5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 2

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 18:57:52 ID:qY1tFYuM
こちらは「咲-Saki-」の登場人物、須賀京太郎と女の子達がキャッキャウフフなことをしている妄想を楽しむスレです。
妄想小ネタ・SS・雑談などをしながら、みんなで盛り上げていきましょう。
ハーレムに限らず、京×女の子なら、なんでもOKです。職人様大歓迎!どんどん投下してください。

・荒らしは徹底スルーして下さい。構う人もまた荒らしです。
・過度なエロネタ、グロ、暴力表現は禁止。18禁SSは保管庫に直接置きますので、サイトから管理人にメッセージを下さい。。
・次スレは950が宣言して立てること。無理なら代役をお願いしてください。

【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ まとめ保管庫
http://www21.atwiki.jp/kyoutarouherlame/
過去スレ
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1254839912/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 18:59:26 ID:Kd0SRt6S
>>1

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 19:03:43 ID:FWby6kHE

        /: : : : : : ..::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::. : |: : :!
      /  : : : : :.:/:::::::::::::/  . :: ::::    :::::: :: ゙、 : :!  |
   ,.. '´. . ....:::. . . ..../  ......../:::.:::::../:::/|::::::....:::|:::::..|::::!:::: :|: . |
  /: : ....::::::::_/: : :.::/::/:::::::::/:::::::/_,.::ノ !:::::::::;ハ:::::::|:::::i::::: :i: : !
 /'´--― '´/: :.::::::::::/:::::∠-‐/ ´    i:::::ー/-|、::/!::::::!:::::: i: :|
. レ'´   /: : .:::::::::/::/ //  ̄     /:::/- !:/ !::::∧::::::: ゙、!
    /: : :::::::::::::/;ィ^i  ,:r==ミ、   ,!/,;ニ二レ、 i:ノ::::i:::::::::. :!
   //: :::::::::::::/::|ヽ! ヾ p:::::。|      b::::。l メ:′:;ィ:::::::::!::l
 /イ: :.::::::::::;:イ:::::::::! i    ̄ ̄      ´フ'"´::::://:::::::;ハ人
  ̄/: ::::::::/ /:::/:::::::ヽ !  ///   ,    /:::::::::/!. /::::/:::リ::::`、
  i: :::::/  |::/::::::::::::::λ     _    i:/:::/ /,ノ:/:::::::/::::、::::i
  ! :::/    Y::::::::::::/:::丶    `┴―' リ::/ ノ::'"´::::/::ハ::::: ト:::!
  ヽ:i      |::::::::;イ:::::::::::: `>、      Vイ::::::::::::/::::ノ |::: :! !:i
    `     !:::::/ |:::::/ ̄  ト、 `ー--‐' ´,.ノ:i::::イ::/-‐ ´  |:: ノ レ
                /:::::  ̄Τ: ̄:::::::::::ヽ、
          _,,...-‐:i´:::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::|`ー-..、

>>1乙♪



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 19:31:35 ID:Cb0vKTe4
         /.: ,.::''^’::;:::::::::::::::::::::::::::::::、
         / .:/:::::::;:r'/l::::::::::::::::::::::::::::::::::'.、
        ./ .:: .:::::;/ |! ∨VN、:::::::::::::::::::::::::,
      / :/::::://   ゙ , -─-、V::::::i:::::::::::::::i
     /:/:::'7/_^     ー ___゙!:::::::}:::::::::::::::l
     l/::::/ ,iL,,_    ;'r ゙̄;ヾ;:: /:::::::::::::: |
     〃::/l/ {:: l′    i:::::c,!,ハ/::::::::::::::::::|
     |l::::|:::i` l!_゚j     ー"/:::::::::::::::::::: !   / ̄ ̄ ̄ ̄\
     トl:::{:::l| ,,   '     ' '/:::::::::::::::::::::::: リ  |   は〜い   |
..    |!ヽ;:::ヘ     ャーっ l::::::::::/::::::::i::::/   |          .|
        \:\   ‘ー"  |!::::::: i:::::::: | /  ∠  >>1乙ぅ〜 |
         `、::>、._  , ヘ::::::::|:::::::::|〈    \____/
.            リ:::::::};'Τ   \::|:::::::::|人
          / ::::://|     ノ y:::::::: 厂:.:\
.         /.::::::/.:.:/__//:::://.:.:.;:==\
.       ,、_lハ/.:.:/  /.:./:::::/.:.:.:.// ̄ ヾj
        /l | r〈`〈゙く /.:.:.:.{ハ/.:.:.:.//      i
     /| | | ト、ヽ.ヽ.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//   ,    |
     ,l k.` 'ヽ.\ヽ` ゙!===彡/__ ./ /      !
    〈| ゝ  i〉    ├─一'"  ̄ .:{ /     / 〉
    /∧  ヽ/{    |__       :::::Y    '   i
..  / _r‐〉   yヘ、   j::::\ー、   :::::::|         |
 / "l:::〈   /:! |::\/:::::::::::|  \::::::::〉__    |
r''"   |:::::`ー'::/l |::::::K::::::::::::/    `ーヘ、、_``   |
|    `ー─" イ |::::::| .〉- '"             \,   |

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 20:03:24 ID:igmklNZU
          ,.  -―‐-- 、
   ___    /: : : : : : : : : : : :\__
  彡 ': : _:ミC' ://: : : : : : : : : : : ヽ}-、
  /: :/: : ィ○/ / : : :!: : !: : :!: : : : : :.ハ : \
  !イ: : ://: ::/: ,'ィ ⌒!ヽ!|: : :i: ハ: :!: : :.!: : : |(⌒'⌒)
   W//: : ,': : !:リxそト  |/レ⌒V: :!: |: :!: :! \/
    /: : : !: : !〈 ト!::リ      |/厶ハ/ V 
    V!: :八: :!xx`¨    ⌒ヾ !: : :|    これは見事なタコ京スレだじぇ!
     Nハ:!ヽ|ゝ、  「  7 xx人: : |
         >‐:: > n/7hr<レイ|/
        厶ヽ:::::::Y   /::::7
       /! \>::.|  /:::::/|
       L|  ヽf^{ミニf フ! .|
        !  / `¨ハ. ! .|
        | \   /:::::! / |

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 20:12:04 ID:MhKwItGj
>>1おつかれ様です♪
         ,. : ':´: : :.:.: : : : `:ヽ___
      ,.-、r/: : : ; : ; :.:.:,:.:.:.;.: ヽ: :`〈:::::::i
       |:::::/: :/:/:/:.:/i i: :!:i: ハ:、:.:゛、:..、゛、:::{
      }:: i :.:i:.:i.:i| :.:|:.!:|:.:|:.|_!_゛、、:.:i|:.:|.:.!:::|、
       ,!::| || || ;!-‐!ハ:!: :!ハ-!`|iヽ!|:.:i:.|‐'ヾゝ
    ∠/:i.:|:|.!:.|リ!_」_!、_ヽ、!ゝィ=‐、リ!:ノノ!_,、_〉
     ーァ|、!、!、! /!、::::i`   ト;:: ! 〉i;イノ: :|
       |:.`ヽ!゛、ヽゞ-'  ,    ̄  |ノi: : :|
        |: :.:.|:|ゝ、 ''''''  __ ''"" /:| !: : :!
      i: : :/ リ/i \_  ´ー ′ /|:.:|:|.: : :|
  r-、  //: /:.ハ!__!__/ノi ー--‐' |_ |:./: : : :.!
   ヽヽ.//: /:./ァ' ̄/:::r'      |;:\/: : : i|:|
    .,)┴'ヽ/:./':.:.::/:::::::ト、   __/:::::::|.: : : :||:|
   ;' 、ヽノ|./:.:.:/:::::::::::ト--へ/::::::::::| : : : :||:ト、
   |ヽJ┘ノ/:.:.:/\:::::::::|   /::::::::::::|...: : : ||:| |
>>5
寝言は寝て言いましょうね♪

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 23:28:24 ID:Em/IR9Sh
                 /. . . . . . . . . . . . . . \
                 /. . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
            /. : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . :.ヽ
              // : : : : : : : : . . . . . . . . .: . : : : : : :゙、
           i. :.  : :/: : : : : : : . . : . : : : : :.|: : : : ゙、
           ノ, : : : // : : : : ;.ィ: : :∧: : : : : :|:   ゙、
          /イ. : : /: /: : .  :// ://  、 ;、: : |: . : : : i
           (:( i/: /: /: : : :// : //   i:| |: : : |: : :!: : |゙、
           シ;.ィ: : : : /:/ /: //    !:|/: : : :|: : :|: : | ゙、
        r;='"´//i: : : ://ーメ<_      ! /__,..」:! : | : |  ヽ,
       リ / !イ: : : ハ! .,ィ=≧ミ、    ,/._,∠二/!|: : !: :|   ノ
    ,..-:.‐:.':.´: : : ノ| : ;、'^ 〈 !;::::::::i゛    //イ!::;レ7:/i|: : !: ;! /
   i: :r―ー-‐'"/: :!: i:.丶.i ヒ二⊥  ,/ /ヲ-:!/ ;! :/:/リ       >>1
.    |: |       ノィー|: |‐-‐'゙、 """     レ′ / /: /://
 ー=ノノー---< ,.┤ |:.|    \     '     _ノ/: :/、  
  '" `ヽ、: : :/  ! |:|     iー- 、` ´ _,..-‐'/: :/   ̄/7ヽ,
        \/   ゙、 !|     |    ̄,.:'.;"´: :/     // /ヽ
          /     ゙、゛、    |_  //;.イ´     //    ゙、
        /  ヽ  ヽヾ    ト、 ` i / ̄/     //       |
    r'"´      \  ト、、   ! フノ―/    /// i      |
.    ゙、.           |`i:、゛、.   i'"´   /   //::::/ i...:;    ヽ
     ゙、.          |  i::\\ i   /  //::::::::/_ //      ゙、
     |、ヽ       λ |:::::::\\! / //:::::::::::/ ̄ノ           l


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/17(木) 00:40:52 ID:Fu5uDKn/
     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙、 ヽ___       ;==─-ソ::::::/ /:::!  >>1さん乙です!
      ヽ|:.:.ヾ:.、::ヽ≠'´ ̄`     ;;;;;;;;;;;; ノノ:ノ /;イノ
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/    でも、ハーレムっておかしいよね?
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/      京ちゃんが私以外の女と・・・?
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ       そんなのありえないよね♪
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/17(木) 22:50:29 ID:JCGdaTrb
                                             /:::〉
                                        /:::::::/
                                       '´::::::::::/
                                        /::::::::::_/
                                      /::::::厂   -‐―…――- 、___
                                   j/:::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                  〈:::::{ /::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  ´>∨<`丶、        二二
                                   /   ´  ̄ ̄`   ヽ        ノ
                                 /   / -八  -\.  } \         ─
                              {八 { /、{\{ヽ、jヽ人\\        ̄厂
                                ∨ヽ{ ┃    ┃}∧ 、 \ ー―-
                                   / 人   、 ,   .ィヘ   \     \  テ
                               / /  >y‐rz‐<_八 \ \  丶  \}
                                 / / /\∨ハ∨/\丶 \ \  \   |
                              ′{厶イ トニ∧二>ト、{>\   \  ',∨
                              { 八  ∨{{    //) \\ \i\ }\|
                              \{\ /`ー'¨⌒`ー   }V\ノ  ヽ
                                  \        /
                                    `ーャ┬=ァ一   (^';
                                      マヘ~_}  ('"'; ';J
                                      \_) ;'^)
衣も参加したがっているようです。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/17(木) 22:55:34 ID:gx8oIlur
            l   ヽ: : : :/. : : : : : : : : .\
           l  ,≦: :, < . : : : / . : : : : : . ヽ─ 、_
        /|/: :, <   \/<丿ノ |∧: : . ',: : : . .≧
        /.: /.: :/. : .\/ \       ∨: : l: : / /
      /.: / : /. : : : :/     \      ∨: :レ'  /
     /. : : : /. : : :, イ ====、     ´ ̄ ∨:| /
   _/ イ.: : :/. : :/V            ===、/.::|
       |/l.:/: : :人    ⊂⊃      '     / .:::|
       |: ://: : >┐     トv-‐、_,  ⊂⊃ .:::|
       V /.:/.:人: :l 、    l: : : : ノ   / :八 :|  >>1乙だし!時代は京華菜だし!
     /⌒ヽ\──∨  丶  `¨´ ,. イ: :/  l:|
    ////// 〉、\  ヽ、   >- < /|::/   〃
  /////////> ‐- 、  、 /  |   `「厂l\/
 〃///////   、_〉、 ∨⌒ヽl   // //∧    _, - 、
 レ //////     、_」│  |   │ // ////∧┌〈_,   〉

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/17(木) 22:56:24 ID:qya3IPCB
>>1乙だ
       !:.::.:::: :: ::|.....::::|::::::::::::::|:::|:!:|__!........|:.   ゙、:、::ヾ、
     |   ..::::::::i::::::::::|:|::::::::::::|:::|:「!::::i:!:`ヽ!|::::::::::.:.i: i. ト、!
      !....:::::::::::::::i::::::::::|:|:::::::::::::i::::|,rゥ-ニミ┘i__:::::::ノ|::|..i |
     i:.:.::::::::::::::::i::::::::i::|:|::::::::::::::i:::|! ー-'..ヾ::::::::`iヽ!ノ;ノ:;i |
      ! ::::::::::::::::i|:::::::::|:|:|:::::::::::::::i::::!    :::::::::::iァ::....!ヾノ
    i.:::::::::::::::::i:|::::::::i::|:|:::::::::::::::::i:::i///     ヾ :::: |
     |:::::::::::::::::i:i:::::::::i::|:|:::::::::::::::::::i:::i      /::::.:.|
.    !::::::::::::::::!:!:::::::::i:::|:|::::::::::::::::::::゙、i   _,...._ l::::::.::|
.   i::::::::::::::://::::::::/::/`ー^-、:」i_:::゙、   `" /:::::::.i.|
    i::::::::::::::://; ' ´ ̄ ̄`ヽ     ̄     /:::::::::::|:!
  /::::::::::::::://'           \  r-、__ ノ:-、_;::|i|
  /::::::::::::::::/        :::::::::...\::::|:::::::|:::|   `ヾ!
 /:::::::::::::::/          ::::::::::::...ヽ ::::::|:::|
../::::::::::::::/ :::..         \:::::::::::::.i ::::|:::!
/::::::::::::::/ :::::.            \:::::::::! :/:/
::::::::::::::/ノ :::::::.           \:::|i \

さあ、私と京ちゃんの・・・・じゃなくて、みんなのハーレムを作り上げていこう

12 :×××:2009/12/18(金) 06:08:04 ID:NojnHDoq
咲「京ちゃん、キスしよう」
京太郎「ああ」

ちゅっ

優希「京太郎、キスするじぇ」
京太郎「おう」

ちゅっ

和「京太郎さん、キスしましょう」
京太郎「うん」

ちゅっ


京太郎「ふー」(ニヤニヤ)
優希「京太郎、だらしない顔してるじぇ」
京太郎「そりゃ、可愛い女の子と続けてキスすればこうもなるさ」
三人「「「可愛い…///」」」
京太郎「しかし、部室でキスなんて、部長たちにバレたらどうなるだろうな」
咲「色々訊かれちゃうかな?」
優希「でも、きっと許してくれるじぇ。言いふらしたりもしないと思うじぇ」
京太郎「控えめに、とか言われちゃうかもな」
咲「うん、怒られちゃうかもしれないけど、大丈夫だよね」
和「…………」
優希「のどちゃん、難しい顔してどうしたんだじぇ?」
和「いえ、染谷先輩は大丈夫だと思うのですが、部長が……」
咲「部長も仲を引き裂いたりはしないと思うけど」
和「そうではなく、もしかしたら、部長も混ざりたいと言ってくるかもしれないと」
優希「なるほど、ありえるじぇ」
咲「部長、京ちゃんに気があるようにも見えるもんね。からかってるだけかもしれないけれど」
京太郎「……そうなのか?」
和「なんともいえません。可能性がある、くらいに思ってください。……それは置いておいて、京太郎さん」
京太郎「おう?」
和「その部長たち、まだ来ないようなのでもう一回キスしましょう」
咲「あ、京ちゃん、私も」
優希「京太郎、私も!」
京太郎「わかってる。残念ながら俺はひとりしかいないから、順番な」
そして彼らは再びキスを交わす。

その頃、部室の外では
久「私も仲間に……。それも面白いかもね」
まこ「わしは人には言わんけど、みんなの行動は何処かの同人女の妄想の糧になっとるん。悪く思わんでくれ」

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/18(金) 06:09:07 ID:NojnHDoq
以上。
キスさせたい、だけで書くとダメですね。

そして、和は「京太郎くん」と「京太郎さん」のどちらがいいか迷った。

14 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/12/18(金) 16:29:37 ID:NF01CinZ
>>12
まこ…沢村さんにリークしてるのかwww
報酬に目がくらんだのか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 16:47:02 ID:b82UAeiW
保守age

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 17:05:12 ID:rEZCYrGb
新スレ移行だし!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 17:10:47 ID:MZMWoWTf
>>1お疲れ様です♪

   |   | |  |   |    |  |il |      H―|‐ト|-、|   |    |   |゙、  ヾ 、 i
.  |  | |  |   |    | _|il-‐|     |/| | |.| ハ\ /| |     |   | ゙、  ヾ 、
   |  | |  |   | , -‐|'´ |i|  |       / | ナーリ./ | /.| ||   |  |  i   ヾ 、
   |  | |   i   イ ゙、  X,ナ \|       |/  レ'__|/ | | |  /    |   i    |ヽ
.   |  | |   i   |  \__|__       ,-‐' ,,;;;;;,,, ヾ、|/| ,イ    /    i    |
    ゙、  ゙、 ゙、  ヾ  >'/.,,,,,,,,,,.゛゛ヾ       /::::;;;;;;::`i ヾ./ / |   ∧   |   |
     ゙、 ヾ、ヽ .゙、 久 /:::::;;;;;;:::゙、         っ:::::::::::::}   タ/ / /  i   !   i
      \ 、\ \V,] つ::::::::::::::|  r====ヽ  \;;;;;0ノ  ,.イ./,.イ   | |     i
      /`>\|\ド゛  \:;;;;;;;0ノ  /     \...,,,,,,,,,,,;;;―' |イ|    ト、 |     i
     / /   | | |\__,,,,,,,,,,,,,/         .:::::::::::::::.  | || i | | | |    i
      / /|  | |  i  .::::::::::::::.        '            |'´| | | |||    i
     || |  | ト、 i                         / | | | | | |   /
     | |  i  i |  ̄ ゙、        , ‐ --         / / |/ /  |.|  /
     | ハ  ゙、 ゙、 i   丶                  /  i  // /   ,リ /
     ソ ゙、  ゙、 ゙、    \                /   /  |/ ,ィ′   i
       ゙、   ゙、 ゙、      ` ー- _   _, -‐ i      /  / /|     i
        \  ヾi      ___|            |___   |   |/  |    |
          \  \.-‐,:´.:.:.:.:.|\        /|:.:.:.:.:.!.:/   /`ー―----、_
       _,..-‐.:´゙、   ゙、/:.:.:.:.:.:.:.|  \      / .|:.:.:.:.:./  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:ヽ

前スレやっと埋まりましたねー
最後の最後に部長ktkrww>>1000GJでした!!

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 17:20:11 ID:aB2DPIWZ
前スレ埋まってたのでこっちに投下させてもらいます

京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」 ボソッ
モモ「・・・」
京太郎「・・・」
モモ「・・・!?」
京太郎「あーあ、なんか腹減ったなあ」
モモ「す、須賀君今なんて」
京太郎「え? 腹減ったって・・・」
モモ「その前っす!」
京太郎「・・・? なんか言ったっけ」
モモ「(無意識っすか・・・)」
ヌギッ
京太郎「なっ!?なんで脱いでるんですか?!」
モモ「む、胸にはちょっと自信あるっす!それともおっぱいさんのじゃなきゃだめ・・・っすか?」
京太郎「おっぱいさん?」
モモ「あ・・・な、なんでもないっす!//// と、とにかく!どうするっすか?!」
京太郎「い、いただきます!」

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 17:37:28 ID:oH89RJyM
ひいいい!
眠い頭で書いてたらクロスワードをクロスロードと書いてしまってた><
欝だよ・・・管理人さん、保管する時に修正してくれるとありがたいです。。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 20:19:20 ID:gXZ4c+1S
京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」 ボソッ
智美「ワハハ」
京太郎「・・・」
智美「ワハハ」
京太郎「あーあ、なんか腹減りましたねー」
智美「ワハハー京太郎、今何か言ったか?」
京太郎「え? 腹減ったって・・・」
智美「ワハハ、その前にも何か言ったような気がするぞー」
京太郎「・・・? なんか言いましたっけ」
智美「ワハハーまあいい、腹減ったならファミレスにでも行くかー?」
京太郎「おっいいですね!勿論ここは先輩らしく智美先輩の奢りで・・・」
智美「ワハハ何を言うか京太郎、ここは京太郎が男の甲斐性を見せる所だろー」
京太郎「ひえーそんなー」

智美「ワハハハー・・・はぁ」

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 21:55:15 ID:z8fCt1Ho
京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」 ボソッ
はじめ「・・・」
京太郎「・・・」
はじめ「・・・!?」
京太郎「あーあ、なんか腹減ったなあ」
はじめ「す、須賀くん今なんて」
京太郎「え? 腹減ったって・・・」
はじめ「その前だよ!」
京太郎「・・・? なんか言いましたっけ」
はじめ「(無意識なんだね・・・)」
ヌギッ
京太郎「なっ!? なんで脱いでるんですか?!」
はじめ「須賀くんはやっぱり大きい胸が好きなの?」
京太郎「えっ。は、はい」
はじめ「でも、小さい胸には小さい胸のよさがあるんだよ」
京太郎「そ、そうなんですか?」
はじめ「ボクの胸で確かめてみない?」
京太郎「・・・いいんですか?」
はじめ「須賀くんなら・・・いいよ」
京太郎「じゃあ、お願いします!」

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 22:05:11 ID:silantjc
京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」
睦月「うむ」
京太郎「・・・」
睦月「・・・」
京太郎「あーあ、なんか腹減りましたねー」
睦月「うむ」
京太郎「それじゃあ近くのファミレスでなにか食べますか」
睦月「うむ」
京太郎「・・・割り勘でも良いですか?」
睦月「うむ」

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 22:06:30 ID:silantjc
『ボソッ』が抜けてしまった!

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 23:04:48 ID:b82UAeiW
智紀「京太郎君とハギヨシさんの×××見たい・・・」 ボソッ
京太郎「・・・」
智紀「・・・」
京太郎「・・・!?」
智紀「・・・お腹すいたな」
京太郎「さ、沢村さん今なんて」
智紀「え? お腹すいたって・・・ご、ごめん。はしたなかった?」
京太郎「その前です!」
智紀「・・・? なにか言ったっけ」
京太郎「(無意識・・・なのか?)」
智紀「?」
京太郎「いや・・・なんでもないです。(ここは聞かなかった事にした方が良さそうだ・・・)」
智紀「そう」
京太郎「(しかし・・・あ、あんな妄想されて・・・そんな目で見られてたのか? 沢村さんに思われるのは嬉しいけど、複雑・・・っつーかハズイ)」
智紀「・・・顔赤いけど、大丈夫?」
京太郎「えええ! いいいいや、なんでもないです!///」
智紀「そう。ならいい」
京太郎「///」





智紀「・・・ニヤッ」

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 01:01:40 ID:XRrP7TaG
みんなGJ!

っていうか、ともきーわざとだなwww

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 03:09:33 ID:mNT2tttd
京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」 ボソッ
咲「京ちゃん、最近色んな人に同じこと言ってるんだってね」
京太郎「・・・? なんか言ったっけ?」
咲「ダメだよ、京ちゃん。そんなことばっかり言ってたら」
京太郎「だからなんか言ったっけって……」

  パーン!

京太郎「い、痛!?な、なにいきなり叩いてんだよ!」
咲「ねぇ、京ちゃん。そんなに大きい胸が好きなの?」
京太郎「は?お前何言って……」
咲「そうだよね。京ちゃんの持ってるエッチな本に載ってる女の人も大きい胸の人ばっかりだもんね」
京太郎「な!?……ちょっと待て。何でお前がそんなこと知って……」
咲「そうそう京ちゃん。そろそろティッシュの残りが少なくなってきてたでしょ?帰りに買って帰った方がいいんじゃない?」
京太郎「さ、咲……」
咲「ねぇ、京ちゃん。そんな本より私じゃダメかな?そりゃ原村さんみたいに胸は大きくないけど、京ちゃんのことを想う気持ちなら誰にも負けないよ。誰にも……誰にも……」

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 03:27:50 ID:7F11/DxW
           /\___/ヽ
           /''''''   '''''':::::::\
          . |(へ),   、(へ)、.:| + ○○○も勃った♪
          |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     ○○○も勃った♪
        .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
           \  `ニニ´  .:::::/
           |::::::::::::::      (  / ̄ ̄\           
           |:::::::::::        /      `、
           |::::::::::.      /  .....     ヽ    ―、_
           `、:::::::::     / ...:::::::、:::..    \   | _) )、
            |:::::::::::::      :::::::::::`、::::...   ヽ  |  `'、ノ )
            ):::.:::::(Τ)、彡......::::::::::::/ヽ::::....   `、ノ ノ::::::`'ノ
          /:::::::::::;ミ\.::ヽ~:::::::::;/  \::::::..   ::::::::::_;;ノ
        /::    ::::::::::;;{ \ ::}--‐'      \::: ....ヾ:::(
      /::      ..:::::/しー'           ヽ :::::::::::ノ
     /:      ..::;;::'"                `――'
     |:::     ..::::::/
     |     ;:<
     ヽ ,,,,,.....   \
      `ヽ、:::::::::::....  \_
        `ヽ、:::::::::......  !
           `ヽ、::::::: ノ
             );;:: (
            ノ::::  |
         (_(_(_(_(_ノ


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 06:16:36 ID:AnxEiAmd
京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」 ボソッ
ハギヨシ「京太郎君のちんこ揉みたい・・・」 ボソッ
京太郎「・・・」
ハギヨシ「・・・」
京太郎「あーあ、なんか腹減ったなあ」
ハギヨシ「そうですね。フランクフルトでしたら美味しい店知ってますよ」
京太郎「お、いいねぇ。軽く食べて帰宅すっか」
ハギヨシ「そうですね」

咲「・・・」

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 10:01:04 ID:1I7lK+qe
流れ切るようで悪いけど、、ちょっと>>18の続き考えてみた

京太郎「モモのおっぱい揉みたい」 ボソッ
和「・・・」
京太郎「・・・」
和「・・・!?」
京太郎「あー、何か腹減ったなあ」
和「す、須賀君今なんて」
京太郎「え?腹減ったって・・・」
和「その前です!」
京太郎「・・・?何か言ったっけ」
和「(無意識ですか・・・)」

和「・・・ということがありました」
優希「なんと・・・あいつはこの前までのどちゃんのおっぱいに夢中だったはずだじぇ?」
咲「うん・・・モモって鶴賀の東横さんのことだよね?京ちゃんと仲良いのかな・・・」
優希「これは由々しき事態だじょ・・・」
和「そういえば須賀君、今度の休日にどこかにでかけるって言ってました」
優希「これは尾行してみるしかないじぇ!」
咲「・・・・・・」


そして当日
咲和優「「「・・・・・・・・・」」」
京桃「「キャッキャウフフ」」
優希「想像以上だじぇ・・・」
和「・・・あ、ファミレスに入っていきますよ」
咲「・・・・・・」


店内
京太郎「モモのおっぱい揉みたい」ボソッ
モモ「・・・揉むっすか?」
京太郎「え?」
モモ「(やっぱり無意識っすか・・・)い、今私のおっぱい揉みたいって」
京太郎「ええ?俺がそんなことを?!」

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 10:02:26 ID:BolkHRBw
正直おっぱい揉みたいはもう良いよ
飽きたしつまらん。レスの無駄遣い

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 10:05:00 ID:1I7lK+qe
モモ「確かに言ったっす」
京太郎「ご、ごめん!こんなところで・・・」
モモ「別にいいっすよ?他の人には私は見えないっす」
京太郎「ほ、ほんとに?」
モモ「・・・っす////」
京太郎「・・・ゴクリ」


優希「あ、あのバカ犬何やってるんだじょ!」
咲「・・・・・・ブツブツ」
和「み、宮永さん?」
咲「ふふふ・・・ははは・・・あはははは!」
和「ひぇっ?!」
咲 「そっかぁ〜、京ちゃん私に内緒でこんなことしてたんだね。ふふ、私の京ちゃん・・・二度とこんな粗相しないようにちゃあんと躾てあげないと駄目だよね?あはははははは!!」
和優「「ガタガタ」」



以上っす。京×モモが書きたかっただけなのに・・・どうしてこうなった

長めのやつ書くのは初めてなんで不自然な所はスルーしてもらえるとありがたいですorz


32 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/12/20(日) 10:38:41 ID:4FlDadet
>>31
ともきー(笑いの三段活用…京に執着するのに相応しくなってきた…)

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 11:02:34 ID:gMYMNTZD
確かにおっぱい揉みたryは、もう良いよって感じだな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 11:58:39 ID:EdwQb6JF
京太郎「和のおっぱい揉みたい・・・」 ボソッ
未春「・・・」
京太郎「・・・」
未春「・・・!?」
京太郎「あーあ、なんか腹減ったなあ」
未春「す、須賀くん今なんて」
京太郎「え? 腹減ったって・・・」
未春「その前に・・・」
京太郎「・・・? なんか言いましたっけ」
未春「(無意識・・・)」
ブツブツ
京太郎「吉留さん、何か言いました?」
未春「巨乳は敵・・・巨乳は敵・・・巨乳は敵・・・」ブツブツ
京太郎「・・・吉留さん?」
未春「巨乳は敵! 原村和は敵! 沢村智紀は敵! 東横桃子は敵! 妹尾佳織は敵!!」
京太郎「ちょ、吉留さん」
未春「でもキャプテンだけは味方! あとはみんな敵!!」
京太郎「吉留さん、落ち着いて!」ダキッ
未春「(ハッ)えっ、あっ、えっと」
京太郎「落ち着きました?」
未春「はい。・・・ごめんなさい。貧乳の暗黒面に落ちかけちゃって」
京太郎「(貧乳の暗黒面って・・・気にしないほうがいいか)えっと、落ちついたみたいでよかったです」
未春「うん。ごめんね、須賀くん(でも、いつまで抱きしめられたままなんだろう。嫌じゃないけど・・・恥ずかしい・・・///)」
京太郎「いえ・・・(離れるタイミングが・・・でも嫌がられていないみたいだし、もう少しこのままでいいか・・・)」

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 12:00:17 ID:EdwQb6JF
おっぱい揉みたいはもう止めようと思ったけれど、
風越がひとつも無いのがどうしても納得できなかったので最後にひとつだけ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 12:11:19 ID:Ws+IHAwv
>>26
咲ww

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 20:17:24 ID:5UOnPepO
京和が見たいと言って見るテスト

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 22:41:37 ID:DH5dO53I
部長のクリスマスの話で

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 00:48:56 ID:EeOk8ZpY
久「いいだろ! 暴れるなよ、お前の事が好きなんだよ!」
咲「部長、やめてください・・・」
久「マサオはそう言ってヨシオの体の自由を・・・」
京太郎「・・・・・・何を音読してるんですか、部長」
久「ああ。咲の本で盛り上がってるシーンをちょっと」
咲「声に出して読むのはやめてください!」
京太郎「・・・咲、こんなん好きだったのか」
咲「ち、違うよ! 図書館で手に取った本がたまたまこれで、その・・・うぅぅ///」
京太郎「へえ・・・」
咲「信じてよお!!」

久「しっかし、『暴れんな! 好きだったんだよ!』みたいな展開ってさー」
京太郎「はい?」
久「ドラマとかじゃよくあるけど、実際見たことって無いわよね」
京太郎「そりゃあ、当たり前でしょう」
久「男同士や女同士じゃなくて、フツーに男女間でも。抵抗されてても無理矢理出来るものなのかしら」
咲「な、なんてこと言ってるんですか」
久「うーん・・・ちょっと須賀君、こっち来て」
京太郎「なんすか?」
久「ちゃんと抵抗してね♪」

 ガバッ

咲「!?」
京太郎「ぶぶぶぶ部長!? な、なに急に抱きついて・・・」
久「黙りなさい!」
京太郎「へ?」
久「暴れんなよ! いいだろ、好きだったんだよ!」
京太郎「部ちょ・・・?」
久「・・・ねえ、須賀君・・・」スッー
京太郎「部長・・・」
咲「ダメーー!!!!!!」

 ガンッ!

京太郎「イテッ! な、なぜ俺を殴る・・・」
久「あら、どうしたのよ咲」
咲「それはこっちのセリフです! ななな、何やってるんです!?」
久「何って、抵抗されても無理矢理できちゃうもんなのかなーって・・・実験よ実験」
咲「実験!?」
京太郎「はあ、良い実験で・・・」
咲「ム」
げしっ
京太郎「痛いっ!?」
久「んー。須賀君が全然抵抗しなかったから、実験にならなかったけどね。よし、もっかい」
京太郎「はい〜」
咲「ダメ! 絶対ダメ! そんなの絶対ダメです!!」
久「なんでよー?」
咲「ダメったらダメ!!」
久「じゃあ代わりに咲と須賀君で実験してよ」
咲「はい!」
京太郎「・・・は?」
咲「・・・え?」
久「・・・プッ。ニヤニヤ」
咲「えええええーー!!??」

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 00:50:56 ID:EeOk8ZpY
京太郎「い、いいのか? 咲」
咲「う、うん・・・なんか嵌められた気がするけど・・・」
久「じゃあ、さっきと逆で須賀君が襲うほうね。なんか須賀君、女の子に襲われるとそのまま流されちゃうタイプみたいだから」
京太郎「別にそんな・・・咲なら大丈夫ですよ」
咲「・・・京ちゃん、それどういう意味?」
京太郎「あ、いや。なんでもないよ」
咲「もう・・・京ちゃんったら」
久「はいはいはーい。痴話喧嘩はそこまでよ。じゃあさっそく須賀君が抱きついて・・・えー、左手を咲の腰に、右手で咲の腕をつかむ」
京太郎「ん・・・い、いくぞ咲」

 ギュッ

咲「・・・///」
久「はーい、咲はジタバタしてー。須賀君セリフー」
咲「えっと・・・う、うわーやめてよ京ちゃんー」ジタバタジタバタ
京太郎「何の芝居なんだか・・・目的見失ってる気がするけど・・・えっと・・・。暴れるな」
咲「きゃーあ。やめてよーお」ジタバタ
久「もっと迫真の演技で! ほら須賀君これ見て」
京太郎「(カンペ・・・いつの間に書いたんだ)・・・いいだろ? ずっと好きだったんだよ」
咲「え・・・」
京太郎「お前のことを愛してるんだ。・・・本気なんだ。好きなんだ! 大人しく俺の言う事を聞け!」
咲「う、うん・・・///」
京太郎「なあ、だから・・・って、おい咲?」

ぎゅーーーーっ

咲「//////」
京太郎「あー・・・咲さん? なんでそっちから抱きついて・・・?」
咲「・・・私、その・・・京ちゃん、あの・・・」ぎゅっ
久「・・・・・・あ、あららー? なんかスイッチ入っちゃった?」
咲「京ちゃん・・・」

 バタン

優希「遅れましたじぇー! 今日も元気にまーじゃ・・・!?」
和「すいません、ホームルームが長引いてそれで・・・!?」
まこ「わしは今日掃除当番班で遅くなってな、そこで和たちと・・・おおお!?」
久「あ・・・」
京太郎「え・・・?」
咲「京ちゃん・・・えへへ///」 ぎゅー
優希「え・・・あれ? え? 何を・・・してるんだじぇ?」
まこ「ほほう・・・」ニヤリ
久「・・・ヤバ」
和「○★×△●×□☆ーーーーー!!!!!!」

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 00:52:47 ID:EeOk8ZpY
久「─ってワケなのよ。なんていうかただの冗談? ハハハ。だからみんな落ち着いて・・・ね」
京太郎「そうなんだよ、和・・・ハハハ」
和「話しかけないで下さい」
京太郎「そ、そんなぁ・・・」
優希「まあ、コトのいきさつはわかったじぇ。えいっ(蹴りっ)」
京太郎「いてっ! わかったんなら蹴るなよ!」
咲「ご、ごめんね京ちゃん。私がその・・・え、演技の主旨を間違えちゃったから・・・」
久「(演技を間違えた? ふふ。素に戻っただけじゃないのかしら?)」

まこ「しかし、面白そうな遊びじゃな」
京太郎「いや、別に遊びってワケでは」
久「でしょでしょ? 我ながら楽しい遊びを思いついたものよね」
京太郎「ああ。遊びだったんだ・・・」
優希「はーい! 次は私! 私がやるじぇ! 京太郎襲って来い! いやーん」
京太郎「はあ? なんでお前が」
まこ「おおいいぞ! やれやれ」
久「そうよ、せっかくだからやりなさいよ」
京太郎「ええ!?」
優希「ほら、きょうたろ」
咲「だ、ダメ!! ダメだよ! もうこんな変な遊びはやめようよ」
優希「むう・・・咲ちゃんだけズルイじょ!」
咲「ず、ズル・・・!?」
優希「私も京太郎で遊びたいじぇー!」
京太郎「俺はおもちゃかよ!」
久「ほらほら。これは癇癪起こす前にやるしかなさそうね」
咲「うう・・・」

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 00:55:05 ID:EeOk8ZpY
京太郎「えーと・・・」
久「さあ早く抱きつくー」
京太郎「はぁ・・・」 だきっ
優希「きゃあ! けだもの!」
京太郎「・・・あのなあ」
久「セリフセリフ。ほらカンペ見て」
京太郎「あーはいはい。好きだ。暴れるな、大人しくしろ」
優希「・・・気持ちがこもってないじょ」
京太郎「・・・ふぅ・・・。暴れるな! 大人しくしろ!」
優希「きゃー!」
京太郎「ずっと前からお前のコトが好きだったんだよ」
優希「・・・あ。きゃ、きゃあ!」
京太郎「な、いいだろ? ずっと好きだったんだ。ずっと・・・な?」
優希「え・・・あ・・・あの///」
京太郎「なあ、優希・・・」スーッ
優希「だ、ダメ・・・・・・やっぱりヤだじょーー!!」
京太郎「うあっ!?」

 どん!!  ガンッ

京太郎「うう・・・」ガクッ
咲「きょ、京ちゃん!?」
久「ちょっと須賀君平気?」
まこ「おい、大丈夫か京太郎!」
優希「うわーん、のどちゃーん!」
和「大丈夫ですか優希? もう。あんな変な遊びに乗るからですよ」




京太郎「いてててて」
咲「京ちゃん、大丈夫?」
優希「ご、ごめんだじょ京太郎・・・」
久「しかし、これで、イザとなれば女の子でも男の子に抵抗できるってコトが証明されたわね!」
京太郎「そんな主旨でしたっけ・・・?」
まこ「じゃあ次は和じゃな」
和「・・・・・・はい?」
久「そうね。和は襲う方が好き? 襲われる方が好き?」
和「どちらかと言えば前者・・・じゃなくて! な、なんで私がそんなことするんですか!」
京太郎「和は襲う方が好きなのか。意外だな・・・でへへ」
咲「京ちゃん?」
和「私は絶対嫌ですからね!!」

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 00:56:48 ID:EeOk8ZpY
和「じゃ、じゃあいきますよ須賀君・・・ちゃんと抵抗してくださいね!」
京太郎「は〜い」デレデレ
咲「ううう”・・・」
優希「京太郎の奴、あんなに鼻の下伸ばして・・・バカ犬!」
まこ「(どうやってあの和を説得したんじゃ?)」 ヒソヒソ
久「(そりゃあ咲の・・・あ、いや。部長の人徳って奴よ。人徳)」 ヒソヒソ
まこ「(・・・まあ、なんとなくわかったわ)」
久「はーい。じゃあ和、このカンペに書いてるセリフを言いながら、襲っちゃってー」
和「ええと・・・『おい京太郎。黙って抱かれろ。いいだろ、好きだったんだずっとよお』」
まこ「・・・うわあ」
優希「す、すごい棒読みだじぇ・・・」
咲「こ、こんなんじゃさすがの京ちゃんも・・・」
京太郎「はぁ〜いぃ」デレデレデレ
咲「・・・・・・バカ京ちゃん」
和「『オラオラ。さっさと言うとおりにしやがれ、この腐れフヌケヤロー』・・・い、いくらなんでもセリフが汚すぎませんか!?」
久「ほらそこで手を引いてー」
和「はぁ・・・えいっ」
京太郎「おっと・・・」

 ぷにゅっ

京太郎「おおお!? ひ、左手が・・・(ののののののの和の豊満な胸に! 俺の左手があああ!!)」 ぷにぷに
和「・・・きゃ、きゃーーー!!?」

 バチーン!!


 ・・・・・・・・・



京太郎「・・・」 ヒリヒリ
和「あ・・・ご、ごめんなさい須賀君・・・ほっぺ、痛みますか?」
京太郎「いや、今はこの左手に残る感触でお腹いっぱいです・・・」
和「・・・」
パチーン!
京太郎「・・・・・・うへへ」
咲「京ちゃん・・・」
パチーン!!
京太郎「痛っ!? な、なんだよ咲」
咲「目、覚めた?」ゴゴゴゴゴ
京太郎「・・・はい」

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 00:58:18 ID:EeOk8ZpY
まこ「じゃあ最後は部長直々に襲われ役じゃな」
久「・・・はぁ? 何言ってんのよ。私は最初にやったわよ」
まこ「うん? 話によると、途中で咲に邪魔されて面白ハプニングが起こらなかった・・・もとい、ちゃんとできなかったみたいじゃが?」
久「だ、だから何よ?」
まこ「言いだしっぺのあんたがそれじゃダメじゃろ〜。みんなやったのに」
久「あんたはやってないでしょ!」
まこ「おお、そういえばそうじゃったな・・・京太郎、ちょっと来い」
京太郎「はあ」

ガバッ

京太郎「そそそそ染谷先輩!」
咲&優希「!!」
まこ「京太郎。大人しくせい」つつつー
京太郎「は、はうっ・・・(指で背中を・・・)」
まこ「いいじゃろ? ずっと好きだったんじゃ、お前のこと・・・」
京太郎「あ・・・」
まこ「なあ、いいじゃろ・・・?」
京太郎「せ、せんぱ・・・ハックシュン!」
まこ「・・・くふっ。あっはっはっはっは!」
京太郎「うう・・・あ、あれ? 俺、いつの間に上半身裸に!?」
まこ「くっくくく・・・いやスマンスマン。ちょっとイタズラが過ぎたな」
優希「先輩、すごいスキルだじぇ・・・」
咲「いつ脱がしたのか、見てるこっちも分からなかったよ・・・」
和「そんなことより、須賀君は早く服を着てください! ///」





まこ「部長、これで満足かの?」
久「うう・・・」
まこ「ほんじゃ、このヘンテコな遊びのシメとして、部長自ら襲われる役に・・・」
久「ちょっと待ちなさいよ! なんで私が襲われる役なのよ」
まこ「だって、襲う役はもうやったんじゃろ? それにあんたが襲われる方がなんか面白そうだし」
久「どんな理由よ!」
まこ「おや、逃げるのか? 言いだしっぺで、年長のあんたが?」
久「ーーー!! わかったわよ! やるわよ!」

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 01:00:25 ID:EeOk8ZpY
京太郎「部長、それじゃ・・・」
久「ほ、ほら。早くしなさいよ!」
咲「・・・部長、自分から襲う役やった時はノリノリだったのに・・・なんかさっきと違う」
まこ「ふっふっふ。部長は自分のペースを崩されるのが苦手じゃからな」
咲「そうなんですか?」
京太郎「えー、じゃあ、手握ります」 ぎゅっ
久「ひゃっ!?」
京太郎「あ・・・だ、大丈夫ですか?」
久「なんでもない・・・は、早く次! 左手で腰に手を回すんでしょ」
京太郎「はぁ。失礼します」 スッ
久「うぅ・・・つ、次!」
まこ「ほら京太郎! カンペカンペ!」ぴらぴら
京太郎「あー・・・部長、すいません。俺、部長のことずっと好きだったんです・・・もう抑え切れなくて」
久「・・・(あ、あれ? さっきまでとちょっとセリフのニュアンスが違うじゃないの! ま、まこの奴・・・)」
まこ「(くっくっく。対処できんじゃろ)」ニヤリ
京太郎「あの、俺・・・いつも部長に厳しくされてたけど・・・時々優しくしてくれるたび・・・こう、胸が苦しくなって・・・息苦しくなって・・・」
久「あ、あうう・・・」ジタバタ
京太郎「なんて言ったらいいか・・・俺、部長のことが・・・部長のことが好きで・・・愛してるんです! 好きで好きで溜まらないんです!」
久「す、須賀君ちょっと・・・」ジタバタジタバタ
京太郎「部長、いいでしょ? ・・・一生大事にしますから、絶対・・・ねえ部長・・・」
久「う・・・」ジタバタ
京太郎「・・・久」
久「//////(カーーッ)」
まこ「(今じゃ京太郎!)」
京太郎「(えっと・・・『背中を指でなぞる?』さっき染谷先輩が俺にしたようにって事かな・・・)ねえ、久。いいですよね・・・?」ツツツー
久「あんっ・・・/// す、須賀君・・・」
京太郎「久・・・」
久「・・・」ぎゅっ
京太郎「・・・(あ、あれ? なんか全然抵抗しなくなった・・・? それに俺の首に腕をまわして・・・?)」
久「・・・」
京太郎「(あれれれれ? な、なんか部長が目を瞑ったままで顔を接近させて・・・あ、あれれー?)」ドキドキ
久「・・・」
咲「な、なにやってるの!!? ダメーーーーーー!!!!!!」

 ガンッ!!!!


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 01:01:37 ID:EeOk8ZpY
それぞれの帰り道

久「・・・・・・雰囲気に流された・・・みんなが居たのに・・・」
まこ「くっくっく」
久「あーもう!! あーーーーもうっ!!!! あんたのせいよ!!」
まこ「あんたがあんな遊び始めるからいけないんじゃろ」
久「くーーっ!!」


咲「・・・」
京太郎「おい咲。なんで不機嫌になってんだよ」
咲「だって京ちゃん・・・部長や和ちゃんや染谷先輩にデレデレしすぎなんだもん!!」
京太郎「べつにデレデレなんてしてねーよ!」
咲「してた!」
京太郎「してない!」
咲「してたもん!」
京太郎「っていうか別にデレデレしても、それでなんでお前が不機嫌になるんだよ」
咲「・・・・・・・・・バカ京ちゃん!」
京太郎「? な、なんだってんだよ!?」


優希「うーー・・・バカ犬・・・」
和「・・・(須賀君と部長、あのままどうにかくっつけることが出来れば・・・)うふふふふ・・・」
優希「・・・ど、どうしたんだじぇ、のどちゃん?」
和「ん? いや・・・(それに、無理矢理襲われてもあんな反応するってことが分かりました・・・私もいつか咲さんを・・・なーんて・・・)うっふふふふふふ・・・」
優希「のどちゃん・・・ホントに大丈夫か?」

おわり

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 01:48:06 ID:AtW8yS/V
うはwwwこれは今年度MVP級の作品が出てきたなwwww
キャラの性格を上手く使ってるし、部長をいじるまこはいいキャラだなぁ
部長可愛すぎw

GJ!!

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 02:40:17 ID:JX+GYLSn
とんでもねぇもん落としてったなGJすぎる

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 03:30:54 ID:x2IFvbl6
GJ!!GJ!!もいっこGJ!!
こういうのが見たかったZE!!作者まじ神!!
これは次回作に期待せざるをえないな!!!
間違いなく今年度ナンバーワンだよ(*`д´)b

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 06:07:23 ID:J0Llgqbw
和は不穏過ぎるが咲と部長がイイ味出してGJだったぜ
存分に悶えさせてもらった

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 08:09:50 ID:VaN/lnUR
部長おおおおおおおお!!!!
可愛すぎるぞおおおおおお!!!!

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 21:48:49 ID:XDowMJiH
攻められる部長が可愛すぎる。ヤバい

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 01:45:57 ID:iAkkvjf+
じゃあ俺は照姉のssを待っていよう

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 09:15:25 ID:wrsEjgX9
>>53
素直にGJといってからでも遅くはないぞ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 22:40:57 ID:EZgpeKn2
超大作のあとに投下するのはちょっと怖いけど…><前スレ925の続きです
>京太郎におんぶされてる誠子・それを見て驚愕する尭深と淡

京「えーと…(あれ、この子は確か昼間に会場で会った子だよな…?それにさっき売店で会った渋谷さんも一緒だ…)」
尭深(亦野さん、これはどういうこと…?って聞きたいけど…恥ずかしくて聞けない…)///
淡「きょっ、京太郎君と亦野先輩はそういう関係だったのですか!?」
尭深「!!(大星さん、ナイス…)」///
京「えっ?ああ、いや…これは――」
誠子「はぁ!!?ちげーよ!!っていうかそうゆう関係ってなんだよ、おい!!!なっ?違うよな!??」バシバシ!!
京「グハァッ……そ、そうですよ…違いますから…(い、痛い。叩かないでくれー!)」
淡「じゃあ何で京太郎君が亦野先輩をおんぶしてるんですかぁー!?」
京「ああ、それは――」
誠子「それは、私が足を怪我したから、コイツにここまで送ってもらったんだよ!!!なっ?そうだよなっ?」
誠子(くぅーーーっ…何で私がこんなこと言わなきゃならねーんだよ!恥ずかしいじゃねーかっ)/// バシバシ!!
京「ぐっ…はい、そういうことです…(だから叩くなってー!!っていうか何で怒ってるんだよ!!)」
淡「あっ、そうだったんですか。(なーんだぁ、そういうことかぁ。…やっぱり京太郎君って優しいんだなぁ♪)」ホッ
尭深(そうだったの…良かった)ホッ///
誠子「そういうことだ。……おい、もう下ろせ」
京「ああ、はいっ!今下ろします…」ヨイショ
誠子「……送ってくれて、ありがとう。」ボソッ
京「え?なんか言いましたか?」
誠子「なんでもない!」///
京「?そうですか…それじゃ、俺はこれで――」
淡「あっ待って、京太郎君!あの…この後ヒマかな…?良かったら少しお散歩に行かない?」///

誠子&尭深「「!!???」」///

京「えっ、今から?って言っても、もう11時になるけど…明日の試合に響きませんか?」
淡「そんなの、全然だいじょ――」
誠子「そ、そうだ!!!明日は大事な試合なんだぞ!!!駄目に決まってるだろ、淡!!!!」
淡「ひゃあっ…(ふぇえ〜なんか亦野先輩が怖いよぅ〜!!いつもの先輩じゃないぃ〜)」ビクビク
尭深「………(あれ、もしかして亦野さん動揺してる…?原因は彼…?あとで連絡先教えてあげようかな…)」///
京「あの――」
誠子「んじゃ、そういうことだから!!またな!(なんで私はこんなに焦ってるんだ?訳わかんねー!!)」///
 バタン
京「あっ閉められた…。俺、なにか怒らせるようなことしたのかな…?まぁ良いや。俺も自分の部屋に帰るとするか…)」トコトコ

 〜同時刻・菫と照の部屋

菫(……駄目だ、須賀君のことが頭から離れなくて全く眠れない。顔でも洗ってくるか) バサッ
照「すぴぃーすぴぃーzzZ」
菫(……そういえば、照はさっきのことを覚えてるのだろうか?いや、覚えてないだろな…)ジーッ
照「ううーん………んんぅ?」ムニャムニャ
菫「あっ…(起きてしまったかな?)」
照「んー大好き………(咲ぃ///)」ガシッ
菫「えっ?おい、照?何をして――」
 ちゅう〜
菫(〜〜〜!!!????○▽■×)
菫「――ぶはっ…おいっ照!何をするんだ!??」バシバシ
照「いたっ…痛い、痛いよ…さきちゃ……んあ?……ちょっと菫、何やってんの」
菫「ふざけるな!それはこっちのセリフだぞ、お前が私にいきなりキスをしてきたんじゃないか!」
照「へっ?うわ…まじで?(やっちゃた〜早く顔洗わなきゃ…)」
菫「まったく…お前、さっきのアレもやっぱり寝ぼけてやったんだろ」
照「ん?さっきのってなに」
菫「あっ…(しまった、やっぱりあのことは言わない方が良いよな)」
照「………………」ジッ
照「ねえ、さっきのアレって一体なんなの……?」ギリギリギリ
菫「うわっ止めろっ痛い、痛いって…」
照「じゃあ教えてよ…?」ギリギリ
菫「分かった、言う!言うからその手を離せ!」

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 22:45:07 ID:EZgpeKn2

 〜

菫「と、言う訳だ」
照「うそ…そんな…ありえない…何も覚えてないよ…」ガタガタ
菫「覚えてなくても本当にあったことなんだ。」
照「ウソだウソだぁ!!わ、私のファーストキスが…見ず知らずの男の人だなんて…」
菫「はぁー…っていうか、寝ぼけていたおまえが悪いだろ。」
照「うう…っ…ひっく……そんなぁ………うわあああん!!」
菫「おい」
照「うわぁあん!!やだよやだよ、返してよ!私のファーストキスを!うわぁぁあっ…」
菫「やれやれ。ところで、さっき私にしたアレはカウントに入って無いのか?」
照「うっ…うぇえ〜ん…ひっく…ううぅ………あ?女同士ならノーカンだろうが。」
菫「そ、そうなのか…。」
照「そうだよ。……うわぁああん〜〜!!」
菫「…………」
照「ひっく…ねえ、菫」
菫「どうした」
照「菫はその男の人の連絡先知ってるんだよね?」
菫「ああ…そうだが///」
照「じゃあ今からソイツに会いに行く。菫も一緒に来て」
菫「え…もう11時だぞ?こんな時間に何しに行くんだ…?」
照「私のファーストキスを奪ったヤツがどんな顔をしてるのか確かめる必要がある」
菫「ああ、そういうことか。でも、その後はどうするんだ?」
照「後のことは特に何も考えてないけど…まあ、少しお喋りしたら私はすぐ帰るよ。」
菫「…!分かった、良いだろう。今電話をかけてみる」ピッピ
菫(これは須賀君と二人きりになれるチャンスかもしれない…///)プルルルル
照(ソイツに会ったら、とりあえず一言文句つけてやる…!!そして、場合によっては…)」ゴゴゴゴォオオ
  〜
菫『うん。うん…それじゃ、今から照と二人でそっちに向かうから――』ピッ
照「どうだったー?」
菫「ああ、2×3号室に居るらしい。ついでに一人部屋だそうだ。」
照「そう。なら(少しくらい暴れても)他の人に迷惑かからないね」
菫「そうだな。(ふう。さっき会ったばかりなのに、また緊張してきた…)」///
照「なにニヤニヤしてんの?気持ち悪いんだけど」
菫「…う、うるさい!!ほら、さっさと行くぞ」

 〜トコトコ トコトコ

照「そういえば、ソイツの名前ってなんて言うの?」
菫「須賀京太郎だ。ついでに年は1年生で、身長もなかなか高くて、肩幅もだな――」///
照「そんなことまで聞いてないから」
菫「ああ、すまない…(つい、口が勝手に///)」
照「きょうたろう、ねえ…。○たろうとか、なんか古くさっ…」ボソッ
菫「ん?なんか言ったか?」
照「いやぁーべーつにぃーなんでもぉー」
菫「そうか。 (…そろそろ須賀君の部屋に着くな。)」ドキドキ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 22:48:24 ID:EZgpeKn2

 〜2×3号室

照「ここ?」
菫「そ、そうだな。(…うっ。さっきよりも緊張してきた)」ドドッドドッドドッ
照「ん?どうしたの。早くノックしてよ」
菫「うるさいっ今やる!(落ち着け私…。ドアをノックするくらい、なんてことないじゃないか!)」ドックンドックン
照「…………」
菫「…………」プルプル
照「ああーっもう!遅いっ。良いよ、私がやるからどけて!」
菫「あっちょっと――」
照「須賀ぁー早くでてこいー」ドンドンドンドンドンッッ!!!
菫「おい、バカ!そんなに大きな音で叩いたら迷惑だろう――」
 ガチャ
照「お?」
菫「あ…須賀君。こんばんは」///
京「こんばんは…ははっ(いきなり大きな音が聞こえたからビックリしたぜ…)」
照「………」
菫「夜分遅くにお邪魔して、すまないな…///」
京「いえいえ、気にしないで下さい。なかなか寝付けなかったんで暇してたんですよー」ニコッ
照「………!!」
京「それじゃ、どうぞ中に入って下さい」
菫「ああ、失礼する。…ん?どうしたんだ、照。急に静かになって」
照「はっ!ああ、いやなんでも無いよっお邪魔します…」//
菫(んん?なんか様子がおかしいな…。まあ、良いか)
 〜
京「で…さっき電話で言ってたお話ってなんでしょう?(やっぱりアレのことかなぁ)」
照「!!あ、ええと…その…」
菫「ああ、それはさっきコイツが須賀君にキ――」
照「ちょ、ちょっと待って菫!!!!」バシバシ
菫「痛い、痛いって。叩くなよ…(一体なんなんだ?)」
照「そのことはもう良いのっ」

京&菫「「えっ…?」」

照「良いったら良いのっ!わ、私もう部屋に帰るね…!!」
京「あ…そ、そうですか。(ううん?じゃあ何しに俺の部屋まで来たんだ…?)」
菫(なんだ…?気が変わったのか。)
照「それじゃ、また…!」
 バタンッ
京「あ…行っちゃった。俺、何か気に触るようなことしたのかな…」
菫「なあに、気にすることは無いよ。アイツは気分屋なんだ」
京「そうなんですか」
菫「ああ」
京「…………」
菫「…………」
京「ふっ、二人っきりですね///」
菫「そ、そうだな…///」

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 23:06:57 ID:5R4m6jmW
これで終わりかな、GJ!

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 23:09:42 ID:5R4m6jmW
すまんサゲ忘れた・・・・・・・ほんとすまん

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 23:31:17 ID:EZgpeKn2

 〜菫・照の部屋

照「ど、どうしよう…まだ胸がドキドキ鳴ってる…苦しいよ…」 モゾモゾ
照「なんでか分かんないけどアイツの笑顔を見たらこうなっちゃった…。」
照「はぁ…はぁっ…もう…!なんなの、これ…!!!すごくモヤモヤする!!」
照「ああーもう良いやっ。今日のことは、寝て忘れよう…」
照「……一目惚れなんて…あるわけ…ないよね……………うーん…ああ…そうだ…」
照「きっとあの笑顔が咲ちゃ……に似てるからだ……うん、きっとそう……それがいけないんだ…」
照「咲ちゃ……ううっ…会いたいよぅ………………すぅー…すぅー…zzZ」

 〜次の日

菫「……おはよう、照」ボーッ
照「……ああ、おはよ」ボーッ
菫「いよいよ今日は決勝戦だな…。」
照「そうだね…」
菫「何でおまえはそんなに眠そうな顔してるんだ…?」
照「うるさいなぁー。低血圧だから朝に弱いんだよ…」
菫「ああ、そうなのか…」
照「そう言う菫はなんで眠そうにしてんの…?」
菫「その…実は、4時間しか寝てないんだ…」
照「ええっ?昨日何時に帰ってきたのさ…」
菫「3時くらいかな…」
照「……ねえ、そんな時間までアイツと何してたの?」
菫「そ、それは…言えないな……///」
照「ふうん。まあ別に良いけどさ…(咲ちゃん…会いたいよ…)」

 〜会場

菫「ん?おい、照。あれっておまえの妹じゃないか?」
照「えっ!?私には妹なんて居ないけど、どこ!?」キョロキョロ
菫「ほら、あそこ…」
照「あっほんとだ…(咲ちゃん…///)」
  
咲「みんなー!待ってよー!!……うわぁっ―――!!」ドッテーン
咲「ううぅ〜痛いよぉ…」ぐすっ
 
照「あっ(咲ちゃんが転んじゃった…ど、どうしよう!)」
菫「あ…(ずいぶんと派手にコケたな…。ん、あれは……)」 
 タッタッタッ 
京「おいおい…大丈夫かぁー?」
咲「京ちゃん!えへへ…また転んじゃった…」///
京「ったく。気をつけろよなー…ほれ、つかまれ」スッ
咲「ありがとう、京ちゃんっ♪」
京「よし。みんな待ってるから、早く行くぞ」
咲「うんっ分かったぁ♪」ギュウ

照「えっ?(咲ちゃん…?なんで咲ちゃんとアイツが…!?なんで!!??どういうこと!!??)」プルプル
菫「…(須賀君が照の妹と…腕を組んでる…?……そんなっ…嘘だろう……どういうことだなんだ…)」プルプル






咲「…………………アハハ♪」


おわり><

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 23:46:08 ID:Ri10P7wx
うほっ!白糸台GJ!!ニヨニヨしたぜー!
と思ったら最後にあの子がぁああ!!
でも面白かったよー

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 02:51:02 ID:fMYweOmL
GJ!

最後は京ちゃんとわた、…咲にしてるとこが特にいいよね!


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 10:26:35 ID:3ePiar/V
GJ!
白糸台カワユス

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 23:13:53 ID:+CDDmnPe
あと少しでクリスマスイブですな

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 02:12:28 ID:KEZxbHhz
クリスマスか・・・

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:10:13 ID:mb3vEtgF
12月24日、放課後

京太郎「ふー、やっと二学期も終わったなー」
咲「うん、冬休みだねー。はははっ」
京太郎「しっかし、通信簿を親に見せるのがやばいなー。他はまあまあだけど現代文・・・こづかいに響くなコリャ」
咲「京ちゃん鈍いもんねー。現代文も苦手なワケだ」
京太郎「なにい。俺のどこが鈍いんだよ?」
咲「自覚のないトコ」
京太郎「うむむ・・・まあいいや。・・・咲は成績どうだった?」
咲「え? う、うん・・・まあまあかな? あはは」
京太郎「ふーん・・・お前のまあまあってことは、俺のまあまあと同じくらいか」
咲「な、なんでそうなるの?」
京太郎「だって小さい頃からそうじゃねーか。ほら、俺の通信簿見せてやるよ」
咲「う・・・見ていいの?」
京太郎「別にいーよ」
咲「じゃあ失礼して・・・あぅ(現代文以外はほとんど同じだ・・・あ、体育は負けた)」
京太郎「どうだ?」
咲「・・・げ、現代文は私が勝ってるよ」
京太郎「へー。ってことは体育と差し引いて引き分けってトコか」
咲「な・・・!?」
京太郎「小さい頃から体育は苦手だったもんなー」
咲「も、もう! 京ちゃん!」
京太郎「あっははは。怒るなよ」
咲「(でも・・・引き分け、か・・・うふふ。このまま同じくらいの成績で、同じ大学に行って・・・)」
京太郎「さ。そろそろ部活行こうぜ、咲」
咲「うん。あ、待ってよー! (同じ大学に行って、その後も・・・ずっと、ずーっと、同じだったらいいな・・・なんて。えへへ///)」

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:12:56 ID:mb3vEtgF
部室

京太郎「おつかれさまーっす」
咲「おつかれさまです」
久「あ、2人来たわねー」
京太郎「あれ? 部ちょ・・・じゃなかった、竹井先輩。どうしたんです?」
久「いやー。今日で二学期もおしまいだし、クリスマスイブだし、なんとなく顔見せにねー」
咲「そうだ部長・・・竹井先輩。大学推薦決まったんですよね。おめでとうございます」
京太郎「おめでとうございます!」
久「うふふ。ありがと」
京太郎「推薦・・・いいなあ。さすが学生議会長」
久「なんなら須賀君、来年の議会長に推薦しといてあげよっか?」
京太郎「それはちょっと魅力的だけど・・・ううむ。めんどくさそうだから遠慮しときますよ」
久「そう。推薦で私と同じ大学に来て欲しいのに・・・」
咲「・・・え? 部長?」
久「なーんてね。須賀君が議会長はちょっと無理か! あはははは」
京太郎「それどういう意味ですか!? ・・・まあ確かに俺の柄じゃないけど。あはは」
咲「(・・・部長、同じ大学に来て欲しいって・・・冗談・・・なのかな? それとも・・・)」




久「そうだみんな。今日はイブだし、差し入れとしてこんなの持ってきたのよー。じゃじゃーん!」
優希「おお! ケーキだじぇーー!!」
京太郎「おー。旨そう」
咲「わあ。大きいケーキ!」
まこ「さすが先代部長。気が利くのう」
和「ありがとうございます」
優希「よっしゃー! じゃあ今日は練習も終わりにして、クリスマスパーティーと洒落込もうじぇ!!」
和「優希。 いくらイブとは言え、それは・・・」
まこ「おお、いいのう。やるか」
和「染谷部長!?」
久「まあまあ、和。相変わらずお堅いわねー。でも今日くらいいいじゃない」
和「竹井先輩、でも、学校で」
京太郎「まあイブだし、ハメ外してもいいんじゃねーの?」
咲「私もパーティーやりたいな」
和「う・・・須賀君や咲さんまで・・・ま、まあ咲さんがそう言うのなら・・・」

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:15:47 ID:mb3vEtgF
京太郎「食い物買ってきましたー」
久「おつかれ、須賀君。こっちもちょうど飾りつけ終わったわよ」
優希「タコスは買ってきたか!?」
京太郎「ああ、ほらよ」
優希「わー! さすが京太郎だじぇ!! 愛してる、ダーリン!」 だきっ
京太郎「わかったわかった。いちいち抱きつくな」
優希「もー。照れるな照れるな!」
京太郎「照れてねーよ! アホか!」
咲「・・・むむむ」
久「・・・相変わらず、優希は須賀君にベタベタねー・・・」
咲「はい・・・」
久「咲も妬けて大変でしょ」
咲「はい・・・って、ちちちちち違・・・妬いてなんかいません!」
京太郎「んー? どうした咲」
咲「なんでもないよ!」
和「ただいま帰りました」
まこ「和と2人で飲み物買って来たぞー」
和「・・・あれ、咲さん、顔真っ赤ですけど。どうかしましたか?」
咲「ななななんでもないって!」




まこ「では、クリスマスパーティーと忘年会と、先代部長の大学推薦入試合格のお祝いを兼ねて・・・」
久「別に私のはいいわよ」
まこ「乾杯!」
「「「「「かんぱーい!」」」」」


優希「わはははは! 犬! ケーキの苺よこせ!」
京太郎「あ、おい! 勝手に取るな!」
優希「ケチケチしてんじゃないじぇ」
京太郎「あのなぁ」
久「まあまあ須賀君。なんなら私の苺あげるわよ」
京太郎「え、いいんですか?」
久「はい。あーんして」
京太郎「じゃあ遠慮なく・・・あーん」
パク
久「美味しい? 須賀君」
京太郎「はい! へへへ」
久「うふふ・・・」
咲「・・・」
優希「むう・・・」
まこ「おやおや」キラーン
咲「わ、私の苺もあげるよ! 京ちゃん!!」
京太郎「へ? でもお前、もう苺食ってるじゃん」
咲「あ・・・。じゃ、じゃあケーキあげる! はい、あーん!」
京太郎「ええー? でもケーキ持ってるし・・・」
咲「あーん!!」
京太郎「いや・・・」
咲「あーん!!!!」
京太郎「・・・あ、あーん」
ぱく
咲「・・・美味しい?」
京太郎「う、うん。美味しいよ、ありがとう咲」
咲「えへへ///」
久「・・・相変わらず、須賀君と一緒だとなーんか強気になるわね、咲は」
和「咲さん・・・」

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:19:39 ID:mb3vEtgF
まこ「さ、そろそろ下校時間だし、今日はこの辺でお開きにしようかの」
優希「はーい」
和「じゃあ、片付けましょうか」
まこ「そうじゃな。とりあえずごみを捨てて、飾りつけはまた今度片付けるとするか」


咲「・・・ねえ、京ちゃん」ボソッ
京太郎「ん? どうした咲、小声で」
和「(むむむ・・・咲さんと須賀君が何か話してますね・・・)」
咲「あ、あのね。明日、クリスマスだけど・・・ひ、暇かな?」
和「(!!? も、もしやこれは・・・)」
京太郎「ああ暇だよ。・・・悲しいことにな」
咲「じゃ、じゃあさ! あの・・・その、遊園地とか・・・」
和「遊園地! いいですね!! ぜひ行きましょう咲さん!」
咲「ふぇ!? の、和ちゃん?」
京太郎「おお、遊園地かあ。よし、行こう! 和と一緒に遊園地・・・でへへ」
咲「あ、あの・・・」
和「(須賀君と2人っきりになんてさせませんよ、咲さん・・・あなたは私の・・・うふふふふふふ)」
優希「おー! 私も行くじぇー!」
咲「えーっと・・・う、うん! じゃあ皆で行こうか! 遊園地!! ・・・ははは・・・はぁ」
まこ「・・・(咲もカワイソウじゃのー)」
京太郎「お化け屋敷に入ったりして・・・(怖がる和が抱きついてきたり・・・なんて)・・・えっへへへ・・・」
咲「京ちゃん・・・心の声が顔に出てるよ?」
和「わ、私はお化け屋敷には入りませんからね!」
久「相変わらず須賀君は・・・。でも遊園地か。いいわね。私も行こうかな」
優希「ぜひ行こうじぇ! っていうか麻雀部みんなで行こう! そうしようじぇ!」
久「そうね。まこはどうする?」
まこ「わしも別にええが・・・おい、こういう時は普通、咲に遠慮して和や優希を止めるのが先輩としての筋じゃないのか?」ヒソヒソ
久「え? ん〜・・・ま、まあ別にいいじゃないの」ヒソヒソ
まこ「・・・相変わらず、あんたはずるい女じゃな」ヒソヒソ
久「・・・・・・さ、最後のクリスマスくらい、いいでしょ!」ヒソヒソ
まこ「ほー。何がいいんじゃ? 京太郎と一緒に過ごすことか?」ヒソヒソ
久「な・・・!? ち、違・・・みんなと一緒に過ごすことがよ!」ヒソヒソ
優希「先輩達、なにをヒソヒソ話してるんだじぇ?」
久「な・・・なんでもない!」




帰り道

久「じゃあ、明日10時に駅前集合ねー」
咲「はい」
まこ「遅れるなよ」
優希「特に京太郎、気をつけろよ!」
京太郎「お前が一番要注意だろ!」
和「優希、ちゃんと目覚ましかけてくださいね」
優希「うう、手厳しいじょ・・・」
京太郎「あ、じゃあ俺と咲はここから左の道だから・・・」
咲「おつかれさまでーす」
久「また明日ね。もう暗いし、ちゃんと送っていきなさいよ須賀君」
京太郎「わかってますって」
優希「バイバイだじょー」

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:21:26 ID:mb3vEtgF
京太郎「しっかし寒いなー」
咲「もうすっかり冬だね・・・ううっ、寒い」ガチガチ
京太郎「・・・大丈夫か、咲? ちょっと震えてるけど・・・そうだ、これ貸してやるよ」 ファサッ
咲「あ、京ちゃんのマフラー・・・」
京太郎「暖かいか?」
咲「うん。ありがと・・・でも、これじゃ京ちゃんが寒いんじゃ」
京太郎「ははは、大丈夫だよ。俺は誰かさんと違って体育5だしな」
咲「ム・・・」
京太郎「だから遠慮せず・・・ふあ・・・ハックシュ!」
咲「あー! やっぱり寒いんじゃん! ・・・あ、そうだ。このマフラー長いし、2人で使えば・・・」

 パサッ

咲「ね、これで・・・あ・・・(こ、これ・・・2人すごい密着して・・・///)ご、ごめん。こんなの・・・」
京太郎「おー、暖かい! 天才だなお前!」
咲「・・・え、いいの?」
京太郎「ん? なんで?」
咲「・・・えへへ。じゃ、このまま帰ろうか///」
京太郎「おう」


京太郎「でも、クリスマスにみんなで遊園地か。咲にしてはいい提案だったな」
咲「え? う、うん。楽しみだね!(ホントは京ちゃんと2人で行きたかったんだけど・・・)」
京太郎「クリスマス、か・・・お、雪だ」
咲「あ、ホントだ・・・綺麗だね」
京太郎「ホワイトクリスマスって奴だな」
咲「うん・・・ねえ、私達今・・・イブの夜に2人っきり・・・なんだよね」
京太郎「ああ、そうだなー」
咲「・・・」

 ぎゅっ

京太郎「ん、どうした咲。腕を組んで・・・寒いのか?」
咲「う、うん・・・///」
京太郎「そういえば小さな頃も、寒い日はこうやって登下校してたなー。周りから冷やかされてさ。なぜか照さんからも殴られて・・・」
咲「そうだったね・・・でも京ちゃん、冷やかされても、ずっと腕組んでくれてたよね」
京太郎「だってお前、断ると泣いてたじゃん」
咲「そ、そうだったっけ? ・・・ううん、泣いてなんかいなかったよー!」
京太郎「泣いてたよ」
咲「嘘ー!」
京太郎「嘘じゃねーって!・・・ぷっ。ははははは」
咲「うふふ・・・あはははは」

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:23:38 ID:mb3vEtgF
咲「・・・ねえ。京ちゃんは、私と腕組んで、冷やかされて・・・嫌じゃなかった?」
京太郎「んー。別に」
咲「///・・・い、今は・・・今、こうやって腕組んで歩いてても・・・嫌じゃない?」
京太郎「嫌じゃねーよ。咲相手ならなー」
咲「え/// そ、それって」
京太郎「咲は妹みたいなもんだしな」
咲「へ・・・?」
京太郎「こうやって腕組んで並んで歩いてるとさ。きっと仲のいい兄妹みたいに見られてるだろうな。あははは」
咲「・・・むう」

 ぎゅうーーー!

京太郎「ん? お、おい咲。腕組むのは別にいいけど、そうくっつくなよ。歩きにくいだろ」
咲「仲のいい兄妹なら、これくらい普通でしょ!」
京太郎「そ、そうか?」
咲「そうだよ」
京太郎「・・・ま、いっか」
咲「・・・・・・///」

咲「(京ちゃんは私のこと、妹みたいに思ってるのかもしれないけど・・・和ちゃんみたいな女の子が好きなのかもしれないけど・・・
   こうやって、イブの夜に京ちゃんと2人っきり、腕組んで歩いて・・・。私は、京ちゃんと・・・)」




京太郎「お、咲。お前ん家ついたぞ」
咲「うん・・・送ってくれてありがと、京ちゃん」
京太郎「おう。じゃ、また明日な」
咲「あ、ちょっと待って、京ちゃん・・・あ、あの・・・く、クリスマスプレゼントあげる!」
京太郎「プレゼント? おお、何々?」
咲「えっと・・・」

 ちゅっ

咲「・・・」
京太郎「・・・さ、咲?」
咲「・・・わわわわわわ、わ、わ、私・・・な、なんてこと・・・あああああーー//////」
京太郎「お、おい?」
咲「ご、ごめんね京ちゃん!! じゃじゃじゃじゃじゃじゃあまた明日ね!(あーもう私のバカ!! ・・・絶対嫌われた・・・ううぅぅぅ・・・)」
京太郎「お、おお・・・あ、朝迎えにくるからな!」
咲「・・・・・・う、うん! えへへ///」

おしまい

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 10:46:31 ID:t1b9GWbr
GJ!!綺麗な咲ちゃんENDは素敵ですわ〜
照も少し出てきて嬉しい


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 11:19:03 ID:KEZxbHhz
いいYOいいYOニヨニヨした

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 11:32:35 ID:226lKeOS
GJ!!
珍しく咲が病んでないなwイヴだからか?w


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 11:54:35 ID:SXt0y07h
GJ!
咲かわいい

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 13:15:06 ID:WIlSXQF3
GJ!!!

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 13:38:28 ID:0vvYkHsT
GJ!
本当の幼なじみな京太郎に咲
うん、そっちでなにか話作っても面白そうだよね
ちょっと見て見たい

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 23:45:09 ID:l5Wnpasn
ニヨニヨGJだがほんと咲ってTH2のこのみだよな
タマ姉が照さんならまさにって感じだ…CV的には久京になるけど

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 23:53:28 ID:UiU6eaqq
>>78
……部長が声を出せないように舌を切り取る咲とか想像しちゃったじゃないか。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 03:52:41 ID:cb4zCF4f
やはり咲ちゃんが一番ですよね

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 07:30:04 ID:XuskZYDh
そうだよね、京咲が一番しっくりくるもん

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 09:38:56 ID:FAI5//pj
.            ,;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::ハ
.        /:::::..   ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/l:::::::::::::::,
.         /:::::::::::::::... /     .::::::/ /:::/ノ乂:; :::::::l
        !:::::::::::::::::::::l::::::─:-:、 / //    ノ,l :::::::|
.         |::::::::::::::::::::::l ::::::::;;r''"\/"        |  |
        |:::::::::::::::::::::::|: /  ,/`ヽ    ,=--─-| ::::::!
.       |::::::::::::::::::::::::l.' __.,           -   ,4 :::/
.       |:::::::i:::::::::::::::::ト、`ヾ==、      .__   / :|:::/
        l:::::::|:::::::::::::::::;::i  、、、       `== /:::::| / それはどうかしらね
       / ::::::l:::::::::::::::::l::}         、  `゙ /:::::::l/
.      /::::::::/:::::::::::}::::}::!     _      /:::::;::/
   //:::::::::/::::::::::://ノ\  ‘ー '゙   ,. イ::/ノ
.   /:::::i:::::::::;l::::::::::::(、    ` ,z‐= 爪::::::/
  |:::::::{::::;x〈::::::::::::::ヘ.\    /ヘミ:、:(::::::(
  ,ゞ-‐'".:.:.:丶、::::::ハ.:.:\ (  \ヽ\::::\

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 17:53:12 ID:pkKTT2Kb
>>78
俺は2よりむしろ1だと思ってた
京ちゃんが浩之ちゃんで咲さんがあかり

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 22:33:52 ID:f0MFfVNH
結局京ちゃんは、誰とクリスマスをすごしたの・・・?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 01:08:44 ID:QnuILKQz
5 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 20:03:24 ID:igmklNZU
          ,.  -―‐-- 、
   ___    /: : : : : : : : : : : :\__
  彡 ': : _:ミC' ://: : : : : : : : : : : ヽ}-、
  /: :/: : ィ○/ / : : :!: : !: : :!: : : : : :.ハ : \
  !イ: : ://: ::/: ,'ィ ⌒!ヽ!|: : :i: ハ: :!: : :.!: : : |(⌒'⌒)
   W//: : ,': : !:リxそト  |/レ⌒V: :!: |: :!: :! \/
    /: : : !: : !〈 ト!::リ      |/厶ハ/ V 
    V!: :八: :!xx`¨    ⌒ヾ !: : :|    お兄ちゃん社長〜♪
     Nハ:!ヽ|ゝ、  「  7 xx人: : |
         >‐:: > n/7hr<レイ|/
        厶ヽ:::::::Y   /::::7
       /! \>::.|  /:::::/|
       L|  ヽf^{ミニf フ! .|
        !  / `¨ハ. ! .|
        | \   /:::::! / |


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 02:15:19 ID:8+8uprZD
京太郎はハギヨシと聖夜を過ごしました

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 02:20:36 ID:EKgs70Br
智紀「>>86…と」

はじめ「と、ともきー? 何を…」
智紀「……なんでもない。気にしないで。……フフフ…」

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 02:28:32 ID:JCvufCyY
: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ
: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /         俺のスレなのに俺のAAが貼られてないじゃないか…
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 05:48:29 ID:dxZeLNAU
心霊探偵で笑ってしまったw

ウィキ関連単語: 死体 犯人 知ってる 切り落とし 住民 警察 上手 平氏 難しい たまたま
おかしいだろw

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 13:39:23 ID:O5g3qBj7
京咲和の続きまだかなーと言って見るテスト


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 22:39:44 ID:vIckrDAL
京咲は本当に良いなあ。
幼なじみの女の子がいなかった自分としては羨ましい。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 23:04:22 ID:0MjQbYu3
すねる咲ちゃんと慌てる京ちゃんの図が頭から離れない

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 00:22:21 ID:zlXWi/U+
咲「あー、京ちゃん。寝癖付いてるよー」
京「え、どこ?」
咲「ほら、ここ」
パッパッ
京「おう、サンキュー」
咲「もう。京ちゃんったら、私がいないとダメダメなんだからー」
京「なんだとー!?」
イチャイチャイチャイチャイチャ

久「・・・」
優希「・・・」
和「ブツブツブツブツブツブツ・・・」

まこ「・・・空気の壁が見える・・・」

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 01:27:31 ID:Md3RSKOr
そろそろ京照長編の続きが来ても良いころだけどまだかなー

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 01:29:30 ID:4P4sNZ9A
でも、このままでいいんじゃないかなあ?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 02:39:33 ID:m50DZErm
個人的には照が出てくる話が一番好き。
原作・アニメのクールでちょっと怖い感じと、このスレでのかわいらしさのギャップが素敵。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 03:07:57 ID:TOp6CVrv
>>94俺も続きをそろそろ見たいんだけど…
でもこういうこと書いたらまた変なの沸きそうだから止めたほうが良いんだろうな…。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 21:14:32 ID:P3/jgobC
まあ気長に待とう
向こうにも都合があるだろうし、こちらとしては書いてもらってるわけだから
投下された時は最大限の賞賛を送りましょう

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 00:31:49 ID:LICoVtE0
そろそろ優希ちゃん大活躍でラブラブイチャイチャな話が欲しいトコロだjy・・・ですよね!

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 02:05:29 ID:5lcIW47F
     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|  え? 何?
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|   ごめん、よく聞こえなかったよ。優希ちゃん
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙、 ヽ___       ;==─-ソ::::::/ /:::!   私と京ちゃんがラブラブイチャイチャ?
      ヽ|:.:.ヾ:.、::ヽ≠'´ ̄`     ;;;;;;;;;;;; ノノ:ノ /;イノ
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 02:20:34 ID:Z98WNx7d
咲さん…

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 05:01:12 ID:N6jaWa3t
負けないっすよ腹黒さん

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 09:53:08 ID:HvAymgX/
京太郎「(俺は和とラブラブイチャイチャしたいなぁ〜〜)」
 キョロキョロ
京太郎「(部室には今、俺と和の二人きり・・・これは神が与えたもうたチャンス!)」

京太郎「な、なあ和!」
和「はい。なんです、須賀君?」
京太郎「あ、あのさ! よかったら今度の土曜日、一緒にどっか」
咲「きょーうちゃんっ」
 ポンッ
京太郎「(ビクッ)!! ・・・あ、お、おお咲」
和「咲さん/// おつかれさまです」
咲「うん、おつかれー。で、二人、さっき何話してたの?」
和「それは須賀君が話している途中で・・・一体なんだったんです?」
京太郎「あ、そ、それはその・・・よ、よかったらさ。今度の土曜日一緒にどこか遊びに・・・」
咲「うん、それいいね! みんなで遊びに行こうよ京ちゃん!」
京太郎「え? あ、いやあのさ、俺はのど」
咲「ねえ、どこ行く!? あはは」 ギュッ
京太郎「う・・・(仕方ねえな、こんなに無邪気に喜んでるし・・・みんなで一緒に遊びに行くか)。そうだな、じゃあ映画とか」
和「すいません、次の土曜日はどうしても外せない家の用事がありまして・・・」
京太郎「あ、そうなんだ。うーん、じゃあまた次の土よ」
咲「じゃあ京ちゃん、私と二人で遊びに行こっか。ねえ、久しぶりにデート・・・みたいな。えへへ///」
京太郎「あ、ああそうだなじゃあ今回は・・・うっ!?」
和「(ジトーーー)・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴゴ
京太郎「(ああ、なんか和が怒ってる!? な、仲間はずれになるからかな? いや、咲とデートってのが気に食わないのか・・・)」
和「(咲さんとデート!? こんな野郎が・・・しかも『久しぶりに』!? やはり家の用事は放って・・・で、でも・・・この・・・!!)」
咲「えへへ。どんな服着ていこうかなー?」
京太郎「(あうう、咲はあんなにはしゃいでるし、今更キャンセルもできん・・・お、俺はどうしたらーー!!) な、なあ和」
和「・・・はい?」
京太郎「で、デートっつっても別に俺と咲はだな。兄妹みたいな・・・」
咲「ねえ京ちゃん! どんな映画やってるかインターネットで調べてみようよ!」
ぎゅっ
和「!!?」
京太郎「お、おい咲!? なんでそのセリフで抱きついてくるんだよ」
咲「なんか嬉しくてーえへへ。優希ちゃんのマネー。なんちゃって」
和「ちょ、ちょっとお手洗いに行ってきます!」
京太郎「あ、のど・・・じゃ、じゃあ次の次の土曜に一緒に・・・」
バタン!
京太郎「あーーー・・・」



咲「・・・・・・・クスッ」

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 10:11:08 ID:5lcIW47F
あれ、もしかして綺麗な咲さんなのかな?・・・と思ったらw

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 10:26:32 ID:Cu+ArtEX
>>103
GJ

お二人ともいつも通りで安心しました
何も知らないって幸せなことだよね

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 11:44:03 ID:e/yfI/9E
もう年末だし麻雀部全員で年越ししそう

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 13:41:53 ID:Z98WNx7d
>>103
GJ!!

京 → 和
 ↑ ↓
  咲

って関係が好きな俺はニヤニヤしすぎてヤバい

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/29(火) 01:49:05 ID:mu/7qluk
オソロシスなぁ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/29(火) 10:01:07 ID:DavN0uwr
>>107
タコス・・・

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/29(火) 19:29:28 ID:no9rzL1z
このスレ見てから本編見ると妄想と現実の差に涙が出てくる

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/29(火) 20:09:54 ID:OrJD+gpu
それでも原作よりアニメ制作スタッフの方が、まだ京太郎をよく使っていてくれた気がする。
個人戦でボロ負けとか、妄想とか、買い出しとか、タコスとの夫婦漫才しか思い出せないけど。
あと、全国大会には一応連れてきてもらっていたな。多分パシリだけどw

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 00:12:03 ID:u9cYqRnv
>>111
ただし咲×京成分は無くなります

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 00:33:16 ID:XzGbynaV
アニメは咲和プッシュだもんな…

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 02:50:57 ID:QZuyW1pl
原作では京咲要素あんの?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 05:56:10 ID:A/smC8JX
一巻に、和の嫁姿を妄想してニヤける京太郎に咲がムッとする場面はある
思い返してみれば、レディースランチのやり取りが唯一の京咲ルートだった…

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 09:10:05 ID:OlDXD8/9
つか、原作では京太郎と咲は会話すら1巻を最後に消滅しているような。
京太郎が和に好意を抱いているという設定も、2巻序盤を最後に消滅。
残ったのはタコスのみw

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 12:44:51 ID:bvY3aKhO
和を好きな設定消滅とかしてねーだろ
咲京絡みは確かに初期以外無いけど
どっちも、物語の進行上入れるべきシーンがなかっただけじゃ

まあ実際、咲や和は置いて、タコスとセットみたいになってる感はあるけど
タコスの出番がほとんど無い6巻収録分以降は、一緒に出番激減してるし

ただ、タコスのパワーアップイベント的なんがあるとしたら、それに絡みそうではある

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 16:48:50 ID:xQxoMFsl
つまり京太郎と優希はお似合いということですね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 20:13:36 ID:pJw5o2mg
ndkt

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 21:57:35 ID:bKoRwHzJ
タコ京が一番しっくり来るじぇ!

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/30(水) 22:19:54 ID:GQAIHi4s
ここがうわさの病み咲スレか

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 01:14:03 ID:gpkh0VPm
病んでなんかないよ!
ただ、京ちゃんはわた・・・宮永咲さんと一緒にいるのが一番幸せになれるんだから、邪魔な人達を・・・ね?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 03:53:36 ID:BAMKs3Jl
京太郎がとある主人公の如く、女の子のフラグ立てまくったら
咲が病んで麻雀漫画どころじゃなくなる

だから京太郎の出番は自重しなきゃいけない。こういうことですね?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:47:41 ID:Cg86xyTP
12月31日

京太郎「あー、今年ももう終わりかー・・・」
プルルルルルル
京太郎「お、携帯が・・・ん、照さんからか。珍しいな・・・」
ピッ

京太郎「もしもし」
照「も、もしもし。京ちゃん、おはよ」
京太郎「おはようっす。そうだ照さん、咲から聞きましたよ。今こっちに帰ってきてるんですよね」
照「あ、ああ。そうなんだ。今家に帰ってきてて・・・。で、でさ。京ちゃん」
京太郎「はい?」
照「・・・あ、あの。二年参り・・・その、一緒に・・・ど、どうかな?」
京太郎「二年参り?」
照「うん。○×神社に・・・もし良いなら一緒に行こうって、お誘いっていうか、まあそんな感じで、そのあの・・・」
京太郎「いいですよ。何時に出発します?」
照「・・・いいの?」
京太郎「はい。行きましょう」
照「ありがと・・・。じゃあ、夜11時くらいに私が京ちゃんの家に迎えに来る。一緒に歩いて行こう」
京太郎「オッケーです。楽しみに待ってますね」
ピッ

照「楽しみに、か。ふふ/// ・・・・・・・・・やった!」 グッ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:48:30 ID:Cg86xyTP
プルルルルルル
京太郎「ん? 今度は咲からか」
ピッ

京太郎「もしもし」
咲「もしもし。京ちゃん」
京太郎「おう咲。どうした?」
咲「あ、あのね。もし今夜暇だったら、一緒に初詣・・・二年参りに行かないかな? って」
京太郎「ん、あれ? さっき照さんからも招待されたぞ。咲も一緒に行くんじゃないのか?」
咲「・・・え? お姉ちゃんから?」
京太郎「ああ。俺はてっきり咲も・・・」
咲「・・・・・・なーんだ! じゃあお姉ちゃんが先に言ってたんだね。うん、私も一緒に行くんだ。ごめんね、連絡被っちゃったみたい」
京太郎「ん、そういうことか。じゃあ今夜11時にな」
咲「うん。ごめんね〜」
ピッ

咲「・・・・・・・・・お姉ちゃーん!!」
照「なあに? 咲、呼んだ?」
咲「うん。ねえ、一緒に二年参り行こうよ!」
照「え!? あ、あー。誘いは嬉しいんだけど、なんだ、えっと、先約が・・・」
咲「先約?」
照「ああ。えーっと・・・昔の友達と・・・」
咲「京ちゃんのこと?」
照「う・・・!? し、知ってたの?」
咲「うん、さっき電話で聞いたんだ・・・。ね、だからさ、私も一緒について行きたいなーって思って」
照「えー・・・そ、その・・・」
咲「・・・私と一緒は嫌なの?」
照「そ、そんなことはないよ! ・・・・・・う、うん。じゃあ一緒に行こう咲。三人一緒に初詣行こう」
咲「やったあ。ありがとうお姉ちゃん!」 ギュッ
照「う・・・」

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:49:29 ID:Cg86xyTP
ピンポーン
咲「京ちゃん、来たよー」
京太郎「おお、咲、照さん。こんばんわー」
照「うん、こんばんわ・・・ひ、久しぶり」
京太郎「はい。夏の大会ぶりっすね」
照「あの時はあんまりお話できなかったから・・・そ、その、今日は・・・」
咲「ねえ、早く出発しないと年明けちゃうよー」
京太郎「おお、そうだなー。よし行くか!」
照「あ・・・うん。出発しようか」


京太郎「照さんは高校卒業して、どうするんですか?」
照「私は推薦で東京の大学に進学が決まってるんだ」
京太郎「え! それはおめでとうございます」
照「うん。ありがと」
京太郎「そっかー・・・でもまた東京かあ」
照「こ、こっちには休みの日にちょくちょく戻ってくるつもりだから! ・・・だ、だから、あの・・・京ちゃん、また・・・」
京太郎「そっか、じゃあまたいつでも会えますね! 一緒に遊びに行きましょうよ。帰ってきた時は連絡ください」
照「・・・うん! 絶対連絡する!」
京太郎「へへへ、出来れば麻雀とか特訓つけて貰いたいなー、なんて」
照「いいよ! 目指すは男子インターハイ優勝だ。ビシビシ指導するからな!」
京太郎「あはは。照さんが言うと心強いなー」
照「////// よ、ヨロシクね・・・えへへ」
咲「・・・・・・(お姉ちゃん、やっぱり京ちゃんの事・・・どうしよう私、無理矢理付いてきちゃったけど・・・でも私は・・・私も・・・)」

 ごーーん

咲「あ、除夜の鐘の・・・」

コケッ

咲「きゃ、きゃあっ!?」
照「咲!?」
京太郎「おっと!」
ガシッ
咲「あ・・・」
京太郎「大丈夫か? 咲」
咲「う、うん・・・。ありがと、京ちゃん///」 ぎゅっ・・・
照「・・・」
京太郎「まったくそそっかしいなあ、咲は。ま、雪で地面凍ってるし、そのまま俺の腕掴んでてもいいぜ」
咲「え・・・? ありがと京ちゃん///」
 ぎゅっ!
照「!」
咲「えへへ・・・♪」
京太郎「ま、咲のことだ。どうせまた変な考え事でボーッとしてて、コケたんだろ?」
咲「な!? ち、違うよお! ただ単純につまずいて滑っただけで・・・」
京太郎「はいはい」
咲「あー、その顔は信じてない! それに、いっつも変な妄想してボーっとしてるのは京ちゃんの方じゃん!」
京太郎「はあ? 俺がいつそんなこと」
咲「いっつも!」
京太郎「コイツー!」
 プニプニプニプニ
咲「ふえ! ひゃ、ひゃへてよー(やめてよー)!」
京太郎「あははは」
照「・・・・・・ずいぶん仲良いんだな、二人」
咲「・・・!」
京太郎「へ? 何か言いました?」
照「・・・ううん、なんでもない。さ、急ごう!」

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:51:17 ID:Cg86xyTP
咲「うわー、人いっぱいだね」
京太郎「ああ、みんな考えることは一緒だなー」
照「あと5分で新年。ギリギリだったな」
京太郎「あ。俺、あの自販機で何か温かいもの買ってきますから、参列しててください。何がいいです?」
照「え? そんな。ここは私が行くよ」
京太郎「いいですって。俺パシられるの慣れてますから! コーヒーでいいですか?」
照「うん・・・ありがと」
京太郎「咲は?」
咲「えっと・・・じゃあ私もコーヒー」
京太郎「オッケー、ちょっと待ってて」
咲「ありがとう京ちゃん」
 タッタッタ・・・
照「・・・京ちゃん、相変わらず優しいな」
咲「うん・・・」
照「・・・ねえ、咲」
咲「ん? なあに、お姉ちゃん?」
照「咲はまだ、京ちゃんのこと好きなの?」
咲「え!? あの・・・えっと・・・きゅ、急に何を」
照「もう今は好きじゃないの?」
咲「・・・・・・好きだよ・・・好き。今でもずっと・・・好き」
照「・・・そうなんだ。やっぱりか」
咲「お、お姉ちゃんは・・・」
照「ライバルだな。私達」
咲「・・・・・・え?」
京太郎「おまたせー! コーヒー買って来ましたよ」
照「ありがとう、京ちゃん」
咲「あ、ありがと・・・(お姉ちゃん、今なんて・・・)」

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:53:45 ID:Cg86xyTP
京太郎「あと30秒で新年! おお、このままのペースだったら、零時ちょうどに参拝できそう!」
咲「お賽銭お賽銭・・・・・・あ、あった。・・・100円でいいかな?」
照「あと10秒だぞ・・・6、5、4、3、2、1・・・」
 チャリーン
 ガラガラ・・・
 パンッパンッ
咲&照&京「・・・・・・・・・」

咲&照&京「明けましておめでとうございまーす」
京太郎「二人とも、今年もヨロシク」
咲&照「うん。よろしく!」
京太郎「ところで初詣、何お願いしました? 俺は麻雀で強くなれたらいいなーって」
咲「えっと、私は好k・・・大事な人とずっと一緒に居られたらいいなあ。なーんて」
京太郎「へー(そっか、せっかく照さんと仲直りできたんだしな・・・) うん、叶うよきっと」
咲「え? ・・・え、えへへ///」
照「・・・(京ちゃん、なんか勘違いしてる気がする・・・)」
京太郎「照さんは?」
照「ん? 私は・・・そうだな、願いっていうよりは、自分に気合を入れた感じだな」
京太郎「気合?」
照「ああ、今年は勝負の年だな。ってね」
咲「!」
京太郎「勝負? でも、大学は推薦で通ったって・・・麻雀の大事な大会でもあるんですか?」
照「いや・・・まあ、違うけどそんな感じかな・・・ね、咲?」
咲「・・・・・・うん!」
京太郎「???」

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:54:57 ID:Cg86xyTP
京太郎「さ、もう帰りますか」
咲「うん・・・ねえ京ちゃん。あの・・・さっきみたいに腕組んで歩いても・・・いい?」
京太郎「え? ああ、別にいいぞー」
咲「やった! えへへー」 ぎゅっ
京太郎「零時をまわって、地面もますます凍ってるしなー」
咲「それに、こうしてると温かいし・・・」
京太郎「おお、そうだな」
咲「///」
照「・・・」

 ぎゅっ

京太郎「照さん?」
照「あの・・・わ、私もこうやって・・・咲とは逆の腕を組んで帰っても・・・いいかな?」
京太郎「はあ・・・いいですけど」
照「・・・//////」 むぎゅーー
 ぷにっ
京太郎「(あ、咲の胸では気付かなかったけど、こうやってると照さんの胸が・・・ラッキー!) ・・・でへへ」
咲「・・・ムムム」
照「・・・(負けないよ、咲)・・・さ、帰ろっか!」
京太郎「はい」
咲「うんっ」

 つるっ

 どしーん!

咲「きゃあ!!」
照「痛っ!」
京太郎「いってー!」



おわり

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 16:42:14 ID:3UL6vtXT
なんというGJ!
咲も照もかわいい

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 20:37:10 ID:gpkh0VPm
おねえちゃんかわええ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 01:42:19 ID:a+Cc/p0C
京×華菜で。


京「う〜、さむさむ……まだかなぁ……」
池田「お、お待たせだし!」
京「あ、池田さん。明けましておめで……と……」
池田「おめでとうだし!……どうしたし?」
京「あ、いや、着物……着てきたんですね」
池田「あ、うん。せっかくだし……どう……かな?」
京「す、すごくキレイです!」
池田「そ、そんな大声で言わなくてもいいし!でも……ありがとうだし」
京「///」
池田「///」


小池3「京ちゃーん!」

  どごぉ!

京「おぼふっ!?」
池田「こ、こら!」
小池3「京ちゃん!あけおめだし!」
小池1「おめだし!」
小池2「お年玉よこすし!」
京「い、いい加減出会い頭にタックルかますのは止めてくれ……てかお前ら来てたのかよ!」
池田「ご、ごめんだし。チビ共がどうしても来たいって……」
京「あ、い、いいんですよ。できれば2人きりが良かったですけど(ボソッ」
池田「え?」
京「あ、な、なんでもないですよ!」
小池3「ほほ〜ぅ、お邪魔しちゃったみたいで悪かったし〜」
小池2「新年早々言ってくれるし」
京「お、お前ら!今の聞こえて……」
小池1「ん〜?別に何も聞こえてないし〜?あ〜、でもお年玉とかくれないとポロッと口が滑っちゃいそうだし〜」
京「クッ……!」
池田「?何の話をしてるし?」
小池3「華菜〜、さっき京ちゃんが」
京「わーっ!分かった!分かったから!」
池田「??」




もう書けない。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 12:55:43 ID:VgApAWai
>>124
宮永姉妹を両腕に組む京ちゃんなんて端から見ると凄い光景だな…
>>132
あら可愛い!なにこの猫一家

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 13:38:51 ID:gQEvOkM7
咲「当たり前だけど京ちゃん家の京ちゃん宛ての年賀状がきてる・・・差出人は・・・」
「片岡優希…」
ビリッ
「竹井久…」
ビリッ
「原村和…」
ビリッ
「染谷まこ…」
ストン…
「池田華菜…」
ビリッ
「宮永照…」
ビリッ!ビリッ!バリバリ!ぐしゃ!
「良い嫁さんだなぁ…」
ストン…
「宮永咲…」
ビr
「あ・・・」

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 15:03:22 ID:DzxcEslq
オチワロタ
っつーかワカメはいいんかいw

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 17:57:59 ID:Ne7MedvC
>>134
> 「宮永照…」
> ビリッ!ビリッ!バリバリ!ぐしゃ!
クソワロタw

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 19:04:16 ID:VgApAWai
実は郵便受けの底の方にあった東横桃子のステルス年賀状だけは破られなかったんですよ奥さん!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 20:54:32 ID:KyUcxlkH
皆さんGJっす!
自分も正月ネタを・・・


京太郎「はぁ・・・」
まこ「ん? どうした、新年早々ため息なんか」
久「縁起悪いわねえ」
優希「こーんな着物美人達に囲まれて三社参りしたのに、楽しくないのか!」
咲「体の具合でも悪いの? 京ちゃん」
京太郎「いや・・・今日家の用事で来れなかった和の、着物姿が見たかったなあ・・・って」
咲「・・・」
優希「・・・」
久「・・・」
まこ「(新年初デリカシーの無い発言じゃな)」
げしっ!
パーンッ!
ぼこっ!
京太郎「いってーー!」
まこ「(新年初どつきじゃな。しかもトリプル)」


咲「う”ー・・・」
京太郎「なんだよ皆! 急に痛いなあ」
久「ノリよノリ」
京太郎「なんですかそれ!?」
優希「大体京太郎は、のどちゃんのどこが好きなんだじぇ? 全然相手にされてないのに」
京太郎「おっぱい」
咲「・・・」
優希「・・・」
久「・・・」
どげしっ!
ズパーンッ!
どごっ!
京太郎「いってーーー!!」
まこ「(早くも新年二度目のどつき。大判振る舞いじゃな)」


優希「仕方ないじぇ。じゃあお年玉として、特別に私の胸触ってもいいじょ〜。いや〜ん! ほれ」
咲&久「!?」
京太郎「いらねえ」
優希「・・・」
咲&久「・・・・・・プッ」
優希「あーー!! 今部長と咲ちゃん笑ったじぇ!?」
咲「ご、ごめん・・・だって今の間、漫才みたいで・・・あはは」
久「今年も息ピッタリね。うふふ」
まこ「新年初夫婦漫才じゃの」
京&咲「こんなのとは夫婦じゃないです!!」
優希「おい犬! そんな大声で否定しなくても・・・・・・あれ、咲ちゃん?」
咲「あ・・・・・・・・・あはは、なあに? 私何も言ってないよ?」
まこ「(新年初本音暴露&初ごまかし・・・ってトコか?)」

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/01(金) 20:55:44 ID:KyUcxlkH
咲「私と京ちゃんは家こっちの道なんで、じゃあここで」
京太郎「おおそうだな。じゃあ皆、よい新年を」
優希「バイバイだじょー」
まこ「うむ。そっちも良い新年をな」
久「気をつけて帰りなさいよ」
咲「はーい。じゃあ行こっ、京ちゃん」(と言って京太郎の手を握る)
ぎゅっ
久「!!?」
まこ「ふっ・・・ニヤリ」
優希「あー!!」
咲「ん? どうしたの、優希ちゃん?」
優希「て、て、手・・・」
咲「ああ・・・ごめんね京ちゃん。昔からのクセでつい・・・」
優希「昔・・・」
久「・・・から?」
まこ「ほほう」
京太郎「ん。別にかまわねーよ、俺は」
久&優希「!!」
咲「ありがと、京ちゃん!」(と言って今度は京太郎と腕を組む)
むぎゅっ
久「!!!!??」
優希「あーーー!! ああああーーー!!!」
咲「じゃあまた新学期に」
京太郎「おつかれさまでーっす」
久「・・・・・・お、おつかれ・・・う、うふふ・・・」
まこ「笑顔引きつっとるぞ?」
優希「う”う”う”う”・・・」
咲「・・・・・・クスッ」
まこ「ふっふふふ。咲も普段大人しいクセに、こういう時はやるのう・・・はっはっは! あっはっはっはっは!! あー、楽しい!」
久&優希「楽しくない!!」
まこ「おおう・・・新年初ツッコミ」

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/02(土) 06:32:42 ID:9z14KQ5a
GJ!!
みんなかわいいなーもう!
あいかわらず咲さん黒いなw

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/02(土) 18:41:19 ID:CSn/bYOD
やめて!久ぴょんの忍耐力はプラマイ0よ!!

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/02(土) 23:02:50 ID:Rd+T14HO
>>141

久「ねえ、京ちゃん」
京「・・・」
久「京ちゃん!」
京「・・・え!? も、もしかして俺っすか?」
久「当り前じゃない」
京「なんで急にそんな呼び方を・・・」
久「だって、咲だけズルい・・・じゃなかった。なんか呼びやすいからよ! 別にいいでしょ」
京「はぁ・・・」
久「私の事も『部長』じゃなくて、好きに呼んでいいわよ?」
京「じゃあ久ぴょん」
久「・・・はぁ?」
京「久ぴょん」
久「・・・ば、馬鹿! 恥ずかしいでしょ、そんなんじゃ! 小学生じゃあるまいし」
京「じゃあ二人きりの時だけ、ってことで」
久「二人きり・・・? /// ま、まあそれなら・・・特別に許してあげなくもないわよ?」
京「久ぴょん」
久「・・・ な、なあに? 京ちゃん」
京「呼んでみただけです」
久「・・・・・・もう///」


みたいなんを妄想した

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/02(土) 23:35:23 ID:iMYjFr7F
部長かわかわ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 06:16:16 ID:7xjHkOUa
>>142
ゴフッ・・・俺を萌え殺す気かー!
GJ久ぴょんb

145 :ハーレムとはチョット違うけど:2010/01/03(日) 23:15:10 ID:7hxQiS4c
特別企画『男麻雀』

ルール
・通常麻雀と同じ

ペナルティー
・負けたら脱衣。尽きたら観客の方に前面を向ける(腰で前は隠さない)

現時点でのメンバーは京太郎とハギヨシの他に財津原蔵王丸と須藤霧彦の二名が挙がっていますが・・・


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 02:45:02 ID:oLkdDOpq
>>142
部長かわいいのぅ

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 23:03:53 ID:Vj/8jYMt
久京が至高ってことよね!

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 03:10:17 ID:TuBlXOb2
池田とキャッキャウフフしようとしてコーチに怒鳴られる京太郎が見たいです。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 03:49:11 ID:LsbMPLBa
>>148

京「池田さん、急に呼び出しなんてどうしたんだろ……も、もしかして別れ話とか!?お、俺何かしちゃったのか!?」
池田「お、お待たせだし」
京「あ、い、池田さん!?……と……」
貴子「ふむ。お前か、須賀京太郎とかいうやつは」
京「そうですけど……どちら様ですか?」
貴子「私は風越で麻雀部のコーチをしている久保貴子という者だ」
京「はぁ……それでそのコーチさんが何でここに……」
池田「あの、実は」
貴子「池田ァ!お前は黙ってろ!!」
京「!?」
池田「は、はいぃぃ!」
京「あの……」
貴子「ふん、立ち話もなんだ。ちょっとそこの店に入ろうか」






とりあえす出だしだけ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 03:52:20 ID:LsbMPLBa
あれ?↑のって別に池田とキャッキャウフフしてねーな。
してた結果の話になりそうだ……

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 04:20:02 ID:7tjFbVkA
なにこの厳格な娘の父に挨拶に来た彼みたいなシチュ?
ちなみに母はキャプテンか?

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 14:38:20 ID:qz0oqtPR
コーチ「須賀ァ!! そこでション牌の西切りはねえだろォォ! ゴルァ!!」
京太郎「ひぃ! す、すいません!!」
コーチ「こういうときは素直に降りてだなあ。そしてこっちをこうやってこうしてこう・・・」
 ・ ・ ・
京太郎「なるほどー。さすがコーチですね」
コーチ「お、おう・・・当り前だ」

華菜「・・・なんで京太郎がコーチにシゴかれてるんだし!?」
美穂子「色々あって・・・頑張ってますね、京太郎さん」
京太郎「はい〜。それにしても厳しいっすね、風越のコーチさん」
コーチ「ああ? 何か言ったか!?」
京太郎「な、何も! すいません!!」
美穂子「ふふふっ」
京太郎「・・・でも、風越生徒でもない俺が、みんなの練習に参加してもいいんですかね?」
コーチ「あー? 別にいいだろ」
美穂子「そうですよ、京太郎さん。麻雀を上手くなりたい気持ちに、どこの生徒だとかは関係ないでしょ?」
京太郎「美穂子さん〜!」
美穂子「それに、京太郎さんがいてくれたら私は楽しいし・・・///」
京太郎「美穂子さん・・・///」
華菜「!?」
コーチ「おい!! 何テメーら名前で呼び合ってんだ!!」
京太郎「あ、いや・・・なんていうか、いつの間にか・・・ですよね?」
美穂子「京太郎さんが・・・こ、こう呼び合いたいって言ったんじゃないですか・・・もう///」
華菜「・・・」
コーチ「おい須賀・・・いや、京太郎!! 高校生の分際でイチャイチャしてんじゃねーぞ!! 私のことも『貴子さん』とか呼んでみるか、コラ!?」
京太郎「ひ! すいません!ごめんなさい! そんな滅相もない!!」
コーチ「・・・呼ばねえのかよ」
京太郎「はい?」
コーチ「なんでもねえよ!!」
美穂子「・・・・・・クスッ」
華菜「(なんか京太郎モテてる・・・のか? ・・・ま、負けないし!)」

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 16:00:40 ID:kLtIObNn
GJ!!
まさかのコーチデレに吹いた

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 19:49:33 ID:TswkzWbh
GJ!
まさかコーチがデレるとは・・・
借りてきた猫状態の池田も笑える。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 21:29:07 ID:a7VBakg4
>>145のネタに画像追加。
ttp://image.blog.livedoor.jp/punix9010/imgs/2/a/2a3b7341.jpg
ttp://image.blog.livedoor.jp/tsukimuracircus/imgs/5/2/52d98f6e.jpg
さあ京太郎も仲間に為るんだ!

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:57:51 ID:qz0oqtPR
>>155
咲「きゃあ!! きょ、京ちゃんなんで裸なの!? ///」
優希「わああ! へ、変態だじょーーー!! いやーーー!!」 ダダダダダッ
京太郎「負けた・・・なんか龍門淵の執事さんに無理矢理変な大会に参加させられて・・・ボロ負けで・・・服を取られて・・・ううう(泣」
久「あらあら・・・」 ジー・・・
咲「と、とりあえずホラ。私のジャージ貸してあげるね・・・///」 チラチラ
京太郎「ありがとう、咲・・・」
和「・・・(チラッ)・・・・・・退部してください・・・(チラッ)・・・(チラッ)・・・」
まこ「ほほう・・・そのイベント、うちの店でも・・・いやいや、流石にまずいか」

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 09:01:56 ID:7TWVhhz9
>>156
部長、あんまり凝視しないでください・・・
ワカメはいつものワカメだなw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 17:40:34 ID:GcEyZVgz
直にジャージか・・・

返して貰った後、クンカクンカモフモフして楽しむんですね。咲ちゃん

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 17:55:29 ID:m8SiXmSq
>>158
http://www.saki-anime.com/
照に奪い取られます

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 17:57:21 ID:JrELVLuT
姉さん怖いにも程があるだろwなんなんだこの姉妹www

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 21:05:48 ID:Pz2TLZDt
姉ちゃんラスボスなの?麻雀で人を殺す事ができそうだよこの照

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 21:15:31 ID:GcEyZVgz
京「じゃあな。ジャージありがとー」
咲「うん。わざわざ洗って返しに家まで来なくてもよかったのに・・・じゃあ、また明日学校でね」
バタン

咲「・・・裸の上にそのまま着てたんだよね・・・・・・」
もふもふ
咲「・・・えへへ。京ちゃんちの洗剤の臭いがする」
もふもふもふもふもふ
咲「・・・んん〜!」
照「咲? 何してるの?」
咲「お! お姉ちゃん!! べ、別になにもしてないよ〜? おかえり〜。あはは」
照「さっき表の道で京ちゃんに会ったんだけど」
咲「え? あ、あはは。そうなんだ」
照「そのジャージ、京ちゃんに貸してたんだよね?」
咲「あ・・・うん」
照「しかも全裸の上に直に着てたんだってね?」
咲「・・・」
照「貸して」
咲「いや!」
照「ちょっとでいいから!」
咲「ダメ!! 絶対ダメ!!」
照「・・・」ゴゴゴゴゴ
咲「・・・」

天上裏
和「・・・咲さん・・・」

そして>>159の絵へ

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 02:26:57 ID:4uxSWaa0
京ちゃんを合同合宿に連れて行きたい

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 08:23:32 ID:SFAjTlqr
>>159-161
しかし何でこんな表情にさせたんだろう。
第二期への惹きにしたってコレだと継続視聴意欲を削ぐだけだとしか言えないってばよ。
まさか制作スタッフたちの私生活でアニメ制作に影響する程のイヤな事が在ったんだろうか……

皆には其の辺が解るか?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 08:51:11 ID:a4cs6faa
>>164
正直言って、あの顔はザコ悪役の顔。エトペン盗んだ人の初期の顔より酷い。
今までの照には謎めいた雰囲気があったのになあ・・・

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 09:14:33 ID:SFAjTlqr
>>165
ひょっとして原作の遅さにブチ切れたスタッフが腹いせにあんな顔にしたんかね。

「オラオラどうした立センセイよぉ!! アンタが早く原作進めないからこっちで勝手にやらせてもらうぜ!」

167 :追記。:2010/01/07(木) 22:25:49 ID:SFAjTlqr
若しくは原作者から
「実は照は非処女なんですよ。あの年頃で非処女なんて不自然じゃないですか」
と聞かされたアニメスタッフが憤って……
まあ何にしたってああいう顔やらせちゃあ咲という作品には少なからず悪い影響が出るだろうね。

ああ……私が……せめてこの私がアニメ制作者の枢機の一員であったならこんな事には!!

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 22:32:24 ID:hB15PDiI
脱線してきたな・・・

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 23:00:57 ID:SFAjTlqr
>>168
原作とアニメの両方が激しく停滞してるんだからしょうがないです

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 23:09:44 ID:ryD9CnhK
しょうがなくねーよ
うっとおしい

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 23:57:21 ID:ZAoezGER
そろそろ部長が京ちゃんと二人っきりでアレとかソレとかやる感じの話が

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 00:09:26 ID:sLr/oI1O
>>171
それは↓ですね解りますよ俺には
ttp://blog-imgs-38.fc2.com/d/e/r/dery412/1260572815123.jpg

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 00:30:30 ID:fwWvYstF
久「よし、須賀君! 部活終わった後に残っててね。アレやるわよ」
咲「・・・?」
京太郎「分かりました部長。アレってことはソレもですね」
咲「あ、アレ? ソレ?」
久「そうよ須賀君! どうせならナニもやっていいわよ!」
咲「ナニ!!?」
京太郎「本当ですか部長! ぜひお願いします!!」
咲「ちょっと待って下さい! 一体さっきから何のことを」
京太郎「あ、あはは・・・。咲には関係ないよ。言うと恥ずかしいし・・・」
咲「恥ずかしい!?」
久「そうよ。これは私達の問題で・・・」
咲「ムムム・・・!」


まこ「(ただ単に、京太郎の麻雀特訓の話なんじゃが・・・なんか面白いから咲には黙っとこう)」

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 23:02:25 ID:ux/sTRno
ここでは京照とか京久がそれなりにあるけど
ここはまったく持って意外なキャラとのアップリングとかも見てみたいものだ
例えば智紀とか

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 00:48:36 ID:iiYWleWA
意外といえば染谷まこ。
出番はあってもカップリングにはならない。

出番も無いのは井上純とか。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 08:47:34 ID:695sFBEZ
まこは麻雀部のバランサーとして上手く機能しているが、たまには主役になるのも見てみたい。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 14:31:08 ID:p6fuAqVL
作中で一番フラグ立ってるのは優希ちゃんなのに、優希ちゃんと犬がイチャイチャする話が少ないのが問題だじぇ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 16:13:51 ID:y6stDJCu
80 名前: めがねレンチ(福岡県)[] 投稿日:2010/01/05(火) 13:08:24.28 ID:kN2suw2e
京ちゃんがいくらおっぱい星人とは言え、タコスの執拗なセックスアピールを平然と拒否するのはおかしい
考えられる理由としては

1、裏では二人やりまくってる
2、漫画的表現でかわいく描いてあるが、実はタコスは相当なブス
3、ブスではなくとも、タコスばっかり食ってるから口臭体臭がヤバイ
4、セックスは咲で事足りてる
5、実は女の子
6、ホモ(のどっち好きなフリはフェイク)

好きな選択肢を選びなさい

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 16:37:33 ID:Pl4Y2ulC
>>176
取敢えず概要の一部を俺は考えました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
かつて妹尾佳織のビギナーズラックにより惨敗した龍門渕透華と染谷まこは
其の後遺症に因り、予想外の展開に対する過剰な恐怖心が肥大してしまっていた。
「アワワ…こ…こわい」
「ひっ!! ビギナーズラック!」
其の結果下克上を狙う学生雀士達に追い落としを喰らう迄に零落れ……
「初心者以下には麻雀継続をご遠慮願いましょうか?
ねぇ、龍門渕さん。それに…染谷さん?」
「な、何ぃ? 初心者以下やとぉ? 其の言葉取り消さんかい!」
「よすんだ、透華!!」
「離してくれませんか衣、これは私達の雀士の名誉の問題ですわ!」
「カーッカカカァ、お前達二人に名誉なんてあったのか? 
そんなんでイカサマもせずに今迄通用してきたのは単に幸運だっただけだろうがなァ」
「そこまで言われちゃ黙っとれんわ! 今此処で対局じゃあ!」
くらえ。
ちいっ。
ぐわっ。
うわっ。
いいよぉ。
おおぅ。
くらえ。
うわあぁ。
あああぁ。
ひいっ。
くふっ。
げえっ。
にいっ。
にやりっ。
いやあっ。
なんやとぉ。
「六飜! 清一色!」
「や…役が何一つ作れなかった……」
「これで来年からは私達のポジションが確実になったわけだな」

そんな二人を憂慮した竹井部長と天江衣は、二人の過剰な恐怖心への対策とこれからの為に
京太郎を連れて、とある場所へ修練に向わせた――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
まあ上記のような基本コンセプトでどなたか御願いします。
麻雀のルールとかは殆ど理解出来ないので……

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 16:52:38 ID:1isC94M+
>>178
これはもちろん4番だよね。京ちゃん?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 17:10:16 ID:Pl4Y2ulC
>>178,180
俺は↓のいずれかだと思うね。
@ ttp://image.blog.livedoor.jp/himasoudana/imgs/c/a/ca65e4f0.JPG
A ttp://17.media.tumblr.com/tumblr_ktt0mkDGIv1qz5y0no1_500.jpg
B ttp://hiptalk.magical.gr.jp/koike/works/erec44.jpg

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 18:14:35 ID:1kFhRbZT
まとめサイトみたいなのないの?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 18:19:23 ID:q/+R5kcK
テンプレ読め
http://www21.atwiki.jp/kyoutarouherlame/

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 21:57:30 ID:Pl4Y2ulC
だから皆さん>>179のネタ振りは如何なんかと……つまんなかったら謝りますが。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/10(日) 01:19:49 ID:F25l0sEf
まこ「京太郎はなぜ和のことが好きなんじゃ?」
京太郎「ブッ! な、きゅ、急に何を聞いてるんですか!」
まこ「やっぱりあの巨乳か?」
京太郎「そっすねー。やっぱりあのでかいおっぱいが魅力的で・・・って、何言わせるんです」
まこ「フッ。やはり乳か」
京太郎「・・・悪いっすか?」
まこ「いや、別に悪いとかじゃないが・・・例えば、咲や優希が巨乳になったら、お前は好きになるのか?」
京太郎「んー・・・触りた・・・じゃなかった、えっと、なんか目の保養とかになって嬉しいかもしれないけど、和みたいに恋愛感情は抱かないかも?」
まこ「ほう。なんでじゃ?」
京太郎「なんていうか、あの二人は妹みたいにしか見れないって言うか・・・特に咲は小さい頃から一緒だし」
まこ「ふうん・・・(あいつらも不憫じゃの)」
京太郎「俺って、基本的に年上好きなのかも?」
まこ「へー。年上・・・。年上ね」
京太郎「はい・・・って、何ニヤニヤしてるんすか」
まこ「へ!? ニヤニヤしてたか?」
京太郎「はい」
まこ「んん・・・? ま、まあいい。さ、早く部室に行くぞ京太郎!!」

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/10(日) 12:52:20 ID:Hu2kGjIU
まこはツンデレの資質があるな

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/10(日) 23:16:42 ID:BVDUWasy
>>185
GJ!
だけどまこはデレデレするのがなんか想像できないなw

ってことでそろそろ部長分を(ry

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 00:28:04 ID:FbXUczNy
作中見た感じタコスが一番フラグ立ってるけど
俺が清澄麻雀部の活動を妄想してると、いっつも部長と京ちゃんがイチャイチャする展開になってしまう

部長「須賀君、今度の日曜日に備品の買出ししてくれない?」
京太郎「いいですよ」
部長「やたっ♪ じゃあ朝10時に駅前で二人待ち合わせってことで」
京太郎「いや、品物教えてくれれば一人で買いにいきますよ?」
部長「え? そんなわけには行かないわよ。1年生一人に任せるなんて」
京太郎「大丈夫ですよ。日曜日だし部長は休んでてください」
部長「だ、だけどその・・・やっぱり私も一緒に」
京太郎「俺一人で大丈夫ですって」
部長「・・・も、もう! 私も一緒に行きたいって言ってるのよ!!」
京太郎「?」
部長「・・・鈍感っ」

みたいな

189 :ハーレム展開はこんなオチで如何でしょうか。:2010/01/11(月) 01:51:58 ID:0EozQrFl
原村父
「おまえのような奴にはこれがふさわしい 覚悟ッ!!」
京太郎
「ま まてッ 気でも狂ったか 義父(とうさン)ッ お おれは男だッ!」
原村父
「男では無い きさまの様な奴はやくざ雀士以下じゃ 喰らえいッ!!」

ド オ ッ

京太郎
「ぐ ぐえーッ!」

原村父
「喝!
假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑變成池
或漂流巨海 龍魚諸鬼難 念彼観音力 波浪不能没
或在須弥峯 為人所推墮 念彼観音力 如日虚空住
或被悪人逐 堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛
或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力 咸即起慈心
或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊……」

京太郎
「ギャアアアアアアアアア」

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 02:22:12 ID:jbsuLSQX
>>189
自分の父親を人外にしてまで排除したがるなんてピンクさんマジパネェっす

191 ::2010/01/11(月) 03:00:49 ID:SmP7gcBL
のどか、遊びはほどほどにしなさい

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 03:02:31 ID:Ptc9TMvt
なんだ>>189
はピンクさんか

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 08:07:37 ID:1XY/J8jN
のどっちのパソコンと携帯電話没収だなw

194 :189:2010/01/11(月) 09:29:52 ID:0EozQrFl
>>190-193
京太郎に打ち込む男は宮永父かハギヨシの方が良かったですかね?

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 13:45:34 ID:1TBPgpBO
>>188
ふむたまりませんな

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 14:27:09 ID:36g+1LvC
>>188
> 作中見た感じタコスが一番フラグ立ってるけど


    ,':.:.:.:.:': :.:. :.:.| , イ:.l | ̄`丶:.|:.: .|  , -‐-、 | |  :i:.:.:.:.:\
   ,' : : :! :.:.:.:.:.:/:.:.:.:!',| |:.:|__|:.:.:.j:.:.:j|:.:.:.:.:|:.:.|:.:\:|:... i     ヽ
   ! : :.:.:.| :.:.:.:.: !:.:!:.:.:.:| i| ヽ| j:.:./|:./ !:.:.:.;'j:.,'|:./ |:.|:.:.:.:.|:.:.    i
   ! .:.:.:.:.| : :.:.:.:.', |ヽ:.:ヒニ三≠/ j/ j:.:.///_j/ j/|:.:.:.:' i:.:.:. .  i
   | :.:.:.:.:.! : .:.:.: ヽイ X::::::::ハ `  / ///"ィハ,`ヽ f:.:.:/:.:i` 丶 、i
.   !: :.:.:.:.:!:.:.:.:.:.\{{ {: {:::::::kd       i{::::::r! }} /:.:/:.:.:i|    え? 言ってる意味がわからない
   !:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:.:.:!ヽ.マOイ ソ         Y) イ!.ノ//:.:.:.:.:i
.   ;.:.:.:{{  \:.:.ヽ  `¨¨´         、 `¨´  {:.:.:.:.:.:.:.:i
    ',:.:八   `丶\ ゙゙゙゙゙             ゙゙゙゙゙ l:.:.:!.:ト、:. i
     ヽ|ヽヽ.                      !:::ハ| ヽl
.        \.ー\        ⊂ニ  つ     .イj/  !  |
        ヽiヽ::}丶    , ---- 、    <
.          ヽヽl    ./   /\ \イ
            l    / / , ヘ.Y´
            ,xへ|   // / ,.へ.\

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 18:41:33 ID:8L8LhzW0
個人的には京太郎と和で話が見てみたいものだ
スタンダードにナンパされてる和を横から助けて
それが切欠で意識されるとか

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 00:08:38 ID:XOltuHkz
原村さんが京太郎意識しちゃったら両思いになっちゃって、咲ちゃんの精神状態がヤバイことに

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 02:59:51 ID:uwDvI+Vg
このスレではもうヤバイ事になってるだろあの娘…

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 05:41:08 ID:r/EIIysG
誰がなんと言おうと京ちゃんは咲の婿!
異論がある人は私に麻雀で勝ってから言ってください!

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 09:40:42 ID:jeTzKV5p
照姉さんが

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 12:07:18 ID:RDWiPAR2
京和の両思いいいな
ラブラブっぷりを見せつけられたい

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 19:41:03 ID:YjKEihHq
>>202
物陰から咲が見てます

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 23:31:55 ID:5Glh8RzM
京和が成立しちゃったら、部内がスゲーぎこちなくなりそうだw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 23:43:58 ID:YjKEihHq
>>204
つ咲ヤンデレ

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 23:51:15 ID:ETZ2Qlvr
和は隠したがりそう

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 23:56:04 ID:ROXKUDJm
京太郎「なあ和〜。帰り一緒に何か食べようぜ」
和「はい、いいですよ。ふ、ふたりっきりで・・・///」
京太郎「ん〜! 和はかわいいな〜〜」
和「も、もう! そんなこと言われると恥ずかしいじゃないですか」
京太郎「あはは〜」


咲「・・・・・・・・・」
メキメキメキメキ・・・ガッ!!

優希「うわー!咲ちゃんに渡った全部の牌が白になってるじぇ!!」

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 00:43:17 ID:S552iOjj
京太郎「なあ、和?」
和「こ、ここじゃダメですよ…///」
京太郎「どうせ誰も見てないんだしいいだろ?」
和「もう…仕方ないですね///」
京太郎「和…」
和「須賀君…」


優希「二人とも私達が来たことに気づいてないんだじぇ…」
咲「……」




ワカメ「ワシもおるぞ」


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 01:39:28 ID:3pYABfHE
咲さんパねえっす

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 08:10:01 ID:Q2n/0HRy
>>204
部長の心の内だって!?
久しぶりに久さんがしぶってますよ

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 12:32:10 ID:WNRL1Thn
久「もう! 須賀君ったら和の話ばっかり!! もう!! もう!!!」
とか言って京太郎の胸をぽこぽこ叩いたり

212 :不肖ながらネタ投下させていただきますよ。:2010/01/13(水) 17:54:46 ID:eJ30sFBt
京太郎「一筒」ニッ
キャプテン「え?」
京太郎「お前の一筒」ニヤニヤ
キャプテン「ですから一筒はありません」
京太郎「臭ッさい一筒があるはずだがな」ギィィィ
キャプテン「だから一筒は……」
京太郎「ツモってきたかい」

京太郎「リーチ」
智紀「え? 今は点棒振り込む時じゃないですよ、京太郎君?」
京太郎「ブットい点棒を振り込んで貰いたいんじゃないのかい」チャク チャク
智紀「はぁ? 笑えない」

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 18:26:46 ID:pCKZdHEV
たまには趣向を変えて
ヤンデレ久
とかみてみたいな

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 19:58:44 ID:5vJhmYWT
もし部長として清澄を全国まで導いたら須賀君と結婚するんだ

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:40:32 ID:N2kS4ZHL
優希「私、最近なんだかおっぱいでかくなってきたじょ」
京太郎「・・・どこが?」
優希「照れるな照れるな。ほーらほーら、何なら触って確かめさせてあげてもいいじぇ〜?」
京太郎「やーめーろーやー。イラネっつってんだろ」

和「部活中に何してるんですか、あの二人・・・ねえ、咲さん」
咲「・・・・・・・・・」イライラ
和「咲さん?」
咲「・・・・・・・・・・・・」イライライラ
和「あのー、咲さん?」
咲「・・・・・・え? な、何?」
和「・・・いや、別に何もないです・・・(こ、これはもしや・・・使える!!?)」



優希「(あーあ。今日も京太郎につい変なちょっかい出しちゃった・・・全然相手にされてないのに)・・・はぁ」
和「優希、ため息なんかついてどうしたんです?」
優希「のどちゃん・・・ううん、なんでもないじょ(そうだじぇ。京太郎はのどちゃんのことを・・・)はぁ」
和「須賀君のことですか?」
優希「う”・・・」
和「あんなに仲良さそうにしてたじゃないですか」
優希「・・・和ちゃんはモテる女だから分かんないんだじょ・・・」
和「べ、別にモテてなんか・・・それに肝心な人にモテないと意味が・・・」ゴニョゴニョ
優希「それはモテてる人の悩みだじぇ。どーせ京太郎はのどちゃ・・・京太郎は、私のこと相手にしないし」
和「優希らしくないですよ!」
優希「のどちゃん?」
和「相手にされてないのなら、相手にされるまでアタックすればいいじゃないですか!」
優希「相手にされるまで・・・」
和「そうです! 優希は可愛いんだから、須賀君もきっといつか振り向くはずです!」
優希「で、でも・・・」
和「ああもう、ゴチャゴチャ言わずにとにかくイチャイチャすべきです! みんなの前で!」
優希「え。なんでみんなの前で?」
和「いやそれはその・・・き、既成事実を作ればいいってことです!」
優希「なるほどだじょ」
和「特に咲さんの前で! 明日から今まで以上にもっと積極的にアピールです! 頑張れ優希!」
優希「のどちゃん・・・ありがと。なんだか元気でてきたじぇ! うん、頑張るとしますかー!」
和「その意気です、優希! ・・・・・・ふふふ(そして悲しむ咲さんを私が・・・)ふふふふふ」

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:42:20 ID:N2kS4ZHL
翌日 部室前

優希「・・・」
和「どうしました優希。昨日あんな話したから、緊張してるんですか?」
優希「う・・・」
和「ファイトですよ優希! あなたならできます!」
優希「う、うん・・・!」
和「さあ、部室へ入りますよ」
バタン
和「おつかれさまです」
優希「お、おつかれだじぇー!!」

京太郎「でさ、背中のこの辺を・・・」ぎゅっ
咲「痛っ・・・きゃ、きゃはははは! く、くすぐったいよ京ちゃん!」
和&優希「!?」
京太郎「おお、和〜! ・・・と優希。おつかれさまー」
咲「あはははは・・・はふっ。お、おつかれ、二人とも」
和「な、何を・・・今、二人何をしてたんですか? 」ヒクヒク
京太郎「ああ、これ? 昨日テレビで睡眠不足に効くツボっての紹介しててさ」
優希「睡眠不足?」
咲「うん。で、私が昨日読書のしすぎで睡眠不足気味だったから」
京太郎「丁度良いってんで、咲で試してみようって話になったんだよ」
咲「でも京ちゃん下手糞だから、全然効かなくてさ〜」
京太郎「なんだとー?」
咲「だって、くすぐったいだけじゃん」
京太郎「コイツー」ぷに
咲「やん。もう! ・・・えへへ///」

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:43:35 ID:N2kS4ZHL
和「(ぐ・・・部活早々に見せ付けてくれますね・・・優希はどうしたんです!?)」
優希「・・・わ、私も睡眠不足だったんだじぇ! きょーたろ、ツボ押してみろ!」
和「(その意気です!)」
京太郎「ん、いいぞ。ほれ」ぎゅっ
優希「ひゃ、ひゃうん!? ふぁ、ちょっと・・・きゃううぅ・・・あん・・・」
咲「ええ!?」
京太郎「な、なんだよその反応は!?」
優希「だ、だってぇ・・・背中がムズ痒いじょ」
和「背中弱かったんですね、優希」
京太郎「あはは。おもしれーな」ぐっ
優希「ふぁあん!」
京太郎「ほら」ぎゅー
優希「やぁん!」
京太郎「ははは」
優希「ふ・・・んん・・・た、タンマタンマ! ちょっとタンマだじょー!」
がばっ
咲「あ!」
京太郎「うおっ!? お、おい抱きつくなよ」
優希「はぁ・・・はぁ・・・」
京太郎「・・・大丈夫か? ごめん、調子に乗りすぎたかも」
優希「う、うん・・・だいじょぶだじぇ。えへへ・・・でももうちょっとこのまま・・・」
ぎゅっ
優希「えへへ///」
咲「・・・ムムム」
和「(故意なのか天然なのかは知らないけど、凄いですよ優希! 私もちょっと興奮・・・あ、いやいや・・・)」

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:44:36 ID:N2kS4ZHL
優希「きょうたろー、ここはフツー@切りだじぇ」
京太郎「えー? ここは九だろ。まあいいや@で・・・あ、ロンされた」
優希「あ、あはははは・・・ごめんだじぇ! ま、まあネトマだし〜」
京太郎「こいつめ!」ぎゅむっ
優希「きゃううん! せ、背中はダメだって言ったじぇ〜!」
イチャイチャキャッキャッ

咲「・・・・・・」イライラ
久「・・・・・・」イライラ
まこ「・・・今日はいつもに増して二人仲睦まじいのう」
和「ふふふ。そうですね(その意気ですよ優希・・・ふっふっふ。咲さんもイライラしてます)」
久「・・・ちょっと、須賀君、優希?」
京太郎「はい?」
優希「なんだじょ?」
和「(ぶ、部長、なにを!? もしや)」
久「あー・・・仲がよろしいのはいいんだけどね。もうちょっとその・・・」
和「(ああ、やっぱりとめる気ですね! ダメです。やめてください部長!!)」
咲「・・・」ワクワク
久「だからあのね、つまり私が言いたいのは」
まこ「嫉妬か」ボソッ
久「!?」キッ
まこ「おっと、独り言じゃ。なんともない」
久「・・・・・・つまり私が言いたいことは・・・そのまま仲良く二人ネトマで練習してなさい。頑張って」
京太郎「は、はあ・・・」
優希「・・・? わかりましたじぇ」
和「(ナーイス! ナイスです染谷先輩!! さすが!)」
久「むうう・・・!」
咲「・・・・・・」(チッ)

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:45:42 ID:N2kS4ZHL
優希「あー! だからそっちじゃないって言ったじょ!」
ぎゅむっ
京太郎「おい。あんまりくっつくなって」
優希「照れんなよ犬」

咲「・・・ブツブツブツ」
和「(優希と須賀君がいつも以上にイチャついてるのは予定通りですが・・・)」
咲「・・・なんで・・・京ちゃんは・・・私・・・あの・・・私の・・・私の・・・」ブツブツブツ
和「(な、なんかヤバイかもです・・・悲しむどころかおかしく?・・・一気にやりすぎたかも)」
咲「・・・私は・・・私の・・・京ちゃ・・・あのチb・・・」ブツブツ
優希「犬ー」
京太郎「だからやめろってば。背中押すぞ」
優希「あっ。あうんん・・・だからそれはやめるんだじょ!」
咲「京ちゃ・・・京・・・京・・・京ちゃん・・・私の私の私の・・・」ブツブツブツブツブツ
まこ「あー、咲? 大丈夫か? お、おい。やばいんじゃないか?」
久「別に私はそんな・・・アレじゃないけど・・・でもあんな見せ付けなくても・・・ねえ」ブツブツブツ
まこ「・・・あんたもかい」
和「(さ、さすがに今日はここまでにさせないと・・・!)」



優希「もー京太郎! 今度はお前の背中を・・・」
和「ちょっと優希」ボソ
優希「ん? なんだじぇ、のどちゃん」
京太郎「和、どうしたんだ?」
和「いやちょっと・・・優希だけこっちに来てください」

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:46:58 ID:N2kS4ZHL
優希「なあに?」
和「いや、その・・・昨日言ったように張り切るのは結構なんですけど」
優希「けど?」
和「えっとですね。今日だけで急に仲良くなりすぎるのもどうかと・・・」
優希「? つまり何が言いたいんだじぇ?」
和「だから! 今日はもう須賀君にベタベタするのはやめるべきです! 部内の雰囲気もなんか危なく・・・」
優希「昨日のどちゃんが言ったのに・・・」
和「わ、私もちょっと考えが変わったんです」
優希「・・・・・・のどちゃん、もしかして京太郎のこと・・・」
和「・・・はぁ? 何を言ってるんですか! 私はただ須賀君とさk」
優希「京太郎が何だじぇ? やっぱりのどちゃん、急に京太郎のことを・・・」
和「だから違いますって!」
優希「嘘だじぇ!」ダッ
和「あっ、待ちなさい!」ガッ
優希「は、離すじょ。のどちゃん!」

京太郎「おい、どうしたんだ二人。何か揉めてるのか?」
和「なんでもありません! 須賀君は向こうに行って・・・」
まこ「おーい。ケンカはいかんぞー」
和「ケンカじゃありません!」
咲「・・・」ブツブツ
久「・・・」ブツブツ
和「ほ、ほら。あっちで咲さんと部長がブツブツ言ってるでしょ。あれは優希のせいで・・・」
優希「関係ない話でごまかさないで欲しいじょ! いいからこの手を離して・・・」
和「ダメです! 離すとまた須賀君のトコに行くでしょ」
優希「やっぱりのどちゃん、京太郎のコトが・・・!」
和「だから違います!!」
優希「はーなーすーじょー!」グイッ
和「きゃ、きゃあ!」
京太郎「お、おいっ!?」

 がばっ

京太郎「あ・・・」
和「え・・・?」
優希「ああー!!」
久「・・・え?」
咲「・・・・・・!!!!!」
まこ「・・・ニヤッ」

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 20:49:35 ID:N2kS4ZHL
京太郎「(え? あ? あ・・・つ、つい和を・・・抱きしめちゃった)」
和「あ、あの・・・」
京太郎「(うわ、髪の毛からいい匂いが・・・それに鳩尾あたりにおっぱいの感触が・・・)」

ぎゅうっ
 
和「す、須賀君! 転びそうなところ助けていただいて感謝しますが、もうそろそろ離して・・・」
京太郎「好きだ、和・・・」ボソッ
和「・・・へ?」
優希「!!」
京太郎「和、好きだ!」
久「な!!?」
咲「!!!!!????」
まこ「ニヤニヤ」
和「ふぁ、はい!? え・・・はあ!!?」
京太郎「・・・・・・はっ! あああ! ご、ごめん!(し、しまった! つい舞い上がって口が・・・)」
優希「・・・・・・ううう”う”・・・きょ、今日はもう帰るじょ!」グスン
和「ああ、優希・・・!(・・・し、しかしこれでとりあえずは解決・・・)」
咲「・・・私の・・・私の・・・京・・・あいつ・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
和「(ああダメだ! 凄い睨んでます!)ち、違うんですよ咲さんこれは・・・」
久「あらあらお二人仲が宜しいようで・・・へえ、そうだったんだー」ゴゴゴゴゴ
和「だ、だから違うんです!!」
まこ「何が違うんかのう?」ニヤニヤ
和「だから!」
京太郎「ご、ごめん和・・・つい」 ぎゅう
和「ひゃ! い、いいからもう離してください、須賀君!!」
咲「・・・あの・・・あいつ・・・私の京ちゃ・・・」ブツブツブツ
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
和「もうヤだ!」

おわり

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 23:21:26 ID:d4VHjNoS
ニヤニヤしたw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 23:44:24 ID:MV0JNzjU
GJです!!
咲さんはあいかわらず恐いw

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 00:55:36 ID:cFdQnrCF
空回りするのどっち可愛い

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 09:39:21 ID:f+AObQXm
相変わらず冷静なまこ。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 19:18:12 ID:VjxhHIYs
もうやめて! 京太郎のヒットポイントは0よ!

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 00:52:57 ID:v0vP9AUA
部長かわうぃうぃ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 17:33:17 ID:TfzDdgiq
つまりそろそろタコ京でイチャイチャな展開を望むってことだjyですね!

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 22:56:53 ID:NhBumTa/
↓は宮永照の彼の笑みと「妹なんていない」の理由について一考察です。

ネット上で全国大会出場学校の一覧を見ていた照。
其の中の清澄高校麻雀部の情報内に「和×咲」「京太郎×咲」と取られかねない写真を見つけて……


「私は麻雀に専念して居るからこの歳になっても未だだってのに……
畜生、この出涸らしが……
私よりも先に ttp://members2.jcom.home.ne.jp/tenkaji/dmc/027002.jpg」
「私 に は 妹 な ん て い ま せ ん」


「(スゲーぜ照。やっぱりお前は麻雀モンスターだな)」


「黙れカス」

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 23:40:46 ID:ubgaTOtj
咲ちゃんに京ちゃん取られちゃったからだろ?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 00:55:10 ID:+JF6j46B
取られた?
もともと京ちゃんは私のものだよ


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 01:19:40 ID:+T63IJnh
違いますよ
京太郎君は僕のものです

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 07:46:35 ID:/CthexrX
どう考えても優希ちゃんのモノだじぇ!

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 13:05:33 ID:LL9UKEJW
京太郎に麻雀教えているのって誰だろう?
清澄は部員少ない上に、メンバー不在のことも多いからネット麻雀で側について教えるとすると・・・

タコス:うるさい上に南場は役に立たない。
ワカメ:割と無難か?染め手ばっかり行かせそうな気がするが。
部長:多忙だし、悪待ちばっかりだから初心者には不向き。
和:ネット麻雀最強の理論派だから最適?
咲:ネット麻雀苦手だからダメ。

やっぱり和かな。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 13:55:55 ID:pdug5WwZ
人とは違うものが見えている咲
一から十まで理論の和
そもそも人に教えられるのか?優希
経験でやってるまこ
勘を重視する部長


和だな

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 14:48:46 ID:/CthexrX
咲ちゃんの鋭い視線が突き刺さる中、指導するのか

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 18:53:59 ID:qFZLHAge
部長「あら須賀クン、今のベタ降りはナイス判断よ! 私の指導が効いてるわね」
咲「・・・」
京太郎「よっしゃあ。ありがとうございます部長」
部長「じゃあご褒美に頭ナデナデしてあげる〜」 ナデナデ
咲「・・・」
京太郎「あはは、やめてくださいよ部長〜」
咲「・・・」
部長「あ、そろそろ学生議会にいかなきゃ。和、須賀クンにアドバイスお願いね」
和「はあ。分かりました」
咲「・・・」
京太郎「やった、ラッキー! ・・・じゃなかった、よろしく頼むぜ和」
咲「・・・」
和「厳しく行きますよ」
咲「・・・」

和「もう、須賀君! だからこの場合は・・・ちょっと、聞いてます?」
京太郎「あ、ああ、うん。聞いてるよ? (時々あたるおっぱいの感触で、麻雀どころじゃ)」
咲「・・・」
まこ「・・・咲。静かに読書してるとこ悪いんじゃが、ずっと本逆さまだぞ」
咲「・・・!」
ビリビリビリ・・・ グシャ!
まこ「・・・おおう、それ図書館の本じゃ?」
咲「・・・」

和「あ、すいません。今日は用事があるので、この辺で」
京太郎「おう、ありがとな和〜! 今度お返しにどっか一緒に食いに・・・」
咲「・・・!?」
和「失礼します」
咲「・・・クスッ」
京太郎「・・・相変わらずつれないな」
まこ「おい京太郎、なんならわしがレッスンしてやろうか?」
京太郎「え、本当ですか? ぜひお願いします」
咲「・・・・・・」
まこ「・・・ふう。・・・と思ったけど、わしも今から野暮用があるんじゃった。咲、頼めるか?」
咲「・・・え?」
京太郎「おお、咲。お願いできるか?」
咲「う、うん! いいよ!」
まこ「ふっふっふ・・・。じゃあの」 キラーン


咲「だから京ちゃん! そこはカンして流れを変えるんだってば!」
京太郎「はあ!? 初心者の俺でも親リーに対してカンなんてやっちゃダメだって知ってるぞ!?」
咲「だから! もう! 京ちゃんのわからずや!!」
京太郎「咲の頑固者!!」
咲「ひっどーい! 教えてやってるのに・・・オシオキ!」
こちょこちょこちょ
京太郎「お、おいやめろ咲! くすぐったいだろ! ぷはは、あははははははは!」
咲「えへへへ〜」






タコス「・・・・・・」

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 19:06:54 ID:ci0uhmr+
>>237
咲にばかり注意が行って、タコスの存在忘れてたw

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 19:54:51 ID:rHmW/+E4
>>238
タコスのことなんかいいよ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 19:55:37 ID:DCkoOd2D
清澄高校にタコスさえ無ければずっと京ちゃんと二人でいられたのに・・・

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 22:57:21 ID:nnVuVBor
久さんが待ち構えていますよ

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 23:01:31 ID:ZFjeQ9KE
久「学生議会長選の公約で学食にタコスをなんかしなかったらよかったわ・・・」

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 23:20:21 ID:hIHZA9og
>>239
お前ゾフィー兄さん嫌いだろ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 03:12:54 ID:xa/s0vCj
照「ここは高校女子の頂点である私が教えるべきだわ」

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 08:02:41 ID:uZEZI7Dl
じゃあわt照さんが今の学校卒業したあと、大学に行くにしろプロになるにしろ
一人暮らし先に京ちゃんを呼んで、ついでに食事したり、泊まってもらったり、もうなんなら二人で一緒に暮らしたり

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 08:29:06 ID:7IOkby/k
>>243
実は俺も>>239を見た瞬間、そのことが思い浮かんだ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 12:59:57 ID:5digdwkT
宮永家が仲直りして、照さんがまた長野に住むようになったら
照さんが毎日のように京ちゃんを家に連れ込み、ワイワイキャッキャと麻雀教えてあげるんですね
で、咲ちゃんは隣の部屋で聞き耳立てたり、お茶入れて持っていってそのまま居座って部屋の隅にちょこんと座ってたり
京ちゃんと照さんが手と手を触れ合わせたりしたときには睨みを効かせたり
そんな毎日が何ヶ月も続いていき、いつの間にか京ちゃんは宮永母と親密な関係に

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 13:17:09 ID:WgVDUq8h
>>246
年がばれるぞ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 18:59:59 ID:0eWgULHm
>>247
ある日、そんな針の筵の日々を送っていた咲の元に
かつて宮永照との殺人麻雀によって死亡した筈の原村和とよく似た
鉄仮面姿の女が現れ……(以下>>250さん御願い。)

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 19:14:24 ID:uZEZI7Dl
なんだかんだあって、優希ちゃんと京太郎がめでたく結ばれました。ハッピーエンド!
だじぇ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 20:24:10 ID:WgVDUq8h
京久以外認めない!
わよねぇ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 20:33:08 ID:FQBmQMD1
?「んっ・・・」(イラッ)

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 21:58:01 ID:siPqTQOv
えーと、つまりここまでの話を纏めると?

ピンポーン
照「はーい・・・あ、いらっしゃい。京ちゃん」
京太郎「おじゃましまーす」
咲「誰だろ? お姉ちゃんの友達かな? ・・・って、京ちゃん!?」
京太郎「おう咲。おはよー」
咲「おはよう・・・え、えっと今日は?」
照「私が呼んだの。麻雀の勉強会」
京太郎「いやー、インターハイ王者に教えてもらえるなんて」
咲「そうなんだ、じゃあ私も」
照「咲はいいよ。他で遊んでおいで」
咲「え。いやでも」
照「いいから」
咲「あの」
照「いいから」
咲「・・・わかった」

照「それでね、そこで菫たちがさ〜」
京太郎「はあなるほど、ははは・・・で、あの、その・・・そろそろ麻雀の勉強会を」
照「・・・ねえ京ちゃん。私ね、京ちゃんに麻雀教えてくれって言われて、嬉しかった。とっても嬉しかったんだ」
京太郎「・・・照さん?」
照「私が東京に引っ越してからずっと、話も出来なかったし・・・」
京太郎「・・・」
照「もう昔みたいに、一緒にお話したり遊んだりしてくれないかも。って・・・怖かった」
京太郎「そんなまさか。照さんがいいのなら、俺はいつでも」
照「・・・ありがと。・・・京ちゃん。今日呼んだ理由は本当は・・・」
ぎゅっ
京太郎「て、照さん?」
照「今まで開いた時間を、取り戻したかったんだ・・・」
京太郎「時間を・・・?」
照「だから、ね。京ちゃん・・・」
スー・・・
京太郎「照さん・・・」
照「京ちゃん・・・目、瞑って・・・」

ドンッ! ・・・トントン

照「・・・!!?」
京太郎「!!」
ガバッ
照「あ、えっと・・・だ、だあれ?」
咲「あのー、お茶とお菓子持ってきたんだけど」
照「あ、ああ! 入っていいよ」
ガチャ
咲「頑張ってる?」
京太郎「あー・・・え、えーと」
照「あ、あの・・・お、お茶ありがとう咲! さ、京ちゃん麻雀の続き! えーと、牌譜が・・・どっかに」
咲「・・・・・・本当に麻雀やってた?」
照「ふぇ!? や、やってたに決まってるじゃない。ねえ、京ちゃん」
京太郎「ははは・・・」
咲「・・・ふーん」
とことこ・・・すとん
照「・・・咲、なんで部屋の隅に座ってるのかしら?」
咲「やることないから、勉強会見てる」 ジトーー
照「・・・」
京太郎「ははは・・・」

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 22:00:11 ID:siPqTQOv
京太郎「まいったなあ、ずっと咲と照さんが睨みあってて・・・」
宮永母「あら。その金髪、もしかして京ちゃん? 須賀京太郎君?」
京太郎「あ、咲のお母さん。そうです須賀です、お久しぶりです。トイレ借りましたよ」
宮永母「うん、久しぶりね。大きくなったわね、京ちゃん」
京太郎「はは、おばさんは相変わらずお綺麗で」
宮永母「(キュン)・・・京ちゃん、今日晩御飯食べていかない?」
京太郎「え? でもそんな、迷惑じゃ」
宮永母「おばさん腕振るっちゃうから。ね」
京太郎「うーん、じゃあご馳走になっちゃおうかな」
宮永母「やったあ! ・・・それに今晩、旦那が留守なの・・・」
京太郎「・・・え? それって・・・おばさん・・・」
宮永母「京ちゃん・・・」
謎の仮面女「おじゃましまーす」


そして色々なんだかんだあって数年後
京太郎「・・・ん? どうした優希、緊張してるのか?」
優希「う、うん・・・ねえ京太郎。私達、ちゃんと夫婦やっていけるかな?」
京太郎「ははは、そんなこと心配してたのか。馬鹿だな」
優希「う”・・・ば、馬鹿とはなんだじぇ!」
京太郎「やっていけるに決まってるさ。だって、今まで色々なんだかんだあったけど、上手くいっただろ?」
優希「・・・うん! 愛してるじぇ、あなた」
ちゅっ
京太郎「ああ・・・俺も」

ハッピーエンド!




・・・数日後
久「あんっ・・・ねえ、須賀君。私とこんなこと続けてて優希・・・お嫁サンに悪くないの?」
京太郎「だって久とは、その・・・相性がいいから、さ」
久「・・・やっぱり京久が一番ってことね。うふふ・・・」
京太郎「これからも頼みますよ、久・・・ぶ・ちょ・お」
久「・・・クスッ。もう、須賀君ったら」


?「んっ・・・」イライライライライラ


って感じか

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 22:20:06 ID:uZEZI7Dl
後半色々とおかしいぞw

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 23:22:16 ID:YR9GtGj0
やっぱり、タコスはバッドエンドじゃねーかw

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 23:57:47 ID:xa/s0vCj
なんだこのカオス

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 00:14:43 ID:0I6XlgkC
>>256
まあ・・・タコスだし

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 06:23:10 ID:e0k8Pd4B
ニューチャレンジャー宮永ママン!!
に吹いた

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 21:48:59 ID:0I6XlgkC
咲ちゃんと照さんとママンの3人で京ちゃんを取り合って、咲ちゃんが勝っちゃったから
照さんとママンは出てっちゃったの?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 22:13:10 ID:L/HC7i67
なんでやねんwww

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 01:05:53 ID:Na95gjh4
タコ京はバッドエンド多いな

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 15:09:47 ID:ZT878e0d0
むしろこのスレのヤンデレ咲は京咲と京久以外は
バッドエンド

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 20:05:28 ID:SkBuappT0
タコ京はバッドエンドばかりで、このままではタコスが心因性嘔吐症で死んでしまうかもしれません
でも、皆さんの力でタコ京を救う事ができるのです
タコ京にハッピーエンドを!
タコ京に愛の手を!

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 21:12:41 ID:q+VUmYj50
バレンタインデーの日、京太郎に手作りのタコス入りガチチョコを渡そうとしたタコスだったが・・・

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 21:57:25 ID:Na95gjh4P
タコス「き、きょうたろ! 用事あるから放課後部活前に旧校舎屋上だじょ!」
京太郎「へ? ん、ああ。別にいいけど」
タコス「絶対だじょ! 忘れんなよ!!」

そして放課後・・・旧校舎屋上でわくわくしながら待っていたタコスの前に現れた京太郎だったが・・・



咲ちゃんが一緒だった

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 04:22:26 ID:GWDzW+tAO
咲がそんなウザキャラだったとは

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 07:01:08 ID:lfhd+dae0
咲ならやりかねない

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 08:34:54 ID:uHnM3uC50
>>266
またタコスバッドエンドかよw

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 13:12:07 ID:N32Yd3pD0
いや、ここから咲ちゃんとタコスの壮絶なチョコバトルが始まって
タコスが京ちゃんに抱きついたり、京ちゃんが不可抗力で咲ちゃんのお尻触ったり、おっぱいポロリしたり
なんか色々あるに違いない

そして最後は久さん勝利ですね

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 17:20:20 ID:jGVWQKSe0
のどっちが義理としてチロルチョコあげただけで京ちゃんは、他のちゃんとしたチョコを貰った時よりも舞い上がっちゃって
咲ちゃん達がムムムとなる感じで

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 20:09:29 ID:q/rRUdqUO
その後、和は咲に本命チョコを渡すけど咲の機嫌がなおらず京太郎お仕置き。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 21:59:13 ID:e5/iez4x0
アニメ版の京太郎が「和と風越のキャプテンからチョコもらいたい・・・」と
無意識につぶやいたのを偶然立ち聞きしてしまうタコス。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/21(木) 00:49:35 ID:fRMHZWzx0
タコス「きょうたろ! 今のつぶやき聞いちゃったじょ〜〜!」
京太郎「うわ、優希!?」
タコス「まったく。モテないクセに高望みしすぎだじぇ」
京太郎「うるせー」
タコス「仕方ない。慰めも含めて、私がチョコあげるじぇ」
京太郎「お前が?」
タコス「ほれ」
京太郎「おお」
タコス「お、お前にはいっつも世話になってやってあげてるからな! そのお返しだ、感謝しろよ犬ー!」
京太郎「言ってる意味わかんねーよ・・・ま、なんにせよサンキュー」
タコス「・・・」ぎゅっ
京太郎「・・・」
タコス「・・・」ぎゅっ
京太郎「・・・どうしたんだ? 急に目つぶって」
タコス「・・・あーもう! こういう時はお礼にチューの一つでもするもんだじぇ!」
京太郎「はぁ?」
タコス「バカ犬! もう知らないじぇ! ホワイトデーは10倍返しだからな!!」
京太郎「まったくお前は・・・ま、いいや。サンキュー」
ちゅうううう
タコス「・・・!! ・・・ぷはっ! ふ、不意打ちとは卑怯だじょ!! し、しかもこんな激しいの・・・」
京太郎「あはは。10倍返しはヤだからな」
タコス「・・・ほ、ホワイトデーも同じ奴で勘弁してやるじょ」
京太郎「同じって・・・同じチョコ?」
タコス「キスのことだじぇ! バカ!」
京太郎「オッケー。楽しみにしてる」
タコス「・・・・・・ばーか」


------


タコス「はっ!!(ガバッ)・・・夢・・・か・・・」

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/21(木) 00:51:50 ID:x0k6Fx890
夢落ちか・・・

276 :273:2010/01/21(木) 00:54:56 ID:/EoNxsa80
>>274
続きの話を書いてくれてサンクス!
やはり最後は・・・_| ̄|○

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/21(木) 00:58:31 ID:YvLu1tYzP
正夢だと信じるじょ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/21(木) 05:27:33 ID:OQsaEh+N0
>>274
俺のニヤニヤを返せww

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 00:33:54 ID:aT1/OF5uP
優希ちゃんのクセに夢見すぎだよね

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 00:48:47 ID:8sArABYU0
「優希」という名前の意味は、あなたに与えられる優しさは希薄。
ということだってりしてな。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 10:56:54 ID:GbuRiRKJ0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org581353.jpg

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 13:32:26 ID:yCwuSbda0
>>281
京×咲、ていうか京×allが消滅して喜ぶのは・・・
hrmrさん?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 13:50:56 ID:aT1/OF5uP
>>281
ワロタ
父娘骨肉の争いが始まるな・・・

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 19:13:23 ID:aT1/OF5uP
京咲スレの避難所作ったので、一応同じ場所にこのスレの仮避難所も作りました
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/8164/1264155093/

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 21:23:41 ID:YlSATxa60
避難所乙

>>281
咲「ねえ、お母さ・・・あ! いや。え、えっと、京ちゃん・・・」
京太郎「ん〜? どうした咲」
優希「あれー? 聞いちゃったじぇ〜! 咲ちゃん京太郎のこと間違えてお母さんって呼んじゃったな!」
咲「う、うん。うっかり・・・あはははは・・・」
京太郎「(こらこら咲。この事はまだヒミツなんだし、学校じゃ気をつけろって言っただろ)」
咲「・・・・・・もうヤダ!! こんなのおかしいよ!! もうヤダ!!」
優希「うお!? さ、咲ちゃんどうしちゃったんだじょ?」
京太郎「おい、落ち着け咲」
咲「おかしいでしょ! 一つ屋根の下に、同じ年の男女が一緒に住んでるのに!」
優希「へ? 一緒に住んで・・・?」
咲「京ちゃんは私に手を出すどころか、あろう事かお父さんと寝て!!」
優希「ええ!? ちょっと待って、話についていけないじぇ・・・」
京太郎「咲! それ以上言うのは・・・」
咲「もうヤダ!! もうヤダ!!! もうヤダあああああああ!!!!! 京ちゃんを殺して私も死ぬ!!」


ともきー「なーんて展開に」
純「・・・・・・とりあえず清澄に謝って来い」

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 02:57:26 ID:8FA0VZO80
咲「謝る必要はないからちょっとこっち来て?」

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 03:05:29 ID:JFpvSywRO
咲とか部長とか優希とかどうでもいいから和といちゃいちゃしたい

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 05:17:13 ID:J9ew1+BZ0
>>287
書けば良いんだよ^^


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 09:49:24 ID:PWmxPmDo0
>>287
まこのことも忘れないであげてください。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 12:53:27 ID:FVVAO1Z80
>>285
やっぱり智紀はそういう人間だったんかい……

(雀荘『roof-top』の青年男子店員に)
「約束の日は明日だぜ。しっかり役揃えてこいよ」クンクン ニィィィ

智紀
「点棒を出せ」
少年雀士・甲
「えっ? 今は未だ点棒振り込む時じゃないですよ沢村さん」
智紀
「ブっトい点棒を振り込みたいんじゃないのかい」チャク チャク
少年雀士・甲
「はぁ? ですから今はまだ役が出来ていません」
智紀
「臭ッさい点棒が立直してるハズだがな」ギィィィィ

少年雀士・乙
「リーチ!」
智紀
「リーチしてるのは麻雀だけかな。お前の点棒もリーチしてるんじゃねえのか」ニチェ ニチェ ニーチェ

智紀(電話で)
「お前の点棒は立直してるかい? いいか、今日一日そのままフリテンするんじゃねえぞ」ギイイイイ

ハギヨシ
「今から『龍門渕透華・プロモーション映像』の企画を考えたいと思います。
何か良いアイディアは在りますか? まずは沢村さんから御願いします」
智紀
「わ、私カレー食べたい……ネットカフェで」

智紀(眠りながら)
「ムニャムニャ やおいおかわり」

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:32:15 ID:9aVVYU+G0
投下してみます。


男A「宮永の奴須賀にチョコをあげたらしいぞ・・・」
男B「うわマジかよ・・・まああいつらいつも一緒だしな〜」
男C「おいあいつらが来たぞ」

京太郎「でさ〜昨日の晩パソコンが壊れてさ」
咲「京ちゃんじゃあ昨日の夜は大変だったねぇ〜」
京太郎「それで今日パソコンの部品を・・・ってなんなんだよお前ら」
男A「須賀見ちまったぜ〜昨日宮永にチョコ貰ってただろ」
京太郎「まあな・・・」
男B「えっ・・・マジだったのかよ!!!」
男C「今ココに新しいカップルが誕生しました!!!」
京太郎「おい・・・俺たちはまだ付き合ってないぞ・・・」
男A「それで、お前らもうヤったの?」
京太郎「だから〜まだ俺たち付き合って・・・って俺の話を無視すんなー」
男A「宮永お前もう須賀とヤっただろ」
咲「私はまだ・・・そんなこと・・・」
男B「ねー初エッチの時どうだった?痛くなかった?」
咲「だから私は・・・」
男C「やっぱ初めては須賀の部屋の部屋か?それとも以外に野外プレイだったりして〜」
男A「マジかよ〜お前ら野外とはなかなかマニアックな趣味だな〜」
男B「宮永も大変だなヤってばかりいると・・・そのうち性病になっちまうぜ〜」
男C「ハッハッハッハッそれマジでウけるし」
京太郎「お前らいい加減に・・・っておい咲何処行くんだよー咲待てよ!!!」

タッタッタッタッタ

咲「グスッ・・・」
京太郎「待てよー」
京太郎「咲ーーーーーー!!!!!」

咲「またあの夢見ちゃった・・・グスッ・・・」
咲「京ちゃん・・・グスッ・・・」



292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:33:34 ID:9aVVYU+G0
2月13日学校
放課後
旧校舎麻雀部部室



優希「明日は恋する乙女の日バレンタインデーだじぇ」
和「フフッそうですね・・・優希」
優希「犬楽しみにしておけよ・・・私のおかげでお前はチョコが0個という惨めな思いをしないで済むのだじぇー!」
京「はいはい、楽しみにしてますよ・・・」
優希「照れるな照れるな、まあ楽しみにしてろよ犬!!」
京太郎(しかし今年は多分こいつの1つだけか・・・いや咲がもしかしたら・・・でもありえないよな・・・)
優希「のどちゃんは誰かにチョコをあげるのか?」
和「私はお父様にチョコをあげようと思っています。」
優希「で・・・お父さんの他に気になってる人にあげたりしないのかしないのか?」
和「私は・・・(なんでここで須賀君の顔が・・・)そんな男性いません///」
優希「そうなのか・・・で咲ちゃんは?」
咲「えっ・・・」
優希「だから咲ちゃんは誰かにチョコをあげるのか〜?」
咲「私は特に誰にも・・・」
優希「なんだーだったらチョコは今年は私一人だけだな犬!」
京太郎「ああ・・・そうだな・・・」
咲「私もう今日は用事があるから先に帰るね・・・」
優希「まさか・・・咲ちゃんチョコを作る用事か〜?」ニヤニヤ
咲「違うよ!とっとにかく帰るね。さよなら」
優希「なんか今日は咲ちゃん様子がおかしいじぇ〜」
和「私もそう感じていました・・・」
まこ「おい京太郎アンタ咲とケンカでもしたんか?」
京太郎「いや・・・別に何も・・・」
まこ「なんか今日はアンタもおかしいぞ・・・なにかあったらワシに言うてみぃ・・・」
京太郎「いや・・・大丈夫です・・・気にしないでください・・・」
まこ(なんか今年のバレンタインデーは一騒動ありそうじゃな・・・)




293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:34:18 ID:9aVVYU+G0
同時刻
風越高校


コーチ「おいっ池田ァーーー!!テメェ部活サボって何見てやがる!!!」
華菜「すみませんコーチ・・・でもサボってたワケじゃないし!!」
コーチ「テメェこれはどう見たってサボってるじゃねえか!!!」
華菜「コーチこれは映像研究です!!サボってたわけじゃないし!!!」
コーチ「こんな男子個人一回戦なんてみたってなんも役にはたたねぇよ!ボケが!!!」
美穂子「コーチそれは違います。例え一回戦でも見て得るものは必ずあります。」
華菜「キャプテン・・・」
コーチ「チッ!これを見終わったらちゃんと練習に参加しろよ!!」
華菜「キャプテン・・・助かったし〜華菜ちゃん超感謝してるし!!!」
美穂子「フフッどういたしまして・・・ところで華菜それを毎日見てるけど誰か気になってる人でもいるのかしら?」
華菜「うっ・・・はい実は・・・」
美穂子「なるほど・・・あの清澄高校の子が華菜が気になる人なのね」
華菜「はい、そうです・・・キャプテンどうやったらあの人と距離を縮める事ができますか?」
美穂子「そうねぇ〜明日はバレンタインデーだからチョコを作って持ってってあげたらどうかしら?」
華菜「それは絶対ダメだし!!向こうは華菜ちゃんの事を知らないから絶対失敗するし・・・」
美穂子「それは違うわ華菜・・・あなたが今日心をこめてチョコを作ればあの人の心にも絶対に届くわ」
華菜「キャプテン!!ありがとうございました今日家に帰ったら頑張ってチョコを作るし」
美穂子「頑張ってね華菜!!もしよければそのチョコ作り私も手伝ってもいいかしら?」
華菜「もちろんだし!!キャプテンと一緒なら絶対アイツも落とせるし!!」
美穂子「じゃあ今日部活が終わったら一緒に材料買いに行きましょうね」
華菜「分かりました!!」



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:37:25 ID:9aVVYU+G0
咲の自宅


咲「ただいま・・・」
照「おかえりー咲」
咲「お姉ちゃん帰ってきてたの?」
照「うんさっきついたばかりだけど・・・」
咲「この匂いはまさかお姉ちゃんチョコを作ってるの?」
照「うん///そうなんだ・・・///」
咲「へぇ〜いったい誰にあげるの?教えてよ〜」
照「実は・・・京ちゃんにあげようと思ってるんだ///」
咲「えっ・・・」
照「私ずっと京ちゃんと離れ離れだったからちょっとでもその時間を消せたらな〜って思ってて・・・」
咲「そっそうなんだ・・・」
照「そういえば咲は京ちゃんにチョコあげないの?」
咲「えっ・・・まああげるつもりだけど・・・」
照「あんたチョコはもう準備してあるの?」
咲「それは大丈夫だから・・・心配しないで・・・」
照「それならいいけど・・・」
咲「わっ私宿題をやらなきゃいけないんだった・・・夕飯になったら呼んでね〜」
照「ちょっと待ちなさい!咲」
咲(ごめんね・・・お姉ちゃん・・・)
照(一体咲に何があったのかしら・・・)




2月13日夜



優希(フフッ私のチョコは完璧だじぇ〜明日はあの犬が驚くところが眼に浮かぶじぇ〜)
和(これはお父様の分・・・そしてこっちのチョコは・・・)
華菜(キャプテンと一緒に作ったチョコ絶対あいつに渡すし!)
照(京ちゃん喜んでくれるといいな・・・)
咲(京ちゃん・・・)


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:38:36 ID:9aVVYU+G0
2月14日昼




まこ「というワケでミーティングは終了じゃ。みんな昼休みに呼び出してすまんのう〜」
優希「全然大丈夫だじぇ〜」
和「それにみなさんと食事ができると嬉しいです。」
咲「・・・」
京太郎「ふー食った食ったごちそうさん」
優希「よしメシを食ったな犬・・・それじゃー優希ちゃんからのバレンタインプレゼントだじぇ〜」
咲「!!!」
京太郎「なんなんだよ・・・それ・・・」
優希「そらこれをみろこのタコスチョコを!!!」
京太郎「それ・・・食えるんだろうな・・・」
優希「もちろんタコス生地の中にチョコクリーム、バナナ、イチゴをトッピングした究極のタコスなのだ!!!」
京太郎「これタコスじゃなくて・・・クレープっぽくないか?」
優希「小さい事は気にするな!さあ早く食え!!」
京太郎「パクッうっなかなかいけるな・・・クレープの生地が少し硬くなったと思えばいけるな・・・」
優希「そうだろそうだろ」
京太郎「でも俺の為にわざわざ作ってくれたんだろ・・・ありがとうな(なでなで)」
優希「恥ずかしいじぇ〜///ダーリン///」
まこ「これで京太郎はようやく1個目か・・・まだまだ少ないの〜」
京太郎「うっこっこれから貰えるはずです・・・」
和「須賀君が貰ったチョコは1個だけじゃありません。カバンの中を見てみてください・・・///」
京太郎「カバンの中か・・・なんだこれ・・・」ビリビリバリバリ
優希「どれどれ・・・これはチョコレートだじぇ〜」
咲「!!!!」
京太郎「おーなかなかウマそうだな〜どれ・・・パクッ」
和「どっどうですか?///」
京太郎「う・・・ウマいこれはかなりウマい!!!」
和(ホッ・・・良かった・・・)
まこ「和さっきからそのチョコの事をやけに気にしとったけんどまさか・・・」
和「ちっ違います。そっそんな事はありません!!///」
まこ「ふーん、まあそういう事にしといたるわ」
京太郎(このチョコまさか和が・・・いやそんな事はないか・・・)
まこ「おっ・・・もうそろそろ昼休みが終わるから早く帰りんしゃい」
咲(優希ちゃんも和ちゃんも京ちゃんにチョコをあげて・・・私なにやってんだろ・・・)


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:40:22 ID:9aVVYU+G0
2月14日放課後
風越高校




華菜(やっと授業が終わったし!!これから清澄高校へ行くし!!!)
女子A「華菜今日パフェ食べにいかない?おいしい店みつけたんだけど・・・」
華菜「ごめんだし・・・今日は大切な用事があるからいけないし・・・」
女子A「そう・・・じゃあまた明日ねバイバイ」
華菜「バイバイ」
華菜(よし今からダッシュで行くし!!!)


タッタッタッタッタ


華菜(この廊下を曲がれば下駄箱だし!!あとちょっとで・・・)ドンッ!!
華菜「痛っ・・・大丈夫だし?」
?「痛っお前ちゃんと前見て・・・池田ァーーーー!!!!」
華菜「ゲッ!!!コーチ!!!!」
コーチ「テメェ”ゲッ”ってなんだ!!いつもお前の事世話してやってんだろうがコラァ!!」
華菜「ごめんなさいだし・・・コーチちょっと急いでるんで失礼するし」
コーチ「テメェ・・・これから部活があるのに何処行くつもりだオラァ!!!」ガシッ
華菜「ごめんなさいコーチ・・・華菜ちゃん大切な用事があるんだし」
コーチ「なんだその大切な用事ってのは・・・言ってみろや・・・」
華菜「そっそれは・・・」
コーチ「なんだコーチに言えない用事かテメェ!!!ブッ殺すぞオラァ!!!!」
華菜(ああコーチに殺されるし・・・)
美穂子「池田さんは今日歯の治療がある為帰らせてあげてくださいコーチ」
華菜(キャプテーーーーーン)
コーチ「チッ・・・さっさと行きな・・・」
華菜「ありがとうございました!!キャプテン!コーチ!!」



タッタッタッタッタ



コーチ「で・・・本当の理由は一体何なんだ?」
美穂子「華菜は今日気になっている男性にチョコをあげに行くんです」
コーチ「池田の分際で恋愛とは・・・帰ってきたらたっぷりしごいてやる!!」
美穂子「フフフ・・・」(頑張ってね華菜・・・)


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 18:41:44 ID:9aVVYU+G0
同時刻
清澄高校




京太郎(やべー遅刻しちまう・・・俺の担任いつもHR長いからな・・・)
?「京ちゃーーーん!!!」
京太郎(咲か・・・?でもあいつ先に行ったはずだし・・・)
ぎゅっ
?「だーれだ?」
京太郎(誰だ俺の後ろで抱き付いてるヤツ・・・ヤベェ胸の感触がダイレクトに・・・///)
?「もーう誰か分かんないの?」
京太郎「まさか・・・照さん?」
照「そうだよ京ちゃん気付くの遅いよ〜」
京太郎「ハハッごめんなさい・・・帰ってきてるとは思わなくって・・・」
照「フフッもういいよ京ちゃん気にしないで・・・」
京太郎「それで照さんなんで清澄なんかに来たんですか?」
照「京ちゃんに会いたくって・・・」
京太郎「じゃあ俺に一体なんの用ですか?」
照「バレンタインに直接会いに来るってこれしかないでしょ!!!はいバレンタインチョコ!!!」
京太郎「ええっ!!照さんが俺にチョコを・・・」
照「なに・・・私のチョコは嫌なの?」
京太郎「いや照さんから貰えるなんて以外だったから・・・別に嫌だって訳じゃないですよ!!」
照「じゃあ・・・早く食べてよ・・・」
京太郎「頂きますうっめー!!!!甘いようでほろ苦い・・・いい味だしてますね!!」
照「ありがとう京ちゃん・・・そういえば咲からチョコ貰った?」
京太郎「いや・・・咲はもうチョコくれないと思いますよ・・・」
照「ちょっとそれ・・・どうゆう意味?」
京太郎「俺部活に遅れるといけないんで失礼します!」
照「ちょっと・・・京ちゃん・・・」



タッタッタッタッタ



照(一体咲と京ちゃんの間で何が起こってるの?)



298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 19:08:06 ID:9aVVYU+G0
清澄高校
麻雀部部室



京太郎「遅れてすみませんでした!!」
まこ「どうして遅れたんじゃ・・・京太郎・・・」
京太郎「部長それは・・・」
ぎゅっ
?「だーれだ?」
京太郎「抱きつくのは辞めてください竹井先輩・・・」
久「えっやっぱバレちゃったか・・・」
まこ「相変わらずじゃのーそれより京太郎なんで遅れたんじゃ」
京太郎「それは・・・」
久「それは宮永照さんにチョコを貰ってその後イチャイチャしてたからよね須賀ク〜ン」
京太郎「みっ見てたんですか・・・」(だから最初に抱きついてきたのか・・・)
久「ええあんた達かなり目立ってたわよ〜まあ道のど真ん中であんな事やってちゃね〜」
咲(えっ!!!お姉ちゃんが京ちゃんにチョコを・・・京ちゃんにイチャついてたってどういう事・・・)
まこ「ほーうモテる男は辛いのう〜」キラーン
久「それで須賀君はいくつチョコを貰ったの?」
京太郎「それは・・・」
まこ「優希、和、宮永照と今の所3個じゃな・・・」
京太郎「ちょ・・・」
和「ちょっと待って下さい!!!わっ私は須賀君にチョコをあげていません!!!!」
まこ「和よ・・・はよう吐いて気を楽にしんしゃい・・・」
和「わっ私は・・・///私は・・・///」
京太郎「もういいじゃないですか部長・・・和が違うって言ってるからそれでいいじゃないですか・・・」


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 19:10:09 ID:9aVVYU+G0
和「須賀君・・・///」
久「それで須賀君は今3つチョコを受け取っているわけね・・・」
京太郎「はいそうです。」
久「それじゃあ今から須賀君は4つ目のチョコを受け取ろうとしてるわけね・・・」
京太郎「どういう意味ですか・・・それ?」
久「こうゆう事よ・・・はい須賀君私からバレンタインチョコ!!!」
京太郎「えっマジで・・・ありがとうございます!!」
咲(えっ竹井先輩まで京ちゃんにチョコを・・・)
優希(こんなに多いんじゃ勝ち目がないじぇー・・・)
和(まさか須賀君がこんなにチョコを貰えるとは・・・)
京太郎「それじゃあ頂きまーすパクッウマい!!!」
久「そうフフフ・・・一生懸命作ったかいがあったわ・・・あっそうだ須賀君食べさせてあげる」
咲・優希・和「!!!!!!!」
京太郎「ええっここじゃ恥ずかしいですよ・・・///」
久「いいじゃないさあ行くわよはいあーん」
京太郎「じゃっじゃあ・・・あーん///」(ヤベードキドキしてきた・・・チョコどころじゃないな・・・)
久「どう・・・おいしい?」
京太郎「はいとてもおいしいです!!」
久「フフ・・・ありがとうあっ須賀君チョコが付いてるわよとってあげるわね・・・」
京太郎「すみません先輩何から何まで・・・」
優希(なんかすごくいい雰囲気だじぇ〜)
和(この状況をなんとか打開しないと・・・先輩に須賀君を取られてしまいます)
咲(京ちゃん・・・)
まこ「ほーういい雰囲気じゃのう〜」ニヤニヤ
久「ちょっとまこやめなさいよ・・・変な雰囲気になっちゃうでしょ・・・///」
京太郎「ハハハ・・・」
咲(胸が苦しい・・・こんなに苦しいのは初めて・・・もうこんな所に居たくないよ・・・)

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 19:11:34 ID:9aVVYU+G0
ガタッ



まこ「どうした咲急に立ち上がって?」
咲「私今日はもう帰ります・・・」
まこ「咲急に何を・・・」
咲「失礼します!!!!」




タッタッタッタッタ




京太郎「おいっ咲何処行くんだ!!!」
久「待ちなさい!!須賀君!!!」
京太郎「待つわけには行きませんよ!!アイツはまだあの時の事を引きずっているから・・・」
久「あの時の事って一体何?」
京太郎「言うわけにはいきませんよ・・・こんな事にみんなを巻き込むわけには・・・」
久「何いってんのよ・・・私たち仲間じゃない・・・ねっみんな」
優希「そうだじぇ〜!!私たちは仲間だじぇ〜!!」
和「優希や先輩の言うとおりです・・・私達は仲間です・・ねっ須賀君」
まこ「そうじゃ京太郎これ以上一人で背負いこむな・・・」
京太郎「みんな・・・分かりましたそれじゃあお話しします・・・」

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 19:19:10 ID:9aVVYU+G0
京太郎「これは2年前の話なんですけども・・・
    それまで俺は普通にバレンタインチョコを貰ってたんです。
    でも中学2年のバレンタインにチョコを貰ってる時に
    たまたまクラスの奴に見られてしまって・・・
    そこでかなり酷いからかわれ方をされてしまって・・・
    俺は小さい頃から咲の事でいろいろからかわれて来たから
    大丈夫だったんですけど・・・咲はからかわれたのが俺の知る限りじゃ
    初めてだったんです・・・そこでからかわれている時俺は咲を守ってやれなかった・・・
    だからさっき出ていったのは多分みんなが俺にチョコをあげてるのに
    自分だけあげられなくて辛くなって出て行ったんだと思います。
    だから俺はあの時咲を助けてあげられなかった分今苦しんでる咲を
    助けてやりたいんです。」
まこ「そうか・・・そんな事があったんか・・・」
優希「京太郎はわるくないじぇ〜悪いのはそのからかった奴らだじぇ〜」
和「酷い人たちもいるものですね・・・須賀君は悪くないです!!」
京太郎「ありがとう・・・優希・・・和・・・」
久「とりあえずこれからしなきゃいけない事は分かってるわね・・・須賀君?」
京太郎「早く咲を見つけて咲を救ってやることです!!!」
久「よしそれじゃあみんなで咲を探すわよ!!!」
全員「オーーーーーーー!!!!!」
久「まずまこあなたはこの旧校舎を探して!!」
まこ「分かった!!まかせんしゃい!!!」
久「そして優希は新校舎の方を探して!!!」
優希「分かったじぇ〜」
久「和はグランドの方をお願い!!」
和「分かりました!!!」
久「須賀君は正門の方を頼むわ!!!」
京太郎「分かりました!!!」
和「先輩はどうされるのですか?」
久「私はココに残るわ・・・もしかしたら帰ってくるかもしれないし・・・」
優希「了解だじぇ〜」
久「とりあえず見つけたらメールで連絡してね!さぁみんなで咲を探すわよ!!!」
全員「オーーーーーーーーー!!!!!!!!!」



咲「グスッ京ちゃん・・・京ちゃぁん」
照「おーい咲どうしたのそんな所で・・・あなた部活は?」
咲「グスッお姉ちゃん・・・グスッ」
照「咲どうしたの?まさか京ちゃんにフラれちゃったの?」
咲「グスッ違・・・グスッ」
照「とりあえずそこのベンチに座って・・・涙を拭きなさい・・・」
咲「グスッありが・・・グスッ」


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 20:52:05 ID:cN2EHhkk0
とりあえず一区切りなのかな?
GJの言葉は終わるまで取っておくことにしよう

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 22:08:41 ID:fdOqxYZm0
続き期待

304 :291:2010/01/23(土) 23:49:14 ID:9aVVYU+G0
連投規制されてて中途半端なところで切ってスマン・・・

数十分経過・・・

照「少し落ち着いたようね・・・」
咲「ありがとう・・・お姉ちゃん・・・」
照「一体何があったの教えて?」
咲「私ここ2年くらいチョコ京ちゃんにあげてないんだ・・・」
照「どうして?京ちゃんとの間に何かあったの?」
咲「実はね私中学2年の時まで京ちゃんにチョコをあげてたんだ・・・
  でも中学2年の時にそれをクラスの男子に見られて・・・
  そしてそれをネタにされて私おもいっきりからかわれちゃったの・・・
  京ちゃんは優しく慰めてくれたんだけどそれ以来京ちゃんにチョコを
  あげようとするとその事が蘇ってきて渡せなくって・・・
  そして今日の為にチョコも準備したんだけど優希ちゃんや和ちゃんや
  お姉ちゃんや先輩がチョコをあげてる姿を見てたら自分だけが
  京ちゃんにチョコをあげれないのが悲しくなってきて・・・」
照「それでここまで来ちゃった訳ね」
咲「うんそうなの・・・」
照「酷いヤツもいるものねーまあ男子ってどいつもこいつも
  ガキみたいなのばっかでいつもつまらない事でワーワー盛り上がってるし
  いつまでたっても成長しない奴らばかりだからさ・・・
  でもね咲そのからかった事にかんしてはそいつらが悪くても
  それを理由にいつまでも京ちゃんにチョコをあげられないのは
  アンタのせいよ!!!」
咲「えっ・・・」
照「今のアンタはそのからかわれた事を理由に自分の殻に
  閉じこもって今ある現実から逃げてるだけよ!!!!!!
  今日京ちゃんにチョコをあげた子達だって
  みんな不安な現実と戦いながら今日を迎えたの!!!!
  そしてみんな自分の殻を破って京ちゃんにチョコを渡したの!!!
  それなのにアンタは何?京ちゃんにチョコをあげられないのを
  都合のいい理由をつけて現実から逃げてるだけじゃないの!!!!
  今アンタがやる事は現実を見つめ京ちゃんにチョコをあげて
  自分の殻を破る事!!!!これは今やらなきゃならない事なの!!!!!」

305 :291:2010/01/23(土) 23:50:47 ID:9aVVYU+G0
咲「でも・・・出来るかどうか分からないよ・・・」
照「あなたに私の話を聞かせてあげる・・・」
咲「お姉ちゃんの話?」
照「私ねつい最近まであなたと仲違いしてきたけどあなたのせいじゃないの・・・」
咲「えっ?どうゆう意味?」
照「私はね負けるのが怖かったの・・・あなただけじゃなくて他の人にも・・・
  あなたは子供の時から恐ろしい才能を見せつけてきたわ・・・
  だから私は姉という立場を上手く使ってあなたを陥れようとしていたの・・・
  でもある日気付いたのそれはただ私が自分の殻に閉じこもって
  今ある現実から目をそらしてきただけだって・・・
  まあ気付くまで随分時間がかかっちゃったけどね・・・」
咲「お姉ちゃん・・・」
照「だからあなたにも出来るわ・・・咲
  麻雀も人生も配牌だけで勝ち負けが決まるものじゃないわ・・・
  さあおしゃべりはここまで!!今あなたの想いを京ちゃんに伝える時よ!!!」
咲「分かったよお姉ちゃん!!私自分の気持ちを京ちゃんに伝える!!!そしてもう逃げない!!!!」
照「よし!行って来い!!」
咲「行ってきます!!お姉ちゃん!!!」


タッタッタッタッタ


京太郎「あっ照さん!!咲見ませんでしたか?」
照「咲ならあっちに行ったわよ」
京太郎「ありがとうございます照さん」
照「待って!」
京太郎「何ですか?」
照「あの子にちゃんと向き合ってあげてね」
京太郎「分かりましたそれじゃあ」
  
タッタッタッタッタ

照(何やってんだろ私・・・私だって京ちゃんの事・・・)



306 :291:2010/01/23(土) 23:53:36 ID:9aVVYU+G0
京太郎(咲はどのへんだ?照さんはこっちの方だって言ってたのに・・・)
咲「京ちゃん?」
京太郎「咲!!!!!」
咲「京ちゃん!!!」
京太郎・咲「あの」
京太郎「先に言えよ・・・」
咲「京ちゃんから言って・・・」
京太郎「ごめん咲お前があの時の事で苦しんでるのに助けてやれなくって・・・」
咲「ううん・・・私こそごめんあの時の事はもう過ぎたのに
  いつまでも悩んでそれでみんなに迷惑かけて・・・
  だからそれを乗り越えるためにこれを受け取って京ちゃん!!!」
京太郎「これは・・・バレンタインチョコ・・・くれるのか俺に・・・」
咲「うん!さあ早く食べて!!」
京太郎「頂きます!ウマいよこの味全然変わってないな」
咲「ありがとう京ちゃんあと大事な話があるの・・・」
京太郎「なんだ大事な話って?」
咲「私ね京ちゃんの事好・・・」
?「やっと見つけたしーーーー!!!!」
京太郎「なっなんだお前は?」
?「初めまして風越高校の池田華菜っていうし!久しぶりだし清澄の大将!!」
咲「お・・・お久しぶりです・・・」
京太郎「で池田サンあんたは何の用だ?」
華菜「須賀京太郎お前にプレゼントがあって来たんだし!!」
京太郎「俺に・・・何だ?」
華菜「これを見ろバレンタインチョコだし!!!!」
京太郎「えっマジで・・・」
華菜「さあどんどん食べるといいし!!!」

307 :291:2010/01/23(土) 23:54:59 ID:9aVVYU+G0
京太郎(なあ咲やっぱ食べなきゃダメか?)
咲(当たり前じゃんあの人がせっかく作ってきてくれたんだから)
京太郎「じゃあ・・・頂きますうんなかなかイケるな」
華菜「そうだろーなぜなら華菜ちゃんとキャプテンが共に作った夢のコラボレーションだし」
京太郎「なぬ!!!もっとそれを俺に・・・」
咲「京ちゃん」ゴゴゴゴゴ
京太郎「いや・・・やっぱりいいです・・・」
久「おーーい須賀くーーーん」
京太郎「先輩・・・みんな・・・」
優希「京太郎・・・咲ちゃんは?」
京太郎「もう大丈夫だ」
和「それではもう一安心ですね」
咲「皆さんごめんなさいみんなに凄く迷惑かけちゃって私・・・」
まこ「もうええって咲・・・ちゃんとチョコはあげれたか?」
咲「はい」
照「どうやら上手くいったようね・・・」
咲「お姉ちゃんのおかげだよ・・・本当にありがとうお姉ちゃん」
照「ううんあなたがしっかり頑張ったからよ・・・」
久「所であなた風越の子よね?ここで何してるの?」
華菜「華菜ちゃんはそこの須賀京太郎にチョコをあげに来たんだし!!」
まこ「ほー・・・随分大収穫じゃったの京太郎」キラーン
京太郎「そんな事ないですよ・・・止めてください」
まこ「それで京太郎ここだけの話誰のチョコが一番ウマかったんじゃ?」
京太郎「それは・・・」
女性陣(じぃーーーーーーーーーーーー)
京太郎「ゴメンやっぱりパスで」



タッタッタッタッタ



久「あっコラ逃げてんじゃないわよ!!」
咲「京ちゃん待ってよ〜」
照「京ちゃん待ちなさいよ!!」
優希「京太郎は本当は私のチョコが一番ウマかったんだじぇ〜」
京太郎「そんな事ある訳ねーだろバーカ!」
優希「犬のクセにムカツクじぇ〜」
和「須賀君せめてあのチョコの感想だけでも・・・」
華菜「須賀京太郎待つし〜まだチョコが余ってるし!!」
まこ「京太郎もこれからが大変じゃな・・・」


おしまい

308 :291:2010/01/23(土) 23:57:42 ID:9aVVYU+G0
以上です
途中連投規制されたり、書き込めなくなったり散々でしたが・・・
何とか全部載せられました。



309 :291:2010/01/23(土) 23:58:47 ID:9aVVYU+G0
書き忘れました・・・

最後まで読んでくれた方ありがとうございます!!

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 01:27:05 ID:mKMmZBn/0
GJ!!
そうか、もうバレンタインか・・・

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 04:41:40 ID:O/dZeumQ0
GJ!!
超大作すぎるだろ・・・てかいいところで邪魔すんな池田ァ!


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 08:50:30 ID:bE6RkODp0
GJ!調子に乗るな池田ァ!

> 咲「京ちゃん」ゴゴゴゴゴ
つか、これ見たときにはどうなるかと思ったw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 18:00:17 ID:yn7QlrmV0
良い仕事してますな〜カナちゃんタイフーン
照さんがお姉ちゃんお姉ちゃん&乙女過ぎて生きてるのが辛いです

来月はコーチは外だし!キャプテンは内だし!

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 20:59:24 ID:sQluRbqw0
>>307
自分では手渡さないで、池田をお使いに出したキャプテンの心理も気になるな。
女子校だし奥手なのかも。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 01:38:12 ID:aAZxoha40
GJ!
やっぱ池田はこうでないとな

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 01:38:58 ID:aAZxoha40
GJ!
やっぱ池田はこうでないとな

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 19:09:23 ID:lnVfc7s20
さて、そろそろ優希ちゃんときょーたろがラブラブな交際初めてもいい時期だじぇ

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 21:39:04 ID:ofoD70FJ0
     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|  
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|   優希ちゃん
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙、 ヽ___       ;==─-ソ::::::/ /:::!   寝言は寝てから言おうね♪
      ヽ|:.:.ヾ:.、::ヽ≠'´ ̄`     ;;;;;;;;;;;; ノノ:ノ /;イノ
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 01:08:21 ID:0x9fM//X0
は、早いもん勝ちだじぇ!!

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 02:18:13 ID:g+OlJ2zN0
お前ら京太郎を糖尿にする気か

321 :女神の咲 6:2010/01/26(火) 11:15:23 ID:h82W/JFNO
妹尾「ロッケンロー!どーじゃワシの役満は!脳みそ揺れたかぁ!! (ドコスタドコスタ
田舎もん共が調子にのりやがって、鶴賀ナメんなっちゅう話じゃ!お!?
(ズンタッズンタッ」
まこ「このガキ…!ぶっ殺しちゃるあ!」
妹尾「おいおい!(ジャカジャン
下手な真似しやがったら今度はダブル役満をぶちこむどぉ!」
タコス「おごごごごもぉ!」
妹尾「ただでさえアンタら役満でまいっとんのに、ダブル役満なんてくらったらほんまに頭おかしくなるかも分からんなぁ!(ジャカジャーン」

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 11:16:47 ID:h82W/JFNO
あかん、誤爆した
すいません

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 21:29:47 ID:4SAzut3G0
何処に書き込もうとしたのか激しく気になる

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 22:33:16 ID:yt2eAcwX0
どんなスレの流れでこんなもん書き込もうとしたんだw

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 15:55:36 ID:RXUhso160
最糖鰹逝歯んで チンポ著し
最糖鰹逝歯んだら チンポ忌々し

最糖歯んでも アラ ヂヲラマになります
最糖鰹逝 ヲラ 最糖歯んでまっしぐら Ah-

最糖鰹逝が歯んだからにはね あっらー 最糖が歯んでいたよ
奇跡は最糖鰹逝が 歯んでいたからね全部 すでに改革心

最糖が歯んでいたら 糞の花咲かせよう

サガってんのーヲゥヲゥ サガってんのヰェヰェ
サガってんのーヲゥヲゥヲー


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 21:16:35 ID:Dh1G0Tpv0
井上兄貴に掘られる京太郎が見たい

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 22:20:36 ID:feHkDz9w0
俺に?京太郎を?ペニバンつけてか?つけないでか?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 22:56:00 ID:c3bgEix10
井上純
「貴様の様な奴はイカサマ雀士同然じゃ、喰らえッ念彼観音力ィーーー!」

ド ド ド ド ド ド  ド オ ッ

京太郎
「ぐ ぐえーッ!!」

蒲原
「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏、井上様は生き仏だあ!!」

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 22:59:13 ID:BgROjBx90
>>328
ハイハイhrmrさん毎度毎度お疲れ様です

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 23:22:14 ID:beTSghGl0
よし、とりあえず素数を数えながら京和を待とう

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 23:50:11 ID:BWzvnRTbO
和は難攻不落だが
少しずつ陥落していくと萌えるな

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/28(木) 16:42:11 ID:uGXszB/eO
とことん優しくしたら落ちそう

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/28(木) 22:30:41 ID:E3BL9BQhO
「男なんて…イヤらしい事しか興味ないんですっ」

男性不信だった和が、欲望を必死で抑えて嫌がる事をしないように頑張る京太郎に少しずつ攻略されていく…

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/28(木) 23:26:13 ID:752I/kzyO
和はガチレズだから難しい

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/28(木) 23:56:07 ID:S+a5e+Cb0
>>334
ああそうさ
それどころか本編だとアニメ・原作とも京×咲さえ薄くなってるんだぜ・・・orz
だからこそ、このスレの意義があるんじゃないか!

というかラブコメものなら、男性に興味なしで高嶺の花的な和は
メインヒロインの資格充分なんだけどな

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 00:21:18 ID:8VAu+rLK0
昔なら幼馴染の咲が鉄板メインヒロインだろうけど最近だと幼馴染はサブで
物語の始まりと同時に(部活ものなら入部してから)知り合ったキャラが
メインヒロインになったりするのが多いしなw

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 01:26:19 ID:r04jCKXs0
原作はまだこれからどうなるかわからないが、アニメの京×咲は終盤の24話でダメ押し喰らったからな。
京太郎は咲を、和を釣るための餌としか考えていないし、
咲は咲で浴衣着てこいと言われても「?別に良いけど」でスルーw

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 01:45:31 ID:SqvbTKH10
もう面倒くさいから咲京和でいいよ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 03:57:15 ID:3Nm6zm1E0
>>329>>338
さっぱり相手されないタコスに吹いたw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 08:39:12 ID:iOKk3pclO
優希ちゃんとはもう公式カップルだから、あえて言う必要がないだけだじょ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 12:53:07 ID:pwnRyrALO
優希ちゃんなに言ってるの?
ゴゴゴゴ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 17:43:49 ID:kmZFtb8X0
マホ本買ってきた。
京太郎の麻雀能力分析にワロタ。
あと、おっぱい好きが公式認定されたんだなw

343 :女神の咲 21:2010/01/29(金) 18:41:00 ID:c5NCwPKJO
「何でこんな酷い事を咲ちゃんとのどちゃんに出来るんだじぇ!?いつから京太郎は…そんな事をする人になったんだじぇ!?」
タコスは目に涙を浮かべながら叫ぶ。仲間であった京太郎がなぜ清澄を裏切ったのか、タコスは知りたかった。
「・・・・・・」
京太郎はしばらく沈黙していたが、くわえていたタバコを床に捨てるとおもむろに口を開いた。
「・・・みんな同じだからこそじゃ」
京太郎はシュワシュワボッから必死に逃げている和に目をやる。
「みーんな雀聖になりたいんじゃ・・・けれども全員が雀聖になれる訳じゃない。じゃあ雀聖になれなかったもんはどうするのかといえば、自分を納得させる理由を探すんじゃ。
たとえば雀聖なった奴の年が自分より上ならこいつの二番手になれば次に自分が雀聖になれるかもしれん・・・とかの。
けれどもワシの場合は同じ年の咲と和がいる限りワシはその二番手にすらなれんのじゃ!」
「じゃあ清澄を裏切ったのも・・・」
「ほうじゃ!だからワシはみはるんという最高のパートナーと手を組んで風越についたんじゃ!次の雀聖争いに名乗りをあげるためにの!

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 18:43:04 ID:c5NCwPKJO
また誤爆してしまった・・・
本当にすいません

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 19:20:38 ID:YFY0zee10
ワハハ

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 22:25:54 ID:/IcFN5MpO
>>337
原作でも限りなく100%に近い確率で無理だけどな
会話すらほぼ皆無だし

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 22:30:27 ID:pvMbPF9BO
突き詰めて行くと結局
京→和→咲→照
になって妄想する意味が無くなるぞw

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 22:52:08 ID:SqvbTKH10
こういう妄想スレでそういう無粋なことはNGだぜ兄弟
ここは楽しく妄想しようじゃないか

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 00:00:50 ID:P3oajN430
そもそも、女子麻雀部・女だらけ・主要人物の半数がガチレズな百合作品に
京太郎という存在がいること自体がよく考えれば不自然。必然性がない。
最初は普通に京咲でいく予定だったのか?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 00:50:30 ID:Q4uUDAZWO
不自然もなにも
最初は、もなにも
今現在フツーにタコ京で男女ラブコメ枠成立してるやん


あとアニメはともかく、原作じゃガチの雰囲気あるのはのどちゃんとモモだけ
タコスは当然、咲ちゃんもレズとは思えん

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 02:31:41 ID:uCDfou0T0
とタコスが言ってました

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 08:52:49 ID:VfntVK5WP
避難所転

6:名無しさん
10/01/29(金) 20:09:40 ID:l59yGs8.
咲「京ちゃん、向かいに新しい人が引っ越してきたみたいだね」
京「ああ。挨拶に行かないとな。」

パンパンパンパンパンパンパンパンパン

咲「何の音?」
京「こんな時間に布団でも干してるのか?」

『離婚!離婚!さっさとりーこーん!』
『離婚!離婚!さっさとりーこーん!しばくぞ!!』

咲「ふぇっ!大きな声」
京「窓から見てくるわ」

ガラッ

京「!」
???「おい!須賀京太郎ぉ!!」
???「咲さんはあれほど私の物だと言っただろォ!!」
京「咲は女だぞ・・・」
???「あ"!!ん"!?」
???「世界中の誰よりも愛し合っていた二人を引き離してぇぇ!!」
???「抗議や!抗議!」

???「離婚!!離婚!!さっさとりーこーん!」
???「離婚!!離婚!!さっさとりーこーん!しばくぞ!!」

ガラッ

咲「どうだった?」
京「咲・・・さっさと引っ越ししよう・・・」
咲「えっ?」

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 08:53:34 ID:rM0ruwgr0
>>350
俺は地味に国広くんが一番アレな気がする。
とーかに男ができることを嫌がっている感じだったし。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 15:18:16 ID:oUkKeWqXO
タコ京も別になくても問題ない程度だよね

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 19:21:26 ID:6WpOayf2O
京ハギとか投下していいの?
>>1読んだ限りではダメそうだけど

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 19:48:25 ID:Q4uUDAZWO
BL的なモノなら、とりあえず避難所に投下してみたら?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 22:32:33 ID:6WpOayf2O
うぃ。
月初辺りに投下するかも。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 19:43:16 ID:n8rn7ldUO
はたして部長は、受験中、さらに日曜日のバレンタインデーに行動を起こすことはできるのか

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 20:20:43 ID:g65N3R6NO
部長なら推薦で早々に進路が決まってそうだ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 21:20:10 ID:n8rn7ldUO
じゃあ「大学一人暮らし用の家具下見に行くから、付き合って」とか色々理由付けて、14日は一日中一緒にいて
帰りがけに「今日はありがとね…これ、お礼」とか言ってチョコ渡すんですね


一日中一緒だから、他の女の子はチョコ渡せない的な

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 22:32:53 ID:nn/q+zSa0
日にちに拘るより、他の人よりも先に渡した方がインパクトが強いんじゃない?
ということで13日の土曜日に渡すのかも。

というか、明後日に迫った京太郎の誕生日にプレゼントを渡すべく、このスレ的にはバトルが繰り広げられる予感。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 22:35:31 ID:BXGCFaCd0
>>361
13日に京ちゃんの家に泊まって14日になると同時に渡すと言うのも

……渡す以前に泊まれないか

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 23:44:14 ID:8OaFA2ZmO
>>360
ふむ、期待していいんだな?

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/01(月) 10:49:21 ID:DLORuFYTO
まあ14日に京ちゃんとずっと一緒にいるのは、わた…宮永咲さんなんだけどね

365 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/01(月) 19:55:10 ID:EJJQYG/RP
2月にもなったら、何が起こってるか分からないな
意外に井上のアニキあたりとバレンタインデートしてたり

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/02(火) 00:00:30 ID:AelJ/OuW0
     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|  
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|   京ちゃん
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙、 ヽ___       ;==─-ソ::::::/ /:::!   誕生日おめでとう♪
      ヽ|:.:.ヾ:.、::ヽ≠'´ ̄`     ;;;;;;;;;;;; ノノ:ノ /;イノ 今日は2人っきりでお祝いしようね
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/02(火) 06:05:37 ID:ub6aG2F20
: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ
: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >



368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/02(火) 09:09:52 ID:GJLDUnvW0
すでに引いてるってどういうことだww

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/02(火) 09:40:10 ID:hTo+rJfK0
そうか今日は京ちゃんの誕生日か

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/02(火) 23:39:01 ID:0KlDkxvT0
部長に強制的に童貞を奪われる京太郎が見たい
「ごめん、咲・・・」
とか言いながら逆レイプされるのだった

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 00:55:31 ID:YaX/BHOv0
なんだそのNTRモノ

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 01:05:51 ID:740phFWy0
俺の中では部長は誘い受けタイプ

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 06:54:32 ID:XG8dbVGg0
>>370
エロパロスレ住人はいつでもあなたの投稿を待っています

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 11:40:30 ID:/6Pi35hiP
避難所転載

8 :名無しさん:2010/02/02(火) 23:02:08 ID:7Q4xQN/s
規制中なんでこっちに投下
話にはあんま関係ないけど一応、部長は推薦で進路決まってるから今の時期でも普通に学校来てる設定で

久「須賀クン! おっはよー」
どんっ!
京太郎「うおっ!? 部長。おはようございます」
久「ここで会ったのも何かの縁だし、一緒に学校行こうか」
京太郎「はい」
久「(よし、ここまでは作戦通り・・・お、落ち着け落ち着くのよ私・・・)」ブツブツ
京太郎「? 何か言いました?」
久「へ!? あ、しまった、いやえっとその・・・す、須賀クン今日誕生日なんですってね!」
京太郎「はい、そうッス」
久「あのコレ・・・誕生日プレゼント!」
ばさっ
京太郎「マフラー・・・? ありがとうございます! うわ、嬉しい・・・」
久「えっと・・・い、いつも良く働いてくれてるし、そのお礼も兼ねて・・・あ、ありがたく思いなさいね」
京太郎「はい! すげー嬉しいです、部長! へへへ」
久「う、うん・・・/// ほ、本当は手編みとかが良いかな〜? とか思ってたんだけど」
京太郎「部長、マフラー編めるんですか?」
久「・・・編めないから買ってプレゼントしたのよ!」
京太郎「あははは」
久「もう、須賀クンったら笑うな! ・・・うふふ」

咲「おはようございます、京ちゃん、部長」
 ぽんっ
久「!」ビクッ
京太郎「おお咲。おはよー」
久「あ、あら・・・おはよう咲」
咲「・・・・・・そのマフラー」
京太郎「あ、これは部長からの誕生日プレゼント」
咲「部長から?」
久「そ、そうよ? 部長たるもの、部員の誕生日にプレゼントくらい・・・って感じで、べ、別に深い意味とかは」
咲「ふうん・・・あ、私も京ちゃんにプレゼントあるんだ」
京太郎「お、何々?」
久「・・・」
咲「ここじゃ恥ずかしいよぉ。ね、京ちゃん今日放課後二人で一緒にどっか遊びに行こ! そこで渡すから」
久「!?」
京太郎「おお、テスト前で部活休みだからいいけど・・・勉強しなくていいのか?」
咲「どーせ京ちゃん勉強しないでしょ?」
京太郎「ま、それもそうだな。あっはっは」
咲「えへへ。じゃ、決定だね」
久「・・・・・・な、なんだか二人お熱いようで」
咲「えー? 別にそんなんじゃないですよー」
京太郎「そうそう、コイツとは別に何も」
咲「ム」
久「そういえば私日直で早めに登校しなきゃいけないんだったわ! じゃあね、私急ぐから!」
京太郎「あ、部ちょ・・・」

 タッタッタッタ

久「・・・あーあ。どうせもうすぐ卒業して会えなくなるのに・・・なんでこんな・・・」

咲「・・・・・・ふっ」
京太郎「?」

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 18:01:55 ID:Tm4fZuEh0
さすが魔王さま

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/04(木) 02:09:21 ID:SEFRi7Vu0
それでこそ宮永闇咲だ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/04(木) 12:52:46 ID:gst1D7SL0
>>374>>370に続くんだよ

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 06:53:30 ID:S1a3YgPj0
最近投下がなくて寂しいなぁ……
京太郎の出番がなくて寂しいなぁ……

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 10:17:24 ID:JRuE9MlTP
避難所転載

43 :名無しさん:2010/02/05(金) 08:43:27 ID:eQ6tD7cw
規制により代行を依頼します

>>720
担当医は無言のまま心臓の辺りを撮影したレントゲン写真を京太郎に見せる。
「……君の心臓に極めて危険な異常が見つかった」
「………え?」
担当医の言葉に京太郎は言葉を失った。極めて危険な異常だって?どういう事だよ、それ。
京太郎は逃げ出したい気持ちをおさえながら担当医に質問を続ける。
「それって…、どういう異常なんですか? 治すためには手術も…必要だって事ですか先生?」
手術をすれば治る、京太郎はそう担当医に言って欲しかった。
しかし、担当医は首を横に振ると写真をそっと京太郎に手渡した。
「京太郎君……残念ながら君の心臓の異常は現代の医療技術では治す事は不可能なんだ」
「治す事は不可能って…!?じゃあ俺は、一体どうなってしまうんですか!?」
「……辛い現実かもしれないが、君の心臓はかなり病に蝕まれている。
恐らく一ヵ月…長くても二ヵ月しか君の心臓は耐える事は出来ないだろう」
担当医から告げられた無情な余命宣告――自分は後一ヵ月しか生きる事が出来ない。
そんな現実に直面した京太郎は目の前が真っ暗になっていく感覚に襲われた。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 10:18:10 ID:JRuE9MlTP
44 :名無しさん:2010/02/05(金) 08:45:12 ID:eQ6tD7cw
嘘だろ?俺が…死ぬ?たった一ヵ月で死ぬ…?
身体中の震えが止まらない、これが夢であったらどんなに救われるだろう。
でも――今、自分がいるのは紛れもない現実。自分に残された時間は一ヵ月のみという残酷な現実である。
「京太郎君…私は君に入院する事を勧める。 今の君は非常に危険な状態だ」
「……でも、入院したとしてもそれで治る事はないんですよね?」
「確かにそうだが……それでも幾何かは余命を延ばす事は出来る。 それに今の状態で日常生活を送るのは極めて困難だろう。 それは君が一番分かっている事じゃないのかね?」
担当医の言葉に京太郎は自分の胸に手を当てる。確かに担当医の言う通り何時、どこで胸の痛みが襲って来るのか分からない。
もし、昨日みたいに咲達と一緒にいる時に痛みに襲われてしまったら…?
普通に考えれば担当医の言う通り、入院するべきなのだろう。
けれども――
「少し…考えさせてください」

その日の夜、京太郎はベッドに横になりながら物思いにふけっていた。
余命一ヵ月――自分に残された時間はあまりにも短い、その時間をどう使うべきなのか?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 10:19:08 ID:JRuE9MlTP
45 :名無しさん:2010/02/05(金) 08:47:28 ID:eQ6tD7cw
病院に入院して、ただただ死ぬのを待つだけなのか?
それとも悲しみに暮れ、毎日を泣きながら過ごすのか?
いっそ、どうせ死ぬんだったらと己の欲望のままに生きるのか?
「違う…」
そうだ、俺にはやらなくてはならない事がある。入院しては助からないのは分かっている。
やけを起こしたり開き直って欲望に生きるなんてのは愚の骨頂だ。
京太郎はある決意を固めた。

「何かしら須賀君、私達に話があるって」
「いえ、ちょっと皆に言いたい事がありまして…」
京太郎は麻雀部の面々を見渡しながらニッコリと微笑む。
(きっと皆、怒るだろうなぁ…でももう決めた事なんだから仕方ないよな)
京太郎の決意、それは――
「俺、今日で麻雀部をやめさせてもらいます」
京太郎の退部宣言、いきなりの事態に麻雀部の一同は驚愕した表情で京太郎の顔を見た。
京太郎は考えた。これ以上、自分が麻雀部にいれば必ず彼女達の足手纏いになるだろう。
それならば自分がいなくなれば良いだけの事だ、空気である俺がいなくても皆は構わないろうしな。
五人だけでも楽しくやっていけるさ…今までだってそうだったのだから。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 11:25:27 ID:mIvn++T70
>>379-381はもしかして京太郎×咲スレの方じゃないかな

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 11:30:42 ID:JRuE9MlTP
あ、ホントだすんません・・・
張り直してきますorz

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 12:58:12 ID:qtcjzkdFP
10 :名無しさん:2010/02/06(土) 00:52:25 ID:dqylXZA2
プレバレンタインネタ
規制中だからこっちに投下させてもらいます。代行投下お願いします


優希「あと一週間でバレンタインだな!」
京太郎「あ、うん・・・で、咲。この授業中に出た問題の解答、ノート取ってる?」
咲「えーと・・・あ、ごめん私も取って無い」
京太郎「おいおい。居眠りでもしてたか?」
咲「う”・・・京ちゃんに言われたくないよ!」
和「その問題、私のクラスでも昨日説明ありましたよ。ノート見ます?」
京太郎「おお、さすが和!」
咲「ありがとう、和ちゃん!」
和「/// これくらいどうってことないです」
優希「さっすがのどちゃん・・・・・・って、オイ! 無視してんじぇねーじょ!!」
京太郎「別に無視してねーよ。テスト前だし勉強しないと・・・あ、咲それ間違ってる」
咲「あ、ホントだ。式がずれてたみたい」
和「うふふ、咲さんったらおっちょこちょいですね」
優希「うううう・・・ツマンナイじょー! 麻雀やろうじぇ!」
京太郎「ダメだ」
咲「ダメだよ」
和「ダメです」
優希「・・・・・・」がっくり

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 12:59:08 ID:qtcjzkdFP
11 :名無しさん:2010/02/06(土) 00:54:17 ID:dqylXZA2
ギィ〜 バタン

久「・・・あら。みんないたの」
京太郎「あ、竹井先輩」
咲「おつかれさまです」
和「試験前で部活は休みですが、勉強のために1年生で部室をお借りしてます」
久「関心関心。私は暇だからちょっと寄ってみたんだけど・・・優希はなんか不満そうな顔してるわね」
優希「だって〜。せっかく4人揃ってるのに麻雀しようとしないんだじぇ、コイツら」
京太郎「当たり前だろ!」
和「今は勉強が大事です」
優希「ほらーこの堅物ども! それに京太郎、チョコ貰うアテ無いからってバレンタインの話題を必死にスルーしたし」
京太郎「はぁ!? 別にんな事は」
久「へえ。須賀クン、チョコ貰うアテあるんだ?」
京太郎「え・・・えっと、それはその・・・」
咲「・・・・・・」ジーーー・・・
京太郎「・・・・・・」
咲「・・・・・・」ジーーーーーー・・・
京太郎「貰うアテはともかく、貰いたいアテなら・・・なーんて」チラッ
和「・・・?」
咲「・・・・・・」グオゴゴゴゴゴゴゴ・・・
優希「(さ、咲ちゃんの物凄い視線に気付いてないじぇ、この鈍感男・・・)」

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 12:59:50 ID:qtcjzkdFP
12 :名無しさん:2010/02/06(土) 00:55:15 ID:dqylXZA2
久「うふふ。複雑なバレンタインになりそうね・・・よーし! 私も須賀クンにチョコあげちゃおっかな」
京太郎「え!? マジっすか! やった」
咲「・・・・・・」
久「私がチョコあげるなんて珍しいわよ〜。感謝しなさいよね」
京太郎「モチロンです!」
久「うふふ」
咲「・・・・・・」ドドドドドドドドドド
優希「う”う・・・い、犬ー!! 仕方ないから私もチョコあげるじょ! 感謝しろよ!」
京太郎「え、お前も? んー、サンキュー」
優希「なんでリアクション薄いんだじぇ!!」
咲「・・・・・・」
和「・・・咲さん? どうしたんですか? 体の具合でも・・・」
咲「・・・あはは。なんでもない、なんでもないよ・・・ただちょっと、邪魔だな〜って」
和「邪魔?」
咲「・・・あ、ううん。消しゴムのカスとかがね・・・うん。ホントなんでもないよ。なんでも・・・」
和「そうですか・・・」

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 13:00:34 ID:qtcjzkdFP
13 :名無しさん:2010/02/06(土) 00:56:50 ID:dqylXZA2
久「和は誰かにチョコとかあげないの?」
京太郎「!!」
和「私は別に・・・お父さんくらいですかね」
京太郎「・・・」ガックリ
優希「京太郎、露骨にガッカリしすぎだじぇ」
京太郎「な!? ばっか、別に俺はそんな・・・なあ! ・・・はぁ」
咲「・・・・・・」
和「・・・同じ部活だし、須賀君に義理チョコくらいはあげるべきですか?」
久「ん〜。それは・・・どうかしら?」
京太郎「!! べきべき! あげるべきだよ! っていうか下さい!」
和「はあ・・・じゃあ持ってきます。チロルチョコとかでいいですか?」
京太郎「やったぜーー!!!」
久「・・・須賀クン、それでいいの?」
優希「悲しい男だじぇ」
咲「・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴ

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 13:01:17 ID:qtcjzkdFP
14 :名無しさん:2010/02/06(土) 00:57:32 ID:dqylXZA2
久「咲は誰かにチョコ・・・ま、モチロン須賀クンにあげるわよね〜。よっ、ニクイよ。このこの」
咲「わ、私はその・・・えっと・・・・・・は、はい・・・///」
和「・・・・・・」
京太郎「咲は毎年義理チョコくれるからなー」
咲「・・・も、貰えるだけ感謝でしょー!?(・・・それに、義理じゃないよ)」
京太郎「はいはい。咲は優しいなー」
なでなで
咲「うう・・・京ちゃんのばか///」
優希「・・・・・・」
久「・・・バカップルね」
和「ぐ・・・と、とにかく! この話題はもう終わり!! 試験勉強に戻りますよ!!」
京太郎「おうそうだった。まったく優希の馬鹿話に付き合ってたら勉強する時間なくなっちまうよ」
優希「なんだとー!? 楽しそうに話してたクセに!」
久「じゃ、勉強の邪魔になったらいけないから、私は大人しくパソコンでもしてるわ。分からない問題とか聞いていいわよ。答えの保障はしないけど」
咲「・・・(でもバレンタイン、今年は敵が多そう・・・っていうかちゃんと本命と分かるようなチョコ渡さないといけないかな・・・はぁ)」
京太郎「ん。どうした咲、ため息なんかついて? 面倒だからって、ちゃんと勉強に集中しなくちゃダメだぞ!」
咲「だーかーら! 京ちゃんに言われたくない!」

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 14:40:06 ID:WFN1wwcd0
GJ!
やっぱりワカメはスルーなのなw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 21:11:56 ID:9vxg7/mF0

「どうした、咲ィ? お前はまた
昔みたく他の子達に京太郎をアッサリ奪われる
寝盗られキャラクターに戻りたいのか〜〜〜っ!?」


「グロロロロ〜〜!!
お、オラは二度とそんなキャラには戻らねえ……
オラは絶対に京ちゃんを逃がさねえだ〜〜っ!」

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 07:51:07 ID:n4+O/Mhf0
>>390
何で俺は筋肉マンのジェロニモを思い返したんだろう……

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 09:18:43 ID:KItXV5yC0
>>391
え? セイウチンかと思った。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 19:47:20 ID:8kBcXBcv0
将来京ちゃんは誰と結婚するのだろうか

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 20:04:38 ID:15N1aiq/P
やっぱ優希ちゃんだじぇ

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 22:20:14 ID:jfHyjF+V0
>>393
     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|  
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|   変な疑問を持つのは
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙、 ヽ___       ;==─-ソ::::::/ /:::!   止めようね♪
      ヽ|:.:.ヾ:.、::ヽ≠'´ ̄`     ;;;;;;;;;;;; ノノ:ノ /;イノ
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/07(日) 23:08:34 ID:+2KpYECi0
久とのケコーン生活のssを求ム

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/08(月) 00:47:29 ID:5zOY5aaW0
モモを偶然発見したのが、かじゅじゃなくて京太郎だったら・・・

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/08(月) 01:37:22 ID:TzhB3IhZ0
偶然ではなく巨乳センサーに引っかかって見つけたというほうが面白い気がする

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/08(月) 05:35:22 ID:6HO7DAWx0
モモと京太郎とかすごい変態カップルになりそうだな

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/08(月) 11:27:27 ID:cplyXKz80
>>399
過去ログにあるじゃないかw

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/08(月) 23:25:29 ID:TzhB3IhZ0
それをかカウントしても良いんだろうかwwww

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 18:08:15 ID:6rBT6+tZ0
保守

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 19:54:54 ID:/dfF9hDr0
>>399
モモ「私は別に変態じゃないっす!たまたま自分を見つけてくれた人が同性だっただけっす!」
京「俺だって別に変な意味で和が好きなんじゃない!あのおっぱいが好きなだけだ!」

咲「・・・・・・・・・・・」
タコス「・・・・・・・・・・・」

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 20:18:53 ID:1il+NH7Z0
>>403
京ちゃん、それって暗に自分は和の胸しか見ていませんって白状してるよね
これは京ちゃんが悪いよ、咲ちゃん、タコス、やっておしまいなさい

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 20:21:34 ID:Gy+LeUgNP
和ちゃんのことはおっぱいしか好きじゃなくて、京ちゃんには他に好きな女の子がいるってことじゃないかな?
例えば、幼なじみでクラスメイトで、よく一緒にランチ取ったりする仲の女の子とか・・・うん、きっとソレだね

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 23:26:41 ID:Mxj5jBcH0
幼なじみでクラスメイトの女の子。の、姉だろう

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 00:13:44 ID:TGt0G4ud0
咲ちゃん達は知らないんだじぇ
のどちゃんと咲ちゃんが、染谷先輩んちの喫茶店でバイトした日
わt・・・優希ちゃんのメイド服パンチラ攻撃に対し、京太郎は部長がいた手前興味ないフリしてたけど、その日の帰り道
「おい、優希・・・またメイド服見せてくれよ」と、気恥ずかしそうに優希ちゃんに呟いた京太郎のことを
私んちに来ればいつでも見せてやるじょ! なんなら、今からでも・・・と誘ったら、そのまま家までついて来た京太郎のことを
ちょうど家には誰も居なくて、メイド服姿のわt・・・優希ちゃんに興奮した京太郎は、私のことをギュッと抱きしめて、そのままベッドに・・・
そんなあの夜のことを。咲ちゃん達は知らないんだじぇ・・・ふっふっふ・・・



・・・はぁ

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 08:28:42 ID:foOVZUQm0
     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|   あんまフカシこいてんじゃねーぞ
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙■■■■■■■■■■ソ::::::/ /:::!   糞チビ
      ヽ|:.:.ヾ:.、::■■■■■■■■■■ノ:ノ /;イノ
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 12:50:17 ID:98BnVw2v0
みんなでラーメン食った日の帰り道。

タ「(送り狼…私なりの覚悟も少しはあった言葉なんだじぇ…)」
京「やっぱ星が綺麗だな。優希も見てみろよ」
タ「えっ…わ!ちょっと!」

ガッシャーン

京「大丈夫か?足捻ったみたいだけど」
タ「このくらい…やっぱりダメだじょ(涙)」
京「しょうがない、背負ってやるよ、ほれ」
タ「………」
京「今更、何照れているんだよ、さあ」
タ「…お願いするじぇ///」

タ「(京太郎の背中って思っていたより広いじょ…それに暖かいじぇ…)」
京「しかし、お前って意外に軽いんだな」
タ「!それはどういう意味だじょ!?」
京「いや、いつもあんなにタコスばかり食べているからさ」
タ「こ、このバカ犬!レディに対してその言葉は失礼だじぇ!(ボカスカ」
京「わ、分かったから暴れるなって」

京「さて家に着いたぞ優希。…優希?」
タ「……バカ犬…(スースー」

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 21:49:31 ID:nKlO6yip0
まさにGJですね。優希
その意気で須賀君を我が物にしてください

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 23:08:05 ID:xOo6E0DAO
久「須賀君はいてもいなくても良い存在かしら?」

まこ「わしら五人だけでも大丈夫じゃけん、いつ消えてもええわ」

和「……退部してください」

優希「犬がいなくてもタコスがあれば良いじぇ!」

咲「昔から一緒ってだけで馴れ馴れしくしないで」


京太郎「…………………」

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 23:16:17 ID:n5awl+Gs0
hrmrさんが必死すぎるw

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 23:36:32 ID:nKlO6yip0
必死じゃないです

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 06:35:36 ID:Svafj48r0
必死な奴は必ず死ぬんだよhrmrさん

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 14:58:13 ID:pvQbL2xxO
原村さんとか案外ごり押しでオチそうな気がする

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 15:38:10 ID:wfCvXklS0
京「好きだー! のどかああああああああ!!」
和「はい!?」
京「好きだあああ!! 俺と付き合ってくれーーえええ!!」
和「おおお、大声でなんてこと叫んでるんですか!!」
京「付き合ってえええくれええええ!!」
和「わかりましたから! 叫ぶのをやめて・・・」
京「あ、今わかりましたっつったな、和。じゃあ付き合ってくれ」
和「ふぇ!? いや今のは違・・・その・・・えっと・・・」
京「和!」
抱きっ
和「す、須賀君・・・///」



いや、これは無いな。うん

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 15:48:53 ID:7HNAsdgR0
部室の牌が握力で全部白になるからやめとけ!

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 16:37:27 ID:pSwtNNk0O
京太郎×妹尾


佳織「ルンルル〜ン♪」

蒲原「ワハハ、どうしたかおりん!やけにご機嫌みたいだけど」

睦月「うむ」

かおりん「あっ、いえ……何でもないです!気にしないでください!」

蒲原「ワハハ、さては男だなー?かおりんも中々やるじゃないか!なぁ、むっきー」

睦月「うむ!」

佳織「そ、そんなんじゃないですよ!し……ししし失礼します!」(ダッ

蒲原「うおっ!?かおりん早!」

睦月「うむむ」

―――公園

佳織「エへへ♪今日は久しぶりに京太郎君と……あっ来た」

京「す、すいません佳織さん…遅くなってしまって」

佳織「い、いえ!私も来たばかりですから気にしないでください」

京「それにしても久しぶりですね、こうして二人きりになるのも」

佳織「ええ…私、京太郎君の事ばっかり頭に浮かんで来て勉強に集中できませんでした…」

京太郎「お、俺も佳織さんと同じです!そのせいで部長に怒られてしまいましたよハハハハハ」

佳織「……………」

京「……………」

(ドックン…ドックン…)

佳織「京太郎君……」

京太郎「か…佳織さん……」

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 20:09:07 ID:6PjGqf+F0
つ、続き、続きはまだか!?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 23:40:34 ID:pSwtNNk0O
>>418

酔っ払い「あらあらキスですねぇ、男女共にいいですねぇ」

佳織・京「!?」


佳織「ご、ごめんなさい!私ったらこんな所で……あうう…」

京「い、いえ…俺の方こそすいません。と、とりあえず場所を変えましょうか?」

佳織「は、はい。そうですね。もっと二人だけになれる場所に……」

京「えっ?」

佳織「な、なんでもないです!なんでもないですよ!と、とととにかく行きましょう京太郎君!」

京「は…はい」

佳織(わ…私ったら京太郎君の前で何言ってるんだろう…!はう〜恥ずかしいよう…)ドキドキ


京「こうして二人で歩くのも久しぶりですね」

佳織「そ、そうですね…この前までは出会える時間も多かったのに」(ハァ…

京「仕方ないですよ。全国大会がある事ですし、そのせいで雑用が増えてしまいましたからね…ハハハ」

佳織「……………」

京「あ…!す、すいません佳織さん!俺ったら無神経な事言ってしまって…」

佳織「あ、いえ違うんです。ちょっと…考え事をしてたんですよ…」

京「考え事…ですか?」

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 23:42:04 ID:pSwtNNk0O
佳織「うん、京太郎君と同じ学校だったら良かったなぁ…って。そしたら京太郎君と毎日一緒にいられるし…」

京「佳織さん……」

佳織「エへへ♪でも、今のままでも私は十分幸せですよぉ!だって京太郎君とこうして二人で歩く事が出来るのだから」(ニコッ

京「……………!」ドキッ

佳織「ねえ、覚えてますか京太郎君?私達が初めて出会った時の事を……」

京太郎「も、もちろんですよ!まさかあんな場面に遭遇するなんて思ってもなかったですから…」



――県大会が始まる前の事

ガタンゴトン、ガタンゴトン

京「はぁ……何が悲しくて一人だけでこんな満員電車に乗っているんだろう…(ハァ…)。部長の命令とはいえ、遠出は辛い…ん?」

佳織「…………ぅぅ…」サワサワ

京(あ…あれってもしかして痴漢!?ど…どうする?助けるべきか…それとも誰かに教えるか…)

痴漢「ハァハァ…」(スー

佳織「い…いゃぁ……」

京(や…ヤロォ…!スカートの中に手を……もう迷ってる暇はねぇ!)

タッタッタッ

京「おい…アンタ」

痴漢「えっ……?」

京「俺の彼女にしてやがる!」クワッ!

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 00:53:29 ID:bG54wF5d0
>>420
>あらあらキスですねぇ、男女共にいいですねぇ

世界のヘイポーさん、こんなところで何やってるんですか?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 16:58:32 ID:cDVliqwcP
続き期待

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 19:59:31 ID:G1afb5600
部長が電車の中で肩にもたれかかって寝る、そんなssを・・・

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 22:52:57 ID:tjpfyJ9G0
ルパンのプレゼントキーワードが 『犬が』 だったじぇ

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 23:46:19 ID:ZJQ3Bq/5O
「…中に出してしまったけど、本当に大丈夫なのか?」
「大丈夫ですよ」
京太郎の心配顔を見た和が言葉に力を入れながら微笑む。
「赤ちゃんできても、私、ちゃんと生んで育てますから」
「な、何!?……もしかして、さっきの大丈夫って言うのは、デキちゃっても大丈夫って事か?」
「そうですけど…もしかして、出しても大丈夫な日だと思ってました?あんなのあまりあてにならないんですよ」
和はくすくすと笑いながら京太郎の手を握り、指を絡ませてくる。
「私、須賀君の子供、立派に育てますから安心してくださいね」
「なっ…!」
今までとは違った和の堂々たる様子に、京太郎は絶句してしまった。同時に、背中を冷たい汗が伝い落ちる。
――もしかして、和はこうなる事を計算していたのではないだろうか?
部室でオナニーをしていたのも、鞄の中にローターを入れていたのも、咲の靴下を盗んだのも、全部俺の計画を察していた上での行動だったとしたら…
そんな事を考えていた京太郎の顔を覗き込み、和はにっこりと微笑んだ。
「どうしたんですか、須賀君?ううん、未来のあなた?」

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/13(土) 05:19:27 ID:OB5T6P7mO
そんなオカルトありえないじょ

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/13(土) 07:17:47 ID:4y5o1Z+a0
微妙に18禁っぽいな……15禁ってところか?

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/13(土) 20:10:26 ID:9k9cMFvi0
最新号今更読んだけど、まさかのマホ再利用だった
とーかとかも再利用されてるし
京ちゃんも本編の重要なトコで再利用されるかな?

1:タコス強化イベントでイチャコラ
2:実は照にとってのキーキャラ(咲との幼なじみ設定がここで生きる)
3:部長が挫けそうになった時に支えてあげる

まあ1は結構な高確率でありそうだけど

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/13(土) 21:21:22 ID:KUB50Z580
全国大会に連れて行ってもらえるかどうかだな。
アニメでは連れて行ってもらえたので原作でも大丈夫だと思うけど。

まあ、県予選同様

・タコスとの夫婦漫才
・買い出し
・麻雀初心者の読者用に、部長やタコスに教えてもらう役。

あたりの気がするけど。

照との絡みは俺も期待している。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/13(土) 23:38:08 ID:sY09gbDtO
京太郎は清澄の連中に不満を抱いている・・・そこにつけこめばきっと華菜ちゃ・・・池田さんにもチャンスはあるし!!


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 00:31:24 ID:Of5pjuoi0
>>431
華菜ちゃんには幸せになって欲しい。でも、華菜ちゃんを他の人に取られたくない。
と悩む、みはるん。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 00:44:34 ID:CDF2IQMA0
そしてなぜか京太郎とくっついてしまうみはるん

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 03:29:37 ID:Lo0AMDjy0
照と京太郎でラブっちまえ

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 03:45:04 ID:j/YYRIKV0
>>434
昔はここにもあったんだがなぁ…

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 08:11:43 ID:1Pp4V3w20
          ,.  -―‐-- 、
   ___    /: : : : : : : : : : : :\__
  彡 ': : _:ミC' ://: : : : : : : : : : : ヽ}-、
  /: :/: : ィ○/ / : : :!: : !: : :!: : : : : :.ハ : \
  !イ: : ://: ::/: ,'ィ ⌒!ヽ!|: : :i: ハ: :!: : :.!: : : |(⌒'⌒)
   W//: : ,': : !:リxそト  |/レ⌒V: :!: |: :!: :! \/
    /: : : !: : !〈 ト!::リ      |/厶ハ/ V 
    V!: :八: :!xx`¨    ⌒ヾ !: : :|    京太郎!チョコだじぇ!
     Nハ:!ヽ|ゝ、  「  7 xx人: : |
         >‐:: > n/7hr<レイ|/
        厶ヽ:::::::Y   /::::7
       /! \>::.|  /:::::/|
       L|  ヽf^{ミニf フ! .|
        !  / `¨ハ. ! .|
        | \   /:::::! / |

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 12:52:55 ID:bs4hn4uJ0
京太郎さん・・・チョコです(汗
   |   | |  |   |    |  |il |      H―|‐ト|-、|   |    |   |゙、  ヾ 、 i
.  |  | |  |   |    | _|il-‐|     |/| | |.| ハ\ /| |     |   | ゙、  ヾ 、
   |  | |  |   | , -‐|'´ |i|  |       / | ナーリ./ | /.| ||   |  |  i   ヾ 、
   |  | |   i   イ ゙、  X,ナ \|       |/  レ'__|/ | | |  /    |   i    |ヽ
.   |  | |   i   |  \__|__       ,-‐' ,,;;;;;,,, ヾ、|/| ,イ    /    i    |
    ゙、  ゙、 ゙、  ヾ  >'/.,,,,,,,,,,.゛゛ヾ       /::::;;;;;;::`i ヾ./ / |   ∧   |   |
     ゙、 ヾ、ヽ .゙、 久 /:::::;;;;;;:::゙、         っ:::::::::::::}   タ/ / /  i   !   i
      \ 、\ \V,] つ::::::::::::::|  r====ヽ  \;;;;;0ノ  ,.イ./,.イ   | |     i
      /`>\|\ド゛  \:;;;;;;;0ノ  /     \...,,,,,,,,,,,;;;―' |イ|    ト、 |     i
     / /   | | |\__,,,,,,,,,,,,,/         .:::::::::::::::.  | || i | | | |    i
      / /|  | |  i  .::::::::::::::.        '            |'´| | | |||    i
     || |  | ト、 i                         / | | | | | |   /
     | |  i  i |  ̄ ゙、        , ‐ --         / / |/ /  |.|  /
     | ハ  ゙、 ゙、 i   丶                  /  i  // /   ,リ /
     ソ ゙、  ゙、 ゙、    \                /   /  |/ ,ィ′   i
       ゙、   ゙、 ゙、      ` ー- _   _, -‐ i      /  / /|     i
        \  ヾi      ___|            |___   |   |/  |    |
          \  \.-‐,:´.:.:.:.:.|\        /|:.:.:.:.:.!.:/   /`ー―----、_
       _,..-‐.:´゙、   ゙、/:.:.:.:.:.:.:.|  \      / .|:.:.:.:.:./  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:ヽ

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 13:01:47 ID:yvHkMxQZ0
バレンタインと日曜が重なったから、京太郎の家までチョコ手渡しに来たタコス

タコス「(うう。イザとなったら緊張するじょ・・・えい!)」

ピンポーン

ガチャ

咲「はーい。ああ、優希ちゃんどうしたの?」
タコス「え!? ななななんで咲ちゃんが京太郎の家にいるんだじぇ?」
咲「んー、色々あってね。あ、それもしかしてバレンタインチョコ?」
タコス「うん。京太郎に・・・」
咲「あー、残念。今京ちゃん居ないんだよね」
タコス「え? で、でもそこに京太郎がいつも履いてる靴が」
咲「別の靴で出かけたんだよ。だから今いないの」
タコス「・・・そ、そうなんだ」

京太郎「はーくしゅん!」

タコス「・・・!?」
咲「・・・」
タコス「あの、さっき京太郎の声でくしゃみが・・・」
咲「今京ちゃんいないんだよね」
タコス「でも、今そのくしゃみが」
咲「京ちゃんのお父さんだよ。京ちゃんは今いないの」
タコス「う、うん・・・じゃあまた夕方にでも出直して来るじぇ」
咲「大丈夫。私が変わりに渡してあげるよ! さ、そのチョコ貸して。優希ちゃん」
タコス「へ? でも、自分で手渡しで・・・」
咲「どうせ義理チョコでしょ? 大丈夫大丈夫。京ちゃんには私がちゃんと言っといてあげるから!」
タコス「いや、このチョコは・・・」
咲「義理チョコでしょ?」
タコス「うう・・・うん・・・じゃ、じゃあお願いしようかな! はははー! 咲ちゃんよろしく頼むじぇ!」
咲「うん! 任せて、優希ちゃん! じゃあね」
タコス「・・・」

ガチャ・・・バタン

タコス「・・・・・・なんでだろう、ちゃんと京太郎に渡らない気がするじぇ・・・・・・んん!! ダメだ私! ちゃんと咲ちゃんを信じないと・・・信じ・・・」

 ぐすん




京太郎「ごほごほ・・・うー・・・お、咲。お客さんは誰だった?」
咲「ううん。ただの宗教の勧誘。押しが強くて断るのに苦労しちゃったよ」
京太郎「すまんな、そんな事までさせちゃって。まったく日曜、しかもバレンタインに風邪で寝込むとは、我ながら情けねーぜ」
咲「えへへ。私が作ったチョコ、食べさせてあげるね」
京太郎「ありがとう咲〜! 俺はいい幼なじみを持って幸せだな・・・あれ? その箱はなんだ?」
咲「あ、これ? あはは、なんでもない。ただのごみだよ。後で捨てとくね」

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 15:49:01 ID:AqEu2Wkx0
これはひどい

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 19:54:34 ID:Lo0AMDjy0
咲…いつからそんな悪魔王になっちゃったの?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 22:07:00 ID:tuqWvsZ30
京太郎「今日はバレンタイン・・・しかし俺は日曜だし家でゴロゴロ。むなしいぜ」
プルルルルル
京太郎「お、携帯が・・・あれ? 部ちょ・・・じゃなかった、竹井先輩から?」
ピッ
京太郎「もしもし須賀です」
久「須賀クン! 突然だけど今暇かしら?」
京太郎「退屈で死にそうだったトコロですよ」
久「丁度良かったわ。じゃあ今すぐ駅前集合!」
京太郎「へ? 一体なんで」
久「いいからいいから。待ってるからね!」
京太郎「ちょっと部ちょ・・・」
ツーツーツー
京太郎「・・・仕方ねーなあ。・・・しかし今日集合ってことは、上手くすれば和からチョコ貰えるかも・・・うへへ」



久「ああ! 須賀クン遅いわよ!!」
京太郎「仕方ないでしょ、急な集合だったから・・・って、アレ? 他のみんなはまだですか」
久「今日は須賀クンしか呼んでないわよ」
京太郎「え! そうなんですか・・・」 ガックリ
久「なんでそこでガックリするのよ」
京太郎「だってバレンタイン・・・和から・・・」
久「はあ。しょうがないわね須賀クンは。ほらほら、途中・・・そうね、コンビニでチロルチョコでも買ってあげるから。行くわよ」
京太郎「チロル・・・まあ貰えるだけマシか。って、行くってどこにです?」
久「家具の下見よ」
京太郎「はあ。家具ですかなるほど・・・・・・家具?」
久「そうよ・私、県内の大学に進学するんだけど、社会勉強も兼ねて一人暮らしすることになったの。で、その家具」
京太郎「・・・・・・なんで俺も?」
久「バレンタインデーに女の子一人で街中歩くなんて、寂しい女だと思われちゃうでしょ」
京太郎「そ、そうですかあ?」
久「そうよ!」
京太郎「・・・ま、どうせ暇だったからいっか」
久「さすが須賀クン! さ、行きましょ!」
京太郎「んー。俺って一体・・・」

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 22:08:57 ID:tuqWvsZ30
久「・・・家具見る前に、ちょっとお腹すいちゃったわね」
京太郎「もう昼ですからね」
久「須賀クンはランチまだ?」
京太郎「はい、まだ食べてないっす。さっきのチロルチョコくらい」
久「じゃあさ。あのレストランとか入っちゃおうか?」
京太郎「って、あそこ結構高いですよ。俺そんな金ないし」
久「ランチくらい奢ってあげるわよ」
京太郎「マジっすか! さすが元部長。じゃあ遠慮なく」
久「うふふ。美人で気前のいい先輩に感謝しなさいよ」

・・・・・・・

久「美味しかった?」
京太郎「はい、最高っす! ・・・しかし、やっぱり日が日だけにカップルばかりでしたね」
久「そうねえ。・・・わ、私達も? そんな感じで見られてたんじゃないかしら?」
京太郎「へ?」
久「な、なんてねー! 冗談冗談! あははははは!! さ、行くわよー!」
京太郎「あ、先輩待ってくださいよ」

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 22:10:21 ID:tuqWvsZ30
京太郎「この机なんか、一人暮らしに丁度いいんじゃないですか?」
久「・・・」ジーー
京太郎「冬にはコタツになるし。あ、麻雀やるのにも丁度いいし!」
久「・・・」ジーー
京太郎「足も丈夫そうだし・・・先輩?」
久「・・・」ジーー
京太郎「竹井先輩。俺の顔になにか付いてます?」
久「へ!? あ、ああいや違・・・ちょ、ちょっと考えごとしてただけ!」
京太郎「考えごと?」
久「・・・・・・なんでもなーい。個人的なことよ」
京太郎「そうですか。じゃあともかく家具の下見を続けましょ」
久「うん・・・・・・ねえ、須賀クン」
ワハハ「あれれー! 清澄の!! 奇遇だなー」
久「!」
京太郎「あ。鶴賀の・・・妹尾さ〜ん!」
佳織「お久しぶりです。須賀君、竹井さん」
久「あ、あら。久しぶり」
京太郎「いやあ、会えて嬉しいですよ、妹尾さん!」
ワハハ「ワハハ。かおりんだけじゃなくて私達もいるんだけどな〜」
睦月「うむ」

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 22:12:47 ID:tuqWvsZ30
ワハハ「ところで今日はお二人デートかな〜? ひゅーひゅー妬けるな〜! ワハハ」
久「べべべ、別にデートじゃないわよ!」
京太郎「そうですよ! 今日は買い物の下見っていうか・・・とにかくデートじゃないです」
久「・・・!」
ワハハ「ワハハ。バレンタインに男女二人で歩いてるのに、何言ってるんだか」
睦月「先輩。そのセリフ、バレンタインに女3人で遊び歩いてる私達には・・・」
佳織「おふたり、そういう仲だったんですね!」
京太郎「だから違・・・そうだ! なんならこっちの用事が終わった後にみんなで一緒に遊びましょうよ!」
久「!?」
ワハハ「ワハハ。別に私たちはいいぞ!」
佳織「そうですね〜。暇だったし」
睦月「うむ」
京太郎「竹井先輩。そういうことだから家具の下見をパッパと終わらせて・・・」
久「・・・帰る」
京太郎「・・・はい?」
久「ごめんね。ちょっと別の用事思い出しちゃったから帰るわ。気にせずみんなで遊んでていいわよ」
京太郎「え? いや先ぱ・・・」
久「じゃあね!」
タッタッタッ・・・
京太郎「・・・一体どうしたんだ?」
佳織「・・・・・・」
睦月「あの人、泣いてた・・・」
京太郎「へ? 竹井先輩が? そんなまさか」
睦月「いや、ホントに泣いてはいなかったけど、その、心で泣いてたとか・・・なんかそんな感じで」
ワハハ「京太郎君! 追いかけてやれ! そしてとりあえず謝っとけ!」
京太郎「心で泣いて・・・? お、俺なんかマズいこと言ったかも・・・」
ワハハ「あれ? 私のセリフは無視? いや気のせいかな。ワハハ」
佳織「須賀君、彼女を追いかけてあげるべきですよ」
京太郎「妹尾さん・・・」
ワハハ「おーい。それ私のセリフだったぞー。ワハハ」
睦月「うむ。早く追いかけて・・・とりあえず謝るとか」
京太郎「津山さん・・・」
ワハハ「あれ? それも私が言ったぞー? ワハハ」
京太郎「妹尾さん、津山さんありがとうございます! 俺行きます!」
タッタッタ・・・
ワハハ「・・・・・・いや、気のせいだよなー。うん。別に無視とかじゃないよな。うん。ワハハ・・・」
睦月「先輩。私達も遊びに行きましょうよ」
ワハハ「おっけー・・・・・・モモが移ったかな? ワハハ」

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 22:14:20 ID:tuqWvsZ30
久「・・・・・・須賀クン・・・ばーか・・・」
京太郎「誰が馬鹿ですか」
久「へ?・・・須賀クン!! 追ってきたの!? どうして・・・」
京太郎「どうして、ってのはこっちのセリフですよ。どうして急に・・・」
久「う、うるさいわね! 用事があるから帰るっつってるのよ!」 ダッ・・・
京太郎「先輩!」
がっ
久「なによ! 離して!!」
京太郎「嫌です! ちゃんとした理由を聞くまで・・・」
久「うっさいわね! 生理よ!!」
京太郎「嘘つかないでください!」
久「・・・・・・」じわ・・・
京太郎「・・・先輩?」
久「う・・・うう・・・ぐすっ」ぽろぽろぽろ
京太郎「・・・!? せ、先輩泣いて・・・」
久「泣いてなんかないわよ!! もういいでしょ! 離してよ!! 帰る!!」
京太郎「先輩・・・」

ぎゅっ

久「ふぇ!? ちょ・・・須賀クン!」
京太郎「すいません。なんか俺が先輩を傷つけちゃったみたいで・・・もう理由も聞きません。俺が謝りますから・・・」
久「・・・・・・うん」
京太郎「ごめんなさい・・・先輩。ごめんなさい」
久「うん・・・うん・・・・・・ひっく・・・」

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 22:16:39 ID:tuqWvsZ30
京太郎「コーヒー買って来ましたよ」
久「うん・・・ありがと」
京太郎「落ち着きました?」
久「ええ・・・あのさ。私、今の清澄麻雀部が大好きで・・・もうホント、留年してでも居座っていたいくらい」
京太郎「はい・・・俺も好きですよ」
久「・・・ま、いつかは絶対去らなきゃいけない時が来るのは当たり前なんだけど・・・それでも、みんなに会えなくなるのが辛くて・・・」
京太郎「県内の大学に進学するんでしょ? いつでも会えますよ」
久「それはそうなんだけど・・・寂しくてさ」
京太郎「先輩・・・」
久「ごめんね、須賀クン。今日も本当は家具なんてどうでもよかったの」
京太郎「・・・」
久「ただ、高校時代の最後の思い出に・・・一緒に並んで歩いて、一緒に食事して、一緒に・・・須賀クンと一緒に・・・」
京太郎「・・・先輩、俺・・・」
久「そうだ、須賀クン! 今日のお礼も兼ねて・・・」
ゴソゴソ
久「はい、バレンタインチョコ! ・・・一応手作り」
京太郎「へ? でも朝チロルチョコを・・・」
久「あれは義理チョコ! こ、こっちは・・・義理じゃないほうのチョコ!」
京太郎「義理じゃな・・・ああありがたくいただきます!」
久「うふふ。本当はこれ渡すのも目的で呼んだのよね。でも須賀クン、口を開いたら和ってさ。だから私も意地張ってチロルチョコなんか」
京太郎「す、すみません」
久「・・・ねえ、須賀クン。私のワガママで鶴賀の人達は呼ばないけど、今から二人でどっか遊びに行こっか」
京太郎「はい。喜んで!」
久「えへへへ。腕組んでもいいかしら?」
京太郎「よよよ喜んで!」

 ぎゅっ

久「うふふ」
京太郎「あの、先輩! 俺、いつでも先輩に会いに行きますから!」
久「・・・・・・あら、明日もフツーに学校で会うでしょ。そういうセリフは卒業式に言うものよ?」
京太郎「あ! そ、そうですよね〜。あはは」
久「・・・でも、嬉しい。ありがとね、須賀ク・・・京太郎。うふふ」


おわり

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 23:39:17 ID:XKcFqKWF0
GJ!ここ一番を締めるのは部長だね。いつmyngさんが出てくるのかとビクビクしながら読んだ。
ワハハの無視されまくりっぷりにもワロタw

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 00:42:59 ID:Toa+e5HM0
ぶちょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 03:08:58 ID:8YLFF+xZ0
部長の涙に俺が泣いた!!
京太郎の乳の大きさ=存在感にワハハが泣いたー!!

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 07:04:29 ID:YofZj2vP0
ここから幸せになる展開ですよね(´・ω・`)

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 14:53:05 ID:RSB8/7bHO
myngさんがアップを始めました

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 23:03:16 ID:v9CpoNOs0
実はずっと後ろに・・・

453 :京太郎×妹尾:2010/02/15(月) 23:38:57 ID:HRsvITZTO
>>421

痴漢「す…すいませ〜ん!」

ピュ〜

京太郎「やれやれ…ハッタリも以外と役に立つもんだな。あの…大丈夫ですか?」

佳織「は、はい……助けてくれてありがとうございます」

京太郎「いえいえ、男として当然の事ですよ!全く許せませんよね、痴漢をするやつは……」

ギィィィィィィ

京太郎「うおっと!」

ムニュッ

佳織「あんっ……!」ビクンッ

京太郎(おっ…柔らかい…ってうおぉい!?)

サラリー「あら、おっぱい触ってんじゃないの!?両手で触ってんじゃないの!?」

佳織「あ、あの…!手……手が…」

京太郎「す、すすすすすいません!電車がいきなり…」(何やってんだ俺は!せっかく格好良い所だったのに、全て台無しじゃねーか!)

佳織「ご、ごめんなさいっ!」

タッタッタッ…

京太郎「あっ、ちょっと待って…」

サラリー「あらら、彼氏さんが痴漢してしまいましたねぇ」

京太郎「………はぁ、俺はなんて事しちまったんだ…」(でも、大きな胸だったなぁ……凄く柔らかかったし……って、俺はバカか!)

454 :京太郎×妹尾:2010/02/15(月) 23:41:11 ID:HRsvITZTO
――県大会当日

タコス「おい、京太郎!今すぐタコスを買いに行ってこい!」ゲシッ

京太郎「いててっ、何も殴る事はねーだろ!」

タコス「むむっ、犬の癖に口答えする気か!生意気だじょ!」ゲシッゲシッ

京太郎「あーもう!分かったから殴んのはやめろ!」

タコス「ダッシュで買いに行ってくるんだじょ!分かったな、犬!」

京太郎「へいへい…」

タッタッタッ…

京太郎「全くタコスの奴……俺をなんだと思ってやがるんだ…」

ピタッ……

京太郎「はぁ…やっぱ俺って…ただのパシリなのかなぁ……」

佳織「あ、あの〜」

京太郎「あーあ…なんだか自分が情けなくなってきた…」

佳織「あの〜すいません……」

京太郎「はい……誰ですかって、うおおっ!?」(この子は確か電車の時に胸を触ってしまった……)

佳織「あうう………」

京太郎(まずい、とにかくあの時の事を謝らねば…)

京太郎「あっ、えーと…」

佳織「この前は本当にすいませんでした!」

京太郎「……へ?」

佳織「せっかく助けてくださったのに、あんな風に逃げてしまって…私ったら、なんてひどい事を…」

455 :京太郎×妹尾:2010/02/15(月) 23:43:02 ID:HRsvITZTO
京太郎「いやいや、謝る事はないですよ!俺の方こそあんな事をしてしまって…」

佳織「あんな事?」

京太郎「その、つまり…胸を触ってしまった事です…」

佳織「あれは仕方ないと思いますよー、事故みたいなものですし。それに……嫌じゃありませんでしたから…」

京太郎「えっ?」

佳織「あっ、いえ、何でもありません!…ところでこの場所にいるって事はあなたも麻雀を……?」

京太郎「ええ、まぁ……」(ただのパシリ係だけどね…)ハァッ…

――――休憩所

京太郎「へぇ、妹尾さんも俺と同じ初心者なんですか!なんか偶然ですね」

佳織「はい…幼馴染みの人に強引に入部させられたのでルールも全然分からないんですけどね…」

京太郎「ハハハ、そうなんですか!俺も役とかは少しは分かるんですけど、いつも他の部員に負けてばっかしで…」

佳織「ふふっ、須賀君と話してたら何だか気が楽になって来ました」

京太郎「それは良かったです、俺みたいな奴でも妹尾さんの役に立つ事が出来て」

佳織「あ、あの、もし良かったら連絡先を交換しませんか?」

京太郎「…えっ、連絡先ですか?」

456 :京太郎×妹尾:2010/02/15(月) 23:46:41 ID:HRsvITZTO
佳織「はい、ここで会ったのも何かの縁だと思いますし、もっと須賀君と色々な事をお話ししたいんです。駄目、ですか?」

京太郎「いえ、とんでもありません!こちらこそお願いします!」

佳織「あ、ありがとうございますぅ!えーと…」

ピッ

京太郎「上手くいきましたか?」

佳織「はい、バッチリです♪」

京太郎「あっ…!そう言えば俺、買い物を頼まれてだんだ、すっかり忘れてた」

佳織「そ、そうだったんですか?すいません、なんか邪魔してしまったみたいで」

京太郎「気にしないでください!ダッシュで行けば多分大丈夫だと思いますから。じゃあ、俺はこれで……」

タッタッタッ

京太郎「あっ、妹尾さん!」

佳織「はい?」

京太郎「試合、頑張ってください!応援してますから!」

佳織「は…はい!精一杯頑張ります!」

タッタッタッ…

佳織(須賀京太郎君かぁ…何だか話をしてて面白い人だったなぁ。それにとっても優しいし…格好いいし…)

ドクンッ…

佳織(な……なんだろう?さっきから須賀君の顔が頭から離れない……それに胸が凄くドキドキする…。
もしかしてこれって……)

ギュッ…

佳織「恋…なのかなぁ?」

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 23:48:47 ID:HRsvITZTO
ここまで

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 10:21:41 ID:RfIByY2x0
GJ!

かおりんと京太郎って、アニメ版で一緒に個人戦観戦してたことしか接点ないけど
なんか色んなトコでよくカップリング話が出るよなw

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 12:58:57 ID:at/HaBm10
3つずつ3つずつが数年後には玄関で三つ指三つ指になるんですね?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 13:05:49 ID:kdlOATr20
                  /        /              \
                 /   /    /  /   |   |       ヽ
               /   /    /-/=/.,,_ /  /   :|  ',      ヽ
\                 /   /   //  / / / /|ヾ/|    ||  l       ∧
  \            /    l   //| /|/ / / / / /   /:| _|  :|  ヽ  ヘ
    \       /イ   |  // |.z===/ // /   / |⌒ト、、| :|  |   ',
      \     | |/ ィ|  :ト|彡'´彡三ミヾ  /   /  | /|  :ト、!  |    l
        ̄⌒>ーァ | |/ /!  | ||  ,;fう⌒ヾ}}       // /_| /|   /     |
\   \  \/  / // {  |  |:   l     ノ /_/ ''≧三 /// / /ト、   :|
  \   ヽ  l  / /./  V  \|   ヾ_ イ'´ ̄    fう⌒ヾ;ヾ.// /./ ! \  :l
   \  ヽ  {  | |l   \_{ ヽ..:::::::....         !    } }}/. / |    ヽ :|
    ヽ  \}  | |l     |八           ,  弋_,イ〃//  l      ヽ
     ヽ  {  | |l            r─- ._     .::::::..   -‐ '´   j
      \ ヾ  l | !        ヽ     |     })         /ノ从  /  んなわけねぇだろ
        \ `ミ, ', ヾ 、      :| ヽ   ヽ.__ /      人   |ハ/
         \`、|ヽヾ 、    :|   \          _,. < /\
           V |  \     ト    >  -‐ ' ´   彡'  {

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 13:21:10 ID:QPkTfBvMP
まああの個人戦観戦のちょっとの時間で、メアド交換して
そのまま何度もデートしてそうだよね!
夏休みくらいまでには、ちょっと深い仲まで行ってそうだよね!

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 14:41:28 ID:fv/tG5SQ0
永水女子に集団逆レイプされる京太郎が見たい

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 17:56:21 ID:nUjHk0qG0
京太郎に一目ぼれする神代小牧とかどうじゃろう

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 00:39:51 ID:TxhTBWYv0
久「須賀クン、2人っきりね」
京太郎「そっすねー。染谷先輩はお店。和は家の用事。優希は風邪。咲はさっき体育で足ひねって今病院」
久「美人のセンパイと部室で2人っきり・・・須賀クンが野獣になって襲い掛かってきたらどうしよう」
京太郎「襲い掛かりませんから、安心してください」
久「あら。半分誘ってあげてるつもりなのに」
京太郎「からかわないでくださいよ」
久「ぶー。つまんない。暇〜暇すぎ〜」
京太郎「はぁ・・・わかりました。話相手になりますから」


久「そういや須賀クンってさあ、男子高校生としてすんごい恵まれた生活おくってるわよね」
京太郎「へ? どうしてですか」
久「だってさ、まわりにいるのは巨乳のお嬢様、可愛い幼なじみ、元気いっぱいな女の子、めがねっこ先輩・・・」
京太郎「和や咲、優希、染谷先輩のことですか」
久「そして美人で優しい部長さん!」
京太郎「・・・誰のことだか」
久「オマケに他校のかわいい女生徒ともいっぱい出会えて・・・」
京太郎「はぁ」
久「まるでエッチなゲームの主人公みたいね! よっ、エロ少年!!」
京太郎「なんすかそれ! つーかその『美人で優しい部長さん』とやらを筆頭に、パシリとしてしか扱われてないんですけど」
久「ん〜! 幸せな高校生活、羨ましいわね〜!」
京太郎「ダメだ、聞いてねえ」

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 00:42:19 ID:TxhTBWYv0
久「特に優希なんか、見てるこっちが恥ずかしくなるほど積極的に須賀クンに迫ってるじゃない?」
京太郎「アイツもからかってるだけですよ」
久「でも、チューくらいはしたんでしょ? このエロ少年め」
京太郎「してませんよ、そんなの。だからアイツは俺で遊んでるだけで・・・」
久「えー!? そんなのエロ少年らしくない!」
京太郎「つーかそのエロ少年ってのはやめてください!」
久「優希も可哀想ね〜」
京太郎「可哀想なのは、弄ばれてる俺のほうですよ」
久「じゃあさ、エロ少年。咲とはなんかやったの?」
京太郎「あいつはただの幼なじみ以上の何者でもないですよ」
久「え〜、怪しいわねえ。中学時代になんかあったりしたんじゃないの?」
京太郎「ありませんって」
久「和とは・・・ま、何もあるわけないか」
京太郎「・・・(その通りだよチクショー!)」
久「ん〜、まこもそんなん無さそうだし。エロ少年はエロ少年のクセに全然エロいことしてないわねえ」
京太郎「だから、エロ少年ってなんですか!」


京太郎「なんか今日の部長おかしいっすよ。恋愛話するようなキャラでしたっけ?」
久「・・・あのさ、エロ少年! 本当に他のコと・・・その、そういう関係になったことは無いの?」
京太郎「無いです」 キッパリ
久「そ。じゃあ・・・私と、そういう関係になってみる?」
京太郎「・・・・・・」
久「・・・・・・」
京太郎「・・・・・・」
久「・・・・・・」
京太郎「・・・・・・」
久「・・・・・・」
京太郎「へ?」

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 00:44:35 ID:TxhTBWYv0
京太郎「そそそそそそ、そんなことそんなアレそんなことは〜」
久「動揺しすぎよ。エロ少年」
京太郎「・・・・・・」
久「須賀クンって面白いわね〜」
京太郎「・・・からかわないでくださいって言ったでしょ」
久「あははは、ゴメンゴメン。怒らないでよ須賀ク〜ン」
京太郎「別に怒ってないっす」
久「だから、ゴメンって〜。ね?」

ぎゅっ

むにゅ

京太郎「!! ぶぶぶぶ部長!? 胸が・・・」
久「あら。いつも優希のアタックには平然としてるくせに、今日は妙に動揺するわね」
京太郎「べっべべべべつに俺は」
久「須賀クンって、年上好きだったのかしら?」
京太郎「だだだだだだから俺はべつに」
久「そうなんだ。うふふ、嬉しい・・・エロ少年らしく、エロいことしちゃう?」
京太郎「だ、だから! からかわないで・・・」
久「最初に言ったでしょ。誘ってあげてるつもりだったのに、って・・・せっかく2人きりなのに・・・」
京太郎「ぶちょ・・・」

がしゃーん!

京太郎「!?」
咲「あ・・・あ・・・」
久「あら」
京太郎「さ、咲。おまえいつの間に」
咲「年上好きとか・・・え、えっちなことしようとか・・・言ってたところから」
京太郎「なんちゅうタイミングで・・・」
久「あちゃー」
咲「治療が早く済んで戻ってきたら・・・ふーん、そんな・・・そんなんだったんだ。2人」
京太郎「あー、咲。誤解してるようだが」
咲「私帰ります!! お2人はどうぞ楽しんでてください! お邪魔しました!!」 ダッ
京太郎「あ、おいちょっと! ・・・行っちゃったよ」
久「ほら、エロ少年! さっさと追いかけて誤解を解いてやりなさい。咲は足怪我もしてるんだし」
京太郎「はあ・・・じゃ、行ってきます。あとエロ少年じゃねえっすから!」
久「はいはい」
タッタッタッタ・・・

久「・・・誤解、かあ・・・・・・・・・あーあ。もう少しだったのに」

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 07:31:30 ID:ZzoLg3DC0
GJ!!!部長が乙女過ぎる
あと部長は恋愛でも悪待ちだと思う

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 08:10:08 ID:G8mEa3M40
GJ!エロ少年ってなんかいいなあ。
俺もこんな風に年上の女性に遊ばれたかったけど、男子校だったからな。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 08:17:13 ID:ZHCZ2qmK0
部長は咲さん待ち過ぎてもうね
手に入れた力(咲さん)は麻雀には心強くて恋愛には痛手の諸刃の剣になるとは…

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 10:12:37 ID:dLZB2uSK0
エロ少年www

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 17:50:27 ID:rJUadMsj0
「いつも昼食の買出しをしていたのは誰だか覚えている?」
「きょ…京太郎です…」
「合宿で荷物持ちをしていたのは?」
「京太郎です」
「記念写真の撮影をしていたのは…」
「京太郎ですっ!」

すまんちょっと言ってみたかっただけ

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 22:29:28 ID:kpeI/CJf0
京太郎は原作では咲→京的な描写あったり、アニメではタコスとの仲プッシュされてたりするけど
妄想乙と言われようがなんだろうが、原作アニメ両方ともに、実は部長とのフラグが一番立ってると思います!!

部長的には、気になる子にツンデレしたくなる的な
京太郎的には、こき使われるのが快感的な

そして色んなトコで何度も言われてることだが、パシリのご褒美として裏でちょっとえっちなことやってそう・・・

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 23:02:16 ID:ZzoLg3DC0
そういえば最初のほうで部長京太郎が飲んでたカップを奪い取って飲んでたよな

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 00:28:20 ID:bsxNotUb0
最終回は久さんと須賀君の結婚式シーンで幕引きね

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 04:16:45 ID:8VxwjTLP0
それがいいですね

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 08:40:59 ID:fU/eJY9J0
>>474
>>475
いい年して自作自演なんて止めてつかぁさい。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 09:00:54 ID:jQA28rEw0
>>475からピンクのにおいが・・・

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 10:13:58 ID:9IEPQ4Dm0
部長が引退して部長じゃなくなった後は
「京ちゃん」「ひーちゃん」と呼び合うラブラブな仲になるからな

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 19:31:04 ID:SF5frEq60
咲スレより転載。
------------------------------------------------------------------------------
744 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/02/16(火) 00:59:38 ID:MpgHNpO00
散々hrmrに弄ばれ、捨てられた上
高校でやっとできた好きな男が、あろう事かhrmrになびいてしまって
そりゃあグレるわな
------------------------------------------------------------------------------
妨害活動を試みるべく「のどちゃんは男より麻雀だじょ」とか耳打ちして頑張ったのに、
結局は>>478になるのか・・・

タコスカワイソス(´・ω・`)

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 21:16:50 ID:nS1Cyi5b0
部長交代の場で

久「まこ、新部長就任おめでとう!」
まこ「おう。なんか緊張するのう」
優希「部長も、いまままで部長おつかれさまだじぇ」
久「変な日本語ねえ。もう私は部長じゃないんだし、好きに呼んでいいのよ?」
和「好きに、と言われても・・・」
咲「今まで部長って呼んでたから、なんか変な感じだよ」
久「もう。適当でいいのよ適当で。自分が呼びたい呼び名で・・・ね、京ちゃん(はぁと」
京太郎「ああ。ひーちゃん(はぁと」

一同「!!!!????」

まこ「おいおい。なんじゃ今の変な呼び合いは」
久「私、昔から決めてたのよね・・・恋人とはちゃん付けで呼び合うって。ね」
咲「はぁ!??」
優希「え!?」
和「へえ」
まこ「おお!! ということは2人!?」
久「えへへー」
京太郎「ひーちゃんは部長の手前、今まで部員の皆には黙ってたんですけど」
優希「あ・・・あ・・・」
咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
和「今まで、って。いつからお付き合いを?」
京太郎「実は結構早く・・・咲が入部したすぐ後くらいから」
久「んふふ。今まで隠すの大変だったねー?」
京太郎「ははは。俺がひーちゃんにパシリ扱いされるフリとか。大変だったな〜」
久「これからは、買い物もずっと一緒だからね、京ちゃん」
まこ「ふぅ〜。熱々カップルだったんじゃのー」
和「とりあえず、おめでとうございます。おふたり」
優希「・・・お、おめで・・・・・・おめでとうだじぇ!! なんだよもう! もっと早く言ってくれてれば、このイ・・・きょ、京太郎君」
咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ブツブツブツブツ

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 22:55:01 ID:SF5frEq60
           ┃┃┃
        .....::┃┃┃┃
  ...........::::_,ィ´ ̄┃┃┃┃::.........
 :::⌒>(_/. . . .:.::┃┃: : (⌒)<⌒:::
  :::/: : /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ:::
  ::{: : /: : : : : : : : : : : : :.,ィ: }ノ: : リ:::
  ::ヽィ{: : : |: : : : :/: : : : :リ: :|ムィ:::
     ::ヽリレ====、:_:_:/゙}::リ:::::::::
     :://___//´ヽー.彡:′:::::
     ::/ ̄ ̄ ̄≧、_〉:::::::::
     ::}======〈´〉:::::::::::::::.......
    ::/ / / l\尤/三三二∋:::::::
      ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 22:58:48 ID:3XXY+DWn0
かじゅ京という可能性は無いだろうか?
モモが登場しなかった場合で

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 23:29:44 ID:Dnhf1VfgP
「清澄の大将の弱点かもしれないな・・・」と、接近して
いつの間にかイチャイチャチュッチュな関係になるんだな

つーかもう京太郎が誰とくっついても、タコスが死ぬほど落ち込む姿が目に浮かぶ

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 00:35:02 ID:+TjMiIm50
タコス、私は応援してますよ

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 00:46:48 ID:jhNxD/dR0
>>480
> このイ・・・きょ、京太郎君

タコス・・・(ノД`)
不憫すぎてキュンと来た

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 02:24:13 ID:AtwaA4jg0
文京とか透京とか国京とか南京は難易度高いと思う

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 02:32:15 ID:DM1CffkJO
>つーかもう京太郎が誰とくっついても、タコスが死ぬほど落ち込む姿が目に浮かぶ

それがこのスレの醍醐味じゃないか

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 08:33:54 ID:Ktr2vOhu0
>>480
つか、これって咲とタコスの二人が気の毒な展開なのに、なぜかタコスの不幸ばっかりに目がいってしまうw

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 09:38:56 ID:qMNWZ/juP
優希は不幸が良く似合いますね
なんだかゾクゾクします・・・はぁ・・・ん・・・

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 10:09:04 ID:iBdy3lBI0
京太郎って他校にはほとんど認識されてないと思う
個人戦でちょっとだけ睦月とからんでたけど

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 10:18:29 ID:Ya8hvBik0
純とかキャプテンあたりは、「タコス娘の彼氏」みたいな認識してそうだけどな

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 14:55:00 ID:04hA/vMc0
先鋒戦は買い出しに継ぐ買い出しで、ろくに試合を見ていないだろうに
キャプテンに目を付ける当たり(アニメ版のみ)京太郎はさすがです。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 15:07:14 ID:1/BRDd+e0
なるほどキャプ京とな

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 18:07:17 ID:g4sx24snO
京太郎「優希。ちょっと話があるんだけど…」
優希「なんだじぇ。改まって。モタモタしないで早く要件を言え、バカ犬」
京「ここじゃちょっと…放課後、付き合ってくんねーか?」
優「えっ」
京「タコス奢るからさ、頼む」
優「し、仕方ないじぇ……優しいご主人様に感謝するんだじょっ」

〜放課後〜

京「悪いな、呼び出しちゃって…今からタコスを…」
優「そ、それより早く要件を言うんだじょっ」
京「あ、ああ。…お、俺さ実は…」
優「う、うん…」

京「和の事、マジで好きになったんだ」
優「えっ……あっ…あ……」
京「だから優希、協力してくれっ」
優「…」
京「優希?」
優「わ、わかったじぇ!応援するじょっ!のどちゃんは難易度が高いけど私が協力すればイチコロだから安心するんだじょっ」
京「はは、サンキューな、優希。お前は最高の友達だよ」
優「あ、あはっ…あはは…」

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 20:44:52 ID:CVn/oz170
よし、とりあえず咲ちゃんに報告だ。タコス

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 00:55:16 ID:QUGsJrWV0
>>495
やめとけ、消されるのはこれを書いた>>494

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 08:56:21 ID:U8zphPFm0
報告を聞いた咲が激怒し>>494の話をぶち壊す。

和との仲を引き裂かれた京太郎が落ち込む。

部長が慰める。

そしていつの間にか・・・

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 11:05:59 ID:6nWOM6K70

そしていつの間にか・・・京太郎と優希ちゃんが婚約する

ハッピーエンド!

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 13:04:34 ID:Gzj7QvuMO
という夢を見たじょ・・・

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 19:12:04 ID:Ghewiqz10
まあ最終的には久さんとハッピーエンドを迎えるのよねぇ

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 21:32:02 ID:PyN/SvnaO
咲「ただいま京ちゃん!」

京「おう、お帰り咲!どうだった合宿の方は?」

咲「うん、色々あったけど楽しかったよ♪でも、京ちゃんがいなかったから寂しかった…」

京「ハハハ…慰めの言葉なら間に合っているぞ」

咲「慰めなんかじゃないよ!本当に…寂しかったんだから……」

(ギュッ…)

京「お…おい、咲…そんなに引っ付くなよ…」

咲「やーだ♪久しぶりに京ちゃんと一緒なんだもん!やっぱり京ちゃんは温かいなぁ……」

京「……やれやれ、咲は本当に甘えん坊だなぁ…」

咲「えへへへ♪」

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 22:12:21 ID:P0ddOQ8R0
このやりとりが部長やタコス達の目の前で・・・?

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 22:27:47 ID:Rn3hlaum0
のどっち:咲を奪いたい
タコス:京太郎を奪いたい

ということで、利害が一致した二人が手を組むって話はありそうでないな。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 00:33:23 ID:aCsuJD4aO
京「……やれやれ、咲は本当に甘えん坊だなぁ…」(はぁ…これが和だったらよかったのに…)

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 02:48:32 ID:zqM6qYQW0
須賀君は私の後輩とくっつけばいいと思います

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 04:13:04 ID:UbyHwIAj0
それより、うむ京やドム京が見たい

507 :ツイノネスト:2010/02/21(日) 06:14:05 ID:El329UIsO
「京ちゃん…」
「咲…」

誰も居ない部室で京太郎と咲が抱き合い、互いの顔を近付けた。

「木曜、お疲れちゃんだじぇっ」
「遅くなって申し訳ありません」

勢いよくドアが開きタコスと和が入ってきて二人のターンは終了する。

いつの間にか来ていたワカメ新部長と楽しそうに談笑しながら卓を囲む咲。

付き合い始めて半年。
いつもこんな感じで京太郎は邪魔をされる。

『はぁ……キスしてぇ』

ポツンと取り残された京太郎は楽しそうに麻雀を打つ咲を見ながら嘆息した。

付き合い始めたその日にした、触れるだけのキス。

以来、咲とはキスをしていない。


「それで今日凄かったんだ。溜まりに溜まってたのね〜」
「す…すんません、部長」

四畳半の部屋。

上着を着ながら悪戯っぽく笑う久に上半身裸の京太郎が俯く。

「こら、京太郎。今は久でしょう?」
「は、はい。ひ…ひ、ひ久」

ドモリながら京太郎は答える。

こんな事までしておいて、下の名前を呼ぶのは慣れない。

いつも「行為」が蘇るから。

「ふっふ〜ん……えいっ」
「うわっ!?」

不意討ちで抱きしめられる。

「全く…若いんだから」
「す…すんませっ…あっ」

密着し淫靡に下半身を刺激する久の指。

目を閉じて仰け反る京太郎を見て、久はぺろっと悪戯っぽく舌を舐めた。


京太郎の瞼の裏で咲の笑顔が浮かんで消えた。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 09:00:57 ID:zqM6qYQW0
P.S

咲の顔からも笑顔が消えた。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 09:24:47 ID:PnUiza5F0
フフフ…京ちゃんは私だけを見ていればいいの
もし…他の女の子と一緒にいたらその時は……アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 11:03:02 ID:dmHbA7NfO
朱雀

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 11:17:11 ID:ZcalGRz6O
>>507
おっきした

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 11:18:59 ID:SmjUCciY0
>>507
パロ板に詳細を

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 12:14:25 ID:G6+q5aSC0
まこ「iPS細胞っつーので、細胞の若返りの実験に成功したらしいのー」
和「(ピクッ)」
京太郎「へー」
咲「あいぴー・・・なんです?」
まこ「なんかよく分からんけど、人工臓器や皮膚を作ったりできる、便利なもんらしいぞ」
久「その技術が実用されれば、私の美しさが永遠に続くってわけね〜」
京太郎「あははははは」
久「・・・ちょっと須賀くん、その笑いは何?」
優希「iPS・・・なーんかどっかで聞いたことある気がするじぇ」
和「・・・」
京太郎「えー、優希がそんな小難しいことを?」
まこ「気のせいじゃろ」
久「デジャビュって奴じゃない?」
優希「ムキー! 私ががくじゅつよーご知ってたらいけないのか!」
京太郎「なんか違和感あるぞ、学術用語の言い方」
優希「うるさいじぇ犬! ・・・えっと、そうだ! 確か昔のどちゃんが」
和「・・・」
優希「iPS細胞ってので、同性同士でも子供が出来るようになるって言ってたじぇ!」
久「・・・和が?」
まこ「それは・・・また意味深な」
和「そ、そういえばそんなこともありましたね」
咲「へー、原村さん物知りだね」
京太郎「さすが和〜」
和「新聞とかで読んだだけです・・・///」

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 12:15:11 ID:G6+q5aSC0
咲「でも、このあいぴーえすってので同性同士の赤ちゃんが作れるようになっても、倫理的に実用は絶対無理じゃないかな〜?」
和「え・・・」
まこ「ん〜。つーかこの技術、医療技術が目的らしいからの。同性同士の子供できる可能性があっても、そもそも実験自体されないじゃろ」
和「いやでも・・・」
久「実験やること自体、倫理的問題ありそうだしねえ」
和「あ・・・」
咲「あはは。いつも冷静な原村さんにしては夢見がちだね〜」
和「う・・・」
京太郎「夢見がちな和も可愛いな〜〜」
和「ぐ・・・」
咲「ム」
優希「もー。赤ちゃんの話してるせいで、さっきから京太郎が私のこといやらしい目で見てくるじょ」
京太郎「いや、無いから」
咲「赤ちゃんかあ・・・私もいつかお母さんに・・・えへへ」
久「あら。その言い方だと、赤ちゃん作る相手に心当たりが?」
まこ「下品じゃぞ、おい」
咲「そ、それはその・・・」
京太郎「へー。いつの間にかそんなんいたのか咲。誰々?」
咲「う”・・・・・・もう!」
むぎゅー
京太郎「ひてててて・・・な、なにふんはさひ(何すんだ咲)」
咲「京ちゃんの馬鹿!」
京太郎「ひてて。なんへ?(なんで?)」
久「うふふ」
優希「いい気味だじぇ」
まこ「まったく、鈍感男め」
和「・・・・・・ぐむむ」

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 12:16:51 ID:G6+q5aSC0
翌日朝

和「・・・うう、なんだか気が重いです・・・」

(夢見がちだね〜)

(いつかお母さんに・・・えへへ)

和「・・・・・・最初から分かってたでしょ、私。今更・・・」
京太郎「おおーい! のどかー、おはよー!」
和「!」
京太郎「よっ。一緒に登校しようぜ」
和「・・・はい。別に構いません」
京太郎「横、いいか?」
和「・・・・・・はい」
京太郎「できれば一緒に手を繋いだり〜。な、なんつって! あははは」
 ぎゅっ
京太郎「・・・は?」
和「別にいいですよ。手くらい」
京太郎「お、おおおおお!」
和「・・・(もう、どうせなら・・・いっそ須賀君を宮永さんから・・・引き離して・・・)」
京太郎「あ、あははは! 照れるな〜、こういうの!」

和「・・・・・・・・・奪ってやる」

京太郎「ん、今なんて?」
和「なんでもないです、須賀君・・・あの、今日から京太郎君・・・いや、京ちゃんって呼んでもいいですか?」

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 12:17:35 ID:G6+q5aSC0
放課後・部活後

咲「京ちゃーん。帰りにどっか寄」
和「京ちゃん。帰りに食事でもどうです?」
京太郎「おお、和! よろこんで〜!」
咲「・・・・・・は!?」
和「じゃあ、行きましょう・・・み、宮永さん、お先に失礼しますね」
咲「・・・・・・うん・・・」
京太郎「じゃあな〜」
和「・・・・・・京ちゃん。手・・・」
京太郎「お、おお」
 ぎゅっ
京太郎「へへへ」
和「・・・・・・・・・」

咲「・・・・・・え? なにこれ・・・」
優希「みんなー、一緒に帰・・・あれ? 咲ちゃん一人?」
咲「・・・・・・(ブツブツ)」
優希「京太郎やのどちゃんはどうしたんだじぇ?」
咲「(ブツブツブツブツ)」
優希「咲ちゃん?」
咲「(ブツブツブツブツブツブツブツブツ)

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 13:43:46 ID:aCsuJD4aO
わっふるわっふるわっふるわっふる

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 14:40:19 ID:ZcalGRz6O
わっふるわっふる

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 20:51:06 ID:72unETJd0
>>516
まさかこんな展開になるとは・・・
この手の本格的な京×和って久々に見たな。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 21:17:00 ID:G2PNR8t/0
こうして咲ちゃんはダークサイドに落ちていくのであった

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 21:44:06 ID:Gdv09l1P0
咲ちゃんがどんどんヤバくなっていくぜ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 23:58:56 ID:ZcalGRz6O
京ちゃんはやっぱり久さんとくっつくべきよね

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 00:25:21 ID:6bsutcSZ0
タコスは一方的に京太郎に絡むけど、相手にされてない
のどっちは京太郎から好意を寄せられているけど、気付いてないか、気付いてても無視
咲ちゃんは多分京太郎に幼なじみ以上の感情持ってるが、京太郎は妹くらいにしか思ってなさそう
ワカメはワカメ

部長は時に厳しく、時に優しく、実は一番京太郎と信頼関係を結べてる
京太郎も部長からパシリにされるのに快感さえ覚えているフシがある

という事で久京が一番自然な流れですよね

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 02:14:29 ID:019ctGfO0
いつか須賀君を麻雀の賞品にしたいですね

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 03:23:56 ID:0AwIaxY20
>>486
そこでそろそろマホ京の出番ですね!
>>523
部長・・・・



526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 03:51:43 ID:orXaT8m5O


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 04:32:58 ID:ul9yG71CO
和、キャプテン、妹尾さん、モモ、四人のおっぱいはこの京太郎のものだ!
ちっぱいには興味ない(※咲は除く)

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 05:21:10 ID:019ctGfO0
和、キャプテン、妹尾さん、モモ、四人のおっぱいはこの京太郎のものだ!
ちっぱいには興味ない(※タコスは除く)


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 08:29:38 ID:DHc7mcFE0
おっぱいなら深掘さんの出番だな。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 14:39:31 ID:xMMy2LaR0
ワフールワフール

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 16:48:53 ID:xMMy2LaR0
ワハ京が有力だぞ

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 18:24:46 ID:+F2hEWnz0
京太郎って俺の覚えてる限り勝つのはおろか1回も和了したことがない
麻雀部の女子は基本強い人が好きだと思うんだが

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 18:59:45 ID:LLm02r4dO
清澄のメンバーはあんまり気にしなさそうじゃね?

とーかとかモモとか池田とかはこだわりそうだな

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 19:00:26 ID:F3Sgi/OY0
ということはこれから2年かけて強くなった京太郎が、清澄に入学してきたマホに惚れられるという展開だな。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 23:23:35 ID:nhGk9UGUP
中学の時からの後輩ってことで、タコスがマホと一緒にファミレスでグダグダやってる時に
「実は私、先週から須賀先輩・・・ううん、京ちゃんとお付き合い始めたんですよ〜! えっへへへ」
とマホが衝撃の告白をするんだな
「は!? う、嘘だじぇ・・・」
「嘘じゃないです〜! 京ちゃんったら、キスが上手で・・・。んふふ〜!」
「・・・・・・ご、ごめんちょっと気分が・・・」
そういってトイレに駆け込むタコスであった

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 00:15:35 ID:IOJeMmvd0
>>532
そう考えると、京×かおりんネタが多いのも分かる気がする。
風越はなんとなくプライド高くて難しそうな。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 01:13:42 ID:Wk8JYVeh0
みはるんがもしカナちゃん萌えでなければ
みはるんのことさえ好きなら麻雀弱い彼でも許しそう


538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 12:51:06 ID:DPvIjkWu0
>>535
このスレでは色々なカップリングがあったけど、京×マホが一番タコスにダメージがある気がするw

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 07:39:48 ID:5IUnoEd/0
ワッフルワッフル

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 12:40:58 ID:2JycmvN50
京「ここはまねしきれないようだな(モミモミ」
マホ「やっ!京ちゃんこんなところで・・・」

咲「え、京ちゃん?」
タコス「こんなところでって・・・どういうことだじぇ!」

京「いやー県予選の前に、マホが見学に来たことがあったろ。そのときがきっかけで・・・」
マホ「そうなんです。時々私が京ちゃんに麻雀教えてあげているです(はぁと)」

咲「(ブツブツブツブツブツブツブツブツ) 」
タコス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 23:27:39 ID:QfkGzMcnO
「いや…こんなの口に入らないっ」
「何を言ってやがる!」
思わずカッとした京太郎は、和の髪をつかんで強引に引き寄せると、限界まで高まったモノを小さな唇に押し当てた。
和は顔をふって必死に抵抗したが、男の腕力にかなうはずがなかった。
「うっ、うううっ……」
「ちゃんと舌を出して舐めろっ!和に抵抗する権利はないんだからな」
モノを顔に押しつけ何度も擦りつけているうちに、和は息苦しさに負け、京太郎の言われる通りに舌を出した。
体を震わせながら、ちろっと突き出した舌先でおずおずと亀頭を舐め始めた和に京太郎はようやく満足して見下ろした。
「今度はちゃんと口に含んでみろっ!」
「え……そ、そんなこと……」
「いいからやるんだっ、オラ!」
京太郎は自ら腰を動かすと、戸惑うように開いた和の唇を割り、固く反り返ったモノを口内に深々と挿し込んでいった。
「もっと奥までくわえて、舌を使えよ和!」
「ううっ……うぐっ!」
淡い桜色の唇の間を京太郎のモノがずるずると出入りする様は、思わず息を呑んでしまうほど淫猥な光景だ。
「はうっ…うううっ…」
和がモノを吐き出そうとしても京太郎は強引に和の頭を押さえこみ、それを許さなかった。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 01:09:34 ID:NeOM0S8cO
避難所より転載

15:名無しさん
10/02/24(水) 21:40:17 ID:huVtPw9s

久「須賀くん、やめて・・・ダメよ・・・こんなところで・・・あん」
zzzzz

和「・・・部長、なんだか凄いネゴト言ってますけど・・・」
咲「・・・・・・」
優希「・・・・・・」
まこ「京太郎となんかあったんかのお?」ニヤニヤ
咲「!?」
優希「は、ははは・・・まさかあの犬がそんな・・・」

バタン

京太郎「おつかれーっす! 部長、ちょっとお話が・・・あれ? 部長寝てんの?」
咲「京ちゃん、部長に何のお話?」ゴゴゴゴゴ
京太郎「こないだ買出しした備品の予算請求書の書き方を聞こうと」
咲「へー。ふーん。そーなんだあ〜」
京太郎「あ。あとこないだ夕飯奢って貰ったから、そのお礼も」
優希「へ!?」
咲「・・・・・・夕飯? どこで」
京太郎「駅前のカフェ」
咲「・・・部長と2人っきりで?」
京太郎「ああ。2人で」
咲「・・・・・・」
まこ「ほほう」キラーン
京太郎「なんだよ?」
咲「・・・・・・なんでもないよ! 京ちゃんのばか!!」 ばちん!
京太郎「いってー! なんで叩くの!?」

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 21:33:07 ID:WGXHwcC+0
ニヨニヨ

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 02:27:07 ID:0j3eJT2l0
ワハハssを待ってるぞ

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 08:39:13 ID:gf0WU7xyO
避難所より転載

16:名無しさん
10/02/25(木) 21:38:12 ID:fT5Ly7E2
久「全国大会も終わって。残りの夏休み暇ね〜」
京太郎「そっすね、部長」
久「あら。だからもう私は部長じゃないってば」
京太郎「あ、そうでした。えー、竹井先輩」
久「もー。だから『久さん』とかでいいってば」
京太郎「でも仮にも先輩に対して」
久「こうやって毎日のように私を部屋に連れ込んでるクセに」
京太郎「自分から暇つぶしに来てるんでしょ! ・・・ったく、親から色々誤解されてるんですよ」
久「へー。じゃあ誤解じゃなくて、本当にそういう仲になっちゃう?」
京太郎「う”・・・からかわないで下さい」
久「ふふふ」

ピンポーン

咲「ごめんくださーい。京ちゃーん」
京太郎「よっ、咲」
久「はーい、咲」
咲「・・・部長。やっぱり今日も」
久「うふふ。あなたもここんトコ毎日須賀くんちに遊びに来るわね?」
咲「だって部長が・・・ゴニョゴニョ」
京太郎「?」
久「ふふふふふふ。じゃあ須賀くんの部屋に行きましょ」
咲「・・・・・・ム」
バチバチバチバチ

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 13:26:45 ID:QJ1f7n1O0
つまりまとめると、京太郎と部長は両親公認の仲と・・・

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 19:39:05 ID:jTXTGCNI0
違うじょ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 20:54:08 ID:l0/GIauZP
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
              /::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            //:::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::\:::::::::::::::::|
           //:::::::::::::ーx/  /∧|\| ::::::::::::|::::::::::::::::|
           〃|:::::::::://`       \::::::::::|:::::::::|:::::|
          〃 |:::::::iク,,=ミ、     ̄ ̄\|::::::::::|:::::::/:::::|
          |  |:::::/| l::riヘ.   . ー-   |:::::::/:::::/::::::/
          !  |::/:::| .!_ソ     ー==-、 | /:::::/::::::/   もう諦めなさい、優希
             |:i:::::| ''' ,     , , ,   /::::: /::::::;/
               ∨:八            /::::::::::イ::::::::|
             \ \  ▽ ̄ノ   {::::::::::::::::|:::::::::|
               |\.\ ヽ-   イ:::::::::::::::|:::::::::::\
                  |::/:::::::::ー─、   ∨:|:::::::::|\::::::ヾヽ、
                r/:::::::::::::/lノ∧   ∨::::::::::|  \::::|:リ
              / |:::::::::/  .ト、 ,__/:::::/|/   ∨\
                /  \/    |-──|.:::/        /∠\
            /   |\\. .|.  /∨       / /  \|
             /     ハ. \\|. /      / /      |
           /   \{ \ \|/──── "_/\       |

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 00:28:17 ID:5nK3JqEj0
ワハハ「おおーい! キミは清澄の男子部員くんではないかー! ワハハ、きぐーだな」

京太郎「・・・あ、えー・・・。こんにちわ・・・(あ、あれ? 誰だっけ?)」

ワハハ「あれから、かおりんやむっきーがキミの話ばっかりして」

京太郎「はぁ。それは光栄です(かおりん・・・妹尾さんかな? じゃあこの人鶴賀の?)」

ワハハ「一度私もこうやって話してみたかったのだよ! ワハハ!」

京太郎「そ、そうなんですか・・・えー・・・」

ジーーーーーーー

ワハハ「・・・ん? な、なんだよ人の胸ばっかジッと見て・・・/// ワハハ。キミは聞いてた通りのおっぱい星じ」

京太郎「あ、思い出した。いやすんません、失礼ですが実はあなたの事ちょっと思いだせなくて〜」

ワハハ「へ? ・・・ワハハ。ちょっとショックだけど、まあそういえばそうだよな〜。会話もしたことないし」

京太郎「でも、思い出しましたよ! 確か鶴賀の・・・」

ワハハ「うんうん。ワハハ」

京太郎「男子マネージャーさん!」

ワハハ「オイ」

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 02:16:34 ID:wmEFG17s0
>>538
京太郎は普通にマホを(後輩として)可愛がりそうな気がする

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 02:30:39 ID:u67FU6DU0
京太郎×咲スレで貼ってある奴みたいに
京太郎と咲が熱いキスをしているシーンをタコスや和の目の前で見せたらどうなるだろうか・・・

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 12:14:16 ID:mJjPBGVX0
京太郎が行方不明に・・・

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 13:40:46 ID:HmxlLR6x0
>>551
和:咲を奪った京太郎に激怒。
タコス:咲に陥落した京太郎に激怒。

と言うような気がする。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 13:56:35 ID:LxsYTg2d0
>>552
そんなことになったら部長と咲ちゃんとタコスが・・・

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 14:03:02 ID:WoPn9RKrP
行方不明と見せかけて、部長(大学に入って一人暮らし中)の家で匿われて
結果として同棲生活
そのままデキ婚ね

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 20:10:33 ID:7YdYZIQ+0
           ,...-‐: : : : : : : : ‐-.、
         /: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
     /.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.;.:.:.|:.:.:i|:.:.:.:|:.i:.:... |:.  i  i: ゙、:.:.:.:゙、
.  / .:.:.i:.:i:.|  |_;.:!.|:.:.:.:|:.|:.-‐ト-、|_:.:.|:.:.::i:.:.:.:.:.i
 /   ||.:.:、'´!、:|丶:.:.:i、!ヽ:.:!_\!.i`:|:.:.:.:!:.:.:.:.:|  ・・・京ちゃん、見ーつけたっ
 i i .;ノ!:.i:.:.:.`、≠ヾ、\!  '!_:: ̄ヽイ:.:.:/:.:.:.:.:|
 レリ''"ト、!、:.:.V.r':::::!     r':::;、:} '!:.:/ヘ:.:.:.!:|
      |:.:.:.:ヽi゙ 、;ン      └-‐' レ'∫ }:.:/リ
     |:.i、:.:.:.| " "  '    " "   _,..イ:/
.      V \:.ト、    __    ,.ィ':.;.::.ノレ′
        ` `  、_ ´   / И/
               ` i' ´   !_,..、
             /:フi   /::::::::\
             ノ::〔 ′_/::::::::::::::,,=≧ー-、
         ,ィi"::::::::|_ /:::::::::::;;::'"/ `ヽ:::i
        i i、!i:::::::::| /:::::::::;;:::"://  ,;:===|
         |i !.\=、:! /;::=::"::/:./  /    |

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 22:08:58 ID:C7kM6ShaO
――誰か私の話を聞いて欲しいっす
――私は…どうしたらいいっすか…?

【モモが中3の時の夏】

モモ「私は存在しない…誰も私の話を聞いてくれない…」

トボトボ…

モモ「……誰かに私の話を聞いて欲しいっす…」

ブォォォォ…!

京太郎「危ねぇ!」
モモ「きゃっ!?」

キィィィィ…!

モモ「いたた…!」
京太郎「何やってんだ君!信号が赤なのに飛び出すなんて……死にたいのか!」
モモ「え……え?」
京太郎「やれやれ…車はそのまま走り去っていったか……」
モモ「あ…あの…アンタ…!」
京太郎「立てるか?また車が来る前にさっさと渡ろう」
モモ「は……はい…」(この人……もしかして私の存在が見えるっすか?)

――公園

モモ「あ…あの…!アンタ…なんで私の姿が分かるっすか?」
京太郎「…?なんでも何も、君はそこに存在しているじゃないか…何を言っているんだ」
モモ「実は私……」
京太郎「なるほどね、つまり君は非常に影が薄い人間で人に気が付かれる事がほとんどないって事か…
だからさっきの車はブレーキをかけずに走っていたんだな」
モモ「私…初めてっす…人から話しかけてもらえるなんて…」
京太郎「ふーん、世の中には変わった人がいるもんだな…ところでさ」
モモ「はい…?なんすか…」
京太郎「誰かに自分の話を聞いて欲しいって言っていたけど…一体どんな話をしようとしていたんだ?」
モモ「え……話…すか?」
京太郎「ああ、誰かに話を聞いて欲しいんだろ?だったら俺が聞いてやる!ほら、遠慮なく話せよ!」
モモ「……えっと……あの…急にそんな事言われても…困ったっす…」
京太郎「……ぷっ、はははははは!おかしい奴だな〜!話を聞いて欲しいのに聞かれて困るなんてさ」
モモ「………フフ、確かにそうっすね!私ったらうっかりしてたっす!」
京太郎「はははははは!ちゃんと話の内容を考えておけよ!」
モモ「ごめんっす〜!アハハハハ…」
――知らなかったっすよ……人と一緒に笑う事がこんなにも楽しいものだったなんて

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 00:55:36 ID:E0lBiGv00
>>555
部長がヒモを養ってる姿は、やばいくらい似合うと思う

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 16:06:40 ID:JsLOplvs0
>>557
うむ中3か…うむ有りだなモモ

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 20:41:45 ID:FEfoyj8P0
ワハハ

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/01(月) 00:16:07 ID:C0aioOis0
京咲スレが新スレ突入しました
もうそろそろ京ちゃんはわ・・・宮永咲さんだけのモノだって。みんな認めればいいのに
そう思わない? ね、優希ちゃん?

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/01(月) 00:20:40 ID:ecp4Xqkq0

                  /   . : : : : : : : : ヽ   `ヽ
               /( . . . : : : : : : : : : : : : :ヘ: . j.ハ
            ,. -――ァ   ー, : : : : : : :/: :./∨ / : .   i
           /  く ̄/. : :ー'.:7 /: :/{/从 V ∨: : : . |
.        /      Y:/: : .:_:.:/ /:/  {   ヽ: : i: : : : . |  おめぇここおかしいんじゃねぇか? 
.       /    ,こノ/: : : .:.:/`X      ,∠.,_ヽi: : : : : . |  
      /     . イ   /{: : : :/'ィ'れハ     ´ んハW: : : : i|
.     /    /      {: i: ハ 弋::ノ     弋::::ノ/: : : : : i|
    /   ,′      Y: : :.      ,       /: : : : : : リ
.   /    ′           ヽ: :ヽ.      ,    i : : : : : , ′
  /    ,′        ,.-rくii>==ト ..  ̄   .イ}_:_:_ .イ
. /     ′       _/  | j/. : : |::::/` ‐< /:ー:{:::::.\
/     爪⌒ヽ ̄ ̄\  V . :.:.:.:|:::{    /. : : :.:.::!:::::::::::\
    .i::::::ヽ         / . : : ハj::::{ー―‐/. : : :.:.:::ノ:::::::::::/ヘ
    イ|l::::::::!   \   {人: : {\::::{  ∧ : : : .イ.:::::::::::... -‐=ヘ
.    l:||:::::,′    >----ヽ{\::::.{ /.:::从/.::::::. イ´     |::i
ー―v':/:::/    //       |`ヽヽ/´ ̄ ̄ ̄/   /    |::|
     ̄ ` ー一''"          !  〔 ̄厂 ̄ ̄`ヽ.  /     |::|
                   :. /::::7         ∨      j'|::|
                      ∨::::/         {       / j::j



563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/01(月) 07:58:25 ID:RNB6K25T0
このスレの部長は部長だな!

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 19:43:25 ID:qTEkfJA60
テス

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 19:56:10 ID:zX8xdk8J0
なんかしばらく接続できなかったが
他の皆もそうだったのかねぇ?

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 20:19:00 ID:k2XqKTea0
サイバーテロでサーバーが落ちてたらしい

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 20:26:13 ID:jXaaOe310
スレに京ともきーが全然無いからサイバーテロした人がいたんだよ!

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 22:31:23 ID:UpYdPGsj0
京太郎のズリネタ

日・・・和
月・・・咲
火・・・和
水・・・咲(稀に照)
木・・・キャプテン
金・・・咲(稀にタコス)
土・・・部長

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 01:26:16 ID:3eqwQ6B/O
麻雀部員全員ネタにしてるのかよ、気多すぎだろ
ん?誰か忘れているような……気のせいか

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 02:17:45 ID:NuOvov4iO
タコスは無いな

571 :のどかなひみつ:2010/03/04(木) 06:10:53 ID:AQKBUJztO
和「宮永さん、またお昼作ってきたんです。その…皆で食べませんか?」
咲「うんっ。原村さんのお弁当、相変わらず美味しそうだね〜」
和「そ、そんな…///」
京「おっ、本当だ。うまそ…いてっ」
優「それは私のタコさんだじょっ!フライングするな、バカ犬っ」(ゲシッ
京「ってーな、一つくらい良いだろ?」
優「タコと名のつくものはすべからく私のモノなんだじぇっ!」
京「…へいへい」
和「こら、優希。たくさんあるんですから皆で食べましょう」
優「ちぇー」
咲「うふふ、優希ちゃん、こっちの卵焼きも美味しいよ」

………

咲「ごちそうさまっ。今日もすごく美味しかったよ、原村さん」
和「あ、ありがとうございます///」
咲「でも、ごめんね。今から図書室に本を返しに行かなきゃいけないの。期限過ぎてたの忘れてて」
和「そうですか…」
優「あっ!」
京「うわっ、びっくりした」
優「課題の再提出期限、忘れてたじょ」
和「え…それってこの間、手伝ったはずでしょう?」
優「あとは提出するだけだから今から出してくるじょ!」
咲「あ、じゃあ私も図書室に行って来ちゃうね」

パタパタパタ…

和「あ…」
京「行っちゃった…な」
和「……」


572 :のどかなひみつ・2:2010/03/04(木) 06:14:56 ID:AQKBUJztO
京「…和?」
和「す、須賀くん。お弁当、ちゃんと食べれましたか?」
京「へ?あ、ああ。何とかな。すげぇ旨かったよ、タコさんウインナーも卵焼きもな」
和「えへ…良かったです」

京「…なぁ、和…今、二人しか居ないんだしさ…その…たまには下の名前で呼んでくれよ?」
和「なっ…。む、無理っ無理無理ですっ。ははは恥ずかし過ぎますっ」
京「和…」
和「そ、そんな顔したって無理なものは無理なんですっ。た、ただでさえ部活中、まともに須賀くんの顔を見れないんですからっ」
京「…原村のケチ」
和「なっ…。ど、どうして名字で呼ぶんですかっ?」
京「原村が名前で呼んでくれないからだろー」
和「う…。……たろ……さんっ」
京「ははっ、声が小さ過ぎて聞こえないぞ。原村〜」
和「うぅ……ょう…たろ…さん」
京「ん〜?」
和「も、もう意地悪言わないでくださ……ひゃうっ!?」

なでなで…

京「ありがとな。すげぇ嬉しいよ、和」
和「き…き…京たr」「のどちゃーーんっ」

和「ビクッ」
京「ありゃ。足はえーな、あいつ」

遠くからタコスが手を振りながら近付いてくる。

「……優希のばか」

和は京太郎にも聞こえないくらい小さな声で、微かに拗ねた。

おしまい

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 09:23:46 ID:QiQB5YuXO
hrmrさんが、かわいい・・・だと・・・

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 16:51:09 ID:Dx/wk/2w0
むしろタコスに見せ付けてやれ

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 22:00:53 ID:QDyDiFPdO
?「優希さん、あなたは約束を破ってまた京太郎君の記憶を変えましたね!
自分の力で京太郎君を恋人にするって言ったはずなのに!」

タコス「ごめんだじょ!今度こそ!今度こそ自分の力で…」

?「いいえ、もう手遅れです!あなたは二度と京太郎に告白できませんよ」

タコス「そ…そんな!」

?「ダアァァァァァ!!」

タコス「ひゃああああああ〜!」

ドーン!

―――翌日

タコス「ひどい目にあったじょ…」

部長「あら…?あなた、もしかして麻雀部を見学しにきたのかしら?」

タコス「へ…?何を言っているんだじょ部長…?」

まこ「アンタ、麻雀はやった事はあるんか?まぁ、わしらが丁寧に教えてやるけん」

タコス「え…?え…?」

和「こんにちは…」

タコス「あっ、のどちゃん!聞いて欲しいんだじょ、急に部長達が変な事を……」

和「………あの、どちら様でしょうか?」

タコス「のど……ちゃん…?」

京太郎「ちーす、遅れてすいませーん!」

咲「あれ……知らない人がいるけど…知ってる京ちゃん?」

タコス「きょ……京太郎!京太郎は……京太郎は私の事…知ってるよね!?」

京太郎「………いや、知らねえな。前にどこかで会ったっけ?」

タコス「夢だ………こんなの夢だじぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

――――――

?「人の記憶はあやふやなものです……どうやら他の皆さんは優希さんの事をすっかり忘れてしまったみたいですね〜!
まぁ、優希さんならきっと新しい人間関係を作る事ができるでしょう!
ホーホッホッホッホッホッ!!!」

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 23:13:16 ID:CWef8rOwO
ロンギヌス

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 00:08:53 ID:g0MAOWwu0
京太郎「好きだ。優希」
優希「へ? きょうたろ、何を・・・」
京太郎「もう我慢できねえ・・・優希、いいよな? 俺は・・・俺はお前が・・・」
優希「京太郎・・・うん。や、優しくして・・・欲しいじょ」
京太郎「優希・・・」
 ぎゅっ
優希「・・・京太郎・・・え、えへへ・・・嬉しいじぇ」
京太郎「愛してるぞ、優希」
優希「うん・・・きょうたろ・・・ん、あ・・・」
京太郎「優希・・・んん・・・」
優希「あん・・・京太郎、もっと・・・」
京太郎「ん・・・やっと、お前をこの手で抱けた」
優希「私も・・・やっと京太郎と・・・なんか夢見たいだじぇ。えへへ」
京太郎「優希・・・・・・・・・・・・それ正解」






 がばっ!

優希「はっ!!? ・・・・・・や、やっぱり夢・・・か・・・」

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 03:08:19 ID:j2d888asO
(´;ω;`)タコスww

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 10:54:59 ID:ZC6iuWv/0
京太郎は中一の時咲の夢で夢精して以来、
咲に対して若干の罪悪感があるよ

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 11:56:29 ID:cYaREfZv0
ちょうど同じくらいの時期に、咲も京太郎とエッチなことする夢見ちゃって、なんかお互いに気まずくなっちゃったらしいよ

そんな京太郎も、今や部長の夫なんですね

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 14:02:41 ID:6K+M6j6/O
まぁオカズにした回数なら和が断トツなわけだが

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 17:17:20 ID:vKKodYgfO
つまりまとめると、須賀くんにとって部員の皆は

咲…昔は意識したこともあったが、今はただの幼なじみ
和…オナペット
優希…どうでもいい
久…夫婦
まこ…仲人

ってトコね

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 17:26:38 ID:0Swzk1Dn0
部長はいいとこ愛人だと思うじぇ

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:11:38 ID:Cj8YxVLdP
優希ちゃん以外は全部間違えてます!
京ちゃんと夫婦なのは宮永咲さんだよ!

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:36:23 ID:sL53Dv5y0
これから京×和SSを投下しますがこのSSには以下の注意点があります。

1途中からオリキャラが出てくる
2長編であるという事

以上この二つがあっても大丈夫だという方のみ
読んでください

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:37:31 ID:sL53Dv5y0
京太郎「あっち〜・・・今日も暑いな・・・」

ガチャン

和「こんにちは須賀君」
京太郎「あれ?他のみんなは?」
和「他のみんなは来ませんよ。」
京太郎「なんで?」
和「部長は生徒会のボランティア活動、染谷先輩は店の手伝い
  優希は追試、宮永さんは所用で欠席だそうです。」
京太郎「そうか・・・」(ラッキー和と二人っきりだぜ!!)
和「ですので今日は私と須賀君の二人だけで活動することになります。」
京太郎(今は夏だから女子の制服が薄くていいぜ〜
    今日和のヤツ今日はピンクの下着つけてるな・・・
    ハァ〜本当に夏はいい季・・・)
和「須賀君!!さっきから何をジロジロ見てるんですか!!!」
京太郎「いや・・・ごめん・・・」
和「まったく・・・」
京太郎(ヤベ〜見てたのバレちまったか・・・なんか悪い雰囲気になっちまったな・・・
    どうしようかな〜そっそうだ!!!)「なあ和・・・」
和「なんですか?」
京太郎「今からネット麻雀やろうと思うんだけど、良かったら教えてくれないか?」
和「ええかまいませんよ。」
京太郎(よしここでなんとかさっきの悪い雰囲気を払拭するぞ!!)


587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:39:07 ID:sL53Dv5y0
1時間後

プレイヤーA「リーチ!」
京太郎「クソッ・・・リーチかだったらこれを・・・」
和「須賀君それはダメです!!」
京太郎「えっ?」
プレイヤーA「ロン!リーチ、一発、清一色、ドラ3、3倍満です!!」
京太郎「マジかよ・・・また負けちまったぜ〜・・・」
和「須賀君!愚痴を言ってる暇はないです!なんで負けたのかを一緒に研究しましょう!!」
京太郎「おい和顔真っ赤だぞ・・・」
和「えっそんな事はないです。」
京太郎「どれ・・・ちょっと失礼(ピト)熱っお前凄い熱だぞ!早く家に帰って・・・」
和「大丈夫です!!さあ早くさっきの続きを・・・」
京太郎「大丈夫じゃねえよ!!早く家帰って休め!!こじらせたりしたらどうするんだ!!!」
和「わっ分かりました・・・じゃあ帰らせて頂きます。」

トットットットット

京太郎「おい待てよ」
和「なんですか?須賀君?」
京太郎「俺の自転車後ろに乗れよ・・・家まで送ってやるからさ・・・」
和「いえ・・・結構です!須賀君にそこまで迷惑かけたくありません!」
京太郎「いいってこうゆう時くらい甘えちまえよ!!それに俺自転車の運転には結構自信あるんだぜ!!」
和「でも・・・」
京太郎「大丈夫だってほら・・・早く来いよ」
和「・・・じゃあよろしくお願いします」
京太郎「それではお姫様お足元にご注意下さい。」
和「こんな時にフザけないでください。」
京太郎「ハハッじゃあ行くぞ」


588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:40:23 ID:sL53Dv5y0
数十分後

和「ここです・・・」
京太郎「思ったよりも近かったな・・・」
和「それではこれで・・・」
京太郎「車が無いみたいだけどご両親は?」
和「はい両親は毎晩夜遅くにしか帰って来ません」
京太郎「それじゃあ今日の晩メシとか和の身の回りの世話は俺がやってやるよ!!」
和「須賀君にそこまでして頂くわけには・・・」
京太郎「大丈夫だよ俺料理とかもある程度出来るからさ
    それに今和は風邪だろあんまり無理しちゃダメだよ・・・
    俺も和が風邪だと心配だしさ・・・」
和「分かりました・・・それではお願いします。」
京太郎「よしまかせろ!!」
和「ここが私の部屋です・・・」
京太郎「へぇ〜ここが和の部屋か・・・」
和「あんまりジロジロ見ないでください///」
京太郎「じゃあ和俺は下でいろいろ準備してるからその間に着替えとけよ」
和「はい・・・分かりました」

ガチャン



589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:41:11 ID:sL53Dv5y0
一時間後

京太郎「おーい和メシ出来たぞ。あれ返事がないな・・・じゃあ入るぞいいな?」

ガチャ

京太郎「あれ・・・和の奴寝てるな・・・
    へぇ〜和の部屋って俺の部屋と違って
    漫画とかゲームとか全然ないな・・・
    あるのは学校の参考書や麻雀関係の本ばかりだな・・・
    まぁアイツらしいといっちゃアイツらしいけどな・・・
    ん・・・?なんだこのノート・・・(ピラピラ)
    まさかこれ和の日記帳か!!!
    読んじゃいけないのは分かってるけど・・・
    ゴメン和読ませて頂きます!!」
  ○月×日
  今日麻雀部に新しく男性部員の方が入って来てくれました。
  ちょっと身体の方をジロジロ見られてたのが気になりましたが、
  話してみたらあんまり悪そうな方ではなかったので
  これからも共に協力し合って麻雀部を盛り上げていきたいと思います。
京太郎「ヤッベ〜見てるのバレてるし・・・これからはあんまりジロジロみるのを
    ちょっと控えた方がいいかもしれないな・・・さて他のページは・・・」
  △月□日
  今日お父様と少し話をしました・・・お父様はどうやら私が清澄に行くのは
  反対らしく東京の進学校に通わせたいらしいです・・・
  でもお父様も全国で優勝さえすれば清澄に通ってもいいとの事でした・・・
  だから私は絶対に負けない!!ここで諦めたら今までなんの為に頑張ってきた事が
  全て水の泡になってしまう・・・そしてみんなで絶対優勝してお父様にも
  納得のいく様にしなければ・・・
京太郎「!!!!!!!」
京太郎(和の奴こんな事があったのか・・・
    それなのにあの全国大会の予選では
    あんなに涼しい顔しながら麻雀打ってたのか!!
    俺は一体今まで和の何を見てたというんだ・・・
    俺は今まで和に随分失礼な事をしてきたんだな・・・
    起きたら和に日記見たことと今日イヤらしい目線で
    見たことについてきちんと謝ろう・・・)



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:42:08 ID:sL53Dv5y0
数十分後

京太郎「起きたか・・・和」
和「えっ私寝てたんですか・・・すみません・・・」
京太郎「いいよ和は病気なんだし・・・それよりもメシレンジで温めてくるよ
    あとコレスポーツドリンクと栄養ドリンクよかったら飲んでくれ」

トットットットット

和「これ須賀君が作ったんですか?」
京太郎「そうだよどうだ味の方は大丈夫か?」
和「とてもおいしく出来てます。正直驚きました。」
京太郎「ハハそうだろよく言われるよ」
和「フフフ」
京太郎「・・・和実はお前に謝らなきゃいけないことがあるんだ」
和「はい何ですか?」
京太郎「ゴメン今日お前の身体をジロジロみたりしてあの時ちゃんとしっかり
    謝れなかったから今謝るゴメンなさい」
和「その事ですか・・・もう気にしてないので大丈夫です・・・」
京太郎「あともう一つ謝らなきゃいけないことがある!」
和「もう一つ?何ですか?」
京太郎「実は今日お前の日記を勝手に見ちまったんだ・・・
    本当にゴメンなさい!!!」
和「!!!!!!!!!!・・・アレを見たんですか・・・」
京太郎「本当にゴメン怒ってる?」
和「ええでも言ってくれてありがとうございます。
  須賀君がいってくれたのに免じて今日の所は許します・・・
  でも今日見た事は絶対に他の人には言わないでくださいね!!」
京太郎「それはもちろん分かってるよ。」
和「それならもういいです。」



591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:43:28 ID:sL53Dv5y0
京太郎「でさー優希の奴猫にタコスをあげようと半分にしようとしたら
    そのまま猫に全部タコス持ってかれちまってさ〜」
和「フフフ優希らしいですね」
京太郎「そういえばまだご両親は帰ってこないけど明日もこんな感じなのか?」
和「いつも両親は帰ってくるのが遅いですから・・・」
京太郎「そうだ明日も来てやるよ!!」
和「それはダメです!今日もこれだけお世話になったのに
  明日もしてもらうなんて・・・そんなに須賀君のご好意に
  甘えるわけにはいきません!!」
京太郎「でもお前は病人なんだろ?そんな奴ずっと一人にさせとくわけには
    いかないだろ?もし何かあったらどうするんだ!
    もし和に何かあったらみんなにも申し訳ないしな・・・」
和「そこまで言うんでしたら・・・明日もよろしくお願いします・・・」
京太郎「よっしゃー明日も腕によりをかけておいしいものを食わせてやるからな!!」
和「フフ・・・楽しみにしてますよ須賀君」
?「和入るぞ・・・」
和「はいどうぞ」
和父「ん君は一体誰だ?」
京太郎「俺は須賀京太郎といいます」
和父「それで須賀君こんな夜遅くまで娘の部屋で何をやっているのだ?」
京太郎「え〜っとそれは・・・」
和「須賀君は今日熱を出した私の為にわざわざ看病してくださったんです」
和父「それは須賀君わざわざすまない・・・だがもう夜は遅い
   後の事は私がするから君はもう帰りなさい・・・」
京太郎「分かりました・・・じゃあな和」
和「さよなら須賀君・・・」

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:45:11 ID:sL53Dv5y0
ガチャン

和父「いくら看病のためとはいえ夜遅くまで男を部屋に入れるとは・・・
   あまり感心しないぞ・・・和」
和「はい・・・分かっています・・・」
和父「彼とは一体どんな関係なんだ?」
和「彼は同じ部活の人です。」
和父「そうか・・・まだ熱はあるのか?」
和「はいまだあります」
和父「じゃあ今日はしっかり身体を暖めて寝るんだぞ・・・」
和「はいお父様ではお休みなさい・・・」
和父「ああお休みな・・・和」
京太郎「ただいまー」
京太郎母「あんたこんな夜遅くまで一体何やってるの?」
京太郎「いやちょっとな・・・」
京太郎母「ちょっとって何やってたのよ?」
京太郎「いや・・・あのその・・・そう嫁だなの家に行ってたんだ!!」
京太郎母「それで・・・どうして遅れたの?」
京太郎「ちょっとゲームをやってたらさ・・・
    随分盛り上がっちゃってさ・・・
    それで遅れちゃったんだよ」
京太郎母「そうなの・・・」
京太郎「後明日も帰りはこのくらいになるからさ」
京太郎母「明日もその嫁だな君と遊ぶの?」
京太郎「まあそんなとこ!!」
京太郎母「あまり遅くならない様にしなさいよ」
京太郎「分かってるって」
京太郎(よし寝る前に明日和に作ってやる料理を
    インターネットで調べてから寝ることにしよう)



593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 20:47:33 ID:sL53Dv5y0
今日はここまでです。
これからしばらくの間大体この時間帯に投下させて
頂きます

どうぞよろしくお願いします。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 23:59:41 ID:59Hr9JF6O
よいぞよいぞ

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/06(土) 06:24:06 ID:J7mBeaV+O
続き期待

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/06(土) 13:38:57 ID:83ve7h+xO
京太郎欲しい

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/06(土) 16:26:46 ID:J7mBeaV+O
じょ

598 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:46:31 ID:nhztfxEq0
それでは>>592からの続きです どうぞ

翌朝
和父「それじゃあ何かあったら私に連絡するんだぞ」
和「分かりました」
和父「それじゃあ行ってくる」
和「行ってらっしゃいませお父様」

数時間後

ピンポーン

和「はいどちら様でしょうか?」
京太郎「俺だよ和」
和「はい今開けます」
京太郎「おっす和」
和「おはようございます須賀君。」
京太郎「熱はどうだ?」(ピト)
和「昨日よりは下がりました///」
京太郎「あっ本当だでもまだ熱いからちゃんとゆっくりしてろ」
和「分かりました」
京太郎「あとこれ買って来たんだけど良かったら使ってくれ」
和「これは冷えピタですか」
京太郎「そうだまあ俺も和には早く熱が下がって欲しいからさ・・・」
和「わざわざありがとうございます」
京太郎「そうそう今日これ持って来たから一緒にやらないか?」
和「何を持ってこられたのですか?」
京太郎「これぴよぴよってゲームなんだ一緒にやろうぜ!」
和「ええかまいませんよ」
京太郎「それじゃああんまり外で話してると和の容体が気になるから
    いったん家の中に入れろうぜ」


599 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:48:09 ID:nhztfxEq0
京太郎「よっしゃーまた俺の勝ちだぜ!!」
和「また負けました・・・須賀君は結構強いんですね」
京太郎「ハハ麻雀では和には勝てないけどぴよぴよなら
    どうやら俺の方が勝つみたいだな」
和(ムカッ)「須賀君!!もう一度勝負です!!!」
京太郎「よしもう一度勝負だ!!」
和「・・・また負けてしまいました」
京太郎「まあ慣れればすぐ勝てるようになるさ
    もうすぐ昼か・・・昼メシ作るから少し待ってってくれ」
和「須賀君・・・」
京太郎「なんだ?」
和「昼食をとったらもう一度勝負してくださいね!!」
京太郎「おう分かった」

ガチャン

京太郎(和の奴結構負けず嫌いなんだな・・・なんかカワイイな・・・)
和(須賀君ってあんなにおもしろい人だったんですね・・・知りませんでした)



600 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:49:15 ID:nhztfxEq0
コンコン

京太郎「和メシ出来たぞ〜入ってもいいか?」
和「どうぞ」
京太郎「お待たせしました〜」
和「なにかおいしそうな匂いがしますね」
京太郎「そうだひじきの煮物だ」
和「ひじきですか」
京太郎「ひじきは風邪の時に食べるといいんだぞ」
和「そこまで気をつかって頂いてありがとうございます」
京太郎「これくらい当然さ和には早く治ってもらわないとな」
和「頑張って早く治すようにします」
京太郎「どうだ・・・マズくないか?」
和「とても美味しいです・・・須賀君いいお嫁さんになれますよ」
京太郎「お嫁さんじゃねえよ!!お婿さんだよ!!」
和「フフ須賀君って本当に面白いですね」
京太郎「和が楽しんでくれたら俺も嬉しいよ・・・」
和「えっ///」
京太郎「所で今熱何度だ?計ってみろよ」
和「あっはい計ってみますね・・・」ピピピピ
京太郎「何度だ?」
和「平熱です」
京太郎「良かった・・・でもまだゆっくりしてなきゃダメだぞ」
和「それも須賀君が看病してくれたおかげですよ」
京太郎「変なこと言うなよ///」
和「さっきの仕返しです」
京太郎「えっ何だって?」
和「なんでもないですそういえば須賀君あとで
  ぴよぴよの戦術について教えて頂きたいのですが・・・」
京太郎「おうもちろんいいぜ」


601 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:50:10 ID:nhztfxEq0
京太郎「よしこれからぴよぴよについての講義を始める
    これからは俺の事を師匠と呼ぶ様に」
和「はい師匠!!」
京太郎(師匠か・・・いい響きだな・・・)
和「須賀君早く講義を始めてほしいのですが・・・」
京太郎「あっごめん・・・それじゃあ始めよう」
和「よろしくお願いします!!」

数時間後

京太郎「よし大体こんなもんかな」
和「ありがとうございました」
京太郎「じゃあ最後にさっき教えた階段割りをやってみろ」
和「分かりましたやってみます」
京太郎「頑張れよ和」
和「ここをこうやって・・・」
京太郎(和の奴まだ動作がたどたどしくてカワイイな・・・)
和「あっしまった・・・ここに入れるつもりじゃなかったのに・・・」
京太郎(おっ・・・でも思ったよりはサマになってるな・・・)
和「よしできた・・・やったー!!」
京太郎「よしよくできたぞえらいぞ」ナデナデ
和「な・・・何するんですか急に・・・恥ずかしいじゃないですか///」
京太郎「ゴメンゴメンでもこれ優希にやると凄く喜ぶんだぜ」
和「優希と私を一緒にしないでください」
京太郎「何だそんなにイヤだったのか・・・」
和「別にそんなにイヤじゃないですけど・・・って
  そんな恥ずかしい事言わせないでください!!!///」
京太郎「ハハじゃあ俺は今日の晩メシの準備でもしてくるからさ」
和「はい宜しくお願いします」
京太郎「それじゃあ行ってくる」


602 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:51:30 ID:nhztfxEq0

京太郎「ほーらメシが出来たぞ」
和「さっきから凄くいい匂いがしてきて
  おなかがもうペコペコです」
京太郎「今日の晩メシはトマト鍋だぞ」
和「トマト鍋ですか」
京太郎「ああそれもタダのトマト鍋じゃないぞ
    今日このトマト鍋に入ってる具は風邪に効果の
    あるものばかりだ!!だから和も遠慮せずに
    どんどん食べてくれよ!!」
和「それでは・・・頂きます」
京太郎「どっどうだ?」
和「とても美味しいです・・・須賀君いいお嫁さんになれますよ」
京太郎「昼間の時と同じネタを使うな!!」
和「フフフ」
京太郎「ハハハ」
和「じゃあ遠慮せずに食べますね」
京太郎「おうどんどん食えよ」
和「もう空になってしまいましたね・・・」
京太郎「和・・・まだ食べれそうか?」
和「まだ少しくらいなら・・・」
京太郎「よし・・・じゃあ少しだけ待ってってくれ」
和「・・・?」

603 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:52:17 ID:nhztfxEq0
京太郎「ほら出来たぞ」
和「なんですか?」
京太郎「トマト鍋の残り汁を利用して作ったトマト風チーズリゾットさ」
和「美味しそうですね」
京太郎「まぁ鍋は残り汁まで利用するのが鍋だからな!!」
和「じゃあ貰いますね」
京太郎「よしじゃあ俺も食うか」
和「うんこれも美味しいです」
京太郎「和が喜んでくれて良かったよ本当に・・・」
和「何か言いましたか?」
京太郎「なんでもないよ」
和「ふぅ〜今日はちょっと食べすぎちゃいました・・・」
京太郎「なんとか二人で全部食べきれたな・・・」
和「もうお腹いっぱいです・・・」
京太郎「そういえばお前の両親は何時くらいに帰ってくるんだ?」
和「多分もうそろそろ帰ってくるんじゃないでしょうか」
京太郎「じゃあもう俺は帰るよ・・・」
和「えっもう帰るんですか?」
京太郎「だって昨日はお前の両親に迷惑かけたからさ・・・
    さすがに2日連続で迷惑はかけられないよ・・・」
和「そうですか・・・」
京太郎「じゃあな和」
和「待って下さい」
京太郎「何?」
和「せめて玄関先まで送り届けさせて下さい!」
京太郎「じゃあ宜しく頼むよ和」


604 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:53:11 ID:nhztfxEq0

京太郎「ありがとうな和わざわざ玄関まで来てくれて・・・」
和「本当にすみません須賀君・・・両親のせいで
  須賀君をこんな形で追い返さなきゃいけなくなって・・・」
京太郎「気にするなよ和・・・ご両親の言う事は間違っちゃいないし
    俺が勝手に上がりこめばご両親が怒るのは当然さ」
和「いえでも・・・後昨日と今日色々な物を買ってきてくれて
  ありがとうございます」
京太郎「なんだそんな事か・・・和は風邪なんだから当然さ・・・」
和「何から何までありがとうございます本当に感謝してます」
京太郎「じゃあもう帰るよじゃあな」
和「待って下さい」
京太郎「何だ?」
和「あのぴよぴよ貸してくれませんか?」
京太郎「ああいいぜ」
和「ありがとうございます須賀君・・・明日も来てくれますよね?」
京太郎「ああもちろんいいとも明日もウマい物食わせてやるからな!!」
和「楽しみに待ってます」
京太郎「あっそうだ明日はぴよぴよじゃなくて
    別のパズルゲーム持って来てやるよ」
和「私も須賀君に勝てるように練習しておきます」
京太郎「それじゃあ今度こそ本当にバイバイ」
和「はいまた明日お待ちしてます」

605 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:54:09 ID:nhztfxEq0
和(明日こそ須賀君に勝てる様にぴよぴよの練習でもしてみますか・・・)

トントン

和父「和入ってもいいか?」
和「どうぞ」

ガチャ

和父「和今日は熱は出なかったか?」
和「今日は熱は出ませんでした」
和父「それは良かった・・・まあ明日も休みだから
   ゆっくり休みなさい」
和「もちろんです」
和父「ところで和今日は須賀君は来たのか?」
和「・・・」
和父「来たのか・・・」
和「はい・・・」
和父「明日も来るのか?」
和「はい・・・」
和父「明日は帰ってもらいなさい!!」
和「えっどうしてですか?せっかくわざわざ来て下さってるのに・・・」
和父「和・・・今風邪を引いているお前が須賀君と会ってもし
   須賀君に風邪がうつったらどうする?
   須賀君に申し訳ないと思わんのか?」
和「でも・・・」
和父「お前のそんな我儘で須賀君にも迷惑をかけるかもしれんのだぞ
   須賀君なら風邪が治ればまた会える・・・
   だから明日は帰って貰いなさい・・・」
和「はい・・・分かりました・・・」
和父「じゃあもう今日は寝なさい・・・しっかり暖かくするんだぞ・・・」
和「お休みなさいお父様・・・」
和父「お休み和」


606 :京×和 第2話 誤解:2010/03/06(土) 19:55:22 ID:nhztfxEq0
ピンポーン

和「はい・・・どちら様ですか・・・」
京太郎「俺だよ須賀だよ早く入れてくれ!!」
和「須賀君ですか」
京太郎「そうだよ外超熱くて死にそうだよ!!」
和「須賀君今日は帰って頂けますか?」
京太郎「!!どうして急にだって昨日は・・・」
和「帰って頂けませんか・・・」
京太郎「まさか体調でも悪くなったのか?」
和「帰って頂けませんか!」
京太郎「和本当に大丈夫か?もし・・・」
和「帰って頂けませんか!!!!はっきり言って迷惑です!!!!!」
京太郎「!!!!!!!」
和「すみません今のは決して・・・」
京太郎「・・・分かったよ」
和(どうしよう・・・須賀君に酷い事を言ってしまいました・・・
  今すぐ追っかけて誤解を解かないと・・・)
 
ガチャン

和(もういっちゃったか・・・何処に行ったかも分からないし・・・
  どうしよう・・・どうすればいいのか分からない・・・)


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/06(土) 19:58:27 ID:nhztfxEq0
今日はここまでです
あと昨日第一話の題名を入れ忘れてしまいました
すみませんでした

題名は「始まり」です

さて明日は「氷解」です
どうぞお楽しみに

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/06(土) 23:45:52 ID:Ronlieyc0
GJ!
続き期待してます

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/06(土) 23:47:15 ID:RG9ktAQ10
超乙

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 02:16:40 ID:Yoe68LhM0
ゲームでも一応京ちゃんは出るみたいだな
まあ女性主要キャラがフルボイスだから声はないだろうけど

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 11:27:00 ID:WutXotZ/0
久しぶりの長編GJ続きマチマチ

>>610
シークレットキャラはカツ丼・歩・マホらしいけど
俺としては京太郎・南浦・照にしてほしかった…

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 13:31:35 ID:k7D+mn490
声は付くんじゃねーの?

613 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:17:03 ID:iYIKy0fV0
それでは今日の分です どうぞ

和父「ただいま」
和「おかえりなさいお父様」
和父「今日はちゃんと須賀君には帰ってもらったか?」
和「ええ・・・」
和父「それならばいい。今日は熱は出なかったのか?」
和「ええ・・・」
和父「よしそれじゃあ明日は学校に行けそうだな」
和「ええ・・・」
和父「どうした和・・・やけに元気がないが具合でも悪いのか?」
和「いえ・・・そんな事はないです・・・」
和父「そうか・・・一応今日も早めに寝なさい」
和「分かりましたお父様・・・」
和父「お休みな和・・・」
和「お休みなさい・・・」

ガチャン

和(結局今日一日考えてみたけど須賀君との関係を
  修復できる案が思い浮かびませんでした・・・
  でもとりあえず明日あったらきちんと昨日の事を謝って
  許してもらうしかない・・・
  須賀君が許してくれるかどうかは分かりませんが・・・)



614 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:18:11 ID:iYIKy0fV0
和「須賀君・・・」
京太郎「・・・」
和「須賀君!!」
京太郎「なんだよ・・・」
和「あの・・・えっと」
京太郎「俺急いでんだけど・・・」
和「昨日はあんな酷い事を言ってしまって本当にごめんなさい!!」
京太郎「はぁ?今更なにいってんの?」
和「ですから昨日の事について・・・」
京太郎「お前何なの?マジでムカつくんだけど・・・」
和「須賀君いくら私が悪いとはいえそんな言い方ないじゃないですか!!」
京太郎「先に酷い事を言ったのは誰だ?言ってみろよ!!」
和「私です・・・」
京太郎「良く分かってんじゃねかよ・・・
    あっそうだ他のみんなもお前に言いたいことがあるそうだぜ」
和「なんですか?」
優希「のどちゃん見損なったじぇ京太郎にそんな酷い事が出来るなんて・・・」
和「違うんです優希これは・・・」
まこ「言い訳とは・・・見苦しいのぅ〜なぁ和」
久「あなたみたいな卑怯者麻雀部にはいらないわ」
和「先輩方これは・・・」
咲「原村さんもうこの部活にあなたの居場所はないよ」
和「えっそんな・・・」
優希「卑怯者」
まこ「卑怯者!」
久「卑怯者!!」
咲「卑怯者!!!」
京太郎「卑怯者!!!!」
和「イヤァーーーーーーーー」
和「ハッ・・・夢だったか・・・」



615 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:19:13 ID:iYIKy0fV0
和父「それじゃあ行ってくるあんまり無理するなよ・・・」
和「分かってます」
和父「それでは行ってくる」
和「行ってらっしゃいませお父様」

ガチャン

和(ハァ〜どうしよう・・・もし今朝の夢が正夢だったら・・・
  いえそんなオカルトありえません!!
  とにかく今日須賀君に会ったら・・・)

ピンポーン

和「はいどちら様ですか?」
京太郎「俺だよ須賀だよ和もう熱は下がったか?」
和「須賀君!?」
京太郎「どうしたんだよ?早く出て来いよ」
和「分かりましたすぐ行きます」


616 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:21:11 ID:iYIKy0fV0
ガチャン

京太郎「おはよう和今日も熱いな」
和「須賀君どうしてここに来たんですか?」
京太郎「決まってるだろ和を学校に送るためさ」
和「なんでそんな事をわざわざ・・・」
京太郎「だって和風邪引いてただろ?まだ治ったばかりの奴に
    そんなに無茶させられないだろ?
    それと昨日はゴメンな・・・和の都合を無視して勝手に
    押しかけちまって・・・これお詫びに最近できた
    洋菓子店で買ってきたシュークリーム
    後で一緒に食べないか?」
和「どうして・・・なんで私を責めないんですか・・・
  あんなに・・・あんなに酷い事をしたのに・・・
  須賀君はお人よしすぎます・・・」
京太郎「お人よしか・・・まぁよく言われるけどな
    あんまり人を疑ってばかりでも人生面白くないしな
    ん・・・?和どうしたんだ?」
和「こっ来ないでください」
京太郎「和・・・」

ぎゅっ

和(えっ・・・!?)
京太郎「あんまり自分を責めるな・・・
    俺は全然気にしてないから・・・
    それとお前は女の子なんだからあまり無理すんな・・・」
和「うわあああああああああああああああああああああ」


617 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:22:13 ID:iYIKy0fV0
京太郎「どうだ和もう大丈夫か?」
和「はい・・・グスッ・・・もう大丈夫です」
京太郎「そうかじゃあコレ食べようぜ!」
和「このシュークリームとてもおいしいです・・・」
京太郎「だろ!!超ウマいだろ!!和が喜んでくれたなら
    わざわざ買って来たかいがあったぜ
    ん・・・?どうしたさっきから俺の事ずっと見たりして」
和「なっなんでもないです///」
京太郎「おい和顔が赤いぞもしかしてまた熱が出たんじゃないのか?」
和「ちっ違います!!」
京太郎「あっやっべ〜もう時間があまりないぞ!!
    和早く自転車の後ろ乗れ遅刻しちまうぞ!!!」
和「分かりました今すぐ乗ります」
京太郎「よし全速力で行くぞしっかりつかまっとけよ〜」
和(須賀君と二人乗りか・・・この前送って貰った時は
  気付かなかったけど須賀君の背中ってすごく大きいんだな・・・
  私ただ須賀君の自転車の後ろに乗ってるだけなのに
  なんでこんなにドキドキしてるんだろう?)

教師A「で・・・須賀どうしてお前は遅刻したんだ?」
京太郎「いや〜今日寝坊しちゃって・・・」
教師A「バカヤロー!!・・・で原村お前まで遅刻とはどうゆう事だ?」
和「私も須賀君と同じく寝坊してしまいました」
教師A「まあここまではよしとしてお前ら・・・
    自転車で二人乗りしてきたとはどうゆう事だ?」
京太郎「たまたま偶然走ってる和を見つけて後ろに乗せただけです」
教師A「ま・・・男女付き合いに関しては何も言うつもりはないが
    不純異性交遊はするんじゃないぞ
    後二人乗りは校則で禁止されてるから後で反省文を書いて持ってこいよ!!」
京太郎・和「分かりました」


618 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:23:14 ID:iYIKy0fV0
ガチャン

京太郎「あ〜やっと終わったか・・・
    今朝はごめんな和俺のせいで遅刻しちまって・・・」
和「いえ私もいろいろと今朝は須賀君に迷惑かけてしまいましたから・・・」
京太郎「じゃあ俺こっちだからじゃあな和」
和「はい須賀君」
京太郎(ふぅ〜今日は朝から超疲れたな・・・
    さっさと反省文書いて・・・ん?)
クラスメイトA「おい須賀今日お前原村和と一緒に登校してきたんだってな〜」
クラスメイトB「うらやましい奴だぜお前まさか原村と付き合ってるのか?」
京太郎「付き合ってねーよたまたま偶然遅れそうなアイツを発見したから
    乗せてきてやっただけだよ」
クラスメイトA「なんだそれだけかよつまんねぇの」
クラスメイトB「まぁお前と原村が付き合えるなんて天と地がひっくり返っても
        絶対にあり得ないことだけどな」
京太郎「そこまで言うなよヒデーな」
クラスメイトB「いや絶対無理だね!!お前知ってるか?バスケ部のイケメンキャプテンが
        原村に告白して振られたの」
京太郎「マジかよ・・・」
クラスメイトB「これで分かっただろ俺たちみたいなありふれた顔じゃ
        あいつと付き合うことは出来ないって事が・・・」
和(ふぅ・・・今日朝須賀君に・・・)
優希「のどちゃ〜ん」
和「優希」
優希「のどちゃんなんで今日遅刻したんだじぇ?」
和「今日は少し寝坊をしてしまいまして・・・」
優希「そうなのか〜・・・で今日京太郎とツーショットしてきたのは
   どうゆう事なのか〜?」
和「ぐっ偶然一緒になっただけです!!」
優希「ふ〜ん本当は京太郎と一晩中イチャイチャしてたんじゃないのか〜?」
和「そっそんな事ありません///」
優希「そうなのか〜あっ・・・チャイムがなったじぇ〜」
和(あ〜今日須賀君に朝抱きしめられた事が未だに頭から抜けないです///)




619 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:24:31 ID:iYIKy0fV0
昼休み

京太郎「・・・で咲優希お前ら俺にそんなに近づくな」
咲「だって京ちゃんと原村さんが今日仲良く二人で登校
  した事の真相が知りたいんだもん!!」
優希「そうだじぇ〜のどちゃんに聞いても口を濁すだけで
   全く教えてくれないんだじぇ〜
   だからお前に聞くことにしたんだじぇ〜」
京太郎「まぁそれはだなこの前の金曜日の時に和が熱を出してな・・・
    今日仮に学校に来れるとしてもまだ病み上がりだろ
    だから熱がぶり返しちゃいけないと思って迎えに行ったんだよ」
優希「そうだったのか〜えらいぞ犬!!躾けたかいがあったもんだじぇ〜」
咲「京ちゃんって誰にでも優しいもんね〜
  だって私が中3の時熱出した時もずっと傍にいてくれたもんね」
和(えっ・・・?)
優希「え〜咲ちゃんが風邪引いた時犬がずっと看病してくれたのか?」
咲「エヘッそうなんだ京ちゃん料理作ってくれたりとか
  面白い話をしてくれてとても気を使ってくれたんだ・・・」
京太郎「別に気なんて使ってねーよ
    ただ俺は咲に早く治って欲しかっただけさ・・・」
咲「ヤダ京ちゃんたら・・・そんな事みんなの前でいわないでよ///」
優希(くそ〜咲ちゃん羨ましいじぇ〜
   私も風邪を引いて京太郎に看病してもらいたいじぇ〜)
和(須賀君宮永さんにも似たような事やってたんだ・・・
  でもなんでだろう・・・なんでこんなにも辛い気持ちになるんだろう・・・)



620 :京×和 第3話 氷解:2010/03/07(日) 20:25:39 ID:iYIKy0fV0
京太郎「失礼しま〜す」
久「須賀君!!」
京太郎「なんですか部長」
久「聞いたわよ・・・あんた和と一緒に遅刻してきたそうね
  一体ナニをヤッて遅れたのかしらね〜」ニヤニヤ
京太郎「別になにもしてませんよ・・・」
まこ「そうじゃ〜京太郎早く吐いて楽になりんしゃい」
京太郎「だからなにもしてないですって」
久「ムキになって否定する所がまた怪しいわよ須賀ク〜ン」
京太郎「だからこの前の金曜日に和が熱を出して
    もう治ったと言ってもまだ病み上がりですから
    熱がぶり返さない様に送ってたんです」
久「じゃあなんで遅れたのよ?」
京太郎「そっそれは・・・」
和「それは私が寝坊してしまったからです」
久「へぇ〜和が・・・珍しい事もあるものね」
まこ「まぁ和も病み上がりじゃけんあんまり無理するなよ」
和「はい」

パンパン

久「さぁおしゃべりはこの辺にしておいて部活を始めるわよ」

和「須賀君ロンですリーチ、三暗刻、トイトイ、ドラ3、倍満です」
京太郎「くっそ〜」
久「あらあら・・・また須賀君が負けちゃったわね・・・」
優希「犬罰ゲームだじぇ〜トップだったのどちゃんの言う事を聞け〜」
京太郎「くっそ〜でなんだ和言う事って?」



621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 20:27:18 ID:iYIKy0fV0
今日の分はここまでです

次の話は「急接近」です
どうぞお楽しみに

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 20:52:24 ID:a49N/GBgO
GJ! 3話まで一気に読み入っちゃったぜ
待ち望んでいた京和に歓喜

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 20:54:17 ID:Zo88T8eD0
GJ!
やきもち集団可愛いなw

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/08(月) 03:25:13 ID:kXI/edqe0
まだ咲の方がアドバンテージ高いな
タコスは何時でもどこでも生殺しが似合う娘だぜ…

さて王様ゲームな要領でどう巻き返すかのどっち?

625 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:12:04 ID:C/g+hbOE0
それでは今日の分を投下します どうぞ

和「それでは今日食べたシュークリームをもう一回奢って頂けますか?」
京太郎「なんだそんな事かそれくらいだったらお安い御用だ」
久「今日食べた〜?いつ食べたのよ?」ニヤニヤ
和「それは昼休みの時に・・・」
優希「のどちゃん昼休みにシュークリーム食べてたかじぇ?」
咲「確か食べてないよ」
京太郎「ちげーよ俺が今日朝和を迎えに行く前に買ってそれをさっきあげたんだ」
久「へぇ〜だったらシュークリームを仲良く食べてて遅刻したわけじゃないんだ〜」ニヤニヤ
京太郎(ドキッ)「ちっ違いますよ」
久「ふ〜んだったらそうゆう事にしてあげる」
京太郎(ホッ・・・)
久「あらもうこんな時間ねぇ〜もう今日の部活はお終いまた明日ね」
京太郎「和」
和「なんでしょう?」
京太郎「帰りも乗せてってやるよ」
和「いいです流石にそこまでは・・・」
京太郎「いや今日和にはシュークリームを奢る約束があるから
    嫌でも俺に付き合ってもらうぜ・・・
    そのついでにお前を家まで送っててやるよ」
和「ズルいですよ!須賀君!!」
京太郎「ハハッじゃあ決まりだな」
和「もぉ〜須賀君ったら」

タッタッタッタ

久「和と須賀君が仲が気になるからつけてみましょう!!」
咲「ダメですよ!!いくら仲が良いからってそれは・・・」
まこ「おもしろそうじゃな〜早速後をつけるか!!」
優希「よしのどちゃんと京太郎の後をつけるじぇ〜」



626 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:13:25 ID:C/g+hbOE0
久「さてもうそろそろこの辺を二人が通るはずよ」
まこ「なんかスリルを感じてええの〜」
優希「犬め!!私というものがありながら
   のどちゃんと浮気するなんて絶対に許せないじぇ〜」
咲(結局ついて来ちゃった・・・一体どうなるんだろう?)
久「あっ二人が来たわ!!隠れるわよ!!!」

ガサガサ

京太郎「それで今日の俺の麻雀はどこが悪かったと思う?」
和「やはりあそこで4ピンを切った所ですね
  あそこは西切りの方が効率の良い切り方でしたね」
京太郎「和と麻雀の話をすると勉強になるな〜」
和「そんな事ないです///」
久「あの二人どうやら麻雀の話で盛り上がってるみたいね・・・」
まこ「ちゃんと部活が終わっても麻雀の事を考えてるとは・・・関心じゃな」
優希「のどちゃんが男の人としゃべってて
   あんなに嬉しそうに話す所初めてみたじぇ〜くやしいじぇ〜」
咲(京ちゃん・・・)
久「あっ・・・二人があっちの方に行くわよ
  ほらみんな早く行くわよ!!」

627 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:14:20 ID:C/g+hbOE0
京太郎「でさー優希の奴がハデにずっこけてその時パンツが見えたんだけど
    あいつこの年になってまだ熊のガラのパンツをはいてたんだぜ〜」
和「フフフッ優希ったら・・・まだそんなカワイイ所があるんですね・・・フフフ」
京太郎「和お前笑いすぎだぞ〜」
和「だって須賀君が笑わすから悪いんですよっ!!」
京太郎「だって本当に面白いんだからしょうがないだろ」
和「そうですね」
優希「犬の奴許せないじぇ一発ぶん殴ってやらないときがすまないじぇ〜」
まこ「まて今出てったら二人に・・・」
京太郎「ん・・・?」
和「どうしたんですか?」
京太郎「今優希の声がしなかったか?」
和「いえしませんでしたが・・・」
京太郎(気のせいか・・・)
まこ「危うく京太郎に見つかる所だったじゃろうが・・・
   優希ちゃんと考えて行動せい」
優希「すみませんだじぇ〜」
久「それにしても熊のガラね・・・クスッ」
優希「今部長笑ったな〜酷いじぇ〜」
久「笑ってないわよ〜」ニヤニヤ
優希「顔が笑ってるじぇ」
咲「そんな事よりももう二人がお店に入ってくみたいですよ」
久「おっといけない・・・早速後を付けるわよ〜」


628 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:15:11 ID:C/g+hbOE0
京太郎「よし着いたぞここだよここ」
和「このお店って最近出来たばかりのお店ですよね?」
京太郎「そうだよさぁ入るぞ」
和「待って下さい須賀君」
久「須賀君ったら最近出来たお店をチェックしてるなんて・・・なかなか侮れないわね」
まこ「ここの店の洋菓子って本当においしいのか?」
咲「ええ凄く美味しいって友達の間でも評判のお店なんです」
優希「それにここのお店はファーストフード店みたいに店の中で
   食べる事も出来るし持ち帰ることもできるんだじぇ〜」
久「じゃあ中に潜入して調査をしましょ」
咲「それは流石にバレちゃうんじゃないんですか?」
久「大丈夫よ店の中結構混んでるし・・・
  あの二人から離れた席に座っておけば絶対バレないわよ!!
  それにこの店のケーキ食べてみたいし!!」
まこ「よし決定じゃな!!早速乗り込むぞ」
優希「了解だじぇ」
咲(本当に大丈夫かな?)



629 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:16:30 ID:C/g+hbOE0
店員「いらっしゃいませー」
京太郎「えっとシュークリーム2つとコーヒー2つで」
店員「コーヒーの方ホットとアイスがございますがどちらに致しますか?」
京太郎「じゃあホットで」
店員「かしこまりました」
京太郎「よし和貰ってきたから席につこうぜ」
和「席はもうとっておきましたから大丈夫です」
京太郎「ありがとう和」
店員「いらっしゃいませー」
久「チーズケーキ1つ」
まこ「モンブラン1つ」
咲「ショートケーキ1つ」
優希「タコスケーキ1つだじぇ」
店員「申し訳ありませんタコスケーキは当店には置いてないんです」
優希「なんだじゃあチョコケーキ一つ」
店員「かしこまりました」
久「全員ケーキが来たみたいね
  じゃああそこの席に座りましょう」
まこ「あそこの席だったら京太郎達にもバレずに
   すみそうじゃしな・・・」
優希「早くするじぇ〜犬とのどちゃんがどんな話をしているかきになるじぇ〜」
咲(京ちゃん・・・)

630 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:17:27 ID:C/g+hbOE0
京太郎「よしじゃあ食おうぜ!!」
和「頂きます」
京太郎「うめ〜相変わらずここのシュークリームはウマイな」
和「本当ですね」
京太郎「コーヒーもいい豆使ってるな・・・
    あれ和そんなに砂糖とシロップ入れるのか?」
和「いいじゃないですかそれくらい///」
京太郎「まさか・・・ブラックコーヒーまだ飲めないのか?」
和(ギクッ)「飲めますよ!!」
京太郎「ふ〜んじゃあ飲んでみろよ」ニヤニヤ
和(ゴク)「うっ・・・ゴホッゴホッ」
京太郎「おいおいあんまり無茶するなよ」
和「須賀君がそんなバカにするような言い方するからいけないんですよ!!」
京太郎「悪い悪いゴメンな」
和「それにしても金曜と土曜にわざわざ家に来て
  色々やってくれて本当にありがとうございました」
京太郎「なーに別にいいって・・・当然の事をしただけさ・・・」

久「ねぇみんな聞いた?須賀君この前の週末に和の家で風邪の看病をしてたって所」
優希「もちろん聞いたじぇ〜犬め私が目を離した隙にのどちゃんを・・・」
まこ「これで最近急に和と京太郎が急接近した理由が分かったわい」
咲(やっぱり京ちゃん原村さんにも私と似たような事やってたんだ・・・)

和「それなのに私は日曜にわざわざ来てくれた須賀君に・・・」
京太郎「その話なら俺は別に全然気にしてないから気にしなくてもいいよ」
和「でも・・・」
京太郎「その話題は辛気臭くなっちまうから禁止!!
    それに俺はそんな些細な事で怒ったりしないから大丈夫だ」
和「須賀君・・・///」


631 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:18:17 ID:C/g+hbOE0
久「なんか凄くいい雰囲気ね・・・」
まこ「これは正に予想外の展開じゃな」
優希(くやしいじぇ〜もし私が風邪を引いてたら今頃あそこにいるのは
   私のはずなのに神様はどうしてのどちゃんを選んだんだじぇ〜)
咲(まさかこんなにいい感じになってたなんて・・・これからどうなるんだろう・・・)
久「あっ二人が店を出てくわよ私たちも後を追いましょう」

和「今日は本当においしかったですごちそうさまでした」
京太郎「いいよあれくらいならいつだって奢ってやるよ」
和「それにしても今日は・・・」

ドンッ

和「きゃっ」
京太郎「おっと」

ぎゅっ

和(また・・・須賀君に・・・)
京太郎「和どこかに怪我とかないか?」
和「ええ別に大丈夫です」(須賀君から離れられないです・・・)

久「おおおおおおおこれは急展開ね!!!!」
まこ「いけっ京太郎ぎゅって抱き締めるんじゃ」
優希(また犬とのどちゃんの距離が・・・)
咲(京ちゃん・・・京ちゃん・・・)

和(須賀君から目がそらせないです・・・)
京太郎「和顔が赤いぞ・・・また熱でも出たんじゃないのか?どれどれ・・・」

久「須賀君が顔を近づけてゆく・・・まっまさかキ・・・」
まこ「行けーーーーー京太郎!!!!男をみせんしゃい!!!!!」
優希(まさか犬とのどちゃんが・・・)
咲「だめぇーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!」


632 :京×和 第4話 急接近:2010/03/08(月) 23:19:18 ID:C/g+hbOE0
京太郎「わっ!?」
和「えっ!?」
京太郎「咲?」
咲「えっ?」
和「部長・・・先輩・・・それに優希も・・・」
久「あはははっ偶然ね和それに須賀君」
京太郎「部長こんな時間までみんなと何やってたんですか?」
久「みんなでカラオケ行ってて・・・それで今丁度出てきたところよ」
まこ「そうじゃまあそんな所じゃ」
優希「そうだじぇ〜」
咲「・・・」
京太郎「そうですかじゃあ俺は和送ってくるので失礼します」
久「じゃあね須賀君・・・」
京太郎「じゃあ行くぞ和後ろに乗りな・・・」
和「はい・・・」
まこ「咲気持ちは分からんでもないがあそこで叫ぶのはルール違反じゃろうが・・・」
咲「はい・・・でもどうしても見てられなくて・・・」
久「これで今日の須賀君と和の尾行はもう中止ね・・・さぁみんな帰りましょう」
優希「お疲れさまでしたじぇ〜ハァ・・・」

京太郎「よし和家に着いたぞ」
和「送ってくれてありがとうございます」
京太郎「・・・」
和「・・・」
京太郎「じゃあな和」
和「さよなら須賀君」
和(須賀君の背中がどんどん小さくなってゆく・・・
  須賀君と離れるだけでどうしてこんなに胸が苦しいんだろう・・・
  また明日になれば会えるのに・・・どうしちゃったんだろう私・・・)


633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/08(月) 23:22:54 ID:C/g+hbOE0
今日はここまでです

次回はすれ違いです
宮永さんが頑張っちゃうので
どうぞお楽しみに・・・

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/09(火) 01:52:56 ID:I958weUbP
GJ! みんな可愛いな
続き期待してます

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/09(火) 07:59:51 ID:LvKA+YyK0
長編GJ!


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/09(火) 17:42:01 ID:J/q3k8cVO
ともきー「フフ…もう遅い…京太郎はすでに私のもの…誰にも渡さない」

咲「違う!京ちゃんは誰のものでもない……京ちゃんは京ちゃんなんだ!」

ともきー「健気な子……でも、あなたがどう言おうとも京太郎はずっと私と一緒に生きる事になる……
あなたが入り込む余地なんて全くない」

咲「そんなの…そんなの京ちゃんに聞いてみないと分からないよ!」

ともきー「……なら、本人に聞いてみたらどう?ねぇ…京太郎、京太郎は私の事をどう思ってる?」

637 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 19:57:43 ID:O26KjWVn0
それでは今日の分を投下します どうぞ

翌朝

クラスメイトA「おはよう須賀」
京太郎「おうおはよう」
クラスメイトB「おっす!須賀」
京太郎「おう」
和(あ・・・須賀君だ・・・)「おは・・・」
優希「おはようだじぇ〜のどちゃん!!!」

ドンッ

和「優希・・・おはようございます・・・」
優希「おう今日もいい天気だじぇ〜」
和「ええ・・・」
優希「そういえば今日提出の現文の課題見せてほしいじぇ〜」
和「別に構わないですよ」
優希「ありがとうだじぇ〜さすがのどちゃんだじぇ〜」
和(あれ・・・須賀君は?)

チラチラ

和(もう行っちゃいましたか・・・)

638 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 19:58:26 ID:O26KjWVn0
京太郎(最近和といい感じだな〜このまま最後までいけたらな〜)
クラスメイトA「おい須賀お前昨日原村と一緒にあのケーキ屋にいただろ?」
京太郎「ああそうさ」
クラスメイトB「おいマジかよ・・・なんかの見間違いなんかじゃないのか?」
クラスメイトA「でも本人が認めているんだから間違いないだろ・・・」
クラスメイトB「で・・・それどこ情報だよ」
クラスメイトA「昨日あの店に行った奴に聞いたんだよ・・・
        それよりお前原村の事どう思ってるんだよ?」
京太郎「どうって・・・まあ同じ部活の奴だけど・・・」
クラスメイトA「ぶっちゃけ付き合っちゃえば」
クラスメイトB「でもお前宮永とも仲が良いよな・・・
        お前宮永と原村どっちがいいんだよ!!!」
京太郎「それは・・・」
咲(じぃーーーーーーーーーーーーーーー)
京太郎(咲は妹みたいなもんだけど和は・・・)
咲(うる・・・うる・・・)
京太郎「そんなの言える訳ないだろーーーーー
    次は美術だから早く行こうぜ!!!」
咲「京ちゃん美術室まで一緒にいこうよ」

ぎゅっ

京太郎「おい咲腕なんか組むなよ・・・恥ずかしいだろ・・・」
咲「いいじゃん別にさあ早く行こうよ!!」


639 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 19:59:22 ID:O26KjWVn0
咲「♪〜」
京太郎(咲の奴やけに上機嫌だな・・・なにかあったのか?)
咲「♪〜えいっ」

むにゅ

京太郎(今俺の腕に咲の・・・柔らかい感触が・・・
    咲ってこんなに胸大きかったけ?
    あいつ貧乳というイメージしか・・・)
優希「あれ・・・咲ちゃんと京太郎じゃないか?」
和「ええそうですね」
優希「お〜い咲ちゃ〜んきょ〜たろ〜」
咲「あっ原村さんに優希ちゃん」

タッタッタッタッタ

優希・和(!!!!!!!)
優希(咲ちゃんが京太郎と腕組んでるじぇ〜
   うらやましいじぇ〜くそ〜)
和(宮永さんと須賀君が・・・そんな・・・)
京太郎(やべっ和に腕組んでるとこ見られた・・・)
咲「あれ優希ちゃんに原村さん二人は今何をしてるの?」
和「いっ移動教室から帰る途中です・・・宮永さん達は?」
咲「私達は美術室に行く途中だよ・・・ねっ京ちゃん」
京太郎「咲〜そろそろ腕離せよ〜」グイグイ
咲「いやだ〜絶対離さないもんね〜」
優希・和(・・・・・・・・・)
咲「あっ・・・もう時間がないからじゃあね」

タッタッタッタッタ

京太郎(ヤベー和に腕組んでるとこ見られちまったな〜どうしよう・・・
    そうだ!!今日の昼食の時和を誘ってレディースランチを食べよう)


640 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 20:00:23 ID:O26KjWVn0
キーンコーンカーンコーン
先生「チャイムが鳴りましたので今日の美術を終わります」
京太郎(やっと終わったぜ・・・おっと今日の昼食には和を
    誘うんだった・・・早く行かなければ・・・)
咲「京ちゃん今日・・・」

タッタッタッタッタ

咲(京ちゃんそんなに急いで何処行くんだろう?)
京太郎(早く行かなければ・・・いつも和の周りをうろちょろしている
    タコス娘は昼食の時間になるとタコスを買いに和の傍を離れるから
    誰にも邪魔されずに和と昼食を食べるにはタコス娘が戻ってくる前に
    和を見つけて和を昼食に誘うしかない・・・)
京太郎(ハァ・・・ハァ・・・和は・・・いた・・・)「おーい和」
和「須賀君」
京太郎「今日の昼メシ俺と一緒に食べないか?」
和(えっ・・・須賀君が私と・・・)「はい構わないですよ」
和「それで何処で食べるんですか?」
京太郎「学食で食べよう」
和「はい分かりました」
京太郎(よし・・・購買部のあたりはタコス娘が出没するから
    そこを避けつつ学食まで行かなければ・・・)


641 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 20:02:11 ID:O26KjWVn0
和「須賀君は学食で何を食べてるんですか?」
京太郎「俺はいつもレディースランチかな・・・」
和「えっ・・・?あれって男性でも食べられるんですか?」
京太郎「いつもは咲に頼んで貰ってるけど今日は和に頼んで貰おうかな?」
和「そのためだけに私を昼食に誘ったんですか〜?」
京太郎「今日は咲よりも和と一緒に昼メシを食べたかったからさ・・・
    それに俺だってキライなヤツにこんな事頼みたくないよ・・・」
和(ドキッ)「もう・・・須賀君のバカ///」
京太郎「ハハハハ」

タッタッタッタッタ

優希「ゼェ・・・ゼェ・・・お待たせだじぇ・・・ゼェ・・・ゼェ・・・」
和「優希・・・そんなに息を切らせてどうしたんですか?」
優希「ゼェ・・・タコスを買って来たから一緒に昼ご飯を食べようじぇ〜」
和「いつもはもっとタコスを買ってくるのが遅いのに
  なんで今日はそんなに早いんですか?」
優希「ゼェ・・・いつもいつものどちゃんには待たせて悪いと思ったから
   今日は全速力でタコスを買って戻ってきたじぇ〜」
和「優希・・・そこまで気を使う必要も無いのに・・・」
優希「さあ一緒に行こうじぇ〜」
咲「あれ・・・みんな・・・」
京太郎「咲・・・」
咲「私もお昼ご飯一緒していいかな〜?」
和「ええいいですよ」
咲「やったー」
優希(悪い予感がしたからダッシュでタコスを買ってきて正解だったじぇ〜
   タダでさえあの二人は最近仲が良くなってきてるからあんまり油断が出来ないじぇ〜)
咲(やっぱり京ちゃん原村さんの所に行ってたんだ・・・
  京ちゃんは原村さんの事を・・・)



642 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 20:03:03 ID:O26KjWVn0
咲「はい京ちゃんあ〜ん」
京太郎「そんな恥ずかしい事出来るか!!」
咲「あ〜ん」うるうる
京太郎「あ〜ん・・・ぱくっ・・・うんありがとう咲」
咲「エヘヘ・・・じゃあも・・・」
優希「きょーたろーじゃあ今度はこっちを食べろー」
京太郎「またタコスかよ・・・」
優希「咲ちゃんだけ食べてこっちも食べないのはズルいじぇ〜」
京太郎「分かったよ・・・食べればいいんだろ・・・パクッ・・・」
優希「食べてくれてありがとうだじぇ〜ダーリン」

ぎゅっ

京太郎「おいタコス娘抱きつくな!!」
和(本当だったら須賀君と一緒にご飯を食べれるはずだったのに・・・
  私なんで須賀君とご飯を食べられない事を残念に思ってるんでしょうか?)
京太郎「おい・・・和大丈夫か・・・さっきまで上の空だったけど・・・」
和「いえ・・・大丈夫です・・・気にしないで下さい」
京太郎「そうか・・・」

キーンコーンカーンコーン

京太郎「チャイムが鳴ったからそろそろ戻ろうぜ」



643 :京×和 第5話 すれ違い:2010/03/09(火) 20:04:12 ID:O26KjWVn0
久「リーチ」
和(そういえば・・・須賀君は今日来てないけど一体何してるんだろう?)
久「それよ和ロン!!リーチ、一発、ホンイツ満貫よ」
和「・・・」
久「どうしたの和今日はやけにいつもの
  精彩さを欠く打ち方だけど・・・
  なにかあったの?」
和「いえ・・・」
久「和あなたちょっと休んでなさい・・・
  まこ入ってくれる?」
和(一体須賀君は何処に・・・)
久「もう今日もこんな時間ね・・・そろそろ終わりにしましょう・・・」
京太郎「部長やっと終わりましたよ・・・」
久「御苦労さま・・・いつもいつも悪いわね」
京太郎「いえ・・・気にしないで下さい男は俺一人なんでどんどん頼って下さい」
久「フフ・・・ありがとうね須賀君」
和(須賀君はずっと雑用やってたから今日部活にいなかったんですね・・・)
咲「京ちゃん今日はお疲れ様
  ねぇ一緒に帰ろうよ?いい?」
京太郎「どうせだったらの・・・」
咲「ねぇ早く早く」
京太郎「おい咲そんなに引っ張んな!!」
和(結局ほとんど今日は須賀君とは喋れませんでした・・・
  でも私なんで須賀君と喋れないだけでこんなにも辛いんだろう)


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/09(火) 20:07:14 ID:O26KjWVn0
今回の話では宮永さんが随分頑張っているようです
おっと・・・こんな時間に来客のようだ・・・

さて次回は「夏祭り」です
どうぞお楽しみに

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/09(火) 21:13:40 ID:DKZ6AJal0
咲かわいい

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/10(水) 15:15:31 ID:9ulFzx21O
ねえねえ、そんなことよりのどちゃん。聞いて欲しいんだじょ。
昨日、京太郎が死んじゃったんだじぇ。病気で。
そしたらなんか通夜が終わって病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら
その荷物の中に私宛に手紙が入ってたんだじょ。
で、よく見たらなんか「俺の人生は普通の人よりも短かった、だけどタコスと一緒に
過ごせたことで普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた」、とか書いてあるんだじょ。 もうね、アホ犬かと。馬鹿犬かと。
京太郎の癖にそんなこといまさら言うんじゃないじぇ、馬鹿京太郎。死んだ後だじょ、もう京太郎いないんだじょ。
なんか最後の方はろくに起き上がれもしなかったくせに。ご主人様である私のために弱々しい字で必死で書いたらしい。全くおめでたい犬だ。
よーしタコスのことずっと見守ってるぞー、とか書いてるの。もう見てらんないじぇ。
京太郎、私だってまだ言いたいこと沢山あったんだから生き返ってくるんだじょ。
愛の言葉というのは、もっと生きてるうちに伝えるべきなんだじょ。
初めてお前に出会った頃みたいにドギマギして恥ずかしさの余りいつ心臓が破裂してもおかしくない、
それが隠すためにいつもちょっかいを出して、
二人の時になったら本当の気持ちを言おうか言わざるべきか、そんな雰囲気がいいんだじょ。今になってこんな事言い出す馬鹿犬は、私に謝れ。
で、やっと涙堪えながら読み終わったと思ったら、最後の方に、「俺の事は忘れて他の人と幸せになれよタコス」、
とか書いてあるんだじょ。 こでまた怒ったんだじょ。
あのね、私は京太郎がホントに死んじゃったなんて信じられないんだじょ。馬鹿。 生意気な顔して何が、見守ってる、だじょ。
京太郎は本当にこの世にいないのかと問いたいじょ。問い詰めたい。小1時間問い詰めたいじぇ。
京太郎、これは全部悪い夢で本当はどっかで生きてるんじゃないかって。
またひょっこり顔を出して「何が馬鹿犬だタコス!」って怒ってくれるんじゃないかって
独り残された私から言わせてもらえば今、お前に対してできる供養はやっぱり、京太郎の事を忘れないこと、これだじょ。
たとえおばあちゃんになってボケちゃったとしても。これが私の生き方だじょ。
京太郎との思い出は私には辛すぎるじょ。その代わり京太郎の事忘れない。これだじょ。 そして、お前の事をずっと想い続ける。これ最強だじょ。
生まれ変わってもまた京太郎を好きになりたい、だじぇ。
しかしこれを貫くと次から恋人が2度と出来ないかもしれないという危険も伴う、諸刃の剣だじぇ。 京太郎のような軟弱者にはお薦め出来ないじぇ。
まあ京太郎みたいな寂しがりやでおっちょこちょいな犬は、ご主人様である私がいつかそっちに行くまで待ってなさいって事だじょ。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/10(水) 18:22:02 ID:SpnT0dR80
>>646
タコス・・・(´;ω;`)ブワッ

648 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 20:57:35 ID:jPqwmcgR0
それでは今日の分を投下します

和(あれから一週間経ちましたが最近須賀君とまともに
  話が出来ていません・・・ハァ・・・)
京太郎「失礼します」
和「須・・・」
優希「きょーたろー」

ぎゅっ

京太郎「なんなんだタコス娘」
優希「今日も私と会えてうれしいだろ犬」
京太郎「はいはいうれしいですよ」
優希「照れるな照れるな本当はうれしいくせに」
京太郎「はいはいそうですそうです」
優希「あきらかに心がこもってないじぇ」
久「はーいみんな集まったみたいね!!
  今日で学校は終わりで明日から夏休みに入ります」
優希「やったじぇ〜ついに待ちに待った夏休みだじぇ〜」
久「そこで夏休み企画第一弾として私から提案があります」
まこ「なんじゃ提案って?」
久「実は今日近くの河原でやるお祭りにみんなで参加したいと
  思います。だれも今日用事とか無いわよね?」
優希「行くじぇ行くじぇ絶対行くじぇ」
まこ「祭りか・・・面白そうじゃな」
咲「でも浴衣の準備がまだ・・・」
久「それを今からみんなで買いに行くのよ!!」
咲「なるほどそうゆう訳ですね」
京太郎(まさかこの展開だと・・・)
久「っていう訳で須賀君荷物持ちお願いね〜」
京太郎(やっぱりか・・・)


649 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 20:59:39 ID:jPqwmcgR0
数時間後


京太郎(あ〜荷物持ち超疲れたな〜
    でもみんなの浴衣姿が見れるならまだ良かったかも・・・)
優希「待たせたな犬!!!」
京太郎「なんだお前かよ・・・」
優希「なんだとはなんだこの優希様に向かって・・・」
京太郎「染谷先輩に部長」
優希「無視するなー!!」
京太郎「二人ともなかなか似合ってますよ」
まこ「そうじゃろ流石京太郎じゃ」
久「フフありがとう須賀君でも私たちは本命じゃないでしょ?」
京太郎「えっそれってどうゆう・・・」
久「ほら来たわよ」
咲「どっどうかな京ちゃん・・・似合ってる?///」
京太郎「ああとてもよく似合ってるぞ咲・・・///」
咲「エヘッ良かった・・・」
和「須賀君どこか変な所とかって無いですか///」
京太郎「いや・・・全然無いから大丈夫よく似合ってるよ和///」
和「・・・///」
久「さて全員そろったみたいね・・・それじゃあいきましょうか」



650 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 21:03:03 ID:jPqwmcgR0
京太郎「うわー色んな店が出てるな・・・」
優希「京太郎あれをとってほしいじぇ」
京太郎「そんなもん自分でやれよ」
優希「最近京太郎冷たいじぇ・・・」
京太郎「しょうがないな」
優希「やったじぇ」

パン

京太郎「ほらとってやったぞ」
優希「うわーありがとうだじぇダーリン」
京太郎「じゃあ俺は・・・」
優希「京太郎今度はあっちへいくじぇ」
京太郎「おいコラ袖を引っ張るな」
咲「あっ京ちゃん待ってよ・・・」
久「あれ和さっきから浮かない顔してるけどどうしたの?」
和「いえ何でもないです」
まこ「あんまりムスッとしてると京太郎を咲や優希に取られてしまうぞ」
和「べっ別に須賀君の事なんか・・・」
久「へぇ〜今日浴衣買うときだって須賀君に好きな色とか聞いてたのに?」
和「・・・///」
?「あらあなたたちも来てたの?」
久「藤田プロ」
まこ「お久しぶりじゃの」
藤田「ええたまにはこういった息抜きも必要かと思って」
久「それで聞いて下さいよこの前・・・」
和(私ここに一体何しに来たんだろう?
  遊ぶため?須賀君と一緒にいるため?
  結局須賀君は優希や宮永さんとどっかへ
  いっちゃったし・・・これからどうしよう・・・)
和「部長」
他人A「えっどちら様ですか」
和「あ・・・すみません」(えっ先輩達は一体何処に?)


651 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 21:04:35 ID:jPqwmcgR0
和(どうしよう・・・先輩達とはぐれちゃった・・・
  携帯であれ・・・ない・・・まさか家に忘れてしまうなんて・・・
  とにかく先輩達を探さないと・・・)

タッタッタッタッタ

和(ここはさっき須賀君と優希がいた射的店・・・
  ここにはいないか・・・じゃあ・・・)

タッタッタッタッタ

和(優希はこうゆう盆踊り系が好きだからここに来てるはず・・・
  アレ・・・ここにもいない・・・じゃあ・・・)

タッタッタッタッタ

和(優希がお祭りの時も必ずと言ってもいいほど立ち寄るタコスショップ
  ここにもいないなんて・・・一体どこに・・・)
ナンパ男A「ねぇ君一人?」
和「えっ・・・違います」
ナンパ男B「嘘ついちゃダメだよ・・・さっきからずっと一人じゃん」
ナンパ男A「どうしたの・・・まさか彼氏とケンカでもしたの?」
和「いや・・・そうゆう訳じゃ・・・」
ナンパ男B「だったらさ俺たちと遊ぼうよ」
ナンパ男A「君結構カワイイね・・・名前は?」
ナンパ男B「俺達さ結構おいしい店知ってるんだよね・・・
      よかったらドライブがてら一緒にいかない?」



652 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 21:06:12 ID:jPqwmcgR0
和「私人を探してるので失礼します!!」
ナンパ男A「あっ・・・逃げやがった」
ナンパ男B「待てーーー」
和(どうしようこのままじゃ追いつか・・・)

ガシッ

和「きゃっ」
?「静かにしてろ・・・」
ナンパ男A「あれここら辺にいなかったか?」
ナンパ男B「もしかしたらあっちの方にいってるかもよ」
ナンパ男A「よし行くぞ」
?「ふー・・・やっと行ったみたいだな・・・探したぞ和」
和「えっ須賀君!!!どうして・・・」
京太郎「いやー途中で部長達からメールが来てさ・・・
    和とはぐれちまって連絡もないから一緒に探してくれってさ」
和「須賀君・・・」
京太郎「そうだ和もうすぐ花火をやるみたいだけど
    とっておきの場所を知ってるんだ一緒に来ないか?」
和「はい」
京太郎「ここの階段を上った所にあるさびれた境内があるんだけども
    そこからみる花火がまた最高なんだよな!!!」
和「じゃあ一緒に行きましょう」
京太郎「和ここら辺足場が悪いから気をつけろよ」
和「はい気をつ・・・きゃっ」ガシッ
京太郎「ほら言ったそばから・・・俺の手をしっかりにぎっとけよ・・・」
和(どうしよう・・・須賀君と手をつないでる・・・)



653 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 21:07:34 ID:jPqwmcgR0
京太郎「あーやっと着いたぜ」
和「結構登るの大変でしたね」
京太郎「なんとか間に合ったみたいだな」
和「ですね」
京太郎「おー始まったぞ見てみろよ和」
和「わぁ・・・綺麗ですね」
京太郎「いろんな形の花火が打ち上がってるな」
和「あれは・・・アニメのキャラクターですね
  今の時代そうゆう物もあるんですね」
京太郎「あれはトラえもんだな・・・和トラえもんは知ってるか?」
和「それくらい知ってますよ!!もう!!!」
京太郎「おい和あの花火見てみろよ・・・」
和「えっあの花火は・・・」
京太郎・和「タコス」
京太郎「ハハハハ優希の奴が喜びそうだな」
和「ホントそうですよね」
京太郎「お・・・そろそろクライマックスみたいだぞ」
和「いろんな花火が一気に打ち上がってますね」
京太郎「おーでっかいのが上がったぞ!!」
和「どうやらあれで終わりのようですね」
京太郎「じゃあそろそろ行くか・・・」
和「はい」
和(須賀君と花火を見てる間ずっと手を握りっぱなしでした・・・
  こんなドキドキするような切ない気持ちは生まれて初めてです・・・)

プルルルル

京太郎「はいもしもし・・・」
久「須賀君和は見つかった?」
京太郎「ええ今一緒にいますよ」
久「そう・・・良かった・・・じゃあ私とまこで優希と咲を
  送ってくから須賀君は和を送っててね」
京太郎「分かりました」
久「もしいい雰囲気だったらガバっといっちゃいなさいよ!!ガバっと!!!」
京太郎「流石にそこまでいきませんよ・・・」
久「フフじゃあ和の事宜しく頼んだわよ!!」
京太郎「任せてください」
久「じゃあ頼んだわよ!!じゃあねー」

ピッ

和「誰からの電話でしたか?」
京太郎「部長からもう遅いからお前を送っててくれってよ」
和「じゃあお願いしますね」
京太郎「分かったじゃあ行こっか」

654 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 21:09:48 ID:jPqwmcgR0
京太郎「・・・」
和「・・・」
京太郎(ヤベーな・・・さっきから全然会話がない・・・なにか話した方がいいのかな?)
和(どうしましょう・・・さっきから須賀君との会話が・・・)
京太郎・和「あの」
京太郎「先に言えよ・・・」
和「須賀君が先にどうぞ・・・」
京太郎「・・・」
和「・・・」
京太郎(あーますます変な雰囲気に・・・そういえばさっきから俺和と手つないでたんだ・・・
    和の手ってなんか小さくて柔らかくて女の子らしいカワイイ手をしてるんだな・・・)
和(須賀君はさっき何を言おうとしてたんだろう・・・それにしても須賀君の手って
  大きくて立派でなんか手を繋いでるだけで安心できます・・・)
京太郎(ヤバいどうしよう・・・手を繋いでる事を意識したらなんか
    こっちまで凄く恥ずかしくなってきた・・・どうしよう・・・
    和って俺と手を繋ぐのってどうなんだろう・・・嫌がったりしてないかな・・・よし・・・)
京太郎「和ゴメン・・・さっきからずっと俺和の手握ったまんまで・・・」
和「いえ・・・全く気にしてないので気にせずにこのままでいいです・・・///」

ぎゅっ

京太郎(和って一体俺の事どう思ってるんだろう・・・?)
和(私なんて事を言ってしまったんでしょうか・・・須賀君に変な子だって
  思われてないでしょうか・・・私最近須賀君の事ばかり考えていて気付かないフリを
  していたけど私須賀君の事が好きなんだ・・・人を好きになるって事がこんなにも
  素敵な事だなんて・・・どうか神様この時間が少しでも長く続きますように・・・)



655 :京×和 第6話 夏祭り:2010/03/10(水) 21:11:54 ID:jPqwmcgR0
京太郎「ほら和家に着いたぞ・・・」
和「はい・・・」
京太郎「どうした和そんな浮かない顔して・・・」
和「いえ・・・別に・・・ただちょっと寂しい気分なだけです」
京太郎「そうだ和明日って空いてるか?」
和「ええ空いてますが・・・」
京太郎「じゃあ明日俺と一緒に遊ばないか?」
和「えっ・・・?」
京太郎「そんなに元気がないと全国でも勝てないし
    俺が出来る事といったらこれくらいしかないしな・・・
    だから明日は思いっきり遊んで明るい気持ちにリセットしような」
和「分かりました・・・じゃあ明日二人で遊びましょう」
京太郎「じゃあ明日朝10時に駅前集合な!!」
和「分かりました!!」
京太郎「じゃあ和明・・・」
和父「和!!!!」
和「お父様・・・」
和父「こんな時間まで一体何してるんだ!!!
   早く家に帰れってあれほど言っておいたのに!!!!」
和「申し訳ありませんお父様でも・・・」
和父「言い訳するな和!!!お前とは後でじっくり話すとして須賀君」
京太郎「はい」
和父「君ももう高校生なんだ・・・少しは周りの状況を
   よく考えてから行動をしてくれ・・・
   もう今日は遅いから君も帰りなさい・・・」
京太郎「はい・・・じゃあな和」
和「ではまた明日」

京太郎(ふぅ・・・今日はかなりいい雰囲気だったから
    もしかしたらイケるかもしれない・・・よし!!!明日和に俺の気持ちを伝えよう!!)  



656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/10(水) 21:14:15 ID:jPqwmcgR0
今日はここまでです

明日は・・・「告白」です
どうぞお楽しみに

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/11(木) 00:12:41 ID:40iT+ZmY0
乙です楽しみに待ってます

658 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:41:59 ID:VlgNoqpm0
それでは今日の分を投下します。

京太郎「髪型よし、服装よし、これで完璧だな」
京太郎母「あんた何処にいくつもりなの?」
京太郎「嫁だなの家に行ってくる」
京太郎母「じゃあ何時くらいに帰ってくるの?」
京太郎「わかんねぇでもそんなに遅くならないつもりだ」
京太郎母「そう・・・じゃあ行ってらっしゃい」
京太郎「行ってきます」


京太郎(よしもうすぐ駅前につくぞあれは・・・和?)「おーい和」
和「須賀君!!」
京太郎「ゴメン待たせちまって・・・」
和「いえ私もさっき来たばかりですから」
京太郎「でも和お前って凄いな・・・」
和「何がですか?」
京太郎「女の子って男よりも準備に時間がかかるのに俺よりも早く来ちゃうなんてさ」
和「いえそんな事ないです」
京太郎「じゃあそろそろ行くか」
和「それで今日何処にいくんですか?」
京太郎「映画館に行こうと思ってるんだ早く行こうぜ」
和「はい」きゅっ
京太郎「!!!」
和「ごめんなさい・・・いきなり手を握ったりして・・・」
京太郎「小指だけ握ってるんじゃおかしいだろ・・・だからこうしようぜ」

ぎゅっ

和「本当ですね///」
京太郎「さあ行こうぜ」



659 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:42:51 ID:VlgNoqpm0
京太郎「さぁついたぞ!!和なにか好きな映画のジャンルってないか?」
和「私はファンタジー系の映画が好きですあと・・・」
京太郎「あと・・・何だ?」
和「いえ・・・いいです忘れてください」
京太郎「なんだよ〜気になるじゃんいってみろよ〜」
和「れっ恋愛系も・・・///」
京太郎「恋愛系かよハハハ」
和「笑わないで下さいよ!!///」
京太郎「いやーゴメンゴメンでも和のカワイイ部分が見れてよかったよ」
和「・・・///」
京太郎「さてとどの映画が良いかな・・・
    恋愛系もファンタジー系もまだ先の時間にしかやってないな・・・
    あっ和この映画なんてどうだ13回目の金曜日ってやつ」
和「えっホラー映画ですか・・・」
京太郎「和・・・さてはホラー映画なんて怖くて見れないのか?」ニヤニヤ
和「だっ大丈夫ですよホラー映画くらい・・・」
京太郎「本当か〜」ニヤニヤ
和「大丈夫です!!ほら早く行きましょう!!!」
京太郎「和〜怖かったら抱きついて来てもいいぜ〜」ニヤニヤ
和「余計なお世話です!!」


660 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:43:42 ID:VlgNoqpm0
愛梨「嫌・・・もう嫌よ!こんな生活!!」
和孝「愛梨でも偶然って事もありえるじゃないか・・・」
愛梨「和孝あんたこれが偶然っていえるの?
   もう今日で6回目の金曜日よ
   13回目の金曜日までにこの怪奇現象の原因を
   突き止めないと私達死んじゃうのよ!!」
和孝「でももう夜の11時50分だぜもう起こらから大丈・・・」

フッ

愛梨「えっ停電ちょっと待ってよ怖いよ和孝・・・」ぎゅっ

パッ

愛梨「はぁ〜すぐ停電が直ってよかったわ・・・
   あれ和孝あんたいつの間にそんな遠くに移動してたの?」
和孝「愛梨・・・お前その隣の奴・・・」ガタガタ
愛梨「えっ・・・?」
霊「ケケケケケ」
愛梨「キャーーーーーーーーーーーーーーー」
和「キャーーーーーーーーーーー」

ぎゅぅぅぅぅぅ

京太郎「和・・・くっ苦しい・・・」

むにゅ

京太郎(でも・・・これはこれで結構いいかも・・・)


661 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:44:39 ID:VlgNoqpm0
京太郎「ふぅ〜やっと終わったか・・・おい和苦しいから
    そろそろ離してくれ・・・」
和「ハッ・・・すみません須賀君大丈夫でしたか?」
京太郎「おうまあな・・・」(ヤベー和の胸の感触が気になって映画に集中出来なかった・・・)
和「それで次はどうするんですか?」
京太郎「よしもうすぐ昼だから昼飯にするか」

和「須賀君あれ・・・」
京太郎「あれは・・・ぴよぴよじゃないか・・・」
和「須賀君昼食の前に私と勝負していただけませんか?」
京太郎「いいぜ!!」
和「今日は須賀君に勝たせてもらいますよ!!」
京太郎「まだまだ俺には勝てんぜ」
ゲーム音声「レディー・・・ファイト」
京太郎(ぐ・・・あきらかにこの前やった時より強くなってる・・・)
和(・・・)
京太郎(和の奴相当練習してきやがったな・・・
    これならどうだ・・・喰らえ!!)
和(!!!!!)
京太郎(よしあともうひと押しだ!!)
和(く・・・やはり須賀君は強いです・・・でもまだチャンスはあります・・・)
京太郎「よし・・・和お前の負けだ!!」
和「いえ・・・負けるのは貴方です・・・須賀君!!!」
京太郎「えっ・・・?なんだと11連鎖だと・・・」
ゲーム音声「勝者プレイヤー2です」
京太郎「マジかよ・・・麻雀でも勝てずぴよぴよでも負けてしまうとは・・・」


662 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:45:43 ID:VlgNoqpm0
和「須賀君今度はアレをやりませんか?」
京太郎「おっシューティングゲームか・・・」
和「須賀君はこのゲームやったことあるんですか?」
京太郎「まあな嫁だなとたまにな・・・」
和「須賀君はクリアした事あるんですか?」
京太郎「まあ一度だけな・・・」
和「じゃあ危なくなった時とかは助けて下さいね」
京太郎「おうまかしとけ」
ゲーム音声「スタート」
京太郎(お・・・和の奴なかなかウマイな・・・)「和左に注意しろ!!」
和「えっ・・・わぁ」

バンバン

和「ありがとうございます須賀君のおかげで助かりました」
京太郎「油断するなよ和」
和「はい」

和「ついにボス戦ですね・・・」
京太郎「おう」(まだ最初のステージのボスだけど・・・)
和(うっ・・・なかなか強いですね・・・)
京太郎「和危ない!!」
和「えっ・・・きゃぁ」
ゲーム音声「ゲームオーバー」
和「負けてしまいましたね・・・」
京太郎「まあ仕方ないさ・・・それよりメシでも食べてこの事は早く忘れようぜ」


663 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:46:38 ID:VlgNoqpm0
和「美味しかったですね・・・今のお店」
京太郎「だろウマかっただろー和が喜んでくれて良かったよ」
和「・・・///」
京太郎「さてと・・・次は和何処に行きたい?」
和「私行きたい所があるんです!!」
京太郎「何処だよ?」  
和「こっちです」
京太郎「おい和引っ張るなよ」

和「ここです」
京太郎「この店は・・・」
和「そうですこの前須賀君と一緒にシュークリームを食べたお店です」
京太郎「じゃあ今日も一緒にシュークリーム食べるか?」
和「はい」
店員「いらっしゃいませー」
京太郎「えっとシュークリーム2つとコーヒーとカフェオレ1つずつ」
店員「かしこまりました少々お待ち下さい」
京太郎「和持って来たぞー」
和「うわぁ・・・美味しそうですね」
京太郎「早く食べようぜ!!」
和「頂きます・・・やっぱりここのシュークリームは美味しいですね」
京太郎「本当にウマいよな・・・コーヒーと合わせるとまた・・・」
和「本当ですね」



664 :京×和 第7話 告白:2010/03/11(木) 20:47:42 ID:VlgNoqpm0
京太郎「それでこうなったって訳よ〜」
和「フフフ須賀君って本当に面白いですよね」
京太郎「アレ・・・もうこんな時間か・・・」
和「もうこんなに時間が過ぎていたんですね」
京太郎「最後にとっておきの場所に連れてってやるよ」
和「それは何処ですか?」
京太郎「着いてからのお楽しみという事で・・・」

京太郎「ほら・・・着いたぞ!」
和「うわぁ・・・夕日が凄く綺麗な場所ですね・・・」
京太郎「今日の最後にどうしても和にこの夕日を見せたくってな・・・」
和「私の為にわざわざそこまでして下さってありがとうございます」

京太郎「・・・」
和「・・・」
京太郎(ヤベーいざ告白となるとすげー緊張するんだな・・・
    でもこのまま帰る訳にはいかないし・・・よし行くぞ!!)
京太郎「あのさ和・・・」
和「須賀君少し・・・いいですか?」
京太郎「なんだ和」
和「今日は本当に楽しかったです・・・
  色々な場所にいけましたし色々な物を見る事が出来ました・・・」
京太郎「なんだそんな事か和さえ良ければいつでも企画してやるって」
和「それで・・・須賀君に大事な話があります」
京太郎(なんだ大事な話ってまっまさか和が俺に・・・)
和「実は今日須賀君にさよならを言いに来たんです・・・」
京太郎「えっ・・・?」

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/11(木) 20:49:36 ID:VlgNoqpm0
フフフ・・・京ちゃんそんな簡単に幸せにはさせないよ・・・

次回は「真相」です
どうぞお楽しみに


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 12:59:36 ID:IRWLREEd0
乙!咲さんと和パパの壁は想像以上に厚いな…
つか今年になってからやけに規制が厳しくなったのか
巻き添えで書き込めぇ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 15:45:53 ID:MKadMtQx0
咲が怖いw

668 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:02:53 ID:Nk0LbwyA0
それでは今日の分を投下します

京太郎「それ・・・どうゆう意味だよ・・・」
和「実は昨日の夜須賀君が帰った後・・・」

〜回想〜

和父「和・・・最近のお前の素行は目に余るものがあるぞ!!」
和「それはどうゆう事ですか?」
和父「男を夜遅くまで家に入れたり、夜遅くまで遊んできたり、
   さらに今回の期末試験の成績だってこの前の中間試験の時より
   落ちていたではないか!!」
和「それとこれとは関係ないです!!」
和父「以前のお前だったらそんな風に私に反抗することも無かった
   やはりこの高校に入れたのが間違いだった・・・」
和「それはどうゆう意味ですか?」
和父「転校だ!!東京の進学校に転校だ!!!」
和「そんな・・・だってまだ全国大会だって・・・」
和父「それはきちんと生活が出来ていたらの話だ!!
   今のお前はそれすら出来ていない!!!
   だから進学校に転校してきちっとやり直せ!!」
和「そんな・・・」
和父「3日後に向こうの先生に挨拶しにいくからな・・・
   それまでに友達やお世話になった人にお別れの言葉を言っておくんだぞ・・・」
和「・・・」

京太郎「だけどただ転校するだけだろ・・・
    それだけだったらわざわざそんな事言う必要ないだろ・・・」
和「その学校は全寮制でその学校に転校したら
  須賀君やみんなにはもう・・・」
京太郎「・・・」
和「私今日須賀君と一緒にいれて本当に楽しかったです
  須賀君と色々な思い出も作れました・・・
  だから・・・グス・・・もう・・・グス・・・思い残す事はありません」ポロポロ
京太郎「和お前・・・それ嘘だろ・・・嘘だって言えよ!!!」
和「さようなら・・・須賀君・・・」
京太郎「待て和おい待てよーーーー!!!!」

タッタッタッタッタ

京太郎(結局俺は和を追いかける事が出来なかった・・・
    これから俺たちや麻雀部は一体どうなってゆくんだろう・・・)



669 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:04:54 ID:Nk0LbwyA0
京太郎(これから・・・どうしてゆけばいいんだ・・・ん?)
京太郎(ここは今日和と二人で行った映画館・・・
    よりによって行きたく無い所に・・・)

タッタッタッタッタ

京太郎(ここは和と今日行った洋菓子店・・・
    なんでこう行きたくない場所ばっかり・・・)

ザァーーーーーー

京太郎(夕立か・・・今の俺の気分そのものだな・・・)

華菜「あのケーキ屋前から行ってみたかったし
   今日キャプテンと一緒にいけて幸せだし!!」
美穂子「フフそうね華菜」
華菜「あ・・・雨が降り出したし」
美穂子「念の為に二人共傘を持って来て正解だったわね」
華菜「キャプテンが前もってメールで・・・
   ん・・・あいつは清澄の・・・あんなに雨降ってるのに傘もささないで
   何やってるんだし!!風邪引いてしまうし!!!」

タッタッタッタッタ

美穂子「ちょっと華菜何処に行くの?待って」



670 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:05:57 ID:Nk0LbwyA0
華菜「おい清澄の・・・そんな所でなにやってるし
   早く家に帰らないとお前風邪引くし!!!」
京太郎「お前はたしか風越の・・・」
美穂子「大丈夫ですか?」
京太郎(あれは風越の美人キャプテン・・・)
華菜「おいそんな暗い顔してどうした?
   なにかあったんならこの華菜ちゃんに・・・」
京太郎「別に何でもないです・・・気にしないで下さい・・・」
華菜「お前・・・そんな暗い顔してしかも
   どしゃぶりの中傘もささないで・・・
   まさか女にでもフラれたのか?」

和(さようなら・・・須賀君・・・)

京太郎「うっせぇ!!!!!!」
華菜(ビク)「ゴメンだし・・・」
美穂子「じゃあ私達も何があったかはもう聞きません・・・
    でもこんな雨の中で傘もささないでいたら風邪を引いてしまいます。
    これ私の傘で良ければ使ってください」
京太郎「いや・・・別にいいです・・・」
美穂子「でも・・・」
京太郎「別にいいです!!!!」

タッタッタッタッタ

華菜「あれは絶対女にフラれたんだし!!」
美穂子(あの人の力になってあげられなかった・・・
    あの人は本当に大丈夫なんでしょうか・・・)



671 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:07:09 ID:Nk0LbwyA0
京太郎「ただいま・・・」

シーン

京太郎(誰もいないのか・・・まぁいない方が好都合か・・・とにかく着替えよう・・・)

ガチャ

京太郎(・・・ん携帯にメールが・・・誰からだ?)
久(明日緊急ミーティングを開きますので
  皆さん朝10時に部室に集合して下さい!!)
京太郎(多分これは和の事なんだろうな・・・
    本当なら今日和に告白して一緒に帰って
    今度部活があった時にみんなに報告して
    みんなに祝福の言葉を掛けてもらったりして・・・
    でも・・・もう・・・なんで俺だけこんな事に・・・)
京太郎母「ただいまー」
京太郎(和・・・)
京太郎母「ちょっと京太郎買ってきた荷物運ぶの手伝って」
京太郎(和お前は本当にそれでいいのか?)
京太郎母「ちょっと聞いてるの京太郎!!」
京太郎(和・・・お前は今一体何を思って何をしてるんだ・・・)


672 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:08:06 ID:Nk0LbwyA0
翌朝

京太郎「おはようございます・・・」
まこ「おはよう京太郎・・・」
優希「おはようだじぇ・・・」
咲「おはよう京ちゃん・・・」
京太郎(みんなの表情も暗いな・・・
    やっぱり何が起こったかみんな知ってるんだ・・・)
久「みんなそろったようね・・・
  みんな分かってると思うけどまずは和の事・・・
  和が転校する事になったわ・・・
  私も昨日和の両親に転校しない様に説得したんだけど
  説き伏せる事は出来なかったわ・・・
  それとあともう一つは和が抜ける事にともなって
  全国大会の出場を辞退する事になったの
  まこ、優希、咲、須賀君・・・
  みんな本当にごめんなさい・・・」
まこ「もうええってあんたの事は誰も責めとらん」
久「でも・・・」
優希「のどちゃんの事はしょうがないからまたみんなで頑張るじぇ〜」
咲「そうですよ・・・またみんなで頑張りましょうよ・・・」
久「みんな・・・ありがとう・・・」
京太郎(上手くまとまった様に見えるけど・・・咲も優希もなんかぎこちないな・・・
    やっぱり和が居なくなった事が重くのしかかってるんだな・・・)


673 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:08:56 ID:Nk0LbwyA0
久「須賀君」
京太郎「何ですか?」
久「一緒に帰らない?」
京太郎「いいですよ」

トットットットット

久「ねぇ須賀君お願いがあるんだけど・・・」
京太郎「なんですか?」
久「和を連れ戻す様に説得してくれない?」
京太郎「えっ俺が・・・」
久「そう・・・貴方にしかできないわ・・・」
京太郎「なんで俺なんですか?連れ戻すなら優希や咲の方が・・・」
久「フフッ須賀君ったら随分鈍感ねぇ〜和は貴方の事が好きなの」
京太郎「えっ・・・?でもそれが何で和を連れ戻す事につながるんですか?
    第一和の転校を決めたのは和の両親のはずですが・・・」
久「そこがポイントなのよ・・・
  今回の転校は和の意志によるものじゃないわ・・・
  だから和が好きな須賀君が両親に頼みこめば
  和もその事に気付くんじゃないかと思ってね・・・」
京太郎「でもそれで和がそれに気付いても両親が意志を変えなきゃ意味がないと思うんですが・・・」
久「大丈夫よもし和がその事に気づいたらきっと必死になって
  両親に転校したくない意志を伝えるわ・・・
  それにね親っていうのは案外子供の意向っていうのを無視出来ないものなのよ。」
京太郎「分かりました!俺やってみます!!」
久「期待してるわよ須賀君」


674 :京×和 第8話 真相:2010/03/12(金) 20:09:53 ID:Nk0LbwyA0
京太郎「よし確か今日は和が向こうの学校の先生に
    挨拶に行く日だったな・・・なるべく早くに出て行って
    和の両親を捕まえてなんとか説得するしかない・・・
    よし・・・行ってくるか」
京太郎母「あんたこんな早くから何処に行くの?」
京太郎「ああ嫁だなの家さ・・・」
京太郎母「あんた最近よくその子と遊ぶね・・・」
京太郎「ああ随分気に入られちまったみたいなんでね」
京太郎母「でもまあ京太郎」
京太郎「ん・・・何?」
京太郎母「どの様な結果になろうと悔いだけは残さない様にね」
京太郎「ああ・・・ありがとう」
京太郎母「じゃあ自信を持っていってらっしゃい」
京太郎「行ってきます」
京太郎母「頑張って来なさいよ・・・」

和父「和準備はできたか?」
和「はい・・・お父様・・・」
和父「よしそれでは出発するぞ」


675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 20:13:31 ID:Nk0LbwyA0
今日はここまでです
ちなみにキャプテンは俺の嫁
異論は認める

次回は「事件」です
どうぞお楽しみに

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 23:47:24 ID:J+7fRhfT0
毎日毎日GJです
後何話か知らないけれどぜひ頑張ってください

677 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:04:55 ID:pmmt5nJB0
今日の分を投下します どうぞ
今日から最初に予告しておいたオリキャラが登場します

京太郎「ハァ・・・ハァ・・・やっとついたぜ・・・」

ピンポーン

和母「はい」
京太郎「すみません原村和さんはお見えですか?」
和母「和ならさっきお父さんと一緒に駅に行きましたよ」
京太郎「分かりました。ありがとうございました」
京太郎(どうやら和達は駅にいったようだな・・・よし行くか)


和(須賀君・・・)
和父「和カフェオレでも飲むか?」
和「いらないです・・・」
和父「そんな暗い顔していたら向こうの先生方にも失礼だぞ
   とにかくこれを飲んで気分を落ち着けなさい」
和「いらないって言ってるじゃないですか!!」

パン・・・グシャ

ヤクザA「オラァこのクソガキ・・・黒川さんの服にシミがついたぞ!!」
和「もっ申し訳ありません・・・」
ヤクザB「ゴメンなさいで済むかオラァ!!
     今日俺達は会長と会わなきゃならないんだぞオイ」
ヤクザC「どうしますか?黒川さん」
黒川「そうだな・・・とりあえずこの女さらって両親に代金を請求するか・・・」
和父「待てっ!!」


678 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:06:08 ID:pmmt5nJB0
ヤクザA「なんだ親父・・・」
和父「娘が粗相をしてしまいすまなかった・・・
   もし迷惑で無ければ弁償をしよう・・・でいくらだ」
黒川「ククク・・・300万だ・・・」
和父「ふざけるな!!そんな大金・・・」
黒川「じゃあお前の娘は返せねえな」
和父「待て!!娘を返せ!!!」
ヤクザB「黒川さんに触れんな!!」

バコッ

和「お父様!!」
黒川「300万だ1時間以内に300万作ってこい
   もし出来なかったら娘の身体で立て替えてもらうからな!!!
   もし出来たらウチの事務所まで持ってこい!!待ってるからな・・・」

ブロロロロロロ

京太郎「ハァ・・・ハァ・・・あれは和のお父さん・・・すみません」
和父「ああ・・・須賀君か・・・」
京太郎「どうしたんですかそのアザ・・・それに和は・・・」
和父「和は暴力団の連中にさらわれてしまった
   後は警察に任せて須賀君何処に行くつもりだ?」
京太郎「もちろん事務所ですよ!!」
和父「無茶言うな!!相手は暴力団だぞ!!!それを分かって・・・
   あれ須賀君は・・・?戻って来い須賀君!!須賀君!!!」


679 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:07:11 ID:pmmt5nJB0
事務所

ヤクザA「オラッさっさと入れ」
黒川「おいおいもっと丁寧に扱えよ・・・
   大事な商品なんだからよ・・・」
ヤクザB「しかし黒川さんこいつ未成年ですよ大丈夫ですかね〜?」
黒川「ま・・・アイツのとこのソープで働かせるか・・・
   アイツのとこなら多分大丈夫だろう・・・
   それにしても良かったなお譲ちゃん・・・綺麗な顔といい身体を
   両親から貰えて・・・まぁアンタなら半年くらい働けば
   300万くらいあっという間に返せるって・・・」
和(ガタガタ)
ヤクザC「こいつ震えてるよー本当にカワイイな」
黒川「おいさっさとアイツんとこに連絡入れとけ
   いい女が手に入ったからすぐ来いってな」
ヤクザA「へい分かりやした」
黒川「ん・・・?表の方が騒がしいな・・・
   おい五月蠅いぞ静かにしてろ!!!」
ヤクザD「おいクソガキ一体ここに何の用だ?」
京太郎「うるせぇ俺は和を連れ戻す為に来たんだ!!そこをどけ!!!」
和(えっ・・・?須賀君?)
ヤクザD「おい入るなって言ってんだろぶっ殺すぞ!!!」
京太郎「おい和ぁーいるんなら返事しろ和ぁー!!!!」



680 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:08:06 ID:pmmt5nJB0
黒川「一体何を揉めてやがるんだ!!!」
ヤクザD「すみません黒川さん・・・
     このガキが中に入れろってうるさいもので・・・」
黒川「おいてめぇ一体此処に何の用だ?」
京太郎「俺はお前らから和を連れ戻す為にここに来たんだ!!」
黒川「あの女か・・・あの女は返す事は出来ねぇな・・・」
京太郎「何でだ?」
黒川「あの女は俺のスーツにシミをつけやがった・・・
   だからその金を支払うまで返すわけにはいかねぇんだよ・・・」
京太郎「でいくらなんだそのスーツ?」
黒川「300万だ」
京太郎「300万だとふざけるなよ!!!
    どう考えてもぼったくりじゃないか!!!」
ヤクザA「おいクソガキ!!!」

バコッ

ヤクザA「てめぇ誰に向かって生意気な口きいてるんだ
     あぁてめぇぶっ殺すぞオラァ!!」
黒川「まぁその辺にしとけや・・・
   それでお前名前はなんてゆうんだ?」
京太郎「俺か?俺は須賀京太郎だ」
黒川「須賀てめぇなんでこの女を助けに来たんだ?」


681 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:09:03 ID:pmmt5nJB0
京太郎「それは和が仲間であると同時に
    和が俺の中で最も大切な人だからだ!!!」
和(えっ・・・?)
黒川「それはお前とこの女が付き合ってるっていう意味か?」
京太郎「違うまだ付き合ってはいない・・・」
黒川「じゃあお前は何だ?ただ仲間であるこの女の為に
   わざわざここに乗り込んで助けに来たと?」
京太郎「ああそうだ!!!」
黒川「ハハハハハハハこれは傑作だな!!!
   まるで恋愛ドラマのワンシーンみたいだな!!!
   いや〜今の時代未だに仲間とか友情とか信じてる奴がいたなんてな」
京太郎「笑いたきゃ笑えばいいさ
    お前が何て言おうが俺は和を助ける!!!」
黒川「でもよ須賀お前がその女の事をどれだけ想おうと
   その女がお前の事をただのゴミ扱いしかしてなかったら
   何の意味も無くないか?違うか?」
京太郎「別にそれでも構わないさ・・・友情や仲間意識や恋愛なんて
    元々一方通行なもんさ・・・それをお前みたいに見返りを
    求めるからおかしくなってくるんだよ・・・」
黒川「つまりお前は本気でこの女を愛してると・・・?」
京太郎「ああそうだ!!」
黒川「それじゃあその愛が本当ならこのゲームを受けれるはずだ
   このダブルロシアンルーレットにな・・・」


682 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:10:57 ID:pmmt5nJB0
京太郎(なんだダブルロシアンルーレットって・・・?)
黒川「おいアレを持って来い」
ヤクザA「分かりやした」

数分後

ヤクザA「持ってきました」
黒川「御苦労さて立ち話もなんだそこの椅子に座れ」
京太郎「・・・」
黒川「さてダブルロシアンルーレットのルールを説明しよう
   この2丁の銃を使ってこのゲームは行われる・・・
   最初にお互い銃のシリンダーに玉を入れる
   そしてその銃を互いに交換しあった後
   お互い交互に自分のこめかみに向けて
   銃を撃ちあって最初に玉の飛び出した方の負けさ
   なぁ簡単だろ・・・
   更にこの銃には2つの改良点があってな・・・
   一つはシリンダーに1〜6までの番号がふってあるという所さ
   そしてもう一つの改良点は・・・
   銃を開かずともシリンダーが回せる改造がしてあるんだ・・・
   もし危ないと感じる番号があったら
   その番号を回避する事も可能だ・・・
   もちろん一度打った番号をもう一度打つのは禁止だ
   当然玉を入れてる間は相手に何処の位置に玉を入れたか
   悟られないように配慮もしてある・・・」
京太郎「どうゆう配慮だ」
黒川「こうゆう配慮さ・・・」

ピッ
ウイーン

京太郎「・・・」
黒川「この机にあるボタンを押すと机から板が出てきて相手の手が見えない様にしてくれる
   これで心おきなく玉を入れられるって言う訳さ・・・」



683 :京×和 第9話 事件:2010/03/13(土) 21:12:16 ID:pmmt5nJB0
黒川「そしてお前にはこのゲームを始める前に500万貸してやる」
京太郎「500万だと・・・」
黒川「ま・・・その金がなくなる前にあらかじめ貸した500万と
   あの女の負債分300万を稼げたらお前の勝ちだ
   ただし金が無くなったら・・・
京太郎「無くなったらどうなるんだよ・・・」
黒川「お前の臓器で払ってもらうからな!!!」
京太郎「!!!!!!!!」
和「須賀君こんなギャンブル受けちゃダメです!!!
  負債の事はなんとかしますから・・・」
黒川「ああ言ってるけどどうする?
   やっぱりやめるか?」
京太郎「いや・・・やるさ・・・」
和「須賀君!!!!」
京太郎「大丈夫だよ・・・和
    ゲームを始める前にもう一度簡単にルールを確認したい
    1最初銃に玉を入れてその後お互いの銃を交換し合う。
    2その後にお互い銃を撃ちあって最初に玉の出たほうの負け。
    3今ある金500万を800万にしたら俺の勝ち。
    4もし俺が全額金を失ったら臓器で払ってもらう。
    とまあこんな感じか?」
黒川「まあそんな感じだ・・・あと補足するところがあるとしたらお互い最後の一発まで
   玉が残った場合はレートを倍にしてもうひと勝負ってところか・・・
   あと金は100万単位で賭けろよ
   賭け金はお前に決めさせてやる・・・せめてものハンデがわりにな」
京太郎「よし分かった・・・」   
黒川「さあそろそろ始めようか・・・ダブルロシアンルーレットをな」


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/13(土) 21:17:38 ID:pmmt5nJB0
今日の分はここまでです

基本自分もオリキャラはあんまり好きではないのですが
話の展開上こうせざるを得ない状況となってしまいました。
オリキャラ嫌いの方には申し訳ない事をしたと思ってます。

次回は「魔物」です。
どうぞお楽しみに

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/14(日) 19:52:25 ID:k5v7/2M+0
gj

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/14(日) 20:59:01 ID:miewMhSH0
おかしい、ハートフルな京和かと思いきや
いつのまにやらアカギやカイジ見たいな世界に……
それはそうと続きが気になるので頑張ってください

687 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:35:38 ID:IwccezhQ0
それでは今日の分を投下します

黒川「じゃあゲームを始めるか・・・最初はいくら賭けるんだ?」
京太郎(どうしようか・・・俺はこのゲームは初めてだからな・・・
    まずは様子見という事で・・・)「100万だ!!」
黒川「そうかじゃあダブルロシアンルーレットスタートだ!!」

ピッ
ウイーン

京太郎(さて・・・どの番号に入れようかな・・・
    運で決まるなら深く考えない方がいいかもな・・・
    よし5番だ!!5番にしよう!!!)

数分後

黒川「よし・・・俺は今決まったがお前は決まったか?」
京太郎「ああ決まっている・・・」

ピッ
ウイーン

黒川「よしまず先攻のお前からだ・・・」
京太郎「分かった」



688 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:37:05 ID:IwccezhQ0
京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ ○ ○

京太郎(さて何番を選ぼうかな・・・
    まさか一発目から当たるなんて事はないよな・・・
    まあ負けても次があるからな・・・
    よしここは2番にしよう・・・)

カチッ

京太郎「ふー・・・どうやらセーフだったようだな」
黒川「セーフだったかじゃあ次は俺の番だな」

黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ ○ ○

黒川「・・・」

カチッ

京太郎(クソ・・・外したか・・・)
黒川「さあ次はお前の番だぞ」


689 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:38:08 ID:IwccezhQ0
京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
○ × ○ ○ ○ ○

京太郎(さてと・・・今度は俺の番か・・・
    何番にしようかな・・・
    とりあえず6番にしよう・・・)

カチッ

京太郎「はぁーなんとかセーフだったぜ・・・」
黒川「クックックック・・・」
京太郎「何がおかしいんだよ!!」
黒川「いや・・・必死にあがいてるお前を見てたら面白くってよ・・・」
京太郎「そうゆうお前だってさっき必死に考えてたじゃないか!!」
黒川「俺はなんとなく危ない番号が分かるんだよ・・・」
京太郎「それはどうゆう意味だ?」
黒川「言葉に直すと勘って奴か・・・まあなんとなくなんだがな・・・」
京太郎「じゃあ何番が危ないか当ててみろよ!!」
黒川「何番までかまだ正確に分からないが奇数の数字が危ないような気がするな・・・」
京太郎(ドキッ)    
黒川「さて次は俺の番だったな」

黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ × ○ ○

カチッ

黒川「さあ次はお前の番だぞ」


690 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:40:34 ID:IwccezhQ0
京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
○ × ○ ○ ○ ×

京太郎(あの男・・・奇数が危ないとか言ってたが・・・
    まさか・・・偶然だよな・・・
    まずあの男の事よりもこの回俺がどの番号を打つかだ・・・
    次は・・・3番にするか・・・)

カチッ

京太郎「よしセーフだったぜ!!!」
黒川「なんかやけに嬉しそうだな・・・」
京太郎「そうさ次にお前の安全圏の偶数が全て消えるからさ!!!」
黒川「残念だけどお前の勝ちはない・・・」
京太郎「まだ勝ち誇るのは早いって」
黒川「いや・・・もう俺にはお前がどの番号を選んだか
   分かっちまったからさ・・・お前の選んだ番号は5番だ!!」
京太郎「!!!!!!!」
黒川「さて・・・次は俺の番か・・・と言っても
   もう番号は分かっちまったから
   消化試合みたいなもんだけどな・・・」

カチッ

黒川「さて次はお前の番だぜ」



691 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:41:28 ID:IwccezhQ0
京太郎の銃

123456
○××○○×

京太郎(クソ・・・もうこれで向こうの負けはない・・・
    とりあえずなんとか玉の入った所は避けていかないと
    一体何番に玉が入っているんだ?
    とりあえず1番にして奴の事に関しては後で考えよう・・・)

パンッ

黒川「どうやら当たりだったようだな
   これでお前は100万の負けだ・・・」
京太郎「クソ・・・なんで俺の入れた所が分かるんだ」
黒川「フッ・・・まあこれは俺の力さ・・・」
京太郎「力だと・・・」
黒川「俺は昔からゲームに限らず相手の手がなんとなく読めるんだ・・・」
京太郎「なんだと・・・じゃあさっきの俺の番号を当てれたのは何でだ?」
黒川「俺はだんだん選択肢が狭まってくればくるほど俺の勘は冴えてくるんだよ・・・」
和(そんな・・・宮永さんや天江さんみたいな人がいたなんて・・・
  それもよりによって今当たるなんて・・・これじゃあ須賀君に勝ち目は・・・)
京太郎(まさか・・・こんなとんでも無い奴がいたなんてな・・・
    状況は最悪だがまだ勝機はある・・・)


692 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:42:46 ID:IwccezhQ0
黒川「さあ次のゲームを始めるぞ・・・
   須賀次は一体いくら賭けるんだ?」
京太郎「次は300万賭ける!!!」
黒川「おいおいそんなに賭けちまっていいのかよ?」
京太郎「うるせぇな・・・いいじゃねえか別に・・・」
黒川「まあ別にいいか・・・それじゃあ始めるぞ」

ピッ
ウイーン

京太郎(この第二回戦ここが勝負所だ・・・
    俺は今300万という大金を賭けた・・・
    きっと相手もかなり動揺しているはずだ・・・
    咲や天江衣の時もそうだったが
    こうゆう化け物じみた力を持つ奴というのは
    一度崩れるとその力を発揮できないで
    ずるずると崩れていってしまうパターンが多い・・・
    今俺は大金を賭けた・・・いくら相手がヤクザだからといって
    300万という金は軽いものじゃないはずだ・・・
    間違いなく勝負になればその事実が重く相手にのしかかる・・・
    もし俺が勝利を狙える所があるとしたならそこを突くしかない・・・)
京太郎「俺は玉を入れたぞ・・・黒川お前はまだか?」
黒川「いや・・・もう少し待ってくれないか?」
京太郎(よし・・・早速効いているな・・・
    俺もわざと少し時間を掛けたがやはり相手も
    プレッシャーを感じてるみたいだな・・・
    よしいい流れがきてる・・・勝てる・・・勝てるぞ・・・)
黒川「よし俺も決まったぞ・・・さてゲーム開始だ・・・」


693 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:45:37 ID:IwccezhQ0
黒川「じゃあ今度は俺が先攻だな」

黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○○○○ ○ ○

京太郎(今回俺は3番に玉を入れた・・・
    今回奴は先攻だから先に出てくれる事を祈ろう・・・)
黒川「・・・」

カチッ

京太郎(チッ外したか・・・でもさっきと比べると選ぶ時間が長かった
    大分流れはこっちに傾いている・・・
    さて今度は俺の番だな・・・ここはしっかりと玉の入ってない所を選ばないとな・・・)

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
○○○○ ○ ○

京太郎(さて何番にしようか・・・
    さっき奴は一番に入れていたから
    今回それは無いはずだ・・・よし一番にしよう・・・)

カチッ

京太郎「よし・・・なんとか大丈夫だったぜ・・・
    さあ・・・次はお前の番だぜ・・・」


694 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:47:03 ID:IwccezhQ0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ × ○

京太郎(さてこの回が肝心だな・・・もし奴が能力を発動していたら
    4番か6番を選択してくるはず・・・俺がこの回3番を選択したから
    能力を発動していたら最初は詳しく分からないはずだけど
    おおまかには分かると言っていたから
    奇数は避けてくるはずだ・・・でも奴が選んだ数字は奇数の5番だった・・・
    でもまだ楽観視できない・・・もしこの回奴が4番か6番を選べば
    番号の後半には当たりはないと判断しており能力が発動している事になる・・・
    だがここでそれ以外の番号を選べば確実に能力にブレが生じてきているいい証拠になる・・・)

カチッ

京太郎(外したようだが奴が選んだ数字は2番だった・・・
    よし・・・いい感じだ・・・いい流れが来ている・・・)

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ ○ ○ ○ ○

京太郎(今の流れを断ち切らないためにもここは絶対に
    玉の入っている所を回避しなきゃな・・・
    さて一体何番に入っているんだ?
    分からないがとにかく打つしかないな・・・)

カチッ

京太郎「なんとか当たりは避けれたようだ・・・
    さあ黒川次はお前の番だ・・・」


695 :京×和 第10話 魔物:2010/03/14(日) 21:48:19 ID:IwccezhQ0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ × ○ ○ × ○


京太郎(さてこれで3回目だ・・・前の2回だけでも奴の番号の選び方は
    バラバラでとても統一性が感じられない・・・
    やはり奴の能力はブレが生じてきているな・・・
    案外この回であっさり当たってしまうかもな・・・)
黒川「・・・」

キリリリ

京太郎(たしかあの辺は3番があった所だ・・・
    頼む打て・・・打ってくれ・・・)

カチッ

京太郎(どうやら選んだのは4番だったようだな・・・
    だが今のままでは次かその次くらいには確実に当たるな・・・)

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ × ○ ○ ○

カチッ

京太郎(よしまたアイツに回してやったぞ・・・
    さあ次でチェックメイトだ・・・)


696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/14(日) 22:00:17 ID:IwccezhQ0
今日はここまでです
本日の回で数字と○×が見にくくなってしまい
申し訳ありません。

誰かいい方法を知っている方がいれば
教えて頂ければ嬉しいです。

次回は「覚醒」です
どうぞお楽しみに

697 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:25:26 ID:oA2tv6PA0
それでは今日の分です

黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ × ○ × × ○

京太郎(さて今回で4回目だが・・・そろそろ決めてくれないと
    俺もかなり危ない状況になってきているしな・・・
    正直これ以上外れを引き続ける保証もなにも無いしな・・・
    だがそれは奴も同じはずだ・・・でもなんだこの嫌な予感は・・・
    いや気のせいだ・・・なにもかも上手くいっているはずだ・・・)

カチッ

京太郎(外したか・・・でも凄く嫌な予感がする・・・
    まさか次に俺が当ててしまうのか・・・
    次は慎重に決めたほうがいいかもしれない・・・)

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ × ○ ○ ×

京太郎(くっ・・・さっきから凄く嫌な予感がする・・・
    一体何番が安全なんだ?クソ・・・全く分からない・・・
    でもここで外れを選べば相手に相当プレッシャーを与える事が出来る・・・
    ここは何としてでも当てなければ・・・よし・・・一か八かだ!!!)

カチッ

京太郎(やったー助かった・・・これで奴は二者択一だ・・・
    勝った・・・勝ったぞ・・・生き残った・・・)


698 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:26:18 ID:oA2tv6PA0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
× × ○ × × ○

京太郎(さて奴は今二者択一の状態しかも勘も使えない・・・
    メチャクチャ追い詰められているはずなのに・・・
    なんなんだこの嫌な感じは・・・)
黒川(ニヤッ)
京太郎(なんだ今の笑みは・・・)

カチッ

京太郎(まさか・・・また外しやがった・・・どうなってるんだこれは・・・
    なんでここまで追い詰められて当たりを当てないんだ・・・)
黒川「ククク・・・」
京太郎(アイツまさか・・・最初から勘を使えていたんだ・・・
    だからここまで無傷でこれたんだ・・・
    どうする今度は俺が二者択一しなければいけないのか・・・)
黒川「おい・・・なに鯉みたいな顔してんだよ・・・
   次はお前の番だ・・・早く打てよ・・・」


699 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:27:13 ID:oA2tv6PA0
京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ × × ○ ×

京太郎(どうする・・・どうすればいいんだ・・・
    どうして俺はここまで追い詰められたんだ・・・
    と・・・とにかく打たなければ・・・)

パンッ

黒川「またお前の負けだな・・・ククク
   これでお前はもう後が無くなった訳だ・・・」
京太郎「どうして・・・どうしてお前は力を・・・」
黒川「お前は少しヤクザをナメ過ぎたようだな須賀・・・
   ヤクザっていうのはお前らカタギと違って
   常に死ととなり合わせの結構キツい商売なんだよ・・・
   そんな中で揉まれて生きてる俺たちと
   平凡に生きてるお前らとじゃ価値観が違うんだよ・・・
   お前らにとっては300万でも相当プレッシャーに感じるかも知れんが
   俺たちにとっちゃ大した事ないんだよ・・・
   ま・・・レートを増やして動揺を誘うなんて普通の人間じゃ
   なかなか出来ない事だけどな・・・そこに目を付けたお前の根性だけは認めてやるよ・・・」
京太郎「そんな・・・まさか・・・こんな事になるなんて・・・」   


700 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:28:26 ID:oA2tv6PA0
黒川「おい何ボサっとしてる・・・早く次のレートを決めろ!!
   と言っても後100万だけなら決める余地もないけどな!!!」
京太郎「・・・」
黒川「おいなんとか返事しろ!!
   じゃあもう始めるぞいいな!!!」

ピッ
ウイーン

京太郎(ダメだ・・・なんか頭がボーっとする・・・
    なんかクラクラする・・・なんだこの症状は・・・
    ただボーっとするのと訳が違う・・・
    まるで身体が溶けてるような感じだ・・・
    どうなってるんだ一体・・・
    どうなっちまうんだ俺・・・
    もう何も考えられない・・・)
黒川「おいてめぇいつまでボサっとしてるつもりだ!!!
   早く玉を入れる場所を決めろ!!!」
京太郎「ああすまない・・・」
京太郎(そういえばそうだった・・・
    勝負の最中だったな・・・でももう・・・)
    

701 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:29:14 ID:oA2tv6PA0
京太郎(早く決めないとな・・・ん?
    アイツ・・・人に言うだけ言っといてまだ決めてないじゃないか・・・
    どうゆう事だまるでアイツから玉を何処に入れようかという気配が
    漂ってこない・・・一体あいつは何が・・・まさかこれは・・・
    イカサマ・・・?イカサマなんじゃないのか?
    そういえば1回戦も2回戦も奴が玉を入れたのは
    俺よりもあとだった・・・でもどこでどうやって玉を入れてる所を見ているんだ?
    それがさっぱり分からない・・・)

カチッ

京太郎(やはり・・・俺が玉をこめた後に動き出した・・・
    でも一体どうやってのぞいているんだ?
    俺の後ろにアイツの部下は一人もいないし・・・)

カチッ

黒川「よし俺も決まったぜさあ始めるとしようか・・・」

ピッ
ウイーン

京太郎(なんだ今一瞬天井に見えたのは・・・
    まさか鏡か?そうか・・・そうゆう事だったのか・・・
    奴のイカサマは目隠し板を出すと同時に
    おそらく手元にあるボタンで天井のタイルが一枚ひっくり返って
    相手の手が見える様にするイカサマか・・・
    そして目隠し板を下げる時同時に天井の鏡がタイルにひっくり返って
    天井を見られてもなにも相手は気付かないという戦法か・・・
    そうか・・・そのせいで奴は俺が決めた後じゃないと玉を入れる場所を決められなかった訳か・・・
    もし最初に決めている途中に俺に玉を入れられたら
    このイカサマをする意味が無くなっちまうからな・・・)


702 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:30:22 ID:oA2tv6PA0
京太郎(早く決めないとな・・・ん?
    アイツ・・・人に言うだけ言っといてまだ決めてないじゃないか・・・
    どうゆう事だまるでアイツから玉を何処に入れようかという気配が
    漂ってこない・・・一体あいつは何が・・・まさかこれは・・・
    イカサマ・・・?イカサマなんじゃないのか?
    そういえば1回戦も2回戦も奴が玉を入れたのは
    俺よりもあとだった・・・でもどこでどうやって玉を入れてる所を見ているんだ?
    それがさっぱり分からない・・・)

カチッ

京太郎(やはり・・・俺が玉をこめた後に動き出した・・・
    でも一体どうやってのぞいているんだ?
    俺の後ろにアイツの部下は一人もいないし・・・)

カチッ

黒川「よし俺も決まったぜさあ始めるとしようか・・・」

ピッ
ウイーン

京太郎(なんだ今一瞬天井に見えたのは・・・
    まさか鏡か?そうか・・・そうゆう事だったのか・・・
    奴のイカサマは目隠し板を出すと同時に
    おそらく手元にあるボタンで天井のタイルが一枚ひっくり返って
    相手の手が見える様にするイカサマか・・・
    そして目隠し板を下げる時同時に天井の鏡がタイルにひっくり返って
    天井を見られてもなにも相手は気付かないという戦法か・・・
    そうか・・・そのせいで奴は俺が決めた後じゃないと玉を入れる場所を決められなかった訳か・・・
    もし最初に決めている途中に俺に玉を入れられたら
    このイカサマをする意味が無くなっちまうからな・・・)


703 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:31:20 ID:oA2tv6PA0
黒川「さあ始めるぞ!!!今度はお前の先攻だ!!!」

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ ○ ○

京太郎(しかし俺がこのトリックに気付いた時は
    もう奴に手を見られた後だった・・・
    この状況をどうやって覆せるんだ・・・
    しかし今は当たりを当てない様に打つしか・・・)

パンッ

黒川「いきなり当たりを当てるとはな・・・
   お前もつくづく運の無い奴だな!!!!
   おいこいつの臓器がつかえるかどうか検査につれていけ!!!」
ヤクザA「はい分かりました」
京太郎(クソッ・・・まさかいきなり当たりを引いてしまうなんて・・・
    これで俺の所持金はゼロだ・・・こうなったら・・・
    ん・・・待てよ!!あの方法だったら!!!!
    もしかしたらアイツの裏をかけるかもしれない!!!!
    でも所持金が・・・一か八か交渉してみるしかないな!!!!!)



704 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:32:26 ID:oA2tv6PA0
京太郎「おい黒川・・・」
黒川「なんだ須賀」
京太郎「一つ頼みがある・・・」
黒川「なんだ頼みって?取り出す臓器をこっちで決めさせてくれって話か?」
京太郎「違う!!!もう一度俺と勝負をしてくれないか?
    お互い全てを賭けた勝負をな!!!!」
黒川「はぁ?テメェ何寝ぼけた事言ってんだよ・・・
   テメェの所持金はもうゼロじゃねぇかよ・・・」    
京太郎「俺がこの勝負に勝ったら和と俺の借金をチャラにしてもらう!!!
    もし俺が負けたら・・・」
黒川「もし負けたら一体何だ?」
京太郎「俺の臓器全部くれてやるよ!!!!!」
全員「!!!!!!!!!!!!!!!」
黒川「テメェそれが・・・」
和「ダメです須賀君!!!!!!!!
  もう3回も負けているのに
  また負けたらどうするんですか!!!!
  私の事は気にしないでかまいませんから・・・
  どうかそのバカげた考えを改め直してくれませんか?」
京太郎「和今は行くしかないんだ・・・
    俺は和が苦しい思いや嫌な思いは絶対させたくない!!!!」
和「でももし須賀君が負けちゃったら私・・・」
京太郎「和俺を信じろ!!!今はそれしかないんだ!!!!」
和「分かりました・・・絶対勝って下さいね!!!」
京太郎「もちろんだ」


705 :京×和 第11話 覚醒:2010/03/15(月) 21:33:18 ID:oA2tv6PA0
京太郎「という事で俺は臓器全部賭ける・・・
    後はお前だけだ黒川・・・この勝負受けるか?」
黒川(こいつ・・・どうゆう事だ・・・なんであんなに負けたのに
   臓器全部賭けるなんて暴挙に出られる・・・
   まさか気付いたのか・・・このイカサマに・・・
   もうそうとしか考えられん・・・だったらこの勝負受ける訳には・・・)
京太郎「お前・・・まさか逃げる気じゃないだろうな・・・
    まあ逃げたきゃ逃げてもいいぜ・・・
    街中で偉そうにしているお前らも所詮その程度だったか・・・」
黒川(くっ・・・このクソガキが・・・)「いいぜ受けてやろうじゃないか!!!」
ヤクザA「いいんですか?黒川さんこんな挑発に乗せられて・・・」
黒川「黙れ!!こんなガキに舐められてたまるか!!!
   いいだろう!!受けてやる・・・そして必ず勝ってやる!!!」
京太郎「ククク・・・そうこなくっちゃな・・・」
黒川「行くぞ須賀!!!ゲーム開始だ!!!!」

ピッ
ウイーン

黒川(チッ・・・まさか最後の最後で真剣勝負になっちまうなんてな・・・
   しかしそれは向こうだって同じ・・・
   条件が同じなら俺にだって勝ち目はあるとりあえず奴の表情や行動をみて
   どの番号に入れたかというのを考えていかなきゃな・・・)
京太郎「ククク・・・そんなに鏡を使って相手の手が見れないと不安か?」
黒川「ふざけるなよ・・・何処にそんな証拠があるって言うんだ!!!」
京太郎「まあ証拠はないけどな・・・」
黒川「じゃあそんなふざけた事言うなぶっ殺すぞ!!!」
京太郎「まあ待て俺が言いたい事はそんなことじゃない・・・」
黒川「だったら何だって言うんだ!!!!」
京太郎「そんな事をしなくても教えてやるよ何処の番号にいれるか・・・
    ちなみに次は2番に入れようと思っている・・・」
黒川「はぁ〜?そんなの鵜呑みにするバカが何処にいるんだよ!!!」
京太郎「だったら見せてやるよ・・・まぁ見せられるのは数字の上半分だけだけどな・・・」
    
カチャ

全員「!!!!!!!!!!!!」
黒川(なんだと・・・マジで2番に入れやがった・・・上半分しか見せなかったが
   多分間違いないだろう・・・でもどうゆうつもりなんだ・・・?)



706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/15(月) 21:35:12 ID:oA2tv6PA0
今日はとりあえずここまでです

次は「極限」です
どうぞお楽しみに

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/15(月) 22:30:12 ID:oPz2aebD0
キャッキャウフフな展開はどちらにいったんでしょうかwww
とりあえず明日に期待!!

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 12:59:05 ID:27gZite10
ざわざわ……
      ざわざわ……

なにこのカイジに恋愛要素をラブプラスした全く新しい何か?

709 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:12:29 ID:XIvUpkmX0
それでは今日の分です 


黒川「よし決まった・・・」
京太郎「ククク・・・それじゃゲームスタートだ!!!」

黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ ○ ○

黒川(一体何が狙いだったんだ・・・?あの2番の宣言は・・・
   あんなのは普通に考えたら自滅行為も甚だしい・・・
   とりあえず2番は避けて他の番号を打ち続けよう・・・
   まずはどの番号を打とうか・・・よし3番にするか・・・)

キリリリ

黒川(待てよ!!3番の上半分は2番の上半分とそっくりじゃないか・・・
   危なかった・・・危うく打ってしまう所だった・・・
   奴の狙いは多分2番か3番どちらに入れたか分からなくし
   そして俺の目をごまかす作戦だったのか・・・
   よしそれじゃあ2番を・・・
   駄目だ・・・やっぱり2番からも嫌な予感しかしない・・・
   クソ・・・一体どうしたら・・・)
京太郎「どうした・・・さっさと決めろよ・・・
    それとも頼ってみたらどうだ・・・?
    お前のお得意の勘ってヤツによ・・・」
黒川(クソこのガキが・・・だがまだ俺には確実な安全エリアがある
   まずはそこから使っていく事にしよう)

カチッ


710 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:14:04 ID:XIvUpkmX0
京太郎「ククク・・・
    2番か3番か選べれば勝てたかもしれないのに・・・
    以外に臆病だな黒川・・・」
黒川「黙れ!!!その前にお前は自分の心配をしたらどうだ?
   俺は仮に当たりを引いたとしても何も失うものはない!!!
   だがお前はどうだ?ここで負けたら死ぬんだぞ!!!」
京太郎「まあそうだな・・・でも運命の賽はもう投げられた・・・
    もう引き返す事は出来ねえんだよ・・・」

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ ○ ○

黒川(俺が選んだ番号は4番死にゆくお前には丁度ぴったりな番号だぜ・・・
   さあ早くその番号を選んで絶望にひれ伏すお前の顔を見せろ!!!)
京太郎「・・・」

カチッ

黒川(なんだと・・・こんな早くに打ちやがって・・・
   こいつ一体何のつもりなんだ・・・)
京太郎「どうした?次はお前の番だ・・・黒川」


711 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:14:59 ID:XIvUpkmX0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ × ○

黒川(クソッ一体どっちに入ってるんだよ・・・
   このゲームの勝ちというのは相手が当たりを引く以外ありえない・・・
   ここで勝負を賭けるのは良くない・・・
   そうすれば俺は勝手に自滅していく事になってしまう
   奴の挑発に乗るな・・・今は耐える時だ・・・)

カチッ

黒川「さあ次はお前の番だぞ須賀」
京太郎「ああそうみたいだな・・・」

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ ○ ○ ○ ○

黒川(さあ早く4番を選べ!!そうすれば俺は生き残れる・・・
   ヤツは俺と違って安全エリアなんてものは何もない・・・
   という事は今回当たりを選ぶ可能性もあるということだ
   さあ来い!来い!!来い!!!)

カチッ

黒川(チッ・・・また外しやがったか・・・)



712 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:17:12 ID:XIvUpkmX0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
○ ○ ○ ○ × ×

黒川(そろそろ向こうが当たりを打ってくれないと
   こっちも危ない・・・だからと言って相手に当たりを
   当てさせる有効な策がある訳でもないしな・・・
   やはり今回も安全エリアのどれかを打って
   しのぐしか方法は無さそうだ・・・)

カチッ

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ ○ ○ ○ ×

黒川(よしなんとか向こうに番を回した・・・
   このゲームで無傷でたどり着く可能性は6分の1・・・
   そろそろ当たってもおかしくない頃だ・・・)

キリリリ

黒川(おっ・・・4番あたりにシリンダーを合わせたぞ!!!
   頼む打ってくれーーーーー!!!!!)

カチッ

黒川(クソ・・・また俺の番かよ・・・)


713 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:18:14 ID:XIvUpkmX0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ ○ ○ × ×

黒川(この回で俺が安全エリアの4番を打って
   ヤツがもし当たりを当てなかった場合俺は
   最悪の二者択一を選ばされることになってしまう・・・
   ヤツも俺と同じように数をどんどん減らしている
   次ヤツが当たりを引く事を祈ろう・・・)

カチッ

京太郎の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ × ○ ○ ×

黒川(もう次で当てる可能性も大分でかくなってきたな・・・
   さあ・・・もういい加減にいいだろう・・・
   好きな女の前で想いを伝える事も出来たし
   十分暴れただろ・・・もういい加減に・・・)

カチッ

黒川(ぐっ・・・外しやがった・・・)
京太郎「さあいよいよ追い詰めたられたな黒川・・・選択の時だ・・・」



714 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:19:22 ID:XIvUpkmX0
黒川の銃

1 2 3 4 5 6
× ○ ○ × × ×

黒川(クソ・・・ついにここまで来てしまったか・・・
   この2番か3番のどちらかを選ばなくては
   いけなくなってしまったとは・・・
   一体どっちに入っていやがる・・・
   落ち着け・・・ここで焦ったら奴の思うつぼだ・・・
   まずは状況を整理してみよう。
   最初に奴は臓器を全部賭ける暴挙に出た・・・
   更に奴は自ら入れる番号を2番と宣言し
   そして入れる際に番号の上半分を隠したが
   明らかに2番だと分かる感じだった・・・
   しかし2番の上半分が3番の上半分と酷似している事から
   俺は3番も打てなくなってしまった・・・
   そして俺は奴が当たりを引くと思い安全エリアを
   潰していき奴の様子をうかがったが、
   奴は全然引かずについにここまで追い詰められてしまったという事だ。)
京太郎「・・・」
黒川(なんでアイツはこの状況なのにあんなに落ち着いているんだ?
   今回俺が当たりを引かなきゃアイツだって危ないってのに・・・
   ここはなんとしてでも当たりを避けなきゃならない・・・)



715 :京×和 第12話 極限:2010/03/16(火) 22:23:00 ID:XIvUpkmX0
黒川「おい須賀・・・てめぇなぜそんなに落ち着いていられる?」
京太郎「なぜか教えてやろうか・・・それはアンタが
    この回確実に当たりを当てるからさ・・・」
黒川「バカな・・・適当に選んだって必ず当たる訳でもないのに
   今回俺はお前の行動、言質、態度、表情、や色々な点を考慮して
   番号を決めようとしているんだ・・・それが分からんわけじゃないだろ!!!!」
京太郎「その考慮ってのが危ないんだよ・・・最初にもしお前が2番か3番を
    選べっていう場面でどちらかを選んでさえいればまあ危険ではあるが
    お前にもまだ勝ち目はあった・・・」
黒川「何だと・・・」
京太郎「だがお前はそれを捨てて安易に安全エリアに逃げた・・・
    その事がお前の首を絞めることにもつながった・・・」
黒川(くっ・・・)
京太郎「さあ早く選べよ・・・もっとも早く選ぼうが
    遅く選ぼうが結果は同じだがな・・・」
黒川(こうなったら絶対外れを選んで奴の策を崩してやる・・・
   さっきは奴の行動について考えたから今度は奴の言質について考えてみるか・・・
   たしか奴はこう言ってたな・・・俺は2番に入れると・・・
   奴の言葉は全く信用ならんが・・・まてよ・・・ここでおかしな点がある!!
   2番に入れると言っておきながらその入れる数字の上半分を隠した点についてだ・・・
   本当に勝負を諦めたというなら番号を言って更にきちんと番号を
   見せてくるはずだ・・・しかし奴はそれをしなかった・・・
   これは奴の策略2分の1の中から俺から当たりを奪い取る策略・・・
   しかし奴が2分の1の勝算だけを持ってこんな大勝負を仕掛けてくるとは思えない・・・
   だったらあるはずだ・・・俺を当たりにおびき寄せる為に仕掛けた罠が・・・)

黒川(よく冷静になって考えろ・・・あいつの仕掛けた罠さえ回避できれば
   俺は勝てるんだ!!!もう一度振り返ろう・・・
   たしか奴は「俺は2番に入れる」って言ってやがったな・・・
   ただ俺を迷わせる為だけなら2番に入れると言わずに
   そのまま入れる所だけ上半分隠してやればいいはずだ・・・
   だが奴はそれをしなかった・・・そこから読み取れるのはおそらく
   俺に2番に入れると言って2番が危ないという先入観を植え付けておいて
   実は3番に玉を入れておくという手口か!!!!
   こいつ・・・なかなかやるな・・・だが俺には通用しなかったがな・・・)

キリリリリ

黒川「ククク・・・須賀今お前の策は看破した!!お前の負けだ須賀!!!!」

パァン
   
京太郎「ゲームセット・・・お前の負けだ・・・」   
      


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 22:28:09 ID:XIvUpkmX0
束の間見えた3はシリンダーに溶け天に昇った・・・
京太郎無法の2単騎・・・!

明日は「決着」です
京咲スレに大分前に書いた物も投下しておきました
もしよければそちらもどうぞ。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 07:56:41 ID:U5OcXD350
ざわ・・・

  ざわ・・・

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 12:44:19 ID:xV+IzCqf0
最後の台詞がアカギの萩原ではなくルルーシュゼロで再生された…
違和感ないが極限状態の京ちゃんはパナいな

あとタネはH×Hのあれみたいな感じかな?

719 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:01:23 ID:QqgS93CD0
それでは今日の分です

黒川(どうして・・・どうして・・・こっちに・・・
   まさか・・・間違って3番を打ってしまったのか・・・)

カチッ

黒川(やっぱり2番だ間違っていなかった・・・
   ならどうして・・・どうして2番だったんだ・・・)
京太郎「ククク・・・どうしてって顔だな・・・
    まあ最後に教えてやるよ・・・このゲームでの俺の目的を・・・
    俺には目的がいくつかあった・・・」
黒川「何だと・・・」
京太郎「まず最初にレートを限界まで上げる事だった・・・
    これによってお前は動揺すると同時に俺への猜疑心を
    増す結果になった・・・通常猜疑心を増すとやっかいな事に
    なるが今回の俺の目的はお前を動揺させる事じゃなくて
    お前の猜疑心を増やす為にあったんだからな・・・」
黒川「何だと・・・猜疑心を増やしたらお前にとって不利じゃないか・・・」
京太郎「猜疑心を増やす事に得られる効果は後で説明する。
    だがこれだけでは弱かった・・・だから二つお前の猜疑心を煽る
    手段をとることにした・・・それがピストルの玉を2番に入れるという宣言と
    下半分だけ隠して玉を入れるという行為をお前に見せる事だ・・・」
黒川(あの時のアレか・・・)
京太郎「そして俺が今回のゲームの中で一番怖かったのがお前が深く考えず
    いきなり3番を打ってしまうことだったからさ・・・」
黒川「だから俺の猜疑心を煽った訳か・・・」


720 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:02:18 ID:QqgS93CD0
京太郎「そうゆう事さ・・・お前がもし深く考えもせずに
    2番が危ないと3番を打っていたら
    その時点でこの策は水泡に帰すからな・・・」
黒川「もう一つ聞きたい事がある・・・」
京太郎「何だ?」
黒川「お前は何故2番と言って2番に入れた!!!
   普通逆にするはずだろ!!!!
   例えば2番に入れると言って3番に入れたり
   3番に入れると言って2番に入れたり・・・
   何故それをしなかったんだ!!!!!」
京太郎「それはお前が人を信じない人間だからさ」
黒川「なっ何故それが分かる・・・」
京太郎「まずは俺が和の事を仲間だと言った時お前が
    俺たちの事を笑った時だ・・・
    俺はその時こいつは他人を信じていない人間かも
    しれないと思い目星を付けた・・・」
黒川「しかしたったそれだけの事で俺がそうゆう人間だと決めたのか?」
京太郎「いや違うもう一つ決定的な所があった・・・」
黒川「どこだよそれは・・・」
京太郎「それはお前のイカサマのやり方さ・・・」
黒川「何だと・・・あんな事で一体何が分かるというんだ・・・」
京太郎「この場所でイカサマをするんだったらもっとお前の後ろにいる
    部下を使った有効なイカサマがあるはずだ・・・
    俺がこの場所でイカサマをするんだったらそうするしな・・・
    しかしお前は部下の力を借りずにあの鏡を使った方法でイカサマを実行した・・・
    それで俺は確信したんだよ・・・こいつは徹底した個人主義者・・・
    他人を信じる事が出来ない可哀そうな奴だってね・・・」
黒川「しかし・・・それとお前が2番に入れる事とどうゆう繋がりがあるんだ」
京太郎「さっきも言ったようにお前は人を信じない人間だ
    だからお前が言ったように言った番号と違う番号にいれたら
    お前は必ず看破するだろう・・・だが今回は同じ番号に入れた
    そしてお前は俺が言った2番に入れると言った言葉は絶対信じないさ・・・
    必ず考えて3番に入ってるという結論にたどり着くさ・・・
    なぜならお前は他人を信用しない人間だからな・・・必ずそうなるって思った訳さ・・・」
黒川「クククク・・・ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハーーー」
京太郎「どうした?」
黒川「いやーそうゆう事だったんだな!!!ハッハッハッハッハッハッハーーー」
京太郎「なにがおかしいんだ?」
黒川「いやーお前の余りの無知に笑いが止まらないだけさ・・・」
京太郎「どこか今の俺の説明で間違ってた所でもあったか?」
黒川「全くおめでたい奴だよお前は・・・まだそんな事をいってるとはね・・・」


721 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:03:06 ID:QqgS93CD0
京太郎「じゃあ一体何がおかしいんだ?」
黒川「貴様忘れていないか?ここがヤクザの事務所だって事を・・・
   俺たちがその気になればお前らの始末なんて簡単なもんさ・・・
   お前は試合には勝てたが勝負には負けたようだな・・・須賀!!!!」
和(そういえばそうでした・・・ここはヤクザの事務所・・・
  この人たちは何をするか分からない人たちだって事を
  すっかり忘れていました・・・)
黒川「おいお前ら出口を固めろ・・・」
ヤクザ達「はい」

タッタッタッタッタ

黒川「お前らには悪いが俺に勝った以上ここから出すわけにはいかねぇんだよ
   まああの世でラブストーリーの続きでも続けてくれや・・・」
京太郎「待・・・」
?「待て!!!!!!!!!!
  お前の負けや黒川!!!!!」
ヤクザ達「会長!!!!!」
黒川「会長いつからここに・・・」
会長「そこの小僧が全部の臓器を賭けるといった時からか・・・」
黒川「なぜこちらに来られたのですか?
   今日私達の方からうかがう予定だったのに・・・」
会長「いや・・・お前らがなかなか来んから
   なにかあったのかと思ってこっちから来たんや・・
   そうしたらそこの小僧と何か勝負をしていたんで
   おもしろそうやと思って見とった訳や・・・」


722 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:04:02 ID:QqgS93CD0
黒川「そうゆう事だったのですか・・・」
会長「小僧隣ええか?」
京太郎「どうぞ・・・」

トットットットット

会長「よいしょ・・・へぇ〜ダブルロシアンルーレットか・・・
   随分面白そうなの考えよったな〜
   このゲームとこのシステムを考えたのはお前か黒川」
黒川「はいその通りです」
会長「ほぉ〜なかなか見事やなぁ〜
   でお前らなんで揉めとったんや?」
黒川「そこの女が私のスーツを汚しまして・・・
   そうしたらそこの男が現れまして私と勝負をして
   そこの男が勝ったらその女がスーツを汚した事をチャラにし
   私が勝ったらその男の臓器で払って頂くという形をとりました」
会長「ほう・・・それで勝負の過程は?」
黒川「最初は私が順当に勝っていましたが
   途中でその男にイカサマがバレてしまいまして
   そして後は会長もご覧になったとおり
   あの男の策に嵌り負けてしまいました・・・」
会長「なるほど・・・これで大体の流れは分かったわ」
    


723 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:05:08 ID:QqgS93CD0
会長「そして今度はお前や・・・
   小僧名前はなんてゆうんや?」
京太郎「須賀京太郎です」
会長「それで須賀ワシにはまだ分からん事がある」
京太郎「何でしょう?」
会長「お前もし勝負に負けてたらどうするつもりやったんや?
   あの方法だとお前にも玉が当たる可能性があった・・・
   もし当たってたらお前は確実にあの世行きやで」
京太郎「その点については全く問題ありません」
会長「どうしてや?」
京太郎「なぜならここにもうすぐ警察がくるからです」
ヤクザ一同「!!!!!!!!!!!」
会長「まさか・・・お前が呼んだんか?」
京太郎「いえ俺じゃありません」
会長「じゃあ誰が呼んだんや?」
京太郎「そこの和の父親です」
黒川「あの親父・・・」
京太郎「俺が駅に着いた時すでに和の父親が警察を呼んだから
    もう大丈夫だと言ってましたが
    俺は和の事が心配だったので直接乗り込む事にしたんです
    もし何かあっても警察の事を引きあいに出して乗り切るつもりでした。」
ヤクザA「てめぇそんな脅しに俺たちが屈すると思ったか?
     甘いんだよお前はよ!!!!」
京太郎「甘いのはアンタのほうだよ
    今世間では暴対法なるものがあるんだよ・・・
    もし俺たちに危害を加えたら使用者責任をとらされ 
    困るのはお前らの会長さんだぜ・・・」
ヤクザA「ぐっ・・・」



724 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:06:18 ID:QqgS93CD0
会長「ほぉーそうゆう事だったか・・・
   黒川こいつらを解放してやれ」
京太郎「よし・・・帰ろうか和」
和「・・・」
黒川「しかし・・・このままではウチの面子が・・・」
会長「ここはワシらの負けや・・・
   大したタマやであの小僧・・・
   ウチに入って来て欲しいくらいや」

京太郎「ん・・・どうした和・・・」
和「須賀君・・・どうしてですか・・・
  どうして・・・いなくなっちゃう私の事なんか
  助けに来てくれたんですか?」
京太郎「それはさっきも言っただろう
    和は俺たちにとって大切な仲間であると同時に
    俺にとって世界で一番大切な人だからさ・・・
    それと和・・・」

ぎゅっ

和「えっ・・・?」
京太郎「前も言っただろ・・・お前は女の子なんだから無理すんなって」
和「うわあああああああああああああああああああ」


725 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:07:45 ID:QqgS93CD0
京太郎「どうだ・・・和落ち着いたか?」
和「はい・・・グスッ・・・もう大丈夫です」
京太郎「そうか・・・和お前に聞きたい事がある」
和「はい何でしょう?」
京太郎「前のデートの時はもう思い出は十分だって
    言ってたけど本当にそれは本心からいってたのか?」
和「それが一体何の意味があるんですか?」
京太郎「俺今日実はお前の親父さんに和を東京の進学校に
    転校させない為にお願いに来たんだ!!」
和(えっ・・・?)
京太郎「だからお前がもしこの清澄に居たいというなら
    いまここではっきり言ってくれ!!
    もし東京の進学校の方がいいというなら
    俺はここできっぱり諦める!!」
和「私は・・・私は・・・みんなと一緒に清澄に居たいです・・・」
京太郎「よし・・・よく言ったあとは俺に任せとけ」

ナデナデ

和「はい・・・///」
和父「おーい須賀君」
京太郎「おじさん」
和父「和は?和は無事だったのか?」
京太郎「和は無事です・・・警察の通報も取り消してかまいません」
和父「何?ヤクザ達はどうなったんだ?」
京太郎「ちゃんとお互いが納得いく結果に終わったので大丈夫ですよ」
和父「本当にそうなのか?」
京太郎「ええ」
和父「ならば大丈夫だな・・・」
京太郎「おじさん改めてお願いがあります・・・和を他の学校に転校させないでもらえますか?」
和父「何だと・・・」
和「私からもお願いしますお父様・・・
  成績や素行の件は今以上に徹底して厳しくしていきますので
  どうか私にもう一度チャンスを頂けませんか?」
京太郎・和「お願いします」



726 :京×和 第13話 決着:2010/03/17(水) 21:09:18 ID:QqgS93CD0
和父「まぁ・・・須賀君は私の娘を助け出してくれた恩人だし和も気を引き締めると
   言ってる事だし転校の件は白紙にしよう・・・」
京太郎・和「ありがとうございます」
和父「それと須賀君」
京太郎「はい?」
和父「娘を宜しく頼んだぞ・・・」
京太郎「はい!!!
    それと和大切な話があるんだが・・・」
和「はいなんでしょうか?」
京太郎「和俺はお前が好きなんだ!!もしよければ付き合ってくれないか?」
和「はい喜んで
  こちらこそ宜しくお願いします」
京太郎「和ぁーーーー!!!!!」

ぎゅっ

和「きゃっ」
京太郎「俺和の事ずっとずっとずっと大切にするから・・・」
和「はい・・・///」
和父「そうゆう事は私のいない時にやってくれないか・・・」
京太郎「はい・・・すみません」
和父「じゃあ私は帰るから後は二人で帰って来なさい」

ブロロロロロロ

京太郎「さて帰るか和・・・」
和「はい京太郎君」
京太郎「和・・・今なんて・・・」
和「えっ・・・今の呼び方おかしかったですか・・・」
京太郎「いや・・・凄くうれしいよ和・・・」
和「ありがとうございます京太郎君
  あっ京太郎君目にゴミが付いてますよ目をつぶってくれませんか?」
京太郎「おう」

ちゅっ

京太郎「いっ今のまさか・・・」
和「そんなにイヤでしたか・・・」
京太郎「そんな事ないよ」
和「じゃあ今度は京太郎君から・・・ねっ」
京太郎「和愛してる・・・」


おしまい

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 21:17:06 ID:QqgS93CD0
今日の分で一応終了です。
最初に投稿してから約2週間付き合ってくださったスレ住民の皆様
本当にありがとうございました
一人で容量100kbぐらい消耗して本当に申し訳ないorz

またこの作品を作るにあたってもう一つ作ったギャンブルがありますので
もし機会があれば投下させて頂きたいと考えてます。
(今度は長編ではなく短編〜中編くらいになると思います。)

そして最後にこの作品を読んでくださった全ての方に感謝です。
本当にありがとうございました。


728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/18(木) 01:49:54 ID:jbXrYo/A0
乙だよォ〜

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/18(木) 07:48:02 ID:YPXfAAHQ0


730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 12:57:22 ID:uOSaVtyo0
お疲れさん
つかスレが落ちるー
スレまで京ちゃんしちゃう

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 13:06:57 ID:FHamiQ/a0
ここで部長希望してみる

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 13:57:36 ID:sfEtqe+O0
やっぱり久京ですものね

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 18:56:16 ID:04IBiY950
久京、京久……
久京のほうがしっくりくるな、うん。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/20(土) 08:23:43 ID:WROdS1FD0
このスレ的に基本的に京太郎は受けの気がする。
咲は少し違う気もするが。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/20(土) 12:49:52 ID:otzoSm3FO
「あらあら。この下の熱くて硬いものは、なにかしら須賀君?」
「な、なんでもないです」
「これがなんでもないって言うのかしらね?」

久は妖しい微笑みを浮かべ、ちらりと下腹部を見おろした。
硬くなったモノが突っ張り、ズボンの布地を持ちあげている。

「……せっかくだから、私がいただいちゃおっかなぁ?」

悪戯っぼく舌をのぞかせると、久が意味深な視線を送ってくる。
その表情が、年上のお姉さんにしては意外なほど可愛くて、京太郎はますますうろたえる。

「いただいちゃう……って、なにを取るつもりですか……」
「えーと、須賀君の童貞?」

久は京太郎の頬にキスをした後、ジッパーの上に手を置いた。

「私が……筆下ろししてあげよっか?須賀君なら…いいわよ」

パンツのなかで身動きが取れないモノが、ズボンの生地越しになでられた。
的確に裏筋をとらえられた太郎の体に、痛いほどの電撃が走る。

京太郎は、現状をこのまま受け入れたくなる気持ちを一生懸命振り払った。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/21(日) 10:24:21 ID:QiyAIeoD0
これは……いいのか?
ギリギリいいのか?

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/21(日) 18:10:41 ID:4l/pqBIx0
俺が欲しいと言っても大抵続きは書かれない罠!
ここがエロ駄目ならどっかに上げるとか?

もしくはこっから一気に純愛ラブイチャにもってくとか

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/21(日) 21:27:21 ID:ISHqB8qn0
うむ

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 04:39:34 ID:oaWciaaZ0
まあ実際に京太郎がえっちな事してるのは、優希ちゃんだけだじぇ・・・あ、だけだぞ! ・・・です。はい

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 17:05:40 ID:5J0TgruC0
結構SS描いてる人いるけど
絵や漫画を描くという剛毅な人はいないだろうか

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 18:23:35 ID:oaH+jaXl0
つpixiv

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 23:01:46 ID:UoeF1DoJ0
pixivは咲京かタコ京が多いな
久さんがご機嫌ななめだぞ

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 01:46:20 ID:8IKB0l+r0
あそこでは部キャプに忙しくて京ちゃんの相手するヒマがありませんw

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 02:33:08 ID:3T8TpaVs0
咲京以外いりません

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 07:24:28 ID:Lu4Jd5Xd0
原咲以外いりません

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 15:01:00 ID:V5jIxChV0
本来はタコ京以外存在しないはずだじぇ

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 22:54:04 ID:UVfe2qTWO
モモ京以外いらないっすよね

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/24(水) 14:39:32 ID:AQsboP2U0
智京以外いらないと思うぞーワハハ

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/24(水) 23:43:09 ID:QRvafeRx0
華菜京以外いらないし!

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/24(水) 23:53:40 ID:2jBQ842bO
京太郎「咲、もうやめてくれ…頼む」

咲「だーめ♪京ちゃんはずっとずっと私と一緒にここで暮らすの」

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 07:08:37 ID:6/u4OYhh0
最近投下がなくて寂しいぜ
あとwikiの更新も

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 07:55:57 ID:AMjLAnm60
何を言う…照京こそ無双!
異論は私に勝ってから言ってもらおうか

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 20:29:58 ID:VHpiHggP0
カン

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 21:52:54 ID:A9vFOh5V0
そのカン成立せず!私は京太郎が欲しい!

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 22:03:30 ID:7j451Ai3O
ヤンガンや単行本でみたい方はこのネタバレみない方がいいです

「因縁」

和「宮永さん、大丈夫でしょうか?あの対局からずっと元気がありませんけど…」

心配そうに咲を見つめる和はもはやス○ーカーの域

そして、今まで出番のなかった京太郎が雨の中、墓の前で立っているシーンになる


京太郎「姉貴、姉貴が死んでからもう三年になるんだな」
(須賀涼子と書かれた墓に花を添える)

京太郎「なあ、姉貴…どうしてアンタは俺を…」

菫「やっぱりあなたも来ていたのね京太郎君」

(右手に花を持った菫が京太郎の前に現れる)

京太郎「菫さん…」

菫「久しぶりね京太郎君…元気にしてた?」

京太郎「はい、菫さんの方こそ全国大会進出おめでとうございます」

菫「ありがとう京太郎君。…京太郎君の麻雀部も全国大会に進出したらしいじゃない?」

京太郎「知ってたんですか?」

菫「ええ、あなたの麻雀部の大将にちょっと気になる事があってね」

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 22:05:15 ID:7j451Ai3O
京太郎「麻雀部の大将…咲が何か?」

菫「その咲って子なんだけど名字が宮永っていうのよね?」

京太郎「は…はい、確かにそうですけど…」

(菫、墓の前に立ち、花を供える)

菫「私の友人にね、宮永照って人がいるの」

京太郎「えっ…!それってもしかして」

菫「私は照と宮永咲って子が姉妹だと思っているわ。照は真っ向否定してるけどね」

(菫、ゆっくりと立ち上がり京太郎の方を見る)

菫「涼子さんがいなくなってからもう三年になるのかしら…時の流れというのは早いものね」

京太郎「………」

菫「あなたのお姉さんには本当に色々とお世話になったわ…
涼子さんがいなかったら今の私はここにいないって言えるほどに」

京太郎「菫さん、あの…」

菫「なに?京太郎君」

京太郎「………本当にすいませんでした菫さん!」

(京太郎、菫の前で頭を下げながら謝罪する)

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 22:06:13 ID:7j451Ai3O
菫「…京太郎君?」

京太郎「姉貴じゃなくて…俺が生き残ってしまって!俺が…俺が…あんな事をしなかったら…!」

(京太郎、涙を流しながら繰り返し頭を下げる)

京太郎「俺が…俺が姉貴の代わりに死ねば……!」

菫「やめて、京太郎君」

(菫、京太郎の頭に手を添える)

菫「あなたのせいじゃない…京太郎君は何も悪くないわ。涼子さんは自分の運命を受け入れただけ」

京太郎「菫さん……俺」

菫「だから…自分を責めないで?あなたが生きている事に必ず意味はあるの」

京太郎「意味…」

(菫、京太郎の頭を撫でながら微笑みを浮かべる)

菫「だから、涼子さんが死んだのは自分のせいなんて思うのはもうやめましょう?」

京太郎「………」

菫「それじゃあ私はもう行くわね…全国大会でまた会いましょう京太郎君」

(菫、墓地を後にする。その姿を雨に打たれながらその姿を見送る)

京太郎(菫さん…あなたが何と言おうと姉貴が死んだのは間違いなく俺のせいです
俺は…どうしたらいい?どうしたらこの苦しみから放たれる?誰か…教えてくれ――――)

決して止む事なき心の雨に一人思う須賀京太郎。その瞳の先に何を見る―――

次回 「天祐」 また休載との事

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/26(金) 10:14:13 ID:JluRRxF00
久しぶりのssキタ‐GJ

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/26(金) 10:21:02 ID:RV3eirsx0
京太郎のお姉ちゃんって

オリキャラ?

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/26(金) 12:47:28 ID:G4JG7mx+0
>>748
ともきー京だなんて器がでかいなワハハ

それにしても菫京の菫メイン回だなんて珍しいな
いいぞもっとやれ

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 07:45:15 ID:mQXWZtBO0


762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 09:31:39 ID:FoyK4JZZ0


763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 09:36:48 ID:nrGgiS1R0
ttp://www.josup.com/src/up1078.jpg

2人はもう、ちょっとえっちなスキンシップ取れるほどの仲だじぇ
やっぱタコ京しかありえないじょ

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 11:04:40 ID:a0dteapw0
咲(その程度は安全牌)

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 12:15:15 ID:muBgsT/HO
京太郎「何が・・・仲間だよオイ・・!いつだって俺はアンタ達を遠くで見ているだけだった・・・!
俺はただの雑用係だった・・!そんなものの・・・どこか仲間だって言うんだよ!」

久「須賀君・・・」

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/29(月) 04:04:01 ID:L7o0G7vr0
「なにが麻雀だよー!雑用させろオラァ!!……あれ?」

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/29(月) 14:22:13 ID:lSRkRGk1O
京太郎は普段は軽い性格だけど、ビシッと決める所は決めてくれる良い男だと思うっすよ

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/29(月) 17:53:16 ID:lSRkRGk1O
(気持ちいい……)

京太郎は狂喜した。
手のひら全体を衝き上げる快感が全身にまで泌み込んでいく感じだった。
豊かな胸のかたまりに包まれて、手全体がふわふわして躍りだしそうだ。

「ヤッ、何するんだ京太郎!」

睦月は一瞬、自分の胸が揉まれるのを見ていたが、即座に我に返った。
右手で京太郎の手をつかみ、左手で胸板を押し返して突き放しにかかったのだ。

(ここで離してたまるか!)
(こんな、こんな気持ちのいいおっぱいを……!)

小乱闘になった。
睦月は思ったよりも強い力で京太郎から逃れようとする。
京太郎もむきになって睦月の身体にしがみつく。
こんな気持ちいいものを離してたまるものか、と思う。
もつれ合ううちに睦月が後退し、ベッドにぶつかって後ろ向きに倒れ込んだ。

(今だ!)

京太郎はベッドに膝をかけ、睦月の上にのしかかった。

「いい加減やめて、京太郎ッ!」

睦月はシーツを蹴って、ベッドの上を後退した。
京太郎がベッドの上を這いずって追いかける。
睦月の身体が壁に当たって止まった。

逃げる場所はもうなかった。
京太郎は勝利を宣言するかのように、睦月の両胸を力強く揉みしだいた。

素晴らしい揉み心地だった。

服の上からでは分からなかった大きな胸は、柔らかくたわんで指をとろけさせてしまう。
睦月の身体が、ぴくりとふるえた。

(今、感じた?)

睦月は耳まで真っ赤にしながら京太郎を睨みつけている。しかし、睦月の方もまんざらでもないみたいだった。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/30(火) 08:13:35 ID:7ClTMhUC0
「私なりに精一杯……うむぅ」

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/30(火) 08:49:21 ID:pYRLtm580
続きはエロパロ板で

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/30(火) 23:26:32 ID:HzUxo+fv0
ワハハ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/31(水) 14:07:03 ID:tzFXXxm20
http://yabumi.jp:8000/acchanpage/cgi-bin/up/up/up7244.jpg

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/31(水) 17:47:45 ID:NPC9xHx/0
咲ちゃん、いやらしい顔で想像してるじぇ

774 :合同合宿の結末:2010/03/31(水) 21:17:33 ID:gvDcp9bQO
優希「はぐはぐ」
まこ「こりゃあ旨いのぉ・・・ムシャムシャ」
透華「よく味わいなさいな!
何しろ普通では手に入らない牛肉、それも最高級ですわよ」
優希「おー!十分に火が通ってるじぇ!
いただきまーす!」
和「ちょっと優希……肉をタコスにはさむなんて…」

・・・・なんだ これ

キャプテン「う・・・う…」
ポロポロ
池田「き、キャプテン…そんな嬉し涙流しながら肉を食べなくても・・・・」
未春「華菜ちゃん、肉が焼けたよ」
ゆみ「やれやれ・・・・
まさか皆でバーベキューなんてな…」
蒲原「ワハハー、細かい事は気にするなよゆみちん!」
モモ「そうっすよ先輩!今は肉でも食べて楽しむっす!はい、どうぞ!」

・・・・・こんなんが、合同合宿か…?

妹尾「それにしても…まさか加治木先輩と清澄の部長さんが同じ大学を受験してたなんて、びっくりしましたよー」
蒲原「ワハハー、あいつら私達に内緒にするなんて酷いよなー」
睦月「うむ」

・・・・・・・。

久「さぁー、バーベキューもそろそろ終わりにしましょう!
最後はやっぱり皆で歌に限るよね〜♪」
井上「指揮は俺がするから任せとけ!」

衣「上げってんの〜♪」

文堂「上げってんぞ〜♪」

深堀「Yeah! Yeah!♪」

・・・・・もう、限界だ・・・ (シュボッ)

咲「あきらめたーら
おーわーり……

あれ?京ちゃん……どうしてここに?」
まこ「京太郎……お前、なんやそのライター…」

(メラメラメラ・・・)

和「……!!
み、みんな逃げてくださいっ!
燃え…」

(ボォォォォォォォォォ・・・)

俺の存在って、本当になんなんだ…?

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/01(木) 21:30:08 ID:wEdeugcEO
もはや京太郎を必要とするものがいなくなった・・・

776 :みやながさき:2010/04/01(木) 21:45:43 ID:OuRf+xpt0
私には京ちゃんが必要だよ!
京ちゃんにも私が必要だもんね
だからずっとずーっと一緒にいようね、京ちゃん
私の京ちゃん、私だけの・・・ふふ

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/02(金) 01:10:34 ID:Ig9AG8OD0
>>776
SOASOASOA・・・

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/02(金) 15:36:57 ID:WCrWk+C3O
「ねえ、もう一度聞かせてっす。本当に、私のこと、好き? リンシャンさんよりもおっぱいさんよりも?本当に、本当に好き?」

暗くてはっきりは見えなかったが、どうやらモモは泣いているようだった。

「うん、何度でも言うよ。……俺は、モモが好きだ。咲よりも和よりも、誰よりも一番好きだよ」
「京太郎……っ」

どちらからともなく顔が近づく。そして、初めての口づけ。
唇と唇の表面が触れるだけの、ささやかなキス。

「よかった……私のファーストキス、京太郎にあげられたっす……」

涙を拭いながら、けれどモモは優しい顔で微笑む。

「順番、滅茶苦茶っすどね。押し倒されて、告白されて、ファーストキス……。えへへ、変なの。本当は、京太郎も初めてならよかったっすけどね」
「うっ……」

京太郎のファーストキスは、すでに咲に奪われている。

「ちょっとだけ悔しいっすけど、まあ、それは許してあげるっす。その代わり、浮気は許さないっすからね、わかったっすか?」
「うん、もうモモだけだよ。二度と、見失ったりしないから」

そして、もう一度唇が重なった。

触れ合っだけではなく、今度は口腔内に舌を差しこみ、温かい粘膜を重ね合った。
甘い唾を啜り、啜られる。
形よい歯と歯茎の境目を舌先で舐められたモモが、睫毛をピクピクと震わせている。

京太郎はそんなモモをいつまでも抱き締めていたいと思った。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/04(日) 12:45:36 ID:WfhtHf89P
だじぇ

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/04(日) 12:48:05 ID:3ayxcKgd0
うむ

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/04(日) 21:29:33 ID:BfaWnBubO
咲「京ちゃんは私のものだよ?だって京ちゃんとは昔からの仲だから……ねぇ京ちゃん?」

モモ「思い出なんてこれから作れば良いっすよ。私の方がずっとずっと京太郎の事を……」

智紀「確かに思い出はこれから作れば良い……だけど、それはあなた達ではなくて私。私が京太郎を……」


京太郎「どうしてこうなった」

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/05(月) 07:39:06 ID:pVT7wQRQ0
衣「如何してこうなったー」(ひしっ)
初美「どうしてこうなったー」(ひしっ)
ネリー「ドウシテコウナッター」(ひしっ)

京太郎「重い…どうしてこうなった?」

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/06(火) 22:25:34 ID:ziSZq7MZO
ロリコンマスター京太郎
今日も幼い少女達のお世話が始まるのである

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/07(水) 04:23:22 ID:zcQpPRgo0
京太郎は牌に愛された子に愛される体質と判明。
その分本人は牌には愛されないが。

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/07(水) 08:16:14 ID:36R1G8/80
ジェットストリーム小池のアタックにもへっちゃらだぜ京ちゃん!

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/07(水) 21:40:21 ID:xUkwOFSo0
>>784
そんなオカルトありえません

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/07(水) 23:58:35 ID:mU8dJi4AO
自分の中に新しく芽生えた感情を必死で否定するhrmrさん

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/08(木) 21:40:45 ID:OfjnbV3fO
和「行かないでください須賀君!まさか須賀君は・・・死ぬつもりで…!?」

京太郎「悪いな和…俺はやっぱりやられたらやり返す……そんな馬鹿な世界から抜け出す事は出来ねえみたいだ…」

和「須賀君……」

京太郎「結局決まっているんだよな…ちゃんとした世界で生きれる人間と俺みたいに…こういう世界でしか自分を見出だせない人間ってのは」

和「待って須賀く……!」

京太郎「咲達にはよろしく伝えておいてくれ!行くぞお前ら!第三次廣島連合の力……ビイストの奴らに味わわせてやるんじゃああああ!」

ブォォォォォォォォォン・・・

和「須賀君の・・・バカ!」

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/08(木) 22:46:06 ID:A4VA+jaa0
グーグルで「優希」と入力したら、続けて出る単語の2番目が京太郎、
3番目がタコスというのにワロタw

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 01:43:03 ID:zsPiNLXm0
グーグルで「京太郎」と入力したとき、
「咲」は多分作品名で、その後「優希」が出るのはいいとして、
その次あたりに「衣」が出るのはエロパロ板の某作品があるからだろうか。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 05:28:42 ID:zcbx6gpvO
たまにはタコスが幸せなSS考えたけど、何かタコスが報われると色んな意味で面白くない事に気付いた。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 12:23:04 ID:0a0tQ5WhP
まあタコスだし

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 12:57:27 ID:10EfDd5w0
どんとタコスでドンタコス

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 13:24:58 ID:/BOUxT3c0
タコスのことなんかいいよ。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 15:02:00 ID:uCN4Sg1hO
( 0w0)タコスドンドコドーン

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 15:52:26 ID:bfhDik42O
京太郎にこっぴどくフラれて、ゲロ吐きながら泣き喚くほどショック受けるタコスが、一番美しい。って
某人が言ってた

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 22:07:58 ID:rvFgtk7m0
                                           _,....::―:::...
                                         ,..:'´::::::::::::::::::::::\
                                  ___     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                /  ヽ  ̄`/:::::::://:.:/:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                \ ,..-‐=、_/::::::::/:i:.:/:.:/ハ:|.:.|:.:.:.:..::::::::i
            ′                    f/::::::_:::i:|:::::;!.:.|.ハ:.ハ:| |:!、:!、:| |: |. i
         ’   ′ ’.  .               {::::::/:-i::|:::{^|:.:|,ィ≧y. リ |;ヒト、:|:.:!:::..i
     ’ ・ ’.・”;  ”  ’、             _..;;=≠'"´ ー|::|:::::、ヘ:|弋ン...:::::..ぞソ/iハノ\!
  ’ 、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;         /'"       ゝi、::::::ヽ     _ _゙  /
   .’;^`从⌒)∴⌒`.・  ”; ’、′・ 〃    `ヽ、      //\:i、:`:....、__,..ィ'
  、’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人    ヽ     \、   //  /゙ ー-L
   、(⌒ ;;;:;´'从 ;' /;>> 69:) )、 ;;:;´'从         >\//   /  ー-、_ \
   ( ´;`ヾ,;⌒:: :: :.从⌒;) :`/.・__)        /:::\/               ::\
     .;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ :;; ; -'         /:::      >ー-、___,.// >、
          、′    、 ’、          /::    _,...-≠  ..:ノ{:::i::ヽ\/ ,ィ'  `:..、
                            /::           / ゙、:ヽ::丶  ̄ \   \
                            /:        ...::::/    |:::::i:::::丶   \_   \
                           r{\::.     :::: .:{     }::::::|ヽ:::::i       ` 、_.  \
                          /::::\ィー-ァ--‐イコ〕     /:::::/  }::::i        ` .、  ヽー-、
                         /::    ̄ ̄ ̄Y´  |  <_;::-‐'   |::::|          ` 、__゙、
                        /          メ -‐へ、       i:::::i

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 02:52:15 ID:tmMYSvx00
まあなんだかんだ言っても、結局は優希ちゃん×京太郎が一番だjy・・・だよね!

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 11:25:19 ID:9xPqUkN40
「(優希ちゃんウザったいなあ・・・)」

「おーい犬! タコス買ってこい! お前のおごりでな!」
「黙れ」

「プッ」
「・・・どうしたんですか? 宮永さん」
「え? ううん、なんでもないよ」

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 01:37:09 ID:8ouqfGebO
咲さん…

801 :不機嫌なタコス:2010/04/11(日) 09:37:52 ID:8Xw0bNR7O
「わぁ、すごく美味しそうなケーキですね。どうしたんですか、これ?」
「いや、かーちゃんのお土産。何か知り合いが店出したみたいで……たくさんあるから皆で食ってよ」
「ありがとう、京ちゃん。すごく嬉しい」
「うんうん、須賀くんもたまには気が利くじゃない。女の子の気持ちを考えるなんて」
「はは…喜んでもらえて何よりっす。やっぱり皆甘いの好きなんですね」
「ほうじゃ。甘いもんは別腹じゃ。苦手なオナゴはそうはおらんじゃろ」
「……」

和気あいあいとケーキを食べる部員たちの中、一人物静かにうつ向くタコス。

「…ごちそうさまだじょ」
「ん?どうした?まだ残ってるぞ?いらないのか?」
「京太郎にやるじぇ…」
「なんだよ、タコス。タコスじゃないからいじけてんのか?相変わらずお前は…」
「う、うるさいじぇ!バカ犬!」
「いってぇ!?」

タコスは京太郎のスネを蹴飛ばして部室から出ていった。

「須賀くん…」
「京ちゃん…」
「え?今の俺が悪いの??」
「前言撤回。やっぱり須賀くんは須賀くんだわ」
「相変わらずツメが甘いのぅ」
「えー?」

部員たちの冷たい視線に訳がわからずタコスを追う羽目になる京太郎……

802 :不機嫌なタコス:2010/04/11(日) 09:43:52 ID:8Xw0bNR7O
「ったく…何で俺が…あ、いた。おい、タコス娘!」
「きょ、京太郎…な、何しに来たんだじぇ?」
「何って…お前がいきなり出ていくからだろ」
「…」
「悪かったな、何か怒らせちまったみたいで…」
「別に怒ってないじょ」
「嘘つけ。思いっきり怒ってんじゃねーか」
「怒ってないじょ。…京太郎が理由もわからず謝るのが腹立たしいだけだじぇ」
「それが怒ってるって言うん…」
「うるさい。口答えするな、バカ犬!」
「おい、待てよ。だから悪かったって」
「あっち行け!!犬はのどちゃんたちに尻尾振ってればいいんだじぇ!!!」

謝れば謝る程、怒るタコスに途方に暮れる京太郎。


「だからさっきから謝ってんだろ?そこまでお前が甘いもんが嫌いだとは…」
「………ょ」
「タコス?」
「わ、悪かったって言ったんだじぇ!甘いものが苦手で悪かったって―」
「別に悪いなんて言ってないだろ」
「じょ?…」
「俺だって甘いもんは苦手だしな」
「き、京太郎は男だからいいんだじぇ……私は…ダメなんだじぇ」
「なんで?」
「…普通…女の子は…甘いもので喜ばないといけないんだじょ…」

タコスは気まずそうに目を逸らした。

803 :不機嫌なタコス:2010/04/11(日) 09:47:22 ID:8Xw0bNR7O
「何だよ、お前まさかワカメ先輩の言った事気にしてんの?」
「だから謝っ」
「いいじゃねーか。優希らしくて」
「…えっ…」

突然、タコスの動きが止まる。

「ど、どうした?」
「京太郎…今…名前で呼んだじょ。…優希って」
「?いつも呼んでるだろ?」
「呼ばないじょっ。いつもはタコスとかお前とかばっかりだじぇ!」
「あ、あれ?そうだっけか?」
「そうだじぇ!だからもう一回ちゃんと言え!京太郎!」
「うわっ!?な、何なんだよ、お前は。急に元気になって…」
「お前じゃない!優希だじぇ!!」

よくわからないうちに機嫌を直し、いつもみたいに瞳を輝かせて笑うタコス。

全く、忙しい奴だな。俺たちさっきまでケンカしてなかったか?

京太郎は思わず苦笑してしまう。

ま、それがこいつの…ウザいけどスゲー所か。

「んじゃ、まぁタコスでも帰りに食ってくか?……優希」
「うんっ!」

へへっと照れて明るく笑う優希の頭を京太郎が「くしゃっ」と撫でた。


おしまい

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 10:07:30 ID:8Xw0bNR7O
以上です。

タコスが甘いモノ好きか苦手かわかんなかったんで勝手に設定しました…

妄想って事で一つ。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 16:24:37 ID:yvG/fHt40
GJ!
良い物を見せてもらった

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 16:41:19 ID:SnaWaQlK0
あれ・・・?
タコスが幸せになってやがる・・!

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 22:30:45 ID:Q5dw91HS0
GJ!
よかったねタコス・・・最近咲さんの気が静まっているようでなによりです

やっと規制とけたよ
落ちるかと思った

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 08:08:23 ID:vaszUeEaO
GJ
ハッピーなタコスとか食えたもんじゃねぇとか思ってたんだが…無理なく食えたんだが…

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 11:36:17 ID:juTzsWqf0
ワカメ先輩いうな

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 22:04:22 ID:EJL7Kep8O
モモ「ずっと一人ぼっちだったっす・・・苦しくて苦しくて仕方なかったっすよ」

京太郎「辛かったんだなモモ…」

モモ「でも、不思議と涙を流す事はなかったっすよ。
それはきっと・・・京太郎に出会う運命が待っていたからかもしれないっす」

京太郎「・・・・」ギュッ

モモ「京太郎・・・私は京太郎の事が大好きっす」

京太郎「俺もだよモモ・・・愛してる」

モモ「京太郎は本当に良かったっすか?私のために麻雀部をやめる事に・・・」

京太郎「構わねーよ、あそこには俺の居場所はなかったんだから・・・それに」

モモ「それに?」

京太郎「俺にはモモがいる・・・モモがそばにいるだけで俺は幸せさ」

モモ「京太郎・・・嬉しいっす・・・私はずっとずっと京太郎のそばにいるっすよ」

京太郎「ありがとなモモ・・・」

モモ(本当に嬉しいっす京太郎・・・絶対に京太郎のことを放さないっすよ・・・)ギュッ

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 00:59:58 ID:Ei2B9o5b0
わお

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 16:46:02 ID:jonQOkYTO
┃ω・)

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 07:45:04 ID:5rB+Kkh1O
優希ちゃんの出番はまだか

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 20:33:57 ID:QryKhegy0
ねぇよw

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 13:04:43 ID:Esv4eWyNO
誰か国広くん書いてくれ

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 21:26:42 ID:0yJYkGzc0
ほかの学校の奴とくっつけるの難しくね?



俺書いたことないけど。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 23:06:12 ID:k2FQKgXjO
京太郎さんは麻雀部での女尊男卑に不満を持っているから、そこを突けば容易いと思うっす

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 18:00:28 ID:yR8oOdU50
hou


819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 23:29:22 ID:JMnpSLFEO
そろそろ京太郎は覚醒しそう

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/20(火) 00:37:06 ID:3M+YKQCy0
ふと思ったんだが
アニメ22話の冒頭のあれって夢の中身知らない人から見たら
「団体戦出られなかった上に個人戦で即敗退して1人だけ全国にいけないことを夢でうなされている」
って思われそうだよな・・・

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/20(火) 22:49:58 ID:XlJwhW84O
京太郎が孤独の闇の中にいるモモを救う夢を見た・・・

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 17:58:44 ID:LbmGyjuj0
よし

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 18:55:43 ID:8xlrMv6n0
>>821
さあそれを文章にするんだ!


824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 20:56:25 ID:eyi4E6p3O
麻雀部でも孤独の京太郎とずっと一人ぼっちだったモモ
この組み合わせってかなり絆が深いような気がするんだよな

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 08:26:15 ID:vE1brtMF0
最近投下がなくて寂しいな

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 08:52:07 ID:mUDUPBJA0
最近透華がいなくて寂しいな

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 00:55:59 ID:vkHXEgWW0
透華は龍門渕で一番京太郎とくっつくところが想像できない。個人的に。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 07:52:52 ID:X+BXxPUM0
>>827
個人的には一だと思う、ほらとーか大好きっ子だし

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 21:47:03 ID:Pc/cn1XyO
純と京太郎だとイケメン二人組だな

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 23:12:02 ID:Lyx8U6hV0
アニメだと結構三枚目っぽいが、原作の京太郎って普通にイケメンだよね。キャラじゃなくて顔とかさ
一話の初登場シーン見た時「脚長っ!」と思った

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 00:33:58 ID:AA2TRi0w0
徐々に可愛くなってきてるけどな?
次に出る時は女と見間違うくらいにはなってそうだ…

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 22:01:39 ID:z9rbVIuF0
hou

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 12:59:47 ID:Juje7COu0
補習だし!

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 15:52:08 ID:5RP8M5Lh0
ちょっ・・・おま・・・咲7巻に京太郎一コマも出てねぇし!!

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 17:46:23 ID:GGouaJiY0
お前の目は節穴かー! 50頁見てみろ!

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/29(木) 13:49:56 ID:FuSSBZwO0
追試だし!

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/29(木) 20:29:18 ID:asX3J1Pa0
保守っす!

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/29(木) 22:09:13 ID:tzAy1PNv0
>>835
おお! いた!
しかし台詞は無いな・・・
そして本当に一コマしかいないな。
そして咲勝って部員が駆けつけたとき何故京太郎はいなかったのか・・・
咲を見捨てた・・・とか?

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/29(木) 22:16:00 ID:eqzJufZM0
みんなの荷物の番をしていた
大事なエトペン諸々が盗まれたら一大事だからな

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/29(木) 23:59:36 ID:OUV/GEdpO
清澄が京太郎を捨てても風越が拾ってやるし!

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/30(金) 01:47:07 ID:ZxDhHlPY0
池田ァよく言ったー!!

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/30(金) 10:10:36 ID:Jhr+ejw20
ちょ…池田ァ!てめぇ自分のとこの校名も忘れたのかよ!

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/30(金) 10:18:08 ID:kaaTXiRe0
風越は女子高だよね

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/30(金) 20:57:39 ID:2ROF/A3g0
清澄のセーラー服着てたこともあったし!問題ないし!

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/30(金) 21:23:42 ID:iSl0cHk7O
京太郎「あの〜、男である俺が女子高にいる件について説明を求めたいのですけど……」

久保「ああん!?説明も何もお前が清澄の連中に捨てられていた所を私達が拾ってやったんだろーが!ちったぁ感謝しろコラァ!」

京太郎「す、すいません!ちゃんと感謝しています!」

池田「捨てられたものを私達が拾っても全く問題はないし!」

京太郎「はぁ……ありがとうございます」(さりげなく酷い事を言われているような…)

福路「京太郎君……私達で良かったら力になってあげるから、何かあったら遠慮しないで言ってね?」

池田「華菜ちゃんは優しいから、京太郎の面倒をしっかり見てやるし!
だから安心して風越麻雀部としての新しい生活を送るんだし!」

京太郎「うう……ありがとうございます福路さん!まるで天使のようだ…」

福路「て……天使だなんて……京太郎君ったら///」

池田「私は無視か〜!」

未春「落ち着いて華菜ちゃん…」

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 12:33:57 ID:D3HGiVOR0
1年後
まこ「次の部長はだれにするけえ?」
咲・和・優希・京太郎「……」
まこ「おや、だれも立候補せんのかね?」
優希「じゃあ麻雀やって勝った人が新部長ってのはどうだい?」
咲「私は構わないけど?」
和「咲さんがいいなら私もいいです」
京太郎「俺も賛成(どうせこの3人相手に俺が勝つ確率は低いし)」
優希「じゃあ始めるじぇ」

京太郎「リーチ」
咲「カン」
京太郎(嶺上開花じゃないのか……おっ)
京太郎「ロン。メンタン、ドラが……6つ乗って倍満だとっ!?」
咲「あ〜あ、私飛んじゃった」
優希「京太郎が1位だじぇ」
和「新部長は須賀君で決まりですね」
咲「よろしくね、京ちゃん」
京太郎(もしかして、はめられた?)

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 23:19:31 ID:kIIZE5e/O
麻雀部に入部してからの咲は和やタコスといつも一緒に行動し、次第に京太郎をないがしろにしていった
そんな咲がある日、京太郎に対して心無い発言をしてしまい彼の心を深く傷付けてしまう

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/02(日) 22:50:02 ID:smLasSaqO
須賀の血の力

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/03(月) 15:20:09 ID:ilJtOdQ40
huhuhu

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/03(月) 23:38:20 ID:IouH0a0e0
>>846
頼りにされている、ということで

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 03:57:50 ID:3OBY1pAC0
>>847
そんな時彼に話しかけて立ち直らせた女の子がいた…
その子は高飛車で顔はいつもムスッとしてながらもウインクしてて口は開き影が薄い語尾にしとかうむと言う強運の持ち主だった…
しかもどうやら彼女の好物はタルタル煎餅らしいぞ?

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 23:31:44 ID:4zLRAOIK0
混ぜすぎだw

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/05(水) 21:30:26 ID:oqKbAdvM0
マダー

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 00:55:49 ID:/Xkj3h720
>>851
あと、貧乳コンプレックスがあるが露出度の高い私服を好み大食いで電子機器に強くて体型はふとましいんだな。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 03:46:38 ID:YP33IBqY0
原作に我らが京ちゃんが帰って来た!!
これでなんとか全国校と絡めれるよ・・・・

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 12:56:15 ID:OvscL6HP0
出番あったけどむしろ京ちゃん可愛い

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 14:48:29 ID:g3N6ut0G0
ハギヨシフラグ立ったか

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 16:44:52 ID:6ENmUJnm0
最後のコマ吹いたわwww
まさか原作で京ハギフラグ立つとは思わなかったぞ・・・
そういえばあそこ「知り合いに再会した」みたいな雰囲気だったけど、あの二人って直接の面識あったか?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 17:15:44 ID:jxPoveYp0
>>858
アニメ最終話でネト麻で対戦したときだけだよな。
で、メル友になって顔写真も交換して知り合いになったとか。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 02:56:02 ID:sEvleQ7q0
麻雀の師弟みたいな関係に発展するのかな。
ハギヨシの方がどうみても強そうだし、ライバルって感じじゃない。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 12:51:41 ID:nSILX3GI0
やがて素敵滅法なハイパーパシリに

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 14:11:02 ID:UJCkE2so0
買い出しのスピードが妙に早くなったり、チョイスもバッチシになったり、
タコスの補充もしっかりだったり、会場のトイレの場所を調べておいたり・・・

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 16:13:22 ID:h6MG1hU20
京太郎と衣が最初から知り合いだったら面白そう

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 21:41:23 ID:oegf/b400
甘い衣・・・いやなんでもない

ハギヨシと面識あるなら龍門渕の人々とも知り合いな可能性はあるよね

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 12:40:00 ID:Hcj9uIul0
ハギヨシ「これより須賀京太郎強奪大食い戦をはじめます。そして今回使われる料理は…」

???「タコスがいいじぇ」
?「ハンバーグエビフライ、タルだく〜」
??「煎餅が良いです」
??「うむ」
?「お子様ランチを馬鹿にするな!」
??「キャットフードがいいし〜」
??「私だけ焼き鳥で…」
??「お好み焼き広島風が良いのぅ」

ハギヨシ「・・・では間をとってレディースランチとさせていただきます」

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 18:35:10 ID:y/yqJMES0
魔王の圧力か・・・

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 22:02:15 ID:gyhNbvpv0
争奪ではなく強奪なのかww

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/10(月) 08:32:26 ID:thep4OeQ0
>>865
肝心の和やキャプテンはいないというのがなんとも。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/10(月) 21:29:32 ID:g2rzIL0H0
>>868
最大のライバルだからな。Sさんに消されたんだろう
そして本人は皆が大食いしてる隙に・・・

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 02:44:12 ID:lAnHK6sS0
「うふふ、おいしいね京ちゃん。私いくらでも食べられるよ…」

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 12:55:00 ID:AcaknZTm0
>>870
まさかとは思うが、男体盛りじゃないだろうな・・・

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 15:21:18 ID:lAnHK6sS0
>>871
それくらいならまだいいけど、魔王のSさんですから…
京太郎は、もう、

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/12(水) 01:09:34 ID:zRoaTvx60
飼われているだろうな

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/12(水) 01:51:43 ID:1M4Oi6EA0
「京ちゃんが逃げだそうとしたりするからいけないんだよ・・・」

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/12(水) 23:31:16 ID:IhjCGLKe0
Sさんには一夫多妻という言葉を知ってっもらったほうがいな

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 23:45:09 ID:tIWWV9N50
s「一夫多妻?なにそれ、おいしいの?」

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 23:49:36 ID:Fiq6JDSSP
京ちゃんが咲ちゃん以外の女を選ぶわけないじゃん
たとえ2号さん3号だとしても、そんなわけ・・・

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 06:04:18 ID:IsK8VXoP0


879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 22:57:06 ID:+T7+M/Df0
しゅ

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 13:19:10 ID:vsnanNsl0
京「じゃあ俺は買出し行ってきます。」

久「東京に来てすぐで悪いけど、お願いねー。」

咲「あ、待ってよ京ちゃん。私も行くー。」

まこ「あの二人、最近は前にもまして仲良いのう。」

和(そのとおりです。このままでは宮永さんは須賀君に・・・。)ブツブツ

優希「のどちゃん、どうしたんだじぇ?」

和「あ、いえ。なんでもありません。私も少し外に出てきますね。」



和「はあ・・・いったいどうすれば・・・。」

和「そういえば須賀君は宮永さんのお姉さんのことを知っているんでしょうか?」

和「幼馴染のようですし、もしかしたらお姉さんとも面識があるのかも・・・って、あそこにいるのは!?」

照「清澄・・・咲がいるということは、京ちゃんも一緒なのかな・・・はぁ。」

和「あ、あの!」

照「ん?」

照(あ、この子たしか清澄の・・・原村和って言ったけ。)

和「宮永照さん、ですよね?」

照「・・・そうだけど。」

和「私、清澄高校の原村和といいます。あの、あなたは宮永咲さんのお姉さんですよね?」

照「私に妹はいない。」

和「で、でも!宮永さんはあなたのことをお姉ちゃんって・・・!」

照「くどい。私に妹はいないと言ったはず。」

和「どうして宮永さんにそんなに冷たくするんですか?宮永さん、とてもつらそうでしたよ!」

照(!あれは・・・。)

京・咲「キャッキャウフフ」

和「教えてください、いったい何があったんですか!」

照「・・・ったから。」ボソッ

和「え?」

照「咲が!私から京ちゃんをとったからいけないんだーーーっ!!」

和「・・・・・・・・・え?」

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 13:20:29 ID:vsnanNsl0
こんな展開希望
続きはとくに考えてない

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 05:16:49 ID:bF5ExI5R0
うむ照さん可愛い〜

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 23:55:02 ID:vLoxxbK60
はやく原作で照さんみたいよ

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 02:02:45 ID:w8zlBtlE0
全国では京タコが進展するはずだじぇ

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 07:54:15 ID:ne/6BA8j0
>>884
優希ちゃん、後で校舎裏に行こうね♪

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 20:34:21 ID:tc/nNAHh0
>>885
いつも通りの流れで安心したww

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 10:26:23 ID:TnIAd2dU0
京太郎はヤンデレな幼馴染に愛されすぎて夜も眠れない状態になりつつあるな

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 13:02:23 ID:CGQwJajl0
原作での京ちゃんの今後に注目だな
他校と何かイベントを起こしてもらいたい

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 16:06:09 ID:MZhy0Fmx0
巫女全員に手を出すとかな

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 00:38:16 ID:/FCFTDmv0
>>880
ちょっとだけ続き


和「・・・というわけで、あなたと私は利害関係が一致しています。」

照「はぁ。」

和「お互いの目的のために協力しましょう!」

照「ほんとに京ちゃんと仲良くできるの・・・?」

和「もちろんです!そのかわり宮永さんは私がもらっていきますよ。」

照「まぁ・・・いいけど。あんまり咲に変なことしちゃ駄目だからね。」

和「わかっていますよ、ふふ・・・。それでは同盟成立ですね。」

照「京ちゃん・・・えへへ。」





京「それで嫁だなの奴がなー。」

咲「うふふ、変なのー。」

和「宮永さん、試合のことでお話があるのですが、少しよろしいですか?」

咲「あ、うん。今いくよ。」

京「いってらっしゃいー・・・一人になっちまったな。」


891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 00:39:57 ID:/FCFTDmv0

照「きょ、京ちゃん!」

京「え、照さん!?」

照「うん。久しぶりだね・・・?」

照(うわあ・・・京ちゃんすごくかっこよくなってる////)ドキドキ

京「ほんとに久しぶりっすねー。元気でしたか?」

照「うん。京ちゃんも元気そうだね。その・・・ちょっと付き合ってくれないかな?」

京「もちろんすよ。あ、だったら咲も一緒にどうですか?もう少ししたら帰ってくると思うし。」

照「!・・・咲はいいの。行こう、京ちゃん!!」

京「え、ちょっと照さ・・・」





和(照さんは今頃うまくやっているでしょうか・・・。)

咲「原村さん、どうかした?」

和「い、いえ!なんでもありませんよ!」

咲「お話はこれでおしまい?」

和「あ、はい。そうです。」

咲「そっか。じゃあ私・・」

和「こ、このままどこかへ出かけませんか!?」

咲「え?でも・・・。」

和「少し外の空気を吸ったほうがいいですよ。須賀君には私がメールでもしておきますから!」

咲「え、あ、うん・・・じゃあそうしようかな。」


続く、かも


892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 06:03:37 ID:rdLDF2CW0
デデデデデデデデ ダリラリラリダッタッタ〜
シューベルトの魔王が来るぞBGMが流れて来そうでドキドキだよ…

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 09:12:15 ID:EmGireVB0
>>891
ここに菫さんが乱入したらカオスだな。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 16:21:11 ID:G5UeYt980
「原村さんには嘘ついちゃったけど、個人戦で手を抜いた本当の理由は、
 福路さんに全国に来てもらうためなんだよね。そうすれば部長は福路さんにかかりっきりになるから。
 合宿でのやり取りを見ると、優希ちゃんは池田さんと相性良さそうだし。
 染谷先輩は中立。
 一番面倒な原村さんは龍門渕さんがいるし。
 衣ちゃんは昼間遊んであげれば、疲れて夜はすぐに眠っちゃうから。
 そして京ちゃんは別室で一人きりの夜。

 ・・・こんなにうまく行っちゃっていいのかな♪」

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 19:43:07 ID:D0mAvFWV0
咲が彩京朋美並にどんどん黒くなって行くな

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 22:40:39 ID:3OqSO3Va0
京ちゃんの出番が増え始めてる…どういうことだキバヤシ!もといコバヤシ!

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 23:10:07 ID:NzMhj/un0
>>894
面倒なwwwww
原村さんの変態性に気づいていたんですね。さすがです

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 23:16:26 ID:TEGYaMLv0
きょぬーのともきーが意外な伏兵に・・・

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 01:22:56 ID:Xuw4LpTE0
>>898
「沢村さん?あの人は秋葉原、乙女ロード、中野ブロードウェイとかで大忙しだから(笑)」

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 01:25:59 ID:aF+8akLt0
京「おい麻雀しろよ」

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 21:35:22 ID:pAqzMO+H0
>>891
続き

照「それで毎日記者とかに追っかけ回されて大変でさー・・・」

京「ははは。けど照さんはやっぱりすごいなー。」

照「そ、そんなことないよ。」

京「全国大会連覇なんて簡単にできることじゃないですよ。まあ俺、少し前まで照さんが麻雀やってるって知らなかったんだけど・・・。」

照「それはいつごろ知ったの?」

京「高校に入る少し前ですよ。雑誌で見て・・・それで俺も麻雀はじめたんです。」

照「そう、なんだ。」

京「照さんはずっと俺の憧れだったから。少しは近づけるんじゃないかなー、と思ったんですよ。」

照「なんか照れちゃうな。」

京「まあ俺は全然駄目みたいですけどね。毎日部の雑用ばっかやってますよ・・・。」

照「まだ始めたばかりなんでしょ?頑張らなきゃ。」

照(憧れか・・・。やっぱり京ちゃんて私のこと女としては見てないのかな・・・。)

京「はは、ありがとうございます。」

照「そういえば・・・どうして敬語なの?」

京「え?んー・・・年上だから?」

照「だって昔は普通に話してたじゃない。照さんなんて堅い呼び方じゃなかったし。」

京「いや、その、昔とはもう違うし・・・。」

照「そっか。京ちゃんにとって私はもう過去の女なんだね・・・。」グス

京「えぇ!?いや、そんなことないですよ!」

照「ほらまた!」うるうる

京「ご、ごめんなさい!じゃなかった、ごめん。」

照「じゃあこれからは昔みたいに接してくれる?」

京「ああ、わかったよ。」

照「じゃあ昔みたい『照ねえちゃーん』って呼んで?」

京「う・・・それはその、さすがに恥ずかしいと言うか。」

照「・・・。」じーー

京「うう・・・わかったよ、照姉ちゃん。」

照「それでいいの。へへ////」

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 21:37:24 ID:pAqzMO+H0





咲「東京ってすごいね。なんだか歩いてるだけでも楽しいよ。」

和「ふふ、そうですね。」

和(最初はどうなることかと思いましたが、宮永さんが楽しそうで何よりです。)

咲「ねえ原村さん。原村さんて・・・好きな人っている?」

和(こ、これはまさか!!い、いや、ここは落ち着いて慎重にいきましょう。)

和「は、はい。いますよ・・・。」

咲「!そうなんだ・・・。」

咲(もしかしたらと思ってたけど原村さん、京ちゃんのことが・・・?京ちゃんの方も原村さんに気があるみたいだし・・・。)

咲「それってだれなの?」

和「そ、それは・・・!」

和(あなたです!なんて・・・いきなり言えるわけないじゃないですかーーーーっ。)

和「み、宮永さんはどうなんですか!?」

咲「私は・・・京ちゃん。」

和「・・・へ?」

咲「私、京ちゃんのことが好き。大好き。」

和「はは・・・そうなんですか。」

咲「ひょっとして原村さんも?」

和「い、いえ!私は・・・違いますよ。」

咲「そうなんだ!ちょっと安心しちゃった。」

和(く・・・この程度ではあきらめませんよ。お義姉さんの助けもあります。きっと宮永さんを私に振り向かせて見せる!!)



903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 21:39:16 ID:pAqzMO+H0





淡「宮永先輩いませんねー。」

菫「ああ・・・あいつ携帯も持ってないしな。迷惑なやつだ。」

淡「ほんとですよー・・・あ、いました!」

菫「ん?あれはまさか・・・男と一緒に歩いているのか?あの照が?」

淡「へー、なんだか面白そうですね。宮永せんぱーい!!」」

照「え!?あれはまさか・・・。」

京「あれ?あの人達照姉ちゃんのこと呼んでるみたいだけど。」

照「あんなの知らない。行こう!」

京「え?ええ!?」

淡「逃げる気みたいですね?」

菫「逃がすか!追うぞ淡!!」

淡「はい!・・・なんか気合い入ってますね先輩。」





照(最悪だ・・・よりにもよってあいつらに見つかるなんて!)

京「ど、どこまで行くんだよ!?」

照「逃げきるまで!」

京「逃げるって・・・やっぱりあの人達のこと知ってるんじゃ」

照「知らないーーーっ!!」

照(って私、いつの間にかこんなに強く京ちゃんの手握って・・・うわ////)


今回はここまで。長くなりそうかも

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 22:42:25 ID:c/2Gv0wz0
>>901
久々の長作の予感!
続きに期待です!

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 23:04:17 ID:bN1elBlD0
>>903
菫淡キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
カオスな展開に期待。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 23:07:55 ID:YfbXrvVu0
>>903
続きです

照「はぁ・・・ここまで・・・はぁ・・・くれば・・・」

京「大丈夫?けどさすがに・・・ちょっと疲れたかな。」

照「ぜんぜん・・・だい・・・じょうぶ・・・」

菫「つらそうだな。」

照「うわぁ!?」

淡「弘世・・・せんぱい・・・待って・・・」

菫「相変わらず麻雀以外はどこか抜けてるな、おまえは。」

照(く・・・相変わらず無駄にハイスペックな奴・・・ていうかなんで息切れてないの!?)

京「えーっと・・・。」

菫「おっと、申し遅れたな。私は白糸台高校麻雀部三年の弘世菫だ。」

淡「同じく一年の・・・ぜぇ・・・大星淡・・・です・・・。」

京「白糸台の方でしたか。俺は清澄高校の一年で須賀京太郎って言います。」

菫「清澄・・・ふふ、なるほど。」

照(う、また余計なことに気付いたな・・・。)

京(二人とも綺麗な人だなー・・・って、いかんいかん。)

淡「それで、その、宮永先輩とはどういった関係で?」

京「幼馴染というか、昔仲良くさせてもらってたんですよ。」ニコッ

淡「なるほど、そうなんですかー・・・。」ぼー

菫「ん、どうした?淡。」

淡「へ?あ、いえ、なんでもないですごめんなさい////」

菫(ほう、思った以上に面白いことに・・・。)

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 23:09:25 ID:YfbXrvVu0
菫「ところで照。さっきからおとなしいじゃないか。」

照「・・・別に。」

菫「まあいい。しかしこっちは試合について話があるから探していたというのに、逃げるとはどういう了見だ?」

照「わかってるくせに・・・。」ボソッ

京「あ、すみません。俺が照姉ちゃんを連れ回しちゃったせいですね。」

菫・淡「「!!?」」

照「あ・・・。」

菫「ほほう、二人は随分仲がいいようだな?」

照「ちょ、ちょっと!」

京「はは、そうですね。仲はいいですよー。」

照「え////」

淡「ひょっとして二人は、その、お付き合とかしてるんですか!?」

京「ええ!?い、いや。その、そういうわけじゃないけど////」

淡「そうなんですか。よかった・・・。」

照「よかった?」

淡「うぁ、その、深い意味はないです!!」

菫「ところで照、さっきも言ったようにお前には帰ってきてもらわなければ困るわけだが。」

照「う・・・そんな」ウルウル

菫(強がるのも忘れるほど嫌なのか!?ていうかこいつにこんな女らしい一面があったのか・・・。)

京「それじゃあ仕方ないんじゃないかな。それに大会の期間中ならまた会えるって。」

照「ん・・・京ちゃんがそういうなら、わかった。」

京「そうだ、よかったら携帯のアドレスとか教えてよ。」

照「・・・私、携帯もってない。」

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 23:11:24 ID:YfbXrvVu0

京「はは、やっぱり姉妹だなー。咲とおんなじだ。」

照「む・・・。」

淡「わ、私と連絡先交換しませんか!?ここで会ったのも何かの縁ということで!!」

照「!?」

京「あ、はい。いいですよ。」

照「!!」

菫「では私も。」

照「うぅ・・・。」

菫「なんだ、妬いてるのか?」

照「そんなんじゃない!!」

京「はは・・・じゃあ俺の泊ってる宿教えておくからさ、よかったら遊びに来てよ。れそと電話なら家とかからかけれるだろうし、電話番号も教えとくよ。」

照「うん、わかった////」

京「じゃあこれ。暇なときでいいからさ。」

照「ありがとう。へへ////」

淡「あ、交換終わったみたいですね。」

菫「じゃあ二人ともそろそろ行こうか。」

淡「そうですねー////」ニヤニヤ

照「仕方ない・・・。」

菫「ではまた会おう、京太郎君。」

照(名前で呼ぶなぁー!なれなれしいよ!!)

淡「メールくださいね、京太郎君!」

照(こ、こいつらぁー!!)

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 23:13:24 ID:YfbXrvVu0





咲「あれ・・・京ちゃんと、お姉ちゃん・・・?」

和(照さんが何故ここに!?こっちの方面には来ないという約束だったじゃないですかー!)

咲「そ、それに知らない女の人も・・・なんか楽しそうに話してたよ・・・。」

和「宮永さん、本当にお姉さんだったんですか?少し遠いですし、見間違いという可能性も・・・。」

咲「そんなわけない!私がお姉ちゃんを見間違えるわけないもん!!」

和「宮永さん・・・。」

和(うう、宮永さんを傷つけてしまったでしょうか・・・?)

咲「お姉ちゃん・・・どうして京ちゃんと・・・。」

和(照さんと須賀君の仲を見せ付けるにしても、まだ早いです・・・。これでは宮永さんに・・・。)

和「宮永さん、その、元気をだしてください。私がついてます!」

咲「・・・ありがとう原村さん。ごめんね、大きな声だしちゃって。」

和「はい////」

咲「・・・・・・京ちゃん・・・。」


続く
思ってたよりカオスな展開になりそうです

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 00:23:07 ID:iJUOxeD20
>>906
GJ!!!
京淡もハジマッター!
これは今後が楽しみ。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 20:52:45 ID:7TGusZ7z0
淡のポジがあずにゃんしてて可愛いな〜

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 14:55:35 ID:mDmefGKN0
期待せずにはいられないな

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 08:01:14 ID:+62e7TMB0
そろそろお茶が飲みたいとこだな…
増えすぎても逆に回せないかう〜む
ま、座して待つか

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 23:04:24 ID:nsguRAk+0
>>909
続き


咲「あ、お帰り京ちゃん・・。」

京「おお、ただいま咲。」

優希「ご主人に黙って出歩くとはいい度胸だな、犬!罰としてタコスを買ってこい!」

京「罰って言えるのか?いつも買ってきてやってるだろ・・・。」

池田「私の分も買って来るし、京太郎!」

衣「京太郎ー、衣もほしい!」

京「仕方ない、ちょっと行って来るから皆待っててくれ。」

咲(京ちゃん、人がいいからここの人たちにも人気だなぁ・・・。)

京「咲、どうかしたのか?」

咲「ふぇ!?あ、いや、なんでもないよ!」

京「なんか心配だなー。お前もたまにはタコスでも食うか?」

咲「・・・うん、じゃあお願いしちゃおうかな。」

咲(さっきのこと私に見られてたのは気付いてないみたい・・・かな。)

咲(けど、私のこと心配してくれるんだね。うれしいよ・・・京ちゃん。)

京「ああ、任せてくれ。」

優希「おらおらとっとと行くんだじぇ、この犬ー!」

衣「おなかすいたー。」

京「はいはい、じゃあ行ってくるよ。」

咲「行ってらっしゃい・・・はぁ。」

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 23:06:00 ID:nsguRAk+0





照「・・・。」むすっ

菫「あー、その、なんだ。私が悪かったから。」

照「・・・。」

菫「む・・・。」

菫「悪かったな、お前と京ちゃんのデートを邪魔してしまって。」

照「べ、別にそんなんじゃない!!////」

誠子「・・・淡、一体何があったんだ?」

淡「その、なんていうか・・・すごく説明しづらい・・・といいますか。」

誠子「何だよ!?すごく気になるから!なぁ尭深!!」

尭深「ずずー・・・。」コクン

誠子「そうだろそうだろ。で、とりあえず京ちゃんてのは何者だ。」

淡「そうですねぇ・・・宮永先輩の思い人、でしょうか?」

誠子「なん・・・だと・・・?」

尭深「ずずずーー・・・。(驚いているようだ)」

菫「しかしなかなかかっこよかったな、彼は。」

照「・・・そう。」

菫「お前は彼にそういう気があるわけじゃないんだな?」

照「・・・あたりまえでしょ。」

菫「そうか・・・じゃあ私がもらってしまおうかな。」

照・淡「「!?」」

菫「なかなか私の好みの子だったしな。連絡先も教えてもらったことだし、後で電話でもかけてみよう。」

照「そ、そんなの駄目・・・!」

淡「ひ、弘世先輩。そういうのどうかと思いますがっ!?」

菫「なんだ淡、お前も狙ってるのか?」

淡「えぇ!?いや、私はその・・・。」

照「!!?」


916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 23:07:15 ID:nsguRAk+0
菫「その・・・なんだ?はっきり言った方がいいんじゃないか。本当に私がもらってしまうぞ?」

淡「そ、そんな・・・私は別に!」

菫「そうかそうか。じゃあ私は京太郎君とデートの約束でもしてこよう。そして私の気持ちを・・・。」

淡「わあ、駄目です!京太郎君は私がもらいますーーっ!!」

照「なっ・・・!!」

菫「ふふ、素直でよろしい。」

淡「あう・・・////」

菫「そして照、お前は別に京太郎君のことが好きというわけじゃないんだろ?」

照「う・・・。」

菫「だったら私が彼とどうなろうとお前には関係のないことだよな。」

照「そ、そんなことは・・・。」

菫「好きではないけど彼が他の女と付き合うのも嫌だと?わがままなやつだな、お前は。」

照「そんな・・・私は・・・。」グスッ

菫(ははは・・・面白くなってきたぞ!)

誠子「なんというか・・・あの人も女の子なんだな、一応。」

尭深「ずずー・・・。」コクン

誠子「しかし、その京太郎ってのは本当になんなんだろうな。只者じゃないぞ、きっと。」

尭深「ずずー・・・。」コクン

誠子「私も恋を・・・いや、ないな。あんたはどうよ?」

尭深「ずぞー・・・。」ナイナイ

誠子「あんたはお茶が恋人だもんねぇ・・・。」

尭深「ずずずー・・・。」コクンコクン

誠子「・・・私にもちょっとちょうだい。」


続く
展開遅くて申し訳ない
もっとキャラ増やすべきか、清澄+白糸台でやっていくべきか・・・

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/27(木) 15:40:39 ID:Iw/sIZvC0
渋谷は殆どともきーだな

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 01:05:54 ID:r18Plfd10
ひょっこり出てきた衣と池田に期待

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 08:03:53 ID:QurAcL3k0
前門の菫後門の淡か
確かにお茶は飲みたいと言ったがお茶しか飲んでないよたかみー!

キャラは増やして欲しいと思う反面濃くやって欲しいとも思うな
長編なら絡みがほしいから増やして欲しいかな


920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 20:44:27 ID:1T2cR+3+0
GJ!!続きに期待
個人的にはやりたい用にやれば良いとおもうよ
荒らすような愚者はここに居るとは思えんし

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 01:11:50 ID:SM3UbC+l0
今の京太郎なら男の娘化しても大丈夫だと思う

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 21:31:32 ID:rn6rmFrY0
京「咲のやつ、何か悩みでもあんのかな?やっぱり照さんのことかな・・・。」

京「・・・やっぱり今日照さんに会ったことを話した方がいいかもなしれないな。」

京「しかし照姉ちゃん・・・か。やっぱり少し恥ずかしい・・・。」ブツブツ

神代「あの、すみません。」

京「あ、はい!」

京(って、こんな所に巫女さん!?)

神代「少し道をお尋ねしたいのですが、よろしいでしょうか?」

京「ええ。けど俺もよそから来たのであまり力にはなれないかもしれませんけど。」

神代「このホテルに行きたいのですが・・・。」地図を差し出す

京「ああ、ここならわかりますよ。この道を・・・(略)」

神代「ありがとうございます。一人で観光していたのですが、道に迷ってしまって・・・。」

京「いえ、どういたしまして。じゃあ気をつけて帰ってくださいね。」

神代「はい。お世話になりました。」ニコッ

京「・・・なんで巫女服なんだろう。聞けばよかったかもな」

京「さて、早くタコスを買って戻らないとアレに折檻食らってしまう。」

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 21:32:56 ID:rn6rmFrY0




京「ハギヨシさんに教えてもらった店は・・・あそこか。結構近かったな。」

京「・・・あれは?」

初美「姫様、いったいどこに行ってしまったんですかー・・・。」トボトボ

京(あの子は巫女さん・・・なのか!?なんかちょっと違うけど!)

京(けど、さっきの人の関係者だよな、たぶん。)

京「あの、君ー!」

初美「え、私・・・ですかー?」

初美(お、男の人に声をかけられてしまいましたー。)ドキドキ

京「ああ。ひょっとして巫女服を来ている人を探してる、とか?」

初美「そ、そのとおりですよー。ひょっとして姫様に会われましたかー?」

京「君のいう姫様かどうかわからないけど、さっき○○ホテルへの道を巫女服着た人に教えたとこだよ。」

初美「あ、それきっとそうです。うちの姫様がご迷惑をおかけいたしましたー。」

京「いやいや。今頃着いてるだろうから、君も帰ったほうがいいと思うよ。」

初美「はい、それでは失礼します。本当にありがとうございましたー。」

京「はい、どういたしまして・・・結局何者だったんだろう。」

京「・・・タコス買って帰るか。」





京「ただいまー。」

優希「遅ーい!いったいどこで油売ってたんだじぇ!」

京「あー、悪い悪い。ちょっと色々あってな。」

咲「なんだかずいぶんたくさん買ってきたね・・・。」

京「どうせ優希が食いまくるだろうと思ってな。」

優希「ほほう、わかってるじゃないか小僧!さあ早くそれをよこすじぇ!」

京「ほらよ。一人占めするんじゃないぞ。」

優希「ひゃっほうー!タコスうまうま。」

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 21:34:39 ID:rn6rmFrY0

池田「わたしももらうし!」

優希「むぅ、イケダめ!それは私のだじょー!」

池田「早いもん勝ちだし!」

咲「あはは、ほどほどにね。」

京「ほら、お前も食べたらどうだ。」

咲「あ、ありがとう京ちゃん。」

京「お前さ、ひょとして・・・」

和「あ、おいしそうですね!私ももらっていいですか?」

京「え?ああ、たくさんあるから好きに食べてくれ。」

和「宮永さん、むこうで一緒に食べませんか?」

咲「あ、うん。わかったよ。」

京「あー・・・行っちまった。ま、後でいいか。」

衣「う・・・。」グスグス

京「ん、どうしたんだ?」

衣「からい・・・。」

京「なるほど・・・じゃあ無理して食べることないんじゃ。」

衣「いやだ。衣もみんなと一緒に食べるんだ。」

京「んーと、じゃあこれと交換しよう。確かこれは辛いのが入ってない。」

衣「・・・本当か?」

京「ああ。そっちは俺がもらうよ。」

衣「ん・・・。おいしい!」

京「そっか。よかったよかった。」

衣「京太郎、ありがとー!」だきっ

京「わ、こらこら抱きつくなって。」

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 21:35:47 ID:rn6rmFrY0
まこ「なんかすっかりなついたみたいじゃの。」

透華「こんなこと初めてですわ・・・あの方には感謝しなくてはなりませんわね。」

久「あら、いいもの食べてるじゃない。私もちょっともらうわよー。」

優希「あー!それは私のだじぇー!!」

久「前からちょっと食べてみたかったのよね。優希があんまりおいしそうに食べるから。」

まこ「あんたもかい・・・。にぎやかになってきたのー。」

美穂子「仲がいいのは良いことですよ、ふふ。」

まこ「明日は抽選会がるんじゃから、ほどほどにしとくんじゃぞー。」





和「おいしいですね、宮永さん!」

咲「うん、そうだね。」

和「優希が夢中になるのも頷けるかもしれません!」

咲「うん・・・。」

和「・・・宮永さん?」

咲「ふぁ!?な、なぁに?」

和「何か悩みごとがあるんですか?私でよければ悩みごとにのります!」

咲「うん・・・ありがとう。けど駄目なの。」

和「どうしてですか?私は宮永さんの力になりたいんです!」

咲「原村さん・・・ありがとう。でもね、自分でもよくわかってないんだよ。私はどうしてこんなにモヤモヤした気分になってるのか・・・。」

和「宮永さん・・・。では、気持ちの整理がついてその時に私にできるようなことがあったら何でも言ってください!」

咲「うん。本当にありがとう。」

和(このままではまずいです・・・宮永さんは全然私を見てくれていません。一体どうすれば・・・。)


926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 21:38:49 ID:rn6rmFrY0





神代「あらハッちゃん、お帰りなさい。」

初美「姫様、探しましたよー。」

神代「ごめんなさいね。けどたまには一人でお出かけしてみたくて。」

初美「ならせめて誰かに伝えておいてくださいー。本当に心配したんですよー、姫様が一人で外出なんて・・・。」

神代「そんなに心配しなくても大丈夫なのに・・・まあ少し迷ってしまったけど、親切な人に道を教えてもらったのよ。」

初美「ああ、知ってます。その人に会いましたからー。親切な人でよかったですよー。」

神代「ハッちゃん、あんまり男の人と話したことないのに大丈夫だったの?」

初美「それくらい大丈夫ですよー!私だって男の人くらい・・・。」ゴニョゴニョ

神代「あの人、なかなか素敵な方でしたね、親切で物腰も柔らかくて綺麗な顔立ちしてましたし。」

初美「な、何を言ってるんですかー!////」

神代「あら、どうしてハッちゃんが顔を赤くするの?」

初美「なんでもありません!慣れてないので少し緊張しちゃっただけですよー。」

神代「ふうん、それで一目ぼれしちゃったわけね。」

初美「そ、そんなことはないですよー!!////」

神代「ふふ、そうよね。もう会うこともないでしょうしねー。」

初美「あぅ・・・。」

神代「ハッちゃんかわいい♪」ナデナデ

初美「ひ・め・さ・まーー!!」

神代「ハッちゃん、迷惑になるわよー。静かにしなきゃ。」

初美「そんなの関係ないですよー!!」



927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 21:40:26 ID:rn6rmFrY0
>>916 の続きです。書くの忘れてた・・・
もう少し続く

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/30(日) 01:42:04 ID:n1lQIXpn0
カオスの道を進むと申したか!?
その心意気俺の良し!衣にはっちゃん可愛いな〜

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/30(日) 23:22:42 ID:3IAJbhan0
衣かわいいのぅ

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/31(月) 00:33:00 ID:njqBPQkX0
まさかの永水女子。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/31(月) 03:55:18 ID:tEts+1iy0
今日の昼はタコスにするか
俺も衣のタコスが食いたいぜ

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/01(火) 00:14:19 ID:fbRLG3qG0
休載痛いです・・・一カ月は長いなあ

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 01:23:32 ID:ESBFmgmA0
咲「・・・・・・・・・。」

優希「お、咲ちゃんおめざめだじょ。」

咲「朝・・・東京?」

優希「おうよ。」

久「抽選会は9時からよ。」

まこ「急いで支度しんさい。」

咲「あ・・・はい!そうでした。」





久「おはよう、須賀君。」

京「あ、おはようございます。遅かったですね。」

久「寝坊した人がいてねー。」

咲「あう・・・。」

京「咲・・・。」

咲「ち、ちがうの!夜なんだか寝付けなくて!」

京「どうだか。またヨダレたらして爆睡してたんだろう。」

咲「え、あ、うぅ・・・////」

まこ「おー、よくわかったのう?」

京「まぁ、付き合い長いでるからねぇ。こいつ結構朝弱いんですよ。」

咲「つ、付き合・・・へへ////」

和「むう・・・。」





和「やっと着きましたね。」

優希「おろ?咲ちゃんはどこだ?」

京「え・・・まさか・・・。」

和「また迷子ですか・・・。」

京「俺、探してくきます!」

まこ「すまんのう、たのむわ。」


934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 01:25:21 ID:ESBFmgmA0





咲「ココどこ・・・。」ううぅ

京「咲ーーっ!!」

咲「き、京ちゃん!!」ぱあっ

京「お前・・・どうしてこんなところに。」

咲「うぅ・・・ごめんなさい・・・。」グスッ

京「泣くなよ。ほら、みんなの所に戻ろう。」スッ

咲「うん!」ギュッ

咲(京ちゃんの手握っちゃった・・・えへへ////)

京「まったく・・・お前は俺がいないと駄目だなーほんとに。」

咲「そ、そんなことないよー。」

京「どうだか。お前はいつも抜けてるから・・・なんか危なっかしくてほっとけないんだよ。」

咲「・・・いつもありがとうね、京ちゃん。」

京「お礼を言うくらいならもっとちゃんとしてくれ。」

咲「んー、かんがえておくよ。」

咲(京ちゃんとずっと一緒にいられるなら私は・・・。)





まこ「おお、おかえりぃ。」

咲「ごめんなさい、勝手にいなくなちゃって・・・。」

優希「いいってことよ!それより京太郎に襲われなかったか?」

京「襲ってねーよ!」

咲「それで、抽選はどうだったんですか?」

まこ「いいとは言えんの。同じブロックに姫松と永水女子がおる。」

久「不甲斐なくて悪いわね。」

和「そんなことないですよ。優勝を目指すんですから、どの道ぶつかる相手です。」

優希「そうだじぇ!」


935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 01:27:45 ID:ESBFmgmA0



初美「組み合わせ決まったみたいですねー。」

霞「私たちはシードなんですから、わざわざ会場まで見にこなくてもよかったのでは?」

神代「まあまあ。試合前に対戦相手の顔くらい見ておいてもいいでしょう?」

初美「きっと姫様は外にでたかっただけですよー。」

神代「そうねえ、ずっとホテルの中では気がめいってしまうもの。せっかく東京に来ているのだから。」

神代(まあ実は目的は他にあるのだけど・・・。)

初美「けど姫松はなかなか厄介ですねー。清澄ってのは初耳ですがー。」

霞「噂をすれば・・・。あれですよ、清澄高校。」

神代「あら?早速見つけた・・・。」





和「この後はどうするんですか?」

久「そうねー・・・。」

神代「あの、すみません。」

久「ん?」

京「あ!」

神代「先日はお世話になりました。」ニコッ

京「いえ、そんな・・・えーと・・・」

神代「申しお遅れました。私、永水女子高校2年の神代小薪と申します。」

久「!!」

まこ「京太郎・・・いつの間にナンパなんかしとったんじゃ。」

京「いや、そんなんじゃないですから!道に迷ってるところを助けただけですよ!」

神代「ほーら、ハッちゃんもこっちに来なさい。」

初美「え?あ、あなたは・・・。」

京「あれ、ひょっとして君も永水女子?」

京(高校生だったのか。じゃあ同い年かな。)

初美「は、はい。永水女子3年の薄墨初美ですよー。」

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 01:30:16 ID:ESBFmgmA0
京「え、と、年上!?3年!!?」

初美「・・・私のこと年下と思ってたんですねー?」

京「そ、そんなことないって!いや、ないです!」

初美「・・・ずっとタメ口だったですよー。」

京「えーと・・・ごめんなさい。」

初美「どうせ私は中学生ですよー・・・。」

京「あ、えーと、俺は清澄高校1年の須賀京太郎っていいます!」

神代「京太郎さん、ですか。素敵なお名前ですね。」

京「い、いやあそんな。」

咲「む・・・」ギュッ

京「いてっ、どうして腕をつねる!?」

咲「ふーんだ。なんでもないよ。」

神代(なるほど・・・そういうことね。)

神代「ハッちゃん、京太郎さんと・・・」

淡「京太郎くーん!!」

咲「!?」



937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 02:03:13 ID:ESBFmgmA0
続きます
小刻みで申し訳ない

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 07:26:21 ID:aScZ0alS0
原作の場面きたー
ハッちゃんがよく出るロリ系先生属性っぽくてキュンとしたー
そしてトドメに淡ちゃんだー!!
>>937
すぐ終わって過疎るよか無問題だー

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 01:48:56 ID:E01+h8zO0
永水きたな……続きが楽しみだぜ
個人的には小刻みでもちゃんとかいてくれたらありがたいです

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 06:33:18 ID:W0xiqZMB0
さり気なく霞さんが登場してるな?霞の如く気付かなかった…
淡ちゃんが宮永姉妹を驚かせまくってるな!いいぞもっとやれ

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 16:36:34 ID:qPU1c5kL0
>>937
GJ!永水ネタがあったのすっかり忘れてた。
あとは東東京がどう絡んでくるかだな。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 00:25:34 ID:F04kmzHy0
>>936

京「ええと、大星さん?」

淡「うん。奇遇だね京太郎君!」

菫「探しまわっていたくせによく言う・・・。」

京「あ、弘世さん。こんにちは。」

まこ「京太郎、お前・・・。」

京「い、いやほんとにそんなんじゃないですから!!」

神代「もてるんですね、京太郎さん。」

菫「む、お前は永水女子の・・・。」

神代「ご無沙汰しております。昨年はお世話になりました。」

初美「今年はたっぷりと借りをお返ししますですよー。」

菫「照に言え、そんなことは。」

淡「その宮永先輩が行方不明なんですけどね・・・あの人は目を離すとすぐにいなくなるんだから。」

咲「お姉ちゃんがここに来てるんですか!?」

淡「え・・・お姉ちゃん?」

菫「なるほど・・・君が宮永咲か。」





照「ココどこ・・・。」ううぅ

『あ、宮永照さん、なにか一言!』

照「うっ・・・別にありません!」ダッ

『あ、待ってくださいー!』

照「・・・ふぅ。あ、あれは・・・。」

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 00:27:57 ID:F04kmzHy0
照「菫、淡。」

菫「お、照じゃないか。今ちょうど探していたんだ。」

照(よかった・・・って、え!?何この状況!)

和(て、照さん・・・間が悪すぎですよ!)

咲「お姉ちゃん・・・!」

照「・・・・・・。」

京「・・・なんで、なんで咲に冷たくするんだよ。昔はあんなに仲よかったじゃないか!昔は、ほんとに・・・。」

照「京ちゃん・・・。」

優希「き、京ちゃんって!二人は知り合いなのか?」

久「咲の幼馴染なんだから、そのお姉さんと知り合いでも不思議はないはねぇ。」

まこ「冷静に言っとる場合か?」

菫「おい、そんな態度だと大好きな京ちゃんに嫌われてしまうぞ?」

照「なっ・・・お前は何を!////」

咲「ふぇ!?ま、まさかお姉ちゃん・・・。」

久「なるほど。妹に好きな男の子を取られちゃったから怒ってたのかしら?」

京「・・・・・・え?」

照「そ、そんなわけなぷぺ」

淡「噛んでます。落ち着いてください?」

神代「あらあら。あの宮永照さんにそんな乙女チックな面がったんですねえ?」

照「う、う、う・・・////」


944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 00:29:00 ID:F04kmzHy0

菫「まあ京太郎君は私がもらってしまうがな。」ぎゅっ

京「えぇ!?ちょ、ちょっと弘世さん!」

菫「冷たいな。菫と呼んでくれ、京太郎。」

淡「あ、抜け駆けはずるいですよ先輩!」ぎゅっ

京「大星さんまで!」

淡「わ、私のことも淡って呼んで!京太郎君////」

神代「あら、ハッちゃんはいいの?」

初美「へ!?わ、私には関係ないですよー!」

菫「なんだお前も京太郎を狙っていたのか、ちびっ子。」

初美「ち、ちびっ子って言うなですよーー!」

菫「京太郎は私みたいな大人の女性が好みだものな?あんなちびっ子に興味はないだろう。」

京「へ!?あ、いやあ・・・どうでしょうね。あはは////」

初美「身長が高ければいいってもんじゃないですよー!それに貧乳は希少価値なんですよー!!」

初美「京太郎君は小さな女の子は嫌いですかー・・・?」ぎゅっ

まこ「もてもてじゃのう、この色男。」

久「何なのかしら?この状況・・・。」

和「須賀君、やりますね。できればそのまま・・・」ブツブツ

照「こ、こいつらはまた・・・!」キッ

咲「き、きょうちゃ・・・」わなわな

優希「発情してんじゃないじょこの駄犬がーーっ!!!」げしっ

咲・照「「!!」」

京「いてぇ!」

初美「あぅ。」

菫「おっと」

淡「あ、ちょっと邪魔しないでってば!」


945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 00:32:13 ID:F04kmzHy0
もうちょっとだけ続く
キャラはもう増えない可能性が高いです
原作セリフ無しキャラの性格をどうするか四苦八苦してます・・・orz
淡ちゃん早く喋ってくれ

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 19:49:25 ID:R7PdWHCw0
おーおーGJ!
やっぱり四苦八苦してたか…(だから俺のネリーが出ないんですねー!!!!!!!!!1)
原作遅いよなにやってんの!キャラ掴めないから出番無いじゃないのさー
あわあわハッちゃんカワカワに照姉ちゃんがラブリーなり

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 22:49:55 ID:Q4Egdy7cO
京太郎と淡は幼稚園の頃からの幼なじみだったが、中学に上がる前に淡が転校してしまう。
そして三年間の月日が流れ、東京にて再会する・・・という話を思いついたんだが、どうだろうか?

淡「私の方が京ちゃんの事をいっぱいいっぱい知っているの……あなたなんかには絶対に負けない」

咲「私だって負けたくない……京ちゃんのおかげでここにいられるんだから」

みたいな

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 00:22:06 ID:YaEE0q/e0
>>947
すごく・・・いいです



949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 14:48:17 ID:2BH32FqV0
さぁ衣に期待

950 :京×淡:2010/06/06(日) 22:55:57 ID:3L+u1WioO
京太郎「はあ……全国大会でも俺はまたパシリかよ……俺の存在って一体…」

淡「だーれだ?」

京太郎「うわっと!?なんだなんだ!」

淡「久しぶりだね京ちゃん!私の事……覚えてる?」

京太郎「えーと……どちら様でしょうか?」

淡「むっ、ひどいよ京ちゃん!私の事を忘れちゃうなんて……」

京太郎「………………あっ!もしかしてお前……あの淡か?」

淡「やっと思い出してくれて良かった♪大きくなったね京ちゃん……あの頃よりもずっと」

京太郎「淡の方だってかなり可愛くなったじゃねーか……そうか、もうあれから三年たつんだな」

淡「うん……私が東京に行く事になった時は本当に大変だったよね」

京太郎「ああ、お前『京ちゃんが一緒じゃなきゃ嫌だー!』ってずっと泣いてたもんな」

淡「だって京ちゃんと離れるなんて絶対に嫌だったから……」

京太郎「いつも俺にべったりだったもんなお前。幼稚園の頃から俺の後をついて離れなかったっけ」

淡「幼稚園の時まで覚えててくれたんだ……なんだか嬉しいな」

京太郎「うん?どうした淡」

淡「ねぇ、覚えてる?幼稚園の時に交わした約束の事……」

京太郎「約束………?」

951 :京×淡:2010/06/06(日) 23:10:56 ID:3L+u1WioO
――幼稚園の時――

淡『ぐすっ……京ちゃあん……えっく……』

いじめっ子『やーいやーい!泣き虫淡がまた泣いたー!』

京太郎『やめろよお前ら!淡を泣かせる奴はぼくが許さないぞ!』

いじめっ子『なんだと!京太郎の癖に生意気だ!』

京太郎『うるさいうるさい!淡はぼくが守るんだー!』ポカリ

淡『グスン………京ちゃん……』

いじめっ子『ちくしょー!覚えてろよ〜!』タッタッタッ

京太郎『いてて……もう大丈夫だぞ淡!お前をいじめてた奴はぼくがやっつけたからな!』

淡『うう……ふぇぇぇ〜ん!怖かったよ京ちゃ〜ん!』

京太郎『泣くなよ淡〜!お前をいじめた奴はもういないんだぞ?』

淡『だってぇ……だってぇ……』

京太郎『……よしよし、もう大丈夫だから心配するな。淡はぼくがずっとずっと守ってやるから!』

淡『………本当?ずっとずっと私の事を守ってくれる?』

京太郎『ああ!ぼくが淡をずっと守る!だから……もう泣くなよな淡』

淡『……うん!京ちゃんが守ってくれるなら……私もう泣かないよ!だって京ちゃんがずっと一緒にいてくれるから……』

京太郎『ああ!それじゃあお家に帰ろう淡!』

淡『うん!』

ギュッ・・・

淡『エヘヘ…京ちゃんの手……温かい……』

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 23:22:29 ID:3L+u1WioO
こんな感じなのが頭に思い浮かんだんだが、原作が全く進まないのでif展開になりそうだからやめておきます

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 23:54:57 ID:85xsqCGm0
貴様にオナ禁させられる気持ちが分かるかー!!
まあそれは冗談だとして原作進まねえキャラが把握できねえじゃインスピも浮かばねえわな

で咲絡みの続きまだ〜?

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 00:26:23 ID:t2pNdW0X0
GJ。
何年後か解らないけれど、淡のキャラが把握できたら是非続きを。

950過ぎてそろそろ次スレの時期だと思ったら、1000よりも容量いっぱいの方が近い気がする。
ということで、誰かスレ立てよろしく。自分は立て方知らないので。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 02:14:50 ID:9/HHbJhH0
ずっと前に某司書長スレの話が出た気がしたけど、あそこで度々上がるこのネタってOK?

左:京太郎 右『』
「「さあ…お前の罪を数えろ」」

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 02:49:28 ID:i9mGh0Dc0
意表を突いて、京×福与アナ、京×小鍛冶プロとかが見たい。
福与アナに振り回される京太郎、オドオドする小鍛冶プロをフォローする京太郎。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 23:21:01 ID:uckIxFkB0
スレタイどうしようか

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 01:02:50 ID:LANf3YQA0
普通に
「京太郎ハーレムスレ3」
でいいんじゃない?

地味に京太郎のファン(※ホモではない)の俺はここまで続いてきて嬉しいよ。

ヤンデレ咲、独り相撲照、キャラが読めないからこそ妄想しがいがある他の白糸台勢、最近は永水。
利害の一致で手を組む和と照、正月に振り袖でワハハカーで京太郎をドライブに誘うワハハ。
そしていつも不遇なタコスw

ハーレムなのに苦労が絶えないのが京太郎らしくて良い。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 23:43:35 ID:wn4f5ywsO
京太郎はいずれ優希という人と結婚する事になるんだじぇ

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 00:25:59 ID:TItMRhWY0
ありえないっす

京太郎はわたしのものっすよ

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 00:44:28 ID:6eua2eNB0
>>945

京「な、なにするんだよ優希。」

優「それはこっちのセリフだじょ!この発情犬め!」

京「い、いやそんなんじゃ・・・」

菫「そうだ。彼とはまだ健全な付き合いだぞ。」

優希「彼・・・つきあ・・・まだ!?」

淡「自分と京太郎君が恋人みたいな言い方はしないでくださいっ!」

菫「いずれそうなる。なあ?京太郎・・・」ツツ・・

京「えぇ!?いや、それはまだわからないというかですね!////」

初美「だ、駄目です!京太郎君は小さい子のほうが好きなんですからー!」

優希「だ、だったら私でもいいはずだじょ!!」ぎゅっ

京「なっ・・・お前までなにを!」

優希「う、うるさーい!犬は飼い主の言うことを聞くもんだじょ!」

淡「犬ってなによー!京太郎君はそんなワガママな子は嫌いだよきっと!」

優希「なにをー!?だいたい私の方が付き合いが長いんだじぇーっ!」

初美「そんなの関係ないですよー!」

菫「そうだ、一緒の時間はこれから作っていけばいい。重要なのはどれだけ彼をどれだけ想っているかだ。」

優希「想いだって負けてないじぇ!毎日寝ても覚めても京太郎のことばっかり考えてるんだじょ私は!」

淡「私だって!」

優希「どうせまで出会って数日だじょ!?そんなんじゃ毎日って言わないじぇー!」


962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 00:45:23 ID:6eua2eNB0
淡「うぅ・・・こ、このー!」ぎゅうう

優希「痛っ、やるのかこいつーっ!」ぎゅうう

菫「馬鹿はほっておこうか京太郎。私たちは・・・」

初美「させないですよー!」

菫「むう・・・お前にこういうのはまだ早いぞちびっ子。」

初美「ちびっ子って言うなですよーーっ!私だって恋ぐらいしたいのですよー!!」

菫「あと20年待て!」

初美「婚期逃してるですよー!?」

和「照さん何してるんですか?須賀君がとられてしまいますよ!」ボソボソ

照「え、いや、でも・・・////」

和「恥ずかしがってる場合じゃないです!」

菫「そうだな・・・じゃあ先に既成事実を作ってしまおうか。」ぐいっ

照「!!」

和(照さん!!)

照「ま、まったーーー!!」

菫「む・・・どうした照。」

照「き・・・きょう・・・」ボソッ

菫「どうした聞こえないぞ?」

照「京ちゃんのは私のだーーっ!!誰もとるんじゃなーーーーいっ!!!」

一同『・・・・・・。』ポカーン

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 00:47:00 ID:6eua2eNB0

京「え・・・うぁ・・・////」

菫「そ、そんなの今さら・・・」

和「みなさん、私達は麻雀の大会で集まったんです!だったらここは麻雀で決着をつけてはいかがでしょう!?」

照「そ、そうだ!お前たち・・・文句を言うのは私に勝ってからにしてもらおうか。」ゴオッ

初美「う・・・。」

淡「確かに・・・そうなれば京太郎君と会えたのも麻雀のおかげって言えるけど・・・。」

菫「まぁ、一応筋は通っているが・・・。」

優希「か、勝てっこないじぇー・・・。」ウルウル

和(ふぅ・・・なんとかなりそうです。よかったですね照さ・・・)

咲「・・・わかったよ。」

一同『・・・・・・え?』

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 00:48:52 ID:6eua2eNB0
今回ちょっと短めでごめんなさい
続きは次スレ立つまで待ったほうがいいかな。終わり近いけど

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 01:07:39 ID:zm+tXtPX0
新スレ立てました。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1276013174/l50

本当はテンプレとか話したかったのだけれど、容量ギリギリなのでそのまま立てました。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 01:09:34 ID:zm+tXtPX0
……って、書いた後に思ったけれどこっちも容量500KBでいっぱいなのだろうか?

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 08:02:24 ID:eeQCadyu0
タコスどさくさにまぎれてやっと本音だじぇ
VS1年生ズとVS3年生ズとVS宮永姉妹
最後の空間だけ鬼やな

>>965
次スレの季節だ立て乙ー!

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 23:31:24 ID:PD+laM4q0
スレ立て乙
テンプレはちょっと変えたかったかもな。次にスレ立てることになったら早めに話とこう
あとはまとめwikiも復活させたいな・・・


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>223 ドラ ◆V/DoraraaA

【ナ行(5)】
>>363 なおべー ◆tSGc1Nf2yY        >>127 なっすぃ ◆ioel3p1v1A
>>190 七´ω`誌 ◆ZfMJlQ9EMU        >>168-169 ねけ ◆lUykKY/81I
>>531 NOVIO href="../test/read.cgi/offreg/1033486287/234" target="_blank">>>234 こめっとさん get="_blank">>>417 庄屋 ◆I9FjaPoAQM
>>259 シロ様 ◆9434844916         >>213 ゼロ ◆lbTUBEstCs
>>24 宗 13/192" target="_blank">>>192★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)