→唯ペロリスト化

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 14:42:00 ID:oINYRr6U0
唯ヘロヘロ → 熱いです!匂います!くっつかないでください! → ひどいよあずにゃん〜 → 唯が向こう行ってから体操服こっそりクンクン → 私なにやってるんだろ…


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 15:15:14 ID:yDhiCmlL0
>>366の続き

梓「クンクンクン、はぁ…唯先輩の汗の匂い堪らないよぉハァハァ」
唯「体操服持って行くの忘れてたよ〜♪…あれ?あずにゃん?」
梓「!?」
唯「そこで何してるの…?それ、私の体操服だよね…?」
梓「いや、これはその、ご、誤解です!」
唯「何が誤解なの?私の体操服鼻に押し付けて…」
梓「う、うぁ、う゛…クンッ」
唯「私に見られながらでも嗅いじゃうんだ?あずにゃんは変態さんだね?」
梓「は、はいクンクンッ私はクンッ先輩の汗でクンクンッ感じちゃうクンッ変態ですっ…!クンクンクンッ!」
唯「そっか…。じゃあそんな変態さんにはこっちの方が良いかな?結構汗掻いちゃったから蒸れてると思うんだけど」脱ぎたてのブルマ差し出す
梓「喜んで頂きます!」ガバッ
梓「はにゃあぁん」ペロペロ


こうですか分かりません


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 16:39:57 ID:trKzq0MD0
>>367
もしも見つかった相手が憂だったとしたら・・・

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 16:50:48 ID:EaotlX7YO
>>368
ttp://www40.atwiki.jp/83452/m/pages/908.html?guid=on
完全にR18だが

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 16:59:28 ID:KonovFCrO
>>368
ガラッ

憂「しつれいしまー……あ」
梓「ひっ」


憂「………」
梓(どっどうしよう…一番見られちゃいけない人に見られちゃった……)
梓(うう…唯先輩にきらわれちゃう……)

――――
 憂『梓ちゃんって、そんな人だったんだ…』

 憂『ごめんね。今まで応援するつもりだったけど、そんな人にお姉ちゃんはまかせられないよ…』

 唯『憂から聞いちゃった…』

 唯『で、でも嫌いになったりしないよ?!ほんとだよ?』

 唯『これからも、友達でいようね、“梓ちゃん”』
――――

梓(いやぁぁあああっ)

憂「…あ、その……」
梓「ごめんなさいごめんなさいほんっとうに反省するから唯先輩には言わないで――」

憂「おっ、お先にどうぞっ!」ダッ


ガラッ

梓「…えっ」


こうですかまったくわかりません

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 17:41:02 ID:hbSI7Yjg0
俺2期になってからつくづく思うんだ。
唯梓好きでホントによかったと。
正直、けいおん2期を一番楽しめてるのって俺らだと言っても過言じゃないと思う。
過言かな…。


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 19:23:02 ID:fATak9N/0
>>371
全くだな、もうあずにゃん居ない、けいおんは想像すらできんw

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 22:42:21 ID:5iHNJlz70
きょうはどんなゆいあずが見れるだろうか

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 23:02:29 ID:V92e7+XW0
何でこの2人は絡むとここまで可愛くなるのか

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 00:58:42 ID:4es45NvbO
ゆいあずだからさ

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 01:51:02 ID:0Gm3IAUm0
今回は唯梓ほとんどなかったか…

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 01:57:29 ID:t+9Jhi760
来週はありそうな予感が

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 01:57:33 ID:BOa2MH+s0
来週は「先輩」ってんだから、、期待しておこう

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 02:25:05 ID:L123SwpG0
>>367-370
これが唯に扮した憂ちゃん(またはその逆)だったら……。

唯(憂)「あずにゃん……」
梓「ゆ、ゆゆゆ唯…先輩?」
唯(憂)「まだまだ修行が足りないね。この部分の方がいあ臭いがするんだよ、お姉ちゃんのは」
梓「おねぇ……って、憂?!」
憂「大丈夫、お姉ちゃんには黙っててあげる。だから、ね?」
梓「…………」

クンカクンカ

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 02:26:05 ID:L123SwpG0
× いあ臭い
○ いい臭い

俺のiPhone氏ね。くそっ。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 02:28:02 ID:f84YyRzcO
今回、唯は1回しか「あずにゃん」と言っていない…。
何だろう、この寂しさは…。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 02:32:51 ID:3vXKAls10
話は微妙
ゆいあず分も無し
こういう回に限ってきっちり録画は成功してるんだよなぁ…

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 02:58:56 ID:FkGy6bqW0
唯梓成分が少なくても7話10話は面白かったというのに
なんだ今回の話

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 03:08:03 ID:LX+59BpOP
おばあちゃんェ…
おばあちゃんの家に転がり込むくらいならあずにゃんの家に転がり込んで
「ちょ?!唯先輩私の家で何やってんですか!!」
ぐらいの超展開にしろェ…

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 03:34:52 ID:yIV7p1Wk0
今回脚本13話の人か…唯梓分はこの際諦めるとして
まあ3年組と2年組のそれぞれの仲の良さに癒される回だとでも思っとこうか
今回は澪のゴールシーンに全て持っていかれたなw

>>384
超展開にも程があるだろw

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 04:04:28 ID:gjORIFD80
唯スレにあったものを甜菜
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1024482.jpg

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 04:26:09 ID:dC8jajFw0
おいおい、来週のタイトル、頭に『唯』の文字が抜けてるぜ?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 04:45:05 ID:yIV7p1Wk0
>>386
唯と梓って可愛いお人形さんって感じで絵になるよな

来週はむしろ唯梓を自重して梓×他の先輩達を優先しそうな気もするから
期待しすぎない方がいいかもな。次回予告で唯が全く喋って無かったのも気になる(律もだが)
しかし梓が奮起してたがやり過ぎると今週の唯みたいに叩かれる結果になると思うが
大丈夫なのだろうか?


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 05:21:09 ID:OCkGaCp/P
そんなのは知ったこっちゃ無いが
あずにゃんの声に違和感
来週は元に戻ってるといいが…

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 05:23:40 ID:R/kIiYnO0
来週のはもう録り終わってるんじゃないか?
予告にも少し違和感あった気がしたぞ

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 06:25:08 ID:OBL0dRHPP
今回はゆいあず抜きにしてもつまらない話だったな

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 07:01:16 ID:JanVKkeb0
遂に唯梓の法則(3の倍数回)が崩れたか
まさか前言われてたみたいに
唯梓冬の時代が来たりしないよな?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 10:50:21 ID:OWaxzNYh0
唯のせいで梓まで叩かれて可哀想…

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 11:19:06 ID:VYt/56rz0
唯の所為っていうか脚本だろ
天然すぎて不快ってレベルまで達してたし

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 11:27:15 ID:OCkGaCp/P
何つーか可愛くない方向にバカやられても困るんだよなぁ
そっち方面への拡張はお呼びじゃない

いっそあずにゃんにチューしてるだけの回でよかった
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYkdrKAQw.jpg

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 11:58:56 ID:JanVKkeb0
>>395
ああ…全くだ
24分丸々いちゃいちゃしていても構わんよ

唯梓ニヤニヤポイントが0の回は今回が初めてだ
梓の出番がない4話、唯の出番が少ない5話も
お互いを思っている感じが出ててニヤニヤできたのに

当たり前のようになっていて自覚がなかったけど、唯が梓に抱きつくのを見れただけで
幸せな気分になれるってことがよくわかったよ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 12:44:04 ID:jtODEtf80
脚本の横谷さんは残暑見舞い回で見事な唯梓をやってくれたから期待してたんだが・・・
それより来週は予告から想像するに澪紬梓のマジメ組と唯律のボケ組による攻防と大胆予想
あんま唯梓は期待できなさそうな気がしてる

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 13:15:38 ID:50lF1vHf0
もうだめかもわからんね

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 13:42:10 ID:LX+59BpOP
わざわざ「先輩!」ってタイトルから邪推するに…
今まで見事なヨダレモノの唯梓強化してきたから薄いも薄い極薄な澪梓や紬梓を強化してきそう…

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 13:43:50 ID:l1sL9D1+P
ふふふ、残り放送数も一桁になりヤキモキしてますな諸兄…

オレモダヨ

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 14:41:44 ID:zFPlSWa30
今週はこれをやるべきだった
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1026535.jpg

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 14:43:13 ID:LX+59BpOP
>>401
りっちゃんナイスアシスト
もっとやれ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 14:47:13 ID:50lF1vHf0
>>401
ちょっと元気でた。照れる唯かわええ

>>399
案外律梓がきたりして

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 14:57:36 ID:v9Dsc3PL0
いや何でみんなそんなネガティブなの?
たった1話、唯梓なかっただけで、つか15話は律澪ですら何もなかったじゃないか。
今更アニメオリジナルで澪梓や紬梓を強化してくるとは思えないよ。
それに唯や梓が他のキャラと少しくらい仲良くてもいいではないか
どうせ最後には唯梓、律澪でおちつくんだから。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 15:53:48 ID:SAfXFuYR0
あえてオーバーに一喜一憂してるんだよ
個別スレだし大げさな方が楽しいじゃん

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 15:55:15 ID:FkGy6bqW0
最後にはHTTはみんな仲良しで落ち着くと思うよ
3の倍数だの何だのと勝手に期待して勝手に裏切られた気分になっての繰り返しにはもう飽きたぜ
不意打ちで来たときのほうが嬉しいし

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 15:57:40 ID:l1sL9D1+P
マジレスすると、キャラスレなんざ多少頭のネジが緩んでないと楽しめないよ

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 16:05:36 ID:LX+59BpOP
わざわざの個別スレの意義を理解しているのだろうかw
言い方は悪いけど隔離されてるんだからいいじゃないかw

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 16:14:44 ID:gRX0H+ZFO
正直、法則を見つけるから対策されるんじゃないかって気がしてきたwww

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 16:29:50 ID:VYt/56rz0
死中に活を見出す、という言葉がある
つまり、ゆいあずの死中とも言える今こそ想像力を全開放しゆいあず萌えの新たな地平を模索すべきとき…


さしあたって唯に完全に懐かれてしまったお婆ちゃんに嫉妬する梓というのを想像してみたが、どうか


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 17:28:43 ID:8YK432bFO
いや……流石にそれは想像出来ないw
どちらかと言えば、純を置き去りにしなければ、唯がはぐれずにすんだのに……
と考えて落ち込む梓って図の方が浮かんでくる

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 21:28:44 ID:8QkpKjRb0
今回でゆいあず分を妄想するなら2学期開始したとこだけだな
梓の「おはようございます、先輩方!2学期始まりましたね、2学期!」
って輝いてるところが唯に久々に会えて喜んでるように見えた
しかもこの合流したあと梓はずっと唯のこと見てるように見えるしニヤニヤできたw


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:23:26 ID:5GOwtU7j0
こんな状況でも妄想力豊かだなんてッ...!

おまいら愛してる

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:41:12 ID:mnZM56US0
今日も平和だなw

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:49:26 ID:zFwCIWtV0
梓「えっ!?唯先輩が行方不明!?そ、そんな・・・!」

なんて涙目になりながらも必死に捜索する梓。
街を走り、林に入り、茂みを掻き分け・・・いつしか雨が降り・・・全身びしょ濡れ、泥まみれ。それでも探し続け・・・。
そしてしばらくして、学校からかなり離れた公園で、しょんぼりしながらベンチに座っている唯を発見。

梓「ゆ、唯先輩・・・やっと、見つけた・・・」
唯「あ・・・あずにゃん! ぐすっ、うわぁぁあぁん・・・心細かったよぉ・・・!」
梓「もう・・・。唯先輩のバカ・・・すっごく、すっごく心配したんですからね・・・!」
唯「うぅ・・・あずにゃん・・・あずにゃん・・・!」
梓「唯先輩・・・そんなに泣かないでください・・・さ、帰りましょう?」
唯「手・・・繋いで、いい?」
梓「・・・はい。迷子にならないよう、絶対離しませんからね」


最新話は俺ならこうした

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:49:41 ID:9irmiw5S0
来週あたり澪梓が見られそうで楽しみ

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:51:32 ID:plOrgG7a0
>>415
猫バス役:あずにゃん2号

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:59:35 ID:mnZM56US0
>>415
そのまま二人で熱い夜を過ごすわけですね

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 22:59:40 ID:OCkGaCp/P
最近澪梓派関係ないスレにまで必死杉だろう
個別スレも立てられないってどんだけ終わったコンテンツなんだよ

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 23:00:16 ID:plOrgG7a0
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B003MNHQN6/misutesu-22/

あずにゃんはこれ買うのかな

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 23:04:00 ID:50lF1vHf0
>>420
3個は買うな

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 23:19:22 ID:mnZM56US0
だからあずにゃんは13話でお金がピンチだったのか…なんという伏線

逆に唯はあずにゃんのねんどろいどを買ってそうだなw

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 01:31:04 ID:fMuRX+pL0
>>420
梓「唯先輩ペロペロ」

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 01:45:04 ID:EbbxdaSE0
>>420はAA(amazonアフィリエイト)つきのURLだから踏まないほうがいい
ていうか前もアフィ満載ブログのURL張ったやつ居たし

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B003MNHQN6/ このURLだけで商品ページには飛べるから

簡単に言うと>>420のURLから購入ボタンをポチると、購入された商品代金の何%かが
Amazonからmisutesu-22っていうヤツに還元される仕組み
こーいう多数が見てる場にアフィ付URL貼るとか、露骨すぎて萎えるわ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 02:06:20 ID:A96s6qUiP
このスレアフィ厨に粘着されてんの?

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 02:58:43 ID:wcERpbjn0
とりあえず来週は他の先輩たちと仲良くする梓を見て
唯が嫉妬する回って認識でいいらしいな
というかマジで唯が嫉妬する話を見てみたいんだが

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 03:49:41 ID:A7DWcK5z0
唯のネガティブ方面の感情吐露は見てみたいな
でも逆に、内心かなり傷ついてるのに、表面上はいつも通りに振る舞って
あずにゃん分を補給してたりするのも好み

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 07:04:42 ID:hSQXwpca0
唯より梓のほうがけいおんの主役に向いていることがはっきりしたな
唯中心の回で面白かった試しないし(梓と絡んだときを除く)

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 07:09:15 ID:lCv96R190
>>428
一度死んでくるといいよ

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 07:14:00 ID:hSQXwpca0
>>428
しょうがない事実なんだし
梓の従物としての唯はそれなりに重要ではあるけど
15話みたいに切り離して使われると眼も当てられない

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 08:03:36 ID:Q6gUyNhE0
今回は脚本家が悪い

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 09:40:21 ID:kNB6S5bP0
キチガイに構うなよ

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 09:50:15 ID:X3V3I07l0
この前から飢えてる澪梓厨が色んなトコにちょっかい出してるからあんま遊んでやるなよ?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 12:23:05 ID:gSpVrUHT0
なんだ、ここは梓信者と唯アンチのスレだったのか

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 12:37:15 ID:fnt7QUUG0
ちょっと待って欲しい

っていうかさ、唯の迷子情報を聞いた時てっきりあずにゃん憂と一緒に探しに行くのかとも思ったんだけどさ
あずにゃん全然動揺してないのな、実は

皆が唯を探しに行く中逆に一人ゴールで待ち、ゴールから見えた瞬間、真っ先に唯の好きな食べ物を餌に声援を贈るあずにゃん

これはつまり、一見すると唯梓要素皆無な回において
「妻は夫を信じただ待つべし」の精神をあずにゃんに表現させているのでは無いだろうか

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 15:22:32 ID:A7DWcK5z0
あの状況で「お汁粉のお餅なくなっちゃいますよー」って
あなたそれ唯先輩しか見てないですよねって感じの声援だよな
あずにゃん脳内で先輩全員が阿呆化してるという可能性もあるけど

437 :マラソンの後に:2010/07/15(木) 17:24:47 ID:+0xxTU4r0
「……あずにゃぁぁん」
「ゆ、唯先輩!? どうしたんですか!?」

マラソン大会が終わった後の放課後、
いつも通り部室のドアを開けた私は、
長いすに力なく横たわる唯先輩の姿を見つけていた。
慌てて私は唯先輩に駆け寄った。

「あ、あずにゃぁぁん……」

側に寄った私を呼ぶ唯先輩の声は、本当に力の無いもので……
その弱々しさに、自然と涙が浮かんでしまった。

「ぐ、具合悪いんですか!? 先生呼びましょうか!? 
そ、そうだ保健室! 保健室に……!」
「あ、あずにゃん……た、足りないの……助けて……」
「え!? な、なんですか先輩!? なにが足りないんですか!?」
「……あずにゃん分」

唯先輩がそう言うのと、伸びてきた手が私を抱きしめるのは同時だった。
突然体を引っ張られ、抵抗する暇もなく唯先輩の上に倒れこんでしまう。
抱えていたカバンが床に落ちて、大きな音を立てた。
ギターは朝のうちに部室に置いておいて良かったなぁと、
頭の片隅で考えながら……私は唯先輩に文句を言った。

「もうっ、心配させないで下さい!」
「だってぇ……今日は一日マラソンで、
あずにゃんと全然お話もしてないんだもん……
あずにゃん分足りなすぎて、もう限界だよぉ……」
「……お汁粉たっぷり食べられたんですから、
私はいらないんじゃないんですか?」
「甘いものは別腹!」
「……言葉の使い方間違ってます」

そう言って私があきれて見せても、もちろん唯先輩の腕が緩むわけもない。
むしろ抱きしめる力は強くなり、さらには頬ずりまで始まってしまった。

「あずにゃんあずにゃんあずにゃん……」
「もうっ……ほんとしょうがないんですから、唯先輩は……」
「あずにゃんあずにゃんあず……」
「……唯先輩?」

438 :マラソンの後に:2010/07/15(木) 17:27:24 ID:+0xxTU4r0
突然頬ずりが止まり、唯先輩の言葉も途切れ……私は疑問の声を出した。
唯先輩に呼びかけるけど返事はなく、代わりに聞こえてきたのは、

「スー……」

静かな寝息だった。
疲れが限界にきたのか、たっぷり食べたお汁粉のせいか……
それともひょっとしたら、私を抱きしめられて安心したせいなのか……
理由はともかく、唯先輩は私を抱きしめたまま、
長いすの上で眠りに落ちてしまっていた。

「まったく……ほんとに唯先輩は……」

あきれて呟き、唯先輩の腕から抜け出そうとする。でも、

「……抜けない」

唯先輩の腕はしっかりと私を抱きしめたままで、
ちょっとやそっとでは外れそうになかった。
聞こえてくる寝息から、起こすのも難しいことを悟り、

「ほんとに、もうっ……」

苦笑を浮かべて、私は長いすの上に体を完全に横たえた。
足で上履きを脱がして床に落とし、
ほとんど唯先輩の体の上に乗っかるような感じで、身を横にする。
こうなってはもう仕方ない。
唯先輩が起きてくれるまで、私も一緒に寝るしかなさそうだった。

「どうせ、今日は練習できそうにないですし」

他の先輩方も、マラソン大会できっとひどく疲れているはずだ。
部室に集まっても、今日はいつも以上にだらけるばかりで、
まともな練習はきっとできないだろう。
そしてそれは、私も同じだった。
この疲れた体では、ちょっとギターをひこうとはさすがに思えない。
だから今日ぐらいは、先輩方と一緒に存分にだらけてしまおうと思った。

「……唯先輩分補給……なんちゃって……」

寝ている唯先輩に、一度だけ頬ずりをして……
あとはそのまま、私も眠気に身を委ねることにした……。


END


お邪魔します。
とりあえず、思いついたネタを。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 18:20:14 ID:oNUH8bQoP
438に殺された。七代祝われるべき。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 18:59:31 ID:4m5QOieQO
>>438
GJ!!!!!

部室の外で、入るに入れない3人が目に浮かぶwww

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 20:00:40 ID:mmRxuA8m0
マラソン後であずにゃんの匂いがたっぷりなんですね

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 20:07:04 ID:A7DWcK5z0
そういえば、唯はごく自然に体臭を嗅ぎにいってたっけ
汗だくで抱き合った挙げ句にそれだととんでもなく恥ずかしいな

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 20:51:10 ID:0ECDM8PV0
http://iup.2ch-library.com/i/i0118706-1279194610.jpg

いいねぇ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 21:00:39 ID:3/OVXKKF0
>>443
3コマ目ペロペロしてね?あずにゃん

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 21:04:44 ID:P+sB13A60
>>437-438
GJ!!

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 21:54:17 ID:fMuRX+pL0
むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子がありました。
それはたれだって、ちょいとみただけで、かわいくなるこの子でしたが、でも、たれよりもかれよりも、この子のおばあさんほど、
この子をかわいがっているものはなく、この子をみると、なにもかもやりたくてやりたくて、いったいなにをやっていいのかわからなくなるくらいでした。
 ある日、ムギちゃんは、この子をよんでいいました。
「さあ、ちょいといらっしゃい、梓ちゃん、ここにお菓子がひとつと、紅茶がひとびんあります。
これを梓ちゃん、おばあty...ゲフンゲフン、さわ子先生のところへもっていらっしゃい。
さわ子先生は、飲み過ぎでよわっているけど、これをあげると、きっと元気になるでしょう。それでは、あつくならないうちにおでかけなさい。
それから、そとへでたら気をつけて、おぎょうぎよくしてね、やたらに、しらない横道へかけだしていったりなんかしないのですよ。
そんなことをして、ころびでもしたら、せっかくの紅茶のびんはこわれるし、さわ子先生にあげるものがなくなるからね。
それから、さわ子先生のおへやにはいったら、まず、おはようございます、をいうのをわすれずにね。
酔ってるとなにをするか分からないから。
はいると、いきなり、おへやの中をきょろきょろみまわしたりなんかしないでね。」
「そんなこと分かってますよ。やってやるです!」と、梓ちゃんは、ムギちゃんにそう言いました。
 ところで、さわ子先生のおうちは、村から半道はなれた森の中にありました。
梓ちゃんが森にはいりかけますと、お姉ちゃ...唯ちゃんがひょっこりでてきました。でも、梓ちゃんは、唯ちゃんって、どんな暖かい人だかしりませんでしたから、べつだん、素敵ともおもいませんでした。
「あずにゃん、こんちは。」と、唯ちゃんはいいました。
「こんにちは、唯先輩。」
「こんな早くから、何処行くの。」
「おばあちゃんのところへいくんです。」
「前かけの下にもってるものは、なあに。」
「お菓子に、ぶどう酒。さわ子先生、飲み過ぎでよわっているでしょうから。それでおみまいにもってってあげようとおもって、きのう、家でで焼いたんです。
これでさわ子先生、しっかりすると思います。」
「さわ子先生のおうちはどこだっけ、あずにゃん。」
「これからまた、八、九町ちょうもあるいてですね、森のおくのおくで、大きなかしの木が、三ぼん立っている下の家です。
家のまわりに、くるみの生垣いけがきがあるから、すぐわかると思います。」
 梓ちゃんは、こうおしえました。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 22:03:09 ID:fMuRX+pL0
 唯ちゃんは、心の中でかんがえていました。
「あずにゃん可愛いなあ,,,きっとあじが良いよね〜。」
 そこで、唯ちゃんは、しばらくのあいだ、あずにゃんとならんであるきながら、道みちこう話しました。
「あずにゃん、そこらじゅうきれいに咲いている花が綺麗だよ〜。周りを見なくちゃもったいないよ!
ほら、小鳥が、あんなにいい声で歌をうたっているのに、あずにゃんはなんだか上の空だよ。
学校へいくときのように、むやみと、せっせこ、せっせこと、あるいててるね。そとは、森の中がこんなにあかるくてたのしいのに。」
 そういわれて、梓ちゃんは、あおむいてみました。すると、お日さまの光が、木と木の茂った中からもれて、これが、そこでもここでも、たのしそうにダンスしていて、
どの木にもどの木にも、きれいな花がいっぱい咲いているのが、目にはいりました。そこで、
「あたし、さわ子先生に、げんきでいきおいのいいお花をさがして、花たばをこしらえて、もってってあげようかと思います。
さわ子先生、きっと大喜びしますよ。まだ朝はやいから、だいじょうぶ、時間までに行けますよ。」
と、こうおもって、ついと横道から、その中へかけだしてはいって、森の中のいろいろの花をさがしました。
そうして、ひとつ花をつむと、その先に、もっときれいなのがあるんじゃないか、という気がして、そのほうへかけて行きました。そうして、だんだん森のおくへおくへと、さそわれて行きました。
 ところが、このあいだに、すきをねらって、唯ちゃんは、すたこらすたこら、さわ子先生のおうちへかけていきました。そして、とんとん、戸をたたきました。
「う〜、だ〜れ〜。」
「梓です。お菓子とぶどう酒を、おみまいにもって来ました。あけて下さい。」
「勝手に入ってちょうだい。私は二日酔いでよわっていて、おきられなわ...。」
 唯ちゃんは、とっ手をおしました。戸は、ぼんとあきました。唯ちゃんはすぐはいっていって、なんにもいわずに、いきなりさわ子先生のねているところへ行って、さわ子先生をクローゼットの中に放りこみました。
それから、さわ子先生の着物を着て、さわ子先生のステージ用カツラをかぶって、さわ子先生のベッドににごろりと寝て、カーテンを引いておきました。

 梓ちゃんは、でも、お花をあつめるのにむちゅうで、森じゅうかけまわっていました。
そうして、もうあつめるだけあつめて、このうえ持ちきれないほどになったとき、さわ子先生のことをおもいだして、またいつもの道にもどりました。
さわ子先生のうちへ来てみると、戸があいたままになっているので、へんだとおもいながら、中へはいりました。すると、なにかが、いつもとかわってみえたので、
「へんですね...どうしたんですか。きょうはなんだか胸騒ぎがします...、きみのわるいですね。さわ子先生のところへくれば、いつだって憂鬱なのに。」と、おもいながら、大きな声で、
「おはようございます。」
と、よんでみました。でも、返事はありませんでした。
 そこで、ベッドとこのところへいって、カーテンをあけてみました。
すると、そこにさわ子先生は、横になっていましたが、ずきんをすっぽり目までさげて、なんだかいつもとようすがかわっていました。
「あれ、さわ子先生、なんてプニプ二なほっぺ。」
「梓ちゃんにほおずりできるようによ。」
「あれ、さわ子先生、なんて冷たい手なんですか。」
「私の心が温かいからよ。」
「あれ、さわ子先生、なんて癖っけ。」
「梓ちゃんに梳かしてもらいためよ。」
「でも、さわ子先生、大きなお口ですね。」
「あずにゃんをたべちゃえる様にだよ〜。」
 こういうがはやいか、唯ちゃんは、いきなり寝床からとびだして、梓ちゃんを、一糸まとわぬ姿してしまいました...お姉ちゃんくぁwせdrftgyふじこlp。
キャーユイセンパイ...アズニャーンチュッチュ

そこへ猟師がやってきて騒々しい家の中をのぞきました。
「あー...ずいぶんとお楽しみのようで...」
 
 やがて、クローゼットの中のさわ子先生も、まだ生きていて、はいだしてきました。もう、よわって虫の息になっていました。さわ子先生は、梓ちゃんのもってきたお菓子をたべて、紅茶をのみました。
それで、すっかりげんきをとりかえしました。でも、梓ちゃんは、(まさか唯先輩とちゅっちゅできるなんて...まさかムギ先輩の差し金!)と、かんがえました。そこで天井を見上げるとものすごい笑顔のムギちゃんが鼻血をだして横たわっていましたとさ。
めでたしめでたし。




澪「私の出番...」


448 :いつかあなたを振り向かせる:2010/07/15(木) 22:48:43 ID:uV0U1KRi0
あ、あずにゃんとムギちゃんが仲良くしてる。
今度はりっちゃん、そして澪ちゃん。
お願い、私だけを見てよ。

……まただ。
こんなこと考えちゃダメなのに、あずにゃんが他の人と仲良くするところを見たくないと思ってしまう自分がいる。

こんなことを考えること自体おかしいのは百も承知。
それでもあずにゃんには私を見ていてほしい。
だけどもちろんみんなとも仲良くいてほしい気持ちもどこかにあって。
そんな相容れない二つの感情に悩まされ、私の心は疲れきっていた。

とはいえどんなに抗おうとも時間は止まってくれるはずがなく、毎日放課後になれば私が見たくないその光景を見ざるをえなくて。
でもあずにゃん含めたみんな、そして軽音部はけっして嫌いではなくむしろ好きだからそこには行きたい自分もいて。
そんなどっちも選べない究極の選択に心休まらない日々を送るのが私の日課となってしまっていた。

「どうしたんですか、唯先輩?」

あずにゃんの心配そうな声が私を放課後の音楽準備室に引き戻した。
どうやら我ここにあらずといった表情をしていたみたい。
実際悩みのタネの処理方法に知恵を絞っていた私は意識をどこかに飛ばしてしまっていたけど。

これじゃダメだ、こんなの私のキャラじゃないよ。

「ううん、何でもないよ。それじゃ今日もあずにゃん分補給っと」

いつものようにあずにゃんに抱きつく。
努めて明るく精一杯『平沢唯』を演じることで私は普段の自分を取り戻そうとした。

「もう、やめてください唯先輩」

きっとあずにゃんには言葉のとおりほどの強い拒否の意識はなかったと思う。
だけどこのときの私には、何故かそれを文面どおりに受け止めてしまった。
それほどまでに心に余裕がなかった。
ショックから全身の力が抜けてしまって、あずにゃんの肩から私の腕はだらりと落ちてしまった。

「……唯先輩?」

いつもとは違う私の反応にあずにゃんも違和感を覚えたようだった。

「ごめん、やっぱ今日調子悪いや。先帰るね」

みんなに断りをいれて、長椅子に置いてあったカバンとギー太を手にとり足早に音楽準備室をあとにする。
そのとき背中に投げかけられた私の不調を気遣う声に、あずにゃんのものは含まれていなかった。
 

449 :いつかあなたを振り向かせる:2010/07/15(木) 22:51:25 ID:uV0U1KRi0
家に帰っても普段の自分は戻ってこなかった。
いつもなら美味しいはずの憂の夕食にも今日はどうも箸が進まない。
心配してくれる憂に大丈夫と声をかけ、私は逃げるように部屋へ戻った。
とにかく一人になりたかった。

いったい私、どうしちゃったんだろ?
あずにゃんがみんなと仲良く話すのを見てモヤモヤしちゃうなんて。
そりゃあ普通に話くらいするよね。
あずにゃんにとってりっちゃんも澪ちゃんもムギちゃんも大切な先輩だし同じバンドのメンバーなんだもん。
私もきっとみんなと同じように思ってくれてるよね。
だけど、みんなと『同じ』じゃ嫌だ。
あずにゃんにとって特別な存在になりたい。
でもこれは私のワガママ。
きっとあずにゃんは私たちに優劣なんかつけないしつけたくもないはずだもん。
ならこの気持ち、隠したままのほうがいい。
普段の『平沢唯』でいることが、あずにゃんのためなんだ。
だけど……。

ベッドの上で枕を胸に抱き答えの出ない堂々巡りをしていると、携帯電話が誰かからの着信をしらせた。
一旦思い悩むのを中止し、着信音が鳴り止む前に携帯電話に手を伸ばす。
液晶に表示された『あずにゃん』の文字。
今日のことがあったから一瞬ためらったけど、出ないのは悪いと思い通話ボタンに指をかけた。
 

450 :いつかあなたを振り向かせる:2010/07/15(木) 22:54:49 ID:uV0U1KRi0
「何、あずにゃん?」

平静を装い電話に出る。
私の心情を悟られないように。

『唯先輩、今お電話大丈夫ですか』
「うん、大丈夫だよ」

活字にすれば文末にビックリマークがつくくらい明るい声で答える。
元気の無い私は、私じゃないから。

『あの、今日はすみませんでした』
「え、どうしてあずにゃんが謝るの?」
『あのとき私が拒否したら唯先輩が帰ってしまったので、もしかしたら気に障ってしまったのかと思いまして』

はあ、最低だ私。
勝手に自分で悩んで自分の都合で動いて、挙句にあずにゃんにあらぬ心配をかけさせて。
ホント何やってんだろ?

「そんなんじゃないよ。ホントに調子悪かったんだ。ゴメンね、そんな思いさせちゃって」
『いえ、それならよかったです。……ってよくないですね、唯先輩調子悪いっていうのに。すみません』
「ううん、こうやって心配して電話までくれたんだから、そんな言い間違いは気にしない気にしない。電話ありがと」

一通りのやり取りを終え、おやすみの挨拶をして電話を切ろうとしたら不意にあずにゃんの声が耳に届いた。

『……あの、後輩の私が言うのは失礼かもしれませんが、何かあったら相談してください。力になりますから』
「うん、ありがと、あずにゃん」

もしかしたらあずにゃんは今日の私から何か感じ取ってたのかもしれない。
これも私の想像の域は超えないけど。

精神的に弱くなっていた私はこのあずにゃんの申し出に頼ってしまった。

「……ねえ、あずにゃん」
『はい、何ですか?』
「明日の朝、そうだね、始業のチャイムが鳴る30分くらい前に音楽準備室に来てもらってもいいかな」
『わかりました』
「ありがと。それじゃおやすみ、あずにゃん」
『おやすみなさい、唯先輩』

電話を切ると私はお風呂へ向かった。
明日早くの用事ができたため、さっさとすることを終わらして寝てしまおうと考えたからだ。
烏の行水のようにお風呂を済まし、目覚ましをいつもより早い時間にセットして明日に備えて眠りについた。
 

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 22:57:37 ID:0KMx0mSH0
唯に白血病ネタは意外と合うんじゃないか?
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYt7nBAQw.jpg
ねぇ、神様お願い♪
私にどうか♪
人並な幸せをください♪

452 :いつかあなたを振り向かせる:2010/07/15(木) 22:58:05 ID:uV0U1KRi0
次の日、目覚ましがけたたましい音を響かせるよりも早く目が覚めてしまった。
遠足の日の小学生じゃないんだから、と自分自身に脳内でツッコミをいれて学校へ行く準備をする。
普段なら考えられない時間に起きてきた私に驚きを隠せない憂に、朝練があると言って早めに家を出た。
あ、もちろん朝ご飯は食べたよ。
憂の朝ご飯を食べないとその日一日力入らなくなっちゃうから。

学校に到着すると、職員室で音楽準備室の鍵を受け取って目的の部屋へと向かう。
早朝の学校は独特な雰囲気に包まれていて、偶然だろうけど職員室以外では誰かとすれ違うことすらなく、まるでここには私しかいないような感覚に陥った。

音楽準備室の鍵を開け、中に入る。
もちろんそこに誰かいるはずもなく、ただただ広い空間が私を迎えてくれた。
荷物を長椅子の端に置き、その反対側に腰を下ろしてあずにゃんの到着を待つ。
ギー太でも弾こうかなとも思ったけど、もうすぐで約束の時間だったからそれは放課後までのお楽しみとして取っておくことにした。

「おはようございます、唯先輩」

数分後、約束の時間に遅れることなくあずにゃんはやってきた。

「ゴメンね、朝早くから呼びだしちゃって」
「いえ、大丈夫です。ところで今日はどうしたんですか、こんなに朝早く」
「うん、あずにゃんに相談したいことがあって」
「そうですか、私でよかったらお聴きします」

そう言うと立ったままだったあずにゃんは私の隣に座った。
あずにゃんの聴く体勢が整うのを待って私は悩みを打ち明け始めた。

「えとね、最近私おかしいんだ」
「昨日も調子悪いって言ってましたね」
「ううん、あれはウソ。……ウソってわけでもないかな。まわりまわって疲れてたのはホントだし」
「え、それじゃおかしいっていったい何がですか?」

あずにゃんは疑問の表情を私にぶつけてきた。
ほんの少しの沈黙のあと、私は不調の原因となっている核心部分に踏み込んだ。

「……ずっと見ていてほしいって思っちゃうんだ、ある女の子に。
 その女の子はとても真面目で先輩思いの優しい子でね、部活のときもどの先輩とも分け隔てなく接してくれるんだ。
 それは後輩としてすばらしいことだと思うし、私がその立場だったらきっとそうしようとする。
 だけど、私はそれが嫌。他の人と仲良くしてるのを見ちゃうと胸がぎゅって締めつけられるんだ。
 だから私だけを見てほしいて思っちゃうんだ。その子の一番になりたいと思っちゃうんだ。
 でもそれは私のワガママだってことはわかってる。それを口にするとその関係が壊れてしまうかもしれないことも。
 だから私は我慢することに決めたんだ。それが最善の策だと信じて。
 最初はそれでもよかった。その子は私のことも他の先輩と同じように見てくれてたから。
 でも、どんどんその子に対する私の気持ちは大きくなっていって、他の先輩と『同じ』じゃ嫌だって思うようになっちゃったんだ。
 だけど、さっきも言ったけどこの関係が壊れるのが怖くて口にはできなくて、もうどうしていいかわからなくなっちゃった」

あずにゃんは私が苦しみを吐露するのを何も言わずに聴いてくれていた。
ううん、もしかしたら何も言えなかったのかもしれない。
だって私たちを知ってる人が聞いたら誰だって私の話の中の女の子があずにゃんのことだってわかっちゃうはずだから。
しかもあずにゃんはその当事者。
私だったらとても耐えられないような、そんな状況に今あずにゃんはいるんだ。
ホント、私は最低だ。
 

453 :いつかあなたを振り向かせる:2010/07/15(木) 23:00:51 ID:uV0U1KRi0
「唯先輩はその女の子に、恋しちゃってるんですね」

しばらくしてあずにゃんの口から出てきたのは予想外の言葉。
私自身何度も考えたけど否定しなきゃと思っていたものだった。

「恋、なのかな?」
「きっとそうです」

あずにゃんの自信にあふれた言葉に、私は背中を押されているような気がした。

「ただ、きっとその女の子にとってはどの先輩も同じように大事な存在だと思います。
 だからけっしてその女の子から他の先輩を奪うようなことはしないであげてください」

一度肯定されたような気でいただけに、あずにゃんの言葉が胸に響く。
やっぱり私、間違ってたのかな……。
自責の念が私を包み込む。
だけど、あずにゃんの言葉で奈落の底に突き落とされた私を救ってくれたのも、あずにゃんの言葉だった。

「その女の子の先輩たちに対する好きという感情は今は英語でいう『like』のはずです。
 でもその好きという感情は変えることも可能だと思います。
 それに好きな人に見てほしいと思うことは間違ってはいないと思います。
 見させるのと見てもらうのは違いますから。
 もちろんそうなってほしいと思ってるのは唯先輩の側なんですから、その女の子の気持ちをそうさせようと努力する必要はあります。
 その女の子にとっての一番になりたいって願うためにいつ来るかわからない流れ星を待つくらいなら、その時間をその女の子のために使ってあげるべきです。
 見てくれないって嘆く暇があったら振り向かせてみろってことです。
 つまり、唯先輩の悩みに対する私の答えは、悩むくらいなら行動するべき、です」

えっと、これは脈あり……は言い過ぎかな。
でも、こうやって言ってくれたってことは悲観する必要もないってことだよね。
あずにゃんもその女の子の気持ちを変えることは可能だって言ってくれたし。
どっちに転ぶかは私次第ってことなんだもんね。
 

454 :いつかあなたを振り向かせる:2010/07/15(木) 23:05:34 ID:uV0U1KRi0
「そっか、一人で抱え込んでたって何も始まらないよね。ありがとあずにゃん」
「いえ、こんな後輩の意見でも参考になったのなら嬉しいです」

参考どころじゃないよ、私の進むべき道を示してくれたんだから。
それじゃ教えてくれたこと、さっそく今から実践させてもらうね。

「ねえあずにゃん」
「何ですか?」
「こないだたい焼きの美味しいお店見つけたんだ。今日の部活のあと、時間が大丈夫だったら一緒に行きたいなって思ってるんだけど、どうかな?」

さっきのアドバイスをすぐに行動に移した私に、あずにゃんは少しだけ驚いた顔を見せた。
でもその表情はすぐに緩んだ。

「はい、大丈夫ですよ。さて、そろそろ教室に戻りましょうか。一旦ここの鍵も返さないといけませんし」
「そうだね。あずにゃん今日はありがと」
「いえ、お役に立てたなら幸いです」

会話を交わしながらも急いで荷物をまとめ音楽準備室を出る。

「それじゃ私、鍵返しに行くから。また放課後ね、あずにゃん」
「唯先輩」

扉の鍵を閉め職員室へ向かおうとした私をあずにゃんが呼び止めた。

「何、あずにゃん?」

振り返った私にあずにゃんは微笑みながら、

「その女の子の、一番になれるといいですね」

とエールを送ってくれた。

私は私を演じることなく素直な心で、ここ最近できないでいた表情で、あずにゃんのエールに答えた。

「うん、頑張るよ!」


おわり!

>>426>>427の書き込みを参考にさせてもらいました。
長々と失礼しました。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 23:08:10 ID:s/jtlYkk0
>>447>>454
どっちもGJ

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 23:30:00 ID:8Os3xrkr0
おぉ!SSが2編も!

>>447
GJ!!!
童話風ってのは珍しいね〜

>>454
GJ!!!!
唯梓3歩手前って感じかな?

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 23:57:59 ID:194VzBT80
怒涛のSSラッシュ、どうしたんだお前等!?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 00:03:03 ID:c5hv3nNj0
久しぶりのSSラッシュですな♪ 各々GJです!!

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 01:40:23 ID:elwb3J9dP
SSラッシュ来た
本編に無いときはここが唯一の砦

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 02:17:39 ID:nN5rdct80
>>459
それを言うなら『唯梓の砦』だろw

461 :唯梓の秘密のマラソン大会:2010/07/16(金) 03:06:02 ID:d5lPLu3NO
「何か楽しい事を考えて走ったらどうだ?」

走る事に限界を感じつつあった私に、澪ちゃんが一つのアドバイスをしてくれた。
でも、楽しい事って言うと、何があるかなぁ・・・。

「唯先輩、頑張ってください!ゴールしたら、お汁粉が待ってますよ♪
 あっ、それとも冷たいかき氷が良いですか?それとも、唯先輩の大好物のアイスが良いですか?」

食べる事は楽しいなぁ〜・・・でも、あずにゃん、そんなに用意されちゃったら、食べきれないよ〜。

「唯先輩、頑張って走ったから、凄い汗かいちゃいましたね!まずは冷たい物を飲んで落ち着きますか?
 それとも、汗をかいたままでは風邪をひいてしまうのでシャワーにしますか?それとも・・・わ・た・し?」

「えへへ〜、あずにゃん・・・何て大胆な・・・♪」
「何考えてるんだ・・・」

はっ・・・楽しい事と言われて、私はあずにゃんとのお楽しみを考えてしまっていた!
あんな事やこんな事・・・え、そんな事まで!?・・・でも、澪ちゃんの言葉で私は現実に戻ってきた。
想像だけでは物足りないので・・・マラソン大会が終わったら、あずにゃんにおねだりしようかな・・・。

「あっ・・・」

あずにゃんの事ばかり考えていたら、足を取られて転んでしまった。
待って・・・と声を出そうとしたけど、皆との距離はどんどん広がるばかり・・・。
結局、3人は心臓破りの坂を上り切り、背中が見えなくなってしまった。
私は足を擦りむいただけで、立ち上がれないほどのものではなかった。
だけど、ここまで走ってきた疲れと、照りつける太陽が私の体力を奪っていき、次第に意識も遠のいていってしまった。

「あずにゃん・・・」




何故だろう・・・。意識が遠のいていく瞬間まで、私はあずにゃんの名前を呟いていた。
今、あずにゃんはどこに居るかわからない。もしかしたら、もう学校に居るのかもしれない。
だけど・・・どうしてもあずにゃんの声が聞きたくて、助けてもらいたくて、ここに来てほしくて・・・。
ただただ、あずにゃんの名前を呼んでいた。


「・・・ぱい・・・せんぱい・・・」

あれ・・・何だろう・・・。何か・・・凄く愛しい声が聞こえる・・・。
真っ暗な所に・・・一筋の光が見えた。そこから聞こえる、私の大好きな人の声・・・。

「唯先輩・・・しっかりしてください、唯先輩・・・!」
「あ・・・あずにゃん・・・?」

一筋の光の先から、私の大好きな人が見えた。これって・・・夢じゃないよね・・・?

「唯先輩、大丈夫ですか!?」
「あずにゃん・・・ここ・・・は?」
「マラソン大会のコース近くの公園です!唯先輩が道で倒れていたので、公園の日陰のある場所まで抱えてきたんです!」
「そうなんだ・・・ありがとう、あずにゃん・・・」

心配そうな顔をして、私を覗き込むあずにゃん・・・後輩に心配かけさせちゃうなんて、ダメな先輩・・・だよね。

462 :唯梓の秘密のマラソン大会:2010/07/16(金) 03:09:03 ID:d5lPLu3NO
「心配かけさせちゃってゴメンね・・・」
「気にしないでください・・・私、唯先輩が無事だっただけで良いんです・・・。純から唯先輩が居なくなったって聞いた時、本当に心配で・・・」
「あずにゃん・・・ゴメンね・・・」
「唯先輩の姿を見つけた時、私が助けなきゃ!って必死でした。必死故に、こんな事しちゃってますけど・・・///」
「ふぇ・・・?」

そういえば、何か頭の感触がおかしいような。とっても気持ちいいというか、落ち着くというか・・・。

「あずにゃん・・・もしかして、これって・・・」
「はい・・・膝枕です・・・///」

今、私・・・あずにゃんに膝枕をしてもらっているの・・・!? 
膝枕って聞いて、意識が完全に戻っちゃった。それに、マラソン大会の疲れが一気に吹っ飛んじゃった。
ずっと走っていたから、体が熱く感じていたけど、それとは違う、体の火照りをジワジワと感じていた。
だけど・・・せっかくのこの時間を失いたくないな・・・。

木陰に吹いてくるそよ風がとても気持ち良いなぁ。さっきまで辛かったのに・・・今は凄く幸せな気分だよ。

「ねぇ、あずにゃん・・・膝枕、とっても気持ち良いよ♪」
「ほ、本当ですか?///」
「うん・・・何だか、こうしてると恋人みたいだね///」
「こ、恋人・・・って、何言うんですかぁ///」
「あ、あずにゃん、顔赤いよ?」
「ゆ、唯先輩こそ・・・顔赤いですよ!」
「私は・・・暑くてまだちょっと具合悪いから・・・」

な〜んて嘘。照れ隠しだけど、ちょっと強引だったかな。
実際は、火傷しちゃうくらいに体が熱くなってるんだよ。こんなの、あずにゃんのせいだからね・・・。

「あっ・・・日射病対策で、スポーツドリンク買ってきたんです!・・・これ、飲んでください!」

・・・私、今病人って事になってるんだよね。病人なら、ちょっとは甘えても・・・許されるよね。
あずにゃんなら、きっと応えてくれるはず・・・♪

「あずにゃん・・・それ、飲ませて・・・」
「飲ませて・・・って、どうやってですか!?コップとか持ってないですよ・・・?」
「それは・・・あずにゃんの・・・口移し・・・」
「なっ・・・!?何言ってるんですかぁー!!」
「わ・・・私・・・あずにゃんからの口移しじゃないと・・・もう・・・死んじゃぅ・・・」
「何で急に弱ってるんですかぁー!!」

ここはちょっと演技であずにゃんを押してみる。あずにゃんって、結構押しに弱いからなぁ。
言葉で押して、ちょっと目を潤ませて・・・表情でも押してみよう。

「あずにゃ・・・もう私・・・ダメ・・・」

弱々しくあずにゃんの体操服に手をかけてみた。行動でもさらに押してみる。
すると、あずにゃんも観念したのか、小さな声で呟いた。

「うぅ・・・わかりました・・・。で、でも・・・一回だけですからね・・・」
「うん・・・」

463 :唯梓の秘密のマラソン大会:2010/07/16(金) 03:12:00 ID:d5lPLu3NO
そう言うと、あずにゃんはしきりに周りを気にし始めた。そりゃそうだよね。
真っ昼間から公園で女の子同士が膝枕で口移しの為にキスなんて・・・どう見てもバカップル・・・というか変態さんだよね・・・。
だけど、それを大好きなあずにゃんに要求するなんて・・・私って罪な女・・・♪
キョロキョロしながら、あずにゃんはスポーツドリンクを口に含み、私の口に注入してきた。

「ん・・・ちゅ・・・んぅ・・・」
「・・・んぅ・・・・・・・・・はぁ、はぁ・・・ど、どうですか、唯先輩・・・///」
「あずにゃんの味がして・・・美味しかった」

あずにゃんからの口移しは、私にとっては至高の味だよ。この味を楽しめるのは・・・世界でも私だけ♪
・・・なんて考えたら嬉しくなってきた。
あずにゃん・・・もっと、もっとこの味を欲しくなってきちゃったよ。

「それじゃあ、これでもう大丈夫ですね・・・///」
「あずにゃん・・・おかわりが欲しいなぁ・・・」
「こ・・・ここじゃダメです///」
「えー、今じゃないと、私・・・死んじゃ・・・」
「またですか・・・」
「今欲しい〜!」

私はすっと起きあがり、勢いよくあずにゃんの肩に手をおいた。
すると、その勢いのままあずにゃんを押し倒す形になってしまい、あずにゃんに覆い被さってしまった。

「ゆ・・・唯先輩・・・元気じゃないですか///」
「あずにゃんの特製スポーツドリンクのおかげで、元気になったの・・・」
「そう・・・ですか・・・」
「私の特製スポーツドリンク・・・どう? あずにゃんも元気になれるよ・・・?」
「お、お願い・・・します///」

私達は誰にも邪魔されず、2人だけの時間を堪能した。
今日って何の日だったっけ?って思うくらいに、このかけがえのない時間を味わえた。
そう、誰にも気付かれずに、2人だけの時間を・・・。


「澪、ムギ・・・私達・・・何を見てるんだろう・・・」(゜д゜;)
「居なくなった唯を探して・・・そしたら、公園で唯と梓が・・・いや、何も見てない事にしよう・・・」(・∇・;)
「こ、これは・・・撮影をしておかないと・・・!あ、これは個人で楽しみますので悪しからず♪」(´д`*)


今日の出来事は、澪と律の心の中と、ムギのムービーカメラの中にそっと残され、以降軽音部メンバーの前で話に出る事はなかったという。


END

464 :463:2010/07/16(金) 03:19:57 ID:d5lPLu3NO
暑さで脳がやられちゃってるな。
…勢いで投稿して、反省している。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 03:22:56 ID:fSdnncdSP
いいじゃないかGJ


某SS書きの人は、一晩寝かせて翌日になってもうpする気があったら上げるって聞いたw

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 06:17:27 ID:KM/by5PR0
ゆいあず成分が放送されないと溜まるのだな

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 07:11:34 ID:lmMlk5BgO
>>464
朝っぱらからなんて物を見せ付けてくれるんだいw
GJ!!!!!

468 :435:2010/07/16(金) 10:38:42 ID:4szocW2o0
まったく、スレがすっかりネガティブな空気になっちまったからポジティブ方向に持ってこうとしたのに
SS連投でとんだ用無しだよ!www

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 19:56:42 ID:8DTAdjBQ0
三本ともぐっじょぶ!

>>460
その言、俺は評価させてもらうぜっ

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 21:17:46 ID:Xw54QLFS0
みんなGJ!
最近夏の準備で書いてる暇が無いんだぜ…

今年の夏はきっと豊作に違いない

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 23:38:52 ID:QP9qq//Z0
http://viploader.net/ippan/src/vlippan124334.jpg

エロじゃないからセーフですよね

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 23:46:05 ID:RoTYLCOK0
むかしむかしある所に一人の心優しい女の子がおりました。その子の名前は平沢唯よいいました。唯は大変器量のいい妹を持っていましたが、あまりにも妹に頼り過ぎなため、家を追い出されてしまいました。
唯が道ばたの切り株に座って一休みしているとそこに長靴をはいたあずにゃんが現れました。
「あれ?唯先輩。こんな所に座り込んでどうしたんですか?」
「あ〜、あずにゃん。実はカクカクシカジカ四角いムーブなんだよ〜」
唯は梓に事情を説明しました。
「はあ〜まったく、仕方がない先輩ですね〜」
「う〜頼りになるのはあずにゃんだけだよ〜...」
「そうですね。まず私にそのお菓子を下さい」
そういって梓は唯が手に持っているクッキーを指差しました。
「え〜、あずにゃん食べちゃ駄目だよ!」
「違いますよ。まあ、任せて下さい」
そういって梓はこの国を治めている王様のところへ向かいました。

王様のお城に着いた梓は王様にクッキーを献上しました。
「あら、これは美味しそうなクッキーね?誰からの献上品かしら?」
「唯伯爵からの贈り物です」
「なるほど、ありがとう」

それから梓は唯の所に戻りました。
「あ〜あずにゃんおかえ...」
「唯先輩。服を脱いで下さい」
「......え”......」
唯は笑顔のまま固まりましたが梓はそんな事に構っていられません。真っ赤になりながら手早く服を脱がし、唯を池に突き落としました。
「酷いよあずにゃん!なにするの!」
「まあまあまあ、見ていて下さい」

そういって梓は道に出ると、王様の馬車がやってきました。梓は道路に飛び出ると
「大変です!唯伯爵が水浴びをしている最中に泥棒に持ち物を全て取られてしまいました!」
と叫びました。
王様は驚いて馬車を止め、唯に服を与え、馬車に乗せました。
「あら、あなたが唯伯爵ですね?クッキーをありがとう」
「え?ああ、はいはいあれですね!」
唯は最初戸惑いの表情を浮かべましたが、となりの梓につねられて慌てて誤摩化しました。
「あなたはこの辺の貴族なの?」
「いいえ、ここから東に少し行った所に大きな領地を持っています」
口ごもった唯にかわり梓が言いました。
「あら、そうなの」
「今度是非、伯爵のお城にいらして下さい。ごちそうを用意してお待ちしています」
「それは良いわね。今度姫と一緒に行ってみる事にするわ。ね?紬」
「え?あ、は、はい」
お姫様はイケメンの唯に一目惚れしてしまったのです。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 23:48:13 ID:RoTYLCOK0
さて、馬車から唯達はひとまず東のお城に向かいました。
「あずにゃ〜ん、あんな事言っちゃって大丈夫なの?それにここは鬼がすんでるって話だよ」
「唯先輩は心配しすぎです。少しだまってて下さい」
「う〜ん,,,」
まず梓はそこらの農民に話しかけました。
「ねえ、そこの農民?」
「は、はい!なんでごぜーましょうか!?」
「これから王様が馬車で通るから誰の土地か聞かれたら『唯伯爵の土地でございます』と言いなさい」
「え?でもここはさわty...鬼が治めてる...」
「わ・か・っ・た?」
「は、はい!よくわかりました!」
そういって農民はとてもいい返事をしました。
しばらく進むとまた農民に出会いました。梓はさっきと同じ事を言い、どんどん進んでついに鬼の住んでいるお城に着きました。
梓は鬼に会って言いました。
「あなた様は昔音楽をやっていたそうですね?ぜひとも拝聴したいのですが」
「あら!いいわよ!」
そういって鬼はバッチリメイクを決めて一曲演奏しました。
「どうだったかしら?」
「それよりもこのバッチリメイクをきめた写真をバラまかれたくなかったらこの城を明け渡して下さい」
「ひいい〜それだけは勘弁して〜!」
初対面のはずなのに何故か鬼の弱点を把握している梓は城を手に入れました。
そうして唯に立派な服を着せ、ごちそうを用意しました。
「あずにゃん!ここまでしてくれるなんてありがとう〜!」
「わ、私は別に自己満足のためにやってるにすぎません!」

そのころ王様は馬車で唯達の所へ向かっている途中でした。王様は時々馬車を止めて
「ここは誰の土地?」
と尋ねましたが、農民は決まって
「唯伯爵の土地でごぜーます!」
と返事しました。
「唯伯爵は大きな土地を持っているのね。紬と結婚させてもいいわね...」
「やだあ〜結婚だなんて//」
こうして王様は唯達の城に到着しました。
「唯伯爵の城へようこそ!」
「あなたの主人は中々の土地をもってるし、立派な人間ね。姫も気に入ってるみたいだし、婿(?)になってくれないかしら?」
王様は梓に言いました。
梓はしばらく考えた後一言
「やっぱり駄目です!唯先輩は私のものです!」
と言ってお城の中にかけて行ってしまいました。
梓は唯のいる部屋の扉を押し開け、窓辺にいた唯と向かい合いました。
「あずにゃん...全部聞こえてたよ...」
「わ、わたし実は唯先輩の事が,,,」
「私もだよ、あずにゃん...

そうして唯と梓は結婚して幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 00:29:44 ID:Ji05c6kd0
なんか笑った


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 00:34:00 ID:W3mRs0YE0
>>473
なんかほのぼのした
俺こういう昔話系好きだからよかったよ、GJ!

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 01:06:27 ID:kPLYr0OT0
梓「んー・・・唯先輩に対しては憧れみたいなのがありますけど」

梓「天才肌っていうんですか?高校入ってギター始めてあれですからね。一応認めてるんです」

梓「まぁ練習あんまりしないところはハッキリいって嫌いです。イライラします」

律「ふーん」

ザバァー、ザバァー

律「私は梓と楽器が違うから私の凄さがわかってないだけだな」

律「もっと先輩を敬え!」

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 03:28:30 ID:fAuPetWL0
>>471
梓のタイの色が水色になってるということは、梓が着ている制服は実は唯の物で…

と勝手に脳内補完。

478 :備えあれば憂いなし?:2010/07/17(土) 05:29:52 ID:N63i5wSh0
「では、今日はお疲れ様でした」
「お疲れー。あ、そうだあずにゃん。今度の日曜日空いてたら私の家に来てくれない? 来年に向けての練習したいんだけど」

帰り道での別れ際、唯先輩が休日練習を提案してきた。

「日曜日ですか? もちろんいいですよ。それでは今日はお疲れ様でした」

突然の申し出だったけど、幸いなことに特に予定はなかったし断る理由もないから私はその誘いを快く受け入れた。

「じゃあね」

約束が成立し意気揚々と歩いていく唯先輩を見届けて、私はついさっき出来たばかりの予定をスケジュール帳に書き込もうとした。
そのとき、唯先輩の言葉の中に違和感を覚えさせる部分があったことに気づいた。

――『来年に向けて』ってどういうことだろ? ……まあ、ギターの練習には違いないよね。

私はそんなに深く気にすることなく日曜日の欄を埋めて家路を急いだ。


そして約束の日曜日――

「それじゃさっそくやりましょうか」

唯先輩の部屋に入るなり、私は背負ってきたギターケースを肩から下ろし準備に取り掛かろうとした。

「待って、あずにゃん」

だけど何故か唯先輩はそんな私にストップをかけた。

「え? でも練習って……」
「そう、練習だよ。それじゃあずにゃんはそこに座って。それじゃいくよー」

ちょっと唯先輩、『いくよー』って何をですか?
私が質問を投げかける前に唯先輩はその疑問に答えてくれた。

「梓せんぱーい!」

……その答えのおかげでより多くのハテナマークが頭の中をぐるぐるまわることになったんだけど。

「え? え? 何ですか?」
「うーん、中野先輩のほうが良かったかな? あずにゃんはどっちがいい?」

突然のことに困惑する私なんかどこ吹く風。
唯先輩は私をおいてけぼりにして話を進めていく。

「えっと、梓先輩のほうが……じゃなくて! いったい何なんですか?」

私の質問を受けてようやく唯先輩はさっきの答えの解説をしてくれた。

「今年は残念だったけど、来年はきっと軽音部に後輩が入ってくると思うんだ。
 でもそのとき私たちは卒業しちゃってるからあずにゃんがその後輩を引っ張っていくことになるでしょ。
 だけど、あずにゃんってあんまり後輩と接する機会がなかったと思うから、そのときに向けての練習だよ」

なるほど、頭の中の点が全部繋がった。
『来年に向けて』ってのはそういうことだったんですね。
決して悪ふざけなんかじゃなくて本当に私のことを考えての行動なんだろうけど、この人の考えることはたまに斜め上をいくなあ。
まあ、それが唯先輩らしさだったりするんだけど。
よし決めた、今日は唯先輩の『練習』にトコトン付き合おう。
せっかく私のためにやってくれるんだから。
 

479 :備えあれば憂いなし?:2010/07/17(土) 05:38:19 ID:N63i5wSh0
「じゃあ練習始めようか。私のことは後輩のつもりで『唯』って呼んでいいからね。それじゃ……、梓せんぱーい!」

聞き慣れない呼ばれ方だからか、背中にムズ痒さが走る。
うーん、これは意外と練習させてもらって正解だったかも。

「何ですか、唯さん?」

いざ自分の中にある先輩像を演じてみようとするけど、何かおかしい。
こんな喋り方、私のキャラじゃないな。

「違うよあずにゃん。私は後輩なんだからもっと上から目線でいかないと」

唯先輩も同じような感想を抱いたみたい。
でもアドバイスの仕方がどこかずれてるような。

「上から目線、ですか? もっとこう、フレンドリーに、ってことですか?」
「そうそうそれそれ、『何ですか』なんてよそよそしいよ。それに後輩に『さん付け』なんてあずにゃんのキャラじゃないよ」

唯先輩の中で私はどういうキャラとして位置付けられてるんだろ?
確かに自分でもそんなキャラではないとは思いましたけど。

「そうだねえ、あずにゃんのキャラ的に……、『どうしたの、唯?』って感じかな? それじゃ、あずにゃん言ってみて」
「えと、それでは……、どうしたの、唯?」
「うん、いいねー。じゃあもっとやっていきましょうか、梓先輩!」
「はい、わかりまし……じゃなかった。うん、わかったよ、唯」

そんな感じでその日はギター練習よりもはるかに多くの時間が唯先輩発案の『練習』に割かれて一日が終わった。

「いやー、今日は楽しかったよ、先輩風あずにゃんが見られたし。あずにゃんはどうだった?」
「はい、私も逆に後輩風な唯先輩が見られましたから新鮮でしたし、意外といい予行練習にもなりました」
「でしょ。じゃあさ、またいつかこの『練習』しようよ?」
「いや、ギターの練習をしましょうよ……」
「えー」

私の消極的なリアクションに唯先輩は少し不服そう。
でもそんな顔したってダメです。
そもそも私は今日ギターの練習をするつもりだったんですよ。
だけど、いざやってみたら唯先輩の『練習』も結構楽しかったなあ。

……たまにはこんな『練習』もあり、かな?


おわり!

>>477の書き込みから
梓が唯先輩の服を着てる→梓が先輩の服→梓先輩、との着想に至りました。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 05:43:55 ID:kQyz6A0gO
>>473
結末どうするのかと思ってたら、しっかりと変えてて良かったw
GJ!!!

>>479
この短時間でこれだけの物を考えつくとは……ただ者ではないなw
先輩後輩逆転もなかなか良いですね〜
GJ!!!!

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 13:18:51 ID:iySS+gg+0
こ、ここは天国ですか!?

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 20:59:14 ID:p0ybMC3L0
唯は皆に平等に接しながらも実は梓を一番大切に思っており
梓は唯に対し冷たく接しながら実は一番慕っている
↑のような関係が好きだ
個人的に梓を唯にデレデレキャラにしなかったのは大正解だと思ってる
多分それだと唯梓を好きになる事は無かっただろうな

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 21:41:14 ID:GFOf1cMT0
原作でもわかるように梓は本当に澪が好きなのにねえ・・・。
なぜかアニメだけプッシュされてる。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 21:42:09 ID:GFOf1cMT0
>なぜかアニメだけプッシュされてる。

なぜか唯梓はアニメだけプッシュされてる。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 21:48:27 ID:Ji05c6kd0
ぶっちゃけ今の原作だと梓は澪より紬寄りだからこのスレにはそっちで煽った方が効果あるよ?
梓澪は終わったコンテンツ。今は紬VS唯の時代

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 21:52:15 ID:W8cs31Yr0
梓「けんかを〜やめて〜二人をとめて〜私のためにあらそわないで〜」

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:04:12 ID:b2J5bi5U0
原作も梓は澪よりってことないからな。
アニメは最高だな。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:20:18 ID:kPLYr0OT0
×紬VS唯
○梓紬厨VS唯梓厨

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:21:06 ID:p0ybMC3L0
唯梓のバースデーギフトはまだ先か…

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:24:35 ID:GFOf1cMT0
終わってないし。今でも梓は澪が好き。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:27:14 ID:eb96rl/8P
前も言ったけどこんなとこまで出張するしか居場所がない澪梓厨が終わコン過ぎて可哀想だから誰かスレ立ててやれよ…(つД`)

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:27:21 ID:Ji05c6kd0
なんだいつものかまってちゃんか。
そろそろ友達作らないと夏休みに楽しい思い出とかつくれないぞ。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:32:33 ID:PDC4TZlW0
唯「んもう、澪ちゃんからムギちゃんに乗り換えちゃうあずにゃんって、なんて罪な子なのかしらんっ(はぁと)」
梓「だ、誰にでも抱きつく唯先輩にだけは言われたくありませんっ!!」
唯「だってあずにゃん、私そっちのけで澪ちゃんやムギちゃんのトコへ行っちゃうんだもん」
梓「そ、それはっ…………!!」/////
唯「それは?」
梓「た…ただ、そ、そそそ相談したいコトがあって……」/////
唯「どったの? あずにゃん。顔、赤いよ?」
梓「………ゆ、唯先輩には言えないコト…です」/////
唯「あずにゃん…、私、そこまで頼りない……かなぁ」
梓「だ、だって、言える訳が無いじゃないですか!! 唯先輩のコトで相談し…………ハッ!!」
唯「あずにゃん……」/////
梓「唯先輩……」/////
唯「そこまで気にかけてくれてたんだね?! 私、すっごく嬉しい!!」抱きっ
梓「ふにゃあ!?」プシュー
唯「あずにゃん?」
梓「…………」(沸騰中)
唯「あれ? おーい、あずにゃん??」

澪「お二人さん、盛り上がるのはそこまでにして、そろそろ練習始めような」
紬「中々素敵な光景だったわ。ちゃんとフルHDカメラで最高画質で撮っておいたわよ?」
律「つーか、私はスルーかよ」

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:35:18 ID:W8cs31Yr0
梓「次は律先輩に手を出して唯先輩の出方を見るか」

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:47:38 ID:B6qajYtR0
梓は年上なら誰でもいい感がありすぎる

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:49:40 ID:DthRxdpq0
餌あげればホイホイついていく猫
それが中野梓です。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:51:34 ID:Qi9ml21b0
しかし梓は気付いた。
唯に抱き付かれているときが一番幸福だと。

「ゆ・・・唯先輩!」

梓は走った。けれども、既に唯の姿はどこにもなかった・・・。

ゆいあず! -THE MOVIE- 冬季公開予定

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:55:00 ID:DthRxdpq0
まぁいいや続けて

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 22:55:50 ID:p0ybMC3L0
>>497
前売り券はまだですか?

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 23:13:30 ID:W8cs31Yr0
梓「唯先輩映画見に行きましょうハァハァ」

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 23:29:34 ID:HGLt54sm0
澪梓厨必死すぎて笑ったw

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 23:34:29 ID:5pwJynXZ0
マッチポンプの対立厨とかでないなら、そういうのやめておこうな
反動で変なの呼び込むだけだし。
澪梓っぽい回が来ようものなら、ここぞとばかりに粘着されるハメになる

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 23:40:42 ID:iySS+gg+0
>>497
試写会はまだですか?

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 23:41:07 ID:9g8ZgC9J0
つまり、ここは唯梓の映画館デートを想像するべき場面か
そしてまた熟睡するあずにゃん

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 00:44:44 ID:Dsc0wxib0
唯は唯で映画そっちのけであずにゃんの寝顔をずーっと見ているというわけですね

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 01:10:55 ID:qKkerfSq0
その夢の中で唯に告白して付き合ってと薔薇色の人生を歩んでいくが
目覚めるとそこは元の映画館で映画が終わっていた

そこで自分の栄華など2時間ほどで終わる映画のように儚く短いものだと実感するんですねわかります

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 01:16:50 ID:0sng01+j0
海外旅行が当たった夢とどっちのほうが残念なんだろう

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 01:35:13 ID:8Xuz32yu0
http://iup.2ch-library.com/i/i0120046-1279384406.png
http://iup.2ch-library.com/i/i0120045-1279384406.jpg

ついにやっちゃったかー

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:11:28 ID:LNmKu/e80
>>508
ふう…

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:16:27 ID:n8sUwZOm0
あれ…?R18おkだっけ?この板

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:22:52 ID:18jGp0gr0
NGだったと思うけど、そもそもこのイラストはR18じゃないだろ

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:40:41 ID:f3zIjThg0
明確な基準があるわけじゃないけど、これくらいなら引っ掛からないと思う
個人的には、13話で唯が梓に抱き付いてそのまま体臭を味わう場面はR18でいいと思うんだ

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:47:55 ID:s13epXPa0
あのシーンは唯梓の健全さがあるからこそ許された絡みの気がする

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:50:19 ID:wdtXEYpG0
R17.99だな

唯梓のSSがたくさんある理由はこの二人の関係がすごくストーリー性に富んでいるからなんだよね
二人とも意識的ではないにせよお互いを特別視している
さらにアニメにおける丁寧な描写が二人の関係がどう進行するのかを期待させてくれる

個人的には普通のイチャイチャもいいけど苦難を乗り越えた末に結ばれるって話もいい

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 03:56:46 ID:4vEk2ZdCP
俺もそういうのは大好きだが
けいおんで苦難て男が出るくらい想像しにくいw

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 04:15:57 ID:s13epXPa0
・同じギター組
・先輩と後輩なのに上下関係を感じさせないむしろ逆転してる気が…
・だらしない先輩と何だかんだ言って世話を焼く後輩(個人的に最強)
・違和感なく両方がお互いに甘える描写が可能
・あずにゃんと呼ぶのは唯だけ
・誕生月が同じ
・帰り道が同じ
・後輩の梓が先輩の唯にギターを教えるという不思議関係
・梓の入部動機が唯へのあこがれ
・アニメでの梓の台詞(目の届く範囲にいてください等)
・内向的だった梓を引っ張っていく唯
・唯も梓もキャラを崩しやすい(酷過ぎるのも多いが)
・ほのぼの、シリアス、ふたなり(何故か多い)どれも書きやすい
・唯が一番抱きつくのが梓
・梓が一番気にかけているのは唯
・というか11話で梓は唯の水着姿をガン見し過ぎ
・身長差
・唯→主人公 梓→もう一人の主人公

思いついたのを羅列しただけでもこれだけパーツがあるからな
唯梓はやっぱり至高

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 05:35:10 ID:/X++MuMbO
あまり需要ないかもしれないけど、2期アニメの中で、「あずにゃん」「唯先輩」のセリフが
どれだけあるのか調べてみた。
唯が梓を呼ぶ時と、梓が唯を呼ぶ時のみだから、一文字ばあちゃんの「あずにゃんさん」や、
純の「唯先輩」などはカウント外としてます。

1話 高3!
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  10回          3回

2話 整頓!     「私物は持って帰るって約束でしょ!」初めて(?)唯に対してあずにゃんがタメ語
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  7回          3回

3話 ドラマー!   「ダメです。私の目が届く範囲に居てください」もはやプロポーz
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  3回          1回

4話 修学旅行!  (あずにゃんの出番なし)
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  2回          0回

5話 お留守番!  「あーずにゃん♪」「にゃん///」廊下だろうが妹の前だろうが、我慢できずにあずにゃんに抱きつく唯
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  3回          9回

6話 梅雨!     (あずにゃんと唯とギー太のトライアングルラブ)
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  5回          2回

7話 お茶会!
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  1回          0回

8話 進路!
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  1回          2回

9話 期末試験!  (伝説の最強ユニット・『ゆいあず』結成)
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  11回          6回

10話 先生!    (ファミレスであずにゃんの隣に割り込む唯)
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  1回          1回

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 05:39:18 ID:/X++MuMbO
11話 暑い!   「あ〜つ〜い」2人でほっぺスリスリ/唯の水着姿を横目で見るあずにゃん
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  5回          2回

12話 夏フェス! 「可愛いから良いじゃん♪」涙目の日焼けあずにゃんを唯がナデナデ
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  5回          5回

13話 残暑見舞い!「スン・・・スンスン・・・あずにゃんからプールの匂いがする〜」嫌がらないあずにゃん
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  9回          6回(うち、夢の中は4回)

14話 夏期講習!
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  1回          0回

15話 マラソン大会!
唯→あずにゃん   梓→唯先輩
  1回          1回

       トータル
  65回         41回

唯は毎回「あずにゃん」と言っているのに、あずにゃんは「唯先輩」と言わない回も・・・。
3の倍数の回は、唯とあずにゃんの絡みが多いから、もっと相手の名前を呼んでいるのかと思ったけど、
それほど多くないようで・・・。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 06:00:13 ID:wdtXEYpG0
>>517-518
いやいや需要あるよ
お疲れ様

5話の「唯先輩」の多さは梓の寂しさが見えていいね
13話の「あずにゃん」も意外と多いな
あずにゃん分が足りなくなってたのか

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 06:05:50 ID:64ilmJFi0
>>517-518
おぉ!よくカウントしたなぁーwww 乙です!

>>519
13話は3年組が勉強三昧で梓に会えなかったからねぇ……

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 16:44:04 ID:LGXORgKn0
やっとこさ規制解除
ゴールしたあとは梓がおしるこ食べさせてあげてほしかったな!

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 17:18:47 ID:B6KIaOTq0
唯「あずにゃんのお汁ー!!」 猛ダッシュ

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 17:37:08 ID:Ze64EQFnO
>>522
おひwww

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 19:58:48 ID:fzC9/UD80
小ネタ「虫刺され」

唯「痒いー」
梓「虫刺されですか?」
唯「うんー、寝てる隙に奴らが」
梓「虫よけとかしてないんですか?蚊取り線香とか」
唯「憂に頼んでみるー」
梓「そうしてくださいね」
唯「かゆいよーっ」
梓「あぁ掻いちゃダメですってば!」
唯「だってー」
梓「もうっ腕貸してください!」
唯「えっ」
梓「チュー♪」
唯「あず、にゃん?」
梓「その、消毒とでも、思ってくれればいいです」
唯「う、うん」
梓「掻いちゃダメですよ、効果薄れちゃいますから」
唯「大事にします…」
梓「わかってくれればいいんです」
唯「エヘヘ、あずにゃんだーいスキ♪」
梓「ん…///」



オワリ

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 20:15:20 ID:fzC9/UD80
小ネタ「素麺食べたい」

唯「素麺食べたい」
梓「それは唐突ですね」
唯「あずにゃんは素麺派?蕎麦派?」
梓「気分によりますけどどっちも好きです」
唯「私もー♪」
梓「聞く意味あったんですか」
唯「あずにゃん素麺食べようよ!」
梓「ムシですか。てか誰が作るんですか」
唯「憂に決まってるじゃん♪」
梓「……」
梓「それじゃあイヤです」
唯「どしてー?」
梓「別に憂が作るのが食べたくないわけじゃないです。
  けど、どうせなら誘ってくれた唯先輩に御馳走して欲しいんです」
唯「えー、でも憂みたいにできないよー」
梓「茹でる時間さえ間違わなければ唯先輩でもできますよ」
唯「そうかなー」
梓「じゃないと、一緒になんか食べてあげませんから」
唯「んーわかった、じゃあ頑張ってみる!」
梓「期待してますからね、唯先輩」
唯「そうだ!鮭フレーク入れてみよう!」
梓「どこにですか!てか絶対イヤです!」



オワリ
連投失礼します

ちなみに梓が言う「唯先輩なんか」は
褒め言葉だと思いますよ多分


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 20:46:19 ID:fzC9/UD80
小ネタ「こんな自分」

唯「うぁ〜アヅい」
梓「皆同じですよ」
唯「もうシにたい」
梓「じゃあ勝手にシんでください」
唯「ひっひどい!」
梓「ジョークです」
唯「笑えないよぉ…」
梓「そうですか?」
唯「あずにゃんに言われると余計にクルよ」
梓「ふぅん、唯先輩って案外脆いんですね」
唯「そうかもね」
梓「否定しないんだ」
唯「あずにゃんに言われたらそんな気がしてきたよ」
梓「……」
梓「まぁ、そんな唯先輩もイイですけどね」
唯「イイ?」
梓「虐め甲斐があって」クス
唯「うわぁ、なんか今日のあずにゃんダークだよぉ」
梓「そんな私はどうですか?」
唯「どうって…」
唯「……」
唯「イイんじゃない、かな」
梓「とんだドМがいたもんです」
唯「ひどいよあずにゃん!イヤなんて言えるわけないの知ってて!」
梓「アハハ、涙目な唯先輩可愛いです♪」
唯「もう、バカにして…」グス
梓「私も、どんな唯先輩だって愛してますよ」
唯「………」
梓「唯先輩?」
唯「卑怯だ。今日のあずにゃん悪魔だ!あくにゃん!!」
梓「わっ、痛い痛い!枕投げないでくださいごめんなさい!!」

ギャーギャードタバタ

1F
憂「私も混ざりたいなぁ」




今度こそオワリにします
どうもスミマセン

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 21:03:16 ID:Ze64EQFnO
オッケーオッケーw
いい感じだよぉ〜w

GJ!!!

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 21:08:15 ID:fzC9/UD80
言い忘れてましたが、
私、蕎麦派デス。帰ります


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 21:34:28 ID:1RB0hLCI0
>>526
GJ!
俺も昔話を改変する手抜k...SSを作る作業に戻るか

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 21:37:47 ID:B6KIaOTq0
唯がヒーロー要素を発揮してあずにゃんを助けるSSが読みたい

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 22:15:35 ID:k3U6mETm0
水着姿をガン見する梓とかよく見てんなおまえらw
やっぱ気にしていることには気づきやすいのか

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 22:27:03 ID:9+Bwmsw40
全キャラ好きなんだが唯梓が出た瞬間唯梓以外背景にシフトしてしまう俺の思考回路が怖いと同時に誇らしい

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:08:25 ID:1RB0hLCI0
>>532
え?唯と梓以外は脇役でしょ?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:13:27 ID:kgYWbv5Y0
唯梓は最高に好きだけど、別に他キャラ嫌いなわけじゃないんでそういうの勘弁

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:27:39 ID:cixWDFYc0
けいおんの中でとりわけHTTの5人は可愛いし、ゆいあずに限っては一緒の時の可愛さが倍増みたいな感じ。
とんちゃんは……ですが…。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:32:27 ID:9+Bwmsw40
唯梓の場合はセット的な人気が高いからな
PIXIVでも唯梓のみ描いてて単体では描いてないって人が意外といるし

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:35:56 ID:W/jurlJ40
te

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:38:53 ID:W/jurlJ40
>>536
確かに気づくと唯梓ばかり描いてる

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:25:00 ID:POOC2YcD0
深夜にこっそりと……

どもども、以前に『最終回「門出!」』を書いた者です
ノリで書いた次回予告がwikiにも載ったので、責任取って続編書きましたw
ですが、あまりにも長くなりすぎたので、ABCの3パートにわけてUPします
てなわけで

番外編「ウェディング!」 Aパート

本文8スレほど使いますねー


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:25:15 ID:POOC2YcD0
えーっと……これは一体何なんだろ……?
隣の梓を見ると、同じように呆然としている。

私の目の前に並んでいるのは『純白のタキシード』。それも数え切れない程の。
梓の目の前にも、同じくらいの『純白のウェディングドレス』が並んでいる。

「さぁさぁ、唯はこっちに来て〜」
「梓ちゃんはこっちよぉ〜」
私はりっちゃんに手を引かれ……いや、引きずられながら、タキシードの海へと連れていかれた。
梓もムギちゃんに引きずられて、ウェディングドレスの海の中に消えて行った。

……なんで、こんな事になったんだっけ……?

番外編「ウェディング!」 Aパート

「えっ?ムギちゃんそれホント!?今度のPV撮影は海外でやるの?」
「そうよ〜。この前旅行に行ったら、今度の曲のイメージにピッタリな場所があったの〜」

今私達が居る場所は、事務所の会議室。『新曲のプロモーション会議』という名目のお茶会を楽しんでいる真っ最中。
ちなみに出席者は私達メンバー・マネージャーの太田さん・衣装担当のさわちゃんの七人。
あ、そうそう、さわちゃんは今年から『先生』じゃなくて『衣装のデザイナー』をやってるんだよ。
おまけに太田さんとこの前結婚したばかりの、新婚ホヤホヤさんなんだ〜。

「なぁなぁ、ムギ〜。『新曲のイメージにピッタリ』って……今度の曲、わざわざ海外に行ってまで撮影する必要あるのか〜?」
う〜ん……確かに、りっちゃんの言う通りなんだよねぇ〜。
今度リリースする新曲は、再来月発売するHTT初のカバーアルバムからの先行シングル。『岡村靖幸』さんの『だいすき』って曲。
歌詞を思い出してみても……やっぱり海外ロケする必要なんて無い気がするなぁ。
「わ、私も、そう思う、ぞ……。そんな、わざわざ、飛行機に、乗ってまで……」
「おんやぁ〜?みおしゃんは飛行機が恐いんでちゅかぁ〜」
あ……そんなこと言ったら……。

予想通り、りっちゃんの頭には大きなたんこぶが出来ましたとさ。

「あの……私もそう思います。ムギ先輩、何で海外なんですか?」
梓は今でもみんなの事を『先輩』と呼び、敬語で話す。なんでもその呼び方が一番しっくりとするんだって。
「唯も、そう思うでしょ?」
でも、私にだけは呼び捨てで、普通の口調で話してくれる。……これってやっぱ、『愛』だよねぇ〜。
「……ねぇ、唯ってば!」
「ふぇっ!?あ、あぁ、ゴメンゴメン……。うん、私もそう思う」
いけないいけない、思わずボーッとしてしまった。最近多いなぁ〜。

「何で海外に行くか。それにはちゃんとした理由があるのよ」
理由ねぇ……何かイベントでもあったっけか?
周りを見るとみんなも考えていた。
「ふふっ、それはね、さわちゃん達の新婚旅行を兼ねているからなのぉ〜」
ふーん……新婚旅行ねぇ……そういや、結婚してからずっと忙しくて、そんな暇なかったんだよね〜。
……へっ?……えっ!?えぇぇぇーーーー!!!
「新婚旅行!?」
あ、私より先に澪ちゃんに言われちゃった。
「そうよ〜。だって、ずっと私達の為に働いてきたでしょ?だから、そのお礼も兼ねてなのよ」
「そっか〜、二人にお礼かぁ〜。ムギ、ナイスアイデア!」
「本当、素敵です!流石ムギ先輩!」
むぅ……梓ってば。そんなに褒めなくても良いじゃん……恋人の目の前なのに……。
でも、本当に良い考えだと思う。私達の為にずっと頑張ってきた二人だもんね、これくらいのお礼はしなくちゃいけないよね。
……あれ、当の二人の声が聞こえないなぁ〜、どうしたんだろ?
そう思って二人を見ると、何故か共に呆然としていた。
「さわちゃ〜ん、太田さぁ〜ん。大丈夫ですかぁ〜?」
「はっ……、え、えぇ、だ、大丈夫、よ」
「ちょ、ちょっと、びっくり、しただけ、ですよ」
ありゃりゃ、二人共あわてふためいてる。まぁ、しょうがないよね〜。いきなりそんな事を言われちゃったら、多分、私や梓でも同じ感じになっちゃうだろうし。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:28:10 ID:POOC2YcD0
「ところで、その撮影って何処でやるんだ?」
「んーとね、飛行機が苦手な澪ちゃんには悪いんだけど……、日本のほぼ反対側、オランダよ」

あ、澪ちゃん固まっちゃった……。



『この度は、KLMオランダ航空をご利用頂き、誠に有難うございます。私、機長の……』
「……って言っているのよ。ね、日本語と一緒でしょ」
「そうなんですか……相変わらずムギ先輩はすごいですね。私なんか英語で精一杯なのに、オランダ語までわかるなんて」
「ちょっとだけよ、梓ちゃん。ホントに日常会話程度だから」
いや、その『日常会話程度』ってのが凄いんですってば。
その言葉を飲み込みつつ、通路を挟んだ隣を見た。
そこには私の恋人である唯が、フルフラットのシートで幸せそうな寝顔を見せている。
いまは、しっかり寝ておきなよ……唯。いくら映画のサントラを任されているからって、毎日朝早くに出て日付が変わってから帰る生活じゃ、いつか体を壊しちゃうよ……。
「梓ちゃん、唯ちゃんが心配?」
「えっ!?あ、はい……心配、ですね……。昨日……日付的には今日か。帰ってきたのは午前2時過ぎでしたし」
「そんなに遅くまで?……サントラのお仕事って、大変なのね〜」
「ええ……。でも、最近の唯は頑張りすぎです。このままじゃ体を壊しちゃいます」
「そうよね〜、あんまり根を詰めるのも考え物ね〜。梓ちゃん、なるべく栄養が詰まったご飯を食べさせてあげてね」
「はい、家で食べられる時は必ずそうしています。出かける時は必ずお弁当を持たせていますし」
そう、私は唯のために必ずお弁当を作って持たせている。晩御飯が外食になってしまうと、どうしても栄養が偏るからだ。
せめて、一日一食位はちゃんと栄養バランスが整った食事を食べてもらいたいからね……。
「あ、それって……、前に唯ちゃんが言っていた『梓特製弁当』の事?たまたま事務所で会った時に見せてもらった事があるんだけど、ちゃんと栄養バランスもしっかりとしていたわね〜」
……え゛!!マジですか!?私が作った愛情弁当ならぬ『梓情弁当(あずじょうべんとうと読む、唯命名)』を見たんですか!?
思わぬ衝撃発言に固まってしまった私をそのままに、ムギ先輩は話しを続けた。
「そういえば、彩りも良かったわ〜。物凄く『愛』を感じられるお弁当だったから、なんか、とても羨ましかったなぁ〜」
「は、はぁ」
「あ、そうだ!梓ちゃん、今度みんなで出掛ける時、それぞれにお弁当を作っていかない?……愛情たっぷりの物を」
「……えっ、あ、はい、良いですよぉ〜」
予想外だったなぁ〜、まさかムギ先輩からあんな事を言われるとは思わなかったよ……。
……あれ?私、今、何を、約束したんだろ?……お弁当を作るだけ、だよね、多分……

〜♪〜♪

あれ?なにかのメロディーを口ずさんでいる人がいる……誰だろう?……って、唯!?
「あれ?唯、起きたの?」
しかし唯は私の問い掛けに答えず、ポケットの中からICレコーダーを取り出し、口許に当てて先ほどのメロディーを再び口ずさんだ。
「……寝ながら曲のアイデア吹き込んでる……」
「えっ?……まぁ、器用ねぇ〜」
器用なんだかどうなんだか……、寝ている間にアイデア吹き込む人なんて、私初めて見たよ……。
「それだけ、今度の仕事に力を入れているのね」
「きっと、そうだと思います。サントラの仕事を受けた時、物凄く喜んでいましたし」
あの時の喜び様は、私が唯のプロポーズを受けたとき以来だったなぁ〜。……そっか、それだけ『大切』なんだね……。
「梓ちゃん、みんなも仮眠してるみたいだし、私達もそろそろ仮眠しましょ」
ムギ先輩に言われて見回すと、さわちゃんと太田さん、澪先輩と律先輩がそれぞれ仲良く寝ている。
まぁ、実際には隣同士の座席だから、手摺りの分若干離れてはいるんだけどね。
「そうですね……着いてから辛くなっちゃいますよね。それでは、ムギ先輩、お休みなさいです」
「お休みなさ〜い」

私はムギ先輩の隣の座席から立ち上がり、自分の座席に移動した。
隣には、いつもと変わらない寝顔の唯がいる。
……あれ?唯ったら、ICレコーダー出しっぱなしじゃない……もぉ、しょうがないなぁ〜。
「無くしたら、大変だよ」
私はそっと唯の側に近付き、ICレコーダーを取り、唯のポケットへ入れ……ようとしたけれど、その前に、一つだけ。

それは、今思い付いた、ちょっとした悪戯。
でもね、それだけ唯の事を心配しているんだからね
それに気付いた時、どんな顔をしてくれるのかな?
私の大好きな『照れた笑顔』だったらいいなぁ〜。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:28:39 ID:POOC2YcD0
そんな事を考えながら、私は録音ボタンを静かに押し、マイクに向かってそっと囁やく。

「あんまり無理しないでね……愛してるよ……唯」



ん〜っ!!
「着いたぁ〜!!!」
私は約12時間のフライトで固まった体を伸ばしながら、大声で叫んだ。
「おい唯……恥ずかしいからあんまりはしゃぐな……」
「そんな!澪ちゃん、オランダだよ!チューリップと風車とミッフィーの国だよ!なんか、楽しそうじゃん!」
「いやー、それだけじゃ無いと思うぞー」
りっちゃんが小声で何か言っていたけど、そんなの関係無し!入国審査も無事済んだんだし、タップリと睡眠も出来たし。ちょっとくらいはしゃいでも……良いよね!!

「みんなー、こっちこっちー!!」
手を振るムギちゃんの方を見ると、そこには一台のマイクロバスがあった。なるほど、これで移動するんだね。
「楽器とかは全部積み込んであるわよ。みんなも確認して〜」
「どれどれ〜、ふむふむ、ちゃんとギー太・ムッタン・エリザベス・とらちゃん(ムギちゃんのキーボード)・ひっくん(りっちゃんのドラム)の五人揃っているねぇ〜、よしよし」
「唯……出来れば『楽器名』で確認して欲しいんだが……」
「ふぇっ?ちゃんと『楽器の名前』だよ、澪ちゃん」
「いや……そうじゃなくてだな……」
「お〜い、そこのお二人さん!確認終わったかぁ〜?」
「あ、もうちょっとで終わるよ〜!」
澪ちゃんはまだ何か言いたそうだけど……みんな知ってるんだよ。澪ちゃんがベースのお手入れしてる時、小声で「エリザベス……気持ち良い?」って言ってるの。

「お待たせしました!りっちゃん隊長殿!ムギちゃん副隊長殿!」
「うむ!ご苦労!」
「ごくろう!」
私が二人に敬礼すると、二人もそれに答えてくれた。もう少しで20代半ばになる私達だけど、こんなふうにふざけ合って笑い合える……なんか、嬉しいな。
「唯、楽しい?」
不意に後ろから梓に声をかけられた。
楽しいかって?そんなの決まってるじゃん。
「うん!スッゴく楽しいよっ!!」



スキポール空港からアムステルダム中央駅、そこで乗り換えてユトレヒト中央駅へと約50分の道程。
車の方が楽じゃないのかな〜と呟いたら、ムギ先輩が「車だと7〜80分かかっちゃうから、電車の方が楽よぉ〜」と答えてくれた。
うーん、経験者が居ると頼もしいなぁ〜。……あ、そうだ。
「ところで、なんでユトレヒトに行くんですか?」
「あ、言ってなかった?今日は到着初日だから、のんびりと観光するのよ」
「はぁ、そうだったんですか。んで、その様子をこのハンディーで撮影して、PVに使う……と」
「そ〜ゆ〜こと」
私の手元には、一台のハンディーカメラ。私達二人、さわちゃん夫妻、そして先輩方三人のそれぞれが一台ずつ持っている。
「そうそう、一昨日これ受け取った時に、ムギ先輩が『好きなように撮影していい』って言いましたよね」
「ええ、そうね」
「お陰で昨日は大変だったんですよ〜」
「あら、そうなの?どうして?」
「えっとですね……朝から色々と撮りまくっていたんですよー」
「そうなんだ〜。何を撮っていたの?」
「朝ご飯とか……、準備をしている所とか……、空港に着くまでちょこちょこと撮ってましたねー」
「本当に〜?あ、ねぇ、日本に帰ったらみんなの撮った物を見せっこしない?」
「……ふぇっ!?あ、でも、それは……」
「おぉっ!ナイスアイデアだな!ムギ!」
り、律先輩……。
「そうだな、私も唯やさわちゃんの撮る映像を見てみたいな」
澪先輩まで……。
「ね、そうしましょう、梓ちゃん」
「えっ、でも……」
「別にいーじゃん、それとも……見られたら困る映像でも撮るつもりなのかなぁ〜?」

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:29:06 ID:POOC2YcD0
「り、律先輩……そんな事は……しないですよ……」
「じゃぁ良いんじゃないか?」
「澪先輩……はい……わかりました……」
私は不承不承ながら頷き、隣で安らかな寝息を立てている唯を見つめた。

困る訳じゃ無いけど……唯……やっぱりあの映像は……恥ずかしいよ……。



……ん……ぁふ……ぁ……
……今……何時……?
私は、瞼を閉じたままで枕元の時計を探り当て、重い瞼を 少し開いて時間を確認し、再び瞼を閉じる。
6時半か……、そろそろ、起きて、朝ご飯の、支度しなきゃね……。
「……ん……んん〜っ!」
俯せに寝ていた身体を起こし、猫のような伸びをして目を開け……。
「ふぇ?えっ……!?うにゃぁぁぁっっっっ!!!!」
目の前には何故かカメラを持った唯が……。私は慌てて毛布を被った。
「ちょ!ちょっと!唯!!何してるの!?」
「へっ?何って……撮影してるんだよぉ」
「そうじゃなくって!何で撮影してるのって事!!」
「え〜、昨日ムギちゃんが言ってたじゃん『好きなように撮影して構わないから〜』って」
あぁ、そういえばそんな事を言っていたなぁ〜……って!
「だ、だからといって、私の寝起きを撮る必要は無いでしょ!!」
「ん〜ん、寝起きじゃないよ」

……はい!?今、何と申されました!?
「梓の『可愛らし〜い寝顔』も、バッチリと撮影させて戴きました!!」
布団の中だからその表情は見えないけれど、多分敬礼をしてそんな事を言ったんだと思う。唯の事だ、間違いないだろう。
……いやいやいや!!そんな冷静に分析している場合じゃ無いよっ!私っっっ!!

「ゆっゆっゆっ」
「ゆ?」
「ゆいぃぃぃーーー!!!い、今すぐにデータを消去しなさぁーーーいっっっ!!!」
私は毛布を跳ね退け、素早く唯に飛び掛かった……が、一歩及ばず、唯はヒラリと身を翻し、カメラを高々と掲げた。
「それを渡しなさーい!!」
「えー、いいじゃーん」
「ダメ!!そ…そんな恥ずかしい物、他の人に見せる訳にはいかないでしょ!!!」
「……見せないよ」
私が文句を言うと、急に真面目な顔になって、唯が聞いてきた。
「えっ?」
「だから、他の人には見せないよ。まぁ、メンバーのみんなやさわちゃん夫婦には見られちゃうかもしれないけど……、何時も見ているんだから問題無いでしょ」
「そ、そりゃぁ、そうだけど……」
「それにね」
そう言うなり私の耳元に口を近づけ、こんな事を囁いた。

「私は、梓との思い出をいっぱい残しておきたいんだ………梓は……嫌?」

……唯はずるい、こんな事を言われたら、『嫌だ』なんて言える訳が無い。
「嫌じゃ……ないよ……」
「じゃぁ、良いよね?」
「絶対に、みんな以外の他の人に見せない?」
「当たり前じゃない」
「本当に?」
「もぉ……本当、だよ」
「……じゃ、じゃぁ……良い……けど……特別、だよ……」
「ふふっ……ありがと……梓。……あ、そういえばまだ『おはよう』してなかったね」
「……ふぇっ?」
「梓、おはよう……」

気が付くと目の前には唯の顔、そして唇に暖かく柔らかな感触……。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:31:32 ID:POOC2YcD0
あ……そういえば……おはようのキスをされるのも……久しぶりかな……。ここ最近は……寝ている唯に……私からするばっかり……だったからなぁ……。
「……おはよ、唯……久しぶりだね、唯からのおはようのキス」
「そうだね〜、ここんとこずっと梓からだったもんね〜」
「仕方無いよ、だって唯、毎日遅くまで頑張っているんだも……」
そこまで言って、私は唯の手元を見た。そこには先程から握られているデジタルビデオカメラ。
そのレンズの上の部分が赤く光っている。……えっと……確かあのダイオードって『撮影している時』に、点灯するんだよね……。
……ん?
「あのさ、唯」
「なぁ〜にぃ〜?」
「もしかしてさ……、さっきから、ずっと、撮影、してた?」
「うん」
「いま、きす、した、のも?」
「もっちろん!!」
「ねてる、かお、から、きす、してる、かお、まで」
「今もちゃーんと撮ってるよ!!」
……寝顔を撮るのはまぁ良いとしよう、『寝顔』なら。でも、今撮ってたのは『キス顔』だよね……『キス顔』……ぅぅぅぅーーー。
「ん?どしたの?俯いちゃって……あ、あれ?何だか顔が怖いんですけど!?」
「うがぁぁぁぁーーーーー!!!!!!」
流石に『キス顔』だけは許せない!!なんでそんなところまで撮るのよっ!!
「ゆいぃぃぃーーーー!!!!前言撤回!!!今すぐに撮った映像を全て消去しなさぃぃぃぃーーーー!!!」
「きゃーあぁー!あずさがおこったぁー!」
「わざとらしい声を出すなぁぁぁーーー!!!」



「……結局、唯に上手く丸められちゃうんだよね……。私ってやっぱり唯に甘いのかなぁ〜」
気付いたら、昨日の事を思い返しながら唯の頭を撫でていた。
いくら飛行機の中で寝たとは言え、睡眠不足を解消するにはまだまだ足りないらしく、私が撫でても一向に起きる気配が無い。
「全く……寝不足なのに朝からあんなにもはしゃぐからだよ……」
「本当ねぇ〜、それだけはしゃいでいたら、疲れるのも当然よね〜」
「そうですよね〜。……楽しい事があるとそういった事を忘れちゃうんでしょうね〜」
「ふふっ、相変わらずなのね」
「さわちゃんもそう思います?」
「ええ。でも寝顔を撮るなんて、唯ちゃんらしくって良いんじゃないかしら」
「そうですか?寝顔ですよ?……ん?あれ?」
何で?何でムギ先輩とさわちゃんは唯が私の寝顔を撮った事知ってるの?……まさか……。

一抹の不安を感じた私は、みんなの顔を見回した。
清々しい微笑みを見せているムギ先輩。
優しい笑顔を見せているさわちゃん夫妻。
ニヤニヤと笑みを浮かべる律先輩。
横顔しか見えないけれど、おそらく真っ赤な顔をしている澪先輩。

えっと……これは……もしかして……。
「もしかして、私、何か、しゃべって、ました?」
するとみんな一斉に頷いた。澪先輩にいたっては、ヘドバンかと思わせるほど激しく何度も頷いていた。
「どこ、から、です、か?」
すると、ムギ先輩が見たことの無い笑顔で答えてくれた。
「寝顔を撮られて、慌てて毛布を被った辺りからよ」
……えっと……という事は……。
「もしかして、最初、から……?」
ムギ先輩は神々しい笑みを浮かべて、ゆっくりと頷いた。
「はは……はははは……はぅっ……」
「まー、これはこれで見る楽しみが一つ増えたって事で。……ん?おーい梓、大丈夫かぁー?」
律先輩がからかい混じりに発した声を聞きながら、私の意識は暗闇へと吸い込まれていった……。



「ユトレヒトに到着しました〜!」
「ねぇ……梓……」

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:31:52 ID:POOC2YcD0
「ではここで唯さん、何か一言お願いします」
「あ、えっと……梓がカメラを返してくれません!」
「えー、良いじゃない。今までずっと唯が撮ってたんだから」
「そりゃ、まぁ、そうだけどさ……」
「じゃぁ、もう一度。何か一言!」
「むぅ……無事に到着出来て良かったです……」
駅に到着する少し前、目が覚めた私に梓はいきなり「今日はこれからずっと私が撮るからね」と言って、私からカメラを奪っていった。
「もっと楽しそうに言ってよぉ〜」
その目は何故か生き生きとしていて、少し不思議な感じがした。
「無事に到着出来て、良かったで〜す!」
……私が寝ている間に、何か有ったのかなぁ〜?
「もっと、こう……『嬉しい!』って感じを出しながら、もうワンテイク!」
でも、梓が楽しそうだから……ま、いっか〜。
「はーい!現場の唯でぇーっす!私達は今、ユトレヒトにいまーす……って、どうしたの?ちゃんとカメラをこっちに向けないと……」
すると梓はゆっくりと私の後を指差した。振り返ると、澪ちゃんやりっちゃん、それにさわちゃん夫妻まで同じ所を見つめている。
「ん?何があるの?」
「唯……信号……見てみろ」
澪ちゃんに言われて信号を見ると……。
「……ん?んんんんっ!?……ふぉぉぉっっっ!!!ミ、ミッフィーだぁぁぁーーー!!!梓!!!ミッフィーだよぉぉぉーーー!!!!」
そう、歩行者用信号の『止まれ』と『歩け』がミッフィーになっているんだよ!さっすがミッフィーの国だけあるねぇ〜。
「大声出さ無くてもわかるって。第一、私が教えてあげたんでしょ〜」
「はっ!そうでした!」
苦笑する梓に私が姿勢を正して敬礼すると、微笑みながら撮影を再開した。
「では改めて。唯、今の心境は?」
そんなの決まっているじゃない、だから私は最高の笑顔で答えてあげた。
「物凄く、嬉しいです!!」



「は〜い、到着しました〜。ここが『ディックブルーナハウス』で〜す」
……。
「あら?みんな、どうしたの?」
……。
「澪ちゃ〜ん、りっちゃ〜ん、唯ちゃ〜ん、梓ちゃ〜ん」
『……はっ!!』
ムギ先輩の呼び掛けで、私達は我に返った。……なんでボーッとしていたかって?だって、目の前には……。
「なぁ……ムギ……本当にここなのか?」
「えぇ、そうよ。澪ちゃんなら文字も読めるでしょ?」
「まぁ、確かにそう書いてあるが……」
明らかに『博物館です!!』とでも言い出しそうな建物が鎮座しているからだ。
「なんか、それっぽくないねぇ〜。ねぇ、梓」
「うん……私もそう思った。これ、場所を知らない人なら素通りしちゃうんじゃない?」
「あ〜、そうかもね〜」
私達がそんな会話をしていると、ムギ先輩が声をかけてきた。
「いつまでもこんな所に居ないで、中に入りましょう。きっと楽しいわよ。じゃ、先に入っているからね〜」
「……あれ?りっちゃん達は?」
唯の一言で周りを見ると……あ!
「おーい!アタシら先に入っているからねぇ〜!」
「「そんな!抜け駆けなんてずるいです(ずるいよ!)!律先輩(りっちゃん!)!」」
思わず唯を見た。唯も私を見ている。
「ハモったね」
「ハモっちゃったね〜」
「ふふふ」
「えへへ」
「「あははははははは……」」
ハモった事が何故か可笑しくて……私達はお互いを小突き合いながら、しばらくの間笑い続けた。
「あのなぁ……、そこの二人!ホントに先に入るぞ!」
澪先輩が呆れ声で私達を呼んだ。
「「はーい!」」
「まーたハモってるし……」

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:32:14 ID:POOC2YcD0
律先輩が苦笑しながら私達を見ている。
「い〜じゃん、別に……。梓、行こっ!」
そう言って、唯は左手を差し出した。
「うんっ!!」
私はその左手を右手でしっかりと握る。
そして……。
「「待ってよぉ〜!!」」
私達は同時に声を上げ、みんなの所へ駆け出した。



ふぁぁぁぁぁ……。
「着いたぁ〜」
私はそう言うなり、ベッドへと倒れ込んだ。
「唯……大丈夫?疲れた?」
「ん……そだね〜、ちょーっと疲れたかなぁ〜」
「さすがに、寝不足さんには辛かった?」
「まぁ〜ねぇ〜……ブルーナハウスでミッフィーと写真撮って、お土産買って、そのあと……えーと」
「ブラブラと歩いて、色んなお店見て……ホテルに着いて」
「取り敢えずチェックインして〜、夜ご飯食べて〜」
「帰ってきて、今ベッドに倒れ込んだ……と」
「そ〜ゆ〜こと」
「ま、私ですらちょっと疲れているんだから、唯が辛いのも当然か……あんまり無茶しないでよ」
「えへへ……わかってるって」

ここはユトレヒトにある最高級ホテル『グランドホテル カレルV』の一室。
いつもだったら、メンバー5人同じ部屋に泊まるんだけど、今回はそうもいかなかったみたい。
梓と二人きりか……。
「なんか、久しぶりだね〜」
「何が?」
「ん〜、二人きりの部屋に泊まるのが久しぶりだなぁーって」
「……そうだっけ?」
「そうだよぉ〜、いつもはみんなと一緒じゃ〜ん」
「あー、うん、そっか。そうだね〜、お泊りでは久しぶりだね」
「でしょぉ〜。……そういやさぁ、梓、覚えてる?私達が初めて二人で『お泊り』した時の事」
「勿論、忘れるわけ無いわよ」
梓はそこまで話すと、いきなり私の横に倒れ込んでそのまま話を続けた。
「ライブの帰り、おばあさんのお陰でホテルに泊めてもらった時……でしょ。あの時なんだよ、私が唯の事を大好き……愛してるって確信したの」
「そうだったんだ……。あ、私がね、梓を意識し始めたのって、梓に会ったその日からだったんだよ」
「私が入部希望で部室に行った時でしょ?それ、前にも聞いたよ」
「ううん、違うの……今まで一度も言ったこと無かったよね……実はね、新歓ライブの時からなんだよ。……梓さ、憂と一緒にいたでしょ?」
「うん……憂に誘われたからね。あ、そうか。その時に……」
「そう、最初に憂を見つけたんだけど、隣に背伸びして真剣に私達を見ている可愛い女の子が居るなって思ってたんだ〜」
「そうだったんだ……」
「だからさ」
おもむろに私は梓に近づき、頭を胸に抱いて言った。
「あの時……初めて『お泊り』した時……結構……辛かったんだぁ〜」
そう言って、強く抱きしめた。
「そう……だったん……だ……」
「だからね……今は毎日幸せなんだよ……大切な、愛する人と、こうして一緒に居られるって事が。……まぁ、仕事で一緒に居られない事も最近多いけどね……。あ!そうだ!!」
「ど、どうしたの?いきなり大声出して?」
梓の体が腕の中で震えた。ごめんね〜、びっくりさせちゃって。いやぁ〜、すっかり忘れてたんだよ〜。
「ちょっと待ってて」
梓の体から腕を離し、ベッドサイドに置いてあるお土産の山の中から、目的の物を探す。
「今日買った物出すの?お土産以外の物でも買ったの?」
私はその問い掛けに答えず、一心不乱に目的の物を探した。
「ねぇ、唯……」
「あったぁー!!」
梓が再び話し掛けようとした丁度その時、私はそれを見つけた。
「梓……はい、これ」

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:32:32 ID:POOC2YcD0
そう言いながら、茶色い熊のぬいぐるみを渡す。
「……?これって、バーバラのぬいぐるみでしょ?」
「そうだよぉ〜。はい、梓にプレゼント」
「あ、うん……、ありがと」
梓が不思議そうにそれを受けとった。……ふふっ、実はとても意味の有る物なんだよ。
「私のはねぇ、これなんだよぉ〜」
「えと……ボリスのぬいぐるみ?」
「いえーす!」

私がブルーナハウスで買ったのは、熊のボリスとバーバラのぬいぐるみ。梓はまだ不思議そうな顔をしてる……まぁ、これだけじゃ意味がわからないよね。
「問題です!ボリスとバーバラの関係は?」
「んーと、恋人同士……だよね」
「ぴんぽーん!では次の問題。私と梓の関係は?」
「……恋人……同士……でしょ」
もぉ〜、梓ったら顔を真っ赤にさせちゃって〜、相も変わらずかわいいのぉ〜。
「ぴんぽんぴんぽーん!では、最後の問題です。『ふわふわ時間』で切ない夜は何を抱いて眠ると言っているでしょうか?」
「とっておきのくまちゃん……あ!」
「うふふ、わかった?そーゆーことだよ」
ここ最近、私はサントラ作成の為に家に帰ってこれない事が多い。だけど……大好きな梓とはなにかしらの形で繋がっていたいんだよね。
「お互い、一人で居るときも繋がっていられるようにって思ってさ……これを見た時に『これだぁ!』って思ったんだよね〜」
私からのとっておきのプレゼント、梓はどう思っているのかなぁ〜。……あれ?なんだか笑いを堪えているみたい。なんでぇ〜?
「……なんか、変だった?」
口を尖らせながら不機嫌そうに私が言うと、梓は慌てて手を振りながら答えた。
「あ、違うのちがうの。んとね、同じ事考えていたんだなぁ〜って思ったら、可笑しくなっちゃって」
……?同じ……事?
すると梓は自分が買ったお土産の中から、ストラップを二つ取り出した。あ……このストラップって。
「はい、これが唯の。……ぬいぐるみだと、外出している時は一緒に居られないけど、これなら四六時中一緒だよ」

差し出されたストラップにはバーバラの人形がくっついていた。梓の手の中にはボリスのストラップ。……そっか。
「同じ事、ね」
「そう、私も何時でも繋がっていられたらって思っていたんだよ」
えへへ……、なんだか嬉しいな……。あ、そうだ。
「ねぇ梓、ちょっとさっきのぬいぐるみ貸して。交換こ、しよ」
「ふふっ……いいよ」
私は梓からぬいぐるみを預かり、ストラップを梓に渡した。

「梓……これからも、よろしくお願いします」
「……はい」
二人顔を合わせてそう言い合い、ぬいぐるみとストラップを交換した。
「えへへ……あ〜ずさっ」
「うふふ……な〜に、唯?」
「えっとね〜、えいっ!」
掛け声と共に梓に抱き着き、優しくキスをする。
「梓……大好き……愛してるよ……」
おでこ、ほっぺ、耳、唇、首筋……色んな所に何度も。……まだシャワー浴びていないけど……たまには、良いよね……。
口づけを交わしながら、梓をベッドにゆっくりと押し倒し、背中に廻していた腕を前面に……移動させようとして、梓に止められた。
「なんで……?梓は、嫌?」
「……嫌じゃないよ」
その声はとても優しく、決して拒んでいる訳ではなさそうだった。
「じゃぁ……どうして?」
「だってさ……唯、十分に休めていないでしょ?それなのに……。もっと疲れちゃうよ……」
確かにその通りだった。移動中に眠っていたお陰で幾らか体力は回復したものの、決して本調子とは言えない状態だ。
「でも……久しぶりに梓と居られるから……」
「だから、だよ。こんな所で体調を崩されたらこまるもん。……それにね」
梓は私の耳元に口を寄せ、こんな事を囁いてきた。
「これから一週間、ずっと一緒だし、夜は同じ部屋で寝るんだよ……だから、ね」
そこまで言って、私から体を離し「シャワー浴びてくるね」と言い残してバスルームへと消えていった。
……はぅ……そんなこと囁くなんて……ずるいよぉ〜。……よし!決めた!今日はしっかりと眠って、体調を完璧な状態に戻すぞぉ〜。

梓……明日は……覚悟しなさいよぉ〜。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:36:59 ID:POOC2YcD0
あ……続く入れるの忘れてた……すみませぬ m(_ _"m)ペコリ
 
以上でAパート終了です
1レス60行で換算して23レス強なので次回も同じ位の分量でUPさせていただきます

ではでは、明日のこのくらいの時間に、又来ます ノシ

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:42:38 ID:mD3O1lGd0
GJ
待ってるぜ

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 00:45:21 ID:8ZaanWhY0
GJ 楽しみにしてる

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 02:58:23 ID:NFa9spkI0
期待

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 03:00:44 ID:x9W5qyPVO
GJ

ちんちんたっちゃった

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 03:28:52 ID:Mu6otIiEP
ここってデフォで下品だよねw

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 03:33:10 ID:KYCPDbDL0
心外だな。俺みたいな紳士もいるというのに

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 03:38:04 ID:CvNPZwVD0
>>548
GJ!こういう未来もいいな
続き楽しみ

>>553
他のカプスレに比べたらかなり健全な方さ
むしろこのスレはもっとはっちゃけてもいいくらいだよ
ローカルルールに反しない程度で

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 04:10:16 ID:ffSAwKLB0
>>554紬士に見えたw
まあ皆ムギちゃんと思考を共有していると考えればありか

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 13:16:36 ID:wy5e64Sk0
求人広告

唯姫親衛隊では、唯姫のために戦ってくれる戦士を募集しています
平沢唯ちゃん大好きな方なら誰でもウェルカムです

勤務時間 : 01:00〜23:00 唯ちゃんの出る日だけでOK

資 格 : 平沢唯ちゃんが大好きな方
      平沢唯ちゃんを最萌で優勝させたい方
      (多重投票できなくても可、一票からOKです)
      未経験でも可。一から親切に指導いたします。

お仕事: 最萌トーナメントで平沢唯ちゃんへの投票や支援など

報酬:  唯ちゃんの笑顔

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 13:48:21 ID:C0nL9d250
糞みたいなSSばっか

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 14:30:37 ID:THhPiVmQ0
>>548
乙!!
続きがみてぇぇぇ!!

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 15:22:18 ID:aa13JZSeO
>>559
スマンのw今外出中だw
夜まで待ってくれwww

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 17:02:43 ID:x1RtLKl90
>>560
事故らないように気をつけて帰って来るんだぞ

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 17:18:53 ID:GiLjlRi+P
そのまま死ねば面白いのに

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 17:43:55 ID:LNUpIItO0
小ネタ「あずにゃんフォルダ」

梓「なんだろコレ」
唯「ぐー」
梓「唯先輩が遊んでる途中に寝ちゃったから、
  暇つぶしにネットを借りようとしたんですが…」
梓「『あずにゃんフォルダ』?」
梓「しかも堂々とデスクトップのど真ん中に位置してるし」
梓「何考えてんですかこの人」
梓「いやそれより問題は中身だ」
梓「……」
梓「クリック!」
梓「……」
梓「!!…っ!!!…」
梓「//////」

1F
梓「ねーうい」
憂「アレ?もう帰るの早いね」
梓「ううんそうじゃないけど、憂さ」
憂「うん?」
梓「最近唯先輩が夜中になると、何かに取り憑かれたように
  自室に閉じこもってパソコンいじくってるって言ってたよね」
憂「うん、でもそれが?」
梓「もう!妹の憂がしっかりしないからコレだよ!!///」
憂「ええ!?なんか知らないけど私のせい!?」



ありそうで怖いと思ったネタ
そもそも唯ってPC持ってましたっけ

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 18:04:38 ID:LNUpIItO0
小ネタ「同じ墓で」

唯「あずにゃんは死んだあとどうなりたい?」
梓「どうって…燃やされたり海に流されたりですか?」
唯「私はね!夢があるんだ!」
梓「はいはいなんですか」
唯「その名も宇宙葬!!」
梓「へー大した夢ですね」
唯「興味なしだねあずにゃん♪」
梓「宇宙になんか興味ないです」
唯「夢がないなー」
梓「そもそも独りで宇宙なんかに行ってなにが楽しいんですか」
唯「あ、そうだね全然楽しくないや」
梓「挫折早…」
唯「じゃあいいよ!あずにゃんと一緒に同じお墓に入るもん!」
梓「じゃあってなんですかじゃあって!私はオマケですか!?」
唯「ううん、本命だけど」
梓「うっ……」
唯「まさかそうクルとは?」
梓「思わなかったです…」
唯「もし宇宙に行けたとしてもあずにゃんと一緒じゃなきゃ嫌だな」
梓「私はここが好きですよ。いつも唯先輩に触れられるこの場所が」
唯「あずにゃん…」
梓「唯先輩…」


律「ネタとして振った話なのにどうしてこうなった」
澪「ちなみにここ部室な」
紬「し、舌までっ…これは辛抱堪らんっ」ヌギヌギ



>>560
全裸待機してますよ


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 18:25:47 ID:LNUpIItO0
小ネタ「抱き枕」

唯「ふかふかぁ〜♪」
梓「あまりモフモフしないでください」
唯「だってあずにゃん気持ちいいんだもん」
梓「また変なこと言って」
唯「変なことって?」
梓「へ、変なことは変なことですっ」
唯「あずにゃんに抱きつくのは気持ちいいよ?」
梓「そういうことじゃなくて」
唯「まして全然変じゃないよ!」
梓「あーもう変な気分になっちゃうって言ってるんですぅ!」
唯「そう?ホレホレ」
梓「ちょっどこ擦りつけてるんですか!」
唯「どこだっていいじゃん」
梓「よくありません!!」
唯「もーあずにゃんウブなんだからー♪」
梓「茶化さないでよ!!」
唯「おーあずにゃんタメ語だ」
梓「もう怒りました猫を怒らせると怖いんですよ!」
唯「にゃあああ胸はらめェェェェェ」

ニャァァァァァ!!

1F
憂「お姉ちゃんの鳴く頃に」ヌギヌギ




最近暑いとこう
脱ぎたくなるよね


566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 18:46:58 ID:LNUpIItO0
小ネタ「UFO見たい」

唯「UFO見たい」
梓「さらわれたらどうするんですか」
唯「お友達になれるかも」
梓「ちなみに誰とですか?」
唯「宇宙人さん」
梓「唯先輩ならやりかねない」
律「今度はなんの話してんだー?」
唯「UFO見たいよね!」
律「うおおお見たい!チョー見たい!」
唯「探しに行こうよ!私たちみんなで!!」
律「よし決めた!!今日の部活は皆でUFO探し!!」
紬「じゃあ私琴吹家に全面協力を要請してみるわね♪」ピポパ
澪「どこのSOS団だ…なあ梓」
梓「唯先輩とUFO探し」キラキラ
澪「まあいいか、たまには皆でってのも」
紬「斎藤、NASAとリンクよ!」



オワリ

日本じゃなかなか見れないですよねUFO(笑)

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 18:51:44 ID:CvNPZwVD0
>>563-566
小ネタ連発GJだぜ
梓も梓で唯先輩フォルダ作ってそう

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 19:52:58 ID:LNUpIItO0
小ネタ「目の届く範囲」

唯「じー」
梓「?」
唯「じー」
梓「なんですか」
唯「目の届く範囲」
梓「は?」
唯「目の届く範囲にいるんだよ」
梓「は、はぁ」
唯「じー」
梓「……」
唯「じぃー」
梓「///」フイ


律「嫌がらないなー梓も」
澪「自分でまいた種だからな」
紬「種づけしちゃったのね梓ちゃん」
律「表現が卑猥」ゴス
紬「いたーい♪」
澪「よかったなムギ」ナデナデ




なんか思いついたので
アレ以上の台詞はこの先もないんだろうなと思いつつ
あとムギはMですけどSっぽい気がします「斎藤!!」

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 20:11:21 ID:aa13JZSeO
>>562
スマンのwちゃんと生きて帰ってきたぞw

>>563-566>>568
良いね〜ほのぼの
GJ!!!



あ、PCまだ使えないから、SS投下時刻は予定通りになります m(._.)m

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 20:20:17 ID:LNUpIItO0
小ネタ「味見」

唯「今日のあずにゃんどんな味かな」
梓「舐めるんですか?」
唯「いいの?」
梓「いいですよ、舐めても」
唯「舐められたいの間違いじゃなくて?」
梓「えっと」
唯「どこ舐めてほしい?」
梓「お腹…」
唯「あずにゃんお腹好きだもんねー♪」
梓「なんか変な気分です」
唯「ぺろん」
梓「あっ」
唯「まだ先っぽ触れただけだよ?」
梓「は、はやく、ペロペロして…」
唯「しょうがないなー」
梓「ん、ふぅ…」フルフル
唯「ぺろぺろ」
梓「先輩、おヘソもぉ」
唯「ふぁーい、れろん」
梓「にゃふぅ」
唯「あずにゃんのお腹ぷにぷにで可愛い」
梓「唯先輩こそマシュマロみたいですよ」
唯「おっぱいとか?」
梓「う…」ペッタン
唯「わーっごめんごめん悪気はないよ!!」
梓「どうせ私はペッタン娘ですよ!!(涙)」

ユイセンパイノバカー!!

1F
憂「いい加減このパターンやめろよ」



オワリ
とうとう憂がグレタようなので
おしましにします

>>569
あなたを待ってたんだ


571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:23:03 ID:POOC2YcD0
>>570
エロいですなぁw
GJ!!


ではでは、ちと早いのですが

番外編「ウェディング!」 Bパート

投下させていただきます
Aパート同様、本文8レスほど使いますねー

……今気づいた、俺>>539の時、なんで『8スレ』なんて書いたんだろう……?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:23:49 ID:POOC2YcD0

番外編「ウェディング!」 Bパート

「うひゃぁぁぁーーーー!!!!」
カメラのファインダー越しに見えるのは、一面の花畑。
「ぃやっほぉぉぉぉーーーー!!!!」
視点を少し上に持っていくと、大きな風車も見える。
「よぉーし、みんなの所まで競争だぁー!!!」
遥か遠くを見ると、花でできた地平線。
「おっけーだよ!りっちゃん!!」
ここはオランダ南東部にある『ゼイプ』と言う町。ムギ先輩が「ここが、PVのイメージにピッタリだった所なの〜」と言ってたけど……。
「ふぉりゃぁぁぁーーー!!!」
「負けないよぉぉぉぉーーーーー!!!!!」
花畑から見え隠れするあの二人を見ていると……あながち間違ってはいないかな。
「ゆーいー!!がんばれぇー!!!」
私達を目指して一目散に走る唯に、思わず私は声援を送っていた。それを聞いた唯は、右手を高々と上げてスピードをあげる。
「全く……相変わらずだな、あの二人は」
不意に澪先輩が声をかけてきた。
「そうですね……。でも、唯が楽しそうで良かったです」
私は、ファインダーから目を離さずにそう答えた。
「楽しそう……か。そうだな、昨日の唯は疲れを隠している感じだったしな」
「……澪先輩も気づいていました?やっぱりここ数日の睡眠不足が祟ってたみたいで、昨日もシャワーを浴びたらすぐに寝ちゃったんですよ」
ファインダー越しに見る唯の表情は、昨日とは違いとてもイキイキとしたモノになっている。
「いくらしっかりと寝たとは言え、まだまだ本調子には遠い感じだから、あまり無理はしてもらいたく無いんですけどね……」
「まぁ、これくらいなら良いんじゃないか?二人共本気とは言え大した距離を走る訳でもないんだし」
「ええ……まぁ、そうですね……」
そんな事を話している間に、二人の勝負は決着していた。やはり疲れが残っている為か、圧倒的な差で律先輩が勝利を収めた。
「ハァ……ハァ……りっちゃん……本気……出し過ぎ……」
「ぬぁんだとぅ!?……戦士たるものいつでも全力を出さねばならぬのだ!覚えておけ!」
「は……はい!了解しました!りっちゃんたいちょぅ……ハァ……」
「おいおい……大丈夫かぁ?」
「ん……大丈夫……」
「『大丈夫』じゃないでしょ!全く……あんまり無茶しないでよね……。はい、これ飲んで」
「あ……ありがと」
唯のあまりのへばりっぷりに呆れた私は、車の中からミネラルウォーターを持ってきて唯に渡した。
「ング……ング……ング……プハァー……ふぅ、生き返ったぁ〜……ハァ……」
「お前はオヤジか……。てゆーか、律!お前も無茶し過ぎだぞ!!」
「ゴメンゴメン……いや〜、つい本気になっちゃってさぁ〜」
「こんな事で本気を出すな!演奏で本気を出せ!」
「イテッ……うぅ〜……なんでアタシだけ……」
大きなたんこぶもらった律先輩が涙目で抗議してるけど、澪先輩は取り合うつもりないみたい……ま、でも、自業自得だよね。
「唯もだよ。体調が完全に回復するまでは、さっきみたいな事は禁止だからね」
「は〜い。……でも、梓だってさっき応援してたじゃん……」
「ま、まぁ、それは、そうなんだけど……ゴメン……」
はぁ……何でなんだろ?唯が頑張る姿を見てると、ついつい応援したくなっちゃうんだよね……、気をつけないといけないなぁ〜。

「みんな〜、機材の準備出来たわよ〜」
そう言いながら、さわちゃん夫妻と一緒に機材のセッティングをしていたムギ先輩が、私達の元へやって来た。
「済まないな、ムギ」
「ムギちゃん……ありがとね……」
「あらあら、唯ちゃん大丈夫?ちょっと休んでからにする?」
「ん〜ん、大丈夫だよぉ〜」
……大丈夫じゃ無いじゃない……他のみんなは気付いていないかもしれないけど、私の目はごまかせないよ……。
みんなに心配かける訳にはいかないから、敢えて言わないでおくけどね……あんまり心配かけさせないでよ……。

「唯、大丈夫そうなら、行こうか?」
「うん!」
明らかに空元気だけど……唯も周りにあまり迷惑をかけたくないって思っているんだろうから、私も何時もと同じ様に振る舞うとしますか。
「お〜い!速く来いよ〜!」
「はーい!!澪先輩!今行きまーす!!じゃぁ唯、行くよっ」

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:24:12 ID:POOC2YcD0
「おー!!」



「みんな、準備出来たか?」
「うん!」「はい!」「ああ!」「ええ!」
律先輩の掛け声に、四者四様の答えを返す。
「よっしゃー、演奏始めるぞー!」
その声を聞き、私達はそれぞれの楽器をしっかりと構え直す。
「ワン、ツー、ワン、ツー、スリー」



ねえ 三週間 ハネムーンのふりをして旅に出よう
もう 劣等感 ぶっとんじゃうぐらいに熱いくちづけ

君が大好きあの海辺よりも 大好き 甘いチョコよりも
こんなに大事なことはそうはないよ Oh
君が大好きあの星空より 大好き 赤いワインより
女の子のために今日は歌うよ



演奏シーンの撮影が終わり、機材をあらかた片付けると、さわちゃん夫妻の撮影が始まった。
私はワゴンに背中を預け、撮影している唯とムギ先輩を何の気無しに眺めていた。
「ハネムーン……か……」
午後の穏やかな日差しが照らす花畑を、楽しそうにはしゃいでいる二人の姿。
それを見ていたら、知らず知らずの内にそんな言葉を呟いていた。
「ん?梓、どったの?」
細々とした物の片付けを終えた律先輩が、私に声をかけてきた。
「あ……律先輩……いえ、あの二人を見てると……何だか羨ましくなっちゃって」
「あー、うん、そうだよな〜。なんか……こう……『幸せ』ってオーラが物凄く出ている感じ?」
「そうですそうです!『癒し』と言うか……なんかこう、見ていて幸せになれますよね」
「で、その『幸せ』のオーラとやらにあてられて、羨ましくなってたのか」
やはり片付けを終えたのか、律先輩とは逆の方から澪先輩もやってきた。
「あ、澪先輩……はい、そう……ですね。……なんていえば良いのか……歌詞に『ねえ三週間ハネムーンのふりをして旅に出よう』ってありますよね」
「あぁ、あるな」
「……ハネムーンって、結婚しないと出来ない事、ですよね……」
「まぁ、一般的には、そうなるかな〜」
「それで、さっき、気付いたんです。……さわちゃん達は今『ハネムーン』を楽しんでいる。でも……私達だと……ハネムーンの『ふり』しか出来ない」
「あぁ……そうだな……」
「そう考えたら……何だか……切なくなっちゃって……」何でなんだろう……久しぶりに長く唯と居られるから……なのかなぁ。そんなこと……随分と前にわかっていた筈なのに。
「あぁ〜あ……、なんで日本は『同性婚』を認めないんだろ……」
そんな言葉が思わず口から出てきた。海外では色々な国や州が『同性婚』を認めている。ここオランダもその一つだ。
実際、街中を歩いていると、まだ数組程度だけれど『同性』のカップルを見かけている。
……もしかしたら、とても幸せそうにしているその人達を見たから、さっきみたいな事を口にしちゃったのかなぁ……。
「あのさぁ梓……梓にとっての『結婚』って……何?」
不意に律先輩がそんな質問を投げかけてきた。
「え……『結婚』……ですか?……私は『愛する人と共に過ごす事』だと思っていますけど」
「フムフム……じゃぁさ、梓は唯と今一緒に住んでるよねぇ……それって、梓の考える『結婚』とは違うの?」
確かに、律先輩の言う通り、現在の私達は私が思い描いていた『結婚』に限りなく近い状態だけど……一つだけ足りない物がある。
「えぇ……一つだけ……。ちょっと、恥ずかしいんですけど……、私は……『平沢梓』になりたいんです」
私は撮影している唯を見つめながら、少し恥ずかしそうにそう言った。……多分、律先輩も澪先輩も面食らった顔をしているんだろうなぁ〜。
「す、すみません、変な事言っちゃって……子供っぽいですよね……アハハ」
愛想笑いを口にしながら、二人の顔を見てみた。多分苦笑いを浮かべて……あれ?なんで二人ともそんな真剣な表情なんですか?そう聞こうと思ったら、律先輩が先に口をひらいた。
「変な事って……、当然じゃない?好きな人と一緒の名字になりたいって考えるのは」
「そうだよな。別に恥ずかしがる事じゃないぞ、素敵な事じゃないか」
その言葉に驚いた私は、それぞれに改めて確認してみた。
「そう……ですか?」
「うん」

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:24:32 ID:POOC2YcD0
「本当に?」
「ああ」
先輩方は共に頷いてくれた。……ホントに、そうなの……かな?
「まぁ、確かに今の法律では、入籍して『平沢梓』を名乗る事は難しいがな……だけど、それを『芸名』として名乗る事は出来るぞ」
「そうそう、本名を名乗る必要なんて無いんだし」
……あ、そうか……。私達は『芸能人』だから、『芸名』としてそれを名乗るのは自由なんだ……。
そう考えたら、とても気持ちが楽になってきた。
「そうでしたね……『芸名:平沢梓』は思い付きませんでした。澪先輩、律先輩、ありがとうございます」
「そんな、お礼なんかしなくてもいいって」
「いえ、律先輩、言わせて下さい。……私、一人で堂々巡りをしていました。以前、唯に『結婚できたら、梓は平沢姓になるんだよ』って言われた事があるんです」
「へぇ〜」
「でも、その時は『結婚出来ないから無理なんだよね』って私が言って、その話は終わりになったんです」
「そんな事があったのか……」
「はい……でも、自分でそんな事を言っておきながら、全然諦めがついていなかったんですよね。……今までは『そんな事は無理だ』って自分自身に言い聞かせていたんですけど……」
「今回の旅行で、その蓋が外れてしまった」
「そうです……だから、ずっと、その事を考えて悶々としていたんです。……でも、先程の提案でそれも晴れました。だから……お礼を言いたいんです。改めて、律先輩、澪先輩、ありがとうございました!」
さっきまでの鬱々とした気持ちが嘘のように消えた私は、二人に深々と一礼をし、顔を上げて二人に微笑んだ。
二人の顔も微笑んで……いない。なんでだろ?心なしか怒っているようにも見える。
「あの……私、怒られる様なこと言いましたか?」
怖ず怖ずと二人に問い掛けると、少し怒った口調で澪先輩が話し出した。
「梓……、唯と二人暮らしを始める時、私達はなんて言った?」
二人暮らしを始める時……?えっと、部屋を探して、引っ越しをして、その後……あ!!



「それでは、唯と梓の二人暮らしスタートを記念して……」
『かんぱーい!!!!』
二人暮らしをする部屋に引っ越しをしたその日の夜。
先輩方三人は、行きつけのバーでサプライズパーティーを開いてくれた。
出席者は私達五人と、その頃はまだ付き合い始めてもいないさわちゃんと太田さん、唯の両親と私の両親、勿論憂と純にも来てもらった。
みんな、私達を祝福してくれて……とても、幸せなひと時を過ごせた。
その最中、先輩方三人が私と唯の下へやって来て、こんな事を言ってくれた。
「唯、梓、おめでとう」
「二人共……良かったな」
「これでずっと一緒に居られるわね〜」
「みんな……ありがと〜」
「先輩方、ありがとうございます」
「ところで、こんな時に何なんだけど……、もし何か困った事があったら、いつでも私達に相談するんだぞ〜」
「そうだぞ、『どんなに相思相愛だったとしても、相手に言えない事が必ず一つ二つ出てくる』って、私の両親も言っていたからな」
「だからね、どんな小さな事でも良いから、心に溜める前に私達に言ってね」
「うん」
「はい」



「すみません……私、すっかり忘れていました。先輩方に『いつでも相談に乗る』って言われてましたね……」
二人はやっぱりなとでも言いたそうな表情で、顔を見合わせている。
「全く……そんな大事な事を忘れちゃ駄目だぞ」
「はい……すみません……」
「次からは、ちゃんと言うように!部長命令だからな!」
大事な事をすっかり忘れていて落ち込んでいる私に、律先輩は微笑みながら懐かしい口調でそんなことを言ってくれた。
「『部長命令』ですか、了解しました!」
私も笑いながら言葉を返す。
「全く……二人共何をやっているんだか……」
そう呟く澪先輩の口元も笑っていた。
「たまにはいーじゃん、なぁ、梓」
「そうですね、たまにはこんな感じも良いですよね」
「そうだな、『たまには』良いかもな。それじゃ、……よし、練習始めるぞ!」
「えぇ〜!楽器片付けちゃったよぉ〜」
『あははははは……』

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:24:55 ID:POOC2YcD0
先程の落ち込んだ気持ちも何のその、私達は久しぶりに大声で笑いあった。

「あーずーさぁー!!こっちきなよぉー!!むぎちゃんがー、私達の事も撮ってくれるってー!!!」
唯が大きく手を振りながら、私を呼んでいる。
「はーやーくぅー!!!」
もぉ……そんなに跳びはねなくてもちゃんと聞こえてるよ!
「お、そうだ!おーい!ゆーいー!カメラ貸してー!!私も二人の事撮ってあげるー!!!」
「本当にー!?ありがとー!りっちゃーん!!」
もぉ、唯も律先輩も勝手に決めちゃって……。
でも、唯が楽しそうだから……いいか。
「んじゃ、梓……唯の所まで競争だ!!」
「あ、律先輩ズルいです!待ってくださーい!!」
そう叫びながら、私は唯達の所へ駆け出していった。



「んーっ、今日もいっぱい移動して、いっぱい食べて、いっぱい飲みましたよーっと」
そう言って、私はベッドに仰向けに倒れ込んだ。
「唯……いくらなんでも、連日それは無いんじゃない?」
ベッドサイドに腰掛けた梓が、そっぽを向いたまま少し怒った口調でそんな事を言ってきた。
……連日ねぇ……。あぁ、そういえばオランダに来てからもう五日経ったんだっけ。
「うーん……。でもさぁ〜、ご飯もお酒もスッゴク美味しいんだもん、しょうがないよ〜」
「……だからといって、毎日シャワーも浴びずに寝るのは、女子としてどうかと思うんだけど」
「むぅ……それは、その通りなんだけど……でも、朝にちゃんとシャワー浴びてるから、大丈夫だよ〜」

それを聞いた梓は、少しだけ体を強張らせた。
ありゃ、私何かマズイ事言っちゃったかも……。
すると梓は静かな口調で話しかけてきた。
「……ねぇ唯?私、最初の日に言ったよね『体調を崩されたら困る』って」
あ……この感じ……結構怒ってる。ちゃんと謝らないと……。
「……うん」
「体調こそ崩していないものの、毎晩これじゃ……帰ってから疲れが……一気に出ちゃうよ」
「……はい……反省してます……」
「全く……折角の旅行なのに、こんなんじゃ……全然……楽しく……ないよ……」
あれ?梓……もしかして……。
不安になった私は体を起こし、梓の隣に腰掛けた。
「梓……泣いてる……の?」
顔を覗き込むと、その瞳が潤んでいて、今にも雫が落ちそうだった。
「ねぇ……梓……」
震える肩に触れようとしたその瞬間、梓の怒りが爆発した。
「なんで……なんで唯はいつもそうなの!私がいくら心配しても『大丈夫』の一言で片付けて!わ、私が一体どれだけ心配しているのか、わかっているの!?」
「ご……ごめんね……」
「……バカ……バカ!バカ!!バカァー!!!ウワァァァ……」
梓は泣きながら、私を罵り、抱き着いてきた。
「唯は気付いて無いと思うけど!毎日のようにうなされているんだよ!!私、その度に手を握っているんだよ!!そんな、そんな状態なのに!なんで、自分をもっと、大事にしないのよぉぉぉ……」

……私は馬鹿だ。
愛する人をここまで悲しませなければ、自分が今置かれている状況にすら気付かない。
救いようの無い大馬鹿者だ。

「ごめん……ごめんね、梓……本当にごめんね……」
私の胸で子供のように泣きじゃくる梓に、私は、そんな言葉を掛ける事しか出来なかった。
「やだよぉぉぉ……唯が居なくなるの……嫌だよぉぉぉ……ウウッ……」
「梓……」
そんなこと無い、そう言いかけて口をつぐんだ。今の梓にそんな言葉をかけたところで、不安な気持ちを取り去る事なんて出来ないだろう。
だから、私は梓を優しく抱きしめ、頭を撫で続けた。



「……落ち着いた?」

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:25:17 ID:POOC2YcD0
「……ちょっとだけ。……ごめんね、酷い事言っちゃって……」
「ううん、そんな事無いよ。……私こそ、ごめんね……梓にいっぱい心配かけちゃって……」
私がそう言うと、梓は先程より強く私に抱き着き胸に顔を埋めた。
「……ねぇ、一つ、聞いても良いかな?……なんで、私が居なくなるなんて思ったの?」
「……」
……話したくないのかな……?まぁ、いいか……。無理に聞く必要も無いし……。
そう考えながら頭を撫で続けていると、怖ず怖ずと梓が話し出した。
「……あ……あの……ね、……この間……唯が仕事で居なかった時……夢を……見たの」
「夢?」
「うん……唯が電話で呼び出されて……徹夜明けで疲れているのに……『すぐに帰るから、大丈夫だよ』って言って出掛けて……私が家でお留守番して……晩御飯のカレーを作ってて……」
「うん」
「カレーが出来て……後は唯の帰りを待つだけって思って……テレビをつけようとしたら……電話が鳴って……」
「電話?」
「そう……それでね……子機を取って……電話から声が聞こえて……知らない人の声で……唯が倒れたって……そしたら……テレビがついてて」
「テレビ?」
「アナウンサーが……唯が交通事故で……重傷だって言ってて……慌てて外に出ようとしたら……ドアの前に警察官が居て……」
「……」
「……唯が……刺されて……危篤状態だって……ウゥッ……」
そんな、悲しい夢を……。
涙混じりの声で、更に梓は話しつづけた。
「目が覚めた時……グズッ……唯が居ないって……気付いて……ヒック……でも……電話……グスッ……出来なかった……私……ヒック……怖かったの……エグッ……もし、唯が……ヒック……出なかったら……」
「梓……」
「嫌なの!……グスッ……唯が居なくなるのが!この世のどんな事よりも!……エグゥ……嫌なのぉ……そんなの……ヒック……嫌だよぉ……」

私は梓が落ち着くまで、黙って抱きしめ続けた。
夢とは言え、そんな事を目の当たりにして、悲しみの感情を募らせていた筈なのに、今まで私にそんなそぶりを全く見せないでいた。
私を心配させないために、心の奥底にずっと閉まっていたんだろうな……。なのに、私ときたら……。
澪ちゃんやりっちゃんが聞いたら、げんこつどころじゃ済まないかな……。

「唯……ありがと……もう、大丈夫だよ……」
先程まで、腕の中で小刻みに震えていた梓が、そう言って顔をあげた。
「本当に?」
「うん……いっぱい泣いて、言いたいこと言ったから」
「そっか……。ねぇ、梓。……なんで、今まで言わなかったの?」
私はあえてその理由を聞いてみた。気持ちが落ち着いた今なら、ちゃんと梓は答えてくれる筈だ。
「あのね……なんでかって言うとね、もし、これが本当の事だったら、嫌だな〜って思って」
「本当の事?」
「うん……唯が目の前に居て、一緒に生活しているのが、実は全部夢で、本当の唯は……って思ったら……」
そこまで話すと、先程の感情が振り返したのか、涙目になって再び顔を埋めた。
「ねぇ……梓。……私は、ここに、居るよ。どんな事があっても、ずっと、ずっと、梓の側にいるよ……」
「唯……」
「まぁ、仕事で居ない日もあるけど……でも、どんな事があっても、私は、梓の側から離れないよ、……絶対に」
「絶対に、私の側から、勝手に居なくなったりしない?」
「うん!約束するよ!私は『絶対に』梓の側から居なくならない!!……もし梓が『嫌だ』って言ったら、そうするけど……」
「そんな事言わないよ!『嫌だ』なんて、絶対に言わないよ!!」
梓は顔をあげて大声でそう言ってくれた。
「……ありがとう、梓……」
梓の一言で胸が一杯になった私は、強く梓を抱きしめた。
「唯……?」
「ねぇ……私がここに居るって……ちゃんと感じられる?」
「うん……でも……もうちょっと……感じたいなぁ……」
私は少しだけ抱きしめる力を緩め、梓を見つめた。
「梓……私は……ちゃんと……ここに居るよ……」
「……うん……」
瞳を僅かに潤ませている梓の唇に、優しくて深いキスをした。
「……ん……ちゅ……んむ……ちゅぷ……んん……」
「……んちゅ……ん……ちゅ……ぷはぁ……」
ゆっくりと唇を離して目を開けると、頬をほんのりと赤く染めた梓の顔が見えた。
「唯……」
艶っぽい声で梓が話しかけてきた。だから私も同じような口調で聞き返した。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:25:37 ID:POOC2YcD0
「なに……梓?」
えへへ……そういった事をするのも……久しぶりだなぁ……。
もう一度抱きしめようとしたら、梓の冷静な声が部屋の中に響いた。

「……お酒臭い」

「ぬぁっ!?」
な、なんと……意外な……お言葉を……。
「唯、飲み過ぎだよ」
「え、でも、梓だってかなり飲んでたじゃん」
「私は普通に食前酒も食後酒も軽めのカクテルにしたし、ワインもそんなに強くないのを飲んでたでしょ」
えっと、あぁ、そうだった気がする。
「それに引き換え唯は、食前酒はシェリーだし、食後酒はブランデーだし、ワインも度数が高いの飲んでたでしょ」
「えと、あう……、その通りでございます……」
私は梓から体を離し、深々と一礼をした。
「もぉ……。今日はきちんとシャワーを浴びて、早めに寝る事。わかった?」
「はぁ〜い」
「……不満そうな口調で返事しないで下さい。……全くもぉ……」
あ、呆れてそっぽを向いちゃった……、でも……。
「梓は……さっきの続き……したくないの?」
私は静かに近付き、耳元でそんな言葉を囁いた。
ふふっ、梓ってば耳まで真っ赤になってる。
「そ、そりゃあ……続き……したいけど……さ」
「じゃぁ……」
「だけどね」
梓は素早く私から離れ、私の顔を見つめた。
「最初の日にも言ったでしょ『十分に休めていないからもっと疲れちゃうよ』『こんな所で体調を崩されたらこまる』って……だから、今日はダメ、だよ」
えぇ〜、そんなぁ〜。
「ほら、さっさとシャワー浴びてきなさい。出たらすぐに寝るのよ。ほらほら」
「あ、え、ちょっと……」
後ろに回った梓に、文字通り背中を押され、渋々ながらバスルームへと向かった。
……でも、仕方がないか……『体調を完璧にする』とか思っていながら、全然完璧じゃ無いもんね……。

「ふぅ〜……」
服を脱ぎ、バスルームに入り、シャワーを浴びる。
……もう二度と、梓のあんな顔、見たくないな……。
でも、そのためには自分がしっかりとしなくちゃね。
「うん!梓を悲しませない為にも、無茶をしないように気をつける!」
シャワーを浴びながら気合いを一つ入れて、ボディーシャンプーを手に取り、鼻歌混じりに……おぉぉぉぉ!!!
「あ、梓ー!!レコーダー持ってきてー!!今すぐー!!!」
間もなく扉が開き、呆れ顔の梓がレコーダーを差し出した。
「あ!REC!録音して!」
「はい……いいよ」
「♪〜♪〜」
先程浮かんだメロディーを、間違えないように録音する。
「オッケー!ありがとね」
「どう致しまして……じゃぁ、これは机の上に置いておくからね」
「うん!」
うーん、今のは中々良い感じのメロディーだったなぁ〜。……そろそろメモリいっぱいかな?寝る前にPCに移動させておくか……。



「じゃぁ私、シャワー浴びてくるけど、先に寝てて良いからね」
「うん、メモリの移動して、確認したら寝るよ〜。いってらっしゃ〜い」
バスルームへと向かう梓を見送りつつ、ノートPCの電源を入れる。
「レコーダーの残メモリは……うわっ!こんなに少ないの?私そんなに吹き込んだっけ……?お……起動完了っと……えーっとケーブルを挿してっと……移動開始!」
マウスのボタンをダブルクリックして、移動完了までしばし休憩……約三分か……髪の毛乾かしてこようっと。

「お、よしよし。ちゃんと終わってるね」
ドライヤーで乾かしている間に、移動は完了したみたい。では、確認確認っと。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:26:00 ID:POOC2YcD0



「……私は一体何をしたかったのだろう……」
確認開始してから約五分、量が多いので内容を聞かずに波形データで確認していたんだけど……寝ている間に録音する事が多いから仕方が無いとは言え……。
「無音データ多過ぎ!!」
はぁ……でもなぁ、実際にはこのちっこーいギザギザに何か入ってたりするし……。
「まぁいいや。後でちゃーんと確認しーましょっと……あれ?なんだこれ?時間は……んと……飛行機の中……かな?」
はっきりとした波形の録音データ。
時間は十秒余り。
……取り敢えず、確認してみようかな。あーっと、ヘッドホン出して……。
「ジャックにイーン!では再生をポチっと……」

『あんまり無理しないでね……愛してるよ……唯』

……えっと……なんで梓の声が?
「……もう一回きいてみようかな」

『あんまり無理しないでね……愛してるよ……唯』

「……寝ている間に……かな……えへへ……」
梓からの秘密のメッセージ。
こんなにも愛してくれているんだ……嬉しいな……よしっ!!
私は意を決してバスルームへと向かった。
「梓〜!先に寝てるね〜!おやすみ〜!!」
「わかった〜!おやすみ〜!」
梓の声を確認し、ベッドへ向かい、中に潜り込んだ。
……梓の為にもちゃんと休んで……体調を完璧にする……すぐには……無理かも……知れない……けれど……出来る……だけの……事は……しな……く……ちゃ……。



「さてさて、PVの撮影も本日が最終日です。いやー、あっという間でしたねー、唯さん」
「そうですね〜。楽しい事も、辛い事も色々ありましたね、澪さん」
「でも、そういった事も含めていい思い出ですよね、紬さん」
「はい、本当に。そんな私達の思い出がギュッと詰まったPV撮影も、遂にクライマックスですね、梓さん」
「一体どのようなPVに仕上がったのか?あなたの目で確かめて下さい。それでは……」
『放課後ティータイムで……「だいすき」!!!』

「うん、結構良い感じじゃないかなぁ。澪はどう思う?」
「私も良いと思うぞ。テンポも良いし、PVのイントロにはピッタリだと思うな」
私達は今、オランダ南東部のリンブルフ州に居る。
「えぇ〜、もうちょっと、なんかこう……面白いというか……そんな感じにしてみようよぉ〜」
「唯……せめて頭の中で考えをまとめてからしゃべろうな……」
ムギ先輩に聞いたら、クライマックスにピッタリの場所がここに有るらしい。
「そんな!私をアホの子みたいに言わないでよ!りっちゃん!!」
ユトレヒトから州都マーストリヒトまで約2時間、そこから車に乗り換えて、現在ムギ先輩と運転手である執事の斉藤さんだけが知るその場所へと移動中だ。
「ねぇ!梓も思うよね!もっと面白い感じにしたほうが良いよね!」
その間に暇を持て余した私達は、唯の提案でPVのイントロ部分をさっきから何度も撮影しているんだけど……。
「……私は、今ので良いと思うけど。てゆーか、唯の言う『面白い感じ』って、どんな感じ?」
「へっ!?……あ、え、えと、その……あ!そうだ!着ぐるみ……とか……」
「思いっ切り今考えついたって感じだな……」
「み、澪ちゃんまで……ウゥッ……さめざめ……」
擬音着きで悲しみを表現されてもねぇ……まぁいいや、暫くほって置こーっと。
「ところでムギ先輩、あとどれくらいでその場所に着くんですか?」
「ん?あと少しよ……ほら、あそこ。あの教会」
窓の向こう、ムギ先輩の指差す先に、その目的地はあった。町の教会……って感じかな?なんだか、昔の映画に出て来そうな雰囲気だなぁ〜。



「いっちば〜ん!!」

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:26:34 ID:POOC2YcD0
「あぁ〜!ずるいぞ、唯〜!!」
教会へ到着するなり、唯は真っ先に車を降りて教会の入り口へと駆け出した。律先輩も慌てて追いかけていった……はぁ……。
「どうした?梓」
「あ、いえ……相変わらずだなぁ……って思って」
「そうだな〜、あの二人はどこに行っても変わらないな〜」
「あら?唯ちゃんとりっちゃんは?」
入り口ではしゃいでいる二人を眺めていると、斉藤さんを連れたムギ先輩が話し掛けてきた。
「あぁ、あの二人なら……ほら、入り口の所に居るぞ」
「あ、ホントだ〜。ゆいちゃーん!!りっちゃーん!!入り口そっちじゃないのー!!」
「ぬぁ!」「なんですとぉー!?」
「案内するから、ついて来てー!」
全く……勝手に先走るからこうなるんだよ……。

「なーんだ、あっちじゃなかったのか〜。澪〜先に教えてくれよ〜」
「勝手に先走るお前が悪い。てゆーか、私に聞いたところでどうにもならないだろ」
「たはは……そりゃ、ごもっともで……イテッ」
二人の掛け合いを聞き流しながら、さっきからずっと気になっている事をムギ先輩に聞いてみた。
「ムギ先輩……あの、ここで何を撮影するんですか?確か、コンテに書いてあるシーン全て、昨日で撮り終わっているはずだと思うんですが……」
「ええ、昨日で全部撮り終わっているわ。今日撮影するのはね、所謂『特典映像』と言われる物よ」
「特典映像ですか。……じゃぁ、その『特典映像』って、何を撮影するんですか?」

「結婚式よ」
……はぁ?結婚式?
「結婚式って……今日ここで町の誰かが結婚式をするんですか?」
「まさかぁ〜、いくらなんでも、そんな事はしないわ〜」
「えっと……あ!さわちゃんと太田さん!」
「ざーんねん、違いまーす」
……えぇ〜?じゃぁ一体誰の……?
はっ!まさか!ムギ先輩、実は私達の知らない所で男性とお付き合いしていて……。そうか、そうだったんですね。もぉ……水臭いなぁ〜。
「解らないかなぁ〜正解はね……」
解ってますって、正解は……。
「ムギ先輩の……」
「唯ちゃんと梓ちゃんの結婚式でした〜」

……はいぃっっ!?今、何と……?
「ム、ムギちゃん……今、何て言った、の?」
「えっ?『唯ちゃんと梓ちゃんの結婚式』って言ったんだけど……」
「ちょ、ちょ、ちょーっと待ってください。ムギ先輩、それって……マジですか?」
「ええ、そうだけど」
「な、なんで……?ムギちゃん……どういういみなの……?」
「だから〜、『特典映像』に使う『結婚式』のシーンを撮影するんだってば。いくら唯でもわかるだろぉ〜」
へっ?律先輩……知ってたんですか?
「りっちゃん……しってたの?」
「私も勿論知っていたぞ」
「澪ちゃんも……?」
じゃ、じゃぁ……。
「皆さん、ずっと秘密にしていたんですか……?」
「ええ」「ああ」「うん」
……全然気づかなかった……。
「まぁ、大まかな計画を聞かされていただけだがな」
「そ。詳しい事は私達も知らないんだ。知っているのはムギと斉藤さんとさわちゃん夫妻だけ。……んで?これからどうすんの?」
「取り敢えず、中に入りましょう。続きはそれから話すわね」
結婚式って……結婚式……。
「おぉ〜い、二人ともこっちだぞ〜」
律先輩の呼び掛けで、私は未だ呆然としている唯の手を握り、みんなの後を追った。
……私と……唯の……結婚式……。


Cパートに続く!!

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 22:29:51 ID:POOC2YcD0
以上でBパート終了です

明日……残業等無ければ、このくらいの時間にCパートを投下する予定です

ではでは ノシ



581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 23:05:55 ID:LNUpIItO0
相変わらずGJですね!
唯と梓の心情がダイレクトでイイです!
てか、このスレで一番長いSSだよなぁたぶん
おつかれです

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 23:17:25 ID:ffSAwKLB0
唯にでれでれの梓もいいなー
唯と一緒に暮らしてたら絶対こうなるだろうね

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:14:49 ID:8zQAXJZM0
GJ
夜のお楽しみの寸止め具合がw

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:23:37 ID:EV07S/Lv0
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /^ヽ
: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : :/ } : : ヽ二ニ :_‐-
: : : : : : :/: : : : : : : / : :// : : /: : : /: : :i : '; : : : : : \: `丶.__
: : : : : :/ : : : /: : /: : : ∧\ : :/ : : :/: : : :| : :}: : :ヽ : : : \: : :\: : :`
: : : : :/ : : : /: : /: : : / : :\,ン:_:_:/|: : : : |: /: ヽ : }: : : : : :ヽ: : : \: :
: : : : ': : : : :l : : | : : : : / /' : / `ト !: : : /:| : : :V: : : : : : : :'; : : : :ヽ
: : : :l: : : : : |: : : : : : : :|/l/ /    l: |: :〃ト!、: : l: : : : : : : : :l: : : : : :
: : : :|: : : :}: |: : : : : : : :|,:ィ'´   ー=ミレ'!: /__|从\ |: : : : : : : : :|: : : : : :
: : : :l : : /: : : : :|: : : : :| :|   :::::::::::::  j/'ァーミヽ : | : i: : : : : : :| : : ;/ : 唯センパイダメですぅ
 
、 : : : {:/: : : : : :|: : : : :|: |          〉 ::::::::: `Vj : |: : : : :/ :|ー:7 : :    こんなとこじゃ・・あっ
^ヽ : ハ: : : :} : ハ : : :|:!       ノ        } : : |: : : 〃:/l/ : : :
:::::::V:::::l: : ;イ :/ ヽ: : ト:、:、             /: : : l ://:/:´: : : : :/
::::::::{::::::j/::レ'::ヽ  }>、\ヽ>-/}         //: : :ノ: :ィ'彡, -―<
::::::::::::::::::::::::::::::::::}\: :イ:` ;} : :/  、       /イ: : :/ノ|//::::::::::::::::::`
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉 j///    ` ーァヘ /- "  //::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l /          /:::::::ハ      /{:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              ::::::::/ {iヽ     //l:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             |:::::::|、 V{   // ,|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            l::::::ハ jJ、 /  /|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::\ヾ::::ハ            l:::/:::::l |ベ/  /:::!:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::、丶\}         ';:{::::::::l|/|ヘ./:::: |:::::::::::::::::::::::::
、::::::::::::::::::::::::::ヾ:::`ヽ::::ヽ        〉ヽ:::::lj//| |:::::ノ!::::::::::::::::::::::::
::ヽ::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::}          {:::}::::):://| |::〈::::|::::::::::::::::::::::::
:::::::\::::::::::::::::::::::::::::\::::::、        ヽ\:/∧| |::/::::|::::::::::::::::::::::::

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:26:29 ID:uzPKPdJt0
>>584
憂ちゃん・・・あずにゃんの声マネまでマスターしたのか・・・

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:34:01 ID:lcDGXDNm0
>>580
GJ!!
唯梓ほど「お前ら結婚しろよ」と思える百合カップルはないな

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:35:44 ID:p0OB6geU0
>>584
だれかあずにゃんバージョン作れよ

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:40:45 ID:5qaVxKQT0
実は1期見てないんだけどこのスレ的に見ないと損なところはある?

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:42:40 ID:xR0qZAEB0
何を差し置いても10話と12話は見ないと始まらないだろう
個人的に13話もかなり美味しかった

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 00:58:42 ID:RXz4mUkn0
>>588-589
12話を見るまでは唯梓を意識したことすらなかった
から1期も見ておくべき

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 01:07:18 ID:ve4TVmXU0
>>588
「特別...ですよ」は今でも個人的最強の唯梓シーンだ。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 01:14:21 ID:p0OB6geU0
http://viploader.net/ippan/src/vlippan125710.jpg
http://viploader.net/ippan/src/vlippan125712.jpg

かわいいなこいつらもう

593 :名探偵唯!?:2010/07/20(火) 02:11:29 ID:DeAEBx0jO
律「え!?梓が居なくなった!?」
唯「うん・・・さっき、こんなメールが送られてきて・・・」

梓『唯先輩、助けてください!』

唯「それで、ビックリして電話をしたんだけど、変な人が電話に出たの・・・」
律「変な人?」
唯「何だか、機械で声を変えているような感じで恐かった・・・」
律「そいつ、何か言ってなかったか?」
唯「んと・・・『この娘は預かった。この娘を返してほしくば・・・私の言うとおりにしろ』って・・・」
律「むぅ・・・相手もなかなか強敵だな」

紬「ねぇ・・・これって誘拐なんじゃあ・・・」
澪「警察に連絡した方が良いんじゃないか?」
唯「ダメだよ!そんな事したら、あずにゃんが酷い目に遭わされちゃう・・・」
律「脅されたのか?」
唯「うん・・・警察に連絡したら、この娘の恥ずかしい写真をばら撒いてやるって・・・」
律「何か、ヤバそうな奴だな・・・」

澪「ストーカーとか、かな・・・」
紬「梓ちゃん、唯ちゃんにそういう相談した?」
唯「ううん・・・でも、最近、誰かに見られている感じがしてるって言ってた・・・」
律「やっぱりストーカーの類か・・・」
澪「・・・なぁ、唯・・・相手が言ってた『私の言うとおりにしろ』って、具体的にはどんな事だ?」
唯「それはまた後で連絡するって言ってけど・・・まだ何も・・・」

澪「そっか・・・」
唯「もしも・・・あずにゃんに何かあったら・・・私・・・私・・・うぅ・・・」
紬「大丈夫よ、唯ちゃん・・・心配しないで・・・」

 TRRRR・・・TRRRR・・・

律「唯、電話だ!・・・私達にも聞こえるように、音量を最大にして出て!」
唯「もしもし!? あずにゃんは無事なの!?」
?『イヒヒヒヒ・・・とにかく、私の言うとおりにすれば、この娘は返してやる。今から言う物を持って、お前達の活動場所に来い』
梓『ダメェー!唯先輩、来ちゃダメです!・・・』
?『ふっふっふ・・・良いな、今言った物を持ってくるんだぞ!・・・お前らが来るのを待っている・・・!!』ブツッ・・・ツーツーツー
唯「切られた・・・でも、あずにゃんは無事だった!」

律「お前らって事は、私達が聞いているのは想定内だったって事か」
紬「でも・・・犯人は一体・・・」
唯「大丈夫だよ、ムギちゃん・・・私、全てわかったから!・・・とにかく、指定された、私達の活動場所に行こう!」
唯(お前らが来るのを待っている・・・かぁ。そんなセリフを言うのは・・・)

――――――――――――――――――――

594 :名探偵唯!?:2010/07/20(火) 02:13:28 ID:DeAEBx0jO
澪「私達の活動場所・・・そうか、音楽準備室!」
?「ふっふっふ・・・お前らが来るのを待っていた!!」
梓「うぅ〜・・・唯先輩〜・・・」
唯「あずにゃん・・・! も、もう少しの辛抱だからね///」
梓「・・・///」

唯「あずにゃんをさらった犯人は・・・やっぱり貴女だったのですね・・・さわちゃん!!」
律「な、何!?」
唯「まず、さわちゃんは辱める目的であずにゃんをさらい、音楽準備室に連れてきた。だけど、迂闊にもある物を教室に忘れてきた事に気付いたんです」
律「そ、それは・・・一体・・・」
唯「それが、この・・・ネコミミです!」
梓「うぅ・・・///」

唯「教室に取りに行こうにも、他に生徒達はまだ居るし、あずにゃんにも逃げられる恐れがある・・・だからさわちゃんは、声を変えて電話し、私達をここに呼び出したの」
紬「でも、どうやって声を変えたの・・・?」
唯「ヘリウムガスだよ。きっと、これをあずにゃんに吸わせて、さらにあずにゃんをイジろうと・・・」
律「それで・・・さわちゃんが梓を辱めようとしてたっていうのは・・・」
さ「ふっふっふ・・・そうよ、この・・・ネコミミメイドよ!」

梓「にゃー/// や、やめてください・・・。こんな姿見せたくなかったから・・・電話でも来ちゃダメって行ったのに・・・」
唯「ゴメンゴメン・・・あずにゃんの事が心配でさ・・・」
梓「こんな姿、唯先輩以外には見られたくなかったです・・・///」
唯「じゃぁ、あずにゃん・・・私が慰めてあげるから・・・今晩はもっと楽しい事しようか・・・」
梓「はい・・・唯先輩にお任せします・・・///」

澪「やれやれ」
律「これで一件落着だな」
紬「うふふ♪」
さ「私、一体何だったの?」

――――――――――――――――――――

唯「・・・ってな感じの演劇を文化祭でやりt」
梓「嫌です」
唯「えぇ〜・・・何でぇ〜?」
梓「何でって・・・こんなの・・・私、ただ恥ずかしいだけじゃないですか!!」
さ「私、これじゃただの変態じゃないの・・・」
律「でもまぁ、さわちゃんはそのまんまって感じだけど」
さ「な・ん・で・す・っ・て??」
律「いえ・・・なんでもないです・・・」
澪「内容も・・・色々とツッコミどころ満載だしな・・・」
紬「でも・・・もしやるとしたら、演劇のタイトルは何にするつもりだったの?」
唯「えーっと・・・『さらわれたあずにゃんを救い出せ!名探偵唯と・・・ズッコケガールズ』」
律澪「「却下!!!」」


梓「大体・・・唯先輩は、私のネコミミメイド姿なんて恥ずかしい格好を、大勢の前に晒したいんですか?」
唯「あずにゃんなら似合うかな〜って・・・」
梓「似合う、似合わないじゃなくて、私が大勢の前に恥ずかしい格好で出ても良いんですか?」
唯「え、え〜っと・・・」
梓「もぉ、唯先輩は鈍感ですね・・・。そういう格好は・・・唯先輩と二人っきりの時だけにしてください///」
唯「おぉ・・・」
梓「こんな事を許せるのは、唯先輩だけなんですから///」
唯「うん・・・ゴメンね///」
梓「わかれば良いんです・・・」
唯「あずにゃん・・・」
梓「唯先輩・・・」
唯梓「「・・ん・・・///」」

一件落着♪

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 02:20:39 ID:DeAEBx0jO
あずにゃんが居なくなって、唯が探し出すって
内容のSSが書きたかったけど、ミステリー要素0だった(・ω・`)

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 10:13:19 ID:dY3aW5x40
個人的にすれ違いを見てみたいな
唯は他の人と仲良くしてる梓を見て嫉妬
梓は他の人と仲良くしてる唯を見て嫉妬みたいな

597 :お手伝い:2010/07/20(火) 16:58:51 ID:q9ZZQCdO0
「あれ……この音……?」

日曜日の午後。商店街を歩いていた私は、
聞き覚えのあるギターの音に足を止めていた。
曲自体は初めて聞くもので、誰の曲なのかもわからないけれど……
軽やかで弾むようなその弾き方は、私の耳によく馴染んでいるものだった。
弾いている人の笑顔が自然と浮かんでしまうような、楽しげなメロディー。
私の頭に浮かぶ笑顔は、当然あの人のもので……

「……唯先輩?」

まるで私の呟きに答えるように、唯先輩の歌声が聞こえてきた。

「ケーキ♪ ケーキ♪ 美味しいケーキ♪ 頂上のイチゴも輝いてる♪
とられたら泣いちゃうからとっちゃダメェ♪」
「…………」

空気を震わして伝わってきたのは、ひどく脱力するような歌詞だった。
あまりの内容に、私は思わず踵を返して、

「あ、あずにゃ〜ん!」

足を動かすよりも先に、唯先輩に見つかってしまっていた。
嘆息し、声が聞こえてきた方に顔を向けると、
ケーキ屋さんの前にギターを持った唯先輩が立っているのが見えた。
数人の見物客が、唯先輩と私を面白そうに見ているけれど……
そんな視線にはまるで気がつかず、
唯先輩はいつものほにゃっとした笑顔を浮かべながら、
両手を振ってはぴょんぴょんと飛び跳ねていた。

「あっずにゃぁぁぁ〜ん!!」
「はぁ……まったく、唯先輩は……」

唯先輩の振る舞いにため息をついて……
私は足の向きをケーキ屋さんの方へと変えていた。

598 :お手伝い:2010/07/20(火) 17:01:28 ID:q9ZZQCdO0
「お手伝い、ですか?」
「うん、そうだよ!」

首を傾げて聞く私に、笑顔で答える唯先輩。
ケーキ屋さんのスタッフルームで、
私は唯先輩がギターを弾いていた理由を聞いていた。

「秋の新作ケーキの宣伝を、今日やる予定だったんだけどね。
頼んでいたチンドン屋さんの人たちが、急病で来られなくなっちゃってね」
「それで唯先輩が代わりに?」
「うん! さっきお話を聞いてね。
子供の頃、このお店のおじさんによくおまけ貰ったりして、
お世話になってたし、私のギターでお手伝いできるならって、そう思って」

このお店のパティシエである初老の男性は、
私たちが出た演芸大会を見ていたらしい。
それで唯先輩がギターを弾けることを覚えていて……
偶然お店の前を通った唯先輩に、お手伝いをお願いしたのだそうだ。

「事情はわかりましたけど……でもあの歌で、宣伝になるんですか?」
「え〜、だめかなぁ……? 澪ちゃんみたいに可愛い歌は無理だけど、
私の気持ちはしっかりこめたのに……」
「ま、まぁ……唯先輩の気持ちは、伝わってきますけど……」
「でしょ! 私ね、思ったんだよ! ケーキの上のイチゴの大切さを、
和ちゃんは澪ちゃんの涙を見てわかってくれたけれど……世界にはまだまだ、
ケーキの上のイチゴの大切さに気づいていない人が多いんじゃないかって!」
「はぁ……」
「だから私は、ケーキの上のイチゴの大切さを、
歌を通してみんなに伝えようって思ったんだよ!!」
「……じゃ、私帰りますね」
「え〜待ってよあずにゃぁん……っ」

外に出ようとする私に、唯先輩が抱きついてくる。
仕方なく私は足を止めて、唯先輩の胸の中で文句を言った。

599 :お手伝い:2010/07/20(火) 17:03:20 ID:q9ZZQCdO0
「唯先輩の気持ちはわかりましたけど、でもやっぱりあれじゃ、
新作ケーキの宣伝にはなってないと思いますけど」
「お店のおじさんは、笑って喜んでくれたよ?」
「それは唯先輩のお知り合いだから許してくれてるだけです」
「で、でもでも……結構人、集まってくれてたし……」
「物珍しさに野次馬が集まっただけですよ。
実際、新作ケーキのことは誰も話してないですし、
売れ行きだってあまりよくないじゃないですか」

私がそう言うと、唯先輩は小声で「あうぅ……」と言って、
うな垂れてしまった。私を抱きしめる腕の力も弱まってしまう。
唯先輩の落ち込みように、私はまたため息をついて、

「もうっ、しょうがないですねぇ……宣伝、まだするんですよね?」
「え? うん、夕方までやる約束だけど……」
「……それじゃ、私も手伝います」
「……え?」
「まだ時間ありますし……私もギター持ってきて、手伝いますよ」
「あずにゃあ〜ん!!」

私の言葉に、唯先輩が歓声を上げて頬ずりをしてきた。

「あ、でも……お店の人が許してくれたら、ですけど……」
「もちろん大丈夫に決まってるよ!」
「い、いえ……一応聞いてみないと……」
「じゃ、聞いてくるね!」

言うが早いか、唯先輩はスタッフルームのドア目掛けて駆け出していた。
ドアを開けて、そこから廊下に飛び出して、

「あずにゃん! またゆいあず、やれるね!」

一瞬だけ振り向いて、満面の笑みを浮かべてそう言った。
大きく響いたその声に、私は少し呆然として……
でも、すぐに自分の表情が笑顔に変わったのが、鏡を見なくてもわかった。

600 :お手伝い:2010/07/20(火) 17:05:54 ID:q9ZZQCdO0
私が唯先輩と一緒に宣伝のお手伝いをすることを、
お店のおじさんは快く許してくれた。
私はすぐに家からギターを持ってきて、
そしてお店のスタッフルームで、唯先輩と作戦会議を始めた。

「とりあえずあのイチゴの歌はやめましょう」
「え〜、やっぱりやめちゃうの?」
「あれじゃ新作ケーキじゃなくて、
イチゴのショートケーキの宣伝じゃないですか」

実際お店のおじさんに聞くと、
いつもよりもイチゴを使ったケーキはよく売れているらしい。
今日の本命は、新作の桃を使ったケーキのはずなのに……
これではなんの宣伝をしているのかわからない。

「じゃあ……今から桃のケーキの歌、作る?」
「いえ……無理に歌を作る必要はないかと。
普通に何か歌って、人が集まったところで新作ケーキの紹介をして……
それで充分だと思いますよ」
「え〜……せっかくなんだからなんか歌作ろうよぉ、あずにゃぁん……」
「時間ないんですから、変な駄々こねないで下さい」
「じゃあ、せめてコントでゆいあずのアピールを……
はっ! しまった! 今日はハリセンがないよ!!」
「……なくていいです」

唯先輩は少しごねたけれど……
やっぱり「放課後ティータイム」で歌いなれている曲を歌うことにしよう。
そう決めて店の表に出たところで、

「うっ……」

私は小さなうめき声を上げてしまっていた。
演奏する位置に立ってみて、見物客との距離の近さに気づいたからだった。
ライブや演芸大会のときと違って、
ステージと観客の席がわかれているわけではない。
ストリートパフォーマンスのように、
見ている人が意識して距離をとってくれるわけでもない。
私たちと見ている人たちは、本当に同じ場所に立っていた。
通行人が私たちのすぐ脇を通り過ぎることも当たり前で……
その距離の近さに、今更ながら緊張に胃が縮まってしまった。

601 :お手伝い:2010/07/20(火) 17:08:10 ID:q9ZZQCdO0
「あら? あの子たち、ひょっとして演芸大会に出ていた子たちかしら?」
「ああ、覚えてる覚えてる。確かゆいあずって言ってた女子校生だよ」

そんな誰かの呟きが、また私の緊張をひどくしていた。
学校の外で、自分たちのことを知っている人に見られている。
それも音楽とはまったく関係のない、普通の人たちに……
それを意識してしまうと、腕が変に震えてしまった。
喉がひどく渇き、まるで塞がってしまったような息苦しさを覚えてしまう。
学校やライブハウスでの演奏なら、こんなに緊張することはなかった。
会場にいる人たちは音楽が好きな人や
演奏を聞きたいと思っている人たちばかりで、
自分たちはただ全力で演奏すればいいと、そう思えるから。
演芸大会だって、会場にいるのは芸を見にきている人ばかりだし、
参加するための心構えは充分に出来た上で壇上に上がっていた。
でも今は違った。
ここは普通の街中で、周りにいる人たちは普通の人たちだ。
野次馬同然の人もいれば、露骨に迷惑そうな視線を向けてくる人もいる。
そんな視線の中心で、私たちは演奏しなければいけないのだ。

(ど、どうしよう……)

緊張と不安で震える私の耳に、

「どうもぉ、こんにちはぁ!」

いつもの明るい唯先輩の声と、弾むようなギターの音が飛び込んできた。
一瞬視線を唯先輩の方へ向けると、
そこにはいつもの唯先輩の笑顔があって、
楽しそうにギターを抱えている姿が目に映って、

「桜が丘高校3年、平沢唯と!」
「お、同じく2年、中野梓!」
「二人あわせて、ゆい!」
「あず!」
「「です!!」」

気がつけば私は、あの演芸大会のときと同じように、
唯先輩にあわせて挨拶をしていた。
背中合わせになってユニット名を名乗り、離れてギターを鳴らす。
緊張も不安も消えたわけではないけれど、
体は自然と唯先輩にあわせて動いていた。

602 :お手伝い:2010/07/20(火) 17:10:30 ID:q9ZZQCdO0
「え〜っと、早速ですけど、まずは一曲お聞かせしたいと思います!」

唯先輩の言葉に答えて、まばらな拍手が辺りに響いた。
その拍手に紛れるように、でも確かに、
唯先輩の「いくよ、あずにゃん」という声が聞こえてきて、

「ふわふわ時間!」

唯先輩が曲名を叫べば、私の体も自然と曲の演奏を始めていた。
楽しげに弾む唯先輩のギターを追いかけるように、
私のギターの音が鳴り響く。
踊るような、飛び跳ねるような唯先輩のギター。
大人しくしていたら離れていってしまうそのギターを、
私のギターが追いかけて……寄り添うようにその身を寄せると、
唯先輩の音が私を引っ張り上げてくれた。
二つの音が繋がりあい、一緒に踊り、大きくジャンプして……
いつしか緊張も不安も忘れて、私は笑顔でギターを弾いていた。
笑顔の唯先輩がこちらを一瞬だけ向いて、
それに答えるように私は笑みを返して、
そして見てくれている人たちに向かって音を放つ。
私たちの演奏にあわせて手拍子が鳴って、
その中心で、唯先輩の隣でギターを弾いて、

(なんて、楽しいんだろう……)

ただその思いだけが、いつしか私の胸を満たしていた。
緊張も不安も忘れて、私は唯先輩と一緒にギターを弾き続けた……。

「なんか……却って申し訳なかったですね、お土産まで貰っちゃって……」

夕方、唯先輩と二人で家路について……隣を歩く唯先輩に、私は言った。
お手伝いが終わった後、ケーキ屋さんは私たちにケーキをご馳走してくれて、
その上お土産まで用意してくれたのだ。
今日家族で食べるケーキに、軽音部の方々にと日持ちのする焼き菓子まで。

「ほんと、申し訳ないよねぇ……」
「……唯先輩、顔、にやけてますよ」
「あ、あずにゃんだって!」

二人でそう言って、思わず笑い出してしまう。
申し訳ないとは思うけれど……
それでもやっぱり、お土産を貰えて嬉しくないわけがなかった。

603 :お手伝い:2010/07/20(火) 17:13:06 ID:q9ZZQCdO0
「おじさんのお手伝いできたし、ケーキも貰えたし……
それにあずにゃんとまた演奏できたし!
今日はすっごい良い日だね!」

唯先輩の言葉に、私は「はい、そうですね」と答えていた。
その言葉に嘘はなかった。
店の前に立ったときは、あんなに緊張と不安で一杯だったのに……
唯先輩と一緒に演奏をするうちに、
私は緊張も不安も忘れていた。
ただ素直に演奏を楽しみ、
唯先輩の隣でギターを弾けることを喜んでいたのだ。

(やっぱり私……)

唯先輩のギターが好きだと思った。
弾んで踊るような唯先輩のギターが好きで、
ギターを弾くことを本当に楽しんでいる唯先輩が好きで……
そんな唯先輩の隣で、ずっとギターを弾いていたいと、私は思った。
そんな私の気持ちに答えてくれるように、

「こんなお手伝い、またやりたいね!」

笑顔で唯先輩は、そう言ってくれた。私も笑って、言った。

「フフ……そうですね」
「今度はみんなも呼んで、一緒にお手伝いしたいね!」
「なんか、ほんとにチンドン屋さんみたいですね」
「放課後ティータイム! チンドン屋デビュー!!」
「……澪先輩が泣いて嫌がりそうな気もしますけど……」

笑って話しながら、私たちは道を歩いた。
夕日に照らされて、地面に落ちたギターケースの影が二つ、
そろって楽しげに揺れていた。


END


長文失礼します。
ゆいあずのCD出ないかなぁと思いながら。
各キャラの新曲キャラソンも、そろそろ聞きたいですね。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 17:18:13 ID:q9ZZQCdO0
今晩のアニメ放送と、SSの続きと、
楽しみが多い火曜日ですが……
深夜まで起きてるのがちょっとつらい……。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 18:19:15 ID:w/aGSGpRO
おぉ!ゆいあず再びw
さりげなく梓をリードする唯が良い感じですなぁ〜
GJ!!!!



さてと……そんなに残業せずに済んだから、早く帰ってCパート投下しよーっとw

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 18:40:20 ID:hIcfhKEF0
どうせ今夜も唯梓なんてないのさ

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 19:00:29 ID:NSqUuc3m0
先輩回という事で、澪律紬とのひたすら絡みまくって唯梓好き憤死
その上更に変なのがスレで暴れ出して雰囲気最悪、対立煽りまで沸いてきてお通夜ムード……
そのくらいまでなら覚悟してる

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 19:05:17 ID:69weRRhf0
部室で二人きりで抱き合ってる所とかを澪とかに見つかって欲しい


澪「ひゃ?ゴッゴメンお邪魔しました。どどうぞごゆっくり」
梓「ちちち違うんです澪さん誤解っ」
澪「いいや私知ってたぞ?」
梓「知ってたって何をですー!?」

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 19:37:44 ID:AVAdr9AL0
ダメージ受けないよう最悪の展開を覚悟しておくのは良いかもな
そんな状態でなら万が一唯梓的に美味しかった場合
いつも以上に大喜び出来そう

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 19:45:24 ID:0QolZdLGP
>>606-607
ありがとう
おかげで今夜どんな悲惨な回だっだとしても、心を無にして来週まで耐えきる覚悟ができたぜ。ハズレ回に違いない

...でも本音を言えばいやなんでもない

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 19:51:28 ID:RXz4mUkn0
唯以外の先輩との絡みが今まであまりないから
澪律紬押しになってもしょうがないと覚悟してる

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 20:52:44 ID:+5zj/OJn0
梓が唯以外のキャラと仲良くしてて何が悪いんだい
唯との絡みが他のキャラとの絡みと比べて一際光っていると
分かっているからこそこのスレにいるんだろう
問題は絡みの量じゃない、質だ

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 21:17:31 ID:kWzUOn+K0
でもおめぇほかの娘と絡みあるのに唯梓だけなかったらやっぱ寂しいだろ?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 21:39:57 ID:G5b4bio50
なんだか基本ネガティブに構える人が多いな。
もっと気楽に楽しもうぜ。



615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:01:22 ID:dJN6RqQt0
むしろそれが気にしすぎじゃね?
このくらい、唯梓に盛り上がるための前フリの範疇じゃないか。
過度に期待して勝手に叩く人が沸くより、逆の方が余程良いし

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:01:53 ID:r4Y8n4KHO
梓「……」

唯「どしたのあずにゃん、なんかご機嫌ななめだね?」

梓「…憂ばかりずるいです!私だって唯先輩とピッチピッチジャブジャブランランランしたいのに!」

唯「あぁ、サントラのことかぁ!いいよあずにゃん、私たちもピッチピッチジャブジャブランランランしよう!」

梓「唯先輩…いいんですか?」

唯「もち!」

梓「唯先輩…唯せんぱああああああああああい!!」

唯「うおぉ…なにやらあめふりの予感!」

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:09:49 ID:S6LXMGG70
まぁでもあんまりネガティブなのも良くないけどね
俺なんか原作でアジフライが唯憂押なんじゃねぇかと思いだして
最近紬梓が増えてるのは奴が唯憂、澪律、紬梓で最後シメる気なんじゃないかとか勘ぐるようになっちまって
そうなったら唯梓、紬律、澪和、憂純すきな俺は爆死するしかないんじゃないかと不安で夜も眠れぬ有様

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:15:20 ID:7xKOaN7zP
それ、既に大半が爆死してるだろ

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:18:40 ID:Py3BHYiZ0
その辺の他カプ絡みの話はやるなら他スレの方が良いと思う……
個人的には、唯憂は押されても「仲の良い姉妹だなぁ」って感じで
百合的な意味での競合って気がしないから平気だけど

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:25:33 ID:MCquYwRI0
たとえ今日唯梓がなくても他カプの悪口はやめような!
スレが平和なのが1番だ

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 22:42:55 ID:tMcoBs0y0
逆に、もしも唯梓成分がそれなりにでもあったら、その時は大喜びでリピートしまくるんだ・・・
とか書きそうになったけど、よく考えたらまるで死亡フラグだった

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:03:15 ID:/djfHv3U0
どもども、お待たせしました

番外編「ウェディング!」 Cパート

投下させていただきます
……手直ししたら、本文8レスで収まらずに9レスになってしまいました……

因みに「この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません」

AB両パート共始めにこれを書き入れていませんねw
実在の地名や建物使いまくってるのにw

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:03:45 ID:/djfHv3U0

番外編「ウェディング!」 Cパート

「唯ちゃん、梓ちゃん、着いたわよ」
えっと……これって一体何……?
隣の唯を見ると、同じように呆然としていた。

私の目の前に並んでいるのは『純白のウェディングドレス』。それも数え切れない程の。
唯の目の前には、同じくらいの『純白のタキシード』が並んでいる。

「さぁさぁ、唯はこっちに来て〜」
「梓ちゃんはこっちよぉ〜」
私はムギ先輩に引きずられながら、ウェディングドレスの海へと連れていかれた。
唯も律先輩に引きずられながら、タキシードの海へと連れていかれたらしい。
向こうから「おぉ!これも良いなぁ」「こっちもカッコイイぞ」という、律先輩と澪先輩の声が聞こえてくる。
私はというと……。
「梓ちゃんにはどれが似合うかしら〜?」
「こんなのはどう?」
「あ、さわちゃん、それ良いかも知れませんね〜」
ムギ先輩とさわちゃん二人の『着せ替え人形』と化していた……。



「唯ちゃん、梓ちゃん、凄く似合っているわ〜」
『はっっ!!』
ムギ先輩の一言で、私と唯は我に返った。私が着ているドレスは、所謂『マーメイドライン』のオーソドックスな物。唯が着ているフロックコートも、白のシンプルな物だ。
「やっぱり、シンプルなのが一番だな〜」
「あぁ……そうだな」
「二人共、やるじゃな〜い」
「へっ?何がぁ?」
「何を隠そう、あなた達の選んだそのフロックコート!そしてムギちゃんが選んだウェディングドレス!共に私が作った特製なのよ!!」
「……わざわざ作ったのか……」
「当然でしょ〜。私の大切な教え子でもある二人の特別なイベントよ〜。ここで頑張らないで何時頑張るっていうの?」
「あの〜……出来れば、ライブの衣装もこんな感じに頑張って、シンプルに仕上げて貰えれば嬉しいかと……」
「そうだよな……なぁ、梓もそう思うだろ?」
「……は、はいっ!?あ、そうですね!こんなにも唯がカッコイイなんて思ってませんでした!」
『……はぁ!?』
あれ?唯以外の全員が呆れた顔してる……なんで?
「澪……梓に聞いたのが間違いだったな……」
「間違ってなんか無いよ!りっちゃん!梓、物凄く綺麗で……かわいいもん!」
『……はぁ〜……』
あれ?なんで……溜息なんかつくんですか……?私の格好……そんなにも変なのかなぁ〜?

「紬お嬢様、皆様の御準備が整いました」
「ありがとう、斉藤。……じゃぁ、みんなの所に行きましょうか?」
唯……カッコイイなぁ……あ、髪型変えてるんだ……。
「ほら、梓。こっちだぞ〜。……唯もボーッとしないで、ちゃんと歩け」
はぁ……こんなにもカッコイイ唯が、私の恋人だなんて!
「まるで夢みたい!」
「おーい、梓〜。これ、夢じゃ無いから、現実だから……。だから、唯連れてこっちにこーい」
「あ、唯ですね!わかりました!!」
律先輩が、唯と一緒に来いって呼んでる。
「唯、一緒に行こう!」
「うん!」
「やれやれ……」



「梓ちゃん……とても……似合っているわね……」
「お、お母さん……」

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:06:39 ID:/djfHv3U0
「本当だ……。ついこの間まで子供だったのになぁ〜。……いつの間にか、大人になっていたんだね」
「お父さん……どうして……ここに?」
ムギ先輩達に案内されたのは、礼拝堂の裏手にある牧師さんの控室。
……なんで、私と唯の両親が、ここに居るの?
「どうしてって……娘の結婚式に親が来るのは当たり前だろう?」
「そりゃあ、そうだけど……。でもさ、これって『ごっこ』みたいな物でしょ?」
「『ごっこ』か……、本当にそうだと思うのかい?」
「えっ?だって、『特典映像』の撮影だって言ってたし……」
「『ごっこ』でわざわざ私達が日本からやって来ると思う?」
え……じゃぁ……。
「すみません、そろそろ準備が出来たので、お母さんは先に入っていただけますか?」
「あら、そうなの?じゃぁ、私は中に入っているわね。……あなた、梓、頑張ってね」
「あぁ、ちゃんと、梓を唯ちゃんに託してくるよ」
ふと周りを見ると、既に唯の両親も中に入ったみたいだ。

「唯ちゃん、梓ちゃん、こちらが今回の式を取り仕切って戴く『ハウアー牧師』よ」
「どうも、こんにちは。始めましてアントン・ハウアーと言います。今日は私達の教会で、結婚式を挙げて戴き、誠にありがとうございます」
「……あ、あれ?……ねぇ、梓。もしかして、私達よりも日本語上手なんじゃない?」
「いくらなんでも……って言いたいけれど、少なくとも唯よりは上手ね」
「しょんな……しどい……」
「……まぁ、冗談はさておき」
「さておかれた!?」
なんでそんなにも日本語が堪能なのかを聞こうとしたら、牧師さんが先に種明かしをしてくれた。
「実は私、以前に五年間程日本で牧師研修の講師をしていたんですよ」
「あぁ、それでなんですか。とても日本語が堪能なので、なんでなのかなと思っていたんですよ〜」
「日本にはいい思い出が沢山有りますね〜、おもてなしの心とか、譲り合う気持ちとか……」
あ、なんだか長話になりそう……。そう思っていたら、ムギ先輩が間に入った。
「ハウアー先生?もうすぐ式が始まりますよ」
「おっと、失礼。つい話すことに夢中になってしまいました」
「では、私も中に入って待っていますから、皆さんの事、お願い致します」
そう言って、ムギ先輩も中へと入っていった。
「では、簡単に式の流れを説明しますね。まず……」



「なんだか、緊張するな」
「もぉ……お父さんが緊張してどうするの?」
「まぁ、そうなんだがな……」
私達は、礼拝堂の入り口にある扉の前に立っている。
「しかし……なんだな。まさか、こんな場所で娘の結婚式をやるとは、夢にも思わなかったぞ」
「私もだよ……みんなに感謝しなくちゃね……」
「そうだな……。あのな……梓、今だから言うんだけれど……実はお父さんな、最初、二人で暮らすって聞いた時、反対するつもりだったんだ」
「えっ……」

思わずお父さんの顔を見上げた。そこにはとても真剣な眼差しで、一語一句言葉を選んで話す、今までに見たことの無い『父』の顔があった。
「年齢云々ってのは関係無かった。ただ単に『女の子同士』っていうそれだけだったんだ」
そう……だったんだ……。
「だけどね、僕が唯ちゃんに『梓の事をどう思っているのか』って聞いた時、唯ちゃんは『恋人として、真剣にお付き合いさせていただいてます』って言ってくれた」
「うん……」
「それを聞いた時『あぁ、これは敵わないな』って思ったんだ。梓の事を、これ程までに真剣に愛してくれている……そう考えたら、反対する気持ちなんて、どっかに行っちゃったんだよ」
「そう……なの?」
「あぁ……。でもなぁ〜、男親ってのは変な所で頑固なんだよな……。反対する気持ちなんてこれっぽっちも無いのにさ、意地で『卒業するまでは、自宅を拠点に活動しなさい』なんて言っちゃってさ……あの時は、本当に済まなかったな」
「ううん、そんな事無いよ。あの時、もし二人で暮らし始めてたら、絶対にここには居ないもん……だから、感謝してるよ」
「そうか、そう言ってもらえるのなら、ありがたいな。……梓、良い人と巡り逢えたな。おめでとう」
「……ありが……とう、私達を……認めてくれて……本当に……ありがとう……」
「ほらほら、まだ泣くのは早いぞ。……お、始まったな」扉の向こうから、オルガンの音が聞こえてきた。結婚式の始まる合図だ。
「梓……僕達の娘として産まれてきてくれて、ありがとう。あまり、父親らしい事はしてあげられなかったが……幸せになるんだぞ」
「……うん……」

……私……こんなにも……愛されていたんだね……。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:08:13 ID:/djfHv3U0
唯の家と同様に、殆ど家に居なかったお父さん。学生の頃はそれを恨んでいた時もあった。
お父さん……私……今……世界で一番……幸せだよ……。
「それでは、これより式を始めます。皆さん拍手で出迎えて下さい。新婦、入場!」
ハウアー牧師の声が聞こえ、扉が静かに開いた。
目の前には真っ赤なカーペット。
その向こうには、今日の礼拝が終わっても尚残って居てくれた、地元の信者達。
更にその先には、真新しいフロックコートを見に纏った唯が、牧師の隣に立っている。

お父さんの左腕の肘辺りを右手で軽く掴んだまま、ゆっくりと、一歩ずつ前に進む。
みんなが私達に注目している。あ……純……真鍋先輩も居る……わざわざ来てくれたんだ……。
「梓!おめでとう!!」
純の明るい声が礼拝堂内に響き渡る。
……全く……相変わらずなんだから……でも、嬉しいな……。
地元の人達が座る席を過ぎ、メンバーや友人が座る席も過ぎ、親族が座る席……最前列まで歩みを進めた。
ここで、お父さんから唯へと私が託される。
「唯ちゃん……梓を託したからね……ちゃんと幸せにしてやってくれよ……」
「はい……。じゃぁ、梓」
「はい……」
お父さんの左腕から手を離し、唯の左腕の肘辺りを軽く握る。
そして、再びゆっくりと、今度は唯と一緒に、祭壇へと歩み始めた。



賛美歌、聖書の朗読と式は恙無く進み、宣誓の段となった。

「平沢唯」
「はい」
「中野梓について尋ねます」
「はい」
「あなたは、その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
「はい、誓います」
「中野梓」
「はい」
「平沢唯について尋ねます」
「はい」
「あなたは、その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
「はい、誓います」
「では、指輪の交換を致します。二人とも、お互いの方を向きなさい」
私達が互いに向き合うと、クッションに乗ったペアリングが差し出された。……あ、成る程……、ここで使う予定だったんですね……。

撮影用のカメラを受け取ったその日、私達はムギ先輩に「指輪のサイズを計らせて」と言われ、全ての指のサイズを計っていた。
その時は「撮影で使う指輪を作るから」って言われて、なんの疑問も持っていなかったんだけど……まさかこんな所で……とはね。

「梓」
唯が優しい声で私の名を呼び、そっと左手を掴んだ。
「この指輪は、私の愛と、思いやりと、変わらぬ貞節の誓いであり、しるしです」
そう言って、私の薬指に指輪を嵌めた。今度は、私の番……。
「この指輪は、私の愛と、思いやりと、変わらぬ貞節の誓いであり、しるしです」
唯の左手を取り、薬指に指輪を嵌める……これって、結構難しいかも……よし……オッケー。

「それでは、あなたがたの誓いの証を神の御前に示しなさい」
……誓いの証……私達の誓いが逃げぬように、それを封印するキス……あ、ちょっと恥ずかしいかも……。
そんな事を考えていると、目の前のベールがふんわりと持ち上がり、頭の後ろへと回された。
えっと……気持ち上目遣いにしたほうが、見映えが良くなるって牧師さんが言ってたな……こんな感じかな……?
目の前に見えるのは、いつもよりもちょっとだけカッコイイ唯の顔。
「綺麗だよ……」
……もぉ、そんな顔してその台詞は反則だよ……。
私の両肩に、唯の両手が優しく触れる。
唯の顔がゆっくりと近付いてくる。
私は、その顔をずっと眺めていたい衝動を抑え、ゆっくりと目を閉じる。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:08:36 ID:/djfHv3U0
唯の気配がどんどん近付き……。
暖かくて、軟らかくて、気持ちいい、唯の唇が、私の唇に……。
「……ん……」
……触れた。

時間にして、僅かに数秒程度。
でも、これまでに感じた事の無い、嬉しさと喜ばしさと……幸福感がたっぷりと詰まっているキス……。
もっと味わっていたい……そんな余韻を残しながら、ゆっくりと、お互いの唇から離れ、再び祭壇へと体を向けた。
「私達の父!全能の神よ!平沢唯と中野梓は、神と人の前で夫婦となる誓約を致しました!」
……夫婦……か……。
「私は、父と、子と、精霊の御名において、この二人が夫婦である事を宣言します!『神が合わせられたものを、人は離してはならない』」
絶対に……離れないよ……唯が『嫌だ』って言ったって、絶対に離れないんだからね……。

その後も式は順調に進んだ。牧師による説教、皆で歌う賛美歌……。
そして式は、クライマックスを迎える。

「祝祷致します。願わくは、我らの主、イエスキリストの恵み、父なる神の愛、精霊の交わりが、今結婚を約束されたお二人と我ら会衆一同の上に、今より、限りなく、あらんことを!」

牧師の祝祷で、結婚式のプログラム、全てが終了した。

……終わったんだ……私達の『結婚式』が……。

「それでは、新郎新婦が退場致します。一同、祝福の拍手をもってお送りください。……新郎新婦、退場!」
割れんばかりの拍手の中、私達はゆっくりと歩みを進め、出口へと向かった。

……立ちっぱなしでいたから、足が棒のようになっていて早く歩けなかったってのは、内緒だよ。



その後、信者の人達が作ってくれた、真心の篭った料理を囲んでの、ささやかな『披露パーティー』が行われた。
牧師婦人の作ったケーキをカットして、みんなで賛美歌を歌い、地元の名物料理を堪能したり、先輩方とさわちゃんが酔っ払っていきなり『ふわふわ時間』を歌ったり……。とても楽しい、有意義な時間を過ごす事が出来た。
そうそう、その時話したおばあちゃんが「この教会では半月に一度『日本語教室』を開いていて、今日出席した人達殆どがその教室に通っているんだよ」って、片言の日本語で教えてくれた。
今回の式も、一ヶ月前に地元の人が挙げた時と同じプログラムで執り行ったんだって、前回と今回のプログラムを見せながら話してくれた。成る程ね〜、だから式の進行全てが日本語だったんだ……。



楽しかったパーティーもそろそろ終わりを迎える頃、牧師が私達を呼んだ。私と唯の両親も一緒に居る。……なんだろう?唯と顔を見合わせ、そちらに向かった。
「二人共、結婚おめでとう。これは、非公式な物なんだけど……」
牧師が差し出したのは、一枚の紙。……うーん……これって……。
「梓……読める?」
「オランダ語だからねぇ……無理……」
「それの日本語訳がこちらになります」
「……有るんだったら、早く出して下さい」
「おぉっ!久しぶりに梓の鋭いツッコミ!」
……無意識でやってしまった……、式を執り行ってくれた牧師さんなのに……。
「……すみません……」
「気にしないで良いですよ、教会の方々にもよくツッコミを入れられますから」
はぁ、そうですか……てゆーか、そんなにもツッコミ入れられているんですか……?
「それはさておき、これならばなんと書いてあるのかわかるでしょう?」
そう言って差し出されたのは先程言っていた『日本語訳』、……えっと……ん?
「結婚……証明書?私と……梓の?」
「えぇ、そうですよ……先程も言った通り『非公式』では有りますが、お二人の記念に如何かと思いまして」
記念か……そうだね、折角これだけの式を挙げてくれたんだもんね。
「良いよね、唯」
「勿論だよ〜」
「では……有り難く頂戴いたします」
「いつまでも、ここでの出来事を忘れないで下さいね」
「はい!勿論です!」
「絶対に、忘れません!」
……こんな素敵な事、絶対に忘れるもんですか!

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:09:00 ID:/djfHv3U0

「それじゃ、次は我々からだな……」
唯の両親が前に出てきた。すぐ後ろに私の両親もついてきている。
「ん?お父さん達も、何かプレゼントが有るの?」
唯……いくら自分の親だからって……その言い方はどうかと思うんだけど……。
「おいおい……、いくらなんでも『何か』は無いだろ〜? ……二人が喜ぶだろうと思って、わざわざ取りに行ったと言うのにさ」
『……?』
私達は思わず顔を見合わせ同時に首を傾げた。わざわざ取りに……って、一体何を……?
考えを巡らせていると、唯のお父さんが一通の封筒を唯に手渡した。
「……これが、僕達……梓ちゃんのご両親を含めた四人からのプレゼントだよ」
「開けて中を見てちょうだい。きっと喜ぶから」
「お母さん……うん、わかった……」
唯が封筒の口を開き、逆さまにすると、またしても一枚の紙が出てきた。丁寧に折り畳んであるそれを、唯がゆっくりと開く……あっ……。
「唯、どうかな?一応みんなで考えてこれに決めたんだけど……」
「梓もこれなら喜ぶと思って……な」
「これって……『婚姻届』……私達……の?」
「そうよ、ちゃんと私達の名前が入っているでしょ?あ、勿論これも『非公式』……というか『法的効力』は無いんだけどね」
「『結婚した証』として持っているのなら、何にも問題は無いわよ。……後は、唯と梓ちゃんが名前を書き入れるだけ」
言われたとおり、私達の名前を書き込む欄以外、全てが埋まっていた。
「お父さん、お母さん……これ、ここの備考欄に書いて有る事……本当なの?」
思わず私は両親に問い掛けた。
「あぁ、本当だとも」
「それは私達四人の本当の気持ちよ」
備考欄には、こんな事が書かれていた。

私達四人は、平沢唯と中野梓の結婚を認めます。

「ウッ……ウウッ……お父さん!お母さん!」
感極まった私は、思わず二人に抱きついた。
「梓……困った事が有ったら、いつでも言いに来るのよ……」
「そうだぞ……。たとえ、どんな事が有ったとしても、僕たちは梓の親なんだから、遠慮なんかしなくて良いんだぞ」
「うん……グズッ……ありがとう……」
「唯ちゃん」
「は、はいっ!!」
「改めて、お願いするが……梓の事……宜しく頼んだよ」
「はいっ!!!絶対に、梓を幸せにします!!!」



ふぅ……カードキーを差し込んでっと……。
『ただいま〜』
扉を開けて、中に入り、一息つくと何故か笑いがこみ上げてきた。
「ふふっ……」
「……?どうしたの、いきなり笑って……」
「ん、大したことじゃないんだけどね……ここに泊まるのってさ、もうすぐ一週間でしょ?」
「うん、そうだね」
「さすがにそれだけ泊まっているとさぁ、なんだか『自宅』って感じがしちゃうんだよね〜」
「あぁ、それでさっき『ただいま』って言ったのが可笑しかったと」
「そーゆーこと……まさか梓とハモるとは思わなかったけどね〜」
「……唯、一体何年一緒に暮らしていると思ってるの?」
「えっと……もうすぐ三年……だねぇ〜」
「それだけの間一緒にいれば、ハモったっておかしくは無いんじゃない?」
「そっか〜」
えへへ……三年かぁ〜……。
「色々あったねぇ〜」
「そうだね〜。……でも、今日の事が今までの中で一番の出来事だよね……」
「そうだね……。まさか、オランダに来て『結婚式』をするなんて、夢にも思わなかったもん」
私は左手を目の前に伸ばした。そこには真新しい指輪が光っている。
「そうだよね……」
梓も同じ様に左手を伸ばした。そこにも真新しい指輪が光っている。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:09:23 ID:/djfHv3U0

「結婚……出来たね……」
「うん……『真似事』だけど……ちゃんとした『結婚式』だったね……」
「でも、同じホテルにみんなが泊まっているなんて、全然気付かなかったね」
「ねぇ〜。ムギ先輩、上手くやったよね」
パーティーの後、私がみんなに「どこに帰るの?」と聞いたら、みんな「同じホテルに泊まっているんだよ」と答えるんだもん、正直かなり驚いたよ。ムギちゃんが細かく連絡を取り合っていたとは言え、上手くやったよねぇ〜。
「お父さん達も、もっとゆっくりしていけば良いのにね……」
「……仕方が無いよ。特に、唯のお父さんなんか無理して仕事休んで来たんだし……」
今後の予定をみんなに聞いたら、私の両親はお父さんの次の仕事先がストックホルムだという事で、明日一番の飛行機でそこへ向かうと言っていた。梓の両親は、シカゴで行われるジャズフェスタに参加するために、今夜の飛行機で飛び立つそうだ。
「私達も、明日出発じゃなければみんなと遊べたのにねぇ〜」
和ちゃん、純ちゃん、憂の三人は、後二日ほど滞在して、観光を楽しむと言っていた。
「だって……私達も仕事が有るでしょ?」
「まぁ、そうなんだけどさぁ……」
「良いじゃない、今度、みんなで一緒にまた来れば」
梓が笑顔で問い掛けてきた。……そうだよね。
「うん。……『次』があるんだもんね」
「そうだよ……また何年かしたら、報告しに来なくっちゃ……『ちゃんと、二人で元気に暮らしています』って」
そう言って、梓が封筒から紙を取り出した。……オランダの『結婚証明書』と日本の『婚姻届』。『非公式』だけれど、私達が『結婚した』という証……。
「あ、そうだ……。名前、書かないとね」
『結婚証明書』には既に印刷されているけれど、『婚姻届』の氏名欄は空欄のままだ。
「じゃぁ、私から書くね……」
私は『夫になる人』の欄に『平沢唯』と書き入れた。
「……」
梓は黙って『妻になる人』の欄に『中野梓』と書き込んだ。

「えへへ……新婚さんだね……」
「ふふっ……新婚さんだよ……」
「……あーずさっ!」
私は嬉しくなって、横から梓を抱きしめた。
「なーに?唯……」
梓もそれに答えるように、私の腕をそっと握った。
「んー……何だか嬉しくってさ……」
「……私も……嬉しいよ……」
そう言うなり腕の中で体を半回転させ、私の胸元に顔を埋めた。
「ずっと……無理だと思ってた事が……今日……叶ったんだもん……」
「……そうだね……」
胸に抱いた梓の頭を撫でながら、短く答えた。以前、梓に『結婚をしたら……』って話をしたとき、梓は『結婚出来ないから無理なんだよね』と言って話を締め括った事があった。
でもね……私、気付いていたんだよ……それから暫くの間、街中で幸せそうなカップルを見て『幸せなんだろうな〜』と言う度に、ほんの少しだけ、その笑顔に憂いが混ざっていた事を。
「……唯……」
「……な〜に?……」
梓がさっきよりも強く抱き着いてきた。
「どうしたの……?」
私は、変わる事なく頭を撫で続けた。
「ねぇ……これって……『夢』じゃ……無いよね……」
「『夢』じゃ……無いよ……」
「本当に……?」
「本当だよ……。心配だったら……『夢』かどうか……試してみ……ぅん……」
私が最後まで言う前に、梓の唇が私の唇を塞いだ……。
「……どうだった……?」
「……まだ……わからない……かな……」
「……じゃぁさ……」
今度は私の番……。さっきのキスは唇同士を触れさせただけ……。でも……今度は……。
「……ちゅぱ……んっ……んちゅ……んぅっ……」
もっと深く……梓が私を感じられるように……。
「……んむ……んぐ……ちゅ……んん……」
梓の口内を、私の舌で、ゆっくりと嘗め回す。舌……上顎……歯の裏……舌の裏……歯茎……頬の裏……。嘗められる所は……全て……。
「……ん……はぁ……」
唇を離すと、私達の唾液が蜘蛛の糸のように延び、雫となって梓のブラウスに垂れた。
「……これなら……どうかな……?」
梓の唇を中指でなぞりながら、私は問い掛ける。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:09:46 ID:/djfHv3U0
「もっと……もっと……」
「ん……」
虚ろな瞳でそう言いながら、私の指を嘗め始めた……。
「ちゅぱ……んちゅ……」
私は優しく指で舌を撫で回す。
「……ん……んんっ……ちゅぷ……」
ふふっ……梓ってば……こんなにも頬を紅く染めちゃって……。
「……んぷぅ……あっ……」
不意に指を抜かれて、少し物足りない顔を見せた。
「……ちゅぱ……もっと……欲しいの?」
抜いた指を自分で嘗めながら、意地悪そうに聞いてみた。
「うん……もっと……ちょうだい……」
「いいよ……」
そう言って、梓の背中に手を廻し、キスをしながら優しくベッドに押し倒した。
「……電気……消さないとね……」
ゆっくりと身体を起こそうとした私の腕を、梓はやんわりと掴んだ。
「……そのままで……お願い……。唯を……ちゃんと……感じていたいの……」
「……うん……」
再び梓を抱きしめ、何度目かのキスをする。
「……ん……あずさぁ……」
「……んぁっ……ゆいぃ……もっと……して……」
深いキスをしながら、私は梓のブラウスのボタンを外しはじめる。梓も、私のレギンスのベルトを緩めていた。

外界の音が全く聞こえない閉め切った部屋。

「……ん……ふぁっ……」

灯るのは間接照明の明かり。

「……くぅっ……あぁっ……」

部屋に響くのは衣擦れの音と……。

「……ん……くふぅ……あずさぁ……あずさぁぁぁ!!」

淫靡な水音……そして……。

「……んふぅ……ゆいぃぃ……ゆいぃぃぃ!!……ひぁぁぁぁっっっっ!!」

私達の淫らな声だけだった……。



あれぇ〜……どれ使えばいいのぉ〜?
「おかーさーん!空いてるディスクってー、どれー!?」
「えー!?今、手が離せないー!適当に探してー!」
「適当にって言われたってさぁ……」
仕方なく、私はテレビラックの横にある、ディスクケースの中を漁った。
「これは……違うなぁ……あ、お母さんだ……若いなぁ〜……これも違う……もぉ、だれかさんがちゃんと片付けないから……お!白いケース発見!!」
何枚有るかわからないBDの中から、私は真新しいケースを発見した。
「中身はど・う・か・な〜……なんだこりゃ?……えっと、『だいすき すぺしゃる……え、え、え……』もぉ、読めないよ!……おかーさーん!!」
私はお母さんにこのディスクの事を聞きに行った。……だってさ……見たこと無いディスクなんだもん……。

「ねぇねぇお母さん……うわぁ〜いいにおい……晩御飯はカレー?」
「えぇ、そうよ。……ところで、絢音はお母さんに何か聞きたい事があったんじゃないの?」
「あ、そうだ!ねぇお母さん、このBDって……何て書いてあるの?」
「ん?……あら、懐かしいわね……これはね『だいすき スペシャルエディション』って書いてあるのよ」
「すぺしゃるえでぃ……?なにそれ?」
「『特別盤』っていう意味。それにしても……これ、どこにあったの?」
「テレビの隣のディスクケースの中にあったよ。なんで?」

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:10:05 ID:/djfHv3U0
うん……この間ね『見つからない!無くしたかも!』って騒いでたから、お母さんも一緒になって部屋の中を探したのよ。……そんな所にあったんじゃ、みつかるはず無いわよねぇ」
ふーん……。
「えっ?いつ探してたの?」
「絢音が学校に行ってる間よ……帰ってきたら、ちゃんと言っておかないとね」
「そうだね〜」
「……絢音もよ。ちゃんと机の上かたしたの?」
「うん!宿題も全部終わったよ〜」
「あら、そう。今日は珍しいのね」
「絢音だって、ちゃんとやるときはやるもん」
「あら、そうなの?」
「そうだよっ!」
「そっか〜。じゃぁ、ちゃんとやれるついでに晩御飯の手伝いもしてもらおうかな〜」
「えっ!!あー、それは……また今度ねー」
そう言い残して、私は台所から逃げ出した。だってさ……お手伝いって……めんどくさいんだもん……。

えーっと……あ、そうだ。空のディスク探さなくっちゃ……。んーと……あれ?これって……あれぇ〜?
「おかーさーん!」
「もぉ……今度はなーに?」
私が呼ぶと、呆れた顔をしてお母さんがやって来た。
「あれ?晩御飯の準備は?」
「今一段落した所。で、なんなの?」
「あのさぁ、これなんだけどね……」
私が見せたのは『だいすき』って書いてあるBDのケース。
「これって、さっきのと違うの?」
「ええ、違う物よ。……絢音は見たことなかったっけ?」
「うん、知らなーい」
私がそう言うと、お母さんはケースの裏を見て頷いた。
「そっかー、二年半前かー。絢音が来る半年前だもんねー。……あれ?『ほおずき園』に居た時に見てると思うんだけど……」
「そうだっけ?」
「うん……お母さん達が持って行って見せたと思うんだけどなぁ〜、……まぁいいか。じゃぁさ、どう違うのか見てみる?」
「うん!!」

「じゃぁ、最初は通常盤……普通のやつからね」
プレイヤーにディスクを入れて、再生ボタンを押して……。あ、始まった。……ん?
「あぁ、これか〜。うん、見たことあるよ!」
「でしょ〜」
お母さん達が演奏して、ママとお母さんが歌って……。
「あ、さわちゃんだ!」
さわちゃんと太田さんが花畑ではしゃいでいる。高い塔に昇ったり、おっきなお城に行ったり……お母さん達楽しそうだなぁ〜。
「ね〜、絢音もここに行きたい〜」
「んー……そうね……オランダっていう国……外国だから、もうちょっとして、高校生になったらね」
「約束だよ〜」
話している間に再生が終わってた。

「じゃぁ、次はこっちね……」
お母さんはさっきのディスクを取り出して、その『すぺしゃるなんとか』を入れて、再生ボタンを押した。
「……さっきのと変わんないじゃん……」
「まだ、ね。ほら、ここから良く見てみなさい」
見てみなさいって……同じじゃ……あれっ!?
「お母さんとママ!?」
「そうよ。……これはね、私達の為だけに作られた『特別盤』なのよ」
「へぇ〜、……あ!パーティーしてるの?あー!お母さんウェディングドレス着てる〜」
「結婚式の後にやったパーティーよ」
「ママも……えっと……なんだっけ?スーツ?カッコイイ〜」
「『スーツ』じゃなくて『フロックコート』って言うんだけどね」
「お料理もおいしそうだな〜……あ!りっちゃんとかもおめかししてるよ〜」
「みんな着飾ってね……楽しかったなぁ〜」
本当だ……。お母さん達……楽しそうだなぁ〜。
「んで、この先はさっきと同じなんだけど……まぁ、終わった後も見てみなさい。……ちょっと恥ずかしいんだけどね……」
終わった後……?なんだろ?

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:10:26 ID:/djfHv3U0

演奏が終わって、HTTのロゴが上から降ってきて……あれ?どんどん大きくなってきたよ!?
「えっ!?なんて書いてあるの?」
「『特典映像』って書いてあるのよ……おまけみたいな物ね」
「……これってさぁ……結婚式?……お母さんと……ママの?」
「ええ、そうよ……私達の為に、みんなが企画してくれた結婚式……忘れられない思い出よ……」
画面の中のお母さんは、とてもきれいで、ママも、とてもかっこよくて……。
「はぁ〜……」
思わずため息が出ちゃった。
「なぁ〜に?いっちょ前にため息なんかついちゃって」
「だってさ……お母さんきれいだし、ママもカッコイイし……」
「ふふっ……そっか」
そう言って、お母さんは私の頭を撫でてくれた。えへへ……気持ちいいなぁ〜……。

「あずさ!あやね!ただいま!!」
『うわっ!!ビックリしたぁ!!!』
いきなり後ろから声をかけられて、私とお母さんは思わず背筋を伸ばして驚いた。
「も〜、ママってば、ビックリさせないでよ〜」
「だってさ……、玄関開けて『ただいま』って言っても誰も出て来ないから……」
「だからって、驚かせる必要は無いじゃない……ねー、絢音」
「そうだよ〜、……あ!そうだ!ママ、これ探してたんでしょ〜、絢音がちゃーんと見つけておいたよ!」
「ん……おぉ!その映像は!確かに私が一晩中探して見つからなかった『特別盤』のBD!!」
「……だれかさんがちゃんとしまっておかないから……」
「そうだよぉ〜、絢音が見つけなかったらどうするつもりだったのぉ〜?」
お母さんのまねをして、両手を腰にあててほっぺたをぷぅーっとふくらませてみた。
「あうぅ……あずさぁ〜、あやねぇ〜、怒らないでよぉ〜。本当に感謝してるし反省してるからぁ〜」
ママは私達に手を合わせながらそんな事を言っている。
「絢音……どうしよっか?」
お母さんがニヤニヤしながら聞いてきた。
「えー、やっぱここは『罰』を与えないとねぇ〜」
私もニヤニヤしながら答えてあげる。
「えぇ〜『罰』って……そんな大袈裟な……」
ママが何か言ってるけど、とりあえず無視して……。あ!そうだ!
「ねぇねぇ、お母さん……あのね……」
小声でそっとお母さんに耳打ちをする。
「うん……うん……良いわねぇ〜それ。うん!よし決定!!」
「な、なにを……?」
へへーん、これは良い『罰』だよぉ〜。
「ママに問題です!今日の晩御飯は何でしょう?」
「えっと……玄関開けてからずっと漂っているこの匂いは……梓特製チキンカレー!!」
「せいかーい!では次の問題です。『カレーのちライス』で、刺激が欲しいときスパイスは何杯入れますか?」
「……ひとさじ……あ!」
わかっちゃったかなぁ?
「でも、ママには『罰』と言う事で……今日のカレーはスパイスふたさじね〜」
「そんな!ひどいよぉ!」
「ひどくないもん」『ねー』
あ、ママすねてる……でも、自分が悪いんだから、仕方がないよね。
「じゃ、じゃぁ!これでどう?絢音には今度アイス買ってあげる!」
「ホントに!?じゃぁ良いよぉ〜」
「……じゃぁ私には、何をくれるの?唯……」
「梓には……」
そう言うと、ママはお母さんにチューをした。……いくら毎日のようにチューしてるからって、子供の前でするってのはねぇ……。
あきれた私がテレビの方を見ると……。

「あ」

画面の中でも二人が幸せそうな顔をしてチューしていた。


おしまい!!

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:12:50 ID:/djfHv3U0
以上です

……最初に「微エロ(R15)」って入れるの忘れてた……orz
おまけにメル欄にタイトル入れるのも全パートで忘れてるし……orz

皆様、長々と失礼致しました m(_ _"m)ペコリ



あ、厚かましいのですが、Wikiに保管する時、もしよろしければ>>573レス目の

「そう考えたら……何だか……切なくなっちゃって……」何でなんだろう……久しぶりに長く唯と居られるから……なのかなぁ。そんなこと……随分と前にわかっていた筈なのに。

の部分を

「そう考えたら……何だか……切なくなっちゃって……」
何でなんだろう……久しぶりに長く唯と居られるから……なのかなぁ。そんなこと……随分と前にわかっていた筈なのに。

に変更して頂けたら幸いです



それでは、次回作……前スレ読んでいた人なら気づくかもしれませんが……で会いましょうw

ではでは ノシ

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:31:44 ID:+5zj/OJn0
>>632
力作GJ!


634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:33:42 ID:AcU/zvs9P
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0121509-1279617743.jpg

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:37:55 ID:llp/pIgC0
>>632
GJ! 親とのやり取りはグッときたよ

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:19:36 ID:eJ1ZYWpR0
唯梓厨は唯梓以外他のカプは認めないから嫌い。
だからこのスレも雰囲気悪くなるんだよ?

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:25:17 ID:r4JM+YsW0
キリッ

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:33:58 ID:LTPIBMFW0
まあ、最近はキリッを付けられないくらいちょっとあれな所もあるけどね
他カプの話題はポジティブネガティブどっち方向だろうと出さないが吉

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:34:13 ID:UvZXJCNU0
少なくとも唯と梓が絡まない範囲に関してはどんなカプも認めてると思うけど
唯梓が関わってるカプならそういう節があるかもしれないがわざわざカプスレにまで言いに来るなよ
せっかく巣に引っ込んでるんだから

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:38:08 ID:Yw7Mc/q10
個別カプスレでまで梓○カプもありだよねーみたいな状況でも逆に気持ち悪いしな
まあ話題に出さないのが一番

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:57:19 ID:ckb/56M+0
そうそう他カプ好き嫌いは個人個人違うだろうし
ここでは唯梓が好きってことだけで十分語れるよ

>>632GJ!幸せな未来でよかった

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:21:52 ID:OaG1wARJ0
今週のネタバレ


これはテロだ。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:24:08 ID:WckTZH530
あー今日はムギ回かー
あれ・・・今度は澪?じゃあ順々にいけばもしかして・・・
やっぱり唯キターってなりました

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:26:40 ID:w7E6vIukP
たいへん満足いたしました。ひゃっほう

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:26:51 ID:ROfkBCb90
終わってみれば安心の唯梓

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:31:37 ID:zdzrSGRu0
唯にだけ強気で発言してるあたり、やっぱり梓にとって唯は特別なんだって感じた
何が言いたいかといえば、いい唯梓でしたごちそうさま

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:42:59 ID:h5n2hW/t0
予告見て心配してたがいい唯梓だった
ドア開けて入るとき地味にふんすっって言っててにやけた
やっぱり唯の影響受けてるよね

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:44:46 ID:+xUi99470
あずにゃんは順調に唯に染められているな

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 03:08:05 ID:q756WxzsO
紬梓は原作準拠だしいつか来るとは思ってたからあんまり驚かないな

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 03:10:14 ID:fyJ77dgY0
>>643
今日完全にムギ梓回かと思ってたら〆はゆいあずだったね。


651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 03:28:11 ID:ccD6fJJ20
みんなよく見てるなぁ。

469 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/07/21(水) 03:04:03 ID:FUPwGXBp0 [9/9]
一番最後
あずにゃんのカバンが寄り掛かったのって唯ちゃんのカバン?
なんかスゲードキッとしたっていうか
ああいう描写大好きなんだけど

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 03:43:22 ID:z4hsE6+z0
先輩達を呼ぶときに、「唯先輩達」って言い方してたりと、細かい部分が嬉しかったな
その程度で喜んでたから、「なかのあずにゃん」の破壊力でさらっとノックアウトされたけど。
キーホルダーの裏に張ってあったシールの時点であああああ甘すぎるうううう!!!!
っていう謎の大歓喜してたのに、駄目押しで「名前書いてあったぞ?」とかからの場面とか雰囲気素敵すぎてもうね

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 03:46:21 ID:ROfkBCb90
>>651
これか
ttp://skm.vip2ch.com/-/hirame/hirame106150.jpg
この後あずにゃんのかばんが唯のにもたれかかるんだよね

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 05:02:11 ID:kOpvQBiQ0
やっぱり、唯だけどこか特別だね

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 06:17:12 ID:qKY2Awhz0
>>652
容器の底を覗き込んだ後
唯を見て微笑んだりとか
「はがしますよ!」→「はがして良いですか」
の変化とか色々おいしかった

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 06:31:07 ID:+/PwXo5b0
>>653
梓のかばんは「ぶ」じゃなかったっけ
唯は「け」?

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 06:42:29 ID:b4Cs/kZT0
>>656
梓は「ぶ」だな。唯は「ん」
653の絵だと並びはこう。

け・い・お・ん・ぶ
律・紬・澪・唯・梓

で、最後右端の梓の鞄が唯の鞄にもたれかかる、と。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 06:42:49 ID:6IrcwBON0
>>656
唯は「ん」だよ
バッグにハートのシールが貼られてるだろ

ああ、今回はもう……
何だかトンちゃんは唯梓の娘(息子?)みたいだな
そしてラストのもたれかかるバッグで俺は死んだ

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 06:55:48 ID:b4Cs/kZT0
今回はすごくいい話だったなー。演出がものすごく良かった。
なくしそうになったキーホルダーが戻ってきたのは、唯のシールのおかげだったっていうシーンが
その直前の「あずにゃんはあずにゃんだもん」っていう唯の台詞につながってるんだよな。
ケーキの底のシールといい、最後の鞄のカットといい、小道具の使い方が憎いくらいに効いてた。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 07:41:47 ID:b4Cs/kZT0
>>656
ごめん間違った、今見返したら「い」が澪で「お」が紬だわ。
律澪紬唯梓だな。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 07:55:37 ID:aRtCDIzV0
入部の順

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 08:14:29 ID:ckb/56M+0
他の3人は「先輩」の題名どおりだったけど、唯だけ先輩後輩関係があいまいで
「あずにゃん先輩」なんて言われる始末
だけど唯の梓をかわいがる、大事に思う想いが伝わってきてしっかり梓の気持ちを捉えてる
そんな2人の関係が凄くよくわかった

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 08:20:10 ID:rgzQTfz0O
今録画見た
ムギ澪律に対しては「新たな一面の発見」って感じなのに
唯に対してだけ「想いを深める」って感じがしてニヤニヤしながら見てたw

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 10:12:24 ID:6IrcwBON0
>>662
梓は「先輩後輩」を殊更強調されたくないみたいだからね

唯は梓のことをよく見てるよね
それに純粋に「あずにゃんのため」と思って深く考えない言動が
結果的に梓を安心させている

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 11:29:01 ID:+ZYla4//0
今回のキーホルダーで13話での完全な別れとは違う
もう一つの可能性を見せてくれた気がする
梓と4人が離れても唯が何とかしてくれるみたいな
あのキーホルダーのシーンは何気にかなり重要だと思う

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 13:26:02 ID:KfjbT5fl0
「もう…唯先輩も子供じゃないんだから…何処にでもシールを貼らないで欲しいな…楽器に貼ってないのは一応考えてるみたいだけど…」

ふと 自分の鞄をマジマジと見つめ

「…〜やっぱり…」

(鞄の裏側目立たない隅の方に小さなハートマークのシールに「大好き」)

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 13:56:27 ID:lN/zrf+i0
むしろ唯なら梓に自分の名前を書いたシールを貼る

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 14:01:12 ID:7o9M39fv0
つまり所有物宣言と

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 14:01:14 ID:2uyVw9mD0
ニヤニヤした!
梓視点の軽音部仲良し話よかった!
やはり5人皆仲良しで、その中に唯梓というのがいいなあ…
しかし梓可愛がられてるな
一人っ子の梓としては、お姉さんに囲まれてる感じなんだろうな
おっと、一人は恋人か
唯と梓の距離感は確かになんか他とは違うように感じるね

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 14:02:26 ID:rJNIAqDv0
今回、自分しか「あずにゃん」ってあだ名使ってないっていう前提下で
「なかのあずにゃん」ってシールを貼ってたのはある意味それに近い行為な気がする。ハートも書きまくりだし。
自分一人だけの特別な呼び名って素晴らしい。そして響きが可愛すぎる。なかのあずにゃん

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 14:16:35 ID:lN/zrf+i0
中のあずにゃん

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 15:53:30 ID:PNjasoYe0
ゆいあずだな。

http://japan.gamespot.com/topics/story/0,3800076357,20416673-2,00.htm

--ゲームの試遊ではご自身が演じたキャラクターでプレイされたとのことですが、
今後はどのキャラクターを使ってみたいですか?

豊崎さん:まずは自分のキャラクターをコンプリートして、そしたらあずにゃんかなって思います。
あずにゃんが可愛いので(笑)。

一同:(笑)。

豊崎さん:あずにゃんはプレイしているとキャラクターの表情がコロコロ変わったりしますし、
たい焼きやアイスといったアイテムがたくさんあるので、唯ちゃんを演じている身としては、
あずにゃんにたい焼きのアイテムを与えたいと思います。

竹達さん:実は私もですね、唯をやりないなと思っていまして。

一同:おー!

竹達さん:梓は基本的にリズムを弾いていることが多いですが、
唯のパートは同じギターでも役割として全然違うところを弾いているので、
いかに唯のパートが難しいのか体験したいなと思います。
アニメでは梓のほうがギター上手い設定になっていますけど、
実際引いてみると愛生ちゃん(豊崎さん)がいつも大変そうに弾いていましたし、
唯のパートはすごく難しいだろうなと思って見ていたので、実際にゲームで体験してみたいなと思います。


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 15:55:56 ID:lXd6Srek0
水槽掃除してるときの二人の背中にニヤニヤがとまりませんでした

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 17:13:54 ID:t7Lz1dKt0
小ネタ「シール」

梓「すいません、遅れました……って、唯先輩?」
唯「スー……」
梓「もうっ、一人だけだからって、長いすで寝ちゃうなんて……」
唯「スー……」
梓「唯先輩、起きて下さいっ。首、痛くなっちゃいますよっ」
唯「スー……」
梓「もうっ……って、あれ? 手に持ってるの、あのシール?」
唯「スー……」
梓「…………」
唯「スー……」
梓「…………」ソー……ペリ……ペタ……

唯「ただいまぁ〜」
憂「お姉ちゃん、お帰り〜……あれ? お姉ちゃんの背中に、シール?」
唯「ん? 憂、どうしたの?」
憂「……なかのあずにゃん」
唯「え?」
憂「クスッ……なんでもないよ、お姉ちゃん♪」


ニヤニヤのあまり小ネタ投稿。
ありがちなネタですけど。
先週の次回予告のときは、
こんなにニヤニヤできるとは予想もしなかったです。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 17:17:33 ID:B88rlfGT0
>>672
他のメンバーのチョイスを見て5人でキャラがかぶらないように打ち合わせたんだろうというのはさておき、
中の人にも唯梓らしさが出てていいな
若干スレ違いだが、中の人のゆいあずも見てみたい

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 17:42:15 ID:5XgN0C0V0
>>674
いっそ「ひらさわあずにゃん」とか書いちゃうのもアリだよねーとか思ってたけど、
そうか、名前シールは自分の所有物に貼るものだった……

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 17:59:02 ID:B88rlfGT0
16話冒頭の唯の髪に付いてたシール、隣の律にはがしてもらえば済むはずなのに
わざわざ身を乗り出してはがそうとする梓

独占欲丸出しですね

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 19:04:37 ID:XKdrFvt90
純「梓って軽音部に入ってから変わったよねー」
梓「またその話?」
純「いいじゃん。梓可愛いいんだし」
梓「意味がわからない。それに純に可愛いなんて言われても嬉しくないよ」
純「ふーん、じゃあ唯先輩ならいいんだ?」
梓「どうしてそこでまた唯先輩が出てくるの!?」
純「言ってみただけだってー」
梓「だいたい純はことあるごとに唯先輩の名前出し過ぎ」
純「だって梓からかうの楽しいんだもーん」
梓「悪趣味…そのうち友達なくせばいいと思う」
純「梓が友達でいてくれれば問題ないって」
梓「あ、そう」
純「私はこの先も梓とは仲良しでいくつもりなので!」
梓「それはどうも…」
純「そういえば梓って中学の頃はどうしてたの?」
梓「い、いきなりなんで!?」
純「だってさ、梓って中学の頃の友達の話とかしないじゃん」
梓「それは…どうでもいいよ、そんなこと」
純「どうでもよくないから聞いてるんじゃん。もしかして友達いなかったとか?」
梓「そんなこと…ないもん」
純「なんかゴメン」
梓「違うもん…たまたま、話の合う人が少なかったってだけで」
純「ま、それ言うなら私とも趣味の話とかで意気投合したことはないけどね」
梓「……」
純「まーまそんなに気落ちしなさんな。前向きに前向きに」
梓「誰のせいでこうなってると思うのさ…」
純「なるほどねー」
梓「人の話聞こうよ」
純「あ、ごめん。いやね、梓を変えたのはやっぱり軽音部の皆なんだなーって思ってね」
梓「それは…うん」
純「共通の目的をもった皆と一緒にする部活。梓はそんな温かくも居心地のいい場所で
  自然と笑い会える術を身につけていきましたとさ。なにこの感動超大作!!」
梓「やかましい…」


679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 19:05:29 ID:XKdrFvt90
純「えー話を戻しまして。やっぱり梓を変えたのは唯先輩だと思うよ」
梓「また唯先輩、ていうかさっき皆って言ったじゃん」
純「その中でもとりわけ影響の強い人ってこと」
梓「唯先輩が…」
純「もしかして自覚ないの?」
梓「自覚って…確かに唯先輩はいろいろ私を翻弄するけど…」
純「翻弄って、梓、唯先輩に翻弄されてたんだ」
梓「唯先輩ってときどき予想外のアクション起こす人だから」
純「それはつまり…キスされちゃったり?」
梓「ない」
純「なんだ」
梓「ガッカリしない」
純「だって期待しちゃうじゃん、そういうこと」
梓「純が私と唯先輩に何を期待してるのか知んないけど、少なくともそういうことはないから」
純「普段から抱きつきあったりしてるじゃん」
梓「あれは唯先輩が一方的に抱きついてくるだけで」
純「そうかなー、私にはそうは見えないけどなー」
梓「なにがさ」
純「だって最近の梓、唯先輩に抱きしめられてるとき、自然と手が廻っちゃってるよ?」
梓「う、嘘ォ!?」
純「ウソでした〜♪」
梓「純んんんんんんんん!!!!」
純「ひゃー!!なにマジギレしてだこの野郎!!」

……

純「一時はどうなるかと思った…」
梓「純が変なこと言いだすからでしょ」
純「それにしたって取り乱し過ぎだって」
梓「仕方ないじゃん…」
純「仕方ないって…」
梓「もういい。純なんか嫌い」
純「お願いします嫌いにならないでくださいこの通り!」
梓「放課後まで許さない…」



end.


680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 19:07:12 ID:XKdrFvt90
ひたすら唯純で失礼しました
唯がらみのことで梓をからかう純がおもしろいのでつい
スレチだったかなぁ…

個人的に梓の中学時代気になります


681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 19:07:56 ID:XKdrFvt90
↑梓純の間違いです

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 20:29:34 ID:2zWzQwgs0
>>672
あいなまちゃんでけぇ

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 20:53:45 ID:WKTfKahf0
>>680
貴殿はなかなか高度なことをなさるお方じゃな

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 21:09:24 ID:oMMAjMVt0
やっぱ梓が主役だと周りが生きるな
今後梓主役でいいんじゃない?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 23:46:53 ID:V9PNtXFV0
16話を見て感じたことは、スタッフは梓のセリフやモノローグで「唯に対する褒め言葉や好意的な言葉」を
全編通して言わせないことを徹底しているってことだな
今回もそうだし13話で原作で褒めていた部分でさえ褒めなかった位だし今までずっとそうだった

言葉を用いずに関係を表現することで二人の関係に深みを持たせているのかもしれないし、
ひょっとすると終盤に向けて溜めているんじゃないかとも妄想できるな
梓が思いの丈をぶちまけるのを見てみたいよ

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 23:48:24 ID:5o6y7Bs70
素直な気持ちは最終回にでも取っておけばいいんじゃないのかな

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 00:07:33 ID:KtDXALo/0
つまり今は充電期間で最後にデレるのが見れるという訳か

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 00:21:22 ID:QPVlCJfJ0
バレンタイン回をOVAでもいいからつくってほしいよ。
TVアニメでの唯梓プッシュは異常だろ・・・。
今回だってなんで唯をトリに持ってきてるんだよ・・・。
そのくせ澪のシーンはあっさりしやがってホントむかつくわ。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 00:31:45 ID:U8u+wXTl0
>>687
それまでライフポイントが持つかどうか


690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 00:33:09 ID:m/ebr5ip0
>>688
まーたもどってきたのかい?
はやく友達つくれって

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 00:49:42 ID:QPVlCJfJ0
バレンタイン回の梓「澪センパイにあげようかな・・・」これだけでもイイ。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 01:52:25 ID:r+PZnCR40
ああ、いいねバレンタイン回。
今のスタッフなら飴甘いのシーンをいい感じに描写してくれるに違いない
帰り道、唯のくれたあめ玉を口の中でコロコロ転がして微笑むあずにゃん
最高だ

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 01:56:05 ID:SxG+1LpM0
甘酸っぱいキャンディーが まだ胸のポケットにあるんだ

バレンタイン回以降この歌が自分の中でゆいあずソングになった。
「柄でもないけど 会えると嬉しいよ」とか思ってるハズ。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 01:58:50 ID:ZrCk+3j+0
とはいえ、あれは2年の頃の話だったから、梓が気持ちを自覚するのに丁度良い話だったけど、
3年冬、受験も終わり、皆に食べてもらうために頑張ってケーキ作り……とかなると
百合方面抜きにイイハナシダナーって感じになりそう

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:01:36 ID:m/ebr5ip0
あめ甘いのセリフは唯梓スキーのあやちーならすごく感情こめて言ってくれるはず

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:02:59 ID:ikptp//l0
いくら原作無視でも、流石に3年2月にはネジ込まないと思うんだが
回想で回収するにはやや機を逸してるかもしれない

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:04:49 ID:r+PZnCR40
DVDだけの特別編でなんとか

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:06:45 ID:QPVlCJfJ0
>>695
竹達は澪の方が好きだよ。残念w

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:07:28 ID:3HGEnL2KP
メインの卒業が迫った頃、「そういえば去年のいまごろ…」ならいけるんじゃないかな

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:25:46 ID:m/ebr5ip0
唯に「あのときのお菓子また食べたい」といわれて「嫌です」とか言いながら結局作っちゃうあずにゃん

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:31:07 ID:PLqxf9kL0
>>700
それはありそうw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 02:47:36 ID:ikptp//l0
おいしー!ありがとあずにゃん

で涙ぐむにゃん

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 07:58:13 ID:PDEWnoi50
素直になれない娘と感情表現がストレートな娘
これほど相性がいいものがあるなんて!

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 08:17:06 ID:7ecaIGfdO
2期のあずにゃんのキャラソンはツンデレソングになる気がする

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 08:42:27 ID:FK9w/D3UO
竹達さんが唯梓信奉者と言うのは本当に心強い

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 11:00:26 ID:HsSjb6Cy0
後は豊崎さんか…ただ上の方のインタビュー見る限りだと
2人とも既に染まってるなw

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 13:26:56 ID:ikptp//l0
一期の最終話で未遂に終わったムッチュッチューフラグを回収か
色々捗るな

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 15:17:04 ID:XgL5l9XuO
あずにゃんのキャラソンが、1期の憂のみたいに、唯先輩大大大好きソングとか
または唯に対する切ないラブソング(バラード)とかだったらいいなぁ(´∀`)

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 15:27:32 ID:ZrCk+3j+0
個人的にはむしろ、1期の頃くらいのさじ加減が良いな
自分の事を思いっきり歌ってるはずなのに、当たり前のように
「日なたみたいな体温が好きです」とか言い出しちゃうのが何あれ可愛い
「“あーん”てしてよ」とかも

710 :小ネタ:2010/07/22(木) 15:46:19 ID:2ZXfU0jn0
憂「いらっしゃい、梓ちゃん」
梓「お邪魔します……あれ? 唯先輩は?」
憂「昨日夜更かししちゃったみたいでね、まだ寝てるの」
梓「まだ? もうお昼過ぎてるじゃない……しょうがないなぁ、唯先輩は」
憂「もう起こしたほうがいいかな?」
梓「うん、いくらなんでも寝すぎだよ」
憂「そうだよね。ねぇ梓ちゃん、悪いんだけど、
お姉ちゃん、起こしてきてくれる?」
梓「えっ? 私が?」
憂「私、お姉ちゃんのお昼ご飯温めなおしたいから、ね? お願いっ」
梓「え〜……もうっ、しょうがないなぁ。
唯先輩が寝ている部屋に入るなんて気乗りしないけど、
でも憂の頼みだしね……






















……ほんと、しょうがないなぁ」

                -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
             /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
            r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
            |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
            !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
           ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
          . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |
          /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
          |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
          |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
          |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
          l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
              |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
              |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
              l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
              / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 16:25:02 ID:PLqxf9kL0
ホクにゃんwww

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 17:26:06 ID:IKZ+tDh80
キモかわいいw

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 17:27:34 ID:NUs7kF5O0
見た事ない顔で笑うなw

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 18:43:11 ID:OZZcxk16O
キモすぎワロタ

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 18:46:29 ID:3HGEnL2KP
このスレも携帯NGする頃合いか

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 19:00:57 ID:4saSf9s5O
この2人ならほっぺにチューくらいは
見せてくれると期待してる…俺はもうダメかもしれんね

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 19:17:30 ID:r+LU2/EW0
後ろから抱きついた状態で、耳元に甘く囁いてデレデレにさせてから
正面に回ってキスを迫る……っていう荒技は1期じゃ失敗してしまったけど
シリアスムードの中で仕掛ければ今度こそどうにか!OPの和ちゃんみたいなノリになりそうだけど

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 19:43:27 ID:lRLSxdxDO
>>716
ナカーマヽ(・∀・)人(・∀・)ノナカーマ

俺も同じだw

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 20:45:04 ID:jiDCkL1v0
唯梓って見ててワクワクするんだよね
二人の距離が縮まっていく過程が丁寧に描かれているし
公式が自分の妄想のはるか上を行くし


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 21:04:49 ID:v2xdnB/K0
今更16話みたけど、なんかもう、唯の隣は梓ですから!って感じがイイ
あずにゃん、他の先輩には割と丁寧に接してるのに
唯に対してはくだけた態度なのが可愛いなぁ…愛を感じるw

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 21:07:17 ID:NUs7kF5O0
ある意味憂より姉妹ぽい気がする。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 21:42:18 ID:U8u+wXTl0
小ネタ「電話」

唯『もしもーし。あずにゃーん?どったのぉ?』
梓「あ、いえ、とくに用事はないんですけど。
  ちょっとお話したくなって。忙しかったですか?」
唯『ううーん平気だよぉ。今お風呂上がったとこー♪』
梓「そうだったんですか」
唯『うんーサッパリホカホカのクルクルパーだよ♪』
梓「クルクルパーにはならないでください」
唯『あずにゃんは何してたのー?』
梓「わたしは、さっきまで洗いものしてました」
唯『偉いねー♪』
梓「ひとりなので」
唯『そなの?ウチ来る?』
梓「いや、流石にもう遅いですし迷惑ですよ」
唯『そんなことないよー。今から迎えに行こうか?』
梓「本当に遠慮しておきます。それに一人は慣れっこなので」
唯『じゃあなんで電話してきたの?』
梓「それは…」
唯『寂しい時はなにも遠慮しなくてもいいんだよ?あずにゃん』
梓「別に寂しいとかじゃ」
唯『もぅーあずにゃんさんったら意地っ張りなんだからー』
梓「もう、からかわないでください。でも…」
唯『んー?』
梓「ありがとう、ございます」
唯『いいってことよー』
梓「それじゃあ、だいぶ寂しさも紛れたんでそろそろ切りますね」
唯『やっぱり寂しかったんじゃん』
梓「しまったっ」
唯『まだまだ詰めが甘いですなー』
梓「うぅ…」
唯『また明日ね、あずにゃん♪』
梓「あ、はい!また明日です!」


おしまい

この程度のやり取りはむしろ自然だと思う
と、書きながら思ってみたり
この二人なら夜通しずっと会話してても飽きなさそう

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 21:56:09 ID:niEr6Rx1O
GJ

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 22:20:57 ID:MeUStETJ0
澪の愚痴の時は電話で済ましたらけど、あずにゃんがそんな電話してきたらどんなに遅い時間でも唯は飛んでいくだろう

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 22:22:33 ID:eK3TfwSw0
>>722
GJ

>>710
その顔やめろww

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 22:26:21 ID:UD6ZwZXT0
>>722
GJ!
梓の着信履歴は「唯センパイ」だらけになってそうだ

16話で唯に「あずにゃんはほんとにトンちゃんの事が好きだね」って言われた時、梓は
「唯先輩、やきもちですか?」って返すべきだったと思うんだ。
6話のリベンジw

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 22:31:21 ID:MeUStETJ0
>>726
もしそのセリフ言ったら、このスレの住人はすべて昇天してたろうなwww

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 23:48:23 ID:4/v2uPK9O
暑かったんで初投稿

とある休日、唯の部屋にて

唯「あづ〜!あづいよ〜〜」

梓「暑い暑いばかり言ってると余計に暑くなりますよ!」

唯「だって暑いものは暑いんだもの〜」

梓「まったく…唯先輩はだらしないですね」

唯「むー…そう言うあずにゃんは暑くないの〜?」ダキッ

梓「ちょ…暑いです暑苦しいです唯先輩…それに汗で」
唯「あずにゃんは私にギュッてされるの嫌なんだ…?」スッ

梓「ふぇ…?(あれ?もう終わり?)」

唯「ごめんね、もう二度と抱きついたりしないから」




梓「えっ」

梓「あっ…あの…!その…べっ別に嫌って訳じゃ…!」アタフタ

唯「ふーん?」

梓「あうぅ…むしろ…その…好きというか…なんというか…///」

唯「あ〜ずにゃ〜ん♪」ギュゥゥ

梓「にゃあ///」






梓に意地悪する唯とか個人的にツボ


729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 23:51:41 ID:niEr6Rx1O
ten
463 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:31:02 ID:DXpF2DC60
>>454
梓「すいません、唯先輩が先に着てるって発想がなかったので」
梓「それ日本の人口超えてます」

突っ込みというか。辛辣。w 464 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:31:38 ID:++34n2UU0
>>463
ぞくぞくっとするよね
466 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:31:59 ID:C5AV5wKb0
>>463
梓だけに……
470 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:32:38 ID:Q9DYTOjR0
唯に厳しいあずにゃん可愛い

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 23:52:03 ID:niEr6Rx1O
ten
473 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:34:00 ID:qwsdDouL0
>>463
俺の中では
「唯先輩は考えなくていいです」がベスト
480 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:35:05 ID:fZUcnVZa0
>>470
今回のゆいあずは良かったわ、唯の天然っぷりっぷりも
481 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2010/07/22(木) 23:35:13 ID:Vz8x9nmaP
ケーキのイチゴの時も散々うざそうな顔してたし考えもせず「知りませんよ」だもんなw

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 00:24:41 ID:RAtmMAUP0
確かに「知りませんよ」はヒドイw

先輩後輩であり、友達でもあり、姉妹っぽくもある
唯梓の距離感素敵だわ

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 00:28:57 ID:aepAGYeO0
梓としては素直な感想なんだけど毒性値ハンパねぇw

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 00:36:51 ID:ilf3Pa7v0
というかケーキの時といい修学旅行の迷子の時といい、なんで問題を解決できる
余地がない梓に電話かけるんだw

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 00:38:27 ID:KYLGn3hNO
>>731
梓「みなさん、わかってません。あの「知りませんよ」は、愛しの愛しの唯先輩から大好物の苺を奪った腐れメガネへ向けた戦線布告です。
「私の唯先輩を傷つけた罪は命をもって償えよ。どうなっても知りませんよ?」と言う意味だったのに誰も気づいてくれません。
日本語って難しいんだなって改めて実感しました」
憂「作文んんんっ!?」

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 01:19:30 ID:u7VquBPr0
うむ

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 02:15:12 ID:A1DZIJ2c0
どもども、またしても夜中にこっそり投下します

って言っても、予定していたSSじゃなくて、今朝……じゃないや、昨日の朝通勤中にある曲を聴いていたら閃いたんで
それを投下します

タイトルは

 ♪ dear my ……friend? ♪

です……バレバレですねw
本文5スレほど使います〜

737 :♪ dear my ……friend? ♪:2010/07/23(金) 02:15:55 ID:A1DZIJ2c0
うー、緊張するなぁ〜。
……んもぉ!あずにゃんに手紙を渡すだけなんでしょ!
しっかりしなよ!私!
「唯先輩?」
「ぅぬぉあぅっ!!!!……あ、あずにゃん……いつの間に……後ろに?」
「どんな驚き方ですか……。ついさっきですけど。唯先輩、全然気付かないから……」
「へっ!?あ、そ、そうだったの?」
「……唯先輩……どこか具合悪いんですか……?」
「そーんなことはないよぉー!ほーら、げんきげんきー」
「……少なくとも、体の調子は悪くなさそうですね」
「あ、あずにゃん!体の調子『は』って何!?」
「……そのままの意味ですけど」
「ひ、ひどいよあずにゃ〜ん……」

 ♪ dear my ……friend? ♪

─・─・─・─

親愛なるあずにゃんへ


この手紙を渡すのは放課後だから、こんにちはかな?
それとも家に帰って読んでいるから、こんばんは?
まぁ、どっちでも良いよね。

今日いきなり手紙を渡したのには理由があります。
あずにゃん、今日は一日元気無かったね・・・、放課後も、一緒の帰り道でも・・・。
この間、土手で日が暮れるまで話した時に、あずにゃんが「思うようになかなかいかないんです・・・」って泣きながら言ってたよね。
もしかしてさ、それが原因なのかな?
理由を聞いても、何も話してくれなかったけど・・・、

─・─・─・─

「ふぅ……何て書けば、ちゃんと伝わるかなぁ〜……」
あずにゃん……俯いたままで全然話してくれなかったしなぁ〜。
……私、そんなにも頼りないかなぁ……。
「……仕方ないよね……」
いつもの私を見ていれば『頼りない』って思っちゃうよね……。
「あ、あれ……」
なんで……なんで私……泣いてる……の……?
「……ヒック……あずにゃん……私……グスッ……あずにゃんの力に……エグッ……なりたいよ……ウゥッ……」



……よっし!!いっぱい泣いたら元気出た!!続きもちゃんと閃いたよ!!

─・─・─・─

理由を聞いたけど、何も話してくれなかったよね・・・。

でもね、大丈夫だよ!
頼りないかもしれないけれど、私がずっとそばにいてあげるからね。
元気出してさ、一緒にがんばっていこうよ!ね!

そうだ!あずにゃんに悩んだ時のとっておきの解決方法を教えてあげるよ。
私もね、たまに悩んで前に進めなくなっちゃう時があるんだ・・。
でも、いくら考えても、答えが全然出てこなかったりするんだよね。
そんなときはね、必ず夜空を見上げるんだ〜。

あずにゃんもやってみて!

738 :♪ dear my ……friend? ♪:2010/07/23(金) 02:16:33 ID:A1DZIJ2c0
・・・星がいっぱい見えるでしょ、それを見ているとね
「何でこんな事を悩んでるんだろう」
って思えてきて、思わず笑っちゃう時もあるんだよ。
辛いこと、苦しいこと、全部自分のことなんだから、ちゃんと受け止めなくちゃ
って考え方に変わっていくんだよね・・・。

それでね、いっぱいの星がみんなの顔みたく見えてきて、「私は一人じゃないんだ、みんながいるんだ」って思えて、ちゃんと前に進めるんだよ。

あ、これはみんなに秘密だよ。憂だって知らないんだからね。

・・・あずにゃんだから、教えてあげるんだよ。

─・─・─・─

うーん……。
「ちょっと……これは……」
気持ち、出し過ぎかなぁ〜。
「でも……もし……あずにゃんが……私の事……」
いやいやいやいやいやいや!!
いくらなんでも、それは良い方に考えすぎだよ、うん。
でも……。
「もうちょっとだけ……出してみようかな……」

ここ最近、気が付くとずっとあずにゃんの事考えているんだよ……。
もし、これからも、心配な事があったら、いつでも私に相談して。
一緒に、ずーっと一緒に考えてあげるからね……。

「きゃぁー!そんなこと!ダメダメダメ!!」
『おねーちゃーん、うるさいよぉー』
「あ、ごめーん、ういー」
『早く寝なきゃだめだよー』
「はーい!おやすみー!」
『おやすみー……はふ……』
……ちょっとうるさくし過ぎちゃったかな……、憂が扉開けないで良かったよ……。

「流石に……さっきのは無しだよねぇ〜」
あれじゃ、ガチ告白になっちゃうもん……あずにゃんが私の事をどう思ってるのかわからないのに、こんな事、書けないよね……。
「えっと……」

─・─・─・─

・・・あずにゃんだけの、特別だよ。



話しはかわるんだけどね、私、時々考える事があるんだ〜。
5年後、10年後に、私達ってどうしてるのかな〜って。
あずにゃんはどう思う?私はね・・・正直全然イメージできないんだよね。
でもね、例えみんなが離れ離れになったとしても、みんなが幸せだったらいいな〜って思うんだ〜。
ほら、やっぱ幸せな方が楽しいでしょ。だからなんだけどね。

・・・なんだかうまくまとめられないけど、えっと・・・。

─・─・─・─

なんて書こうかな……。
えっと……うーん……。
「難しいなぁ……。こんな時、澪ちゃんだったらすぐに思い付くんだろうなぁ〜」
どーしよー、良い言葉が出て来ないよぉ〜。
「……見直してみようかな」

739 :♪ dear my ……friend? ♪:2010/07/23(金) 02:17:05 ID:A1DZIJ2c0
澪ちゃんが言ってたもんね「良い詞が浮かばない時は、最初からもう一度見直すと、ポンと出てきたりするんだ」って。
「えぇーっと……」



「……よし、じゃぁこんな感じに……」

─・─・─・─

あずにゃん。
私は、いつでもあずにゃんのそばにいるよ!
さっきも書いたけど、頼りないだろうけど、迷ったり不安な時はいつでも言ってね!

じゃぁまた、学校でね!



P.S.
わけわかんない手紙になっちゃってごめんね〜

─・─・─・─

「……なんか、イマイチだなぁ〜。あ、そうだ」
名前の所を……。

─・─・─・─

あずにゃんの栄養ドリンク 平沢唯より

─・─・─・─

よっし!オッケー!
「……ふぁ……あぅ……1時過ぎてる……」
ちょっと頑張り過ぎちゃったなぁ〜。
でも……あずにゃんのために頑張ったんだから……まぁいいや……。
さっさとおふとん入ってねーまーしょ……。



はぁ……結局放課後に渡せなかったよ……。
「どうしたんですか……?やっぱりどこか具合悪いんですか?」
「あ、いや、そんな事は無いんだけどね……」
「……?それならいいんですけど……練習中も、お茶してる時も元気無かったので……」
「そぉ?そんなことは無いんだけどなぁ〜……みんなも普通にしてたでしょ?」
「みなさんはそうかもしれませんけど……私の目はごまかせませんよ!」
えっ!そ、それって……。
「んもぉ〜あずにゃんったら……大胆なんだからぁ〜」
「へっ?あ!い、いえ、違います!そういった意味じゃありません!」
「……ぞんなに全力で否定しなくたっていいじゃん……」
「あ、すみません……てゆーか、そんな事で拗ねないで下さい」
「はぁ〜い」



「……じゃぁ、先輩、また明日です」
はっ!!いつの間にかあずにゃん家との分かれ道に来てたよ!
「……唯先輩?」
「あ、ご、ごめん。うん、また明日ね〜。……おぉーっと!ちょっとまったぁ〜!!」
あぶないあぶない……、手紙渡しそびれるところだったよ〜。
「な、なんですか?唯先輩!?」

740 :♪ dear my ……friend? ♪:2010/07/23(金) 02:17:26 ID:A1DZIJ2c0
「あずにゃん……えっとね……はい、これ……」
「手紙……私に……ですか?」
「うん……実はね、昨日これを書いてて、寝たのが今日の1時半だったんだぁ〜……えへへ」
「『えへへ』じゃないですよ!もぉ……心配して損しました」
「あ、あずにゃ〜ん……ゴメンよぉ〜」
「……で、これを読めば良いんですか?今ここで」
おっと、今読まれたら意味がないねぇ。
「んーとね、家に帰ってから、読んでもらいたい、なぁ……」
「はぁ……わかりました。それでは、また明日です」
「まったね〜」



はぁ〜……星がきれいだねぇ〜……。
あずにゃん……手紙読んでくれたかなぁ……。
「あ……メール……あずにゃんからだ……」
えーっと……。


from:あずにゃん
Sub:手紙ありがとうございます
message:
唯先輩のおかげで少し元気が出ました。
改めてお礼が言いたいので、明日のお昼、部室に来てください。


ぬぉっっ!!ま、まさか……、って、そんな事あるわけ無いよね〜。
「でも……元気になって良かった〜」
やっぱり、あずにゃんは元気な笑顔でいるのが一番だよね!!



えっと……お昼に部室って書いてあったよね……、お礼って……なんだろ……。
「あずにゃ〜ん、居る〜?」
って、誰もいないや……。じゃぁ、しばらく待ってみ「唯先輩!!!」「うひゃぁぁぁ!!!」

「先輩……驚きすぎです」
「だって……びっくりしたんだもん……。ところで、一体何のようかな?」
「お礼をしたいってメールに書いたじゃないですか……」
「わざとだよぉ〜、わかってるって」
「では、改めて……。唯先輩、手紙ありがとうございました。……悩んでいる事についてはまだ話せないんですけど……いずれ必ず話しますんで!」
「うん、わかったよ〜」
「それと……、唯先輩の『とっておき』って、よく効きますね!おかげで前よりは悩みが軽くなりました」
「そぉ?良かった〜」
「……私なんかに、そんな『とっておき』を教えても構わないんですか?」
梓だから……なんて言えないよね……。
「後輩が悩んでいるのに、先輩が手をさしのべないでどうするのかね?……なーんてね。別に、たまたま誰にも話した事が無かったってだけだから、気にしなくてもいいよ〜」
「そうなんですか?でも、本当によく効きました!ありがとうございました!!……それと……もう少し聞きたい事が有るんですけど……」
「なーに?」
「手紙に書いてあった『迷ったり不安な時はいつでも言ってね』って……本当ですか?」
「もちろん!本当だよ」
「……ありがとうございます……、もし、今の悩みとは別の悩みが出た時は……お願いします……」
「まかせて〜、どんな相談にも乗ってあげるよ〜」
「ふふっ……唯先輩って……っと、もうお昼休み終わりますね。じゃぁ、また放課後に。失礼しまーす」
「うん、じゃぁねー……って、その『ふふっ、唯先輩って』の意味はなーにー!?」
……って、もう居ないや……。一体、何なんだろう?



「ゆーいー、これは要るの〜?」

741 :♪ dear my ……friend? ♪:2010/07/23(金) 02:17:48 ID:A1DZIJ2c0
「どれどれ……、あ、これは要らないや」
「そ、じゃぁ捨てとくね……っと、結構片付いたかな」
せっかく我が家に家族がふえるんだから、ちゃんときれいにしておかないとね……。
さてと、次はこの箱の中を……。ん?これって……高校の時の物が入っているの……かな?
「わぁ……懐かしいなぁ〜。ノートに教科書に……ん?手紙?……あ、あの時の……」
「あずさぁ〜!どうしたの〜?ちゃんと片付けしないと……って、何読んでるの?手紙?……あぁぁぁ!!それって!!!」
「うん、唯からの……初めての『ラブレター』……かな?」
「ラブレターだなんて……まぁ、そのつもり……だったんだけどさ……」
「やっぱりそうだったんだ……」
じゃぁ、その時の悩みも話して構わないかな?
「あのさ、唯。私、あの時の『悩み』って、話してないよね」
「そう……かな?」
「あの時ね、何を悩んでいたかっていうと……『唯が好きで仕方がない』って事を悩んでたの」
「……な、なんですとぉ!!」
「なのに、唯ったらこんな手紙をよこすからさ……、なんだか悩んでいたのがばからしくなっちゃって」
「だから、吹っ切れてたんだ……」
「そーゆーこと。……でもね、感謝してるんだよ。だって、多分、この手紙が無かったら、……私、卒業式が終わった後に唯に告白してないもん……」
「そうだったんだ……、じゃぁ、この手紙が『縁結び』だったんだね」
「そうかもね……」
縁結びか……。実際、この手紙をもらってからとことん悩むのって無くなったからなぁ〜。
ふふっ……唯様々だね……。
「あ、ところでさぁ、この手紙で『・・・あずにゃんだけの、特別だよ』って書いてあるけど……実際誰にも教えてないの?」
「うん……誰にも教えてないよ……だってさ……『梓だから』教えたんだもん……」
「……恥ずかしい事……言わないでよ……」
「だって……本当の事だもん……梓以外には、たとえ聞かれて言わないよ」
そうなんだ……へへっ……なんだか嬉しいな……。
「ん?どったの?ニヤニヤしちゃって……」
「へっ!?ううん!何でもないよ!さーて、絢音を我が家に迎え入れるための準備を終わらせちゃいましょ〜!!」
「あ、いきなり始めないでよぉ〜!!」

唯……本当に、ありがとうね……。私、唯が居なかったら、絶対にこんな前向きになれなかったよ……。

「唯!!」
「ん?なーに?」
「ずっと、一緒に、この先もずっと、歩いて行こうね!!」
「うん!!……未来までずっと……だよ!!」
「約束だからね!」
「約束するよ!」
「……ありがとう」
「……どういたしまして」

「えへへ……唯……」
「なーに?あず……ん……」


振り向いた唯に、ありったけの愛を込めたキスをしたのは……私達だけのヒミツ……。



おしまい!

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 02:18:30 ID:A1DZIJ2c0
以上です。
今回は短く納める事ができましたw

ではでは ノシ

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 02:20:23 ID:LWfqUa7u0
>>742
GJ!!

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 06:12:28 ID:9MvnOxBw0
>>742
GJ!
難しいことを考えてないのに梓をハッとさせるようなことを言うアニメの唯もいいけど
こうして悶々としてるのもいいね

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 09:45:23 ID:kImeuVBMO
どうしてこんなにもニヤけるのか

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 10:26:04 ID:hJ8QUJsc0
>>742
グッジョブ

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 10:49:49 ID:MNITKUjC0
2期1話の時もそうだったけど梓は照れると足が落ち着かなくなるよな
今回も唯に言われた後言葉は厳しいのに足が…
あえて梓の照れ顔を見せず足元を見せて梓の内心を表現するとはやるな京アニ!

>>742
GJすぎる

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 13:26:10 ID:tFrBEYb4O
16話で唯の「フォルテッシモはスッゴく強く!とか」
ていう言葉で梓が声あげて笑ってるけど、なんだか新鮮だった。
仲の良い2人だけどこういうのって珍しくないか?
俺が見落としてるだけかな

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 14:55:30 ID:1lpq9aRS0
小ネタ「シールが」


梓「あ、唯先輩、髪の毛にシールがついちゃってますよ」
唯「え? どこぉ?」
梓「えっと……右耳の上の方です」
唯「ん〜、あずにゃんとってぇ〜」
梓「嫌です」
唯「ん〜」
梓「自分でとって下さい」
唯「ん〜!」
梓「もうっ……ほんと唯先輩はしょうがないんですから」
唯「エヘヘ……」
梓「とりますから、じっとしてて下さいよ」
唯「は〜い」
梓「よいしょ……はい、とれま……」
唯「ちゅっ♪」
梓「にゃっ! も、もうっ、唯先輩!」
唯「エヘヘ……」
梓「…………」

翌日!
唯「あ、あずにゃん、髪の毛にシールがついちゃってるよ?」
梓「え……その……唯先輩、と、とってくれませんか……?」
唯「いいよぉ♪ あずにゃん、じっとしててね」
梓「は、はい……」
唯「はいっ、とれたついでにちゅっ♪」
梓「にゃっ! ゆ、唯先輩!」
唯「エヘヘ……私の勝ち!」
梓「なっ……か、勝ちとか負けとかないです!」
唯「でも、今日はあずにゃんの方から、ちゅっ、したかったんでしょ?」
梓「そ、そんなことは……」
唯「でも私の方から、ちゅっ、しちゃったもんね♪ だから私の勝ち!」
梓「……っ!」

翌々日!
梓「唯先輩、また髪の毛にシールがついちゃってますよ」
唯「え? ほんと?」
梓「はい」
唯「いつついちゃったんだろ? あずにゃん、とってくれる?」
梓「嫌です」
唯「え〜、あずにゃぁん」
梓「自分でとって下さい」
唯「あずにゃぁ〜ん」
梓「絶対嫌です」
唯「ぶー、今日のあずにゃんいじめっ子だ……いいもん、自分でとるか……」
梓「隙ありです、ちゅっ!」
唯「んっ!」
梓「フフ……今日は私の勝ちですね」
唯「エヘヘ……負けちった♪」

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 15:09:02 ID:aepAGYeO0
麦「(…どうしよう、驚かそうと思ってたのに出て行けない…)」

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 16:30:27 ID:zXMMPve/0
誰か16話の田井中家の食卓を上からとらえたキャプない?
そこの唯梓がなんかかわいい

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 16:32:58 ID:gR+EIq6S0
646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 02:32:10.39 ID:9HZEyF6C0
梓って唯に厳しいよなぁ

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 02:32:43.84 ID:P6hvM4viP
>>646
・やればできるのにやらないから
・一番尊敬してるから

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 02:34:55.92 ID:9HZEyF6C0
>>648
いい関係だな
ペロペロ

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 17:19:29 ID:GjZuxP/z0
これかい?
ttp://gazo6.com/0up1/src/gazo69027.png

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 17:59:25 ID:urJczup80
>>753
唯と梓だけブレザー着てるのか...

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:07:13 ID:+RfAfuNY0
そのセーターとブレザーの使い分けってどういう趣旨なん?
無縁だったからわからんわー

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:14:34 ID:zXMMPve/0
>>753
おおこれだ
ちんまりしててかわいい

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:16:56 ID:rYxFrE+A0
中学や高校で「中間服」ってなかった?夏服と冬服の間に

>>753
憂ちゃん……
今度は唯梓憂の3人で食卓を囲むといい

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:19:22 ID:+RfAfuNY0
学ラン、長袖、半袖くらいしかわからんなぁ
女子はどうしてたかな…

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:28:43 ID:4E/GVuBB0
サマーセーターっぽいからどっちかというとファッション感覚で着ているんじゃないかな
下着が透けるの見えないように着るってのもあるし

>>757
>憂ちゃん……
>今度は唯梓憂の3人で食卓を囲むといい

だよね。唯梓好きだけど唯梓憂の3人はいつまでったっても仲良しでいてほしいね
個人的にもこの3人大好きだし

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:30:41 ID:vO9sFoyXP
りっさん男前ってことですね
わかりました

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 20:20:27 ID:0S86yK/q0
ここにいる唯梓厨がキモイ。
排他的なところとか。
とくに澪梓は何がなんでも認めないみたいだな。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 20:22:00 ID:qN13iJeH0
スルーで

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 21:10:43 ID:aepAGYeO0
逆輸入おまち
ttp://viploader.net/pic2d/src/viploader2d663763.jpg

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:02:16 ID:rYxFrE+A0
抱きつかれた時の梓の反応の変化を追うだけでも面白いんだよな
今じゃ匂い嗅がれても拒絶しないレベル

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:21:53 ID:urJczup80
>>763
kwsk

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:28:51 ID:Zr58uHAe0
きららMAXにはこの何ヶ月かずっと4ページ程のけいおんアンソロジーが連載されてる
その内の1本

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:31:14 ID:zXMMPve/0
商業誌でこれやったのかよwww

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:45:41 ID:vO9sFoyXP
ああ、この人いつも通りで安心した

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:48:38 ID:vSD9N6Dr0
>766
実質カキ先生公認ってことに・・

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:50:30 ID:foseR0iO0
同人と同じノリじゃねーか…

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 22:59:17 ID:+RfAfuNY0
ずっとこうなんだよ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:11:35 ID:afO9jBXF0
「やっ、やめろ梓!何をする気だ!?」
「澪先輩を押し倒して唯先輩の出方を見る」


773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:19:05 ID:/8/cTaECP
「あ〜!あずにゃんずる〜い!」
「」

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 23:24:51 ID:ilf3Pa7v0
>>763
前方のサークルさんかな?
これが準公式扱いとか…すごいな

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:06:03 ID:93DrcsnD0
おい・・・公式のT−シャツ・・・

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:14:30 ID:os4967li0
だれかタイムマシン持ってこい。発売日までまてん

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:29:07 ID:CAhhjWC+0
ttp://www.exhaust-web.com/event.html#c5
レジャーシートのイラストで死んだw

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:30:14 ID:PDqkQtFs0
ふむ・・・

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:31:08 ID:xhYs04Iy0
>>763
こ……これは……何という破壊力……
アンソロ発売日が待ち遠しい……



あ、話しは変わるんだけど、@wiki見て正直スマンと思った……
長過ぎゴメン


780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 00:52:40 ID:Q+aYGI0H0
>>777
テレホンカードもなかなか…

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 01:12:32 ID:k0a4coab0
>>777
テレカのほうもなかなか・・・

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 01:18:03 ID:Ugc+D9zM0
>>777
テレカも意外となかなか・・・

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 01:23:14 ID://fbifogP
おまえらwww

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 01:31:45 ID:GSsZ2zdi0
テレカもn・・・乗り遅れた

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 04:46:04 ID:DeX9WFhWO
とても大事なことですね

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 04:49:31 ID:PDqkQtFs0
Tシャツの方の柄は見覚えある気がするけど既出絵か

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 05:38:17 ID:0p8M2LSf0
ttp://2cat.twbbs.org/~twocat/5d/src/1279548505390.jpg

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 06:14:01 ID:65MN8R4g0
あずにゃん本当に幸せそうだ

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 06:24:45 ID:Ieb/Rq2f0
16話の唯は雰囲気はゆるゆるなのにかっこ唯だった
これじゃあ梓が惚れる(惚れ直す)のも無理はないな

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 07:46:30 ID:LeHy5yAR0
すごいのかすごくないのかよく分からないのが唯の魅力
でも唯の一番すごいのは、入ったばかりの梓をあずにゃんにしたこと

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 08:02:05 ID:GVVOUnb00
梓の本当の好きな人は澪だから

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 09:06:53 ID:v7sVlvAC0
>>790
中学時代までは割とクールで友だちとワーワー騒ぐタイプじゃなかったんだよな
もしかしたら初めてのあだ名だったんじゃね?あずにゃんて

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 09:37:23 ID:DiqNjnm80
あずにゃんって一期8話とか見てるとあまり親しくない人間に対しては
割とドライって言うか警戒心強いって言うか壁作ってる印象がある

でも、軽音部はそういう壁をぶち壊してくれて特に唯はあずにゃんの素を引き出して導いてる感じがする
あずにゃんにとって唯は安心できる存在なんだと思う
ってか、あずにゃんって本当大事にされてるよな

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 09:49:50 ID:Ieb/Rq2f0
二期になってから梓の表情がかなり柔らかくなったような気がする
一年一緒にいて完全に心を許したんだろうね

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 09:50:14 ID:LZLq+wSd0
「……今日は本当にすいませんでした…」
「ううん、りっちゃんも澪ちゃんも麦ちゃんも本気で梓にゃんに怒ってる人はいないよ」
「…一番酷い事は主に唯先輩に言ってた気がするんですが」
「あり?そうだっけ?」

−最悪だ
「今日は…朝からイライラしてて…本番も近いですし…上手くいかない箇所も多くて…」
最悪の上にまだ最悪を上塗りしてる
「うん、うん」
「体も調子よくなくって…だから…」
先輩達に当たり散らして
自分の悪さを押し付けて、居た堪れなく逃げ出して
凄く面白い顔で追いかけてきたこの人に捕まった。

「なんでこんな時だけ足が速いんですか」
「必死だったからねー」

「……なんで膝枕なんですか」
「お腹が痛いのに全力疾走した後輩を、コンクリートに寝させない為です」

「………なんで…」
私にそんなに優しくしてくれるんですか?

本当に聞きたくてずっと聞けないその質問は…今日も言葉にならなかった。
絶対に理解してない顔でにっこり笑って
頭を撫でてくれて
木陰から漏れる日の光のような
「気分がよくなったら皆のとこに帰ろうね梓にゃん、みんな心配してるはずだよ」
「嫌です…」
「えええええええ…!?」

そんな笑顔を見せられたら

「…もう暫くこのままでないと嫌です」
                                               

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 15:27:47 ID:2MYLXNjA0
あずにゃんのにおいが濃かったとかそういう展開がカットされてる

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 15:36:10 ID:N2FsUAri0
>>792
しかもあずにゃん2号とか自分でつけてるあたり、あだ名かなり気に入ってるよね

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 17:41:33 ID:GVVOUnb00
>>790
それの何がすごいんだかさっぱりワカラン

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 18:13:19 ID:ouK6T9380
>>795
そういやけいおんってあの日ネタないよね

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 20:04:32 ID:93DrcsnD0
>>799
故意にカットしてるんじゃね?

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 21:32:48 ID:zm509VSbO
>>763
ピースフルデイダウンズ平沢という同人出してた人だな
しばらく活動休むとか言ってたが復活してたみたいで良かったわ


802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:12:44 ID:Vry68CvaO
>>763
パロディとは言えきらら系雑誌で、しかも支部で使ってたシリーズの名前のままで描いちゃう先生の心意気に乾杯!
ていうか、良いのかまじで。今月のMAX中、間違いなくこのページが最強だったぞw

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:21:24 ID:os4967li0
まぁでも、実際のところムギちゃんの変態っぷりが半公式化しただけよね

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:22:36 ID:gcirYg5Y0
>>763が既に404だったんだけど結局何だったの?

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:26:13 ID:0p8M2LSf0
唯を巡って、あずにゃんと憂が恋バトルするというムギの妄想

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:29:21 ID:gcirYg5Y0
サンクス
なんだいつもの事じゃないかと思った俺はムギ並に脳が汚染されてるか
同人誌の読み過ぎなのかもしれない

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:36:07 ID:XINz4Z4n0
同人誌読んでなくてもいつも脳内で唯と梓がチュッチュしてる俺はどうなる

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:37:13 ID:8VMSAK8z0
1期みてなかったけど10話までみた
なるほど、見てなくて損してたぜ…

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 22:46:48 ID:Fg5nw6BjO
>>808
12話ヤバいぞ


810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:28:18 ID:dlYHWngg0
1期は14話のこのシーンがツボすぎて耳血でるかと思った
ttp://ranobe.sakura.ne.jp/src/up60773.jpg

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:31:24 ID:0p8M2LSf0
>>810
ちょww何かモザイクかかっとるww

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:31:44 ID:XINz4Z4n0
>>810
さわちゃんww
確かにグッときた

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:32:54 ID:LotnD5Bf0
>>810
やめてくれないか!、そういう悪意の篭った編集を行うのは!

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:45:16 ID:CvmM+UplP
>>813に何故かツボったw

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 00:43:35 ID:ZXcHImt+0
>>810
これはいい梓→唯
普段あずにゃんから唯に直接的に好意を示すような言動は少ないだけに
こういう無意識の描写は感慨深いな
なんだかんだであずにゃんもそうとう唯に依存してるよな

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 00:45:52 ID:zpfKZQlw0
ttp://hobby-channel.net/goodstoy-news/19367-19367.html

サウンドエッグのセリフのチョイスが酷い件
梓のセリフに「特別ですよ」をもってきたのは評価できるが…
唯に「あずにゃん」を梓に「唯先輩」が欲しかったorz

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 00:56:12 ID:2x5TpogTO
>>810
俺もこの場面はニヤニヤした
しかもこの場面の前後には律澪も…
唯梓と律澪両方が好きな俺にとっては14話終盤テンション最高潮


818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:27:04 ID:IaS9YI140
>>777
テレ(ry
…はさておき、相変わらず企業のグッズはいい値段とりやがるのな
いつぞやのご飯セットって箸・茶碗とカスタネットで5kくらいじゃなかったっけか
発売元が同じかどうか忘れたが、唯梓扇子はまだ許せた
もちろん愛用しとりますがな

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:37:10 ID:IKq+Oc5p0
アニメキャラのマグカップは今迄買わない方針でいたのに、
アニメイトで「梓マグカップ」を買ってしまった。

だってアレは反則だら?
値札には「梓マグカップ」と書いてあるのに、実際の絵柄は唯×梓だったんだから。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:42:20 ID:T4+AAXMfO
俺は前スレか前々スレかに貼られていた
マグカップを買ってしまったのがはじめてだな
あれは破壊力があった

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:42:51 ID:h0WGIQm50
dousitekounaltutaというSSを
ひとつ投下させていただきます

題名はつけるまでもなかったです

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:43:36 ID:h0WGIQm50
放課後の部室。

「あずにゃーん♪」
「あまりベタベタくっつかないでくださいよ」
「いいじゃんいいじゃーん♪」

抵抗したところでむしろ悪化するスキンシップ。
私の言葉にも、本当に「イヤ」という気持ちが込められていないだけに、
唯先輩も悪びれた様子は見せない。
仕舞には首筋に顔を埋めて
鼻の形がわかるほどグリグリ押しつけてくる始末。

「あずにゃんシャンプー変えたね?いい匂い〜♪」
「スンスンしないでください、もぅ…」

どうしてこの人はこんなにも、
自分のしたいと思えることに一直線なのだろう。
それこそ、周りの目もかえりみずに。
ただただ、純粋そのままに……。

「他の先輩に見られたらどうするんですか…」
「なんでそんなこと気にするのー?」

私の言葉に心底不服そうに頬を膨らませる唯先輩。
本人は意識してないので当たり前とはいえ、
少しは自分の気持ちも考えてほしいと思った。
その表情が、私がどれだけ翻弄しているかということに。
ぶっちゃけ唯先輩の困った顔は苦手なのだ。

「気にして当然じゃないですかっ」

それでも自分の気持ちに嘘はつけない。
少なくとも私は人目は気にする性格なのだ。
だから唯先輩に抱きつかれるのもそれなりに緊張する。
決してイヤな緊張ではないのだけれど。
他の人たちから見て、私まで一緒に
はしゃいでいるように見られてしまうのがイヤなのだ。
自分のイメージを大事にしたいからこそ、
いつまでもこうして唯先輩と抱き合っているわけにはいかないんだ。

「ほら唯先輩、もうそろそろ誰か来ますからっ」
「暴れないでよあずにゃ〜んっ」

時計を確認して本格的にヤバいと感じだす。
今なら誰が来てもおかしくない時間帯。
こんな姿、律先輩に見られようものなら、
一体なにを言われるかわかったもんじゃない。


823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:47:24 ID:h0WGIQm50
「や〜だ〜、もっとあずにゃんとくっついてるぅ〜」
「駄々こねてもダメです!私と唯先輩のためにも離れてください!」

そう、これは私のためであって唯先輩のためだ。
例え軽音部員じゃなかったとしても、廊下や道行く人たちから
奇異の目で見られるのはいい気分ではないだろう。
適度なスキンシップなら、生温かい目で見守られることはあっても、
あまりに度が過ぎたものだと、それ以上の誤解を生みかねない。

「私は私のためにあずにゃんに抱きつくのです!」
「なっ!?」

しかし唯先輩も唯先輩でこれまた頑固。
むしろ目が本気になっておりさっきよりがっしりと、
きつくホールドされてしまっていた。
これは本格的に………
ヤバイ状況へとシフトしてしまったみたいです。

「離してください!」
「イヤです!」
「離して!」
「イヤ!」
「離せ!」
「ヤ!」

ついには命令口調にもなってしまった。
後にも先にも唯先輩だけだろう。
先輩相手にこんな言葉づかいを使うのなんて。
それでも唯先輩はぎゅうっと私に抱きついたまま顔すら上げない。
それはまるで、小さな子供がおもちゃを取られまいと
必死になっている姿と似ている。

「そうまでして私にくっついていたいんですか、あなたは」

溜息交じりに言う私。
なんかもう、抵抗することに疲れていた。

「あずにゃんは命の源だもん」
「それって、唯先輩にしか機能しませんよね」
「モチ!」

会話こそ普通だが、お互い表情は見えないまま。
ちなみにソファーに座った状態で抱き合っているので、
深く身体を預けてもバランスを崩すこともない。

「ねぇ、あずにゃん」
「はい?」
「どうしてあずにゃんは人の目を気にするの?」
「恥ずかしいから、ですよ」

恥ずかしいという言葉を恥ずかしげもなく言い切る。
今の私はあまりにも唯先輩と密着してしまっているせいで、
正常な思考ができないようだった。
いつもの部室の風景ですら、どこか別の、
閉鎖された空間のように感じてしまう。
だから、そんな私だから、
無意識のうちに変な言葉が飛び出したとしても、
それは『仕方のないことです』と消化する以外に他はない。


824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:51:24 ID:h0WGIQm50
「なんだかこうしてると、唯先輩と私だけになったみたいですね」
「えっ……」

さすがの唯先輩もこの言葉には虚をつかれたのか、
驚いた表情で顔を上げる。
心なしかソワソワしているようにも見えた。
普段は見ない唯先輩の態度に好奇心が悪戯をする。

「どうしたんですか?顔を上げたと思ったら急に変な顔して」
「だ、だって…あずにゃん、が」
「なんですか?」
「変なこと、言うから…」

いつも変なことをしてきて、さんざん
人の心を掻き乱すのは唯先輩、あなたですよ。
決して口には出さないけれど。
それでも、少しぐらいの仕返しが許されるなら、

「前々から思ってたんですけど」
「な、なんですか…?」
「唯先輩ばかりで、不公平ですよね」
「うにゃ!?」

まるで台詞が逆転したような現象。
実際は台詞だけではなく、行動そのものが逆転していた。
つまり、私が唯先輩に抱きついている。
それはさっそく、つい先ほどまで人の目がどうとか
気にしていた人間のやることではなくなっていた。

「あ、あずにゃん!?さっきは皆が来るからもうってっ」
「あぁ、前言撤回です。もう離しません」
「ええぇぇぇぇぇーーーー!!?」

いじればいじるほどコロコロと表情を変え声を変え、
私をこれでもかと楽しませてくれる唯先輩。
なるほど、あなたはこうやっていつも私を弄んでいたわけですね。
これは正直、ヤ・ミ・ツ・キです。

「あはは、変な顔ですね。もっと近くで見せてくださいよ」
「だ、だめだよぅ、あずにゃん、これ以上なんて…」
「困った顔してもダメです。ほら、いつものように腕を回してくださいよ」
「こ、こう…ですか?」
「なんですかそれ、もっとしっかりぎゅって抱きしめてください」
「うぅ、こう…?」
「そうそう、そんな感じです。やればできるじゃないですか」
「うぅ…あずにゃんがあずにゃんであずにゃんじゃないよ…」

唯先輩が悲しそうな顔で、
何かを呟いていたけど、私には関係ない。
あなたは私に、とんでもない餌を与えてしまったんですよ。

一体どのあたりから歯車が歪みだしたのかは分からない。
でも、ただ一言、言っておかなければならない気がする。

「ありがとうございます、唯先輩♪」



おわり


825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:55:05 ID:h0WGIQm50
たぶん疲れてるんだ
こんな時間だもの

歪んでたのは頭のネジの方です

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 02:00:37 ID:VSQPKa570
>>825
GJですぜ
梓唯もまた正義だな

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 02:06:16 ID:tcgBCUjH0
むしろ梓唯のほうが好みGJ

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 03:47:11 ID:z/M9gYO00
「いい匂い…」

女の子というのは、皆が皆、
こんなにもいい香りを漂わせているものなのだろうか。
そういう私も女ですけど。
自分の匂いにはよほど強烈でもない限り
基本は鈍感だという。
それにしても、と思うのだ。

「ホントになにもつけてないんですか?」
「いい加減信じてよぉ。さすがにしつこいよあずにゃん」

唯先輩にしつこいと言われてガクンと落ち込む。
そういえばしつこい女って嫌われるんだっけ。
そういう女にはなりたくないと思っていたのに。
まさか一番好きな人にそれを見破られるとは。

「死にたい…」
「なんだかよからぬ雰囲気に!」

『よからぬ雰囲気』を察した唯先輩は、
いつもより優しさ3割増し程度に抱いてくれた。
それだけなのに、なんでも許してあげられる気分になってしまう。
唯先輩は何も悪くないけど。

「どう?いい匂いする?」
「はい…スンスン、とってもいいです…」
「えへへ、嬉しいなぁ」

それは女としてか、私に言われたことに対してか。
聞くにはちょっとタイミングが違う。
頭の中で考えるだけで口には出さないでおいた。
なんにせよ、唯先輩を褒めたことに変わりはないのだから。

「私の大好きな匂いです…」
「あっ、もしかしたら洗剤がいいのかも!」

唯先輩のバカ野郎…。
大好きって言うのも楽じゃないんですよ。
人のせっかくの勇気を踏みにじってくれちゃって。
でもまあ、いいですよ、いつものことですし。


829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 03:49:56 ID:z/M9gYO00
「コホンッ…ちなみになにを使ってるんですか?」
「ボー○ド!」
「なんか普通…」
「じゃあ違うかも」
「普通って言われたのが気にいらないんですね」

唯先輩の相手をしていると暇をしない。
心休まることも少ないけど、
同じ場所にいるだけで安らかになれる。
その度に思う。
この人は私の安らぎなんだと。

「なんだかホカホカです」
「あずにゃんが?」
「はい…心も、身体も」
「私もだよあずにゃ…梓」

呼び方が変わったことに不思議に思う。
そんな雰囲気だろうかと。
まだ早すぎはしないかと。

「もうその呼び方ですか?随分と気が早いですね」
「ううん、なんとなくだよ。やっぱり梓っていい名前だなって思ってね」
「唯だっていい名前ですよ。私にとっての唯って感じで」
「んもぅ〜うまいこと言っちゃって、ぜんっぜんキュンッとなんてキテないんだからね♪♪」
「あはは、その割には嬉しそうでなによりです」

思い返せばなんて会話、と思うものばかり。
でも気にしない。
気にしないから楽しめる。
むしろ気にならないほどに楽しい。
これもいわゆる唯マジックなんだろう。
私にも魔法が欲しい。

「唯は私といて楽しめますか?」
「変なこと聞くね」
「そうでしょうか。でも聞きたいんです」
「変だよあずにゃん。そんなこと聞くまでもないのに」
「そうなんですか?」
「だって、好きな人といて楽しくないわけないもん」


830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 03:54:50 ID:z/M9gYO00
ゾワゾワゾワッ
困った。また唯先輩が好きになっていく。
もう『カムバック!』なんて叫べないほどに。
どんどんどんどん沈んでいく。
甘い泉の中へ。

「ありきたりな言葉ですけど」
「うん?」
「ずぅーっと、こうしていたいです」

私の願いを聞いてくれる唯先輩。
あなたも同じ答えを返してくれますか?

「じゃあ私もありきたりな言葉だけど」
「はい」
「ずぅーっと、一緒だよ、梓」

甘美な響きが耳をくすぐる。
だめだ、もう限界。
いつもあなたは私の一歩前を行くんです。
わかってたのに…。
いつも期待して、いい意味で裏切られて。
その度に深く溺れていく自分を知るんです。

「唯先輩…ぎゅって」
「あらら、あずにゃんになっちゃった」

私のおねだりに唯先輩が答える。
最近ではこういうケースも増えた。

「使い分けの基準あったんですか」
「甘えてきたら基本あずにゃん」
「学校では問答無用であずにゃんなのになー」
「じゃあ梓って呼ぶ?」
「それはイヤです!」
「どして?自分の名前なのに」
「唯先輩には学内ではあずにゃんって呼んでほしいです」
「私もそうだね。唯一あずにゃんって呼べるの私だけだし」
「はい、私は唯先輩の所有物なんですから」
「私もあずにゃんの所有物だからねっ」

私は唯先輩を溺愛している。
間違いない。
唯先輩はどうだろう。
でも聞けない。
聞くまでもないかもしれない。
でも聞きたい。
唯先輩はなんて答えるだろう。

「明日も屋上で一緒にお弁当の食べさせあっこしようね♪」

あ、もうどうでもいいや♪





end


831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 03:59:24 ID:z/M9gYO00
百合で甘々って難しいですね
おそれいりました

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 06:20:50 ID:/74V/sHFO
>>825
梓の壊れっぷりというか、開き直りっぷりが良いね〜
GJ!!!!

>>831
いやいや、結構良い感じに甘々だと思うよ〜
GJ!!!

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 06:34:48 ID:VSQPKa570
>>831
甘ェ
呼び方変えるのはいいねGJ

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 10:41:29 ID:xkcNkd5H0
最近いいSSが多くてGJの嵐だな
まったく、ここは神の巣窟か

ところでここの同士諸兄に質問なんだが、唯x梓における憂のポジションってどう考えてる?
歓迎・祝福系なのか、それともVIPでよく見るような否定・ヤンデレ系なのか
スレ違かも知れないがちょっと気になったんで教えて欲しいんだが

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 11:06:36 ID:/74V/sHFO
>>834
話しの流れで憂を出す時は、歓迎・祝福系で書いてる
今書いてるSSの一部だけど、こんな感じだ



「じゃぁ、梓ちゃんは、お姉ちゃんが緊張してる姿を見るのと、リラックスしてる姿を見るの、どっちが好きだと思う?」
えぇ〜?どっちかなぁ〜?
「……そんなの、わかんないよ……」
「あのね、お姉ちゃん。梓ちゃんは、リラックスしてるお姉ちゃんを見ている方が好きだと思うよ。だから……ね」



やっぱ、唯梓には幸せになってもらいたいからねぇ〜

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 11:24:55 ID:T4+AAXMfO
唯梓の幸せはもちろんだが
憂ちゃんも幸せになってほしいからヤンデレは勘弁

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 11:29:39 ID:xFIbhzM50
ヤンデレ出てきたらキャラ崩壊以前に世界観の崩壊に近い気がする

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 11:37:31 ID:fwCMInWu0
梓に取られたくない気持ちはあると思う
あとそれなりの嫉妬心も
でも唯が好きだからこそ梓との関係も応援すると思う
梓と憂だって長い付き合いなんだし
そう簡単に関係が激変したり崩壊したりはないだろうさ

というのが俺の考え
つまり憂はいい娘すぎるってことだよ

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:08:05 ID:VF+nnWg20
だが多分唯は憂のそういう微妙な機微には気付きそう
普段はゆるゆるだけど肝心なとこは外さないからな唯は

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:24:41 ID:8iA34vvi0
憂は普通に唯梓を応援してくれそうな気がするが

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:32:29 ID:4AcvIVOEO
俺的には歓迎・祝福か、「唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」」ってSSみたいな感じ

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:35:19 ID:Liyj3eGK0
もともと憂はとってもいい子だからね
ヤンデレ憂って正直考えられない

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:37:30 ID:oiG/z8n60
ヤンデレはネタだろ
原作でもアニメでも憂も唯もあずにゃんのことは大好きだよ

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:48:35 ID:8iA34vvi0
むしろ梓を嫌いな奴がいるわけがない
梓にあれだけ言われてる唯もメロメロなんだぜ?


845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 12:53:59 ID:xFIbhzM50
あの匂いはフェロモンだな

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 13:32:09 ID:gxanawIm0
>>831
GJ
進んでる関係だからこその甘さがたまらんな!

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 14:20:14 ID:VSQPKa570
仮に唯が一人暮らしを始めたら、「唯先輩を一人になんてできません」ってことで梓も一緒に住んでもらいたいけど
憂がお姉ちゃんを放っておくとは思えないんだよな
いっそ3人で暮らせば、と思うよ

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 14:29:22 ID:y+riDqwq0
澪のことを在日呼ばわりしてアンチ活動してる奴とここの連中はかぶる。間違いない。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 14:54:54 ID:8iA34vvi0
>>847
むしろ梓がいるから安心するんじゃね?
正直唯梓憂というか3人カプの良さが分からん
憂は好きだけどやっぱ唯と梓の2人がいいよ

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 14:59:00 ID:y+riDqwq0
↑ほらみろw これが唯梓しか認めないという唯梓厨の本性

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 15:03:02 ID:zpfKZQlw0
>>849
>>847はカプ的な意味じゃないと思うが
考えてみろよ唯と梓が同棲したら憂はあの家に独りなんだぜ…

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 15:09:04 ID:VSQPKa570
>>849
>>851の言う通り、3人カプという意味で言ったわけじゃないよ。ここはあくまで唯梓スレだし
ただこの3人なら仲良くやっていけそうだなって話で
憂に「お義姉ちゃん」と言われて恥ずかしがる梓を見てみたい

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 15:12:14 ID:zpfKZQlw0
>>753みたいな展開になったら寂しいもんな(´・ω・`)

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 15:20:48 ID:T4+AAXMfO
この3人は本当に末永く流れいてほしいよな
3人ともお互い大好きってのが見てて微笑ましい

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 15:21:37 ID:OsFmdovm0
憂ちゃんは2人のいい相談役になってくれると思うな

唯「最近梓が構ってくれない・・」
とか
梓「唯がだらけすぎなんだけど、憂からも言ってくれる?」
とか親身になって聞いてくれそう


856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 15:37:39 ID:oiG/z8n60
このスレは唯梓スレだからそっちを中心にするけど
3人暮らしなって憂と梓が仲のいい嫁姑みたいになるのが俺の理想

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:00:04 ID:fwCMInWu0
>>853
あれは胸が痛い

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:05:24 ID:Em3KlTBfO
ぴくにタチさん新作ktkreeee

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:10:12 ID:IKq+Oc5p0
唯「決めた! 私、卒業したら東京へ行く!」
梓「私もお供します。いや、お供させてください。てか、お供させやがれ」
唯「ほんとに?! やったあ!!」
憂「でも学校はどうするの? あと一年あるよ?」
梓「東京から通うからいいもん」
憂「流石に修学院まで通うのは大変だよ」
梓「じゃあ転校する。唯先輩と一緒に暮らして近所の高校に通う」
憂「じゃあ私と一緒だね。東京でも仲良くしようね☆」
梓「うん……って、あれ? 憂も行くの?」
憂「だって、お姉ちゃん一人じゃ心配だもん」さらり
唯「憂もあずにゃんも心配してくれてすっごく嬉しいよぉ」抱きっ?
梓「ふにゃあ!?」
憂「良かったね、梓ちゃん。これからもよろしくね」

「けいおん!」の続編「ゆいあず!」
来年4月より連載スタート!!
……して欲しいなぁ。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:10:56 ID:tcgBCUjH0
……ふぅ

いくらなんでもちょっとあざとすぎやしないかい可愛いけど

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:17:04 ID:KGsafAXd0
唯ちゃんの乳首レロレロしたい
あずにゃんを涙ぐみながら「ああっ!・・・あっ・・・・」って言わせたい

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:22:29 ID:rIL9I3BB0
定期的に一行だけ書いていく俺嫁厨が
気持ち悪いとかじゃなくて気味悪く思えてきた。なんか怖い

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:29:40 ID:ShTAFy/y0
>>858
みてきた
やばかった

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:31:20 ID:t6yF2i6F0
唯が弱気になると普段とのギャップで破壊力凄いな
梓のリアクションも凄い似合ってて可愛いし

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:40:54 ID:ImR/bkBG0
>>858
この人ツイピクにもまんが上げてたんだな

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:48:03 ID:VeslHe8N0
>>858
素晴らしかったんだが、欲を言えばあんま彼氏彼氏言ってほしくはなかったかな
ここで言うことでもないけど

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:57:32 ID:ImR/bkBG0
>>866
そこは男性と女性の感性の差だろうねぇ

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 19:22:13 ID:XIem1jME0
>>841
そのSS憂がすっげーぶっ壊れてた気がするんだが・・・

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 19:32:53 ID:hA6Ls7Dg0
憂が唯に恋愛感情や独占欲を抱いてないのは1期合宿回で明らか。
きっと姉妹として愛する姉と、親友として愛する梓の結婚は祝福してくれるに違いない

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 19:37:18 ID:Y7+EAxE60
>>858
見てきたがけしからんな。実にけしからん

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 19:56:49 ID:PDwahgip0
>>866
ノーマルな恋愛観あってこそ引き立つもんだと思うけどね



股間が
  ∧_∧
  ( ;´∀`)
  人 Y /
 ( ヽ し
 (_)_)

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 20:48:57 ID:VSQPKa570
唯(梓)は自分が普通に男を好きだと思っていたが
梓(唯)と一緒にいる内に、あるいは離れている間に
お互いのことをどれだけ必要としているのかに気付いて……

なんて話もいいけど、作品の性質上こんな重い展開は絶対ないな
妄想と二次創作で補うしかない

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:54:12 ID:zkgnxOZ40
>>858
ぴくにタチ で検索かけてもそれらしいサークルさんは出てこなかった…
すごく気になる。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:56:31 ID:Y7+EAxE60
"唯 梓"で検索したら分かると思う
6Pの漫画だ

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:57:31 ID:VMmLtGK90
>>873
ヒント:pixiv

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 23:22:40 ID:b95hFpyw0
唯と梓という2人の運命 繋がり 藹藹に感じ入りたり

そもそもこの槻において囹圄として矍鑠たるのは澪

それでもなお唯は気息奄奄としつつ鎖ね孕む也

あずにゃん倹しき号気荒旦なるも

楡用転生かくあるべし

絆絆聯とし

各旬の理にて

思うに我唯の天穴突破せり

梓地を這いしまろ蟲の如く

我手に入れたり

律参り来て

禮寵せり

欣狛と鴇狙いし紬

碧璧なる忌諱の壽鄭を得ん

梓這いて床より潰え

千塵に帰す

唯穐嘆き

陸碧欣禮と奉ぜん

是は如何に?


877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 23:33:06 ID:iXZU+VL0O
←ゆいあず分多量
9,3,16,13,6,12,1,5,2,11,14,8,10,4,7,15
吉田さんぱねぇ

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 23:45:52 ID:zkgnxOZ40
>>874-875
ありがとう、pixivは名前は聞いていたけど自分はイラストなんて到底描けないし、
縁がないと思って使ったこと無かったから気づかなかったよ。

こ、これは何というけしからん…ごちそうさま。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:18:07 ID:oYdN2ZrK0
7、15話は唯梓以前に脚本自体が破綻してたからな
横谷ェ…

周期的に17話は吉田さん担当のはず
期待してます

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:21:54 ID:BL1fvZl90
13話も結構酷かったと思うけどな
ただ梓を引っ張る唯のシーンだけは最高に良かった

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:22:20 ID:jg2ivri50
もったいねーのw

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:27:19 ID:yiatCue90
次の吉田さんの回は唯憂回になるんじゃないか
そもそも唯梓は脚本に関係なく全編にわたってちりばめられているからね
吉田さんじゃなくても一期10話、二期16話(村元さん)、一期12話(花田さん)と唯梓的にかなりの良回がある

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 00:56:40 ID:hXzbNknY0
残暑見舞いは賛否分かれるが俺はかなりいいと思った
お茶会は時系列的につじつま合わせるのが大変だし、まぁしょうがないとは思った
ただ、マラソン大会だけはさすがに擁護できないわ

>>872
性別なんてどうでもいいんだよ
ただ好きになった人がたまたま女だったというだけさ
それが百合というものだ、というのが俺の持論

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 01:04:04 ID:HHQmhMOBP
マラソン回もそれなりに楽しめた

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 02:00:02 ID:DBVF8FUc0
お茶会は話の展開があまりにアレだもんね。
ファンクラブが存在するということは百歩譲るとして、
会員呼んでお茶会開くなんてあまりに突飛すぎ。
そもそも澪の性格考えたらあれただの集団イジメだろw
あとあんな立派な会員カード誰がどこで作ったんだ?w

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 02:04:50 ID:esuqscDB0
その辺にしとこう。ここは唯梓スレだぜ
そんなことより唯と梓がベロチューしたあとどうするか考えようじゃないか

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 02:06:22 ID:scjPu+UHP
ここ、たまに他キャラ批判とか始めちゃう人が居付いてるみたいだけど
マジでヤメテ欲しい

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 05:09:30 ID:2UI5d78P0
唯「うああー暑いあついアツイーんもー」
梓「……わかったから、ひっつかないでください。余計暑いです」
唯「私は暑くないよ?」
梓「さっき暑い暑い言ってたのはどこの誰ですか」
唯「あれだよー、あずにゃんは冷たさを持ってるっていうか、冷たいっていうか」
梓「全然良く聞こえないです。ていうか私はクーラーですか。雪女ですか。
  もう、どいてください。暑いです」
唯「ああ、あずにゃんがホントに冷たい……。これが反抗期か……」
梓「違いますし。だから、もー。ひっつかないで」
唯「……ちぇー、じゃあ、離れる」
梓「えっ」
唯「え?」
梓「……あ、いえ、別に」
唯「…………やだった?」
梓「! いえ、全然」
唯「ふーん……。なんだー、あずにゃんもホントはひっついてほしかったんだねー♪」
梓「ち、違います!!今のはその、意外とあっさり離れるなって思っただけで、別にそんな……!」
唯「そーだねー、あずにゃんは天の邪鬼さんだねー」
梓「〜〜〜っ!! も、もうホントにいいです!知りません!唯先輩なんて知りませんから!!」
唯「ああっ、あずにゃん待ってよー、謝るからさー」
梓「謝ってもダメです!!そのままアイスみたいに、暑さで融けちゃえばいいんです!!」
唯「ちょ、さすがにそれはヤダよー」

毎日暑いね、ホント

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 06:05:27 ID:ga3rAQYO0
>>888
律「うん、熱いな…」
澪「そうだな…」
紬「GJです!」

16話で鏡に貼ってあるシール見たときの
(唯先輩だな〜)
って言い方が凄く好き
上手く言えないけど愛のある感じがして

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 08:31:17 ID:M9/OmVWB0
けいおん!!の公式HP見てきたら、アパレルのとこに唯梓Tシャツが・・・買わねばならない

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 08:48:17 ID:aFeVgWRY0
>>890
ちくしょう…アニメのTシャツだけは手を出さないって決めてたのに

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 08:50:23 ID:KQBeM37D0

                     へ、__   , ,  , . − '"/
                   ,. - '. : : : : : : : : ̄:`.く、ゞ、, : : -='、
                /: : : ; : i: : : : : : : : : : : : : :`ヽヽヽ; : : : :丶
              /: : : : : :i: ハ: :ハ; : 、: : : : :i : : : : ヽヽヽ;.: : : : i
             /: : : :.i: : : |: i:::.`; :|弋: 丶: : : : i : : : : : ',`, `;.;.: : i:|
            /: :i: : :.|: : : ハ;::::::::.'.:| ::\: :.i:.i:::i: ||: :,ノ: : ハ `, i::::. ::i:| 
            ,': /|:.i: :.|: : :i !i::::::::::::::i;=ニゞ、!: : i:|ソ: : :ノ::| |:i .i|: ::. :|
           ノノ i|: :ハ: : | ,!=、:::::::: "殺ミ,ヾ,y; : |: ://::::i, u ノi:ハ,: !
          ノ    |: i:::i: :.|i!行i} ::::::::. {刺ツ,ノソi,:.rニ;'::::::ハ:丶':i|  ヾ  
              |: i:::::i: ハ`込'    `- '  i 'ソ .}::.ノ! .レ'ソ    
               !:|i:::::i:.! i ,,, '    '''    ,、// | !    
          ___  !| V 'i i   弋フ    ノ;/"    `'    
    i-- 、 /:::r'γつ`丶、  `\      / tっ,
    |:.:   ヽ;:::}' / /っ::::::::::ソ     ` ソヾ" ,/"::::::`ゞ,、
.    |:.:.    ソ, ',/っ:::::::::i、   ,/" / /.:: :: : //_'ゞ、
.     |:.:      `.  Y:::::::::i|::| ,バ":: ::i:/-,/:: ::,//:/¨ ¨ :ヾ
      i.::.     `.,.|:::::::::::':::|ハ:'. `. ::/=/:: :://.:/     :.|
     /.';.:.      `、::::::::::;>! i::`ソ、ツ.//.::/        :|
     i:::::::`、::     丶/y y `、`,!r/_'" ;. ,       .:|
.    |:::::::::|:`、::     ヽ!. /,./`'r⌒,,"  \ !:: i      .::|
.    |::::::::|:::.!`、::   ,/'丶」_ 〃ゞソヽ、  /  !:| i      :::|
     |::::::::|::::.i, `、;メ"丶,. -` ヽノ.<i|.丶, ソ   i       .::|
.     |:::::::::i:::::i!,   (,_     》: ::ヾミ`ソ_._  |       :|
     |:::::::::|:::::'| 丶 { _     /:: :.ソ ソ丶   \ ̄ ヽ,   .:|


893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 13:34:27 ID:yUIFiXtu0
いいシーンだ
ttp://uproda11.2ch-library.com/254988J6t/11254988.jpg

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 13:35:38 ID:wPVyq6H10
>>893
ほんとどっちが年上かわからんな

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:00:21 ID:Sg3ebyBd0
指短すぎね?w

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:00:44 ID:6pw349Wg0
>>893
IDに唯光臨してるし

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:06:03 ID:EUn/cLdL0
ttp://uproda11.2ch-library.com/255002YN0/11255002.png

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:09:54 ID:DBVF8FUc0
>>897
ふぅ・・・

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:17:21 ID:/04FyQBg0
>>897
毎回この人の作品は素晴らしいと思うんだが
こんな所に張るよりかはリンク張るだけにして
みんながpixivで直接拍手とかしてあげた方がいいと思う

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:23:47 ID:MPtAls7j0
はずかしいからついぴくで、ってやってるのを転載するのもなんだしね

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 14:59:55 ID:izN2vl1v0
続きは夏コミですかね

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 17:59:09 ID:M9/OmVWB0
デニーズでやってるけいおん!!の期間限定デザート、「これ、いつも唯とあずにゃんは食べさせあいっこしてるんだろぅな〜」とか思いながら食ってて、さりげなく唯梓最高ってつぶやいたら店員さんにすごい目で見られた・・・

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 18:06:03 ID:c3E6r9hWP
ギラッ同志発見!!

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 18:13:39 ID:+uneThQT0
むしろpixivとかのリンクって貼っていいもんなの?
個人サイトとは別とはいえ

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 18:24:52 ID:sl9wPyMO0
>>858みたいに書くだけなら角も立たないんじゃね

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 22:24:57 ID:NGI7Ffu90
>>809
12話までみたぞー
なんだこの妄想レベルの出来は

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 00:01:01 ID:uUWK+qXV0
9話はまさに唯あず回だった

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 00:30:37 ID:P43cqC4v0
>>902
しかしこれ何故桃なんだろうか

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 01:34:34 ID:ML5m7Mca0
11話で唯がよさこい祭りしたときあずにゃんが尻をガン見してたのと関係あるはず

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:04:58 ID:gx+Q+wX50
(退屈だな……)
窓から差す真夏の陽光に目を細め、わたしは気だるげにため息を付いた。
(かといって、外に出るような陽気でもないし)
陽光だけに限らず、窓を通して聞こえる蝉の大合唱もまた、否応無しに外の暑さを感じさせてくれる。ク

ーラーの効いた部屋もその声だけで、温度が一、二度上がる気さえした。
(憂や純も旅行で家を空けているみたいだし)
そうなるとわたしは退屈を潰す手がない。
あーあ、去年の夏はこんな退屈を味わう事なんて事なかったのにな。
(寂しい……な)
先輩達と毎日のように練習?した去年の夏を思い出す。暑くて暑くて仕方ないのに唯先輩がベタベタとく

っついてきて迷惑したり、律先輩が部活と称してプールに行くのを提案したり、澪先輩が……。
思い出すと楽しい反面、寂しさが大きくなった。もう去年のような夏は二度と送れないのだ。先輩達は受

験が終わったら卒業してしまう。
先輩達を抜くと実質けいおん部はわたし一人。わたし一人じゃ部活もできないし、来年はどうなっちゃう

んだろ。
(宿題でもしようかな)
考え出すと気が沈むばかりだから、夏休みの宿題に手を伸ばす。人目でやる気を削がすような数字の羅列

に、思わずまたため息が漏れてしまう。う……ダメだ、わたし完全になまってる……
そういえば、唯先輩はしっかり勉強しているのかな。この暑さだし、ただでさえ回らない頭がますます回

らなくなってるんじゃないか、と少し心配になる。
『勉強捗ってますか? 暑いからって怠けないでくださいね』
すぐに返信。
『おはよう、あずにゃん。失敗しちゃったよー』
添付して送られてくるのは、何やら黒い物体。真ん中が盛り上がってるとこから……め、目玉焼き?
そういえば、今日は憂がいないんだっけ。だから、普段しない料理なんかして……この様なのかな。
『目玉焼き作るコツってあるのかなぁ』
『ふつうに焼けば良いんじゃないですか』
『普通にって何、わかんないよ〜』
これではお昼ご飯も思いやられる。
『お昼はどうするんですか?』
『出前でも取るよ〜』
『夕ご飯は?』
『出前でも取るよ〜』
『……夕飯だけでもうちに来ますか?』
『え? いいの? あずにゃん』
こうして唯先輩がうちに来ることになった。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:06:29 ID:gx+Q+wX50
あ……ズレてしまいました投下し直します……

(退屈だな……)
窓から差す真夏の陽光に目を細め、わたしは気だるげにため息を付いた。
(かといって、外に出るような陽気でもないし)
陽光だけに限らず、窓を通して聞こえる蝉の大合唱もまた、否応無しに外の暑さを感じさせてくれる。クーラーの効いた部屋もその声だけで、温度が一、二度上がる気さえした。
(憂や純も旅行で家を空けているみたいだし)
そうなるとわたしは退屈を潰す手がない。
あーあ、去年の夏はこんな退屈を味わう事なんて事なかったのにな。
(寂しい……な)
先輩達と毎日のように練習?した去年の夏を思い出す。暑くて暑くて仕方ないのに唯先輩がベタベタとくっついてきて迷惑したり、律先輩が部活と称してプールに行くのを提案したり、澪先輩が……。
思い出すと楽しい反面、寂しさが大きくなった。もう去年のような夏は二度と送れないのだ。先輩達は受験が終わったら卒業してしまう。
先輩達を抜くと実質けいおん部はわたし一人。わたし一人じゃ部活もできないし、来年はどうなっちゃうんだろ。
(宿題でもしようかな)
考え出すと気が沈むばかりだから、夏休みの宿題に手を伸ばす。人目でやる気を削がすような数字の羅列に、思わずまたため息が漏れてしまう。う……ダメだ、わたし完全になまってる……
そういえば、唯先輩はしっかり勉強しているのかな。この暑さだし、ただでさえ回らない頭がますます回らなくなってるんじゃないか、と少し心配になる。
『勉強捗ってますか? 暑いからって怠けないでくださいね』
すぐに返信。
『おはよう、あずにゃん。失敗しちゃったよー』
添付して送られてくるのは、何やら黒い物体。真ん中が盛り上がってるとこから……め、目玉焼き?
そういえば、今日は憂がいないんだっけ。だから、普段しない料理なんかして……この様なのかな。
『目玉焼き作るコツってあるのかなぁ』
『ふつうに焼けば良いんじゃないですか』
『普通にって何、わかんないよ〜』
これではお昼ご飯も思いやられる。
『お昼はどうするんですか?』
『出前でも取るよ〜』
『夕ご飯は?』
『出前でも取るよ〜』
『……夕飯だけでもうちに来ますか?』
『え? いいの? あずにゃん』
こうして唯先輩がうちに来ることになった。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:07:18 ID:gx+Q+wX50
空が赤色に染まる頃、階下でチャイムが鳴った。
「こんばんわ、唯先輩」
「おじゃましまーす。暑かったよぅ」
扉を開けた瞬間、ムッとした熱気が部屋に入り込む。夕方とはいえ、外はまだ暑さが和らぐ兆しはないようだ。
「あずにゃんの家、何か可愛いね」
家に可愛いも何もあるんだろうか。
「ささ、こっちです。まずはわたしの部屋で勉強しましょう」
「えー、勉強。せっかく遊びに来たんだからゲームしようよ、ゲーム」
口を尖らせて、唯先輩は不平を漏らす。
「ダメです。受験生なんですから勉強してください」
「うー」
なおも唯先輩は口を尖らせる。
「唯先輩が勉強している間、わたしがご飯作ってきますから。しっかりやっててください」
「ご飯!?」
その言葉一つで唯先輩の表情が変わる。そんなに期待されても困るのだけれど。
まあ、ろくなご飯を取れなかったからお腹が減っているのだろう。
「何か希望とかありますか?」
希望に添えるほどのレパートリーがあるわけじゃないけれど、つい見栄を張ってしまう。
「うーんと、うーん……あずにゃんが作ってくれるものなら何でも良いや」
ふふふー、ととても幸せそうな笑顔。わたしは自分の顔が、少し熱を持つのを感じた。
唯先輩のこの笑顔を見ると、いつもこうだ。胸の奥がむずかゆくなる。気持ちが良いような、ちょっと苦しいような、自分でもよくわからなくて、持て余してしまうそんな気持ち。
「じゃ、じゃあっ 勝手に作ります!」
だからぶっきらぼうにそんなことを言ってしまう。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:08:01 ID:gx+Q+wX50
(実際、唯先輩と会うのも久しぶりなんだよな……)
去年はほとんど毎日のように、部活で顔を会わせていたのに不思議なものだ。何だかんだ言っても唯先輩も受験生なのだ。
(でも、唯先輩は相変わらず)
クスリと笑って窓を見ると、真っ暗な窓に写るニヤケ顔のわたしと目があった。何でわたしはこんなにうれしそうな顔してるんだろう。何だか妙に恥ずかしい。
(嬉しいのかな、わたし)
唯先輩に会えて……。
唯先輩は憂達とどこか違う。先輩後輩だからとかじゃなく、わたしの中の意識から違うのだ。上手く言えないけれど、わたしの中で唯先輩は『特別』なのだ。
だから余計に嬉しい、のかな。
(な、何考えてんの、わたし)
さっき以上に頬が熱くなるのを感じる。これではまるで、まるで……。
でも、その好意はきっとあっちゃいけないものだ。
女の子同士だし、きっと唯先輩は迷惑するし……でも、もし迷惑しなかったら? そしたらわたしはどうするんだろう?
ぶんぶんと私は首を振る。迷惑するしないじゃない。女の子同士だからおかしいんだ。迷惑するしないとかそういう問題じゃない。恋愛は男の人と女の人がするもんなんだから。
(唯先輩もいつか男の人を好きになるのかな)
キュゥと何かに胸が締め付けられる。息が苦しくて、胸がズキズキと痛む。
男の人と手を繋ぐ唯先輩の姿、キスをする唯先輩の姿、……する唯先輩の姿。
男の人と幸せそうに歩く唯先輩の姿。わたしには見せてくれない笑顔で微笑む唯先輩の姿。
(ダメだ、許せない)
そんなの許せない。耐えられない。
でも……先輩は卒業してしまう。大学には男の人がいっぱいいるだろう。その中の誰かと恋に落ちるかもしれない。
そしたら、そしたらわたしは……。
(寂しい……な)
今以上に会えなくなって、わたしのことは過去のことになってしまう。もうわたしに抱きついたりしなくなる。あずにゃん、あずにゃんってわたしの事を呼んでくれなくなる。そうして、わたしのことなんてどうだってよくなるんだ、きっと。
視界がぼやける。そんなの嫌だった。でも、どうしようもない……


914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:08:52 ID:gx+Q+wX50
「あずにゃんの料理可愛いね」
「…………」
「どうしたの? あずにゃん」
「え? あ、どうかしましたか唯先輩。おかわりですか?」
「ううん、何か元気ないなって思って」
心配そうに唯先輩はわたしの顔を覗き込む。
唯先輩の丸っこくて無垢な瞳を、今はどうしてもまっすぐに見ることができなかった。
「何だかいつもより静かだし」
「別に何でもないです……」
「顔上げて喋らないし」
「別になんでもないです」
「目も赤いし」
「別に何でもないですって!」
つい声を荒げてしまう。唯先輩はまったく悪くないのに。勝手に泣いて落ち込んでいるのはわたしなのに。
「ごめんね、あずにゃん」
「謝らないでください」
悪いのはわたしだ。唯先輩が謝る必要なんて微塵もない。
「……ねぇ、あずにゃん。寂しかった?」
「さ、寂しくなんかないですよ。憂も純もいるんですもん。唯先輩と会わなくたって、別に寂しくなんか……」
「そっか、よかった。あずにゃんには憂達がいるもんね。わたしはね、あずにゃん。寂しかったよ」
「え?」
「ずっと会いたいって思ってた。和ちゃんと勉強してる時も、りっちゃん達と夏期講習受けに行っている時もずっと。何だか、あずにゃんはみんなと違うんだよね」
唯先輩がわたしと同じ事思ってる。わたしを特別だって、唯先輩が。
「みんなといると楽しくて、あずにゃんといると嬉しいんだ」
へへっ、とはにかむように笑う唯先輩の顔は、珍しくちょっと紅かった。
「わたしも……寂しかったです」
「え?」
「ずっとずっと寂しかった。メールもいつもより少ないし、電話もあんまりしてくれないし、やっぱりわたしより受験のが大事なんだ、って思ってずっとずっと寂しかった」
堰を切ったように言葉が溢れ出る。もうわたしの意思じゃ止められない、止まらない。
「でも、でも、もっと寂しいのは、先輩が卒業しちゃうことです! 卒業したら今以上に先輩と会えなくなるし、彼氏ができたらきっとわたしの事なんて忘れちゃうし、もうギュッとしてくれな……」
ギュッ。
唯先輩の柔らかい胸がわたしの顔を包み込む。わたしの大好きな感触……。
「会いたくなったら言えば良いよ。会いたい、って」
「そんなワガママを言う権利わたしにはないです。ただの後輩ですから」
わたしは男の人じゃないから唯先輩の恋人には成れなくて、恋人じゃないから会いたいなんて言えない。そういう権利は恋人だけが持つものだから。
「ううん。あずにゃんにはワガママを言う権利があるよ。だって、わたしあずにゃんの事大好きだもん」
「え?」
わたしは顔を上げた。唯先輩が頬を赤らめながら微笑んでいた。
それはわたしが初めて見る唯先輩の表情だった。
「わたしも……大好きです」
わたしはそう言って初めて唯先輩とキスをした。脳裏にわたしと幸せそうに歩く唯先輩の姿と、わたしにしか見せてくれない笑顔で微笑む唯先輩の姿を浮かべながら……

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:14:25 ID:gx+Q+wX50
真夜中にしょうもないの投下してすみません……
皆様の暇つぶしにでも成れば幸いです

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 04:33:14 ID:jet9WCyp0
>>915
GJだぜ。こんな時間まで起きててよかった。
あずにゃんの葛藤をやさしく包容…抱擁する唯ってグッとくる。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 06:05:17 ID:tGNsFCw10
>>915
これがしょうもないものだったら、この世の大半がしょうもないもの以下になってしまうぜ
謙遜するのもいいがし過ぎるとちょっとあれだな
まぁ、つまりはGJだって事だ

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 07:35:22 ID:diq2+xBo0
>>915
これはGJと言うしかない

2期のED見てると
前期は 唯→旦那 梓→嫁
後期は 唯→嫁   梓→旦那
ってイメージがあるのは俺だけじゃないはず。まあどうでもいいと言われたらそれまでだが

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 07:38:32 ID:Vg+Gqll2O
>>915
こんなにも甘いのに、しょうもないだぁ?
全く……朝っぱらからニヤニヤさせやがってwww

GJ!!!!!

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 09:58:47 ID:XkWAr5te0
>>918
そこに気づくとは…やはり天才か…

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 21:33:10 ID:ML5m7Mca0
さあ〜て、今週の唯梓は?
…無いか

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 21:37:43 ID:pImF/1uy0
また無いと思っておいて
あらかじめハードルを下げる作戦だな

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 21:38:59 ID:pYqc+bPd0
松中竜馬氏のSSでニヤニヤが止まらない

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 21:42:18 ID:I2sdnx4q0
期待しなければ裏切られる事もなく、唯梓があったら想定外の喜びになるものな
でも放送終了後にこのスレが祭になってる事は祈ってる

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 00:25:37 ID:UYiRj5stO
ネタバレ
今週は唯憂回じゃないのか

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 00:27:15 ID:qcR4sEEX0
来週じゃね?

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:08:38 ID:5dBVTcWL0
唯憂とか誰得だよ・・・

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:13:21 ID:n9BwBelQ0
そりゃ唯憂好きな人は得するだろう

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:16:22 ID:OGoQfFvk0
唯憂が好きな人だろ
そういう脊髄反射での他CP批判は止めようぜ、荒れる元だ
スルーして変わりにネタ投下とかで対処してくれよ

憂看病回も駆けつけた梓とアニメオリジナルで何か絡みがありそうな気もする
というか、今日の話一体どんなのかタイトルと予告からはあんまり想像できないな

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:40:08 ID:rdf6GPHp0
ういゆいまとめのバナーがカワイイ

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:56:26 ID:8l8sLYQ30
いつもゆらゆら揺れてる

あなたの視線を感じるの

見つめて見つめないで

もうすぐあげるから

ちょっとまってね





トンちゃんェ……

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:59:54 ID:dz95e0yG0
これが唯センパイだったらどんなによかったか・・・

てかほんとこのスレ放送後がわかりやすいなw

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 02:14:30 ID:78zqMoTS0
唯梓は無いけど話は面白かった場合こうなるw

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 02:19:17 ID:n9BwBelQ0
なんだ無かったのか
こりゃ来週もねぇな

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 02:28:08 ID:bxu5+6zv0
梓がトンちゃん大好きすぎて唯が嫉妬するって妄想が生まれた

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 02:35:33 ID:7ZSSuf+b0
※初稿にトンちゃんは出てきません

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 02:41:22 ID:78zqMoTS0
唯が、三年の教室で緊張気味のあずにゃんを気遣って
声かけたり座らせたりと地味に先輩らしい優しさを見せてたのは良かった

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 02:51:28 ID:UYiRj5stO
唯憂が吉田らしからぬ尺の短さで拍子抜けしてしまった

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 03:11:04 ID:H+a/DnY60
話としては面白かったと思う

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 03:27:45 ID:JBX/PCoY0
>>938
もうちょい尺取って唯のお姉さんらしく頑張るところ見たかったな
>>937
何かにつけあずにゃんあずにゃん言ってたのはよかった
教室で膝の上に座らせるんじゃと一瞬思ってしまったがw

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 04:01:16 ID:MO7258DQ0
いつも ゆらゆら揺れてる

貴方の視線を感じるの

みつめて
みつめないで

もうすぐあげるから
ちょっとまっててね


yu… トンちゃん


942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 06:17:23 ID:HIB/jA2O0
ホントはトンちゃんじゃなくて唯先輩で作ってたんだろうな

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 08:11:22 ID:UJOD2z4b0
恥ずかしくなって咄嗟にトンちゃんって言っちゃったけど紙には唯先輩って書いてあったりするといい

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 08:56:58 ID:kpEJuUQt0
今回はまあ唯梓分自体は少なかったが
唯→梓が豊富だったな。俺的には文句なしだった

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 09:01:15 ID:HIB/jA2O0
あずにゃん椅子に座りなされだけでご飯3杯いける

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 09:32:17 ID:8l8sLYQ30
芳文社CMのあずにゃんはかわいいしだけで一週間生きていける

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 09:55:12 ID:c1VVvaDE0
>>940
唯梓の仲の良さから考えて、そろそろ膝に乗っけるくらいはやってもいいと思うんだ。
高校生の時って友達同士で普通にそれくらいやってたもんだけどなー。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 10:42:07 ID:ezw88MX+0
歌詞見てると梓はやっぱり気持ちを素直に出せないタイプみたいだね
天然攻めと拒絶受けか…梓が本気になると逆に唯がおろおろしてしまうのかな

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 12:44:14 ID:5KiTvEta0
さりげなくゆいあず
http://imepita.jp/20100728/414160

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 19:08:28 ID:ytc3VJj60
16話で「ムギ先輩“も”ギター似合いますね」 の“も”は誰のことを考えながら言ったのかが気になるな

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 19:40:18 ID:tv9nUWEA0
だれか>>763を見れなかった俺にもう一度!

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 20:57:07 ID:ha/WYy860
発売中のきららMAXを読みたまえ

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 21:27:05 ID:JBX/PCoY0
>>950まあ直前の会話からするとりっちゃんなんだろうな
ただ鏡のシールに目が行っちゃってたけどw

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 21:48:33 ID:7A3HUi0M0
>>950
次スレお願いしますね

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 22:26:20 ID://RozLCA0
>>950
スレ立てヨロです

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 22:31:36 ID:pJAQgDgk0
いや早いだろう……980行ってないし容量もまだ余裕あるし

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 22:42:08 ID:zvOYydXr0
終了間際といえば最近ウメネタさんが光臨しないよな
あれ凄い好きなんだが

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 22:55:39 ID://RozLCA0
>>956
スマン、そういや>>980ルールだったな

お詫びに一ネタ


唯「あずにゃ〜ん」
梓「何ですか?唯先輩」
唯「あのね……」
梓「?」
唯「これ……受け取って……くれる……かな?」
梓「……口紅……ですか?」
唯「うん……。ダメ、かな?」
梓「いえ……特に断る理由もありませんし……。でも、何でですか?」
唯「……あのね、この前読んだ漫画でね……」
梓「はぁ、漫画ですか」
唯「……外国人は……その……好きな相手に……口紅を贈るんだって……」
梓「はぁ……はぁっっっ!?」
唯「だから……。中野梓さん!」
梓「は、はいっ!!」
唯「出会った時からずっと大好きです!恋人になってください!!お願いします!!!」
梓「……わ、私も……」
唯「?」
梓「私も!初めて会った時から!!唯先輩が大好きです!!!こちらこそ、お願いします!!!」
唯「あずにゃん……本当?」
梓「……はい、本当、です……」
唯「じゃぁ……じゃぁ……」
梓「恋人にして……貰えますか?」
唯「うん……もちろんだよ!!!」
梓「……唯先輩……大好きです……愛しています」
唯「私も……だよ……あずにゃん……」
梓「所で……、なんで口紅を贈るか……知ってますか?」
唯「ううん……知らない……」
梓「じゃぁ……答えを教えてあげますね……」
唯「答え……?あずにゃん……何で今、口紅塗ってるの?」
梓「これが……答えだからです……」
唯「へっ?これって?何のこ……んっ……」
梓「……ぷはぁ……答えは、少しずつ、返してもらうため、ですよ……」


ではでは ノシ

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 00:00:14 ID:/zJgOILJ0
今回は憂に持ってかれた感があるがそれでも唯あずは健在。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 02:03:20 ID:Zzc/SMuk0
梓が風邪ひいたらきっと同じくらい心配するさ

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 09:35:46 ID:zFBK3Kl+0
あの唯の歌詞の破壊力はやばい。相手が憂だからまだ姉妹愛ですんでるが
他キャラに対してだったら正直このスレ葬式レベル
梓に対してなら最早結婚秒読みのレベル

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 11:42:22 ID:hAThVxCw0
>>961
まともな感性の持ち主なら、あの歌で唯憂確定、
唯梓終了であることは分かりそうなものだが……

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 12:35:12 ID:Zzc/SMuk0
確かにガチ百合アニメだったら危なかったね
でもけいおんはそうじゃない。まだ戦える

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 12:50:58 ID:Qerf8Vqg0
>>962
唯憂と唯梓はそこまで対立を感じないんだよなあ
そもそも唯憂じゃない唯なんて前提として唯じゃなくなるし
親友の憂を大事にしない唯を梓は好きにならないだろうし
妹想いの唯の姿も梓が好きな唯の姿の一つだろうし
憂の方も自分が大好きな姉を同じく大好きな親友の梓が好きでいることは嬉しいと思うだろうし
大好きな姉が大好きな梓を嫌いになることなんて、憂の性格上考えにくいから
某所でヤンデレ化されまくってるからそのイメージが付いて回るけどあれこそキャラ崩壊だしなあ
唯と梓が所謂特別な関係になったとしても、憂の二人に対するスタンスは変わらないと思うし
また二人も憂に対するスタンスを変えることは無いと思うんだよね

というかガチ百合アニメじゃないんだし、どのCPにしても本編で確定!と言うのは変な話だよ
いや勿論ノリとしてそういう言動を使うのはありだけどさ
それはここみたいに隔離されてる場所で、その隔離されてるテーマにおいてのみ成り立つものだしさ
どのCPも本編から要素だけを引っ張ってきて形作ってる二次創作で、いうなれば妄想で
そういう意味ではどのCPも並立的に、つまりはパラレルワールドとして成立していることになるから
内的世界ならともかく、他に向けて○○だから××はない、と言うのは前提として成り立たない
唯梓派で例えは唯憂を出したりしたけど、有体に言えばそれを妄想する人がいれば全CPありだと思っている
勿論個人的嗜好で選り好みはするけどね。それでもSSとか面白いなら他のCPも読んだりするし
まあ傾向的にここからどうやれば唯梓になるかなとサイドストーリーを妄想したりはするけど

なにを言いたいかと言えば、お互い同じ作品を好きなもの同士尊重しあい、住み分け等を駆使して仲良くやろうぜという話

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 13:31:39 ID:zFBK3Kl+0
俺は唯憂自体は姉妹としては好きだがカプとしては理解できないんだよな
嫌いとか駄目とかじゃなくて理解できない。あくまで仲の良い姉妹ってイメージだ

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 13:37:21 ID:Zzc/SMuk0
ともかく>>964が必死に長文書いちゃう程度にはピンチだったんだな今回
つかCD売りたがってんだから同性愛でかつ近親相姦とかそんなヤバイ歌詞な訳がないのにね

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 13:54:46 ID:WmfRjGsr0
あずにゃんは姉妹仲がいいところも含めて唯ちゃんLOVEだよ。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 14:25:01 ID:Qerf8Vqg0
憂の看病できるかな〜と弱音を吐いたところでじと目になる梓とかよかったね
普段お世話になってるんだからこういうときはちゃんと看病してあげてください、という
それで家に帰ってから、どうせ唯先輩のことだからできないよ〜って電話かけてくるに違いないと思って
携帯の前でじっと待ってたりする梓とか妄想して、ちょっと萌えた

次の朝憂から唯がちゃんと看病してたと言う話しを聞かされて
唯先輩もちゃんと成長してるんだなと嬉しく思うのと同時に、少し寂しくなったりして
私が風邪引いたときも看病しに来てくれるかなあ、とぼそりと呟いたりして
それをちゃっかり憂に聞かれていたりして、慌てる梓とかね

そして唯の電話を待ち続けるあまり実は夜更かししてて、抵抗力の下がってた梓は憂の風邪をもらっちゃって
放課後から具合が悪くなってきた梓を、唯が家まで送り届けて一晩看病をしてあげる物語まで妄想
でも張り切りすぎてうまく行かなくて、憂が手伝いに来て色々てきぱきとこなし始めて
ちゃんと看病して上げられなくてごめんねと、唯に言われて
唯先輩がここにいてくれるだけで嬉しいんです。手、握っててもらっていいですか。
とか弱ってるせいで素直になっちゃったりして、そしてそのまま眠りについて
朝起きてすっかり具合がよくなってから、それを思い出してもだえる梓とか
でも手を握ってくれたままベッドに突っ伏して眠る唯の寝顔を見て、まあいいかと思う梓とか

妄想はすばらしいな!

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 16:17:00 ID:W3McA18a0
>>968
お前の妄想力には脱帽だわw

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 16:48:11 ID:MFjODUcZ0
後日デレて姉話をする憂に、純ちゃんが「あんたら姉妹おかしいわ…」と茶化され

「私はそういうのと違うもん」と心に誓う梓であった。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 17:09:17 ID:J+8Tj9nY0
純って唯梓や唯憂の絡みを冷めた目で見てる感じがするw

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 18:19:38 ID:aUuBYPlV0
唯と純の絡みが想像つかない

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 18:22:55 ID:fUreCwCL0
原作で洗礼は受けてた

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 20:11:40 ID:aMzWwr3B0
あの時は少し荒れたな
何気に原作の唯梓って小出しばかりで唯梓回って呼べるものをやってないんだよな
それ考えると何か大きな波が卒業間際に来そうな気がする。4巻で終わりそうにないし

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 20:58:42 ID:vZK3/zm00
ふらえが唯憂厨っぽいしそうでなくても色んなフラグ立てまくるから
そんなの期待するだけ無駄

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 21:48:00 ID:aMzWwr3B0
最近は唯→梓が多いし大丈夫じゃね?梓→唯も結構安定してるし
まあ期待しすぎて撃沈するのもあれだが

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 23:00:40 ID:VrmxhiCb0
結局唯自身ではうまくいかなくて、あずにゃんに電話かけて助けてもらう
展開を想定したけど、やはりあんなほわほわな唯も成長してるんだよな。
唯のことを甘く見すぎていた。

でも、もしかしたら呼び出されるかもしれないと、心配しつつも少しウキウキ
している梓を想像して(´・ω・`)な感じになった… この気持ち、どうしてくれる!

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 23:38:13 ID:c2z1j4KF0
患者の経過は概ね順調です
ttp://ranobe.sakura.ne.jp/src/up61184.jpg

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 00:37:40 ID:wNYI01/B0
やっぱり唯は憂だな。この姉妹で仲良くやってればいい。
今回の話でそう感じた。それと今回の話で梓が澪の肩にぴとっと貼り付いていたシーンは見逃せない。やっぱり梓は澪といちゃいちゃするべき。絵になると思う。

逆に席位置からして、唯と梓は今回の話で遠く離れて座ってたなw
ここの人たちには悪いけど、これはもう今後唯梓なんてないという事を暗示してるよ。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 00:56:40 ID:XwFVQaSa0
BD明日発売だな、待ち切れん!
3話収録だったっけ?「私の目が届く範囲にいてください」発言についての
キャストコメンタリーが気になるw

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 01:05:41 ID:XwFVQaSa0
次スレ立ててきた。何かミスあったらすまん。

【けいおん!】唯×梓スレ 9
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1280419432/

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 01:13:06 ID:P9ivkIS+0
>>981
よくやった

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 01:16:00 ID:Eh4AJlxa0
ttp://www.ota-suke.jp/news/40764

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 02:44:09 ID:qhFXXWKV0
>>979
唯梓オタどもに何を言っても無駄。
唯憂が確定した直後に新スレを立てたことからも分かる通り、
『けいおん!!』という作品を視聴する気などかけらもない。
作品レイパーだから。
アニメ制作者はようやく目が覚めたようだが……

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 02:46:38 ID:WlJBmo8W0
自演乙

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 04:04:00 ID:P9ivkIS+0
構ってもらえなくなったら自演で自分を慰めるのか。ホンマ泣けるわこんな朝早くに

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 08:24:43 ID:MZflNRez0
梓澪厨は唯梓&唯憂に嫉妬してるんだよ。
マイナーカプ厨の嫉妬は日常茶飯事ゆえ気にするほどのものでもない。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 09:26:26 ID:pzdXxj1W0
別にどれも楽しんでるぜ?
何でそんなに攻撃的なんだよw

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 11:01:01 ID:WXJ0zA+y0
>>987
唯憂は違うだろ。というか唯梓スレでそんなに唯憂を推されても困る
いい加減唯憂の話は自重しようぜ

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 11:52:02 ID:8rkay+N+0
自分と合わないもの、見たくないものなのに見てしまう。恐いもの見たさの心理なのかね


991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 13:17:26 ID:e70JQlvz0
なにが嫌いかよ(ry

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 13:26:09 ID:q2O+3tmK0
後輩以上、先輩未満

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 14:27:06 ID:nVK/sMB10
他CPにこれ以上言及する必要ないし、煽りにいちいち反応する必要もない。
生温かい目でスルーすべき

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 17:52:50 ID:wNYI01/B0
自演認定とか短絡的すぎる・・・
やっぱり唯梓厨はけいおんファンの中でも異質なんだな・・・

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 18:10:00 ID:ir/+xI//0
唯憂とか梓澪好きな人たちの評価を自分が今正に下げまくってるという自覚があるなら黙ってスレを閉じなさい
言える事はこれくらいだな

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 18:16:32 ID:YMldSMmu0
>>995
というか、そういう反応が欲しくて対立煽り頑張ってるだけだろ
本当に好きな人は普通余所のスレまで来てそんな活動頑張らない
スルーしとけよ

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 18:24:51 ID:WdRx9uMHO
ウメネタ職人も来なさそうだし
変な流れだから埋めますか

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 18:27:49 ID:dkD927Ot0
埋め埋め



999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 18:29:21 ID:wNYI01/B0
>>995
唯梓厨はいままでどんだけファンに迷惑かけてきたのによく言うわ
ていうかどの口が言ってるの?

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 18:30:00 ID:dkD927Ot0
1000なら最終回で二人は結ばれる

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

414 KB
>>421>>492>>719>>633>>873
@顏/test/read.cgi/anichara2/1278206024/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)