5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【咲-Saki-】部キャプ2 久×美穂子

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 23:58:02 ID:MLL6hzbr
久部長もキャプテンも好きな人の、
キャプ⇒部妄想、部×キャプ妄想の為のスレです。

前スレ 【咲-Saki-】部キャプ総合
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1251144677/

関連スレ
【咲-Saki-】福路美穂子はサファイアカワイイ5【風越女子】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1251184518/
【咲-Saki-】竹井久部長はおさげ腕まくりカワイイ6
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1252335571/

※ここは18禁板ではありません。
 18禁SSを投下する際はうpロダに上げるか百合スレの方にお願いします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:00:43 ID:9LB0tpIX
>>1
乙!w

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:02:24 ID:lGNLWvhs
>>1

久   :「スレ立てありがとね!」
美穂子:「私たちを祝福してくださってありがとうございます////」

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:07:02 ID:VoxABUNE
>>1
乙!
おかげでまたしばらくは楽しめそうだ

前スレの>>979
確か一レス36行前後までだったと思う
文章の区切りが良い所で分けて投下して貰えたら
読み手としては嬉しいので多目に使っても良いと思う

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:12:37 ID:15MiZBQ5
>>1

タイトルに名前が入った!
これでワハハや透華お嬢様の乱入が減るかも w

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:16:00 ID:Jgb9IssZ
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org171746.png
キャプテン可愛すぎw

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:18:04 ID:Jgb9IssZ
言い忘れたけど>>1
明日の篤見さんの新刊楽しみだ〜

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:18:25 ID:MfxsOT+V
なんだこのスレは・・・・。
キャプテンは池田とだろjk
部長はわかめといちゃついてればいいだろ。
キャプ池派に喧嘩売ってんか

9 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/23(水) 00:25:31 ID:1vK2fBw2
>>1乙です

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:30:41 ID:yQ8PP9lw
>>6

キャプテンを悪の道に誘い込むバアなんて許さないし(´・ω・`)
華菜ちゃんと日向ぼっこしてるキャプテンのがあってるんだし

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:36:03 ID:UxL/S7wH
>>6
手品みたいなこと→失敗は1回はこっそりとやってそうだ

>>10
すっこんでろ池田

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:36:54 ID:H0aAIdhS
>>1
親切なスレタイだ

前スレで転載されてた同棲部キャプ絵がツボすぎて禿げた
もっと描く人増えてほしいわ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 00:43:44 ID:cx03guq2
                     ,. - ──‐- 、
                   /,,.-‐‐──- 、  ゙ 、
.                 ∠/´           `.、 ヽ
                 /./  /   / ハ      ヽ  '
                ,ィ゙ {.  ム--.、l | | !ハ! i .i  ,  ゙
                / ヾヽ|人|ヽィリヽ! !ナ'リメ、_ノ.} | }   !
                 / / ヽ| ィ==、   ___ ",ィノ リ |/ {
.               ヽ7  l        ゙̄ヽ /  |__'、_ <>>1乙です♪
                {   |.    '     /}  i| :{/
                |   {\.  v ̄リ   ./小   | :|
                |   ||" \ `ー , <二|   ! :!
                |   ||ィ=| `  _..!≧_i_/|   } :リ
/ ̄ ̄ ̄¨二二 ̄ ̄`゙ー-、_r‐‐'"´/´′/    ,>リ ./リ /
、 .二二/, ─-、\___)〉  /-‐/ , .ィ " ─ 、"、∨
ミ==!ミ 、___..冫 )__..)/∧/ /, .// /    '. | |
::::::::::::::::::`ー-  、.ミ.`──‐} ̄\_/ /, '      }.| |
          : : :`゙  、 `' 、ノ   〃       ,'. | |
               :: ` 、 ` 、../     ./// | |
                ::::::__ヾノ"´      /゙./__」 !
               :::::〆        〃:/_____」
            ─-‐'" `ー─ "   ./i/

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 02:05:25 ID:HNemQPCQ
>>6
やべえ萌えたwwwwwwwwww

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 02:51:20 ID:Pxm2XrQs
キャプテンこれからは全国大会への出稽古を理由に、大手をふって清澄部室へ入り浸れるな
そのままなじんで当たり前みたいにお茶だし係をやってくれ


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 02:59:34 ID:UQEvnTNg
キャプテンは何も考えてないようで
電話で返事せずにわざわざ会いに来るなんて、なかなかやるな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:08:00 ID:NujjrKm0
>>1

前スレの>>979で言ってたSSを早速あげてみる。

ちなみに、設定としては予選大会終了後。
アドバイス参考にしてみた結果、6レスほど使わせてもらう。

24話の部長の「電話でよかったのに(うろ覚え」のセリフから、もしや二人は事前に番号交換してたのかと勝手にひとりで興奮したのが発端のSS。
あと誤字脱字はスルー推奨。
原作もアニメもそこまで読み込んでないから、ちょっと捏造気味なとこあるかもしれない。
心理描写も浅いから、あまり深く考えずに読むといいかも。
読みにくかったらすまん。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:10:11 ID:NujjrKm0

 溢れ出す想いは、留まることを知らず。今もまだ、美穂子の中でしっかりとした形を保ち続けてすくすくと育まれている。それはまるで野に咲くタンポポの如く、何度踏まれても事切れることはない。
 だがその想いが叶うことはないのだろう。いずれこの気持ちは綿毛となって春の終わりに溶けていく。忘れることも、思い出にすることも出来ないだろうから。せめて終わり行く春の匂いと共に、自分の想いのカケラが届くことを願うしかないのだ。

 そう、思っていたのだけれど。

 三年間、忘れることのなかった彼女を再び目にした。信じられなかった。幻だとも思った。あの人の姿をまた見れるなんて、思いもしなかったことだから。
 それでも、彼女の打ち方を見て美穂子は確信した。
 幻などではない。確かに彼女は、あの日の上埜久は存在している。美穂子の目の前で、楽しげに麻雀をしているのだ。
 不敵な顔。余裕な態度。三年前より少し短くなった髪。マナーの悪い打ち方。名前が変わっても、彼女は彼女だった。



「昨日の敵は、今日の友っていうでしょう?」

 すべてが終わったあと。そう言って、連絡先を書いた紙を渡して颯爽と去って行く久の背中を見送った。
 話せるだけでも、幸せなことなのに。こんなことがあっていいのだろうか。
 幸福に満たされた心と手渡されたそれを美穂子はどうしたらいいのかわからず、数分悩んだ末に、下手に傷付けてしまわないようそっとポケットにしまい込むことにした。久との繋がりが記されているそれは、美穂子にとって宝物も同然だった。



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:11:27 ID:NujjrKm0


「ここを押すと、メールが相手に送られるんですよ」
「ここ?」
「それは電源ボタンです。そこを押すと電源が――」
「きゃっ! が、画面が真っ暗になったわ……」
「キャプテン……」

 会場からの帰り道。後輩たちから携帯の使い方を一通り習う美穂子に、気遣うような苦笑が送られる。
 機械音痴とは、なんとも厄介なものだろうか。
 携帯を前に悪戦苦闘する美穂子を見て、隣を歩く池田が細かくフォローを入れる。他の後輩らも、固唾を飲んで二人の行く末を見守った。

「こ、こうかしら……? ――ひゃあっ!」

 再び携帯の電源が切れた。ディスプレイの暗闇には、今にも泣き出しそうな自分が映っている。
 やがてそれは悲痛に歪み、いくつもの涙を零した。

「う、うぅ……もうダメよぉ……やっぱり私は家電以上携帯未満の女なのよぉ……」
「キャプテン諦めないでください! 泣いたら負けだし!」
「そうですよ! これはキャプテンの機械音痴レベルが携帯以上パソコン未満になるチャンスなんですから!」
「気をしっかり持って頑張りましょう!!」
「目指せ機械に強い現代っ子!」

 池田、吉留、井上、深堀のフォローが心に痛い。
 しかし四人の言う通り、これはチャンスなのだ。せめて、せめて電話やメールが出来れば。久との繋がりを身近に感じられれば。
 ポケットの上から、小さな“宝物”の感触を確かめる。

「……そう、そうね。皆の言う通りだわ」

 後輩らの歓声を受け、涙を拭いながら手の中にある強大な敵を睨みつけた。



20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:12:38 ID:NujjrKm0


 その夜。
 番号を押して、途中でやめて。自室で美穂子はその動作を何度も繰り返していた。
 いざ掛けるとなると、勇気が必要だった。今はその勇気がない。

「……っ」

 やっと通話ボタンにたどり着いた時、心にある期待と不安が手を止まらせる。

 彼女が電話に出たら、なんて言おう。こんばんは? それとも、夜分遅くにすみません?
 彼女が電話に出なかったら、どうしよう。明日はきっと、ずっと落ち込んだままだ。

 様々な考えが頭の中をグルグル掻き回して、気付いた時にはまた数十分が経っていた。
 もう今日はダメだわ、と美穂子は力無くうなだれる。思えば、最初からハードルが高すぎたのだ。再会しただけでも嬉しいことなのに、電話なんて。それはエベレストよりも高いハードルだ。
 もう今日はやめよう。また明日、掛ければいいのだから。
 そう自分に言い訳をしながら、美穂子は電源ボタンを押そうとし――

「……あら?」

 押したのは、通話ボタンだった。
 一瞬にして顔面蒼白。恐怖のコール音が美穂子を襲う。指先から足先、全身が金縛りに合ったかのように動けなかった。
 1コール、2コール、3コール。

 4コール目、突然止まる音。

 そして止まる美穂子の呼吸。

『もしもし?』
「――あっ、そのっ、わっわわわ、私っ」


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:13:27 ID:NujjrKm0
『福路さん?』
「は、はいっ! 福路ですっ!」

 緊張で上擦った声が部屋に反響して。それが電話越しにも伝わったのか、微かな笑い声が聞こえてきた。羞恥で熱くなる顔。それを少しでも冷ますべく、美穂子の手は風を起こそうと躍起になる。

『そんなに緊張しなくてもいいから。ね?』
「は、はい……」
『電話がなかなか来ないから心配してたんだけど……』
「ご、ごめんなさい。私、機械を扱うのが苦手で……」
『どうして謝るの? 私は別に怒ってないし、誰にでも苦手なことはあるでしょう?』

 耳元で囁かれる久の声。茶化すような言葉の中に潜んだ優しさ。
 あの時と同じだ。三年前、彼女がまだ上埜の姓であった頃に聞いた台詞がリフレインする。あの時、あの瞬間。自分はどんな表情をしていたのだろうか。自分はどんな感情を抱いていたのだろうか。

『――泣いているの?』
「……え?」
『なんだか、そんな気がして』

 気遣うような色を含む久の声が、すっと美穂子の頭の中で残響を繰り返す。
 ああ。本当だ。頬に手をやると、確かに伝うのは涙。そうだとしたら、なんという失態。決して泣くまいと心に誓っていたのに。どうして私は、こうも弱いのだろう。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:14:18 ID:NujjrKm0
 その場を取り繕うための言い訳を探した。だけど何も出てこなかった。口から紡がれるのは吐息だけで、言葉は出ない。苦し紛れに呟いたのは彼女の旧姓。美穂子は口元を覆った。そうしなければ、鳴咽と共に感情を吐露してしまいそうだったからだ。

「何でもありません。ごめんなさい。……今は竹井さんでしたよね」

 これは誤魔化しだ。臆病な自分が望んだ故の。壁を作る。これ以上踏み込まれないように。
 傷付くのは怖い。だから目の前のすべてから目を逸らして、小さな箱の中でひとりうずくまる。誰かが迎えに来てくれるのをずっと待っている。

『ねぇ、福路さん』

 箱の中に、光が差し込んだ。優しい色をしたそれは美穂子を包み込む。

『上埜でいいから』
「え……」
『竹井じゃ呼びにくいでしょう? あなたと初めて会った時は上埜だったし』

 それに、と久は続ける。

『上埜久も竹井久も、どっちも同じよ』
「……」
『私は、私。名前なんて重要じゃない。些細な問題に過ぎない。今ここにいる“私”という一個人の存在が証明なのだから』

 そうだ。美穂子は頷いた。名前が変わっても彼女は彼女だったと、自分は再会の瞬間に思ったのだから。

『すべて、あなたの望むままに。私はそれを受け入れるわ』



23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:15:35 ID:NujjrKm0
 久はいったい、どんな気持ちでそれを言ったのだろうか。彼女からしたら、何気ないことなのかもしれない。だが美穂子にとっては泣き出したいくらいに、とても嬉しいことで。

「うえ、のさん」
『はい』
「上埜、さん」
『うん』
「上埜さん……っ」
『なぁに?』

 砂糖菓子のような甘さを持つ柔らかな問い掛けに、涙が溢れ出る。雫の跡がついたスカートを、強くにぎりしめた。
 もう嫌だ。反則だ。そんな声で、囁かないで。箱を開けないで。私の我が儘を許さないで。

「もう、会えないと思ってました……っ」
『うん』
「三年経っても、忘れられなかった……っ」
『うん』
「ずっと、ずっと会いたかった……っ」
『うん』
「会えて、よかったです……っ」
『うん』

 開いた窓から吹き込む爽やかな風。蝉の声が途切れ、一瞬の静寂。夜に溶ける灯。

 箱は開けられた。美穂子は静かに涙を流す。目に映したのは天国でも楽園でもない。目の前にはいつもと同じ景色があった。ただ、いつもと違うのは、恋い焦がれた彼女が存在すること。

「あなたと出会えて、本当によかった……っ」
『うん……私も』

 この感情に名前を付けるとしたら、これは、そう。

 きっと、恋だ。




24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:17:50 ID:NujjrKm0
終わり。
稚拙な文ですまなかった。
日本語って難しい。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 03:30:04 ID:TpfKp+UQ
乙なんだぜ

脳内相性メーカーで遊んでみた
ttp://maker.usoko.jp/nounai_ai/?a=Maker&oo=%C9%F4%C4%B9&oo2=%A5%AD%A5%E3%A5%D7%A5%C6%A5%F3
ttp://maker.usoko.jp/nounai_ai/?a=Maker&oo=%BE%E5%C7%B8%B5%D7&oo2=%CA%A1%CF%A9%C8%FE%CA%E6%BB%D2


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 04:15:46 ID:ZKy+UGCy
GJ!
キャプテンの乙女がよく出てて萌えた。
また頼む。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 05:27:50 ID:clUI4f9F
神が定期的に舞い降りるスレダス
違和感なく読めたよ、良く研究されてる

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 05:38:01 ID:2Jg1gL5r
うん
良かった

酔っ払って始発待ちに読んでたがホームでにやけてしまった

朝からありがとう。今日はよく寝れそうです

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 05:58:50 ID:UKjLLI6L
前スレ前半みたいに荒れるといいな☆

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 07:51:41 ID:EnoGGrUs
ワハハー このグッジョブさんどもめー :D

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 09:15:10 ID:dB4Md6+E
>>29
だねー、著作権違反さんまたこないかなー
あれはいじっててサイコーに面白かった(笑)

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 11:42:16 ID:rk4PR5K/
縁起でもない
平和が一番だろ

33 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/23(水) 11:58:55 ID:1vK2fBw2
平和は基本だよ

>>24
GJですよ。キャプテン乙女全開で可愛すぎ


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 12:00:17 ID:81R1WDJ0
>>25
キャプテン欲しかないんかwww

35 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/23(水) 12:25:57 ID:1vK2fBw2
普段その欲を抑えてる分、解放したら何が起こるか…福路美穂子…恐ろしい子…

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 14:05:42 ID:cqkoGt1E
やべぇ
薄荷屋の新刊の部キャプ本が最高すぎる

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 14:10:49 ID:EeHnlu9B
>>36
ヨツクロさんの部キャプコピー本買えた?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 14:12:49 ID:cqkoGt1E
>>37
30分以上前から待機してたのに、列形成する時に運の悪い位置にいて死んだ
鬱いわぁ…

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 14:15:15 ID:EeHnlu9B
>>38
仲間wwww
休んだ時にたまたま隣に座った買えた人が読み始めたから覗き読みしてしまったw

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 14:29:56 ID:cqkoGt1E
>>39
列形成が始まる前に見本がみれる状態になってたりしたから俺も中身は読んだんだけどなー
欲しかった…。まあ今日は薄荷屋の本だけでも十分お釣りがくるくらい満足だけど

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 15:26:15 ID:15MiZBQ5
>>17
この部長。全てを見通した上で包容力あるなぁ。キャプテンもかわいいし GJ!!

数年ぶりの即売会で疲れたが、 薄○屋の新刊 get! 噂に違わぬ "ほのぼの" 新婚本!!
他スレの情報では完売したらしいから、希望者が多ければ冬に再販してくれるかも
  ↓
咲-Saki-@同人板
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1250613001/


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 15:35:38 ID:15MiZBQ5
他スレから
ttp://ranobe.com/up/src/up398262.jpg

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 21:35:28 ID:3pV8+GkH
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org175775.jpg


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 21:58:03 ID:3Z/vT7de
>>43
フラグ建設失敗w

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:10:50 ID:Jgb9IssZ
参加できなかった地方組のために8部確保した
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org175807.jpg


とりあえず欲しい人で

・今週中にみずほ銀行の口座に振り込みできる人
・EXPACK500を受け取れる人
・EXPACK(簡易包装)に入れるんで多少本の状態が悪くなっても構わない人
・本代金500円とEXPACK代500円+(銀行への振込手数料)を支払える人
・住所氏名を自分に知られても構わない人
・先に入金してもらう形になるので自分を信用してくれる人
・転んでも泣かない人
・3度の飯より部キャプな人

は、今晩24時までにbug_bukyapu@upken.jpまでメール下さい
数が少ないので8名以上から応募があった場合はランダム抽選にさせてください。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:14:37 ID:7s/oDVDV
>>43
案外これが現実で、キャプの回想はキャプの美化妄想が入ってああなってるのかも。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:14:56 ID:VkCdEcPF
同人板でやってくれ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:26:39 ID:Jgb9IssZ
>>47
すみません これで最後にします

訂正ですがこっちにメール下さい
0sb1c12478c2y1b@ezweb.ne.jp
携帯のほうがなにかと便利なので

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:27:56 ID:b6ncmrS0
>>45
みずほ銀行が近場にないド田舎に住む自分をこれほど恨んだことはない。
他の奴に譲るぜ…ワハハ…


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:35:04 ID:EeHnlu9B
おいおい携帯晒して大丈夫か?
どんだけお人好しなんだ‥

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:44:39 ID:Dt3ZIIAG
>>49
お前みずほ銀行からじゃないとみずほ銀行の口座に振り込めないと思ってるの?
未成年なの?

つかこんなとこでやるな犯罪者ども

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:53:06 ID:UQEvnTNg
合宿中にキャプテンは洗濯するふりをして部長の使ったシーツを…

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 22:56:52 ID:MA9Su5R2
>>52
顔埋めてる最中に必ず部長が現れそう

なんというか部長はそういう場面には必ず出そうなキャラ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 23:01:16 ID:tTtVNwi/
「取り込み中?」とか言いながらふらりと現れるな
シーツの残り香を胸いっぱい肺いっぱに取り込み中、とも言えずおろおろするな

誰がとは言わないが

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 23:03:39 ID:G7zqn3Y2
↑これ、すごくよくわかる。
目が合ってもきっと部長から言葉を発することはない。
相手のあわてぶりを茶化しつつ…受けとめてくれるかな?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 23:09:35 ID:7s/oDVDV
>>53
部長     「私の匂いが好きなの?」
キャプテン 「こっこれは、あのっ、ご、ご免なさい、ご免なさい、軽蔑しますよね(グスッ 」
部長     「くすっ、言ってくれればしてあげたのに。こんな風に・・・」

といってキャプテンを腕の中に抱きしめる部長。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 23:41:05 ID:K+1YdSIx
イイヨイイヨー

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 23:57:48 ID:mZl292uI
>>56
構わん、続けたまえ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:10:08 ID:yXEn8XlN
空気読まない流れですまんが、SSあげてもいいかな?
>>17に書いたSSのアナザーみたいな感じのやつなんだけど。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:22:23 ID:GMmpwWR/
フラグの建て方って難しいですね
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090923/crm0909231826014-n1.htm

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:23:41 ID:B/KbXwyf
>>59
いいとも

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:40:02 ID:yXEn8XlN
今回は文字数少ないから1レスほど使わせてもらう。
一人称で部長視点。
キャプテンのSSと書き方を似せてみた。
誤字脱字は例の如くスルーで。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 00:43:49 ID:yXEn8XlN

 どうして忘れていたのだろうか。ただただ、首を傾げるばかりの疑問。
 それほど彼女のオッドアイが特徴的だったということだろう。たぶん私の中では、あのサファイアに似た瞳が強い印象として残っていた。あまりに強すぎて、それ以外を記憶していないのは問題だと思うけれど。

『あなたと出会えて、本当によかった……っ』
「うん……私も」

 その言葉に嘘偽りはなく。しかし、目を合わす直前まで思い出せなかった私が口にしてもよいことなのか。
 電話の向こう側で、泣きじゃくる彼女の涙を拭えないことが歯痒い。
 ごめん、ごめんね。何度謝っても私の罪は消えることなく重さを増す。今、彼女が泣いているのにその涙を拭えないのは、私に宛がわれた罰。それは揺るぎのない事実で。どうすれば償えるのかわからない。
 ただ理解出来るのは、胸を締め付ける痛みだけ。

「ごめんね」

 実際に謝罪を口に出せば、軽くなるかと思った気持ちは更に重くなって、闇に拡散してゆく。
 見上げた夜空に光る月は、あなたも照らしているのだろうか。

「福路さん」
『……は、いっ』
「忘れていて、ごめんなさい」
『……っ』
「憶えていてくれて、ありがとう」
『上埜さん、ずるい……っ』

 そう言って彼女はまた、泣き出してしまった。
 ああ。またやってしまったと苦笑する。泣かせるつもりじゃなかったのに。けれど言わずにはいられなかったのだ。言葉にしないと、いけないような気がして。

『私、ばかりが、泣いてる、なんて、ずるい、です……っ』

 かすれた声が必死に、鳴咽で途切れ途切れになりながら。
 あまりの可愛らしさに、愛おしさに、切なさに。
 どうしてか、笑みが零れた。

 この胸を、全身を支配する甘い痛みは。

 きっと、私に与えられた罰だ。




64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 05:10:29 ID:BPGFe/Bc
>>63
よろし
でした

センスが素敵です。ファンになりそうだ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 10:18:55 ID:RHrWB99g
>>63
GJです

ところで薄荷屋の内容はどんなのだった?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 12:10:45 ID:HLVnXJPv
>>65
新婚
イチャイチャ
チュッチュ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 14:03:24 ID:UTPGjNPx
>>63
引き続きGJ!!
この後部長はいてもたってもいられなくて、キャプテンの家に行くのですね。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 14:10:31 ID:f2VXBk7R
とりあえずメール欄に半角でsageって入れることを覚えようか…
そうしないと荒らしがきやすくなるからね
あと一応言っとくとsageっぱなしでも落ちないからね、安心してsageようね

69 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/24(木) 15:34:59 ID:pfz/g59L
>>63
GJなんですよぉ
内面描写が美しくて好きですよ。
罪から始まる恋物語。
あるんじゃないでしょうか(えっ?違う?)

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 22:03:41 ID:PK3cpiYX
>>66
新…婚…だと…?
しかもイチャイチャだと…!?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 22:47:34 ID:LGzVRlda
ちなみに、こうして始まる新婚生活
ttp://ranobe.sakura.ne.jp/src/up42468.jpg

"イチャイチャ2" はホームページ上に掲載されているサンプルがそれ
冬にも販売されるそうなので欲しい人は冬fにがんばれ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 23:18:11 ID:4jjOzTUF
>>66に補足
・hrmrさんアップ開始

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 23:55:08 ID:RHrWB99g
既刊はいつもチケ組で消えるお・・・

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 07:06:28 ID:b8wt5Xj8
>>71
無限の可能性を感じる


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 08:12:33 ID:++IT2G43
空も飛べるはず

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 11:50:11 ID:cMv9Lc/Z
「お帰りなさい、久」
「ただいま、美穂子」
「ご飯にする?お風呂にする?そ、それとも…」

→1、あったかご飯を食べる
 2、美穂子の手を取りお風呂へ
 3、ただいまのキスをして…

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 12:19:07 ID:EL//JJMb
3→2の流れで1へ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 12:20:28 ID:OXsObapw
キャプテンはずっと『上埜さん』なんだろうか

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 12:25:59 ID:ZfRYKHzr
またアニメスタッフの自演が始まった

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 13:39:33 ID:1xJ48+ss
>>78
悩みどころだよな
ずっと「上埜さん」で固定なのも可愛いし、「久」と呼び捨てにするのも見てみたい気がする
「久さん」とかも萌えるんだが…噛みそうだなw

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 14:03:59 ID:TmLUsmqV
上埜さん→竹井さん→(久さん)→久
が理想だな
最後は あなた でも(ry

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 14:10:24 ID:qN5DkNpe
今更竹井さんは違和感あったり…
上埜さんと呼んでるのがキャプテンだけなところがツボなんだよね

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 18:56:51 ID:XDjcnlI8
キャプテンが真っ赤になって「久さん」って呼んで
部長があまりのかわいさに撃沈「やっぱり上埜さんのままで良いわ」となる

普段は頑張って「久」って呼ぶけれども夜の(ry
の時だけ「上埜さん」に戻る

とにかく時々は上埜さんって呼んでて欲しいな・・・

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 19:44:35 ID:QPCMXCEp
部長とキャプテンだったら夜だけはキャプテンの方が上手が良いなとか
思っちゃってる身としては、夜だけ久と呼んでるんだと妄想したい

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 20:58:22 ID:EL//JJMb
キャプテンが夜は上手な所がどうしても想像つかないが、それもアリだな。


あと部長の前では気にせず自然に開眼しててほしいな。

86 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/25(金) 21:10:53 ID:mg80UqrZ
夜は開眼して観察力をフル活用して弱いところを的確についていくのか…恐ろしい子

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:19:41 ID:7LGHL8Ab
視点移動と反応の癖から敏感箇所を察知します

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:23:22 ID:i6J1TFeL
部長     「美穂子はこのペンチャンを待ってたんでしょお〜、ウリウリ!」
キャプテン 「あんっ、もう、上埜さんたらっ////  上埜さんこそ、ここが弱いの知ってるんですから」
部長     「くっ、んんっ 私の悪待ちを見抜くなんてさすがね////」

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:23:24 ID:J042tSKG
悪待ちがうまくハマらずに検討違いの所ばかり責められる上埜さん

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:26:21 ID:g96e1z1E
じらしプレイですね、わかります

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:34:27 ID:A7LMILl/
えっちなのはいけないと思います!(板的な意味で
いやまぁいいんだけどさぁ…百合本スレはまだまだ話せるような感じじゃないもんなぁ…

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:49:49 ID:i6J1TFeL
>>91
いやいや、彼女たちは麻雀をしてるだけですyo!

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 23:08:53 ID:i6J1TFeL
>>92
モモ   「王手飛車っす」
池田  「にゃにっ!? 私が王手飛車の可能性を見逃すなんてありえないし!」


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 23:09:33 ID:i6J1TFeL
ゴバーク・・・・。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 23:31:21 ID:XDjcnlI8
>>92
部長   「美穂子の『白』綺麗よ」
キャプテン「う、上埜さん。恥ずかしいからそんなに見ないで」
部長   「そんな事言っても『一筒』は素直ね」
キャプテン「やっ、そんなトコ」
部長   「ほら、手をどけて。早く『一萬』を見せて」

うん。誰がどう見ても健全な麻雀風景だ(・∀・)

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 23:59:17 ID:OmKzyYX2

「こら、力抜いてくれないと指が入らないわよ?」
「んっ……い、たいっ……」
「怖くないから、大丈夫。安心して」
「でも……んぅっ」
「……痛い?」
「だい、じょうぶ、です……」
「いい子ね……もうちょっとだから、我慢してちょうだい……」
「あ……っ」

「はい、取れたわよ! もう目は痛くないでしょ?」
「んー……はい。やっと涙もとまりました」
「まつげって目に入ると結構痛いからねぇ」

冒頭の『力抜いて』はキャプテンが目を固く閉じすぎて部長の指が入らないってことなんだからね!
さて、温泉合宿の続きでも書いてくるわ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 00:32:23 ID:FJ6iX/YM

部 「さぁ、鳴きなさい・・・コレが欲しかったんでしょう?」
キャ「いやっ・・・ああっ・・・・・チー・・・」
部 「あら、聞こえないわ。もっと大きな声で。」
キャ「ああっ、チー!チーですぅ/////」
部 「そろそろ聴牌かしら?さぁ、どこに差し込んで欲しいの?」
キャ「いやっ、知ってるくせに・・・上埜さんの意地悪・・・」
部 「欲しいのはこの二筒かしら?」
キャ「違う・・・・お願い、じらさないでください・・もう・・・」
部 「うふふ、分かってるわよ・・・・ここね・・・この九萬が欲しいのね」
キャ「ああっ・・・ロ、ロンですぅぅっ」



98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 00:43:24 ID:NJq16YE/
キャプテンは上埜さん色に染まってるから
上の三色ばっかり狙いそう

99 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/26(土) 00:57:55 ID:4idx+C/v
須賀く〜ん座布団持ってきて〜

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:10:52 ID:0XUQSPFN
駄文投稿します。
「上埜さん」から「久さん」へのチェンジ話を書いてみた。
5レスほど使わせていただきます。
苦手な方は飛ばしてください。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:13:45 ID:0XUQSPFN
冬休み、2回目になる合宿は清澄と風越のみで行われることになった。
鶴賀と龍門淵にも誘いの手紙を送ったが、両校とも都合がつかず参加を見送ったためだ。
年末年始は学校に入ることができないので部活もできない。

「それなら、打てるうちに打ちまくればいいのよ!」

とは上埜さんの言葉で、この合宿は企画された。
けれど、私はもう引退部員。私と上埜さんは練習よりも指導と裏方に徹していた。
引退部員で参加しているのは私達だけであり、自然と一緒にいることが多くなる。
お互いに告白しあっていわゆる「恋人」という間柄になり、何回か遊びに行った時も
楽しかったけれど、こうして2人で協力して何かやるというのは新鮮で。

「そう、風越の新しいキャプテンは池田さんになったのね」
「はい、華菜がキャプテンで、吉留さんが副キャプテンになりました。
 まだまだ慣れないこともあって大変みたいですけど、2人で頑張ってますよ」
「……うちもまこ―――えっと眼鏡かけてる子が部長になってね……」

今は夕飯の片付けと明日の準備をしているところだった。

私たちの関係は大っぴらにできるようなものではない。
だからだと思っていた。
この合宿で上埜さんが私の名前を呼んでくれないのは。
美穂子―――
上埜さんが名前を呼んでくれるのが好きだった。
それだけで嬉しくなったり、恥ずかしかったり、勇気をもらえたり……
けど今日は呼んだとしても『福路さん』であり『美穂子』とは呼んでくれなかった。
それはこうして2人でいるときも……

「キャプテーン!……じゃなかった福路せんぱーい!お風呂空きましたよ!」

お風呂を済ませた華菜が浴衣姿で走ってきた。
今回の合宿の目的はとにかく麻雀を打つこと。
夕食後にも打つために部員達は先にお風呂を済ませ、
その間に私たちが片付けなどをしていたのだ。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:17:04 ID:0XUQSPFN
「もう、華菜ったらまだ間違えてるの?」
「す、すみません……」
「今日はお疲れさま、華菜。“キャプテン”明日もがんばって」

しゅんと落ち込む華菜にいつものようにぽんぽんと頭を撫でてあげあげる。

「はいっ!き、清澄の部長さんも片付けありがとうございます!」

上埜さんにも礼をして、華菜は来た時と同じように走って行った。
あんなに慌てて、転ばなければいいのだけれど……

「カナ―――」



「え?何か言いましたか?」
「ううん、なんでもなーい」
「……」

確かに上埜さんは今“華菜”って言った。

「あ―――」

瞬間、全てがわかった。どうして上埜さんが“名前”で呼んでくれないのか。

名前だ―――

“上埜さん”
“華菜“

どちらも何気なく呼んでいた。
“上埜さん”はいつの間にか”竹井さん”に訂正するタイミングを見失って
そのままになっていた。上埜さんも気にする素振り(そぶり)も見せず、
いつも振り向いてくれた。
どうして今まで気づかなかったのだろう?
この違いに。
もう出会ったときとは違う関係になっているのに。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:19:37 ID:0XUQSPFN
でも、不謹慎だけれどヤキモチを焼いてくれたと思うと、
私の中の上埜さんのイメージからすると少し意外。
視野の広い人だからいつも周りに気を使って、やさしくして。
そんな姿にいつも私はヤキモキさせられて、だけどすごく惹かれて―――
私ばかりだと思っていたけれど違った。そのことがすごく嬉しい。
だから、呼ばなきゃ。
“恋人”なのだから、名字ではなく名前で。
いつも彼女が私に言ってくれるように。


* * *


着替えを準備して、2人でお風呂へ。
名前を呼ぼうと決意したはいいけれど、逆に意識しすぎてしまって、
どうにもうまくいかない。
一人で勝手に気まずい空気を作ってしまっているような気がして、申し訳ないのだけれど、
上じゃなくてひ、久さんはいつも通り。

もくもくと湯気ののぼる温泉に久さんがざぶーんとつかる。
どうにか心の中では“久さん”と呼ぶことに慣れてきた。
「ふぁ……、気持ちいい……」
私もゆっくり温泉に入ると、一気に力が抜けた。
すべすべのお湯が全身の疲れを溶かしていく。

「ホント、そんなに疲れてるとは思わなかったけどやっぱり温泉はいいわね〜」
「ひ、ひさ、しぶりですね……。こうしてゆっくりするのも」

緊張してうまく言えない。

「そうね、最近なかなか予定合わなかったしね」
「ひ、ひまな1日ってあるようでないですよね」
「まぁ、年末だから仕方ないわよ」
「ですね……」

ああ、どうしても言えない。

「大丈夫?」

俯いてしまった私を覗き込む久さん。
そう、あとは“久さん”って声に出すだけ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:22:00 ID:0XUQSPFN
「さっきからそわそわして、なにか隠し事でもあるの?」
「ひ、ひ、秘密なんてないですよ!」

まっすぐに向けられる久さんの目。
久さんは私の目を綺麗だと言ってくれたけれど、私は久さんの目も綺麗だと思う。
色に深みがあって、覗き込んでも底が見えず、
けれど見るたびに色が違うような気まぐれさを持っていて。
それは久さんの性格を表しているよう。

「言いたいことがあるなら言って欲しいな」

今は悪戯を仕掛けて、それに気付かない子を見るような目をしている。

「私、ずっと待ってるんだけどな〜」

気づいてる―――

私は直感した。
久さんは私が名前で呼ぼうとして、でも呼べないことに気づいてる。
気付かれていたとわかった途端に恥ずかしくなり、顔が熱くなる。

「まぁ、無理にとは言わないけど……」
「無理じゃないですっ!」

わざと傷ついたふりをしているのがわかる。
またこの人に翻弄されてる。
でも、構わない。だって私は―――

「久さんっ!名前、読んでください。いつも、みたいに……」

名前を呼んでもらえないことがこんなに不安になるものだなんて知らなかった。
そんな久さんの気持ちに気付けなかった。その優しさにずっと甘えていた。

「美穂子」

名前を呼んでもらえることがこんなに幸せなことだなんて知らなかった。
いつもいつもあなたは大切なことに気付かせてくれる。



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:25:28 ID:0XUQSPFN

「ねえ、美穂子?」
「はい」
「もう1回呼んで」
「ひ、久さん」
「もう1回」
「久さん……」
「じゃあ最後にもう1回」
「久さんっ!」
「うん、これだけ言えばもう慣れたわよね?」

顔が熱い。理由は温泉のせいだけではないとわかっている。
まっすぐに久さんの顔が見られない。

「……呼び方だけで嫉妬するなんて私も大人げなかったわね」
「いえ、そんなことは……」

顔を上げると久さんの顔もほんのり色づいていた。
照れ隠しのようにはにかんでいて、なんだか可愛らしい。

「だから、これは私からのお詫びの印―――」

久さんの手が私の髪に触れて、頬に触れる。
何をするのか予想できたけれど動けなかった。動く気もなかったのだけれど。
両目を伏せてその時を待つ。

温泉のせいでしっとりした久さんの唇が私のそれに触れた。

「次は美穂子からね!」
「ひ、久さん!」

いくらなんでもそれはハードルが高すぎます……

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 02:26:21 ID:0XUQSPFN
以上です。
駄文失礼しました。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 04:35:27 ID:nLb5ZXE1
深夜にわざわざありがとう!GJっした!

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 08:53:49 ID:7baOQQbk
>>106
GJでした!きっと合宿が終わった時はもう「久」と呼んでるでしょうね。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 08:54:28 ID:QtphZKpx
すごいよかったじぇ
部キャプもいいもんだな

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 10:15:36 ID:0Sxr6i6y
アニメで名前呼びイベントやってくんないかなー


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 10:45:13 ID:8siSfdJd
>>103
>「ひ、ひさ、しぶりですね……」
ここからニヤけっぱなしだった
乙!

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 12:35:57 ID:M3CqMaz7
>>106
ぐぐぐぐっじょぶ!!!!!
キャプテンが可愛過ぎて悶絶した!!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 23:08:00 ID:RBcWpkah
>>106
おおおお!これは萌えたww
GJ!w

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 00:03:17 ID:yo/DE2sl
>>106






115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 00:31:49 ID:k21GsCuR
大沖自重

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 01:08:22 ID:ZSHbVctv
キャプテンから部長への初めてのキスを想像して悶え死んだ
実は心臓爆発寸前だけど表に出てないだけの部長と純情キャプテン
どっち視点でも可愛いな

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 02:46:58 ID:8KAOOtAq
21話の部キャプ個人戦の回を観返してたんだが、
部長の事を心の中で考えながら、いちいち胸の辺りをぎゅっとする仕草が可愛いぃぃ!!

ほんと、どっからどう見ても恋する乙女にしか見えない(*´Д`)


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 10:24:32 ID:b+RIruw7
花火の時キャプテン片目閉じてたけど、せっかく部長と二人っきりなんだから目開ければいいのに
あの後部長に「花火も綺麗だけど、アナタの瞳も綺麗よ。ほら、もっとアナタの瞳を魅せて…」って言ってもらうためかね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 10:42:35 ID:6mJhaGsi
24話での花火を一緒に見てる顔と合宿に向かうキャプテンの雰囲気がかなり違うから
おそらく花火前に部長がくどいて、いい雰囲気になって花火を二人で見て
その後、部長がおいしくいただいたに違いない。 と思ってる。

前スレで書かれていた花火の話がすごいぴったりなんだけど、花火後の続きが読みたいのだが
誰か書いてくれないものか。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 13:26:11 ID:67Uzj72G
咲-Saki- 部長とキャプテンの目が逢う瞬間……あれ?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8141818

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 16:25:10 ID:5/2aKj56
独りで他校に乗り込むなんてなかなかできない
キャプテン凄いな

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 16:30:01 ID:ZT6wQ9mj
愛があればなんとやらだな

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 18:27:16 ID:b+RIruw7
清澄に向かってる途中のキャプテン、色んな意味でドキドキだっただろうなぁ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 19:34:18 ID:AqstKdu5
ttp://ranobe.com/up/src/up400115.jpg

部長と一緒に全国で戦うんですね、わかります

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 19:41:37 ID:4ev8ei1L
今日の新刊か
部キャプ本は無かったなぁ

恋をするひとされるひと再販してくれんかなぁ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 20:27:31 ID:eODfuIbl
今日の放送でも部キャプをやってくれるかな
もう最期なんで数年後の二期まで妄想が続くような凄いのをぜひ

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 23:00:55 ID:SDFAD3xV
夜中2人だけで
抜け出して
夜空眺めて
手繋いで
星の下で部長が口説いて
それでキャプテンは益々恋に落ちて

128 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/27(日) 23:07:59 ID:IQMnNT+v
星座関係のウンチクを語ってみたり

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 23:09:11 ID:k21GsCuR
>>123
もちろん一度家に帰ってシャワー浴びて勝負下着に変えてきたんだよな!

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 23:19:42 ID:SDFAD3xV
上埜さんはこの色を綺麗と言ってくれるだろうか

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 23:54:18 ID:I2XhWeCx
24話の
「今日はありがとうございました」
「何言ってるの、来年も二人で見るのよ?」
の感動から早一週間、温泉でイチャイチャはまだかのぅ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 00:25:29 ID:TWrXAzeh
女の子同士のじゃれ愛だもんね
乳を揉むなんて序の口だよね
キャッキャッウフフやってるうちに本当に変な気分になっちゃってもおかしくないよね?

しかし、部長のセクハラ姿に違和感がないの何故なんだろう

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 00:49:03 ID:lPwStTNE
>>132
そりゃ部長だもの、当然w

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:19:28 ID:u3jORxjR
今まで見る専門でしたが、今夜最終回と言う事で駄文ではありますが投稿させていただきます。
おかしな点、見苦しい点もあるかと思いますが、ご容赦ください。
舞台は今とは違う咲の世界、アナザーストーリーでございます。

「もしも久が風越に行っていたら」
というテーマで書いてみました。

なお、個人的には「苗字が変わったのと清澄に行ったのは密接な関係がある」と勝手に考えているので
風越に行った=苗字は上埜のまま、という設定であります。
もしよろしければごらんくださいませ。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:21:39 ID:u3jORxjR
上埜久、福路美穂子、高校1年、4月


放課後、教室にて

女子A「久さーん、一緒に帰ろー♪」
久「おー、いいよー。」
女子B「キャー!私も一緒に帰りたーい!」
女子C「アンタの家反対方向じゃなかったっけ?」
女子A「そういえば、久さんは部活何に入るか決めた?」
久「うん、決めてるけど?」
女子A「何部何部〜?私も同じ部入ろうかな〜!」
女子B「久さんなら何部に入っても全国レベルになれるよ〜!」
女子C「頭脳明晰、才色兼備だからね。」

そんな会話をよそに、一人帰り支度をする美穂子。

美穂子(・・・。)
久(あれ、あの子・・・。)
久「ねえ、あの子って・・・。」
女子A「・・・ああ、福路さん・・・?あんまり関わらないほうがいいよ。
    私中学校の時同じクラスだったんだけどね、風邪って嘘吐いて学校休んで遊んでたのに
    見舞いとか言って家まで着たりするのよ。それで親バレしたし・・・ウザいでしょ?」
女子B「掃除とかも皆やってないのにあの子1人で黙々とやってるしね。
    そんなに教師のポイント稼ぎたいのかしら。」
女子C「悪い子じゃないんだろうけど、過ぎた親切は迷惑になるって事よね。空気読めって感じ。」
女子A「まさにそんな感じね。そんなんだから友達出来ないのよ。まあ自業自得ってやつ?」
女子B「知ってる?あの子の目左右で色違うんだって。気持ち悪くない?」
久「・・・。」

教室を出て行く美穂子。

久「ごめん、用事を思い出したわ。」
女子A「えぇ〜!?じゃあ明日は一緒に帰ろうね?」
久「明日も用事を思い出すと思うわ。」
女子ABC「・・・?」
久「それじゃあね。」




136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:22:17 ID:+q5sLunF
>>134
投下は嬉しいがその前にsageてくれ

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:24:42 ID:u3jORxjR
夕焼けの帰り道にて

美穂子(上埜さん、人気者だった・・・。)
美穂子(周りの子たち、きっと私が帰る時、私の話をしていたんだわ。急に声が小さくなったもの。)
美穂子(良い話ではなさそうね・・・。上埜さんにも、嫌われちゃったかな・・・。)

美穂子(あの全中での戦い、そしてあの言葉の意味・・・ずっと考えてた・・・。)
美穂子(同じクラスになれた時、本当に嬉しかった。)
美穂子(でも・・・上埜さんはきっと、私を覚えていないんだわ・・・。)
美穂子(麻雀部に入れば一緒に話せるかと思ったけれど、上埜さんほどの人なら
    わざわざ麻雀を選ばなくても、何をやっても活躍できるわ。)
美穂子(・・・一緒に、麻雀、したかったな・・・。)

美穂子の目からポロポロと涙が零れ落ちる。
その時、後ろから声が聞こえた。

??「お〜い。」
美穂子(えっ・・・?)

振り返るとこっちに向かって走ってくる久の姿が。
立ち止まって急いで涙を拭く。

久「・・・ふう、意外と歩くの早いのね、貴方。」
美穂子「う、上埜さん・・・。一体どうし・・・きゃあ!」

美穂子の顔を両の手の平挟み、まっすぐ見据える久。

美穂子「あ・・・あの・・・上埜さん・・・?!」
久「・・・やっぱり。貴方、一度戦ったことあるわよね。」

気付けば美穂子は両目を開いていた。
久はゆっくりその顔から手を離す。

美穂子「お・・・覚えていて、くれたんですか・・・?」
久「その綺麗な目を見るまでは気付かなかったけどね、覚えてるわよ。だって」

久は笑顔で。

久「私を唯一苦しませた人だもの。」




138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:26:16 ID:u3jORxjR
不意に美穂子の目から涙が零れ落ちる。

美穂子「ぐすっ・・・私、ずっと貴方と話したいって・・・一緒に麻雀がしたいって思ってました。
    同じクラスになれて、本当に嬉しかった。でも上埜さんは私の事なんてきっと覚えてないって、
    そう思ってました。こうして話せて本当に嬉しいです。でも・・・。」
久「?」
美穂子「私と一緒にいるときっと、上埜さんまで悪く言われるかもしれません。
    だから・・・!もう私には話しかけ・・・」

久は頭をぽりぽりと掻きながら。

久「そりゃ無理ってもんじゃない?だって、私たち、同じ部に入るんだもの。」
美穂子「・・・えっ!?上埜さんは麻雀部に!?」

美穂子の鼓動が早まる。

久「ん?貴方は入らないの?」
美穂子「いえ、入るつもりでしたけど・・・。」

久ほどの才能と知識なら、何をやってもうまくいく。
あえて麻雀を選ぶ事はないのではないか。
美穂子はそう思っていた。

久「じゃあ問題ないじゃない。貴方の希望も叶って一石二鳥ね。」
美穂子「で、でも・・・。」
久「ああもう、面倒ね。」

そういうと久は美穂子の手を取る。
美穂子の顔がみるみる紅潮していく。

久「一緒に行きましょ。」
美穂子「ど、どこへですか・・・?」

久はまっすぐに美穂子の目を見つめながら言った。

久「全国へ!」

美穂子は思った。
きっとこの人なら。
いいえ、違う。
この人となら、行ける。
だから・・・私は!

美穂子「は、はいっ!」




139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:28:10 ID:u3jORxjR
帰り道 その後



2人の影が長く伸びる。
ゆっくりと歩いているその影の手は、しっかりと繋がっていた。

久「今更なんだけど、貴方の名前教えてくれない?」
美穂子「えっ?!対戦したことは覚えているのに、名前は覚えてないのですか?クラスまで一緒なのに。」
久「ごめんなさいね、対戦相手の名前とか気にした事ないのよ。」

美穂子はそれもこの人らしいと思うと少し可笑しくなった。

美穂子「福路 美穂子 と言います。よろしくお願いします。」
久「美穂子か、私は上埜 久。よろしくね。」

急に下の名前で呼ばれて驚く美穂子。

美穂子「み、美穂子って・・・上埜さん、いきなりそんな・・・。」
久「ああ、私も久でいいわよ。」

言いたい事は間違って伝わったようだが、これが彼女なりのスキンシップなのだろう。
だから、拒む必要などないのだ。

美穂子「じ、じゃあ・・・久・・・さん?」
久「うんうん。」

それだけで美穂子の顔は赤くなってしまう。
しかし久はそれに気付いていないようだ。

久「さあ、明日から忙しくなるわよ。」
美穂子「明日?何かあるのですか?」

久は美穂子の目を見て言う。

久「風越麻雀部を、全員やっつける!私と美穂子でね!」
美穂子「え、ええ?!そんな、いきなり・・・!」
久「1年生だからって自分より弱い人を大会に出されるなんて悔しいじゃない?
  私たちより強い先輩がいたらそれは認めるべきだしね。もちろん、いつかは追い抜くけど。」

美穂子はしばらく呆気に取られて聞いていたが、しばらくして笑い出してしまった。
そんなこと考えた事も無かった。なのに何故だろう。
久となら、出来る。やってみたい。と思えるのだ。

久「?? 何か可笑しい?」
美穂子「ふふふっ。いいえ、がんばりましょうね!」

美穂子は笑顔を久に向けると、久も笑顔を返す。
その手はいつまでも、ずっと繋がっていた。




140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:29:08 ID:u3jORxjR
美穂子「あ、うえ・・・久さん。」
久「ん?」
美穂子「あの時の言葉、覚えてますか?」
久「ああ、もしかして全中で対戦した後の?」
美穂子「はい。私ずっと、あの言葉の意味が聞きたくて・・・。」
久「あれはね・・・。」

行こう、この人と、全国へ。
きっと。
いや。
絶対に!



その年、名門と言われた風越女子の中で「黄金時代」と言われるメンバーが誕生することになる。
全国大会での快進撃。1年後の龍門渕高校との激戦。西東京との決勝戦。
数々の伝説的な試合を繰り広げる事になるのだが。
それは、また、別のお話。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:33:14 ID:u3jORxjR
以上です。この2人はラブラブなのもいいけど、こういう熱い友情みたいなのも良いと思うのです。
今夜最終回という事でついカッとなって、考えていた妄想を1時間くらいで書いたので
「久や美穂子はこんなこといわねーよ!」等あるかもしれませんがご容赦くださいませ。
2人に幸あれ!

>>136さん、sage忘れ申し訳ないorz

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:40:41 ID:Z2OJkhUz

(・∀・)イイヨイイヨー

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:52:38 ID:TiEEIbfO
GJ!
キャプテンの高校入学前の妄想っていっても違和感ないかも

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 07:25:51 ID:1wON093G
4校部長会談とか卓球とか温泉その後とか少なかったけどそれなりに妄想の材料はあったかな?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 07:46:16 ID:YNa+y4fs
部長が何気にかじゅにフラグ立ててるように見えた。
まったく、どこまでもたらしなんだから。

だが、それがいい。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 07:56:23 ID:dVnfyg8d
部長会議の時と卓球に来るときにキャプテンがさりげなく部長の隣をキープしてたw

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 09:58:51 ID:TWrXAzeh
名前イベントお前らかよwwってツッコミ入れたの俺だけじゃないはず

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 10:54:24 ID:tHltX45s
俺も思ったw
あれはあれで2828したが
てか23話からが駆け足過ぎたな


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 12:08:40 ID:Fbeg6glH
最終話だしまとめに入りたかったんだろう
キャプテンは一緒に温泉入ったとき部長の肉体を隅々まで記憶したに違いない

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 13:52:07 ID:7yOUAGyz
もちろん、両目でしっかりと。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 15:01:39 ID:Q7iOtSmR
咲が和に露天風呂行こうと誘った時
部長「今日は遅いから明日の朝にしなさい」
まこ「ほほぅ…♪(メガネがキラーン)」
ってのがあったが、これが

「今日は遅いから明日の朝にしなさい(今から私が美穂子と二人で露天風呂に行くから)」
「ほほぅ…♪(風越のキャプテンとしっぽりする気じゃな)」
にしかみえない…

そしてその後、かじゅデータの分析を手伝ってもらうんだ
だからキャプテンも朝風呂に来れたんだ(池田はタオルを取りに部屋に戻った時に起きたってことで)

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 15:57:10 ID:1wON093G
つかデータ云々はキャプテンも全国行くんだし一緒に見る事は別段不自然なことではない。
それを口実に上埜さんに会いに行っちゃおうとか思ってれば最高

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 16:53:32 ID:SXyXgBWr
どんだけ上埜さん好きなの

山より高く海より深く?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 17:23:18 ID:oX5FzQJB
海山は分らないけど、「2人きりになりたくて露天から一人づつ追い出そうとしている」と腹黒認定されだしてることから、周りが見えなくなっちゃうほど好きなのかも

のどっちが透華の名前を知らなかったのに、咲がキャプテンの名前を知っていたことから、花火大会以降清澄に入り浸っていたのではという妄想までできる25話
もちろんみんなが言うように合宿中も、そして共に出場する全国大会においても、部長のタラシ属性から来る痴話ゲンカネタをはらみつつ、イチャラブ空間はどんどん広がる w
(かじゅの名前を知っていたのは、みんなの前で部長がかじゅの名前を呼んでたからだし)


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 17:28:57 ID:TiEEIbfO
こまけぇw

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 18:25:05 ID:TWrXAzeh
確かにあそこは追い出しにかかってるように見えたなぁww
最初は「ちょっ!?キャプテン空気読んでw」って感じで見てたけど、咲の様子が明らかにおかしいのに話し続けてるから「あえて空気読んでないのかこの人?」とも思えた場面だった

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 19:05:21 ID:t0mBxmUH
追い出しってw
あの場にあと何人いるんだよw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 19:18:03 ID:1wON093G
かじゅは最初から居たしそろそろ出そう。池田は用事頼めばはりきって出てくしょ。透華は…麻雀かなんかでやれるか?
モモも一ちゃんも相方出てけば一緒に出て行くだろうから…透華と部長が皆と一緒に出て行く事をどうにかすれば…

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 19:39:43 ID:fB6YyuI8
部長の「そうね、それじゃ」の後に部キャプで卓球をやったはず
キャプテンは運動得意じゃなさそうだし、あわあわしてる姿を見て
部長が「かわいいわね〜」とか言ったりするシーンはDVDまでお預けですか、そうですか

とーかに倒されたちびキャラも隣同士で手を繋いでるし
25話は想像以上にイチャイチャしてて嬉しかった

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 19:39:54 ID:1vnsrzQM
>>141
GJ!w
久はどんな同人や小説見てもカッコイイなw

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 21:54:31 ID:mmhIv/Fb
駄文投稿します。
最終回直後なのに空気を読まず、以前書くと言った大学生編。
6レスほど使わせていただきます。
いつも以上に捏造過多のため、苦手な方は飛ばしてください。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 21:58:46 ID:mmhIv/Fb
ピンポーンとごく普通の呼び出し音が鳴る。

「はーい」

私はインターフォンに出ることもなく、大きめの声で返事をして玄関のドアを開けた。
立っていたのは予想通り、私の恋人。

「久ったら、またそんな恰好で……。不用心すぎよ」

美穂子は私の服装を見て開口一番そんなことを言った。
タンクトップにホットパンツ。
それが今の私の服装だった。
すでに日は暮れ、もう家を出る用事はなかったので大学とバイトから帰宅した後、
晩ごはんとお風呂を済ませてラクな格好に着替えたのだ。
来客―――美穂子が来ることはわかっていたけど、そんなの今更なワケで。

「いいじゃない、見られるとしたら美穂子だけだし」
「もう……」


高校卒業後、私たちは同じ大学に進学した。
学部は違うけれど、麻雀部にそろって入部し、楽しくやっている。
大学で講義や部活が終わったあとはどちらかの家で過ごすことが多かった。
美穂子のアパートもすぐ近くにある。
今日は私がバイトだったため、晩ごはんを済ませたから会うことになっていた。

「バイトお疲れさま。少し早く来すぎたかしら?」

私の濡れた髪とタオルを見て美穂子は言った。

「ううん、そんなことない。自然に乾くからいいわよ」
「ダメよ、久。ちゃんと乾かさないと風邪をひくわ」
「大丈夫よ。私そんなにヤワじゃないから」
「いけません!」
「うう……」

勝手知ったるなんとやら。
美穂子はドライヤーを取りに洗面台に行ってしまった。
恋人と言うよりはお母さんのようだ。

「ま、いっか」

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:00:11 ID:mmhIv/Fb
私は壁際にあるベッドにもたれるように座った。狭いワンルームなのであいにくソファーはない。
けれどベッドがあれば十分事足りていたので不満もなかった。

「ねえ、久」
「ん?」

見上げるとドライヤーも手にした美穂子。

「ちょっとベッドに座って」
「いいけど、どうかした?」
「いいから、ね?」

言われるままベッドの端に座り、美穂子はドライヤーのコンセントを刺して私の後ろに回った。
嫌な予感がした。

「……美穂子、ドライヤー貸して」
「だーめ。今日は私がやります」
「それぐらい自分でできるから!」
「久は私がやるのはイヤ?」
「嫌じゃないけど……」

恥ずかしすぎる。髪の毛を乾かしてもらうなんてそれこそ子供と母親のようで。
しかし、私は諦めておとなしくするしかなかった。こうなった美穂子は梃子でも動かない。
こういうところは意外と頑固なのよね。
キスとかその手のことは奥手なのに、世話を焼いたり、
さりげないスキンシップは美穂子の方が大胆。
この前の部活の新人戦で私たちの大学は優勝した。そのとき大将を務めた美穂子を出迎えた時
も、みんながいるのにもかかわらず抱きついてきた。
その前の新入生歓迎会の席でも酔った美穂子は
普段では考えられないような甘くとろけた声で「ひーちゃん」と迫ってきた。
あの時ほど自分の理性を褒め称えたくなった時はなかった。
そのうちいろいろな主導権を取られそうでひやひやする。
でも、それはそれで面白そうと思う自分は相当この子に溺れてる。




164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:01:59 ID:mmhIv/Fb
ぶぉーっと熱風が髪を揺らす。

「熱くない?」
「んー、だいじょーぶ」

いつの間にか、心地よさにすっかり恥ずかしさが消えてしまい、
気の抜けた返事になってしまった。
人に頭や髪を触れてもらうのは意外と気持ちいい。
美容院なんかもそうだけど、好きな人が相手なら尚更。

「久、髪、伸びたわね」
「そうね、これだけ伸ばすのは中学生以来かしら」

高校では手入れのしやすさからセミロングにしていた。
大学に入って引っ越してからはまだ美容院に行っていない。

「そろそろ切ろうかな。乾かすのも面倒になってきたし」

まだこの辺りのお店のことを把握してないから、今度良さそうな店を探してみないと。

「えっ、切ってしまうの……?」
「どうしたの?そんなに驚いて」

リズムよく動いていた手が止まり、暖かい風が来なくなる。

「いえ、別に……」

それだけ言ってまた手を動かし始める美穂子。
こういう反応をする時は、言いたいことがあっても言えないときだってわかる。

「美穂子は髪の長い私と短い私とどっちが好き?」
「久ならどちらも似合うと思うわ」
「そうじゃなくて、美穂子がどっが好きかって話」

振り返り、まっすぐ美穂子を見る。
予想通り顔を赤らめて困っている。ああ、もう、本当に可愛いわねこの子は。
このまま押し倒したくなる衝動をなんとか抑え込む。



165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:04:23 ID:mmhIv/Fb
「わ、私は久がが好きだから……」

思わず私まで顔が赤くなる。
不意打ちでこういうことを言われるとホント心臓によくないわね。

「でも……」
「でも?」

できるだけやさしく追及していく。
―――聞きたいのはあなたの本音。
―――滅多に言ってくれないあなたの我が儘。

「長いほうが……」
「うん、長いほうが?」
「初めて会ったときみたいで、好き―――」
「なら、まだ切るわけにはいかないわね」

俯いたままのお姫さまの顎に指をかけ、視線を合わせる。
顔を真っ赤にしながらもあの時と変わらない綺麗なサファイアにキスをした。


* * *


「うーん、ありがとね、美穂子」
「どういたしまして」

ふるふると頭を振って久はベッドから降り、思いっきり伸びをした。さっきの王子様のような
振る舞いはどこへやら。両腕を上げたせいでおへそがのぞいている。
私はというと先ほどのこともあり、恥ずかしくて顔が見られない。
ふと、下を見ると久の足に目がとまった。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:05:09 ID:mmhIv/Fb
「あら?久、ペディキュアなんて塗っていたの?」
「ああ、これはね―――」

気まぐれに買ったはいいけれど、麻雀部1年としては派手過ぎるかなと思い、
手ではなく足の爪に塗ったそうだ。
落ち着いた深い赤。ワインレッドと言えばいいのかしら。
爪に色を乗せただけで雰囲気が変わっていた。
ホットパンツから伸びるすらりとした足がととても色っぽく見える。

「じゃあ、美穂子も塗ってあげる。ドライヤーのお礼」
「え?」

何が“じゃあ”なのかわからないけれど、私の視線に気がついてなのか、久はそんなことを言う。
そしてどんどん話を進めていく。

「さあ、脱いで」
「脱いでって、久!?」
「なーに期待してるの?靴下よ、靴下。それともそっちの方がよかった?」
「か、からかわないで!」

私がベッドの縁に座って、久はまるで傅くように素足になった私の足を持った。
そして爪切りでパチリパチリと切っていく。
1つ1つ丁寧にゆっくりと。
以前、久は料理が苦手だと言っていたが今はそうでもなく普通にこなしている。
高校時代は料理をする機会がなかっただけで、私の機械音痴のように根本的に
できないという訳ではない。
大学に入学したばかりの頃は私が料理することがほとんどだったけれど、
最近では久も時々作ってくれる。しかもすごくおいしい。これは私の主観
だから贔屓が入っているかもしれないけれど。
つまり何が言いたいかと言うと、基本的に手先が器用なのだ。
機械音痴な私と違ってパソコンも扱える。
レポートの印刷ができなくて何回助けてもらった事かわからない。
そろそろ克服したいのだけれどなかなかうまくはいかなくて。
でもそんな私を「1つぐらい弱点があった方が可愛いわよ」なんて久は言う。
あなたに逢う口実ができるのならば、弱点でさえこのままでもいいのかもしれないと思う私は
相当あなたに重症なのね。



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:07:24 ID:mmhIv/Fb
やすりが少しずつ爪の表面をを削り、滑らかにしていく。
傷つけないように気を使ってくれているのがわかる。
その繊細な手つきはなんだかくすぐったい。
普段、自分では凝視することのない足先をじっと見られることに緊張する。
そしてこのアングル―――まるで久を屈服させているかのような錯覚に陥る。
久は何も意識なんてしていないだろうけれど、私の心臓は勝手に早くなる。

「やっぱり美穂子には青よね」

そう言ってポーチから取り出したのはアイスブルーの小瓶。
久の手によって色が添えられていく私の指先。
それはまるで少しずつあなたに染められていく私のよう。
私はただ見ていることしかできなかった。


「よし!できた」

十の爪すべてを塗り終えると久は満足げにほほ笑んだ。

「上手なのね。綺麗……」

なんだか自分の足ではないようと思いながらもその出来に魅せられた。

「でもまだ動いちゃだめよ、乾いてないから」
「ええ。ねぇ、久―――」
「ん?」

きょとんとする久。
少し強引にその体を引き寄せて口付けた。
最初こそ驚いた久もすぐに応えてくれた。
お互いの想いが、熱さが行き来する。

「ありがとう」
「あ、うん、どういたしまして……」

お礼にお礼をしていたらきりがないのかもしれない。
けれど、そうやって重ねていければいいと思う。あなたとの日々を―――



168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:10:00 ID:mmhIv/Fb
以上です。
駄文失礼しました。
大学生では美穂子の方が積極的だといいと思ったり。

>>119
期待に添えるかどうか分からんが書いてみる。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:30:28 ID:1+vzteP0
>>168
超GJ!!
すごく萌えた…しかも読みやすかったーすげー

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:35:04 ID:t0mBxmUH
>>168
GJ!

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:37:04 ID:Z2OJkhUz
ニヤニヤさせてもらいました(・∀・)イイヨイイヨー
視点が途中で変わるんだな。これは素晴らしい

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 23:08:21 ID:ruBnDbIG
>>168
GJせずにはいられない!!

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 23:24:37 ID:SXyXgBWr
http://imepita.jp/20090928/841990
これキシュツ?

174 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/09/28(月) 23:26:25 ID:M38NRkvk
>>168
こがなぁGJ言うしかなかろうが

視点変更のおかげで二人の心理の動きが見れてお得感が凄い

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 01:08:02 ID:IKXewV2m
>>151
敢えて言おう
おまえは俺か

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 01:18:39 ID:b4jkJW0n
念願の薄荷屋の1冊目を入手した
後の方のイラストで部長風越夏服バージョン(おさげ)があった

これは死ねる


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 08:45:24 ID:RWwEfdtO
ころしてでも(ry

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 20:58:02 ID:cCdm1Fu/
>>176
内容だけでも大まかに教えてほすぃ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 22:42:24 ID:+wbomHPn
>>178
・構成は3冊目同様、短編マンガの詰め合わせにイラスト数点

・全体的にキャプテンが積極的
 「親しい人で『上埜さん』って呼ぶのは私だけ、それって特別ですよね」とか、
 読書中に寝ている部長、起きたら本の跡が頬についているのを指摘し、
 「こうしていて、ぎゅうってしがみついていたら、上埜さんのからだに
  私のかたちに跡がついたりすればいいのに、って」
  …と部長を抱きしめながら呟いてみたり、とか

・4コマで料理中にしょうゆを切らしてしまい、池田に一箱(1ダース?)買ってこさせたりする話もある
 ちなみに店はかなり遠いらしい

・作ってきた弁当に「上埜さんLOVE」とか描いてみたり、
「ウサギはさみしいと死ぬんだそうです」とか言いながらウサ耳生やしてみたり、
 どっからともなく湧いてきた衣と部長がいちゃつくのを鬼の形相で睨み付けたりとか、
とにかくキャプテンかわええ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 22:44:32 ID:cCdm1Fu/
>>179
サンクス!
創作意欲が湧く湧く

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 23:26:35 ID:LrxpWBVS
>>179
なんなのそれ萌えちゃう

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 23:37:09 ID:RWwEfdtO
Li_46642
少ないけど放送終了して一区切りついたので
pixiv見てる人は必要ないかも
パスは・・わかるよね

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 23:51:12 ID:2K5/0kz+
わかんね

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 00:12:40 ID:YPrOhScj
普通にbukyapuでおk

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 14:09:01 ID:tF9hTk2q
部キャプ本って少ないの?
他に比べて需要があまりないの?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 14:15:06 ID:9za/Bnq/
カップリング本としては多いほうだと思うが

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 15:14:52 ID:JtWgeps8
薄荷屋が出してるのは知ってるけど他にはどこかある?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 15:50:34 ID:lnEqIa8U
涼彩マテリアル

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 15:52:28 ID:7tXUbjGi
地方民は薄荷屋の部キャプをどこで入手してる?
自分はヤフオクなんだけど。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 15:54:54 ID:Hpq5ApC+
そのうち再録本でも出るんじゃね?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 18:58:26 ID:X9qVGglM
久「―でね、万華鏡買ったんだけど」
美穂子「え!?マン毛今日刈った!?」

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 19:00:31 ID:1QmGhVNB
>>191
ちょっwww

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 19:02:59 ID:w6707UGL
キャプテン酷いなw
部長もなんで万華鏡なんて買ってるんだよw

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 19:03:04 ID:2dW7g3TH
>>191
美穂子が耳年増ってよりも馬鹿にしか見えないw

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 20:22:41 ID:ow9MKO+0
見返してたら二人で花火を見てるシーンで
上がってる花火が赤と青だった
あと少し尺があれば「ねえ、知ってる?花火って炎色反応が・・・・・・」
とか口説きシーンがあったんだろうな

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 21:39:33 ID:lRqGYXD9
キャプテンのメイド姿をよく見かけるけど、学際の出し物がメイド喫茶か?
恥ずかしさから招待してなかった部長が何故かひょっこり店に現れて
「あsdfghjjk…!」のキャプテンも良い

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 22:49:09 ID:7vBIq2Xg
薄荷屋更新
何あのエロさ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 23:47:29 ID:F69dASx2
>>196
部長だけの専属メイドという解釈でOKか?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 00:32:19 ID:7gzg2foy
部長は本当に最強だな

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 02:08:50 ID:XVSBvNxc
マリみての蓉子さまみたいなまっすぐで折れないって強さじゃなくて柳の木みたいなしなやかさがあると思う
なんでも受けとめてくれそうというか…
その包容力のせいでフラグの本数が大変なことになってる気もするけどww

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 02:43:37 ID:pSfc4lDf
今小説制作中です。
1つ聞きたいことがあるんですが
このスレ的には深いキスはセーフですか?アウトですか?
教えてください

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 02:57:01 ID:3qbz9Nsj
スレはわからんが俺は歓迎

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 03:08:17 ID:wI6X3ccz
部キャプなら俺は何でもいいやw

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 06:58:20 ID:8xys1lOG
それくらいならセーフなのでは?
全裸待機してる!

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 07:00:56 ID:iABKTcKn
セフセフ

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 07:03:57 ID:RPWF4pQi
DVDのピクチャードラマで部キャプやらないかな〜

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 07:08:55 ID:hfL3t+mI
部長の頭を洗ってあげるキャプテン・・・

やばい、、同じ学校いってたら合宿とかであったかもしれん
1年生同士のふたり合宿のよる星を見ながら、全国優勝を語る久、、、


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 07:57:14 ID:tYmR1uH5
>>207
お前それ…最高

209 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/01(木) 10:42:41 ID:p2Lqsapr
>>200
蓉子様もある意味悪待ちだしねぇ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 12:39:39 ID:OwTHxg1K
俺も聞きたいことある。
SSの難しい漢字にはルビ振った方がいいか?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 12:57:39 ID:44OiEizd
どの程度難しいかわからんが、常用漢字だったらわかんなくてもぐぐるから振らなくておk
当て字とかだったら振ってくれないとわからないが

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 13:51:07 ID:wI6X3ccz
読めなきゃ何て読むんだよって聞くからいいよ
振らなくて

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 14:06:46 ID:G/6WvScy
咲-Saki-スピンオフ作品『久-Hisa-』
第一話
麻雀の名門校風越女子に入学した福路美穂子は、その麻雀部で一年前の中学生大会で自分を追い詰めた相手上埜久と出会う。
お互い性格は正反対だが二人は意気投合し、同じ麻雀部員として切磋琢磨し共に全国優勝をすることを誓いあう。

第二話
風越の一年生のまとめ役に選ばれた美穂子。それと同時に3年の先輩達と久との間に確執があることを知る。
久を心配した美穂子はなんとか彼女達の中を取り持とうとするが、なぜか流れはコンビ打ち勝負の話になり…

第三話
久に休日に遊びに誘われ浮かれていた美穂子だったが、当日連れて行かれたのはなんと麻雀喫茶。内心がっかりする美穂子だったが
どうやらそこには知る人ぞ知る女子高生雀士加治木ゆみという人物が現れるらしく、なんとか対局したいと久が言うが…

第四話
加治木と蒲浦の変則的なコンビ打ちに翻弄される美穂子と久、もはやこれまでと思う美穂子だったが、久の顔には諦めの色は見えなかった。
どうやら久には秘策があるらしく…

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 18:02:05 ID:OwTHxg1K
>>211
>>212
わかった。
ありがとー。

>>213
なんぞこれwww

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 19:11:49 ID:8NrGyOhG
>>214
OVAの企画

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 19:26:09 ID:VMcpO6CU
キャプテンは風呂入るときはいつもタオル巻いてるけど、部長と二人っきりでもそうするんだろうか

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 19:28:59 ID:pSfc4lDf
>>201です
皆さまありがとうございます。
では深いキスの方、解禁させていただきます。
上手くかけるか不安ですが…
ところで皆さま覚えていらっしゃるでしょうか
自分は前スレでメイド服をきて部長に奉仕するキャプテンを書くとか言ってた者です
少し当初の予定からはズレて、奉仕度よりいちゃいちゃ度が増してしまいましたが
日曜日までには投下したいと考えています。
ではまた

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 19:53:05 ID:8Lq0aexd
>>217
楽しみでござる

どうでも良いが部長とキャプテンのスレが並んでてちょっと嬉しかったw

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 20:31:28 ID:8xys1lOG
>>216
仮に巻いていたとしても部長が奪い取るさ

>>217
wktkして待ってる。ありがとうな。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 22:54:58 ID:8Lq0aexd
>>182
これそろそろ消すね
てかここ結構人見てるのね

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 00:28:51 ID:BdJ9Bs06
>>217
日曜まで全裸待機

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 07:33:43 ID:fae0MV+/
中古の通販で部キャプ本頼んだら在庫が全部ないといわれてしまったお・・・(´・ω・`)ニューン

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 10:15:35 ID:fGKJkyoQ
無いなら自分で作ろうとは思わないのか
立ち止まらずに一歩一歩進んで行けば、何か必ず違う景色が見えてくるものだぞ

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 10:28:39 ID:I68CI4q2
>>223
無理やー、絵心も才能ないから(´・ω・`)
>>222
自分もいろんな通販の委託販売のとこで探したけど全部売り切れ状態だったよorz
ヤフオクで少しだけでまわってた

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 11:48:41 ID:nmzRuXdw
>>224
ヤフオクは結構高値ついてるよね…

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 12:07:18 ID:mjddtmi9
前スレのSSはどこにも保存されないのだろうか…?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 12:11:29 ID:nmzRuXdw
>>226
百合板の方ならwikiあるんだけどね

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:14:35 ID:JOMDxmIw
どうせどこにも保存されないだろうなって専ブラでdat落ちのまま残してあるけどこれをどうにかするスキルが俺には無い…

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:14:37 ID:i1M0O3FG
その問題って結局どうなったんだっけ?
載せたい人はあっちに報告するんだったような…

それもなんか変な話なんだがなぁ
個人的にはこっちに載せれば勝手に入れてもいいような気もするんだが

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:31:33 ID:w21L9lRP
気狂いが騒ぐと鬱陶しいのよ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:34:24 ID:iMYGItyi
コピペして貼り付けるだけの簡易サイトでもいいなら自分が作ってもいいけど

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:47:05 ID:nmzRuXdw
>>228
とりあえずテキストにでも保存しておいたら


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:55:28 ID:5BkXej1o
なぜキャプテンはいつもタオルを巻くのか
実は幼い頃に大きな手術を経験して胸か腹に大きな傷があるとか…
そしてそこをペロペロする部長

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 14:19:04 ID:fGKJkyoQ
>>233
実は背中に「上埜さん命」という刺青が…

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 14:27:08 ID:7bEyDO2V
>>234

想像してくそふいたwwwww


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 15:19:43 ID:iM+gXbNA
>>234

部「わたし今、竹井なんだけど…」

キ(名前の方にしておけばよかった…)

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 16:29:20 ID:bv6zxeMf
お前らがスレを荒らすのでこのスレを荒らします
死んどけ

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 16:30:47 ID:qOKd2IE9
>>237
どこのスレが荒らされてるの?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 16:56:49 ID:FruP73Ur
>>237
               ハ        _
    ___         ‖ヾ     ハ
  /     ヽ      ‖::::|l    ‖:||.
 / 聞 え  |     ||:::::::||    ||:::||
 |  こ ?  |     |{:::::‖.  . .||:::||
 |  え      |     _」ゝ/'--―- 、|{::ノ!
 |  な 何   |  /   __      `'〈
 |  い ?   ! /´   /´ ●    __  ヽ
 ヽ      / /     ゝ....ノ   /´●   i
  ` ー―< {           ゝ- ′ |
        厶-―    r  l>        |
      ∠ヽ ゝ-―     `r-ト、_,)      |
      レ^ヾ ヽ>' ̄     LL/  、   /
      .l   ヾ:ヽ ` 、_      \\ '
     l    ヾ:ヽ   ト`ー-r-;;y‐T^
      |    ヾ `ニニ「〈〉フ /‖. j


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 17:19:41 ID:i1M0O3FG
キャプテンって全国行く時あのコーチと二人っきりなんかね?
それとも清澄と一緒に行動するんかな?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 17:41:23 ID:k0Ltq0R0
部長と二人っきりだろjk

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 17:45:57 ID:jlZcFCLd
キャプテンが部長と行動したら清澄一年は3人組で動きそうだしワカメが・・・

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 17:49:28 ID:I68CI4q2
そこは普通にコーチ キャプテン 池田応援 って感じっぽいけど
で会場で合流みたいな

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 18:11:10 ID:i1M0O3FG
>>243
いや、池田もついてきそうだとは思ったんだけどさ
旅費や滞在費って引率と選手分しか学校側から出ないじゃん?

245 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/02(金) 19:17:54 ID:cCEUhaCL
応援で行くってので出るんじゃないかな?野球とかだと援団とか他の部員とかアルブスに来てんじゃん

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 19:21:53 ID:o12UOJb5
もうこれあれだろ、完全に心掴まれちゃってるよね
http://ranobe.com/up/src/up401689.jpg

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 19:46:32 ID:ZMQj85AU
>>246
kwsk

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 19:53:45 ID:FgbxezIh
>>247
4巻のピクチャードラマらしい

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 22:17:55 ID:CE939HA3
風越女子に久が入学していたら
スピンオフの脚本は是非>>134-141にお願いしたい
見てから風越での二人の妄想が止まらないんだがw
咲和とはタイプが違うけど主役張れそうな二人だよな(百合的な意味も含めて)

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 22:29:07 ID:pf+6er0+
>>134-141
確かにお願いしたいな。リアルに想像出来る。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 22:51:42 ID:mjddtmi9
>>231
それでも十分だから俺はお願いしたいんだけど…
皆はどうかな?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 22:55:18 ID:fGKJkyoQ
部長が風越に行くのもいいけど
同じ学校に入りたかったと思ったり
授業中に、今頃上埜さんは何してるのかな…とか考えたり
違う道を歩いてきたと思ったけど、声を掛けられて惚れなおしたり
ってのも悪くない

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 23:07:34 ID:nk4+1far
>>231
それで十分!!
エロ有とかは注意書きも入れてもらえたらありがたい

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 23:10:39 ID:T59rBa6P
>>248
サンクス!

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 23:55:21 ID:HaHZDQlf
>>231
その場合、無題のSSのタイトルはどうする?
書いた人がタイトル考えて自己申告した方がいい?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 00:30:55 ID:l7z/e0Ps
部長が風越に入ってたらという妄想が大好きです
部長とキャプテンのコンビがライバル校に居て敵と立ちはだかってくるという展開も好きです
部キャプが大好きです

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 00:41:51 ID:WHHWfLoJ
>>231
出来るのであればお願いしたい

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 06:06:41 ID:PC84ROzI
無題のやつは(1)とか付けて、とりあえず区別できればいいんじゃない?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 10:57:29 ID:cRDvelyG
無題は無題のままでいいと思う
誰が書いたかで区別できればいいんじゃないか?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 12:13:07 ID:1bXgmU93
キャプテンワロタ

198 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2009/10/03(土) 03:48:22 ID:NU34sNQJ Be:
>>184

福路さん、ちょっとお話があるんですけど…
私は清澄の原村と申します、あ!覚えててくれましたか…
私、アニメオリジナルの脚本を任せられてまして、ええ、そうなんです、完全オリジナルです
ですから個人戦の全国行きの選手も私が独断で決められるんですよ
そこでお話というのは…
福路さん、あなたを個人戦の優勝者にして差し上げます。
その代わりにあなたにはやってもらいたい仕事があるんですけど…
え?いえいえ簡単なことですよ
実は最終回で県予選決勝で戦った4校と合同合宿というシナリオを考えてまして…、そこで宮永咲さんの姉、宮永照について話してもらいたいんです
そうです、妹はいないと言っていた件です
え?そんな酷なことをいったら彼女が傷つく?
そこです!、そこが重要なんです!
その展開こそが究極のハッピーエンドに繋がるんですよ。
気が進まないですか…、じゃあ、こういうのはどうです?福路さんと部長さんの対局シナリオを追加しましょう、あと夏祭りの花火を一緒に見るシーンなどもどうですか?


受けてもらえますか!ありがとうございます!
やっぱりあなたに頼んで正解でした。
ええ、じゃあ後ほど…。


ふふ、シナリオの修正が少し入りましたが…まあ、いいでしょう。
待っててくださいね、宮永さん
もうじき最高の舞台ができますよ。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 13:26:44 ID:+r1ZAONy
部長の雑学披露ややたらと長くなる語りも、キャプテンなら毎日飽きもせずいつも楽しそうに嬉しそうに聞いてくれてそう。


「…って〜〜なのよ。」
「まぁ本当に?すごいわね、うふふ(一週間前にも確か聞いた気がするけどきっと私の勘違いね)」


部長もキャプテンもお互い聞き上手だと思う。
あと二人とも面倒見がいいと思うんだきっと!

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 14:37:28 ID:SDz+Cn8P
それじゃ部長が軽い認知症みたいじゃないかw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 14:50:23 ID:ViF8bR3O
付き合いはじめで緊張のあまりに同じ話を繰り返してしまう部長
たまにはてんぱってる部長ってのもイイと思うんだ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 15:30:33 ID:JmyjfKNi
すべらない話みたいな感じで自身あるネタ持ってるんだよきっと
部長「ウチの後輩が……………………レズです」

265 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/03(土) 15:42:40 ID:q1rhivtP
キャプ「あの、うちの後輩も私を見る目が本気っぽくて…あっゴメンなさい自惚れですよね。私なんて…」

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 16:02:48 ID:Gcp2/lL1
>>262
よくしゃべる人はわりと同じことを何回か言う事はある
言った事自体は覚えてるんだけど誰に言ったかわからなくなることがあるからw

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 01:30:30 ID:hB5GarE+
俺のことか

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 04:51:38 ID:31kt2q3G
>>264
「お前もだろ!」
っていうツッコミ待ちか

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 04:56:23 ID:zaisPGqW
ほとんどのキャラが滑らんな

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 05:11:47 ID:IZdebNxL
231じゃないけど、wikiで作ってみた。というかまだ作りかけだけど。
http://www.glooth.com/bucap/


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 08:23:35 ID:Rg4F4yQ2
>>270
GJ!

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 08:56:15 ID:BXGI+Uoh
部キャプMADつくろうと思うんだが二人にぴったりの曲オススメある?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 09:14:49 ID:Dv754dJN
パッと思い浮かんだのはZARDの「君に逢いたくなったら」

「悪戯な笑顔」とか「悪ぶったって人の良さそうな瞳は隠せない」とか「(悪待ちが)大丈夫だよという君の言葉が、一番大丈夫じゃない」とかの歌詞が色々妄想できて既にお腹いっぱい

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 09:42:06 ID:im957TEQ
俺もZARDの曲が良いな〜って思って聴いてたところだww
俺が考えたのは「少女の頃に戻ったみたいに」「息もできない」とかその辺り
まぁどういうMADにするかにもよるからなー

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 10:30:51 ID:e1csBpk9
個人的にはほっちゃんのLOVE ME DOとかちょっと合ってる気がする。
「一目会ったときから」「止まってた針が動き出した」「遠くにいる時も忘れないでね」とか
まあ結構無理矢理だけど、中の人が歌ってるし俺はこの曲を聴いてよく部キャプ妄想をしてる。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 10:35:17 ID:QW/SUVnH
伊藤由奈「trust you」

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 10:41:32 ID:mKEpygrx
>>272
部長とキャプテンの21話みて最初に浮かんだ曲はこれ

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm5690757

歌詞はあってると思うけど、恋愛というよりは好敵手って感じかも

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 11:07:56 ID:bYhH60oT
ここは何というか、SSとか見てても既に恋人って関係が前提で話が進むのが好きな人が
大半なように思うから、この曲を推薦するのもどうかと思うんだけど…

「こんなに近くで」

恋人になってしまったその後の二人より、そうなる前の好きなんだけど伝えられない
ってもどかしい二人の方がいいなって思ってる俺にはこれが一番。
今書いてるSSもこれがエンドレスリピートされてる部屋で書いてるわw

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 11:39:46 ID:P2pRTyCy
>>272
MAD見るのが好きなので期待させていただきます!
内容次第で薦める曲も変わってくると思うのですが、どういった曲が良いのでしょうか?
熱い曲とかしっとり系とか泣けるのとか、恋愛重視かライバル&友情重視かでも変わってきそうです。

話は変わりますが、以前に書かせていただいたssを評価して下さった方がいて本当に嬉しいです!
励みになります!

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 11:51:15 ID:H0VlC7GD
>>278
それ恋愛系の曲としてはぶっちぎりで一番だよなぁ
あんまり知られてない気がするけど

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 12:11:04 ID:7jdxaNf/
>>278
聞いてみた
1番がキャプテン→部長2番が部長→キャプテンっぽくてすごい良かった

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 12:14:21 ID:SEFzkt+w
少女Aを推してみる

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 12:16:09 ID:zP0o53Yp
氷上恭子が歌った

なぜ君と出会えたの

が凄くオススメ。かなりマイナーだと思うが

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 12:19:42 ID:PJHc7jQI
>>272

鬼束ちひろ「茨の海」
切なすぎるか…。
アップ楽しみにしてるよ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 12:43:55 ID:b/sV89Re
鬼束ちひろなら「眩暈」も好きだ。
キャプ→部長みたいな感じで。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 14:39:48 ID:V1/8yyw4
ハブネーク釣られた?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 14:44:02 ID:V1/8yyw4

          __ _
       ,  ":::::::::::::::::::゙ミ::..、    ..|  誤  あ
     _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ..|   爆.  l
    ///}:::::::::::::::::::::::;イw;:::::::::::::ヽ.  .|  し.  あ
.    |i .i {:::::::::/::::::/./ 从N\:::::i、  .|   ち
.    |! | |:::::i/:::/ /   ,rー¬ト、::i   |   ゃ
.    !  Y::::V--べ~    ;ニ=、|::::ヾ  |  っ
.    {   }:::〈   ___.   'b::::}〉|:::::l|  .|  た
   _,ヘ  i:::::::v" ̄~   `-'" |::::::!  .|  わ
, -<  \,'::::::::::} u ゙゙゙   `   ゙゙ノ::::/ <   l
   \_/゙y::::::::ト .  r_-_っ/:::::y   \___/
    __」 /::::::::::|:::_i` ー イ_::::::::::ヾ、
  /、_,-ヘi:|::k::::K〈     Y: :\::::::|
/ ̄ヽ \゙^ヾ\)\__|: : : :゙lノ^ス
' ̄\  ト,. \: : : : : :\  | : :// /|

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 14:53:12 ID:KzVm7biG
池田ァァアアア!!!!!

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 14:54:27 ID:KzVm7biG
レミオロメンの「粉雪」はどうだろうか?
なんていうか、キャプテンには1リットルの涙が似合うっていうか・・・

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 14:55:19 ID:KzVm7biG
ついでに3月9日も推薦しておくぞ、池田ァァアアアアア!!!!!!

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 15:18:49 ID:1kTB8P/p
>>287
(^ω^)ペロペロ

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 16:44:25 ID:kRkHRVT9
>>285
おお良いね、「眩暈」
あなたの声とか、宝石ワードも出てくるし。
確かにキャプ→部長って感じ。

279、ガンガレ

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 17:03:26 ID:M6jNgkgt
LOVERS ROCREW
キセキ

ttp://www.youtube.com/wacth?v=LwdeTCvR4Sw

GReeeeNの同曲のカヴァーですが、女性が優しく歌うと癒される恋愛ソングに
しかも百合っぽくきこえないこともない!

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 17:59:57 ID:BXGI+Uoh
案出してくれた方どもです
歌詞ピックアップは非常にありがたい

方向性は恋愛重視
あくまで原作に忠実にキャプ⇔部長ではなくキャプ→部長にしようかと
闘牌シーンは尺と相談してちょっと入れようかな、って程度

曲はあとまわしにとりあえず素材集めしてました

そこでひとつ質問なんですが、12話部長のセリフ
「青いサファイアは赤いルビーと同じ素材〜」
自分はサファイア=キャプテン、部長=ルビーと解釈しているんですが、
放送直後はキャプテンの右目=サファイア、左目=ルビーとの意見もあり、
結局どっちが正しい解釈なんでしょう
あやふやなままMAD作成にはいるのはどうかと思ったのでご意見をば

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 18:08:02 ID:KzVm7biG
>>294
俺は右目と左目だと思う
色は違っても同じ綺麗なモノだから隠すことないよ
なんて意味で

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 18:09:54 ID:SG3bYIoH
二次創作なんだし作者自身の見解解釈でいいと思う
俺は久からしてみればただ美穂子の目を見てサファイア連想→雑学を思い出した程度で意味なんて無かったって思うし
まぁなんか含んでいたらいいなとは思うけどさ

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 18:10:50 ID:bYhH60oT
>>294
赤いルビーと青いサファイアって一見すると、全然違うものじゃない
でも「同じ素材の宝石」なんだよ

=貴方のその瞳は、それぞれの色は違っても同じ「貴方の瞳」なんだから
 そんなに気にして隠さなくてもいいんじゃないの?

って意味だと思ってましたです、ハイ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 19:04:10 ID:BXGI+Uoh
意見どもです
ググったら自分のほうが少数説というか奇説っぽくて泣けてきた

>>296
アニメで部長の目の色が原作の紫から赤に変わってたことに意味があると考えて
自分の解釈でつくってみます

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 20:05:20 ID:PaIrMUBr
なるほどなあ
部長の目の色まで考えたこともなかったよ

ググったら部長視点とキャプテン視点とかあるみたいだし
結構奥が深かったことなんだね

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 20:14:09 ID:SEFzkt+w
直前にたまたまルビーとサファイアの雑学を知ったから誰かに言いたかっただけだったりして
場合によっては、知恵熱の話やバナナと乳製品の話になってたかも

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 21:30:35 ID:pkAEBvMf
>>283
悠久幻想曲だよね、俺も大好きだ

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 21:50:00 ID:aLutaiDk
>>270
よくやったクーラードリンコを奢ってやろう

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 22:35:10 ID:UhP+9jUQ
部キャプってやっぱり
キャプ→部の片思い系が多いんかな?

個人的には部→キャプも好きなんだよな。
自分はフラグ立て師のくせに、誰にでも優しいキャプテンにやきもきする部長…て感じで。



>>270
GJ!
ありがとう!

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 23:26:43 ID:t8E0Hyl8
>>303
(*゚_゚)人(゚_゚*)ナカーマ
キャプ→部とキャプ⇔部と比べて部→キャプは少数派のようだ・・・

実は部長は自覚が無いだけで
「あなたの眼綺麗ね」の時に一目惚れしてる可能性もあるわけで

つまり何が言いたいかというと、先に惚れたのは部長の方だったんだよ!!
ってのは流石に無理があるか?

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 23:50:55 ID:SfbHbWtz
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ 
 |   ( ●)(●) おっと、言わせねえよ
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\  
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  ←>>300
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─−  厂   /
   |   、 _   __,,/     \

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 00:25:38 ID:O3jipukW
家庭事情もろもろで
部長は非常に独占欲が

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 02:51:37 ID:1y8YcyAq
より子の「いちばん星」も部キャプに似合うと思うなー

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 03:01:09 ID:Wwr0DHRL
部長は一人だけ三年生だし、>>206も言ってたけど家庭の事情や性格的にも人に甘えることをあまり出来なさそうな気がするんだ。

だからキャプテンには素直に甘えたり、たまに弱音吐いたりしてたらいいと思うよ。




膝枕されながら。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 03:02:10 ID:Wwr0DHRL
>>206じゃなくて>>306だった

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 09:38:42 ID:1cgqyDLt
部長は辛いことがあっても飄々としているけど、キャプテンはそれを優しく受け止めちゃうのです

久の頭をやさしく抱きかかえて

美穂子「辛い時くらい目を閉じて、泣いても良いんですよ。その時は私が貴方の眼になりますから。」
久「・・・ばか。」

そういって肩を震わせる久。
黙って久を抱きしめる美穂子。

という妄想で朝ご飯いただきます

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 12:54:45 ID:1y8YcyAq
>>307
より子じゃなくて柴田淳だ
何書き間違ってんだ俺…orz

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 14:49:08 ID:NCLPwzhN
>>310
天才だな
2828w

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 16:06:32 ID:cNRTHjuF
>>310
なら私は

「私、今分かったんです。私の右目は私の色…そして左目は貴女の色…貴女の為の色だって」
「私…の…色……?」
「ええ。例え貴女が前を向けない時でも、貴女の代わりに前を見ることが出来る…それが私のこの左目…
きっと私、本来は両目が青なのを貴女の為に片方の色を変えたのね。クスッ…目の事で悩んでたのがバカみたい。
この目は嘆くべきじゃなくて、誇るべき眼だったなんてね」
「私には貴女の為と言えるものが無いわ…だから私の右腕をあげる。貴女が牌に触れられない時、私が貴女の代わりに牌をツモる為に…」


と、部長が右腕から放つオーラが『青』なのは、実はキャプテンの『左目』の青だった
などと言う妄想をしつつ遅すぎる昼ご飯をいただいてきます

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 17:13:27 ID:i6eQdJc6
部キャプはもちろん大好きなんだけど、最終話と
各所のイラストで部かじゅに傾きかけた僕をお許しください

部キャプモエー。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 18:02:04 ID:NEstzuKQ
部キャプは愛情
部かじゅは友情

大学生編では部長が恋の悩みをかじゅに相談したりするんだよ
んで、かじゅモモが喧嘩した時は二人で仲裁に入ったりする

あぁ・・・部キャプ、かじゅモモでダブルデートとか2期でやんないかな

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 18:04:47 ID:1y8YcyAq
部長は天然タラシだから仕方ない
かじゅ、タコス、まこにフラグ立てて、一にも面白い人って言われてたな
嫉妬するキャプテンて可愛いよね

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 18:09:27 ID:Gq2mNwUT
>>303


〜合宿にて〜
「華奈。私が背中拭くわ。」
「ありがとうございます!キャプテン!」


「吉留さん。飲み物はこれでいいかしら」
「わ、わざわざありがとうございます。キャプテン。」


「これ、私が作ったお弁当なんだけど、どうかしら…?」
「う、うまいじぇ!ありがとうおねーさん!」


「…………………」



「わあ。星が綺麗ですね。こんな露天風呂があるなんて…」
「……………そうね。」

「…?どうかしましたか?」
「な、なんでもないわよ。」
「…………………」


ーぎゅっー


「へっ…?」

「私知ってるのよ。こうやって後ろから抱き締めれば、あなたが機嫌直してくれるの」
「う…うう//」



「ねえ…」
「はい?」
「その…あなたのみんなに優しくする所も私は好きなんだけど…たまには、私の事も見てくれる…?」
「え?いつも見てますよ。」
「…もう、ばか…」
「はい♪」



こうですかわかりません

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 19:11:19 ID:A2C917rM
>>317
あなたが神か

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 19:16:45 ID:XG7x6dDj
>>315
部長、キャプテン、かじゅが同じ大学に行くなんて、県内の戦力が偏りすぎるな
来年以降は彼女らを慕ってる後輩たちも入ってくるだろうし

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 19:40:48 ID:3dimteMY
部キャプのエロってあんまりみないな〜と思っていたら

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8425901

体中から変な汁が出た。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 20:57:06 ID:B8Tu9YgN
>>316
その気になればワハハともカップリング妄想は可能だな。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:11:35 ID:XsRtiHHR
SS投下します
日曜日に落とすつもりが遅れました。
またもや携帯ですいません
オリ設定ありまくりの上やたらめちゃくちゃ長いです。
10レス未満を目指したいですが
できなかったらすいません
では
以下




「うーん。最近なんかマンネリよね…」
秋も深まった10月下旬。
私、竹井久は秋の風物詩の一つであろう秋刀魚の塩焼きをつつきながら隣にいる女性に語りかける。
「何がですか?もしかしてお料理?
ごめんなさい…私のレパートリーが少ないから…」
「そうじゃない!そうじゃないから!」
隣にいる彼女の名前は福路美穂子。
私と同じ大学に通う私の恋人だ。
彼女とはもう一年以上の付き合いになる。
私たちは結ばれて以降、同じ大学を目指して勉強し、無事同じ大学に入ることができた。
まあ、いきなり合格発表の日に
「私とずっと一緒に暮らして下さいっ!」
と言われたときは流石にびっくりしたけどね。
紆余曲折あって
今は彼女の親戚の家を諸事情で借り受け、2人で半同棲生活みたいな感じで暮らしている。
閑話休題。
「じゃあ…マンネリって何のことですか?」
半分涙目になりながら美穂子が言う。
「うーん何て言うかね〜。スキンシップが最近マンネリ化してない?」
同棲生活を始めてから早半年。
私たちは数え切れないほどにキスしたし、デートもした。
だが、どうも最近物足りない。
そんな気がするのだ
「え!?久さん…
私のこと飽きちゃったんですか!?」
「だからそうじゃなくて!」
飽きるなんてとんでもない。
「何というか…そう!何か変わったことをしながらとかどうかしら?
例えば…コスプレとか!」
我ながら良い閃きだと思う。
美穂子はあれだけ美人なのだから何を着ても映えるだろうし、何よりシチュエーションがある時点でかなり違うだろう。
「…こ・コスプレ?そんな…恥ずかしいです!そんなの!?」
顔を真っ赤にしながら美穂子は否定する。
あらあら、顔真っ赤にしちゃって。
かわいいんだから。
「じゃあ今からゲームをしましょう。
それに勝ったほうが負けたほうに一つ命令できるってのはどう?」
ちょっとしたリスクは負うけれど、平等なルールで対戦しないと対等じゃないしね。
「…はい。わかりました。
でも何をやるんですか?この家に玩具は無かったんじゃ…」
「もう忘れたの美穂子?
つい最近貰ったじゃない。」
「これよこれ」
押し入れの中にあった玩具店の袋から中身を出す。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:21:56 ID:XsRtiHHR
「これってジェンガですか?」
「そうよ。これにしましょう」
私が取り出したのは昔からよくある木のジェンガだった。
「先攻は美穂子に譲るわ。
早速片付けが終わったら始めましょう!」
「はい!」
と言うわけで私と美穂子はジェンガ対決をすることになった。
〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜
激しい戦いの末美穂子がジェンガを崩してしまい私が勝利を修めた!
「美穂子。私の勝ちね。」
私はうなだれる美穂子の肩を叩きながら言う。
「うぅ…私の負けです。
でもルールですから。
何でも言って下さい」
美穂子はかなり悔しそうだ。
そんなに嫌だったのかしら。コスプレ。
「うーん。来週までに決めとくからそれまで待って?」
とりあえずは保留にする。
お楽しみはまた来週ということにして置きましょう。
…一週間後…
「ねぇ、美穂子。」
美穂子の実家から送られて来た柿を摘みながら私が言う
「何ですか?久さん」
美穂子が柿の皮を更に剥きながら言った
「覚えてるわよね?」
ぴくっと美穂子の表情が少しひきつる。
「何のことですか?」
美穂子はわざと知らないふりをしながら皮を剥き続けながら答える
「罰ゲームよ」
「………はい」
美穂子は簡単に折れて、それを認める

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:29:05 ID:XsRtiHHR

「決めたわ。」
「何ですか?」
美穂子は真剣な眼差しで私を見据えた。
「美穂子には明日1日私の専用メイドになってもらいます!!
要するに明日はメイド服を着て1日私にご奉仕すること!」
私は美穂子に今回の罰ゲームの趣旨を伝える。
すると、美穂子は驚いた表情をした後で顔を真っ赤にしながら
「はい!?メイド服を着て1日中過ごすんですか!?そ・そんなぁ!恥ずかしいですよ…」
今にも泣き出しそうな顔をする美穂子。
でも、残念ね美穂子。
流石に今回はそれ、通らないわよ?
「でも、何でも言って下さいって言ったのは美穂子よ?言ったことは実践しないとね」
頭を撫でながら、諭すように、そして言い聞かせるようにして私は美穂子に言う。
美穂子はこうされるのが好きらしいのよね
「……わかりました。
やります。でも……」
言い淀む美穂子。
「でも?」
「具体的に何をするんですか?
私…よくわからなくて」
ん?美穂子はメイドさんのことよく知らないのかしら。
「そりゃ身の回りの…」
言いかけて止める。
良いことを思いついた。
「久さん?どうかしました?いきなりにやけて」
「」
「いや、何でもないわ。
で、美穂子。
メイドさんのことだけど私が行ったとおりに行動なさい?
まずは、朝に私を起こすの」
「は・はい…
わかりました」
美穂子は肯く。
ふふ。これで良しっと。
明日が楽しみね…
次の日の朝。
私はリズム良くまな板を叩く包丁の音で目が覚める。
まだ美穂子は朝ご飯の用意をしているようだ。
味噌汁の匂いが鼻腔をくすぐる。
なめこ汁かしら。
美穂子の作るご飯はすごく美味しいのでいつもならば起き上がって食べてしまうのだが、それじゃあ面白くない。
美穂子のメイドさんと言うのを見てみないとね!
因みに、美穂子に渡したメイド服はまこの家の店から借りたものだ。
それはさておき、朝ご飯の準備が終わったようで美穂子の足音がこっちに近づいてくるのを感じた。
「こんな服を着ているのを久さんに見られるなんて……恥ずかしい」
美穂子が1人でぼやく


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:35:49 ID:XsRtiHHR
私はそれが見たいから言ったんだけどね。
「ひ・久さん?お・起きてくださ〜い。朝ですよー!」
美穂子は私の体を揺すって起こそうとする。
う〜ん。これもこれで可愛くていいんだけど…
少し物足りなさを感じるけれど朝から押し倒す訳にも行かないので仕方がないが起きる。
「おはよ、美穂子。」
私は目を開き、目の前に立つ美穂子の姿を見る。
うん!私の見立ては正しかったみたいね!
と自画自賛したくなるほどメイド姿の美穂子はいつもより際だって可愛く見える。
まあ、大事なことを見過ごしてるけど。
「美穂子」
「何ですか?」
「今日は私をご主人様って呼びなさい。普通、メイドさんはそう仕える人を呼ぶものなのよ?」
「そ、そうなんですか!?私知らなくて…」
まあ、これは基本よね?
美穂子が驚いたような表情で聞いてくる。
「そうよ。さあ、美穂子。改めて朝の挨拶をしてご覧なさい…」
そう美穂子に言うと顔を赤らめながら
「…ご・ご主人さま…
お・おはようございます…」
近くにいない限り、耳を済ませないととても聞こえないような弱々しく、そして小さな声で美穂子は言う。
「うん!おはよう美穂子!いい朝ね。
早速朝ご飯にしましょうか」
美穂子の恥ずかしそうな顔もたまらなく可愛くて、抱きしめたくなってしまう。
とにかく今日は美穂子に甘えまくろう。
そう思った。
朝ご飯を食べ終わり、しばらく縁側に寝そべりながら本を読む。
これがいつもの私の日曜日の過ごし方である。
このゆったりとした感じが私にとって日頃の疲れをとり、明日以降へに向けての活力になるのだけれど
がしかし、今日ばかりはそうも言っていられないわね。
私はパッと跳ね起きると
「美穂子美穂子〜」
ベランダで洗濯物を取り込む美穂子に呼びかけるが動かない。
「美穂子どうしたの?」
私は動かない美穂子の肩を掴んで軽く揺らす
「ふぇ!?ひひひ…久さんどうしたんですか!?」
私の存在に気付いた美穂子は急に私の手を払いのけ、洗濯物を掴みながら凄く焦ったような顔をして言う。
これ、昨日私が使ったシーツよね?
これがどうしたのかしら
「このシーツがどうかしたの?」
私は美穂子に問いかける。
すると美穂子はものすごい勢いで頬を紅潮させながら
「な・何でもありませんっ!」
と言うと、すぐに洗濯物の取り込みに戻る。
「…何だったのかしら」
よくわからない
まあ、可愛いかったからよしとすることにした


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:41:12 ID:XsRtiHHR
……お昼時になる。
昼食を食べ終わった私が美穂子に言う
「ねーねー美穂子〜」
「何ですか?久さん」
美穂子は食器を洗う手を止めず、台所の方を向きながら言う
「それ洗い終わったら膝枕でもしてくれない?」
美穂子に私は昼寝を提案する
泡を含んだ食器を水で洗い流しながら美穂子は
「良いですよ。。
お安いご用です」
美穂子は昔から膝枕をすることが好きらしく、
風越の後輩たちにも良くしていたらしい
美穂子も好んでいることなので、応える声も安堵の色が伺える
しかし、私の狙いはここからなのだ
「でね、美穂子は膝枕をしながら私に子守歌を歌うの」
すると突然台所からガチャーンと食器の割れる音が響いてきた
「う、歌を歌うんですか!?
ひ、久さんの前で!?」
美穂子は先ほどとは打って変わり、非常に慌てた様子でこちらを向きながらいった。
「そうよ?だって美穂子歌うまいじゃない?
加治木さんや智美も言ってたわよ?
“美穂子の歌を聞くと心がとても落ち着く“って」
加治木さんや智美と言うのは、同じ大学の同級生で、県大会団体戦決勝で戦ったこともある同じサークルの仲間だ。
ちなみに私と加治木さんが同じ文学部
美穂子と智美が教育学部に所属している
「で、でも!あの人たちは優しいですから…」
美穂子はオロオロしながらも何か必死になって避ける道を見つけようとしている
しかし、逃がさない
「ねぇ美穂子?メイドさんはご主人様には絶対服従なのよ」
「……ひ、じゃなくてご主人様はいつもすごく強引ですよね」
「あら、心外ね。
強制してるつもりはないだけど」

美穂子が片付けを終え、エプロンを脱ぎ去る
私は、おっと!待ってました!とばかりに座った美穂子に擦りより、
膝に頭を乗せ、うつ伏せに寝てみる。
「うーん!気持ち良いわね〜。このまま寝ちゃいたいくらい」
「寝ちゃって良いですよ?」
「嫌よ。美穂子の歌を聞かない限りはね」
「やっぱり歌わないとダメなんですね…」
外は雲一つない青空で、とても気分が良い
喋りもなかなか絶好調だ
「さあ、聞かせて頂戴。
美穂子の歌を」
私は膝の上で目を閉じてから言う
「では…すぅ〜」
美穂子は軽く息を吸い、歌い始めた


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:46:24 ID:XsRtiHHR
軽やかな旋律が私の耳に伝わってくる。
柔らかな声。
優しいあの子の暖かな感情を耳から、頭から、気持ちよく感じている。
幸せに包まれたまま、私は意識を手放した。

強烈な日差しで目を覚ます。
あたりは夕焼けに包まれて、地平線は赤く染まっていた。
美穂子はまだ眠っているようだ。
私は立ち上がって毛布を探そうとするが突然美穂子は言い出した
「…久……すき……」
「!!!!」
私は突然の言葉にドキッとする。
しかし
「すぅ〜……」
美穂子はまた寝に入ってしまった
私は美穂子が突然とても愛しくなったので、衝動的に美穂子にキスをした。
少しして、唇を離す
キスをしたのにも関わらず、あの子は目を覚ます素振りすら見せない。
私は独り言を呟くことにした。
「ねぇ、美穂子。私ね、正直に言うとに嫉妬してたのかも。」
美穂子にキスをしていた時に思った。
私は退屈をしていたのではなかったのだと
「美穂子がみんなと仲良くし始めたのは嬉しかったけど、逆に怖くもあった」
私らしくない。
そう思うけど、私は独り言を呟くことを止められない。
「美穂子がいなくなるかもと思うと、私、怖くて仕方がないの
清澄に入学した頃は1人でも怖くなかったのに…


328 :コピペミスすいません:2009/10/05(月) 21:53:30 ID:XsRtiHHR
…」
さっきから自分はおかしい。
独り言なのに、美穂子に向かって話せているわけもないのに
誰かに聞いて欲しくて仕方がない。
さっきも美穂子に触れ、その感触を確かめたのに
私は今も1人きり
そんな気がしてならないのだ
「ねぇ、美穂子」
今も眠り続ける私の恋人に背を向けながら私は喋り出す。
「私…変になっちゃった。
弱くなっちゃったわ。
美穂子のことが好きすぎて、好きすぎて。
前までは1人だけでも大丈夫だったのに
今ではすぐにあなたのことを探してしまうわ。
だからね。美穂子。
私…」
私は振り替えざまに美穂子に不意にガバッと抱きつかれ、
そして唇を奪われた
私は少し驚いたが、その幸せな感触と、安心感に身を委ねることにした
異変が起こったのはその後
急に唇を割られ、美穂子が私の咥内に侵入してきたのだ
私はびっくりして、美穂子を突き放そうとするが、美穂子の力は予想以上に強く、突き放すことができなかった。
やがて、息が続かなくなりお互いの唇が離れた
「美穂子…もしかしてあなた…」
「私…嬉しいです。
久さん。すごく。すごく。
久さんが、私が必要だと言ってくれて…本当に本当に嬉しいです…」
美穂子は私を強く、強く、抱きしめる。
私は美穂子の暖かさに包まれる。
美穂子は私を痛いくらいに強く抱きしめた。
でも、今の私にはその痛さが逆に心地良いくらいに感じられた。
「…久さん」
「何?美穂子?」
美穂子は私から少し離れると、両目をしっかり見開きながら私を見据えながら
「心配しないで?
あなたのそばにずっといるから…
あなたが望む限り…ずっと、ずっと。
あなたのことだけ好きでいるから」
「美穂子…」
「だからそんなに不安がらないで下さい。
私は…久さんが好きだから!
久さんの全てが、大好きだから。
ちょっと浮気性なところも、器用そうに見えて、実はぶきっちょなところも、逞しく見えるけど誰よりも繊細なところも
全部ひっくるめて大好きなんです!!
だから、離れるなんてあり得ません!」
美穂子は笑う
にこやかに、嬉しそうに
私は天を仰ぐ
ああ、私はこの娘には本当にかなわないなぁと思う

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 21:57:24 ID:XsRtiHHR
だって不安なんて簡単に吹き飛ばされてしまったし、むしろ逆にもっと好きになってしまったもの。
私の中に渦巻いていた不安はいつの間にか愛しさに変わっていた
「美穂子…」
私は美穂子にキスをした
最初はお互いの唇の感触を確かめ合うだけの優しいキス
何度も何度も口づけている内に
やがて、どちらともなく口を開けて舌を絡める深いキスへと移行して行く
私は美穂子の舌を絡め、お互いを感じあいながら美穂子の唾液を吸いながら、自らの唾液を美穂子の口内へと流し込む。
美穂子の唾液の味は何かほんのり甘くて、癖になりそうな味だった。
近すると、耳元で囁く
「どうしてもって言うなら、おねだりして見なさい?」
まったく私は天の邪鬼にも、素直じゃないにも程がある。
我慢できないのは私も一緒なのに
「…本当に久さんは意地悪なひとですね?」
美穂子はくすくすと笑いながら言う
「だって仕方ないでしょう?」
これが私だもの
こんな変な女を好きになったのはあなたでしょ?
「そうですね…
久さん。
私は意志の弱いか弱い女の子です。
だから、もしかしたら違う人に靡いちゃうかもしれません」
「!!!!!」
さっき言ったことと違うじゃない!!!
私はきっとこの瞬間の顔色は真っ青になっていたことだろう
美穂子は余裕を含んだような笑顔で
「だから、他の人が手を出せないくらい
い〜っぱい痕をつけて下さい。
あなたの痕を
あなたの物だとという永遠に刻印を刻み込んで
そして、私を久さんのところに永遠就職させて下さい!!」
ああ〜こりゃ参ったわ
もし、私が浮気したらどうするの?
って言うつもりだったのに
あのサファイアで見つめられたとき言えなくなっちゃった
「良いのね?私で」
実はこの半年間、私は美穂子を抱いた事がない。
美穂子に嫌がられるのが嫌で、ひたすら我慢していたのである
「…久さんじゃないと嫌です。」
ちょこっと拗ねぎみ美穂子は言う
まったく…この娘は急にしおらしくなっちゃって
可愛いくて仕方ないわ

「美穂子…好きよ…」
「久さん…私もです。
ずっと一緒にいましょうね…」
こうして私と美穂子は一晩の熱い夜を過ごしたのだった。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 22:00:29 ID:XsRtiHHR
事が済み、布団に2人で横たわる。
「そういえば…」
「?どうしました?」
私の腕の中に収まる美穂子が尋ねて来る
「思い出したわ。」
「何をです?」
「ルビーとサファイアって最初に会ったときに行ったじゃない?」
「はい。
思えばあれが始まりでしたよね?」
美穂子は感慨深そうに語る
「ルビーとサファイアってさっきまでは表現間違ってるかなと思ってたけど。
今思うとルビーとサファイアの瞳って美穂子を象徴してるわよね」
「???」
ルビーの石の効果は
情熱的な愛で以て相手の嫉妬心や恋人への疑心を消し、満ち足りた愛情で繁栄や平和をもたらすこと
サファイアの石は
浮気を防ぐ効果があるのだそうだ
そりゃ私も浮気なんてできるわけないわね…
ルビーとサファイアの姫君に愛されてるんだもの幸せに決まってるわ
色んな事があるだろう
喧嘩もするだろう
だけど、不思議と怖くない。
あの娘と幸せになる。
そうとしか思えないから。
終わり

長くてすいません
個人的には部長はかじゅと、キャプテンはワハハと仲が良いと思います。
では駄文すいませんでした

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 22:30:17 ID:csJqXtC5
乙!

全裸で待ってたから風邪ひきそうだったぜ

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 23:10:23 ID:Wwr0DHRL
GJせずにはいられないな!!!
すごいよかった!ありがとう!

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 23:12:28 ID:i2U8rwtb
>>330
乙!
コスプレと聞いて部長がコスプレするのをwktkした俺もいる

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 23:47:47 ID:gthQyCc9
>>319
部長さんは卒業と同時に消息不明になるって気がする
誰にも連絡先を教えずプロになるために上京するとか
そして人生の悪待ちの結果3年後福路さんと再会

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 01:07:25 ID:hUqCuOXF
>>322-330
おおおおGJ!www乙女な二人いいなぁ
「前までは1人だけでも大丈夫だったのに
今ではすぐにあなたのことを探してしまうわ。」に感動した

>>334
部長なら完全に単独行動ありそうだw

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 02:24:09 ID:yamUemQK
キャプテンは同じ大学に行くと決まって部長から合格したと聞いた後も
入学式の前日の夜位にふと明日本当に会えるのかと不安に襲われそう
そして実際に入学式で三年前には見つけられなかった部長の後姿を見つけたら
何か色々こみ上げて泣きそう

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 02:28:38 ID:ZggHIao0
なにそのキュンキュン来る展開

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 02:35:15 ID:V5EUJ/oI
>>322-330
まさかの上柿さん登場

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 03:07:07 ID:aCzrGpvr
>>338
そんな幸せ一杯の二人を見つめる、鋭い視線が…
「ぎっひw」

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 03:32:45 ID:JLw3lJnB
>>330
いいね
ジェンガの件でラブジェンガかと思って妄想があらぬ方向へ飛んで行ったわ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 13:57:08 ID:5gCN5xWR
玩具を普通に「大人の玩具」だと思ってしまった心の汚れた人間は私だけでいい…

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 14:53:47 ID:s3Qstlr2
恥ずかしげもなく恥ずかしいセリフをさらっと言える部長。

部長「あなたの事?とても好きよ?…そうね、好きに理由はないから上手くは言えないんだけれど強いて言うなら…例えばそのサファイアのような右目。
あなたにとってはコンプレックスなのかもしれないけど私はすごく綺麗だと思うわ。宝石類にしまい込んで私だけの目に触れられるようにしたいわね。
他には…あなたの放つ聖母のような優しい心。あなただけには流石の私も何も隠せないみたい。たまに全てを忘れて何もかも委ねてみたくなるわ。

…まぁこれくらいかしら。まだまだあるんだけどなかなかいい表現が浮かばないわ。好きを伝えるって難しいわね」


キャ「…////(十分すぎるわ…)」



無自覚に恥ずかしいセリフを恥ずかしいと思わずに言っちゃうキャプテン。

キャ「あなたの事?好きですよ。あなたのいない生活はもう考えられなくなっているの。私…あなたのおかげで今がもっと楽しくなってます。出会ってくれて感謝してますよ?」

部長「…////(天然って恐ろしいわね…)」

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 19:52:42 ID:s3Qstlr2
宝石類→宝石箱だった
orz

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 21:21:12 ID:tJMhB0kd
部キャプに限らず部長が絡むカップリングって部長の心をどう動かすかが難しい気がする

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 22:24:05 ID:WvvVe31E
それわかる。
だからSSとか考えるときもすでに恋人設定のほうが書きやすいんだよね。
もちろん、ああでもないこうでもないと過程を考えるのも楽しいけどw

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 22:30:04 ID:fFJMZm8D
片目閉じつつ全国出場校の牌譜を渡して「ぜんっぜん和了れんけえあったまくるじょー」と言って
正攻法なボクの打ち方をしながらも、悪待ちに追っかけリーチかけて振り込みまくるといい

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 00:39:03 ID:oWuZEQmG
混ぜすぎww
想像してフイタだろうがwwww

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 01:41:35 ID:X7mG0XzH
>>346
何がなんだかw

349 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/07(水) 01:49:39 ID:ynr2vpbe
>>346
闇鍋状態w

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 19:45:41 ID:VOFGZ2x8
SS投下しようと思うんですが、なぜか結末が2つ出来上がってしまいまして、
(good endとture endみたいな感じ)
多少読みにくくなると思うのですが、まとめて投下してもよいでしょうか?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 19:49:05 ID:WkhFBISh
選択肢のとこで分岐用意しといて、両パターンのせると喜ばれると思うよ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:42:51 ID:VOFGZ2x8
>>168>>350です。
「書いてみる」と言った前スレの花火SSの続き投下します。
続きですが、花火を見終わった後と考えてもらえれば読んでいなくても大丈夫だと思います。
結末が2つになってしまったので、途中で分岐します。
お好きなほうをお読みください。
10レス前後使わせていただきます。


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:44:29 ID:VOFGZ2x8
いままでで一番大きな花火が夜空に散っていく。
それは童話でいう夢の終わりを告げる鐘の音。
私にとっては魔法とも奇跡ともいえるような時間が終わってしまう。
けれどこの時間が幻ではなかったことを左手から伝わるぬくもりが教えてくれる。

「終わりね、中に入りましょ?」
「……はい」

手を引かれて柵を越える。
もうすぐこの手は離れてしまう。
今日こうして話ができただけでも十分、一緒に花火を見ることまでできて本当に十分すぎる
ほどなのに、どんどん欲が出てきてしまう。
―――もっと、一緒にいたい。
3年間で降り積もった思いはそうそう溶けてはくれないようで、
チリチリとこの身を焦がす。

引かれるままに歩いていたのがいけなかった。

「きゃっ!」

何かにぶつかったというよりも、コードのようなものにに引っかかってしまった。
暗い部室で気がついた時には足がもつれ、バランスを崩していた。

「あぶないっ!」

転びそうになる私に巻き込まれるように、けれど何とかしようと
必死に上埜さんは腕を伸ばしてくれた。
しかし、視界は反転する。
予想外に衝撃はなく、手をついた先は柔らかい。
運良くなぜか部室にあったベッドに倒れこんだらしかった。
そして、無意識に閉じた目を次に開いた時に映ったものは、上埜さんだった。
それも見上げるのではなく、見下ろす形で。


354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:46:28 ID:VOFGZ2x8
「……」
「……」

「……大丈夫?」
「はい……」

いつもと変わらない上埜さんがそこにはいた。
突然のことにも顔色一つ変えていない。
悲しかった。
私だけ。
私だけがこの状況に驚いて、戸惑って、緊張している。
それは私だけが上埜さんのことを意識してしまっているから。
―――ただの友人ではなくそれ以上の人として。

見下ろす上埜さんの表情が変わって初めて気がついた。
気がついても流れる涙を止めることはできなかった。

「大丈夫よ……」

ふわりと抱きしめられた。
理由も聞かずに微笑んで。
その優しさが今は辛い。
決して届くことなないこの想い。
再会したばかりだというのに、叶うはずのない望みは膨らむばかり。
全部、全部、涙に溶けて消えてしまえばいいのに。

最初で最後の我が儘を許してください。
今だけあなたの優しさに甘えさせてください。
この涙が涸れるまで、その腕と胸とぬくもりを貸してください。



355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:47:30 ID:VOFGZ2x8
沈まない太陽がないように、涸れない涙もなかった。
想いは変わらずこの胸に存在し続けるけれど、いつまでもこうしているわけにもいかない。

「落ち着いた?」
「はい……」

上埜さんはやはり変わらない。
いつもの不敵なのにやさしげな表情。
どんな気持ちで私を抱きしめてくれていたのかわからない。

「すみませんでした……」

未練を断ち切るように、背に回されていた腕を外していく。
そして意を決して離れようとした瞬間、また視界が反転した。

「私、押し倒されるより押し倒す方が好きなのよね」

右目を覆っていた前髪を払われ、両眼に上埜さんが映る。

「やっぱり綺麗。私すっかり虜になっちゃったかも」

虜になっているのは私の方。
気がつけば目を伏せた上埜さんの顔が近づいてきて、吐息が重なって、唇が触れた。
今何が起きているのか訳がわからなかった。
この場所、この状況、この体勢、この展開―――すべてがわからなくなった。
どうして今こうなっているの?
なによりもわからないのは上埜さんの思考と行動。
けれど五月蠅いぐらいに高鳴っている鼓動が現実だと訴えてくる。

「どう、して、こんなこと、したんですか……?」


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:55:23 ID:VOFGZ2x8
分岐

「したかったから。それじゃ答えにならないかしら?」→このままお読みください(>>357-358
「理由を聞くなんて、無粋だと思わない?」→>>359-361

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:56:06 ID:VOFGZ2x8
「したかったから。それじゃ答えにならないかしら?」

触れ合っていたのは1秒なのか1分なのかも分からない。
途切れ途切れに絞り出した言葉にも飄々と答えてくる。
挑発的な笑みで余裕たっぷり。それでいて私の答えを待つ気遣い。
3年間、想い続けて、再会してもっと惹かれた上埜さんがここにいる。
こんなことをされたら、仕舞い込もうとしたものが溢れ出してしまう。
もう、止められない―――

「私は、上埜さんが好きです。もちろん友人としてではなく……
3年前のあの時からずっと、あなたを追いかけていました。
中学の大会でも、高校に入ってからも探していました。
私は、好きなんです。あなたが」

「……」

「突然、こんなことを言われても困りますよね……
軽蔑してもらっても構いません。けど、ただの慰めや慣れ合いなら結構です。
ちゃんと言葉にしてください。上埜さんの気持ちを」

一度堰を切ってしまった感情は止まらない。
戻れないところまで一気に奔流となって雪崩れ込む。
最後になるかもしれないと思いながら上埜さんの双眸をしっかりと見つめる。

「私は―――」

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:56:56 ID:VOFGZ2x8
その動揺は何から来るの?
あなたの表情が初めて揺れ、赤面したことが暗い部屋でも星明かりのおかげでわかる。
ある訳がないと思っても、“もしかしたら”を期待してしまう。
こんなに時間を遅く感じるの初めて。
時間が止まったんじゃないかと思うほどだけど、
時計の秒針は時を刻んでいるのが聞こえる。

「―――私も、あなたが好きよ、美穂子」

また、涙が溢れる。
降り積もった想いが溶けて雫になる。

「なんだか、泣かせてばかりね、私」

照れくさそうに頬をかく上埜さん。初めて見るその表情。

「いいえ、嬉し、涙です、から……」

さっきとは違う理由でうまく言葉を発せられない。
今、私は人生で一番幸せな瞬間にいる。
こんなにも満たされたのは初めて。

「いい?」

額に口付けを落として尋ねてくる。
髪を払う指先が少し震えていたことに気がついて、むしろ私は安心した。
なにを?なんて無粋なことは聞かない。
返事の代わりに私は上埜さんの制服の青いリボンを解いた。


fin.

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 20:58:54 ID:VOFGZ2x8
分岐より続き


「どう、して、こんなこと、したんですか……?」
「理由を聞くなんて、無粋だと思わない?」
「でもっ!」

訳がわからなくなる。展開についていけなくて、冷静になれない。
触れ合っていたのは1秒なのか1分なのかも分からない。
途切れ途切れに絞り出した言葉にも飄々と答えてくる。
挑発的な笑みで余裕たっぷり。それでいて私の答えを待つ気遣い。
3年間、想い続けて、再会してもっと惹かれた上埜さんがここにいる。
こんなことをされたら、仕舞い込もうとしたものが溢れ出してしまう。
もう、止められない―――

「私は、上埜さんが好きです。もちろん友人としてではなく……
3年前のあの時からずっと、あなたを追いかけていました。
中学の大会でも、高校に入ってからも探していました。
私は、好きなんです。あなたが―――」

全てを言い終わる前にまた唇をふさがれた。

「いい?」

艶のある瞳で尋ねてくる。何を言わんとしているのか、
いくらその手のことに疎いと自覚している私でも理解できた。
刹那のぬくもり、ふれあい。
それがわかっていても私は拒むことができず、この状況に身を任せるように
返事の代わりに上埜さんの制服の青いリボンを解いた。



360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 21:00:00 ID:VOFGZ2x8
* * *

目が覚めると日が昇り、少し破れかけのカーテンから光が差し込み始めていた。
1人だった。
横を見なくても分かった。
手を伸ばすとシーツはかすかに温かく、昨夜の出来事が幻ではないことを教えてくれた。

身体を確かめるように見ると左胸に赤い鬱血痕。
唯一彼女から私にしたこと。
ちょうど心臓の上あたりに赤い花。
まるで私を逃さないとも暗に言われたようで。
しかし、それは私の罪に対する烙印のようでもあった。

辺りを見回すと投げっぱなしにしたはずの制服は几帳面にたたまれていた。
これなら皺になってないかもと、見当違いなことを考えた。
時間を確認しようと携帯を手に取ると1通のメール。

ごめんなさい。
ありがとうございました。

カチンときた。
勝手に完結しないでほしい。
こんな痕まで残しておいて。

けれど、彼女にそうさせたのは間違いなく私だろう。
最中も、その後もはっきりと言葉で伝えなかった。自分の気持ちを。
素直に言えなかったことが罪だ。
怖かった。いつの間にか、気づいたら止められなくなって加速していく自分の感情を恐れた。
どうして好きになったのか―――
それが見えなかった。
3年ぶりの再会といっても、忘れていた私にしてみれば中3の時のことがあったとはいえ
ついこの間出逢ったばかりと言っていい。
にも拘らず、話せば話すほど、あの瞳を見つめれば見つめるほど、惹かれた。
冷静になって思えば“好き”に理由なんていらない。
感情にいちいち理由をつけるなんて私らしくないし、そんな考え方好きではない。
ただ、私は福路美穂子という存在に惹かれた。
それだけのことなのだ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 21:01:17 ID:VOFGZ2x8
なのに私は不安を誤魔化すように彼女を求めた。きっとわかってくれると信じて。
最低だ。そんなの信頼でも何でもない。なんて思いあがり。
自分たちは出逢いこそ3年も前だけれど、始まったのはついこの間ではないか。
いや、まだ始まってないのかもしれない。

自分の弱さが招いたこの状況<悪待ち>。
捲るには厳しいかもしれないけれど、そんなこと関係ない。人生は一度きりなのだから。
逆転できるかどうかは自分次第ね。
しっかりと床に足をつけて立ち上がり、カーテンを引く。
ちょっと朝陽が目に眩しかったが脳内の考えをまとめるにはいい刺激になった。
まず、返事をしよう。
彼女はきっと計り知れない勇気をもって私に気持ちを伝えてくれた。
ならば、今度こそ、逃げずに、誤魔化さずに、偽りのない気持ちを伝えなくちゃいけない。
胸に刻まれた罪の烙印を想いの証に変えるために。
そして、お礼を言おう。
3年間も待ち続けてくれてありがとう、と。

私は太陽をまっすぐ見据えて宣言した。

「今度は私から乗り込んでやるんだから!」



fin.

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 21:05:37 ID:VOFGZ2x8
以上です。
見苦しい点があれば申し訳ありませんでした。
どちらの結末がいいのか迷った末にこういう形になりました。
参考程度にどちらのほうがよかったか教えていただければ幸いです。

>>351
意見ありがとうございました。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 21:59:58 ID:s07XvoRr
>>362
GJすぎて他に気の効いたレスが出来ない俺を許してくれorz
分岐だが、正直どちらも別の見方でよかったので選びにくいのだが、強いて選ぶならこれからの更なる二人の発展を感じさせる>>359->>361の方を選ぶよ。

とにかくどちらもすごくよかった!ありがとう

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 22:02:02 ID:oZ96od0l

SSだと分岐とか気楽にできるのもいいな
原作やアニメじゃ無理だもんなw

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 22:37:57 ID:gfFe1RC9
>>362
GJ!w
分岐って新鮮だなー二つも楽しめて得した気分だw
どっちの展開も素晴らしいと思う

けどどちらか選ぶなら部長視点の>>359-361だな
ぜひキャプテンの所へ乗り込んでほしいものw

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 22:42:52 ID:WkhFBISh
>>362
GJ!
意見なんて大したことしてない、エロパロ板なんかで使われてる手法を紹介しただけ。
礼なんぞいらん…///

367 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/08(木) 01:05:37 ID:+KFcWN8a
>>362
GJですよ。どっちの展開も良かったですよ。
けど…分岐させなくても、>>357-358の流れから、そのまま>>359-361に繋げられたんじゃないかな?とも思いましたが…

>>359-361は綺麗に仕上がっていて、その後も期待したくなる見事なひきでした。

生言ってすんません

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 01:19:54 ID:WuXynwrV
GJ!
どっちも良かった!
ありがとう!
次は部長が風越しに乗り込み、告る話も書いてほしい。
お願いします。

369 :malko:2009/10/08(木) 01:37:22 ID:LfGrYcYC
SS良いですね。
個人的にはもっとエロいのがみたい。



370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 12:18:48 ID:JqlBe7QF
>>362GJ!
分岐使ってるのがすごく良い!
自分には思いつかなかったですよ…
さて本題です。
自分>>323>>330を書いた物なのですが、>>329にミスを発見しました。
2日間見過ごしていた自分の眼が節穴すぎて恥ずかしくなります…
すいません
つきましては次レスに改訂版を乗せたいと思います。
申し訳ないです…
では以下

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 12:23:45 ID:JqlBe7QF
だって不安なんて簡単に吹き飛ばされてしまったし、むしろ逆にもっと好きになってしまったもの。
私の中に渦巻いていた不安はいつの間にか愛しさに変わっていた
「美穂子…」
私は美穂子にキスをした
最初はお互いの唇の感触を確かめ合うだけの優しいキス
何度も何度も口づけている内に
やがて、どちらともなく口を開けて舌を絡める深いキスへと移行して行く
私は美穂子の舌を絡め、お互いを感じあいながら美穂子の唾液を吸いながら、自らの唾液を美穂子の口内へと流し込む。
美穂子の唾液の味は何かほんのり甘くて、癖になりそうな味だった。
何分くらいしていただろうか
息が苦しくなった美穂子が唇を離した
「はぁ…はぁ…久さん」
美穂子はまた私に抱きついてきた。
私はそれを抱きしめ返す
「久さん…美穂子はいけない子です。
今日これだけキスをしたのに全然満足できないんです。
もっと、もっと、久さんと深く繋がりたくて仕方がないんです。
だから…」
美穂子は未だ引かない頬を赤みを更に増させながら言う
「…本当ね。
美穂子はイケナイ子ね?」
私は敢えて不敵な笑みを浮かべながら言う
私は美穂子から顔を離し、顎を軽く人差し指で持ち上げると、美穂子の顔に猛接近すると、耳元で囁く
「どうしてもって言うなら、おねだりして見なさい?」
まったく私は天の邪鬼にも、素直じゃないにも程がある。
我慢できないのは私も一緒なのに
「…本当に久さんは意地悪なひとですね?」
美穂子はくすくすと笑いながら言う
「だって仕方ないでしょう?」
これが私だもの
こんな変な女を好きになったのはあなたでしょ?
「そうですね…
久さん。
私は意志の弱いか弱い女の子です。
だから、もしかしたら違う人に靡いちゃうかもしれません」
「!!!!!」
さっき言ったことと違うじゃない!!!
私はきっとこの瞬間の顔色は真っ青になっていたことだろう
美穂子は余裕を含んだような笑顔で
「だから、他の人が手を出せないくらい
い〜っぱい痕をつけて下さい。
あなたの痕を
あなたの物だとという永遠に刻印を刻み込んで
そして、私を久さんのところに永遠就職させて下さい!!」ああ〜こりゃ参ったわ
もし、私が浮気したらどうするの?
って言うつもりだったのに
あのサファイアで見つめられたとき言えなくなっちゃった
「良いのね?私で」
実はこの半年間、私は美穂子を抱いた事がない。
美穂子に嫌がられるのが嫌で、ひたすら我慢していたのだ

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 12:26:52 ID:JqlBe7QF
「…久さんじゃないと嫌です。」
ちょこっと拗ねぎみ美穂子は言う
まったく…この娘は急にしおらしくなっちゃって
可愛いくて仕方ないわ

「美穂子…好きよ…」
「久さん…私もです。
ずっと一緒にいましょうね…」
こうして私と美穂子は一晩の熱い夜を過ごしたのである。

となります。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした!

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 14:01:00 ID:PN7kikYt
SS見てちんちんおっきおっき

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:26:53 ID:vFa9mrKX
部長→キャプテン良いなあ
部キャプ、かじゅモモ前提の部かじゅ友情ものもいいなあ
大学生編は同棲してるだろJK

そんな事を考えていたら出来上がった妄想の産物を以下に投下します。
おそらく4レス前後になります。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:28:06 ID:vFa9mrKX
「だから・・・・・・なのよ!!もうなんでいつも・・・・・・」

何で私はこんなやつの話をいつまでも聞いているのだろうか・・・・・・



夕方『今から遊びに行って良い?』とメールが来たのを見て。
いつものように家にある牌譜を借りに来るだけだと思い了承してしまったのがそもそもの間違いだったのだ。

インターホンの音に玄関を開けた私の目に飛び込んできたのは日本酒の瓶を抱えた友人の姿だった。

「呑みたい気分だから付き合って」

無表情で言う彼女の姿に、アルコールの力を借りねば話せぬほどの悩みがあるのだろうと思った。

「別に構わんが・・・・・・」

友が悩んでいるならば少しでも力になりたい、それがいつも私が相談している相手ならば尚更だ。
そう思い部屋へ上がってもらった、が。



一升瓶は乾杯用の始めの一杯以外はすべて彼女の体の中へと消えて行った。
そして今も次々と空けられていくビールの缶。
そして延々と続く愚痴と言う名の惚気話。

いっそ、酔い潰れてくれないかと思ったが、酒に強い彼女はこの程度では眠りについてくれそうに無い。

「で、竹井は結局どうしたいんだ?福路がみんなに冷たくすればいいのか?」

「う〜、ゆみがいじめる〜」

失礼な事を言う奴だ、間違いなく今いじめられているのは私の方だというのに。


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:29:22 ID:vFa9mrKX

「みんなに優しい所も好きだからそれは別にいいの。
ただそれで言い寄ってくる奴らが多いのが気に入らないって話」

「それは仕方ないだろう。福路の容姿とあの性格ならモテるのは当然というものだ」
おまけに料理も美味いし掃除洗濯などの家事全般も完璧にこなすと言う話を以前竹井から聞いた。
今目の前にいるのんだくれには勿体無いほどだ。

「しょっちゅう目の前で告白されてるの見て平常心でいられるほど私人間できてないわよ」

ふむ、私は大学に入ってから今まで告白された事などなかったが、
やはりかわいくて優しいタイプというのは好かれやすいのか。
モテたいわけではないが少し女として羨ましくはある。

「気にするほどの事でもないだろう。福路がお前一筋なのはお前が一番知っているだろう」

そしてお前の次に知っているのはいつも二人の仲を見せ付けられている私だ。

「わかんないわよ。そんなの・・・・・・」

竹井は吐き出すように言うとそのまま机に突っ伏した。
珍しい事もあるものだ。
これまでもくだらない痴話喧嘩の仲裁は何度かしてきたが、
竹井が福路の想いを疑った事は一度も無かったというのに。

「じゃあお前は好きでも無い相手と一緒に暮らして、毎日食事を作るなんて事ができるか?」

「そりゃあ好かれてる自信はあるわよ。
でもこれから先私なんかよりもっと良い人が現れるかもしれないじゃない。
ねえ、ゆみ。美穂子は私なんかのどこを好きになってくれたんだと思う?」

少なくとも自分を卑下するような奴は好きじゃないだろうな。
まったく、いつもの飄々とした竹井でないとこっちまで調子がくるいそうだ。
さて、そろそろ頃合か。


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:30:28 ID:vFa9mrKX


「それは私もわからないな。

福路、教えてくれるか?」


竹井の背後に向かって声を掛ける。
ばっ、と竹井が振り返る、と同時にモモが福路と繋いでいた手を放す。
流石モモ、一緒にいる人の気配までほぼ完全に消せるようになったか。
とはいえ、私にはステルスモードでもずっと手を繋いでる二人が見えていたから正直面白くなかった。

「先輩、任務完了っす」

「ああ、よくやってくれた」

まあここで不機嫌な顔をするほど子供ではない。
そもそも福路を竹井にばれないように連れてくるよう頼んだのは他でもない私なのだから。
竹井たちが帰った後にもっと褒めてやろう。
だがその当の本人は完全にフリーズしていた。

「あの、えっと・・・・・・・・・ご、ごめんなさい。
隠れて聞いてるなんていけない事だってわかってたんですけど・・・」

福路の消え入りそうな声に思わず、指示したのは私だからお前が気に病む必用は無い
と、言いそうになったがここは部外者が口を挟むべきではないだろうと思い直す。

「あー、今の聞いてたんだ・・・」

竹井が床に仰向けに倒れこむ。
両手を顔の前で組んでいるからこちらからは表情が読めない。

「幻滅したでしょ。いつも余裕そうな顔しておいて心の中では嫉妬してて、
美穂子の事からかって気持ちを確認して・・・・・・ほんと子供かっての」

きつく組まれた竹井の手にそっと福路が触れる。
ああ、これが竹井を落とした聖母の微笑と言うやつか。
それにしても居心地が悪い。
ここが自分の家でなければとっくにどこかへ消えているというのに。

そんな私の心を読んだかのようにそっとモモが手を握ってくる。
モモ、気持ちは嬉しいが盗撮でもしているようで余計罪悪感が増すのだが・・・・・・・・・
そんな私の心中はお構いなしに目の前で二人の世界が作り上げられて行く。


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:33:03 ID:vFa9mrKX

「幻滅なんてするはずないです。それに、気付いてます?
久って私が告白された後一緒に帰るとき、いつもよりも歩くのが速いんですよ」

「・・・・・・それが何?」

私も福路が何を言いたいのかさっぱりわからない。
さっきの話と何か関係あるのだろうか。

「手もいつもより強く握ってきますよね。で、ただいまのキスも長いです。
あと、その////お、お風呂前に求めてくる事も多いですし、首筋にキスマー「ちょ、ちょっと待って!!」」

耳まで真っ赤になった竹井がバネ仕掛けのように体を起こす。

私も血が沸騰しているかのように体が熱い。
その、なんだ?
親しい友人の夜の営みまでは流石に聞きたくなかったというかなんというか。

「じゃあ、何?その・・・・・・」

「はい。確かに顔には出てないですけど、態度で嫉妬してくれてるってわかってました」

がくっと竹井が肩を落とす。

気持ちは良くわかる。
恋人の前では少しでも良い所を見せたいものだ。
その点では、しっかり年上らしい態度で接する事が出来ている私のほうが上だな。

「でも、私はそういう所も全部含めて久の事が好き。
久以外の人との幸せな未来なんて考えられないくらい大好きです。
だから、ちゃんと責任とって下さいね?」

福路がそっと優しく竹井を後ろから抱きしめる。
回された腕に手を添えながらへにゃっと音がしそうなだらしない笑みを浮かべる竹井の様子に
ほっとしたような、これまでの数時間を返せと言いたい様な複雑な気持ちになる。

「ん。これでもかってくらい幸せにしてあげるから覚悟しときなさいよ」

「わ、私だって負けませんから」


その後、そんないちゃいちゃバカップルが私たちの存在に気が付き
尋常じゃなく気まずい空気が流れたというのは言うまでもないだろう・・・・・・

END


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:42:02 ID:g5uaSySA
GJ
ステルス能力半端ねぇなw

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:43:22 ID:vFa9mrKX
以上です。
駄文失礼しました。
同年代視点ならいちゃいちゃした部キャプが書けそうな気がしたから
かじゅ視点にしたなんて
そんな・ひどい事・ありえません

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:52:16 ID:IdHxUbw3
>>380
すげー萌えた!GJ!
部キャプは二人とももてそうだから互いにやきもち焼いてそうだな

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 23:03:16 ID:dH/mXaVu
モモにそんな便利な能力があったとは
ハンターハンターの誰かみたいだ

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 23:50:38 ID:UK7FInC2
>>380
G グッジョブ
S しないなんて
A ありえません!!

かじゅ視点…ってのが斬新でよかった。また気が向いたらたのむ。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 00:26:37 ID:6pB/mK/N
>>380
これは萌えたわw
つかモモすげえなw

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 00:37:38 ID:s9okh1xV
この面子いいなぁ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 01:25:10 ID:CUNxHCZV
GJすぎだろうなんだこれ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 01:36:04 ID:FhrnStj9
部長とかじゅが絡むと話がひろがりんぐwwwww

GONZOスタッフは最期にいい仕事をしたよ(`;ω;´)

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 09:07:02 ID:4S5JbPJ9
>>380
GJ。
いつも飄々としてても、その中身は
悩んだり、落ち込んだり、嫉妬したりする普通の女の子なんだねえ。
可愛すぎだろ。
惚れ直してしまうじゃないか。

>>382
同じこと考えた。
神の共犯者か

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 15:28:39 ID:UMRg4wMB
花の18歳組か

390 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/09(金) 15:59:12 ID:Mk23RXe8
>>389
田中舞も混ぜてやってください

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 17:34:23 ID:EJbA/m/a
 1:事実に対して仮定を持ち出す
  「私が牌譜を見た時に上埜さんだと気付いていれば…」
 2:ごくまれな反例をとりあげる
  「この人は私のことを覚えていない」
 3:自分に有利な将来像を予想する
  「会えたら話したいと思ってた」
 4:主観で決め付ける
  「上の三色が生きてる…上埜さんなら八筒待ちはあるわ」
 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
  「やっぱり…!苗字は変わってるけど間違いないわ…!」
 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
  「生徒会長さんなんですね」
 7:陰謀であると力説する
  「強かったのに3回戦から突然会場に来なくなって、翌年風越に入ってくることもなかった」
 8:知能障害を起こす
  「話す言葉が出てこない」
 9:自分の見解を述べずに人格批判をする
  「牌がかわいそう」
 10:ありえない解決策を図る
  「試合中は他の部屋の選手の点数は分からない。でも、もし上埜さんが待ちを変えずに和了っていたら…」
 11:レッテル貼りをする
  「竹井久…って…上埜さん…!?」
 12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
  「3年前のインターミドルで私を苦しめた人―!!」
 13:勝利宣言をする
  「勝ちます、風越のキャプテンとして」
 14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
  「いえ、私はキャプテン失格です」
 15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
  「私達はもう違う道を歩いてきたから」

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 17:35:22 ID:IbGSQLLu
SS投下します。
鬼束ちひろの眩暈を聞きながら。
予定のキャプテン→部長のベクトルが反対になった。
かじゅ投入でやっと広がったのにまた狭めてすまん。
>>374 GJ!超萌えた。そしてごめん。内容かぶったかも。
あと、なんかスラダンのゴリを思い浮かべて書いた。


393 :めまい:2009/10/09(金) 17:36:41 ID:IbGSQLLu
―――お前は幸せになれないよ。
夢見がちすぎるから。

そう昔誰かに言われた気がする。
だけど、結局意地っ張りな私はその夢をあきらめきれずにバカみたいに毎日妄想していた。


394 :めまい:2009/10/09(金) 17:38:09 ID:IbGSQLLu
ひとりで部室に残ると、その当時のことを思いだす。
その人とはもうこの部室で出会うことはない。

「まだ引きずってるのね、私」

意外に引きずるタイプ。ひとりぼやくけど、今は突っ込む後輩もいない。

 四人席の麻雀卓にひとり座って牌を触ると色んな感情が駆け巡る。
楽しかったこと、辛かったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと。
きっと辛かった方が多いのだけれど、そんなもの数少ない楽しかったことに勝るものじゃない。
三年間ここに座ったおかげで一人牌で遊んだおかげでだいぶ手癖が悪くなった。


―――お前は幸せになれないよ。夢見がちすぎるから。

 そう言われてその人とは別れた。もしくはやってられないと言ってたかもしれない。
あの時の自分は自分勝手でわがままで無駄に燃えててひたすら夢を描いていた。
夢を追う自分に酔ってすらいた。
そんな能力なんてないくせに。才能というものがなかったくせに。牌に愛される天才でもなかった。
圧倒的な力も持っていなかった。

ただ、夢をみてた。夢見がち。確かにそうだ。

395 :めまい:2009/10/09(金) 17:39:46 ID:IbGSQLLu
―――おまえは、しあわせになんか、

「うるさいわよ。もう、やめて」

恥ずかしさと怒りと悲しみが複雑な気持ちが急に激しくうごめきだす。
もう聞きたくない。耳を塞ぎたい。
やめよう。もうその時のこと考えるのはやめよう。
目を伏せて卓に丸まるように座って静かに息をひそめる。いつものように。
しかし、一度内から湧き出た感情がなかなか収まらなかった。 

―――お前は幸せになれないよ。夢見がちすぎるから。本当に夢が叶うと思ってんの?
全国?バカじゃないの?現実見ろよ。お前がいけるわけがない。自分を見つめろよ。お前にそんな力ないよ。
やってられない。ついていけないよ。お前はいつもそうだよ。夢ばっかり見てる。
夢を追いすぎて、なにも見えてやしない。
竹井さんには、ついていけない。さよなら。ごめん。久には、ついていけないよ。
夢を見すぎだよ。


止めて。止めて。やめて。やめて。
お願いだから、やめて

―――おまえはしあわせになんかなれないよゆめみがちすぎるから

「…つっ!やめてって言ってるでしょ!!!」

何をひとりで乱れているのだろう。息も荒れて恥ずかしい。
馬鹿馬鹿しい。惨めでみっともない。情けない。

その時、後ろから声が聞こえた。聞こえてしまった。

396 :めまい:2009/10/09(金) 17:41:21 ID:IbGSQLLu
「久さん」

ばっと勢いよく立って振り向くと美穂子が入り口に立っていた。
どうして美穂子がここにいるの?
さっきまでの一部始終を全部見られた?
最悪だ。最悪だ。一番見られたくない人に見られた。一気に血の気がひく。
頭に血が巡ってくる感じがしない。
今、自分の顔を見たら真っ青だろう。視界がかすみ出す。頭がくらくらする。すぐにでも意識が飛びそう。
美穂子が何か言ってるけど全然聞こえない。
一瞬、視界全体が真っ白になる。
しゃがもうとする前になにか温かいものにぶつかって私はなんとか身体を持ちこたえることができた。

「み、ほこ?」

温かいものは美穂子だった。
美穂子は静かに私を床に寝かせて膝に私の頭をのせた。
表情が前髪で見えない。

笑え。
そう本能が叫んでいる。頭が勝手に警報を出す。
いつも飄々としていて、自信があって、格好がいい竹井久になるんだ。いつも通りに。
平然とこなすんだ。演技を。
そして、ふざけた声で「ごめんごめん、なんでもない」って言うんだ。

きっとうまくいかないだろう。全く動かなかった。

「―――久さん」

ごめんなさい。ごめんなさい。
あなたにこんなに醜い自分を見せてしまって。
失望よね。
私はこんなにも馬鹿でみじめで臆病で情けなくて恥ずかしい奴なのよ。
あなたの前でいつも強い奴じゃないの。
あなたには強い竹井久だけをその綺麗な目に映してほしかったのに。

ごめんなさい。
こんな思いをさせたくないのに。。
私のせいで悲しんでほしくないのに。
私のせいで泣いてほしくないのに。

そう、ずっと思っていたのに。

397 :めまい:2009/10/09(金) 17:42:55 ID:IbGSQLLu
「久さん」

なにかに怯えていた私に降りそそぐ言葉にはっとする。

「今まで頑張ってきたんですね。久さんは。おつかれさま。」

その言葉で泣きそうになった。
紡がれた言葉はやわらかく、のぞいた顔はやさしく微笑んでいて。
降りてきた手はゆっくり私の髪をといてく。

私はそんな美穂子に甘えそうで。泣きじゃくりそうで。

「大丈夫ですよ。あなたの夢はきっと叶いますよ。」

―――だって、こんなに頑張っているじゃないですか。


その言葉を聞いた途端、張りつめていた糸が切れたかのように涙腺が壊れた。
子供みたいに泣きじゃぐって、強くきつく美穂子の腰に抱きついて。
けれど、美穂子はそんな私を優しく抱きとめてくれて、あたたかく包んでくれた。
優しくて、温かくて、それは美穂子の本質を占めていて。
美穂子に包まれている。
その安心感が確かにここにあった。
私は、美穂子の優しさに久々の涙を流したんだ。

そこで初めて、私は誰かにこの言葉をかけて欲しかったんだ、誰かにこうして甘えたかったんだと気づいた。
もう、自分が作り出した悪魔から逃げないでいいんだ、そうも思った。

―――お前は幸せになれないよ。
夢見がちすぎるところがあるから。

ねぇ、美穂子
私は幸せになれるかしら?
夢見がちで、情けなくて、臆病な私でも。
こんなに格好が悪い私でも。
私は幸せになれるのかしら。


398 :めまい:2009/10/09(金) 17:45:37 ID:IbGSQLLu
しばらく泣いていたら落ち着いたのか、妙に安心してしまって美穂子の手や髪や
頬に触れて心地よさをあじわった。
くすぐったそうな顔をしながらも美穂子は何も言わず答えてくれる。
ふと思い立って尋ねてみた。

「美穂子、わたしって幸せになれると思う?」

突然な質問にキョトンとした顔をした美穂子だったがすぐに優しい笑顔になって

「久さんは絶対に幸せになれますよ。だってこんなにも魅力的な人ですから。」

暖かい言葉。確信持った言葉。
どうしてこの子は私の求めていた言葉を言ってくれるのだろう。嬉しかった。


それに、と付け加える美穂子に私は疑問を持つ。美穂子の顔が赤くなって上を向いたり左右を見渡したり、
口をぱくぱくしたりしていたからだ。
どうしたのかしら、と思うと同時にその言葉が降ってきた。

「それに―――久さんは私が絶対に幸せにしますから」

降参だ。両手を上げたくなった。この子はもう。
美穂子の微笑みは無条件に心を溶かしていく。
もう大丈夫だ。そう思った。

私はまた泣いた。彼女も泣いた。
私は笑った。彼女も笑った。
きっと私も彼女も顔は真っ赤で
でも、幸せだった。

399 :めまい:2009/10/09(金) 17:50:49 ID:IbGSQLLu
ドアの向こう側。わずかな隙間のあいたドアにはまこがひとり佇んでいた。

「ほんま、あんひとは迷惑かけるのう」

二人を見てまこはため息をつく。そのため息は安心なのか呆れなのか。
それとも悲しみなのか。
まこ自身もわからない。

部長は最近様子が変で、なにかに深く悩んでいるようだった。
部室にいるときょろきょろ見渡したり、ぼんやりとしてたり、ささいな言葉で傷ついた顔をしたり(いつもならありえないこと)。
そこでまこは部長に内緒で美穂子を呼んだのだ。
どうしてそうしたのかわからないが、心のどこかで彼女が適任だと思っていた。

あんひとは、ちょっとやそっとの人間には甘えたりせんからのう。

もう一度中を見る。
二人は並大抵の恋人同士がすることをしようとする最中で、もう一度ため息をついた
まこはそっとドアを閉じた。

とりあえず、うまくいったのだ。それでいい。
それで正解で、成功なのだ。
心のどこかで引っかかっている気持ちをまこは気づかないふりをした。

「ま、借りは貸しやの。部長。もう少しでわし以外の部員にばれるとこじゃったんじゃから」

にかっと笑ってまこは部室から離れた。


終了です。










400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 18:27:41 ID:h+nczT9D
>>399
GJ!
普段オチかおまめ扱いのまこがかっこよくてGJ!

あれ?俺まこスレ逝った方がいいのかな…?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 23:16:59 ID:f3r/wQSv
まこさんは乙女してるよりかは漢としていたほうが輝けるという不思議
多分方言のせい

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 00:30:58 ID:6cf69WlR
まこ姉貴オッスオッス!

403 :みるるう:2009/10/10(土) 03:36:10 ID:lFJUiJG/
SS投下します。※微エロ注意 

初SSなのでお手柔らかに…

404 :みるるう:2009/10/10(土) 03:40:54 ID:lFJUiJG/
〜夏休みのある日〜

「駄目だわ…どうしても顔がニヤけちゃう。」
私、竹井久は現在母親と二人暮らしをしている。
そして、今日から母親が友人と旅行に出掛ける為、なんとこれから1週間私は家で一人きりなのだ。
一応私も旅行には誘われたけれど、一人だけ高校生の私が参加しても馴染めないだろうし気が乗らなかったので断った。
まぁ、もちろん断った理由はそれだけじゃないのだけれど。
時計を確認する。12時56分。
そろそろかな…

「ピンポーン…」
チャイムが鳴る。

「きたきた!」
私は急いで玄関まで行きドアを開けた。
「いらっしゃーい」
「こんにちは…お邪魔します」

私の恋人で一番大切な人。美穂子。
そう、私は彼女をお泊りに誘っていたのだ。
今まで、家に遊びに来たことは何回かあるけれど泊りに来たのは今日が初めて。部活の関係で泊まれるのは三日間限定だけど一大イベントだ。
「じゃあ、私の部屋まで行きましょうか」
「はいっ!」
笑顔で美穂子が返事をする。本当に可愛いなぁ。
部屋に荷物を下ろし、一緒にベッドに腰をかける。
「上埜さん。わたし、お泊りに来れて凄く嬉しいです///」
顔を少し赤くして美穂子が言った。
「私もよ。来てくれて嬉しいわ。」
早速良い雰囲気になり、私はそのまま、美穂子に顔を近付けた。が、ここで少し意地悪をしたくなった。
案の定、目をつむる彼女。「………」
「……あれ?」
一向に私がキスをしないので目を開けてキョトンとする。
私はニヤニヤしながら
「んー?目なんかつむっちゃって、何されると思ったのー?」
と、問い詰めた。すると

「もぅ…上埜さんの意地悪…」
顔を真っ赤にして拗ねる彼女。はぁ…どうしてこんなに可愛いんだろう。
私って拗ねた顔なんか見て喜んじゃって…やっぱりSなのかしら。
そんなことを考えていると、突然顔を両手で引かれて柔らかくて暖かい美穂子の唇と私の唇が重なった。
「えっ…?美穂子?」
「上埜さんがしてくれないなら、わっ…わたしからしますから…///」
「美穂子からキスしてくれるなんて。今日はやけに積極的ね?」
「………///」
正直、本当に驚いた。今までキスはずっと私からしていたし、キスした後はいつも顔を真っ赤にして黙っちゃう彼女が、自らキスをしてくれるなんて。
恋人になってから約1ヶ月。それなりに順調に進んできた私達。
でも、いつもキスまでしてその先に進む事は無かった。

405 :みるるう:2009/10/10(土) 03:44:39 ID:lFJUiJG/
私は、ずっと美穂子に触れてみたいと思っていたけれどその反面、多分彼女はまだ心の準備が出来ていないだろうし、いきなり体に触れて彼女を傷つけてしまうのも怖いから、まだ先でも良いかな。とも思っていた。
でも今回のお泊り期間中に、もしそのような雰囲気になったら…その時は…。
そんなことを考えていた矢先に、この状況。この雰囲気。
これはチャンスかしら…?「美穂子…。」
「はい…」
「あなたからキスしてくれて…。凄く嬉しいわ。」
今度は私からキスをする。舌と舌を絡め合い、とても濃厚で…熱いキス。
「ん…はっ…っ」
甘い声が漏れてくる…
唇を離して、美穂子を見つめる。
「美穂子…。大好き。」
首元に吸い付くようにキスをした。
「あぁっ…!う、上埜さん…私も大好きです…んんっ」
「…これ以上先に進んでも…良い?」
「はい…。上埜さん。上埜さんが欲しいです…」
「ふふっ。ありがとう。覚悟を決めてくれたのね。」もう一度キスをする。今度は唇が触れる程度の軽いキス。
それから、ブラウスのボタンを外してゆき、脱がせ、ピンクの可愛いブラジャーが顔を見せた。
「ピンクのブラなのね。女の子らしくて可愛いわ…。」
そう言いながら、ブラのホックも外していく。
「あぁ…恥ずかしいです…」
とても白くて、綺麗で形の整った胸。しかもなかなかの巨乳…。合同合宿の時の温泉でも白くて綺麗な肌だなぁーとは思っていたけれど、こうやって改めて間近で見るとやっぱり、良いわね…。
そっと、乳首に吸い付いてみる。

「チュパッ…チュクチュク…」
「はぅあっ…!んんっ…」
「どう…?気持ち良い?」

「はい…なんだか体が…変な感じです…」

「…下の方はどうなってるかしら?」
パンツの中に手を入れて陰部を指でなぞってみる。


406 :みるるう:2009/10/10(土) 03:49:36 ID:lFJUiJG/
「……!!ぁあっ!いやあっ…!」
「…嫌?やっぱり止める?」「はぁはぁ……い、今のは…違うんです…反射的に出ただけで……んんっ!」
「じゃあ、良いのね?」

私はパンツを脱がせて下腹部に口を付けた。
「ちゅっ…ちゅくちゅく…チュパッ」
いやらしい音をたてまくる。
「はうぅっ…!ヒャアッ!あっ…んんんっ」
甘くて、とてもいやらしい喘ぎ声。
ふぅー…
あまりの可愛いさに興奮して、わたしもどうにかなっちゃいそう。
「美穂子?指…入れるけど良い?」
「ハァ…ん…はい…大丈夫です。入れて下さい…」
「痛かったら言ってね」
「はい…」
私はゆっくりと、美穂子の中に人差し指を入れていった…。
けれど、やっぱりキツい…全然奥まで入らない。
ググッと少し力を入れる。「ッッ!ううっ…!」
「あっ…、大丈夫?」
「はい…続けてください…」この際、一気に貫くしかないわね…。
グググッ
プツッ。指先にあたっていた壁が、ようやく開き、奥まで指が入った。
「美穂子…入ったわよ…」
「ああ…上埜さん…。やっと…。嬉しいです…」
ポロポロと涙を溢す彼女。「もう…泣かないで?やっぱり痛かった?」
「ううっ、違うんです…。これは嬉し泣きなんですよ?」
「ふふっ。ありがとう…」
「チュッ」
幸せなキス。
そっと彼女を抱き締める。すると、耳元で彼女がこう言った。
「…次は上埜さんの番ですね?」
「えっ…?」

いつの間にか、私はベッドに押し倒されて、上には美穂子が乗っかっていた。

407 :みるるう:2009/10/10(土) 03:51:32 ID:lFJUiJG/
以上です。駄文長文失礼しました。 
ところで、此処は女性の方もいるんですかね?

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 07:31:06 ID:XLeKGlAb
ここは全年齢板なのでエロ要素を前面に押し出すならこっちがいいかも

咲-Saki-でエロパロ2局目
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1250388280/

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 07:54:25 ID:gHwUFYLg
>>408
もちつけw
今は3局目が立ってそっち移ってる。

それと、そこに一人とんでもない嫌百合厨がいて荒らすので
百合系投下すると向こうに迷惑かかるよ?

やるならあっちの板に新スレ立てた方がいいかもね。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 08:07:37 ID:XLeKGlAb
んじゃこっちで

咲-Saki-で百合萌え 9局
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1254459408/

411 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/10(土) 08:16:21 ID:zkGCzyXF
>>410
いや、そこも危険かもよ?アンチ久美穂が…
まぁ今はいないかもだけどさ…

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 08:19:05 ID:W8KS9mbQ
ここは?

http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1251125007/

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 10:14:11 ID:Gn57etGy
携帯から失礼。
SS投下してもいい?大丈夫?

414 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/10(土) 10:18:22 ID:zkGCzyXF
職人さん御礼
やっちゃて下さいませ

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 10:27:06 ID:Gn57etGy
>>407
自分女。

今回は短いんで1レスだけ使わしてもらう。
爽やかな微エロというか事前を書いてみた。
誤字脱字とか捏造具合は毎度の如くスルーで頼んだ。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 10:28:49 ID:Gn57etGy

 目を閉じて、三秒。唇に触れる柔らかな感触。全身に電流が走る。無意識に体が震えた。
 肌に張り付くソファー。ひんやりとした感触が体の熱を奪い取っていく。絡み合う足が、手が、お互いの熱を貪り合う。
 歯止めがきかない疼きに背を押され、服に手をかけた。しかしそれを拒む手がひとつ。

「久、ちょっと待って」
「え、なに。どうしたの?」

 せっかくいいところだったのに。
 その呟きを耳にし、先程からほんのりと頬を染めていた美穂子が更に紅潮させた。
 可愛い。寝食を共にする今でも素直に抱いてしまう感情が、頬を緩ませる。この初々しさが久の心を掴んで離さない原因の内のひとつだ。
 人は自分にはないものに惹かれる性質がある。ないものねだりという言葉があることから、それはもう昔から人間が持つ本能的な何かなのかもしれない。そう思わずにはいられないほど、久は美穂子に惹かれている。

「少し、寒くないかしら?」
「今? うん、確かにちょっと寒いわね」
「だから、ここでするのはやめておきましょう?」
「ああ、そういうこと」

 己の下に組み敷いた美穂子の説明により、ようやく合点がいった。要するに彼女は、このソファーの上で事をするに至って、風邪を引きやしないかという不安があるのだ。
 もうとっくの昔に夏が終わり、秋といって差し支えのない時期。季節の変わり目の肌寒さはすぐ近くにまで来ている。
 これからぐんと気温も下がるのだろうが、実りの秋と言ったように食べ物も豊富になるのでさほど気にはならない。妙な暑さも寒さもなく、読書がはかどる利点もある。読書家にはこれ以上の嬉しいことがあるのだろうか。

「ねぇ、美穂子」
「はい?」
「あなたの中に服を着たままするっていう選択肢はある?」
「え……っ!? な、ない!」
「やっぱりそうよね」

 じゃあ仕方がない、と久は満面の笑みを浮かべ、美穂子の体の下にするりと手を差し込んだ。

「よーいしょ」
「ひゃっ! や、やめ……降ろして!」
「ほら、しっかり捕まって。人ひとり持ち上げるのって結構体力いるんだから」
「う、うぅ……っ」
「はい、いい子いい子。さあ、さっさとベッドに行くわよ」

 寝室までの距離、およそ数メートル。

「お手柔らかにお願いします……」
「善処しましょう」

 今年は紅葉狩りに行こう。
 空に浮かぶ月を横目に、久は美穂子の右瞼にキスをした。



417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 11:24:09 ID:wX/GsGNS
俺も部長にキス寸止めされたいお(´・ω・`)

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 14:59:01 ID:lNpcOemU
あっさりないちゃいちゃ具合がいいな
行為はこなれてるのに赤面しちゃうキャプテン可愛いです

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 16:29:33 ID:Ia+MjWqQ
>>407
半分近く女性かも

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 17:40:45 ID:8bcqVrFJ
>>407
>>412が貼ってくれたとこが一番いいと思う。GJだったよ


>>415
すっきり読めました。短めなのもいいな。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 17:58:22 ID:wC6fHWzv
>>407
序盤薄荷屋の新刊?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 19:18:06 ID:8zfZbjiM
あそこの中の人普通にここにSS投下してそうだから困るw

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 19:20:36 ID:WAWm9sdE
薄荷屋の部キャプ本特典の池田ネコのヌイグルミがオクで2万くらいになってて吹いた

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 19:40:45 ID:8zfZbjiM
あれは特典じゃなくて元々別売りで5kだったかな?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:39:15 ID:SgsX5hAV
>>375-378で部キャプかじゅモモカルテットを書いたものです。

前回の話の過去編ということで
性懲りも無く部キャプ、かじゅモモ前提の
キャプモモを以下に投下させて頂きます。

部キャプ要素が消費税並みなので純粋に部キャプのみが好きな人は飛ばしてください。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:41:40 ID:SgsX5hAV
合同合宿最終日。

清澄の部長さんの提案で、これまで夕食は各校でかたまって食べてたのが
くじ引きでみんなバラバラに席に着くことになった。

正直、鶴賀のみんな以外とコミュニケーションをとるのは苦手っす。
誰でもいいから近くに座ってくれますように。そう祈りながらくじを引いた。

祈りが天に届いたのか、鶴賀のみんなは近くにいなかったっすけど私の席は一番端っこになった。
隣の席はおっぱいさん、正面は龍門渕のうさぎさん、二人とも楽しそうに会話をしている。
これなら、私は無理して喋らなくても存在しないようなものだから大丈夫っすね。
それに奥の席に居る先輩も見える。さっきも私の視線に気付いて微笑み返してくれた。

なかなか良い席に座ったっす。


そう思っていたのは、夕食と言う名の宴会が始まってから30分くらいまでだった。

先輩はずっと見つめている恋人の方など見向きもせずに隣の席の清澄の部長さんと楽しそうに話している。
先輩、私はここにいるっすよ。
なんでこっちみてくれないんすか。

合宿中ずっと一緒にいた反動でか、気付いてもらえない事がやけに悲しかった。

本当に、ここには存在しない方がいいっすね。
楽しそうな先輩をただ見ているだけなのが辛くて、私は部屋を出た。

縁側に腰掛ける。見上げた空は星一つ見えない曇り空。
まるで私の心のよう。
足元の石を蹴る、どんな音を立てても楽しそうな笑い声に掻き消される。
部屋に戻るまできっと誰も私がいなかったことすら気付かない。

「東横さん、ここにいたのね」

「えっ?」

風越の部長さん?なんで私の事が・・・・・・

「部屋を出たまま、なかなか戻ってこないから心配だったの」

そう言えば風越の部長さんは、昨日打った時も最後まで私を見失わなかった。
全国レベルには私のステルスは通じないってことっすか。

「ちょっと、風にあたってただけです。心配しないで下さい、えっと・・・・・・部長さん」

コミュニケーション不足が災いして、部長さんの名前がまったく出て来ない。
気を悪くしただろうか。
ばつが悪くてちらっと部長さんを見ると優しく微笑みかけられた。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:42:58 ID:SgsX5hAV

「そう言えば、対局ばっかりでちゃんと自己紹介してなかったわね。
私は風越キャプテンの福路美穂子です」

「あ、私は鶴賀の東横桃子っす」

名乗ってからすぐにさっき名前で呼びかけられた事を思い出し、顔から火が出そうになる。

「改めてよろしくね。ねえ、隣り座って良いかしら?」

「あ、どうぞ」

答えてからしまった、と思ったがもう遅い。
いわゆる普通の会話と言うのはどうも苦手だ。
私はもう戻るので、とでも言えば良かった。
私の隣に部ちょ・・・・・・福路先輩が座る。

「東横さん、ちょっと相談に乗ってほしい事があるんだけど良いかしら」

「私なんかでよければ」

せめて話題は麻雀関係にしてほしいっす。
そんな私の願いも儚く

「私の恋人がね・・・・・・」

出だしから完全にアウトだった。
そんな話をされたところで、私はその手の話題に関する引き出しは先輩とのラブメモリーの一択しかない。
そもそもこんな対して親しくない相手に恋の悩み相談をしないで欲しい。
いや、それが普通なんすかね。私にはわかんないっすけど。

「一昨日も他校の人と・・・」

話が進むにつれ感じる既視感。
これってもしかしなくても・・・・・・


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:46:13 ID:SgsX5hAV

「・・・二人で顔をくっつけて牌譜見てたから、なんだか居づらくて部屋を出てきちゃったんだけど
戻った方が良いと思う?」

福路先輩の恋人は清澄の部長さんってことっすか。
でも、なんでこんな話をわざわざ私に・・・・・・


あ、そうか。
この人は。私のために。


福路先輩はきっと私と加治木先輩の関係に気付いていて

部屋を出た私の気持ちをきっと誰よりも理解してて

始めに私を探しに来たって言ってたのに、居たくなかったから逃げ出したなんてばればれの嘘を付いて

意地になって戻れないでいる私にきっかけを作ってくれたんだ・・・・・・


すべてを理解した瞬間、心の中にあったもやもやが消え去って胸の奥が暖かくなるのを感じた。
だから、私も答える。

「ちゃんと戻って。浮気相手と引き離して外に連れ出すのが良いと思うっすよ」

私の答えに福路先輩は一瞬驚いたような顔をして

「それは良いわね。きっとみんなびっくりするわ」

くすくすと楽しそうに笑った。
立ち上がりかける福路先輩に声を掛ける。

「でも、その前に。私の相談にも乗って欲しいっす」

ちゃんと戻る。もうあの部屋に戻ってもきっともやもやは感じない。
でも、それは今すぐじゃなくてもいいっすよね。
もう少し、この人と話していたい。そう思った。

「あら、私も頑張って解決しないとね」

さっきよりも近く、肩が触れ合うほどの位置に福路先輩が座る。
それが、なんだか妙にくすぐったかった。
そんな照れくさい気持ちを吹き飛ばすように私は話し出す。

「私のすっごくかっこいい恋人が・・・・・・」

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:48:33 ID:SgsX5hAV

その後、私たちはすっかり部屋へ戻るという事を忘れて色々な話をした。
初デートの時の服に何時間悩んだとか
どんなタイミングで手を繋いだら自然だろうかとか

そして気が付いたら、『恋人が』なんて最初は濁して言っていたのに
久が、先輩が、と隠すことなく話していた。

自分がこんなに自然に他人と話せるなんて思いもしなかった。
麻雀以外の話をこんなにしたのは家族と先輩を除いたら初めての事かもしれない。

先輩は恋人。鶴賀のみんなは大切な仲間。

じゃあ、福路先輩は?
まだ対局も4,5回しかしていない。
今だって1時間も話しはしていないと思う。

でも・・・・・・友達って思っていいっすかね。

福路先輩にとっての私はどんな位置付けなんだろう。
ただの他校の後輩、もてる彼女を持った苦労人仲間、
それとも私と同じように友達と思ってくれているのだろうか。

「・・・・・・・・・東横さん?」

「うぁ、なんすか!?」

急に福路先輩の顔が目の現れた。
いや、違う。私がちょっと自分の世界に旅立ってただけっすね。
それにしても美人のどアップは心臓に悪いっす。

「眉間に皺よってたわよ。まだ何か悩み事でもあるのかしら?」

福路先輩の暖かい手が私の額を優しくさする。
うぅ、こういう事されるのは慣れてないから気恥ずかしいっす。

「私では相談相手として、頼りない?」

上目遣いで少し口を尖らせて拗ねたような口調で言われて、言葉に詰まる。
ずるいっす。こんな言い方されたら正直に答えるしかないじゃないっすか。

「ふ、福路先輩!!」

「はい」

うぅ、やっぱり恥ずかしいっす。
私の事どう思ってますか、なんて一歩間違えば告白しているようなものだ。
もっと自然に友達かどうかの確認方法は・・・そうだ。

「福路先輩の事、美穂子さんって呼んでいいっすか?」

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:50:55 ID:SgsX5hAV
さっき夕食中におっぱいさんが言っていた言葉
『下の名前で呼び合うのは親しい関係の第一歩です』
つまり、下の名前で呼んで良い=友達ってことっすよね。
あれ?呼び合うって事は私も桃子って呼ばれないと駄目なんすかね。

「ええ、そう呼んで貰えると嬉しいわ。桃子さん」

「あ・・・・・・」

満面の笑みと共に呼ばれる名前。
きっと私の想いは正しく伝わっている。
そう確信できた。

「わ、私も嬉しいっす・・・でも、なんか照れるっすね」

全身がむずむずする。
先輩とはまた違う、心が満たされていく感じがする。

「あ、それなら照れずに言えるまで名前を呼び合いましょうか」

私が幸せに浸っていると
ぽんっ、と両手を合わせてすごい事を言われた。

「えっ、流石にそれは・・・」

「駄目かしら?この方法で私は久って自然に呼べるようになったんだけど・・・」

それは友達同士がすることとしては正しくない気がする。
でも、照れたりせずに普通に名前を呼び合えるようになりたい。
ここは、勝負に出るっす。

「じゃあ、私から行くっすよ」

「はい。どうぞ」

深呼吸を一つ。
よし、心の準備は出来た。
美穂子さん。よし、大丈夫、心の中では自然に呼べる。

「美穂子・・・さん///」

全然駄目だった。

「桃子さん///」

つられてか美穂子さんまで紅くなる。
いや、こんなとこでめげてたら駄目っす。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:52:56 ID:SgsX5hAV

「美穂子さん・・・」

「う・・・桃子さん」

「み、美穂子さん」

「桃子さん・・・」

「み「はい、そこまで〜」」

ぱんぱん、と手を叩く音と後ろから掛けられた声に二人で勢い良く振り返る。
あ、清澄の部長さん。と、なんで先輩がここに??

「まったく、部屋を出たまま戻ってこないから何かあったのかと思ったら・・・・・・」

部長さんが美穂子さんの方を見る。
なるほど、心配になって見に来たってことっすか。
そんな部長さんの後ろで口をぱくぱくさせてこっちを指差したまま何も言わない先輩。
こんなに動揺した先輩を見るのは久しぶりっすね。
そんなに驚くような事は何も・・・

「二人で見つめ合って名前を呼んで・・・ほんと何してんのよ」

不機嫌そうに言った部長さんの言葉で謎が解けた。

なるほど、そういうことっすか。
私たちもやきもちを焼いたんだから、同じ思いを先輩たちも味わうべきっすよね。

「いえ、恋人があまりにつれないんで、ちょっと・・・・・・」

まるで私の考えを読んだかのような美穂子さんの発言。
続きを促すように視線が送られる。
私は期待に答えるべく口を開いた。

「あまりに寂しかったんで、つい浮気してしまってもしかたないっすよね、先輩?」

これくらいの意地悪は許されるだろう。
頭を掻きながら、あーその、ごめんね。とか部長さんが美穂子さんに言ってる後ろで
も、モモぉ!?とか情けない声を出す先輩。先輩、かわいいっす。

さて、少し予定とは違うけれど

「先輩、私先輩とお散歩したいっす」

先輩の手を握って当初の予定通り外へ連れ出す作戦を実行することにした。


まずは、部長さんとの事をちょっとだけ責めよう
そしたら先輩にいっぱい甘えよう。

その後で、初めて出来た友達の話をしよう。
おせっかいで、とっても優しい友達の話を・・・

END

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:55:59 ID:SgsX5hAV
長々と失礼しました。
ダブルデート編を書いていたら、3年生ズ+モモになってしまい
やっぱり彼氏(?)同士、彼女同士が仲良くないといかんだろ。
そんな理由で書いたので気付いたら部キャプが限りなく少ないという罠に陥っていた。

キャプモモなんて完全に誰得でスマソ
でも二人でデート用の服を買いに行ったり悩み相談してるのも良いと思うんだ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 00:23:38 ID:zfWEm5s/
素晴らしい!その発想、素晴らしいっすよ!モモのセリフが全て脳内変換されましたー 

続き期待です。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 00:25:11 ID:aCde6uP+
>>432
俺得!!!!
アニメでかじゅモモにはまり、原作で部キャプにはまった俺には神SSだった。
面倒見のいいキャプにモモはぴったりだと思うぜ。もちろんCPではなくコンビ的な意味で。
アニメ最終回でかじゅモモ・部キャプ前提の部かじゃの二人がよかったから
彼女同士(?)の二人がこうやって仲良くなってくれてると嬉しいなぁ。
GJでした。


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 00:26:02 ID:UufHgAC8
部キャプにいろんな人が絡んでくるのも面白いね

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 01:40:14 ID:XLexRRmx
>>432
3年越しにカルテット・マジコを見た気がする
GJ

いいすなぁこの四人(;´Д`)ハアハア

437 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/11(日) 08:03:15 ID:7IFaE9h2
>>432
何だろうこの四人の安定感は…GJっした

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 09:35:45 ID:4VvR2bGl
この欲張りさん共がー

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 21:10:05 ID:Oagxn97H
こっちで言うのも申し訳ないんだけど、レズ・百合萌え板の部キャプスレに投下されたSSはこっちで作ってくれたまとめサイトに入れるのは駄目なのかな?

いい作品だったからこのまま消えてしまうのはどうも勿体ない気がするんだが…
変なこと聞いてごめん。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:23:03 ID:52qI6xyE
初心者だがSS投下。
2レスほど拝借。

エロ描写はないが、事後ってことで。視点がキャプテン→部長で1レスずつになってます。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:24:45 ID:oxwlR5fo
wktk

442 :1・キャプテン視点:2009/10/12(月) 01:25:43 ID:52qI6xyE
ふと目が覚めた。

深い幸福感に包まれた後だったので、身体はところどころ緩い痛みや気だるさを感じるが、嫌な感じはしなかった。

彼女と初めて結ばれた夜。
とても緊張したし少し怖かった。けれどそれ以上に幸せを感じていた。彼女は初めから終わりまでひたすら私を気遣いひどく優しく愛してくれたので最初に感じた怖さなど跡形も無くなっていた。

先ほどの事を一人で思い出してみたら顔がみるみる内に紅潮していくのが分かった。

「んん・・・」

隣に眠る久が僅かに声を出して身動ぎしたので私はそちらに目を向けた。

彼女は「んー」とか「あー」など言いながらこちらに寝返りをうち、私に腕を回して抱き寄せてきた。それ以上の事をした後にも関わらず私は自分がドキドキしていることがよく分かった。私はこの人が本当に好きみたい。

顔と顔の距離がなくなるくらいまできつく抱き締められて身動きがとれなくなってしまったので、普段は恥ずかしくてあまりまじまじと見ることが出来ない彼女の顔を思いきってじっくり観察してみることにした。。

・・・可愛い。
普段は大人びた表情や言動の多い彼女でも眠っている時は別。少し口が開いていて無防備な顔は幼く見える。両目を開いて顔を見つめていると胸が締め付けられた気がした。胸が締め付けられるほど、愛しいと思った。

「・・・ひさ・・・」
ひっそりと名前を読んでみた。自分にしか聞こえない程度の小さい声で呟いた。まだ呼び慣れないけど名前の語感が心地いい。好きな人の名前を呼ぶ。それだけなのに幸せを感じる。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:25:52 ID:yw1pNLkY
待ってるよー

444 :2・部長視点:2009/10/12(月) 01:27:55 ID:52qI6xyE
名前を呼ばれた。


その時私は夢なのか現実なのかよく分からない意識の中にいた。ここがどこなのか、何をしていたのか、立っているのか座っているのかもあやふやだ。けれど私の名前を呼ぶ声だけははっきりと聞き取れた。私を呼んでいるのは――


「美穂子・・・?」

ゆっくりと目を開けると美穂子がいた。なんだかとても驚いた表情をしている。それにとても顔が近いような。そんな事は気にせずに彼女の開かれた右目と視線がぶつかり、あぁやっぱり綺麗な目だな。なんて思っていると彼女はその表情を崩さずに口を開いた。

「起きていたの?」

なんでそんなに驚くのだろう。名前を呼ばれたから反応しただけなのに。

「あなたが私を呼ぶのが聞こえたから」
呼ばれたら答える。誰にだって出来る事だ。

「聞こえてたの?」
ありゃ。みるみる内に顔が赤くなってってる。当たり前の事をしてなぜこうも不思議がっているのか分からないが、こうなると私はついつい彼女をからかいたくなるのだ。

「そりゃもちろん。どこにいたって何をしてたってあなたが私を呼んでくれたらすぐに気がつくわよ?」

たとえ夢の中にいたってね。そう付け加えるとますます恥ずかしがっているのが分かった。本当に可愛いんだから。

「ごめんなさい。起こしてしまったみたいで」

「まさか」

何を謝る必要があるの。私はそう思いながら少し顔を動かして唇を奪った。

「きっとこうしたかったからよ、私がね」

そう言って更に強く抱き締めて二人の距離を完全に無くした。肩口にある彼女の髪にキスを落としてもう一度眠りにつこう。


「わ、私も・・・です」

その声を受け取ったのは夢の中なのか現実なのか分からない。私はすでに愛しい温もりを感じる幸福の中に再び意識を手放そうとしていたから。


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:30:15 ID:52qI6xyE
以上。
投下する前に書いたものを何度も読み返してみたけど、直す所は一応全部直したつもりっす。
読みにくいとこあったらすまん。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:31:43 ID:yw1pNLkY
GJw
また書いて下さいね。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:32:17 ID:oxwlR5fo
GJ!!また書いてほしいな

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 01:46:28 ID:Om0ClR8x
GJ!
幸せな感じが伝わってきた。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 05:05:02 ID:VVPorU24
GJ!
幸せそうで良かった

450 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/12(月) 06:54:31 ID:XF2I7/Yw
俺も、幸せになりて〜!

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 07:19:24 ID:2JmMzCns
ひさしとみほこ

452 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/12(月) 07:46:15 ID:sxFvStcO
GJ見てたら幸せになる。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 15:37:53 ID:4ZiGL2MD
部キャプにおける部長はキャプテンのどこが気に入ったのだろうか‥

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 15:54:02 ID:Om0ClR8x
きっかけは一目ぼれじゃね?

かわいい子(しかも瞳がめっちゃ綺麗)から熱い眼差しを向けられていた
初めはからかい半分に接していたのに気がつけば夢中になっていたのは…

後はわかるな?


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 18:01:52 ID:CGnmyDKK
>>453
普段風越メンバーには見せない所を部長の前では出しちゃう
そんなギャップが気に入ったのかもね

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 18:12:13 ID:Vy9eeBLW
>>453
涙もろいけどしっかり者のイメージだったキャプテンが
アドレス交換したときに機械に弱い事を知り
なんかほっとけないわね〜とか色々世話を焼いてるうちに・・・・・・

部長の場合気付いたら好きになってて
相手は女の子なのに・・・・・・とか悩みそう

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 18:38:02 ID:kECHlw0t
≫456
確かに。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 18:43:03 ID:453Vx5i7
メール欄に半角でsageと入れよう

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 18:58:46 ID:fBdSVB5P
部長って、Sだよな。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 20:10:16 ID:Om0ClR8x
>>459
Sだけど、イジめすぎてキャプテンに「もう…知りませんっ!」ってプイってされたら
おろおろする部長を受信した。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 20:12:25 ID:Vy9eeBLW
>>460
早くその妄想を形にするんだ!!
いえ、して下さい。お願いします。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 20:14:22 ID:fBdSVB5P
>>460
俺からもお願いします。
wktk

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 20:34:35 ID:V74Lhu5f
>>460
ちょっと違うけど、ちょっとしたきっかけ(部長の方が原因)で喧嘩しちゃって
謝りたくても謝れずに、キャプテンの家の前うろうろしてる部長を想像したw


464 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/12(月) 20:42:11 ID:kXKb3CxQ
家の周りをうろちょろしてる時に池田に会って…
「キャプテン最近元気なくて…華菜ちゃんじゃどうにもできなくて…でもキャプテンにはいつも笑顔でいて欲しいし…」
みたいな事を言われて…

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 23:19:06 ID:Om0ClR8x
二人一緒にショッピングにでかけた帰り道、ふとした拍子に手がぶつかった。


「あ、ごめん」
「いえ、こちらこそ…」
「あれ?顔赤くない?どしたの…?」
「っ!な、なにもありません、ほんと大丈夫ですから」
「大丈夫なら…ねぇ、顔もっとよくみせて?」
「え、ちょっと待って下さい、顔近いっ、な、なに言ってるんですか街中で!」
「なにって、熱でもあったら大変だなって…あ、もしかして期待した?」
「…っ、もう…知りませんっっ」

走りだそうとするところをすんでのところで捕まえたものの
呼びかけてもこっちをむいてはくれず、掴んだその手は少し震えてるようだった。

やりすぎた、私の悪いクセだ。好きなものほどイジめたくなってしまう。
わかっているのに治せないのだから余計にタチが悪い。

「あのー、その、…ごめん」
「………」
「怒ってる、よね…調子のりすぎた、ほんと、ごめん」
「謝ってほしいわけじゃありません!」
「え?」
「謝らなくていいです、そのかわりひとつ答えて下さい」
「う、うん。なに?」
「私は、上埜さ…竹井さんにとって何ですか?」
「何ってそりゃ、良きライバル?みたいなそういう…」
「はぐらかさないで下さい!そういうのズルいです…ズルいですよ…」



466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 23:20:01 ID:Om0ClR8x
ぐすっ、と鼻をすする音が聞こえた。
振り返ってもらえない私からは見えないけれど、
あの綺麗な目からポロポロと真珠のように透明な涙がこぼれているのは間違いないだろう。



「…もぅ、離して下さい。すみません、変なこと言って…」
「離せない」
「えっ!?」

嫌だ、と思った。この手を離すのも、この目の前のコが泣いていることも。
捕まえた手を引き寄せて、身体ごと抱きしめる。
全部自分のせいなのに、ワガママもここまで通せばいっそ清々しくなるんじゃないか?とさえ思った。

「確かに私はズルいし、貴方の望む言葉は言ってあげられないわ」
「なら、離してくださ、」
「でも!それでも、貴方の傍にいたいって思う気持ちも本物なの」

抱えてた腕にぎゅっと力をこめる。
本心を口にするのをためらう心を奮い立たせために大事なものを確認したかった。
この腕の中にあるものは、間違いなく大事なものなのだ、と。

「貴方を泣かすこともきっとあるわ、だけど、その涙をぬぐうのも私でありたいの」


許してくれる?とは聞けなかった。答えを聞くのが怖かった。
ただ離すことはできない、それだけが自分の心を占めている。


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 23:21:12 ID:Om0ClR8x
「わかりました。竹井さんって…子供みたいな人ですね」
「…それはワガママという意味かしら?」
「ふふ…理由は秘密です」
「これでも清澄では生徒会長としてみんなから頼られたりするのよ?」
「あら?じゃあ、竹井さんの子供っぽいところは私だけ知ってるってことですか?」
「…ぐ。そ、そういうことになるかもしれないし、ならないかも…って、あー、もう笑いすぎよ」


腕の力を緩め、間近でみた両の瞳はやっぱり宝石のように綺麗で尊く思う。
もう涙は流れていなかった。そのかわり、いつものように優しい輝きがその瞳に宿っている。

離れたくない、失くしたくない、それ以上の感情が自分にはある。
だけど、その感情に名前はまだつけられない。
臆病な自分を子供っぽいと言った彼女にいつか告げられるだろうか。

そんな日は遠くない気がする。
そう思いながらもう一度、抱きしめた腕に力をこめた。


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 23:23:55 ID:Om0ClR8x
以上。
460だが、受信したものをがんばって形にしてみた。
部キャプ萌えの心が自分を突き動かした。

>>463>>464の意見も取り入れたかったが、力およばずですまん。
誰か他の部キャプスキーが形にしてくれること待ってるぜ!

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 23:35:10 ID:CGnmyDKK
なんかお互い素の自分をさらけ出せる関係って素晴らしいですよね
恋人同士なら当然かな?
GJでした

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 01:55:51 ID:1ENNZlrp
実はキャプテンの方が一枚上手とか
そういうのいいなあ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 05:20:29 ID:hsganbmT
>>467
生徒会長じゃなくて学生議会長だって上埜さんが言ってた

ごめん、細かいことで

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 06:59:07 ID:g+NVyi/V
>>471
キャプテンに対しては生徒会長を訂正してなくね?

473 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/13(火) 07:05:25 ID:gHfZ2q0v
あれじゃね?よそのガッコの子だから、細かいこといわなかったんじゃ?

咲は自分のとこだから訂正してみただけ…

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 08:11:04 ID:skGaXhw9
ちょっと緊張してて訂正し忘れたんじゃね?

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 10:19:52 ID:8qt33xPC
>>473に賛成かな>学生議会長の訂正
ローカルルールを外部の人間にまで強要するわけにはいかない、と考えたのでは

頼れる部長は空気も読める
キャプテンはいささかKYっぽいが…

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 11:33:19 ID:d+8ME+lk
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org255828.jpg
キャプテンが清澄の制服きてるのは良く見るけど
部長が風越の制服きてるのは見たことないな
凄い似合わなそうだけどw

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 12:00:59 ID:VrB66PRF
>>476
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org255867.jpg
本スレで拾ったコラくらいかな。
身体は、文堂さんかな。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 12:38:18 ID:AS6hy985
ピンクという可愛らしいイメージじゃないから確かにあまり似合わないなw
キャプテンは涎垂らしそうだがw

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 14:24:21 ID:XzZOuZho
家庭に金さえあれば風越に行ってたんだぞ
似合わないとか言ったら怒られるぞ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 14:28:52 ID:VrB66PRF
>>479
お父さんさえ愛人に刺されなければ…

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 17:33:56 ID:uVl55E/o
福路家に引き取られていれば…

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 17:48:00 ID:FOOfyWV4
>>472-475
俺はとんだ池田だったか……

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 17:59:16 ID:YRmLnuCR
カルテットのダブルデートを書いてて気付いたんだ
4人を同時に動かす文才が無い事に_| ̄|○

ちょっと初心に戻って付き合いだして2ヶ月くらいの部キャプを書いてみた
キャプテン、部長の過去は完全に脳内設定になってます。
4レスほど使わせていただきます

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:01:15 ID:YRmLnuCR

よく、恋は先に落ちた方が負けと言うけれど
本当にその通りだと私は毎日身をもって実感している。


別に勝ちたいわけはないけれど、でも・・・・・・



私は幼い頃、この色違いの瞳の所為でよく避けられていた。
子供は良くも悪くも素直だから、中には気持ち悪いと言う子もいた。
他人を不快にさせるようなら、ずっと人には見せないようにしよう
人前ではずっと右目は閉じていようと自分に誓った。

なんで左右同じ色の瞳に生まれてこなかったのか
両親を恨む気はないけれど、自分の瞳の色を疎ましく思っていた。
だから、3年前ずっと隠し続けていた瞳を始めて綺麗だと言ってもらえた時、
私の存在そのものを認めてもらえたようで感動のあまりに何も言えなかった。

あなたは大げさだと言うかもしれないけれど、
あの時の言葉が私の生き方を変えてくれたのだと思っている。

こんなにたくさんのモノをもらったのに、
こんなに私は幸せなのに、
―――――私は久に何も返せていない。
ねえ、どうしたらあなたは喜んでくれるの?

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:02:48 ID:YRmLnuCR

本を読んでいたら突然後ろから抱きしめられた。
久のスキンシップはいつも突然で、私は振り回されてばかり。

「あ、あの・・・久?」

「ん〜?なに〜?」

・・・語尾の延ばし方がわざとらしい。
またいつもの何か企んだような笑顔を浮かべているんでしょうね。
ただ、その顔を確認する事はできないけれど。

「急にどうしたんですか?」

「ん〜、恋人を抱きしめるのに理由なんて必要?」

そうは言っても、心の準備くらいさせて欲しい。
せめて一言あれば・・・いえ、その方が恥ずかしいかもしれないわね。

こうして抱きしめられていると、心が、体が、満たされていく。

ほら、こうして何も返せていないのに次から次へと与えられて・・・・・・

私から抱きしめ返したら、久も少しは幸せを感じてくれる?

私みたいに満たされた気持ちになる?

体に回されていた腕を解いて振り返り、その勢いのままぎゅっと抱きつく。

「大好き」



ああ、やっぱり駄目。
そっと背中に回された腕のぬくもりに、与えられる愛情に、
今回も私の負けを認めるしかないみたい。


恋は先に落ちた方が負け、
きっと私は一生彼女に敵わない。


486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:03:52 ID:YRmLnuCR


よく、恋は先に惚れた方が負けと言うけれど
本当にその通りだと私は毎日身をもって実感している。


ずっと負けっぱなしなのは性に合わないけど、でも・・・・・・



私は昔から利口な子ね、とか
しっかり者ね、と言われる事が多かった。
元々の性格もあるだろうが、両親の関係の事もあって自分がちゃんとしていないといけない
そう、子供心に思っていたからだろう。

過去に永遠の愛を誓い合ったはずの人たちですら、同じ家にいても会話一つ交わさなくなる。
恋愛なんて所詮その程度のものだ。
そう思っていたはずなのに、3年前あの宝石のような瞳に、
彼女の存在そのものに私は恋に落ちた。

それはあまりに突然の事で、そんな自分が信じられなくて
思わず記憶に蓋をしてしまうほどに激しい感情だった。

こんな私を3年も思い続けてくれて、
こんな私に愛情を取り戻させてくれて、
―――――私は美穂子に何をしてあげられるだろうか。
アマノジャクな私は素直に気持ちを伝えられないから、少しでも想いが伝わるようにいつも抱きしめるのだ。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:05:07 ID:YRmLnuCR

綺麗な瞳・・・・・・。
真剣な顔で本を読んでいる彼女は私がずっと見つめている事にまだ気付かない。
恋人と二人っきりなのにそれはないんじゃない?と思う反面
一緒にいる事が当たり前になっている事に喜びも感じる。

私は美穂子がただそばに居てくれるだけで幸せ。
少しでも想いが伝わるように、でも赤くなった顔は見られないように、
そっと後ろから抱きしめた。

「あ、あの・・・久?」

鼓動がうるさい。
美穂子に伝わってしまうのではないかと思うほどに。

「ん〜?なに〜?」

そんなことは気取られない様に、わざと棒読みで喋る。
まったく、こういう小細工ばっかり得意になっていく自分が嫌になる。

「急にどうしたんですか?」

理由・・・・・・好きだから。愛しているから。
言葉に出来ない想いを少しでも伝えたくて。

「ん〜、恋人を抱きしめるのに理由なんて必要?」

ほら、口を開くと何も伝えられないじゃない。

こうして抱きしめている腕から、体から、私の想いが溶け出せばいいのに・・・・・・

好き。大好き。愛してる。

ねえ、美穂子。心に空いた穴を塞いでくれてありがとう。

こんなに幸せにしてくれてありがとう。

腕をぐっと押された。少し強く抱きしめすぎたかもしれない、腕の力を少し緩める。
その直後に、ぎゅっと胸と背に感じる暖かな存在。

「大好き」


ああ、駄目だ。
消え入りそうな声で囁かれる愛の言葉に、与えられる愛情に、
今回も私の負けを認めるしかないじゃない。



恋は先に惚れた方が負け、
でも勝負は負けるが勝ちとも言うし、
負け続けるのも良いかもしれない。

END

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:06:04 ID:YRmLnuCR
絶対一目惚れとかしないって言ってる人に限って恋は突然に
って結構あると思うんですよね

意識すると言えないけど、普段さらっとすごい台詞を言うのが部長
恥ずかしくて言えないけど、いっぱいいっぱいだとすごい事言っちゃうのがキャプテン
異論は認める

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:11:50 ID:udxgkhsF
>>488
同意せざるを得ない


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 19:08:58 ID:+cm/xWj4
>>488
異論?むしろ激しく同意させて下さい。
幸せな部キャプをありがとう。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 20:53:37 ID:TgK8rf5z
>>488
GJ!異論はまったくないな

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 22:22:43 ID:xgUTtcob
部長の両親が離婚→親類に引き取られえて竹井姓に
キャプテンの父親(すでに離婚していて父子家庭)と部長母が再婚
で、部キャプは義理の姉妹だった。

という電波を受信したが、よく考えるとだから何?という点

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 22:43:21 ID:d+8ME+lk
部長の苗字については諸説あるけど
大事な試合を途中で棄権した事を考えると離婚より事故で・・って気がする

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 22:47:40 ID:paAYWYq2
俺も事故で両親亡くなって、親戚に引き取られたと思ってた
片親だけ亡くなってたら苗字変わる必要ないしな。再婚なら別だけど

宮永家も結局何があったのか不明なままだけど、過去を掘り返したら
シリアスそうなキャラ多いな。家庭がらみじゃないけど中学時代のキャプテンとかも
結構シリアスな感じする

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 23:43:56 ID:d+8ME+lk
でも互いに傷を持っていたとしてもそれを認めあえるというか
それを包み込んでさえしまえそうな関係だよね
部長とキャプテンは

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 00:01:35 ID:zCihE+8v
色んな説があって面白いな
詳しく語られてない方が妄想できて嬉しい

この流れに乗って聞くんだが原作4巻表紙って

部「ほら、駄目よ美穂子。ちゃんと両目開けてなきゃ」
キャプ「ごめんなさい。くせでつい閉じちゃうみたい・・・」
部「んー、じゃあ、はい。おまじない」

ちゅっ

キャプ「〜〜〜〜〜〜〜う、上埜さんっ!!」
部「そうそう。はいカメラの方向いて」
タコス「入りづらい空気だじぇ」

って事だと思っていたんだが
みんなはどうだろう?


497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 00:03:53 ID:gvloc9eu
それでタコス引いた位置にいたのかw

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 00:31:58 ID:haFB0slm
脳内ではカツ丼が部長の親族になってる
何か部長を下の名前で呼んでたし

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 00:35:06 ID:g/HDQzR7
確かにカツ丼さんとの関係も気になる

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 04:00:53 ID:CiSYEAKi
やたっ、今日薄荷屋の部キャプ本を2000円で落札したぜ!コミケ行ったことないから元値は知らないけど、もし1000円以下だったら泣くな

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 05:52:09 ID:q7h8cLsp
その本を手に入れたってことだけが重要なんだ。値段なんか気にするな。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 06:07:05 ID:4z7fj2oY
いつのまにかに\6500だった一冊目が落札されてるw

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 06:21:46 ID:CiSYEAKi
分かった。気にしないことにする。てか、薄荷屋の部キャプ本って花天月地以外にもあるのか…コンプしてえええっ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 07:07:26 ID:4z7fj2oY
>>503
それ含めて3冊出てるよ
1冊目2冊目のタイトルは順に
「恋をするひとされるひと」
「あなたがいてもいなくても」
だったはず

個人的には付き合いだす前の話の2冊目が好きかな
今更だが45ありがとう

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 09:23:56 ID:wloYF/ca
そのうち再録出すだろ
そのときまでこの情熱が持つかが問題

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 13:20:19 ID:CiSYEAKi
>>504
thx!!
今オークション再確認したら 
花天月地 「あなたがいても、いなくても」

ってゆうタイトル?だった。どっちなんだwwコンプしてえww田舎じゃないけど海またいだ地方組だからコミケ行けない…。

またオークションで探すしかないな…泣
部キャプ最高

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 19:59:39 ID:2/+eMJh4
部キャプが仲たがいをして、和咲の咲が部長にアドバイスして仲直り。
っていう話が浮かんだ

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 20:26:24 ID:x4s7KD/X
咲は部長になんかしらの思いはあると思うんだよな
部キャプ前提の部咲とか読んでみたいわ〜

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 20:32:56 ID:H8HYzDE6
おもしろいスレみつけたな
とりあえずスレの最初から読んでみる。追いつくまでに大分かかりそうだけど

510 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/14(水) 20:37:48 ID:tO7muCuB
>>508
池田→美穂久←咲
って言うのを池田と咲が親しいってので、ちょっと頭をよぎった…
文章能力ないから形にできないが

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 21:10:26 ID:x4s7KD/X
池田と咲はどうなんだろう…大将戦で会ってるから接点は無いって訳じゃないからな
合宿でも名前呼びイベント後麻雀であの後どうなったんだよーって絡んでくる池田とか…想像つかねぇw

風越に久が吶喊する時に咲も連れてって池田避けにするとか…いくらなんでも二人を便利に使いすぎか…

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 22:13:32 ID:CiSYEAKi
SS待ってるぜ

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 22:15:35 ID:mtWSTXvg
池田は清澄の中だと優希と仲良くなりそうじゃないか?
卓球とかその他もろもろで意気投合って感じで

んでお互いの飼い主、もとい部長自慢になり
それならうちの部長(キャプテン)を任せても良いかな・・・
と、二人の仲をやっと認めるってのはどうだろう

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 22:20:16 ID:haFB0slm
池田は天江ェ!寿司食いにいくし!お前の奢りでとかそう言う

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 23:24:51 ID:K+p8mVHR
ついでに小池たちも連れて池田し!

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 23:52:34 ID:8ZnVt83x
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org261146.jpg.

何か呼ばれたような気がした
1冊目は中古屋で見つけ、2・3冊目はこないだの浜松町で購入


517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 23:59:43 ID:8ZnVt83x
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org261146.jpg

最後の「.」が余計だった

518 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/15(木) 00:00:00 ID:yzex07V5
>>515
「行ったことないから、廻ない寿司屋がいいし」

「廻る寿司屋なんかあるのかぁ衣はそっちに行ってみたい」

ってスレチじゃね?
寿司握る手捌きって、ちょっとセクシーじゃね?

見よう見まねで寿司を握ってみるキャプテンとか

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 00:01:27 ID:DDpndU6D
…ダメだ腕まくりに右腕曲げてのポーズの部長が牌じゃなくて寿司握ってる…

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 00:10:01 ID:rn1q3FnH
全部持ってるのか
ウラヤマ 
表紙見ただけで、なんか込み上げてくる

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 00:11:14 ID:kYN17Wyc
薄荷屋か
いいなぁ欲しくなってきた

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 00:32:03 ID:rn1q3FnH
もしキャプテンが優勝すれば、もっと薄荷屋みたいな同人増えるのかな 


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 07:06:00 ID:98T+3xf+
>>519
寿司が潰れてグチャグチャになるぞw
部長って料理下手そうなイメージ

45だけどまだ少し余ってるので欲しい人いたら柔軟に対応するのでメール下さい

524 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/15(木) 09:02:52 ID:yzex07V5
片親だと自然と料理とか家の事をするようにならないかな?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 09:05:05 ID:lKcuwaEI
>>524
料理はすればうまくなるというものではないからな。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 10:09:46 ID:98T+3xf+
まぁ料理に関してはキャプテンに作ってもらえば問題ないw

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 10:21:26 ID:wq+fRgzJ
寿司がぐちゃぐちゃになるってのは部長が握ると麻雀のあがり方で人に出すからかと思った
寿司がかわいそう・・・

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 12:17:26 ID:LimQesyu
寿司もだけど、それを食べる人もかわいそうだw

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 12:38:59 ID:b6EoikbV
部長に料理を教えてあげて
そしてキャプテンも部長に何かを教わってしまうんですね

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 13:08:35 ID:lKcuwaEI
>>529
分かる人多いだろうけどwww

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 14:47:12 ID:rn1q3FnH
ぎゃああああ 
薄荷屋の本、元値は500円なのか〜!!!2000円で落札してしまった

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 14:51:32 ID:lKcuwaEI
>>531
500円で手に入るのかといえば

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 17:10:21 ID:yjdDGs8g
部キャプ同人誌欲しいのはわかるけど、
あからさまに「オクで○○円(原価の数倍)で手に入れたー!やったー!」
とか言ってるやつ少しは自重しろよ

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 18:34:04 ID:hb45KkR2
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1250613001/

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 18:38:30 ID:0il6LVGp
どうせ同人の話し出すなら
○○の咲和本に部キャプのイラストがあった
みたいなみんなが知らない情報が嬉しい

ちなみに□マテリアルのハコテン女子は部キャプも入ってた

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 18:44:20 ID:hb45KkR2
同人誌の話は>>534

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 19:16:43 ID:lKcuwaEI
転載されているイラストの殆んどが、同人作家の作品なのに

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 19:42:25 ID:b6EoikbV
譲りますとか値段報告は度が過ぎてると思うけどね

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 20:00:41 ID:0SjcQZXx
仲良くAA略

部キャプは二次創作結構盛り上がっててまだ恵まれていると感じるな
SS職人もいるし

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 20:45:58 ID:Ukl69NV4
ドラマCDでは部長は料理できないって自己申告してたよ (`・ω・´)

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 21:46:50 ID:SaUXAS1B
美「上埜さん!?何入れてるんですかっ」
久「や、なんか足した方が美味しくなりそうじゃない?」

部長は調味料とか色々入れてみて失敗するタイプだったりすると良いな
で、嫁に怒られて真面目に作った料理はすごい美味かったりして

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 22:09:30 ID:/LKao9/o
一緒におかし作ったりすると、きっちり分量量るキャプテンに対して
「えー、こんなもんでよくない?」とか言って適当にやりそうw
でもどうしてもバレンタインに手作りクッキーをプレゼントしたくなった部長が
かじゅあたりを頼るんだけど、結論としては頼る相手が間違ってますよーと。

で、ちょうどその頃キャプテンとモモは一緒に其々の恋人の料理下手を話題にしながら
仲良くプレゼント用のチョコを作っていましたとさ、みたいな。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 22:22:46 ID:FG010XKc
>>542
ぐはぁ、そのシチュ最高!
SSを早く・・・・・。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 23:10:18 ID:J4ih7jUe
>>529
ワラタw

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 00:16:24 ID:/m2r/2W9
>>542

旦那組。
「おい、ラム酒は香り付け程度だろう?今のいれすぎじゃないか?」
「ん〜、大丈夫じゃない?ほら、ちょっとくらい大人な味のほうが…」
「馬鹿いうな!まったくお前は目を離すとすぐにこれだから」
「そんなお堅いこと言って…、酔っ払ったあのコの姿で今、頭がいっぱいなんでしょ?」
「ば、ばかっ!モモはお酒飲んだりしないし…変な想像するな!!」
「…あれ〜?私、名前なんて言ったかしら?」
「ぅぐっ…!い、今のはナシだ!ほら、時間がないんだから早く作るぞ!」


嫁組。
「先輩はクールでかっこいいっすけど、料理が苦手みたいで…意外に不器用さんっす」
「竹井さんもなんでも飄々とこなしそうにみえて、料理は全然出来ないみたいなの」
「しょうがないなぁっていつも私が作ってしまって…、甘やかしすぎっすかね?」
「ふふ、でも「おいしい」って言ってもらえたら、心がぽかぽかあったかくなるわ」
「わぁ!すごくわかるっす!よぉーし、このチョコ絶対うまく作って喜んでもらうっす!」
「私も竹井さんがびっくりするくらいおいしいものをプレゼントしたいわ」
「そして、ご褒美に、「はい、あーん」って食べさせてもらうっす!ね?」
「えっ!そんな…大胆なこと私に出来るかしら。そもそも上手に作れるかまだわからないし…」
「そんな弱気じゃダメっす!おいしいの作って相手をメロメロにさせる作戦っす!」
「相手をメロメロ…ふふふ、おもしろそうね。一緒にがんばりましょう!」
「はいっ!」



旦那組は騒々しく、嫁組はほんわかと、料理してるってことですね、わかります!!

546 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/16(金) 00:19:28 ID:JY1k0pYx
福路さんと東横さんの仲の良さがいいかんじだ…

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 00:38:19 ID:m0O9z0EN
>>545
ふむ、構わん続けてくれたまえ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 01:01:41 ID:XWS5qIan
チョコが上手く作れなくても、プレゼントはわ・た・しって言えば…

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 01:29:36 ID:3KY+u3Tl
>>548
部長がどーしてもチョコ作れなくて,
顔真っ赤にしながらそれやってる姿が脳裏に浮かんだ


550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 02:17:44 ID:/m2r/2W9
>>549

「あ、あのさ…」
「はい、なんでしょう?あら?今日は可愛らしい服ですね、大きなリボンがあって…よく似合ってます」
「ありがと…、えーと、うん、このリボンなんだけど…」
「リボンがどうかしたのですか?」
「えっと、だから…これをその…貴方、の…」
「竹井さん…?どこか具合でも?なんだか顔が赤いように思いますが…」
「っ、…ごめんっ!手作りのものプレゼントするって言ったけどうまく出来なかったの!最後に大失敗しちゃって!!」
「竹井さん…」
「絶対おいしいの作って食べさせてあげようって思ってたんだけど…本当にごめんなさい」
「…気にしないで下さい。私にとって竹井さんが辛そうな顔してるほうが悲しいです」
「でも…っ、私はっ!」
「それに、大丈夫です」
「え?」
「今からでも間に合います。材料ならうちにありますし、一緒においしいもの作りませんか?」
「いいの?貴方は私のために素敵なチョコを用意してくれたのに」
「えぇ、もちろん。それに今日は誰かと一緒に料理する楽しさを知ったばかりなので、竹井さんともそれを共有したかったんです」



部長が顔真っ赤っていうのは、珍しくてギャップ萌えってやつですね!わかりま(ry
ほんとはちゃんとしたSSが書ければいいんだけど、出来そうにないので小ネタっぽく。
部長もキャプも可愛くってどうしよう…。
以下オマケ。



「ところで、さっき言いかけたリボンの話はなんだったんですか?」
「あぁ、コレ?貴方へのプレゼントが何もなかったから、申し訳なくって…」
「一生懸命考えてくれたことが何よりのプレゼントですよ」
「んー、そうなんだけどさー。これ、実は、いっそ私をプレゼント!ってやろうとしたんだけど…いざとなったらなんか柄にもないなって思っ」
「たたたたた、た、たけっいさん!!」
「えっ!?はいっ!どうしたの急に?というか、自分から両目あけてくれるなんて珍しい…」
「あの、差し支えなければそのプレゼントを欲しい…です…。ダメ…ですか?」
「だ、だめではないけど…ふふ、貴方両目を開いた時は、普段よりちょっと大胆ね」
「すみませ…!」
「うぅん、怒ってるんじゃないの。ねぇ…もっと近くでみせて?」



続きはあなたの脳内でわっふる!わっふる!

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 03:29:48 ID:0wcT7dRH
いいぞ!もっとやれ!

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 19:26:21 ID:p4IyfjJ6
3分上埜さん

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 20:35:11 ID:1b6IR9Ur
おめでとうございますキャプテン。


「・・・というわけで上埜さんは私のものです」
「はぁ(どういうわけかしら)」
「・・・というわけで上埜さんをいただきます」
「ああ、はい」

―10分経過―

「・・・」
「・・・(どうしたのかしら。無言で固まったままで)」
「(いただきますとは言ったものの、身体が動かないわ・・・)」
「どうしたの?私をいただくんじゃないの」
「そうなんですけど・・・」
「いただかないなら私がいただきます」
「え?きゃっ・・・!」

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 22:42:26 ID:XWS5qIan
「キャプテン決めかねてるから、清澄の部長さんはあたしがいただくし!」
「いや、私だじょ」
「いやいや、わしじゃ」
「私っす「オレが「私が「ワハハ「ボクが…」
「いえ、やっぱり上埜さんは私が…」
「「「どうぞどうぞ」」」

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 02:51:19 ID:WL3T6LZL
まさか

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 14:53:46 ID:R3MsjNvN
最近部キャプの素晴らしさに気付きました

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 20:42:50 ID:8ra97a2l
この二人が付き合ったら、キャプテンがヤンデレ化する可能性もあるなw

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:05:14 ID:zp4qTOJt
キャプ  「病院」
まこ    「え?」
キャプ  「行きましたか? ・・・・いいお医者さんなんですよ」
まこ    「行っとらん・・・」
キャプ  「どうしてですか?」
まこ    「あんたに紹介してもらった病院なんか誰が!」
キャプ  「嘘・・・・だからですよね」
キャプ  「上埜さんの気を引くために、赤ちゃんが出来たなんて嘘ついたんですものね」
まこ    「違う! わしは、本当に!」
キャプ  「それに、染谷さんが彼女の子供を産めるわけ、ないじゃないですか」
キャプ  「上埜さんの彼女は、私なんですから」
まこ    「わしだって、部長の彼女になりたかったんじゃ!なのにどうして!」
キャプ  「・・・上埜さんなら、そこにいますよ?訊いてみたらどうですか・・・・」


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:14:27 ID:sZjgCeEu
ちょwwwおまwww
部長首ルートかよwww

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:21:29 ID:3j1OHhpt
>>558
こーわーひー

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:27:41 ID:J9QuPg2S
元ネタが分からぬ

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:30:20 ID:lWklAZG6
スクールデイズ…
主人公がスケコマシで手当たり次第の子に手ぇ出して最後は殺されちゃう奴

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:36:38 ID:J9QuPg2S
>>562
d
それは酷いな

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:55:01 ID:YS5hl3aq
部長が誠かよww

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 22:04:18 ID:zHQM6Hfh
中に誰もいませんよ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 22:50:00 ID:ULi4cQDm
言葉のいいところは最後まで誠には攻撃しないところだな
ヤンデレの鏡だ

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 22:50:03 ID:73AGCSLf
nice osage.

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:28:20 ID:Z37o/O3R
りつべの日記見たけど・・・
部キャプ公式か!?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:38:06 ID:cIiI98Nb
見てきたけど…どの部分?kwsk

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:40:53 ID:r7tdI0P+
たしか前回の更新でしっかり脚本チェックしてるみたいな事言ってたな
改悪っぽい所は自分のアイデアとも言ってたような

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:43:20 ID:r7tdI0P+
公式というより公認だな

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:45:47 ID:cIiI98Nb
ああ、そういう意味か。
ありがとう。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:58:34 ID:Z37o/O3R
勘違いさせてすまん


今日アキバのKブにキャプテンハーフとあなたがいても〜が置いてあった
閉店間際だったから明日いけば買えるかもね

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 01:06:15 ID:r7tdI0P+
どうでもいいがあっちで言ってた竹福って言い方が気に入ったw

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 01:56:54 ID:Z37o/O3R
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org273137.jpg
ひさ と みほこ で みさ か・・・
iPSの力は偉大だ

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 01:59:13 ID:FZwqxQ07
>>573
薄荷屋の棚かな
先週の日曜にはあったな
ちなみにKブの通販サイトで「恋をするひと〜」の在庫がある模様

今年の夏に出た方じゃない総集編が欲しいんだが、なかなか見つからん
先月池袋で見つけたのに、軍資金不足で翌週に持ち越したら売り切れてた苦い思い出が…
何ですぐATM行かなかったんだろうと未だに後悔している

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 05:33:27 ID:VfAw2Wox
>>439
亀レスだけど、まとめに追加しました。
だめだったら消して。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 07:29:45 ID:r7tdI0P+
>>575
幸せそうな家庭で和んだ(´ω`)

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 09:29:44 ID:P9DIzbyE
>>575
今、初めて、山中教授の偉業の程を真に理解した

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 10:35:33 ID:GOzlJ1TN
>>575
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおあsdyふぉshふあvhflfかhgkがhbgばdhbはbhgぁbが

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 10:38:33 ID:QxeTLPS/
>>575
か、かわええ…

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 10:51:52 ID:r7tdI0P+
男の子ならみさおでw

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 11:10:52 ID:CxpMVOpi
部長が子供ばっかり構うからキャプテンが嫉妬するんだな

584 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/18(日) 11:17:12 ID:ooTKOSjD
んで、夜はしっぽり…

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 11:33:19 ID:DbEcYHmB
>>575
この絵の作者のオタマエプ美穂子+ゲーム久がなんとも学生カプっぽくてねぇ
意外と部キャプ絵って渋とかにも多くて嬉しい限り
ツンツンな美穂子とかも見たいナァ

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 11:37:53 ID:OODA0CAK
>>575
そして、かじゅモモの娘、のど咲の娘、透一の娘、久美穂の娘(この娘)が
10年後のガールズ麻雀界の頂点を争うんですね。

ラスボスは照と白糸台の黒髪の娘あたりか。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 11:39:41 ID:r7tdI0P+
てか部長とキャプテンの子供って恐ろしく麻雀強そうだな

588 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/18(日) 11:43:24 ID:ooTKOSjD
オッドアイは遺伝してないのね。

お年玉とかをかけてサンマでもするんだろうか

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 11:45:01 ID:DbEcYHmB
二人目or双子でおk
若しくはかじゅモモ+子との6人で1卓&解説二人で

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 11:58:21 ID:QxeTLPS/
お前ら妄想は無限大にもほどがあるぞw

>>586
照と菫の娘とかなんか凄くクールそうだな

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 13:04:44 ID:ZG4BJHPo
>>575の絵師さんが描く前に美久(みく)とみさこでssを途中まで
書いたけど絵師さんに合わせて書きなおした方が妄想が広がる
かなぁ

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 13:26:57 ID:xE0qvxcM
美久って名前可愛いな
そのままで構わない
そのままで構わない

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 13:41:48 ID:SrI0yo4n
>>591
双子設定か?それだけで萌える妄想広がるな。

>>575って本人投下じゃないよな?
絵師の許可がないかぎり逆に設定もらって書くほうがまずいんじゃ…?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 13:49:13 ID:QxeTLPS/
つかそもそもこの絵師さんの詳細が知りたい俺

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 14:02:40 ID:qM9bbslS
>>594
ぴくしぶで部長×キャプテンを調べると幸せになれる
最近SSサイトさんも増えてて検索が楽しくて仕方ない

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 14:06:40 ID:r7tdI0P+
冬コミで部キャプ合同誌だしたいお

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 14:57:39 ID:cIiI98Nb
>>591
どうかあなたの設定のままで。赴くままでお願いします。
wktk

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 16:34:57 ID:SdDLRuYG
>>591
おまいは俺かw
自分は美久(みく)と久美子(くみこ)だけどね
ちなみに、家族ぐるみでつきあっている某夫婦にも桃美(ももみ)とみゆ子とがいて、年齢順に
桃美>美久>久美子=みゆ子
と、ここまでは妄想が膨らんでいるw

問題はSSがど下手くそな事だがw
しかし、どっちも二人目の名前がつらいな…

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 16:45:23 ID:xE0qvxcM
友達に久美子って名前いるけどめっちゃいい子

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 17:41:50 ID:l/w7dmrA
>>591俺の中では雛子(ひなこ)と美優(みゆ)
美由はかじゅから
2人目は何となく親しい友人からとりそう


601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 17:55:29 ID:Rx6af40N
>>600
つ ワハ美

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 18:14:57 ID:cYoLOdnL
なにこの流れ

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 18:40:35 ID:DbEcYHmB
なんか某音楽部スレでもそうだけどIPSってか子供の話題が急に増えたな
別のスレでIFがダメで話題についていけないって人いたっけなぁ…俺は大好きだけど

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 19:16:00 ID:QxeTLPS/
百合カプが出ると子供の話は結構な確率で出てくるよ
舞HiMEの時もしずなつにいつの間にか子供ができてて笑ったわw

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 20:17:19 ID:0XnyFH48
美久
のどき
桃み
と一か
華プテン

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 20:38:57 ID:0XnyFH48
>>595
探したがねーぞ!

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 20:40:01 ID:0XnyFH48
わりぃあったあった

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 21:21:43 ID:taIflWVI
>>604
お前さんもあそこの住人かw
全盛期は凄かったよなー静なつ

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 21:34:47 ID:BSmHJI4s
>>605
ワハりん追加

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 21:45:00 ID:OODA0CAK
>>605
何気にキャプテン二股かけてない?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 21:49:46 ID:RRd4RJ9H
昼過ぎにKブ行ったらすでに無くて吹いたw

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 22:12:29 ID:BSmHJI4s
>>611
通販にはまだあるようだ

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 22:15:45 ID:b+OxeSrk
>>609
なんかバファリンみたいだな
この子の半分はワハハでできてます。当り前か。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 00:37:19 ID:0/cLWjm4
>>611
すまん……


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 01:11:32 ID:hRvi6WOT
>>577
実際に礼を言えないのが申し訳なく感じるよ。
ありがとう。乙です。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 01:18:04 ID:mGDaSqWT
>>577
乙です。
さっそく読ませてもらったぜ。助かった。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 09:33:57 ID:nH7lQ824
>>614
自分は持ってるからいいけどキャプテンハーフも買えばよかったのに
あっちも部キャプ前提でのお話だよ

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 11:52:24 ID:GUn3x/q9
>>439>>577
こっちで作ってくれたまとめってどこにあんの?
教えてくんでスマヌがわからなかった

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 12:39:21 ID:hRvi6WOT
>>618
http://www.glooth.com/bucap/

携帯からなんだけど見れるかな?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 12:48:41 ID:GUn3x/q9
PCだけど見れたよありがとう!

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 13:32:44 ID:ZJri/P6k
>>619
横レスだけどありがとう

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 14:17:21 ID:9Y2vOdzS
とある二次創作で

中学時代の出会いを機に付き合い始める
突然部長がキャプテンの前から姿を消す
3年後の団体戦で再会

って感じの奴読んでアリだと思った

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 16:43:32 ID:ENHXMBAu
kwsk
せめてヒントでも良いから

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 23:38:47 ID:smKsEyol
保守

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 00:43:28 ID:mXPLlT7Z
623じゃないけどオトウフの同人で似たようなのがあった気が・・・

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 16:31:13 ID:2j14R4o4
今回の圧縮は乗り切ったみたいだな…よかった

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 20:11:25 ID:wxaXpzDd
一応上げとくよ
このスレネタが無いと持たないw

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 21:26:51 ID:Pt4+Chub
ネタがなければ作ればよいのだ
誰か任せた

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 21:48:18 ID:+8Y+3xz8
>>628
季節的にハロウィンだな

部「トリック・オア・トリート」
キャプ「あ、はい。どうぞ」
部「・・・・・・なんでクッキーなんて持ってるのよ」
キャプ「だって、上埜さんこういった行事好きじゃないですか」
部「あら、じゃあわざわざ私のために作ってきてくれたの?」
キャプ「はい///」
部「ありがと。でもクッキーよりも先にりんごを頂こうかしら」
キャプ「えっ?りんごなんてどこにも・・・」
部「あるじゃない。目の前に」
キャプ「??・・・・・・あっ///」
部「ん、いただきます」

トリックでもトリートでもどっちでも美味しくいただける
ハロウィンは良い日だじぇ

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 21:49:12 ID:c9GRC8iP
前に久が主人公で風越だったらみたいなネタがあったけど、なら清澄には仲違いしていない宮永姉妹がいるとかいうラスボス補正がほしいな。
この場合の咲さんは麻雀を嫌っていないので、常時大将戦後半の覚醒状態で。
いっそ南浦とかもいたほうがラスボス校っぽいか?
そしてこれは個人的な願望だけど、まこも風越にいてほしい。
部キャプのいいアクセントになりそうだから。

先鋒
風越:池田 清澄:南浦 龍門渕:兄貴 鶴賀:むっきー
次鋒
風越:まこ 清澄:タコス 龍門渕:ともきー 鶴賀:かおりん
中堅
風越:みはるん 清澄:のどっち 龍門渕:とーか 鶴賀:ワハハ
副将
風越:美穂子 清澄:照 龍門渕:国広くん 鶴賀:モモ
大将
風越:久 清澄:咲 龍門渕:衣 鶴賀:かじゅ

こんな感じで、風越勢に頑張って欲しい。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 22:16:48 ID:Pt4+Chub
魔女のコスプレした部長とキャプテンが見てみたい
小悪魔的な魔女の部長と天使な魔女のキャプテンになりそうだ

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 22:19:09 ID:wxaXpzDd
>>631
あの人なら・・・あの人ならなら描いてくれるはずだ・・・

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 23:00:30 ID:we+qUK0L
描いてみようかな

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 00:14:46 ID:YVWSQUGx
>>630
どう頑張っても清澄が勝ち上がる絵しか想像できない件

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 00:18:16 ID:SaLm2TE6
カツ丼が部長の叔母妄想
たまにふらっと家によってく年の離れた姉みたいな感じ
正月の家族麻雀では容赦のない打ち勝たして悪待ちとか部長に影響与えたり
お年玉は部長が何歳になっても500円程度しかくれない
部長の親がなくなった後は家に来る頻度が増加
ラーメンの屋台に連れ出したり
(ひっぱって行って黙って部長の隣でラーメン啜って
 部長より先に食べ終わった後は部長の様子をみてて
 部長が食べ終わったら二人分の代金置いて帰ってく感じ)
部長がこのところ明るくなってきたのを内心喜んでる
全体的に部長相手に優位
部長と一緒に居るキャプテンを見て久の彼女かと聞いて双方をあわてさせたり

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 00:20:47 ID:gLi3Nkil
>>634
「久が主人公で」を見逃してないか
嶺上開花も海底ツモも不発に終わる…はず

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 00:28:23 ID:YVWSQUGx
>>636
久は不幸が似合う……とまでは言わないが、先鋒〜中堅にかけて削られた点を魔物相手に取り戻せんだろw

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 00:48:27 ID:gLi3Nkil
>>637
あ、確かに厳しいな
でも二人で仮眠室に行ければ風越にも勝ち目はあるだろう

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 01:13:23 ID:163H8XDh
>>638
それだ!!
キャプテンが対局中に仮眠室での事を思い出して発熱、相手は死ぬ

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 02:09:22 ID:i71r2nZn
>>635
カツ丼さんいい人過ぎる

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 06:03:29 ID:RNzClKny
抜き打ちテストで生徒からブーイング受けながらも慕われている数学教師の久と、
たくさんの子供に抱きつかれながら一緒にお昼寝してる保母さんの美穂子。

という夢を見た。
もう1回寝てくる。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 06:27:23 ID:Ddyq4rM7
中学時代の部長に何があったのかは知らないけど
仮に親が亡くなってたとして、もし万が一部長が一番落ち込んでるときに
キャプテンと再会したら〜なんて妄想が膨らんだ俺は朝から死んだ方がいい気がした

>>641
ちょっと夢を共有する方法発明してくるから待ってろ

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 08:13:12 ID:YVWSQUGx
>>641
黒セルフレームのメガネに黒ストで決める久と、おっぱい部分がけしからふくらんだキャプテンしか見えない(;´Д`)ハアハア

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 12:01:31 ID:/wrwRI+g
いつもはクールにキメてるのにキャプテンの前だとデレデレイチャイチャなのを
生徒に発見されて2828されるオチですねわかります


645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 18:47:45 ID:ZHiN6Ve+
>>575の画像を再うpしてくれんだろうか
旅行中で保存出来なかったんだ、誰かマジで頼む!

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 19:25:04 ID:9X2YvLJC
>>645
ピクシブにあるぞ
ただ探すのに若干苦労する

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 19:36:54 ID:Ddyq4rM7
>>575の絵師さんの別作品探して
そこから一覧見てかないとないよね確か

ある意味運

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 22:06:22 ID:thLmDO6g
今探したが>>575付近の会話から一度でもその絵師見てれば行けるな。
見てない人は厳しいだろう。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 22:13:57 ID:9X2YvLJC
>>596
亀レスすまんが本気なら是非参加したいんだが‥

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 23:11:03 ID:YrAog9Rf
たまたま見た絵から辿って行ったら見つかった
検索除けしてるから余計分かりづらいな

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 06:59:13 ID:CEuwbURt
>>644
部長がデレる所って想像できないなw
普段クールな部長が押しが強いキャプテンに負けてたじたじするのは好きだ

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 18:24:30 ID:CsuzVHwm
あれがデレ部アルタイr(ry

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:12:02 ID:R1WddgOG
黒キャプテンも良いかも知れないと最近思い始めるようになった


654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:23:33 ID:S1NKmWCP
>>641です。
夢の内容とは違うけど、小ネタで教育実習生の久を書いてみた。
キャプテンは出てきません。
苦手な方は飛ばしてください。


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:24:31 ID:S1NKmWCP

「久先生のお弁当かわいー!」
「先生のお弁当いつもおいしそうだよね」

今は昼食時。
教育実習生の私は教室でクラスの女の子たちに混ざって、持ってきたお弁当を広げていた。
もちろん弁当を作ったのは恋人である美穂子だ。
実習期間であろうとなかろうと毎朝美穂子が作ってくれる。たまに私も手伝うけれど。
彩り、栄養バランス、ともに完璧であり、味に関しては言うまでもない。
今日もたまご焼きが絶品だ。

「うんうん、実習生って忙しいのに毎朝自分で作ってるの?」
「え?」

さすがに真実を話すことはできず、箸が止まって反応が遅れた。

「あれ?違うんですか?」
「まさか恋人とか?」
「そういえば久先生彼氏はいるのー?」
「先生美人だし、いるでしょ」
「え、どんな人、どんな人!?教えてください!」

いけない。女子高生に少しでもスキを見せればこれだ。
実にかしましく話は勝手に進んでいく。
さて、どうやってこの場を切り抜けたらいいものか。
誤魔化そうと思えばいくらでも誤魔化せるけれど、それはなんだか美穂子に悪い気がした。

「……まぁ、恋人ならいるわよ」
「どんな人ですか?」

ずいっと身を乗り出して目を輝かせながら私の言葉を待っている。
数学の授業もそのぐらい興味を持って聞いてほしいけど、それは無理な話よね。



656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:25:22 ID:S1NKmWCP
「家事が得意で、機械に弱いかな」
「うんうん、他には?」
「ちょっと泣き虫だけど、しっかりしてる人」
「身長は?やっぱり先生より高い?」
「私よりちょっと低いかしら」
「職業は?」
「同い年だから大学生。保育士を目指してるの」
「うわー、なんか意外だなぁ」
「確かに。もっとすっごいイケメンと付き合ってるかと思った」
「まぁ、イケメンではないけど、美人ね。モテるし……」

ヤバっ、余計なこと言ったわ。
でも、こうして他人に美穂子のことを話すのは新鮮だった。

「どっちから告白したんですか?」
「向こうからで―――」
「場所は?」
「夜の学校で……って、何言わせるのよ!」
「へぇ〜」
「ごちそうさまでした」
「うん、ニヤニヤだね」
「先生かわいいよー」

やっぱ、適当にごまかしたほうが良かったかも。
けれど、後悔先に立たず。すでに女生徒たちの目は爛々に輝いていた。

「なんか、彼女みたいな人ですね」
「でも久先生の彼女ならいいかもー」

ぼっ!と音を立てるくらいの勢いで顔が赤くなるのがわかる。
なんてこと言うのよこの子たちは!

「バ、バカなこと言ってないで早く食べなさい!次、移動教室でしょ?」

このまま本当にばれたらさすがにまずい。
手早く、弁当をしまい私はその場から離れた。

……残りの実習期間、一部生徒の目がニヤニヤしていたのがたまらなく居た堪れなかった。


***
大学生編どころか社会人編まで妄想してる自分がいる…。orz


657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:34:22 ID:dYZSz4yL
>>656
GJ!さぁ早く社会人編も形にするんだ。受け止めるから!
あとメール欄に「sage」と打ち込めばこのスレは平和になっていくぞ!

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:38:21 ID:ji5eCVno
GJ
さて、幼子に囲まれるキャプテン編はいつ頃になるか予定を聞かせてもらおうか

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:41:19 ID:FWT2vLdZ
>>656
GJ
美穂子編だろうが社会人編だろうが妄想は自由だ

俺、週末になったら部キャプのハロウィン書くんだ・・・・・・

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:50:04 ID:S1NKmWCP
>>657
sage忘れすみません。以後、気をつけます。

>>659
イタズラするのは部長?それともキャプテン?
週末が楽しみだ!

投下はちょっと遅くなるかもだけど、お許しが出たので社会人編頑張ってみます。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 22:39:58 ID:v1dObMLh
わっふるわっふる

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 23:29:11 ID:eU5cTPLJ
部キャプは大学〜社会人編がなんか燃えるな
あいつら未来に生きてるんだ

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 23:36:11 ID:K3zd5PRg
大学受験から同棲するまでの過程も萌える

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 23:38:54 ID:dYZSz4yL
そしてゆくゆくは>>575のような暖かい家庭を築くのですね。わかります。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 00:44:44 ID:3/tXWvIl
ttp://ranobe.com/up/src/up407684.jpg
ttp://ranobe.com/up/src/up407685.jpg
ttp://ranobe.com/up/src/up407687.jpg

こいつぁやべぇ・・・キュンキュンくるぜぇ・・・

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 02:13:44 ID:x/mauUXK
対局中にイチャつくなや(´¬`)

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 06:53:02 ID:PHwrwBR5
部長のたらしっぷりが全開w

668 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/23(金) 09:06:41 ID:CdKecTsb
部長は計算なのか天然なのかが分かりにくい

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 13:00:34 ID:N7ze8eUw
キャプテンもモテるみたいなのに、何故いつも部長にいいようにされるんだろうか

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 15:40:04 ID:1x3RZ7xk
どう考えてもキャプテンはモテても気づかないタイプじゃん

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 17:12:33 ID:veXzq6iw
他人からのそういう別の意味での好意に気付かないで誰にでも優しく接するキャプテンを見て
複雑な感情を抱く部長とかありえそうだよな

でも部長っていざというときにハッキリ言えなさそうだから、何か一人で悶々と
悩んで不安になって、態度がおかしい部長を見た何も気付かないキャプテンが
なんか疑心暗鬼にかられて…うわあ、負のスパイラルだ

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 17:28:12 ID:mLKGYoo3
負のスパイラルの相談に乗るかじゅモモor池田&咲とかよさそう
そういう危機を乗り越えてこそより深まる愛ってモノもある

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 21:18:46 ID:N7ze8eUw
相談と言いつつも実はノロケ

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 22:11:08 ID:dpCBrHiU
話そらして悪いけど、375と426のssってwikiにないの?

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 13:31:36 ID:nzrUGC6t
保守

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 17:18:42 ID:WC8mzpyK
今更だが個人戦の部長VSキャプテンは燃えた

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 18:44:00 ID:mRuFq2xB
>>676あれは良かった
そういえばそろそろ文化祭シーズンだな
文化祭のラストでオクラホマミキサーを踊っている部キャプを夢想した


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 19:42:57 ID:l4txZETl
>>677
部長と当たる一人手前で曲が終了して涙目になるキャプテンや、相手が代わる時に部長がキャプテンの手をなかなか離さなくて周りに迷惑かけてキャプテンがあわあわなるシーンを一瞬にして妄想した。

679 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/24(土) 19:58:23 ID:hg/s83gR
だれよりも最初に部長と踊りたくて部長の後ろについて列につこうとしたら、当たり前のように男性側の列に並んだ部長の後ろについてしまい、泪をこらえながら男性側で踊るキャプテンを幻視した。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 20:17:14 ID:F/ysIudH
フォークダンスは体育祭でやるものだと思ってた
踊る相手を誘うものだと思ってた

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 20:38:28 ID:46uSR2UX
>>677
ハリケーンミキサーに見えてびびった

682 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/24(土) 20:50:41 ID:hg/s83gR
足を怪我したキャプテンを背中合わせに背負って疾走する部長

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 21:25:56 ID:efvYC95T
>>680
参加したければ誰かに誘われるか自分で誘うしかなくて
部長もキャプテンも互いのこと誘いたいのに何か照れちゃって誘えないとか
其々別の人に誘われちゃって、相手はどういう返事をするんだろうとか
自分のことを棚にあげて悩んでる二人を妄想した

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 22:03:21 ID:zMEaC+YQ
クラスの劇で荊の城をやることになり、スーザン役:部長、モード役:キャプテン

「なんて書いてあるの?」
「わたしがあなたにしてほしいことがたくさん・・・来て」
まで(ry

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 22:51:15 ID:DfQ/nYJ+
>>684
その配役で小説読み直してくるわ

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 23:47:23 ID:3xHJgAqU
>>684

ちょっとその配役似合い過ぎだw
私もちょっと読み直してくる。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 02:43:09 ID:UGr8yfUX
この捨て牌…この待ち、私の妄想の中の上埜さんそのもの―
いえ…それ以上だわ。やはり生の感覚は格別にジューシー!!
じっくりたっぷり、舐るように味わわせていただきます!

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 03:59:36 ID:oH6Rmcg6
>>665
視線だけでキャプテン妊娠しそうだな・・・

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 10:54:09 ID:iycWDuLE
ああ、部キャプ素晴らしすぎる
なんでこの2人はこんなクるものがあるんだろう

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 11:09:51 ID:tzpIlA3t
基本カッコイイ部長萌えだが、部長と絡んだキャプテンの赤面が可愛すぎる
恋する乙女だよあれは

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 11:12:19 ID:iycWDuLE
それにしても何度思い返しても個人戦予選の最終戦の
私の隣ね
は策士過ぎるよなw

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 11:30:21 ID:LuLH+C+1
ああいう台詞をナチュラルに言えるのがモテる秘訣

※ただしイケメンに限る

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 11:41:30 ID:MHQT6dEr
部長には実は傷があってそれを聖母のキャプテンが埋めていくって感じがいいかもしれない

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 11:58:17 ID:LuLH+C+1
部キャプはすごく少女マンガっぽいよな

キャプ:主人公
部長:相手役のイケメン
まこ:恋のライバル
かじゅもも:主役カップルの仲を応援してくれる良き友人
池田:主人公に報われない恋心を抱く後輩
みはるん:最終回で恋に破れた池田への救済役

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 12:31:47 ID:oH6Rmcg6
さぁ、あらすじを考える作業にもどるんだ。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 15:32:53 ID:c89AFRiS
なにその萌える設定w
それだけで、咲スピンオフとか作れそうだし

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 18:24:18 ID:Yyym6N3g
まこ以外にもライバルが多そうだな


698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 18:44:16 ID:UGr8yfUX
相変わらず人気者じゃのーと言われるくらいだからな

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:06:46 ID:YjvZhysH
どうも659です。
なんとかハロウィンネタ書き終わりました。
大学1年生で同棲している設定
1週間後の出来事だと思ってください。

以下7レスくらい使わせていただきます。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:08:24 ID:YjvZhysH
どうすればいいの?
テーブルに置かれたジャック・オー・ランタンに問い掛ける。
帰ってくるのは不気味な笑みのみ。

トリック・オア・トリート

この言葉にそんな深い意味があるなんて思いもしなかった。
知らないふりなんて今更出来ない。
何も知らなかった私にはもう戻れないんだから・・・・・


―――――――――


私がハロウィンの衝撃の事実を知ったのは今日、10月31日の4時頃だった。

今日はお昼頃から桃子さんとお買い物に出かけて、
少し歩き疲れたし喫茶店でお茶でもしましょう、と言ういつも通りの流れになった。
大学生の私と高校生の桃子さんではどうしてもなかなか都合が合わなくて
それにお互い恋人との時間も大切にしたいという事もあるし。
今回も一ヶ月ぶりくらいになるのかしら、とにかく久しぶりにあったからお話ししたい事が沢山あった。

大学での加治木さんの様子を話してあげたり、
最近久がバイトを始めた事で少し相談に乗ってもらったり
色々と話していて、ふと桃子さんがテーブルの上に置いてあった
かぼちゃの置物を指差して言ったのだ。




701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:09:34 ID:0uPTWjQE
そんな部長だからこそ惚れたんだけど、おとなしくて友達も少ない自分にコンプレックスを抱いて「私はあの人にふさわしくない…」なんて思って距離を置こうとするもやっぱり好きでモヤモヤするキャプテン。

部長はキャプテン一筋で何かとちょっかいかけるんだけど、離れようとするキャプテンに「私って嫌われてるのかしら…?」ってモヤモヤしちゃうすれ違い展開。




チラ裏妄想終了。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:09:52 ID:YjvZhysH

「そう言えば、美穂子さんたちはハロウィンやるっすか?」

ああ、そう言えば今日はハロウィンだったのね。
どうかしら・・・特に何かをする約束はしてないけど

「そうね・・・・・・おそらくする事になると思うわ」

悪戯好きの久の事だから、間違いなく何か仕掛けてくるでしょうね。
お菓子は多目に買って帰っておきましょう。
良かった。桃子さんに言われなかったら気付かなかったわ。

「あ、その・・・・・お、おめでとうっす///」

「え?」

ぎゅっと手を握られた。
ハロウィンをする事ってそんなにおめでたい事だったかしら?

「ずっと心配だったっすけど、もう決めたんすね」

決めたっていったい何を?
何かが噛み合っていない。
私と桃子さんのハロウィンの認識に決定的な齟齬があるような・・・・・
もしかして私の聞き間違いでまったく違う話なのかしら。

「あの。ハロウィンの話・・・よね?」

私の言葉を聞いた桃子さんは正に衝撃を受けたとしか言いようが無い、驚愕の表情を浮かべた。

「もしかして、ハロウィンの恋人同士のルールの事知らないっすか!?」

「恋人同士のルール?」

「あー、私もこの前蒲原先輩に聞くまで知らなかったっすからね。
今年から新しく出来たルールらしいんすよ」

なるほど、最近はそんな物もあるのね。
噂話に疎いと、こういったその年限定の流行などにいつも乗れずに終ってしまう。
去年も逆チョコの存在を知らなくて男の人からバレンタインにチョコを渡されて驚いたものだ。

ハロウィンの恋人同士のルール、
今からでも用意できるものなら流行に乗るのも悪くないかもしれないわね。


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:11:50 ID:YjvZhysH

「どんなルールなのか、もし良かったら教えて貰えないかしら」

「えっと確か、中世ヨーロッパでのハロウィンは夫婦や恋人同士だけの行事だったんすよ。
それを題材にしたドラマの影響で昔ながら祝い方をしようっていうことになったらしいっす」

あら、そんなことがあったのね。
それがどうして今の子供がお菓子を貰って回る形になったのかしら
久ならその辺りの事情も知っているかもしれないわね。
今度聞いてみましょう。

「それで、恋人にトリック・オア・トリートって言われたら・・・その・・・・・」

桃子さんは急に口ごもったかと思うと、スプーンでほとんど残っていない紅茶をかき混ぜだした。
俯いていても前髪の隙間からほのかに赤く染まった頬が見える。
いくら鈍い私でも、さっきの反応と話の流れからなんとなく見当はつく。
きっと、その・・・そういう事、よね?

「お、お菓子なんかじゃなくて甘くて美味しい私を食べて、って言う決まりがあって・・・」

無理よ。そんな台詞私に言えるわけが無いわ///
やっぱり普通にお菓子を買って帰ったほうが懸命だわ。
ケーキでも買って二人で食べるのも良いかしらね。
でも、私の考えを読んだかのようにこのルールには退路を塞ぐ壁があった。

「それでもし普通にお菓子を渡したりしたら、
あなたとは清い関係のままで居たいですって意味になるらしいっす」

「そんな・・・・・・」

ど、どうすればいいの?
だって私と久はまだそういった関係までは進んでないし。
でも私は別に嫌なわけでは・・・・

「美穂子さん」

さっきよりも強く手を握られた。
真剣な瞳。
そう、桃子さんはもう覚悟は出来ているのね。

「ええ、大丈夫よ。お互い後悔しない様に頑張りましょう」

ぎゅっと私も両手でしっかりと握り返した。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:13:04 ID:YjvZhysH

―――――――――


そして今、私はベッドに腰掛けて久がお風呂から出てくるのを待っているわけなんだけど・・・

「これは、どういう意味なのかしら」

テーブルの上に置かれたジャック・オー・ランタンを指でつんとつつく。
久がバイトで貰ったと言って持って帰ってきたそれには、クッキーが入っていた。

もしかして私とは清い関係のままでいたいと言う事なのかしら?

まだ高校生だった頃に一度だけそういった感じになった事はあったけど
あの時はまだ久が本当に私の事を好きなのか不安で、思わず待って欲しいって言ってしまった・・・
あれ以来、一緒に暮らし始めて一緒のベッドに寝るようになってもあんな雰囲気になる事はなかった。

そう、きっと人一倍優しくて気遣い屋の彼女の事だから
私が良いって言うのを待ってくれているんだと思う。
それでお菓子を買ってきて私が気を使わなくても良いようにしてくれたのよね。

だからちゃんと私から言わないと。
久はずっと待ってくれたんだから、恥ずかしがらずにちゃんともう大丈夫だって伝えないと。
気合は十分、後は久がお風呂から出てきたら
「あ、もう食べた?なかなか美味しいわよね、それ」

「きゃっ」

び、びっくりした。
頭をタオルでガシガシと拭きながら久が隣に座る。
もう、そんな拭きかたしたら髪の毛が痛むっていつも言ってるのに。

「タオル貸して。私が拭くわ」

久の手からタオルを奪い取り、そっと髪を挟み込むようにして優しく水分を吸い取っていく。
目を瞑って気持ちよさそうにしている姿はいつものしっかりしている久とは違って幼く見える。
きっと私だけが見る事のできる表情。
恋人である私の特権。

「美穂子?」

開かれた瞳と疑問混じりの声。
あ、見惚れていたら手が止まっていたみたい。
慌てて髪を拭くのを再開すると、そこにあるのは意地悪な微笑。
この表情をした彼女には勝てたためしがない。


705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:14:18 ID:YjvZhysH

「ねえ美穂子、トリック・オア・トリート」

思考が一瞬停止した。
いつもと変わらない日常につい忘れかけてしまっていた、
もしかしたら何も無いのかもって少しだけ期待していたかもしれない。

もう一度自分の気持ちを確認する。
うん、嫌じゃない。
もっと久と触れ合いたい気持ちは私にだってある。
ただあの言葉を言うのが恥ずかしいだけ。

「お菓子がないなら・・・」

だから彼女が冗談とすり替えてしまう前に

「お、お菓子じゃなくて私を食べてっ」

両目でしっかりとみつめて、私たちの関係を一歩踏み出すための言葉を告げた。

久の動きがぴたっと止まる。
5秒、10秒、秒針の音がやけに大きく聞こえる。
もしかして『甘くて美味しい』の部分もちゃんと言わないと駄目なのかしら
でも、そこまで自分の体に自信はないし・・・

更に数秒たってから、久の顔が見る見るうちに赤く染まっていく。
珍しい。でも私もきっと同じような状態なんでしょうね。

「本当に、いいの?」

赤く染まった頬はそのまま、でも真剣な表情。
この顔も好き。
どんな久でも好き。大好き。

「私は久の事が好きだから・・・」

久の事が好きだから大丈夫。
久の事が大好きだからして欲しい。
久じゃないと、駄目。

「うん。私も好きよ」

触れるだけの優しい口付け
大好きな人の香りに包まれながら、私の体はベッドに沈みこんでいった。


706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:15:45 ID:YjvZhysH


―――――――――


「ん〜・・・?」

カーテン越しに感じる日の光が眩しくて、私は目を開けた。
あら?カーテンが閉まってる。
それに日もずいぶんと高くない?

隣を見ると愛しい人の寝顔。
あ・・・・・そっか、昨日の夜は・・・
頬が緩むのを感じる。

いつも朝は彼女の方が早く起きるから、朝日に照らされた寝顔を見るのは初めて。
昨夜の可愛くて色っぽい表情とは打って変ってあどけない寝顔。

それにしても、あんな台詞美穂子が自分で思いつくとは思えないのよね。
美穂子をからかうのは私だけの特権なのに、誰に吹き込まれたんだか。
でも、こんなに幸せな朝を迎えられたんだから今回は許す事にしましょう。

いつまでも見つめていたい衝動を断ち切り、ベッドを揺らさないようにそっと布団から抜け出す。
こういうのは先に起きた方がやらないとね。

ベタと言われようが私だって女なのだ、人並みに憧れだってある。
本や映画で見ていつかは自分も、と思っていたあの幸せに満ちたワンシーン
料理が出来ない私でもかろうじて作れるレパートリー
トーストと目玉焼きとサラダ、それに忘れてはいけないのがコーヒー

完成するまで起きてこないでね。
おまじないに瞼にそっと口付けを落とす。

さて、起きてきた彼女はどんな反応をするのかしら?
真っ赤になって俯いたままおはようございます、と言う姿が目に浮かんできて思わず笑みがこぼれた。

END


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:19:06 ID:YjvZhysH
あれなシーンは割愛させていただきました。
それ以前にまず書けないorz

どっちがイタズラしてもおいしいな〜決めがたいな〜
と悩んでいたらかまぼこがイタズラの首謀者になっていた。
かまぼことキャプテンの組み合わせもいいな・・・
なんで自分は原作にもアニメにもない所の友情ものにばかり手を出すんだろうか

自給自足生活はつらい

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:32:31 ID:RDrjvFAG
GJ!

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:34:11 ID:NZ+j5cR5
自給自足できるやつ裏山

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 20:58:11 ID:0uPTWjQE
GJでした!部キャプはいいなやっぱり。
あと割り込んですまない。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 22:08:09 ID:jQKkqPxN
GJ!!!最高でした!
キャプテンはだまされたこと気付いたとき、怒るよりも自分の大胆な発言に
また顔真っ赤にしてうつむいちゃうんだろうなぁ
そして部長はその横でにやにやしてる、と。


712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 22:22:44 ID:kQkQVoxG
キャプテンはさらっと無意識に恥ずかしいセリフ吐いたりしそうだな
逆に久の狙ったセリフに気がつかないできょとんとしそうんですべったと真っ赤な久が

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 22:50:28 ID:UGr8yfUX
乙です
ハロウィンの恋人同士のルールなんて知らなかったよ

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 23:50:55 ID:NMSpz6Z5
713さん
貴方も、元部長さんにだまされてるっすよ。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 01:29:10 ID:X4Vj996z
鶴賀が絡むといいねw
GJ!

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 03:48:12 ID:ru7cz4a5
スゲー面白かった!読むの勿体無く感じたよ、もう2828しまくり。
ワハハ策士だなw

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 07:02:38 ID:gmzhYWJc
GJすぎる
自分もワハハに騙されましたw

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 23:25:35 ID:0/qSJUZD
建前「文堂さんの所に行ってきます」
本音「もっと近くで上埜さんを見たいです」

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 01:52:03 ID:A4Qkshma
流石キャプテンやで

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 06:07:43 ID:6HkueJea
部長のスレに部キャプ絵いっぱい貼ってあったー
最近部キャプ絵師増えて嬉しい

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 20:23:05 ID:9akou4H2
保守

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 23:03:07 ID:aVt6seb0
>>718
あわよくばお話を・・・

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 00:16:37 ID:BjdTPwU5
>>722
718だがムリダナ
文才無いからね

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 00:23:09 ID:BjdTPwU5
ムリダナ→無理だな
失礼しました

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 01:15:33 ID:ExaB1TAb
馬鹿じゃないんだからわかるってのw

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 02:47:02 ID:LBOvBc6e
間違いなく普段はエイラ

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 09:30:13 ID:MrWHDOub
部長ってキャプテンの巨乳をうらやましがったりするのかなぁ

……と、身近に和がいるの思い出したわ。あんまそういう雰囲気ないな


728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 09:46:33 ID:ec15y68F
>>727
むしろ揉みたいんじゃ(中の人的に)

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 12:23:50 ID:BjdTPwU5
毎日キャプテンのおっぱい吸って夏には凄いことになってるのか

730 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/28(水) 13:46:43 ID:DzSHR1wO
それどこのタコス?

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 14:00:07 ID:k1tjgScr
プール回の部長巨乳化はキャプテンのおかげだったのか…納得

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 23:21:16 ID:dFkorMcU
http://ranobe.com/up/src/up409186.jpg
本スレから

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/29(木) 02:25:05 ID:PGBWUr56
よくわからんが、ブラのホックを外したシチュでOK?

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/29(木) 03:54:58 ID:+SXSlq8N
いや、部長は着痩せタイプなんだよ

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/29(木) 14:58:04 ID:8TLEeQVK
(*´Д`)ハァハァ

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/29(木) 15:18:36 ID:wujq/juf
最近規制されてPCから書けないお‥

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 01:54:03 ID:w8YDz2DM
清澄の部員があと一人足りなかったら
この二人の再会も無かっただろう
咲の借りたがってた本を借りてた奴はいい仕事したな

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 06:22:30 ID:uGsCb3tw
咲がいなくても須賀君(女装)がいる

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 15:55:51 ID:nYSRUA8x
とある同人誌読んで報われないキャプテンENDもアリだと思った

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 16:31:35 ID:gfLA9KRi
アイシテル のやつか?
あれはむしろ報われてるから違うか

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 16:55:39 ID:nYSRUA8x
残暑ってやつ
表紙で気になったから読んでみた

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 01:58:47 ID:UeVEnp4Y
ハロウィンに備えてお菓子を全て処分するキャプテン
「ふぅ…これで上埜さんにいたずらしてもらえます」

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 02:02:29 ID:qP6G6ZP4
久「Trick & Treat」

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 04:47:55 ID:XyTdinXa
>>743
&ってお前…
久「お菓子あげるから悪戯させて」
キャプ「えっ…」

うむ、ありだな

745 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/31(土) 11:33:33 ID:ClLkm9EB
>>744
逆に
久「お菓子をくれたらイタズラしてあげるわよ」
っていうのも…

ありなのか?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 12:18:43 ID:UeVEnp4Y
久「私に食べられるか、いたずらされるか決めてね」
ってのは…

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 12:37:19 ID:jXmJdVfc
キャプ「では、両方ください・・・」

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 13:11:04 ID:uxY/nQO3
久「(とりあえず脱がしたもののどう悪戯すればいいのかわからないわ……///)」

キャプテン「いやっ///……どうしたんですか?」ニヤニヤ



へたれ攻めの久と余裕のキャプテンもなかなか……

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 17:25:32 ID:JVrblpFB
美穂子の逆襲ネタは面白いw

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 11:01:35 ID:DaUgKcHW
久「トリックオアトr」

美穂子「トリック!!」

久「え、はやっ、てかお菓子くれないの!?」

美穂子「お菓子は(あらかじめ全部食べておいたので)ないんですよ」

久「えー」ブーブー

美穂子「あ、でもそういえばあそこにまだあったかも」

久「この際小腹を満たせたらなんでもいいわ」

美穂子はそっとワンピースのスカートをめくる

美穂子「こ、ここにあると思うんで久さんが確認してください///」

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 11:14:29 ID:dKbmzJjp
もはやバカップルw

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 14:39:17 ID:MGhxp0Tp
>>750
それいいなw
モモあたりが吹き込んで
キャンディの飾り付けを・・・

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 17:29:14 ID:uYqah+nW
やはり、この作者は良い……
http://viploader.net/pic2d/src/viploader2d638892.jpg
http://viploader.net/pic2d/src/viploader2d638893.jpg

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 22:55:10 ID:Bl0xzfys
俺もこの人の絵がすごく好み。みんなかわいい

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 01:17:45 ID:06Fp7gy4
>>750

「い、い、イチゴキャンディーならここにあります!」

756 :妄想駄文01:2009/11/02(月) 02:13:53 ID:HjkqtKK/
モモ「キャプテンさん、キャプテンさん、私天才かもしれないっす」

美穂子「あら、どうしたのかしら?」

モモ「ハロウィンで恋人にトリックオアトリートって言われたとき、意地悪しないでお菓子もあげたいけど悪戯もされたいっていうドMな人にお勧めなアイデアを思い付いたっす!」

美穂子「ド…ドえmなんて……わ私はそんなんじゃないですよ///」

モモ「誰もキャプテンさんのことなんて言ってないっすよ」

美穂子「///…わわたしはそんなこと興味ないです!健全なハロウィンを過ごします///」

モモ「(まだ不健全な話題と決まったわけじゃないのにな…)」

美穂子「で、でもせっかく桃子さんが教えてくださるなら、い一応聞いてみます///」

モモ「……」

モモ「まぁいいっす、別に難しいことじゃないっすよ!」

モモ「トリックオアトリートって言われたら、おもむろにチョコレートを口に含んで相手にちゅーする!!これだけっっす!」

モモ「自分の唾液で溶けかかったチョコレートが相手の口に入り、お互いの唾液と甘くなった舌が絡むのを想像しただけでヤバいっす!///」

美穂子「(久さんの唾液で溶けかかったチョコレート……)ハァハァ」

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 02:14:25 ID:TVel0YFJ
キャプ「おかしてくれないとイタズラしちゃいます!」
部「それって何か違うのかしら?」

池田ァ「(゜Д゜)だめだこいつら早くなんとかしないと」


758 :妄想駄文02:2009/11/02(月) 02:19:09 ID:HjkqtKK/
モモ「相手はチョコレート味わえるし自分は普段できない大胆なことしてもハロウィンの悪戯ってことで許される(気がする)っす!流れでそのままニャンニャンできれば最高っす!!」

美穂子「(……久さんとチョコレートまみれでニャンニャン……///)ハァハァ」

美穂子「(久さんの舌…んっ……チョコレートの味がします……)」チュッチュッ

美穂子「(あら、美穂子。口の周りもチョコで汚れてるわよ、お行儀悪いわね)」

美穂子「(ご、ごめんなさい……///だって久さんの口の中がとても甘くて気持ちよくて……つい……)」

美穂子「(あらあら、そんなにお行儀が悪い子にはおしおきしないといけないかしらねー)」

美穂子「ぃやぁ……そんな……///」ハァハァ

美穂子「あら、なに体ビクビクさせてるの?もしかしておしおきが嬉しいの?」

美穂子「そ、そんな……///」

美穂子「あら、でもココはもう準備万端みたいじゃない?なんでこんなになってるのかしら?」

美穂子「ぃゃぁ……知りません……///」

美穂子「知らないわけないでしょ?ど・う・し・て?」

美穂子「……ひ、久さんにおしおきされるのを……想像したら……///」

美穂子「あらあら、美穂子はおしおき大好きな女の子なんだ?困った子ねぇ、おしおきがおしおきにならないじゃない」

美穂子「ご、ごめんなさい……///」ビクンビクンッ

美穂子「まぁいいわ、その代わり今夜はこれでもかってくらいおしおきして・あ・げ・る…」首すじにチュッ

美穂子「…ぁん……ありがとうございます///」

モモ「駄目だこいつ」

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 02:50:17 ID:aX2G/07v
キャプテン途中から声が出ちゃってるし
させないし

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 06:54:12 ID:nFBZTAFL
駄目だこのキャプテン‥早くなんとかしないと‥

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 07:29:38 ID:06Fp7gy4
モモ「というわけで本人を目の前に連れてきたっすけど」

久「面白いからまだしばらく観察してましょう」ニヤニヤ

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 11:45:25 ID:JQxb6eYT
県予選で再会した風越のキャプテンの家へ。
そしたら「これ着て責めて欲しい」と言われて、ブラウスというか、
中学のときの制服を着させられ、おさげにさせられた。

向こうは全裸。

まあこんなのもたまにはいいか、と愛撫してたら、キャプテンが喘ぎ声の中、喋りだした。
「う、上埜さん…お、おかえりなさい…と、トップだった?ねえトップだった??」
…私は突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまった。
キャプテンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうに私に言った。

プレー再開。
耳とかをなめつつ体中をさわさわと触る
「う、上埜さん、トップだった?」
「ええ、トップだったわ」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、ど、どんな、、ハァハァどんな待ちで和了ったの?」
乳首を舌でやさしく舐めながら私は答えた
「…両面とか、、、シャンポン待ちでいっぱい和了ったわよ」
セリフを聞き、キャプテンはびくんびくんと身体をひきつらせた
「はっ!はぁぁぁあんっ!わ、悪待ちは?悪待ちは、し、しなかったの??」
マムコを舐める
「ええ。酷い悪待ちができたわ。2枚切れの地獄単騎よ。」
「悪待ちっ!!地獄単騎ぃぃ!!上埜さんかっこいいいいぃぃぃいぃくううううう!」

実話です。。きっと私との中学の頃の体験というか、淡い恋心とかが
あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 12:30:43 ID:BEBB/qx3
アッー

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 14:22:42 ID:HjkqtKK/
キャプテンがどんどん駄目になっていくし

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 16:06:21 ID:0b6xUR5A
まあ咲の牌譜チェックが遅くて大将戦開始後に咲が魔物って気付くとか
結構キャプテン元々駄目駄目だし

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 21:58:02 ID:x0rpsPRZ
そんなうっかりなキャプテンだから部長が「私が守ってあげないとねぇ」と思ったんだな。わかります。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 23:05:26 ID:qpP2kuI8
個人戦予選の、部長がキャプテンを思い出すところは
いつ見ても気持ちが高揚しつつ、切なくなる。
最後の「…一緒に打つのよ」までの部長の思いを想像するともうたまらない。
このアニメで一番だと思う。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 23:08:29 ID:JQxb6eYT
ところが、結婚したらキャプテンの尻に敷かれてしまう部長

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 03:00:53 ID:mTX9uyCZ
へたれ攻めの部長と黒キャプテンって需要ある?

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 03:06:33 ID:3IVUBKu1
超見たいです

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 03:49:37 ID:MemodPFY
ぜひともお願いいたします。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 14:11:48 ID:N2cKUhXa
俺も見たい!
ところで>>771のIDがなんか綺麗だ

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 21:48:30 ID:o3BKvy8y
新和さんはいい仕事するなー

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 00:24:16 ID:vbbWXArb
http://ranobe.com/up/src/up410621.jpg
本スレからの転載だけど
やっぱこの人の絵は最高すぎるな

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 01:00:40 ID:Wn1W2x4T
このバカップルめが!!(もっとやれ的な意味で)

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 10:20:52 ID:h5enQXva
>>774
安定感あるな

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 11:05:11 ID:L4mlf7+a
上埜さん!777は私が頂くわ!

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 13:17:48 ID:MYcaTqPQ
キャプテン「上埜さんは私が頂くわ!」
に見えた

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 15:51:50 ID:2hwtXxYW
渋の部キャプが100枚こえたー
いいねぇいいねぇ

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 21:31:19 ID:9t8/nynx
saki画像フォルダを作ったのに、実質部キャプ画像フォルダになったでござる。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 21:52:18 ID:L4mlf7+a
俺は 

清澄・風越・鶴賀・龍門渕・部キャプ・その他

で分けているけれど何故か部キャプフォルダが一番枚数多いぜ!まぁ当たり前だな!

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 21:53:58 ID:Wj6Jchxb
>>779
マジで?侮れんなピ苦支部

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 22:30:50 ID:DmZ/Vt79
ぴくしぶで検索してみたら画面に部キャプの絵がいっぱいになって幸せな気持ちになった。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 22:59:56 ID:bx8q4hYw
へたれ久と黒美穂子ネタ思い付かなすぎワロタ

いま見たらとりあえず部長画像フォルダは150MB越えてた

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 23:28:22 ID:Gqzxufo1
11月11日はポッキー&プリッツの日

へたれ部長と黒キャプテン
へたれ部長とピュアキャプテン
余裕の部長と天然キャプテン

どの組み合わせも妄想おいしいです

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 23:33:36 ID:2hwtXxYW
部長×キャプテンでタグ検索するとボロボロ出てくる
咲のどが116枚部キャプが103枚(各18禁も込み)とか中々…

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 23:35:14 ID:9t8/nynx
かじゅモモとの絡みはこのスレじゃメジャーだけど、透一や和咲との絡みも悪くないと思う。
部長が咲をたらしこんで嫉妬のキャプと原村さんタッグみたいなのも見たい。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 03:54:06 ID:eFY8a1Yp
>>758
へたれ部長とピュアキャプテンって
なんか笑えるw
とれたてのトマトみたいなういういしさ

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 08:34:32 ID:itMEcPbt
駄文投稿します。
>>362です。
>>361の続きで部長の風越乗り込み話。
苦手な方は飛ばしてください。
4レスほど使わせていただきます。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 08:36:53 ID:itMEcPbt
手入れの行き届いた樹木。
格式ある白く大きな門。

私は今風越女子の校門前にいた。
時刻は夕方。授業後、私は電車に乗りまっすぐここへ来た。
すでに多くの生徒が下校し終わっていたため、生徒の姿もまばらだった。
けれど、少数の生徒はこの門から出て行き、他校の制服を纏う私の姿を、
ある子は珍しそうに視線を向け、またある子は軽く会釈をして通り過ぎて行った。

白と桜色の制服。
3年前、あんなことがなければ、もしかしたらあったかもしれない姿を
思い浮かべる。
その楚々とした制服に袖を通す姿―――のあまりの似合わなさに苦笑した。

「さて、そろそろいきますか!」

ノスタルジックな気分を味わいにここへ来たのではない。
ここに来たのは過去の可能性を見に来たのではなく、未来の可能性を
掴みに来たのだから。
気分を切り替え、いざ、校舎へと乗り込んだ。


事前のアポイントメントは何もしていない。
完全にアウェーの場所を一人で歩くというのは存外に緊張するものだった。
あの時、彼女も同じような思いを感じたのだろうか?
全てうまくいったら聞いてみるのもいいかもしれない。
頭の片隅でそんなことを考えつつ、玄関先の警備員に学生証を提示し、
職員室へと案内してもらい、麻雀部の部長としての用件でここへ来たことを
担当の教員に説明した。

我ながら実に堂々とした騙しっぷり。
1年間生徒儀会長として先生方と様々な交渉をしてきた中で身に付けたスキル。
もともと騙るのはうまいほうだったけど、さらに磨きがかかってしまったようだ。
県大会優勝校の麻雀部部長という肩書のおかげもあってか、全く疑われることなく、
風越女子麻雀部の部室―――ではなく、部室横の小さな部屋に通された。
まだ部活動中らしかったのでこの部屋で待たせてもらうことにした。
用件の内容が内容なだけに、目立たず邪魔されず2人きりで済ませいたい。
窓から指す光は部屋を赤く染め上げていた。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 08:40:46 ID:itMEcPbt
覚悟はしてきた。
だからその時を不思議なぐらい心穏やかに待つことができた。
かちゃりとドアノブが回り、待ち人が姿を現す。
私を視界に入れると一瞬見開かれた両目。そしてすぐに閉じられる右目。
いける―――
どんな反応をされるかと思ったけれどこれなら大丈夫。
根拠なんて1つもない。いわゆる女の勘だ。
でもこの感覚が降ってきたとき、私は勝負で負けたことがない。
なら、今回もきっと大丈夫。
彼女の姿を見て僅かに鼓動を速めた自分にそう言い聞かせた。

「こんにちは、美穂子」
「……用件は何ですか」
「あら、つれないわね、挨拶もなしなんて」
「こんにちは、竹井さん……。今日はどのような御用向きでいらしたんですか?
交流試合の申し込みならコーチを通してでないと―――」
「違う。謝りに来たの。あの夜のこと」

変わらなかった美穂子の表情が乱れ、一歩下がる。が、すぐに冷静さを取り戻し、努めて滑らかに答えた。

「あの時、応えたのは私です。だから、謝らないでください。」

目線は床へ、左手で右腕を制服がしわになりそうなほど強く握りしめていた。
その姿に自分がどれほどこの子を傷つけたのかを思い知らされた。
決して、そんな表情をさせたくて抱いたわけではないのに。

「それも違うわ、美穂子。私が謝りたいのはそのことじゃない」

あとから謝るぐらいならあんなことしなかった。
そのことに後悔はない。

「じゃあ、なんですか?」

声が震え、肩も震えている。
今すぐ抱きしめたいけれど、それではだめ。
言葉にしなければ伝わらないこともあるのだから。


792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 08:43:12 ID:itMEcPbt
「あの時、あなたに気持ちを聞かれて、私は答えられなかったことよ」
「……」
「理由がね、分からなかったの。自分の気持ちが……」
「理由、ですか……」
「ええ、どうしてそう思うのか、どこからこの気持ちが来るのか、
わからなかった。そのことが怖くてあなたの優しさに甘えたの」

ゆっくり、己の心を再確認するように、彼女に私の言葉が沁み込むように、
ゆっくりと言葉を繋いでいく。

「でも、気持ちに全部理由なんてつけられないのよね。
嫌いなものはどうしたって嫌いだし、どうでもいいものはやっぱりどうでもいい」

床を見つめていた目がこちらに向く。

「だから―――、好きよ、美穂子。
理由なんてどうでもいいぐらいあなたのことが好き。
私は確かにあなたのことが好きなの。あの時伝えられなくて、ごめんなさい」

ポタリ、ポタリ―――

静かな部屋では雫が跳ねる音さえ聞こえるようで。
この部屋は世界から隔離されているみたいだった。

ゆっくり歩み寄り、両頬に筋を作って流れる涙をぬぐう。
拒絶されたらどうしようと手は震えたけれど、そんなことはなかった。

「上埜さんっ!」

飛び込んできた柔らかな重みがたまらなく愛おしい。
自分は本当にこの子のことが好きなんだと思った。


793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 08:44:38 ID:itMEcPbt
* * *

夢にまで見たぬくもりに包まれて、今、私はここにいる。
恥ずかしいほどの嗚咽をおさえきれず泣く私を、
上埜さんはずっと髪や背を撫でてくれた。

私が十分に落ち着くのを待って上埜さんは私から少し身を離した。
少し緊張した面持ちでまっすぐに真摯な瞳が向けられる。
私も逃げることなくまっすぐに両目を開いて視線を重ねる。

「こんな私だけど、付き合ってもらえる?」
「……もちろんです。こちらこそよろしくお願いします」

私がそう答えると上埜さんははにかむように笑った。
よく見る不敵な笑顔とは違ってかわいらしく思える。
さっそく見つけた新たな一面に胸が高鳴るのが抑えられない。

「ありがとう。3年も待っていてくれて―――」

脳裏に3年間が走馬灯のように駆け抜ける。

試合であなたが棄権したことを知った時
入学式での再会を期待に胸を膨らませた春
試合の選手名簿に目を通すたびに訪れる落胆
街に出た時、ふとあなたを探してしまう瞬間

決してあなたを忘れることはなかった3年という月日。

このタイミングでそのことを言うなんて反則すぎです。
お礼も謝罪も言いたいのは私のほうなのにこの人は言わせてくれない―――

「う、上埜さんはひどい人です」
「うん」
「……本当に、ずるい人です」
「うん」
「……大好きです」
「うん。私も大好きよ、美穂子」

伝わる温度が、聞こえる呼吸が、ぎゅっと抱きしめてくれる腕がうれしくて
私もぎゅっと、ぎゅっと抱きしめた。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 08:50:19 ID:itMEcPbt
以上です。
駄文失礼しました。
規制に引っ掛かり遅くなりましたが、この微妙に続いたシリーズも完結です。
まさか24話のおかげでここまで発展するとは思いませんでした…。
お付き合いくださった方ありがとうございました。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 12:32:54 ID:f8w/5ShF

面白かった

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:05:59 ID:L9KptuUW
雪の多いこの地方には、冬が駆け足でやって来ます。
当然、気温が氷点を下回るのも早く、
今朝早速、初霜が張っているのを見掛けました。
気付けば十月も終わろうとしており、明日はハロウィンです。
この歳になるまでハロウィンになんて関心の無かった私が、
今年に限ってこんなにもそれを待ちわびている理由。
それは、先日久さんから送られて来た一通の手紙。

「折角交流が出来たんだから、
四校合同でハロウィンパーティーをやらない?」

風越高校の麻雀部宛てに届いた封筒を開け、
そして便箋に並ぶその綺麗な文字を見た時、
私は胸が高鳴るのを抑えられませんでした。

(久さんに会える)

そう思うと嬉しくて、駄目だと知りつつ
パソコンでハロウィンについて調べようとした程。
案の定、フリーズしてしまい、
みんなに迷惑をかけることになってしまったのですが…。


797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:07:19 ID:L9KptuUW

10月31日に行われるハロウィンは、子供達が
「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ)」
という言葉をかけながら家々を回り、お菓子を貰うお祭りだとか。
私も久さんに宛てて返事を書いてから、その日が近付くのを待って、
華菜と一緒にハロウィン用のお菓子の買出しに出掛けました。

駅前の商店街はジャックランタンを象ったハロウィン用の装い一色。
その中でお菓子を物色している途中で、私の足が止まりました。

「あら、美穂子。それに池田さんも。
 ハロウィンパーティーには来てくれる?」

そこに居たのは清澄高校の皆さん。
その先頭に居た久さんは、後輩の染谷さんと親しげな様子で、
すっかり寒くなった冬の空気の中、身を寄せ合うようにして歩いて来ました。

「はい。風越のみんなで参加します」

華菜がそう応える横で、私は思わず俯きました。
二人の仲睦まじい様子を目の当たりにして、心が塞いだからです。


798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:09:02 ID:L9KptuUW
「良かった。待ってるわね、美穂子」
「は、はい……」
「美穂子?」

折角だから明日まで何を買うか秘密にして、楽しみを取っておこう。
同じくお菓子を買いに来たという清澄の皆さんと別れ、
私は華菜と再び通りを歩き始めましたが、
もうさっきのように心は弾みませんでした。

「楽しみですねキャプテン!」
「………」
「キャプテン?」
「あ、そうね、華菜」

ひとしきり回った後で購入するお菓子を決め、そして家に戻った後、
私はあの時の久さんと染谷さんの姿を思い出しながら、溜息を吐きました。

(やっぱり、三年という月日は長過ぎたのかしら……)

当日のことを思うと、心苦しくなります。
その時母の声が聞こえ、私は現実へと引き戻されました。

「美穂子、電話よ」


799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:09:44 ID:L9KptuUW
「もしもし?」
「あ、美穂子。私、久よ」
「え? 久さん? どうしたんですか?」
「今日会った時元気が無いみたいだったから、気になってね」
「……そうですか。久さんは優しいんですね」
「ふふ、相手によるわよ」
「…//////……本当ですか?」
「ええ。信じるかどうかは、美穂子次第だけど」
「じゃあ、今度試してみてもいいですか?」

私が尋ねると、久さんは笑いながら
「しょうがないわね」
と優しくその申し出を許してくれました。

「じゃあ、明日。待ってるわ」
「はい」

電話を切ってから、
『しょうがないわね』
私は悪いと思いつつあることを決意しました。


800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:23:59 ID:2LvbYgNx
「キャプテンは学校の用事があるらしくて、来られなくなっちゃいました」
合同パーティーにやって来た池田さんの言葉を聞きながら、意外な気がした。

(昨日はそんなこと言ってなかったのに……まさか)
どうしたものか考えてから、あることを思い出して優希に声をかける。

「優希、ちょっと自転車借りれるかしら?」
「いいじぇえ。でも、どうかしたのか部長?」
「野暮用を思い出してね。それより二人乗りって出来たかしら?」
「?? キャリアーはないけど、ステップならついてるじぇ?」
「そう。なら良いわ」
優希から自転車の鍵を借りつつ、マコに声を掛けた。
「少し外すわ。すぐ戻るから、後のことを宜しくね」
「なんじゃあ急に?」
「ちょっと破れない約束が出来たのよ。すぐに戻るわ」
「仕方ないのう」

旧校舎を出て駐輪場に向かい、見知った優希の自転車に跨る。
ペダルを踏む足に力をこめ、すっかり寒くなった空気の中にこぎ出す。
白い息を後ろに置き去りにしながら、冬枯れを始めた山々を横目に、
風越高校へ向けて田舎道を走る。


801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:29:13 ID:2LvbYgNx
やがて辿り着いた校舎の前で麻雀部の部室を尋ね、その扉を開く。
窓の外を見つめていた美穂子は私に気付くと、申し訳なさそうに笑った。

「御免なさい、久さん」
「いいのよ。先に言ったのは私なんだし。それより美穂子、
Trick or Treat」
「その、お菓子を持って無くて」
「じゃあ、悪戯するわよ」

頷いた美穂子に近付いて、そのおとがいに指をかける。
軽く口づけすると、彼女は小さく微笑んで呟いた。
「随分控えめなんですね。ジャックランタンさん」

妖艶…。そんな言葉が似合う美穂子の姿に、少し言葉を失った。
(先に仕掛けたのは私なのにね…………)
でも、まあ
(悪くないのかな?)
抱きしめて深く口づけすると、私の舌はすっかり彼女の舌に翻弄されてしまった。


802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 22:03:16 ID:cGwHJqJy
>>801
GJ
いいすなぁハロウィンは(^p^)おいしいです

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:42:19 ID:XEpUBcki
>>794>>801
乙です

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:49:04 ID:cGwHJqJy
合同合宿2日目(3日目?)夜
AM0:00過ぎ

久「ウトウト……ハッ!……いけない、牌譜見ながら寝ちゃうとこだったわ」

久「あら、咲たちもまこも疲れて寝てるのね、そりゃあれだけ各校入り乱れて枕投げやってれば疲れるわねー」クスッ

久「さぁーて、温泉で汗流してから私も寝ようかしら」

………

久「……それにしてもこの時間帯……旅館の廊下は不気味ね……真っ暗で一本道で……他の学校の子も皆寝てるのかしら……物音一つしないじゃない……」

久「べ、別に怖いわけじゃないけどもっと電灯とか沢山つけなさいよ全く……」ブツブツ

「……あの……上埜s」

久「いやああああああああああああああああああ」

美穂子「あ、あの、上埜さん?」

久「いや、やめてやめてやめてやめt……あ、あれ……ふ福路さん!?」

美穂子「ごめんなさい、驚かせてしまって。お手洗いから戻ろうとしたら上埜さんを見かけたので……」

久「な、なんだ、そうだったの、流石にちょっとびっくりしたけど……お化けとかじゃなくて安心したわぁ」ドキドキ

美穂子「お化け……ですか?もしかして上埜さん、お化け苦手なんですか?」

久「え、あ、いや、べ、べつに苦手っていうか、そそそんな非科

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:54:48 ID:3ia9p24N
なんかのどっちっぽいな部長w

SS職人達乙です

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:55:33 ID:cGwHJqJy
うへぇ……もしもしは駄目だな
>>804は見なかったことで

合同合宿2日目(3日目?)夜
AM0:00過ぎ

久「ウトウト……ハッ!……いけない、牌譜見ながら寝ちゃうとこだったわ」

久「あら、咲たちもまこも疲れて寝てるのね、そりゃあれだけ各校入り乱れて枕投げやってれば疲れるわねー」クスッ

久「さぁーて、温泉で汗流してから私も寝ようかしら」

………

久「……それにしてもこの時間帯……旅館の廊下は不気味ね……真っ暗で一本道で……他の学校の子も皆寝てるのかしら……物音一つしないじゃない……」

久「べ、別に怖いわけじゃないけどもっと電灯とか沢山つけなさいよ全く……」ブツブツ

「……あの……上埜s」

久「いやああああああああああああああああああ」

美穂子「あ、あの、上埜さん?」

久「いや、やめてやめてやめてやめt……あ、あれ……ふ福路さん!?」

美穂子「ごめんなさい、驚かせてしまって。お手洗いから戻ろうとしたら上埜さんを見かけたので……」

久「な、なんだ、そうだったの、流石にちょっとびっくりしたけど……お化けとかじゃなくて安心したわぁ」ドキドキ

美穂子「お化け……ですか?もしかして上埜さん、お化け苦手なんですか?」

久「え、あ、いや、べ、べつに苦手っていうか、そそそんな非科的なオカルトはありえないからねぇー、ちょっとびっくりしただけよ、あは…あはははは……」

美穂子「クスッ……あら、そうなんですか」

久「そ、そうよ。……あ、そうだ、今から一緒に温泉に行きましょう!」

美穂子「え、温泉ですか?///」

久「えぇ、ここで会ったのもせっかくだし……もっと福路さんとも裸の付き合いでお話したいわ、いいでしょ?」

美穂子「う、上埜さんがそう言うなら///」

久「よかったぁー、一人じゃ寂しいのよねぇ(こんな暗いんじゃ怖くて一人で温泉行けなくなったなんて言えないわ……)」

美穂子「じゃあ私準備してきますね(深夜の尿意GJ!)」

久「じゃあアナタの部屋の前で待ってるわ」

美穂子「わかりました。///……ただ、準備に時間かかったらごめんなさいね」

久「駄目よ、1分以内で戻ってきなさい、別に一人で廊下にいるのが怖いわけじゃないけど早く温泉に入りたいのよ、ね?お願い?」

美穂子「……あらあら、わかりました」クスッ

久「なによー」

美穂子「いえいえ……それじゃ待っててくださいね///」

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:58:54 ID:cGwHJqJy
温泉内での部キャプの話のはずが前フリが長くなった(^p^)
へたれ部長難しいです(^p^)

早くイーモバイル規制解除して欲しいです(^p^)

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 00:42:37 ID:AVGLc7rU
合同合宿で和と咲に風呂は明日入れって言ったのは何だったんだろ
まこのほほぅキラリがあったから、部長が何か企んでると期待して見てたのに

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 01:21:00 ID:hfyEXr87
部キャプ好きとしては>>151なんだが、
真面目に考えるとまだ二人がくっついたわけじゃないから不自然だし本当わからんな

あのまこの様子で何も無いのも確かに妙だし

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 02:23:13 ID:FUYspcDh
ピクチャードラマでの補完があるとみた。もちろん部キャプで

811 :再度もしもしから怖がり久の駄文:2009/11/06(金) 02:28:18 ID:NIoUTAW3
久「で、温泉についたわけだけど、やっぱ最初は露天風呂よねー!」ウキウキ

美穂子「上埜さんの脱衣シーンを省くとは何事ですかm9」

久「いやー、いいお湯ねー、疲れが吹っ飛ぶわー」チャプン

美穂子「ふぅー、まったくですねー、温泉誘ってくださってありがとうございます」

久「いいえー、どういたしましてー、しかし誰もいない温泉っていうのもいいもんねー」

美穂子「……そうだ、上埜さんはここの温泉の秘密は知っていますか?」ニコッ

久「んぁ?秘密?」

美穂子「えぇ……なんでもこの温泉には夜な夜な変なうめき声が聞こえるらしいです……」

久「ち、ちょっと……いきなり何?やめてよ……あはは……」

美穂子「そのうめき声というのも一人の声ではなく複数の声で……」

「んっ…………」

「……が……か」

美穂子「そう……ちょうどこんなようなうめき声が……」

久「いやああああああああああ」

「……ゃめ……」

「……めない……」

美穂子「って、あれ?冗談だったんですが……」

久「いやああああやっぱ部屋帰るうううううううう」バシャバシャ

美穂子「う、上埜さん、落ち着いてください!この岩の裏から聞こえてきますよ」

久「うぅ……やっぱり室内風呂でいいや……」グスッ

812 :再度もしもしから怖がり久の駄文:2009/11/06(金) 02:29:38 ID:NIoUTAW3
美穂子「あの……誰かいらっしゃるんですか?」ソッー

かじゅ「あ、ああ///えーっと、///風越の福路じゃないか///」

美穂子「あら、加治木さん、いらっしゃったんですね、気づきませんでしたわ」ニコッ

美穂子「上埜さーん、あの声は加治木さんでしたよー」

久「ううぅ……え?加治木さん?いたの?」

かじゅ「ああ///驚かせてすまないな///私たちも君たちが来たのに気づかなかったよ///」

美穂子「え、私『たち』?」

かじゅ「あ///え、いや、モモも一緒にいてな///」

モモ「こんばんはっす!先輩と夢中になっててお二人が来たの気づかなかったっす!」

かじゅ「こ、こら、モモ!///何言ってるんだ!///」

美穂子「あら///」

久「とりあえずお化けじゃなくてよかったわ……」

813 :再度もしもしから怖がり久の駄文ラスト:2009/11/06(金) 02:33:31 ID:NIoUTAW3
久「なるほど……で、加治木さんと東横さんは二人で星空の下、公共の温泉で誰もいないことをいいことにニャンニャンしていたと」

モモ「そうっす///先輩は最初はやめろって言ってたのにどんどん抵抗しなくなったっす!///」

かじゅ「コラッ!モモっ!///」

久「あらあら、私たちの知ってる加治木さんからは想像できないわ///」

美穂子「///」ドキドキ

モモ「そのときの先輩、めちゃめちゃ可愛いんすよ!///特に声を我慢するところなんtくぁwせdrftgyふじこ」

かじゅ「モモ。頼むから少し黙っててくれないか///」

久「へー///これはギャップ萌えってやつかしら。」

美穂子「そうですねー、……そういえば……///上埜さんがお化け苦手っていうのも意外でした……///」

久「っ!!べ、べつに苦手なわけじゃなくて、、そそSOA!」

かじゅ「へー、竹井は恐がりなのか」

モモ「意外っすね、部長さんもギャップ萌えっすね!」

久「だ、だかr……」

美穂子「その通りです!!東横さん!!!!111これもギャップ萌えです!!!!111」

美穂子「普段は凛々しく振る舞い頼りになる学生議会長兼麻雀部部長!しかし、お化けを想像すると、とたんに怖がる上埜さん!!これがギャップ萌え以外の何物であろうか!」

かじゅ「ああ、わかった、わかったからまずは鼻血を止めろ、湯に混ざる」

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 09:43:35 ID:v+ym/Fkc
「お願いだから少し黙っててくれないか」がいい
GJと言わざるを得ないな!

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 10:14:55 ID:s9lz71ki
何か美穂子がかなめものはるかさんみたくなってるなw

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 10:23:45 ID:AVGLc7rU
>>815
キャプテンはシラフでこれだから…

817 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/06(金) 11:48:15 ID:iG8ITQE5
キャプテンはいつも自分に酔ってるし

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 17:49:29 ID:NhJEsunq
>>794
続き待ってました。乙です。

>>813
GJです!!

801を書き込んだ後で連投規制がかかり、
中途半端なままになってしまいました。
794さん、813さんは投下時期が被ってしまって
ご迷惑をお掛けするのですが、一応完成させたいと思います。


819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 17:55:25 ID:NhJEsunq
私は久さんの自転車のステップに足を掛け、車上の人となりました。
頬に当たる風は冬の気配が色濃い、冷たいものでしたが
彼女の背中に掴まっていると、それだけ温かい気持ちになります。

「本当に今日はすいません。駄々っ子みたいなことをして……」
「いいのよ。美穂子にそんな一面があったなんてね。
 それを知れただけで、嬉しいわ」

答えた久さんの首筋に唇を付けその体を抱きしめると、
彼女はくすぐったそうに体をよじって私を窘めました。

「美穂子、こう見えても、私は気の弱い女の子なのよ?
 だから、あなたにそんなことをされると、振り回されてしまうの」
「嫌、ですか? 久さん」
「そ、そんなことは言ってないでしょ?」
「ふふふ、可愛い久さん」

久さんはペダルを漕いだまま溜息を吐きました。
それが白く化粧して後ろに吹き流れていくのが、見えました。


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 17:56:48 ID:NhJEsunq
「すっかり、あなたのことが好きになってしまったみたい。
 ねえ、美穂子。どうしてくれるの?」
「私も久さんが好き、それでは駄目ですか?」

私達の乗る電車は暮れなずむ夕景色の中を進み、
そして二つの白い息が絡みあって、陽光に赤く染まりました。


以上です。
お目汚し失礼しました。
『ヘタレ部長』ではないのですが、先の書き込みにあった
『黒美穂子』で書いてみました。
普段は咲和を書いているので、このスレの皆様のお口に合わなかったかと思いますが、
その場合は優しくスルーして頂けると、幸いです。

ではではこの辺りで、部キャプも胸キュン!!   ノシ


821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 19:26:11 ID:AVGLc7rU


822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 00:41:31 ID:KoW9hfTh
咲のどの人が書いててくれてたのか

ありがとうノシ

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 10:35:20 ID:uvqJqyiE
GJ

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 19:49:50 ID:t4Wl8UQf
DVD7巻特典
http://saki-anime.com/blog/2009/11/67.html

部キャプも期待していいんだよな?な?

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:05:55 ID:Y1HI9qQM
>>824
当然だろ


826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:07:44 ID:QPwZK6BZ
本当に部キャプ版抱き枕が来たら
ベッドに二人を寝かせて俺は床で寝る

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:09:22 ID:De7nsEOy
部長キャプテン抱き枕なんて出たら、持ち主は何処で寝りゃいいんだよ
この時期にベランダで寝たら凍死しかねんぞ

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:18:51 ID:+4m9Jrd6
あんだけアニメでは部キャプをプッシュしまくってたんだ。発売されてもおかしくはないな。

いや、発売してくださいまじで!

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 21:13:54 ID:0bqH7/gh
発売されれば、おそらく部長のちちは多少は巨乳補正されているだろう

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 21:40:05 ID:H2ksQQU1
部長のマグカップはプライズでDELLみたいだけど

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 21:41:34 ID:H2ksQQU1
DELLってなんだよ‥
途中で送信しちゃったよ
これだからもしもしは嫌なんだ‥
規制長すぎ

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 23:09:11 ID:8hwBYqzl
>>820
ちょうGJ!!またたのむ

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 09:10:48 ID:XgfelZDa
>>829
部長乙

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 09:20:30 ID:2Ekg3eFn
部長は乳小さいわけじゃないのに補正する必要あんのか

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 09:55:08 ID:DlH+SBMT
わかってないな。あの普通サイズがいいんじゃないか。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 10:26:34 ID:E/xVuqU1
しかし裸だとパットで誤魔化せないぞ
どうすんだよ部長

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 13:03:14 ID:2Ekg3eFn
毎晩キャプテンのおっぱい吸ってるから抱き枕発売時にはすっごいことになってます

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 18:16:36 ID:O8M39FnS
さて、部キャプ抱き枕なら構図はどうなるのかね

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 18:50:41 ID:rauwdeAu
http://ranobe.com/up/src/up411530.jpg

本スレにはこんなん張られてましたが
これもいいんだが、やっぱり部長が後ろからハグの方がいいかな

840 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/08(日) 18:58:24 ID:GlgbwozZ
その構図ってかじゅももとかぶるしね(コラだから当然?)
咲和が向かい合ってハグだっけか?

違いを出すなら69か…

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 12:58:19 ID:uWp8S/A2
保守しつつ質問を
今部キャプで長編書いているのですが
喧嘩するシーンで
キャプテンの怒るシーンの構想がうまく行かなくて詰まってます
激しい反応を返すタイプじゃないし、泣きながら応答する感じだとその場面のイメージにそぐわない
八方塞がりで困っております
是非とも助言の程をよろしくお願いします

842 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/09(月) 13:08:33 ID:Xny/D/NZ
怒りを言葉に出来なくて、ひたすら無言とか?
部長は空気読めない人じゃないから、怒ってるって事は理解できるだろうし…

何に怒ってるのかわからなくて
「何も言わないのなら分からないでしょ」
っていうパターンもありかも

まぁ丸っきりヘソを曲げた小さい子のリアクションですが…

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:24:51 ID:NzSGzEXi
某所で部かじゅを見て以来、部キャプ&かじゅ妄想が止まらなくなって
気がついたらこのスレにたどり着いてました

合同合宿で仲良くなって、3年生なので当然進路の話もしたりして
それでせっかくだから同じ大学目指すことになって
合宿後も勉強とかで3人で集まったりするようになって
お互いを下の名前で呼ぶようになればいいと思うんだ

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:42:56 ID:U4I3QQIz
キャプテンって怒ってるシーン無かったよね確か

池田を殴ろうとしたコーチを止めた時みたいに淡々とした感じで怒るのかもしれないとか思った

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:52:17 ID:N7iF2isM
「………私、最低ね………」

悔やんでも悔やみきれない失態を思い出す度、
胸がえぐられるように痛む。
決して癒えることないその傷を抱えながら、
私はもう二人では歩けなくなった道の上で、一人佇んだ。

(ただ、自由にしてあげたかったのよ…………?
あなたを縛り付ける鎖を断ち切ってあげたい、そして
閉じられた右目の奥に仕舞い込んだ本心を解き放ってあげたい、
そう思っていただけなのにね…………)

「あなたはどうしたいの、美穂子?」

そう尋ねた私に彼女が返したのは、悲しそうな笑顔だった。
そして、開かれた右目から溢れたのは、本心ではなく涙だった。

認めたくないけれど、私の勘違いだったみたい………。
「きっと美穂子も同じ気持ちでいてくれる」
その思いは、一人よがりでしかなかったのね。


846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:53:44 ID:N7iF2isM
美穂子、あなたが私の中で特別な存在になったのは、一体いつから?
合同合宿で一緒に過ごした時?
旧校舎の屋上で二人きりで花火を見た時?
県大会の個人戦で一緒に卓を囲んだ時?

(ううん。きっと、どれも違うわね)

三年前、初めてインターミドルの予選で戦った時から、
私はあなたの美しいオッドアイに魅せられていたのだと思う。
だから、再び巡り会えた時、とても嬉しかった。その喜びを

「また会えるじゃない。
 忘れたの? 明日も私達は一緒に打つのよ?」

そんな言葉に隠したけれど、でも心の中では
(綺麗な目、どうして忘れていたのかしら)
そればかり考えていた。

美穂子、私は今でもあなたのことが…………。


847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:55:42 ID:N7iF2isM
元々団体戦にしか興味の無かった私が、最後の個人戦を
掛け替えの無い思い出として締めくくれたのは、美穂子が居たからだった。
あの最終局で、リーチに行った私の捨て牌(ドラ)を彼女が鳴いた時、
最後まで勝ちに拘る強い意志が、伝わってきた。
直向なその気持ちに触れて、私もまた勝ちたいと、
「もっと美穂子と打ちたい」と、そう思えた。

だから、県大会の後で合同合宿を企画した。
そうすれば、彼女に会えると思ったから。

中々返事が来なくて気が気じゃなかったけれど、
美穂子がわざわざ尋ねてきてくれた時、その煩悶も消えうせた。
私自身、驚く位に呆気なく、重く垂れこめていた心が晴れてしまった。
その瞬間、彼女に恋をしているのだと自覚した。
美穂子とそのまま別れるのが名残惜しくて、優しい眼差しを見ていたくて

「ねえ、この後予定ある?」

私はそう声を掛けた。


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:57:28 ID:N7iF2isM
一緒に花火を見たあの時から、私と美穂子は特別な関係になった。
私は自分の視線に切実な想いがこもるのを隠さなかったし、
それに気付いた彼女もまた、拒まなかった。
そして合同合宿の最終日、私は一つの決意を持って美穂子に声を掛けた。

「あの露天風呂から夕日が綺麗に見えるらしいわ。
 良かったら、これから二人で行ってみない?」

その言葉に、彼女は一瞬目を見張ってから、こくりと頷いた。

開放的な空の下、私と美穂子は夕日が沈んで行くのを見守った。
暮れなずむ山々の中で、尾根という尾根が朱色にけぶるのを、
やがてそれらが夜の帳の向こうにひっそりと消えていくのを、
肩を並べて見守った後で私は口を開いた。

「美穂子、三年前に初めて会った時から、
ずっとあなたが心の中に居た。あなたのことが好きなの」

彼女は綺麗な右目で私を見詰めながら、微笑んだ。

「私も、あの時からずっと久さんを忘れられませんでした」


849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 15:59:42 ID:N7iF2isM
青いサファイアに自分が映っているのが見えた。
私は本心から自分を受け入れてくれたのを感じながら、美穂子に口付けをした。
三年にも渡って思い続けた彼女の唇はとても柔らかかった。


やがて迎えた全国大会、頂点に立つ願いは叶わなかったけれど、
しかし後悔の無い嬉し涙と共に高校生活の最後を締めくくれたと思う。
それは他でもない美穂子が、私の隣に居てくれたから。

初めて出会ってからの三年間を思い出しながら、
「これからは二人一緒に歩いていける」
私はそう思っていた。でも、それは叶わぬ願いだった。

親が離婚し、家計に余裕の無い私は、当然大学も公立を選ばなくてはいけなかった。
そこへ運よく東京の大学が一校、麻雀の特待生として手を上げてくれ、しかも
授業料を全額免除するという条件までつけてくれた。
でも、何より嬉しかったのはその特待生枠に美穂子の名前があったこと。
「ようやく彼女の人生と自分の人生が交わった」
そう思ったのに、美穂子はその大学には進まないと言った………。


850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:01:06 ID:N7iF2isM
「どうして駄目なの?」
尋ねた私に、美穂子は小さな声で答えた。
「この場所に残って、風越のコーチとして指導に当たりたいんです」

自分の想いを受け入れられなかった苛立ちから、私は声を荒げた。

「私と一緒じゃ嫌なの!? どうしていつまでもその場所に拘るの!?
 私は、あなたにとってその程度の存在だったの!?」

けれど、彼女は悲しそうな顔をするだけだった。

「違います。久さんは私にとって誰よりも大切な人です」
「じゃあどうして?」
「御免なさい」
「御免じゃわからないわ!」
「………」
「大切なら、そんなことしない! 美穂子は私を想ってないのよ!!」


851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:02:11 ID:N7iF2isM
拒まれたことが悲しかった。美穂子と一緒に居たかった。
彼女の気持ちを変えたくて、私は尚も言い募ろうとした。
でも、出来なかった。美穂子の右目から涙が流れるのを見たから……。

「御免なさい……」

最後にそう呟いた彼女をその場に置き去りにして、私は走り出した。
気付けば自分の目からも涙が溢れていた。

(もう、終わっちゃったのね……)

最後に美穂子を傷つけてしまったことが、心残りだった。

「………私、最低ね………」


852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:03:35 ID:N7iF2isM
会えたら話したいと思っていた。
話したいことが沢山あった。
ずっと話をききたいと思っていた。
あなたの声がもう一度聞きたかった。

『私も、あの時からずっと久さんを忘れられませんでした』

でも私達はもう違う道を歩いてきたから………。

三年にも渡って思い続けた彼女の唇はとても温かかった。


初めて久さんと出会ったインターミドルで、私はずっと隠してきた右目を開きました。
他人の視線を気にする余裕もない程、彼女に追い詰められたからです。
曝け出したありのままの私、自分自身では認められずにいたその個性を
しかし久さんは綺麗だと言ってくれました。
その瞬間、私は自分よりももっと美しい彼女に、恋をしたんです。

風越女史に入学してから、私は久さんの姿を探しました。
彼女に会いたくて。彼女と一緒に歩みたくて。
(上埜さん、あなたと話がしたいです)


853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:04:51 ID:N7iF2isM
でも、その願いも虚しく、結局風越で久さんと再会することは出来ませんでした。
インターハイの予選会場で彼女の姿を見かけることもなく、
県外に引越してしまったのかも知れないと思いながら、
一年が経ち、二年が経ち、それが確信に変わるのを
私はただ寂しく感じていました。
それでも、久さんのことを忘れることはありませんでした。
たとえ会えなくても、彼女が私のありのままの姿を
綺麗だと言ってくれたことに変わりはないから。
そう。私は三年もの間、ずっと一目惚れをした久さんへの
恋心を抱き続けていたんです。
だから、最後の県大会で再開できた時は嬉しかった。
何より私のことを久さんが覚えていてくれたことが、とても。

三年間も止まったままになっていた時計の針が動き出すのを感じながら、
私は個人戦の対局中、ずっと胸を高鳴らせていました。
大会が終わってもそれが静まることは無く、
やがて久さんから合同合宿の誘いが来た時、私は言葉に出来ない喜びと、
会えなかった三年間の重みを同時に感じました。

『私達はもう違う道を歩いてきたから………』


854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:05:51 ID:N7iF2isM
久さんに、私の知らない三年間があるのと同様に、
私には風越のキャプテンとして過ごしてきた時間がありました。
だから、彼女のいない間私を支えてくれた部員達を置いて
自分一人のためだけに合同合宿に参加しようという気持ちには
ついぞなれませんでした。

中学生の頃から親しい友人が出来なくなってしまった私に、
再び人と触れ合う喜びを、優しくして貰う嬉しさを思い出させてくれた華菜。
そして私の負担を少しでも軽くしようと申し出てくれた文堂さん。
吉留さんに、ドム……。
他に代え難い、大切な後輩たち。
風越のキャプテンとして、彼女達よりも久さんを優先することは出来ませんでした。

結局、華菜達の後押しもあり、合宿に参加出来た上、
二人きりで行った露天風呂で
「美穂子、三年前に初めて会った時から、
ずっとあなたが心の中に居た。あなたのことが好きなの」
久さんからそう告白して貰えた私でしたが、生まれて初めて味わう
幸せに包まれると同時に、ほんの少しだけ物寂しい気持ちになりました。

「いつか、会えなかった三年間が私達を引き裂いてしまうのではないかしら?」

そんな予感があったからです。


855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:13:21 ID:XfLWWxGD
果たしてその予感は現実のものとなりました。

「美穂子、一緒の大学に行かない?」
ある日久さんがそう言われ、嬉しくて、
思わず彼女に抱きつきそうになりながら、しかし私は思い留まりました。

再び人と触れ合う喜びを、そして
優しくして貰う嬉しさを思い出させてくれた華菜やドム達のため、
地元の大学に通いながら風越のコーチになろうと考えていたからです。

「この場所に残って、風越のコーチとして指導に当たりたいんです」

そう答えた私を久さんは悲しそうに見つめました。

「私と一緒じゃ嫌なの!? どうしていつまでもその場所に拘るの!?
 私は、あなたにとってその程度の存在だったの!?」
(そんな寂しいことを言わないで下さい………)
「違います。久さんは私にとって誰よりも大切な人です」
「じゃあどうして?」
(久さん………)
「御免なさい」
「御免じゃわからないわ!」
「………」
「大切なら、そんなことしない! 美穂子は私を想ってないのよ!!」
「御免なさい…………」

走り去る久さんの後姿を見つめながら、私は止まらなくなった涙を
いつまでも流し続けました。

『私達はあまりにも長く、違う道を歩き過ぎてしまったんですね……』


856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:14:47 ID:XfLWWxGD
特待生としての推薦を貰えたものの、そのまま入学というわけにはいかず、
推薦入試を受験することが課せられていました。試験内容は勿論麻雀。
個人戦を戦ってその成績上位者のみが入学資格を得るというもの。

久さんの誘いを断ったものの、私はその日が近付くにつれて心の安定を失っていきました。
(久さん、大丈夫でしょうか?)
(本当は、あなたと一緒に歩んでいきたい…)
(久さんのことが本当に好きなんです……)

やがて迎えた試験の前日、引退していた私は練習相手として春季大会に向けた
部員達の特打ちに付き合ってしました。ですが、翌日のことを思うと
気が気でなく、牌が手につきません。それを見かねたように
華菜が私に声をかけてきました。

「キャプテン、明日のことが気になってるんじゃないですか?」
「え?」
「本当は、清澄の部長と一緒に大学に行きたいんじゃないですか?」
彼女の言葉に、吉留さん、文堂さん、ドム達も続きました。
「私達、もうキャプテンには十分過ぎるくらい色々なものを貰いました」
「だから、今度は自分のために頑張って下さい」
「そうです。私達のことは心配しないで、自分のために」
「みんな……」
「これからも一緒にいれたら嬉しいですけど、それよりも私はキャプテンに
 笑顔でいて欲しいし」
「華菜……ありがとう」


857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:16:04 ID:XfLWWxGD
私が抱きしめると、華菜はくすぐったそうに身をよじりました。

「そんなことより早く東京に行かないと、明日の試験に間に合わないし」
「そうね、行ってくるわ」
「「「「「頑張って下さい、キャプテン!!!」」」」」

みんなの声に背中を押され、私は風越女子の校舎を飛び出しました。



「頑張って下さいだし、キャプテン………」
「頑張ったね、華菜ちゃん」
「みはるぅん」
「よしよし」



小春日和の青空の下を駅に向かって走りながら、自然と久さんとのことが
思い出されました。

『あなたの瞳、綺麗ね』
『知ってる? 赤いルビーと青いサファイアは同じ素材の宝石なのよ?』
『前に一度対戦したことがあったわよね? 三年前の大会で。
もう覚えてないかも知れないけれど』
『ねえ、この後予定ある?』
『美穂子、三年前に初めて会った時から、
ずっとあなたが心の中に居た。あなたのことが好きなの』
『大切なら、そんなことしない! 美穂子は私を想ってないのよ!!』

(久さん、あなたの隣に………)


858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:17:19 ID:XfLWWxGD
息せき切って駅へと辿り着いた私でしたが、田舎ということもあって電車が少なく、
その日の内に東京へ出ることは出来ないと知らされました。

(そんな、試験に間に合わない………)

突き付けられて現実を受け入れられなくて思わず涙を流した私に、
喫煙所でタバコを吸っていたタクシーの運転手さんが声を掛けてきました。

「どうしたんだい、お譲ちゃん?」
「実は………」

私が事情を説明すると、その運転手さんは吸いかけのタバコを設置灰皿に放り

「そいつぁ大事だ、こうしちゃいられねえ。俺の車に乗りな」

驚くことにそう言ってくれたのです。

「え、でも………」
「なあに、かみさんの妹の旦那の友達が東京で結婚式をやるんだ。
 そのついでに送ってやるよ」
「あ、ありがとうございます」

私をタクシーに乗せてから、運転手さんは一度売店に向かい、
お弁当と飲み物を買って帰って来ました。

「決戦は明日だろ? しっかり腹ごしらえしてとっとと寝ちまいな。
 会場に着いたら起こしてやるから」
「でも、こんな」
「情けをかけられた時は、何も言わずに受け取っちまう。
大人のマナーだぜ、お譲ちゃん。想い人の情けを無駄にしないようにな。
あんたが今すべきことはただそれだけだ。さあ、行くぞ」
 
運転手さんの言葉と同時に車は猛スピードで走りだしました。
見慣れた風景を徐々に小さくしながら、久さんのいる東京へ。
私は心の中で何度も彼女の名前を呼びました。


859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:30:48 ID:9v9IqFiK
「久さん!」

突然呼ばれた自分の名前に、彼女はきょろきょろと辺りを見回してから
やがて私に気づいて驚いた表情を浮かべました。

「美穂子、どうして?」
「久さんと、同じ大学に通うためです。あなたのことが好きだから、
 あなたと一緒にいたくて」

久さんは驚きの中に優しい色を足して、私の頬に手を添えました。

「風越のコーチはどうするの?」
「もう、いいんです。私の役目は終わったから、今度は自分のために
 頑張って下さい。みんながそう言ってくれました」
「あなたはそれで良かったの、美穂子」
「それがいいんです。久さんと、一緒にいたいから。
あなたが私を自由にしようとあんなに切実に求めてくれたのに、
それを断ってしまって、ごめんなさい。もしまだ間に合うなら、
今からでもあなたの隣に居させてくれませんか?」
「馬鹿ね、美穂子。断るわけがないじゃない。
 私は自分でもどうしようもないくらい、あなたが好きなのよ?」
「久さん……」


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:31:35 ID:9v9IqFiK
頬に添えられた手に引き寄せられて、私は久さんの唇に迎えられました。
三年に渡って想い続けた彼女との二度目のキスは、
まるで幸せそのものに触れたように私の心を高鳴らせました。



突然投下してしまいましたが、以上です。
長々スレを消費してしまってすいません。
以前SSを投下した際にGJを頂けたので、
再び咲和スレからやって来ました。
皆さんのお口に合えば嬉しいです。
アニメの第二期が始まるまで(いつになるかはわかりませんが)
一緒に盛り上がっていけたらいいですね。
気が向いたら咲和スレにも遊びに来て下さい。

ではでは部キャプも胸キュン!! ノシ


861 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/09(月) 16:34:27 ID:Xny/D/NZ
GJでした
…が、シリアス話なのに何故ドム?普通に深堀としなかった事になにか意味はあったのでしょうか?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 16:37:09 ID:4CCsUlrN
>>860
GJ!いいな〜

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 17:01:47 ID:lrQMUb8a
同人誌で具現化きぼんぬ

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 18:03:44 ID:w2p4s6Vo
>>861
そこは笑うトコだ


865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 19:41:58 ID:iMtecYO+
GJっす!ドムさんにフイタw
もちろん大学編&同棲編に続くんだよね?


866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 20:17:43 ID:0t1E757j
ドムで吹いたw
GJです。いちゃいちゃ同棲編期待してます

867 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/09(月) 20:35:48 ID:Xny/D/NZ
>>864
そっか…笑うトコだったんだね。
逆に萎えた自分はまだまだ修行が足りん証拠か…

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 21:27:10 ID:U4I3QQIz
うP主の思惑通りまんまと吹いてしまったがこれはこれで悔しいw

GJでした、ありがとうノシ

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 21:28:13 ID:O0DFJpol
ドムは不意打ちだわマジでw吹いたw

運転手イケメン杉だろ……


GJ!

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 21:50:47 ID:DIXF9WuA
運転手はドムのまわし者

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 22:27:50 ID:PHoER6X/
>>867
俺も萎えた…
シリアスなのに半分悪口のような呼び名がいきなり出てくるのはちょっとなぁ…
でも話自体はGJ

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:44:02 ID:OIMDyFye

ドムは一般化しているネタかと思ってつい使ってしまいました。
皆さんに楽しんで頂きたかったので、少し反省しています。
あと、858と859の間が抜けていたので、遅ればせながら投下します。


873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:45:26 ID:OIMDyFye

「ほら、ついたぜ。ギリギリだ。早く行きな」

いつの間にか眠っていた私は、運転手さんの言葉によって現実に引き戻されました。

「あ、ありがとうございます」
「礼なら俺のかみさんの妹の旦那の友達に言いな。俺はその用事のついでに
 たまたまお譲ちゃんを乗せただけさ。それじゃあな」
「せめてお名前だけでも」

そう声を掛けると、その運転手さんは黙ってドライバーシートを指さしました。

「小林立さん?」
「ああ」
「いつか必ずお礼を」
「はは、気にしなさんな。命短し恋せよ乙女、違うかい?
それよりアニメの第二期楽しみにしてるぜ。頑張りな、お嬢ちゃん」

咥え煙草でハンドルを切りながら、朝の街へと消えていく運転手さんに
深々と頭を下げ、私は試験会場へと走り出しました。
周りには全国大会で見かけた他校の生徒の姿もあって、否が応にも緊張感が生じます。
対局場には既に幾つも麻雀卓が並び、債が振られるのを今や遅しと待っているよう。
私は暫く辺りを見回してから、その中に探し人の姿を見つけ歩み寄りました。


874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:46:46 ID:OIMDyFye
こんな感じです。
この度は皆様GJありがとうございました。
ネタが浮かんだら大学生編のSSを携えてまた遊びに来ます。
その前に小ネタを投下。


875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:49:21 ID:OIMDyFye
「美穂子」

「はい?」

休日に二人で昼食を食べていたら、
久さんが身を乗り出すようにして声をかけて来ました。

「11月11日は何の日か知ってる?」

「え?知りません」

首を振った私に、久さんが
(しょうがない子ね)
と、まるで幼い子供を窘めるような顔を向けました。

「ポッキー、プリッツの日じゃない」

「そうなんですか、知りませんでした」

私の返事に頷いた久さんが、
(さて、ここからが本題よ)
そう仕切り直すように一つ咳払いをする。


876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:50:29 ID:OIMDyFye
「ポッキー、プリッツの日にはね、
ポッキーもしくはプリッツを一本口にくわえながら、
好きな人にそれを差し出すのよ。もしOKなら、
差し出された相手は反対側の端をくわえる。
晴れて両想いになった二人は、端と端から食べ始めて、
やがてぶつかった所でキスをする。そういう日なのよ?」

「ほ、本当ですか? 全然知りませんでした」

「恋人なんだから、ちゃんと時々の行事をチェックしてね?」

「は、はい………//////……すいません…」

謝った私を見て目を細めると、久さんは鞄からポッキーの箱を取り出しました。
そしてその中からチョコレートでコーティングされた一本を抜き取り、
前触れなく私の口に差し込んだのです。

「ひ、ひしゃしゃん(久さん)?」

「美穂子の心は私のものでしょ? だから、その気持ちに応えてあげる」


877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:51:41 ID:OIMDyFye
そう言い切るや否や、反対側からポッキーを食べ始めた久さん。
彼女は見る間に私の方に近付いて来て、そして………
ちょこんと私にキスをしました。

「ごちそう様、美穂子。おしかったわ」
「は、はい……///////」
思わず俯いた私に久さんが声をかける。
「嫌だったかしら?」
「…そうじゃなくて」
(もうちょっと、触れて欲しかったんですが……)

早々と去ってしまった唇の感触を思い出しながら私はあることを思いつき、
そしてそれを実行に移すべく開いていたポッキーの箱から一本抜き取って、
今度は自分から口にくわえました。

「まだまだ沢山ありますね、久さん。何度も好きって聞かせて下さい」
「の、臨むところよ………//////」


878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 01:53:40 ID:OIMDyFye
以上です。
別スレに投下したものを改定したんですが、
楽しんで頂けたら幸いです。
ではでは、部キャプも胸キュン! ノシ


879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 02:11:14 ID:q8uJFFvV
途中からどこかで読んだなぁと思ったら
「咲×和」を「部×キャプ」に改定したんですね
グッジョブ!超萌!

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 02:57:48 ID:pdHYu27i
ちょwwりったん素敵すぎるwww

シリアスの中にあるちょっとした笑い、自分は結構好きだよ
小ネタ投下ありがとノシ

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 19:11:30 ID:E97kF1TY
>>841ですが
助言ありがとうございます
うまく作品に転化できるように頑張ります!
どうにかして部長とキャプテンを結婚させようと妄想し初めて早数週間
前中後編で締めるはずが全部で11話からなる凄絶に長ったらしい文章に…
まだまだ完成は見えませんが、頑張って書いてみます!
ではノシ

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 20:18:34 ID:bjOAhC/i
>>843
人生を変えた某所ってどこだよ!

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/10(火) 21:04:42 ID:i7zTC5Ui
>>881
期待してる。すごく期待してるから。
出来れば美久ちゃん(仮)誕生まで(ry

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 02:24:06 ID:HZ4jDGtz
>>882
えっと、ぴくしぶですけど・・・

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:25:05 ID:7duqs66X
>>881
一日も早い完成を待っています!!
自分も美久ちゃん誕生を希望でw


それまでの繋ぎとして
>>859
の続きを投下します。まだいちゃいちゃ同棲生活まではいきませんが、
楽しんで頂けたら幸いです。


886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:26:56 ID:7duqs66X
試験日から一週後、私のもとに合否の通知が届きました。
(もし不合格だったら……)
そう思うと堪らなく恐くて、膝から崩れそうになります。
震える手で封を開けると、そこに書かれていたのは『合格』の二文字。
(良かった久さん!!)
長い時間を経てこれでようやく一緒に歩ける。
その喜びに包まれながら、彼女に連絡を取ろうとして、
しかし私ははたと思い止まりました。

(久さんが不合格だったら)
(ううん、久さんに限ってそんなことはないはず)
(でも……)

私は結局久さんからの連絡を待つことにしました。
受かっていたらきっと彼女の方から連絡をくれるはず。
そう思ったから。


887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:28:38 ID:7duqs66X
けれど、その日の内に久さんから連絡は来ることはありませんでした。
二日目も、三日目も。四日目になって、とうとう
(久さん……)
私の頭に悲しい推測が生まれました。

「キャプテン」
「華菜」
「まだ清澄の部長から連絡は来ないんですか?」
「……」
「大丈夫ですよ。竹井さんの強さは私もキャプテンもよく知ってるじゃないですか」
「文堂さん…」
「「「「きっと大丈夫です」」」」
「みんな、ありがとう。そうよね。私が信じてあげないと」
「キャプテンは不器用だから、上手く甘えられないかも知れないですけど、そんなんじゃ清澄の部長さんに嫌われちゃいますよ?」
「華菜、どこでそんなことを覚えたの?」
「えへへ、内緒だし」

照れるように笑った彼女に、吉留さんが寄り添っていることに気が付きました。

(そういうことだったのね。華菜、行ってらっしゃい)


888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:31:14 ID:7duqs66X
可愛い妹が自分の下から巣立って行ったような嬉しさと
一抹の寂しさに包まれながら、私は窓の外を見つめ、久さんのことを思いました。
丁度日が落ちて行く最中で街は暮れなずんでいます。
合宿所の露天風呂から夕景色を見ながら、
久さんに告白された時のことが思い出されました。

(信じています)

改めて彼女への気持ちを確認していると
「キャプテン、お客様です」
と声をかけられました。
「は、はい。どうぞ」
うつつに戻り、慌てて答えた後で入って来たのは
「久さん!?」
他ならぬあの人。


889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:33:09 ID:7duqs66X
私の姿を見て、美穂子は驚いた顔をした。それがあんまりにも可愛かったから、
(もう少しびっくりさせてあげてもいいかしら)
そんな風に悪戯の虫が騒ぎ、間を置かず一枚の紙を手渡した。

「待たせてごめんね。これを、受け取ってくれないかしら?」

美穂子は、そこに書かれていた「賃貸契約書」の文字を見て、目を丸くした。

「これって……」
「そうよ……。ねえ、美穂子。良ければ私と一緒に暮らしてくれませんか?」

少し形式張った口調で言いながら、私は美穂子の手を取った。

「喜んで」

その答えに頷いて、握っていた手にキスをする。
受け入れてくれたことがとても嬉しかったのだけど、それは美穂子も同じだったみたいで、彼女はギュッと私に抱き付いてきた。


890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:34:29 ID:7duqs66X
「美穂子、苦しいわよ」
「三日も待たせたんですから、これくらい我慢して下さい」
「…わかったわ」

あやすように肩を撫でると、それが微かに震えているのがわかって、
私は悪いと思いながら、とても満ち足りた気持ちになった。

それから美穂子と二人で彼女の家に行き、来春からの同居について
御両親に了解を求めた。私が学生議会長らしいしっかりとした説明、
対応に努めたこと、そして清澄の麻雀部で部長をしていたことが効いたのか、
美穂子の強い希望を両親も概ね許してくれた。

せっかくだからと言う御両親の言葉に従って一緒にご飯を食べ、
やがて美穂子に送られて家を出る。

「ありがとうございました、久さん」

そう彼女に言われたけれど、
(当然のことをしたまでなのに、まったく)
そんな風に思って少しもどかしい気持ちになった。


891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:35:56 ID:7duqs66X
「私はただ美穂子と一緒に暮らしたいと思っただけよ?」
「強いんですね。私は久さんのことを信じられなくて……。
もっと強くなりたいです……」

自分を責めながら俯いた美穂子の隣でしばらくそのまま歩き続けて、
そして、意を決して手を握った。温かく柔らかい感触に包まれて、
驚きながら顔を上げた彼女を、笑顔で見つめ返す。

「三年間、私と同じ気持ちで居てくれた。それを教えてくれた美穂子、あなたじゃない?」
「久さん……」
「強くなろうと肩肘を張らなくてもいいのよ。美穂子はそのままでいて?」
「……でも」
「少しずつ、二人で変わって行く。それでいいじゃない?」
「久さん……」

言い含めるように笑って空を見上げてから、それを追って美穂子が
視線を向けたのがわかった。私達の視界に満点の星空が広がった。
思わず感嘆の息を漏らした彼女の手を強く握りしめる。


892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:37:04 ID:7duqs66X
「無理なんてしなくていいのよ?」
「どうして、そう言ってくれるのですか?」
「初めて会った時、あなたはそんなに綺麗なのに、瞳を隠していたでしょ?」
「はい」
「この子は、何てもったいないことをしてるのかしら、そう思った」
「あ、ありがとうございます」

(その瞬間、私はもう恋に落ちていて、今日までずっと彼女を想ってきた)
(そして、これからもきっとあなたを想い続けていく)

「その後で私の両親が離婚してね。名前が上埜から、竹井に変わったの」
「はい。それで最初は気付きませんでした。会うまで……」
「覚えていてくれてありがとう」

私達は、ずっと互いに惹かれあってきた。
心の真ん中に、いつもあの時の自分たちがいた。
それがどれだけ特別なのか、ようやくわかった気がする。


893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:38:32 ID:7duqs66X
「急に周りから『竹井さん』と言われるようになって、
本当の自分は誰なんだろうって、そんなことをいつも考えていた。
 今までずっと『上埜』だった自分が『竹井』という別の仮面を
 被らされた気がして、嫌で嫌でしょうがなかった。
 その時不意に、美穂子のことを思い出したの。
 どうしてあの子はあんなに美しい本当の自分を隠しているのだろう?
 私なら、きっと隠したりなんてしないのにって………」

美穂子は、私が何を言おうとしているか測りかねて、黙っていた。
私は彼女の手を握り締めながら、星空の下に続く夜道を歩いた。

「でもね、インターハイであなたに会って、あなたが過ごしてきた、
 私の知らない三年間のことを思った時、
本当の自分なんていないって、何となくそう思ったの。
私と二人でいる時の美穂子と、池田さんや吉留さんという時の美穂子は当然違う。
だから、あの時彼女たちのことを想って、私の誘いを断ったのでしょう?」

私の問いに、美穂子は申し訳なさそうにこくりと頷いた。


894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:40:06 ID:7duqs66X
「それなのに、私はわがままだから、本当のあなたは、私と一緒に居たいはず。
そんな風に最初は私の想いを受け入れてくれなかったあなたを恨んだの。
でも、池田さんや吉留さんと一緒にいる時の美穂子も、美穂子に違いないのよね。
私の個性も美穂子の個性も、付き合う人によって変わっていく。
だから、本当の自分なんていないんだって、そんな風に思えた。
私に出来るのは、今ある自分を精一杯生きるだけだって。
それで、あなたと一緒にいるために、出来ることをしたいと思って、
二人で住める物件を探して、あなたの御両親に会いに行ったの。
だから別に強くなんてない。自分に出来ることをしただけなのよ?
美穂子だって、無理して強くならなくていい。だた、自分の気持ちに正直でいて。
もし右目を見せたくないなら、今のままでいいの。
一度あなたの気持を無理に引き出そうとして、傷付けてしまったでしょ?
『大切なら、そんなことしない! 美穂子は私を想ってないのよ!!』
そんな風に言って、あなたを泣かせてしまって………。
もう、あんなことをしたくない。
これから二人で、お互いの理解を深めていけたらいい。そう思う」


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:52:00 ID:CZ1s1azZ
言い終わった私の手を、美穂子が強く握り返した。そしてその場に立ち止まり、
勢い余って前に行ってしまって振り向いた私に、キスをした。
三年間想い続けてきた人との三度目のキスはとても甘かった。

「私は、久さんが好きです。だから、久さんと一緒にいたい。
 私は弱くて、あなたを信じられない時があるから、もっと強くなりたいんです。
 それは無理なんかじゃありません。ちゃんと久さんの隣に立って、
一緒に歩くために強くなります」

そう言って開かれた右目が星明かりを映して青く輝いた。
私はその美しい瞳に吸い込まれるように近づいて、再びキスをした。
三年間想い続けた人と、これから数えきれない程こうして口づけをするのだろう。
そんなことを、夜空の下でぼんやりと思った。


896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 19:53:26 ID:CZ1s1azZ
こんな感じです。
二人が抱えるもやもやを書こうと思って手をつけたら、
何だか自分でもよくわからない感じになってしまいました。
次からはちゃんとしたイチャイチャ話を書くので、お許し下さい。
良ければ咲和スレにも遊びに来て下さい。
ではでは今日はこの辺りで。部キャプも胸キュン!! ノシ


897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 23:43:23 ID:YwFPS06A
>>896乙!
再びの出張ありがとうございます!
同棲イチャイチャ編への期待は更に高まるばかりですね!
あと自分>>881ですが支援の方ありがとうございます
まじ頑張ります頑張ります


898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 00:34:14 ID:CGg0BuVi
>>896
もはや立派な部キャプスレ住人乙

二人が大学生になって同棲してって展開はよくあるけど、
一緒に住むことになるくだりって意外に書く人いないんだよね

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 00:54:03 ID:FRUOTNwq
GJ

同棲か……ニヤニヤ

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 17:58:32 ID:tdakrgyk
もしかして女×女の子供って当たり前のように女が生まれてくる?
遺伝子的に考えて

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 18:13:28 ID:VIVnHtM8
よくわからないが、もしそうだとしても何の問題もないようだな・・・

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 19:49:34 ID:483CZaL2
そろそろ次スレの話題でも

このスレの速度的に980が立てるって事で良いかな?
その辺の決まりとかもテンプレに追加したいと思うのだがどうだろう

あと最初の一文を
久部長もキャプテンも好きな人の⇒久部長も福路キャプテンも
にするとか


903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 20:00:34 ID:VlNxMQJ6
>>900
XXxXXでXYが出てきたらフツウは不倫だな

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 22:13:11 ID:CGg0BuVi
>>902
おk

905 :駄文1/2:2009/11/13(金) 01:49:42 ID:hH1P2fmM
モモ「時代はネコ耳っすね」

美穂子「また突然なフリですね」

モモ「このまえゲーセンの景品で貰ったんすよ!で先輩に見せてあげようと思ったんすよ」

美穂子「加治木さんにかしら?」

モモ「そうっす!先輩が授業受けてるときにステルスで教室に入って先輩の席の目の前で」

モモ「『先輩……頭撫でてほしいにゃん///』ってやったら先輩鼻血だして倒れたっす!」

美穂子「あら///」

モモ「流石に放課後二人で部室にいたとき怒られたんすけどまたネコ耳付けて上目使いで」

モモ「『……許してほしいにゃん……』って言ったら先輩もデレデレで『し、仕方ないな、特別に許してやろう…』とか言いながらハアハアしてたんで私も興奮して勢いでニャンニャンしてしまったっす///」

美穂子「そ、そんな学校で破廉恥な!///」

モモ「てなわけで私は十分ネコ耳を楽しんだんで、キャプテンさんにあげるっす!」

美穂子「!!!」

906 :駄文2/2:2009/11/13(金) 01:53:52 ID:hH1P2fmM
美穂子「わ、私は別に久さんに頭なでられたいとか、そんな、久さんと教室で破廉恥な行為をしたいとか全然思ってないですよ!」

美穂子「ましてそんなネコ耳付けるなんて……恥ずかしい」

美穂子「(でも……)」

美穂子「(にゃんにゃん、久さん構ってにゃん?)」

美穂子「(あら、美穂子どうしちゃったの?猫の耳なんて付けて)」

美穂子「(美穂子じゃないにゃん、美穂子ネコだにゃん、構ってくれないとひっかくにゃん)」

美穂子「(可愛い子猫ちゃんだこと、よしよし)」

美穂子「(ふるふる、もっともっと頭撫でてほしいでs……ほしいにゃん)」

美穂子「(今日はどうしちゃったの?やけに積極的じゃない?)」

美穂子「(うー……キスもして欲しいにゃん///)」

美穂子「(あらあら、美穂子ネコは甘えんぼさんなのかしら)」

美穂子「(……そ、そうだにゃん///…美穂子と美穂子ネコは別人なんだにゃん、美穂子ネコは甘えんぼなんだにゃん)」

美穂子「(あら、困ったネコちゃんだこと……美穂子はココが弱いんだけど……美穂子ネコはどこを触られると気持ちいいのかしら?)」

美穂子「(み、美穂子ネコは美穂子とは別人だから沢山触ってみなきゃわからないにゃん///)」

美穂子「(へー、じゃあ今日は一晩中色々触ってみようかしら)」耳にフッー

美穂子「(にゃ///や、優しくしてにゃん……///)」





美穂子「そうですね、東横さんのせっかくのお気持ちなので一応頂いておきます」キリッ

モモ「……」

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 12:16:39 ID:7NRoKPLx
キャプテンの方がネコか

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 13:37:51 ID:OjpQccUl
http://ranobe.com/up/src/up412722.jpg
今本スレみにいったらこんなものが

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 13:52:59 ID:dGlL5xnh
>>908
素晴らしいといわざるを得ないッッッ


910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 13:56:57 ID:JgRq7r3G
てん
ttp://ranobe.com/up/src/up412048.jpg
ttp://ranobe.com/up/src/up412050.jpg
ttp://ranobe.com/up/src/up412051.jpg
ttp://ranobe.com/up/src/up412052.jpg
ttp://ranobe.com/up/src/up412058.jpg

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 14:25:28 ID:YuN7kPvO
キャ「GJと言わざるをえません」

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 16:59:53 ID:rU/bOYAK
>>908
キスシーンを子供に見せない為にペンギンで子供の視線を誘導しているでOK?

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 17:19:26 ID:6QyKTI+m
>>908
本人が見られるの嫌がってるんだから貼るなよ

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 20:14:42 ID:7NRoKPLx
7話終わりのキャプテンはメチャクチャかっこよかったのに
部長と再会してからは骨抜きにされてるように見える

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 21:24:30 ID:Ey4hzjM8
>>914
骨抜きにされたんだよ
性的な意味で

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 21:29:53 ID:HCNfp7CK
まだあきらめてないし
まだまだぜんぜんいけるし

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 01:45:10 ID:1Gi+1e0n
今日も久が寒がらないように俺が抱き枕の代わりになろう

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 01:46:30 ID:1Gi+1e0n
久スレと間違えたw

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 03:34:18 ID:37nybBVD
おいw

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 08:05:42 ID:hPHreKZX
>>908
なんか、こうゆうの見てると女×女でも普通に子供が産めるんだなって思えてくるから不思議だ。違和感がだんだん無くなっていく
完全に脳が百合で洗脳されてるわ…
なにが言いたいのかというと、GJってことだGJ!!

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 13:00:50 ID:eaUjWW/6
テンプレ修正してみた
修正&補足あったらよろ

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 13:01:40 ID:eaUjWW/6
竹井(上埜)部長も福路キャプテンも好きな人の、
キャプ⇒部、部⇒キャプ、部×キャプ妄想の為のスレです。

■前スレ【咲-Saki-】部キャプ2 久×美穂子
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253631482/

■過去スレ【咲-Saki-】部キャプ総合
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1251144677/

■部キャプまとめ
http://www.glooth.com/bucap/index.php?FrontPage

関連スレ
【咲-Saki-】福路美穂子はサファイアカワイイ7【風越女子】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1255862852/

【咲-Saki-】竹井久部長はやっぱ温泉よねカワイイ8
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1256131194/

※ここは18禁板ではありません。
 18禁SSを投下する際はうpロダに上げるか
百合スレ
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1251125007/
の方にお願いします。

●次スレに関して
原則的に>>980を踏んだ人が、次スレを立ててください。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 13:22:43 ID:Sl8bYWJd
>>920
というかそもそも、同性同士が(恋愛感情で)好き嫌いやってるのだって
世間的に見れば十分、普通とは言えない部類なんだがなw

巻き込まれ規制からようやく復帰
でもまだ一部書き込めんなあ…orz

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 14:12:40 ID:d/YsH6RD
普通とは言えないなんて、そんなオカルトありえません

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 20:34:35 ID:MbrhdSDZ
久々に中堅戦の話見たけどやっぱり部キャプ最高だわ
二人が同じ大学に行ってキャンパスでキャッキャウフフしてるのを想像すると……!

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 01:42:48 ID:wZDsFEoa
>>925
キャプテンが部長に弁当作ってくるとか
キャプテンが部長に膝枕してあげるとか
部長が裸エプロンのキャプテンを襲っちゃうとか

妄想がとまらないっ……!

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 02:28:48 ID:OAUe5/dp
♀×♀でも子供が生めるなら
♂の価値ゼロだなマジで

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 10:41:09 ID:xUkvgHXN
何言ってるのよ、大事な買い出し要員じゃない

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 10:53:57 ID:2ZushR6S
♀×♀はこんなにも綺麗で可愛いのに
♂×♂は、なんで下品とか汚いって思っちゃうんだろう…
最近では♀×♂にすら違和感を感じる…。もう駄目だ。完全に百合脳になっちゃったよ。
部キャプのサイドストーリー希望

930 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/15(日) 10:57:04 ID:MSOSZ62i
???「…体毛の薄い美しい少年同士なら問題ない…」

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 11:17:34 ID:GIlG9cil
百合厨氏ね
そんな風に考えていた時期が俺にもありました

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 12:02:49 ID:YML1ZdOD
気付いた時には百合ヲタでした。
3次元から入ったので、怖いものなどありません

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 12:07:44 ID:p5yNoAla
ぶっちゃけどっちもおいしくいただけるでござる

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 12:56:30 ID:2ZushR6S
はぁ…三次元から入ったとか羨ましすぎるんだけど…

腐りすぎてリアルの男子にも女子にも二次元の男子にも興味が沸かないですよ。もう駄目だ。オワタ

935 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/15(日) 13:06:38 ID:MSOSZ62i
リアルでも創作でもBLだろうがGLだろうがNLだろうが美味しくいただける雑食系はここでは異端なのかな?

まぁリアルなら見た目重視だが…

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 13:33:10 ID:2ZushR6S
いや、どう考えても女なのに二次元の女の子にしか萌えられない私のほうが異常ですね…( つд`)
部キャプってなんでこんなに、百合心をくすぐるんだろうか

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 13:54:38 ID:2bOU9T8j
話を聞いてやりたいのは山々だがスレチ

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 14:49:21 ID:2ZushR6S
ああ…すみません、完全にスレチでしたね。気を付けます

939 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/11/15(日) 15:07:57 ID:MSOSZ62i
申し訳ないです。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 09:18:03 ID:4n9J2A1s
ポン

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:00:34 ID:sPjX0w1z
何だ、この不可解な鳴きは?

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:35:33 ID:LDyFBz67
スレチドンマイです!
でも萌えられるならそれだけで素晴らしいことじゃないですか。
萌えられないことの方が寂しいですよ?
まあ取り合えずここは部キャプスレですので部キャプで萌えましょう。

というわけで再び咲和スレからやって来ました。
いちゃいちゃ同棲生活SSを投下します。


943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:36:40 ID:LDyFBz67
「どうですか?」

お弁当用に作った出し巻き卵を味見して貰った感想を尋ねると、
久さんはにっこりと笑って

「うん、やっぱり美穂子はエプロンていうより、割烹着よね」

と、予想もしていなかったことを言った。続けて

「褒め言葉よ?」

なんて、またドキリとすることを平然と口にしたから

(そ、そういうことじゃなくて)

私は恥ずかしさのあまり耳が熱くなるのを感じた。
思わず着ていた割烹着を隠そうと背を向け

「味のことを聞いたんですが……」

やっとのことでそれだけ返す。


944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:37:55 ID:LDyFBz67
真正面から見ることが出来なくて、横目で久さんの返事を待っていると、
彼女は先程の笑顔のまま

「うん。おいしいわよ。明日の紅葉狩りが楽しみね」

と言って、私の頬を指先で弾いた。そんなことをされたら嬉しさのあまり
地に足が着かなくなると知っているのに、躊躇なく愛情を表してくる久さんは
何だかずるい。だから、

「からかってばかりいると、明日のお弁当を無しにしますよ?」

軽い仕返しのつもりでそう言ったのだけれど、その思いも虚しく

「一人で食べてもおいしくないわよ? 明日は早いから、そろそろ寝ないとね」

という答えに、あっさりと上手を取られてしまった。
ちょっぴり悔しくて久さんのことを見詰めていると、

「私は一緒に食べたかったんだけどなぁ」

などとまた頬を弾かれて、嬉しいやらもどかしいやら、複雑な気分になる。

(もう、久さんには適わないですね)
(それでもやっぱりあなたとこんな風に一緒にいられれて、私はとても幸せです)


945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:38:55 ID:LDyFBz67
そんな風に感じていたら、後ろで結んだ割烹着の紐留を解かれた。
そしてそのまま、部屋着姿となった私はベッドへと導かれ、
横に寝かされてから布団を掛けられた。その隣に潜り込んだ久さんが
いつものように私が眠りのつくのを見守りながら、髪を梳き始める。
頬杖を付き、笑顔のままに優しい手付きで触れてくれる、
そんな久さんと一つのベッドに巣篭もりしていると、
満ち足りた気持ちに包まれていつもすぐ眠りについてしまう。
けれど、明日の紅葉狩りの期待に胸を膨らませていた私は、
彼女の温もりを感じながらも、中々寝付くことが出来なかった。
それを不思議に思ったのか、少し経ってから久さんが声をかけてきた。

「美穂子、眠れないの?」
「はい。明日のことを思うと心が逸ってしまって」
「うーん。じゃあ、気を紛らわせるためにクイズでもやる?」
「は、はい」
「じゃあ、まずは料理の得意な美穂子にサービス問題。
 さしすせそ、と言えば?」
「さとう(砂糖)
 しお(塩)
 す(酢)
 せうゆ(醤油)
 みそ(味噌)」
「うん、正解。じゃあ、まみむめも、は?」


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:40:04 ID:LDyFBz67
「まみむめも、ですか?」
「そうよ」

今まで聞いたことがないため、素直に降参を申し出た私に、
久さんは悪戯心溢れる笑顔を返した。

「正解は
『ま』…まだ寝ないの、
『み』…美穂子、
『む』…無理してると明日の朝、
『め』…目覚めが悪いわよ、
『も』…もういい加減にしないとキスするからね
じゃない」

思いもしなかった言葉に固まっていたら、おでこに軽くキスをされた。

「さあ、寝るわよ?」

そう言われて、嬉しさと期待で一杯になりながら目を閉じたのだけれど………。
翌日紅葉狩りのために訪れたハイキングコースは、
その前に訪れた台風によって、一足早く冬枯れしてしまっていた。


947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:40:57 ID:LDyFBz67
「残念ですね。高校の頃には台風が来ることなんて滅多に無かったのに…」

しょんぼりといった様子で呟いた美穂子を笑顔にしたくて

「せっかくだから、最後まで回らない? もしかしたら、
まだ紅葉が残っているかも知れないし、それに
美穂子が折角作ってお弁当だから、やっぱり外で食べたいじゃない?」

私はそう声を掛けた。 苦し紛れの提案ではあったけれど、
美穂子が嫌な顔をせずに頷いてくれたから、その手を取って歩き出す。

ハイキングコースは起伏のある中級者向けで、
大学に入っても相変わらず麻雀部という文科系に所属する私達は
進み始めて直ぐに息が上がった。それに加えて見所である筈の紅葉が
散ってしまっていたから、 変化の無い景色が尚のこと心身にこたえる。

(折角の紅葉狩りなのに、美穂子は嫌になっていないかしら…)

心配になって、私は何か話の種になるものは無いかと頭を巡らせた。



948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:41:51 ID:LDyFBz67
「美穂子は、どうして紅葉狩りって言うか、知ってる?」

目を向けると、彼女は息を弾ませながら、その問いに首を振った。

「昔の人は、どうして紅葉があんなに綺麗な色に染まるのか、
 不思議に感じていたらしいわ」
「はい」
「その理由をみんなで色々と考えたんだけど、
 結局納得出来るようなものが見つからなくてね。最終的に
『きっと植物には特別な力があるからだ』
 っていう結論に落ち着いたみたい」
「そうなんですか」
「ええ。植物の持つその不思議な力に憧れた昔の人達は、
 出来ればそれを自分にも取り込みたいと思って、
 それで『紅葉』を『狩る』、という言葉が生まれたのよ。
 今はお花見って言うけれど、伊勢物語では『桜狩り』って書かれているし、
 他にも蛍狩りなんて言うでしょ? 潮干狩りはちょっと違うけれど」



949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:42:39 ID:LDyFBz67
長々と続いた私の話を聞き終えてから、美穂子は

「知りませんでした。久さんは雑学を沢山知っていますね」

と微笑んでくれた。 嬉しくなって彼女の手を握り締め、再び前を向いたその時、
紅葉の一群が赤々と山の端に残っているのが目に入った。

「美穂子見て、あそこ。まだ紅葉が残ってる。
 きっと山の陰になって雨に打たれなかったのね」

興奮しながらそう言って隣を向くと、彼女が両目を開いて、
その綺麗な瞳に紅葉を映しながら嬉しそうに笑うのが見えた。

「本当。素敵な偶然ですね、久さん」

それから一頻り微笑み合い、その後で凪が訪れたように沈黙に包まれる。
無言で見詰め合ってから、それを破るように私は口を開いた。


950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:43:28 ID:LDyFBz67
「美穂子は不思議ね」
「え?どうしてですか?」

尋ね返した彼女を見ると、自然と笑顔が浮かぶ。

「美穂子と一緒にいるだけで嬉しくなる。
 美穂子のその不思議な力を、自分のものにしたい」

言い終わるのと同時に唇を重ねた。

「んん??」

と言葉にならない声が聞こえたけれど、多分驚いて
「久さん」と私の名前を思わず呼んだのだろう。

(何、美穂子? 私はここにいるわよ)

そんな風に心の中で呟きながら、それから暫くの間私は
美穂子狩りに夢中になった。


951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 10:44:22 ID:LDyFBz67
こんな感じです。
再び別スレに投下したものの改訂版なんですが、
皆さんに萌えて頂ければ幸いです。

>>897さん、
長編待っています。期待age。

同棲SSは以前投下したポッキーの日ネタや今回の紅葉狩りみたいに
時々の行事を使って書いていければなあ、と思います。
なのでスレが色々な感じで盛り上がっていると書きやすいかと。
アニメの2期が始まるまで咲和スレともども盛り上がっていけたらいいですね。
ではでは今回はこの辺りで、部キャプも胸キュン!! ノシ


952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 13:41:03 ID:fLioRNPg
GJ!
2人のイチャつきぶりにニヤニヤが止まらなかった!

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 14:17:26 ID:XrwoBcSj
本人に「雑学」ってちょっぴり失礼かなと思った
好きな人なのにな

ま いっかいっか

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 17:09:11 ID:5g2xqZtB
グッジョブ!!
まみむめものくだりとか
紅葉狩りと美穂子狩りをかけたあたりとかもう最高っす
これもう18禁なんじゃw
次号期待しております

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 17:47:21 ID:vqCUBMYY
部屋にあった花言葉の本とかもそうだが、その豊富な雑学はナンパの為にしか思えんw

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 20:25:44 ID:5pxTs848
GJっす!!たまらん…

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/17(火) 02:41:55 ID:V4yfVbfw
こ・・・これは美穂子めろめろにされるわwもう骨抜き状態

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/17(火) 14:08:21 ID:Rcr0peMF
女たらし

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 00:13:55 ID:u2eFQCoA
保守

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 01:40:55 ID:afbmmEiN
(久さん、遅い…)

時計を見ると、午後八時を回っていた。
夕食に作った肉じゃがもすっかり冷めてしまって、
これでは食べる前に温め直さなくてはいけない。
自信があっただけに出来たてを食べてもらえないことが不満で、
思わず恨み言を言いたくなったけれど、それから一時間経っても
何の連絡も来なかったため、私は段々と心配になってきた。

(もしかして何かあったんじゃ……)

こんな時に携帯電話を使えればいいのに、
家電以上携帯未満の私は久さんに連絡を取ることも出来ない。
一緒に暮らす彼女が自分の手の届かない存在のような気がして、
幼稚な思いだと自覚しつつ、心細くなってしまった。

(久さん、早く帰って来て下さい)

いつしか視界がぼやけ始め、気付くと涙が落ちそうになっている。

(探しに行かなきゃ……)

そう思って玄関のドアノブに手をかけようとした瞬間、
その扉が開いて、待ち焦がれた久さんの姿が現れた。


961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 01:41:57 ID:afbmmEiN
「ただいま……って美穂子!どうしたの!?」

慌てて近寄って来て、私の涙をコートの袖で涙を拭う久さん。

「何かあったんじゃないかと思って、心配で、心細くて……」

そう言うと、彼女は困ったように笑って私の頭を撫でてくれた。

「今日はバイトの面接に行くから遅くなるって言ったじゃない。
 折角採用が決まったから早く美穂子に報告しようと思って、
 急いで帰ってきたのに。まさか涙で出迎えられるなんて」

手に持った紙袋をひらひらと揺らす久さんを見るうち、
私はようやく昨夜の会話を思い出した。

(『明日はバイトの面接に行くから遅くなる』
 確かに久さんはそう言っていた)

気付いた瞬間、失念した挙句泣いてしまったことが恥ずかしくなり、
思わず俯いたのだけれど、彼女はそんな私の頭を撫でたまま

「心配させてごめんね、美穂子」

と優しい口調で労わってくれた。


962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 01:44:23 ID:afbmmEiN
玄関先で目を真っ赤にしていると美穂子を見ながら、
こんなにも自分を想っていてくれたことを、嬉しく思った。
彼女に報告したくて息を切らせて帰って来たのだけれど、
その頑張りが報われたばかりか、おつりが出たように感じる。
私は早速手に持っていた紙袋を開き、

「ほら、これが制服よ。来週から雀ボーイ」

と中身を取り出した。

「Yシャツに、ズボン……ですか?」

尋ねた美穂子に頷き、

「うん。結構渋いお店だからね。髪も縛らないといけないの」

と言いつつ、早速その制服に着替えて髪を一つに束ねる。

「似合う?」

と聞いた私の問いに

「はい。格好いいです……//////」

美穂子は少し恥ずかしそうにはにかんだ。


963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 01:47:49 ID:afbmmEiN
玄関先で目を真っ赤にしていると美穂子を見ながら、
こんなにも自分を想っていてくれたことを、嬉しく思った。
彼女に報告したくて息を切らせて帰って来たのだけれど、
その頑張りが報われたばかりか、おつりが出たように感じる。
私は早速手に持っていた紙袋を開き、

「ほら、これが制服よ。来週から雀ボーイ」

と中身を取り出した。

「Yシャツに、ズボン……ですか?」

尋ねた美穂子に頷き、

「うん。結構渋いお店だからね。髪も縛らないといけないの」

と言いつつ、早速その制服に着替えて髪を一つに束ねる。

「似合う?」

と聞いた私の問いに

「はい。格好いいです……//////」

美穂子は少し恥ずかしそうにはにかんだ。


964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 01:52:32 ID:afbmmEiN
(その笑顔が見たくて走って来たのよ?)
(でも照れるから、教えてあげない。ごめんね、美穂子)

私は姿勢を正してみせてから、

「ただいま」

と、おもむろにドラマでありがちな亭主の帰宅シーンを再現した。
それを見た美穂子がたどたどしい感じで

「おかえりなさい……//////」

と返すのに黙って頷きその続きを促すと、
彼女は訪れた沈黙の中であたふたしながら、やがて

「……御飯ですか……お風呂ですか…?」

消え入りそうな声でそう口にした。

(美穂子、頑張ったわね。でも、勿論それだけじゃ駄目よ?)

私が尚も噤んだ口を開かずにいると、彼女はとうとう観念したように

「そ、それとも……私ですか…//////……?」

真っ赤な顔で言って俯いた。


965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 01:54:08 ID:afbmmEiN
不覚なことに、その姿にドキドキしてしまい
それを隠すように慌てておでこにキスをする。
本当は唇を奪うつもりでいたのに、美穂子の可愛さに押されて
出来なかったなんて絶対に言えないけれど、それでも
自分は今物凄く幸せなんだというその思いは、伝えたい。
彼女を強い力で抱きしめて、

「ただいま美穂子、何も食べていないからお腹ぺこぺこよ?」

私は鼻先を触れ合わせながらそう口にした。
自分でも火照っているとわかるほっぺたはきっと真っ赤だろう。
口元だって嬉しさのあまり緩んでいるに違いない。
普段は見せないけれど、でも私の気持ちを知って欲しくて
私はそのまま彼女の前に顔を晒した。
段々と向かい合う美穂子の顔が微笑んで、やがて

「はい、今日は肉じゃがです。温めて来ますね」

そう言って台所へと向った背中に、私は

(愛してる、美穂子)

と心の中で呟いた。


966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 02:18:23 ID:ZWt+w5Br
今日も生きてて良かった。 GJ

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 02:24:43 ID:afbmmEiN
以上が今回の同棲SSです。
ペースが早くて食傷気味かも知れませんが、
楽しんで頂けたら幸いです。
ではではこの辺りで、部キャプも胸キュン!! ノシ


968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 02:51:34 ID:fpk4HDO1
咲のど職人様が来るまでSSの少ない日が続いてたから、
物凄く有難いし嬉しいです

GJですた

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 07:34:31 ID:AXtYQADJ
わっふるわっふる

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 10:59:28 ID:wzXGY6nI
やっぱ同棲は良いなぁ

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 11:11:43 ID:9RltAK3t
代走の時も悪待ち全開の久さん素敵です

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:49:15 ID:y8wwj/a8
日曜日の朝、私と久さんは電車に乗って朝市に出かけた。
冬の足音が聞こえ始めた十一月の半ば、
太陽が昇り始めたばかりの市場はとても寒くて、
集まった人々の息が白くけぶっている。
手袋を忘れてしまった私が両手を擦り合わせていると、
それに気付いた久さんが片方を掴んで
自分のコートのポケットへと導いてくれた。
その小さな部屋は穏やかな静けさに包まれていて、
握り合った彼女の手から温もりが伝わって来る。

「大丈夫、美穂子? 寒くない?」
「はい。ありがとうございます、久さん」

そんなやりとりを交わしながら出店を回って、
やがて目に付いた無添加ジャムの店でトーストとコーヒー、
それから私はイチヂクのジャムを、久さんはオレンジとりんごの
ミックスジャムを買ってベンチに腰掛けた。


973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:50:38 ID:y8wwj/a8
「おいしいですね」
「そうね。たまにはこういう朝食もいいでしょ?」
「はい」

久さんがコーヒーを飲んでから遠くを見詰めたのでその視線を追うと、
丁度太陽が地平線に顔を出して金色の光彩が世界を走りぬけた所だった。
夜の気配を残していた空が薄く頬紅を差したように明るみ、
立ち並ぶビルや裏路地の姿が浮かび上がっていく。

「綺麗……」
「早起きは三文の得とは、このことね」
「ふふ、そうですね」
「あ、そうだ。はい、美穂子」

差し出されたミックスジャムトーストを口に含むと、
それは甘さの中にすっきりとした酸味があって、
何だか私に久さんを思い起こさせた。


974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:51:29 ID:y8wwj/a8
朝食を食べ終えた私達は朝市の近くにある公園に行き、
その大きな敷地の中を散歩した。
まだ11月だというのに、地面を覆う下草は纏った夜露が
微かに霜となっており、歩くたびに踏み心地のいい反動が返ってきた。
私と久さんはそれを感じながら何となく笑顔になって、
先程と同じようにポケットの中で手を繋いだ。

やがて敷地内にある池に辿り着き、その周りを歩いていると
水面に漂っていた鴨達が私達の動くのに合わせて池の中を泳ぎ始めた。
一緒に散歩しているような気を起こさせるその鴨達が可愛くて
私が思わず笑いかけると、久さんも笑顔を浮かべて

♪ Why do birds ♪
♪ Suddenly appear? ♪
♪ Every time you are near? ♪
♪ Just like me, they long to be ♪
♪ Close to you ♪

と、緩やかな明るい調子の歌を歌い始めた。


975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:52:18 ID:y8wwj/a8
「何という歌ですか?」

そう尋ねると、久さんは

「Carpentersの『Close to you』よ」

と答え、続けて

「和訳するとね
『なぜかしら
 あなたが近くにいるといつも
 急に鳥達が姿を見せるわ
 きっと私と同じね
 鳥達もあなたのそばにいたいのね』
 こんな感じ」

いつもの優しい笑顔でそう教えてくれた。
聞いた途端、見詰められているのが恥ずかしくなってしまったけれど、
私が精一杯の気持ちを込めてポケットの中で繋いでいた手を握ると、
久さんも同じ力で応えてくれた。
私は彼女の歌声を聞きながら、朝日に包まれた公園の中を暫く散歩した。



976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:53:04 ID:y8wwj/a8
「ここだったかしら……あ!あったあった」

何事かと私の方を見た美穂子に向かい、私はようやく見付かった
CarpentersのCDを振ってみせた。
早速それをCDプレーヤーにセットして、「Close to you」をかける。

静かなピアノのイントロに続いて歌い出したカレン・カーペンターの
歌声を聴きながら、クッションの上に座っていた美穂子を後ろから
腕の中に抱え込んだ。

「いい歌ですね」
「気に入ってくれたのなら、嬉しいわ」

しみじみと言った彼女を抱きしめて、私はそう答え、そして
カレンの歌声に合わせて詞を口ずさんだ。


977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:54:20 ID:y8wwj/a8
♪ That is why all the girls in town ♪
♪ Follow you all around ♪
♪ Just like me, they long to be ♪
♪ Close to you ♪

(だから、街の女子達が
 あなたの後を追い回すんだわ
 きっと私と同じね
 みんなも
 あなたのそばにいたいのね)

歌が終わってから

「浮気なんてしちゃ駄目よ」

そう言った私の言葉に笑顔で頷いた美穂子に口付けをした。


978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 14:57:05 ID:y8wwj/a8
以上です。
なんだか昨日の今日で申し訳ないのですが、
3スレ目に早く移行できるようにと投下しました。
お目汚し失礼です。
ではではこのあたりで、部キャプも胸キュン!! ノシ


979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 16:21:50 ID:fpk4HDO1
980を踏まない内に…

いつもGJ!

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 06:44:49 ID:RZRn2f0F
次スレたてた
間違ってるとこあったら、次スレで報告よろ

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1258580534/

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 06:51:53 ID:fEQchtnH
>>980

パソコンから書けないからスレ立てできなくて歯がゆかった

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 14:59:14 ID:KD4anorx
>>980

勝手ながら、まとめを追加しといた

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 20:30:55 ID:fEQchtnH
埋めようぞ

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 20:49:40 ID:nZarpXsf
俺984だったら次スレに部→キャプ投下するんだ・・・・・

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 21:52:24 ID:WALGoZ5b
>>984
全裸待機

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 22:25:40 ID:SgyBwoC8
>>980
乙。携帯はこういう時に辛いな
>>984に期待w

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 22:44:36 ID:H7kbaJWt
>>982
あなたが神か。ありがとう。乙!!


988 :984:2009/11/19(木) 23:29:51 ID:nZarpXsf
>>985>>986
週末にボジョレー飲みながら書くよ
服着て待っててくれ


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 06:58:42 ID:5sqL8vSH
>>978
今更ながらGJ
カーペンターズ聞いてみようかな‥

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 07:52:10 ID:UqXPmVN2
         /.: ,.::''^’::;:::::::::::::::::::::::::::::::、
         / .:/:::::::;:r'/l::::::::::::::::::::::::::::::::::'.、
        ./ .:: .:::::;/ |! ∨VN、:::::::::::::::::::::::::,
      / :/::::://   ゙ , -─-、V::::::i:::::::::::::::i
     /:/:::'7/_^     ー ___゙!:::::::}:::::::::::::::l
     l/::::/ ,iL,,_    ;'r ゙̄;ヾ;:: /:::::::::::::: |
     〃::/l/ {:: l′    i:::::c,!,ハ/::::::::::::::::::|
     |l::::|:::i` l!_゚j     ー"/:::::::::::::::::::: !   / ̄ ̄ ̄ ̄\
     トl:::{:::l| ,,   '     ' '/:::::::::::::::::::::::: リ  |   は〜い   |
..    |!ヽ;:::ヘ     ャーっ l::::::::::/::::::::i::::/   | 職人乙ぅ  .|
        \:\   ‘ー"  |!::::::: i:::::::: | /  ∠  埋め〜  |
         `、::>、._  , ヘ::::::::|:::::::::|〈    \____/
.            リ:::::::};'Τ   \::|:::::::::|人
          / ::::://|     ノ y:::::::: 厂:.:\
.         /.::::::/.:.:/__//:::://.:.:.;:==\
.       ,、_lハ/.:.:/  /.:./:::::/.:.:.:.// ̄ ヾj
        /l | r〈`〈゙く /.:.:.:.{ハ/.:.:.:.//      i
     /| | | ト、ヽ.ヽ.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//   ,    |
     ,l k.` 'ヽ.\ヽ` ゙!===彡/__ ./ /      !
    〈| ゝ  i〉    ├─一'"  ̄ .:{ /     / 〉
    /∧  ヽ/{    |__       :::::Y    '   i
..  / _r‐〉   yヘ、   j::::\ー、   :::::::|         |
 / "l:::〈   /:! |::\/:::::::::::|  \::::::::〉__    |
r''"   |:::::`ー'::/l |::::::K::::::::::::/    `ーヘ、、_``   |
|    `ー─" イ |::::::| .〉- '"             \,   |


991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 08:02:22 ID:1fI0+Wd7
  !|   | |   |ト|、_ |i |i      | |   _,A-┼―‐!|
  |.|   |i |i    !、A    |V|     川.   -H  !  /|
  ゝ! _」┘ー‐┘  ̄ ̄   ̄ ̄ ̄`   ̄ ̄` `ニー┘L
-┬:!^´                     彡'=≠==ミ、、 わたしと上埜さんの愛は不滅です♪
 | !.|                         ´ /::::::::::::::::::ヽヽ
 | N     __,............、                 L:::i:::::::::i::::::i ヾi
 | | |  __彡ィ≠ーテ‐┬-               ィ..{:::::::::::!.....!
 | | :i. 7'")_!、__ノ_C′              !::..、;;;;;ノ..r┘
 | | |                       ゝ=====シ
 .!.| .!    ,, ,, ,, ,,                     ,, ,, ,, ,,
  |.ト、 !  ///////                   ///////
  | | ヽ!   " " " "        ′         " " " "

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 16:38:05 ID:9u2E/m8Q
埋め

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 17:35:13 ID:5sqL8vSH


994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 17:46:51 ID:tlbKPO0b
>>994なら

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 22:32:24 ID:2KHM6uMa
スレ埋まったら透華しようかな


埋め

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 23:14:09 ID:nfZqYbNG
wktk埋め

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 23:26:37 ID:KtWpQaTT
次スレへの期待がマックス埋め

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 23:27:45 ID:D9p93knH
バルス

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/21(土) 00:00:08 ID:ild7buCx
1000ならキャプテンは部長に振られる

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/21(土) 00:05:45 ID:fijkyHVx
1000なら部キャプ結婚

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

372 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★