5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おまいら同人の税についておしえてくださいPart4

927 :スペースNo.な-74:2009/08/14(金) 16:04:15
>919
同人収入は事業所得、原稿料などの報酬は雑所得。
事業所得は「損益通算」することができる。雑所得は「損益通算」できない。
http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20080927A/

1)事業所得の黒字・5+雑所得の黒字・5=合計所得の黒字10に対して課税
2)事業所得の赤字・−3+雑所得の黒字・5=合計所得の黒字2に対して課税
                           …(同人の赤字を原稿料黒字で埋める/給与所得黒字で埋めても可)
3)事業所得の黒字・5+雑所得の赤字・−5(でも0と考える)=合計所得の黒字5 に対して課税
                           …(原稿料の赤字は同人の黒字で埋められない)
4)両方赤なら所得が0になって課税額も0になる。

同人が事業所得であれば損益通算のメリットがある。青色でやってれば赤字の翌年繰り越しもできる。
事業とは続けて行う経済活動なので長期の課税対象として扱われる。
 →出世払いを楽しみにしてるから今はご飯おごるよ、儲かったら返せ。みたいな見守り方。

原稿料は雑所得なので損益通算できず、赤字が繰り越せない。
雑は一時的な所得で来年は激減したり、なくなる可能性もある。だから儲かったその時々にズバッと課税。
その代りに作家業・原稿料は事業税が課されないし、出版社が源泉徴収してくれて支払調書も作ってくれる。
赤字で雑所得が20万以下なら確定申告の必要もない=赤字でも繰り越さない。
 →将来出世するかどうかわかんないから、毎月儲かったら生活費を家に入れろ。
 →赤字の月は生活費入れなくてもいいけど、お小遣いは出さないよ的な。

作家業と同人、またはサラリーマンと同人を一緒に続ける利点は「損益通算できる」ってトコ。
3みたいにもし作家業で赤字出そうになったら経費を同人へ振り分ける。(利益0から経費は引けない)
すると同人黒字を減らせるので合計所得が減って節税効果がある。
ただしあまりにも同人経費としておかしい経費は、経費捏造になって調査でバレて所得の変動に結びついて
確定申告の再計算になって、所得税・住民税・健康保険の再計算になって追徴が来る。

難しいトコだけどねー。

311 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)